TSUYOSHI

December 03, 2007 22:19

◆台湾2−10日本◆
勝てば文句なし、負けても、スコアが0−1,1−2なら北京五輪出場が決まる日本は初回、先頭のTSUYOSHI(ロッテ)がエラーで出ると、川崎(ソフトバンク)の犠打で二進。ここで青木(ヤクルト)はセカンドへのどん詰まりのゴロ。全力で走り抜けていれば間に合ったかもしれないものを初回だと言うのにすっかりテンパっている青木は無駄にヘッドスライディングをかまして、アウトとなり、この間に川崎は三塁へ。ここで新井(阪神内定)は右肘に死球を食らい、一塁へ歩きかけたが、どこの国の陰謀が働いているのか、主審はファールのジャッジ。星野監督の抗議も一蹴され、プレイ再開となったが、新井は打ち直しの機会を与えた事を後悔しろとばかりにレフト前へ怒りのタイムリーを浴びせて、1点を先制。この後、日本は3回二死一、二塁のチャンスにこの大会絶好調の阿部(巨人)がライトフライに倒れると、4回には一死一塁の場面で里崎(ロッテ)がゲッツー,6回にも一死一塁で阿部がゲッツーと悉くチャンスを逃し、一向に追加点を奪えない。全てを託された先発のダルビッシュ(日本ハム)は本調子ではないながらも、打たせて取る丁寧な投球で5回まで無失点と踏ん張っていたが、6回、二死走者なしから彭政閔にレフト前ヒットを浴びると、続く4番・陳金鋒に右中間スタンドへ痛恨の逆転2ランを被弾。一転して追いかける立場となった日本だが、直後の7回、先頭の村田(横浜)が死球で出ると、稲葉(日本ハム)がライト前に弾き返して、無死一、二塁。ここで里崎のバントが野選を誘い、台湾先発・陽建福をKO。2番手・耿伯軒に対して、フォースプレイとなる満塁の場面ながら、サブロー(ロッテ)が意表をつくスクイズを決め、代走・宮本(ヤクルト)が同点のホームイン。勢いづく日本はTSUYOSHI,川崎と連続タイムリーを浴びせて2点を勝ち越し。更に、青木が歩いて再び満塁となった所で、台湾初のメジャーリーガー・曹錦輝(ドジャース)から新井,阿部の連続タイムリーで3点を加え、この回、大量6点をゲット。これで台湾はこの試合の勝敗に拘わらず、1位通過が消滅。モチベーションの落ちた台湾を尻目に日本は9回に新井の2ランと彭政閔のタイムリーエラーでダメ押しの10点目。8回に今季初登板の藤川(阪神)を挟み、最後は上原(巨人)が3人できっちり締めて、ゲームセット。日本は無傷の3連勝で北京五輪出場の切符を手にした

◆韓国13−1フィリピン◆
日本にプレッシャーをかけるべく、きっちり勝っておきたい韓国は2回、金敏宰のタイムリー二塁打で2点を先制。5回にエラーで1点差と詰め寄られたが、その裏、7長短打を集中して、大量7点を奪うと、続く6回には高永民の2試合連続となる一発等で4点を追加し、7回コールドで圧勝を収めた。しかし、日本が台湾を下した為、台湾共々、3月に予定されている最終予選に望みを託す事となった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



October 08, 2007 16:38

◆M8−4H
両リーグの優勝チーム同士の対決による日本一決定戦「日本シリーズ」の開催をどういう了見で阻止しようと言うのか、理不尽極まりない暗黒シリーズ「アジアシリーズ出場権争奪戦出場権争奪戦」が今年も開催される事となってしまった。2回まで両軍一人の走者も出ず、0−0の儘、迎えた3回、ソフトバンクはハマのスペランカーがレフト線へ二塁打。続く本間はピッチャー前へ送りバント。これを渡辺俊が一塁へ痛恨の悪送球。ボールが転々とする間にハマのスペランカーが悠々と先制のホームイン。この後、的場の犠打,本多のヒットで一死一、三塁となった所で川崎がレフトへ犠飛を打ち上げ、本間が生還。この間に本多は二塁を陥れると、更に、松中の叩き付けた打球が三塁の頭を越えるタイムリーとなり、この回、3点。この暗黒シリーズの開催自体許せないものがあるのか、レギュラーシーズンでの成績に反比例するかの様に、未だに白星をあげた事のないソフトバンク先発・斉藤和はその裏、ベニー松山,フクーラ,今江と3連打で1点を返されると、TSUYOSHIにはセーフティーバントを決められ、無死満塁のピンチ。ここから早川,オーティズと連続三振に斬って取るも、サブローにレフト前への2点タイムリーを浴びて、あっと言う間に振り出しに。更に、里崎が歩いて、再び満塁となったものの、大松はセカンドゴロに倒れて、三者残塁。追いつかれたソフトバンクは直後の4回、先頭の柴原のヒット,ハマのスペランカーの四球で二死一、二塁のチャンス。ここで新垣の無暴投試合を見るより珍しい的場のタイムリーが飛び出して、勝ち越しに成功。しかし、その裏、ロッテは一死から連続四球の後、TSUYOSHIがセンター前へ弾き返して、再び同点。続く早川のライトフライで今江が勝ち越しのホームイン。斉藤和はこの回限りで無念の降板となった。続く5回、ソフトバンク2番手・柳瀬に対して、ロッテは先頭のオーティズがレフトスタンドへ放り込み、6点目。更に、6回には一死からまたも連続四球で掴んだチャンスにTSUYOSHIがライトオーバーのタイムリー二塁打を放ち、柳瀬をKO。8回には4番手・篠原から二死二塁の場面で早川の打球がセカンドベースに当たるラッキーなタイムリーとなり、ダメ押し。立ち直った渡辺俊の前にソフトバンク打線は5回から一人の走者も出せない体たらく。9回から小林雅投入によるコバマサ劇場開演を大いに期待したソフトバンクファンだったが、無情にも渡辺俊が続投。結局、この回も簡単に3人で打ち取った渡辺俊は完投勝利。既に、日本一どころかリーグ優勝も断たれ、たかだかエキシビジョンマッチごときにモチベーションがなかなか上がらないソフトバンクは精彩を欠く戦いで後がなくなった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



May 27, 2007 18:00

◆G4−6Bs◆
6連勝中と好調の偽バファローズに対して、3回まで1安打と抑え込んでいた春風亭半ケツだが、4回、無死一塁からラロッカに17号2ランを叩き込まれて、2点を献上。一方、偽バファローズ先発・ユウキの前に3回までパーフェクトと沈黙していた巨人はその裏、4安打を集中して、一気に3点を奪い、逆転に成功。しかし、それも束の間、直後の5回、下山のタイムリー,ラロッカの犠飛であっさり形勢逆転。1点を追う巨人は5回、巨人はガッツが通算250号となる一発をライトスタンドに叩き込み、同点この後、更に、一死一、二塁と勝ち越しのチャンスを逃した巨人は続く7回には代打の代打・矢野を送って、代打・清水を無駄使いしてまで掴んだ無死二塁のチャンスを逃し、8回も先頭打者を出しながら、ゲッツーで潰し、9回の二死一、二塁とサヨナラのチャンスも逸して、試合は延長に突入。4−4の儘、迎えた11回、巨人はついに上原を投入するも、先頭のラロッカに死球を食らわせた後、牛込氏に「無理に決まってますよ! 夢よ、もう一度って事だろうけど、そんな選手が通用するほど、日本の野球は甘くないですよ」と酷評されたかつての同僚・ローズに15号2ランを放り込まれて、ついに勝ち越し点を献上。この後、三者連続三振の力投を見せた上原だが、時既に遅し。その裏も先頭の阿部がヒットで出たものの、後続3人が簡単に打ち取られて、万事休す。偽バファローズはコリンズ監督の誕生日に花を添える7連勝

◆D2−6F◆
この日で通算500試合登板となる中日先発・山本昌だったが、初回から青波の長瀬にタイムリーを浴びて、先制点を献上。一方、日本ハムは今季初先発となる武田勝をマウンドに送るも、その裏、藤井に川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにプロ初アーチを浴び、あっと言う間に同点。中盤に入り、4回に日本ハムが併殺崩れの間に1点を勝ち越せば、その裏、中日も二死走者なしからの3連打で再び同点。2−2の儘、迎えた8回、既に、武田勝はマウンドを降りている一方で依然としてマウンドを守っていた山本昌だったが、連打を浴びた後、ゲッツーに取った筈のサードゴロを中村紀のヘッポコエラーで足を引っ張られ、無死満塁の大ピンチ。川相不在の弊害を痛感し、落胆の色を隠せない山本昌は小谷野に簡単に勝ち越し犠飛を打ち上げられると、金子誠には2点タイムリーを浴びて、痛恨の3失点。日本ハムは9回にも田中賢のこの日4安打目となるタイムリーでダメ押し。最後はセーブのつかない場面ながらもMICHEALを投入して逃げ切り、7連勝。中日の連勝は3でストップした。

◆S4−1H◆
水島の呪いと言う計り知れない強敵との戦いを強いられているソフトバンクはこの日も先発・水田が青木に先頭打者アーチを浴びて先制される苦しい展開。この日も呪いに倒れた主砲・松中を欠き、ヤクルト先発・館山の前に4回までパーフェクトと沈黙していたソフトバンクは5回に田上のタイムリーでようやく同点に追いつくも、この段階で早くも水田を下げてまで投入した代打・ブキャナンが空振り三振で勝ち越しのチャンスを逃すと、代打を出されてしまった水田に代わって登板の山村がその裏、宮出のタイムリーであっさり勝ち越される裏目の展開。ヤクルトは続く6回にも田中浩の走者一掃のタイムリー三塁打で貴重な2点を追加。最後は2戦連続リリーフ失敗中の守護神・高津がピシャリと抑えて復調をアピールし、連敗を5でストップ。先発・館山は8回1失点で今季初勝利。6連敗中の偽バファローズに敗れ、対戦成績8連勝中の日本ハムに敗れ、今また5連敗中のヤクルトに敗れ…と、水島の呪いは留まる所を知らない。何はともあれ、一刻も早く松中には戻って貰いたい所だ。

◆C3−2L◆
2回に倉のタイムリーで先制された西武は直後の3回、カブレラに3試合連続となる9号2ランが飛び出して、逆転に成功。しかし、広島もその裏、すかさず栗原のタイムリーで追いつくと、5回にはカブレラのタイムリーエラーで勝ち越しに成功。先発・黒田は6回2失点で降板となったが、7回からは横山−梅津と繋いで、最後は守護神・永川が締めて、1点差を守りきった。8戦連続2点以下の上、3戦連続してカブレラの一発でしか点が取れないでいる西武はこれで4連敗で借金生活に突入した。

◆T3−14M◆
今江が左手有鈎骨骨折で登録抹消となったものの、ロッテ打線は昨日に続いて序盤に爆発。初回にフクーラの走者一掃タイムリー二塁打,ベニー松山のタイムリーで早々と3点を先制すると、続く2回にはTSUTOSHI,サブローのタイムリー二塁打で阪神先発・杉山をKO。更に、代わった渡辺から里崎が2点タイムリーを浴びせて、7点目。一方、打線低調が続く上、右ふくらはぎ痛の矢野が登録抹消となってしまった阪神はロッテ先発・久保に対して、その裏、林の7号ソロで1点を返すも、全く後が続かない。6回にはシャア少佐,関本と連打を浴びせるも、鳥谷,キュラソ星人の連続ファーストゴロでちまちまと1点を返すのが精一杯。8回に2点を加えたロッテは9回には里崎,ベニー松山の連続アーチ等で大量5点を奪い、ダメ押し。12点差と完全に試合が決まった状態で迎えた9回裏、藤田の抜け球がキュラソ星人の右肘をスナイプ。どう考えても大差で勝っているチームがよりにもよって連続試合出場のかかっているキュラソ星人相手に故意にぶつける理由など皆無だと言うのに、フクーラにかました2死球に対する報復と受け取ったのか、はたまた大敗ムードの憂さ晴らしでもしたいだけなのか、阪神ベンチが激昂し、乱闘寸前状態に陥ると、頭に当たった訳でもないのに、何故か警告試合となる訳の分からない展開に発展。この後、阪神はゼブラ今岡のどん詰まりタイムリーで1点を返したものの、焼け石に水だった。ロッテはTSUYOSHIの4安打を初めとする18安打の猛攻で首位をがっちりキープ。久保は7回2失点の好投で4勝目。。ところで、中村泰は何でいつまでもリリーフやらされてるんだろうね? 太陽の子エステバン・ジャンが落ちて先発枠が空き、ダーウィンが昇格して中継ぎ枠が埋まったんなら、中村泰を先発に持ってきゃいいだろうに…。

◆YB4−7E◆
今季は巨人以外のチームにも好投し、開幕5連勝を果たしたものの、前回の登板でそのメッキが剥がれてしまった土肥はこの日も奮わず、まず2回にショートに今季初アーチを被弾し、先制点を献上。4回にも山崎武にl両リーグ一番乗りとなる20号ソロ,フェルナンデスに9号ソロと次々に被弾。そして、6回に先頭の礒部に二塁打を浴びた所であえなくKOとなった。この後も悪の温床・楽天は7回に高須のタイムリー,8回にはフェルナンデスの犠飛で着々と加点。投げては先発の山村が7回を投げて、メカゴジラの一発による1点のみに抑える好投を展開。悪の温床・楽天は9回にも山崎武のこの日2発目となる21号2ランでダメ押し。横浜もその裏、メカゴジラに2打席連続の3号3ランが飛び出したが、大局には影響なかった。山村は無傷の4連勝。それにしても、横浜の交流戦ユニフォームは微妙だ…。やはり、青がないとどうにも違和感が…。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ