T.ウッズ

October 25, 2008

◆G6−2D◆(アジアシリーズ出場権争奪戦出場権争奪戦)
王手をかけられ、後がない中日は初回、巨人先発・春風亭半ケツに対して、ヒットの李を荒木の犠打,森野のファーストゴロで三塁へ進めると、T.ウッズが歩いて、一、三塁のチャンス。しかし、ベンちゃんはセカンドへ打ち上げて、二者残塁と早くも川相不在の弊害を露呈。一方、巨人も中日先発・ウッチャンから2回、寿司職人ラミレスの二塁打で無死二塁としながら、後続3人があえなく凡退。0−0で迎えた4回、中日は先頭のT.ウッズがヒットで出るも、ベンちゃん,中村紀と立て続けに打ち上げると、井端もピッチャーゴロに終わり、T.ウッズは一塁に釘付け。すると、その裏、巨人はキムタクのヒット,ガッツの死球で無死一、二塁。寿司職人ラミレス,李と倒れ、二死まで持ち込まれるが、ここで松田記者がタイムリー二塁打を放ち、キムタクが先制のホームイン。更に、続く坂本が初球を叩いて、レフト前へタイムリー。ガッツに続いて、本塁を狙った松田記者は憤死したが、この回2点をゲットした。2点を追う中日は6回、二死走者なしからT.ウッズが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにレフトスタンドへ叩き込み、1点差。続く7回には先頭の中村紀が左中間突破の二塁打を浴びせると、井端が送って、一死三塁のチャンス。しかし、谷繁は空振り三振,代打・平田はセカンドフライに倒れて、結局、無得点。続く8回、巨人は春風亭半ケツから山口にスイッチするが、昨日、3イニングを投げている疲労からか、李,森野とヒットを浴びて、一死一、三塁とされ、あえなくKO。代わった越智もT.ウッズに犠飛を許して、李が同点のホームイン。追い付かれた巨人はその裏、先頭の寺内が二塁打で出ると、続く寿司職人ラミレスがレフトスタンドへ2ランを叩き込み、再び勝ち越しに成功。更に、連続四球の後、坂本が送って、一死二、三塁とすると、鶴岡,亀井にもタイムリーが飛び出して、この回、一挙4点。そして、迎えた土壇場9回、このシリーズ、期待を裏切り続けている守護神・クルーンが登場。いきなり因縁の中村紀と対したが、これまでの鬱憤を晴らすかの様に三球三振に斬って取ると、井端をライトフライに打ち取って、二死。ここで谷繁を歩かせたものの、最後は代打・立浪を空振り三振に仕留めて、逃げ切った。

しぶとく食い下がる中日を突き放し、巨人がレギュラーシーズンを制覇したチームの当然の権利として持っていた6年ぶり31度目となる日本シリーズ進出権の行使を決定。2年連続で偽りの日本一の座を掠め取ろうとしていた中日のコスい野望を打ち砕いた。西武,巨人と各リーグを制覇したチームがいずれも日本シリーズへの出場を決めた事により、2年ぶりに日本シリーズが開催される事になったのには安堵するばかりである。クルーンがアテにならない状況だと言うのに、8回で早くも山口のカードを切ってしまい、もし追い付かれたらどうするのか…と言う心配が的中してしまい、重苦しい空気に包まれたが、その裏、すかさず飛び出した寿司職人ラミレスの会心の一発が一気に空気を変えた。追い付いた矢先の勝ち越し点献上でガックリ来た中日に更なる追い打ちをかけた事で、4点差でクルーン投入と言う理想的な展開を構築。よりにもよって、またまた中村紀からと言うのが不吉だったが、いい加減、リベンジしたいと言う執念からか、はたまた単に4点リードと言う状況の余裕からか、クルーンは今シリーズ初の好投で締め括り、日本シリーズに向けて、精神状態を持ち直す事が出来たのは何よりだ。中日は初回のチャンスを逃したのが致命的。T.ウッズの一振りに期待するしかない相変わらずのタイムリー欠乏症を最後の最後まで露呈し、川相不在の弊害を改めて痛感させられる事に。だから、名手・川相を現役復帰させておけと執拗に言ってきたものを…。ところで、今日は今季初めて日本テレビが40分も放送を延長。若大将・原監督のインタビューは切られたが、とりあえず試合終了までは流しきったのは、打ち切って非難が殺到するのを恐れたからか…。東京ドームの観客動員は実数発表以来最多を記録したそうだけど、視聴率の方はどうだったのかねぇ? 来年はもう少し地上波放映を増やして欲しいものだが…。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:51コメント(1)トラックバック(50) 

October 20, 2008

◆T0−2D◆(アジアシリーズ出場権争奪戦出場権争奪戦)
新人王レースを争う岩田と吉見が直接対決となったこの試合。中日は初回、死球の李を荒木が送るも、森野,T.ウッズが連続三振。2回には先頭のベンちゃんがエラーで出るも、続く中村紀がゲッッーを食らい、その後に井端がヒットを放つチグハグな攻撃でまたも無得点。3回には吉見が新井のエラーで出るも、続く小池がゲッツーを食らう始末。そうこうしているうちに岩田を立ち直らせてしまい、3回から8回までノーヒットに抑え込まれる有様。一方、吉見も序盤のピンチを切り抜けると、尻上がりに調子を上げていき、7回まで無失点。0−0で迎えた8回、阪神は一死から好投の岩田に代えて、代打・悠久の若虎・桧山を送るが、あえなく三振。ここでシャア少佐が二塁打を放つも、関本はショートに打ち上げ、結局、無得点。土壇場9回、阪神は同点の場面ながら、いきなり守護神・藤川を投入。これに対して、中日は先頭の代打・立浪がセンター前に弾き返すと、荒木が送って、一死二塁。森野はセカンドフライに倒れるが、T.ウッズが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにレフトスタンドへ2ランを叩き込み、ついに均衡を破る先制点をゲット。最後は守護神・岩瀬が阪神のクリーンアップをピシャリと締めて、完封リレーを達成し、第2ステージ進出を決めた。

中盤で完全にV争いから脱落し、貯金3でギリギリ3位に滑り込んだ中日が、シーズン終了ギリギリまで首位の座を守り通してきた阪神にたかだか3試合で勝ち越しただけで阪神の息の根を止めてしまう理不尽極まりない展開と化し、今季限りで辞任を表明している岡田監督はこれがラストゲームとなってしまった。岩田は8回を1安打無失点と素晴らしい投球だったが、全く援護出来なかった打線には猛省して欲しい。それにしても、明暗を分ける結果に繋がったのが、藤川へのスイッチになろうとは…。結果論になってしまうが、果たして、8回一死走者なしであえて岩田に代打を送る必要があったのか。登板過多の藤川を安易に使う前に、投球数は101球とまだまだ余力十分の岩田でもう少し行けたのではないかと思わずにはいられない。なまじ強力なリリーフ陣に頼り切ってきた為に、リリーフ陣を過信し、先発を信じ切れなかった部分があったのかもしれない。中日は昨日同様、タイムリー欠乏症を露呈し、ゲッツーを量産する無様な攻撃を繰り広げ、川相不在の弊害を大露呈するばかりだったが、吉見の踏ん張りと、川相不在では一発に賭けるしかないと言うやぶれかぶれ野球で辛くも白星を掠め取った。この儘、偽りの日本一の座を2年連続で掠め取ってしまわない事を祈るばかり。セ・リーグを制覇した巨人には最後の最後までデッドヒートを演じた阪神の為にも、滑り込み3位の中日をねじ伏せて貰いたい。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:07コメント(2)トラックバック(41) 

October 18, 2008

◆L0−5F◆(アジアシリーズ出場権争奪戦出場権争奪戦)
西武先発・岸の前に2回まで3人ずつで片付けられていた日本ハム打線だが、3回、一死から鶴岡,金子誠と連打を浴びせると、二死後、劇団ひちょりがライト前へタイムリーを放ち、1点を先制。続く4回には一死一、二塁からミスタースナイパー・坪井のタイムリー,鶴岡の犠飛の後、金子誠がレフトスタンドへ2ランを放り込み、一挙4点を獲得。投げては先発・ダルビッシュが序盤こそ制球に苦しんだが、尻上がりに調子を上げて行き、三振こそ6個と少なかったものの、打たせて取る丁寧な投球で散発3安打完封を果たした。

ダルビッシュを出し惜しみした所為で、窮地に陥った日本ハムだが、満を持して登場したダルビッシュが屋外球場を回避しただけの甲斐はあったと言う好投を展開し、昨日の借りを返した。西武はクリーンアップトリオが揃って4タコと抑え込まれるなど、僅かに3安打と沈黙。昨日の猛攻は西武打線が甦ったのではなく、単にグリンが乱調だっただけなのか、はたまた、甦った西武打線をもねじ伏せる程、ダルビッシュが素晴らしかったのか。実際には1勝1敗だが、アドバンテージの1勝が重くのしかかり、まだまだ日本ハムの劣勢である事には変わりはない。

◆T0−2D◆(アジアシリーズ出場権争奪戦出場権争奪戦)
何を血迷ったか、セ・リーグでも昨年から開催される事になってしまったアジアシリーズ出場権争奪戦出場権争奪戦。敗れたとは言え、シーズン終了ギリギリまで巨人とのデッドヒートを演じた阪神としては5割ギリギリの中日ごときに巨人への挑戦権すら与えたくない所だが、先発・安藤が初回から二死三塁のピンチを迎えると、T.ウッズにタイムリーを許して、先制点を献上。1点を追う阪神は中日先発・人斬り抜刀斎に対して、3回、先頭の矢野がチーム初安打。続く平野がフルカウントまで持ち込んだ事でスタートを切った矢野だが、平野はセカンドへのファールフライを打ち上げる最悪の展開。更に、安藤はファーストへの小フライを打ち上げるヘッポコバントをかまして、またも矢野は一塁に釘付け。続くシャア少佐もショートゴロに倒れて、結局、無得点。その後も阪神は4回二死一、三塁,5回一死二塁と悉くチャンスを逃す一方、中日は6回、川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに森野のソロアーチで2点目を追加。リードを広げられた阪神は7回、先頭の林がヒットで出るも、後続3人があっさり凡退。8回には2番手・浅尾からシャア少佐,関本の連打で無死一、二塁でクリーンアップに繋ぐ絶好のチャンスしかし、新井,キュラソ星人と打ち上げると、鳥谷もピッチャーゴロに倒れて、二者残塁。9回は守護神・岩瀬に対して、二死から代打・浅井が四球を選んだものの、最後は代打・ゼブラ今岡がライトフライに倒れて、完封負けを喫した。

昨年に続いて、偽りの日本一の座を掠め取る気満々の中日が完封で先勝。相変わらず、一発に頼らざるを得ないまずい攻めを繰り返しながらも、阪神がそれ以上に拙攻三昧だった事に救われた。中盤から完全にV争いから脱落し、僅か貯金3で3位に滑り込んだ中日に勝ち上がられては、シーズン終了寸前まで首位だった阪神の立場もないと言うものだが、そもそも、アジアシリーズ出場権争奪戦出場権争奪戦と言うものはそういうペナントレースの激闘を台無しにする以外の何物でもないエキシビジョンマッチなのだから仕方ない。無論、阪神が勝ち上がるならいい…と言う事もない訳で、こんな無駄な戦いはいい加減、今季限りでやめてくれんかね…。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:40コメント(0)トラックバック(43) 

August 31, 2008

◆T1−6G◆
1,2回と得点圏に走者を進めながら、先制出来ずにいた巨人だが、3回、四球の鈴木尚を古城の犠打とガッツのライトフライで三塁へ進めると、寿司職人ラミレスが三遊間真っ二つのタイムリーを放ち、先制。1点を追う阪神は4回、一死から四球と2つの内野安打で満塁とすると、二死後、バルディリスが押し出し四球を選んで同点。1−1の儘、迎えた8回、巨人はこの回から代わった3番手・ウィリアムスに対して、ガッツ,寿司職人ラミレスと連打を浴びせると、一死後、代打・松田記者が歩いて満塁。ここで阿部が押し出し四球を選んで、ついに勝ち越し。更に、二死後、代打・大道が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、この回一挙4点。9回にも李のタイムリーで1点を加え、試合を決定付けた。

大道の代打起用がまたもや的中。3タテこそ失敗した巨人だが、何とか3連戦勝ち越しを果たし、逆転Vへ僅かに望みを繋いだ。阪神はクリーンアップトリオが内野安打1本と沈黙。先発・安藤は6回1失点と責任を果たし、2番手・アッチソンは三者三振の快投を見せたが、3番手・ウィリアムスがよももやの4失点と大誤算。せめて押し出し四球を与えた所で下ろせば良かったものを一体、何故続投させたのか、不可解である。

◆D7−3C
またまた借金生活突入の危機に陥った中日は初回、先頭の森野が二塁打で出ると、一死後、李が先制タイムリー。更に、T.ウッズが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに27号2ランを放ち、この回、3点。2回には一死満塁からまたもT.ウッズがタイムリーを放ち、2点を追加。6回まで2安打と沈黙していた広島は7回、一死から嶋,シーボル,石原の3連打で1点を返すと、二死二、三塁となった所で代打に起用された求道者・前田が怒りの2点タイムリーを放ち、2点差。しかし、その裏、中日はまたもT.ウッズが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにこの日2本目となる28号ソロを叩き込むと、続く8回には森野が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに12号ソロをぶち込んでダメ押し、借金生活を免れた。

中日が川相不在を補填する苦肉の策・一発依存野球で広島を下し、辛くも広島に並ばれる事態を回避。先発・小林昭は7回途中まで3失点で凌いで、プロ初勝利を飾った。広島はまたもや求道者・前田をスタメンから外した事が大きく響き、3位浮上のチャンスをみすみす棒に振った。流石に、求道者・前田の状態を綿密にチェックしているブラウン監督だけあって、この日は打つと睨んだのか、タイムリーが出ても大局に影響しない4点ビハインドの場面で起用。だから、チームに勝利に繋がる場面で打てる状態にある求道者・前田をしっかり使ってくれと!

◆YB5−17S◆
ヤクルトは初回、四球と内野安打で一死一、三塁とした所で畠山が8号3ランを放り込み、3点を先制。3回にはヒットの福地が宮本の犠打,青木のセカンドゴロで三進すると、畠山のタイムリーで生還し、1点を追加。4点を追う横浜は3回に相川の6号ソロ,4回には村田の32号ソロと一発攻勢で応戦。しかし、直後の5回、ヤクルトは5長短打を集中して一気に6点を追加すると、この後も着々と加点し、圧勝を収めた。

ヤクルトが先発野手全員22安打17点の猛攻を見せ、快勝。特に、畠山は4安打5打点の大爆発。一時は内川に2分以上離された青木も内野安打2本を含む4安打の大当たりであっと言う間に1分差まで詰め寄った。横浜は7回までに放った4安打がいずれもソロアーチと言う淡泊な攻め。まぁ、それ以前に出る投手出る投手、悉く大炎上しているので問題外なのだが…。

◆H0−0L◆
2試合連続ドローで迎えた第3戦。西武が初回から一死満塁のチャンスをゲッツーで潰せば、その裏、ソフトバンクも二死満塁のチャンスに大村がサードゴロに倒れて、無得点。その後も、西武が2回二死一、二塁,3回二死二塁のチャンスを逃し、ソフトバンクも4回一死一、二塁,6回二死一、二塁のチャンスを潰す拙攻合戦。ソフトバンクは7回、先頭の吉川が二塁打で出ると、高谷の犠打が野選を誘い、無死一、三塁。しかし、本多,代打・本間と内野ゴロに仕留められると、二死二、三塁で一塁が空いた事で松中が敬遠気味に歩かれ、満塁となった所で小久保はセカンドへの凡フライに倒れて、またもや無得点。小久保は9回二死満塁のチャンスでもショートゴロに倒れてしまい、3戦連続の延長に突入した。延長に入ってからも12回まで西武に得点を許さず、負けはなくなったソフトバンクだが、結局、勝ち越す事が出来ず、3戦連続のドローとなってしまった。

9回で171球を投げた岸も、10回で143球を投げた和田も、打線が見殺し。特に、ソフトバンクは14残塁と大拙攻。2打席続けて満塁のチャンスを潰してしまった小久保のブレーキが痛かった。小久保は第1打席でも一死一、二塁のチャンスに凡退と怒濤のチャンスブレイク。松中は4度も出塁したが小久保の方が分がいいとばかりに歩かされまくった感があるだけに小久保には何とか意地を見せて欲しかった。それにしても、よもや3戦連続ドローとは…。西武にとっては1つも負けなかったのだから、万々歳だろうが、ソフトバンクは1つも勝てなかったと言うダメージだけが残る結果となった。

◆Bs5−1F
4位転落は免れたい日本ハムは初回から一死一、三塁と絶好のチャンスを掴むも、稲葉,小谷野と倒れて二者残塁。2回はゲッツーでチャンスを潰すと、3回も先頭打者を出しながら、後が続かないなど攻めあぐねていたが、4回、先頭の稲葉が14号ソロを叩き込み、ようやく待望の先制点。更に、二死一、二塁と追加点のチャンスを築くが、鶴岡がピッチャーゴロに倒れて1点止まり。先発のスーパーさぶ・多田野は毎回安打を浴びながらも耐えていたが、5回二死一、二塁のピンチで下山に同点タイムリーを浴びると、続くカブレラに3戦連発となる31号3ランを叩き込まれて、一気に3点のビハインド。続く6回には大引にタイムリーを許し、多田野はこの回限りで降板となった。土壇場9回、セーブのつかない場面ながらもマウンドに上がった守護神・加藤に対して、日本ハムは一死からスレッジ,ボッツと連打を浴びせるも、金子誠が最悪のショートゴロゲッツーに倒れて、4連敗となった。

日本ハムが逆転負けでついに4位転落。対偽バファローズは9連敗の体たらく。立ち上がりおぼつかなかった金子を攻めきれず、立ち直らせてしまったのが大きく響く格好となった。4月1日以来の5割復帰となった偽バファローズはこれで単独3位。金子は尻上がりに調子を上げ、5回以降はノーヒットの好投で9勝目。決勝アーチのカブレラはこの3連戦3発8打点の大当たりだった。

◆E2−4M◆
2回、ロッテがサブローの4号ソロで先制すれば、その裏、楽天も鉄平,嶋の連続二塁打ですかさず応戦。1−1の儘、迎えた6回、ロッテはオーティズの8号ソロで勝ち越し。更に、続く今江が二塁打を浴びせると、一死後、大松のタイムリーでこの回2点。その裏、楽天は連打と田中雅のエラーで無死満塁のチャンス。ここで草野が犠飛を打ち上げるが、鉄平,嶋と内野ゴロに打ち取られ、1点止まり。ロッテは8回にオーティズの2打席連続アーチで再び点差を2点に拡大。その裏から、シコースキー−荻野と繋いで、逃げ切った。

小林宏が7回2失点の好投で7月29日以来となる4勝目。打ってはオーティズが2打席連続アーチを叩き込み、ロッテは3連勝。楽天は3戦連続して相手を上回る安打数を放ちながら、拙攻三昧で悉く星を落とす有様で4連敗。5位ロッテ相手の痛い連敗でその差は5ゲームと広がり、いよいよ最下位独走体勢に入ってきた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:02コメント(0)トラックバック(59) 

July 10, 2008

◆T3−8G◆
阪神先発・下柳に対して、巨人は初回、2本のヒットで一死一、二塁とすると、寿司職人ラミレス,松田記者の連続タイムリーで2点を先制。更に、二死後、坂本にもタイムリー二塁打が飛び出し、この回3点。1,2回とチャンスを逃した阪神だが、3回、二死走者なしから連続四球と古城のエラーで満塁とすると、葛城イクローのタイムリー,鳥谷の押し出し四球で1点差。なおも満塁のチャンスだったが、矢野は空振り三振に倒れて、三者残塁。2回以降完全に立ち直った下柳だったが、5回、ガッツの打球が足を直撃。ケガの具合が心配されながらも、このピンチは何とか凌いだものの、続く6回、二死三塁から投手の内海にタイムリーを許して、この回限りで無念の降板。巨人は8回、マッスル千代の富士の11号2ラン,ガッツのタイムリー二塁打で3点を追加、試合を決定付けた。阪神は9回にクルーンから一死満塁のチャンスを掴むも、最後は代打・藤本がゲッツーに倒れて、万事休す。

下柳が不運な打球直撃で無念のKOとなり、阪神の連勝がようやく止まった。打っては3つも併殺を食らった上に11個の残塁を量産する拙攻が痛かった。巨人は序盤に集中打,終盤に一発で着々と加点。先発・内海は制球に苦しみ、6回途中で降板ながら6勝目。上原が3番手として登板し、1回を無難に抑えたが、もういい加減、先発に戻してみてもいい頃では? やはり、星野監督に媚びる為にこの儘、リリーフでいくのか?

◆C7−8D
4連敗中の中日だったが、この日は初回からT.ウッズのタイムリーで先制すると、2回には荒木,井端が連続タイムリー。3回にはベンちゃんが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに10号ソロを叩き込むと、4回にも井端のタイムリー等で2点を加え、大量7点のリード。しかし、その裏から広島が猛反撃。まず、梵の犠飛で1点を返すと、5回には赤松が6号ソロ。6回にはシーボルの一発の後、4安打を集中して、2点差まで詰め寄った。何とか突き放したい中日は7回、二死満塁のチャンスに代打・立浪がファーストゴロに倒れて、三者残塁。すると、その裏、嶋にタイムリーを浴びた後、荒木が連夜のタイムリーエラーをかまして、ついに同点。試合はその儘、延長に突入した。10回に二死一、二塁のチャンスを逃した中日だが、11回、T.ウッズが川川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに20号ソロを叩き込み、ついに勝ち越し。その裏は守護神・岩瀬が三者連続ショートゴロに打ち取って、辛くも逃げ切った。広島は再び借金生活に逆戻り。

7回の勝ち越しのチャンスに代打で登場した求道者・前田はセカンドフライと凡退。この所、当てつけるかの様にいい場面での代打起用が続く道者・前田だが、悉く凡退している原因は果たして、5割維持を阻止する為の反攻なのか、代打ではなくスタメンで使えと言う無言の訴えなのか、ブラウン暗黒采配によるコンディション低下の影響なのか…。ブラウン監督や求道者・前田の思惑はともかくとして、代打で使い続けた所で求道者・前田のポテンシャルが発揮しきれない事は確かな訳で、もうそんなにスタメンで使いたくないなら、地元・九州のソフトバンクにトレードしてくれと! トレード期限の1ヶ月延長でまだ間に合うんだし…。中日はアライバコンビが共に4安打の大活躍だったが、結局、終わってみれば、川相不在では一発に賭けるしかないと言う展開に…。吉見は3失点で防御率が一気に下落し、岩田に逆転を許した。吉見がリリーフを続ける以上、まだまだ岩田の逆転新人王の可能性も残っていると見ていいか?

◆S2−6YB◆
横浜は初回、村田のタイムリーで先制。その裏、2四死球でピンチを作った小林が武内に同点タイムリー二塁打を浴びると、更に連続四球の押し出しで勝ち越し点を献上。しかし、3回、横浜は一死一、三塁からまたも村田が21号3ランを叩き込み、一気に逆転。2点を追うヤクルトは5回無死一、二塁,6回二死満塁と立て続けにチャンスを逃す体たらく。4回以降ノーヒットと沈黙していた横浜だが、8回、一死から内川が二塁打で出ると、またも村田がこの日2本目となる22号2ランをぶち込んで、ダメを押した。

100敗ペースの惨状についに水島氏からも憐れまれてお情けをかけられたのか、よもやの圧勝と言う結末で呪いを免除して貰った横浜が17日ぶりに連勝。村田は2発3安打で全打点を叩き出す大当たり。首位打者陥落の危機に瀕していた内川も3安打と久々に爆発したが、呪いが解かれた途端、呪いの影響を受けないビグビー,ジェイジェイが8タコに終わるとは何ともはや…。ヤクルトは先発・松井が3回に内川の打球を右手に食らって、緊急降板を余儀なくされたのが誤算だった。

◆E4−7Bs◆
偽バファローズが初回にカブレラ,ローズの連続二塁打で2点を先制すれば、その裏、楽天も一死二塁から4連打を浴びせて、あっさり同点。2−2で迎えた3回、偽バファローズは内野安打で出た坂口を下山が送った後、カブレラが通算1000安打目となるタイムリーを放ち、勝ち越し。1点を追う楽天は5回、ショートの同点タイムリーの後、代打・中島の併殺崩れの間に勝ち越しに成功。しかし、直後の6回、偽バファローズはフェニックス一輝のタイムリーですかさず追い着くと、続く7回にはまたもカブレラが17号3ランをぶち込んで、一気に3点を勝ち越し。その裏、楽天は二死から連打で一、二塁と一発が出れば同点のチャンスを掴んだが、中島がキャッチャーフライに倒れて二者残塁。8,9回もあえなく抑え込まれ、この3連戦2敗1分に終わった。

シーソーゲームを制した偽バファローズが引き分けを挟んで3連勝。カブレラが4安打5打点,ローズも4安打と助っ人コンビが揃って助っ人らしい活躍を見せた。投げては2番手・清水が2イニングをパーフェクトの好投で白星を手にした。楽天は山崎が4打数4安打の大当たりだったが、1度として得点に絡まず仕舞いだった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:41コメント(1)トラックバック(15) 

October 30, 2007

◆D9−1F◆
不戦勝とは言え日本一に輝きながら、リーグ制覇もしていないチームに敗れた上、調子ぶっこいて日本一を自称されると言う3年前の屈辱を日本ハムにも味わわせたいと執念を燃やす中日の先発・朝倉に対して、日本ハムは初回、一死から田中賢がピッチャー強襲安打を浴びせるも、続く稲葉がセカンドゴロゲッツーに倒れて、3人で攻撃終了。一方、スタメン全員で計3本塁打と言う超貧弱打線を組まれて、むざむざ2桁勝利のチャンスを潰されたショックから未だに立ち直れずにいる日本ハム先発・武田勝はその裏、いきなり先頭の荒木に死球を食らわせると、簡単に二盗を許し、一死後、森野を歩かせて、一、二塁となった所でT.ウッズにセンター前へ弾き返され、先制点を献上。更に、中村紀,李と連続タイムリー二塁打を浴びて、二死も取れずに失意のKO。実質的に緊急登板と言ってもいい2番手・スウィーニーも準備不足からか平田,谷繁と連打を浴びると、朝倉に犠打を許した後、荒木,井端と連続タイムリーを許して、これまたあっと言う間にKO。3番手・建山が森野を打ち取ったものの、この回大量7点のビッグイニングとなり、早くも試合を決定付けられた。日本ハムは直後の2回、工藤がタイムリー二塁打を放ち、今シリーズ初めて青波の長瀬の一発以外で得点を奪ったが、後続を断たれると、その裏、谷繁のタイムリー二塁打で2点を奪われ、ダメを押された。序盤の大量点に焦燥感を募らせるばかりの日本ハムを相手に朝倉は7回までに8安打を浴びながらも、落ち着いた投球で2回の1点のみに抑えると、8回からは4人のリリーフを注ぎ込んで、中日は余裕の逃げ切り勝利を果たした。懸案事項であって打線の繋がりが解消されたかに見えた中日だが、3回一死一塁のチャンスはT.ウッズがゲッツーで潰し、4回には二死一、二塁のチャンスを逃すと、5,6,7回と三者凡退と沈黙。8回には一死一、二塁としながら、後続を断たれるなど、3回以降は完全に息切れして、いつも通りの拙攻三昧。初回の7点がなければ、どう転んでいたか分からない有様で依然として課題は山積みと言っていいだろう。一方、その中日を遙かに下回る日本ハム打線の沈黙ぶりは深刻を極めており、必要以上に先発投手にプレッシャーをかける原因にもなっているだけに、打線の奮起に期待したい所だ。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:15コメント(0)トラックバック(61) 

October 20, 2007

◆G2−4D◆
アジアシリーズ出場権争奪戦出場権争奪戦などと言うエキシビジョンマッチに負け越した所で長いシーズンを制覇した栄光が何ら霞む事はないものの、万一、2位チームごときに負け越してしまった場合は日本シリーズを出場辞退する覚悟で臨む巨人だが、いきなり2連敗と崖っ淵。しかし、たかだかエキシビジョンマッチごときに選手生命を懸けられないのか、足首痛のマッスル千代の富士はこの日も欠場。何とか得意の空中戦に持ち込みたい巨人は2回一死からニックンの一発で1点を先制。短期決戦だと言うのに、ここまで登板を待たされた春風亭半ケツに対して、3年前にリーグ制覇した際、ソフトバンクの出場辞退により不戦勝で日本一になる事の虚しさを痛感したにも拘わらず、そんな理不尽な想いを日本ハムにも知らしめたいのか日本シリーズ開催阻止に燃える中日は3回までパーフェクトと沈黙していたが、4回一死から井端が死球を食らうと、森野がセンター前へ弾き返して、一、二塁。ここでT.ウッズが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにライトスタンドへ3ランを叩き込み、一気に逆転に成功。更に、この後、二死満塁のチャンスを掴んだが、中田は空振り三振に倒れて三者残塁と相変わらずのタイムリー欠乏症はしっかり発症。その裏、巨人は四球で出た松田記者が暴投で二塁へ進むと、ガッツのタイムリーで生還し、1点差。しかし、李,ニックンと連続三振。阿部が歩いて、暴投で二、三塁と一打逆転のチャンスを作ったものの、脇谷が空振り三振に倒れて、二者残塁。2−3の儘、迎えた7回、中日は一死から谷繁が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにレフトスタンドへぶち込んで、貴重な4点目を追加。その裏、巨人は二死走者なしから、ホリンズ,キムタクの連打で一、二塁とするが、矢野はキャッチャーへのファールフライを打ち上げて、二者残塁。直後の8回、昨日に続いて豊田が三者三振に快投を見せて、チームを鼓舞するが、その裏、一死一、二塁のチャンスに第1打席でインケツパワーを使い果たしているニックンが空振り三振に倒れる相変わらずのインケツぶりを遺憾なく発揮。そして、ここで先発・中田に代わり、マウンドに上がった守護神・岩瀬の前に阿部も三振を喫して、またも二者残塁。9回にはこれまた昨日同様、2点負けている場面で上原が登場。上原は今度はきっちり3人で抑えると、その裏、上原の代打・大道がヒットを放ち、流れを引き寄せたかに思われたが、特に大飛球でもないホリンズのレフトフライで代走・古城が大きく飛び出し、戻れずに憤死する大チョンボ。これで完全に意気消沈となった巨人は最後はキムタクが空振り三振に倒れて、万事休す。十八番の空中戦のお株を奪われる形で3連敗を喫し、あっさり負け越した巨人はセ・リーグを制覇したにも拘わらず、日本シリーズの出場を辞退する事となり、この瞬間、日本ハムの2年連続日本一が決定。2年ぶりに日本シリーズの開催が中止となった為、日本ハムと補欠繰り上がり出場の中日の間でアジアシリーズ出場権争奪戦が開催される事となった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:15コメント(1)トラックバック(79) 

October 13, 2007

◆D7−0T
シーズン終盤まで続いた三つ巴の熱い戦いを水泡に帰すアジアシリーズ出場権争奪戦出場権争奪戦などと言うエキシビジョンマッチを何を血迷ったかパ・リーグに続いて開催してしまう事になったセ・リーグ。名手・川相を無為に引退させてしまった事による弊害を大露呈する形で優勝を逃した中日は阪神先発・下柳に対して、初回、いきなり関本のエラーで出塁した荒木が盗塁と内野ゴロで三進すると、森野のタイムリーで先制のホームイン。更に、続くT.ウッズがペナントレース同様に川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに2ランをぶち込んで、この回、3点。ペナントレースではパッとしない内容でエースの座が危うくなっている中日先発・人斬り抜刀斎だったが、エキシビジョンマッチの気楽さからか、5回までパーフェクトに抑え込み、しかも9つの三振を奪う素晴らしい投球を展開。人斬り抜刀斎が抑えているうちに突き放しておきたい中日だが、2回二死一塁,3回一死一塁,4回無死二塁,5回二死一、二塁と毎回安打でチャンスを掴みまくりながら、悉く逃してしまうタイムリー欠乏症がまたまた発症。しかし、6回、岡田監督が3点も負けていると言うのにペナントレースで酷使三昧の久保田を投入してしまってから試合の流れが一変。本番のペナントレースで気が張っていたからこそ、酷使による勤続疲労も実際よりは軽く感じていた久保田だったが、たかだかエキシビジョンマッチごときでは溜まりに溜まった疲労がただただ体にのしかかるばかりで谷繁,荒木と痛打され、一死一、三塁のピンチを迎えると、井端にタイムリーを浴び、4点目を献上。更に、ミスター3ラン・森野に川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにライトスタンドへ3ランをぶち込まれ、失意のKO。7回を2安打無失点で91球と余裕の完封ペースだった人斬り抜刀斎だったが、大量リードでお役御免。7点差ありながら、落合監督は残り2イニングで何と6人ものリリーフを注ぎ込む小刻み極まりない継投を展開。これに対して、阪神は5人の走者をだしながら、あと一本が出ず、完封リレーを喫してしまった。

◆F5−2M◆
アジアシリーズ出場権争奪戦出場権争奪戦などと言うエキシビジョンマッチに負け越した所で長いシーズンを制覇した栄光が何ら霞む事はないが、万一、2位チームごときに負け越してしまった場合は日本シリーズを出場辞退する覚悟で臨んでいる日本ハムだったが、防御率のタイトルの可能性を蹴ってまで、日本シリーズ出場に照準を合わせてきた先発・ダルビッシュは今季最悪と自己分析する程の不調に苛まれ、2回に一死一、三塁からベニー松山のサードゴロの間に先制点を献上。しかし、その裏、日本ハムはロッテ先発・久保を攻め立て、一死から3連打で満塁とすると、劇団ひちょりの2点タイムリー二塁打で一気に逆転。早くも久保をKOすると、代わった高木から田中賢も2点タイムリーを浴びせて、この回、4点。3点のリードを貰いながら、依然としてピリッとしないダルビッシュは直後の3回、無死一、三塁のピンチを迎えると、フクーラのゲッツーの間にTSUYOSHIの生還を許して、2点目を献上。しかし、日本ハムは5回に金子誠のタイムリー三塁打で貴重な1点を追加し、3点差。4回以降、徐々に立ち直り始めたダルビッシュは7回には三者三振に斬ってとるなど調子を上げ、8回までヒット1本許さない好投を展開。9回もマウンドに上がると、サブローに死球,オーティズにヒットを許して、二死一、二塁と一発で同点と言うピンチを背負ったものの、最後は大松をセンターフライに仕留めて、完投勝ちを収めた。 

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:41コメント(1)トラックバック(86) 

October 07, 2007

◆YB6−4D◆
引退試合の佐々岡からの号砲で単独トップに躍り出た村田に追いつくべく最後のチャンスに懸けるT.ウッズ。既に、両軍共に順位が確定しているだけに、醜い敬遠合戦が繰り広げられる事も危惧されていたが、それは杞憂に終わった。初回、中日は三者凡退に終わり、T.ウッズには回らず。その裏、横浜は野中の二塁打の後、相川の犠打がエラーを誘って、一、三塁。ここで金城のゲッツーの間に野中が先制のホームイン。二死走者なしと言う場面で回ってきた村田に対して、中日先発・朝倉はいきなり3連続ボール。勝負に行っている様に見せかけた四球か?と思われた矢先の4球目にストライクを投げ込んだが、結局、5球もアウトローに外れてのフォアボール。直後の2回、先頭打者として打席に入ったT.ウッズに対して、横浜先発のルーキー・高崎は真っ向勝負でショートゴロに打ち取った。しかし、続く森野に川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに18号ソロを放り込まれて、試合は振り出しに。3回二死一塁で迎えた村田の第2打席、朝倉も今度は初球からストライク。これを打ちに行った村田だが、井端の好守に阻まれて、凡退。直後の4回、連続四死球で無死一、二塁と言う大ピンチでT.ウッズを迎えた高崎は低めにボールを集める投球でカウント0−3としながら、ここから外角へ逃げるスライダーを3つ続ける徹底した攻めで見逃し三振に斬って取った。続いてミスター3ラン・森野をセカンドフライに打ち取ると、李もサードゴロに打ち取って、ピンチ脱出…と思いきや、村田のタイムリーエラーに足を引っ張られ、勝ち越し点を献上。しかし、その裏、この回から代わった山井に対して、横浜はヒットの吉村が二盗と暴投で三塁へ進んだ所で内川がレフト前へ同点タイムリー。更に、二死二、三塁から今度はT.ウッズにタイムリーエラーが飛び出して、2点を勝ち越し。直後の5回、中日は二死一、二塁のチャンスを掴むも、途中出場の上田がファーストゴロに倒れて、二者残塁と川相不在の弊害を露呈。その裏、横浜は一死から打席に入った村田がライト前に弾き返すと、吉村が歩いて一、二塁となったが、古木,内川と倒れて二者残塁。直後の6回、先頭のT.ウッズに対して、高崎はまたも徹底した外角攻め。カウント1−2から明らかに投げ損ねの真ん中高めへの甘い球が投げ込まれたが、まさかの好球にT.ウッズは不覚の空振り。結局、最後は外角球をライト前に軽打するしかなかったが、続く森野がタイムリー二塁打を放って、1点差。更に、一死後、平田がヒットを放ち、一、三塁となったが、ここで代わった木塚の前に谷繁はサードゴロゲッツーに倒れる最悪の展開でまたも川相不在の弊害を露呈。7回、中日4番手・岡本に対して、横浜は先頭の金城がショートへの内野安打。ここで4度目の打席に入った村田だが、2−1と追い込まれると、一発を狙いたい気持ちの強さからかインハイのボール気味の球を強引に振りに行って、空振り三振。直後の8回、またまた先頭打者として打席に入ったT.ウッズに対して、横浜3番手・加藤は荒れ球で外角一辺倒の筈が、真ん中や内角へ行ってしまうも、外角に目が慣れ過ぎたT.ウッズはいずれも空振り。しかし、フルカウントからの外角低めをあまりにも外角に目が慣れ過ぎたT.ウッズは際どいながらもボール球と見極めてしまい、振りに行かずにフォアボール。この儘、追いつけずに終わってしまうと、これが最終打席となってしまうだけに何とかしたい中日だったが、続く森野は空振り三振。そして、李はセカンドゴロゲッツーに倒れる最悪の展開でまたまたまた川相不在の弊害を大露呈。その裏、リードされている場面であるにも拘わらず、アジアシリーズ出場権争奪戦出場権争奪戦とか言うエキシビジョンマッチの為の調整登板か、守護神・岩瀬が登場。しかし、いきなり井端のエラーに足を引っ張られ、川相不在の重さを痛感し、ガックリ来た岩瀬は続く代打・呉本を歩かせると、野中をゲッツーに取りながら、相川も歩かせた所で金城には走者一掃のタイムリー二塁打を浴び、2点を献上。しかし、村田はサードフライに打ち取り、ようやくチェンジ。3点差となった事で守護神・クルーンを投入し、余裕の逃げ切りと思われた横浜だが、クルーンは平田にヒット,谷繁に四球を許すと、代打・中村紀にタイムリー二塁打を浴び、なおも無死二、三塁と一打同点のピンチ。ここで荒木がピッチャーゴロに倒れ、一死となった所で落合監督は何を血迷ったか、井端を引っ込め、代打・柳田を投入。ここでクルーンは暴投を犯したと思いきや、バックネットのフェンスの固い所に当たって、まともに戻ってくる幸運に恵まれ、三塁走者は突入出来ず。結局、柳田は空振り三振。なおも二、三塁の場面が続いていたが、途中出場の藤井もあえなくショートゴロに倒れて、二者残塁と川相不在の弊害を露呈し、T.ウッズはあと一歩で巡ってきた第5打席のチャンスを潰され、今季の本塁打王獲得は完全消滅した。中日は拙攻拙守を繰り広げる無様な戦いで対横浜6年ぶりの負け越しを喫して、今季全日程を終了。アジアシリーズ出場権争奪戦出場権争奪戦とか言うエキシビジョンマッチに向け、大きな不安を残し、来季からの川相現役復帰待望論はより一層強まる事となった

◆S3−6C◆
ヤクルト先発・石川に対して、広島は初回、二死一塁から新井,嶋,梵の3連続タイムリーで3点を先制。2回、広島先発・長谷川に対して、ヤクルトは4番に入った青木がヒットで出塁。暴投と、この日が引退試合と言う事で5番でスタメンマスクとなった中井美穂の旦那のライトフライで三進した後、リグスの犠飛でホームイン。1−3で迎えた5回、広島は一死から栗原が二塁打を浴びせると、続く新井がレフトスタンドへ28号2ランをぶち込んで、5点目を追加。4点を追うヤクルトは6回一死から本塁打王争いの伏兵・ガイエルのショート後方へのフライをショート・梵とレフト・井生が交錯。ボールが無人のレフトを転々とする間にガイエルは一気に本塁を陥れる34号ランニングホーマー。8回にルパン広瀬の一発で再び突き放されたヤクルトだが、その裏、ガイエルが村田に1本差と迫る2打席連続の35号ソロを叩き込み、3点差。この後、二死一塁で中井美穂の旦那の打席を迎えると、何と昨夜引退試合を終えたばかりの佐々岡がサプライズ登板。今季でユニフォームを脱ぐ者同士の対決はショートゴロで佐々岡に軍配が上がった。9回は守護神・永川が反撃を断ち、最下位脱出。広島はこれで全日程を終了となり、ヤクルトは残り2試合を連勝しなければ、最下位が確定する。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:46コメント(2)トラックバック(34) 

September 14, 2007

◆G9−8C◆
一昨日、危険球退場で3回降板となった内海が中1日でマウンドに上がったが、初回から大乱調。一死から3連打を浴び、満塁のピンチを迎えると、栗原の併殺崩れの間に先制点を献上。続く嶋に右中間突破の2点タイムリー二塁打を浴び、3失点。更に、倉にもヒットを浴びるが、一気に本塁を狙った嶋をマッスル千代の富士が刺して、辛くも4点目は阻止。しかし、立ち直りの気配が見えない内海は3回二死から新井,栗原,嶋と3連続二塁打で2点を失うと、5回には新井に一発を浴び、6失点KO。その裏、巨人は広島先発・黒田が一死満塁とこの日初めてのチャンスを作ると、マッスル千代の富士の2点二塁打と代打・矢野の犠飛で3点差まで詰め寄った。しかし、それも束の間、2番手・福田が梵にタイムリー二塁打を浴びると、3番手・山口が暴投で余計な1点を許してしまい、点差は5点と広がった。巨人は7回、一死満塁と言う絶好のチャンスをモノに出来ず、これで試合は決まったかに思われたが、土壇場9回、大波乱が待っていた。広島3番手・上野が四球に連打で無死満塁のピンチを作って、あえなく降板。ここでマウンドに上がった守護神・永川に対して、巨人はまずマッスル千代の富士に2点タイムリーを浴びせると、更に、二死満塁となった所で倉の捕逸で1点を返し、2点差。ニックンが歩いて、またまた満塁となった所で阿部に代わって7回から途中出場している加藤が起死回生の2点タイムリーを放ち、ついに同点。試合は延長に突入した。迎えた11回、巨人は一死満塁のチャンスで9回に同点タイムリーを放った加藤に期待が懸かったが、魅惑のナックルボーラー・フェルナンデスのナックルの前にショートゴロゲッツーに倒れる最悪の展開でサヨナラならず。ラストイニングとなった12回、巨人は豊田が3人で締めて、この試合の負けがなくなると、その裏、最後の代打・大道がいきなり二塁打。ここで続く清水が右中間を深々と破るタイムリー二塁打を放ち、劇的なサヨナラ勝ち。順位は3位と変わらないが、首位阪神に0.5差と詰め寄った。

◆T5−7D◆
阪神に連敗すれば自力Vが消滅してしまう中日は2回二死満塁のチャンスを逃すなど、相変わらずの拙攻ぶりを露呈したが、3回、中村紀のタイムリーで1点を先制。しかし、3回までノーヒットピッチングを見せていた先発・朝倉が4回、突如、制球を乱し、二死一塁から、よもやの4連続四球と、連続押し出しで逆転を許すと藤本には2点タイムリーを浴びて、あえなくKO。直後の5回、中村紀の犠飛と森野のタイムリー三塁打で1点差と詰め寄った中日は7回、一昨年の藤川に並ぶ日本タイ記録の80試合目の登板となる久保田に対し、二死一塁からT.ウッズが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにバックスクリーンへ34号2ランを叩き込み、ついに逆転。しかし、粘る阪神は8回、中日4番手・岡本に対し、先頭のシャア少佐が通算1000安打となるヒットで出ると、シーツが送った後、キュラソ星人がどん詰まりながらもレフト前にポトリと落とすタイムリーを放ち、シャア少佐が同点のホームイン。土壇場9回、阪神は同点の場面ながら、守護神・藤川を投入するが、昨夜も初被弾を喫するなど、疲労の蓄積は隠せず、2安打を浴びて、二死二、三塁のピンチを作ると、またもやT.ウッズにタイムリーを浴びて、勝ち越しの2点を献上。その裏、岩瀬の前に三者凡退に終わり、万事休す。これで中日と阪神の差は0.5となり、巨人も加えて、上位3強が0.5差にひしめく大混戦となった。

◆YB7−9S◆
初回二死一、二塁のチャンスは逃したヤクルトだが、続く2回に一死満塁から青木が押し出し四球を選んで1点を先制。更に、二死後、寿司職人ラミレスが5年連続100打点となる2点タイムリー二塁打を放ち、この回、3点。3回にも青木のタイムリー等で3点を加え、横浜先発・山口をKO。金村(日本ハム)の師匠・伊集院光が「合体変形ロボみたいな名前で凄ぇかっこいいから」と言う理由で一押しの新助っ人・グライシンガーに対して、3回まで1安打と抑え込まれていた横浜は4回に反撃開始。藤田が振り逃げで出塁したのを皮切りに5長短打を浴びせて、一気に4点を返すと、続く5回には村田に27号ソロが飛び出して、1点差。突き放したいヤクルトは直後の6回、ガイエルが27号ソロを叩き込むと、8回には青木,寿司職人ラミレスがタイムリー二塁打を放ち、ダメ押しの2点を追加。横浜は8,9回と1点ずつ返したものの、あと一歩及ばなかった。グライシンガーは6回5失点ながら、打線の援護に助けられ、2位に3差をつける15勝目をあげ、最多勝のタイトルに当確ランプを灯した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:38コメント(0)トラックバック(55) 

September 04, 2007

◆D7−3G◆
巨人は2回二死一、二塁,3回無死一塁と先制のチャンスを悉く逃す拙攻を展開。先発の春風亭半ケツは2回までノーヒットとまずまずの立ち上がりで3回も谷繁,山井と連続三振に斬って取るも、ここから3連打を浴びて満塁とした後、T.ウッズに押し出し四球を与えて、先制点を献上。直後の4回、巨人も二死満塁のチャンスを掴むが、ここで春風亭半ケツに回ってしまい、三者残塁。1−0の儘、迎えた5回、中日は一死から1安打2四球でまたも満塁とすると、T.ウッズが2点タイムリー。更に、森野もヒットで続いて再び満塁とした所で、李が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに7号グランドスラムを叩き込み、試合を決定付けた。巨人は終盤3点を返したものの、5回の6失点が重くのしかかり、及ばなかった。春風亭半ケツはこれで5試合白星から遠ざかっており、最多勝はおろか、最優秀防御率も最高勝率もアヤしくなってきた

◆S1−0C◆
金村(日本ハム)の師匠・伊集院光が「合体変形ロボみたいな名前で凄ぇかっこいいから」と言う理由で一押しの新助っ人・グライシンガーに対して、広島は2回、新井,栗原の連打で無死一、二塁と絶好のチャンスを掴むも、ルパン広瀬,嶋と打ち上げた後、石原は三振に倒れて、二人の走者は釘付け。すると、その裏、ヤクルトは先頭の宮出が8号ソロを叩き込み、1点を先制。グライシンガーは3回以降、僅か1安打と二塁も踏ませぬ完璧な投球を見せ、今季2度目の完封で2位に2差を付ける14勝目をマークした。ヤクルトの連敗は5でストップ。

◆T6−2YB◆
初回二死一、三塁のピンチを切り抜けた阪神はその裏、エラーで貰ったチャンスにシーツのタイムリー等で3点を先制。3回に1点を失うも、その裏、矢野がタイムリーを浴びせて、再び3点差。6回には那須野の暴投とシーツのタイムリーで貴重な2点を追加。この後、阪神はダーウィン−渡辺−橋本健と繋ぎ、JFKは完全休養かと思いきや、4点差あるにも拘わらず、岡田監督は9回無死一塁から、藤川を投入する堪え性のなさを見せてしまい、楽勝ムードに水を差したが、この勝利により、セ・リーグ3強は再び1.5差の間に肉薄する事となった。

◆Bs5−3F◆
日本ハム先発・武田勝が初回から大炎上。いきなり先頭の下山を歩かせると、村松に犠打を許した後、ラロッカ,ローズと連打を浴び、先制点を献上。更に、続く北川にはレフトスタンドへ9号3ランを叩き込まれて、いきなりの4失点。4点を追う日本ハムは4回、3連打で1点を返し、なおも一、二塁のチャンスだったが、青波の永瀬はセンターフライ,高橋は最悪のショートゴロゲッツーに倒れて、1点止まり。すると、その裏、立ち直りかけていた武田勝は阿部真のタイムリーで1点を失い、この回限りでKO。日本ハムは6回に高橋の2点タイムリーで2点差と詰め寄り、先発・金子をマウンドから引きずり下ろすも、7回以降は本柳−菊地原−加藤大のリレーの前に1回ずつ抑え込まれて、逃げ切られた。

◆M3−2L◆
3回まで立て続けの拙攻を展開してきたロッテだが、4回、サブロー,里崎と連打を浴びせると、二死後、竹原が5号3ランを放り込み、一気に3点を先制。ロッテ先発・成瀬はこの日も好調で6回まで1安打無失点と西武打線に付け入る隙を許さない。しかし、7回、ベンチャン,G.G.佐藤,カブレラと3連打を浴びて、1点を返されると、中島には犠飛を許して、1点差。しかし、代打・高山,細川と打ち取って、踏み留まった。8回からは薮田−小林雅と繋ぐ必勝リレーで1点差を守りきった。成瀬は7回2失点で13勝目をマーク。敗れた西武は最下位の偽バファローズに1差と迫られた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:01コメント(0)トラックバック(59) 

August 16, 2007

◆C6−3G◆
最下位相手に3タテを食らう訳にはいかない巨人は2回にガッツの27号ソロで4戦連続の先制点をゲット。しかし、3戦連続逆転勝利中の広島は巨人先発・木佐貫相手に4回までは再三チャンスを潰しまくりながらも、5回に梵の10号2ランで逆転に成功すると、更に、オチョアのタイムリーで1点を追加。続く6回には投手の高橋がタイムリーを浴びせて、木佐貫を引きずり下ろすと、今季初登板となる2番手・三木から新井が2点タイムリーを放ち、6点目。大量5点ビハインドとなった巨人は7回、一死から李,阿部と連打を浴びせて、高橋をKO。2番手・梅津から代打・清水が四球を選んで満塁となった所でキムタクがタイムリー二塁打を放ち、2点を獲得。なおも二、三塁のチャンスだったが、3番手・上野に後続を断たれて、2点止まり。8,9回も走者を出しながら、いずれもゲッツーでチャンスを潰してしまい、これで5連敗となった巨人は中日と入れ替わりで首位陥落。一方、4戦連続の逆転勝ちとなった広島はヤクルトを抜いて、単独5位に浮上した。

◆T2−3D◆
初回一死満塁,2回二死満塁のチャンスを悉く逃すなど、川相不在の弊害を大露呈した中日。しかし、先発・人斬り抜刀斎が5回まで2安打無失点の力投を展開。何とか人斬り抜刀斎を援護したい中日は6回、川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにT.ウッズが5年連続の大台突破となる30号(史上88人目となる通算200号)2ランを叩き込み、ようやく均衡を破ると、7回には一死三塁から中村紀が犠飛を打ち上げ、3点目。3点を追う阪神はその裏、キュラソ星人が10試合ぶりとなる25号ソロを放ち、ようやく1点を返すと、続く8回には2番手・岡本を攻め立て、無死満塁と絶好のチャンス。しかし、ここで代わった3番手・高橋の前に鳥谷のセカンドゴロの間に1点を返すのが精一杯。中日は9回、満を持して投入した守護神・岩瀬が三者凡退に斬ってとって、首位に返り咲き。岩瀬はリーグ単独トップの31セーブ目、人斬り抜刀斎は4年連続の10勝目をマークした。

◆H1−8F◆
着々と首位固め体制に入っている日本ハムは初回から一死一、二塁のチャンスを掴むと、今季6タコと苦手にしている苦手・杉内から青波の長瀬が先制タイムリーヒット。この後、杉内,ダルビッシュの好投が続いたが、5回に杉内が大炎上。一死二塁から稲葉の3ランを含む5連打を浴びて、あえなくKO。更に、代わった山村も3連打を浴び、この回、大量7失点。ダルビッシュは5回までパーフェクトの快投を展開するなど、8回まで松田の内野安打1本に抑える完璧な投球を展開。100球にも達していない完投ペースだったが、ヒルマン監督は8点リードにも拘わらず、酷使中の武田久をわざわざ投入する訳の分からない継投を展開。不可解な起用にモチベーションの上がらない武田久は本間にタイムリーを許し、完封リレーはならなかったが、チームは7連勝で2位とのゲーム差は5と独走体勢に入りつつある。一方、ソフトバンクは4戦連続1得点の貧打で4連敗。

◆M5−4L◆
西武が2回にG.G.佐藤のタイムリー二塁打で先制すれば、その裏、ロッテはベニー松山が同点タイムリー二塁打。続く3回に西武がカブレラの20号3ランで突き放せば、その裏、ロッテもサブローのタイムリー三塁打等で2点を返し、6回には里崎の犠飛で再び同点。4−4で迎えた7回、ロッテは一死満塁からまたもサブローがタイムリーを放ち、ついに勝ち越しに成功。土壇場9回、マウンドに上がった守護神・小林雅は2本のヒットを浴びて、一死一、二塁のピンチ。またまたまたコバマサ劇場が開演となるのでは?とロッテファンが戦々恐々とする中、細川,礒?を何とか打ち取り、辛くも逃げ切った。先発・渡辺俊は6月3日以来となる7勝目。敗れた西武は自力Vが消滅した。

◆E4−0Bs◆
一場,デイビーの両先発が互いに譲らぬ息詰まる投手戦を展開し、両軍ゼロ行進の儘、試合は終盤へ突入。迎えた8回裏、偽バファローズは何故か、デイビーから本柳にスイッチするも、これが裏目に。悪の温床・楽天は二死二塁から鉄平のタイムリーでついに待望の1点を先制すると、山崎武司が歩いた後、ショート,フェルナンデスの連続タイムリーでこの回、4点を奪い、試合を決定付けた。偽バファローズは9回、無死一、二塁とし、一場をKOしたものの、抑えの小山に後続3人が打ち取られ、完封負け。再び、悪の温床・楽天に並ばれた。一場は完投こそ逃したものの、無失点投球で今季初勝利

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:04コメント(1)トラックバック(68) 

July 18, 2007

◆T5−3G◆
何とか首位ターンに望みを繋ぎたい巨人は2回二死満塁のチャンスを掴むも、ここで投手・金刃の打席となってしまい、三振で三者残塁。続く3回にも一死二塁のチャンスにガッツ,阿部と倒れて、無得点。その裏、阪神は鳥谷のタイムリー二塁打で1点を先制すると、半月板損傷を抱えながら出場しているキュラソ星人が21号2ランを叩き込み、この回3点。直後の4回、巨人は一死一、三塁からキムタクがライトへ犠飛。負けが込んでいる所為か勝利を焦る若大将・原監督は二死一塁とさしたるチャンスでもないと言うのに、早くも金刃を引っ込め、代打・大道を投入するも、大道はライトへのファールフライに倒れて、1点止まり。突き放したい阪神は5回、二死一、二塁から林の走者一掃のタイムリー二塁打で貴重な2点を追加。巨人は7回、久保田に対して、キムタクが四球で歩くと、先日、若大将・原監督が大バッシングを浴びた代打策で一躍、時の人となった小関が汚名返上の今季初アーチをライトポール際に叩き込み、2点差まで詰め寄ったが、反撃もここまで。バカの一つ覚え継投を炸裂させまくる岡田采配による酷使の影響か、ウィリアムスが左肩腱板炎で離脱した為、8回途中、久保田から直接バントを受けた藤川の前に苦もなく捻られ、前半戦は2位で折り返す事となった。

◆D8−2S◆
岩瀬ショックを岩瀬自身が打ち砕き、平常心を取り戻した中日は初回、金村(日本ハム)の師匠・伊集院光が「合体変形ロボみたいな名前で凄ぇかっこいいから」と言う理由で一押しの新助っ人・グライシンガーに対して、T.ウッズの犠飛で1点を先制。4回に宮出のタイムリーで追いつかれるも、その裏、またもT.ウッズが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに24号ソロを叩き込み、勝ち越しに成功。更に、この後、森野,中村紀の連打で1点を追加。2点を追うヤクルトは5回にまたも宮出にタイムリーが飛び出し、1点差。前半戦最終戦と言う事で中日は先発・小笠原に代わり、6回から先発要員の中田を投入するスクランブル起用を敢行。その裏、中日はまたまたT.ウッズが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに2打席連続となる25号ソロをぶち込むと、7回には荒木がタイムリー。更に、8回にはヤクルト投手陣の制球難につけ込み、ダメ押しの3点を追加し、試合を決定付けた。これで中日は昨年に続いて前半戦首位ターンとなった。

◆YB3−0C◆
23イニング連続無失点中のハマのチンピラは2,3回と立て続けに満塁のピンチを迎えるも、ここを何とか切り抜けると、8回まで無失点の好投を展開。対する広島先発・青木高は味方打線の拙攻に歯痒い思いをしながら、いつか来る筈の援護を待ちながら7回まで散発4安打無失点とハマのチンピラを上回る好投を続けていたが、8回二死一、三塁のピンチを迎えると、村田のタイムリー二塁打でついに先制点を献上し、無念のKO。更に、代わった広池がメカゴジラに走者一掃のタイムリー二塁打を浴び、この回3失点。8回に代打を出されたハマのチンピラに代わり、最後は守護神・クルーンが2人の走者を出しながらも、何とか凌いで完封リレーを達成。ハマのチンピラは連続無失点を31イニングにまで伸ばし、8勝目を飾った。青木高は好投虚しく、最後まで援護を貰えず、逆ハーラー独走の9敗目。

◆F1−7H◆
伊集院光の弟子・金村の制球難をつき、初回から一死満塁のチャンスを掴んだソフトバンクは小久保、ブキャナンのタイムリー二塁打で4点を先制。伊集院光の弟子・金村は1回もたずにKOとなった。その裏、1点を返されるも、直後の2回にハマのスペランカーのタイムリー二塁打ですかさず取り返し、5回には小久保の史上30人目の1000打点となるタイムリー二塁打,山崎のスクイズで2点を追加。大量リードを貰い、悠々と投げ込むソフトバンク先発・杉内は8回まで散発5安打1失点の好投で12勝目をあげた。

◆M3−1Bs
前日、暴行をかまして出場停止処分となったローズを欠く偽バファローズに対し、2回に木元の犠飛で先制を許したロッテ。3回までデイビーの前にノーヒットと沈黙していたが、4回、TSUYOSHIのチーム初安打を皮切りにオーティズ,里崎のタイムリーで逆転に成功。6回には大松が今季初アーチを叩き込み、3点目。投げては先発・成瀬が毎回の様に走者を出しているにも拘わらず、全く危なげのない安定感を感じさせ、コバマサ劇場開演を阻止する完投で8勝目をマークした。

◆E4−6L◆
謎の新助っ人・バスに対して、3回に一死満塁と絶好のチャンスを掴んだ西武だが、片岡,中島と倒れて三者残塁。ピンチを切り抜けた悪の温床・楽天は4回、山崎武が31号ソロを叩き込み、1点を先制。しかし、直後の5回、西武は一死二塁から福地がライトオーバーのタイムリー三塁打を放ち、同点。この時、高須が悪送球を犯し、ボールが転々とする間に福地は一気に勝ち越しのホームイン。1点を追う悪の温床・楽天は6回、二死一、三塁からショートが一、二塁間へセーフティバントを敢行。これがタイムリー内野安打となって、試合は振り出しに。2−2で迎えた土壇場9回、5回途中からのロングリリーフとなる朝井に対して、先頭の細川が7号ソロを放り込み、均衡を破る3点目をゲット。更に、代わった福盛から片岡,中島が連続タイムリー,G.G.佐藤が犠飛を放ち、ダメ押し。その裏、悪の温床・楽天は2点を返し、涌井をマウンドから引きずり下ろす粘りを見せたものの、最後はグラマンの前に代打・吉岡が打ち取られ、万事休す。涌井は完投こそ逃したが、ハーラー単独トップの13勝目

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:52コメント(0)トラックバック(93) 

May 09, 2007

◆T5−6G◆
連敗ロードが止まらない阪神だが、この日はルーキー・金刃を相手に初回から林の3号2ランで先制すると、2回には関本がタイムリーと早くも3点のリード。しかし、連敗中のチームと言うのはえてして空回りしてしまうものなのか、先発・下柳が3回に大崩れ。ゴンザレス,ホリンズと当サイトが推奨する巨人直輸入助っ人コンビに連打を浴びた後、マッスル千代の富士に2点タイムリーを浴び、1点差。更に、二死満塁となった所でよりにもよって、怒濤のチャンスブレイカーこと恐怖の残塁量産マシン・ニックンに2点タイムリーを浴びて、逆転を許し、この回限りであえなくKO。3点差を引っ繰り返して貰った金刃だが、勝利投手の権利獲得を目前にした5回、ゼブラ今岡に同点タイムリーを浴び、この回限りで無念の降板。6回から代わった会田に対して、阪神は先頭の代打・葛城イクローが今季初アーチをぶち込んで、再び勝ち越しに成功。6回から5日ぶりに久保田,7回には4日ぶりにウィリアムスと繋いできた阪神は8回一死一塁の場面で実に13日ぶりに藤川を投入。まずはホリンズを空振り三振に斬ってとった藤川だが、この間にキムタクに二盗を許し、一打同点のピンチ。ここで代打・矢野に9球粘られながら、どん詰まりのレフトフライに仕留めて、このピンチを脱出。久々のJFKリレー炸裂でいよいよ阪神の連敗は止まるかに見えたが、土壇場9回、先頭のマッスル千代の富士に痛打されると、代走・鈴木に二盗と捕逸で三塁まで進まれる絶対絶命のピンチ。ここで松田記者にレフトオーバーの同点タイムリー二塁打を浴び、藤川はついに今季初失点。この後、ガッツ,李と連続三振に斬ってとったものの、矢野に粘られた影響で既に、30球を越えていた藤川にいつものキレはなく、よりにもよって、怒濤のチャンスブレイカー・ニックンにライト前へ弾き返され、勝ち越し点を献上。その裏、上原相手に先頭の林がヒットで出たものの、後が続かず、阪神は7年ぶりの9連敗となり単独最下位へ転落。巨人4番手として、8回に登板した育成選手上がりの山口は嬉しいプロ初勝利となった。尚、巨人はこの日、新助っ人として、メジャー通算30勝のジェレミー・ゴンザレスを獲得。ジェレミー(・パウエル)と、(ルイス・)ゴンザレスがいる状況で果たして、登録名はどうなるのか注目される。

◆C7−12D◆
初回にT.ウッズのタイムリーで先制した中日は2回には谷繁が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに今季初アーチを放つなど、2点を追加。3回には川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにT.ウッズ,李がそれぞれ2ランを叩き込み、ここ5試合で僅かに2失点の大竹を早々とKO。更に、5回には川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにまたもT.ウッズが2打席連続の15号ソロを放ち、8点目。一方、5回まで求道者・前田のソロアーチによる1点のみと沈黙していた広島だが、7点を追う6回、栗原の8号ソロで1点を返すと、7回には二死満塁から栗原が2打席連続の9号グランドスラムを叩き込み、一気に2点差。しかし、直後の8回、4番手・林が森野の犠飛,中村のタイムリー二塁打で致命的な2点を失い、試合を決定付けられた。

◆S10−4YB◆
鈴木なおのりのタイムリーで先制されたヤクルトだが、3回、飯原の5号2ランで逆転に成功すると、続く4回にも川端のスクイズで1点を追加し、ハマのチンピラをKO。2点を追う横浜は直後の5回、メカゴジラのタイムリーで1点差に詰め寄るも、ヤクルトはその裏、飯原の犠飛で再び突き放す。8回には2つの四球でチャンスを作ると、途中出場の田中浩が走者一掃のタイムリー三塁打。更に、福川のタイムリーの後、青木の7号3ランが飛び出して、ダメ押しの10点目。横浜は9回に村田のタイムリー二塁打で2点を返したものの、焼け石に水。ヤクルトはこれで3連勝。先発・松岡は5回2失点で2年ぶりの白星を飾った。

◆F2−4H◆
日本ハムは2回、ヒットの高橋を金子誠が送った所でミスタースナイパー・坪井がセンター前に弾き返して、1点を先制。日本ハム先発・建山の前に3回まで1安打と抑え込まれていたソフトバンクだが、4回、本多,ハマのスペランカーと連打を浴びせると、小久保のタイムリー二塁打で同点。更に、満塁となった所で陽がタイムリーエラーを犯し、労せずして勝ち越しに成功。6回には柴原の4号ソロで中押しの3点目をゲット。その裏、ミスタースナイパー・坪井にこの日2本目のタイムリーが飛び出したのも束の間、直後の7回、ソフトバンクは本多のタイムリーで貴重な1点を追加。終盤は小刻みにリリーフを注ぎ込む継投で日本ハムの反撃をかわし、最後は守護神・馬原が締めて逃げ切り。田中幸はこの日もスタメンで起用されたが、2三振を含む4タコとまたもや不発に終わった。

◆Bs4−3M◆
ついに連敗が2桁に上り、球団ワースト記録が目前に迫る偽バファローズはこの日も2回の里崎の一発で先制されるが、3回、牛込氏に「無理に決まってますよ! 夢よ、もう一度って事だろうけど、そんな選手が通用するほど、日本の野球は甘くないですよ」と酷評されたローズの11号3ランで逆転に成功。その後、1点ずつ取り合って迎えた6回、ロッテはまたも里崎がタイムリー二塁打を放ち、1点差。ここで先発・川越を諦めた偽バファローズは加藤大を投入し、このピンチを切り抜けると、7回二死一、二塁のピンチも辛くも脱出。最後はカーターが3人で締め、連敗はようやく10でストップした。

◆E9−8L◆
永井,岸のルーキー対決となったこの試合。岸は立ち上がり、制球に苦しみ、3つの四球を与えるなど、押し出しで先制点を許すと、更に、山崎武にはリーグトップの14号グランドスラムを放り込まれて、大量5失点。一方、一回り目は無難に抑えた永井だが、二回り目に入った4回、カブレラのタイムリーで1点を許すと、5回には細川,中村に連続被弾し、この回限りで降板。6回からマウンドに上がった松本がショートのタイムリーエラーで1点を失うと、3番手・山村は内野ゴロの間に同点とされた後、中島には押し出し四球を許して、勝ち越し点を献上。7回にはG.G.佐藤にタイムリーを浴びて、2点差とされた悪の温床・楽天だが、8回、この回から代わった長田からウィットが4号2ランを放ち、同点。更に、この後、二死二塁から高須のタイムリー三塁打,礒部のタイムリー内野安打で2点を勝ち越し。西武は抑えの福盛から細川のタイムリーで1点差にまで詰め寄ったが、最後は中村が三振に倒れて、あと一歩及ばず。悪の温床・楽天4番手のナベコーに2年ぶりの白星が転がり込んだ。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:29コメント(1)トラックバック(97) 

May 03, 2007

◆D6−5G◆
川相不在の弊害を露呈し続け、泥沼の連敗モードに喘ぐ中日は2週間ぶりの登板となるエース・人斬り抜刀斎を先発起用し、連敗脱出を狙う。1,2回のピンチは何とか凌いできた人斬り抜刀斎だったが、3回、ガッツに6号ソロをぶち込まれて、先制点を献上。巨人先発・木佐貫に4回まで1安打と沈黙していた中日は5回、T.ウッズが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに10号ソロを叩き込み、ようやく同点。1−1で迎えた8回、巨人は二死一、二塁からキムタクのタイムリーを初めに4連打で一気に4点を勝ち越し。これで余裕ぶっこいた巨人はガッツ,松田記者をベンチへ下げる守備固めモードに入ったが、その裏から登板した真田が連打と福留の犠飛で1点を失うと、更に、T.ウッズにもヒットを浴びてKO。更に、ここで代わった林が森野に川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに右中間スタンドへ4号3ランを叩き込まれて、一気に同点。これで完全に流れを引き寄せた中日は土壇場9回、5番手・会田から一死一、二塁とすると、T.ウッズがライト前へタイムリーを放ち、サヨナラ勝ち。地獄の連敗を6でストップさせた。

◆YB7−6T◆
初回、キュラソ星人のタイムリーで先制して貰った太陽の子エステバン・ジャンだが、その裏、村田にタイムリーで追いつかれると、2回には吉見の犠飛等で2点を勝ち越され、3回には金城に被弾。更に4回には古木にタイムリーと毎回失点。その裏、ゼブラ今岡の今季初アーチで1点を返して貰うも、その裏石井タクローのタイムリーでまたも点を失い、KO。しかし、7回、林のタイムリーで2点を返すと、8回にはシーツの押し出し四球とキュラソ星人の犠飛でついに同点。だが、その裏からマウンドに上がった5番手・ウィリアムスが村田に痛恨被弾。最後はクルーンに3人で締められて、万事休す。阪神はこれで5連敗。一方、横浜は5連勝となった。

◆C5−4S◆
初回に栗原のタイムリーで先制されたヤクルトだが、直後の2回、武内の今季初アーチとなる2ランで逆転に成功。しかし、その裏、森笠の今季初アーチで追いつかれるも、直後の3回、寿司職人ラミレスの2点タイムリーで再び勝ち越し。今季初先発の松岡は勝利投手の権利を目前にした5回、先頭の栗原を歩かせると、続く新井のライトへのライナーをガイエルがダイレクトキャッチしたかと思いきや、ワンバウンド捕球とジャッジされ、記録はヒット。中井美穂の旦那が猛抗議に走ったが覆らず、松岡は無念の降板となった。しかも、代わった霊感投手・高井求道者・前田がライトスタンドへ4号3ランを運ばれて、一気に形勢逆転。6回以降、広島は小刻みな継投でヤクルトの反撃をかわして、逃げ切った。

◆H11−4E◆
ソフトバンクの破竹の連勝を食い止めた悪の温床・楽天は初回、制球に苦しむ水田から押し出し死球でタナボタの1点を先制するも、なおも満塁のチャンスに山崎武が痛恨のゲッツー。傾きかけた流れを引き寄せたソフトバンクはその裏、悪の温床・楽天先発・林から3連打で無死満塁とすると、こちらも松中が押し出し四球を選んで同点。更に、小久保がゲッツーを食らう間に勝ち越しに成功。2回には大村,3回にはブキャナンがタイムリーを放ち、4点目。悪の温床・楽天は,山崎武,フェルナンデスとソロ単発でちまちまと応戦するも、ソフトバンクは5回に松中の8号ソロ等で2点、6回には柴原の3号グランドスラムが飛び出して、試合を決定付けた。ソフトバンクは今季最多の17安打で20勝一番乗り。

◆L15−6Bs◆
偽バファローズはルーキー・岸の立ち上がりを捉え、初回からラロッカの11号2ランで先制すると、2回には水口,ラロッカのタイムリーで3点を追加。5点のビハインドとなった西武だが、2年ぶりの先発となる光原に対して、その裏、細川,礒?のタイムリーで2点を返すと、4回にはエラーと2四球でタナボタの満塁のチャンスを掴むと、福地,中島の連続タイムリー二塁打で一気に4点を奪い、逆転に成功。更に、2四球で満塁となった所でG.G.佐藤が走者一掃のタイムリー二塁打を放って、この回、一挙7点。6回にはベンちゃん,リーファーの連続アーチを叩き込むと、7回にも4点を追加し、ダメ押し。西武は4連勝で首位をがっちりキープした。

◆M2−8F◆
昨日は完封負けを喫した日本ハムだが、この日は序盤から打線が好調。初回のチャンスは逃したが、2回に陽の2点タイムリー三塁打で先制すると、3回には田中幸に代わってスタメン起用された小谷野が2年ぶりとなる2ランを叩き込み、4点目。初回無死満塁と言う絶好のチャンスを逃したロッテは6回までゼロ行進。しかし、7回、青野,ベニー松山の連続二塁打で建山をKO。更に、塀内の犠飛で1点を追加し、2点差。何とか突き放したにも拘わらず、4回以降追加点を奪えずにいた日本ハムだが、土壇場9回、4連打を含む6本の単打を集中して、決定的な4点を追加。最後はMICHEALが締めて、逃げ切った。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 18:29コメント(0)トラックバック(34) 

April 15, 2007

◆G9−0S◆
昨年は2戦2敗と高卒ルーキーに苦しんだ巨人に対して、ヤクルト先発・増渕は走者を出しながらも2回を無失点。しかし、3回、先頭のマッスル千代の富士に死球を食らわしてから、それまでテンポで投げていた増渕のリズムがおかしくなる。松田記者に簡単に犠打を許した後、ガッツにセンター前へ弾き返され、まずは先制点を献上。続く李には体勢を崩させたにも拘わらず、レフトスタンドギリギリに運ばれる2ランを被弾。続くニックンに痛打されると、阿部にはライトスタンド中段へ豪快な2ランを叩き込まれて、5点目。更に、脇谷をサードゴロに打ち取ったものの、飯原が痛恨の悪送球。一向に二死目が取れない焦燥感を募らせていると、ここまで不振に喘いでいたホリンズにまで来日初アーチとなる2ランをぶち込まれ、無念の7失点KOとなった。一方、開幕から16イニング無失点を続けている巨人先発・春風亭半ケツは得点圏に走者を背負っても、動揺する事なく後続を断ち切り、この日も7回まで無失点投球。8回に宮出,青木と連打され、無死一、三塁と大ピンチを背負ったが、無失点記録を続けるには三振を取るしかないと言うこの状況で飯原を見事に空振り三振。依然として不振でこの日も2三振のガイエルにはよもやの痛烈なライナーを浴びるも、これがファースト真正面で飛び出した青木は戻れずにゲッツーと言うツキにも恵まれ、このピンチを脱出。その裏、松田記者の2ランでダメ押し点を貰うと、9回も寿司職人ラミレス,リグスと簡単に打ち取り、二死。ここで宮本には痛打されるも、古城がダイビングキャッチ。自己初の2試合連続完封勝利となった春風亭半ケツは無失点記録を25イニングと伸ばした。ホリンズは増渕KO弾で覚醒したか、更に2本の二塁打を重ねて、3安打4出塁の活躍。ここまでスタメンから外せと言う声が絶えなかったが、「素行の悪くない巨人直輸入助っ人をとりあえず応援してみる会」会員としては、やはり(ゴンザレスだけでなく)ホリンズにも頑張って欲しい訳で、今回の覚醒がたまたまではなく、次カード以降に繋がってくれる事を大いに期待したい。

◆C1−7D◆
川相不在の弊害を随所に露呈し、連敗モードに陥っている中日。この日もT.ウッズのタイムリーで先制したものの、4回までに6残塁と相変わらずの拙攻三昧を展開しているうちに、倉のタイムリー二塁打で追いつかれてしまう。直後の5回、最早、川相不在では一発に賭けるしかないと察知したT.ウッズが2ランを叩き込み、勝ち越すと、6回にもT.ウッズが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに2打席連続となる3ランをぶち込むなど、4点を追加。拙攻モードながら、T.ウッズが一人で6打点と爆発してくれたおかげで楽になった先発・中田は制球に苦しみながらも、6回を1失点で切り抜けると、リリーフ陣の援護を仰いで、開幕3連勝。チームは5試合ぶりの白星となった。広島は前日、爆発した事で覚醒を期待された求道者・前田は4の1とパッとせず…。連続試合アーチが止まって以降、新井もすっかり下降線で、嶋は一貫して低空飛行を続けるなど、どうにも明るい材料が見えて来ない。投げれば、必ず失点する宮崎はこの日も3失点と炎上。そろそろ、二軍での再調整が必要かねぇ。個人的には一度、先発起用して欲しい所なのだが…。

◆T10−1YB◆
カリメロ開幕から続いていたぬけぬけがついにストップし、この日は勝つのか負けるのかさっぱり分からないと思われた横浜。しかし、勝敗の行方は初回にしてあっさりと判明する事に…。移籍後、未だに白星のないカリメロに対して、前日の大拙攻の鬱憤を晴らさんとばかりに阪神は鳥谷がいきなり先頭打者アーチを浴びせると、その後も4連打を含む7長短打で大量7点を先制。カリメロは1回ともたずに失意のKOを喫する事に…。続く2回に、5号ソロを放ったキュラソ星人は8回にもダメ押しとなる6号2ランを放ち、3安打4打点の活躍。大量援護を背にルーキー・小嶋は走者を出しながらも要所を締める落ち着いた投球を展開。結局、7回を1失点と踏ん張り、2勝目をマークした。尚、関本はこの日何と2本ものヒットを放ち、打率を大台1割に乗せた

◆Bs4−4H◆
初回、松中の先制タイムリー二塁打で主導権を握ったソフトバンクは3回には小久保の2点二塁打,大村の犠飛で3点を追加。先発・和田は毎回安打を許しながら、4回の塩崎のソロアーチによる1点のみに抑える粘りの投球を展開。最後は守護神・馬原が3点差で登板とあって、試合は決まったかと思われたが、この後、大どんでん返しが起ころうとは…。一死から3連打で満塁の大ピンチを背負った馬原だが、村松を空振り三振に斬ってとると、続く北川もサードゴロに打ち取り、辛くも逃げ切り…と思いきや、これを小久保が痛恨のタイムリーエラー。これで気落ちしたか馬原は続くラロッカに同点2点タイムリーを許して、試合は延長に突入。その後、両軍共に勝ち越す事は出来ず、引き分けに終わったが、完全に勝ちゲームだったものを逸したソフトバンクの方が遙かにダメージが大きいだろう。

◆F18−3E◆
昨年は完全にカモにしていた悪の温床・楽天に対して、互角の戦いを強いられている日本ハムだが、この日は昨年を思わせる戦いぶりで圧倒。初回に青波の長瀬の3ランで先制すると、2回には先頭の鶴岡が二塁打を浴びせて、松崎を早くもKO。この後、1,1,2点と着々と加点すると、5回にはルーキー・金子洋にプロ初アーチが飛び出すなど、大量6点のビッグイニングを形成。更に、6回にも5長短打で一気に5点を追加し、計23安打18点の猛攻。ワンサイドゲームとあって、5回から早くも代打で起用された田中幸は2本のヒットを連ねて、2000安打まであと13本と急接近。投げては先発・グリンが大量点に守られながら、7回を3安打1失点で切り抜ける好投を見せ、古巣相手に移籍初勝利。これで日本ハムは悪の温床・楽天と入れ替わりで、ようやく最下位から脱出となった。一方、2回KOの松崎はこれでデビュー以来11連敗と言うプロ野球タイ記録を樹立。それにしても、先発で1回失敗しただけなのに、中継ぎで起用されたばかりか、14失点されるまで代えて貰えなかった一場は何とも痛々しかった。この晒し者状態を強いたノムさんの意図は一体!?

◆M1−1L◆
久保,ギッセルの両先発が3回を無失点と相譲らぬ好投を展開。4回に久保の暴投で先制を許してしまったロッテだが、5回にサブローの一発ですかさず同点。久保はその後も好投を続け、9回を3安打1失点に抑えるが、ロッテは6,8回とゲッツーでチャンスを潰し、9回も一死一、二塁とサヨナラのチャンスを作りながら、後続を断たれて、試合は延長に。迎えたラストイニング12回、ロッテは前日、大炎上の小林雅を投入。いきなり先頭の代打・リーファーに痛打され、コバマサ劇場再演か!?とライトスタンドは騒然となったが、小林雅は後続3人をきっちり打ち取って、西武の勝ちは消滅。しかし、その裏、ロッテも三者凡退に終わり、結局、両軍決め手に欠けた儘、ドローに終わった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 17:59コメント(2)トラックバック(133) 

April 05, 2007

◆G3−5D◆
上原,パウエルの戦線離脱により、6番手として開幕ローテの座を掴んだ木佐貫が9ヶ月ぶりの一軍マウンド。初回、軽く三者凡退に抑えると、その裏、李のタイムリーで先制点を貰う幸先のいい立ち上がりとなったが、直後の2回、昨夜ついに目覚めたT.ウッズに川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにレフトスタンドへ放り込まれ、あっと言う間に同点。それでも、調子が悪いながらも要所を締める人斬り抜刀斎と互角の投球を演じ、試合は中盤へ。5回、松田記者,ガッツの連続タイムリーで再び勝ち越して貰い、3年ぶりの白星が見えたかと思ったのも束の間、直後の6回、またもやT.ウッズに川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにバックスクリーン右へ同点2ランを叩き込まれて、この回限りで無念の降板。そして、迎えた8回、巨人2番手・チョコに対して、またまたT.ウッズが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにレフトスタンドへ会心の2ランをぶち込んで、ついに中日が勝ち越し。こうなれば、あとは岡本−岩瀬と繋ぐ必勝リレーが決まり、中日がこの3連戦勝ち越し。T.ウッズが完全に目覚めたのは何よりだが、それでも川相不在を象徴するかの様に一発依存の展開は決して手放しで喜んではいられない。一方、何とか復活を遂げて欲しい木佐貫はT.ウッズ一人にやられたものの、とりあえず先発としては及第点の内容で今後に期待。ここまで先発6人がいずれも最低限の投球を見せているのは巨人にとっては救いだろう。上原,パウエルが復帰してきた時、果たして、誰が落とされてしまうのか、今から気になってきた。

◆S4−1T◆
両軍共に初回から満塁のチャンスを逃すなど、序盤は拙攻合戦が続いたが、4回に飯原の一発でようやくヤクルトが先制。今日こそ今季初勝利を掴みたいヤクルトだったが、6回、先発・石井一がキュラソ星人に被弾し、試合は振り出しに。酷使していた中継ぎ陣が雨天中止で休めたのをいい事に、ボーグルソンに代打を送って、7回から継投モードに入った阪神だったが、これに対して、ヤクルトは先頭の寿司職人ラミレスがいきなり今季初アーチを放って、勝ち越しに成功。更に、宮本のタイムリーと福川のスクイズが決まって、ダメを押すと、館山−高津と繋いで、ようやく今季初勝利を手にした。

◆C2−3YB◆
求道者・前田がスタメンに復帰した広島だが、この日は頼りの前田に本来の冴えが見られない。それでも新井の一発と栗原の犠飛で2点のリードを貰ったエース黒田が6回まで2安打無失点の好投を見せる。しかし、7回、一死一塁から古木に痛恨の2ランを許して、同点に追いつかれると、9回には鈴木なおのりに被弾し、勝ち越し点を献上。最後はクルーンの前に反撃を断たれて、この3連戦負け越し。またも得点は2点と貧打から抜け出せない広島はいつまで先発投手を見殺し続けるのか?

◆L8−3H◆
大村が消え、本多が消え、そして、早くも時限爆弾に火がついたハマのスペランカーの定例行事で日に日に弱体化の一途を辿るソフトバンク打線。しかも、この日は恐怖のパ・リーグ撲滅漫画「ドカパロSS 地獄変」で公私混同虚弱投手・里中にパーフェクトに抑え込まれる呪いをかけられ、試合前から重苦しいムード。ブキャナンの二塁打で先制したのも束の間、先発・ガトームソンが細川,礒?と伏兵コンビによもやの連続被弾で簡単に逆転されると、4回にもカブレラのタイムリー等で2失点。ブキャナンの一発と、ようやく代打で出てきたハマのスペランカーのタイムリーで1点差まで追い上げるも、その裏、藤岡,柳瀬のリリーフ陣が4点を失う体たらくで試合を決定付けられた。

◆Bs3−2M◆
前回、打線に見殺されて白星を逃した成瀬に借りを返したいロッテ打線は初回からズレータの一発先制するも、2回以降、2度の満塁のチャンスを逃すなど、6回まで1併殺9残塁と怒濤の拙攻地獄。5回まで1安打無失点の快投を見せながら、不甲斐ない味方打線に焦りを隠せない成瀬は6回、阿部真にタイムリーを許し、ついに追いつかれてしまう。しかし、8回、この日、当たっている青野に一発が飛び出し、待望の勝ち越し点をゲット。その裏、一死二塁でラロッカを迎えた所でバレンタインが薮田にスイッチする余計な手出しをかまし、案の定、これが裏目。薮田はレフトスタンドへ特大逆転2ランを叩き込まれる最悪の展開で成瀬の白星をまたも粉砕。結局、9回はカーターに軽く捻られ、ゲームセット。15人もの走者を出しながら、結局、ソロ2発でしか点を奪えない有様で3連勝を逃してしまった。

◆E1−3F◆
悪の温床・楽天相手に3タテ食らう訳にはいかないと必死の日本ハムに対して、ゴールデンルーキー・田中がプロ2度目の登板。デビュー戦は2回途中でKOを余儀なくされたが、この日は毎回走者を出しながらも、粘りの投球で6回を1失点(自責0)に抑える好投を展開。何とか田中に白星をつけてやりたい悪の温床・楽天だったが、伊集院光の弟子・金村の前にいきなり鉄平,高須の連続二塁打で1点を先制しながら、それ以降は手も足も出ず、田中のプロ初勝利はまたもお預け。1−1の儘、迎えた8回に青波の長瀬の3戦連続アーチでついに勝ち越した日本ハムは9回にも金子誠の一発でダメ押し。伊集院光の弟子・金村は1失点完投で今季初勝利。8回の満塁のチャンスを逃したのが大きく響き、悪の温床・楽天の連勝は3でストップした。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:58コメント(2)トラックバック(93) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ