高橋尚成.浜中治

September 15, 2007

◆G3−0C◆
デーゲームで首位阪神が勝ち、絶対負けられない巨人は広島先発・ルーキー・宮崎に対して、初回、ガッツが29号ソロ,2回には阿部が31号ソロと一発攻勢で2点のリード。1ヶ月半白星から遠ざかり、ここ2試合に至っては9回で12失点と不振に喘いでいた巨人先発・春風亭半ケツだが、8回まで散発4安打無失点と広島打線をねじ伏せる好投を展開。完封もいけそうなペースだったが、8回に代打・矢野を送られ、お役御免。矢野は凡退したものの、この後、李のタイムリー二塁打でダメ押しの3点目をあげると、最後は上原が締めての完封リレーで2位浮上。春風亭半ケツは8月2日以来となる13勝目を飾り、防御率も1位に浮上。宮崎は7回を4安打に抑えながら、打線の見殺しに遭い、ソロ2発に泣いた。尚、この日、ガッツは6回に放った二塁打で通算1500安打を達成

◆T2−0D◆
阪神先発・安藤に対して、中日は2回までに早くも4個の残塁を量産し、4回も先頭打者を出しながら、続く李が最悪のゲッツーを食らう有様。6回にも一死一、三塁のチャンスを掴むも、森野,李と倒れて、二者残塁と川相不在の弊害を露呈。川相不在を痛感しながらも、5回まで1安打と素晴らしい投球を見せていた先発・小笠原だが、6回、代打・ジュビロ野口に二塁打を浴びると、鳥谷に犠打を許した所で浜中に6号2ランを叩き込まれて、ついに先制点を献上。こうなれば、阪神はすかさずJFKモードに突入。7回、日本新記録となるシーズン81度目の登板となった久保田に対して、中日は一死一、二塁とするも、ここで井端が最悪のゲッツー。8回にはウィリアムスから中村紀がヒットで出るも、今度はT.ウッズが最悪のゲッツーと悉く川相不在の弊害を大露呈。2−0の儘、迎えた9回、満を持してマウンドに上がった守護神・藤川は前夜の雪辱を果たすべく三者凡退に斬って取り、完封リレーを達成。中日は怒濤の拙攻三昧で首位奪取のチャンスを不意にし、3位転落となってしまい、来季からの川相現役復帰待望論はますます加熱する一方だ

◆YB5−3S◆
復帰後、無傷の3連勝中のヤクルト先発・川島だったが、この日は初回から大炎上。いきなり一死一、二塁のピンチを迎えると、村田にタイムリー二塁打を浴びて、先制点を献上。更に、続くメカゴジラにはライトスタンドへ14号3ランを放り込まれて、いきなりの4失点。ヤクルトは2回に村田のエラーで1点を返すと、4回にはユウイチが2号ソロを放ち、2点差。川島は2回以降、立ち直りを見せていたが、6回、二死一塁から吉村にタイムリー三塁打を浴び、痛恨の5点目を献上。一方、横浜先発・はーちゅんは初回から大量援護を貰って余裕の8回2失点でマウンドを降りると、最後はクルーンがガイエルに被弾したものの、後続を断って、逃げ切った。はーちゅんは自己初となる10勝目をマーク

◆H1−7F◆
ソフトバンク先発・杉内は苦手・日本ハム相手に2回までパーフェクトと上々の立ち上がりを見せたが、3回、一死から金子誠に二塁打を浴びると、二死後、劇団ひちょりには内野安打に松中のエラーが重なり、先制点を献上。ハマのスペランカーが右股関節に違和感を訴える本領発揮の故障退場で4回の守備からベンチへ下がったソフトバンクはその裏、稲田のエラー等で一死満塁のチャンスを掴むと、柴原がセンター前へ同点タイムリー。なおも満塁と勝ち越しのチャンスだったが、井手はセカンドゴロゲッツーに倒れて、折角、引き寄せかけた流れを手放してしまった。杉内は6回に稲葉のタイムリーで勝ち越し点を献上すると、7回には金子洋に3号2ランを被弾し、KO。2番手・神内も8回、今季12打数ノーヒットの中嶋に2年ぶりの3ランをぶち込まれ、終わってみれば、6点差をつけられる惨敗。小久保が史上94人目の1500安打を達成した事が唯一の明るい材料だった。日本ハム先発・吉川は3回に山崎の打球を左手首に食らって、早々降板となったが、3番手・金森が2回2/3を無失点に抑える好リリーフで試合を作り、3勝目をマークした。

◆Bs5−1M◆
3回に里崎のタイムリーで先制された偽バファローズだが、5回、一死一、三塁から日高のタイムリーで追いつくと、二死後、坂口が走者一掃のタイムリー三塁打、続くラロッカもタイムリー二塁打を浴びせて、ロッテ先発・久保をKO。更に、代わった高木からローズもタイムリーも放ち、この回、大量5点のビッグイニングを形成。この後も再三チャンスを掴みながら、悉く逃す拙攻を見せた偽バファローズだが、先発・デイビーが7回を1失点で踏ん張ると、8回以降は3人の投手を注ぎ込んで逃げ切りに成功。ロッテは首位・日本ハムとの差が5と開き、V奪回へ大きく遠のいた

◆L4−8E◆
田中の新人王を後押しする為にも、岸を叩いておきたい悪の温床・楽天は初回、山崎武が先制タイムリー。その裏、G.G.佐藤,カブレラの連続タイムリーであっさり逆転を許すも、直後の2回、嶋の犠飛ですかさず同点。そして、4回には草野,ショートと連続タイムリーで2点を勝ち越し、岸をKO。西武はその裏、栗山の犠飛で1点差に詰め寄った。しかし、悪の温床・楽天は8回に1点,9回には3点を加えて、一気に突き放した。先発・一場は6回3失点で4勝目。西武は4位浮上のチャンスを逃し、最下位・偽バファローズに0.5差と詰め寄られた

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 17:20コメント(0)トラックバック(72) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ