高橋尚成

October 04, 2009

◆S1−5G◆
球団史上初の日本人2桁勝利投手ゼロの危機に瀕している巨人。ゴンザレスの最多勝争い援護の為、最終戦の内海の登板可能性が薄くなっている状況で、最後の望みを託された春風亭半ケツが先発登板。何とか春風亭半ケツを援護したい巨人は2回、二死から阿部が死球で出ると、左太腿痛で登録抹消された亀井に代わり、一軍昇格したばかりの小田嶋がライトスタンドへ移籍初アーチを叩き込み、2点を先制。5回には無死一、二塁から脇谷がセンター前へタイムリー。二死満塁と場面が変わった所でガッツ,寿司職人ラミレスと連続押し出し四球を選び、ヤクルト先発・村中をKO。その裏、ヤクルトは二死満塁から福地が押し出し四球を選んで、ようやく1点。なおも満塁の場面だったが、梶本はショートゴロに倒れて、三者残塁。以降、ヤクルトは僅か1安打と沈黙し、再び4位に逆戻り。今季の負け越しが決定した。春風亭半ケツは140球の力投で8回を1失点で切り抜けて、10勝目に届き、球団史上初の危機を救った。

◆T5−0D◆
ナイターを控えるヤクルトにプレッシャーを与える為にも勝っておきたい阪神は3回、中日先発・中田に対し、先頭の桜井がレフトスタンドへ12号ソロを放り込み、1点を先制。一方、中日は阪神先発・岩田に対し、1,2回と先頭打者を四球で出しながら、立て続けにゲッツーを食らうなど、粘りのない淡泊攻撃で川相不在の弊害を露呈し、ゼロ行進を続けるばかり。6回にも先頭の英智がヒットで出た後、小笠原の犠打で二塁へ進めたが、井端,荒木とあえなく凡退し、またも無得点。中日が拙攻を繰り返している隙に阪神は7回、二死満塁から平野,代打・葛城イクローの連続タイムリーで3点を追加。直後の8回、中日はこの回から代わったアッチソンに対し、谷繁,代打・野本の連打で一、二塁とするが、英智のライナーがファーストの守備範囲で、飛び出した野本が戻れずに最悪のゲッツー。続く代打・立浪も打ち取られ、結局、無得点。阪神はその裏、関本の3号ソロでダメを押すと、最後は先発要員のソニックが締めて、完封リレーを達成した。岩田は7回を2安打無失点と三塁も踏ませぬ好投で7勝目

◆YB7−3C◆
初回、横浜は一死から山崎,内川,村田と3連打を浴びせて、1点を先制。一気に三塁を狙った内川は憤死するも、続く吉村がレフトスタンドへ16号2ランを叩き込み、この回3点。3回までパーフェクトと沈黙していた広島は4回、二死走者なしから天谷,栗原,フィリップスのクリーンアップ3連打で1点を返し、なおも一、二塁のチャンスだったが、マクレーンが三振に倒れて、追加点ならず。突き放したい横浜は6回、二死三塁から武山のタイムリー内野安打で1点を追加すると、続く7回には内川のタイムリー,村田の25号2ランで3点を奪い、ダメ押し。広島は9回にマクレーンが17号2ランを放ったが、及ばなかった。横浜先発・吉見は6回1失点で3勝目。これで広島は今季のBクラスが確定し、昨季、残留条件を満たせなかったにも拘わらず、いけしゃあしゃあと指揮を執っていたブラウン監督の今季限りでの退任は決定的となった。開幕から二軍に身を潜め、ブラウン失脚に大きく貢献した求道者・前田の来季の完全復帰に大きな期待が寄せられている

10/4 田中◆F4−2H◆
V逸は確定したものの、2位浮上のチャンスは残っているソフトバンクは3回、ヒットの明石を川崎が送ると、二死後、本多がタイムリー二塁打を浴びせて、1点を先制。3回まで無失点の好投を展開していた先発・大隣は4回も簡単に二死を取ると、スレッジをピッチャーゴロに打ち取り、三者凡退…と思いきや、大隣は一塁へ痛恨の悪送球。これでリズムを崩したか、続く小谷野に痛打されると、恐怖の残塁量産マシンの名を欲しい儘にするあの男をむざむざ歩かせてしまい、満塁のピンチ。ここで鶴岡にも四球を与え、押し出しで同点を許すと、金子誠,田中と連続タイムリーで3点を勝ち越され、KO。3点を追うソフトバンクは7回、一死から川崎,松田の連打で二、三塁とすると、本多のピッチャーゴロの間に川崎がホームイン。なおも二死三塁の場面だったが、オーティズは三振に倒れて、1点止まり。最後は守護神・武田久の前に三者凡退に終わり、ゲームセット。日本ハムはこれでマジックを2つ減らし、リーグ制覇へ王手をかけた。先発の武田勝は6回2/3を2失点で9勝目

◆E2−6L◆
Bクラスが確定してしまったとは言え、意地を見せたい西武は初回、片岡のヒット,栗山の四球でいきなり無死一、二塁のチャンス。ここで中島はサードゴロゲッツーに倒れるも、続く中村がレフトスタンドへ46号2ランを叩き込み、2点を先制。西武先発・涌井は3回まで無失点に抑えていたが、4回、二死走者なしからリンデン,青波の長瀬と連打を浴びて、1点を献上。2回以降、一人の走者も出せずにいた西武だが、6回、先頭の栗山がレフト前に弾き返すと、中島がライトスタンドへ22号2ランを放ち、2点を追加。8回には中島の二塁打と連続四死球で一死満塁とした所で赤田がタイムリーを放ち、ダメ押しの2点を追加。涌井は今季11度目の完投でハーラーダービー単独トップに躍り出る16勝目をあげた。尚、この日、清水が今季限りで引退する意向である事を表明した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:01コメント(0)トラックバック(18) 

September 27, 2009

◆G4−2C◆
Aクラス浮上へ望みを繋ぐ為にも何とか連敗を阻止したい広島だが、巨人先発・春風亭半ケツに対し、4回まで毎回走者を出しながら、あと一本が出ず、ゼロ行進。先発・大竹も3回まで無失点と踏ん張っていたが、4回、寿司職人ラミレスにヒット,松田記者に四球を許して、一死一、二塁のピンチを迎えると、阿部にタイムリーを浴びて、先制点を献上。続く5回には先頭の松本に痛打されると、ガッツに31号2ランを被弾し、この回限りでKOとなった。広島は6回、栗原の四球,マクレーンのヒットで一、二塁とすると、一死後、小窪がタイムリー二塁打を放ち、栗原が生還。なおも二、三塁と一打同点のチャンスだったが、倉,代打・ルパン廣瀬と倒れて、1点止まり。巨人は8回、先頭の亀井が25号ソロを叩き込むと、最後は昨日に続いて豊田が締めて広島の反撃を断ち切った。巨人はこれで10連勝。春風亭半ケツは7回1失点で4連勝の9勝目。一方、敗れた広島は5連敗。

◆D2−8T◆
デーゲームで勝ってヤクルトにプレッシャーを与えたい阪神は2回、二死走者なしから桜井,狩野,岩田の3連打で1点を先制。続く3回にはヒットの関本が三塁へ進むと、キュラソ星人が犠飛を打ち上げ、2点目。5回には無死一、二塁から新井がタイムリーを浴びせると、一死後、桜井が歩いて満塁となった所で狩野がレフトスタンドへ5号グランドスラムをぶち込んで、一気に5点を追加。投打に精彩を欠く中日は8回にブランコのタイムリー二塁打で2点を返し、完封を免れるのが精一杯だった。阪神先発・岩田は7回を無失点に抑え、6勝目。尚、この日が引退試合となったピンキー井上はスタメン起用されフル出場したが、残念ながら2三振を含む4タコ。試合後は引退セレモニーが行われ、盛大な拍手が送られた。

◆S3−1YB◆
負ければ、再び4位転落となるヤクルトは初回、先発・石川がいきなり先頭の金城に二塁打を浴びると、藤田に犠打を許した後、内川にタイムリー二塁打を浴び、先制点を献上。更に、続く村田に痛打され、一、三塁とされたものの、メカゴジラ,吉村と打ち取り、ピンチ脱出。1点を追うヤクルトは3回、一死から石川が自らヒットを放ち、反撃の狼煙を上げると、続く福地も内野安打で出塁。田中は三振に倒れたものの、ユウイチがライト前へ同点タイムリー。6回にはユウイチがメカゴジラのエラーで出ると、続く青木がライトスタンドへ14号2ランを放り込み、勝ち越しに成功。9回も続投となった石川に対し、横浜はメカゴジラのヒット,代打・ジョンソンの四球で二死一、二塁と長打が出れば、同点と言う場面を築いたものの、最後は武山がファーストファールフライに倒れて、万事休す。ヤクルトは僅か4安打で3点を奪う効率のいい攻撃で5連勝を飾り、3位を死守。石川は今季2度目の完投で11勝目

◆H4−2F◆
V奪回どころか、3位転落の危機に瀕しているソフトバンクの先発・大隣は4回までノーヒットの快投を展開。何とか大隣を援護したいソフトバンクはその裏、先頭の本多がセンター前に弾き返すと、続くオーティズがレフトスタンドへ20号2ランを放り込み、待望の2点を先制。6回には先頭のオーティズが右中間フェンス直撃の二塁打を浴びせると、意表をついて三盗に成功。更に、武田勝の悪送球を誘って、一気に生還。6回まで内野安打1本と沈黙していた日本ハムは7回、高橋,スレッジの連打で二、三塁とすると、一死後、トンガがプロ初打点となる犠飛を打ち上げ、ようやく1点。ソフトバンクは8回、二死走者なしからオーティズが四球を選ぶと、続く小久保がタイムリー二塁打を放ち、貴重な1点を追加。粘る日本ハムは土壇場9回、スレッジ,トンガのヒットで一死一、三塁とし、大隣をKO。代わった馬原から代打・稲葉のファーストゴロの間にスレッジが生還し、2点差と迫ったが、反撃もここまで。最後は代打のミスタースナイパー・坪井がセカンドゴロに倒れ、ゲームセット。ソフトバンクは辛くも3位転落を回避し、逆転Vへ望みを繋いだ。大隣は完投こそ逃したものの、8回1/3を2失点の好投で8勝目。馬原は24日ぶりの29セーブ目をあげた。

◆L4−11E◆
1立ち上がりから制球が定まらない西武先発・涌井に対し、初回、2四球でチャンスを掴んだ楽天は草野のタイムリーで1点を先制。3回にも連続四球で一、二塁とすると、一死後、またも草野がタイムリー。更に、青波の長瀬が片岡のエラーを誘って、この回2点。4回には一死一、三塁から鉄平がタイムリーを放ち、4点目。続く5回には一死一、三塁から中谷の犠飛,中村真,渡辺直の連続タイムリーで3点を追加。止まらぬ楽天打線は6回には一死満塁から中谷が2点タイムリー。7回には青波の長瀬,リンデンと連続タイムリーが飛び出し、11点目。西武も中盤以降、中島の21号2ラン等で4点を返したものの、及ばなかった。先発全員安打で快勝を収めた楽天は球団初の貯金10。先発・ラズナーは7回4失点ながら、打線の援護に助けられ、4勝目を飾った

◆M7−7Bs◆
この試合に勝てなければ最下位が確定する偽バファローズは初回、坂口,北川のヒットで一死一、三塁とすると、ローズが犠飛を打ち上げ、1点を先制。しかし、その裏、ロッテは堀の4号ソロであっさり同点とすると、2回にはこの打席がロッテでの最後の打席となったベニー松山が7号ソロを叩き込み、勝ち越し。続く3回には一死三塁からフクーラがサードへのファールフライを打ち上げると、西岡がタッチアップで本塁を陥れる好走塁。更に、4回には田中雅のタイムリー,西岡の犠飛,堀,フクーラの連続タイムリー二塁打で4点を追加し、偽バファローズ先発・山本をKO。ロッテのワンサイドゲームになるかと思いきや、偽バファローズは7回二死走者なしから猛反撃を開始。山崎浩のレフト前ヒットを皮切りに怒濤の8連打で大量6点を奪い、一気に同点。試合はその儘、延長にもつれ込んだ。ラストイニングとなった12回、偽バファローズは一死から小瀬,横山と連打を浴びせ、一、二塁。二死後、山崎浩がレフト前へ弾き返し、一気に勝ち越しを狙った小瀬だが、角中の好返球の前に本塁憤死。6回以降、一人の走者も出せずにいたロッテはその裏、一死から西岡が三塁打を放ち、一打サヨナラのチャンス。ここで堀はスクイズを仕掛けるが、ファーストへの小フライを上げてしまい、飛び出した西岡が戻れず、ゲームセット。サヨナラ負けは回避した偽バファローズだが、これで今季の最下位が確定した

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:12コメント(0)トラックバック(20) 

September 20, 2009

9/20 高橋尚◆S2−8G◆
0−0で迎えた3回、巨人は投手の春風亭半ケツが自らヒットを放ち、口火を切ると、坂本の犠打がエラーを誘い、一、二塁。続く松本のバントは三塁で刺されるが、ガッツがセンター前へ先制タイムリー。なおも一、三塁の場面で由規が暴投を犯し、坂本が労せずしてホームイン。更に、寿司職人ラミレスがタイムリーを浴びせると、二死満塁とチャンスを広げた所で脇谷がライトオーバーのタイムリー二塁打を放ち、この回大量5点。4回にはガッツが5年連続となる30号ソロ,5回には脇谷のタイムリーで1点ずつ追加。8回には坂本に18号ソロが飛び出し、ダメ押しの8点目。先発の春風亭半ケツは6回に3安打を集中され2点を失ったものの、7回以降はノーヒットに抑えて、2年ぶりの完投勝利で8勝目。巨人は4連勝でマジックを5とした。

◆D3−4YB◆
中日は2回、一死からベンちゃん,李,平田の3連打で先制。平田は牽制で刺されるも、谷繁が歩いた後、投手の中田が2点タイムリー二塁打を放ち、この回3点。自ら追加点を叩き出した中田は3回までパーフェクトと素晴らしい立ち上がりを見せていたが、5回、連打と死球で二死満塁とすると、金城にタイムリーを浴びた後、暴投を犯して、2失点。追い上げる横浜は7回、一死から代打・内藤がヒットで出ると、金城が同点タイムリー二塁打。続く藤田もレフト前に弾き返すが、勝ち越しを狙った金城が本塁憤死。ここで代わった鈴木の前に内川はサードゴロに倒れるが、森野が悪送球を犯し、ボールが転々とする間に藤田が勝ち越しのホームイン。リードを奪われた中日はその裏、一死一、二塁のチャンスに井端がセカンドゴロゲッツー。8回にはヒットと連続四球で無死満塁としながら、後続3人があえなく凡退する体たらく。9回も二死から井端がヒットを放ったが、荒木がピッチャーゴロに終わり、万事休す。横浜は先発・吉見が4回降板となったが、6人のリリーフが追加点を許さない好投を展開。2回をパーフェクトに抑えた2番手・高崎に3勝目がついた

◆T14−2C◆
負ければ、Bクラス転落となる阪神は3回、フィリップスの13号2ランで先制を許すが、その裏、二死一塁から浅井,平野,鳥谷の3連打で同点。なおも一、二塁の場面でキュラソ星人が3試合連続の21号3ランを叩き込み、一気に勝ち越し。広島先発・ルイスはこの回限りでKOとなった。5回には一死満塁から新井,代打・関本と連続タイムリーを浴びせると、桜井が10号2ランを叩き込み、この回一挙6点。続く6回には新井が14号3ランを放ち、ダメ押し。先発のジェンは7回2失点で来日初勝利をマークした

◆L8−1H◆
西武は2回、二死一、三塁から原が先制タイムリー内野安打。直後の3回、ソフトバンクは先頭の松田が同点6号ソロ。一死後、吉川が二塁打を放ったが、本多,川崎と倒れて、勝ち越しならず。1−1の儘、西武は一死から中村が40号ソロを叩き込み、勝ち越し。更に、二死後、G.G.佐藤が歩くと、佐藤,銀仁朗と連打を浴びせて、この回2点。続く7回には二死二塁から中島のタイムリーの後、中村が四球を選んで、ソフトバンク先発・杉内をKO。代わった水田から連続四球を選んだ後、G.G.佐藤,佐藤と連打を浴びせて、一挙5点を奪い、試合を決定付けた。西武先発・石井一は7回1失点で9勝目

◆E6−5M◆
楽天は初回、二死二、三塁から憲史のタイムリー内野安打で先制。1点を追うロッテは4回、一死一、二塁から大松のタイムリー二塁打で同点。続く5回には、内野安打とエラーで一死一、三塁とすると、早坂のタイムリー二塁打で勝ち越しに成功。なおも、二、三塁の場面でフクーラにも2点タイムリーが飛び出し、この回3点。2回以降、沈黙していた楽天は7回、二死三塁から代打・青波の長瀬がタイムリー。続く8回にはこの回から代わった内に対し、連打と死球で無死満塁とすると、3番手・荻野から憲史が2点タイムリー二塁打を放ち、一気に同点。更に、高須の犠飛,嶋のタイムリーで2点を勝ち越し。ロッテは9回、先頭の塀内が4号ソロを叩き込み、1点差まで追い上げたものの、後続3人が倒れて、ゲームセット。2回を1失点の5番手・福盛に7勝目がついた

◆Bs7−2F◆
勝利数,防御率でリーグトップをひた走るダルビッシュに、未だWBC後遺症に苦しみ、投げては大炎上を繰り返しているにも拘わらず、何故かローテから外れないと言う何かの陰謀が隠されているとしか思えない起用法が続いている小松をぶつけると言う無謀極まりない展開に、試合前から偽バファローズの敗色は濃厚と思われたが、初回から2四球を出すなど、ダルビッシュは制球が定まらず、続く2回も二死二塁から3連続四球を許して、押し出しで先制点を献上。毎回安打を浴びながらも、粘っていた小松だが、4回、小谷野にタイムリーを浴びて、ついに同点。しかし、その裏、ダルビッシュは先頭の下山を歩かせ、これで4イニング連続四球。二死三塁と場面が代わった所で坂口にタイムリーを浴び、勝ち越し点を献上。ダルビッシュは2失点ながらも、5回で降板となり、まさか小松が投げ勝つと言う大番狂わせが起きるのか…と、スタンドはざわつき始める。たまに好投したからと長々引っ張るとメッタ打ちを食らうと言う事をいい加減、学習したのか、大石監督は7回から継投モードに入るが、守護神失格の烙印を押している加藤を出してしまっては全てが台無し。代わりばな、代打・稲田にタイムリー二塁打を浴びて、小松の2勝目を無惨に粉砕。2−2で迎えた8回、偽バファローズは二死一、二塁から山崎浩が3号3ランを叩き込み、勝ち越し、更に、連続四球の後、阿部が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、一挙5点を獲得。最後は金子が3人で締めて、逃げ切った。4番手のボーグルソンは1回1/3を無失点に抑え、移籍初勝利

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:06コメント(0)トラックバック(18) 

June 08, 2009

◆G8−3E◆
今季、巨人相手に白星のない楽天は何とか一矢報いたい所だったが、いきなり坂本に8号先頭打者アーチを浴び、先制点を献上。しかし、直後の2回、二死一、二塁から投手の長谷部がプロ初打点となるタイムリーを浴びせて同点。1−1で迎えた4回、巨人は松田記者の2号ソロ,亀井の5号ソロと連続アーチが飛び出して、2点を勝ち越し。5回には寿司職人ラミレスが9号ソロを叩き込み、4点目。ここまでソロ4発と一発攻勢が続いていた巨人だが、6回には阿部の史上253人目となる通算1000安打などで二死一、二塁とすると、代打・李が5月24日以来、実に36打席ぶりのヒットとなる走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、2点を追加。7回には亀井がこの日2本目となる6号2ランを叩き込み、ダメ押しの8点目をあげ、4連勝。先発の春風亭半ケツは8回途中まで3失点で4勝目。2番手・豊田に今季初セーブがついた。敗れた楽天は今季の対巨人4戦全敗となり、今季初の5連敗となった。

◆D3−5L◆
相変わらず、好投の投手を見殺しにする気満々の中日は初回無死一、二塁,2回二死一、二塁のチャンスを潰す怒濤の拙攻三昧。最早、川相不在では一発に賭けるしかないと言う思いを強くしたブランコは3回に16号ソロをぶち込んで、1点を先制するが、以降は4,5回とヒットすら出ない有様。一向に追加点をあげてくれる気配のない不甲斐ない打線に辟易としながらも、5回まで1安打と踏ん張っていたあちゃくらさんだったが、6回一死から突如、制球を乱して、3連続四球で満塁のピンチ。ここで中村に2点タイムリーを浴び、逆転を許すと、続く礒?に走者一掃のタイムリー三塁打を浴び、失意のKO。中日は7回に森野のタイムリー内野安打,8回に谷繁のタイムリーで1点差まで追い上げたが、西武は9回に2四死球に佐藤の犠飛とノーヒットでダメ押しの5点目を追加し、試合を決定付けた。WBC使用球はからっきしだが、NPB使用球ならお手の物な岸は7回途中まで2失点でハーラートップタイの7勝目

◆T1−8H◆
阪神先発・ソニックの前に3回まで1安打に抑え込まれていたソフトバンクだが、4回、一死から川崎の四球,オーティズの二塁打で二、三塁とすると、二死後、ハマのスペランカーが4号3ランを叩き込み、3点を先制。6回には4長短打を集中し、大量5点のビッグイニングを形勢。ソフトバンク先発・ホールトンは5回までパーフェクトの快投を展開。6回に内野ゴロの間に1点を失ったものの、リズムを崩す事なく、投げ続け、今季初完投で5勝目をマーク。阪神の連勝は4でストップした。

◆C6−5Bs
初回、フェルナンデスの犠飛で先制された広島は4回、赤松,栗原,マクレーンの3連打で追い付くと、一死二、三塁となった所でルパン廣瀬がタイムリーを浴びせて、2点を勝ち越し。しかし、直後の5回、偽バファローズは一死一、二塁から坂口が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、一気に同点。3−3で迎えた8回、広島は一死から梵の四球,東出の内野安打で一、二塁すると、赤松のタイムリーでようやく勝ち越し。更に、二死満塁となった所で代打・緒方が2点タイムリーを放ち、ダメ押し。偽バファローズは9回、守護神・永川を攻め、代打・北川のタイムリー,坂口の犠飛で1点差まで詰め寄ったが、最後は代打・相川が三振に倒れて、あと一歩及ばず、6連敗。広島3番手のシュルツが2勝目をマーク

◆S4−3F◆
ヤクルト先発・石川に対し、4回まで毎回安打を浴びせるなど、押せ押せで試合を進めながらも、どうしても先制出来ない日本ハム。報われない好投で続く糸数はこの日も5回まで1安打に抑えながら、援護を貰えずにいるうちに、6回に無死満塁のピンチからガイエルに2点タイムリーを浴びた所でKO。ヤクルトは更に、この後、1点を追加し、3点のリード。追いかける展開となった日本ハムは7回、こちらも無死満塁とすると、金子誠のタイムリーで1点を返し、石川をKO。代わった松岡から二死後、田中が2点タイムリーを放ち、試合は振り出しに。一気に畳み掛けたい日本ハムだったが、8回二死一、二塁,9回二死二塁と勝ち越しのチャンスを相次いで逃してしまう。その裏、ヤクルトはこの回から代わった建山に対し、先頭の相川が二塁打を浴びせると、途中から守備に入っていた武内がレフト前へタイムリーを放ち、サヨナラ勝ち。9回に同点ながらマウンドに上がっていた林に今季初勝利がついた。

6/8 北川◆YB4−3M◆
横浜は3回まで3安打を浴びせながら、詰めの甘い攻撃で先制点を奪えない。先発のハマのチンピラは3回まで6三振を奪ってのパーフェクトピッチングと素晴らしい立ち上がりを見せていたが、4回、先頭の早坂に初安打を浴びると、フクーラに犠打を許した後、大松に7号先制2ランを被弾。5回には一死二塁から今江にタイムリーを浴び、3点目を献上。粘りの投球を続けていた大嶺だったが、5回、連打と死球で一死満塁のピンチを迎えると、北川にプロ初アーチとなるグランドスラムをぶち込まれ、一気に形勢逆転。横浜は7回から木塚−吉見−山口と繋いで、1点のリードを守りきり、泥沼の連敗を7でストップさせた。ハマのチンピラは6回3失点で6勝目

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:35コメント(0)トラックバック(21) 

October 25, 2008

◆G6−2D◆(アジアシリーズ出場権争奪戦出場権争奪戦)
王手をかけられ、後がない中日は初回、巨人先発・春風亭半ケツに対して、ヒットの李を荒木の犠打,森野のファーストゴロで三塁へ進めると、T.ウッズが歩いて、一、三塁のチャンス。しかし、ベンちゃんはセカンドへ打ち上げて、二者残塁と早くも川相不在の弊害を露呈。一方、巨人も中日先発・ウッチャンから2回、寿司職人ラミレスの二塁打で無死二塁としながら、後続3人があえなく凡退。0−0で迎えた4回、中日は先頭のT.ウッズがヒットで出るも、ベンちゃん,中村紀と立て続けに打ち上げると、井端もピッチャーゴロに終わり、T.ウッズは一塁に釘付け。すると、その裏、巨人はキムタクのヒット,ガッツの死球で無死一、二塁。寿司職人ラミレス,李と倒れ、二死まで持ち込まれるが、ここで松田記者がタイムリー二塁打を放ち、キムタクが先制のホームイン。更に、続く坂本が初球を叩いて、レフト前へタイムリー。ガッツに続いて、本塁を狙った松田記者は憤死したが、この回2点をゲットした。2点を追う中日は6回、二死走者なしからT.ウッズが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにレフトスタンドへ叩き込み、1点差。続く7回には先頭の中村紀が左中間突破の二塁打を浴びせると、井端が送って、一死三塁のチャンス。しかし、谷繁は空振り三振,代打・平田はセカンドフライに倒れて、結局、無得点。続く8回、巨人は春風亭半ケツから山口にスイッチするが、昨日、3イニングを投げている疲労からか、李,森野とヒットを浴びて、一死一、三塁とされ、あえなくKO。代わった越智もT.ウッズに犠飛を許して、李が同点のホームイン。追い付かれた巨人はその裏、先頭の寺内が二塁打で出ると、続く寿司職人ラミレスがレフトスタンドへ2ランを叩き込み、再び勝ち越しに成功。更に、連続四球の後、坂本が送って、一死二、三塁とすると、鶴岡,亀井にもタイムリーが飛び出して、この回、一挙4点。そして、迎えた土壇場9回、このシリーズ、期待を裏切り続けている守護神・クルーンが登場。いきなり因縁の中村紀と対したが、これまでの鬱憤を晴らすかの様に三球三振に斬って取ると、井端をライトフライに打ち取って、二死。ここで谷繁を歩かせたものの、最後は代打・立浪を空振り三振に仕留めて、逃げ切った。

しぶとく食い下がる中日を突き放し、巨人がレギュラーシーズンを制覇したチームの当然の権利として持っていた6年ぶり31度目となる日本シリーズ進出権の行使を決定。2年連続で偽りの日本一の座を掠め取ろうとしていた中日のコスい野望を打ち砕いた。西武,巨人と各リーグを制覇したチームがいずれも日本シリーズへの出場を決めた事により、2年ぶりに日本シリーズが開催される事になったのには安堵するばかりである。クルーンがアテにならない状況だと言うのに、8回で早くも山口のカードを切ってしまい、もし追い付かれたらどうするのか…と言う心配が的中してしまい、重苦しい空気に包まれたが、その裏、すかさず飛び出した寿司職人ラミレスの会心の一発が一気に空気を変えた。追い付いた矢先の勝ち越し点献上でガックリ来た中日に更なる追い打ちをかけた事で、4点差でクルーン投入と言う理想的な展開を構築。よりにもよって、またまた中村紀からと言うのが不吉だったが、いい加減、リベンジしたいと言う執念からか、はたまた単に4点リードと言う状況の余裕からか、クルーンは今シリーズ初の好投で締め括り、日本シリーズに向けて、精神状態を持ち直す事が出来たのは何よりだ。中日は初回のチャンスを逃したのが致命的。T.ウッズの一振りに期待するしかない相変わらずのタイムリー欠乏症を最後の最後まで露呈し、川相不在の弊害を改めて痛感させられる事に。だから、名手・川相を現役復帰させておけと執拗に言ってきたものを…。ところで、今日は今季初めて日本テレビが40分も放送を延長。若大将・原監督のインタビューは切られたが、とりあえず試合終了までは流しきったのは、打ち切って非難が殺到するのを恐れたからか…。東京ドームの観客動員は実数発表以来最多を記録したそうだけど、視聴率の方はどうだったのかねぇ? 来年はもう少し地上波放映を増やして欲しいものだが…。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:51コメント(1)トラックバック(50) 

September 30, 2008

カリメロ◆YB0−3G◆
V戦線に留まる為にも、もう負けられない巨人は今季初白星を目指すカリメロに対して、2回、先頭の寿司職人ラミレスがリーグトップに躍り出る42号場外弾を放ち、1点を先制。3,4回と一、二塁のチャンスを逃したものの、5回、たまりかねた春風亭半ケツがレフトへ痛打。大西のまずい守備も重なって、春風亭半ケツは一気に二塁を陥れると、鈴木のセカンドゴロ,キムタクの犠飛で生還。更に、ガッツが34号ソロを放り込み、3点目を追加。先発・春風亭半ケツは8回まで無失点に抑えると、最後は守護神・クルーンが3人で締めて、完封リレーを達成した。

死球で退場した時は骨折で今季絶望の可能性すら危惧されたガッツが強行スタメン出場で会心の中押し弾。不敗神話を誇る寿司職人ラミレスとのアベックアーチでカリメロを打ち砕き、試合が雨で流れた阪神との差を0.5と縮めた。シーズン15度目のアベックアーチはONの記録を40年ぶりに更新する球団新記録。投げては春風亭半ケツが今季最高の投球で8回を無失点に抑え込んだ。横浜は金城が3安打と一人で気を吐いたが、金城以外は誰一人としてヒットを打てない有様で連敗を11に伸ばしてしまった。

◆T−D
降雨中止。

◆S8−0C◆
篠田,石川の両左腕がいずれも5回まで無失点の好投を展開。0−0の儘、迎えた6回、ヤクルトは一死から青木,川島慶,福地の3連打でようやく均衡を破ると、畠山が敬遠されて満塁となった所で篠田はKO。代わった梅津から代打・ユウイチが押し出し四球を選ぶと、梶本のレフトフライが嶋のエラーを誘い、一気に二者生還。更に、田中のショートゴロが梵の野選を誘い、この回、大量5点をゲット。続く7回には福地の犠飛で1点を加えると、8回には田中の5号2ランでダメ押し。石川は9回一死満塁のピンチもゲッツーで切り抜け、今季初完封で11勝目。

相変わらず、3位よりも5割よりも、求道者・前田をシメ倒す事を優先するブラウン暗黒采配がまたも炸裂した広島。クリーンアップトリオが揃ってマルチ安打を放ちながらも、まずい攻めで完封負けを喫し、5割に逆戻り。3位・中日との差を1と広げてしまった。守備でもまずいプレーを連発し、中盤まで粘っていた篠田を見殺しにしてしまった。ヤクルトは終盤に打線が繋がり、石川の好投もあって、連敗を3でストップさせた。

◆E15−5H
ソフトバンクは初回、一死から森本の四球,松田のヒットでチャンスを作るも、松中,田上が連続三振。続く2回には二死から本間が二塁打を浴びせるが、高谷がファーストゴロに倒れて、またも無得点。すると、その裏、楽天は一死から鉄平が二塁打で出ると、続く山崎隆がプロ初アーチとなる先制2ラン。更に、嶋,中村が連打と重盗で二、三塁とすると、内村のショートゴロの間に3点目。直後の3回、ソフトバンクは大村の内野安打,森本の四球で無死一、二塁。松田は三振に倒れるも、松中がタイムリーを放ち、ようやく1点。なおも一、二塁のチャンスだったが、田上がショートゴロゲッツーに倒れる最悪の展開で1点止まり。楽天は5回、高須のタイムリー二塁打で1点を追加し、再び3点差。しかし、直後の6回、ソフトバンクは無死満塁から小斉のタイムリーで1点を返し、朝井をKOすると、二死後、大村のタイムリー内野安打に内村の悪送球が重なって、一気に同点。続く7回には松田の17号ソロでついに勝ち越し。しかし、その裏、楽天は先頭のフェルナンデスの18号ソロであっさり追い付くと、2四球で一死一、二塁とした所で代打・青波の長瀬が13号3ランを叩き込み、3点を勝ち越し。直後の8回、ソフトバンクは一死一、二塁と一発で同点の場面を作ったが、森本,松田と連続三振に倒れて、二者残塁。ピンチを逃れた楽天はその裏、7長短打を集中して、7点を奪い、試合を決定付けた。

開幕当初は新人王候補大本命だった大場が7月12日以来の先発マウンドに上がったが、5回もたずに4失点KO。一時は3点差を跳ね返したソフトバンクだったが、水田,柳瀬,久米らのリリーフ陣が大炎上で終わってみれば、大量10点差の大惨敗で再び最下位に転落。王さんのホークス1000勝まであと1つしか負けられない状況となってしまった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:04コメント(0)トラックバック(25) 

September 14, 2008

◆G3−2S◆
巨人は2回、バーンサイドと入れ替わりで一軍再昇格となった李の2号ソロで先制すると、続く3回には内野安打の鈴木尚を二塁に置いて、ガッツ,寿司職人ラミレスの連続タイムリーで2点を追加。先発・春風亭半ケツは三者三振で始まる素晴らしい立ち上がりを見せるなど、4回まで無失点に抑えていたが、一死一、三塁から由規にプロ初打点となる犠飛を許して、1点を返されると、7回には川島慶に4号ソロを被弾し、1点差。8回から登板の豊田が3人でピシャリと抑えると、9回からは守護神・クルーンが登場。クルーンはいきなり先頭の畠山に死球を食らわせるも、続く飯原をショートゴロに打ち取りゲッツー…と思いきや、坂本からの送球を古城がエラーし、無死一、三塁の大ピンチ。しかし、続く田中をセカンドフライに仕留めると、川島慶,代打・ユウイチと連続三振に斬って取り、辛くも逃げ切った。

前回、プロ初勝利を献上してしまった由規相手に雪辱を果たし、巨人が4連勝。まぁ、雪辱と言っても、6回3失点なのは前回と同じなのだが…。阪神が敗れた事でまたまた自力Vが復活した。外国人枠の都合で二軍に落ちていた李が復帰早々の先制弾で期待に応えた。クルーンは昨日同様、自分で作った大ピンチを自分で凌いで、自己の持つ球団セーブ記録をまたも更新。ヤクルトはあと1点が届かず、これで今季ワーストの6連敗。悉く僅差の試合を落としての連敗は果たして、地力の差なのか、ツキの差なのか?

◆YB4−8D
中日は初回、2四球で貰ったチャンスにベンちゃんのタイムリーで先制。更に、中村紀が歩いて、二死満塁とするも、デラロサはサードゴロに倒れて、三者残塁。すると、その裏、横浜は二死一塁から村田が3試合連続となる39号2ランを叩き込み、逆転。1点を追う中日は3回、川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにT.ウッズが33号同点ソロを放つと、続く4回には森野が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに17号ソロをぶち込んで、勝ち越し。その裏、横浜は村田の2打席連続40号ソロ,吉村の4試合連続31号ソロと連続アーチで再び逆転するが、直後の5回、中日は牛田,石川と相次ぐエラーに乗じて追い着くと、更に、デラロサのタイムリー,代打・平田の犠飛,代打・谷繁,森野の連続タイムリー二塁打でこの回一挙5点。その裏から5人の投手を1回ずつ繋いでいくリレーで4点のリードを守りきった。

山内,小林のルーキー対決となったが、いずれも一発を浴びまくって、4回降板。エラーで拾ったタナボタのチャンスを生かした中日が、小刻みなリレーを展開し、借金生活突入の危機を回避した。横浜は村田,吉村の3戦連続アベックアーチが飛び出したものの、他の面々がさっぱりで攻守に精彩を欠いた。そんな中、プロ初登板となった高卒ルーキー・阿斗里が2回を1安打無失点と上々のデビューを飾ったのは明るい材料か。

◆T1−3C◆
阪神は初回、先頭のシャア少佐が内野安打で出ると、平野の犠打で二進。ゼブラ今岡がヒットで繋いだ後、キュラソ星人が犠飛を打ち上げ、1点を先制。移籍初勝利を目指す伊集院光の弟子・金村は2回まで無失点とまずまずの立ち上がりだったが、3回、鳥谷のエラー等で一死二塁のピンチを作ると、東出にタイムリーを浴び、同点。続く4回には一死満塁から梵にタイムリーを浴び、勝ち越し点を献上。更に、二死後、暴投で3点目を失い、この回限りで降板。阪神は3回一死二塁,4回二死二塁のチャンスを逃すと、6回には連打と四球で無死満塁としながら、矢野,代打・悠久の若虎・桧山,葛城イクローと倒れて、三者残塁。広島は7回から投入した梅津が三者三振の快投で阪神の反撃意欲を断ち切り、8回からはシュルツ−永川と繋いで、逃げ切った。

阪神が接戦を落として、6度目のマジック消滅。伊集院光の弟子・金村はリードを守れずに4回降板となり、5連敗で移籍初勝利はまたもお預け。序盤の拙攻が響いた格好で、特に、6回のチャンスに1点も取れなかったのが痛かった。広島も青木高が3回降板。勝ち越し後は拙攻続きで追加点を奪えなかったが、リリーフ陣が踏ん張り、5割復帰へリーチをかけた。

◆M9−6H◆
初回に竹原のタイムリーで先制したロッテは4回にはベニー松山のタイムリー二塁打で1点を追加。2点を追うソフトバンクは4回二死一、二塁から森本,ハマのスペランカー,松中と3連続タイムリーで逆転に成功。しかし、その裏、ロッテは一死一塁から西岡の三塁打,オーティズの二塁打であっさり再逆転。更に、二死後、ズレータ,サブローと連続タイムリー二塁打を放って、この回4点。直後の6回、ソフトバンクは松田の15号ソロ等で1点差まで詰め寄ったものの、7回に2番手・柳瀬がズレータにタイムリー三塁打,8回には4番手・水田が橋本,西岡にタイムリーを許して、息の根を止められた。

ソフトバンクがまたも投壊で3連敗を喫し、借金は今季最多の4にまで膨れ上がった。先発・和田が6失点KOと期待を裏切り、リリーフ陣も崩壊。こんな有様では、Aクラスどころか、借金完済すら危ぶまれる。小久保も離脱し、苦しいのは分かるが、何とか意地を見せて貰いたい所。ロッテは14安打9得点と打線爆発で5割復帰リーチ。先発・小林宏は5失点で6回もたずにKOされながらも、打線の援護に恵まれ、5勝目をマーク。しかし、水島の呪いに苛まれている根元が試合前のバント練習で自打球を顔面に食らい、右頬骨を骨折するアクシデントに見舞われた。呪いにかかった途端の急降下で最早、首位打者どころか3割すら危うくなっている根元だが、呪いの影響もここまで来ると恐ろしい。

◆F9−6Bs
初回にカブレラの35号ソロで先制した偽バファローズは3回には後藤の11号3ランで4点のリード。これで主導権を握ったかに思われたが、先発・金子がピリッとせず、その裏、稲葉の19号ソロで1点を返されると、5回には二死一、二塁のピンチで高橋,スレッジと連続アーチを被弾し、一気に形勢逆転。勢いづいた日本ハムは続く6回にも二死満塁から高橋の走者一掃タイムリー二塁打,スレッジのタイムリーで4点を追加。偽バファローズは直後の7回、ローズ,後藤の連続タイムリーで2点を返し、9回には守護神・MICHEALを相手に一死二、三塁と一発で同点の場面を作ったが、第2打席で一発を放った後藤はあえなく三振。続く代打・濱中もサードゴロに倒れて、万事休す。

3連勝中だった金子が4点のリードを守れない背信投球で偽バファローズは約1ヶ月゛ぶりの連敗。残り14試合で5差を引っ繰り返すのはかなり厳しくなってきた。日本ハムはスーパーさぶ・多田野が4回もたずにKOされ、新人王へ赤信号となったが、高橋が一発含む3安打6打点の大爆発で2カード連続の勝ち越しを果たし、8月28日以来となる貯金1。

◆E5−4L◆
西武は初回、先頭の片岡がヒットで出ると、すかさず二盗。ここで栗山がタイムリーを放って、あっと言う間に先制。1点を追う楽天は2回、一死から山崎武の20号ソロで同点とすると、更に、一、二塁とした所で渡辺直のタイムリー,嶋のスクイズで2点を勝ち越し。しかし、直後の3回、西武はブラゼルの犠飛で1点を返すと、5回にはまたもブラゼルのタイムリー二塁打で同点。更に、続く6回には栗山にタイムリーが飛び出し、再び勝ち越しに成功。3−4の儘、迎えた8回、西武は先発の岸から小野寺にスイッチするが、これが裏目。鉄平,代打・草野と痛打され、二死二、三塁のピンチを背負うと、ここで代打・高須に2点タイムリーを浴び、形勢逆転。9回はグウィンに反撃を断ちきられた。

ようやく戦列に復帰したブラゼルの活躍等で、一時は逆転に成功した西武だが、継投策に失敗し、再逆転負け。とは言え、2位・偽バファローズも敗れた為、マジックは1つ減って10と、いよいよカウントダウン体勢に入った。楽天は中盤こそ拙攻に喘いだものの、勝負強い高須のバットが劣勢を覆した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:57コメント(0)トラックバック(56) 

July 19, 2008

◆YB2−6G◆
初回に寿司職人ラミレスのタイムリーで先制した巨人は3回には一死一塁から松田記者のタイムリー二塁打で1点を追加。4回には先頭の坂本が二塁打で出ると、春風亭半ケツの犠打で三進。ここで鈴木尚がスクイズを決めて、3点目。6回まで3安打と沈黙していた横浜は6回、二死走者なしから内川のヒットの後、村田が27号2ランを叩き込み、1点差。続く7回には吉村,代打・メカゴジラのヒットで二死一、三塁と一打同点のチャンスを作るが、大西はセンターへ打ち上げて、二者残塁。直後の8回、巨人は阿部が10号ソロを放り込むと、9回にはキムタク,ガッツの連続タイムリーでダメ押し。先発の春風亭半ケツは7回2失点で4勝目。

村田の5戦連発も空砲に終わり、横浜は対巨人6連敗。村田が幾ら打っても勝てないとなると、村田が北京に拉致されたら、一体どれ程、勝てなくなってしまうのか…。投打噛み合っての快勝となった巨人だが、あの男が20日から一軍に昇格すると言う衝撃のニュースが飛び込んできた。果たして、背に腹は変えられないと言う程、今の巨人にあの男が必要だろうか。仮に必要だとしても、モナってた件をあの程度のお仕置きで済ませてしまう様ではとても紳士球団とは言えないな…。

◆D2−7T
阪神先発・安藤は初回、簡単に二死を取りながら、連続四球でピンチを作ると、ベンちゃんにタイムリーを許して、先制点を献上。1点を追う阪神は3回、一死一、二塁から鳥谷の7号3ランで一気に逆転。5回にT.ウッズのタイムリーで1点差とされるも、直後の6回、高橋光の今季初アーチとなる2ランで突き放した。8回にはフォード,悠久の若虎・桧山の連続タイムリーでダメ押し。その裏から登板の江草は残り2回で5三振を奪い、中日の反撃を断ちきった。

投打に精彩を欠いての完敗となった中日。初回の満塁のチャンスに1点しか取れなかったのが致命的だった。いよいよ貯金消滅へリーチをかけ、阪神との差が14と拡大したばかりか、ヤクルトには1ゲーム差に迫られ、Bクラス転落の危機である。この絶望的な状況を打破する為にも一刻も早い名手・川相の現役復帰を実行に移すべきだろう。ところで、特殊能力「偽装結婚○」を持つ男・寝損がいよいよ来日初登板。二死一、二塁のピンチを迎えながらも、何とか無失点で切り抜けたが、果たして、今後通用するかは微妙な内容だった。

◆S8−3C◆
ヤクルトは2回、梵のエラーで貰ったチャンスに飯原のタイムリー二塁打,福川のスクイズで2点を先制。広島は4回に嶋に4号ソロが飛び出して、1点差。2−1の儘、迎えた6回、ヤクルトは一死満塁からウィルソンのタイムリーで2点を加えると、更に、二死満塁となった所で福地が走者一掃のタイムリー三塁打。続く宮本もタイムリーを放って、この回、一挙6点のビッグイニングを形成。広島は9回に栗原の13号2ランが飛び出したが、焼け石に水だった。

またも求道者・前田はフル欠場で広島は4連敗。ブラウン監督はいつまで同じ事を繰り返すつもりなのか。久々登板の宮崎も5回まではまずまずだったが、6回に一気に崩れた。福地に三塁打浴びるまで宮崎を引っ張り続けたブラウン監督はかなりどうかしてる。飯原の前で満塁にした所で代えても良さそうなもんだし、どれくらい遅くても飯原に打たれた所で代えるべきだろう。嫌がらせをかますだけでなく、まっとうな采配も揮えないとあっては、広島は単独5位確定の道を早めるだけだろうそれでブラウン監督が失脚して、求道者・前田が来季大復活すると言うなら、むしろ喜ばしい事なのかもしれないが…。

◆E4−5H◆
楽天先発・田中は3回まで6個の三振を奪う素晴らしい立ち上がり。4回も2つの三振を奪いながら、1安打2四球で満塁のピンチを作ると、ここで長谷川に走者一掃の先制タイムリー三塁打を浴びてしまう。3点を追う楽天はその裏、草野のタイムリーで1点を返すと、6回には高須の二塁打の後、フェルナンデスのタイムリーで1点差と迫り、ソフトバンク先発・ホールトンをKOすると、更に、草野のセカンドゴロの間に同点に追い着いた。ソフトバンクは7回から何と先発要員の大隣をリリーフで起用。7回は三者凡退に斬って取った大隣は続く8回も簡単に二死を取ったが、ここでショートに痛恨の一発を浴び、勝ち越し点を献上。しかし、土壇場9回、ソフトバンクは一死二、三塁のチャンスに本多が同点犠飛を打ち上げると、続く川崎がタイムリーを放って、勝ち越し。その裏も続投となった大隣は3人でピシャリと締め、4連勝となった。

大隣の突然のリリーフ登板には驚いた。一時は勝ち越し点となる一発を浴びたものの、3回を投げて許した安打はこれのみの好投だった。昨日、雨で登板が流れた事もあって、待機させておいただけなのか、オールスターまであと僅かと言う事で、前半戦一杯は後ろを任せるつもりなのか。いきなり3回も投げてしまったら、明日は使えないだろうが…。一方、10三振の力投も報われなかったのが田中。あの内容、あの展開で7回降板は少々早かった気が…。北京に拉致されてしまう田中の体力を気遣う様なノムさんでもあるまいに…。有銘を2イニング目まで引っ張ったのも裏目に出てしまった。

◆M10−17L
水島の呪いに苛まれ、破竹の連勝から一転連敗を喫したロッテ。この日も先発・成瀬が2回に二死満塁から片岡,栗山の連続タイムリー二塁打でいきなりの4失点。ロッテはその裏、2点を返すと、4回にはベニー松山の4号ソロ,西岡の2点二塁打で一気に逆転するも、5回、中島に逆転18号2ランを被弾。6回に今江の一発で追い着いたのも束の間、直後の7回、二死走者なしから中島に痛打されると、ブラゼルに22号2ランを放り込まれ、勝ち越し点を献上。更に、G.G.佐藤にも二塁打を浴びた所で成瀬はようやく降板。代わったシコースキーも中村を歩かせた後、後藤に2試合連続の4号2ランを被弾。西武は8,9回にも6点を追加し、一気に突き放した。7回から登板の小野寺は3回4失点ながら、今季初セーブ。

今日も水島の呪いは留まる所を知らず、成瀬が悪夢の9失点KO。中途半端に立ち直ってしまった為に7回まで引っ張ったのが裏目に出た格好だ。リリーフ陣も火だるまで計17失点と惨憺たる結果で3連敗。水島氏にシメられた今江は2発を含む4安打6打点と怒りを爆発させたが、空砲に終わってしまう辺り、呪いには抗いきれなかった印象だけが残った。

◆Bs6−2F◆
日本ハム先発のスーパーさぶ・多田野の前に4回まで1安打と抑え込まれてきた偽バファローズだが、5回一死から日高がライトスタンドへ8号ソロを叩き込み、先制。更に、二死一、二塁から坂口のタイムリーで2点目。続く6回には二死満塁から小瀬が走者一掃のタイムリー二塁打を放って、多田野をKO。8回には下山がダメ押し7号ソロ。完封目前の山本だったが、9回先頭の田中に10号ソロを被弾すると、続く稲葉にも痛打されて、KOと完封も完投も消滅。この後、日本ハムは高橋のヒットの後、ボッツのサードゴロの間に2点目を返したものの、反撃もそこまでだった。

唐川が呪いに苛まれている隙に、新人王レースをリードしておきたい多田野だったが、失意の5失点KO。味方に呪われた男・ボッツがいる以上、水島の呪いによる恩恵を受ける事など甘い話と言う事か。多田野の息の根を止めたのが、こちらもルーキーの小瀬。2安打3打点の活躍ながら、左の歌藤相手にあっさり代打を出されてしまう辺り、まだまだ信頼感は勝ち得ていないのだろうか。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:55コメント(0)トラックバック(61) 

September 21, 2007

◆G5−1YB◆
3強中、最も負け数が多い事から、残り試合全戦必勝対戦で臨む巨人は中2日で中継ぎとしてスクランブル登板したばかりの春風亭半ケツが中2日で先発登板。2回まで3安打を浴びながら、0点で凌いできた春風亭半ケツに対して、手痛い一発を浴びせたのが、昨年までの同僚・ガッツな貴公子・仁志。3回、先頭打者として打席に入るとレフトスタンドへ10号先制アーチ。先制点を失ったもの、4回以降はパーフェクトと素晴らしい投球を見せる春風亭半ケツを何とか援護したい巨人は6回まで1安打と抑え込まれていた横浜先発・はーちゅんに対して、7回、一死一、三塁からニックン,清水の連続タイムリーで逆転に成功。更に、二死後、阿部に代わってスタメンマスクを被っていた加藤がプロ初アーチとなる貴重な3ランを叩き込み、一気に4点のリード。9回はセーブのつかない場面ながらマウンドに上がった守護神・上原が2安打を浴びながらも、0点で切り抜け、2位浮上。8回1失点の春風亭半ケツは14勝目を飾った。

◆D5−3C◆
人斬り抜刀斎,黒田の両エースの対決となったこの試合、広島が3回に倉の一発で1点を先制。4回までに6個もの残塁を量産し、川相不在を痛感するばかりの中日は5回、二死一、二塁からミスター3ラン・森野が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに15号3ランを叩き込み、逆転に成功。しかし、7回、人斬り抜刀斎はこのリードを守れず、7回二死一、二塁のピンチで嶋に走者一掃のタイムリー二塁打を浴びて、振り出しに。追いつかれた中日は8回に3四球で二死満塁とタナボタのチャンスを貰いながら、代打の切り札・立浪がレフトフライに打ち取られ、三者残塁。試合はその儘、延長に突入した。10回も2四球で一死一、二塁のチャンスを逃した中日だか、11回、四球の井端を荒木が送った所で中村紀が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに19号2ランを叩き込み、サヨナラ勝ち。阪神と入れ替わりで首位に返り咲いた中日だが、タイムリー欠乏症&一発依存症は深刻を極めており、来季の川相現役復帰待望論はますます強まるばかりだ。尚、敗れた広島は最下位転落。

◆S8−1T◆
金村(日本ハム)の師匠・伊集院光が「合体変形ロボみたいな名前で凄ぇかっこいいから」と言う理由で一押しの新助っ人・グライシンガーは2回までノーヒットと上々の立ち上がりを見せると、打ってはその裏、自ら先制2点タイムリー二塁打の活躍。直後の3回、先頭の関本に被弾し、1点差とされるも、ヤクルトは4回、二死満塁から田中浩が走者一掃のタイムリー二塁打を放つと、続く寿司職人ラミレスが25号2ランを放り込み、一挙5点のビッグイニングを形成。直後の5回、阪神は二死満塁のチャンスを作ったものの、シーツがセカンドゴロに倒れて、三者残塁。ここで無得点に終わった事が致命傷となり、結局、グライシンガー−木田画伯の前に追加点をあげる事なく、首位から一気に3位転落となった。グライシンガーは8回1失点で最多勝をほぼ確定とする16勝目をマークした。

◆L3−0H◆
主砲・松中が戦線離脱となったソフトバンクはこの日も得点力不足を露呈する苦しい展開で、新人王を狙う西武先発・岸に対して4回まで僅かに1安打と沈黙。味方打線の援護をひたすらに待って力投を続けていた先発・杉内だが、4回、突如、制球を乱し、4四球による押し出しで先制点を献上。7回には栗山,片岡と連続タイムリーを許して、無念のKO。ソフトバンクは中盤には3度得点圏に走者を進めたものの、あと一本が出ず。9回も先頭の小久保が四球で歩いたが、ここで代わったグラマンの前に代打・井手が最悪のゲッツーを食らう有様で、完封負けで3連敗。一方、勝った西武は5連勝。岸は完投こそ逃したものの、9回途中まで無失点の好投で10勝目をあげ、新人王に望みを繋いだ。

◆F13−5Bs◆
マジック点灯を狙う日本ハムだったが、先発・スウィーニーが3回二死から4連打を浴びて、3点を献上。続く4回にも連打を浴びて、あえなくKOとなった。しかし、代わった金沢がきっちり後続を断ち切ると、その裏、日本ハムは3連打で無死満塁とした所で高橋が9号グランドスラムをぶち込んで、一気に逆転。5回にも稲葉のタイムリーで1点を加えたが、直後の6回、偽バファローズは日高のタイムリー二塁打等で2点を返し、試合は振り出しに。5−5の儘、迎えた8回、日本ハムは6長短打を浴びせる集中攻撃で一挙8点を勝ち越し、試合を決定付けた。2位のソフトバンクが敗れた為、マジック8が点灯した

◆E9−3M◆
バレンタイン監督はこの大事な時期に何を血迷ったのか、出れば火だるまの吉井を先発に指名。3戦連続完封負けを喫している悪の温床・楽天が相手だからとナメくさったのかは分からないが、湿りまくった悪の温床・楽天打線ですら吉井は通用せず、3回に草野の8号2ランで先制されると、4回には礒部にタイムリー,5回にはショート,フェルナンデスと連続タイムリーを許して、あえなく5失点KO。ロッテは終盤3点を返したものの、リリーフ陣も打ち込まれて、吉井分の点差を縮める事すら出来なかった。悪の温床・楽天先発・一場は7回途中まで3点で凌ぎ、5勝目。山崎武は帰国したローズに並ぶダメ押し42号を放ち、両リーグでの本塁打王のタイトルをほぼ確定させた

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:10コメント(0)トラックバック(86) 

August 02, 2007

◆YB0−2G◆
「ホワイト」とすると、ソフトバンクからクレームが来るかもしれないと恐れたのか、登録名をフルネームにされた謎の新助っ人・マットホワイトに対して、巨人は昨日に続いてニックンが初回に先制アーチ。1点を貰った春風亭半ケツは2回一死二塁,4回二死二塁に続き、5回にも一死一、二塁と再三のピンチを背負いながら、あと1本を許さない粘りの投球。一方、マットホワイトも2回以降は二死までは走者を許さない安定した投球を展開。迎えた6回裏、横浜は先頭の野中がヒットで出ると、ここで何とメカゴジラが犠打を敢行。一塁が空いた事で村田が歩かされると、続く金城も粘って四球を選び、一死満塁の大チャンス。ここで吉村の打球がピッチャー前へ高く跳ね上がると、これを春風亭半ケツが素早く処理して、本塁へ送球。タッチプレーならば確実にセーフのタイミングだったが、フォースプレーだった為に、三塁走者・野中は間一髪アウトとなると、続く下窪は三振に倒れて、三者残塁。続く7回にも二死一、二塁のチャンスを掴むと、メカゴジラが一塁右へ火の出る様当たり。李が打球の勢いに弾いている間に激走し、執念のヘッドスライディングを見せたメカゴジラだが、素早くベースカバーに入った春風亭半ケツの足が僅かに早く、ここも無得点。8回には巨人2番手・豊田から二死三塁とするも、代打・鈴木なおのりが凡退と、どうしても1点が届かない。0−1の儘、迎えた土壇場9回、横浜4番手・木塚はよりにもよって第1打席で既にインケツパワーを使い果たしているニックンに四球を与えて、ただで出塁させてしまう大失態を犯し、失意のKO。5番手・那須野は続く李も歩かせると、阿部からは三振を奪ったものの、スタメンを外れていた代打・ガッツにセンター前へのタイムリーを浴び、痛恨の2点目を献上。最後は守護神・上原の前に3人で締められ、完封負け。春風亭半ケツは7回無失点でハーラー単独トップとなる12勝目を飾った。

◆C−D◆
台風接近の為、中止。

◆T6−5S◆
0−0で迎えた3回、阪神は四球の関本をボーグルソンが送った所で鳥谷が先制タイムリー二塁打。5回にはシャア少佐のタイムリー内野安打とキュラソ星人の犠飛で2点を追加。3点を追うヤクルトは6回、先頭の青木が二塁打を放つと、その後、2四死球で一死満塁のチャンス。ここでリグスが2号グランドスラムを叩き込み、一気に逆転に成功。しかし、その裏、阪神は二死満塁からシャア少佐が走者一掃のタイムリー二塁打を浴びせて、再逆転。こうなれば、あとはJFKに繋ぐだけ。久保田−ウィリアムスから、9回にバトンを受けた守護神・藤川は代わりばな、いきなりの連打で1点差とされると、なおも二死三塁のピンチ。ここで田中浩に対して、カウント2−1からハーフスイングの空振り三振を取るも、これを矢野が後逸。振り逃げで同点…と思われたが、田中浩は自分がスイングを取られていた事に気付かず、ただの暴投だと勘違いして、しばらく打席上で立ち尽くす大チョンボ。三塁走者・福川がホームに到達してから、ようやく事態に気付き、スタートを切ったが、時既に遅く、一塁でアウトとなり、福川は幻の同点ホームインとなった。

◆H−Bs◆
先週は西武ナインの搭乗予定飛行機のトラブルで中止となった福岡ドームでの試合だが、今度は台風が迫っている事で来場者の安全を考慮すべく、ドーム球場であるにも拘わらず、僅か7日の間に異なる理由で2度目の中止となった。

◆L2−3F◆
日本ハムは初回、劇団ひちょりの2号先頭打者アーチで1点を先制。ダルビッシュの前に4回まで2安打と沈黙していた西武だが、5回、一死一、二塁のチャンスを迎えると、福地がセンター前へタイムリーを放ち、同点。1−1で迎えた7回、日本ハムは一死一塁からジョーンズのタイムリー三塁打に続き、工藤にもタイムリーが飛び出し、2点を勝ち越し。土壇場9回、西武は守護神・MICHEALから中島のタイムリーで1点差にまで詰め寄ったが、反撃もそこまで。日本ハムを4本も上回る11安打を放ちながら、11残塁の拙攻が響いた。ソフトバンクの試合が中止となった為、日本ハムはこれで単独首位に浮上。先発・ダルビッシュは7回1失点で9勝目をあげた。

◆M12−1E◆
未だに白星のない悪の温床・楽天先発・一場だが、初回からフクーラ,オーティズにタイムリーを浴びて、3点を失うと、2回には早川のタイムリーで4点目を許し、あえなくKO。ロッテは更に、4回にも二死満塁からサブロー,オーティズの連続タイムリーで3点を加えると、6回にはまたもサブローのタイムリー二塁打,オーティズの2ランで3点を追加し、10点目。8回にもダメ押しの2点を加え、ここまで一発含む4安打5打点の大当たりで三塁打が出ればサイクルヒットのオーティズに回ったが、気負ってしまったか、セカンドフライに倒れて、サイクルならず。ロッテは15安打12点の猛攻で快勝。投げては先発・清水が憲史に一発を浴びただけの7回1失点で4勝目をマークした。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:26コメント(0)トラックバック(38) 

June 23, 2007

◆G5−2L◆
共に5連勝同士の対決となったこの試合。21日に亡くなったばかりの実父に白星を誓った巨人先発・春風亭半ケツは初回、いきなり二死満塁の大ピンチを背負うも、ここでG.G.佐藤を空振り三振。続く2回も先頭打者を出しながら、ゲッツーで切り抜ける粘りの投球を展開。すると、その裏、巨人は一死から3連打で満塁とすると、分相応の8番に降格させられた怒濤のチャンスブレイカー・ニックンが長らく続いている不振により充電されたインケツパワーで犠飛を打ち上げ、先制。更に、春風亭半ケツが自らを助けるタイムリーを浴びせると、マッスル千代の富士にもタイムリー内野安打が飛び出して、この回、3点。3回、ガッツのエラーをきっかけに1点を返されるも、その裏、ニックンがまだまだ吐き出しきっていないインケツパワーで2点タイムリーを放ち、5点目。春風亭半ケツは5回にも3連打で無死満塁と言うピンチを迎えるも、カブレラ,ベンちゃんとショートフライに仕留めると、G.G.佐藤もセンターフライに打ち取って、三者残塁。巨人は8回から豊田,9回からは上原を投入する必勝リレーを展開。上原は一死満塁と一発が出れば同点のピンチを作ったが、中島の犠飛による1点に留めて、逃げ切りに成功。春風亭半ケツは7回1失点の好投で両リーグ一番乗りとなる10勝目をマーク。巨人はこれで今季初の6連勝となり、西武の連勝は5でストップした。

◆D4−6H◆
主砲・松中に続き、自打球を受けたハマのスペランカーのスタメン落ちの可能性も噂されていたが、ただでさえ水島の呪いにより落ちている攻撃力を下げる訳にはいかなかった。それでも人斬り抜刀斎の前に5回までゼロを並べる湿りっぷりは変わらず。打線がアテにならない以上、頼みの綱はハーラートップの先発・杉内だったが、2回、谷繁のタイムリーで先制を許すと、3回には福留,森野のタイムリーを浴び、2点を献上。更に、4回にはプロ初スタメンに起用され、第1打席で早速プロ初安打と気を良くしている柳田にプロ初アーチを許し、4失点KOとなる背信投球。しかし、5回に来日初登板となる謎の新助っ人・スタンドリッジが2四球を出しながらも無失点で切り抜け、水島鎖国政権に抗った事で流れが変わったのか、直後の6回、沈黙していたソフトバンク打線が突如、覚醒。先頭の本多の内野安打を皮切りに5長短打で一気に同点に追いつくと、更に、松田が今季初アーチとなる2ランを叩き込み、勝ち越しに成功。2点を追う中日は7回一死一、二塁,8回二死二、三塁と立て続けにチャンスを作るも、ソフトバンクの小刻みな継投の前に後続を断たれ、得点ならず。最後は馬原が締めて、連敗は4でストップした。スタンドリッジは来日初登板初白星

◆C4−1E◆
地獄の連敗ロードに陥っている広島と水島の呪いに苛まれている悪の温床・楽天のネガティブ対決は悪の温床・楽天が山崎武の先制26号ソロで26イニングぶりの得点をあげるも、所詮、アウトカウント稼ぎ要員としてしか見られていない呪いを受けている打線はこれ以降、広島先発・黒田の前に完全に沈黙。悪の温床・楽天先発・有銘は点を取れない以上、完封するしかないと言う意気込みで5回まで無失点投球を展開していたが、6回、突如、制球を乱して、一死満塁のピンチを背負うと、ここで出てきた代打の求道者・前田の鋭い眼光にビビったか、押し出し死球を食らわせて、ついに同点。一気に畳み掛ける広島はこの後、代打・喜田,東出の連続タイムリーで3点を勝ち越し。黒田は1失点完投で7勝目を飾り、チームの連敗を6で止めた

◆T4−6F◆
32イニング連続無失点中の阪神投手陣だったが、この日は先発・福原が初回から青波の長瀬のタイムリー二塁打であっさり先制点を失ったばかりか、続く小谷野に頭部死球を食らわせて、危険球退場となる体たらく。緊急登板となった江草も工藤,金子誠と連打を浴び、この回、3失点。いきなり3点のビハインドとなった阪神だが、その裏、日本ハム先発・ダルビッシュに対して、猛反撃。無死二、三塁から林のタイムリーで1点を返すと、続くキュラソ星人が15号3ランを叩き込み、打者4人であっさり逆転に成功。1点を追う日本ハムは5回、金子誠にこの日2本目となるタイムリーを放ち、同点。日本ハムが立ち直ったダルビッシュ一人で阪神打線を抑え込むのに対し、阪神は小刻みな継投を展開し、6回から早くもウイリアムスを投入するJFKリレーモードで互いに譲らず、試合は4−4の儘、延長に突入。迎えた11回、既に2回を投げた藤川がマウンドを降りてしまい、7番手として橋本健がマウンドに上がったが、二死一塁から小谷野にレフトスタンドへ痛恨被弾。その裏、武田久が一死から鳥谷に二塁打を浴びた所でようやく守護神・MICHEALが登場。MICHEALは代わりばな矢野にレフトへの大飛球を浴びるも、フェンス手前で失速。続く藤本は空振りの三振に斬ってとり、4連勝で交流戦初優勝を飾った。

◆S17−3M◆
ヤクルト打線が大爆発。ロッテ先発・小林宏に対して、初回、ガイエルの15号3ラン等でいきなり4点を先制すると、4−1で迎えた4回には田中浩が2点タイムリー二塁打を浴びせて、小林宏をKO。続く5回には2番手・ゴーグルに対し、田中浩の2点タイムリー三塁打やロッテ内野陣の乱れに乗じて、4点を加え、10点目。終盤にも藤田をつるべ打ちにするなど、今季最多の20安打17得点金村(日本ハム)の師匠・伊集院光が「合体変形ロボみたいな名前で凄ぇかっこいいから」と言う理由で一押しの新助っ人・グライシンガーは打つ方では4打数4三振と完全に野手任せだったが、本業の投げる方では8回を6安打3失点に抑え、8勝目をマーク。チームの連敗を3でストップさせた。敗れたロッテは今季初の4連敗

◆YB5−1Bs◆
偽バファローズ先発・平野佳に対し、横浜は初回、ガッツ名貴公子・仁志の先頭打者アーチで先制すると、3回にはメカゴジラのタイムリー三塁打,村田の11号2ランで3点を追加。村田は8回にもこの日2本目となる12号ソロを叩き込み、ダメ押しの5点目。投げては先発・ハマのチンピラが序盤こそ制球に苦しんだものの、徐々に立ち直り、8回まで散発3安打無失点。9回も簡単に二死を取り、完封目前と言う所で後藤に被弾したものの、完投で5勝目をマーク。チームは3連勝で約1ヶ月ぶりの貯金1となった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 20:53コメント(2)トラックバック(80) 

June 16, 2007

◆H2−3G◆
春風亭半ケツと杉内、両リーグの最多勝同士の対決は下馬評通りの息詰まる投手戦となった。杉内が7回まで散発2安打無失点と言う完璧な投球を展開するのに対し、春風亭半ケツは走者を出しながらも粘って抑える持ち味を発揮し、同じく7回まで無失点。0−0の儘、迎えた8回、杉内はこの回も簡単に二死を取るも、ここで矢野に死球を食らわせてからおかしくなり、続くキムタクにセンター前へ弾き返されると、マッスル千代の富士にはライトスタンドへ放り込まれて、一気に3点を献上。しかし、その裏、ソフトバンクは二死二塁から代打・柴原のタイムリー二塁打で春風亭半ケツをKO。ここで代わった上原も「期間限定ストッパー」の「期間」が大凡の予想通り「今季一杯」であった事が明らかになり、指揮官に騙された事でモチベーションが上がらないのか、続く大村にタイムリーを浴びて、1点差。しかし、水島の呪いに苛まれ続けているソフトバンクの反撃はこれが精一杯。続く田上はライトフライに倒れると、9回も3人で攻撃終了し、連勝は3でストップ。杉内は前回に続いて好投しながら、打線に見殺しにされる形でまたも10勝目はお預け。一方、春風亭半ケツは2位に2差をつける9勝目を飾った

◆F2−3D◆
中日は初回、制球に苦しむダルビッシュから一死一、二塁のチャンスを掴むと、福留のタイムリー二塁打で先制。更に、四球で二死満塁となった所で谷繁も四球を選んで、押し出しの2点目をゲット。徐々に制球が定まりだしたダルビッシュだが、4回に二死一、二塁から井端にタイムリー内野安打を許し、3点目を献上。一方、中日先発・人斬り抜刀斎は初回のピンチを切り抜けてからは立ち直りを見せ、6回まで無失点投球を展開していたが、7回、先頭の小谷野に痛打されると、続く高橋に3号2ランを叩き込まれて、1点差。更に、一死一、三塁のピンチを作った所でついにKO。しかし、代わった平井が辛くも後続を断ち切ると、8回からは岡本,9回からは岩瀬と繋ぐ必勝リレーを展開し、何とか逃げ切った。日本ハムは引き分け1つを挟んで3連敗。

◆L12−2C◆
3回に梵の犠飛で先制した広島だが、4回、先発・黒田が突如の大乱調。いきなりの4連打で3点を奪われると、更に、細川にタイムリーを浴び、この回、4失点。続く5回にはベンちゃんにバックスクリーンへ7号3ランを叩き込まれて、悪夢の7失点KO。西武は6回にも中島の6号3ランの後、ベンちゃんに2打席連続アーチが飛び出して、4点を追加し、試合を決定付けた。西武は17安打12点の猛攻で3連勝。先発・オツは8回2失点の好投で、自らの連敗を5でストップさせた。2試合連続の2桁失点の広島は3連敗で借金10となり、西武と入れ替わりで交流戦最下位に転落した。

◆M7−11T◆ 
初回、林の10号ソロで先制を許したロッテだが、3回に早川の2点タイムリー二塁打で逆転すると、その後も着々と加点。7回にはサブロー,里崎の連続アーチが飛び出して、これがダメ押しとなったと思われた。しかし、土壇場9回、阪神が怒濤の猛反撃を開始。8回からマウンドに上がっていた4番手・藤田を3連打でKO。無死満塁の場面でマウンドに上がった守護神・小林雅に対して、桜井がライトフェンス直撃の2点タイムリー二塁打を浴びせると、続く浅井のショートゴロを渡辺正がタイムリーエラー。続く関本が送った所で狩野,シャア少佐の連続タイムリーで一気に同点。なおも二、三塁の場面で林が敬遠されて満塁となった所で小林雅をKO。代わった薮田に対して、打者一巡で回ってきたキュラソ星人がライト前へ2点タイムリーを放ち、勝ち越しに成功すると、更に、二死後、鳥谷,桜井の連続タイムリーで2点を加え、この回、大量9点のビッグイニングを形成。その裏、藤川が3人でピシャリと締めて、連敗を3でストップ。敗戦処理で登板した筈の4番手・桟原に今季初白星が転がり込んだ。

◆Bs1−7S◆
偽バファローズ先発は無傷の3連勝中のユウキ。2回まで無難に抑えたが、3回、一死二、三塁のピンチを迎えると、寿司職人ラミレスにセンター前へ弾き返され、2点を献上。5回には青木に9号ソロを被弾し、この回限りで降板。一方、金村(日本ハム)の師匠・伊集院光が「合体変形ロボみたいな名前で凄ぇかっこいいから」と言う理由で一押しの新助っ人・グライシンガーの前に6回まで僅かに3安打と沈黙していた偽バファローズ打線は7回に二死満塁から代打・水口のタイムリーでようやく1点。なおも満塁と一打同点のチャンスだったが、村松がファーストゴロに倒れて、三者残塁。ピンチを逃れたヤクルトは直後の8回、代打・度会のタイムリーで2点をあげると、9回にも寿司職人ラミレスのタイムリー二塁打でダメ押しの2点を追加。グライシンガー7回1失点の好投で7勝目をマークした。

◆E0−9YB◆
横浜は2回、一死一、二塁から下窪,相川の連続タイムリーで2点を先制すると、更に、石井タクローが送った所で悪の温床・楽天先発・松崎をKO。代わった青山からガッツな貴公子・仁志も2点タイムリーを浴びせて、この回、4点。青山は6回まで無失点に抑える好リリーフを見せたものの、7回に3番手・吉崎に代わると、二死二、三塁のピンチを作ってKO。更に、4番手・戸部は連続四球で押し出しの1点を与えると、続く吉村には走者一掃のタイムリー三塁打を浴びて、8点目を献上。横浜は8回にも小池のタイムリー二塁打でダメ押し。悪の温床・楽天打線はアウトカウントを稼ぐ事しか能のない扱いを受けた水島の呪いの影響か、ハマのチンピラ相手に8回まで無得点に抑え込まれる戸、9回もホセロに3人で捻られ、完封負け。横浜は今季2度目の5連勝となった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 20:34コメント(1)トラックバック(84) 

June 02, 2007

◆L6−11G◆
西武先発・オツに対して、巨人は初回、2四死球で二死一、三塁とタナボタのチャンスを貰うも、怒濤のチャンスブレイカー・ニックンがあえなくショートゴロに倒れる相変わらずのインケツぶりを遺憾なく発揮。これでがっくり来た巨人先発・春風亭半ケツに対して、西武はその裏、G.G.佐藤のタイムリー二塁打で先制すると、続く2回には栗山がタイムリーを放ち、2点目。更に、3回には二死満塁のチャンスを掴んだが、ここは後藤が凡退し、三者残塁。大ピンチを免れた巨人は直後の4回、無死一、二塁と絶好のチャンスに恐怖のゲッツー量産マシン・ニックンがセカンドゴロゲッツーに倒れる最悪の展開で、結局、無得点。しかし、5回、ホリンズ,脇谷,鈴木尚,マッスル千代の富士の4連打で3点を返し、一気に逆転に成功。更に、この後、二死一、三塁の場面で怒濤のチャンスブレイクによりインケツパワーが充電されたニックンに8号3ランが飛び出して、この回、一挙6点をゲット。これで流れを引き寄せた巨人は続く6回にも4長短打に3四球で大量5点を加え、試合を決定付けた。大量リードを貰っても春風亭半ケツは調子が上がって来ず、7回にガッツのエラーをきっかけに2点を失った所で降板となったが、ハーラーダービー単独トップとなる7勝目。巨人は今季初の4連勝となった。

◆H3−4D◆
代打の代打逆転満塁弾で負けるなど、依然として猛威を奮う水島の呪いに苛まれているソフトバンク。この日は4回に小久保のタイムリーで先制するも、直後の5回、4回までパーフェクトの快投を見せていたガトームソンが突如、崩れ、4安打を集中されて追いつかれると、なおもに二死満塁から押し出し四球で勝ち越し点を献上。続く6回には森野に川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに7号2ランを叩き込まれて、KO。何とか呪いを打破したいソフトバンクは7回、小久保,田上,柴原の3連打で1点を返すと、二死後、大村がタイムリーを放ち、1点差。続く8回には二死満塁と絶好の逆転チャンスを掴みながら、アダムが空振り三振に倒れて、三者残塁。9回には守護神・岩瀬から二死一、二塁と一打サヨナラの場面で主砲・松中を迎えたものの、松中はショートフライに打ち取られ、万事休す。これでソフトバンクは3連敗。6試合連続3点以下と自慢の打線が機能しないのは、やはり、虚弱投手・里中ごときにパーフェクトとシメられた後遺症なのか!?

◆E3−1C◆
0−0で迎えた3回、広島は無死から緒方,ルパン広瀬,石原と3連打を浴びせながら、無得点の拙攻を展開。一方、3回まで4残塁1盗塁死とこちらも拙攻三昧の悪の温床・楽天は4回、。一死満塁から藤井がライトへ犠飛を打ち上げ、待望の先制点をゲット。1点を追う広島は6回一死から四球とヒットで一、三塁とした所で新井の犠飛でついに同点。依然として拙攻を繰り返すばかりの悪の温床・楽天だったが、8回、一死二、三塁から代打・憲史のショートゴロを梵が弾き、ボールが転々とする間に一気に二者が生還して、タナボタの2点を勝ち越し。最後は守護神・福盛が締めて、悪の温床・楽天は再び5割に復帰。先発した魅惑のナックルボーラー・フェルナンデスの粘投を援護出来なかった広島は4連敗。

◆F8−5T◆
未だ交流戦無敗の日本ハムはこの日も好調。3回一死から劇団ひちょり,田中賢の連続二塁打で先制すると、続く稲葉が5号2ランを放り込み、3点目。4回に鳥谷の4号ソロで1点を返されるも、その裏、二死二塁から劇団ひちょりのタイムリーを放つと、田中賢が死球を食らった所で阪神先発・杉山は早くもKO。更に、代わった吉野から稲葉,青波の長瀬が連続タイムリー二塁打を浴びせて、この回4点。7回にもエラー絡みで1点を加え、楽勝ペースと思われたが、土壇場9回、阪神が怒濤の猛反撃。余裕ぶっこいて先発・ダルビッシュが8回限りで降板したのをこれ幸いと、2番手のさすらいの賭博士・須永を攻め立て、一死満塁とすると、ここまで不発だったキュラソ星人が会心の13号グランドスラム。更に、3番手・江尻からゼブラ今岡,悠久の若虎・桧山と連打を浴びせて、ついに守護神・MICHEALを引っ張り出した。シーツが歩いて、満塁と一発が出れば、一気に逆転と言う場面を作った阪神だが、代打・浜中,関本とあえなく凡退し、三者残塁。楽勝ムードはすっかり吹っ飛んだものの、辛くも逃げ切った日本ハムはこれで10連勝。ダルビッシュはスライド登板→1回コールド→中1日と天候に翻弄されながらも、8回2安打1失点の好投を見せて、6勝目。

◆Bs3−1YB◆
いずれも連敗中同士の対決となったこの試合。ハマのチンピラ,平野佳の両先発がいずれも6回まで3安打無失点と相譲らぬ好投を展開。0−0の儘、迎えた7回、偽バファローズは一死一塁から阿部真の先制タイムリー二塁打でついに均衡を破ると、更に、二死一、三塁となった所で村松が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、ハマのチンピラをKO。土壇場9回、今季初完投初完封を狙いたい平野佳だったが、一死から古木に痛打された所で無念の降板。2番手・加藤大はメカゴジラにライト前に弾き返され、二死一、三塁のピンチを迎えた所で暴投を犯して、完封リレーならず。更に、この後、またもや暴投をかまして、走者を三塁まで進めたものの、最後は吉村を空振り三振に仕留めて、連敗を3でストップ。平野佳は完封どころか完投も逃したものの、4勝目を飾った。一方、ハマのチンピラは踏ん張り切れずに逆ハーラートップタイとなる6敗目。横浜は5連敗で徐々に最下位ヤクルトの影が見え始めてきた。

◆M2−3S◆
ヤクルトは3回に福川の今季初アーチで先制。1点を追うロッテは4回、サブローのタイムリー二塁打で追いつくと、更に、この後、ベニー松山のタイムリーで勝ち越しに成功。逆転を許したヤクルトだが、直後の5回、無死一塁から宮本のタイムリー二塁打ですかさず同点とすると、一死三塁となった所で飯原がスクイズを決め、再び勝ち越し。一時は勝ち越しとなるタイムリーを放ったベニー松山が左足を痛めて退場し、攻撃力の落ちているロッテは6回、一死三塁と言う絶好のチャンスを逃すと、7回には一死二塁から何故か代田が三盗を仕掛けて憤死。8,9回といずれも二塁打が飛び出しながら、後が続かず、結局、あと1点が届かなかった。これでロッテの連勝は5でストップ。先発・小野は3失点完投ながら、見殺される形で4敗目。勝ったヤクルトは今季2度目の3連勝。先発の館山は7回途中まで2失点で踏ん張り、2勝目をマークした。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 19:32コメント(3)トラックバック(85) 

May 20, 2007

◆D1−5G◆
何としても3連戦3連敗は免れたい巨人は中日先発・山本昌から初回、一死満塁と絶好の先制チャンスを掴むも、ここで恐怖のゲッツー量産マシン・ニックンが最悪のセカンドゴロゲッツーに倒れる本領発揮のチャンスブレイク。一方、中日はその裏、巨人先発・春風亭半ケツに対して、いきなり先頭の井端がライトフェンスを直撃。井端は一気に二塁を狙ったものの、マッスル千代の富士のストライク返球の前に憤死し、結局、3人で攻撃終了。共に先制のチャンスを逃し、2回はいずれも三者凡退に終わったが、3回、巨人はマッスル千代の富士の9号ソロと李のタイムリー二塁打で2点を先制。2点を追う中日は5回、森野,李のヒットで一死一、三塁とした所で小田が犠飛を打ち上げ、1点差。何とか突き放したい巨人は直後の6回、松田記者,李のヒットで一死二、三塁とした所で初回の怒濤のチャンスブレイクでインケツパワーが充電されたニックンが7号3ランを叩き込み、5点目をゲット。春風亭半ケツはその後も粘りの投球で8回まで投げきると、9回からはセーブのつかない場面ながらも上原が登場。いきなり無死一、二塁のピンチを背負ったが、後続を断ち切って、連敗を阻止。春風亭半ケツは9回にマウンドを譲った事で開幕から0点台で来ていた防御率がついに1点台となってしまったが、ハーラー単独トップの6勝目をマーク。巨人は1日で首位に返り咲く事となったが、これで今年も「セ・リーグ首位チームは交流戦で大転落」のジンクスと戦う事になってしまった。中日は7試合連続打点と連勝の立役者となっていた森野が2安打ながらも打点がつかず、連勝も7でストップした。

◆T1−0YB◆
中継ぎで9戦13回無失点と好結果を残していた中村泰が今季初先発。中村泰は初回に先頭打者を出しながら、その後、三者三振で切り抜けると、2回の無死三塁の大ピンチも何とか凌ぎきってからは尻上がりに調子を上げていき、中盤に入ってからは横浜打線を完全に翻弄。一方、横浜先発・加藤も3回まで無失点の好投を見せていたが、4回、一死一、二塁のピンチを迎えた所で突如、降板。しかも、緊急登板となった山北が林にタイムリーを浴び、先制点を献上。阪神はこの後も再三再四チャンスを掴みながら、残塁を量産するばかりの拙攻三昧だったが、7回からは久保田−ウィリアムスと繋いで、最後は守護神・藤川が締めて2試合連続の完封勝ち。中村泰は6回9三振無失点の好投で今季初勝利。阪神は3連勝で交流戦へ弾みをつけたのとは対照的に横浜は泥沼の7連敗で借金生活に突入すると同時に4位へ転落となった。

◆C5−2S◆
広島は3回、無死満塁のチャンスで東出,栗原と連続タイムリーで2点を先制。この後、新井のゲッツーの間に1点を加えると、更に、森笠のタイムリー,松本の押し出し四球でこの回、一挙5点。一点集中攻撃で大量点を取ったら、あとはさっぱりと言う広島の恒例パターンで4回以降は二塁すら踏めなかったが、先発・黒田が立ち上がりから安定した投球で6回を無失点。7回にガイエルに被弾し、9回にもガイエルにタイムリーを浴びたものの、僅か89球の省エネ投球で意外にも今季初の完投勝利を飾った。チームは再び5割に復帰し、3位に浮上。

◆H4−5F◆
恐怖のパ・リーグ撲滅漫画「ドカパロSS 地獄変」にて、虚弱投手・里中にパーフェクトなどと言う不名誉極まりない事を描かれて以来、呪いに取り憑かれているとしか思えない嫌な負け方が続いているソフトバンクだが、この日も小田のタイムリーで先制されると、2回には劇団ひちょりのタイムリーと稲葉の犠飛で3点を失い、先発・田之上は早くもKO。更に、2番手・小椋も稲葉に犠飛を許して、4点差。呪いの影響をひしひしと感じながらも、むざむざ負けられないソフトバンクはその裏、柴原の5号2ランで2点差。日本ハムは5回に小谷野のタイムリーで1点を追加。先発の伊集院光の弟子・金村がピリッとせず、3回を投げ終えた所であえなく降板となったが、4回から登板の武田勝が7回まで無失点に抑える完璧なロングリリーフを展開。ソフトバンクは8回二死一塁の場面でマウンドに上がった3番手・武田久に対して、ヒゲが生えているから似てなくても本人だと認識して貰えると言うしょーもない理由で試合前にフィーチャーされ、試合中は完全に放置される呪いをかけられ怒り心頭のハマのスペランカーが7号2ランを叩き込み、1点差と詰め寄ると、土壇場9回には守護神・MICHEALから小久保,アダムと連打を浴びせて、長打が出れば一気にサヨナラと言うチャンスを作るも、ここから柴原,代打・ブキャナンと凡退。そして、最後は虚弱投手・里中のパーフェクト達成時、最後の打者として描かれてしまう呪いを受けてしまった田上がライトフライに倒れて、同点にすら出来ずにゲームセット。この日は王さんの誕生日だと言うのに、今季初めて日本ハムとの3連戦に負け越してしまう何とも嫌な展開で波乱含みの交流戦に臨む事となってしまった。尚、この試合、劇団ひちょりは3安打の大当たりで連続試合安打を24と伸ばし、大下弘の球団タイ記録に56年ぶりに並んだ

◆E3−8M◆
未だに白星のない清水を何とか援護したいロッテは初回、二塁打の今江をフクーラが返して、1点を先制すれば、3回にはサブローのタイムリー二塁打,ベニー松山の2点タイムリーで3点を追加。4点の援護を貰った清水は3回まで無失点で凌いでいたが、4回、先頭の山崎武に19号ソロを被弾し、1点を献上。ロッテはすかさず、5回にベニー松山のタイムリー二塁打,竹原の犠飛で2点を追加。粘る悪の温床・楽天はその裏、山崎武の犠飛で1点、6回には藤井のタイムリー二塁打で1点とジリジリ追い上げるも、ロッテは8回に青野の8号2ランでダメ押し。清水は6回3失点で降板となったが、打線に援護に恵まれて、8度目の先発でようやく今季初勝利を手にした。

◆Bs5−2L◆
西武先発・ギッセルに対して、偽バファローズは初回、大西の先頭打者アーチで1点を先取。5回には一死から大引,日高,大西の3連打で2点目を追加。投げては今季初先発のユウキが7回二死までノーヒットと言う快投を展開。8回に連打でピンチを作った所でユウキは降板し、その後、内野ゴロの間に1点を返されたが、その裏、偽バファローズは北川の4号3ランで一気に突き放した。西武は9回にカブレラのタイムリーで1点を返したが、及ばず、3連敗となった。偽バファローズは今季初の3連勝。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 17:26コメント(3)トラックバック(100) 

May 06, 2007

◆G1−2S◆
開幕5連勝で月間MVPを獲得した春風亭半ケツはこの日も初回から三者三振と素晴らしい立ち上がり。一方、ヤクルト先発・石井一も先頭のマッスル千代の富士を歩かせたものの、そこから三者三振の快投を見せ、試合は両投手の息詰まる投手戦へ発展。0−0で迎えた6回表、一死から飯原の右中間への打球をこの回からホリンズに代わってセンターに入っていた鈴木尚が強引に取りに行って、痛恨の後逸。ボールが転々とする間に飯原は俊足を飛ばして、一気に三塁を陥れると続くガイエルのどん詰まりの打球がセンター前にポトリと落ちて、ついにヤクルトが1点を先制。7回には不振に喘ぐ宮出がライトスタンドギリギリに飛び込む今季初アーチを放ち、貴重な2点目を追加。8回裏、巨人は春風亭半ケツの代打・矢野がヒットで出ると、マッスル千代の富士のピッチャーゴロの間に二進。ここで松田記者が8球粘ってレフト線へタイムリー二塁打を放ち、ようやく1点。続いてこの日2安打と石井一に合っているガッツが9球粘ったものの、ピッチャーゴロに倒れると、李もサードへのファールフライに終わり、同点ならず。このピンチを切り抜けたヤクルトは9回から守護神・高津をマウンドに送り、3人で抑えて逃げ切り。ヤクルトは連敗を4でストップさせた。春風亭半ケツは打線に見殺され、ついに今季初黒星。それにしても、致命的な後逸をしたから言う訳ではないが、あのタイミングでホリンズを下げて、鈴木尚を投入した意図が納得出来ない。2安打に抑え込まれている中盤で攻撃力を落として(打率は鈴木尚の方が上だが)守備固めなどと、リードもしていないのに6回で守りに入ってしまうと言うのは少々弱気な姿勢だったのではなかろうか。

◆D3−7YB◆
中日先発・山本昌に対して、横浜は2回、先頭の村田がレフトスタンドへ5号ソロを放り込み、1点を先制。更に、一死一塁から吉村にも3号2ランが飛び出し、この回、3点。前日、死球を食らった森野を欠く中日は巨人戦限定好投手・土肥の前に3回まで僅かに1安打と沈黙していたが、4回、二死一塁から中村紀が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにレフトスタンドへ5号2ランを放り込み、1点差。しかし、5回以降は快音が聞かれず、あと1点が届かない。山本昌は3回以降、追加点を許さない好投を見せたが、打線の援護に恵まれず、7回限りで降板とまたも白星ならず。8回、山本昌に代わってマウンドに上がった2番手・平井に対して、横浜は鈴木なおのりのタイムリーで貴重な1点を追加。更に、9回には無死満塁から相川の走者一掃タイムリー三塁打でダメ押し。中日はその裏、T.ウッズが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに12号ソロをぶち込んだが、焼け石に水で連勝は3でストップした。

◆T−C◆
降雨中止。

◆H4−6L◆
西武は2回、ヒットのカブレラが田之上のボークで二塁へ進んだ所で栗山がセンター前へ先制タイムリー。3回には礒?が2号2ラン,4回にはG.G.佐藤が8号ソロ、更に、5回には中島の2号ソロ,ベンちゃんの5号ソロと一発攻勢で着々と加点。大量6点を追うソフトバンクは7回、代打・本間の2号2ランと本多の2点タイムリー二塁打が飛び出して、2点差まで詰め寄ったが、8回はミッチー,9回は小野寺と繋ぐ西武のリレーの前に反撃を断ち切られた。

◆F1−0Bs◆
日本ハムが初回一死一、二塁のチャンスをゲッツーで潰せば、直後の2回、偽バファローズも同じく一死一、二塁のチャンスにゲッツー。序盤のピンチを逃れ、伊集院光の弟子・金村,セラフィニの両先発は徐々にペースを上げ、いずれも5回まで無失点。0−0の儘、迎えた6回、日本ハムは飯山,劇団ひちょりの連続二塁打でついに均衡を破る先制点をゲット。土壇場9回、守護神・MICHEAL投入で逃げ切りを図った日本ハムだが、よもやの3連続四死球で無死満塁のピンチを背負う大乱調であえなく降板。しかし、急遽、マウンドに上がった武田久がラロッカ,ローズと連続三振に斬って取ると、下山をショートゴロに打ち取る完璧なリリーフを見せ、完封リレーを達成。日本ハムはこれで4連勝。また、2000安打へ3本と迫る田中幸は5番スタメンで起用されたが、3タコに終わった。尚、敗れた偽バファローズはゴールデンウィーク全敗の9連敗

◆M−E◆
降雨中止。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:01コメント(2)トラックバック(25) 

April 30, 2007

◆S3−9G◆
3タテだけは免れたい巨人はマッスル千代の富士の初回先頭打者アーチで先制すると、2回には阿部が5号ソロ。開幕から僅か1失点と言う快投が続いている巨人先発・春風亭半ケツだが、その裏、二死からヒットと四球に阿部のエラーも加わって、一、三塁のピンチを迎えると投手の石川にレフト前へしぶとく落とされて、1点差。しかし、直後の3回、巨人はお返しとばかりに春風亭半ケツが自らのヒットで口火を切ると、一死後、松田記者,ガッツ,李の3連打で1点を返すと、続くニックンが押し出し四球を選んだ所で石川はあえなくKO。更に、代わった遠藤から阿部が犠飛を打ち上げ、この回、3点。6回にはマッスル千代の富士がこの日2本目となる6号2ランを叩き込み、7点目。その裏、内野ゴロの間に1点を返されるも、7回には鈴木尚の走者一掃タイムリー三塁打が飛び出して、ダメ押しの2点を追加。ワンサイドゲームとなった事で9回から暫定リリーバー・上原がようやく今季初登板。その復帰第一球をいきなり度会に叩かれ、左中間を破られた上原は二死後、飯原にフォークを拾われてのタイムリー二塁打を許し、1失点とイマイチの内容に終わったが、大局には影響を及ぼさず、巨人は連敗をストップ。春風亭半ケツは7回2失点で球団では桑田以来18年ぶり3人目となる開幕5連勝,左腕では新浦以来28年ぶりとなる月間5勝となった。

◆YB2−1D◆
ガッツな貴公子・仁志の今季2本目となる初回先頭打者アーチで先制した横浜はなおも一死満塁のチャンスを掴みながら、金城,吉村と倒れて三者残塁。しかし、続く2回に相川,ガッツな貴公子・二死のヒットで一、三塁とした所で石井タクローのピッチャーゴロの間に2点目を追加。中日先発・吉見は早くもこの回で降板となった。巨人戦限定好投手・土肥の前に巨人でもないくせに3回まで無得点に抑え込まれていた中日は4回、先頭のT.ウッズが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに13日ぶりとなる9号ソロを叩き込み、ようやく1点。しかし、その後も、5,7回に二死二塁、8回には二死満塁のチャンスを作りながら、いずれも逸して川相不在の弊害を露呈。最後は帰ってきた守護神・クルーンの前に三者凡退に仕留められ、万事休す。これで中日は昨年8月以来となる4連敗で貯金も残す所、僅かに1つ。この粘りのない攻撃はひとえに稀代のチャンスメーカーである名手・川相がベンチにいながらコーチ業に収まっていると言う宝の持ち腐れ状態にある事が原因であるのは言うまでもなく、一刻も早い名手・川相の現役復帰を願う声は日に日に高まっている

◆C7−4T◆
この所、すっかり一点集中砲火が板についてきた広島はこの日も初回、ルーキー・小嶋の立ち上がりを捉えて、新井の8号3ランで一気に3点を先制し、その後は全くチャンスを掴めない恒例のパターンに突入。広島先発・黒田はスミ3になる事を察知してから4回まで1安打無失点の力投を続けていたが、5回、一死から林,狩野,藤本,代打・葛城と4連打を浴びて、1点差まで詰め寄られる。何とか突き放したい広島は6回、求道者・前田の10試合ぶりとなる3号3ラン,倉の3号ソロと一発攻勢で一気に4点を追加。阪神はこの後、林の一発等で追い上げたものの、最後は守護神・永川に反撃を断たれて、今季初の3連敗。またも効果的な一発で白星を掴んだ広島は4連勝となった。

◆Bs1−3H◆
開幕早々、水島の呪いに取り憑かれる不安に見舞われ、右肩痛で登録抹消となったエース・斉藤和にの穴を埋めるべく、緊急昇格となった田之上が先発登板。田之上は今季初のマウンドながらも落ち着いた投球で4回まで2安打無失点の好投を展開。一方、またまた年中行事の故障発生イベントが起きたのか、ハマのスペランカーがスタメンを外れたソフトバンク打線も偽バファローズ先発・セラフィニの前にこれまた0点に抑え込まれていたが、5回、ハマのスペランカーに代わって、何と3番に起用された井手のタイムリーでようやく1点を先制。その裏、偽バファローズも大西の2号ソロで応戦し、振り出しに戻ったが、直後の6回、ソフトバンクは塩崎のエラーでタナボタのチャンスを貰うと、山崎が66打席目にして今季初のタイムリーを放ち、勝ち越しに成功。更に、続く大村もタイムリーを放って、3点目。田之上はその裏、二死一、二塁のピンチを迎えた所で降板となったが、代わった佐藤がここを切り抜けると、柳瀬を挟んだ後、守護神・馬原が最後を締めた。ソフトバンクはこれで8連勝となり、首位をがっちりキープ。敗れた偽バファローズは5位転落となった。

◆L7−6M◆
ロッテ期待の高校生ドラフト1巡目ルーキー・大嶺がプロ初登板初先発。初回に里崎の犠飛で先制点を貰った大嶺はその裏、三者凡退で片付ける上々の立ち上がり。2回にも早川,サブローのタイムリーで早くも3点のリードとなったが、その裏、カブレラに2試合連続の5号ソロをぶち込まれてから突如、崩れ始めた大嶺は一死後、連続四死球とヒットで満塁のピンチ。ここで平尾,礒?と連続タイムリー二塁打を浴びて、大量5失点。3,4回と何とか凌いだ大嶺だが、1点差にして貰った直後の5回裏に連打を浴びて、KOとなるホロ苦いデビューに終わった。しかし、ロッテは5,7回といずれも無死満塁のチャンスで、いずれもしみったれたショートゴロの間に1点ずつ返すのが精一杯ながら、ジリジリと差を詰め、8回には青野に6号同点アーチが飛び出して、大嶺のプロ初黒星は消滅。しかし、その裏、3番手・荻野がリーファーに被弾し、再び勝ち越し点を献上。小刻みな継投で凌いできた西武だが、こうなれば、守護神・小野寺を投入。小野寺は簡単に3人で締めて、逃げ切りに成功。西武はこれでロッテと入れ替わりで2位に浮上した。

◆E8−11F◆
ようやく調子を取り戻しつつある日本ハムは初回、高橋のタイムリーで先制。2回にフェルナンデスの5号ソロ,ショートの犠飛で引っ繰り返されたのも、束の間、直後の3回、稲葉が20日ぶりの3号同点アーチ。更に、4回には金子誠にタイムリー二塁打が飛び出して、勝ち越しに成功。続く6回には一死から6連打で大量5点のビッグイニングを形成。粘る悪の温床・楽天はその裏、ショートのタイムリー,7回には憲史の今季初アーチとなる3ランで2点差まで詰め寄ったものの、終盤に大きく突き放されて、引き分け1つを挟んで4連敗。これで指定席の最下位へ逆戻りとなってしまった。日本ハムは4連勝で4位へ浮上。この日もスタメンとなった田中幸はタイムリー1本を含む2安打を放ち、2000安打で6本と急接近した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 17:15コメント(1)トラックバック(88) 

April 22, 2007

◆T3−10G◆
阪神先発のルーキー・小嶋に対して、巨人は初回から二死一、二塁と絶好の先制チャンスを掴むも、恐怖の残塁量産マシン・ニックンがピッチャーライナーに倒れる相変わらずのインケツぶりを遺憾なく発揮。一方、ここまで開幕から25イニング無失点を続けている巨人先発・春風亭半ケツに対して、阪神もその裏、二死一、二塁のチャンスを作るが、ゼブラ今岡が凡退して、二者残塁。巨人は2回にすっかり調子を上げてきて、7番に昇格となったホリンズのヒット等で無死満塁の大チャンス。春風亭半ケツはホームゲッツーを食らう最悪の展開となったが、ここからマッスル千代の富士が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、2点を先制。3回には阿部にタイムリーが飛び出し、3点目をあげ、小嶋はこの回限りで降板となった。0点に抑えられているとは言え、チャンスは作っている阪神は4回、一死二塁から矢野がライト線へタイムリーを浴びせ、春風亭半ケツの無失点記録はついに28イニングでストップ。春風亭半ケツは続く1割打者・関本にも痛打され、無失点記録崩壊によるズルズルと崩れる事が危惧されたが、ここで打席に入ったのは幸いにも投手の福原。これを見逃し三振に斬ってとると、続く鳥谷からも三振を奪い、このピンチを脱出。最大のピンチを切り抜けた巨人は直後の5回に4連打+絶好調・ホリンズの走者一掃タイムリー二塁打で4点を追加すると、8回にはマッスル千代の富士のタイムリーと松田記者の史上249人目の通算100号となる3号2ランでダメ押しの10点目。春風亭半ケツは連続無失点こそ途絶えたものの、8回1失点の好投で開幕4連勝。中日が敗れた事で入れ替わりで首位浮上となった。阪神はブレイク中の狩野が9回に焼け石に水の2ランを放ったのが救いか…。中村泰も地味に連夜の好リリーフでJFKの負担軽減を担えそうな手応えだ。それにしても、最後の最後、9点差の場面で豊田投入か…と期待したのだが、登板間隔の空いたアゴくらの調整登板に終わり、ガックリ(しかも2失点)。豊田のリハビリにはもってこいの場面だと思ったんだがなぁ…。ところで、今日もホリンズは2安打2打点の活躍でついに打率が3割越えだ! ゴンザレスも早く戻って来い!

◆S10−6D◆
巨人相手に火だるまに遭って以来の先発となったルーキー・増渕だが、この日は初回から制球に苦しみ、1安打2四球で無死満塁のピンチを背負うと、T.ウッズも歩かせて、押し出しで先制点を献上。更に、森野の内野ゴロと中村紀のタイムリーで1点ずつ失い、この回3失点。リグスが脱腸で帰国した事で武内を一軍昇格即スタメン起用し、いつの間にやらチーム三冠王の青木を3番に入れるなど、大幅に打順を入れ替えたヤクルト打線は中日先発・中田の前に3回まで1安打と沈黙していたが、4回、悩める新助っ人・ガイエルについに今季初アーチが飛び出すと、すかさず1点を返された直後の5回裏には寿司職人ラミレスが3ランを叩き込み、一気に同点。完全に流れを引き寄せたヤクルトは続く6回には二死走者なしから怒濤の6連続シングルヒットで一気に4点を勝ち越し、中田をKO。更に、満塁のチャンスにここまで3連続三振の福川にも2点タイムリーが生まれて、この回、6点で10点目。この後、中日は川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに福留の2試合連続5号ソロ,森岡のプロ初アーチで追い上げたが及ばず、首位陥落となった。

◆YB4−3C◆
前回10失点の大炎上となった魅惑のナックルボーラー・フェルナンデスが2度目の先発登板。何点取られるか分からない状況で打線にかかる負担は大きいと言うのに、前日、死球退場となった求道者・前田がスタメンを外れる緊急事態で試合前から大ピンチに陥った。そんな状況でフェルナンデスはいきなりガッツな貴公子・仁志に先頭打者アーチを浴びると、村田にも被弾し、早速、2失点。しかし、直後の2回、大不振の嶋が3号ソロを放つと、3回には無死二、三塁のチャンスに森笠のショートゴロの間に1点返して、試合は振り出しに。2−2で迎えた6回には栗原に3号ソロが飛び出して、ついに勝ち越しに成功。フェルナンデスは2回以降はナックルが冴え、8回一死まで追加点を許さない好投を展開。梅津を挟んで、最後は守護神・永川を投入する必勝パターン。前日、サヨナラ負けを許した永川は代わりばな村田を歩かせるも、小池の送りバントを素早く処理して、二塁で封殺。これで落ち着きを取り戻したかと思いきや、続く金城にライトスタンドへ放り込まれて、悪夢の2日連続のサヨナラ負け。またも勝利目前で引っ繰り返された広島は今季初の3連戦勝ち越しを逃してしまった。横浜先発のはーちゅんは「忘れた頃に凄い投球をするが、忘れるまではヘタレ」から移籍後は「忘れるまではそこそこの投球が出来る」くらいには成長したらしく、今回も先発投手としての責任は果たした感じ。負けている状況にも拘わらず、9回頭からクルーンを投入し、勝利への意欲を見せた大矢采配はその裏の逆転劇を呼び込んだ格好だ。永川の連日のリリーフ失敗と言うのもかなりショッキングだが、ここまで3点しか取れなかった相変わらずの貧弱打線も問題だ。倉でなく石原がスタメンだったのは、フェルナンデスが先発だから? いや、9回のチャンスに代打ですら出て来なかったと言う事はケガでもしているのだろうか? 最後の最後で代打で登場した求道者・前田の凡退も痛かったが、ケガ人に多くを望むのは酷だろうか…。

◆F0−4H◆
水田,グリンの両先発の相譲らぬ投げ合いで4回まで両軍ゼロ行進の投手戦。しかし、5回に均衡が崩れた。田上のヒットを皮切りに、2四死球で二死満塁のチャンスを掴んだソフトバンクはここで主砲・松中がライトスタンドへ会心の4号グランドスラムを叩き込み、一気に4点を先制。グリンは続く6回先頭の柴原に対しての2球目を投げた直後、突然、しゃがみ込んだかと思えば、ベンチにお伺いを立てもせずに勝手にマウンドを降りて、その儘、ロッカー室へ消える謎の行動。訳の分からない事態に日本ハムベンチは慌てるばかりだったが、緊急登板の金沢が後続を断って事なきを得た。結局、球団からは左背筋痛が原因と言う報告が出されたとの事。試合の方は6回途中から継投策に切り替えたソフトバンクが4投手を注ぎ込んでの完封リレーを達成し、悪の温床・楽天戦3連敗を取り戻す3連勝となった。水田は3年ぶりの白星。4連敗の日本ハムはとりあえず、最後に途中出場の田中幸がヒットを放ち、2000安打へあと11本と迫った事と、右肩痛で離脱していた守護神・MICHEALが復帰登板で3人で抑えた事が明るい材料。しかし、問題は今の日本ハムがこのMICHEALに繋ぐ展開をどれくらい作れるかだ…。

◆L5−4Bs◆
偽バファローズは2回二死から2四死球とエラーと言うタナボタチャンスに大西のタイムリー内野安打で先制すると、3回には12試合ぶりとなるラロッカの6号ソロ,5回には後藤の犠飛で着々と加点。しかし、5回まで無失点で踏ん張ってきた先発・平野佳作が6回、リーファー,細川のタイムリーで2点を返され、KO。続く7回には大引のエラーでピンチを作ると、中島にタイムリー二塁打を許して、ついに同点。追いつかれた偽バファローズだが、直後の8回、大西がこの日4安打目となるタイムリーを放って、すかさず勝ち越しに成功。その裏から早くも抑えのカーターを投入する逃げ切り体勢に入ったが、イマイチ安定感に欠けるカーターに残り2イニングも任せようとした段階で既に結果は見えていたのかもしれない。8回の一死一、三塁のピンチは逃れたカーターだったが、9回、先頭の中島に二塁打を浴び、早速ピンチを作ると、ここまで3タコ2三振だったカブレラにライトスタンドへ放り込まれて、逆転サヨナラ負け。9回表二死満塁と言うダメ押しのチャンスを逃すなど、13残塁の拙攻も響き、借金返済はまた先送りとなった。

◆E−M◆
降雨中止。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 18:01コメント(0)トラックバック(84) 

April 15, 2007

◆G9−0S◆
昨年は2戦2敗と高卒ルーキーに苦しんだ巨人に対して、ヤクルト先発・増渕は走者を出しながらも2回を無失点。しかし、3回、先頭のマッスル千代の富士に死球を食らわしてから、それまでテンポで投げていた増渕のリズムがおかしくなる。松田記者に簡単に犠打を許した後、ガッツにセンター前へ弾き返され、まずは先制点を献上。続く李には体勢を崩させたにも拘わらず、レフトスタンドギリギリに運ばれる2ランを被弾。続くニックンに痛打されると、阿部にはライトスタンド中段へ豪快な2ランを叩き込まれて、5点目。更に、脇谷をサードゴロに打ち取ったものの、飯原が痛恨の悪送球。一向に二死目が取れない焦燥感を募らせていると、ここまで不振に喘いでいたホリンズにまで来日初アーチとなる2ランをぶち込まれ、無念の7失点KOとなった。一方、開幕から16イニング無失点を続けている巨人先発・春風亭半ケツは得点圏に走者を背負っても、動揺する事なく後続を断ち切り、この日も7回まで無失点投球。8回に宮出,青木と連打され、無死一、三塁と大ピンチを背負ったが、無失点記録を続けるには三振を取るしかないと言うこの状況で飯原を見事に空振り三振。依然として不振でこの日も2三振のガイエルにはよもやの痛烈なライナーを浴びるも、これがファースト真正面で飛び出した青木は戻れずにゲッツーと言うツキにも恵まれ、このピンチを脱出。その裏、松田記者の2ランでダメ押し点を貰うと、9回も寿司職人ラミレス,リグスと簡単に打ち取り、二死。ここで宮本には痛打されるも、古城がダイビングキャッチ。自己初の2試合連続完封勝利となった春風亭半ケツは無失点記録を25イニングと伸ばした。ホリンズは増渕KO弾で覚醒したか、更に2本の二塁打を重ねて、3安打4出塁の活躍。ここまでスタメンから外せと言う声が絶えなかったが、「素行の悪くない巨人直輸入助っ人をとりあえず応援してみる会」会員としては、やはり(ゴンザレスだけでなく)ホリンズにも頑張って欲しい訳で、今回の覚醒がたまたまではなく、次カード以降に繋がってくれる事を大いに期待したい。

◆C1−7D◆
川相不在の弊害を随所に露呈し、連敗モードに陥っている中日。この日もT.ウッズのタイムリーで先制したものの、4回までに6残塁と相変わらずの拙攻三昧を展開しているうちに、倉のタイムリー二塁打で追いつかれてしまう。直後の5回、最早、川相不在では一発に賭けるしかないと察知したT.ウッズが2ランを叩き込み、勝ち越すと、6回にもT.ウッズが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに2打席連続となる3ランをぶち込むなど、4点を追加。拙攻モードながら、T.ウッズが一人で6打点と爆発してくれたおかげで楽になった先発・中田は制球に苦しみながらも、6回を1失点で切り抜けると、リリーフ陣の援護を仰いで、開幕3連勝。チームは5試合ぶりの白星となった。広島は前日、爆発した事で覚醒を期待された求道者・前田は4の1とパッとせず…。連続試合アーチが止まって以降、新井もすっかり下降線で、嶋は一貫して低空飛行を続けるなど、どうにも明るい材料が見えて来ない。投げれば、必ず失点する宮崎はこの日も3失点と炎上。そろそろ、二軍での再調整が必要かねぇ。個人的には一度、先発起用して欲しい所なのだが…。

◆T10−1YB◆
カリメロ開幕から続いていたぬけぬけがついにストップし、この日は勝つのか負けるのかさっぱり分からないと思われた横浜。しかし、勝敗の行方は初回にしてあっさりと判明する事に…。移籍後、未だに白星のないカリメロに対して、前日の大拙攻の鬱憤を晴らさんとばかりに阪神は鳥谷がいきなり先頭打者アーチを浴びせると、その後も4連打を含む7長短打で大量7点を先制。カリメロは1回ともたずに失意のKOを喫する事に…。続く2回に、5号ソロを放ったキュラソ星人は8回にもダメ押しとなる6号2ランを放ち、3安打4打点の活躍。大量援護を背にルーキー・小嶋は走者を出しながらも要所を締める落ち着いた投球を展開。結局、7回を1失点と踏ん張り、2勝目をマークした。尚、関本はこの日何と2本ものヒットを放ち、打率を大台1割に乗せた

◆Bs4−4H◆
初回、松中の先制タイムリー二塁打で主導権を握ったソフトバンクは3回には小久保の2点二塁打,大村の犠飛で3点を追加。先発・和田は毎回安打を許しながら、4回の塩崎のソロアーチによる1点のみに抑える粘りの投球を展開。最後は守護神・馬原が3点差で登板とあって、試合は決まったかと思われたが、この後、大どんでん返しが起ころうとは…。一死から3連打で満塁の大ピンチを背負った馬原だが、村松を空振り三振に斬ってとると、続く北川もサードゴロに打ち取り、辛くも逃げ切り…と思いきや、これを小久保が痛恨のタイムリーエラー。これで気落ちしたか馬原は続くラロッカに同点2点タイムリーを許して、試合は延長に突入。その後、両軍共に勝ち越す事は出来ず、引き分けに終わったが、完全に勝ちゲームだったものを逸したソフトバンクの方が遙かにダメージが大きいだろう。

◆F18−3E◆
昨年は完全にカモにしていた悪の温床・楽天に対して、互角の戦いを強いられている日本ハムだが、この日は昨年を思わせる戦いぶりで圧倒。初回に青波の長瀬の3ランで先制すると、2回には先頭の鶴岡が二塁打を浴びせて、松崎を早くもKO。この後、1,1,2点と着々と加点すると、5回にはルーキー・金子洋にプロ初アーチが飛び出すなど、大量6点のビッグイニングを形成。更に、6回にも5長短打で一気に5点を追加し、計23安打18点の猛攻。ワンサイドゲームとあって、5回から早くも代打で起用された田中幸は2本のヒットを連ねて、2000安打まであと13本と急接近。投げては先発・グリンが大量点に守られながら、7回を3安打1失点で切り抜ける好投を見せ、古巣相手に移籍初勝利。これで日本ハムは悪の温床・楽天と入れ替わりで、ようやく最下位から脱出となった。一方、2回KOの松崎はこれでデビュー以来11連敗と言うプロ野球タイ記録を樹立。それにしても、先発で1回失敗しただけなのに、中継ぎで起用されたばかりか、14失点されるまで代えて貰えなかった一場は何とも痛々しかった。この晒し者状態を強いたノムさんの意図は一体!?

◆M1−1L◆
久保,ギッセルの両先発が3回を無失点と相譲らぬ好投を展開。4回に久保の暴投で先制を許してしまったロッテだが、5回にサブローの一発ですかさず同点。久保はその後も好投を続け、9回を3安打1失点に抑えるが、ロッテは6,8回とゲッツーでチャンスを潰し、9回も一死一、二塁とサヨナラのチャンスを作りながら、後続を断たれて、試合は延長に。迎えたラストイニング12回、ロッテは前日、大炎上の小林雅を投入。いきなり先頭の代打・リーファーに痛打され、コバマサ劇場再演か!?とライトスタンドは騒然となったが、小林雅は後続3人をきっちり打ち取って、西武の勝ちは消滅。しかし、その裏、ロッテも三者凡退に終わり、結局、両軍決め手に欠けた儘、ドローに終わった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 17:59コメント(2)トラックバック(133) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ