館山昌平

April 28, 2011

4/28館山◆S4−0G◆
沢村栄治がベーブ・ルースを撫でぎった草薙球場でその快投の再現を期待などと言う幻想以外の何物でもないプレッシャーをかけられた澤村は2回に四球にボークと自らの失態でピンチを作った末、バレンティンに犠飛とノーヒットで先制点を献上。5回にも自らのエラーで釣ったピンチで青木に痛打されると、6回にはバレンティンに被弾。8回には四球を連発して、無念のKOとなった。この後、ヤクルトは宮本のタイムリーでダメ押し。投げては館山が10三振を奪っての散発2安打、三塁も踏ませない快投で完封勝ち。ヤクルトはこれで9連勝。澤村はプロ初黒星となった。

◆D4−0YB◆
ついに指定席の最下位に落ちてしまった横浜。何とかこの座から抜け出したいと、初回から二死満塁のチャンスを掴むが、金城が凡退し、三者残塁。中日は4回にベンちゃんの今季初アーチとなめ2ランで先制すると、5回には井端のタイムリー、6回にもエラーで1点を追加。7回からは5人の投手を繋いで完封リレー。先発・吉見は6回無失点で今季初白星。

◆C5−1T◆
トレーシーが腰の張りを訴えたとは言え、依然としてノーアーチで打率も2割そこそこと、好調どころかどちらかと言えば不振にも拘わらず、何故か栗原を差し置いて4番に起用された岩本。だが、初回に回ってきた4番初打席で先制のタイムリーと期待に応える。広島は更に、3回には小窪,6回にはルパン広瀬のタイムリーで1点ずつ追加。8回には梵,東出の連続犠飛でダメを押した。篠田は7回を投げ、J.マッケンジーの一発による1点のみの好投で2勝目。一方、岩田はまたも3点以内に抑える最低限の投球を見せたものの、相変わらず、援護が貰えず、開幕3連敗。

◆M1−2Bs◆
ロッテは初回、一死満塁からサブローが押し出し四球を選んで労せずして先制。しかし、2回以降は立ち直ったフィガロの前に追加点を奪えず、スミ1状態。一方、偽バファローズは渡辺俊の前にに6回まで8残塁2併殺の大拙攻を繰り広げていたが、7回から内にスイッチすると、ティー岡田が同点タイムリー。9回には北川にタイムリーが飛び出し、ついに勝ち越し。最後は岸田がピンチを凌いで辛くも逃げきった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:53コメント(0)トラックバック(3) 

April 21, 2011

4/21澤村◆T1−3G◆
初登板では好投報われず、白星を逃したルーキー・澤村。この日は初回から満塁の走者を背負うなど、ピンチの連続ながら、あと一本を許さない。一方、岩田も5回まで散発2安打の好投を見せていたが、6回の満塁のピンチで寿司職人ラミレスにタイムリーを許し、ついに2点を献上。その裏、ブラゼルの二塁打で1点を返し、なおも一打同点のチャンスだったが、キュラソ星人,J.マッケンジーのベテランコンビがあえなく凡退。好調・俊介も打ち取られて、1点止まり。巨人は8回に長野のタイムリー二塁打でダメ押し。3人のリリーフを注ぎ込んで逃げきった。澤村は7回1失点でプロ初白星を飾った

◆S2−0D◆
名手・川相を退団させると言う愚行を犯し、開幕ダッシュに失敗している中日。既に、巨人のスタッフと化してしまった川相に頼る事は不可能な状況とあって、川井を先発起用。所詮、カワイであって、川相ではない川井は3回まで無失点と粘り強く投げていたものの、4回にバレンティンに2号2ランを被弾し、先制点を献上。この2点が致命的な決勝点となった。ヤクルト先発・館山は走者を出しても、3つの併殺を取るなど落ち着きを失わず、散発5安打完封で今季初白星。2試合連続完封負けの中日だが、壊滅的不振に見舞われていた新助っ人・グスマンに2安打が飛び出したのは明るい材料か。

◆YB8−11C◆
バリントン,清水の両先発が精彩を欠き、序盤から点の取り合い。3−3出迎えた6回、広島は丸,石原の連続タイムリー二塁打等、4連打で一気に3点を勝ち越し。その裏、ハーパーの3号2ランで追いすがられるが、7回に2点、8回に3点と横浜のリリーフ陣を打ち崩して、試合を決定付けた。9回に上野が炎上し、サファテを引っ張り出されたものの、大事には至らず、これで6連勝。

◆H8−3E◆
初回から内川のタイムリーで先制するも、2回に鉄平のタイムリー等であっさり逆転されたソフトバンク。しかし、3回に内川,ハマのスペランカーのタイムリーで追い付くと、4回にオーティズ,松田の連続アーチ等で一気に3点を勝ち越し。その後も着々と加点し、楽天を突き放した。先発・山田は7回を3失点で凌ぎ、開幕2連勝。

◆M7−1L◆
今季初登板のオツは2回までパーフェクトと上々の滑り出し…と思われたのも束の間、3回に今江,荻野貴のタイムリー等で3失点。7回にもピンチを作ってKOされると、代わった長田も岡田,井口にタイムリーを浴びて、致命的な4点を失った。初戦でKOされた渡辺俊だったが、この日は7回を投げて、許した得点は中島のソロアーチのみと言う散発2安打1失点の好投で今季初勝利。

◆Bs0−4F◆
初回のチャンスは逃した日本ハムだが、2回にトンガが待望の今季初アーチを放って先制。5回には田中の犠飛で1点を追加。終盤、相次ぐチャンスを逸したものの、9回に陽,糸井の連続タイムリーでダメ押しの2点を追加。先発・武田勝は7回を無四球無失点の快投。8回からは増井−武田久と繋いで完封リレーを決めた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:50コメント(0)トラックバック(7) 

October 06, 2010

10/6久保◆YB0−5T◆
横浜先発・加賀に対し、阪神は初回、鳥谷のヒット,マット・マートンの四球で一死一、二塁とするも、新井,キュラソ星人と打ち上げて、二者残塁。4回には一死から新井がヒットで出るも、続くキュラソ星人がピッチャーゴロゲッツーに倒れる最悪の展開。しかし、5回、先頭のブラゼルがレフトオーバーの二塁打を浴びせると、続くJ.マッケンジーがライト前へタイムリーを放ち、ようやく1点を先制。更に、坂がセンターオーバーの二塁打を放ち、二、三塁とすると、一死後、鳥谷がライト前へ弾き返して、二者生還。一方、走者を出してはゲッツーを食らい、5回まで3人ずつで攻撃終了してきた横浜は6回、先頭のカスティーヨがセンター前ヒットで出塁。しかし、武山,代打・北,石川と打ち取られ、結局、無得点。阪神は8回、新井のタイムリー二塁打,9回には坂の犠飛で1点ずつ加えて、ダメを押し、4連勝。先発・ソニックは三塁も踏ませぬ投球で横浜打線を寄せ付けず、散発4安打完封で14勝目をマークした

◆S2−0C◆
広島は初回二死二、三塁のチャンスを潰すと、3回二死二塁,4回二死二塁と得点圏に走者を進めても、あと一本が出ない。一方、ヤクルトも初回二死一、二塁のチャンスを逃したのを初め、2回二死一塁,3回二死満塁のチャンスを悉く逸する始末。拙攻合戦により、0−0の儘、迎えた5回、ヤクルトは一死から田中がレフトスタンドへ4号ソロを放り込み、ついに1点を先制。8回には田中,飯原,武内のヒットで二死満塁とすると、森岡が押し出し四球を選んで、貴重な1点を追加。先発の館山は走者を出しながらも、要所を締めて、今季4度目の完封で12勝目を飾った

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:25コメント(0)トラックバック(8) 

September 23, 2010

◆G2−5YB◆
制球に苦しみながらも1,2回と粘りの投球を続けていた巨人先発・ゴンザレスだが、3回、一死から石川に痛打されると、続くハーパーにライトスタンドへ18号2ランを被弾し、先制点を献上。2点を追う巨人は4回、二死から寿司職人ラミレス,阿部の連続二塁打で1点を返すと、更に、マッスル千代の富士がバットを折られながらも、セカンドの右をしぶとく破るタイムリーを放ち、同点。しかし、6回、ゴンザレスは二死から下園を歩かせると、カスティーヨにレフトスタンドへ勝ち越し19号2ランを被弾すると、8回には2番手・久保が村田にバックスクリーン右へ23号ソロを浴び、点差は3点に拡大。巨人は5回以降、全く快音が聞かれず、9回一死から寿司職人ラミレスが16人ぶりにヒットを放ったが、阿部,マッスル千代の富士と連続三振を喫して、万事休す。本拠地で一発攻勢を食らうと言う完全にお株を奪われた形で痛い星を落とし、1日で3位転落となった。横浜先発・大家は7回を無四球2失点の好投で7勝目をマーク

9/23マートン◆D1−6T◆
負ければ、中日にマジック点灯を許してしまう所まで追い詰められた阪神は初回、中日先発・吉見の制球難に付け込み、3四球を選んで二死満塁とすると、J.マッケンジーがレフト前へ先制の2点タイムリーを放ち、ナゴヤドームで31イニングぶりの得点をゲット。3回には一死から三塁打を放った鳥谷を新井がセンターへの犠飛で本塁へ迎え入れ、3点目。中日は4回、英智,ベンちゃんのヒットで一死一、二塁とするも、スタメンから外れたブランコに代わり、5番スタメン起用された小池がサードへのファールフライ。堂上直は三振に倒れて、二者残塁。6回、二死から川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに森野の21号ソロでようやく1点を返すと、ベンちゃんもヒットで続いたが、小池がサードライナーとまたもブレーキで1点止まり。突き放したい阪神は7回、マット・マートンが史上4人目のシーズン200安打となる17号ソロを叩き込むと、8回にもマット・マートンがタイムリー二塁打。更に、9回にはブラゼルにタイムリーが飛び出し、ダメ押し。その裏、5点のリードがありながら登板した守護神・藤川球が3人でピシャリと締め、中日のマジック点灯を阻止。1日で2位に再浮上となった。先発の能見は7回を無四球1失点に抑え、無傷の5連勝

◆C0−3S◆
ハーラーダービー独走体勢を整えたい広島先発・前田健は3回まで1安打無失点と上々の滑り出し。4回も簡単に二死を取ったが、ここでホワイトセルにライトスタンドへ先制15号ソロを被弾。7回には2四球で二死一、二塁のピンチを作ると、鬼崎にライト前タイムリーを浴び、更に、館山の内野安打に梵の悪送球が重なり、3点目を献上。広島は梵が3安打と一人で気を吐くも、7回まで4安打と沈黙。8回二死から木村の四球,天谷のヒットで一、二塁と一発同点の場面で主砲・栗原の打席を迎えるも、ピッチャーゴロに倒れ、二者残塁。ヤクルト先発・館山は9回も無難に抑えて、今季3度目の完封で11勝目を飾った

◆H9−3M◆
逆転優勝の可能性が大いに出てきたソフトバンクは初回、井口の16号2ランで先制を許すも、その裏、一死満塁からハマのスペランカーのタイムリー内野安打,ペタジーニの押し出し四球であっさり同点とすると、松田がレフトフェンス直撃の勝ち越し2点タイムリー二塁打を浴びせて、ロッテ先発・コーリーを早くもKO。続く長谷川が四球を選び、再び満塁とすると、二死後、川崎に2点タイムリー二塁打,本多に2点タイムリーが飛び出し、この回、大量8点のビッグイニングを形成。Aクラス死守の為にも、簡単には負けられないロッテは3回、井口の2打席連続17号ソロで3点目を挙げるが、後が続かず、4回以降はゼロ行進。一方、2回以降、散発2安打と沈黙していたソフトバンクだが、8回に川崎のタイムリーでダメ押しの9点目。ロッテは9回、3連打で無死満塁としたものの、後続を断たれて、ゲームセット。これで再び日本ハムに同率3位で並ばれる事でなった。ソフトバンクは5連勝でついに首位に浮上すると同時に、優勝マジック2が点灯。先発・和田は7回を3失点で切り抜け、トップタイの17勝目をマークした

◆L3−4E◆
片岡が右ふくらはぎ痛で今季絶望となった上、デーゲームでソフトバンクが勝ってしまい、よりプレッシャーのかかる西武はエース・涌井に全てを託すが、2回、山崎に27号ソロ,ルイーズに11号ソロと連続被弾で2点を献上。その裏、3四死球を貰うタナボタで押し出しの1点を返すが、なおも二死満塁のチャンスに片岡に代わって、1番に入った栗山がレフトフライに倒れて、三者残塁。直後の3回、楽天は一死から枡田,聖沢と連打を浴びせると、二死後、ルイーズが敬遠されて満塁となった所で中川がレフト前へ弾き返して、2点を追加。涌井はこの回限りで無念の降板となった。その裏、中島の20号ソロで1点を返した西武は6回、二死満塁と一打同点のチャンスを作るが、佐藤がセカンドゴロに倒れて、またも三者残塁。土壇場9回、西武はまたも二死満塁のチャンスを掴むと、フェルナンデスが押し出し四球を選んで、1点差。ワンヒットで逆転サヨナラと言う場面となったが、中村が三振に倒れて、あと一歩及ばなかった。これで西武はついに首位の座から陥落。マジックも自力優勝も消滅した。プロ初登板初先発となった菊地は西武の拙攻にも救われ、5回を2失点で踏ん張り、プロ初勝利

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:03コメント(0)トラックバック(20) 

August 27, 2010

◆C9−7G◆
初回にガッツの2試合連続28号ソロ,2回には当ブログ推奨助っ人・江戸川の12号ソロと一発攻勢で2点をリードした巨人だが、3回、二死満塁のチャンスを逸すると、その裏、梵,赤松,栗原のタイムリーで3点を返され、形勢逆転。1点を追う巨人は5回、一死からガッツが歩くと、寿司職人ラミレスが2試合連続42号2ランをぶち込んで、逆転に成功。続く6回には二死二塁から坂本がタイムリー二塁打を放ち、5点目を追加。その裏から山口−久保−越智と繋いで、9回から守護神・クルーンを投入する必勝リレーを展開するが、先頭の嶋に痛打されたクルーンは一死後、岩本にライトスタンドへ11号同点2ランを被弾し、延長に持ち込まれた。迎えた11回、巨人は一死から長野が内野安打で出ると、二死後、伏兵・古城がライトスタンドへ今季初アーチとなる2ランを放り込み、勝ち越しに成功。これで決まったかと思いきや、その裏から登板の野間口が乱調。代わりばな、いきなり岩本に2打席連続の12号ソロを被弾。一死後、連続四球で一、二塁のピンチを背負うと、二死後、天谷にライトスタンドへ6号3ランを叩き込まれて、悪夢の逆転サヨナラ負け。一時は勝ち越し弾を浴びた広島5番手・横山に3勝目が転がり込んだ。

◆YB3−2D◆
横浜は初回、先頭の内川がヒットで出ると、石川が送った所でハーパーがセンター前へ弾き返し、1点を先制。直後の2回、中日は一死から3連打で満塁とするも、堂上直,寝損と連続三振にたおれて、三者残塁。5回には二死二塁から荒木がレフト前ヒットを放つが、本塁を狙った二塁走者・谷繁がタッチアウト。しかし、6回、二死から森野が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにライトスタンドへ17号ソロを叩き込み、ついに同点。2回以降、再三のチャンスを潰してきた横浜はその裏、先頭のスレッジが26号ソロを放り込み、すかさず勝ち越しに成功。1点を追う中日は8回、二死二塁からベンちゃんがタイムリーを放ち、再び同点。試合はその儘、延長に突入した。10回一死満塁,11回一死一、二塁と相次ぐサヨナラのチャンスを逃した横浜だったが、負けがなくなった12回裏、この回から登板の守護神・岩瀬に対し、一死から山崎の二塁打,カスティーヨの敬遠で一、二塁のチャンス。ここで新沼がレフト前へタイムリーを放ち、サヨナラ勝ち。6番手・弥太郎は1回を3人で打ち取り、移籍初白星。

◆S6−0T◆
阪神先発・メッセンジャーは3回までパーフェクトと素晴らしい立ち上がり。4回も簡単に二死を取るが、ここで飯原を歩かせ、初の走者を許すと、続くホワイトセルにライトスタンドへ13号2ランを叩き込まれて、先制点を献上。6回には一死二塁から飯原に13号2ランを浴び、この回限りで無念のKO。ヤクルトは8回にも死球の青木を田中が送った所で飯原がタイムリー三塁打,ホワイトセルがタイムリーを放ち、ダメ押しの2点を追加。投げては先発・館山が二塁も踏ませぬ好投で2試合連続無四球完封を飾り、8勝目をマークした

8/27多村◆H4−2M◆
同率首位で迎えた3連戦、先手を取ったのはソフトバンク。初回、川崎のヒット,小久保の四球で二死一、二塁とすると、ハマのスペランカーがレフトスタンドへ21号3ランを叩き込み、3点を先制。3回までパーフェクトの快投を展開したいたソフトバンク先発・山田は4回、突如制球を乱し、内野安打と2四死球で無死満塁のピンチを背負うと、金には押し出し四球。なおも満塁の場面でフクーラをゲッツーに仕留めるも、この間に三塁走者・清田の生還を許して、1点差。続く今江も歩かせ、一、三塁とピンチを広げたが、大松をセカンドライナーに打ち取り、同点を阻止。その裏、ソフトバンクは一死から川崎,本多と連打を浴びせると、二死後、小久保がライト前へタイムリーを放ち、4点目。直後の5回、山田は一死満塁のピンチを迎え、勝利投手の権利まであと2人と迫りながら、無念の降板。ここで代わった森福は井口,金の3,4番を退けて、ピンチ脱出。7回からは摂津−ファルケンボーグ−馬原と繋ぐ必勝リレーが決まり、単独首位に躍り出た。5回のピンチを切り抜けた森福はプロ初勝利

◆L3−11E◆
楽天は初回、二塁打の聖沢が暴投で三進すると、鉄平に犠飛で先制のホームイン。続く2回にはルイーズが歩いた後、中村紀がレフトスタンドへ13号2ラン。4回には嶋のタイムリーで1点を追加すると、5回には一死一、三塁から山崎の犠飛,ルイーズのタイムリーで2点を加え、西武先発・平野をKO。更に、中村紀が歩いた後、草野,嶋と連続タイムリーを放ち、この回一挙5点。その裏、西武はフェルナンデスの6号ソロ等で3点を返すが、直後の6回、楽天は二死満塁から草野が2点タイムリーを浴びせて、試合を決定付けた。先発・永井は5回3失点で降板したが、4人のリリーフを仰いで、8勝目を挙げた。西武は最下位・楽天にまで完敗を喫し、7連敗。

◆Bs3−3F◆
2回にソロアーチを打ち合って迎えた3回、日本ハムは一死から田中,劇団ひちょりの連打で一、三塁とした所で稲葉のサードゴロの間に勝ち越しに成功。1点を追う偽バファローズは4回、一死から二塁打のカブレラをティー岡田のセカンドゴロで三塁へ進めると、北川がセンター前へ同点タイムリー。直後の5回、日本ハムは二死二塁から小谷野のタイムリーで三たび勝ち越すが、粘る偽バファローズは6回、一死三塁からバルディリスの犠飛でまたまた同点。日本ハムは8回一死満塁のチャンスに代打・今浪,飯山と連続三振。9回にも一死二塁のチャンスをモノに出来ず、延長もつれ込んだ。両軍共に満塁のチャンスを潰すなど、決め手を欠き、結局、12回規定でドローに終わった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:11コメント(0)トラックバック(16) 

August 20, 2010

8/20阿部◆G12−5T◆
4戦で僅か14安打と言う壊滅的貧打に陥っている巨人打線だが、右ふくらはぎに打球を食らって欠場が続いていた阿部が痛みを押して1週間ぶりにスタメン復帰するや、完全に息を吹き返した。初回、一死から9試合ぶりにスタメン起用された松田記者,ガッツ,寿司職人ラミレスの3連打で早くも先制点を挙げると、二死後、当ブログ推奨助っ人・江戸川にもタイムリーが飛び出し、2点目。2回に林のタイムリーで1点を返されるが、その裏、一死一塁から坂本が23号2ラン。4回に代打・桜井のタイムリーで2点差とされるも、5回、寿司職人ラミレスが39号ソロ,阿部が36号と連続アーチを叩き込むと、更に、J.マッケンジーのタイムリーエラーでこの回3点。3戦連続2桁得点と好調の阪神打線は6回、代打・関本のタイムリー,マット・マートンの犠飛で2点を返し、更に、平野が二塁打で続き、二、三塁とチャンスを広げるが、鳥谷が三振に倒れて、二者残塁。巨人は後半になっても攻撃の手を緩めず、その裏、寿司職人ラミレスのタイムリーで1点を追加すると、7回には坂本がタイムリー。そして、8回には当ブログ推奨助っ人・江戸川の11号2ランでダメ押しの12点目。先発のゴンザレスは5回2失点で降板と不本意な内容ながら、打線の援護に恵まれて、約3ヶ月ぶりとなる4勝目をマーク。貧打に喘いだ鬱憤を晴らす16安打12得点の猛攻で連敗をストップさせた巨人は一夜で2位再浮上となった。

◆D0−3S◆
ナゴヤドームで破竹の快進撃を続けている中日だが、この日はヤクルト先発・館山の前に3回まで無得点と苦しい展開。先発の寝損は3回までノーヒットと館山を上回る立ち上がりを見せていたが、4回二死一塁から相川,ユウイチと連打を浴びて、先制点を献上。5回には先頭の青木に10号ソロを被弾すると、6回には野口に二塁打,ユウイチに死球を許して、一死一、三塁のピンチを作った所で降板。2番手・小林正も代わりばな川端に犠飛を打ち上げられて、3点目を献上。館山は散発4安打無四球と三塁も踏ませぬ素晴らしい投球で今季初完封の7勝目。中日の連勝は7でストップ。本拠地の連勝も12で止まり、一夜で3位に逆戻りとなった。

◆C3−4YB◆
3回まで4安打3四球と塁上を賑わせながら、攻めあぐねていた横浜だが、4回、先頭の稲田が四球で歩くと、一死と、加賀の犠打が野選を誘い、一、二塁となった所で内川が先制のタイムリー二塁打。続く5回には先頭の村田がレフトスタンドへ20号ソロを叩き込み、1点を追加。しかし、その裏、広島は二死から天谷が四球を選ぶと、続く岩本が羅致すタンドへ7号同点2ラン。更に、石原,代打・木村,東出と3連打を浴びせて、勝ち越しに成功。1点を追う横浜は7回、下園の内野安打,稲田の二塁打で二死二、三塁とすると、途中から守備に入っていた黒羽根がセンター前へ2点タイムリーを浴びせて、逆転に成功。その裏、広島は二死一、三塁と一打同点のチャンスを掴むが、梵がショートゴロに倒れて、無得点。8,9回は三者凡退に終わり、3連敗。横浜3番手・篠原は打者一人を打ち取っただけで2勝目が転がり込んだ

◆E2−5H◆
ソフトバンクは初回、一死から内野安打で出た本多が二盗を決めると、二死後、小久保がタイムリー内野安打を放ち、1点を先制。3回には一死から本多のヒット,松田の四球で一、二塁とした所でまたも小久保がレフトスタンドへ13号3ランを叩き込み、4点目。3回まで毎回走者を出しながら、あと一本が出ずにいた楽天は4回、先頭のルイーズがレフトスタンドへ8号ソロを放り込み、ようやく1点。1−4で迎えた6回、ソフトバンクは二死から江川が三塁打を浴びせると、中村紀のタイムリーエラーで5点目を追加。7回に本多のタイムリーエラーで1点を返されるが、8回からはファルケンボーグ−馬原と繋ぐ必勝リレーで楽天の反撃を断ち切った。先発の山田は6回0/3を自責点1で食い止める粘りの投球で4勝目

◆F5−4L◆
本ハム先発・ダルビッシュはいきなり5者連続三振を奪うなど、2回までに6つのアウトを全て三振で取る圧巻の立ち上がり。その裏、トンガの9号ソロで先制点を貰うと、6回まで無失点投球を続けていたが、7回、一死からブラウン,大島,高山と3連打を浴びて、同点とされると、二死後、浅村に勝ち越しタイムリー,片岡に走者一掃のタイムリー三塁打を浴び、この回4失点。西武は9回から守護神・シコースキーを投入し、逃げ切りを図るが、日本ハムは糸井,あの男と連打を浴びせると、二死後、飯山が今季初アーチとなる値千金の同点3ランをぶち込んで、試合は延長に突入。迎えた10回、日本ハムは一死から小谷野,糸井の連打で一、二塁とすると、高口がタイムリー二塁打を放ち、サヨナラ勝ち。2番手・菊地は1回を3人で退け、今季初白星。

◆M3−1Bs◆
成瀬,木佐貫の両先発が無難な立ち上がりを見せ、3回まで両軍無得点。迎えた4回、ロッテは先頭の今江,井口の連打で二、三塁とすると、一死後、フクーラがセンター前へタイムリーを放ち、2点を先制。続く5回には四球の清田がカブレラの悪送球で二塁へ進むと、二死後、井口がライト前へタイムリーを放ち、3点目。直後の6回、偽バファローズは一死から大引が二塁打を放つと、二死後、下山がライトフェンス直撃のタイムリー三塁打。しかし、続く後藤はライトフライに倒れて、1点止まり。8回には一死二塁から大引のサードゴロを今江がエラー。しかし、一塁へ送球の間に二塁走者のフェニックスが三塁を欲張り、タッチアウトとなる大チョンボ。続く坂口が死球を食らい、ロッテ先発・成瀬をKOするが、代わった小野の前に下山がセカンドゴロに倒れて、二者残塁。9回も守護神・小林宏に対し、二死からティー岡田,バルディリスと連打を浴びせるが、代打・カラバイヨがサードゴロに終わり、ゲームセット。成瀬は7回2/3を投げて、1失点の好投で2年連続の10勝目

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:57コメント(0)トラックバック(13) 

June 23, 2010

◆S4−3G◆
ヤクルト先発・館山は初回、いきなり連打で無死一、三塁のピンチを背負うと、脇谷が二盗した際に暴投をかまして先制点を許すと言う、まるで昨夜の村中の再現の様な嫌な立ち上がり。更に、マッスル千代の富士の内野ゴロの間にも脇谷の生還を許して、2失点。ヤクルトは2回、先頭の武内がライトスタンドへ4号ソロを叩き込み、1点差。巨人は4回、二死から好調・阿部が22号ソロを叩き込み、再び点差は2点に拡大。しかし、その裏、ヤクルトは連続四死球で貰ったチャンスに相川,宮本と連続タイムリーで同点とし、巨人先発・西村健をKO。更に、二死満塁とした所で福地はショートゴロに倒れるも、坂本からの送球をマッスル千代の富士が落球するタイムリーエラーにより、タナボタの勝ち越し点をゲット。巨人は5回に坂本がヒットで出た以降はノーヒットと沈黙し、最後まで1点が届かなかった。館山は6回を3失点で4勝目

◆D4−2YB◆
ゴーグルで照明の光を反射させ、打者の目を眩ませると言う卑劣極まりない手段でもかましでもしなければ、とてもプロでは通用しない三流投手と言う悪夢の様なレッテルを貼られる水島の呪いに苛まれ続けている中日先発・山井は3回にカスティーヨに7号ソロを被弾し、先制点を献上。横浜先発のルーキー・加賀の前に5回まで僅か2安打、しかもいずれもゲッツーで殺してしまう有様で二塁も踏めずにいた中日は6回、二死から山井,荒木の連続二塁打でようやく追い付くと、続く7回には川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに森野が2戦連発10号ソロをぶち込んで、勝ち越し。更に、続くベンちゃんも川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに19号ソロを放り込むと、二死後、弟の代打として起用された兄・堂上剛の二塁打,谷繁のタイムリーで4点目。9回、守護神・岩瀬は連打を浴びて、1点を返されたものの、後続を断って、史上単独2位iに躍り出る通算253セーブ目。ゴーグルによる目眩ましをしなくても、7回1失点の好投を見せた山井は2勝目をあげた。

◆C4−9T◆
スタルツ,スタンリッジと助っ人同士の先発対決となったこの試合。阪神がスタルツの出鼻をくじき、マット・マートンのタイムリーで先制すると、2回には2四球で二死一、二塁とした所で鳥谷,平野,マット・マートンと3連打を浴びせて、3点を追加。一方、広島は4回、梵のヒットと連続四球で無死満塁とすると、ルパン広瀬,赤松と連続犠飛を打ち上げて、2点を獲得。7回に1点ずつ取り合って迎えた8回、広島は一死二塁からルパン広瀬がタイムリー二塁打を放ち、1点差。なおも一打同点の場面だったが、赤松,石井タクローと連続三振に斬って取られて、同点ならず。ピンチを脱した阪神は直後の9回、5長短打を集中して、4点を奪い、試合を決定付けた。スタンリッジは6回を2失点で切り抜け、3勝目をマーク

6/23高橋秀◆H3−9F◆
先発陣が踏ん張れない試合の続いているソフトバンク。この日も先発・高橋秀が初回からいきなりの3連打で先制を許すと、小谷野の犠打の後、糸井,高橋の連打を浴びて、この回3失点。3回にも1点を失うと、4回には一死一、三塁のピンチを作って、あえなくKO。2番手・金沢も代わりばな四球を出して、満塁とピンチを広げた挙げ句、稲葉,小谷野と連続タイムリーを浴びた上、糸井には7号2ランを被弾し、この回大量5失点。。その裏、ソフトバンクは松中の5号ソロ,ペタジーニの3号2ランで3点を返し、更に、3連打を浴びせるが、二塁走者・オーティズが本塁憤死すると、後続2人も打ち取られ、3点止まり。結局、ソフトバンクのチャンスはこれが最初で最後。5回以降は僅か1安打に抑え込まれての完敗で泥沼の6連敗。日本ハム先発の矢貫は4回途中KOとなったが、後を継いだ榊原が2回2/3を無失点の好リリーフで3勝目をあげた

◆E10−8L◆
西武は初回、ブラウンのライトポールを直撃する14号3ランで先制。その裏、嶋の犠飛で1点を返した楽天だが、直後の2回に原にタイムリーを浴び、3回にルイーズのタイムリーで1点を返すと、またも直後の4回に中島にタイムリーを許し、一向に点差が縮まらない。3点ビハインドの儘、迎えた6回、楽天はこの回から代わった大沼に対し、一死から連打を浴びせると、二死後、嶋がライト前へタイムリー。更に、鉄平が歩いた後、4番手・小野寺から中村が同点2点タイムリー。更に、山崎のサードゴロが黒瀬の悪送球を誘い、勝ち越すと、ルイーズ,高須と連続タイムリーが飛び出し、この回大量7点のビッグイニングを形成。続く7回には鉄平のタイムリー三塁打で10点目。西武は8回に2点、9回に1点を返し、2点差まで追い上げたが、僅かに及ばず、連勝は4でストップ。楽天2番手の青山は2回1/3を無失点に抑え、今季初勝利

◆M−Bs◆
降雨中止。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:41コメント(0)トラックバック(17) 

June 09, 2010

◆Bs2−9G◆
巨人の先発はゴンザレスの不調により、育成選手から引き上げた謎の新助っ人・黄。初回にガッツのタイムリー二塁打,阿部の犠飛で2点、2回には亀井の3号ソロにガッツ,寿司職人ラミレスの連続タイムリーで3点と早々5点のリードを貰った黄は3回まで2安打無失点とまずまずの滑り出しを見せるが、4回、一死一、二塁のピンチで北川にタイムリー二塁打を浴びた所であっさり降板を強いられるほろ苦いデビュー戦となった。2番手・星野は続く日高のセカンドゴロの間に1点を失うが、早くも登場した3番手・久保がフェニックス一輝を打ち取り、勢いに乗りかけた偽バファローズを何とか食い止める。3回以降1安打と辺りが止まっていた巨人だが、8回、二死から連続四球で一、二塁とした所でマッスル千代の富士に走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、2点を追加。9回には阿部の17号ソロ,亀井のこの日2発目となる4号ソロと一発攻勢で試合を決定付けた。3回1/3を無失点に抑える好リリーフを見せた久保に4勝目がついた

◆H4−3YB◆
初回、ソフトバンクは2死球1四球とノーヒットで二死満塁のチャンスを掴むと、ペタジーニ,長谷川の連続タイムリーで3点を先制。3点を追う横浜は4回、先頭の村田が10号ソロを叩き込み、まず1点。6回には二死二、三塁からカスティーヨが走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、一気に同点。追い付かれたソフトバンクは再三のチャンスをモノに出来ず、試合は3−3の儘、延長に突入。迎えた10回、9回から続投の3番手・真田に対して、先頭打者として打席に入ったペタジーニが出戻り初アーチをぶち込み、ソフトバンクが劇的なサヨナラ勝ち。5番手の馬原に2勝目がついた。

◆E4−1D◆
0−0で迎えた4回、楽天は3四球で二死満塁のチャンスを拾った所で嶋がレフト前へ先制の2点タイムリー。更に、続く渡辺直も走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、この回4点。一方、中日は5回まで毎回走者を出しながら、残塁を量産するばかりで、6回にはとうとう三者凡退。7回に川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに新井の今季初アーチが飛び出すが、後が続かない。8回には先頭の森野がヒットで出るも、一死後、ベンちゃんがゲッツー。9回も一死からから藤井が内野安打で出た後、新井がゲッツーに倒れる拙攻三昧で万事休す。楽天先発・永井は8回を1失点に抑え、4勝目をマークした

◆M2−2C◆
DHが使えると言うのに、ロッテの先発が左の成瀬だからと、相手投手の右左などと言った些末な次元を遙かに超越した求道者・前田をスタメンに起用しないと言う暴挙に出た広島は3回までパーフェクトに抑え込まれる体たらく。しかし、4回、一死から梵がライト前へチーム初安打を放つと、二死後、栗原がライトスタンドへ7号2ランを放り込み、先制。8回まで散発3安打無失点と完封ペースの快投を見せていた広島先発・前田健だったが、土壇場9回、先頭の西岡に内野安打を許すと、二死後、金を歩かせ、一、二塁とこの日初めてのピンチ。ここで大松に走者一掃の同点タイムリー二塁打を浴び、試合は延長へなだれ込んだが、両軍決め手に欠き、結局、12回規定でドローに終わった

6/9涌井◆L2−1T◆
西武先発・涌井に対して、阪神は初回、先頭の鳥谷がいきなり二塁打を浴びせると、平野のセカンドゴロの間に三進。ここでマット・マートンがライト前へ弾き返して、鳥谷が先制のホームイン。阪神先発・フォッサムの前に4回まで2安打と沈黙していた西武は5回、二死から阿部が歩くと、片岡が同点のタイムリー三塁打。続く6回には二死走者なしから四球と連打で満塁とするも、細川が打ち上げて、勝ち越しならず。1−1の儘、迎えた土壇場9回、西武は先頭のG.G.佐藤が四球を選ぶと、一死後、原が送って、二死二塁。ここで片岡がレフト前へタイムリーを放ち、サヨナラ勝ち。立ち上がりに失敗した涌井だが、2回以降は散発2安打と付け入る隙を許さず、1失点完投でハーラートップタイの8勝目


◆F1−6S◆

1,2回と得点圏に走者を進めながら、あと一本が出なかったヤクルトだが、3回、一死から青木のヒット,田中の四球で一、二塁とるすと、ガイエルがライト前へ先制タイムリー。更に、デントナがヒットで繋いで満塁とした所で飯原がレフトスタンドへ3号グランドスラムをぶち込んで、この回一挙5点。追いかける日本ハムはその裏、一死から連打を浴びせるも、劇団ひちょりがセカンドゴロゲッツー。4回には3連打で1点を返し、なおも無死一、二塁のチャンスで「恐怖のゲッツー量産マシン」の名を欲しい儘にするあの男が本領発揮のサードゴロゲッツー。続く佐藤も倒れて、結局、1点止まり。すると、直後の5回、ヤクルトは一死二、三塁からまたも飯原にタイムリーが飛び出し、点差は再び5点に拡大。日本ハムは以降も塁上を賑わせるが、詰めが甘く、追加点を奪えず、最後は守護神・林の前に三者三振に斬って取られ、ゲームセット。ヤクルト先発・館山は8回で11安打を浴びながらも1失点で切り抜ける粘りの投球で3勝目

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:10コメント(0)トラックバック(10) 

October 18, 2009

10/18 荒木◆D3−2S◆(日韓クラブチャンピオンシップ出場権争奪戦出場権争奪戦)
吉見,館山と最多勝のタイトルを分け合った二人の投げ合いとなったこの試合。負ければ、日韓クラブチャンピオンシップへの道が断たれる中日は初回、先頭の井端がライト線へ二塁打。しかし、荒木はヘッポコバントをかました挙げ句、中途半端なスイングで三振に倒れる体たらくで川相不在の弊害を露呈。続く森野が歩いて、一、二塁となった所でブランコは最悪のショートゴロゲッツー…と思いきや、これを鬼崎がお手玉するツキに恵まれ、満塁とチャンス拡大。ここでベンちゃんはショートゴロに倒れるも、辛くもゲッツーは免れ、この間に井端が先制のホームイン。先手を取られたヤクルトは直後の2回、二死走者なしから、先制のきっかけとなったエラーをかました鬼崎が汚名返上のレフト前ヒットを放つと、続く川本が左中間スタンドへ2ランを放り込み、一気に逆転。しかし、その裏、中日は一死から、昨日は大ブレーキだった谷繁が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにレフトスタンドへソロアーチを叩き込み、試合は振り出しに。2−2で迎えた4回、ヤクルトは一死からデントナのヒット,ガイエルの四球で一、二塁とするも、鬼崎がセカンドゴロゲッツーに倒れて、無得点。ピンチを切り抜けた中日はその裏、先頭のベンちゃんが左中間フェンス直撃の二塁打を浴びせると、一死後、藤井のファーストゴロをデントナが弾いて、オールセーフの一、三塁。しかし、谷繁,吉見と連続三振に斬って取られて、二者残塁。続く5回にはまたも先頭の井端が内野安打で出ると、荒木が今度はきっちり送って、一死二塁。しかし、森野,ブランコの3,4番があえなく凡退し、またも無得点。一方、ヤクルトも6,7回と先頭打者が出塁し、犠打で二塁へ進めながら、悉く後続を断たれて、一向に勝ち越し点を奪えない。その裏、中日は先頭の谷繁がセンター前にポトリと落ちる幸運なヒットで出ると、代打を送られる事なく打席に入った吉見が送って、一死二塁。井端が倒れて、二死となったものの、ここで荒木がセンター前へタイムリーを放ち、ついに勝ち越しに成功。館山はここでKOとなった。1点を追うヤクルトは8回、二死からサードゴロに打ち取られた宮本が森野の悪送球で出塁。改めて川相不在の重さを痛感し、動揺を隠せない吉見は続く青木に対し、ボールを3つ続けて、カウント0−3。しかし、ここで青木は何を血迷ったか、4球目に簡単に手を出した挙げ句、ピッチャーゴロに倒れ、崩れかけていた吉見を助けてしまう有様。土壇場9回、吉見に代わって、まずは登場した浅尾がデントナを空振り三振に斬って取ると、ここでようやく守護神・岩瀬が登場。これに対し、ガイエルが四球を選んだものの、代打・畠山がセカンドゴロでこの日チーム3個目のゲッツーを食らい、ゲームセット。これで1勝1敗の五分となり、決着は明日の第3戦に持ち越された。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:11コメント(0)トラックバック(23) 

October 08, 2009

10/8 館山◆S5−0T◆
連勝すればAクラスが確定するヤクルト・阪神最後の2連戦。立ち上がりからピリッとしない安藤に対し、ヤクルトは初回、二死満塁のチャンスを逸すると、続く2回にも二死二塁で無得点。しかし、3回、一死から宮本がライト線へ二塁打を放つと、青木のサードゴロを捌いた新井が一塁へ悪送球を犯し、タナボタの先制点をゲット。二死後、ユウイチがライトオーバーのタイムリー二塁打を放ち、この回2点。6回には先頭の青木がヒットで出ると、ガイエル,ユウイチは連続三振に倒れるも、伏兵・川本がレフトスタンドへ3号2ランを叩き込み、2点を追加。7回には一死から連続内野安打で一、三塁とすると、宮本のショートゴロの間にダメ押しの5点目。先発・館山は散発5安打完封でハーラーダービートップタイに並ぶ16勝目。ヤクルトは阪神と入れ替わりで3位に浮上。明日、阪神を下せば、3年ぶりのAクラスが確定する。

◆Bs11−1F◆
1,2回と一死二塁のチャンスを逃した偽バファローズだが、3回、二塁打の山崎浩が坂口のセカンドゴロで三進した所で大村がライト前へ先制タイムリー。この後、2つの四球で二死満塁とすると、日高も四球を選んで、押し出しで1点を追加。続く4回には四球とエラーで貰ったチャンスに北川,後藤と連続タイムリーを浴びせて、3点を追加。5回に1点を返されるも、6回、無死満塁から北川の押し出し四球,後藤のゲッツー,稲田のタイムリーエラーで3点を加えると、更に、日高,阿部の連打で9点目。7回にも北川の犠飛,下山のタイムリーで2点を加え、点差は10に拡大。8回からは菊地原−ボーグルソン−香月−加藤−大久保−川越と、6人のリリーフが1人抑えては即交代する6人6殺と言うファンサービスになってるんだかなってないんだか分からない複雑怪奇な継投で逃げ切った。先発の岸田は7回を自責点0の好投で初の2桁勝利に到達した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:28コメント(0)トラックバック(18) 

September 25, 2009

◆G3−2C◆
チームの優勝は決まったが、個人的な目標として4年連続2桁勝利を目指す内海が先発登板。2回に満塁のピンチを背負いながらも切り抜け、3回まで無失点と踏ん張っていたが、4回、マクレーンに16号ソロを被弾し、先制点を与えると、続く5回にはガッツのエラーに足を引っ張られた後、天谷にタイムリーを許し、2点目を献上。何とか内海を援護したい巨人は6回、先頭の坂本がセンターオーバーの二塁打。続く松本が送りバントを仕掛けると、坂本は打球を処理して飛び出した石原の代わりにルイスがベースカバーに入っていないと見るや、一気に本塁を陥れる好走塁。続く7回には二死走者なしから阿部が30号ソロを叩き込み、ついに同点。更に、8回には内海の代打・古城がヒットで出ると、代走・鈴木がすかさず二盗。ここで坂本が犠打を決めると、代打・大道のショートゴロが野選を誘い、勝ち越しに成功。土壇場9回、クルーンが登録抹消となった事で最後を任された豊田はいきなり石原に痛打されると、二死後、天谷を歩かせ、一、二塁のピンチ。しかし、最後はフィリップスを三振に斬って取り、辛くも逃げ切り。内海は粘りの投球で8回を2点に抑え、4年連続2桁勝利へリーチをかけた

◆D2−5T◆
0−0の儘、迎えた4回、阪神は先頭の平野が二塁打で出塁。鳥谷,キュラソ星人と倒れたものの、新井がレフト前へ弾き返して、1点を先制。続く5回にはブラゼルのヒット,桜井の死球の後、狩野が送ると、能見,浅井と連続タイムリーを浴びせて、2点を追加。更に、6回には二死一、二塁からまたも能見がタイムリーを放ち、4点目。中日先発・吉見はこの回限りでKOとなった。中日は7回、二死一、二塁から代打・ピンキー井上が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、ようやく2点を返すが、追い上げムードに水を差すかの様に9回に小林正が押し出し四球で5点目を献上。最後は藤川の前に3人で攻撃終了となった。能見は7回2失点で11勝目。打っても2安打2打点の活躍で3位死守に貢献した。尚、この日、ピンキー井上が今季限りでの現役引退を表明した。

9/25 館山◆S5−2YB◆
1ヶ月白星から遠ざかっている館山はこの日も立ち上がりからピリッとせず、初回2本のヒットで一死一、三塁のピンチを背負うと、村田のファーストゴロの間に先制点を献上。4回には一死一、二塁から吉村にタイムリーを浴び、2点目を献上。横浜先発・ランドルフの前に3回までノーヒットに抑え込まれていたヤクルトは4回、宮本,青木と連打を浴びせると、畠山が送った所でガイエルが走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、一気に同点。続く5回には館山が自らヒットを放ち、口火を切ると、一死後、田中が4号2ランを叩き込み、勝ち越しに成功。更に、6回にも相川のタイムリーで5点目を追加。館山は尻上がりに調子を上げていき、中盤以降は追加点を許さず、今季4度目の完投でハーラートップタイに並ぶ15勝目をマーク。敗れた横浜は今季の最下位が確定した。

◆H0−0F◆
日本ハムは初回にゲッツーでチャンスを潰したのを初め、2回無死一、二塁,4回無死二塁,5回一死二塁と再三再四のチャンスを悉く逃してしまう拙攻三昧。一方、ソフトバンクも日本ハム先発・藤井の前に6回まで3安打と沈黙するなど、一向に先手を取れない。0−0の儘、迎えた8回、ソフトバンクは一死から川崎の四球,オーティズの二塁打で二、三塁とすると、小久保が敬遠されて満塁のチャンス。しかし、松中,ハマのスペランカーと立て続けに内野フライを打ち上げて、三者残塁。土壇場9回にも一死一、二塁と一打サヨナラのチャンスを作るが、本多が最悪のピッチャーゴロゲッツーを食らい、試合は延長に突入。馬原−水田と繋いで、12回まで無失点と日本ハムの攻撃を凌ぎ、この試合の負けがなくなったソフトバンクは12回裏、二死一、三塁と最後のチャンスを掴んだものの、小久保が三振に倒れ、結局、両軍無得点の儘、ドローに終わった。

◆L7−1E◆
球団創立初優勝が視界に入ってきた楽天は田中を先発に立てる必勝体制で臨んだが、肝心の田中が精彩を欠く投球で初回から中村に43号2ランを被弾し、2失点。2,3回はヒットを浴びながらも切り抜けたが、4回、先頭の礒?に痛打された後、G.G.佐藤に23号2ランを被弾。6回には二死走者なしから片岡,栗山,中島と3連打を浴びて、5点目を失い、無念のKO。西武は8回に栗山のタイムリーでダメ押しの2点を追加。投げては楽天キラーの先発・帆足が1失点完投で9勝目をあげ、Aクラス浮上へ望みを繋いだ。

◆M6−0Bs◆
塁上を賑わせながら、なかなかあと一本が出ずにいたロッテだが、5回、一死二塁から塀内のタイムリーでようやく先取点をゲット。続く6回には連打と四球で無死満塁とすると、今江のタイムリー,角中の押し出し四球で2点を追加。なおも満塁の場面で早坂,西岡と連続犠飛を打ち上げて、この回4点。偽バファローズ先発・岸田はこの回限りで降板となった。ロッテは続く7回にも大松のタイムリーでダメ押しの6点目。先発・成瀬は散発2安打12三振と偽バファローズ打線を全く寄せ付けず、2年ぶりの完封で11勝目をあげた

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:38コメント(0)トラックバック(6) 

August 19, 2009

◆G4−0YB◆
巨人先発・東野は3回まで1安打無失点と上々の立ち上がり。打っては3回の第1打席で自ら二塁打を放って、口火を切ると、二死二、三塁となった所でガッツがレフト前へタイムリーを放ち、2点を先制。続く4回には亀井,松田記者の連打で二、三塁とすると、一死後、古城がライト前へ2点タイムリーを放ち、4点目。東野は中盤以降も安定した投球で横浜打線に付け入る隙を許さず、9回からは山口が2安打を浴びながらも、得点を許さず、完封リレーを達成。東野は8回を3安打無失点で6勝目。巨人は4年連続で対横浜の勝ち越しを確定させた。

8/19 ブラウン◆C3−9D◆
一発依存症,タイムリー欠乏症に苛まれ続けている中日は2回、ブランコの二塁打,李の四球で一死一、二塁とすると、藤井が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに10号先制3ラン。続く3回には井端,荒木と連打を浴びせるも、森野がゲッツーでチャンスを潰し、4回にも先頭のベンちゃんがヒットで出るも、後続3人があえなく凡退と、相変わらず、一発が出ないと如何ともしがたく、一向に追加点を奪えない。川相不在の重さを痛感しながらも、粘り強く投げていた先発・あちゃくらさんだが、6回、先頭の末永を振り逃げで出してしまうと、一死後、栗原に16号2ランを被弾し、1点差。二死後、天谷に痛打された所で無念のKOとなった。代わった河原も小窪,代打・喜田と連打を許し、試合は振り出しに。追い付かれた中日は8回、森野の四球,ブランコのヒットで一、三塁とすると、ベンちゃんがタイムリーを放ち、勝ち越し。更に、この後、藤井がタイムリー、代打・立浪が2点タイムリー、荒木が2点タイムリー二塁打と、嘘の様に打線が繋がり、一挙6点のビッグイニングで試合を決定付けた。1回を無失点に抑えた3番手の高橋に2勝目がついた

◆S4−2T◆
初回、ヤクルトは一死から3連打で満塁とすると、飯原が死球を食らって、タナボタの押し出しで先制。なおも満塁の場面だったが、野口がセカンドゴロゲッツーに倒れて1点止まり。マメを潰して、離脱していた館山は12日ぶりの先発となったが、先制点を貰った直後の2回、一死からブラゼル,葛城イクロー,狩野と3連打で追い付かれると、4回には一死一塁からまたも狩野にタイムリー二塁打を浴び、勝ち越し点を献上。2回以降、打線沈黙となっていたヤクルトは7回、先頭の野口がヒットで出ると、田中の犠打が野選を、相川の犠打がエラーを誘い、無死満塁のチャンス。館山の代打・吉本はサードゴロに倒れるが、続く川島慶が押し出し死球を食らって同点。更に、福地の犠飛で勝ち越すと、暴投でもう1点を加え、この回3点。直後の8回、代打を出された館山に代わる五十嵐に対し、阪神は一死満塁と一打同点のチャンスを作るが、葛城イクローがセカンドゴロゲッツーに倒れる最悪の展開で無得点。ピンチを脱したヤクルトは9回から守護神・林を投入し、逃げ切った。館山は7回2失点でハーラー単独トップの13勝目。阪神先発・岩田は無四球完投を果たしたが、守備に足を引っ張られ、打線の援護も貰えず、自責点1ながら、3敗目。

◆H2−9L◆
ソフトバンク先発・藤岡に対し、西武は初回、中村の36号2ランで2点を先制。その裏、オーティズのタイムリーで1点を返されるも、3回に二死満塁から礒?が押し出し四球を選んで、1点を追加。続く4回には一死一、二塁から片岡が10号3ランを叩き込み、6点目。ソフトバンクはその裏、先頭の田上が17号ソロを放り込むも、後が続かない。以降も走者を出しながら、あと一本が出ないソフトバンクを尻目に、西武は8回、片岡がタイムリーを放つと、9回にもダメ押しの2点を追加。先発の石井一は7回1/3を2失点で6勝目。西武は試合のなかった楽天と入れ替わり、一夜で3位に浮上した。

◆F−E◆
降雨中止。

◆M2−6Bs◆
0−0で迎えた3回、偽バファローズは先頭の小瀬がヒットで出ると、鈴木の犠打で二進。坂口がヒットで繋いで、一、三塁となった所で阿部がレフト前へ先制タイムリー。なおも一、二塁のチャンスだったが、カブレラがサードゴロゲッツーを食らって、追加点ならず。6回にも一死満塁と絶好のチャンスを作ったが、今度はフェルナンデスがショートゴロゲッツーに倒れ、無得点。ロッテもその裏、二死から三者連続出塁で満塁とするが、里崎がセンターへ打ち上げて、三者残塁。直後の7回、偽バファローズ一死から大引,小瀬と連打を浴びせると、二死後、坂口が走者一掃のタイムリー三塁打を放ち、待望の追加点。3点を追うロッテはその裏、二死から西岡が四球を選ぶと、早川が今季初アーチとなる2ランを放ち、1点差。突き放したい偽バファローズは土壇場9回、一死一、二塁からまたも坂口が3号3ランを放り込み、ダメ押しの3点を追加。最後はセーブのつかない場面ながらもマウンドに上がった守護神・加藤が締め括った。先発の近藤は7回2失点で7勝目

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:26コメント(0)トラックバック(13) 

July 31, 2009

7/31 能見◆T3−2G◆
阪神先発・能見が5回まで内野安打1本と言う素晴らしい投球を展開。一方、巨人先発・内海は毎回の様に走者を許しながら、あと一本を許さない粘りの投球で先制を許さず、試合は0−0の儘、終盤へ突入。迎えた6回、巨人は一死から坂本がレフトスタンドへ11号ソロを叩き込み、ついに均衡を破る先制点をゲット。しかし、リードを貰って緊張の糸が解けてしまったのか、その裏、内海は鳥谷に痛打されると、キュラソ星人には死球を食らわせり、一、二塁のピンチ。新井は打ち取ったものの、ブラゼルにバックスクリーン左へ8号逆転3ランを被弾し、この回限りでKOとなった。阪神は8回からアッチソンを投入する継投モード。二死から連打を浴びたアッチソンだったが、ガッツを打ち取り、ピンチ脱出。9回には守護神・藤川が代わりばな寿司職人ラミレスに15号ソロを被弾するが、後続3人をきっちり打ち取り、連勝を4と伸ばした。能見は7回1失点で5勝目

◆S3−2D◆
駆け込み補強へタイムリミットとなったこの日、とうとう名手・川相は現役復帰を果たす事なく、今季は最後まで川相不在を強いられる事となった中日に対し、ヤクルトは初回、先頭の青木がヒットで出ると、田中の犠打,福地のセカンドゴロで三進。ここでデントナがライト前へ弾き返し、1点を先制。1点を追う中日は4回、一死からブランコの四球,ベンちゃんの二塁打で二、三塁とするも、藤井,小池と倒れて、二者残塁。5回には一死から投手の吉見が川相不在の打線がアテにならないとあっては自分が活路を開くしかないとばかりにヒットを放つが、続く井端がセカンドゴロゲッツーに倒れる最悪の展開。川相不在の重さを痛感し、落胆の色を隠せない吉見は6回、暴投を連発して、二死二、三塁のピンチを作った挙げ句、畠山にタイムリーを浴び、2失点。3点を追う中日は7回、ベンちゃん,藤井と連打を浴びせると、一死後、谷繁のタイムリーでようやく1点。更に、続く代打・立浪のセカンドゴロの間に1点を加えて、1点差と詰め寄るが、反撃もここまで。最後は守護神・林の前に息の根を止められた。ヤクルト先発・館山は8回2失点でハーラートップの12勝目をマーク。

◆C6−7YB◆
初回、二死一、二塁のチャンスを潰してしまった広島だが、続く2回、先頭のフィリップスがレフトスタンドへ5号ソロを叩き込み、先制。広島先発・青木高の前に5回まで散発2安打と沈黙していた横浜は6回、二死から内川がヒットで出ると、続く村田のタイムリー二塁打で同点のホームイン。続く7回には一死一、二塁のチャンスに代打・ジョンソンがライトスタンドへ14号3ランを放り込み、勝ち越しに成功。3点を追う広島は8回、一死から石井タクローの死球,代打・ルパン廣瀬の二塁打で二、三塁とすると、石川のエラーで石井タクローが生還。更に、末永の2点タイムリー三塁打で同点とすると、続く天谷にもタイムリーが飛び出し、勝ち越しに成功。9回からは守護神・永川を投入し、逃げ切りといきたい所だったが、永川は代わりばな連続内野安打を浴びて、いきなりのピンチ。何とか二死まで持ち込んだものの、ここで痛恨の暴投を犯して、同点。更に、藤田に痛打された後、マクレーンがタイムリーエラーを犯し、勝ち越し点を献上すると、続く村田にもタイムリーを浴びて、この回3失点。その裏、広島は一死満塁からルパン廣瀬の犠飛で1点差とし、なおも、一打同点のチャンスだったが、東出がセカンドゴロに倒れて、あと一歩及ばなかった。一時は勝ち越し点を許した横浜4番手の真田はタナボタの4勝目

◆F5−1H◆
破竹の連勝街道をひた走る日本ハムの勢いを何とか止めたいソフトバンクは初回、ダルビッシュに対して、二死から松中が歩くと、小久保,長谷川と連打を浴びせて、満塁のチャンス。しかし、ここで田上が三振に倒れて、三者残塁。すると、その裏、日本ハムは一死二塁から稲葉のタイムリーであっさり先制。3回には二死二塁から高橋のタイムリーで2点目。2回以降立ち直ったダルビッシュの前に一人の走者も出せずにいたソフトバンクは6回二死から松中の17号ソロでようやく1点。しかし、その裏、日本ハムは田中のタイムリー、本多のタイムリーエラーで一気に3点を追加。ソフトバンクは8回、二死満塁と一発が出れば同点と言う場面で主砲・小久保に回したが、小久保は三振に斬って取られ、結局、無得点。最後は2番手・菊地の前に3人で打ち取られ、ゲームセット。日本ハムはこれで9連勝。ダルビッシュは8回1失点でハーラーダービー単独トップに躍り出る13勝目

◆M3−1E◆
5連敗中のロッテ先発・渡辺俊は5回までノーヒットの快投を展開。6回も簡単に二死を取ったが、ここでリンデンに5号ソロを被弾し、先制点を献上。一方、楽天先発・田中も7回まで散発3安打と完封ペースの好投。しかし、8回、先頭のバーナムJr.に4号同点ソロを叩き込まれると、西岡に二塁打,井口にタイムリーを浴び、勝ち越し点を献上。更に、サブローにも痛打された所で田中は無念のKO。この後、満塁となった所で3番手・福盛が竹原に犠飛を許し、この回3失点。土壇場9回、楽天は代打・中村真の四球,鉄平のヒットで一、二塁とするも、山崎武が最悪のショートゴロゲッツーに倒れると、宮出はファーストファールフライに倒れて、万事休す。渡辺俊は1失点完投で5月6日以来の2勝目をあげた

◆Bs2−4L◆
2回、一死から北川,濱中,フェニックス一輝の3連打で先制を許した西武。しかし、直後の3回、フェニックス一輝のエラーの後、細川が2号逆転2ラン。1点を追う偽バファローズは6回、一死から坂口,フェルナンデス,カブレラの3連打で同点とするが、直後の7回、西武は後藤の2号ソロで再び勝ち越し。続く8回には一死から片岡が8号ソロを叩き込み、4点目。その裏から岩崎−小野寺と繋いで、連敗を脱出。先発の帆足は7回2失点で5勝目を飾った

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:25コメント(0)トラックバック(23) 

July 22, 2009

◆YB2−6G◆
巨人が得意の一発攻勢で主導権を握った。まず初回にガッツが22号先制ソロを叩き込むと、続く2回に亀井の11号ソロ,阿部が12号ソロを叩き込み、2点を追加。3点を追う横浜は3回、ハマのチンピラが自ら二塁打を放って、反撃の狼煙を上げると、石川のヒットで一、三塁。一死後、内川が犠飛を打ち上げ、ようやく1点。3回以降一人の走者も出さず、完全に立ち直ったと思われたハマのチンピラだが、7回、山崎のエラーで足を引っ張られると、二死二塁となった所で古城にタイムリー三塁打を浴びて4点目を失い、この回で降板。巨人は続く8回にもガッツのこの日2本目となる23号2ランでダメ押し。横浜は9回にジョンソンに13号ソロが飛び出したが、焼け石に水だった。結果を出しているにも拘わらず外国人枠の都合上、二軍落ちの危機に瀕しているオビスポだが、来日初完投で無傷の3勝目をあげ、一軍残留をアピールした。

◆D3−2C◆
いい加減に対中日の連敗を阻止したい広島だが、この日も先発・大竹が初回から森野にタイムリー二塁打を浴びるなど、2点を献上する苦しい立ち上がり。2点を追う広島は4回、栗原,マクレーン,天谷の3連打で1点を返すと、一死後、石原のショートゴロの間にマクレーンが生還し、ようやく同点。中日は2回以降、再三再四チャンスを掴みながら、ゲッツー,盗塁死など、怒濤の拙攻三昧でゼロ行進を続けていたが、8回、二死走者なしから四球で歩いた藤井が二盗を決めると、小池が均衡を破る勝ち越しタイムリー。9回からは守護神・岩瀬が3人でピシャリと締めて、対広島11連勝。先発のあちゃくらさんは8回2失点で7勝目

7/22 館山◆T0−5S◆
未だに白星のない阪神先発・岩田に対し、ヤクルトは初回、ヒットの青木を田中が送ると、二死後、デントナのタイムリーで1点を先制。3回には先頭の田中が振り逃げで出ると、福地のヒットの後、またもデントナがタイムリー。更に、一死後、宮本にもタイムリーが飛び出し、この回2点。3回まで毎回チャンスを作りながら、あと一本が出ない阪神は4回にも先頭のキュラソ星人のヒットの後、ブラゼルが最悪のゲッツー。この後、連打と四球で満塁とするが、岩田を下げて投入した代打・林がファーストゴロに倒れて、三者残塁。すると、直後の5回、代打を出された岩田に代わる2番手・ジェンが飯原に2号ソロを被弾。ヤクルトは7回にまたまたデントナがタイムリーを放ち、貴重な5点目を追加。ヤクルト先発・館山は尻上がりに調子を上げ、11安打を浴びながらも、4年ぶりの完封を果たし、ハーラー単独トップの11勝目

◆H7−6E◆
リンデンの4号先頭打者アーチで先制されたソフトバンクだが、その裏、小久保のタイムリーですかさず追い付くと、続くハマのスペランカーに12号2ランが飛び出し、一気に勝ち越し。続く2回には本多のタイムリー,3回には長谷川の犠飛,4回には藤原の暴投で着々と加点。5点のリードを貰った先発・杉内だが、5回二死走者なしからリンデンを歩かせると、渡辺直に痛打された所で鉄平に5号3ランを被弾。続く6回には一死満塁のピンチを作って、あえなくKOとなると、代わった攝津アッパーも代打・中村真,リンデンと連続タイムリーを浴びて、試合は振り出しに。追い付かれたソフトバンクは7回、本多,松中のヒットで一死一、三塁とすると、小久保がライト前にタイムリーを浴びせ、再び勝ち越しに成功。8回からはファルケンボーグ,馬原と繋ぐ必勝リレーが決まり、1点差を守りきった。一時は同点に追い付かれた攝津アッパーに3勝目が転がり込んだ

◆F2−1M◆
日本ハム先発・ダルビッシュは5回まで3四球出しただけのノーヒットと言う快投を展開。一方、ロッテ先発・成瀬も走者を出しながら、4回まで無失点に抑えていたが、5回、先頭のスレッジに二塁打を浴びると、二死後、鶴岡にタイムリーを許し、ついに先制点を献上。ロッテは7回、一死からサブローが振り逃げで出ると、続く橋本がようやくチーム初安打を放ち、チャンスを広げるが、竹原,バーナムJr.と打ち取られ、二者残塁。日本ハムは8回二死から鶴岡に今季初アーチが飛び出し、貴重な2点目を追加。ロッテは9回二死からサブローの12号ソロで完封を免れたが、最後は橋本将がセカンドゴロに取られて、ゲームセット。ロッテ打線を僅か2安打に抑え込んだダルビッシュは3試合連続完投勝利でハーラートップタイとなる12勝目をマークした。

◆L2−4Bs◆
偽バファローズは初回、坂口,フェルナンデスのヒットで一、三塁とすると、カブレラが先制タイムリー。更に、北川もヒットで続き、満塁とチャンスを広げたが、下山,フェニックス一輝と連続三振に倒れて、1点止まり。2回以降、2併殺を食らうなど攻めあぐねていた偽バファローズだが、7回、先頭のフェニックス一輝が2号ソロを叩き込み、1点を追加。2点を追う西武はその裏、先頭の後藤が今季初アーチを放り込むと、続く8回には中村に31号ソロが飛び出し、同点。試合はその儘、延長に突入した。迎えた11回、10回からマウンドに上がっていた4番手・小野寺に対し、偽バファローズは一死からカブレラ,北川と連打を浴びせると、下山が走者一掃のタイムリー三塁打を放ち、2点を勝ち越し。その裏、大久保が三者三振の快投で西武の反撃を断ちきった。2回をノーヒットで切り抜け、勝ち越し点を呼び込んだ加藤に4勝目がついた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:50コメント(0)トラックバック(7) 

July 09, 2009

◆G2−0YB◆
育成選手としては史上初の先発勝利を手にし、勢い付くオビスポは4回まで1安打無失点の好投を展開。横浜先発・はーちゅんの前に沈黙していた巨人打線だったが、4回、一死からガッツが19号ソロを叩き込み、ついに均衡を破る先制点をゲット。続く5回には二死満塁のチャンスを作るが、松本はピッチャーゴロに倒れて、三者残塁。6回にも二死一、三塁とするも、李がショートフライを打ち上げて、またも追加点ならず。しかし、7回、先頭の脇谷が2号ソロを放り込み、貴重な2点目を追加。8回途中から山口を挟み、9回からは越智を投入し、逃げ切りを図るが、昨日もリリーフに失敗した越智がこの日もピリッとせず、二死満塁と一打同点の大ピンチ。しかし、代打・呉本を三振に斬って取り、辛くも完封リレーを達成。7回1/3を無失点で切り抜けたオビスポは2連勝となった。

◆S8−2D◆
中日先発・あちゃくらさんに対し、ヤクルトは初回、四球の青木を田中が送ると、福地,デントナと連打を浴びせて、先制。更に、二死後、宮本がタイムリー二塁打を放ち、この回2点。4回にブランコのタイムリー二塁打で1点を返されるが、5回、ガイエルが13号2ランを叩き込み、3点差。中日は6回、川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに森野が10号ソロを放ち、追い上げるが、その裏、田中に3号ソロを浴び、再び点差は3点に拡大。更に、振り逃げと連続四球で満塁とした所で宮本の犠飛,相川のタイムリー二塁打でこの回一挙4点。不敗神話崩壊後、神通力が消えかけていた館山は2失点無四球完投でハーラー単独トップの9勝目を飾った。打線に粘りがない為、先発投手が崩壊するとジ・エンドな体質を改善するべく名手・川相の一刻も早い現役復帰が待たれる所だ

◆Bs2−15H◆
ソフトバンクは初回、四球,野選,四球とノーヒットで満塁とすると、松中のタイムリーで2点を先制。更に、一死後、ハマのスペランカーがタイムリーを放つと、長谷川が歩いた後、松田,田上と連続タイムリーが飛び出し、この回、大量6点を獲得。その裏、フェルナンデスの8号ソロで1点を返される賀、2回に野選で1点を加えると、3回には松田が5号ソロ,4回にはハマのスペランカーが9号2ランと一発攻勢で10点目。終盤にも5点を加えて、計18安打15点。先発のジャマーノは大量援護に気を緩ませる事なく、8回2失点の好投を見せ、開幕4連勝

7/9 福盛◆E8−3M◆
泥沼の連敗ロードが止まらない楽天はこの日も大苦戦。4回まで立て続けに得点圏に走者を背負うも、ここまで7残塁と言うロッテの拙攻に救われ、先制点は与えない。しかし、肝心の打線も2,5回と2度の満塁のチャンスを逃すなど、渡辺俊を捉えきれない。しかし、6回、二死からリンデンがヒットで出ると、中村紀がタイムリー二塁打を放ち、待望の先制点をゲット。続く7回にはヒットとエラーで作ったチャンスに鉄平が走者一掃のタイムリー三塁打を放ち、渡辺俊をKOすると、代わった内から山崎武が16号2ランを叩き込み、この回4点。8回にも鉄平の3点三塁打が飛び出して、ダメ押し。ロッテは9回に3点をあげ、完封を免れたものの、連勝は3でストップ。楽天は連敗をようやく8で止め、7月に入って初勝利。先発の川井は6回途中まで無失点と好投しながら、援護を貰えなかったが、亡命先から帰ってきた福盛が2回無失点で復帰初白星

◆L8−2F◆
2回に金子誠のタイムリーで先制された西武だが、その裏、一死からG.G.佐藤,佐藤,後藤の3連打で追い付くと、続く3回、一死三塁から中島が勝ち越しタイムリー。4回には一死から水田,銀仁朗,片岡,栗山と4連打を浴びせて、3点を追加。日本ハム先発・武田勝はここでKOとなった。4点を追う日本ハムは6回、先頭の高橋が三塁打を放つと、内野ゴロの間に生還し、2点目。しかし、その裏、西武は中村の29号ソロで突き放すと、7回には片岡がこの日4安打目となるタイムリー二塁打。8回にはG.G.佐藤の12号ソロでダメ押し。先発の涌井は8回を投げ、11三振を奪う力投でハーラートップタイに並ぶ10勝目をあげた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:38コメント(0)トラックバック(15) 

June 11, 2009

◆Bs4−2G◆
開幕から6戦6勝のゴンザレスが伝説の大投手・沢村の球団記録更新を賭けて7度目の先発登板。初回に寿司職人ラミレスのタイムリーで先制して貰ったゴンザレスだが、その裏、先頭の坂口にいきなり四球を与え、開幕以来続けてきた連続イニング無四球記録が41回1/3でついにストップ。この後、犠打とボークで三進を許すと、大村に犠飛を浴びて、試合は振り出しに。続く2回には二死一塁から塩崎に2号2ランを被弾。5回には坂口にタイムリー二塁打を浴びて、4点目を献上。金子相手にヒットは出るものの、連打が出ず、追加点を奪えない巨人は6回、寿司職人ラミレスの10号ソロでようやく2点目。しかし、7回からは菊地原−香月−加藤と繋ぐリレーの前に無得点に終わり、万事休す。ゴンザレスは完投したものの序盤の失点が響き、今季初黒星。偽バファローズは連敗を7で止め、6月になってようやく初勝利。金子は6回2失点で6勝目を飾った。

◆E3−1D◆
相変わらず、好投の味方投手を見殺しにする事にご執心の中日は初回無死一塁,2回二死一塁,3回一死一、二塁と先制のチャンスを悉く逸する体たらく。一向に先制点を奪う気配のない不甲斐ない味方打線に川相不在の弊害を痛感し、落胆の色を隠せない吉見は3回、今季初スタメンの平石に三塁打を浴びると、一死後、渡辺直に痛打され、先制点を献上。二死後、中村真にタイムリー二塁打を浴び、この回2失点。7回には平石にタイムリー三塁打を浴び、手痛い3点目を献上。中日は8回から代わった小山から連続四球を選ぶと、3番手・有銘からも四球を拾って、ノーヒットで無死満塁の大チャンス。しかし、ここで代わった青山の前にブランコは三振。続くベンちゃんが犠飛を打ち上げ、ようやく1点を返すも、デラロサは三振に倒れて、結局、1点止まり。9回は三者凡退に終わり、結局、3失点完投の吉見を見殺しする有様。怒濤の拙攻三昧に投手陣のモチベーションは下がる一方で、この絶望的な状況を打破する為にも一刻も早い名手・川相の現役復帰が待たれる所である。悪の温床・楽天は泥沼の連敗がようやく6でストップ。先発の田中は7回無失点でハーラー単独トップに踊り出る8勝目

◆H3−6S◆
ソフトバンク先発・大場が立ち上がりから全く制球が定まらない。いきなり先頭の福地を歩かせた初回はゲッツーで切り抜けたが、続く2回、二死走者なしから連続四球でピンチを作ると、相川にタイムリーを浴び、先制点を献上。3回にも二死から3連続四球で満塁のピンチを迎えた所で、あえなくKOとなったが、代わった佐藤が宮本を三振に斬って取り、何とか凌ぎ切る。その裏、ソフトバンクは先頭の松田が今季初アーチを叩き込み、同点。しかし、直後の4回、ヤクルトは一死一塁から川島慶の三塁打,福地の犠飛で2点を勝ち越し。5回には無死一、三塁からゲッツーの間に4点目を追加。3点を追うソフトバンクはその裏、一死から松田が歩くと、続く田上が10号2ランを放り込み、1点差。突き放しておきたいヤクルトは7回に相川,8回にはガイエルのタイムリーで1点ずつ追加。8回からは五十嵐−林と繋ぐ必勝リレーで逃げ切った。先発・館山は7回3失点で2年越しの14連勝

6/11 今江◆M23−2C
連続無失点が止まって以来、すっかり下降線を辿っている大竹はこの日も乱調。2回に末永のタイムリー二塁打で2点を先制して貰ったにも拘わらず、その裏、早坂の2点三塁打であっさり同点とされると、続く3回には一死満塁から暴投をかまして、やらずもがなの勝ち越し点を献上。更に、里崎を歩かせると、二死満塁となった所で今江に3号グランドスラムをぶち込まれ、失意の7失点KO。ロッテは6回、14安打を集中する打者二巡20人の猛攻でプロ野球新記録となる1イニング15点を獲得。7回にもダメ押しの1点を加えて、今季両リーグ最多となる計23安打23得点で圧勝。十分過ぎる援護を貰った先発・清水は今季初完投で2勝目を飾った。

◆L6−5T◆
2回、狩野のタイムリーで先制された西武だが、その裏、無死満塁から銀仁朗のピッチャーゴロの間にまず同点。更に、二死満塁となった所で栗山が走者一掃のタイムリー三塁打,中島がタイムリーで続き、この回、大量5点。4点を追う阪神は直後の3回、新井が8号2ラン。5回に1点を返されるも、6回、ブラゼルが古巣相手に2号2ランを叩き込み、1点差まで詰め寄った。しかし、7回から登板したミッチーが2回をパーフェクトリリーフ。9回からは小野寺が3人でピシャリと締め、西武が1点差を守りきった。先発のワズディンは6回5失点と不本意な内容ながらも、打線の援護に恵まれ、2勝目をマーク

◆F9−3YB◆
日本ハムは初回、二死走者なしから、負傷欠場の稲葉に代わって3番に入った糸井が二塁打を放つと、続く高橋がタイムリーを放って、1点を先制。3回には一死二、三塁から糸井がタイムリーを浴びせると、高橋が歩いて満塁となった所で小山田がボークを犯し、3点目。更に、小谷野が歩いて、再び満塁となった所で小山田はあえなくKO。代わった吉見に対して、ミスタースナイパー・坪井はセカンドゴロに倒れるも、北川がタイムリーエラーを犯して、またまたタナボタの1点を追加。なおも満塁の場面で呪われた助っ人・ボッツが今季初アーチとなるグランドスラムをぶち込んで、この回、一挙7点のビッグイニングを形成し、早くも試合を決定付けた。横浜は6回に3点を返したものの、今季初登板となる小山田の先発起用と言う奇襲による序盤の大量失点が大きく響く格好となった。日本ハム先発・スウィーニーは6回途中まで3失点で5月14日以来の2勝目

 

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:52コメント(1)トラックバック(29) 

June 05, 2009

◆G5−2F◆
巨人は日本ハム先発・藤井に対して、初回、いきなり坂本,寺内,ガッツの3連打で1点を先制。寿司職人ラミレスのセカンドゴロの間に2点目をあげると、松田記者,亀井の連打で満塁となった所で阿部の犠飛,大道のタイムリーが飛び出し、早くも4点のリード。日本ハムは稲葉が3回にタイムリー,5回に7号ソロを放ち、2点差まで詰め寄るが、7回、巨人は二死から亀井が歩いた所でまたも阿部がタイムリー二塁打を放ち、5点目。7回途中から山口−越智−クルーンと繋ぐ必勝リレーを展開し、逃げ切りに成功。ゴンザレスは7回途中まで2失点で球団助っ人新記録の開幕6連勝。また、出戻り以来、続けている無四球記録を41回1/3まで伸ばした。5回に稲葉に対して、フルカウントから4球ファールで粘られた際には、いよいよ四球を出してしまうのでは?と思わせたが、結局、被弾したのは良かったのか悪かったのか…。

◆D2−1M◆
中日は2回、先頭のブランコがヒットで出るも、続くベンちゃんが最悪のゲッツー。3回には2四球で一、二塁とするも、後が続かず、4回には二死二塁から野本がレフト前へ弾き返すも、二塁走者・ベンちゃんが本塁憤死。5回も無死二塁のチャンスを潰すなど、怒濤の拙攻三昧。またも好投報われず、見殺しにされるのでは?と落胆の色を隠せない先発・吉見は6回、井口にタイムリーを浴び、ついに先制点を献上。更に、大松に二塁打を浴び、二、三塁とピンチを広げたが、ベニー松山,里崎と内野ゴロに打ち取り、辛くも1点で食い止める。すると、その裏、中日は無死一塁からブランコが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに15号2ランを叩き込み、逆転に成功。最後は守護神・岩瀬が三者三振の快投でロッテの追撃を断ちきった。先発・吉見は7回1失点で5勝目。結果的に勝ちを拾ったものの、相変わらずのタイムリー欠乏症,一発依存症は深刻極まりなく、またも好投の投手陣を見殺しにしかねなかった試合展開に中日ナインの表情は暗く、名手・川相の現役復帰を待望する声がより一層強まった

◆C4−1H◆
初回。ソフトバンクは先頭の本多が二塁打で出ると、川崎の犠打,オーティズの犠飛で先制のホームイン。この後、ソフトバンクは2回一死一、二塁,4回二死満塁とチャンスを作りながら、後続を断たれて、スミ1状態が続いてしまう。5月14日以来の登板となる先発・大場は5回まで散発2安打無四球無失点と安定した投球を見せて居たが、6回、一死から代打・嶋に二塁打を浴びてから、突如、リズムを崩し、梵に同点タイムリーを許すと、東出にも痛打され、二死後、栗原に2点タイムリー二塁打を浴びた所で無念のKO。広島は更に、喜田にもタイムリー二塁打が飛び出し、この回一挙4点。直後の7回、ソフトバンクは二死一、二塁と一発で同点の場面を作るが、川崎がショートゴロに倒れて、二者残塁。ここで雨が強くなり、その儘、降雨コールドで広島が逃げ切った。結果的に最後を締め括ったシュルツは来日初セーブ。6回に2番手として登板し、無難に3人で抑えた森に5年目のプロ初勝利が転がり込んだ

◆S9−3E
ヤクルトは3回、二死走者なしから川島慶が四球を選ぶと、福地のタイムリー三塁打,青木のタイムリー二塁打で2点を先制。3回までパーフェクトと沈黙していた楽天は4回二死から草野がチーム初安打となる3号ソロを叩き込み、1点差。しかし、その裏、ヤクルトは宮本の3号ソロで再び2点差とすると、更に、館山のタイムリー,川島慶の6号2ランでこの回4点。続く5回には畠山のタイムリー二塁打,相川の犠飛で2点を追加し、大きく突き放した。先発・館山は7回を3安打2失点に抑え込み、無傷の7勝目。自己の持つ連勝の球団記録を13と伸ばした

6/5 ブラゼル◆T4−0Bs◆
貧打を解消すべく獲得した出戻り助っ人・ブラゼルが移籍初のスタメン出場となった阪神。偽バファローズの相次ぐエラーで再三チャンスを貰いながら、ゼロ行進を続けていたが、6回一死二塁からブラゼルが移籍初アーチとなる2ランを叩き込み、先制。偽バファローズも毎回の様に走者を出しながら、あと一本が出ない拙攻続き。7回には大引のヒット,関本のエラーで一死一、二塁とするも、代打・フェルナンデスが三振。大村はファーストゴロに倒れて、二者残塁。そろそろ突き放しておきたい阪神は8回、二死走者なしからブラゼル,代打・高橋光が連打を浴びせると、狩野が走者一掃のタイムリー三塁打を放ち、貴重な2点を追加。最後はセーブのつかない場面ながら登板した藤川が2三振を含む三者凡退と久々に安心して見られる投球で完封リレーを達成。先発・下柳は7回無失点の好投で5勝目

◆YB−L◆
降雨中止。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:41コメント(0)トラックバック(29) 

May 28, 2009

5/28 ゴンザレス◆G8−2H◆
交流戦無敗ロードを突き進むソフトバンクだが、この日は大苦戦。先発・和田が初回からガッツに13号2ランを被弾し、先制を許すと、3回には自らの暴投等で2失点。4回には阿部に9号2ランを叩き込まれると、5回には寿司職人ラミレスに犠飛を許して、今季ワーストの7失点KO。一方、巨人先発・ゴンザレスは相変わらず、四球を全く出さない安定した制球力を武器に、ヒットを打たれても、傷口を広げない丁寧な投球でソフトバンク打線を7回途中まで2点に抑える好投を展開。巨人は7回に寿司職人ラミレスの8号ソロでダメ押しの8点目。ゴンザレスは巨人助っ人史上初となる開幕5連勝を飾った。

 

◆D2−1E◆
今日も今日とて好投の投手を見殺しにする気満々の中日だが、2回に藤井のタイムリーで先制。しかし、この後、二死一、二塁のチャンスを逃すと、4回二死満塁、7回一死三塁,8回一死三塁のチャンスを悉く逃す相変わらずの拙攻三昧。毎度の事ながら、ロクな援護を貰えない事を最早、観念しているのか、先発・吉見は8回二死まで3安打無四球無失点の好投。高橋,平井を挟んで、満を持して登板した守護神・岩瀬だったが、一死から連打と死球で満塁のピンチを背負うと、中村紀のショートゴロの間に同点とされてしまう。延長10回、中日はベンちゃんが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにライトスタンドへ12号ソロを叩き込み、サヨナラ勝ちを収めたが、拙攻により好投の吉見の白星を粉砕してしまう有様。先発投手陣のモチベーションを下げる一方の打線を何とかする為にも一刻も早い名手・川相の現役復帰が待たれる所である

◆C4−3M◆
広島先発・ルイスに対して、ロッテは初回、サブローの7号2ランで先制。その裏、赤松のタイムリーで1点を返されるも、直後の2回、一死満塁からフクーラがタイムリーを放ち、再び2点差と突き放す。1−3の儘、迎えた5回、広島は一死から代打・喜田,梵,東出の3連打で1点を返すと、二死後、早坂のタイムリーエラーで同点。更に、嶋がタイムリー内野安打を浴びせて、勝ち越しに成功。広島は6回以降、5人の投手を注ぎ込む小刻みな好投でロッテの反撃を辛くも食い止め、4連勝。代打を出された回に逆転して貰ったルイスに3勝目が転がり込んだ。ロッテ先発・小林は5回4失点とリードを守れず、開幕4連敗。

◆S4−0Bs
ヤクルトは2回、先頭のデントナがヒットで出ると、一死後、田中がレフトスタンドへ2号2ランを叩き込み、2点を先制。6回には無死満塁のチャンスに宮本のタイムリーで2点を追加。一方、偽バファローズはヤクルト先発・館山相手に再三再四得点圏へ走者を進めながら、どうしてもあと一本が出ず、スコアボードに0を並べるばかり。結局、13個の残塁を量産しての屈辱の完封負け。館山は7回無失点で開幕6連勝となった。

◆T4−6L◆
初回、キュラソ星人の11号2ランで先制された西武だが、直後の2回、G.G.佐藤の8号2ランであっさり追い付くと、更に、二死二塁から投手の涌井がタイムリー二塁打を放って、勝ち越し。自らの一打でリードを奪った涌井だが、3回、突如、制球を乱して、二死満塁のピンチを迎えると、葛城イクローに痛恨の押し出し死球を食らわせ、試合は振り出しに。同点で迎えた6回、西武は一死満塁から代打・佐藤がタイムリー二塁打を浴びせて、2点を勝ち越し。その裏、阪神は一死一、三塁から狩野のセカンドゴロの間に1点を返し、涌井をKOするが、代わったミッチーの前に代打・悠久の若虎・桧山は三振に倒れて、1点止まり。西武は9回に栗山のタイムリー三塁打で貴重な1点を追加。最後は小野寺が3人で締めて、連敗を3で阻止。涌井は6回途中4失点で降板ながらも、5勝目をマークした。

◆YB−F◆
降雨中止。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:14コメント(0)トラックバック(15) 

May 22, 2009

◆E2−12G◆
巨人打線が序盤から爆発。坂本の先頭打者アーチで先制したのを皮切りに、連打でチャンスを作ってから李が9号3ランを放ち、いきなりの4得点。3回には李が2打席連続の10号ソロを浴びせると、4回には2四球の後、寿司職人ラミレスが犠飛と、ノーヒットで1点を追加し、楽天先発・永井をKO。更に、5回には5長短打を集中して、大量5点を奪うと、7回には坂本のタイムリー二塁打でダメ押しの12点目。先発のゴンザレスは8回2失点の好投で4連勝を飾った。

◆H6−3C◆
年中行事の故障リタイアに見舞われていたハマのスペランカーが、よりによもよって二軍落ちで今季限りの引退を囁かれているガッツな貴公子・仁志にあやかって、登録名を「多村仁志」に変更すると言う訳の分からない行動をかましながら、ようやく一軍に復帰。偽バファローズから出戻りの村松共々、今季初出場を果たし、一気に巻き返しを図りたいソフトバンクは初回、一死から川崎が二塁打で出ると、続くオーティズがレフトスタンドへ5号先制2ラン。3回には一死からオーティズの三塁打,松中のタイムリー,小久保の4号2ランとクリーンアップの3連打で3点を奪い、広島先発・ルイスはこの回限りでKO。ソフトバンクは7回にも長谷川のタイムリー内野安打でダメ押しの1点を追加。終盤、リリーフ陣がバタついて、3点差まで詰め寄られたが、最後は守護神・馬原が反撃を断ちきった。先発・和田は7回まで無四球2安打無失点と完璧な投球を展開し、21日ぶりの3勝目

◆M1−4D◆
初回、二死二塁のチャンスを逃した中日は続く2回にもベンちゃん,平田のヒットで一死一、二塁のチャンス。しかし、藤井が空振り三振に倒れると、谷繁はファーストへの内野安打を放つも、オーバーランした平田が二、三塁間に挟まれ、弾き出されたベンちゃんがやむなく本塁に突入して憤死するお粗末な攻撃でまたも先制ならず。これで川相不在では一発に賭けるしかないと言う思いを強くした森野は3回、6号2ランを叩き込み、ようやく先制。先発・吉見はロクに援護が貰えないのは日常茶飯事とばかりに、毎回の様にヒットを浴びながらも6回まで無失点の粘りの投球。7回に制球を乱して3四球を与え、押し出しで1点差と迫られるが、なおも満塁のピンチを辛くも切り抜けると、8回、中日は一死三塁からデラロサが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに激振。打球はスタンドにこそ届かなかったものの、犠飛としては十分なライトフライとなり、3点目。9回には井端のタイムリーでダメ押し。最後は岩瀬が3人で締めて、辛くも逃げ切った。吉見は7回1失点で4勝目

◆Bs8−3T
初回に関本,鳥谷の連続二塁打で先制された偽バファローズだが、2回、一死二、三塁のチャンスに山崎浩が2点タイムリーを放ち、一気に逆転。5回には大引,6回には山崎浩のタイムリーで着々と加点。阪神は7回、キュラソ星人の10号ソロ等で1点差と詰め寄るが、その裏から登板した渡辺が3連打で1点を失い、あえなくKOされると、3番手・江草も岡田に2点二塁打を浴びる始末。偽バファローズは8回にも塩崎の犠飛でダメ押しの1点を加え、逃げ切った。先発・金子は7回途中3失点で3勝目。阪神は今季ワーストの5連敗となった。

◆F2−3S◆
巨人との首位決戦を制し、勢いづく日本ハムだが、この日は館山の前に3回までパーフェクトと沈黙。しかし、4回、四球の田中を劇団ひちょりが送った所で稲葉のチーム初安打が6号2ランとなって、先制。古巣相手に5回まで無失点の好投を演じてきた藤井だったが、6回一死満塁のピンチで青木に犠飛を許すと、畠山を歩かせて満塁となった所で飯原に逆転2点タイムリーを浴びて、無念のKO。その裏、日本ハムは二死満塁と一打逆転のチャンスを作ったが、高橋がショートゴロに倒れて、三者残塁。ヤクルトは8回から五十嵐−林と繋ぐ必勝リレーで1点のリードを守りきった。館山は7回3安打2失点の好投で無傷の5連勝

5/22 田代◆L5−15YB◆
大矢監督の失脚により、図らずも、オバQ vs  ナベQ決戦となったこのカード。2−2で迎えた4回、横浜は細山田のスクイズ,石川のタイムリー二塁打等で3点を勝ち越し。西武はG.G.佐藤,中島の一発で1点差まで追い上げるが、横浜は6回、内川がタイムリーを浴びせて、涌井をKO。更に、代打・金城がタイムリー,ジョンソンが8号3ランを叩き込んで、この回、一挙5点を奪い、10点目。9回にも5点を追加し、試合を決定付けた。ハマのチンピラは6回5失点と不本意な内容だったが、打線の援護に助けられ、5勝目をマークした。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:39コメント(0)トラックバック(15) 

April 29, 2009

◆C2−0G◆
悪夢のゼロ行進を継続中の巨人はこの日も偽ハンカチ王子・斉藤に対して、再三チャンスを作りながら、一向に得点を奪えない。味方の援護を待ちながら、踏ん張っていた東野だったが、5回二死一、二塁のピンチを背負うと、東出にタイムリーを浴び、ついに先制点を献上。7回には2番手のM・中村が赤松のタイムリーで今の巨人にとっては致命的と言える2点目を許してしまう。5回まで無失点投球の斉藤にあっさり代打を送ったブラウン監督は6回から4人の投手を1回ずつ繋いでいき、完封リレーを達成。巨人は実に49年ぶりとなる屈辱の3試合連続完封負け達川氏の情報によると、この試合がラストチャンスと言うアルフォンゾは3回に満塁のチャンスで凡退するなど、3タコ。達川氏の情報が正しければ、これでジ・エンドとなる可能性が高い事になる。流石に、打率.118では庇いようもない訳だが、別に左キラーな訳ではないアルフォンゾを左相手の時ばかり使うと言うのは、真に相性を突き詰めて考えているとは思えない安易な起用であった事は言っておきたい。実は右投手にばかり使っていたら、こんな結果にならなかった………かもしれないし、これは右投手の時にばかり使われる李にも言える事だろう。左に強い左打者,左に弱い右打者と言うのは現実的にたくさん存在すると言う事を若大将に限らず、各球団の監督には思い知って欲しい。若大将は岩瀬相手に亀井を代打で起用し、強攻させる様な思考を持っていると言うのに、アルフォンゾ,李に関しては何故、それが出来ないのか不思議である。ともあれ、アルフォンゾには再び這い上がってくる事を期待するばかり。プレイヤーとしてどうこう以前に、「素行の悪くない巨人直輸入助っ人」と言う要素から目をかけている訳だが、果たして、この方針が身を結ぶ事はあるのか。要は、巨人が「使える」直輸入助っ人を見つけてくるのは一体いつの事になるのか…と言う話な訳だが…。

◆D1−7S◆
0−0で迎えた3回、ヤクルトは浅尾の制球難に付け込み、2四球で一、二塁とすると、デントナが走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、2点を先制。5回に小山のタイムリー二塁打で1点差とされるが、直後の6回、エラーに暴投など、中日の守乱に付け込み、2点を追加。更に、7,8,9回にも1点ずつ加え、大きく突き放した。先発の館山は無四球1失点完投で2勝目をマーク。中日はまたも拙攻拙守で大惨敗。例によって、名手・川相の現役復帰待望論は強まる一方だ。浅尾は6回4失点で3敗目。開幕戦の快投は今季の大ブレイクを予感させるものだったが、果たして、あれはサプライズ効果に助けられただけだったのだろうか…。

◆T4−7YB◆
2回に新井の一発で先制された横浜だが、直後の3回、二死から連打と四球で満塁とすると、村田が2点タイムリー二塁打を放ち、一気に逆転。更に、ジョンソンが歩いて満塁となった所で吉村が走者一掃のタイムリー三塁打を浴びせると、狩野の捕逸でもう1点加え、この回、大量6得点で阪神先発・安藤をKO。阪神はその裏ね関本のタイムリーで1点、5回には関本,キュラソ星人のタイムリーで2点を返し、2点差まで詰め寄ったが、8回、横浜は村田に待望の今季初アーチが飛び出して、ダメ押し。最後は石井が締めて逃げ切った。先発のウォーランドは5回4失点ながら、打線の援護に恵まれて、来日初勝利

◆L7−2H
ホールトンの前に1,2回と三者凡退に終わった西武だが、3回、先頭のボカチカが6号先制アーチ。5回にはまたもボカチカが2打席連続の7号ソロを叩き込み、2点目を追加。西武先発・石井一は5回までノーヒットの快投を展開。終盤、疲れが出たのか、6回に二死満塁のピンチ。ここは何とか切り抜けたが、7回に先頭のオーティズに二塁打を浴びた所で降板。代わった大沼が代打・柴原にタイムリーを許して、1点差となったが、その裏、西武は栗山の2号2ラン等で一挙5点を奪い、試合を決定付けた。6回0/3を2失点の石井一はようやく今季初白星

4/29 野村監督◆E2−1F◆
日本ハム先発・武田勝に対して、楽天は2回一死から山崎武が二塁打を浴びせると、続く草野のタイムリーで先制のホームイン。6回にはヒットを渡辺直を高須が送ると、二死後、青波の長瀬がタイムリーを放ち、2点目。更に、山崎武の二塁打,草野の四球で満塁とチャンスを広げたが、中島は三振に倒れて、三者残塁。楽天先発・田中は6回まで散発2安打無失点の好投。7回、先頭のスレッジに被弾し、17イニングぶりの失点を喫したものの、以降は反撃を許さず、開幕から4試合連続完投勝利。これでノムさんは史上5人目となる監督通算1500勝を達成した。それにしても、4戦連続完投で僅かに2失点と言う今季の田中の安定感の高さは凄過ぎる。まだ気が早いとは思うが、斎藤雅の11試合連続完投勝利を更新するのではないかと言う期待すら抱かせる完璧な内容が続いている。

◆M3−5Bs◆
好投虚しく2試合続けて田中と当たってしまう不運に見舞われ、まだ白星のない渡辺俊。この日の相手はピリッとしない投球が続いている金子とあって、何とか白星を掴みたい所だったが、2回にフェルナンデス,後藤,日高と3連打を浴び、早くも2点を献上。4回にも日高にタイムリーを浴びると、7回には大引,ラロッカと連続アーチをぶち込まれて、無念のKO。一方、金子は8回まで散発4安打無失点と今季最高の投球を展開。完封目前の9回にバーナムJr.に来日初アーチとなる3ランをぶち込まれ、完封も完投も逃したが、リリーフの援護を仰いで、2勝目を飾った。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:02コメント(0)トラックバック(26) 

October 07, 2008

?????醇]????????◆E1−0H◆
負けた方が最下位となる正真正銘の最終決戦。ソフトバンクは初回一死二塁,2回一死一、二塁のチャンスをモノに出来ず、一方、楽天も3回一死一、二塁のチャンスを逃すなど、決め手に欠き、両軍共にゼロ行進を続けるばかり。0−0で迎えた6回、ソフトバンクは先頭の松田がセンター前へのポテンヒットを放つが、二塁を欲張って憤死すると、続く松中に二塁打が飛び出す何ともチグハグな攻撃。結局、後続が倒れて、またも無得点。その裏、楽天は二死からフェルナンデスが四球で出ると、青波の長瀬がライト線へ二塁打。しかし、本塁を狙ったフェルナンデスが三本間に挟まれて、憤死し、先制ならず。土壇場9回、ソフトバンクは一死から柴原が二塁打。二死後、途中出場の川崎が歩かされ、一、二塁となった所で高谷は三振に倒れ、二者残塁。試合は両軍無得点の儘、延長にもつれ込んだ。迎えたラストイニングの12回、ソフトバンクは荒金の死球,松田の四球で一死一、二塁とするも、ここで主砲・松中がよりにもよってセカンドゴロゲッツーに倒れる最悪の展開となり、この試合の白星が消滅。引き分けでも対戦成績で上回る為、5位となるソフトバンクは守護神・馬原に全てを託したが、代わりばな、先頭の草野に二塁打を浴びると、続く山崎武にタイムリーを許し、悪夢のサヨナラ負けで12年ぶりの最下位が確定した。

不甲斐ない攻撃の連続で最後の最後まで勝ち越せず、粘りに粘っていた投手陣が最後の最後で打ち崩され、シーズン最後の最後で最下位が決まってしまった。無死二塁でこの日4タコとは言え、山崎武は当然、敬遠だと思ったのに、何で勝負しちまったかな〜。まぁ、馬原で負けなら仕方ないと言うしかないが、とにもかくにもここまで1点も取れなかった打線の罪は重い。よりによって、王さんのラストゲームがこんな締め括りかよ! 満身創痍の小久保やら川崎やら無理矢理引っ張り出したのも奏功せず、正に、無念としか言いようのない展開だった。結果はこの上なく残念だったが、ともあれ、これで王さんのユニフォーム姿は見納め。長い間、球界の為に尽くしてくれて本当に有難う。お疲れ様でした。

◆S17−1D
ヤクルトは初回、一死から49日ぶりスタメンの野口がライトオーバーの三塁打を浴びせると、続く青木の犠飛で先制のホームイン。続く2回には飯原の死球,田中の二塁打で二、三塁とした所で川端がプロ初アーチとなる3ランを叩き込むと、3回には今度は野口にプロ初アーチが飛び出して、5点目。相変わらずの拙攻三昧で3回まで無得点だった中日は4回二死から森野,中村紀,小池の3連打でようやく1点を返すが、なおも一、二塁のチャンスにデラロサはサードゴロに倒れ、二者残塁。ヤクルトは7回に大量5点,8回には一挙7点と大爆発。一方、中日は6回以降、ノーヒットと沈黙し、大惨敗を喫した。

消化試合と余裕ぶっこいている中日が打ってはタイムリー欠乏症を露呈、投げては出る投手出る投手大炎上の醜態を晒し、屈辱的大敗。密かに登板が噂されていた隠れ防御率1位の人斬り抜刀斎は出番がなく、これで防御率のタイトルはほぼ絶望的となった。北京に拉致された事による既定投球回数の軽減と言う特例措置に乗ずる事を強引にタイトルを強奪する事をよしとしなかったのか、あるいは今オフFAで出ていく可能性の高い奴にかける温情などないと言う事なのか、はたまたアジアシリーズ連覇を掠め取るべく、アジアシリーズ出場権争奪戦出場権争奪戦を見据えてローテを崩したくなかったのか、果たして? ヤクルトは野口,川端と相次ぐプロ初アーチで主導権を握ると、終盤に集中攻撃を食らわせ、計16安打で今季最多タイの17得点。先発・館山は7回1失点で12勝目をマークした。

◆YB−T◆(降雨ノーゲーム)
巨人に並ばれてしまい、何とかリードした状態で直接対決を迎えたい阪神は初回、新井のタイムリーで先制する上々の立ち上がり。しかし、試合直前から降り始めた雨が強くなり、早々とノーゲームが宣告されてしまった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:56コメント(0)トラックバック(36) 

August 27, 2008

◆G3−2YB◆
2回に先頭の村田を死球で出した横浜は続く吉村の25号2ランで先制。2点を追う巨人は4回、ガッツの25号ソロで1点を返すと、6回には連打で作った一、二塁のチャンスに1番スタメンに抜擢された亀井が同点タイムリー。続くキムタクが送って、二、三塁と勝ち越しのチャンスを作ったが、ガッツ,寿司職人ラミレスと倒れて、同点止まり。2−2の儘、迎えた8回、この回から代わった2番手・小山田に対して、一死から代打・大道が2号ソロを叩き込み、ついに勝ち越し。最後はクルーンが3人でピシャリと締めて、逃げ切った。

大道の会心の代打決勝アーチで3連勝を果たした巨人が自力優勝を復活させた。投げては先発・バーンサイドが6回を3安打2失点と好投。リリーフ陣もヒットを許さず、最後を締めたクルーンは2年連続の30セーブ目をマーク。横浜はハマのチンピラが良く投げたが、いかんせん打線が3安打では如何ともし難かった。

◆T1−4D
2回一死一、二塁のチャンスをゲッツーで潰し、3回には一死一、三塁のチャンスを逃し、4回には一死からヒットで出た中村紀が盗塁死と、怒濤の拙攻三昧を繰り広げていた中日だが、5回、一死満塁から荒木のタイムリーでようやく2点を先制。なおも一、二塁のチャンスだったが、李がゲッツーに倒れて、2点止まり。その裏、阪神は高橋光のタイムリー二塁で1点を返すと、続く6回には一死満塁と一打逆転のチャンスを掴むが、ここで林が最悪のピッチャーゴロゲッツーに倒れて、無得点。8回から登板の久保田は二死満塁から押し出し四球と暴投で痛恨の2失点。最後は五輪で失意のどん底に叩き落とされ、怒り心頭の岩瀬の前に3人で抑え込まれて、連勝は5でストップした。

阪神のシニアディレクターに北京に拉致され、訳の分からない起用法で振り回されて、最大級の戦犯扱いされるなど、心に深い傷を負った岩瀬がその阪神相手に敵愾心を燃やし、溜まった鬱憤を晴らす怒りの投球で阪神のマジックを消滅させた。どうなる事やら心配だったが、復帰最初の登板が阪神戦と、ウサを晴らすには絶好の相手だったと言うのは僥倖だった。打線の方は3併殺を食らうなど、相変わらず、無様な攻撃を繰り広げていたが、とにかく今回は岩瀬の復活が見られて何よりだ。

◆S4−1C◆
広島先発・高橋に対して、ヤクルトは2回、先頭の飯原が6号ソロを叩き込んで、先制すると、5回にはオチョアのタイムリーエラーで2点目を追加。3,4回とチャンスを逃した広島だが、その裏、二死三塁から東出がタイムリー二塁打を浴びせて、1点差。7回には二死から小窪が振り逃げで出ると、代打で登場の求道者・前田が怒りのライト前ヒットで続いたが、東出は三振に倒れて、二者残塁。直後の8回、ヤクルトは武内のタイムリーでダメ押しの2点を追加。その裏から、五十嵐−林と繋ぎ、連敗を5で止めた。

5割復帰と3位浮上が懸かっていた広島だが、求道者・前田がまたもやベンチに軟禁された事が大きく響き、僅か1点と沈黙し、痛い黒星。代打で起用された求道者・前田はまたもや怒りのヒットを放ち、これで4打数連続ヒット(5打席連続出塁)。だが、求道者・前田は代打の神様なんて位置付けを目指している訳ではない。折角、調子が上がって来ているのだから、いい加減、スタメン起用を図って欲しいものだ。3位浮上のチャンスだと言う事を分かっているのか!?

◆H2−3Bs◆
ソフトバンクは2回、一死満塁と絶好のチャンスを掴むも、辻,高谷と倒れて三者残塁。続く3回にも二死から松中の二塁打,小久保の四球で一、二塁とするが、松田が打ち上げて二者残塁。すると、直後の4回、偽バファローズは無死一、二塁のチャンスにローズが最悪のゲッツー。しかし、続く濱中が歩くと、濱中が一、二塁間で挟まれている隙に三塁走者・坂口が本塁を陥れ、1点を先制。続く5回には下山が8号ソロを放ち、2点目。その裏、ソフトバンクは二死から松中がヒットで出ると、続く小久保が20号2ランを叩き込み、一気に同点。更に、6回には一死二塁から連続四球で満塁とし、偽バファローズ先発・小松をKOするが、本多,代打・本間と打ち取られ、三者残塁。同点の儘、迎えた土壇場9回、ソフトバンクは好投の大隣を下げ、早くも守護神・馬原を投入するが、これが裏目。一死から連打で一、三塁のピンチを背負うと、小瀬にスクイズを決められ、勝ち越し点を献上。その裏、加藤の前に三者凡退を喫し、3位転落となった。

五輪前に既に壊れかけていた川崎が五輪で完全に壊されてしまい、疲労骨折で今季絶望の危機に…。五輪の結果が結果だけに川崎の頑張りは何一つ報われなかった事になり、実に不憫だが、WBCの時と言い、国際大会に行く度にケガして帰ってきて長期離脱するのも考えものだ。五輪野球の暫定ラストイヤーでメダルを掠め取る事よりも、王さんのラストイヤー(?)でペナントを勝ち取る事に邁進してくれよ。川崎の復帰を心待ちにしていただけに、この離脱はやはり痛過ぎる。2試合で9安打と爆発していた本多も雨天中止で勢いが止まってしまい、5タコ。松中,小久保の両主砲は気を聞いたが、10残塁の拙攻も大きく響き、好投の大隣を見殺しに…。折角、戻ってきたのに、全然セーブのつく場面を作って貰えない馬原が同点の場面で上がってみれば、今季初黒星と、どうにも明るい材料が見えて来ないソフトバンクである。

◆M0−1F
両軍共に走者を出しながら、あと一本が出ず、0−0の儘、中盤へ突入。迎えた5回、日本ハムは二死走者なしから稲田の四球,田中のヒットで一、二塁とすると、稲葉がライト前へ弾き返して、稲田が先制のホームイン。1点を追うロッテは7回、2本のヒットで一死一、三塁とするも、代打・早川,根元と倒れて、二者残塁。9回にも守護神・MICHEALからサブローの四球,ベニー松山のヒットで長打が出れば一気に逆転サヨナラと言う場面を作ったが、最後は田中雅が三振に倒れて、完封負けとなった。

日本ハムが最少得点を守りきる完封リレーで2位浮上。先発・グリンは7回零封の好投で対ロッテ14イニング連続無失点と相性の良さを見せつけた。ロッテはベニー松山が3安打でいずれも大きなチャンスを築いたが、全て報われず仕舞いで3連敗。水島の呪いに取り憑かれている根元はこの日も3タコ。これで最近27打席で僅かに1安打と不振は深刻を極め、今週中にも3割を割りそうな勢いだ。

◆L7−2E◆
3回に渡辺直のタイムリーで先制を許した西武だが、4回、四球のG.G.佐藤を一塁に置いて、中村が逆転の33号2ラン。中村は続く5回にも二死一、二塁のチャンスに2打席連続の34号3ランをぶち込んで、一気に4点差。直後の6回、併殺の間に1点を返されるも、その裏、すかさず細川の13号ソロで突き放す。8回には栗山のタイムリーでダメ押しの8点目。土壇場9回、楽天は二死満塁と粘りを見せ、守護神・グラマンを引っ張り出したが、最後は代打・高須がショートゴロに倒れて、万事休す。

西武が一発攻勢で逆転勝ちを収め、マジックを23と減らした。中村は2発5打点の大活躍。ローズに3差の34号とホームランキング争いで独走体勢に入りつつある。五輪で計り知れない精神的ダメージを受けたG.G.佐藤も本職のライトを守っているうちにほぐれてきたのか、この日は2安打1四球て勝利に貢献。先発の石井一は6回を2失点で切り抜け、2年ぶりの2桁勝利をマークした。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:57コメント(0)トラックバック(34) 

June 12, 2008

◆F3−2G◆
ゴンザレスなき後の当ブログ推奨助っ人・バーンサイドに対して、日本ハムは初回二死走者なしから田中がライトスタンドへ8号ソロを叩き込み、1点を先制。5回には一死から鶴岡が四球で歩くと、二死後、糸井がレフト線へタイムリー二塁打を放ち、バーンサイドをKO。日本ハム先発のスーパーさぶ・多田野の前に5回までゼロ行進を続けていた巨人は6回、ヒットで出たガッツが多田野のボーク等で三進し、松田記者のショートゴロの間に生還するが、その裏、小谷野にタイムリーを浴びて、再び点差は2点。3−1の儘、迎えた土壇場9回、日本ハムは守護神・MICHEALを投入し、逃げ切り体勢。これに対して、巨人は松田記者,阿部の連打で無死二、三塁とワンヒットで同点のチャンス。ここで古城が犠飛を打ち上げ、1点差としたものの、加治前,鈴木尚と連続三振に倒れて、万事休す。

微妙な投球でも決して負ける事のなかったバーンサイドがついに来日初黒星。不敗神話対決は多田野に軍配が上がる事となった。今季、初物相手に1度も勝っていない巨人はまたも辛酸を舐めせられ、またまた貯金生活に失敗。9回のチャンスに相応の代打が控えていない戦力不足を痛感させられた格好だ。

◆H3−2
初回、中日は内野安打で出た荒木が盗塁とセカンドゴロで三進すると、ベンちゃんの犠飛で先制のホームイン。しかし、その裏、本多のサードゴロをいきなりデラロサがエラー。川相不在を早くも痛感させられ、動揺を隠せない長峰に対して、日本ハムは松中が同点タイムリーを浴びせると、続く2回には本多のタイムリー,松中の犠飛で2点を勝ち越し。直後の3回、中日は先頭の小川がヒットで出るも、続く荒木が最悪のゲッツー。4,5回と三者凡退に倒れた後、6回にはまたも先頭の小川がヒットで出塁するが、後続3人が倒れて、小川は一塁に釘付け。相変わらずのタイムリー欠乏症に、川相不在では一発に賭けるしかないと言う思いをより強くした藤井が8回に今季初アーチをぶち込んで、1点差としたものの、後が続かない。一人で投げ抜いてきたダイエー先発・大隣は9回も二死からヒットを許したものの、最後は中村紀を三振に斬って取り、完投で6勝目を飾った。

攻守に渡って川相不在の弊害を露呈しまくった中日が大惨敗。1点差だろうが、何だろうが、こんな試合は大惨敗である。長峰を2回で早々と下ろし、新人王の為に山本昌の白星を強奪する男・吉見の勝ち運に期待した様だが、無駄だった。そんな中日の無様な攻撃もあって、大隣が4月2日以来の完投勝利となった。

◆M5−8C◆
求道者・前田をフル欠場に追い込んだが故に完封負けを喫した事による非難など、痛くも痒くもないが、そろそろ心身共にコンディションが悪化を極めた頃合いと睨んだブラウン監督は、4試合ぶりに求道者・前田をスタメン起用。ブラウン監督のあからさまなやり口に愕然とする広島に対して、ロッテは初回から西岡,根元,里崎の3連打であっと言う間に2点を先制すると、更に、二死後、サブローにもタイムリーが飛び出し、この回、3点。広島は3回二死一、二塁から栗原のタイムリーでようやく1点を返すも、ブラウン監督の執拗な嫌がらせにより調子を崩されている求道者・前田は第1打席に続いて内野ゴロに打ち取られ、1点止まり。しかし、4回には石原のタイムリーで1点差とすると、5回には栗原のタイムリー二塁打でついに同点とし、ロッテ先発・唐川をKO。なおも追加点のチャンスだったが、求道者・前田がセンターフライとまたもブレーキ。小窪も倒れて、勝ち越しならず。すると、ロッテは6回、今江のタイムリー二塁打で再び2点を勝ち越し。しかし、直後の7回、二死二塁とまたまたチャンスで回ってきた求道者・前田がついにタイムリーを放ち、1点差とすると、求道者・前田の一打を無駄には出来ないと代打・嶋が2号2ランを叩き込んで、一気に逆転。更に、広島は8回に赤松の4号ソロ,9回には栗原のタイムリーで1点ずつ加えると、最後は守護神・永川がきっちり締めた。

貶められ続けた結果、最悪のコンディションに仕立て上げられた求道者・前田が執念のタイムリーで逆転勝利を呼び込んだ。しかし、ブラウン監督はそのタイムリーは見て見ぬフリをし、嶋の逆転弾をピックアップして、左の外野手のスタメン優先度は求道者・前田より嶋を重きに置く方針になったのではないかと思うと気が気でない。黒星こそつかなかったものの、5回もたずに降板となった唐川はこれで交流戦4連続KO。水島氏に「ドカパロSS 超絶無間地獄変」への登場を予告されてしまった事で既に深刻な呪いに犯されている受動的KOなのか、はたまた、「ドカパロ」に引っ張り出される前に二軍落ちして身を隠そうと言う能動的なKOなのか気になる所だ。

◆L6−3T◆
西武は初回、ブラゼルのタイムリー二塁打で先制すると、2回には2四死球で一、二塁とした所で片岡のタイムリーで2点目。西武先発・涌井は立ち上がりこそピンチの連続だったが、尻上がりに調子を上げて行き、5回まで無失点の好投。阪神は6回にキュラソ星人の10号ソロでようやく1点を返したが、その裏、岩田が無死満塁から高山に押し出し四球。更に、片岡に2点タイムリーを浴びて、ついにKO。西武は続く7回にも中村の13号ソロでダメ押しの1点を追加。阪神は9回に2点を返す粘りを見せたものの及ばず、連勝は6でストップした。

好投しても好投しても報われない日々が続いていた岩田が5失点KO。勝利数では後塵を拝する吉見との新人王争いで、優位に立っていた防御率も0.46も下げ、吉見に1位の座を譲り渡す事となってしまった。阪神は1,2回と立て続けに二死一、二塁のチャンスを逃したのが痛かった。

◆E3−7S
楽天は初回、先頭の渡辺直が三塁線を破る二塁打で出ると、2つの内野ゴロで先制のホームイン。1点を追うヤクルトは3回、2本のヒットで一死一、三塁となった所で福地がサードへのタイムリー内野安打を放ち、同点。更に、二死満塁となった所で畠山がタイムリーを放ち、2点を勝ち越し。7回には一死満塁から青木が4号グランドスラムを叩き込み、試合を決定付けた。9回に3番手・五十嵐が2点を失ったものの、大局には影響なし。楽天はこれで3連敗となった。

初回こそ失点した館山だが、以降は7回まで無失点に抑える好投で6連勝。集中打で逆転し、グランドスラムでダメ押しと投打噛み合ういい流れだったが、最後の最後で五十嵐が水を差してしまい、ケチがついたのは残念だ。楽天は先制しながら、2回以降は淡泊な攻めが目立った。朝井はよく粘っていたが、最後は四球で自滅した格好となった。

◆Bs4−1YB◆
初回にローズのタイムリーで先制された横浜だが、直後の2回、ビグビーが3号ソロを叩き込み、同点。1−1で迎えた4回、偽バファローズはローズのヒット,北川の四球で一、二塁とした所で日高のタイムリー二塁打で勝ち越し。続く下山が死球を食らって満塁とすると、ウッドのボークでタナボタの1点を追加。更に、後藤が犠飛を打ち上げ、この回3点。横浜は6回、二死から内川がヒットを放つと、村田が北川のエラーで出て、オルティズをKO。ここで一発を放っているビグビーに期待がかかったが、代わった吉野の前にセカンドゴロに倒れて、二者残塁。偽バファローズは7回以降、小松−本柳−加藤と1回ずつ抑えて、逃げ切った。

今日も金城がトリプルプレーをかまされるなど、屈辱的な水島の呪いを受けてしまった横浜がまたも黒星。金城が負傷退場しなかったのはむしろ僥倖だったかもしれない。開幕から唯一ローテを守っているが守っているだけのウッドはこれで開幕6連敗。にも拘わらず、何故、大矢監督のウッドへの信頼感は無駄に高いのか? ウッドが守れてしまう程のローテだから、鶴岡を捨ててでも真田クラスの投手を欲してしまうのだろうなぁ。当初は相手打線を覚醒させてしまうばかりのオルティズはいつの間にやら3勝目。まだ防御率はパウエル以下ではあるが、そこそこパウエルより戦力になってきたかもしれない。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:10コメント(1)トラックバック(79) 

June 06, 2008

◆G4−3M◆
0−0で迎えた3回、ロッテは二死走者なしから根元が今季初アーチとなる先制弾を叩き込むと、更に、二塁打を挟んで2つの四球で満塁とした所でサブローが2点タイムリー二塁打を浴びせて、この回、3点。3回まで1安打無失点と上々の滑り出しを見せたロッテ先発・清水だが、4回にガッツに被弾。5回には一死二、三塁のピンチで代打・清水に犠飛を許すと、6回には連打で二、三塁のピンチを背負った所で寿司職人ラミレスのセカンドゴロの間に同点を許してしまい、この回限りで降板となった。その後、両軍共に決め手を欠き、試合は延長に突入。迎えた10回、巨人は早くも投入した守護神・クルーンが(振り逃げ含む)3連続三振の快投を展開すると、その裏、守備から途中出場していたルーキー・加治前がプロ初打席でサヨナラアーチを叩き込み、接戦に終止符を打った。

主力の相次ぐ離脱により、日毎にオーダーがイースタン化していく巨人。この日も田中,加治前がプロ初打席を経験したが、その加治前がプロ野球史上初となる大仕事をやってのけた。止ん事無き事情で起用されている若手達だが、主力が戻ってきたら、ただ漠然と入れ替えられない様な食い下がりを見せて貰いたい所だ。尚、主力中の主力である寿司職人ラミレスは4タコで連続試合安打がついに27でストップ。投げては先発の野間口こそ背信投球だったが、以降、リリーフ陣が好投し、サヨナラ勝ちを呼び込んだ。特に、2回を5三振の越智は圧巻だった。

◆D3−7F
依然として極度のタイムリー欠乏症,一発依存症に好転の気配が見えない中日は日本ハム先発のスーパーさぶ・多田野に対して、4回までにT.ウッズが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに叩き込んだ2打席連続ソロアーチ以外は誰一人走者に出られない体たらく。今季初登板となる佐藤充は不甲斐ない打線をバックに4回まで無失点で踏ん張ってきたが、5回、二死二、三塁のピンチを背負うと紺田にタイムリーを浴びて1点差。更に、続く高口には走者一掃の逆転タイムリー三塁打を浴びて、あえなくKO。これで流れを掴んだ日本ハムは7回には3連打で無死満塁とした所で高口,村田の連続タイムリーと稲葉の犠飛でダメ押しの4点を追加。中日は8回にも川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに代打・英智に今季初アーチが飛び出したが、所詮単発では試合は動く事はなかった。

僅か4安打に抑え込まれた上、うち3本がソロアーチと言う実に中日らしいしょっぱい攻撃。正に、川相不在の弊害をまざまざと見せつけた。単発に頼るしかない状況では先発が頑張るしかないのだが、今季初登板の佐藤充には荷が重かった様だ。この壊滅的な状況を打破する為の策は1つしかないのだが、一体いつまで実行しない気なのか…。一方、日本ハムはついに守護神・MICHEALが復帰。セーブのつかない場面ではあったが、3人をピシャリと抑えて、復活をアピール。これで武田久がセットアッパーに戻れると、後ろはより一層安定感を増す事になるだろう。それにしても、4回でソロ2発被弾しただけの好投だった多田野が5回で代打を送られてしまったのは何とも気の毒だ。

◆T5−2H◆
初回、一死満塁のピンチをゲッツーで切り抜けた南海は直後の2回、二死から長谷川が内野安打で出た所で山崎がタイムリー二塁打を放って、1点を先制。続く3回には一死二塁から松中がタイムリーを放ち、2点目。3回まで6つの残塁を量産していた阪神だが、4回、シャア少佐のタイムリーでようやく1点を帰すと、5回には新井が7号ソロを叩き込み、試合は振り出しに。2−2で迎えた7回、南海はこの回から代わった久保田に対して、一死から本多,川崎の連打の後、松中が歩いて満塁のチャンス。しかし、小久保,柴原と連続三振に倒れて、三者残塁。その裏から登板したニコースキーは簡単に3人で退けるも、続く8回に入ると全くストライクが入らなくなり、2四球とヒットで無死満塁のピンチを迎えると、鳥谷に押し出し死球を食らわせて勝ち越し点を献上。代わった藤岡も代打・悠久の若虎・桧山にタイムリーを浴び、致命的な2失点。9回は守護神・藤川の前に反撃を断ち切られた。

ピリッとしない内容ながらも、大崩れせずに粘っていた岩田だったが、またも打線の援護に恵まれず。中日・吉見が中継ぎに回されている交流戦の間に白星を稼いでおきたいと言うのに、勝敗つかない儘、無念の降板となってしまった。その岩田の降板後に阪神はようやく勝ち越し…と言うか、完全にニコースキーの自滅に救われた格好ではあるが…。南海はニコースキーを引っ張り過ぎただろう。せめて満塁になった段階で久米辺りを投入する手はなかったものか…。それにしても、王さんの南海ユニフォーム姿はちょっと複雑だなぁ…。

◆C2−12Bs◆
広島先発のルーキー・篠田が立ち上がり早々3連続四球で満塁とした後、ローズに2点タイムリーを浴びて、あっと言う間にKO。偽バファローズは更に、北川の犠飛で1点を追加。1点ずつ取り合って迎えた5回、広島は二死一、三塁から栗原のタイムリーで2点差。なおも一、二塁のチャンスだったが、ここで求道者・前田がセカンドゴロに倒れて二者残塁。すると、直後の6回、偽バファローズはローズが14号2ランを叩き込むと、8回には6連打等で6点を追加し、試合を決定付けた。一死も取れずにKOとなった篠田はプロ初黒星。

スタメン復帰を果たした求道者・前田だが、無念の4タコ。チャンスに悉く凡退してしまったのも痛かった。ブラウン暗黒政権下では求道者・前田もコンディションとモチベーションを維持するのが極めて困難なのだろう。いずれかのパラメータが上がってきたと見るや、きっちりスタメンから外して、上昇カーブを食い止めると言う恐るべき闇の采配だ。偽バファローズ投手陣も求道者・前田封じが勝利への最大の近道と分かっているのか、栗原に幾ら打たれてもいいから、求道者・前田だけは徹底マークすると言う策が奏功した。今回の求道者・前田のブレーキは正に、ブラウン監督の幽閉策を助長する格好の要素となってしまっただけに今後の広島が非常に心配である。

◆YB5−14E◆
2回に二死満塁のチャンスを逃し、3回は先頭打者を出しながらゲッツーで潰し、4回も先頭で歩いた山崎武が盗塁死とまずい攻めが続いていた楽天だが、先発・朝井はひたすら援護を待ちながら、4回を無失点の好投。すると、5回、横川にプロ初アーチが飛び出して、待望の先制点をゲット。続く6回には鉄平の3号3ランなど、5長短打を集中し、一挙7点のビッグイニングを形成。更に、7回にも3連打で3点を追加。横浜は村田,メカゴジラの一発等で応戦したものの、9回にもダメ押しの3点を失い、力尽きた。

早速、はーちゅんが岩鬼に被弾するなど、水島の呪いが本格化しつつある影響か、出る投手出る投手火だるまに遭い、悪夢の17安打14失点。横浜打線も14安打を放ってはいるものの、無駄打ちが多かったし、あまりにも打たれ過ぎた。先発・ウッドはこれで開幕5連敗だが、これでもローテから外せない苦しい投手事情は哀れを誘う。本来ならばローテに入っていなければならない土肥も中継ぎで3失点と不甲斐ない投球だった。

◆S7−1L◆
西武先発・涌井に対して、ヤクルト打線が初回から猛攻。二死二塁から畠山,武内,田中,飯原,川本と怒濤の5連打で4点を先制。5回には二死一、三塁から川本が今季初アーチとなる3ランを叩き込み、涌井はこの回限りでKO。ヤクルト先発の館山は8回まで4安打1失点の好投を展開し、5勝目。西武の連勝は3でストップした。

10本塁打以上の選手が5人(細川も9本)も居並ぶ強力西武打線を館山が見事に封じ込め、一方、ガイエル不在で最多本塁打が飯原の3本と言うこぢんまりとしたヤクルト打線が単打の応酬で涌井を攻略。最後に今季0ホーマーの川本の3ランと西武のお株を奪う一発でとどめを刺すと言う、ヤクルトは正に、理想的な試合運びだった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:22コメント(0)トラックバック(55) 

July 07, 2007

◆S9−0G◆
パウエルの復帰が迫ってきており、ローテに留まる為にはそろそろまともな投球を見せておかないといけないGG佐藤だが、相変わらず、ピリッとしない投球で青木に12号先頭打者アーチを叩き込まれると、宮出にもタイムリーを浴びて、いきなり2点を献上。3回には宮本にタイムリーを許し、5回に早くも代打を送られてしまう体たらく。その5回に二死満塁と言う絶好のチャンスを逃してしまった巨人はその裏から登板の深田が大炎上。一死から4連打で2点を失うと、二死後、プロ初スタメンの川本にプロ初アーチとなる3ランを叩き込まれて、この回、悪夢の5失点。終盤に猛追を見せる事の多い巨人打線もこれで完全に気持ちが切れたか、淡泊に凡打を繰り返すばかり。ヤクルトは8回に宮出の4号ソロでダメ押し。投げては先発・館山が8回を2安打無失点と完璧な投球を展開。完封も出来そうな気配だったが、9回はルーキー・西崎が3人で締めての完封リレーを達成。ヤクルトは投打が噛み合っての完勝とどちらが首位か分からない試合運びで4連勝となった。

◆D3−0T◆
昨日から全くタイムリーが出る気配のない中日はこの日もルーキー・上園の前に3回まで1安打と沈黙。しかし、4回、先頭の福留が四球を選ぶと、ここでT.ウッズが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにライトスタンドへ先制22号2ランを叩き込み、13イニングぶりの得点を獲得。とは言え、一発が出ないと如何ともしがたい事に変わりはなく、5回以降は一向に得点を奪えない。打線がアテにならない以上、踏ん張るしかない先発・人斬り抜刀斎は,7回まで4安打無失点の好投を展開。8回に先頭のジュビロ野口の強襲安打で胸に打球を食らい、降板となったが、岡本,岩瀬と繋いで、何とか後続を断ち切ると、その裏、内野ゴロの間に貴重な3点目を追加。最後は岩瀬が三者三振に斬って取り、史上3番目のハイペースでの通算500登板を飾った。昨日のお返しとなる完封リレーを展開した。

◆C0−8YB◆
エース・黒田が立ち上がりによもやの大乱調。初回、いきなり連続四球を与えると、ここから金城,村田,メカゴジラ,吉村と4連打を浴びるなど、早くも4失点。2回以降立ち直りを見せたものの、6回にガッツな貴公子・仁志のタイムリーで5点目を許し、この回限りで降板となった。横浜は7回にも吉村の11号3ランでダメ押し。投げては先発・ハマのチンピラが5安打完封で6勝目を飾った。

◆L3−0H◆
悪の温床・楽天との呪われた対決に連敗を喫してまい、ムードは最悪のソフトバンクはこの日も先手を取られる苦しい展開。初回、先発・ガトームソンはいきなり栗山に二塁打を浴びると、片岡に犠打を許した後、中島のタイムリーで先制点を献上。4回には松田のエラーでピンチを作った挙げ句、G.G.佐藤の犠飛で2点目を許すと、6回には二死からの3連打で3点目。打線の方も西武先発のルーキー・岸の前に6回まで散発4安打と攻撃が繋がらず、7回以降も小野寺−ミッチーーグラマンと繋ぐリレーの前にチャンスらしいチャンスも掴めずに完封負け。ガトームソンは3失点完投も虚しく、打線に見殺される結果に終わった。水島の呪い再燃を思わせる打線の沈黙ぶりにこの儘、首位戦線からズルズルと後退してしまうのではないかと、首脳陣は戦々恐々。岸は田中に並ぶルーキートップタイの6勝目。グラマンは来日初セーブとなった。

◆F5−4M◆
2回にスウィーニーの暴投で労せずして先制したロッテは5回には堀の今季初アーチとなる2ランで2点を追加。その裏、エラー絡みで1点を失うも、すかさず6回に里崎の一発で再び3点差と突き放す。しかし、粘る日本ハムはその裏、ジョーンズのタイムリー二塁打等で2点を返すと、続く7回には稲葉のタイムリーで同点とし、延長に持ち込んだ。迎えた10回裏、9回からマウンドに上がっていたロッテ4番手・薮田に対して、日本ハムは先頭の小谷野がいきなりレフトスタンドへサヨナラ4号ソロを叩き込み、首位をがっちりキープした。

◆E1−2Bs◆
カーター,朝井の投げ合いが続き、0−0で迎えた5回、悪の温床・楽天は内野安打2つでチャンスを作ると、嶋のタイムリーで均衡を破る先制点をゲット。1点を追う偽バファローズは7回、一死から北川,後藤の連打で一、三塁とすると、大引がライトへ犠飛を打ち上げ、ついに同点。更に、続く日高がタイムリー二塁打を浴びせて、勝ち越しに成功。以降は菊地原,大久保と繋ぎ、最後は僅差でのリリーフ失敗が続く加藤大ではなく、吉田を投入して、1点差を守りきった。吉田は4年ぶりのセーブをマーク。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:56コメント(2)トラックバック(81) 

May 27, 2007

◆G4−6Bs◆
6連勝中と好調の偽バファローズに対して、3回まで1安打と抑え込んでいた春風亭半ケツだが、4回、無死一塁からラロッカに17号2ランを叩き込まれて、2点を献上。一方、偽バファローズ先発・ユウキの前に3回までパーフェクトと沈黙していた巨人はその裏、4安打を集中して、一気に3点を奪い、逆転に成功。しかし、それも束の間、直後の5回、下山のタイムリー,ラロッカの犠飛であっさり形勢逆転。1点を追う巨人は5回、巨人はガッツが通算250号となる一発をライトスタンドに叩き込み、同点この後、更に、一死一、二塁と勝ち越しのチャンスを逃した巨人は続く7回には代打の代打・矢野を送って、代打・清水を無駄使いしてまで掴んだ無死二塁のチャンスを逃し、8回も先頭打者を出しながら、ゲッツーで潰し、9回の二死一、二塁とサヨナラのチャンスも逸して、試合は延長に突入。4−4の儘、迎えた11回、巨人はついに上原を投入するも、先頭のラロッカに死球を食らわせた後、牛込氏に「無理に決まってますよ! 夢よ、もう一度って事だろうけど、そんな選手が通用するほど、日本の野球は甘くないですよ」と酷評されたかつての同僚・ローズに15号2ランを放り込まれて、ついに勝ち越し点を献上。この後、三者連続三振の力投を見せた上原だが、時既に遅し。その裏も先頭の阿部がヒットで出たものの、後続3人が簡単に打ち取られて、万事休す。偽バファローズはコリンズ監督の誕生日に花を添える7連勝

◆D2−6F◆
この日で通算500試合登板となる中日先発・山本昌だったが、初回から青波の長瀬にタイムリーを浴びて、先制点を献上。一方、日本ハムは今季初先発となる武田勝をマウンドに送るも、その裏、藤井に川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにプロ初アーチを浴び、あっと言う間に同点。中盤に入り、4回に日本ハムが併殺崩れの間に1点を勝ち越せば、その裏、中日も二死走者なしからの3連打で再び同点。2−2の儘、迎えた8回、既に、武田勝はマウンドを降りている一方で依然としてマウンドを守っていた山本昌だったが、連打を浴びた後、ゲッツーに取った筈のサードゴロを中村紀のヘッポコエラーで足を引っ張られ、無死満塁の大ピンチ。川相不在の弊害を痛感し、落胆の色を隠せない山本昌は小谷野に簡単に勝ち越し犠飛を打ち上げられると、金子誠には2点タイムリーを浴びて、痛恨の3失点。日本ハムは9回にも田中賢のこの日4安打目となるタイムリーでダメ押し。最後はセーブのつかない場面ながらもMICHEALを投入して逃げ切り、7連勝。中日の連勝は3でストップした。

◆S4−1H◆
水島の呪いと言う計り知れない強敵との戦いを強いられているソフトバンクはこの日も先発・水田が青木に先頭打者アーチを浴びて先制される苦しい展開。この日も呪いに倒れた主砲・松中を欠き、ヤクルト先発・館山の前に4回までパーフェクトと沈黙していたソフトバンクは5回に田上のタイムリーでようやく同点に追いつくも、この段階で早くも水田を下げてまで投入した代打・ブキャナンが空振り三振で勝ち越しのチャンスを逃すと、代打を出されてしまった水田に代わって登板の山村がその裏、宮出のタイムリーであっさり勝ち越される裏目の展開。ヤクルトは続く6回にも田中浩の走者一掃のタイムリー三塁打で貴重な2点を追加。最後は2戦連続リリーフ失敗中の守護神・高津がピシャリと抑えて復調をアピールし、連敗を5でストップ。先発・館山は8回1失点で今季初勝利。6連敗中の偽バファローズに敗れ、対戦成績8連勝中の日本ハムに敗れ、今また5連敗中のヤクルトに敗れ…と、水島の呪いは留まる所を知らない。何はともあれ、一刻も早く松中には戻って貰いたい所だ。

◆C3−2L◆
2回に倉のタイムリーで先制された西武は直後の3回、カブレラに3試合連続となる9号2ランが飛び出して、逆転に成功。しかし、広島もその裏、すかさず栗原のタイムリーで追いつくと、5回にはカブレラのタイムリーエラーで勝ち越しに成功。先発・黒田は6回2失点で降板となったが、7回からは横山−梅津と繋いで、最後は守護神・永川が締めて、1点差を守りきった。8戦連続2点以下の上、3戦連続してカブレラの一発でしか点が取れないでいる西武はこれで4連敗で借金生活に突入した。

◆T3−14M◆
今江が左手有鈎骨骨折で登録抹消となったものの、ロッテ打線は昨日に続いて序盤に爆発。初回にフクーラの走者一掃タイムリー二塁打,ベニー松山のタイムリーで早々と3点を先制すると、続く2回にはTSUTOSHI,サブローのタイムリー二塁打で阪神先発・杉山をKO。更に、代わった渡辺から里崎が2点タイムリーを浴びせて、7点目。一方、打線低調が続く上、右ふくらはぎ痛の矢野が登録抹消となってしまった阪神はロッテ先発・久保に対して、その裏、林の7号ソロで1点を返すも、全く後が続かない。6回にはシャア少佐,関本と連打を浴びせるも、鳥谷,キュラソ星人の連続ファーストゴロでちまちまと1点を返すのが精一杯。8回に2点を加えたロッテは9回には里崎,ベニー松山の連続アーチ等で大量5点を奪い、ダメ押し。12点差と完全に試合が決まった状態で迎えた9回裏、藤田の抜け球がキュラソ星人の右肘をスナイプ。どう考えても大差で勝っているチームがよりにもよって連続試合出場のかかっているキュラソ星人相手に故意にぶつける理由など皆無だと言うのに、フクーラにかました2死球に対する報復と受け取ったのか、はたまた大敗ムードの憂さ晴らしでもしたいだけなのか、阪神ベンチが激昂し、乱闘寸前状態に陥ると、頭に当たった訳でもないのに、何故か警告試合となる訳の分からない展開に発展。この後、阪神はゼブラ今岡のどん詰まりタイムリーで1点を返したものの、焼け石に水だった。ロッテはTSUYOSHIの4安打を初めとする18安打の猛攻で首位をがっちりキープ。久保は7回2失点の好投で4勝目。。ところで、中村泰は何でいつまでもリリーフやらされてるんだろうね? 太陽の子エステバン・ジャンが落ちて先発枠が空き、ダーウィンが昇格して中継ぎ枠が埋まったんなら、中村泰を先発に持ってきゃいいだろうに…。

◆YB4−7E◆
今季は巨人以外のチームにも好投し、開幕5連勝を果たしたものの、前回の登板でそのメッキが剥がれてしまった土肥はこの日も奮わず、まず2回にショートに今季初アーチを被弾し、先制点を献上。4回にも山崎武にl両リーグ一番乗りとなる20号ソロ,フェルナンデスに9号ソロと次々に被弾。そして、6回に先頭の礒部に二塁打を浴びた所であえなくKOとなった。この後も悪の温床・楽天は7回に高須のタイムリー,8回にはフェルナンデスの犠飛で着々と加点。投げては先発の山村が7回を投げて、メカゴジラの一発による1点のみに抑える好投を展開。悪の温床・楽天は9回にも山崎武のこの日2発目となる21号2ランでダメ押し。横浜もその裏、メカゴジラに2打席連続の3号3ランが飛び出したが、大局には影響なかった。山村は無傷の4連勝。それにしても、横浜の交流戦ユニフォームは微妙だ…。やはり、青がないとどうにも違和感が…。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 18:00コメント(1)トラックバック(86) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ