陽仲寿

April 29, 2007 18:32

◆S6−2G◆
今季初先発となる松井に対して、巨人は2回、先頭のニックンが平凡なライトフライに倒れるも、これを何とガイエルがまさかの落球。これで一気に二塁を陥れたニックンは脇谷のタイムリーで先制のホームイン。続くホリンズにもタイムリー二塁打が飛び出して、この回、2点。しかし、3回、ヤクルトは巨人先発・久保から痛恨のエラーをかましたガイエルが汚名返上の2号ソロで1点差。巨人は3回二死二塁,6回、一死一塁のチャンスにニックンが悉く凡退と本領を発揮のチャンスブレイクで突き放す事が出来ずにいると、その裏、ヤクルトもゲッツーでチャンスを潰しかけながら、直後に青木がヒットで繋いだ後、寿司職人ラミレスがレフトスタンドへ4号2ランを放り込み、一気に逆転に成功。更に、7回には2番手・真田を攻め立て、代打・宮出,青木のタイムリーで3点を追加。ヤクルトは7回以降、4人のリリーフを注ぎ込む小刻みな継投で巨人打線の反撃を断ちきり、2連勝。6回2失点の松井は今季初勝利となった。巨人は4月5日以来の連敗で7カードぶりの負け越し。育成選手枠から支配下選手枠に昇格した山口が1イニングを無失点に抑えたのが明るい材料か。

◆YB7−4D◆
2回までいずれも3残塁と拙攻合戦で迎えた3回、中日は川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに福留が8号2ランを叩き込み、先制。更に、この後、二死満塁のチャンスを作ったが、谷繁が凡退し、三者残塁と川相不在の弊害を大露呈。これでガックリきた先発・中田はその裏、井端のエラーで足を引っ張られた事で川相不在の重さを改めて痛感し、村田に同点2点タイムリー二塁打を許すと、更に、吉村にもタイムリーを浴びて、勝ち越し点を献上。直後の4回、中日は福留のセカンドゴロの間に同点として、横浜先発・ゲーリー川村はこの回限りでKOとなった。同点で迎えた5回、横浜は一死満塁から吉村のセカンドゴロ併殺崩れの間に勝ち越しに成功。続く6回にも村田,メカゴジラの連続タイムリーで3点を奪い、試合を決定付けた。この後、中日は福留が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにこの日2本目の9号ソロを放ったものの及ばず、3連敗で横浜と入れ替わりで3位転落。拙攻拙守の無様な試合展開に名手・川相コーチの現役復帰を待望する声はますます強まっている

◆C5−1T◆
広島は初回、阪神先発・能見に対して、梵,天谷,栗原の3連打で先制すると、続く新井もヒットを放ち、満塁。求道者・前田は倒れたものの、続くルパン広瀬が今季初アーチとなるグランドスラムを叩き込み、この回、一気に5点。いきなりの大量ビハインドとなった阪神は直後の2回に二死からの3連打で満塁とするも、ここで能見に回ってしまうツキのなさで三者残塁。3回無死一、二塁で後続3人が倒れ、4回も先頭の林が出た後、矢野がゲッツー、続く関本が二塁打と言うチグハグな攻撃で無得点。更に、6回無死一、二塁、7回二死一、二塁のチャンスも逃す有様。9回にシャア少佐のタイムリーで完封を免れるのが精一杯。12残塁の拙攻が大きく響いた阪神は貯金が消滅。広島は2回以降、さっぱりチャンスを掴めない昨日同様の一点集中攻撃で今季初の3連勝。ようやく今季初の3連戦勝ち越しを決めた。先発・佐々岡は5回無失点でようやく今季初勝利。それにしても、9回の継投は謎だ。河内が連打を浴びた後、シーツに梅津、キュラソ星人に永川を起用する一人一殺…って、全く意図が分からない。何故、シーツの所から永川ではダメだったのだろう? 永川がサウスポーってんならまだ分からんでもないが…。

◆Bs5−6H◆
この日はブキャナンがスタメン落ちとなったソフトバンクだが、初回から、松中のタイムリーで1点を先制。その裏、牛込氏に「無理に決まってますよ! 夢よ、もう一度って事だろうけど、そんな選手が通用するほど、日本の野球は甘くないですよ」と酷評されたローズの9号2ランで逆転されるも、3回にハマのスペランカーの同点タイムリーの後、またも松中が6号2ランを叩き込んで、勝ち越しに成功。偽バファローズは1点ずつ取り合って迎えた5回に本多のタイムリーエラー,塩崎の犠飛で同点に追いつくも、直後の6回、今度は小久保に9号ソロが飛び出して、ソフトバンクが再び勝ち越しに成功。粘る偽バファローズは土壇場9回、抑えの馬原に対して、二死一、二塁と一打サヨナラの場面を作ったが、最後は代打・北川が空振り三振に倒れて、ゲームセット。ソフトバンクはこれで7連勝となり、首位に返り咲いた

◆L4−9M◆
初回に中島,3回にカブレラにタイムリーで2点を先制されたロッテだが、4回に里崎のタイムリーで反撃開始。5回にはサブローの同点タイムリーの後、ズレータ,ベニー松山と一発攻勢で一気に5点を勝ち越し。西武はカブレラがブライアントに並ぶ史上最速タイとなる733試合目での250号を放つなど、3点差まで追い上げたが、9回に竹原の2点タムイリーで突き放され、一日にして首位陥落となった。ロッテ先発・成瀬は7回途中4失点ながら、打線の援護に助けられ、2勝目をマークした。

◆E1−7F◆
日本ハムは初回、稲葉の先制タイムリーの後、青波の長瀬に8号2ランが飛び出し、早くも3点のリード。これで主導権を握った日本ハムは2回には陽がプロ初打点となるタイムリーヒット。更に、4回にはこの日スタメンで起用された田中幸が2試合連続となる2号2ランを叩き込み、2000安打であと8本と迫った。投げては先発の八木が6回まで8安打を浴びながら無失点に抑える粘りの投球を展開。7回に嶋のプロ初アーチで1点を失い、降板となったが、江尻,武田久のリリーフを仰いで3勝目をマーク。日本ハムは今季初の3連勝で悪の温床・楽天と並ぶ5位タイとなった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ