関本賢太郎

May 02, 2010

5/2関本◆T8−7G◆
負ければ首位転落となる巨人は戦列復帰したエース・内海を先発起用。3回まで無失点に抑えていた内海だが、4回に阿部のタイムリーで先制点を貰ってからおかしくなり、その裏、3連打で無死満塁のピンチを背負うと、内野ゴロ2つで勝ち越しを許してしまう。続く5回にはマッスル千代の富士,脇谷がエラーと立て続けに足を引っ張られると、鳥谷にタイムリーを浴びて、今季最短のKO。更に、代わった久保は二死後、J.マッケンジーに6号3ランを被弾。5点を追う巨人は直後の6回、寿司職人ラミレスのタイムリーの後、阿部,松田記者の連続アーチで1点差。続く7回には無死一、三塁から久保田のエラーで追い付くと、更に、一死二、三塁から久保田の暴投で労せずして勝ち越し。しかし、その裏、キャンプから先発として体を作ってきたにも拘わらず、クルーンの離脱で開幕から半月程で中継ぎ復帰を強要されて以降、出ては炎上の繰り返していると言うのに、クルーンが復帰したにも拘わらず、一向に先発に戻して貰えない山口が新井に4号同点ソロを被弾。続く8回には代打・関本に2号ソロを被弾し、勝ち越し点を献上。土壇場9回、巨人は守護神・藤川に対し、一死一、二塁のチャンスを作ったものの、脇谷,ガッツと連続三振に倒れて、ゲームセット。阪神は3連戦3連勝でついに首位浮上となった

◆C4−3D◆
中日先発・山内に対し、広島は初回、一死から梵のヒット,天谷の四球で一、二塁とした所で栗原がレフト前に弾き返して、梵が先制のホームイン。一方、中日は初回のチャンスをゲッツーで潰し、2回もエラーで先頭打者を出しながら、後続3人が凡退。3回にも一死一、二塁のチャンスに井端がゲッツーと怒濤の拙攻三昧。すると、4回二死から川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにベンちゃんが2試合連続の9号ソロを叩き込み、ようやく同点。1−1で迎えた6回、広島は先頭の栗原がレフトスタンドへ3号ソロをぶち込んで、勝ち越しに成功。更に、ルパン広瀬が荒木のエラー出ると、二死二塁となった所で倉がレフト前へタイムリーを放ち、3点目。2点を追う中日は先頭の井端が四球で歩くと、森野が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに6号2ランを放り込み、一気に同点。3−3で迎えた土壇場9回、広島は先頭の代打・石井タクローが荒木のこの日2つ目のエラーで出塁。倉が送った後、赤松がヒットを放ち、一、三塁となった所で東出がセンター前へタイムリーを放ち、サヨナラ勝ち。一時は同点弾を浴びた高橋に4勝目が転がり込んだ。1点を争う展開でありながら、またもや求道者・前田を使いそびれると言う広島首脳陣の勝負所に対する見極めの甘さが露呈し、今後に大いに不安を残す事となったのは言うまでもない。一方、中日は3併殺を食らい、一発でしか点の取れず、最後はエラーで負けると言う無様な試合を繰り広げており、名手・川相二軍監督の現役復帰を待望する声が強まる一方だ

◆S1−4YB◆
横浜は3回、一死から石川の二塁打,内川の四球で一、二塁とすると村田がライト前へ先制タイムリー。更に、二死二、三塁となった所でカスティーヨに2点タイムリーが飛び出し、この回3点。5回にはこの日2安打と当たっている村田がレフトスタンドへ5号ソロを放り込み、4点目。亡命先から出戻り初登板となる大家は6回まで無失点の好投を展開。7回、先頭の武内に3号ソロを被弾するなど、この回途中で降板となったが、牛田−山口のリリーフを仰いで、出戻り初勝利となった。

◆H2−4M◆
ついに首位に立った好調・ソフトバンクはこの日も初回から二死一、二塁とすると、ハマのスペランカーのタイムリー二塁打で先制。なおも二、三塁のチャンスは続いたが、松田は三振に倒れて、1点止まり。ソフトバンク先発・大隣の前に3回までノーヒットと沈黙していたロッテは4回一死から金,大松と連打を浴びせると、二死後、ゼブラ今岡が同点タイムリー二塁打。続く5回には四球の南を二塁に進めると、荻野貴,井口と連続タイムリーを放ち、2点を勝ち越し。8回にはヒットの荻野貴が二盗とセカンドゴロで三進した所で金が犠飛を打ち上げ、4点目。3点を追うソフトバンクはその裏、オーティズの3戦連続11号ソロを叩き込むが、後が続かず、1点止まり。最後は小林宏の前に反撃を断たれて、連勝は5でストップし、1日で首位の座から陥落した。15試合の中継ぎ登板を経て今季初先発となったマーフィーは5回を1失点に抑え、来日初勝利をマークした

◆F1−4L◆
0−0の儘、迎えた5回、西武は一死から細川が二塁打を浴びせると、続く佐藤が2年ぶりとなる2ランを放り込み、先制。続く6回には一死から内野安打で出た中村を一塁に置いて、ブラウンが5号2ランを放ち、2点を追加。日本ハムは7回、二死満塁と一発が出れば一気に同点のチャンスに代打・高橋を投入するが、サードゴロに倒れて、無得点。9回にあの男の全く勝敗に影響しない3号ソロで完封を免れるのが精一杯だった。西武先発・帆足は8回途中まで無失点の好投で4勝目を飾った

◆E3−2Bs◆
初回、偽バファローズは二死から赤田の二塁打,北川のタイムリーで先制。更に、続く後藤もヒットを放ち、チャンスを広げたが、ラロッカは三振を喫して、二者残塁。すると、その裏、楽天は聖沢の二塁打に2つの四球で一死満塁とした所で中村紀が同点犠飛。続く嶋もタイムリー二塁打を放ち、勝ち越しに成功。続く2回にも一死満塁のチャンスを作った楽天は鉄平の犠飛で3点目を追加。2回以降、ゼロ行進が続いていた偽バファローズだが、8回から継投モードに入った楽天に対し、一死から赤田が5号ソロを叩き込み、1点差。更に、連打と四球で満塁とワンヒットで逆転のチャンスを作るが、4番手・有銘の前に代打・下山が三振、5番手・川岸の前に代打・バイナムがキャッチャーファールフライに終わり、三者残塁。9回にも坂口の二塁打,赤田の四球で二死一、二塁としたものの、最後は2安打の北川…に8回から代走で代わっていた大引が三振に倒れて、あと1点が届かなかった。楽天先発・田中は7回まで8安打を浴びながら、1失点で切り抜け、4勝目

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:15コメント(0)トラックバック(19) 

July 28, 2009

7/28 森野◆G3−5D◆
助っ人ながら、特例として一躍、新人王候補に躍り出たオビスポに対し、後半戦に入っても、深刻なタイムリー欠乏症,一発依存症に好転の気配が見えない中日は初回から二死満塁のチャンスを潰すと、2回にも二死一、二塁のチャンスを生かせず、早くも大量5残塁。しかし、4回、一死から小池が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに5号ソロを叩き込み、ついに先制。更に、続く5回には二死から川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにブランコが29号ソロをぶち込んで、2点目を追加。しかし、その裏、巨人は連打とエラーで無死満塁とすると、坂本のタイムリーで一気に同点。更に、二死満塁とチャンスを広げたが、亀井がセンターフライに倒れて、勝ち越しならず。2−2で迎えた7回、中日は一死から井端が死球を食らうと、二死後、森野が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに14号2ランを放ち、勝ち越しに成功。その裏、巨人は代打・アルフォンゾが実に111日ぶりとなる2号ソロを叩き込み、応戦。二死後、ガッツのヒット,寿司職人ラミレスの四球で一、二塁と長打が出れば逆転と言うチャンスを作ったが、この日ブレーキの亀井がまたも凡退し、二者残塁。突き放したい中日は直後の8回、先頭のベンちゃんが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに21号ソロをぶち込んで、再び2点差。その裏から浅尾−岩瀬と繋ぐ必勝リレーが決まり、9連勝。先発・ウッチャンは6回2/3を3失点で4勝目。首位巨人に1.5差と迫った中日だが、極度のタイムリー欠乏症,一発依存症は悪化の一途を辿っており、無様な試合運びにとても手放しで喜んではいられない。この絶望的な状況を打破する為にも一刻も早い名手・川相の現役復帰が待たれる所だ。外国人枠の都合上、今後も一軍での登板が限定されるだけに、新人王獲得の為にも何としても勝っておきたかったオビスポだが、7回4失点で来日初黒星。「素行の悪くない巨人直輸入助っ人をとりあえず応援してみる会」会員としては、久々にアルフォンゾの一発が見られた事に満足。結果を出しているオビスポですら外国人枠に苦しんでいるのだから、アルフォンゾにはもう少し奮起して欲しい所。と言っても、李が間もなく再昇格するとの情報が入ってきているし、巨人の台所事情を考えると投手枠を2つに削ってまで、野手枠を2つ増やす事はありえない訳で、神懸かり的に打ちまくらないと一軍残留は極めて難しい状況ではあるよなぁ。何とか来季残留への足がかりを掴んで欲しいものだが…。そういえば、バーンサイドはどうしているのだろう?

◆S6−2C◆
0−0とは言え、押し気味に試合を進めていたヤクルトは4回、福地の内野安打,ガイエルの四球で一、二塁とすると、宮本の先制タイムリーでついに均衡を破ると、6回にはエラーで貰ったチャンスに相川,川島慶の連続タイムリーが飛び出し、2点を追加。広島先発・前田健はこの回限りでKOとなった。3点を追う広島は7回、栗原の犠飛でようやく1点を返すが、その裏、ヤクルトはガイエルに16号3ランが飛び出し、大きく突き放した。広島は8回に石原の5号ソロで1点を返したものの、後が続かなかった。ヤクルト先発・石川は8回を無四球2失点で9勝目をマークした。

◆T5−4YB◆
まだ5差あるとは言え、最早、最下位転落は現実的な危機として迫っている阪神。それだけに眼下の敵・横浜を直接叩いておきたい所だが、先発・安藤が初回から捕まり、四球とエラーでピンチを作った挙げ句、村田に通算200号となる20号3ランを被弾する苦しい立ち上がり。その裏、内野ゴロの間に1点を返した阪神は3回には鳥谷のタイムリーで1点差。6回には二死一、二塁からシャア少佐のタイムリーでついに同点。それも束の間、直後の7回、2番手・江草が代わりばな先頭の内川に12号ソロを浴び、勝ち越し点を献上。その裏、連続四球で貰った一、二塁のチャンスに後続3人が倒れ、8回も一死二塁のチャンスを潰した阪神だが、土壇場9回、四球で歩いた鳥谷が暴投で二進すると、新井のタイムリーで同点のホームイン。試合は延長にもつれ込んだ。迎えた10回、阪神は2四球で二死一、二塁とすると、関本がセンター前へタイムリーを放ち、サヨナラ勝ち。10回にマウンドに上がり、3人で締めた藤川に3勝目がついた。

◆H2−6Bs◆
偽バファローズは初回、ヒットの坂口が大引が送ると、二死後、カブレラが5号先制2ラン。3回には先頭の大引が四球で歩くと、フェルナンデスが10号2ラン。更に、続くカブレラが2打席連続の6号ソロを叩き込み、ソフトバンク先発・大隣はこの回限りでKO。5回まで1併殺5残塁と拙攻に喘いでいたソフトバンクは6回、松中,小久保の連打で一、二塁とするも、ハマのスペランカーが最悪のショートゴロゲッツー。長谷川のタイムリー内野安打でようやく1点を返すも、田上はライトへ打ち上げ、1点止まり。突き放したい偽バファローズは8回、連打と死球で無死満塁とすると、下山が押し出し四球を選んで、労せずしてダメ押し。ソフトバンクは9回に田上の犠飛で1点を返したが、焼け石に水だった。偽バファローズ先発・岸田は8回1失点の好投で5勝目

◆M1−5F◆
ロッテ先発・小林宏に対し、日本ハムは初回、2四死球でチャンスを作ると、スレッジがライトスタンドへ13号3ランを放り込み、あっと言う間に3点を先制。2回以降立ち直った小林宏と日本ハム先発・八木の投げ合いでゼロ行進が続いたが、0−3の儘、迎えた8回、日本ハムは二死走者なしからスレッジがこの日2本目となる14号ソロを叩き込み、4点目。この後、満塁のチャンスは逃したものの、9回には高橋のタイムリーでダメ押しの5点目。ロッテは9回二死から竹原の5号ソロで完封を免れるのが精一杯だった。八木は6回0/3を無失点に抑え、7勝目

◆E5−1L◆
初回、中村のタイムリー二塁打で先制された楽天だが、2回、四球の青波の長瀬を一塁に置いて、宮出のタイムリー三塁打で同点。続く3回には一死からリンデンの二塁打,石井一のエラーで一、三塁とすると、二死後、山崎武が21号3ランを叩き込み、勝ち越しに成功。中盤は膠着状態となったが、8回、山崎武にこの日2本目となる22号ソロが飛び出し、ダメ押し。精彩を欠く投球で続いていた楽天先発・岩隈だったが、10三振を奪う力投で5月16日以来今季2度目となる完投勝利で7勝目を飾った

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:48コメント(0)トラックバック(22) 

June 28, 2009

◆G7−1S◆
1勝1敗で迎えた首位攻防第3戦は内海,石川の左腕エース対決。内海が三者凡退と上々の立ち上がりを見せたのに対し、石川はいきなり先頭の坂本に二塁打を浴びた事でリズムを崩したか、一死後、ガッツにタイムリー三塁打,寿司職人ラミレスに犠飛を許して、2点を献上。2回以降走者を出しながらも、要所を締める粘りの投球で踏ん張っていた石川だが、6回、一死二塁から松田記者にタイムリー三塁打を浴びると、阿部を歩かせた後、李に3試合連続の15号3ランを叩き込まれて、この回限りでKO。巨人は続く7回にもガッツのタイムリー二塁打でダメ押しの7点目。内海は8回に相川に4号ソロを浴び、完封こそ逃したものの、4安打無四球完投で3勝目。首位攻防3連戦を2勝1敗と勝ち越した巨人はヤクルトとの差を3ゲームと広げた。

◆C1−2D◆
名手・川相の現役復帰待望論が叫ばれている中、一向に手を打とうとしない落合監督はまたもや川井を先発起用する事でお茶を濁す有様。しかし、所詮、カワイであって川相ではない川井ではチームの空気を変える事は出来ず、中日は初回から一死二塁のチャンスを逃すいきなりの拙攻モード。相変わらずのタイムリー欠乏症ぶりに川相不在を痛感し、落胆の色を隠せない川井はその裏、二死二塁のピンチで栗原にタイムリーを浴び、先制点を献上。1−0の儘、迎えた4回、一死からブランコが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに21号ソロを叩き込み、追い付くと、続くベンちゃんも川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに19号ソロをぶち込んで、勝ち越しに成功。6回には荒木のヒット,ベンちゃんの四球で二死一、二塁とするも、藤井が打ち上げて、二者残塁と相変わらず、一発が出ないと如何ともし難い様子。まともな援護が得られない中、川井は2回以降追加点を許さず、8回に浅尾を挟んで、9回から守護神・岩瀬が登場。いきなり先頭のルパン廣瀬に二塁打を浴びた岩瀬は石原に犠打を許して、一死三塁のピンチ。しかし、代打・緒方,梵と打ち取って、辛くも逃げ切り、3連戦3連勝。7回1失点の川井は開幕7連勝となった。これで連勝を6と伸ばした中日だが、極度の一発依存症,タイムリー欠乏症は一向に治る気配がなく、先発投手の頑張りにおんぶにだっこ状態とあって、とても連勝中のチームとは思えない重苦しい空気に包まれるばかり。この絶望的な状況を打破する為にも一刻も早い名手・川相の現役復帰が待たれる所だ

6/28 関本◆T3−2YB◆
阪神先発・ソニックに対し、横浜は2回、先頭の下園が2号ソロを叩き込み、1点を先制。5回には二死走者なしから内川がレフト線へ二塁打を浴びせると、続く村田がレフト前へタイムリーを放ち、2点目を追加。未だに白星のない横浜先発・マストニーに対して、阪神は5回まで毎回走者を出しながら、あと一本が出ず、ゼロ行進。7回には狩野,葛城イクローと連打わ浴びせて、マストニーをKOするが、代わった木塚の前にシャア少佐が最悪のショートゴロゲッツー。続く関本もピッチャーゴロに打ち取られ、結局、無得点。土壇場9回、阪神は2点ビハインドながらも、守護神・藤川を投入する執念の継投を展開。藤川は2四球を出しながらも、無失点で切り抜けると、その裏、抑えの山口に対し、一死から3連打で満塁の大チャンス。ここで代打・悠久の若虎・桧山が犠飛を打ち上げ、まず1点。なおも一、二塁の場面で関本が走者一掃のタイムリー三塁打を浴びせて、逆転サヨナラ勝ちを収めた。

◆L5−7H◆
ソフトバンク先発・ホールトンに対し、西武は初回、四球の栗山を一塁に置いて、中島が11号先制2ラン。ソフトバンクが4回にハマのスペランカー,松田のタイムリーで追い付くも、その裏、西武はG.G.佐藤の11号2ランですかさず勝ち越し。再び2点を追う展開となったソフトバンクは5回、オーティズの11号ソロで1点差とすると、7回には松中が10号2ランを叩き込み、逆転に成功。しかし、粘る西武は8回、栗山が同点タイムリー二塁打。更に、一死一、三塁とチャンスを広げたが、礒?,G.G.佐藤と連続三振に斬って取られ、勝ち越しならず。すると、直後の9回、ソフトバンクは一死二塁からオーティズがこの日4安打目となるタイムリー二塁打を浴びせて、勝ち越し。更に、二死後、小久保もタイムリーを放ち、ダメ押し。最後は守護神・馬原が3人でピシャリと締め、逃げ切った。ソフトバンクはこれで日本ハムに並ぶ首位タイに浮上。3番手のファルケンボーグに4勝目がついた。

◆M3−2F◆
試合前から、いつコールドになるとも知れない空模様とあって、早く主導権を握りたい両チームだが、先手を取ったのはロッテ。2回、先頭のサブローが二塁打を浴びせると、続く橋本将が先制タイムリー。更に、二死一、二塁となった所で西岡もタイムリーを放ち、2点目。3回まで1安打と沈黙していた日本ハムだが、4回、先頭の劇団ひちょりが内野安打で出ると、続く稲葉がライトスタンドへ10号2ランを叩き込み、一気に同点。追い付かれたロッテは6回、二塁打のベニー松山がバーナムJr.のセカンドゴロで三進。ここで今江がスクイズを決めて、勝ち越しに成功。この回の攻撃が終了した所で強くなった雨の為に試合が中断。結局、その儘、コールドとなり、ロッテが勝ち逃げに成功。先発・小野は6回までとは言え、今季初完投で4勝目

◆Bs3−4E◆
初回は簡単に3人で打ち取った偽バファローズ先発・平野だったが、続く2回、2四球で二死一、二塁のピンチを背負うと、平石にタイムリーを浴び、先制点を献上。3回には中村真に2号2ラン,山崎武に13号ソロを被弾し、3失点。4点を追う偽バファローズは4回、大村の犠飛でようやく1点。この後も、5回二死一、二塁,6回無死二塁のチャンスを作りながら、あと一本が出ず。8回には連続四死球で無死一、二塁とするも、後続を断たれて、二者残塁。土壇場9回、二死二、三塁からフェルナンデスの走者一掃のタイムリー二塁打で1点差と詰め寄り、なおも一打同点のチャンスが続いていたが、ラロッカがサードゴロに打ち取られ、ゲームセット。楽天先発のルーキー・井坂は6回途中まで1失点と粘りの投球でプロ2勝目

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:57コメント(0)トラックバック(18) 

May 27, 2009

◆G3−5H◆
不本意な投球が続いているグライシンガーだが、この日は2回まで無失点。3回も簡単に二死を取ったが、ここから本多に二塁打,川崎に三塁打を浴びて、先制点を献上。続く4回には長谷川のタイムリー,田上の犠飛で2点を失うと、5回にも二死一、二塁のピンチで小久保にタイムリーを許して、あえなくKO。代わった久保も四球で満塁とした挙げ句、暴投で5点目を許す体たらく。その裏、巨人は二死満塁と初のチャンスを掴むが、代打・大道がセカンドへの凡フライに倒れて、三者残塁。ソフトバンク先発・ホールトンは6回まで無失点の好投を見せると、7回から登板の攝津アッパーは三者三振の快投。3番手・ファルケンボーグが2失点、守護神・馬原も亀井に被弾し、2点差まで詰め寄られたが、最後は一発で同点のピンチに首位打者・坂本を三振でねじ伏せ、逃げ切りに成功。ソフトバンクはこれで交流戦無傷の6連勝

5/27 田中◆D2−3E◆
楽天は2回、一死から中村紀,中島,嶋の3連打で満塁とすると、塩川がライトへ犠飛を打ち上げ、中村紀が先制のホームイン。4回にはヒットの中島が李のエラーで二進すると、嶋の犠打,塩川のセカンドゴロで本塁を陥れ、2点目。開幕6連勝中の田中相手に今日も今日とて好投の投手を見殺しにする気満々の中日は無死一、二塁のチャンスを掴みながら、ブランコが最悪のゲッツー。またもチャンスを逃すかと思われたが、ベンちゃんが歩いた後、李が汚名返上のタイムリーを放ち、1点差。7回にはヒットの藤井を二塁に置いて、井端がタイムリーを浴びせて、ようやく同点。しかし、それも束の間、直後の8回、楽天は中村紀のタイムリーで再び勝ち越し。その裏、連打と四球で無死満塁と一打逆転のチャンスを掴んだ中日だが、ここで代わった有銘の前に李,藤井と連続三振。代打の切り札・立浪もピッチャーゴロに終わり、3人の走者は釘付け。9回も先頭の代打・平田が四球を選んで上位打線に繋いだものの、井端,荒木,森野があえなく凡退し、万事休す。1併殺10残塁の拙攻が大きく響いた格好だが、この非効率極まりない攻撃を好転させる為にも一刻も早い名手・川相の現役復帰を待望する声はますまます強まるばかりだ。中日の拙攻にも助けられた田中は7回2失点で無傷の7連勝

◆C8−3M◆
初回にサブローのタイムリー等で2点を先制された広島だが、4回一死二塁から赤松がチーム初安打となるタイムリー三塁打を浴びせると、二死後、嶋が同点タイムリー。更に、マクレーンのヒットの後、喜田のタイムリーで2点を勝ち越し。続く5回にはまたも赤松が5号ソロを叩き込み、1点を追加。8回にはマクレーンの2点タイムリー等でダメ押しの3点を追加。2回以降立ち直った前田健は7回まで僅か1安打しか許さずに、4月11日以来の白星で自身の連敗を5でストップさせた

◆S5−4Bs
塁上を賑わせながら、山本の粘りの投球の前にあと一本が出ずにいたヤクルトだが、4回、一死満塁のチャンスを迎えると、投手の由規が自らを助ける犠飛を放ち、先制。続く5回には一死一、二塁からデントナが8号3ランを叩き込むと、更に、3者連続出塁で満塁とチャンスを広げたが、先制犠飛の由規が今度は最悪のゲッツーを食らい、追加点ならず。これで落胆したのか、由規は直後の6回、連打でピンチを作った挙げ句、ラロッカに8号3ランを被弾。一死後、山崎浩を歩かせた所で無念の降板となった。2番手には木田画伯が上がったが、二死後、代打・日高にタイムリー二塁打を浴びて、試合は振り出しに。追い付かれたヤクルトはその裏、川島慶のヒット,青木の四球で一、二塁とすると、ガイエルの勝ち越しタイムリーで再びリード。7回からは松岡−五十嵐−林と繋ぐ必勝リレーで1点差を守りきり、連敗は3でストップ。3番手の松岡が3勝目をマークした。

◆T4−1L◆
西武先発・石井一は4回まで4四球の荒れ球で阪神打線に的を絞らせず、ノーヒットの快投。しかし、肝心の味方打線も下柳の前に4回までゼロ行進。業を煮やした石井一は5回、二死二塁のチャンスに自らタイムリーを放って、先制点を掴み取る。0−1で迎えた7回、阪神は二死三塁から代打・悠久の若虎・桧山のタイムリーでついに同点。更に、シャア少佐の犠打をエラーし、自らピンチを広げてしまった石井一はここでKO。押せ押せムードの阪神はここから関本が勝ち越しタイムリーを浴びせると、鳥谷のヒットで満塁となった所でキュラソ星人が押し出し死球。更に、新井も犠飛を打ち上げ、この回、一挙4点。アッチソンを挟んで、9回からは守護神・藤川が登場。3点差と楽な場面ながらも、この日もいきなり代打・大崎を歩かせると、G.G.佐藤には痛打されて、無死一、二塁の大ピンチ。しかし、これで目が覚めたのか、藤川はここから銀仁朗,代打・ボカチカ,代打・江藤と三者連続三振に斬って取り、辛くも逃げ切った。

◆YB5−4F◆
日本ハム先発・スウィーニーに対して、横浜は2回、村田の二塁打,吉村の四球で一、二塁とすると、ジョンソンがライトスタンドへ先制の9号3ラン。一方、横浜先発・ウォーランドの前に3回までノーヒットに抑え込まれていた日本ハムは4回、二死一、二塁から金子誠の2点タイムリー三塁打で1点差。5回に内川のタイムリーで突き放されるも、直後の6回、またも金子誠がタイムリー二塁打を放つと、なおも一死満塁とチャンスを広げた所であの男が犠飛を打ち上げ、同点。4−4で迎えた8回、横浜は一死から主砲・村田がライトスタンドへ7号ソロを放り込み、均衡を破る勝ち越し点をゲット。日本ハムは9回、1番からの好打順だったが、抑えの山口の前に三者凡退に終わり、3連敗となった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:17コメント(0)トラックバック(20) 

May 10, 2009

5/10 坂本◆G8−7D◆
この所、調子が下降気味の東野は初回、自らの暴投でピンチを作った末にブランコに先制タイムリーを許すと、その裏、ガッツの犠飛で追い付いて貰ったと言うのに、直後の2回、投手の川井にタイムリーを浴び、勝ち越し点を献上。続く3回にはブランコ,野本とタイムリーを浴びて、2点を失うと、その裏に代打を出されて、今季最短KO。一方、内外から強まる一方の川相現役復帰待望論を頑なに受け入れようとしない落合監督はまたも川井を使って、お茶を濁す安易な策に打って出ていた。所詮、カワイであって川相ではない川井ではチームの空気を一変させる事は出来ず、バットでは活躍したものの、4回に李に2点二塁打を浴び、1点差と詰め寄られると、5回にはガッツ,寿司職人ラミレスの連続アーチで逆転を許し、KO。4回以降すっかり当たりが止まってしまった中日だが、7回一死から荒木,森野の連打で二、三塁とすると、ブランコが犠飛を打ち上げ、1点差。なおも一打同点のチャンスだったが、ベンちゃんが三振に倒れて、同点ならず。しかし、続く8回、一死一、三塁のチャンスを掴むと、ここで代わった山口に対して、代打・立浪が一塁線を破るタイムリー二塁打を放ち、同点。更に、続く井端もセンター前へタイムリーを放ち、勝ち越しに成功。なおも一、三塁のチャンスだったが、荒木がショートゴロゲッツーに倒れる詰めの甘い攻撃で2点止まり。すると、その裏、4番手・高橋が二死二塁のピンチ。ここで落合監督は斉藤にスイッチするも、これが裏目。坂本は左中間スタンドへ起死回生の6号2ランを叩き込み、再び逆転に成功。粘る中日は土壇場9回、二死満塁と一打逆転の場面を作ったものの、最後は越智の前に谷繁がファーストファールフライに倒れて、万事休す。これで巨人は5連勝。敗れた中日は対巨人今季2度目の3タテを食らう屈辱的展開となった。タイムリーは出たものの、詰めの甘さで競り合いを落としてしまった格好で、立浪の値千金の一打も台無し。この絶望的な状況を打破する為にも一刻も早い名手・川相の現役復帰が待たれる所だ

◆S4−1C◆
広島は1,2,3回と立て続けに二人の走者を出しながら、悉く塁上に残してしまう拙攻三昧。一方、ヤクルトは3回、一死から川島慶,福地,青木の3連打で1点を先制。なおも一、三塁のチャンスだったが、デントナはセカンドゴロゲッツーに倒れて、1点止まり。先制された広島は5回、先頭の石井タクローが二塁打を浴びせると、梵のセカンドゴロ,天谷のライトへの犠飛で同点のホームイン。1−1で迎えた6回、ヤクルトは二死走者なしから會川のヒット,梵のエラーでチャンスを作ると、ここで代打・武内が勝ち越しタイムリーを浴びせると、続く川島慶のタイムリーに嶋のエラーが重なり、この回3点。7回からは木田画伯−五十嵐−林と繋ぐパーフェクトリレーを見せ、逃げ切り。館山は6回1失点で無傷の3勝目を飾った。

◆YB4−12T◆
この日、負ければ、2年ぶりの最下位転落となってしまう阪神は2回、一死満塁のチャンスを掴みながら、狩野,福原と連続三振に倒れて、三者残塁となると、その裏、内藤に2号2ランを叩き込まれると言う何とも嫌な展開。しかし、直後の3回、シャア少佐が12球粘って四球を選ぶと、関本も歩いて、一、二塁のチャンス。ここで鳥谷のバントが小林のエラーを誘うと、キュラソ星人のファーストゴロが今度はジョンソンの同点2点タイムリーエラーを呼び込むタナボタで28イニングぶりの得点をゲット。更に、ボークと内野ゴロで2点を勝ち越し、この回ノーヒットで4点を獲得。これで流れを引き寄せた阪神は4回には関本がタイムリーを放つと、6回には鳥谷の4号2ラン等で一挙5点を追加し、10点目。7回にも狩野の今季初アーチで2点を追加。キュラソ星人,新井の4,5番はノーヒットに終わったものの、この所の貧打地獄の鬱憤を晴らす12得点で最下位転落の危機を脱出した。先発・福原は5回2失点で降板となったが、打線の援護に助けられ、2勝目。

◆H8−1L
プロ初先発となったルーキー・野上は1,2回と三者凡退に抑える上々の滑り出し。しかし、3回一死から田上に4号ソロを被弾し、先制点を献上してからおかしくなり、続く4回、無死満塁のピンチを作ると、井津市後、オーティズに2点タイムリー二塁打を浴びた所で無念のKO。ソフトバンクはこの後、柴原が2点タイムリーを放ち、この回4点。6回にはまたもオーティズが4号ソロを叩き込むと、7回には小久保がタイムリー、8回にも1点を加えて、ダメ押し。先発・杉内はボカチカに被弾し、完封が途切れた事でマウンドを譲ったが、8回を1失点12三振の快投で4勝目をあげた。

◆M6−0E◆
ロッテは初回、二死二塁から井口の7号2ランで先制すると、続く2回にはランビンが2号ソロと一発攻勢で3点のリード。4回にはまたもランビンがタイムリー二塁打を放つと、8回には四球の大松を一塁に置いて、ベニー松山が2号2ランを放り込み、ダメ押しの6点目。投げては先発・唐川が毎回の様に走者を出しながらも、あと一本を許さない粘りの投球を見せ、プロ初完封で3勝目。楽天は8安打を放ちながら、10残塁の拙攻で7カードぶりの負け越しとなった。

◆F7−2Bs◆
岸田が右肩の張りを訴え、登録抹消となった事で急遽8年ぶりの先発に起用された吉野だったが、初回、四球で作ったピンチに日高のエラーが重なり、先制点を献上。続く2回にも四球で作ったピンチが後藤のエラーで拡大すると、金子誠,田中と連続タイムリーを浴び、あえなくKO。代わった金沢も準備不足からか、稲葉にタイムリー二塁打を浴び、この回5失点。早々と大量リードを貰った日本ハム先発・武田勝は走者を出しても落ち着きを失わずに後続を断ち、6回を下山のソロによる1点のみに抑え、2勝目。偽バファローズは毎回の12安打を浴びせながら、4併殺10残塁と言う大拙攻で4連敗となった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 19:39コメント(0)トラックバック(56) 

July 25, 2008

◆G3−2S◆
ヤクルトは初回、坂本のタイムリーエラーで先制すると、4回には飯原の4号ソロで2点目。李が一軍に復帰したものの、館山の前に7回まで僅かに1安打と完璧に抑え込まれていた巨人だが、8回、先頭の阿部が11号ソロを叩き込み、1点差。土壇場9回、ヤクルトは完投ペースの館山から、あえて守護神・林にスイッチするが、これが大誤算。巨人はガッツ,寿司職人ラミレスの連打で一、三塁とすると、何とここで寿司職人ラミレスが今季初盗塁。一塁が空いた事でマッスル千代の富士は敬遠されて、無死満塁でここまで李に回ってきたが、どん詰まりのセカンドフライと凡退。しかし、続く阿部が死球を食らって、労せずして同点とすると、代打・谷がセンター前に弾き返して、サヨナラ勝ちを果たした。

二軍で結果を残し、満を持して戻ってきた李だが、2度のチャンスに凡退するなど、4タコと散々の復帰戦となった。膝に爆弾を抱えるガッツがサードに回らなければいけない事も李の復帰を遅らせていた要因だったが、ガッツがサードに回った事により、あの男がスタメン落ち。あの男がスタメン落ちする分には一向に構わないのだが、ファースト・李,サード・ガッツの布陣だと、下手をすれば、坂本が下げられて、あの男がショートに戻ってしまう危険性が高まっているのが大問題だ。ガッツとあの男の三遊間に加え、レフトが寿司職人ラミレスと来れば、左方向は完全なデッドゾーンと化してしまうだけに、投手はとても安心して投げられない。坂本には何としてもショートの座を死守して欲しいものである。それにしても、ヤクルトの継投失敗は悔やまれる。林の大乱調自体は計算外だろうが、この日の館山は付け入る隙がなかった上、投球数も僅かに102球と、1点差でもさして不安要素はなかっただけに完投させても良かったのではなかろうか。

◆T7−1D
殆ど絶望的な状況とは言え、V戦線に辛うじて踏み留まる為には3タテが必須条件の中日。しかし、先発・人斬り抜刀斎が初回から捕まり、森野のタイムリーエラーと関本のタイムリーで2失点。4回には二死満塁からまたも関本に2号グランドスラムをぶち込まれ、この回限りでKO。打線も安藤の前に7回まで3安打と沈黙。8回に小池,清水将の連打でようやく1点を返したものの、続くデラロサは空振り三振,荒木はショートゴロゲッツーに倒れる最悪の展開で1点止まり。その裏、矢野の犠飛でダメ押し点を失うと、最後は3人で片付けられた。阪神は中日との差を13と広げ、マジックを44と減らした。

代打で9試合ぶりに出場となった新井はライトフライに終わったものの、安藤が5安打1失点完投,関本が自己初の満塁弾含む5打点の活躍で阪神が圧勝。一方、中日は人斬り抜刀斎が6失点の背信投球,森野が先制タイムリーエラー,打線は沈黙した上に2併殺の大拙攻といい所なしで、この3連戦で巻き返すどころか、引導を渡されかねない最悪の試合展開だった。この絶望的な状況に追い打ちをかけるかの様に5人も北京に拉致される事を考えれば、名手・川相の現役復帰以外、解決策はないのではなかろうか。

◆C3−4YB◆
初回、内川のタイムリー二塁打で先制された広島だが、2回、天谷,石原の連続タイムリーで3点を奪い、一気に逆転。しかし、直後の3回、横浜は二死から村田が四球を選ぶと、続く吉村が22号2ランを叩き込み、同点。5回には史上161人目の通算1500試合出場となったガッツな貴公子・仁志が二塁打で出ると内川のセカンドゴロで三進。ここで村田がレフトへ犠飛を打ち上げ、勝ち越しに成功。広島は6,8回と二死一、二塁のチャンスを悉く逃し、9回も一死二塁と一打同点のチャンスに東出,代打・嶋と連続三振に倒れ、あと1点がどうしても届かなかった。

求道者・前田が12日ぶりにスタメン復帰。しかし、ブラウン監督が求道者・前田のスタメン起用に踏み切る時は大抵、コンディションが悪く、求道者・前田は使えないと言う既成事実をでっち上げようと企んでいる時。案の定、求道者・前田は無念の2タコに終わったのだが、それでも鋭い眼光で相手をびびらせて、2つの四球を勝ち取り、チャンスメイク。惜しむらくは後が続かなかった為、その価値が光らなかった事だ。これでブラウン監督は再び長きに渡る幽閉策に走る可能性が高まり、広島の低迷はまだまだ続く事になりそうだ。

◆H14−0M◆
今週も水島の呪いに拍車のかかる唐川は3回までは無失点で踏ん張っていたものの、4回、小久保の2ランを含む5連打等で5失点。6回には川崎にタイムリーを浴び、なおも一、三塁のピンチを作ってKO。代わった高木も松中にタイムリー,小久保にこの日2本目となる17号3ランを叩き込まれ、この回も5失点。止まらないソフトバンク打線は7回にも4点を追加。投げては先発・大隣が散発3安打の無四球完封で9勝目を飾った。

唐川が自己ワーストの8失点で6回もたずにKO。前回の3回6失点KOに続き、水島の呪いの威力をまざまざと感じさせる結果となった。折角、掴みかけた新人王のチャンスに最も回避したい災難に見舞われるとは同情せずにはいられない。一方、大隣は大量リードにも緊張感を失う事なく、最後まで素晴らしい投球を見せた。打線も2発4安打5打点の小久保を初め、17安打14点の大爆発。折角、一軍に復帰した守護神・馬原にはお呼びがかからなかった。

◆F2−1L
西武先発・帆足に対して、初回、二死一、二塁のチャンスを逃した日本ハムだが、続く2回、先頭の小谷野がレフトスタンドに2号ソロを放り込み、1点を先制。日本ハム先発のスーパーさぶ・多田野は5回まで僅かに1安打と素晴らしい立ち上がり。しかし、6回、先頭の佐藤に痛打されると、二死二塁となった所で中島にタイムリー二塁打を浴びて、試合は振り出しに。追い着かれた日本ハムはその裏、先頭の稲葉が二塁打。一死後、またも小谷野がタイムリーを放って、再び勝ち越し。8回からは武田久−MICHEALと繋ぐ必勝リレーで逃げ切った。

3タテで一気に射程圏に詰め寄りたい日本ハムが小谷野の活躍で接戦を制した。多田野は7回1失点の好投で唐川を抜いて、ルーキー単独トップの6勝目。唐川が水島の呪いに取り憑かれている事を考えれば、この儘、新人王レースを突っ走る可能性も見えてきた。因みに、呪われた助っ人・ボッツはこの日も2三振含む3タコで、これで16打数ノーヒット。そろそろ打率1割も割りそうな勢いだが、梨田監督はいつまで起用し続けるつもりなのだろう。

◆Bs8−1E◆
片山の制球難をついて、初回から一死満塁のチャンスを掴んだ偽バファローズは北川のタイムリーで先制すると、二死後、相川が押し出し死球を食らって、この回2点。3回にはまたも北川が8号ソロをぶち込んで3点目。5回に鉄平のタイムリーで1点を返されるも、6回、ローズの25号2ラン,相川の今季初アーチで3点,7回にはカブレラが19号2ランと一発攻勢で大きく突き放した。先発・香月は5回1失点で3年ぶりの白星。

ここ7試合で6勝と調子を上げてきた偽バファローズがロッテと入れ替わりで4位浮上。借金完済も目前に迫ってきた。一方、敗れた楽天はこれで4連敗。この日も期待の片山が4回もたずにKOされ、リリーフ陣も打ち込まれての8失点と投壊が止まらない。右肩痛で離脱した田中は軽症だった模様だが、結局、北京に拉致されてしまう為、事態が好転した訳でも何でもないだけに、先発ローテに新星が現れる事を祈るのみか…。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:34コメント(0)トラックバック(23) 

July 11, 2008

◆G4−1YB◆
横浜は初回、一死からガッツな貴公子・仁志,内川の連打で一、三塁するも、村田は空振り三振に倒れ、スタートを切っていた内川も二塁で憤死する三振ゲッツー。続く2回には3連打で無死満塁としながら、後続3人があえなく凡退し、三者残塁。すると、その裏、巨人は松田記者の5号ソロであっさり先制。4回には一死二、三塁からグライシンガーがスクイズを決めると、更に、マッスル千代の富士,岩舘の連続タイムリー二塁打でこの回3点。序盤のピンチを凌いだグライシンガーは3回以降立ち直り、7回まで無失点の好投。8回から上原が連夜のリリーフ登板となったが、いきなり内川に被弾すると、続く村田にもフェンス直撃の二塁打を浴びたものの、何とか後続3人を打ち取ると、9回からは守護神・クルーンがピシャリと締めて、巨人は2位に浮上した。

今季2度目の3連勝を狙った横浜だが、序盤のチャンスを生かせずに黒星。2回の無死満塁での無得点は何とも痛く、これでグライシンガーを完全に調子に乗せてしまった。完封ペースのグライシンガーだっただけに、8回で上原と代えられてしまったのは少々釈然としない。しかも、いきなり被弾し、村田にも二塁打を浴びた時にはどうなる事かと…。上原のリリーフ登板は本当に北京に拉致されるまで続くのだろうか…。打線の方はガッツ,寿司職人ラミレスがノーヒットに終わった中、2番・岩舘が2本の二塁打,8番・寺内が3安打と伏兵の起用が的中した。立場も状況もわきまえずにモナっていたあの男が一軍に上がって来ていたら出られなかったかもしれない二人だけに期するものがあった筈だ。今後もあの男が上がってくる余地のない活躍を見せて貰いたいものである。

◆D2−4S
立ち上がりからピリッとしない人斬り抜刀斎に対し、1,2回と攻め立てながら攻めあぐねていたヤクルトだが、投手の石川が自ら二塁打を放って口火を切ると、福地が死球で繋いだ後、宮本が送って二、三塁。二死後、畠山がセンター前へタイムリーを浴びせて、2点を先制。6回まで2併殺を食らうなど、相変わらずの拙攻三昧を繰り広げ、ゼロ行進を続けていた中日だが、7回、一死三塁から英智のタイムリーでようやく1点。更に、中村紀がヒットで続き、石川をKOすると、代わった松岡の暴投と言うタナボタで同点。しかし、それも束の間、直後の8回、ヤクルトは二死満塁から代打・飯原がレフト前へタイムリーを放ち、2点を勝ち越し。その裏から押本−林と繋いで逃げ切った。

ヒットが出たのは僅かに3イニング。その為、残塁は3に留まったが、併殺はきっちり2個食らうなど、相変わらずの不甲斐ない攻撃で人斬り抜刀斎を見殺してしまった中日はついに3位転落。4位・広島との差も僅かに2とあって、この儘では、Bクラス転落も時間の問題だ。この日はベンちゃん,中村紀が相次いで負傷退場となるなど、不安要素は増えるばかり。この絶望的な状況を打破する為にも一刻も早く名手・川相の現役復帰を視野に入れて欲しいものである。

◆T2−1C◆
阪神先発・ボーグルソンはは5回までに二安打無失点の好投を見せるも、肝心の味方打線が前田健の前に1併殺6残塁の大拙攻で一向に先制点を奪えない。この展開に根負けしたボーグルソンは6回、二死走者なしから赤松,嶋,栗原と3連打を浴びて、ついに先制点を献上。1点を追う阪神は8回、2番手・シュルツから先頭のキュラソ星人が二塁打。一死三塁となった所で守護神・永川が登板するが、鳥谷が四球を選んだ後、代打・高橋光が同点犠飛を打ち上げ、試合はその儘、延長に突入。迎えた11回、阪神は一死から矢野がヒットを放つと、平野の犠打がエラーを誘う。二死後、関本がレフト前へ弾き返して、矢野がサヨナラのホームを踏んだ。

オチョアがスタメンから外れたにも拘わらず、求道者・前田をスタメンで使わず、1点を争う展開で11回まで戦ったにも拘わらず、求道者・前田をフル欠場に追い込むブラウン暗黒采配で敗れるべくして敗れた広島は借金2となり、またまた5割が遠のいた。粘り強く投げていた前田健の力投が報われなかったのは残念だ。阪神は7回から5人の投手がそれぞれイニングの頭から入れ替わり立ち替わりマウンドに上がったが、こういう継投の仕方で誰一人失敗しない辺りが素晴らしい。この展開でJFKを全く引っ張る事なく、いずれも1回だけですっぱりと代えたのには驚いた。

◆F3−2H◆
日本ハムは3回、二死から劇団ひちょりがヒットで出ると、続く高口のタイムリー三塁打で先制のホームイン。5回には二塁打で出た小谷野が鶴岡の犠打,金子誠の犠飛で生還すると、更に、劇団ひちょりのヒットの後、また高口がタイムリー二塁打を浴びせて、3点目。ダルビッシュの前に5回まで1安打と沈黙していたソフトバンクは6回、一死から高谷,本多,川崎の3連打で1点を返すと、続く7回には無死二塁からスタメン復帰の小久保にタイムリーが飛び出して、1点差。しかし、反撃もここまで。以降、9人連続凡退に終わり、あと1点が届かなかった。

ダルビッシュが完投で3年連続の2桁勝利に到達。チームの連敗を3で止めた。大隣も3失点の無四球完投と決して悪い投球ではなかったが、相手が悪かった。3番以下は3安打に抑え込んだものの、劇団ひちょりに4安打,高口に2本のタイムリーと1,2番コンビにしてやられてしまった格好だた。ソフトバンクの連勝は3でストップし、西武との差は5と拡大してしまった。

◆E0−4M
唐川,青山の両先発が毎回の様に走者を出しながらも、要所を締める粘りの投球を展開し、7回まで共に無失点。迎えた8回、ロッテは先頭の根元が四球で歩くと、二盗に成功。里崎のヒットで一死一、三塁となった所で大松が犠飛を打ち上げ、ついに均衡を破る先制点をゲット。9回には根元に2号ランニング3ランが飛び出し、ダメ押し。8回途中から川崎−荻野と繋いで完封リレーを達成。唐川は完投は逃したものの、7回1/3を無失点で5勝目。ロッテは再び最下位から脱出した。

「ドカパロ」での登場予告をされた途端の連続KOで二軍に身を隠した唐川。しばらく横浜が呪われる展開が続くと見たか、再昇格で立て続けの好投を演じた訳だが、よもや今週で横浜戦が終わってしまととは誤算だろう。来週からロッテ戦が始まってしまうとあって、予告通り、唐川が引っ張り出されてしまう可能性は高まってきた。同じく高校BIG3の一角・トンガは結果も出してない段階でピエロ役を演じさせられ、未だにファームで苦しんでいるが、既に結果を残している唐川には呪いに屈する事なく、何とか踏み留まって欲しい所だ。

◆Bs4−12L◆
西武打線が序盤から大爆発し、あっさりと試合を決めた。初回の二死一、二塁のチャンスは逃したものの、2回に中村の19号ソロ等で3点を先制。続く3回には中島,ブラゼルが連続アーチを叩き込み、偽バファローズ先発・オルティズはこの回で早くもKO。4回には2番手・近藤を攻め立て、中村のこの日2本めとなる20号2ランなど、5長短打で一挙5点を奪い、試合を決定付けた。偽バファローズは終盤、4点を返したものの、焼け石に水で最下位転落。西武先発・帆足は7回3失点で8勝目。

西武は4発20安打12点の猛攻で連敗を3でストップ。沈黙していた相手打線を目覚めさせてしまうと言う来日当初に発揮しまくったオルティズの特殊能力が再び発動してしまった。折角、混パになりつつある状況でまた西武を上昇気流に乗せてしまうのは避けたいだけに、偽バファローズには死力を尽くして、この3連戦勝ち越して欲しいものだが…。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:32コメント(0)トラックバック(24) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ