長野久義

April 20, 2011

4/20脇谷◆T4−5G◆
巨人の先発は二軍落ちしたグライシンガーに代わって昇格した謎の新助っ人・阿部健太。これに対し、阪神は俊介のしみったれたタイムリー内野安打,ブラゼルのしみったれたタイムリーポテンヒットと、しぶとく点を奪うが、巨人も今季初スタメンの亀井の同点タイムリーで応戦。巨人は7回から何故か先発要員の内海を早くも中継ぎで起用する謎の継投を展開するが、脇谷のエラーで作ったピンチに鳥谷の犠飛で勝ち越し点を献上。なおも一、三塁のピンチでブラゼルのセカンド後方へのフライを背走した脇谷が落球するが、これが塁審の死角に入り、アウトと判定される大誤審。真弓監督の猛抗議も虚しく、判定は覆らずに1点止まり。これで流れは巨人へ傾いてしまい、直後の8回、長野,亀井の連続タイムリーで3点を奪い、一気に形勢逆転。阪神は9回に1点を返し、なおも逆転サヨナラのチャンスを作ったが、あと一歩及ばなかった。巨人の連敗は3でストップ。

◆S1−0D◆
右肘痛で出遅れ、ようやく今季初登板となった吉見は毎回の様にピンチを背負いながらも、あと1本を許さない粘りの投球で8回に代打を出されるまで無失点と復活をアピール。一方、由規は初回に3四球で作った満塁のピンチを切り抜けてからは調子を取り戻し、以降は9回まで散発2安打の好投を展開。0−0で迎えた9回裏、ヤクルトは好調・畠山の二塁打等で無死一、二塁のチャンス。代打・三輪が三塁線を送りバントを仕掛けると、これを処理した河原が迷わず三塁へ送球するも、誰もベースカバーに入っておらず、ボールがレフトへ転々とする間に、二塁走者の代走・福地がサヨナラのホームイン。由規は今季初完封初白星。

◆YB0−2C◆
広島は3回、渡辺,石川と相次ぐエラーで労せずして1点を先制すると、6回には復調の兆しを見せるトレーシーのタイムリー二塁打で1点を追加。ゴーグルを付けているから、絵が全く似ていなくても誰だか認識して貰える…可能性が僅かに上がる…かもしれない…のではなかろうか…と言う気がしないでもないと言うそれだけの理由で昨年は水島の呪いに苛まれてしまった篠田だが、「ドカパロSS」が未だに昨シーズンをやっていると言う訳の分からない展開と化している事で今季は呪いから解放されたのか、尻上がりに調子を上げていき、5回以降はパーフェクトの快投。今季初白星を散発2安打完封で飾った。

◆H10−3E◆
ソフトバンクはカブレラの先制犠飛を皮切りに、細川のタイムリー,内川の移籍初アーチ等、移籍組の活躍で着々と加点。6回には壊滅的な不振ながら何故か5番に昇格したハマのスペランカーに今季初のタイムリーが飛び出すと、8回には松田の一発等で大量5点を追加し、ダメ押し。ホールトンは7回2失点の好投を見せたが、8点差と言う楽な場面で登板した守護神・馬原は暴投で1点を失い、これで4試合連続失点と不安を残した。

◆M3−0L◆
ロッテは初回、帆足の立ち上がりを捉え、サブローの走者一掃タイムリー二塁打で2点を先制。5回には二塁打の今江を三塁へ進めた所で荻野貴がきっちり犠飛を打ち上げ、3点目。唐川は中盤、立て続けに背負ったピンチを粘り強く切り抜けて、6安打完封で今季初白星。これでロッテは借金を完済した。

◆Bs5−9F◆
1−1で迎えた5回、日本ハムは満塁のチャンスに稲葉,トンガのタイムリーで一気に4点を勝ち越し。7回にもトンガが今季初のマルチ安打となるタイムリーを放つなど、3点を奪い、試合を決定付けた。先発・高橋由伸は6回1失点で今季初勝利。偽バファローズは9回に4点を返す粘りを見せたが及ばず。開幕からノーヒットで続いていた外れ外れ外れ1位ルーキー・駿太は2番スタメンで起用され、第2打席にプロ初安打。これで気が楽になったか、第5打席でもライト前へ弾き返した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:39コメント(0)トラックバック(8) 

April 12, 2011

◆G9−2S◆
空前絶後の大震災と言う非常事態にも拘わらず、予定通りの日程でのドーム開幕をゴリ押しした挙げ句、国民も政府も敵に回しただけのゴネ損と言う散々な結果に終わった巨人の開幕戦は公式戦としては、実に56年ぶりとなる宇部での開催。初の開幕投手となった東野は脇谷,坂本のタイムリーで3点リードを貰い、6回までノーヒットの快投。開幕早々快挙達成を期待する空気が流れ始めた矢先の7回、浜中に打たれた初安打をきっかけに2点を失い、KO。しかし、その後、巨人は長野の3ラン含む5打点をあげる活躍で一気に突き放し、逃げきった。

◆YB5−4D◆
球団史上25年ぶりの外国人開幕投手として寝損を起用する奇襲に出た中日だが、村田の先制タイムリー等、2回で早くも3失点と裏目。一方、開幕戦に投げると漏れなく黒星が付いてくるハマのチンピラに代わり移籍初登板で開幕投手に大役を任された山本も立ち上がりは良かったが、4回にグスマンに来日初アーチとなる逆転3ランを被弾。しかし、劇団ひちょりの犠飛で追い付いた横浜は9回、吉村のこの日4安打目となる二塁打等で作ったチャンスに代打・内藤のタイムリーでサヨナラ勝ち。8年ぶりの開幕戦勝利で、夢の100敗へ早くも黄信号が灯った

◆T7−4C◆
昨年、投手のタイトルを総なめにした前田健だったが、いきなりマット・マートンに先頭打者アーチを浴びるなど、苦しい立ち上がり。6回に石原のタイムリーでリードを貰ったのも束の間、その裏、新井貴のタイムリー,何だかんだで開幕に間に合ったJ.マッケンジーの犠飛等で逆転を許し、あえなくKO。1点差で迎えた8回のチャンスに代打起用された求道者・前田は無念の凡退。最後は藤川に三者三振で締められた。

◆Bs2−2H
内川の先制二塁打,細川の中押し三塁打と移籍コンビの活躍でソフトバンクが7回まで2点のリード。しかし、7回まで散発2安打と完璧な投球を見せていた和田が8回にバルディリス,9回には後藤に被弾し、延長に突入。ラストイニングの12回、偽バファローズは一死二、三塁と絶好のサヨナラのチャンスを掴むが、後続を断たれて、引き分けに終わった。尚、外れ外れ外れ1位の駿太は高卒新人外野手としては52年ぶりの開幕スタメンを飾ったが、2打数0安打で途中交代となった。

◆F3−12L◆
涌井,ダルビッシュの球界を代表するエース対決は1点を争う展開になるかと思いきや、両投手共6回までに3失点とピリっとせず。ダルビッシュは7回に中島に3ランを浴びるなど4点を勝ち越され、プロワーストの7失点KO。移籍初登板のオビスポも大量5失点と大炎上し、終わってみれば、圧勝となった西武が3年連続開幕戦白星。涌井はヒットこそ打たれるも、8回を無四球と丁寧な投球でエース対決を制した。ダルビッシュはこれで開幕3連敗。

4/12星野監督◆M4−6E◆
原発事故にビビって逃げ帰ったモリーヨが退団となったが、特に痛手でも何でもない楽天。同点で迎えた7回、先制タイムリーエラーを犯した嶋が汚名返上の勝ち越し3ラン。8回にも山崎,高須のベテランコンビがダメ押しの連続タイムリー。田中との争いを制して、開幕投手の座を勝ち取ったエース・岩隈は9回にフクーラに被弾し、完投を逃したものの、被災地である地元を元気付ける白星スタートとなった。7敗れたロッテは開幕戦6連敗。

 

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:21コメント(0)トラックバック(6) 

November 18, 2010

この日、プロ野球のコンベンションが行われ、ようやくMVP・新人王・ベストナイン受賞者が発表されたと言う事で、投票結果を追っていこうと思う。まずはセ・リーグから…

【MVP】

選手名 球団 1位 2位 3位 点数
ベンちゃん D 131 75 16 896
浅尾 D 66 82 24 600
マット・マートン T 22 29 73 270
前田健 C 18 20 31 181
寿司職人ラミレス G 6 15 22 97
森野 D 5 11 30 88
岩瀬 D 4 5 13 48
ウッチャン D 3 7 9 45
青木 S 0 4 7 19
阿部 G 0 2 0 6
高橋聡 D 0 0 4 4
吉見 D 0 0 1 1
ソニック T 0 0 1 1
J.マッケンジー T 0 0 1 1
ブラゼル T 0 0 1 1
久保 G 0 0 1 1
(白票)   0 5 21 36

ベンちゃんは最高出塁率をマークしたとは言え、いわゆる打撃三冠は無冠。後述のベストナイン外野手部門でもあわや4位と言う僅差での3位ながら、MVP(=セ・リーグ最年長記録)をゲットしてしまう辺り、本来「最優秀選手」である筈のMVPが、相変わらず優勝チーム優先の「最高殊勲選手」として扱われている印象を受けた。そういう意味では、個人的には密かに浅尾の受賞を期待していた。優勝チームから選ぶならば、あれだけ僅差で優勝した中日にとって、紙一重の試合を何度も勝利に導いた浅尾の貢献度は計り知れないだろうと思っていたのだが、やはり、MVP扱いして貰えるまでには中継ぎ投手の地位は高まっていないのかもしれない。MVPに関しては、意外とイカレ投票が少なく、そこそこ妥当な名前が続き、ツッコミづらいのだが、あえて言うなら、久保に3位票が1票入っている事に疑問符が付くくらいだろうか…。

【新人王】

選手名 球団 得票数
長野 G 233
堂上直 D 5
秋山 T 5
加賀 YB 3
中沢 S 2
西村 T 1
岩本 C 1
(該当者なし)   5

長野がぶっちぎりトップで受賞。唯一の規定打席到達で19ホーマーじゃ、他の追随を許さないのも仕方ない…と言うか、満票でも不思議ではないくらいなのだが、単純に比較出来ない投手はまだしも、明らかに数字で見劣りする堂上直や岩本と言った野手に票を入れてしまう記者の神経はいかがなものか? 一時期2割台前半まで落ち込み、ファーム落ちも経験した長野だが、ここまで盛り返したのは見事だった。これで巨人からは山口,松本に続いて3年連続の新人王輩出(1986年の広島以来)。ドラ1の沢村がこれに続けるか、注目である。開幕前の段階では中沢が本命かなと思っていて、実際、序盤はそういう気配だったし、このペースなら10勝もいけるかも…と期待していたら、夏場に入って失速し、防御率も急降下。後半戦の印象が悪過ぎるのか、新人最多の7勝をマークしてるのに、僅か2票しか貰えない有様とは、何ともガッカリだ。3勝12敗の加賀にすら負けるとは…。まぁ、加賀が負けまくってるのは、明らかに横浜が弱過ぎる所為ではあるのだが…。

以下はベストナイン…。

【投手】

選手名 球団 得票数
前田健 C 238
浅尾 D 6
ソニック T 1
館山 S 1

投手三冠に加え、沢村賞もゲットした前田健が文句なしの初受賞。浅尾やソニックは辛うじて分かるとしても、館山を最優秀投手などと考えてる記者はどういうつもりなのか? 好成績ではあるけれど、リーグトップとまで評価するその根拠を是非とも聞かせて貰いたい。プロの記者なんだから、納得のいく理由くらい当然説明出来る筈だ。

 【捕手】

選手名 球団 得票数
阿部 G 148
J.マッケンジー T 83
谷繁  D 14
相川 S 1

ゴールデングラブはJ.マッケンジーに持って行かれた阿部だが、打撃優先のベストナインはしっかり確保し、4年連続5度目の受賞。J.マッケンジーも十分、ベストナイン級の成績だが、流石に、44発も打たれては仕方ない。規定打席にすら達してない谷繁に14票も入ってるのは、やはり優勝チーム補正か?

【一塁手】

選手名 球団 得票数
ブラゼル T 212
ガッツ G 21
内川 YB 5
ブランコ D 4
栗原 C 2
森野 D 1
ホワイトセル S 1

ゴールデングラブはリーグ史上初となる該当者なしの惨状だった一塁手部門だが、ベストナインはギリギリまでホームランキングを争ったブラゼルが大差で初受賞。 他に流れてる票がガッツ,内川,栗原,森野と「ファーストを守る事もあったけどさ…」的な連中ばかりなのには苦笑するばかりである。

【二塁手】

選手名 球団 得票数
平野 T 221
田中 S 19
堂上直 D 3
井端 D 1
東出 C 1
カスティーヨ YB 1

ゴールデングラブは田中を僅か3票差で上回っての受賞だった平野だが、あわや首位打者と言う巧打が評価され、ベストナインでは田中に圧倒的な差をつけた。平野や田中を差し置いて、堂上直に票を入れている記者は一体何を考えているのか。優勝チーム補正が入っても追い付きようのない差があるだろう。井端に至っては、もう頭がおかしいとしか思えない。こんな形で大事な1票を使うのは、職権濫用以外の何物でもないだろう。こういう馬鹿げた票をなくす為にも投票者の実名を公開して貰いたいものだ…。

【三塁手】

選手名 球団 得票数
森野 D 171
ガッツ G 54
新井 T 19
宮本 S 2

数字で言うと、打点,本塁打で上を行くガッツが、森野にこれだけの大差をつけられたと言うのは、優勝チーム補正以外の何物でもないだろう。しかし、2位どころか3位とすらたった1ゲーム差での優勝なのに、こんなに補正が付いていいものか? 初受賞となった森野だが、昨年と比べると、数字程、パッとした印象がないので、これ程の圧勝はちょっと意外であった。更に、112打点も挙げているのに、殆ど票が入らなかった新井は何だか不憫だな…。とにかもかくにも、宮本のベストナインはどう考えてもありえない。

【遊撃手】

選手名 球団 得票数
鳥谷 T 139
坂本 G 50
C 47
荒木 D 8
石川 YB 2

100打点突破の鳥谷,30発越えの坂本,盗塁王の梵の三つ巴の戦いは、予想以上に下位に差をつけて鳥谷が制し、2年連続2度目の受賞。坂本はエラーが多過ぎる点に関しては、ここでは目を瞑って貰えてると思うが、やはり、終盤の大不振が大きく響いてしまった感じだ。

【外野手】

選手名 球団 得票数
マット・マートン T 212
青木 S 187
ベンちゃん D 170
寿司職人ラミレス G 158
ルパン広瀬 C 9
赤松 C 1
内川 YB 1

鈴木一朗越えの214安打をマークしたマット・マートン(初受賞),首位打者の青木(6年連続6度目),MVPのベンちゃん(パでは外野手で4度,DHで1度だが、セでは初)と上位3名は蒼々たる顔ぶれではあるものの、49本129打点と言う堂々たる数字で二冠王に輝いた寿司職人ラミレスが落選すると言うのは衝撃的な展開だ。本塁打・打点の二冠でベストナイン落ちしたのは、1960年の藤本勝巳(阪神)以来、50年ぶりの珍事。この4人の争いで落ちるとすればマット・マートンか青木だろうと予想していたのだが…。個人的には、青木は閉幕ギリギリで平野に打率で抜かれる可能性にビビって、打席に入らなかったくせに、全試合出場を続ける為にちゃっかり守備には出てきた件が大減点モノなのだが…。それにしても、ルパン広瀬,内川は百歩譲るとしても、赤松に入れた記者は何を考えているのか分からない。ゴールデングラブはともかく、ベストナインはありえないだろう。大局に影響がなければ、何をやっても構わないとか思ってないか?

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:38コメント(1)トラックバック(11) 

October 05, 2010

◆YB0−4G◆
優勝を逃した途端、若大将・原監督は自らの現役時代を棚上げし、鬼の首を取った様に坂本の事を「ポップフライ病」だと猛批判し、ついに6番へ降格させた。代わって1番に起用されたルーキー・長野がいきなり19号先頭打者アーチを叩き込み、巨人が1点を先制。その裏、横浜は石川のヒット,内川の四球で一死一、二塁とするも、村田が打ち上げると、5番ファーストで一軍デビューとなったルーキー・筒香もセンターフライに倒れて、二者残塁。0−1で迎えた4回、巨人は先頭の寿司職人ラミレスがライトスタンドへ48号ソロを叩き込み、1点を追加。続く5回には一死一塁からガッツがタイムリー二塁打を浴びせると、二死後、阿部がライト前へ弾き返して、4点目。土壇場9回、横浜は3番手・山口を攻め立て、二死満塁と一発同点の大チャンス。しかし、ここで代わった守護神・クルーンの前にカスティーヨがセカンドゴロに倒れて、完封負け。巨人先発・朝井は6回を無失点の好投で4勝目を挙げた。尚、6番降格の坂本は3タコに終わったばかりか、凡打の全てがフライとあって、若大将・原監督からの信頼度を更に下げる事になってしまった。

10/5マートン◆S4−17T◆
15日ぶりの登板となるヤクルト先発・中沢は2回、2四死球とJ.マッケンジーのヒットで一死満塁のピンチを作ると、藤川俊にタイムリーを浴びて、先制点を献上。続く投手の能見にむざむざ押し出し四球を許すと、二死後、平野,マット・マートン,新井と3連続タイムリーを浴びた挙げ句、キュラソ星人には16号3ランをぶち込まれ、悪夢の9失点KO。阪神は3回に鳥谷,平野の連続タイムリー二塁打で2点を加えると、4回にはブラゼルの46号で12点目。3回に青木の犠飛で1点を返したヤクルトは5回に5本の単打で3点を返し、応戦するが、阪神は8回、ブラゼルがこの日2本目となる47号2ラン。9回にも4連打で3点を奪い、ダメを押した。先発の能見は5回を4失点ながら、大量援護に恵まれ、無傷の8連勝。2回のタイムリーで鈴木一朗のシーズン最多安打記録を塗り替える211安打をマークしたマット・マートンは第4,6打席でもヒットを放ち、記録を213安打まで伸ばした。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:48コメント(0)トラックバック(12) 

September 28, 2010

9/28長野◆T5−7G◆
負ければV4の可能性が消滅する巨人は初回、一死から松本,ガッツ,寿司職人ラミレスと立て続けにセンター前へ弾き返して、1点を先制。更に、阿部が死球を食らって満塁となると、二死後、阪神との相性を買われて再昇格した長野が期待に応える2点タイムリーを放ち、この回3点。その裏、新井のタイムリー二塁打で1点を返されるが、3回、二死満塁のチャンスで投手の内海が自らを助けるタイムリーを放ち、2点を追加。阪神先発・スタンリッジはこの回限りでKOとなった。続く4回には一死からヒットの松本が暴投で二進した所でガッツがタイムリーを浴びせて、6点目。巨人先発・内海は2,3,4回を3人ずつで打ち取った上、6三振を奪うなど、尻上がりに調子を上げてきたかに思われたが、6回、先頭のマット・マートンにセ・リーグ新のシーズン205安打となるヒットを許すと、平野のタイムリー三塁打,鳥谷の18号2ランで3点を奪われ、あえなくKO。阪神の押せ押せムードを食い止めたい巨人は直後の7回、一死から阿部が43号ソロを叩き込み、1点を追加。粘る阪神はその裏、8月14日以来のスタメンに起用された桜井が9号ソロをぶち込んで再び2点差と詰め寄った。土壇場9回、巨人は定石通り守護神・クルーンを投入。いきなり先頭のブラゼルを振り逃げで生かすと、代走・坂に二盗を許して、無死二塁のピンチを背負ったが、J.マッケンジー,桜井,代打・林と打ち取って、辛くも逃げ切りに成功。巨人と入れ替わりで3位転落となった阪神のマジックは点灯したままだが、優勝には残り8試合を全勝するしかなくなった。内海は5回0/3で4失点降板と不本意な内容ながら、リリーフを仰いで11勝目を挙げた

◆YB0−4S◆
横浜先発・田中が4回まで四球1つ出しただけのノーヒットピッチングを展開。5回に2安打を浴びて、ピンチを背負うも、宮本をゲッツーに仕留めて0点で切り抜ける。6回も簡単に二死を取ったが、ここで青木にライトスタンドへ14号ソロを叩き込まれて、先制点を献上。7回には畠山,デントナの連打で二、三塁とされると、相川に犠飛を許して、2点目を失い、この回限りで無念の降板となった。ヤクルトは続く8回にも一死満塁のチャンスを掴むと、相川が押し出し四球を選んだ後、飯原のセカンドゴロの間にも1点を加えて、4点目。ヤクルト先発・石川は散発3安打無四球と横浜打線に付け入る隙を許さず、2年ぶりの完封で13勝目をマークした。敗れた横浜は史上初の3年連続90敗。

◆Bs0−4F◆
日本ハムは今オフ、亡命を望んでいるダルビッシュをポスティングシステムで売り飛ばす意向を示した。来季のAクラス確保へ早くも暗雲が懸かる事となった日本ハムだが、既に、今季のBクラスが確定して、モチベーションが低下している偽バファローズ相手に2回、陽,トンガの連続タイムリー二塁打で2点を先制。5回にはヒットの大野を飯山が送ると、二死後、劇団ひちょりがライト前へタイムリー。続く6回には二死から陽がヒットで出ると、トンガがタイムリー二塁打を放ち、4点目。0−4で迎えた8回、日本ハムは余裕ぶっこいて、亡命内定のダルビッシュを惜別(?)のマウンドへ投入。亡命を悲しむファンから悲鳴が上がる中、ダルビッシュは今季限りで引退を表明している代打・塩崎に痛打されるも、後続を無難に断ち切ると、9回は宮西−武田久と繋いで、完封リレーを達成。Aクラス残留はロッテの結果待ちと言う形で今季最終戦を終えた。先発の武田勝は6回0/3を無四球無失点の好投で14勝目。偽バファローズはこれで今季の5位が確定した。

◆M7−2E◆
楽天は初回、二死満塁と絶好の先制チャンスで牧田が三振に倒れて、三者残塁。ピンチを脱したロッテはその裏、一死から清田が内野安打で出ると、二死後、4番に入ったサブローがレフトスタンドへ19号2ランを叩き込み、2点を先制。続く2回には連続四死球と犠打で一死二、三塁とした所で西岡が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、2点を追加。4点を追う楽天は4回、連続四球で一、二塁とすると、一死後、嶋がライト前へタイムリー。二死後、枡田にもタイムリーが飛び出し、2点目。更に、聖沢が歩いて、満塁とチャンスを広げたが、渡辺がセカンドゴロに終わり、またも三者残塁。3回以降攻めあぐねていたロッテだが、7回、ヒットの西岡を清田が送ると、井口がタイムリー二塁打。二死後、今江に9号2ランが飛び出し、3点を追加し、試合を決定付けた。先発のマーフィーは8四球を出す乱調ぶりで勝利投手の権利まであと一人と迫りながら、降板となったが、2番手・内が2回1/3をパーフェクトに抑える好リリーフを見せ、今季初白星

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:25コメント(1)トラックバック(8) 

July 19, 2010

◆G14−8S◆
7月最下位の巨人の投壊がこの日も止まらない。2回に長野の15号先制3ランが飛び出したものの、立ち上がりからピリッとしない投球が続いていた先発・ゴンザレスが3回に炎上。二死走者なしからホワイトセルに3号ソロを被弾すると、ガイエル,相川と連打された所で畠山,相川の連続タイムリー二塁打で3点を奪われ、あっと言う間に形勢逆転。更に、4回にも先頭の青木に痛打され、田中はゲッツーに仕留めたものの、続く飯原にヒットを許した所であえなくKO。しかし、代わった2番手・星野もいきなりホワイトセルを歩かせると、続くガイエルに16号3ランを被弾する始末。しかし、投手陣がアテにならないならと、打撃陣が奮起。5回、内野ゴロの間にまず1点を返すと、続く6回には松本,ガッツ,寿司職人ラミレスの3連打で5点目をあげ、ヤクルト先発・バーネットをKO。2番手・ナベコーからは連続四死球で押し出しの1点をあげると、3番手・押本からは長野がセンター前へ2点タイムリーを放ち、逆転に成功。更に、脇谷が走者一掃のタイムリー三塁打,代打・松田記者もタイムリーと8者連続出塁で一挙8点を獲得。7回、4番手・山口がホワイトセルにこの日2本目となる4号ソロを被弾するも、その裏、マッスル千代の富士が10号3ランをぶち込んで、ダメ押し。8回は久保,9回からは育成選手枠から這い上がり、初登板となったロメロがきっちり抑えて、逃げ切った。3番手のMICHEALは1回無失点で移籍初白星

◆D5−0YB◆
横浜先発のルーキー・加賀に対し、中日は5回まで毎回走者を出しながら、悉くチャンスを潰し、残塁を量産する拙攻三昧でゼロ行進。今季初先発となる岩田は6回まで4四球を許すも、ノーヒットに抑え込む無失点投球を展開。何とか岩田を援護したい中日はその裏、ブランコ,ベンちゃんと連打を浴びせると、一死後、堂上剛が四球を選んで満塁のチャンス。ここで小田が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、一気に3点を先制。続く7回には先頭の大島が三塁打を浴びせると、続く森野のタイムリー二塁打で1点を追加。更に、8回には英智が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに今季初アーチを叩き込み、5点目。岩田は8回二死から連打を浴びて、KOとなるが、このピンチを浅尾が摘み取ると、最後は高橋が締めて、先発投手のみでの記録こそストップとなったものの、プロ野球タイ記録となる4戦連続の完封勝ち。岩田は7回2/3を無失点に抑え、プロ初勝利を飾った

7/19ジオ◆T2−0C◆
3戦連続完封負け中の広島打線はこの日も阪神先発・スタンリッジの前に全く快音が聞かれない。いつになったら援護を貰えるのか、また最後まで貰えないのかもしれないのではないかと言う不安に苛まれながらも、4回までパーフェクトピッチングを展開していた広島先発・ジ・oだったが、5回、先頭の新井に四球を許した所で右肩に違和感を訴え、降板を余儀なくされるアクシデントが発生。緊急登板となった岸本はブラゼルを三振に斬ってとったものの、続くキュラソ星人にライトスタンドへ9号2ランをぶち込まれ、ついに先制点を献上。負けない為には延長12回を0−0で切り抜けるしかないと言うムードが蔓延している中、2点と言う大量点を奪われてしまい、絶望的な空気に包まれた広島は以降、一人の走者も出す事が出来ない儘、ゲームセット。好調・阪神打線を散発3安打と封じ込めたにも拘わらず、実に41年ぶりとなる4戦連続完封負けの屈辱的記録を残す事となった。スタンリッジはあまりにも手応えのない広島打線相手とは言え、散発2安打無四球の快投で今季初完封を果たし、6勝目

◆H11−4L◆
初回、オーティズのタイムリーで先制したソフトバンクは続く2回には二死満塁から本多がタイムリー内野安打。更に、3回には一死から3連打を浴びせて、1点を追加。3点を追う西武は4回、ゲッツーの間に1点を返すが、ソフトバンクは5回、一死からペタジーニ,松田,長谷川の3連打で1点をあげ、西武先発・ミャオをKO。更に、代わった岩崎から田上のタイムリー,高山のエラー,川崎のタイムリーで3点を加え、7点目。6回に栗山のタイムリーで1点を返されるも、その裏、代打・松中が7号2ラン、7回には柴原が2点タイムリー二塁打を放ち、試合を決定付けた。ソフトバンクはこれで5連勝。先発のホールトンは6回を2失点で切り抜け、6勝目をあげた

◆F3−5M◆
3回、ロッテは四球の里崎を岡田の犠打、西岡のライトフライで三塁へ進めると、今江がレフト前へ先制のタイムリー。今江はすかさず二盗を決めると、井口もタイムリーで続いて、この回2点。その裏、田中の5号ソロで1点を返されるが、直後の4回、フクーラのタイムリー二塁打,岡田のタイムリーで2点を追加。3点を追う日本ハムはその裏、糸井が12号ソロを叩き込むと、続く5回には二死二塁から稲葉がライト前へタイムリーを放ち、1点差。突き放したいロッテは7回、二死一、二塁から井口がこの日2本目のタイムリーを放ち、5点目を追加。その裏から伊藤−薮田−小林宏と繋いで、日本ハムの反撃を断ち切った。先発のコーリーは5回を投げて3失点で2勝目をあげた

◆Bs8−5E◆
楽天は3回、渡辺,聖沢の連打で一、三塁とすると、高須の犠飛で1点を先制。続く鉄平が死球を食らって、チャンスを広げるも、山崎,中村紀の4,5番が倒れて、1点止まり。すると、その裏、先発のラズナーが一死から荒金の三塁打,後藤の四球で一、三塁とした所でカブレラに同点タイムリーを浴びて、あえなくKO。代わった松崎もティー岡田に四球,北川に死球を許して、押し出しで勝ち越し点を献上。更に、二死後、鈴木にも押し出し四球を与えて、この回3失点。続く4回にはカブレラに14号ソロを被弾し、4点目を献上。3点を追う楽天は5回、ヒットの聖沢が二盗を決めると、一死後、鉄平がライト前へタイムリー。続く6回にはリンデン,ルイーズの連続二塁打で1点をあげると、二死一、三塁とした所で高須が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、逆転に成功。しかし、その裏、偽バファローズはBCリーグ出身の謎の新助っ人・カラバイヨが来日初安打初アーチを叩き込み、あっさり同点。5−5で迎えた8回、偽バファローズは二死走者なしからカブレラ,ティー岡田の連打,北川の四球で満塁とすると、バルディリスが走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、一気に3点を勝ち越し。最後は岸田が締めて、最下位転落の危機を免れた。3番手の平野は2回をノーヒットの好リリーフで5勝目

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:26コメント(0)トラックバック(23) 

July 14, 2010

7/13長野◆T4−7G◆
勝ち越した方が首位の座に納まる首位攻防3連戦。4連敗中の巨人だったが、この日は3回に一死二、三塁から松本のタイムリーで2点を先制。3回まで1安打と沈黙していた阪神は4回、平野,マット・マートン,新井,ブラゼルと怒濤の4連打で3点を奪い、一気に逆転。更に、J.マッケンジーが歩いた後、林にもタイムリーが飛び出し、この回4点。2点を追う巨人は7回、先頭の江戸川がセンター前ヒットで出塁。脇谷,代打・マッスル千代の富士と連続三振を喫するも、坂本が歩いて、一、二塁となった所で松本のファーストゴロがブラゼルのエラーを誘い、ボールが転々とする間に江戸川に続いて、坂本も一気に本塁を陥れ、ついに同点。4−4の儘、迎えた土壇場9回、阪神は同点の場面ながら守護神・藤川球を投入。これに対して、巨人は代打・工藤が死球,マッスル千代の富士がヒットで出ると、暴投で二、三塁と絶好の勝ち越しチャンスを掴むも、坂本がファールフライを打ち上げると、松本,ガッツは連続三振に倒れて、二人の走者は釘付け。試合は延長にもつれ込むが、両軍共にチャンスを掴みながら、あと一本が出ない儘、ラストイニング12回に突入。巨人は先頭のガッツがヒットで出ると、寺内が送って、一塁が空いた事で阿部が敬遠されて、一、二塁。ここで長野がライトスタンドへ13号3ランを放り込み、一気に3点を勝ち越し。11回から登板していた守護神・クルーンがその裏、鳥谷にバックスクリーンへ9号2ランをぶち込まれ、1点差とされるも、辛くも逃げ切って、2勝目。負ければ首位転落の危機に瀕していた巨人の連敗はようやくストップし、阪神との差は1,5と拡大した。

◆D−S◆
降雨中止。

◆YB4−3C◆
ハーラートップをひた走る難敵・前田健に対し、横浜は初回、先頭の下園がいきなり二塁打を浴びせると、石川が送った後、内川のタイムリーで先制。2回には先頭のハーパーが3号ソロを叩き込むと、3回には二死一、二塁からまたもハーパーがライト前へタイムリー。更に、5回には一死から内川が二塁打で出ると、続く村田がライト前へ弾き返して、4点目。6回まで毎回の8安打を浴びせながら、残塁の山を築いてきた広島だが、7回、石川のエラーと赤松のヒットで一、二塁として、横浜先発・加賀をKOすると、ここから嶋,ルパン広瀬,岩本と3連続タイムリーで3点を奪い、1点差まで詰め寄る。続く8回には2つの四球で一死一、二塁とするも、梵,赤松と連続三振。9回にはヒットの嶋をルパン広瀬が送って、一死二塁とするも、岩本,石井タクローと打ち取られ、ゲームセット。13残塁の拙攻が大きく響いて、あと1点が届かなかった。加賀は6回2/3を自責点0で切り抜け、3勝目

◆E4−1H◆
楽天は2回、一死から山崎が二塁打を浴びせると、続く嶋がセンター前へ先制のタイムリー。続く3回には聖沢,渡辺と連打で出ると、一死後、中村紀が歩いて満塁のチャンス。ルイーズは三振に倒れるも、山崎の押し出し四球,松田のタイムリーエラーで2点を追加。更に、4回には二死走者なしからヒットで出た渡辺が二盗を決めると、高須がレフト前へタイムリーを放ち、4点目。5回まで僅か1安打に抑え込まれていたソフトバンクは6回、田上,川崎の連続二塁打でようやく1点を返すも、後続3人があえなく凡退し、追加点ならず。7回二死二塁,8回二死一、二塁のチャンスも生かせなかったソフトバンクは9回にも先頭の小久保がヒットで出るも、松中がセンターフライ,松田がショートゴロゲッツーに倒れる最悪の展開で万事休す。楽天先発・ラズナーは7回を1失点に抑え、3勝目をあげた

◆L1−9F◆
0−0で迎えた3回、西武は二死走者なしから片岡がレフトスタンドへ8号ソロを叩き込み、1点を先制。追いかける日本ハムは4回、稲葉,小谷野と連打を浴びせると、糸井の犠打で二、三塁。二死後、陽がレフト前へ2点タイムリーを放ち、逆転に成功。続く5回には二死一、二塁から小谷野が右中間へ走者一掃のタイムリー二塁打を浴びせると、続く糸井もタイムリーを放って、この回3点。7回には一死二、三塁から糸井が犠飛を打ち上げ、6点目。更に、9回には二死満塁から鶴岡が走者一掃のタイムリー二塁打を放って、試合を決定付けた。先発の矢貫が4回1失点ながら、ピリッとしない内容に降板を強いられた後、2番手としてマウンドに上がった榊原は2回をパーフェクトに抑える好リリーフで無傷の開幕5連勝をマークした

◆M1−0Bs◆
2回、ロッテは先頭の金がセンター前ヒットで出塁。大松,サブローと外野フライを打ち上げるも、フクーラが右中間を深々と破るタイムリー二塁打を浴びせて、先取点をゲット。直後の3回、偽バファローズは二死から山崎浩の二塁打,坂口の四球で一、二塁とするも、荒金が三振に倒れて、同点ならず。5回には一死からヒットで出たバルディリスが二盗を決めるも、後続が倒れて、またも無得点。以降は僅か1安打で二塁も踏めない儘、完封負けで8回1失点完投の先発・木佐貫を見殺し。ロッテ先発・コーリーは6回を2安打無失点の好投で日本では2年ぶりの白星を手にした

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 00:01コメント(1)トラックバック(15) 

May 24, 2010

◆G6−4Bs◆
昨日、右手に死球を食らって退場となったガッツが欠場を余儀なくされ、脇谷をサード,マッスル千代の富士を3番に入れる新オーダーで臨んだ巨人は初回、先頭の坂本が四球を選ぶと、二死後、寿司職人ラミレスが16号先制2ラン。しかし、直後の2回、先発・内海がティー岡田に内野安打を許した後、バルディリスに4号2ランを被弾し、試合は振り出しに。2−2で迎えた5回、巨人は一死から脇谷,マッスル千代の富士の連打で一、三塁とすると、寿司職人ラミレスがライトへ犠飛を打ち上げ、勝ち越し。1点を追う偽バファローズは7回、一死から山崎浩がヒットで出ると、鈴木が送って、二死二塁。ここで代打・ハイツ田口を投入するが、代わった久保の前に空振り三振に倒れ、同点ならず。その裏、巨人は日本一高価な代打要員・李の二塁打等で一死一、三塁とすると、マッスル千代の富士の犠飛で4点目を追加。8回からキャンプから先発として体を作ってきたにも拘わらず、先発として失敗した訳でもないのに、早々と中継ぎに回された挙げ句、いつ二軍に落とされても仕方ない程、炎上を繰り返しても、一向に先発には戻して貰えない山口がマウンドに上がるも、二死一塁からティー岡田に10号同点2ランを被弾し、内海の白星が消滅。しかし、その裏、巨人は一死から長野,亀井と連続アーチが飛び出して、再び2点を勝ち越し。最後は守護神・クルーンが3人で締め括り、逃げ切り。内海の白星を粉砕した山口に2勝目がついた

◆YB−H◆
降雨中止。

◆D3−0E◆
楽天先発・ラズナーは初回、簡単に二死を取るも、森野を歩かせると、暴投で二進を許した所でブランコにタイムリーを浴びて、先制点を献上。一方、名手・川相が現役復帰どころか、コーチとしてから一軍ベンチにも入れて貰えない理不尽な状況にチーム状態が上がらず、ナインの士気が下がる一方である事を察知した落合監督は今年も川井を起用してお茶を濁す事を決断。所詮、カワイであって川相ではない川井ではチームの空気を一気に変える事など、望むべくもないのだが、それでも川井は毎回の様に走者を背負いながら、楽天打線に得点を許さない粘りの投球を展開。2回以降、沈黙していた中日は6回、先頭のブランコが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにレフトスタンドへ11号ソロを叩き込むと、続く8回には代打・野本が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに3号ソロを放り込み、3点目。8回からは浅尾−岩瀬と繋ぐ必勝パターンが決まり、完封リレーを達成。川井は6回無失点で今季初勝利となった

5/24城島◆T5−4M◆
3連敗中の阪神はマット・マートンを3番レフトで起用するなど、打線のテコ入れを敢行。初回に1点ずつ取り合って迎えた3回、阪神は先頭の藤川俊がヒットで出ると、一死後、新井がレフトスタンドへ6号勝ち越し2ラン。更に、二死後、ヒットで出たJ.マッケンジーが二盗を決めた所で鳥谷がレフト前へタイムリーを放ち、4点目。2回以降、二塁も踏めずにいたロッテだが、7回、先頭の大松が9号ソロを叩き込むと、一死後、里崎,今江,代打・フクーラの3連打で一気に同点。8回に二死満塁と絶好の勝ち越しチャンスを潰した阪神だが、土壇場9回、一死からマット・マートンのヒットと連続四球で再び満塁のチャンスを作ると、J.マッケンジーがセンターへ犠飛を打ち上げ、マット・マートンがサヨナラのホームイン。阪神の連敗は3でストップ。同点ながらマウンドに上がっていた守護神・藤川球に2勝目がついた。

◆C3−0L◆
WBC使用球はからっきしだが、NPB使用球を使ってのナイターでは抜群の安定感を誇る西武先発・岸に対し、広島は3回、内野安打の石原をスタルツが送ると、二死後、梵がレフトスタンドへ先制5号2ラン。6回にはヒットの栗原が犠打とファールフライで三塁まで進むと、フィオのレフト前ヒットで3点目のホームイン。直後の7回、西武は高山,平尾の連打で無死一、二塁とすると、二死後、片岡がレフト前へ弾き返すが、一気に本塁を狙った高山がフィオの好返球の前にタッチアウト。9回にも一死から平尾のヒツト,代打・礒?の四球で一、二塁と一発で同点の場面を作ったが、代打・上本,片岡と倒れて、完封負け。先発のスタルツは6回1/3を無失点で切り抜け、2勝目をマークした

◆S−F◆
降雨中止。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:45コメント(0)トラックバック(5) 

May 22, 2010

◆E3−5G◆
7連勝中の巨人先発・東野に対し、楽天は初回、一死からヒットで出た高須を鉄平のタイムリー三塁打で返して、1点を先制。しかし、直後の2回、巨人は二死走者なしから、初回にクッションボールの処理を誤って先制を許した長野が汚名返上の4号同点ソロ。1−1で迎えた5回、楽天は内野安打の内村を聖沢が送ると、二死後、またも鉄平がタイムリーを放ち、勝ち越し。続く6回には山崎に8号ソロが飛び出して、3点目。2点を追う巨人は7回、先頭の寿司職人ラミレスがヒットで出ると、続く阿部が11号2ランを叩き込み、一気に同点。その裏、内村,聖沢の連打で無死一、三塁のピンチを背負った東野は高須をショートゴロに打ち取るが、ここで降板となり8連勝ならず。しかし、2番手・山口が鉄平を、3番手・久保が中村紀を退けて、ピンチ脱出。同点の儘、迎えた土壇場9回、巨人はヒットで出た寿司職人ラミレスの代走で出た鈴木が二盗に失敗するも、続く阿部が四球を選んだ所で長野がこの日2本目となる5号2ランをぶち込んで、ついに勝ち越しに成功。その裏、昨日とは違い、まだ越智を残した状態での登板となった守護神・クルーンは制球を乱す事なく、三者凡退で切り抜け、昨日の汚名を返上。巨人の連敗は3でストップ。1回1/3をパーフェクトに抑えた久保に2勝目がついた

◆H7−4C◆
3回に東出のタイムリーで先制されたソフトバンクはその裏、プロ初登板となる広島先発・相沢から山崎,川崎,本多の3連打であっさり追い付くと、オーティズの15号2ランで勝ち越しに成功。更に、小久保のヒット,ハマのスペランカーの四球で一、二塁とした所で23日ぶりに一軍復帰となった松中がタイムリー。続く森本が歩いて、満塁となった所でプロ初スタメンとなった福田も2点タイムリー二塁打を放ち、この回、一挙6点。続く4回には四球の本多を三塁へ進めた所で小久保が犠飛を打ち上げ、7点目。6点を追う広島は7回、先頭の求道者・前田がライト前ヒットで反撃の狼煙をあげると、一死後、迎もセンター前ヒット。ここで小窪,石原と連続タイムリー二塁打を浴びせて、3点差まで追い上げたが、反撃もここまで。ソフトバンクは8回からファルケンボーグ−馬原と繋ぐ必勝リレーで逃げ切り。先発の和田は7回途中4失点で降板となったが、打線の援護に恵まれ、6勝目

◆L8−0D◆
0−0で迎えた3回、西武は大崎,片岡と連打を浴びせると、一死後、中島が歩いて、満塁のチャンス。ここで中村が先制犠飛を打ち上げると、続くブラウンがよ号3ランを叩き込み、この回4点。7回には、またも大崎,片岡と連打を浴びせると、続く栗山がタイムリーを放ち、1点を追加。更に、8回にはブラウンのこの日2本目となる10号ソロ,細川の2号2ランと一発攻勢でダメ押し。中日は毎回の様に走者を出しながら、繋がりに欠ける攻撃で残塁の山を築き、完封負け。西武先発・帆足は7回2/3を無失点で6勝目を飾った

◆Bs5−3T◆
マット・マートンの8号先頭打者アーチで先制した阪神は更に、二死後、新井,キュラソ星人の連打で追加点のチャンスを作ったが、J.マッケンジーが三振に倒れて、1点止まり。3回に内野ゴロと暴投の間に逆転を許すが、4回、二死満塁から葛城イクローが押し出し四球を選んで、同点。追い付かれた偽バファローズは5回、年に1本打つかどうかの荒金に今季初アーチが飛び出して、勝ち越し。直後の6回、ブラゼルの15号ソロで追い付かれるが、その裏、バルディリスの3号ソロで三たび勝ち越しに成功。8回には後藤に2試合連続の4号ソロが飛び出し、5点目を追加。最後は抑えのレスターが3人で締め括った。先発の木佐貫は6回を3失点で4勝目をマークした

5/22中沢◆M20−4S◆
好投の報われない日々が続くヤクルト先発・中沢は初回、無死満塁のピンチにゲッツーの間に先制点を献上。1点取られた段階で黒星を覚悟しなければならない様なチーム状態により、この1点で絶望感に苛まれてしまったのか、続く2回には6本の単打を浴びて、5失点。更に、3回には南に1号ソロを被弾するなど5長短打を浴びると言う信じられない大炎上で失意のKO。代わった増渕も連打を浴びたばかり、大松に8号3ランをぶち込まれ、この回大量7失点。ロッテは中盤以降も大量に加点し、計4発含む22安打20得点で圧勝。移籍初登板となった先発・吉見は序盤から大量リードを貰って悠々と投げ込み、6回2失点で移籍初勝利。ヤクルトは頼みの中沢が火だるまに遭い、8連敗。不振の両助っ人が5安打3打点と復調の兆しを見せたのが唯一の救いだった。

◆F3−1YB◆
横浜は初回、石川,藤田と連続三振に倒れるが、内川がライト前に弾き返すと、村田が先制タイムリー二塁打。しかし、その裏、日本ハムも先頭の田中が二塁打を浴びせると、劇団ひちょりの犠打,稲葉の犠飛で同点のホームイン。1−1の儘、迎えた6回、一死二塁のピンチを迎えた横浜先発のルーキー・加賀はよりにもよってあの男にタイムリーを浴び、勝ち越し点を献上すると、二死後、小谷野にもタイムリー二塁打を浴び、KO。日本ハムは9回から建山を投入して、横浜の反撃を断ちきった。先発の武田勝は8回を3安打1失点の好投で3勝目をマークした

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:44コメント(0)トラックバック(15) 

May 08, 2010

◆YB3−4G◆
巨人先発・西村健に対し、横浜は初回、ヒットの石川を早川がきっちり送ると、内川がライト前へ先制タイムリー。3回には石川,早川の連打で無死一、二塁として、クリーンアップに繋ぐが、内川の送りバントがピッチャー前にまともに転がり、三塁封殺。村田,カスティーヨも凡退し、結局、無得点。一方、横浜先発・ハマのチンピラの前に3回までパーフェクトと沈黙していた巨人は4回、先頭の坂本がチーム初安打を浴びせると、脇谷の犠打の後、ガッツがセンターオーバーのタイムリー二塁打を放ち、ようやく同点。続く5回には一死から李が歩いた所で長野がライトスタンドへ勝ち越し3号2ラン。更に、二死後、坂本がレフト線へ二塁打を浴びせると、続く脇谷がレフト前へタイムリーを放ち、4点目。3点を追う横浜は6回、内川の三塁打の後、村田のレフト前タイムリーで1点を返すと、愉快には4番手・越智に対し、下園のタイムリーで1点差。土壇場9回、巨人は二死満塁と絶好の追加点のチャンスを掴むも、代打・矢野がショートゴロに終わり、三者残塁。その裏、守護神・クルーンは二死を簡単に取ったものの、内川に四球。またクルーン劇場が開演されるのか…と思った矢先、代走・野中が二盗に失敗し、呆気なく試合終了。横浜の自滅でサヨナラ負けの危機を免れた巨人は4連勝。西村健は6回1/3を2失点で2勝目をあげた。一方、ハマのチンピラは対巨人6年越しの10連敗。

5/8和田◆D1−0S◆
泥沼の連敗モードが止まらないヤクルトはこの連敗に絡んでいないルーキー・中沢に連敗ストッパーを託す。中沢は立ち上がりこそ制球に苦しんだが、尻上がりに調子を上げて行き、8回まで無失点の好投。しかし、肝心の味方打線が中日先発・山内の前に6回まで1安打と相変わらずの貧打で一向に先制点を奪えない。7回に二死、二、三塁と初のチャンスを作ったが、藤本がセカンドゴロと凡退。8回にも一死一、二塁としたが、田中が最悪のセカンドゴロゲッツー。山内は8回に代打を出され、9回からは高橋が登板。これで流れを変えたいヤクルトだったが、あえなく三者凡退に終わる体たらく。その裏、中沢は森野,ブランコと打ち取り、ベンちゃんに川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにバックスクリーンに12号サヨナラアーチを被弾し、プロ初黒星。被安打は僅かに2本と言う快投を展開した中沢を見殺し、2戦連続サヨナラ負けを喫したヤクルトは今季ワーストの6連敗。

◆T8−11C◆
初回にフィオの2点二塁打で先制した広島は2,3回にも加点し、3点のリード。しかし、その裏、阪神は1点を返し、なおも二死満塁のチャンスで桜井が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、一気に逆転。1点を追う広島は直後の4回、二死二塁から天谷,フィオとタイムリーを浴びせて、逆転に成功。7回には栗原の5号ソロ,代打・ルパン広瀬のタイムリーで2点、8回にも栗原のタイムリー等で2点を追加し、ダメ押し。9回、6点差もあると言うのに引っ張り出された守護神・シュルツが3点を失う波乱はあったものの、大事には至らなかった。先発・今井は3回KOされたが、3回を無失点の好リリリーフを見せた篠田が今季初勝利

◆H3−1L◆
西武先発・ミャオに対し、ソフトバンクは初回、二死走者なしからオーティズがレフトスタンドへ13号先制アーチ。更に、小久保がヒットで続くと、ハマのスペランカーがタイムリー二塁打を放って、この回2点。2回に一死一、三塁,3回に一死満塁のピンチを作ったかと思えば、4回には三者三振とムラのある投球ながら、無失点を続けていた杉内は5回、先頭の佐藤を歩かせるが、二盗に失敗。これで気が緩んだか、片岡に二塁打を浴びると、続く栗山にタイムリーを許し、1点差。更に、中島に二塁打,中村に四球を許して、満塁の大ピンチを迎えたが、ここからブラウン,高山と打ち取り、辛くもピンチ脱出。西武は6回にも一死から細川の三塁打で一打同点の場面を作るも、佐藤,片岡と倒れて、細川は三塁に釘付け。すると、その裏、ソフトバンクは一死からハマのスペランカーが6号ソロを放ち、3点目。7回からはファルケンボーグ−摂津−馬原と繋ぐ必勝リレーで西武の反撃を断ち切った。杉内は6回降板も1失点で食い止め、ハーラー単独トップの7勝目。敗れた西武は1日で首位陥落となった。

◆F1−0E◆
今季2度目の直接対決となった岩隈とダルビッシュの両エースが互いに譲らぬ投手戦を展開。ダルビッシュは3回二死一、二塁,5回一死一、二塁のピンチを乗り切ると、以降は二塁も踏ませず、9回までに11三振の無失点投球。一方、岩隈は制球重視の丁寧な投球で内野ゴロの山を築き、疲れが見え始めた終盤は走者を出しても落ち着いて後続を締めて、9回まで無四球無失点。試合は0−0の儘、延長にもつれ込み、両先発は先取点を許さずにお役御免となった。両軍共に継投モードに入った10回、日本ハム2番手・宮西は三振2つを奪うなど、三者凡退の好投。これに対し、楽天2番手・小山は一死から田中に痛打されると、二死三塁となった所で稲葉にタイムリーを浴び、サヨナラ負け。

◆Bs3−9M◆
3回、ロッテは先頭の里崎の5号ソロで先制すると、更に、二塁打の今江を三塁へ送った所で荻野貴がタイムリー。その裏、山崎浩の今季初アーチで1点差とされるが、5回、一死満塁から井口の犠飛,金の9号3ランで一気に4点を追加。偽バファローズは7回にT−岡田の8号ソロ,バルディリスの今季初アーチと一発攻勢で食い下がるが、直後の8回、ロッテは2四球で作ったチャンスに里崎がこの日2本目となる6号3ランを叩き込み、試合を決定付けた。ロッテは西武と入れ替わりで首位に返り咲き。先発の成瀬は7回途中でKOされたが、リリーフの援護を仰いで、5勝目をマークした

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:56コメント(0)トラックバック(16) 

April 08, 2010

◆T5−8G◆
初回、坂本の三塁打,松本のタイムリーであっと言う間に先制した巨人は更に、ガッツが歩いた後、寿司職人ラミレスが4号3ランと打者4人で早くも4得点。阪神先発・小嶋は2回で降板を余儀なくされた。阪神は4回にも阿部のタイムリーで1点を追加され、ワンサイドゲームの様相を呈してきたが、その裏、3連打で1点を返すと、二死後、マット・マートンが2号3ランをぶち込んで、一気に1点差と詰め寄った。突き放したい巨人は5回、二死一塁からファーストとしてスタメン復帰の亀井が15打席ぶりのヒットでチャンスを広げた所でルーキー・長野が2号3ランを放ち、点差は4と拡大。6回から登板の久保は3回を無失点と阪神の勢いを止める好リリーフを展開。最後は小林が失点したものの、大事には至らず、この3連戦勝ち越し。先発・内海は5回で降板となったものの、無傷の3勝目を手にした。

◆YB2−1D◆
新助っ人・バルデスに対し、横浜は3回、四球の石川を下園が送った所で内川がレフト前へ先制タイムリー。続く4回には二死三塁から投手のはーちゅんが自らを援護するタイムリー二塁打を放ち、2点目。4回まで1安打と沈黙していた中日は5回に野本の犠飛で1点を返し、更に小山も二塁打で続いたが、バルデスの代打・小池が打ち上げて、同点ならず。6回以降、横浜の継投の前に2四球を選んだだけのノーヒットに抑え込まれ、連勝はついに6でストップ。横浜先発・はーちゅんは7回1失点で今季初勝利

4/8前田健◆S0−4C◆
前田健,石川の両先発が毎回の様に走者を出しながらも、あと1本を許さない粘りの投球で両軍先制点が奪えない。0−0で迎えた5回、広島は野手陣がアテにならないならばと前田健が自ら二塁打を放って、口火を切ると、一死後、梵の犠飛で先制のホームイン。前田健は7回にも自らのヒットでチャンスを作ると、東出,栗原のタイムリーで貴重な3点を追加。9回から高橋−シュルツと繋いで、完封リレーを達成した広島は今季初の3連戦勝ち越し。前田健は完封も完投も逃したものの、8回無失点で2勝目。一方、ヤクルト先発・石川は開幕3連敗となった。

 

◆H9−1M◆
初回に井口の二塁打で先制を許したソフトバンクだが、2回に長谷川の犠飛で追い付くと、一気に流れを引き寄せる。続く3回には本多の1号2ラン等で3点を勝ち越し。更に、4回にはオーティズ,小久保の連続アーチ等で一挙5点を奪い、試合を決定付けた。先発・和田は2回以降は散発2安打と二塁すら踏ませず、計15三振を奪う会心の投球で完投勝利を収めた。

◆F8−4E◆
日本ハムの先発は来日初登板で1回投げただけで故障を発生させ、リタイアしていたケッペル。稲葉をスタメンから外した新オーダーで1,2回と1点ずつ援護を貰ったものの、3回、四死球を連発した上、暴投でピンチを広げる独り相撲を演じた挙げ句に、聖沢に2点タイムリーを浴びて追い付かれる始末。しかし、4回、日本ハムは二死満塁から糸井,飯山,田中と3連打で一気に4点を勝ち越し、楽天先発・ラズナーをKO。楽天は6回に山崎の史上46人目の通算3000塁打となる2戦連続2号2ランで応戦するも、日本ハムは7回に高橋,小谷野の連続タイムリーでダメ押し。連敗を3でストップさせた。ケッペルは6回4失点ながら来日初白星

◆L4−5Bs◆
今月に入ってから未だに白星のない偽バファローズはこの日も先発・近藤が奮わず、2回までに5安打を浴びて、3点のビハインド。久々に好投を見せるオツの前に4回二死まで1安打と沈黙していた偽バファローズだが、ここからカブレラ,ラロッカが連続アーチ。続く5回には坂口,赤田と連続タイムリーで逆転に成功し、オツをKO。しかし、7回に後藤のタイムリーエラーで同点とされ、試合は延長に突入。迎えた10回、偽バファローズは2イニング目となるシコースキーに対し、一死三塁から後藤が汚名返上のタイムリーを浴びせて、勝ち越し。最後はレスターが三者三振斬りで締め括り、ようやく4月初勝利を掴んだ。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:56コメント(0)トラックバック(23) 

April 03, 2010

◆C5−6G◆
昨日倒れたキムタクが未だに意識不明で予断を許さない状態が続いている。そんな状態でもペナントレースが止まる訳もなく、試合が行われる以上、キムタクが目を覚ました際、自分の事が気がかりで負けたなどと報告出来る筈もなく、必勝体勢で臨む巨人は開幕から不振が続く亀井をついに5番の座から外して、8番へ降格させ、マッスル千代の富士を昇格させるテコ入れを断行。そのテコ入れに効果があった…訳ではないが、初回から広島先発のジ・oを捉えて寿司職人ラミレスのタイムリー等で2点、2回には坂本の3号ソロで3点目。しかし、公式戦ではいよいよプロ初先発となる山口は今までと勝手が違う先発マウンドに未だ馴染めず、初回から栗原にタイムリーを浴びると、4回には石原に逆転3ランを浴び、失意のKO。3回以降、ゼロ行進が続いていた巨人は7回、広島3番手・横山に対し、代打・長野の二塁打でチャンスを掴むと、二死後、ガッツが同点タイムリー。広島は8回、二死二塁の場面で幽閉状態が続いていた求道者・前田をようやく代打に起用。しかし、あまりの鋭い眼光に気圧された金刃に一塁が空いていた事もあって、四球で歩かされてしまい、続く代打・小窪は三振に斬って取られて、勝ち越しならず。土壇場9回、巨人はまたも長野のヒットを皮切りに無死二、三塁のチャンスを作り、シュルツの暴投と内野ゴロで2点を勝ち越し。その裏から登板の守護神・クルーンは先頭の東出が初球に仕掛けたセーフティバントを処理した際に転倒し、右手親指をついて痛めてしまい、たった1球で降板となるアクシデント。緊急登板となった小林は内野ゴロの間に1点を返されたものの、大事には至らず、3年ぶりのセーブをマーク。5番手の金刃に今季初勝利がついた。マッスル千代の富士も亀井ノーヒットに終わり、テコ入れの効果は全くなかったものの、巨人は今季初の3連勝。一方、広島は泥沼の連敗が6と伸びてしまい、求道者・前田の使い方にまたもや課題を残す事となった。

◆D3−2T◆
中日は2回、小山の犠飛で先制。好投すればする程、今オフの亡命説が強まる一方のウッチャンは3回までノーヒットに抑えていたが、4回、鳥谷に同点タイムリー二塁打を浴びると、7回にはJ.マッケンジーに勝ち越し2号ソロを被弾し、この回限りで降板となった。ようやくリードを奪った阪神はその裏から先発・上園を下げ、継投モードに切り替えるが、これが裏目。2番手・江草がその裏、ベンちゃんにタイムリーを許し、試合は振り出しに。これで再び流れを引き戻した中日は8回から浅尾が走者を出しては悉く併殺に仕留める好投で9回まで抑えきると、最後は無死満塁からまたもベンちゃんがセンターへ犠飛を打ち上げ、サヨナラ勝ち。阪神4番手・メッセンジャーは来日初黒星。

4/3川本◆S13−12YB◆
前回の快投で今年こそ本格的なブレイクを予感させた由規だが、この日は初回一死から5連打を浴びて、いきなりの3失点。その裏、青木,相川の一発等で大量7得点と逆転して貰ったにも拘わらず、2回に2失点、3回にも連打の後、橋本に同点3ランを叩き込まれて、悪夢の8失点KO。この後、5回に再び2点を勝ち越された横浜は7回、カスティーヨの3号ソロを皮切りに5連打で3点を奪い、逆転。1点ずつ取り合って迎えた土壇場9回、8回からマウンドに上がっていた山口は先頭の相川を歩かせるも、荒木,福地と打ち取り、二死。しかし、ここで代打・川本がレフトスタンドへ逆転サヨナラ2ランを叩き込み、両軍合わせて38安打25得点の大乱打戦に終止符を打った。ヤクルト5番手・橋本は5年ぶりの白星。

◆E6−10H◆
初回から点の取り合いとなったこの試合、ソフトバンクがオーティズ,小久保の連続タイムリーで先制すれば、その裏、楽天は併殺の間に1点を返し、1点差。2回に1点ずつ取り合って、迎えた4回、楽天は宮出,藤井の連続タイムリーで逆転するが、ソフトバンクは5回に小久保,松中の連続タイムリーですかさず逆転。しかし、その裏、楽天は鉄平が同点タイムリー。6−6で迎えた7回、ソフトバンクはオーティズのタイムリー,小久保の2ランで三たびリード。9回にもダメ押しの2点を加えて、試合を決定付けた。今季初先発の藤岡は6回5失点ながら初勝利。一方、楽天先発・岩隈は8失点KOでまたも白星を逃した。

◆F2−1L◆
5連敗に喘ぐ日本ハムだが、この日は2回にミスタースナイパー・坪井のタイムリー二塁打で先制すると、3回には田中が今季初アーチを叩き込み、2点目。ここまで2度の登板で未だに白星のないダルビッシュに5回まで無失点と抑え込まれていた西武は6回、一死から栗山,中島と連打。不振の中村は三振に倒れたが、ブラウンがレフト前に弾き返して、1点差。なおも一、二塁のチャンスが続いたが、G.G.佐藤はショートゴロに倒れて、同点ならず。8回にも内野安打とエラーで一死一、二塁と再び一打同点のチャンスを作るが、またもや中村が三振と大ブレーキ。前の打席でタイムリーを放ったブラウンも打ち取られ、二者残塁。日本ハムは9回からダルビッシュを下げ、果敢にも前回リリーフに失敗している暫定ストッパー・高橋由伸を起用。高橋由伸は今回は期待に応え、3人を全て内野ゴロに仕留めて1点のリードを守りきり、来日初セーブ。ダルヒッシュは8回1失点の好投でようやく今季初白星

◆Bs4−10M◆
2回に不振の北川のタイムリー二塁打等で2点のリードを貰った金子。3回までは無難に抑えていたが、4回、金のタイムリー二塁打の後、大松に逆転2ランを被弾。更に、この後、3安打3四球と荒れに荒れて、7失点KO。この回の猛攻でモノを言い、逃げ切ったロッテは同率で並んでいた偽バファローズを追い落として、3年ぶりの単独首位に。先発・渡辺俊は打線の援護に恵まれて、4失点ながら完投で2勝目。4連続三振デビューを喫するなど、開幕当初は苦しんでいた金だが、この日は一発を含む4安打の大当たりでいつの間にか打率を3割にまで乗せた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:23コメント(4)トラックバック(17) 

October 29, 2009

10/29 菊池 注目の高校No.1左腕・菊池(花巻東)に史上最多の9球団競合の可能性も見込まれていた今ドラフトだったが、果敢に勝負に行ったのは西武,阪神,ヤクルト,楽天,中日,日本ハムの6球団。抽選の結果、ナベQが見事に当たりクジを引き当て、西武が交渉権を獲得した。指名を回避した6球団はいずれも競合する事なく、一本釣りに成功。巨人は先発投手が外国人におんぶにだっこで、日本人が精彩を欠き、外野手はマッスル千代の富士や鈴木,松田記者が余剰戦力になりかねない程、余っているチーム状態にも拘わらず、菊池の抽選に外れてからでも、十分獲得出来るであろう長野(ホンダ)を世間体を気にして1位指名。3年前に日本ハムの4巡目指名,昨年にロッテの2位指名を蹴って、ついに宿願を果たした長野に対し、球団は前任者が故障しまくり、チャンス潰しまくりの末、スキャンダルを起こして島流しに遭った縁起の悪い背番号「7」を用意している模様。ブラウン暗黒政権から、野村新政権となり期待の懸かる広島は今春のセンバツを制した大型右腕の今村(清峰)を指名。横浜は明らかに投手力に課題を残しているにも拘わらず、高校69本塁打を放った地元の大砲・筒香(横浜)を指名した。表向き、当日まで菊池指名の可能性を匂わせておきながら、回避したのは偽バファローズ,ロッテ,ソフトバンク。偽バファローズは150km超の速球にキレのあるスライダーが武器の本格派左腕・古川(日本文理大),ロッテはシュアな打撃で即戦力として見込まれる荻野(トヨタ自動車),ソフトバンクは小柄な体でパンチ力を秘め、内野手登録ながら投手としても最速154kmをマークした地元九州の今宮(明豊)を指名。菊池の抽選を外した5球団だが、阪神は4年になってから急成長を遂げ、大学選手権MVPを獲得した二神(法政大),ヤクルトは制球力に定評があり、社会人No.1左腕と目される中澤(トヨタ自動車),ノムさんが理不尽に解雇され、下手をするとブラウン暗黒政権が成立しかねない楽天は長身から繰り出す速球が武器の右腕・戸村(立教大),中日は菊池同様、高校生左腕として、甲子園を湧かせた岡田(智弁和歌山),そして、日本ハムは甲子園経験はないものの将来性に期待の右腕・中村(春日部共栄)をそれぞれ指名した。2位以下の注目指名では、主力捕手の高齢化が進んでいる巨人が高専からは初の指名となる鬼屋敷(近大高専)を2位指名。昨年までは高専生はドラフト対象外だったが、今年からの協約改定により指名可能となった。ロッテは今季ローテの一角に食い込んだ大嶺の弟、大嶺翔太(八重山商工)を3位で指名。弟をバックに兄が投げると言う夢の展開が今から待ち遠しい。個人的に最大注目株だった運天ジョン・クレイトン(浦添工)を日本ハムが4位指名してくれた事に大満足。将来、ダルビッシュ有,ダース・ローマシュ匡,運天ジョン・クレイトンの三本柱が結成される日を期待してやまない。因みに、曲尾マイケ(青森山田)はヤクルトの育成枠に辛うじてひっかかったが、奥田ペドロ(本庄第一)は残念ながら、どこにも指名されなかった。それにしても、有望な新人達にとって、今から気がかりなのは、選手生命を左右しかねない水島の呪いだ。最もターゲットにされそうなのは言うまでもなく菊池だ。山田にずっと憧れていただの、山田を見て野球を始めただのと、でたらめな過去をでっち上げられた挙げ句、山田に打たれて、「やはり山田さんは凄い」とか吐かされるのではないかと思うと気が気でない。また、今宮も「『小さな巨人』としてソフトバンクに恩返ししたい」などと不吉なコメントを残しており、今季の谷元(日本ハム)のごとく、里中とのマッチアップが危惧されている。霊感投手・松坂(レッドソックス)の様に呪いをものともせずに躍進する事を願うばかりだ。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 20:59コメント(2)トラックバック(25) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ