野間口貴彦

August 03, 2010

8/3野間口◆G6−2T◆
開幕から右肘のリハビリモードが続いていたグライシンガーが得意の阪神戦でようやく今季初登板。しかし、2回、先頭のブラゼルの打球を右脛に食らい、早々と降板を余儀なくされる不運に見舞われてしまう。急遽、マウンドに上がった野間口は後続を断ち切ると、3回二死二塁,4回一死満塁と立て続けにピンチを背負いながらも、あと一本を許さない粘りの投球を展開。一方、阪神先発・スタンリッジは3回まで1安打と上々の滑り出しを見せていたが、4回、先頭のガッツに右中間スタンドへ22号ソロを被弾し、先制点を献上。5回には二死走者なしから連続四死球でピンチを作った所で、松本,ガッツと連続タイムリーを許し、2失点。直後の6回、阪神は巨人3番手・久保からいきなり新井が二塁打を浴びせると、一死後、キュラソ星人が歩いた所でJ.マッケンジーがレフト前へ弾き返して、ようやく1点。なおも一、二塁のチャンスだったが、浅井,代打・林と倒れて、1点止まり。8回には新井,キュラソ星人のヒットで一死一、二塁とするも、後が続かず、またも二者残塁。すると、その裏、巨人は二死走者なしから江戸川,脇谷と連打を浴びせた所で阿部がライトスタンドへ32号3ランを放り込み、ダメ押し。阪神は9回、マット・マートンがタイムリーを放ったものの、4点ビハインドだと言うのに何を血迷ったか、二盗を敢行して憤死するボーンヘッドをかまして、呆気なく試合終了。これで巨人は阪神と入れ替わり、首位返り咲き。緊急登板ながら、4回を無失点に抑えた野間口は今季初勝利

◆S3−2D◆
初回、押し出し四球で先制点を許したヤクルトだが、その裏、ヒットの青木を田中が送った所で畠山がタイムリー二塁打を放ち、あっさり同点。更に、続くホワイトセルが7号2ランを叩き込み、2点を勝ち越し。中日は2回、先頭の堂上直がヒットで出るも、続くウッチャンがサードゴロゲッツー。4回にも先頭のベンちゃんがヒットを放った後、松井佑がサードゴロゲッツー。この後、一、二塁と再びチャンスを作るが、またもウッチャンに回ってしまい、二者残塁。5回無死二塁,6回二死一、二塁のチャンスも悉く逸する壊滅的なタイムリー欠乏症で一向に点差を縮められずにいたが、7回、2四球で作ったチャンスにベンちゃんがようやくタイムリーを放ち、1点差。しかし、なおも一、二塁のチャンスに代打・堂上剛がセカンドゴロに終わる詰めの甘さで同点ならず。ヤクルトは8回からマツ・オカ−林と繋ぐ必勝パターンで中日の反撃を断ちきった。先発の村中は6回2/3で7安打7四球を許しながらも、2失点で食い止める粘りの投球で8勝目

◆C5−1YB◆
2回、横浜は一死からスレッジがレフトスタンドへ21号ソロを叩き込み、1点を先制。二死後、カスティーヨの内野安打,武山の敬遠で一、二塁とするも、清水がセカンドゴロに終わり、二者残塁。その裏、ルパン広瀬の6号ソロであっさり追い付いた広島は続く3回には一死から東出が三塁打を放った所で梵がセンターへ犠飛を打ち上げ、勝ち越しに成功。6回には先頭の嶋が8号ソロを放り込むと、ルパン広瀬のヒット、代打・求道者・前田の四球で一死一、二塁とした所で石原がセンター前へタイムリー。更に、代打・石井タクローが内野安打で出て満塁となった所で東出がスクイズを決め、5点目。7回からマウンドに上がった大島は残り3回を1安打無失点に抑える好リリーフで逃げ切り、広島の連敗はようやく6でストップした。先発・篠田は6回を1失点の好投で5勝目

◆F13−4H◆
初回一死一、二塁のピンチを切り抜けた日本ハムはその裏、一死から劇団ひちょり,稲葉の連打で二、三塁のチャンス。小谷野のサードゴロで劇団ひちょりは挟殺されるが、続く糸井が先制のタイムリー内野安打。更に、糸井が二盗を決めて、二、三塁となった所で6月29日以来打点をあげられず、インケツパワーを溜めに溜め込んだあの男がよもやの2点タイムリーを放ち、この回3点。2回には劇団ひちょりのタイムリー,稲葉の犠飛,小谷野のタイムリー二塁打で3点を加えると、3回にも金子誠,稲葉のタイムリーでまたも3点を追加。ソフトバンクは4回に松田の12号2ラン,5回にオーティズの24号ソロと一発攻勢で追い上げるも、その裏、日本ハムは劇団ひちょりのこの日4安打目となるタイムリーで10点目。8回にもダメ押しの3点を加え、試合を決定付けた。4戦連続5失点で白星から遠ざかっていた先発・ケッペルは7回を3失点で6月27日以来となる11勝目

◆E5−3M◆
ロッテは2回、一死から大松の二塁打,サブローの四球で一、二塁とするも、フクーラがセカンドゴロゲッツー。3回にも二死から連打を浴びせるが、井口が打ち上げて、二者残塁。一方、楽天は3回までノーヒットと沈黙していたが、4回、連続四球で無死一、二塁のチャンス。ここで山崎,ルイーズと連続三振に倒れるも、中村紀がレフトスタンドへ12号3ランを叩き込み、先制。ロッテは5回、一死一、二塁から西岡の走者一掃タイムリー二塁打で1点差と詰め寄るが、その裏、楽天は3連打で満塁とした所で鉄平が犠飛を打ち上げ、4点目。直後の6回、ロッテも負けじと、一死二、三塁からフクーラが犠飛を放ち、再び1点差と詰め寄った。楽天は7回、山崎のタイムリーで貴重な1点を追加。9回、小山は2人の走者を背負ったものの、辛くも逃げ切った。先発・岩隈は6回を投げ、3失点で7勝目をマーク。ロッテは今季初の5連敗。

◆Bs6−5L◆
西武は初回、ヒットの片岡が二盗と内野ゴロで三進すると、栗山の犠飛で先制のホームイン。続く2回には連打で無死一、二塁とするも、後続3人が打ち取られ、追加点ならず。すると、その裏、偽バファローズはティー岡田の25号ソロ,バルディリスの7号ソロで逆転に成功。続く3回には先頭の坂口が三塁打を浴びせると、一死後、後藤がライトスタンドへ10号2ラン。更に、カブレラも三塁打を放った所でティー岡田が2打席連続となる26号2ランを叩き込み、この回4点。2回以降ゼロ行進が続いていた西武は7回にブラウンが20号ソロを叩き込むと、9回にも2打席連続となる21号3ランをぶち込んで、1点差。しかし、最後は上本が三振に倒れ、あと一歩及ばなかった。偽バファローズ先発の金子千は7回を2失点に抑えて、3年連続となる10勝目を飾った

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:09コメント(0)トラックバック(29) 

September 22, 2007

◆G7−1YB◆
デーゲームで中日が勝っており、負けられない巨人は初回、一死二塁からガッツのタイムリー二塁打で先制すると、更に、ニックン,清水に連続タイムリーが飛び出し、この回、3点。3回までパーフェクトの好投を見せていた先発・野間口だが、4回、無死一、二塁のピンチ。ここから金城をライトフライに打ち取ると、続く村田をショートゴロゲッツーに仕留めてピンチ脱出…と思いきや、ニックンがヘッポコタイムリーエラーをかまして、1点を献上。しかし、その裏、巨人は清水の3号ソロで再び3点差とすると、5回にはガッツ,6回にはゴンザレス,7回には松田記者とタイムリーを放ち、4イニング連続得点。大きな援護を貰った 野間口は横浜打線を散発3安打と完璧に封じ込め、プロ初の9回完投勝利を飾った。

◆D12−3C◆
2回に喜田のタイムリーで先制された中日は3回、井端,中村紀のタイムリーで逆転に成功。4回には李が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに9号ソロを叩き込み、3点目。しかし、5回、東出,オチョア,栗原,新井と4連打で同点に追いつかれ、先発・中田はKO。なおも無死一、二塁と一気に畳み掛けたい広島だったが、代わった石井の前に嶋が打ち上げ、梵はショートゴロゲッツーに倒れて、勝ち越しならす。3−3で迎えた6回、中日は一死満塁から谷繁のタイムリーで2点を勝ち越すと、更に、ピンキー井上が走者一掃のタイムリー三塁打でこの回4点。更に、続く7回にも6安打を集中してダメ押しの5点を奪い、首位をキープ。好リリーフの石井に2勝目がついた。敗れた広島は3連敗。

◆S9−6T◆
首位から一気に3位へ陥落した阪神は初回に葛城イクローのタイムリー二塁打で早々と2点を先制。その裏、先発・杉山は簡単に二死を取りながら、3人の走者を出して満塁とすると、宮本には押し出し四球。更に、続く畠山には2点タイムリー二塁打を浴び、あっさり逆転を許してしまう。杉山は2回に入っても立ち直りの兆しを見せず、寿司職人ラミレスにタイムリーを浴び、ユウイチにも連打を許した所であえなくKO。2点を追う阪神は4回、関本,鳥谷と2本の2ランで一気に逆転するも、それも束の間、その裏、3番手・渡辺が宮本に2点タイムリー二塁打を浴びて、あっさり同点。更に、続く畠山にもタイムリーを許して、勝ち越し点を献上。ヤクルトは5回にも田中浩のタイムリー等で2点を追加。直後の6回、阪神は3つの四球で二死満塁とするも、シーツがこの日3打席連続の三振に倒れて、三者残塁。阪神は以降も毎回走者を出しながら、得点には繋がらず、痛い連敗で中日との差は1.5と拡大した。

◆L7−3H◆
自力優勝が消滅したソフトバンクはこの日も精彩を欠く戦い。ドーピング…もとい養毛剤パワーを奪われてから、依然として白星を挙げられない先発・ガトームソンは2回にリーファー,中村とタイムリー二塁打を浴び、3点を失うと、続く3回にもリーファーにタイムリーを浴び、この回限りであえなくKO。4回にも1点を失い、5点ビハインドで迎えた5回、ここまで大沼の前にパーフェクトと抑え込まれていたソフトバンクは小久保の四球を皮切りにブキャナン,ハマのスペランカー,田上と3連打で2点を返すと、四球を挟んで本多もタイムリーを浴びせ、2点差。なおも一死満塁と一打同点のチャンスだったが、川崎,柴原と内野ゴロに打ち取られ、三者残塁。西武は6回にベンちゃん,8回にはカブレラのタイムリーで突き放すと、最後はルーキー・岩崎が締めて、今季3度目の6連勝。ソフトバンクは自力V復活のチャンスを逃し、今季4度目の4連敗となった。

◆F2−7Bs◆
昨夜、マジックを点灯させた日本ハムだが、初回、牧田の今季初アーチで先制点を献上。4回に高橋の3年ぶり2桁アーチとなる一発で追いついたものの、6回、先発・八木が無死満塁のピンチわ作ってKO。代わった押本はアレン,前田とタイムリーを許して、勝ち越しの3点を献上。8回に偽バファローズの守乱に乗じて2点差と詰め寄ったが、9回、4番手・金沢が二死走者なしから連続四球でピンチを作り、坂口,代打・村松と連続タイムリーで3点を失い、ダメを押された。ソフトバンクが敗れた事により、マジックは1つ減って7となったが、地元・札幌ドームでの胴上げの可能性は消滅した。偽バファローズの連敗は3でストップ。先発・デイビーは7回1失点の好投で8勝目。

◆E2−9M◆
ショートのタイムリーで初回から先手を取られたロッテ。しかし、4回、ズレータのタイムリー二塁打で逆転に成功すると、6回にはズレータのタイムリー三塁打,大松のタイムリー二塁打で2点を追加。そして7回にはフクーラの犠飛の後、またまたズレータが14号3ランを叩き込み、試合を決定付けた。大局が決した事で残るはズレータの第5打席に注目が集まった。三者凡退で終われば、打席は回って来ない所だったが、一死から大塚がヒットで出塁。かくして打席が回ってきたズレータはセンター前へダメ押しのタイムリーを放ち、オチョア(当時中日)以来3年ぶり史上60人目(63度目)となるサイクルヒットを達成。先発・久保は7回途中まで2失点で9勝目をマークした。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 20:06コメント(2)トラックバック(72) 

September 16, 2007

◆G9−0C◆
3タテは免れたい広島は今季初先発となる野間口に対して、初回、一死からヒットで出た東出が盗塁死。この後、栗原,新井と出るも、求道者・前田が倒れて、二者残塁。すると、その裏、先発・大竹がガッツに30号2ランを被弾。直後の2回、広島は先頭の嶋がヒットで出るも、一死も盗塁を仕掛けて、またもや憤死。おぼつかない立ち上がりの野間口だったが、これで立ち直りのきっかけを掴み、3,4回と三者凡退に斬って取る。4回に阿部の犠飛で1点を加えた巨人は6回にはゴンザレスのタイムリー二塁打の後、二死満塁となった所でマッスル千代の富士が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、この回、一挙4点。8回にはマッスル千代の富士,古城の連続タイムリー二塁打でダメ押し。投げては7回から山口−西村−吉武が1イニングずつをきっちり抑えて、2試合連続の完封リレーを達成。野間口は6回無失点で今季初勝利。3連戦3連勝を飾った巨人はデーゲームで敗れた阪神を抜いて、単独首位に返り咲いた

◆T0−7D◆
マジック点灯阻止に燃える中日は7月16日以来の先発となる福原に対し、初回からいきなりゲッツーでチャンスを潰す不穏な立ち上がりとなったが、続く2回、シーツのエラーで貰ったタナボタのチャンスに谷繁が犠飛を打ち上げ、1点を先制。3回も二死一、二塁のチャンスを潰したが、続く4回、二死二塁から投手の中田が川相不在ならば自分で決めるしかないとばかりにレフト前へタイムリーを浴びせて、2点目を追加。塁上に残っていた影響か、その裏、中田は突如、制球を乱し、3四球で一死満塁の大ピンチを迎えるも、ここで矢野をセカンドゴロゲッツーに打ち取り、無失点で切り抜けた。7回も先頭打者を出しながら、ゲッツーで切り抜けた中田は8回、一死から連打と四球でまたも満塁のピンチ。しかし、ここから浜中,葛城イクローと打ち取って、またまたピンチ脱出。すると、土壇場9回、3四死球で貰った一死満塁のチャンスに荒木がタイムリー。更に、中村紀が走者一掃のタイムリー二塁打を浴びせると、二死後、藤本のエラーで一、三塁となった所で李にもタイムリーが飛び出し、この回、大量5点で試合を決定付けた。その裏は平井が3人で締めて、前日のお返しとなる完封リレーで阪神のマジック点灯を阻止した。中田は8回無失点で13勝目をマーク。

◆YB8−4S◆
横浜は2回、村田,メカゴジラと連続三振に倒れた後、連打と敬遠で満塁とした所で投手の三橋がライト前に弾き返すと、ガイエルのエラーも重なり、2点を先制。ヤクルトは3回、ガイエルがエラーの汚名を晴らす2点タイムリー二塁打を放ち、同点とするも、横浜は4回、鶴岡がタイムリーを放って、2点を勝ち越し。5回、寿司職人ラミレスのタイムリーで1点差としたヤクルトは二死後、ユウイチの二塁打で二、三塁とし、横浜先発・三橋をKO。しかし、代わった横山の前に宮本がセンターへ打ち上げて、同点ならず。ピンチを逃れた横浜はその裏、メカゴジラのタイムリーで2点を追加。8回にも2点を加えて、ダメ押し。5番手の加藤に6勝目がついた。

◆H4−3F◆
昨夜の敗戦で3ゲーム差とされ、これ以上離される訳にはいかないソフトバンクは初回、いきなりの3連打で無死満塁と絶好のチャンスを掴むと、小久保が犠飛を打ち上げ、1点を先制。なおも2人の走者を残していたが、田上はゲッツーに倒れて、1点止まり。ドーピングによる出場停止が解けてから、2度の登板でまずまずの投球をみせながら、禊ぎの白星を飾れないガトームソンだが、3回一死一、三塁の場面で稲葉に犠飛を許して、同点。4回に松田,井手のタイムリーで2点を勝ち越して貰ったのも束の間、直後の5回、無死一、二塁のピンチでまたも稲葉にタイムリー二塁打を浴びた所でKOとなり、またも禊ぎの白星ならず。無死二、三塁と一打逆転の場面でマウンドに挙がった柳瀬だが、後続を見事に断ち切って、ピンチ脱出。ソフトバンクは6回に本多の犠飛で貴重な1点を追加。2点を追う日本ハムは7回に青波の長瀬のタイムリーで1点差と詰め寄り、8回には一死二塁のチャンスを掴むも、ここで代走に起用されていた二塁走者・川島が痛恨の牽制死。皮肉な事にここから小谷野,劇団ひちょりが連打を浴びせて二、三塁とするも、ここで代わった馬原の前に田中賢が空振り三振に倒れて、結局、無得点。馬原は9回も先頭打者に死球を与えたものの、後続を断って、1点差を守りきった。日本ハムはソフトバンクを上回る12安打を放ちながら、12残塁の拙攻が響いた。

◆Bs6−7M◆
2回にロッテが大松のタイムリー,偽バファローズが木元の犠飛で1点ずつ取り合うと、3回以降は渡辺俊,川越の両先発が好投を展開し、1−1の儘、試合は後半戦へ突入。迎えた6回、ロッテは二死一、二塁からズレータが13号3ランを叩き込み、勝ち越しに成功。3点を追う偽バファローズは8回、坂口のタイムリー二塁打で1点を返し、渡辺俊をKO。更に、代わった薮田からラロッカが日本タイ記録となるシーズン24個目の死球を食らって、満塁となった所でローズが2点タイムリーを浴びせて、同点に追いつくと、続く北川が犠飛を打ち上げ、一気に勝ち越し。土壇場9回、守護神・加藤大を投入し、逃げ切りを図った偽バファローズだが、一死三塁から代打・ベニー松山に同点タイムリーを許し、試合は延長にもつれ込んだ。迎えた10回、ロッテは一死からサブローが四球で歩くと、ここで里崎が13号2ランを叩き込み、勝ち越し。その裏からマウンドに上がった小林雅は二死一、二塁のピンチを迎えると、北川にタイムリーを浴び、1点差と迫られる相変わらずの劇場ぶり。更に、続く後藤にもライト前へ弾き返され、同点か…と思われたが、本塁を狙った代走・前田が間一髪タッチアウトとなり、ゲームセット。辛くも逃げ切ったロッテは3連敗を免れた。

◆L4−2E◆
最下位転落の危機に瀕している西武だが、先発・大沼が2回に礒部,嶋とタイムリーを浴びて、2点を先制される苦しい展開。その裏、中島のタイムリーで1点を返したものの、あとが続かず、5,6回には立て続けに一死満塁のチャンスを逃すなど、どうしてもあと1点が届かない。1−2の儘、迎えた8回、西武は簡単に二死を取られたものの、ベンちゃんが内野安打で出塁。ここでノムさんは先発・朝井からナベコーにスイッチするもこれが流れを変える事となった。ナベコーに対して、西武は代打・江藤がヒットを浴びせると、3番手・小山から中島が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、一気に逆転。更に、続く中村もタイムリーを浴びせて、ダメ押しの4点目。最後はグラマンがきっちり締めて、悪の温床・楽天との差を1と縮めた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 17:54コメント(0)トラックバック(85) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ