野村克也

October 16, 2009

10/16 高須◆E11−4H◆(日韓クラブチャンピオンシップ出場権争奪戦出場権争奪戦)
理不尽かつ無体な仕打ちをかます悪のフロントに対し、どうせ勝っても得るものはないのだからと、少しでも稼がせない様にサッサと連敗しておさらばするのか、必死に勝ちに行って世論を味方に付けながら嫌味を言い倒しておさらばするのかに注目が集まるノムさんだが、ここまで育ててくれたノムさんに恩義を感じる楽天ナインは序盤から怒濤の猛攻。初回、いきなり高須がレフトスタンドへ先頭打者アーチを放り込むと、二死一塁から青波の長瀬がバックスクリーンへ2ランを叩き込み、この回3点。3回には、またも先頭の高須がレフト線へ二塁打を浴びせると、渡辺直が送った所で鉄平が左中間突破のタイムリー二塁打。更に、山崎武が歩いた後、ダブルスチールを決めると、青波の長瀬がライトへ犠飛。なおも二死三塁の場面で中島がレフトポール直撃の2ランをぶち込んで、7点目を奪い、リーグ二冠に輝いたソフトバンク先発・杉内をKO。早くもワンサイドゲームの様相を呈してきたかに思われたが、3回までパーフェクトと素晴らしい立ち上がりを見せていた楽天先発・岩隈は4回、一死から川崎に痛打されてからおかしくなり、松田にヒット,小久保に四球を許して、満塁とされると、オーティズにセンター前へタイムリーを浴び、2点を献上。更に、長谷川のセカンドゴロでそれぞれ進塁し、二、三塁となった所で田上のセカンドゴロを高須がタイムリーエラーを犯し、一気に二者生還と3点差にまで詰め寄られてしまう。ソフトバンクは続く5回にも吉川のヒット,川崎の四球で一死一、二塁とするも、松田,小久保の3,4番が連続三振に斬って取られ、結局、無得点。好投を続けていたソフトバンク2番手・大隣だったが、6回、一死から中島にレフト前へ弾き返されると、吉川,川崎のダブルエラーで一気に三塁まで進まれてしまった所で草野にタイムリー二塁打を浴び、KO。3番手・藤岡も二死満塁のピンチを迎えると、渡辺直に2点タイムリーを浴び、10点目を献上。楽天は7回にも山崎武の一発でダメ押し。岩隈は6回以降は二塁も踏ませぬ安定した投球で完投。先発全員安打の4発11得点と打線が爆発した楽天が先勝を収めた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:20コメント(0)トラックバック(22) 

October 11, 2009

◆S4−3D◆
プロ初登板となるヤクルト先発・山本の前に5回まで僅かに2安打と沈黙していた中日だが、6回、先頭の井端が二塁打を浴びせると、荒木が送って、一死三塁。ここで打点王を狙う森野がライト前へ先制タイムリーを放ち、打点単独トップに躍り出る。しかし、続くブランコは川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにレフトスタンドへ39号2ランを叩き込み、あっと言う間に森野を抜い抜き、打点単独トップに浮上。3回を1安打7三振と言う快投を展開していたにも拘わらず、またもや炸裂した姑息な最多勝援護の為、早々にマウンドを引きずり下ろされたウッチャンに代わり、4回から登板していた吉見はその裏、志田,川本と連打を浴びると、森岡に犠打を許した後、鬼崎にタイムリーを浴び、この回限りで降板。続く7回にはゴーグルで照明の光を反射させて打者の目を眩ますと言う卑劣極まりない方法でも使わない限り、とてもプロでは通用しない投手として描かれると言う水島の呪いを受けて以来、2年近く白星をあげられないでいる3番手・山井が福地にヒット,野口に四球を許して、無死一、三塁のピンチを背負うと、畠山に犠飛を打ち上げられ、1点差。更に、ここでデントナにレフトポール際へ逆転21号2ランを被弾し、吉見の単独最多勝は消滅。ビデオで見てもフェアである事が明らかなこの打球に対し、ファールと異議を唱え、ネチネチと17分も無駄に抗議をかました落合監督は遅延行為により退場となった。リードを奪ったヤクルトは松岡−押本と繋いで、逃げ切りに成功。2回をパーフェクトの好リリーフを見せた松岡に6勝目がついた。

10/11 野村監督◆E0−5H◆
創設以来初のAクラス、しかも2位を確定させたにも拘わらず、ノムさんを事実上の解任としておきながら、いけしゃあしゃあと名誉監督(仮)などと名前だけでっち上げたポストへの就任を要請して、ご機嫌取りと他球団への流出阻止を兼ねた飼い殺し政策を図った上、殆ど内定していた雀士東尾案を白紙に戻してまで、求道者・前田を長期に渡ってシメ倒し続ける愚行を犯した挙げ句、結果を出せずに斬首されたばかりのブラウンを次期監督筆頭候補に立てると言う訳の分からない人事で発足初期の悪の温床ぶりが甦りつつある球団のやり口に加え、リンデンが監督批判でノムさんの逆鱗に触れて登録抹消されるなど、相次ぐお家騒動に意気消沈の楽天ナイン。これに対して、ソフトバンクは初回、一死から川崎,松田の連打で二、三塁のチャンス。ここで小久保はショートゴロに倒れるも、この間に川崎が先制のホームイン。更に、続くオーティズがライト前へタイムリーを放ち、この回2点。5回には一死から本多がセンター前に弾き返すと、続く川崎が4号2ランを放り込み、4点のリード。更に、5回には先頭の田上が26号ソロを叩き込み、5点目を追加。楽天は7人の投手を注ぎ込むソフトバンクの小刻みなリレーの前に散発6安打完封負けを喫した。ソフトバンク先発・和田は5回無失点で5月22日以来となる4勝目を飾った。これでパ・リーグは全日程を終了した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:35コメント(0)トラックバック(15) 

May 29, 2009

 「ドカパロ」や「あぶさん」に2度とノムさんを使うな!みたいなアオリの記事が今週の「週刊文春」の広告に出ていたので、ワクワクしながら(不謹慎)立ち読みをしてみた。内容次第ではこの記事の為だけに買うのもアリかと考えていたが、立ち読みで十分な、何ともがっかりな内容だった。実在選手・監督を踏み台にして、ひたすらに自分のキャラを礼賛するばかりの惨状に業を煮やしたノムさんが、ついに三行半を叩き付けた…とか、そういう展開を大いに期待していたのだが、単なるサッチーの銭ゲバ的発想によるもので、この件、ノムさんは殆どノータッチであった。まぁ、それだけならシラけた気分で済んだのだが、筆者が水島信者なのか知らんが、水島漫画に出る事は実在選手にとって栄誉みたいなもので、嫌がるヤツなどいない…的な内容だったのには、ほとほとうんざりさせられた。水島の呪いが蔓延している状況で、今や、頼むから出してくれるな…と思っている選手が山程、いそうな気がするのだが…。まぁ、気が向いた人だけ立ち読みでどうぞ。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 06:32コメント(1)トラックバック(0) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ