野本圭

October 22, 2010

10/22阿部◆D2−3G◆(日韓クラブチャンピオンシップ出場権争奪戦出場権争奪戦)
ソフトバンクの日本シリーズ出場辞退により、戦わずして日本一の座を手に入れた中日に対し、日韓クラブチャンピオンシップなどさておき、散々叩きのめされたナゴヤドームで一矢報いたい巨人だったが、相変わらずのナゴヤドームシンドロームで2試合連続完封負けと早くも崖っ淵。この日は亀井,長野を外して、松本,矢野をスタメン起用するが、ゴーグルで照明の光を反射させて打者の目を眩ませでもしないと到底通用しない四流投手などと言う理不尽極まりない水島の呪いを受けている中日先発・山井の前に1,2回と三者凡退。3回に矢野がエラーで出るも、古城は全くの無策でセカンドゴロゲッツーを食らい、この回も3人で攻撃終了する始末。一方、中日も巨人先発・朝井に対し、初回一死一、二塁のチャンスのベンちゃんがゲッツーを食らうと、以降はヒットすら出ず、先制点を奪えない。0−0で迎えた4回、巨人は好調・脇谷がチーム初安打を放つと、松本が送った後、ガッツが歩いて、一、二塁。しかし、寿司職人ラミレス,阿部があえなく凡退し、二者残塁。しかし、続く5回、一死から矢野,古城と連打を浴びせて、一、二塁のチャンス。ここで朝井はバントを決められず、三振に倒れるも、何度出塁しても、全く報われず、鬱憤の溜まっていた脇谷が返して貰えないなら、自ら返すしかないとばかりに三塁線を破るタイムリー二塁打を放ち、今シリーズ23イニング目について初得点となる先制点をゲット。続く6回には一死から寿司職人ラミレスが久々にヒットを放つと、二死後、マッスル千代の富士が左中間を破り、寿司職人ラミレスが一気に本塁生還し、2点目を追加。初回先頭打者の荒木に打たれた以降は6回までノーヒットと完璧な投球を展開していた朝井だが、7回一死走者なしの場面で打席が回ってくると、腰痛の坂本を代打に送られてしまい、その裏から久保がマウンドへ…。手も足も出なかった朝井が引っ込んだ事で流れを引き寄せたい中日は森野,ベンちゃんと連打を浴びせて、無死一、二塁のチャンスを掴むも、ランコが最悪のショートゴロゲッツーに倒れると、藤井もセカンドゴロに終わり、結局、無得点。しかし、続く8回、3番手・越智に対し、一死から代打・大島が幸運なセカンド内野安打で出ると、シーズン僅か4ホーマーの代打・野本が右中間スタンドへ2ランを叩き込み、一気に同点。既に、久保,越智を使ってしまっている上、引き分けでも終わりの巨人に対し、勝ちパターンのリリーフ陣がまだ全員残っていると言うかなり有利な展開になってきた中日は土壇場9回、早くも守護神・岩瀬を投入。しかし、今季、岩瀬に対して、ノーヒットの上、不振を極めていた阿部が一か八かの無茶振りでライトスタンドへ叩き込み、勝ち越しに成功。その裏から登板の山口は一死からベンちゃんにヒットを許すも、ブランコ,藤井と打ち取って、逃げ切り、辛くもストレート負けを免れた。あの試合の流れでは、岩瀬がきっちり抑えた後、9回裏に中日クリーンアップが火を噴いて、サヨナラ勝ち…と予感した人も多いのではなかろうか。不振の阿部の思わぬ一発は出会い頭感たっぷりだったが、その後の岩瀬の投球も全体的にボールが浮き気味で何かおかしい。今日、たまたま悪かったのではなく、今後も引きずる不調なのか…。岩瀬がダメなら、浅尾が最後まで投げりゃ済む話だろうが、今回の一発で阿部が覚醒する様な事があれば、巨人にも僅かに勝機は見えてくる…かも? それにしても、落合監督は相変わらずの不思議継投。昨日が岩瀬で今日が浅尾だろ、普通…。浅尾の阿部恐怖症は相当、深刻なのかね?

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:34コメント(2)トラックバック(22) 

October 21, 2009

10/21 野本◆G2−7D◆(日韓クラブチャンピオンシップ出場権争奪戦出場権争奪戦)
ぶっちぎりのリーグ制覇で既に、日本シリーズ進出の権利を獲得している巨人に対し、日韓クラブチャンピオンシップに出たくて仕方ない中日は初回、ヒットの井端を荒木が送った所で森野がライト前へ先制タイムリー。更に、ブランコ゛かヒットで繋いだ所でベンちゃんがタイムリーを浴びせると、続く野本が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにライトスタンドへ3ラン。巨人先発・ゴンザレスはシーズン中にもなかった悪夢の1イニング5失点となった。巨人は2回、2四球で二死一、二塁とした所で古城のタイムリーで1点を返すが、短期決戦で序盤の大量ビハインドにも拘わらず、ゴンザレスに代打を送らず、結局、ファーストファールフライに倒れて、1点止まり。すると、直後の3回、中日はブランコが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにレフトスタンドへソロアーチを叩き込み、6点目。6回には巨人2番手・M・中村がキーマンになりそうなブランコの頭部をスナイプするが、カス当たりに終わった挙げ句に危険球退場。緊急登板で準備不足の野間口は何とか二死を取ったものの、藤井,谷繁と連打を許して、ダメ押しの7点目を献上。巨人は7回に李の犠飛で1点を返したが、焼け石に水で、早くも1勝のアドバンテージがなくなった。

10/21 スレッジ◆F9−8E◆(日韓クラブチャンピオンシップ出場権争奪戦出場権争奪戦)
勝った所で日韓クラブチャンピオンシップ出場権争奪戦に出られるだけの話で、決して日本シリーズに出られる訳ではないが、楽天フロントをより悪役にする為にも少しでも実績をあげておきたいノムさんはリンデンとも和解し、早速、8番でスタメン起用。楽天先発・永井は初回、一死一、三塁のピンチで高橋に先制犠飛を許したものの、直後の2回、草野のタイムリーですかさず同点。4回には一死から青波の長瀬の死球,中島の二塁打で二、三塁とした所でまたも草野が犠飛を打ち上げ、勝ち越しに成功。更に、キーマンであるリンデンにもタイムリーが飛び出し、3点目を追加。2点を追う日本ハムは6回、一死から稲葉の二塁打,高橋の四球で一、二塁とするも、スレッジ,小谷野と倒れて、二者残塁。ピンチを切り抜けた楽天は直後の7回、中谷,高須の連打等で二死満塁とすると、山崎武の走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、一気に3点を追加。日本ハムは8回、一死から劇団ひちょり,稲葉,高橋と3連打で1点を返し、永井をKO。更に、スレッジのタイムリー,小山の暴投で2点を追加すると、二死後、代打・あの男が歩いて、一、三塁となったが、代打・稲田が打ち上げて、追加点ならず。4−6で迎えた土壇場9回、楽天は鉄平に2ランが飛び出し、これがダメ押しになると思われた。しかし、その裏から登板の守護神・福盛が大乱調。先頭の金子誠は打ち取ったが、ここから田中,劇団ひちょり,稲葉と3連打で1点を返されると、高橋を歩かせて、満塁となった所でスレッジにレフトスタンドへグランドスラムを叩き込まれて、悪夢の逆転サヨナラ負けを喫した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:37コメント(0)トラックバック(31) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ