赤田将吾

July 02, 2010

7/2ブラゼル◆G8−10T◆
松本が2ヶ月ぶりのスタメン復帰となった巨人は初回、無死二塁のチャンスは逃したものの、続く2回、先頭の阿部が27号先制ソロ。更に、二死一、二塁から新井のタイムリーエラーでタナボタの2点目を追加。4回には先頭の脇谷がセンターオーバーの二塁打で出ると、二死後、坂本がレフトスタンドへ16号2ランをぶち込み、4点目。毎回の様に走者を出しながら、無得点に抑え込まれていた阪神だが、7回、無死満塁として、巨人先発・ゴンザレスをKO。ここで代わった久保に対し、マット・マートンが走者一掃のタイムリー三塁打を放ち、1点差とすると、新井が汚名返上のタイムリーを放って、同点。更に、この後、J.マッケンジーのタイムリー,代打・関本の押し出し四球で2点を勝ち越し。その裏、巨人は二死満塁から代打・マッスル千代の富士,江戸川の連続タイムリーで3点を返し、再逆転。、しかし、粘る阪神は直後の8回、この回から代わった越智に対し、新井がこの日4安打目となるヒットで出たところでブラゼルが27号2ランをぶち込んで、再々逆転。9回にも鳥谷に8号2ランが飛び出し、ダメ押しの10点目。その裏から登板した守護神・藤川球は長野に11号ソロを被弾したものの、後続を断ち、連夜の大逆転勝利。5番手の久保田は1回無失点で4勝目がついた

◆C2−1YB◆
横浜は2回、一死からスレッジの四球,金城のヒットで一、三塁とした所で武山がスクイズを決めて、1点を先制。その裏、広島は3四死球で二死満塁とするも、ここで回ってきてしまった投手のジ・oが三振に倒れて、三者残塁。しかし、続く3回、一死から四球で歩いた梵が盗塁と暴投で三進すると、赤松がスクイズを決め、ノーヒットで同点。広島は横浜先発・ランドルフの前に6回まで依然ノーヒットと沈黙が続いていたが、7回一死から小窪が歩いた所で石原がチーム初安打となるタイムリー二塁打を放ち、ついに勝ち越し。土壇場9回、横浜は3番手・上野に対し、内川の二塁打,スレッジの四球で一死一、三塁とワンヒットで同点のチャンスを作るが、藤田,橋本と送り込んだ代打攻勢が失敗に終わり、あと1点が届かなかった。広島は僅か1安打で2点を奪っての辛勝。ジ・oは7回を1失点の好投で2勝目を飾った

◆H2−5Bs◆
初回、赤田の二塁打の後、後藤のタイムリーで先制した偽バファローズは続く2回にも一死から山崎浩の四球,坂口の二塁打で二、三塁のチャンス。ここで赤田がライト前へ2点タイムリーを浴びせると、二死後、カブレラが2試合連続13号2ランを叩き込み、この回4点。早くも5点のビハインドとなったソフトバンクはその裏、先頭のハマのスペランカーが二塁打で出ると、ペタジーニがライトスタンドへ4号2ラン。二死後、森本,田上と連打を浴びせるも、川崎がレフトへ打ち上げ、2点止まり。6回には松田,ハマのスペランカーの連打で無死二、三塁とするも、ペタジーニ,オーティズの助っ人コンビが連続三振。長谷川もセカンドゴロに倒れて、二人の走者は釘付け。偽バファローズは3回以降、ゼロ行進とすっかり当たりが止まってしまったが、2回までの猛攻で大きくモノを言い、逃げ切りに成功。先発・山本は5回1/3を2失点で降板となったが、リリーフの援護を仰いで、7勝目

◆E5−2F◆
0−0で迎えた3回、日本ハムは一死満塁のチャンスを作るも、稲葉,小谷野の3,4番が倒れて、三者残塁。しかし、続く4回、一死からミスタースナイパー・坪井が死球で出ると、陽,大野,金子誠と3連打を浴びせて、2点を先制。楽天は5回、二塁打の牧田を三塁へ進めた所で内村,嶋と連続タイムリー二塁打を放ち、一気に同点。更に、鉄平も二塁打を放ったが、嶋が本塁憤死となると、これに激昂したブラウン監督がまたもホームべースに土をかける嫌がらせをかまして、自身の持つ通算退場最多記録を11と更新。2−2の儘、迎えた8回、楽天は鉄平のヒット,中村紀の四球で一、二塁とした所でルイーズが3号勝ち越し3ランをぶち込んで、日本ハム先発・武田勝をKO。最後は小山が3人でピシャリと締めて、今季初セーブ。楽天の連敗は5でようやくストップ。一方、連勝が6で止まった日本ハムは一夜で借金生活に逆戻り。1回を無失点に抑えた2番手の青山に2勝目がついた

◆M7−1L◆
ロッテ先発・成瀬は初回先頭の片岡に二塁打を浴びるも、このピンチを切り抜けると、6回まで僅か1安打に抑える素晴らしい投球を展開。一方、西武先発・涌井は5回まで毎回走者を出しながら、あと一本を許さない粘りの投球で踏ん張っていたが、6回、金,大松と連打を浴びると、サブローの犠打で一塁が空いた事でフクーラを敬遠し、満塁のピンチ。ここで的場のサードゴロの間に先制を許すと、岡田には走者一掃のタイムリー二塁打を浴び、3失点。続く7回には簡単に二死を取りながら、金に痛打されると、大松にタイムリー三塁打。更に、サブローを歩かせた後、フクーラにタイムリー二塁打を浴びて、5点目を献上し、この回限りでKOとなった。ロッテは8回にも金のタイムリー二塁打で2点を追加し、ダメ押し。成瀬は9回に高山にタイムリーを許し、完封は逃したものの、1失点完投で8勝目をマークした。西武は今季初の4連敗。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:32コメント(0)トラックバック(19) 

April 20, 2010

◆G2−1YB◆
横浜は初回、二死走者なしから内川が四球を選ぶと、続く村田のどん詰まりのフライがセカンドとライトの間にポトリと落ちる幸運なヒットとなり、ボールが転々とする間に内川が一気に先制のホームイン。先制された巨人はその裏、1番打者でありながら、開幕から20試合で四球ゼロの坂本が今季初四球を選んで出塁するも、二盗を仕掛けて失敗。しかし、続く松本がヒットで出て、二盗を決めると、二死後、寿司職人ラミレスのヒットで本塁を陥れ、試合は振り出しに。巨人先発・藤井は2回以降、付け入る隙を許さず、後半戦になると発症する一発病もこの日は顔を出さずに、6,7回と切り抜けるが、一向に援護を貰えない儘、7回に代打を出されて、またも移籍初勝利はお預け。1−1の儘、迎えた8回、巨人は3本のヒットで二死満塁のチャンスを掴むと、李が押し出し四球を選んで、ついに勝ち越し。最後は越智が横浜の反撃を断ちきり、逃げ切った。2番手の久保は1回を無失点に抑えて、今季初勝利

◆D3−2S◆
広島に屈辱の3タテを食らった中日はこの日も初回から3安打を浴びせながら、併殺に走塁死と打者4人で攻撃終了する体たらく。2回にも3四球とただでチャンスを貰いながら、荒木がショートゴロに倒れて、三者残塁。今季初登板初先発となるあちゃくらさんは不甲斐ない攻撃を続ける味方の援護をそれでも待ちながら5回まで無失点と粘りの投球を展開。すると、その裏、中日は一死から荒木,井端,森野の3連打でようやく先制。更に、牽制を捕り損ねた田中が悪送球を犯すダブルエラーでタナボタの2点目を追加。続く6回には川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに野本が2号ソロを叩き込み3点目。直後の7回、ヤクルトは藤本のヒット,井端のエラーの後、代打・森岡がタイムリー二塁打を浴びせて、あちゃくらさんをKO。更に、一死二、三塁から田中のショートゴロの間に1点を返して、1点差。しかし、8回から登板した3番手・浅尾が三者三振の快投でヤクルト打線の勢いを止めると、最後は守護神・岩瀬が一死二塁のピンチを背負いながらも、後続を断ち切り、1点のリードを守りきった。あちゃくらさんは7回途中まで自責点0の好投で今季初白星

4/20狩野◆T5−0C◆
連続フルイニング出場をついに断ち切った事により、今後は気がねなくスタメンからキュラソ星人を外せる様になった阪神はこの日も新井が4番に座るキュラソ星人不在のオーダーを展開。3回までは偽ハンカチ王子・斉藤を攻めあぐねていたが、4回、二死一、三塁から桜井がレフト前へ先制タイムリーを浴びせると、嫌がらせの様なJ.マッケンジー獲得政策により、正捕手どころか捕手の座を追われて外野に回されたばかりの狩野が怒りの1号3ランを叩き込み、この回4点。5回には一死三塁から鳥谷のファーストゴロが野選を誘い、5点目を追加。投げては先発・下柳が毎回走者を出しながら、打たせて取る投球で6回まで広島打線の追撃をかわし続けると、7回からは筒井−西村−川崎がそれぞれ1回ずつをノーヒットに抑えて、完封リレーを達成。尚、連続試合出場は続行中のキュラソ星人は6回に代打で登場し、センターフライに終わった。

◆H2−8L◆
西武は初回、ヒットの原を一塁に置いて、中村がレフトオーバーのタイムリー三塁打を放ち、先制。続く2回には高山,礒?が立て続けにライトフェンス直撃の二塁打を浴びせて1点を追加。西武先発・岸の前に5回までノーヒットに抑え込まれるなど、沈黙してたソフトバンクだが、7回、一死一、三塁から松田のタイムリーでようやく1点。なおも一、二塁と一打同点のチャンスだったが、長谷川はファーストゴロ。そして、ここで代わった星野の前に代打の代打・森本もライトフライに終わり、同点ならず。直後の8回、ソフトバンクはこの回から先発・ホールトンを引っ込め、継投モードに切り替えるが、これが大失敗。4人のリリーフ陣が集中打を浴びて、大量5点を失い、試合を決定付けられた。7回途中まで3安打1失点の力投を見せた岸はハーラートップタイに並ぶ4勝目

◆Bs4−3F◆
2度目の先発となるルーキー・増井は初回を無難に切り抜けると、続く2回も北川,T−岡田と連続三振。この儘、調子付けるかと思いきや、ここからフェニックス一輝,日高,大引と3連打を浴びて、先制点を献上。続く3回には一死から連続四球をかますと、打ち取った筈のラロッカのライトフライを稲葉がエラー。ここで北川に犠飛を許して、2点目を献上。2点を追う日本ハムは5回、二死一、三塁から田中がタイムリーを放ち、1点差。更に、田中が二盗を決めて、ワンヒットで逆転の場面を作るが、劇団ひちょりが打ち上げて、1点止まり。しかし、続く6回、一死から高橋がヒットで出ると、スタメン復帰の糸井が2号2ランをぶち込んで、一気に逆転。2−3の儘、迎えた土壇場9回、日本ハムは暫定ストッパー・高橋由伸を投入し、逃げ切りを図るが、これが裏目。いきなり後藤l,ラロッカ,北川と3連打を浴びて、あっさり同点に追い付かれた高橋由伸はT−岡田を敬遠して満塁とした所で赤田にタイムリーと一死も取れずに5者連続出塁を許す背信投球でサヨナラ負け。9回表に登板した偽バファローズ4番手の小松にタナボタの今季初勝利が転がり込んだ。

◆E8−2M◆
2回に中村紀の2号2ランで先制されたロッテは3回、連打で作ったチャンスに荻野貴,井口,金の上位打線が三者三振。しかし、4回、二死からフクーラが歩いた所で里崎がタイムリー二塁打。続く今江もセンター前へ弾き返すが、同点を狙った里崎が本塁憤死。5回には一死一、三塁から金が犠飛を打ち上げ、ようやく同点に追い付くが、その裏、楽天は二死満塁から山崎,鉄平の連続タイムリーで3点を勝ち越し、ロッテ先発・唐川をKO。8回にも草野のタイムリー,嶋の1号2ランで3点を加えて、ダメ押し。先発・永井は8回途中まで2点に抑える粘りの投球で2勝目をマークした。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:38コメント(0)トラックバック(18) 

April 09, 2010

◆G4−7D◆
同率首位での激突となったこの試合。精密機械のごとき制球力が見る影もなく、昨年の大活躍はフロックに過ぎなかったのか…と思われても仕方ない投球が続く今季のゴンザレスだが、この日も立ち上がりからピリッとせず、2回には井端にタイムリー二塁打の後、野本,谷繁と連続犠飛を許して、早くも3失点。3,4回のピンチは凌いだものの、5回にもブランコに2点タイムリーを浴びて、移籍後最短となる4回1/3でKO。その裏、ガッツの4号3ラン等で1点差まで詰め寄ったものの、終盤にもリリーフ陣が追加点を奪われ、首位陥落となった。

◆T3−8S◆
本格的なブレイクを期待されながら調子が上がって来ない桜井を外し、ルーキー・藤川俊をプロ初スタメン起用した阪神は初回に1点ずつ取り合って迎えた3回、J.マッケンジーのタイムリーで勝ち越しに成功。1点を追うヤクルトは6回、一死二、三塁からガイエルが6号3ランを叩き込み、一気に逆転に成功。阪神もその裏、ブラゼルの一発で追いすがるが、ヤクルトは7回に2年ぶりの一発を放って調子に乗った衣川が8回にもタイムリー三塁打で走者を一掃し、ダメ押し。先発の新助っ人・バーネットは6回3失点と試合を作り、来日2連勝

◆YB5−0C◆
来日初勝利を目指す新助っ人ジ・oは初回、簡単に二死を取りながら、ここから連続四球でピンチを作ると、スレッジ,カスティーヨの助っ人コンビに連続タイムリーを許して、3点を献上。2,3,4回とノーヒットに抑え、立ち直ったに思われた矢先の5回、一死から3連打と村田の犠飛で2点を失い、この回限りで降板となった。一方、開幕から出遅れてようやく今季初登板となった横浜の先発はハマのチンピラは6回を散発4安打無失点の好投。7回からは真田−江尻と繋いで完封リレーを達成した。

◆H6−0F◆
椎間板症と診断された稲葉がこの日もスタメンから外れ、迫力不足のビッグステーキ打線(若大将・原辰徳命名)は3回までパーフェクトと沈黙。プロ初先発となるルーキー・増井は2回まで無難に抑えていたが、3回、川崎に先制2ランを被弾。7回にも来日初アーチを被弾すると、松田に二塁打を浴びた所でKOとなった。この後、代わった金森も本多,オーティズと連続タイムリーを許し、致命的な3失点。ソフトバンク先発・杉内は10三振を奪っての散発5安打に抑えての今季初完封で3勝目

◆E3−8Bs◆
偽バファローズ打線が序盤から大爆発。初回、赤田が先制2号ソロを叩き込んだ後、北川も2点タイムリー。続く2回にもまたも赤田が2打席連続の3号3ラン。更に、カブレラの7号ソロ,北川のタイムリーで大量5点を奪い、楽天先発・藤原はこの回限りであえなくKO。3回以降は楽天リリーフ陣の前にゼロ行進が続いたが、序盤の大量点が最後までモノを言い、逃げ切った。先発の金子は6回途中で降板となったが、打線の援護に恵まれ、2勝目。

4/9涌井◆M8−3L◆
開幕戦以来となる成瀬,涌井と横浜高校の先輩後輩対決は涌井がよもやの大乱調。初回一死からヒットと連続四球でいきなり満塁のピンチを背負うと、大松,サブローと連続タイムリーを浴びた後、右膝に自打球を当てて退場となったフクーラに代わって登場した代打・神戸に2年ぶりとなるの一発となる3ランを被弾し、悪夢の6失点。派手なガッツポーズを繰り返すなど、大はしゃぎの神戸にムカついたのか、3回には内角を突きまくった挙げ句、報復気味の死球を食らわせ、あわや乱闘となる騒ぎを起こしてしまった涌井はあえなくこの回で降板となり、今季初黒星。一方、成瀬は毎回走者を出しながらも、要所を締める粘りの投球で7回2/3を3失点で切り抜け、3勝目。


ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:36コメント(0)トラックバック(13) 

November 14, 2008

西武2−1統一◆
黒星スタートでアジアシリーズ制覇へ黄信号が灯っている西武はこの日も大苦戦。初回無死一塁,2回無死二塁,3回無死一、二塁のチャンスを悉く逃し、一向に先制点を奪えない。援護が貰えない中、先発・岸は3回までノーヒットの好投を展開していたが、4回、先頭の陽森に初安打となる二塁打を浴びると、一死三塁となった所でブリトーに犠飛を打ち上げられて、ついに先制点を献上。しかし、その裏、西武は二塁打の礒?が佐藤のセカンドゴロで三進すると、大島のタイムリーで同点のへームイン。続く大島のレフトフェンス直撃の二塁打で一気に本塁を狙った大島は憤死するも、赤田の右中間突破のタイムリー二塁打で勝ち越しに成功。ようやくリードを貰った岸は以降8回までノーヒットに抑え込むと、9回からは星野−小野寺と繋いで、辛くも逃げ切った。

岸が日本シーリズMVPを獲得した勢いを持続するかの様に8回を2安打1失点と素晴らしい投球を展開。これ程の投球をしても、あわや負け投手にしかねなかった西武打線の元気のなさは気がかりだ。昨日は発熱で休んだ片岡がスタメン復帰したものの、起爆剤にはならず、結局、逆転した以降はノーヒットに抑え込まれる始末で、正に岸様々な試合内容だった。明日は中国代表・天津と言う事で勝機は高く、決勝進出は果たせそうな気配ではあるが、こうも攻撃力不足では波乱が起きる危険性を十二分に秘めていると言っても過言ではないだろう。

◆天津0−15SK◆
2回まで沈黙していたSKだったが、3回、羅州煥の二塁打を皮切りに、7長短打を集中して、一挙7点のビッグイニングを形成。更に、4,5回と2点ずつ加えると、7回には金宰の3ラン等で4点を追加。投げては4人の投手が無四球無失点と付け入る隙を許さない継投を見せ、大会規定の7回コールド勝ちで決勝進出へ大きく前進した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:37コメント(0)トラックバック(7) 

October 21, 2008

◆L9−4F◆(アジアシリーズ出場権争奪戦出場権争奪戦)
西武先発・石井一は初回、いきなり2四球で一死一、二塁のピンチを迎えるも、高橋,スレッジと連続三振に斬って取り、ピンチ脱出。すると、その裏、西武はヒットの片岡を栗山が送った所で中島がタイムリーを放ち、あっさり先制。更に、中村がヒットで繋いだ所で礒?が走者一掃のタイムリー二塁打。更に、二死後、大島もタイムリーを浴びせて、この回4点。続く2回には赤田,片岡,栗山の3連打で1点を加えると、3回には二死一塁から細川の2ランで7点目を奪い、日本ハム先発・スウィーニーはこの回限りでKO。6回まで僅かに2安打と抑え込まれていた日本ハムは7回、二死一、二塁から劇団ひちょりのタイムリーに赤田のエラーが重なり、ようやく2点を返すと、続く鶴岡もタイムリーを放ち、4点差まで詰め寄った。しかし、西武はその裏、後藤がタイムリー,8回には赤田が汚名返上の一発を放って、突き放す。9回、日本ハムは呪われた助っ人・ボッツに一発が飛び出したものの、後が続かず、王手をかけられた。

たとえシーズン終了ギリギリまで首位にいようが、僅か貯金3で滑り込み3位に入ったチームにたかだか3試合の勝敗で取って代わられると言う理不尽極まりない現象を目の当たりにし、あんな目に遭ってはたまったものではないとばかりに西武が先発全員15安打と猛打爆発で快勝。当然の権利である日本シリーズ進出へ王手をかけた。石井一は終盤こそ疲れが見えたものの、7回までに4連続を含む13個の三振を奪う力投を展開。一方、日本ハムはスウィーニーが3回7失点の大炎上と、グリンに続いて助っ人投手がまたも期待を裏切った。2回で代えるかと思いきや、3回まで引っ張って、余計に傷口を広げてしまった。打の助っ人・スレッジも3打席連続三振を含む4タコ。呪われた助っ人・ボッツだけが一発含む3安打と一人で気を吐いたが、勝利に結びつかないのは呪われているが故か!?

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:41コメント(2)トラックバック(10) 

April 25, 2008

◆T1−3G◆
2回に二死満塁のチャンスを逃した巨人だが、3回、亀井,ガッツ,マッスル千代の富士の3連打で1点を先制。なおも無死一、二塁のチャンスだったが、寿司職人ラミレスはサードゴロ,阿部はセカンドゴロゲッツーに倒れて、1点止まり。一方、昨日18残塁の大拙攻を展開した阪神は制球に苦しむ木佐貫に対して、3回まで5残塁とこの日も残塁を量産していたが、4回,鳥谷,矢野の連打で無死二、三塁のチャンスを掴むと、坂のセカンドゴロの間に鳥谷が同点のホームイン。追いつかれた巨人は6回、阿部,ゴンザレスの連打の後、キムタクが送って二、三塁。ここで代打・松田記者が坂の野選を呼び込み、勝ち越しに成功。更に、続く坂本もタイムリーを浴びせて、貴重な3点目を追加。その裏から527試合連続救援登板の日本新記録を達成した藤田−アゴくら−山口とそれぞれ1回ずつをノーヒットに抑えると、最後はクルーンが三者三振で締めくくり、巨人は今季初の4連勝。

4四球出していたとは言え、5回まで3安打1失点の木佐貫を下げてまで代打を送った若大将・原監督の采配が結果的に奏功。リリーフ4人も見事なノーヒットリレーを見せた。新記録を達成した藤田はここまで4試合無失点。この調子なら、怨敵・バレンタインとのリベンジを果たす為の交流戦まで一軍に生き残れそうだ。当ブログ推奨助っ人・ゴンザレスはまたまたマルチ安打でついに打率3割を突破。打席数はやや少ないが、チーム首位打者に躍り出た。これでも李昇格阻止には予断を許さないのが、いつまで経っても安心出来ないのは困り物である。

◆S2−1D◆
0−0で迎えた4回、中日は先頭の李が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに3号ソロを叩き込み、1点を先制。しかし、一発以外に全く活路が開けない中日はこの1点をあげるのが精一杯。ならば、この1点を守り抜かんと、7回まで踏ん張っていた朝倉だったが、8回、一死一塁からリグスのタイムリー二塁打でついに同点とされると、続く宮本にもタイムリーを許して、勝ち越し点を献上。土壇場9回、ヤクルト守護神・林の前にクリーンアップが三者三振にねじ伏せられて、逆転負けを喫した。

またもや川相不在の弊害を大露呈する一発依存野球を展開。川井を見殺し、ウッチャンを見殺し、今日また朝倉を見殺しにしてしまった。たった4安打とは言え、いずれも先頭打者が放っているにも拘わらず、後が全く続かない。こういう展開で一番頼れる男がコーチャーズボックスにいるのだから、全くもって訳が分からない。朝倉も少々引っ張り過ぎたのではなかろうか。7回まで無失点とは言え、球数は既に126球と疲労の色が見えており、落合監督らしくない采配だった。

◆YB3−2C◆
ブラウン監督がまたも求道者・前田を外す暴挙に打って出て、士気の上がらない広島。2回に栗原が先制アーチを放つも、その裏、先発・ルイスが内川にタイムリー三塁打を浴びてあっと言う間に同点。しかし、直後の3回、天谷に2号ソロを飛び出して、再び勝ち越しに成功。4回には先頭のオチョアがヒットで出るも、栗原が最悪のゲッツー。この後、連続四球でチャンスを広げるも、梵が倒れて、二者残塁。5,6回も一死二塁のチャンスを逃すなど、一向に追加点を奪えない。3回以降二塁も踏ませぬ好投を見せていたルイスだったが、7回、無死一、三塁のピンチを背負った後、内野ゴロ2つで2点を返され、形勢逆転。直後の8回、広島は二死一、二塁のチャンスを迎え、ここでようやく求道者・前田が登場するも、代打では本領を発揮出来ず、あえなく三振。これで息の根を止められた広島は9回は三者凡退に終わり、万事休す。横浜の連敗は5でストップした。

まったくブラウン監督はどこまで求道者・前田を外せば気が済むのか…。おかげでどん底の横浜に勝ちを譲ってしまう始末。一発かました栗原だが、とにもかくにも走者の溜まっている所で打ってくれと…。主軸が苦しんでいるのは横浜も同様。村田,吉村の不振がチームの不振に繋がっていると言っても過言ではない。石井タクローはまたも外されてしまい、今度は石川が起用されたが内野安打1本と微妙な内容。そんな中、内川は一人3安打の大爆発。打率5割なのに、毎度スタメンで起用されないのは何故なのかね?

◆H0−5M◆
ロッテは初回、エラーで拾ったチャンスにフクーラの犠飛で先制点をゲット。3回には大塚の2号ランニング2ランホーマーで3点目。4回以降、清水,杉内の投げ合いが続き、膠着状態となったが、0−3の儘、迎えた8回、ロッテは22日ぶりにスタメン復帰したズレータが2点タイムリー二塁打を放ち、ダメ押し。清水は最後まで安定した投球でソフトバンク打線に付け入る隙を与えず、散発4安打完封を収めた。

不振に喘いでいたズレータが復帰し、スタメンに助っ人が3人。西岡が1番に専念出来る様だと、ロッテ打線も乗ってきそうだ。大松には4番打ち続けて欲しくもあったが…。清水は3試合連続完投勝利と安定感が増してきた。この日は完投しながら、三振は僅かに1個と徹底して打たせて取る投球が光った。岩隈との対戦は運良く雨で回避したソフトバンクだが、結局、清水に完封食らって、これで19イニング無得点。守っては長谷川と激突して、大塚のランニングホーマーを呼んでしまったハマのスペランカーが右腓骨骨折で前半戦絶望とついに本領を発揮。投げては杉内が5失点と、明るい材料が全くなく、借金を積み重ねるばかり。まだ4月ではあるが、王さんがラストイヤーになるかもしれないと言う年にこんな戦いぶりが続く様では泣けてくる。そろそろ新助っ人野手の緊急獲得でも視野に入れた方がいいかもしれない。

◆E6−1F◆
この日も内弁慶ぶりを遺憾なく発揮する楽天は初回にショートの2号ソロで先制すると、3回にはフェルナンデスがタイムリー。4回にスレッジの犠飛で1点を返されるも、5回にはショート,フェルナンデスが連続タイムリー。更に、8回にもショート,フェルナンデスが連続タイムリーを浴びせて、ダメ押しの6点目。スライド登板となった先発・岩隈は8回まで無四球1失点の好投で4勝目をマークした。

楽天が得意の本拠地で投打噛み合っての快勝。首位打者・山崎は3タコとお休みだったが、ショート,フェルナンデスの助っ人コンビが2人で6安打6打点と全得点を叩き出す大活躍。岩隈もスライド登板の影響を全く感じさせない好投を展開。8回1失点でも防御率が下がるなんて凄いやね。日本ハムはクリーンアップ以外、ノーヒットの体たらく。日本ハム打線など、どいつもこいつもアウトカウントを稼ぎ要員でしかない…と言う水島の呪いはいつまで続くのか…。

◆L9−5Bs◆
西武は初回、偽バファローズ先発・川越の立ち上がりを捉え、中島の4号2ラン,G.G.佐藤の5号ソロと一発攻勢で3点を先制。偽バファローズは3回に後藤の2号ソロ,4回には日高のタイムリーで1点差と追い上げるも、その裏、西武は中村の5号ソロで突き放す。2点を追う偽バファローズは直後の5回、村松,カブレラの連続タイムリーで追いつくと、7回にはまたもカブレラがタイムリーを放ち、ついに勝ち越し。しかし、粘る西武は8回にブラゼルが同点タイムリーを浴びせて、延長に突入。迎えた11回、西武は二死満塁のチャンスに赤田が2年ぶりの一発となるサヨナラ満塁ホーマーを叩き込み、3連敗を免れた。偽バファローズは2試合連続のサヨナラ負け。

西武が一発攻勢で劇的勝利。しみったれた内野安打でもサヨナラと言う場面で昨年ノーアーチの赤田がグランドスラムとは驚いた。昨日、サヨナラ弾を浴びているとは言え、加藤を投入すべきではなかったか…。幾ら何でも、あの場面で高木はないだろう…。大島が左打ちだから…と言うただそれだけの理由だとしたら、浅はかと言うものだ。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:43コメント(0)トラックバック(24) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ