西谷尚徳

June 14, 2009

◆H5−1G◆
立ち上がり、制球の定まらないソフトバンク先発・杉内に対し、巨人は一死満塁から松田記者が死球を食らって、押し出しで先制。なおも満塁のチャンスだったが、亀井,阿部と連続三振に倒れて、1点止まり。これで完全に立ち直った杉内は2〜5回まで一人の走者も出さないなど、付け入る隙を許さない。最少の援護しか貰えない中、6回まで無失点と踏ん張っていた巨人先発・東野だったが、7回、一死一、二塁のピンチを作り、KO。ここでマウンドに上がった山口だが、登板過多の影響か、長谷川に死球を食らわせると、松田に同点タイムリーを浴び、降板。代わった3番手・豊田も田上のショートゴロの間に勝ち越し点を献上。8回にはM・中村がオーティズの9号ソロ等で3点を失い、試合を決定付けられた。杉内は1失点完投で6勝目。巨人は今季2度目の3連敗となった。

◆F10−11D◆
壊滅的なチーム状態を顧みず、一向に名手・川相を現役復帰させようとしない落合監督はまたもや川井を先発起用する事でお茶を濁すぬるま湯采配を敢行。しかし、所詮、カワイであって川相ではない川井ではチームの空気を変える事が出来ず、初回から6本の単打を集中されて、いきなりの4失点。しかし、川井以上に乱調だったのが、日本ハム先発・糸数。2回にエラー絡みで3点を返されると、3回には二死満塁から英智に2点タイムリーを浴びて、あっさり逆転を許す有様。更に、谷繁を歩かせ、再び満塁となった所で井端,荒木と連続タイムリーで4点を失い、あえなくKO。代わった江尻も森野にタイムリーを浴び、この回7失点。中日は4回にも川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにベンちゃんが16号ソロを叩き込み、11点目。これで楽勝かと思いきや、川井が6回に金子誠に2ランを被弾。続く7回には山井,8回には浅尾がそれぞれ2点を失い、1点差まで詰め寄られる始末。よもや引っ張り出されるとは思っていなかった岩瀬だったが、9回は3人でピシャリと締めて、辛くも逃げ切り。川井は6回11安打6失点と乱調ながら、無傷の5連勝となった。

◆L4−4C◆
WBC使用球はからっきしだが、NPB使用球ならお手の物な岸に対して、広島は4回、喜田の今季初アーチで先制。5回まで1安打と素晴らしい投球を見せていた広島先発・前田健だったが、6回、二死満塁のピンチを迎えると、中村に2点タイムリーを浴び、形勢逆転。西武は7回にも銀仁朗のタイムリーで1点を追加。2点を追う広島は8回、西武3番手・岡本慎を攻め、マクレーンの2点タイムリー二塁打で一気に同点。試合はその儘、延長にもつれ込んだ。10回、広島は一死二塁から代打・末永のタイムリーでついに勝ち越し。その裏から守護神・永川を投入し、逃げ切りを図るが、二死一、二塁のピンチを背負った永川は礒?にタイムリーを浴び、試合は振り出しに。広島は11回に4安打を浴びせながら、無失点と言う拙攻を展開。西武も12回には無死満塁と絶好のサヨナラのチャンスを掴みながら、後続を断たれ、結局、12回規定でドローとなった。

◆M4−1T
0−0で迎えた4回、阪神は一死からブラゼルの3試合連続4号ソロで先制。更に、この後、葛城イクローの二塁打,鳥谷のヒットで二死一、三塁とチャンスを広げたが、狩野はショートゴロに終わり、1点止まり。阪神先発・安藤は4回まで四球1つ与えただけのノーヒットピッチングを展開していたが、5回、一死から里崎に4号同点ソロを被弾。1−1の儘、迎えた8回、この回からマウンドに上がったウィリアムスが2四球で一死一、二塁のピンチを作り、降板。3番手・アッチソンも代打・竹原に走者一掃のタイムリー三塁打を浴び、勝ち越し点を献上。更に、続く里崎にはスクイズを決められ、この回3失点。9回からはシコースキーが無難に締めて、今季初セーブ。先発・小林宏は8回1失点の好投でようやく今季初勝利。阪神は2試合続けてブラゼルのソロアーチによる1点しか取れない体たらくで5連敗となった。

6/14 ガイエル◆Bs10−14S◆
初回にガイエルの三塁打で2点を先制された偽バファローズはその裏、ラロッカのタイムリーで1点を返すと、3回には石川の暴投で労せずして同点。追い付かれたヤクルトは5回、青木のヒットを皮切りにガイエルの9号グランドスラム等、四球1つを挟んで11打数連続安打のプロ野球新記録(9打席連続安打はタイ記録)を達成し、一挙10点のビッグイニングを形成。更に、6,7回にも1点ずつ加え、14点目。粘る偽バファローズは5回に1点,7回に5点を返すと、土壇場9回にはフェニックス一輝の犠飛,下山のタイムリーで2点を追加。更に、相川が内野安打で繋ぎ、二死満塁と一発が出れば同点のチャンス。ヤクルトは流石にたまらず、守護神・林を投入。林は代打・日高を2球でセカンドゴロに仕留めて、事なきを得た。先発・石川は6回3失点で7勝目

◆E9−0YB◆
横浜先発・ハマのチンピラに対して、楽天は3回、西谷のスクイズで先制。5回には山崎武が10号ソロを叩き込むと、一死二、三塁からまたも西谷が2点タイムリー。6回には憲史,山崎武,平石の3連打で1点を加え、ハマのチンピラをKO。更に、この後、藤井のタイムリー等で2点を3点を加え、この回4点。7回には山崎武がこの日2本目となる11号ソロをぶち込んで、ダメ押しの9点目。先発・岩隈は6回まで無失点投球で早々とお役御免。7回は有銘が3人で抑えると、8回からはミチル−チルチルと繋ぐ、今季初のチルチルミチルリレーで決まり、完封リレーを達成。楽天はこれで3連勝。岩隈には6勝目がついた。敗れた横浜は4連敗で借金20.

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:55コメント(0)トラックバック(18) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ