藤原紘通

September 23, 2009

9/23 巨人V3◆G5−3D◆
3連覇へ王手を懸ける巨人に対し、中日はハーラートップを走る吉見と言う大方の予想を覆し、ゴーグルで照明の光を反射させて打者の目を眩ましでもしなければ、とてもプロでは通用しない非力で卑劣な投手として描かれてしまった水島の呪いを受けて以来、2年間白星から遠ざかっている山井を先発起用。しかし、そんなネガティブパワーでは勢いの止まらない巨人は2回、絶好調・松田記者がレフトスタンドへ11号先制アーチ。4回には先頭の寿司職人ラミレスが左中間スタンドへ30号ソロをぶち込むと、亀井のヒット,松田記者の死球で一死一、二塁とした所で古城がレフト前へタイムリー。なおも一、三塁の場面で一塁走者だけ送ろうとしたオビスポの犠打が結果的にセーフティスクイズとなって、この回3点を追加。山井はこの回限りで降板となった。何としても目の前の胴上げを阻止したい中日は直後の5回、ベンちゃん,平田のヒットで一死二、三塁とした所で谷繁が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに9号3ランを叩き込み、一気に1点差。崩れかけたかに見えたオビスポだったが、続く6回には森野,ブランコ,ベンちゃんのクリーンアップを退けると、7回も三者凡退に斬って取る力投を展開。すると、その裏、巨人はオビスポの代打・大道がヒット,代走・鈴木が二盗を決めると、坂本が送って、一死三塁。ここで代打・キムタクは死球を食らって、一、三塁。続くガッツは三振に倒れるも、ここで代わったセットアッパー・浅尾から寿司職人ラミレスがライト前にタイムリーを放ち、貴重な1点を追加。8回から代わった越智に対し、中日は一死から荒木がヒットで出るも、続く井端がショートゴロゲッツーに倒れる最悪の展開。土壇場9回、満を持して登場の守護神・クルーンは森野,ブランコと打ち取り、二死。ここでベンちゃんを歩かせ、暴投で二進を許すと、代打の切り札・立浪に痛烈なライナーを浴びるも、サード・古城がダイビングキャッチ。この瞬間、巨人の42回目の優勝が決定(1リーグ時代の9回含む)。若大将・原監督は歓喜のナインによる胴上げで8度宙を舞った。セ・リーグ3連覇はV9以来36年ぶりの快挙。先発のオビスポは7回3失点と粘りの投球で5勝目をあげた。

◆C1−4S◆
広島は2回一死からマクレーンがヒットで出るも、続くルパン廣瀬がサードゴロゲッツー。3回には倉,東出のヒットで二死一、三塁とするも、赤松が凡退し、またも先制ならず。ピンチを切り抜けたヤクルトは4回、先頭の田中浩が四球で出ると、続く宮本が送りバント。倉が一塁へ送球する隙に、田中浩が三進を狙うと、栗原が誰もカバーに入っていない三塁へ送球してしまい、ボールが転々とする間に田中は一気に本塁を陥れ、均衡を破る先制点をゲット。0−1の儘、迎えた9回には二死からガイエル,武内,鬼崎,相川と4連打で3点を奪い、ダメ押し。ヤクルト先発・ユウキはその裏、フィリップスに犠飛を許して、完封こそ逃したものの、7年ぶりの完投で5勝目をマークした。

◆YB3−6T◆
逆ハーラーダービーを独走する横浜先発・グリンに対し、阪神が初回から猛攻。いきなり浅井,平野の連打と鳥谷の四球で無死満塁とすると、一死後、新井が先制2点タイムリー。更に、二死後、桜井が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、この回4点。続く2回には二死一、二塁から新井,関本と連続タイムリーを浴びせて、2点を追加。大量6点を追う横浜は5回、二死二塁から代打・下園のタイムリーでようやく1点。更に、この後、金城,藤田と連続内野安打を浴びせるも、下園がオーバーランで憤死し、1点止まり。続く6回には二死満塁から代打・ジョンソンが2点タイムリー。なおも一、三塁のチャンスだったが、代打・森笠がセンターフライに倒れて、二者残塁。阪神は7回から登板のアッチソンが2回を無失点に抑えると、最後は守護神・藤川が締めて、Bクラス転落を阻止。先発のソニックは5回2/3を3失点で8勝目

◆H5−7M◆
初回、2四球で作ったピンチに本多のタイムリーとノーヒットで先制を許したソフトバンク。しかし、その裏、2四球で作ったチャンスで内野ゴロの間に1点を返し、ノーヒットで同点に。1−1で迎えた3回、ロッテは一死からフクーラがヒットで出ると、続く大松のタイムリー二塁打で勝ち越し。しかし、その裏、ソフトバンクは二塁打の本多を川崎が送った所でオーティズが同点犠飛。更に、この後、小久保の二塁打と連続四球で満塁と勝ち越しのチャンスを作ったが、田上がセンターへ打ち上げて、三者残塁。再び追い付かれたロッテは直後の4回、二死走者なしから内野安打と四球で一、二塁とした所で塀内が勝ち越しタイムリー。更に、フクーラが歩いて、ソフトバンク先発・大場をKOすると、代わった神内から大松が18号グランドスラムをぶち込んで、この回一挙5点。食い下がるソフトバンクはその裏、連打で二、三塁とすると、オーティズのタイムリー等で2点を追加。8回には長谷川,田上と連打を浴びせると、一死後、ハマのスペランカーの併殺崩れの間に1点を返し、2点差。しかし、反撃もここまで。最後はシコースキーの前に3人で締められて、あと一歩及ばず。ロッテ先発・大嶺は4回KOとなったが、後を継いだ2番手の根本は2回を無失点に抑え、プロ初勝利を飾った

◆F1−6L◆
日本ハム先発・吉川は初回から制球に苦しみ、2四球で一死一、二塁のピンチを作った挙げ句、中村に2試合連続42号3ランを被弾し、あっと言う間に3点を献上。早くも主導権を握った西武は3回には、栗山,中島の連打で二、三塁とすると、一死後、後藤のタイムリーで2点を追加。5回には四球の片岡を栗山の内野ゴロで進塁させた所で吉川をKO。代わった坂元から中島も四球を選んだ所で、中村がレフト前へタイムリーを浴びせて、6点目。日本ハムは7回一死から、先発・オツに代わり、2番手・星野が登板すると、死球に連打で1点を返すが、なおも一、二塁のチャンスで代わった3番手・藤田の前に代打で登場したあの男は怒濤のチャンスブレイカーの名に違わぬインケツぶりで凡退すると、糸井もピッチャーゴロに終わり、1点止まり。西武はこの後、松永−ベイリスと繋いで逃げ切り、4連勝。オツは6回1/3を無失点で切り抜け、4勝目。日本ハムは屈辱の3タテを食らい、4連敗となった。

◆E4−1Bs◆
楽天は3回、二死走者なしから鉄平のヒット,阿部のエラーでチャンスを作り、青波の長瀬のタイムリーで先制。続く4回には高須,リンデン,中谷の3連打で無死満塁とした所で中村のタイムリー二塁打で2点を追加。4回まで毎回安打を放ちながら、あと一本が出ずにいた偽バファローズは5回、二死走者なしから横山の二塁打の後、坂口がタイムリーを放ち、ようやく1点。しかし、楽天は6回、近藤の暴投で労せずして、1点を加え、点差は再び3点に拡大。8回、偽バファローズは渡辺直のエラー,北川のヒットで二死一、二塁と一発が出れば同点と言う場面でローズに回したものの、ロースはショートゴロに終わり、二者残塁。最後は小山の前に反撃を断たれた。楽天先発のルーキー・藤原は8回1失点で4勝目。楽天は2位ソフトバンクに1ゲーム差まで詰め寄った。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:55コメント(2)トラックバック(66) 

August 12, 2009

◆C5−16G◆
初回から連打と四球で無死満塁といきなりの大チャンスを作った巨人。ここで寿司職人ラミレスが犠飛を打ち上げ、先制するも、亀井,阿部と倒れて、結局、1点止まり。1点を追う広島は2回、一死からこちらも連打と四球で満塁とするも、石原が倒れて、二死となった所で打席には投手の今井。これでチャンスは潰えるかと思いきや、何と今井が走者一掃のタイムリー三塁打を放ち、一気に逆転。更に、続く東出にもタイムリーが飛び出し、この回4点。自ら逆転打を叩き出した今井だが、このリードを守れない。直後の3回、一死一、二塁のピンチで寿司職人ラミレスにタイムリーを浴び、1点差とされると、続く好調・亀井に痛恨の逆転18号3ランを被弾。更に、阿部,古城の連続二塁打で6点目を失い、この回限りで無念のKO。6回に坂本,マクレーンの一発で1点ずつ取り合って迎えた7回、巨人は6長短打を集中して5点を奪い、なおも満塁の場面で阿部が15号グランドスラム。この回一挙9点を奪い、試合を決定付けた。巨人は計23安打16点の猛攻で引き分け1つを挟んで6連勝。先発の東野は5回0/3を5失点と不本意な内容ながら、打線に援護に恵まれ、5勝目。一方、今井は3回6失点でプロ初黒星。

8/12 岩田◆T6−1D◆
依然としてタイムリー欠乏症に回復の兆しが見えない中日は初回、先頭の井端が三塁打を浴びせるも、荒木,森野,ブランコと三者連続三振を喫して、井端は三塁に釘付け。いきなり大チャンスを潰してケチがついた中日は以降、走者を出す事すらままならない。一方、阪神も3回まで5安打を浴びせながら、あと一本が出ずにいたが、4回、一死からブラゼルが9号先制ソロ。更に、葛城イクロー,狩野,岩田と3連打を浴びせて、1点を追加。3回以降一人の走者も出せずにいた中日は7回、森野の四球,ブランコのヒットで久々のチャンス。ここでベンちゃんはショートゴロゲッツーに倒れるが、続く李がタイムリーを放ち、1点差。しかし、その裏、阪神は一死から大和のヒット,鳥谷の四球で一、二塁とした所でキュラソ星人が走者一掃のタイムリー二塁打。更に、新井もヒットで続き、中日先発・あちゃくらさんをKO。更に、二死後、3番手・河原から代打・桜井が走者一掃のタイムリー三塁打を浴びせて、この回一挙4点。先発の岩田は8,9回とノーヒットで抑えて、今季2度目の完投で2勝目をマーク。中日は散発4安打と打線が沈黙し、中盤まで踏ん張っていたあちゃくらさんを見殺しにしてしまった。

◆S3−4YB◆
ヤクルト先発・一場さまの前に3回までノーヒットに抑え込まれていた横浜だが、4回、内川,メカゴジラのヒットで一死一、三塁とすると、吉村がレフト前へ先制タイムリー。更に、暴投で二、三塁となった所で石川がスクイズを決めて、この回2点。5回に内野ゴロの間に1点を返されるも、6回、二死一、二塁から石川が詰まりながらもレフト前に落とすタイムリーを放ち、再び点差は2点と拡大。しかし、ヤクルトは7回、この回から代わったカリメロからガイエルが痛打すると、3番手・真田に対して、宮本が5号2ランを放ち、一気に同点。この後、3四球で一死満塁とするも、田中がセカンドゴロゲッツーに倒れ、勝ち越しならず。試合はその儘、2試合連続の延長にもつれ込んだ。6回以降、6人の投手を1回ずつ投げさせる継投を展開してきたヤクルトは12回から8番手・鎌田を投入。簡単に二死を取った鎌田だが、ここで内川に13号ソロを被弾し、勝ち越し点を献上。その裏、ヤクルトは一死から福地,田中と連打を浴びせて、一、二塁とし、打席にはこの日2安打の青木。大いに期待が懸かった青木だったが、結果は最悪のサードゴロゲッツーとなり、万事休す。横浜7番手の高崎は2回を投げ4安打を浴びながらも、無失点で凌ぎ、2勝目をマークした

◆E5−1H◆
初回二死満塁のチャンスを逃したソフトバンクは続く2回にも二死満塁のチャンスを潰し、3回には先頭打者をエラーで出しながら、ゲッツーを食らう怒濤の拙攻三昧。再三のピンチを凌ぎきった楽天は3回、二死一塁から渡辺直が右中間へ弾き返すと、センター・長谷川がもたついている隙に一塁走者・リンデンが長駆生還し、先制。続く4回には山崎武,ショートのヒットで一死一、三塁とすると、宮出が犠飛を打ち上げ、2点目。直後の5回、ソフトバンクは先頭の本多が右中間突破の二塁打を浴びせると、川崎の犠打で三進。ここでオーティズが犠飛を打ち上げ、ようやく1点。しかし、楽天は6回一死一、三塁から野選にエラーと拙守に乗じて2点を奪うと、7回にはリンデンの7号ソロでダメ押し。先発のルーキー・藤原は粘りの投球で7回を1失点で切り抜け、2勝目をあげた

◆F2−8Bs◆
初回、日本ハムは田中が二塁打を浴びせると、紺田の犠打で三進。ここで稲葉がセンターへ犠飛を打ち上げ、1点を先制。日本ハム先発のさすらいの賭博師・須永の前に3回まで1安打と沈黙していた偽バファローズは4回、死球の大引を一塁に置いて、カブレラの7号2ランで逆転。更に、ローズが歩いた後、フェルナンデス,濱中と連続アーチ。更に、連打と犠打で二、三塁とした所で大村が2点タイムリーを放ち、この回大量7点のビッグイニングを形成。続く5回にはローズに14号ソロが飛び出し、助っ人クリーンアップが一発揃い踏み。須永はこの回限りでKOとなった。日本ハムは6回にスレッジが16号ソロを放つも焼け石に水。偽バファローズは連敗は3でストップし、先発・近藤は8回を2失点で6勝目を飾った

◆M3−5L◆
西武は初回、四球で歩いた片岡が盗塁と内野ゴロで三進すると、中島のタイムリーで先制のホームイン。しかし、その裏、ロッテも二塁打の西岡を三塁へ進めると、サブローがライトへ同点犠飛。1−1の儘、迎えた4回、ロッテは二死走者なしから里崎が7号ソロを叩き込み、勝ち越しに成功。しかし、西武は6回、一死から栗山が二塁打で出ると、二死後、中村のタイムリーで再び同点。更に、清水がエラーで出塁し、チャンスを広げたが、G.G.佐藤はファーストファールフライに倒れて、勝ち越しならず。2−2の儘、迎えた土壇場9回、西武は一死から礒?がヒットで出ると、銀仁朗が送った所でボカチカのタイムリー二塁打が飛び出し、ついに勝ち越し。しかし、粘るロッテはその裏、サブローが14号同点ソロを放ち、延長に突入。3−3の儘、迎えたラストイニング12回、西武は一死からボカチカの四球,片岡のヒットで一、二塁とすると、栗山が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、2点を勝ち越し。その裏、藤田が締めて、プロ入り初セーブ。4番手の星野に今季初勝利がついた

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:05コメント(0)トラックバック(29) 

August 05, 2009

◆G3−3C◆
初回、広島は先頭の東出がレフト前に弾き返すと、一死後、二盗に成功。この後、天谷のセカンドゴロで三進すると、東野の暴投で労せずして先制のホームイン。3回までパーフェクトと素晴らしい立ち上がりを見せた広島先発・前田健だったが、4回、先頭の坂本にレフトスタンドへ12号ソロを放り込まれ、試合は振り出しに。巨人は6回、一死から松本がエラーで出るも、二盗に失敗。この後、ガッツ,寿司職人ラミレスに連打が出るも、亀井が凡退とチグハグな攻撃で結局、無得点。ピンチを切り抜けた広島は直後の7回、先頭の末永が今季初アーチを叩き込み、勝ち越しに成功。しかし、その裏、巨人は先頭の阿部が二塁打で出ると、二死三塁となった所で代打・キムタクがタイムリーを放ち、再び同点。この後、膠着状態となり、延長に突入。迎えた11回、巨人は二死一、二塁のチャンスに鶴岡の打球はセンター後方への大飛球。しかし、これをバックホームに備え、浅めに守っていた赤松が懸命に背走して、ダイビングキャッチする超美技を見せ、サヨナラ負けを阻止。すると、12回、広島はクルーンの暴投でタナボタの勝ち越し点をゲット。しかし、その裏、先頭の鈴木が起死回生の今季初アーチを叩き込み、三たび同点。しかし、後が続かず、結局、12回規定でドローに終わった。

◆D3−1T◆
3回、阪神は二死から鳥谷がライトスタンドへ9号ソロを放り込み、1点を先制。その裏、中日は小山の二塁打の後、あちゃくらさんの犠打が野選を誘い、一、三塁とした所で井端が犠飛を打ち上げ、同点。1−1の儘、迎えた7回、中日は突如、制球を乱した阪神先発・岩田から連続四球を選ぶと、代打・立浪がヒットで繋いで満塁とし、岩田をKO。代わったアッチソンから、井端のタイムリーで勝ち越すと、なおも満塁の場面で荒木のショートゴロの間に1点を加え、3点目。8回からはリーグ新記録の月間11ホールドで7月の月間MVPに輝いた浅尾,9回からは守護神・岩瀬と繋ぐ必勝リレーが決まり、阪神の反撃を断ちきった。先発のあちゃくらさんは7回を1失点の好投で8勝目。巨人が引き分けた事で、首位との差は1ゲームと縮まった。

◆YB8−3S◆
2回に無死満塁と絶好のチャンスを掴んだヤクルトは川島慶のタイムリーで先制すると、二死後、田中にもタイムリーが飛び出し、1点を追加。2点を追う横浜は4回、二死走者なしから吉村のヒット,石川の死球で一、二塁とすると、細山田が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、一気に同点。続く5回には二死走者なしから内川が二塁打を浴びせると、村田の21号2ランで勝ち越しに成功。更に、続くジョンソンも16号ソロを放ち、この回3点。勢いづいた横浜は続く6回にも代打・金城の2点三塁打,内川のタイムリー二塁打で3点を追加。ヤクルト打線は3回以降完全に沈黙。9回にガイエルに17号ソロが飛び出したが、焼け石に水だった。横浜先発・ハマのチンピラは2試合連続の完投で6月27日以来となとる8勝目をマーク

◆H5−4M◆
ロッテは初回、二死一塁から大松が13号先制2ラン。その裏、ハマのスペランカーのタイムリーで1点を返されるが、3回にはサブローの13号2ランでソフトバンク先発・藤岡をKO。3点を追うソフトバンクはその裏、三塁打を放った川崎が内野ゴロの間に生還死、2点目。5回には二死一塁から小久保が11号2ランを放り込み、ついに同点。4−4の儘、迎えた8回、ソフトバンクは二死一、二塁のチャンスに村松がタイムリーを放ち、勝ち越しに成功。土壇場9回、守護神・馬原に対し、ロッテは一死から堀の内野安打,ベニー松山の四球で一、二塁と粘りを見せたが、田中雅,西岡と連続三振に倒れて、あと一歩及ばなかった。白星は3番手・攝津アッパーについたが、早々とKOされた藤岡の後を継いだ2番手・森福が4回を1安打無失点に抑えるロングリリーフを見事にこなしたのが大きかった

◆L5−2F◆
西武先発・石井一に対し、走者を出しながらもあと一本が出ずにいた日本ハムだったが、4回、死球のスレッジを小谷野が送ると、インケツパワーを溜め込んでいたあの男がセンター前へ先制タイムリー。続く鶴岡もタイムリー二塁打を放ち、2点目を追加。今季初先発となったさすらいの賭博師・須永は立ち上がりから西武打線を寄せ付けず、6回までノーヒットの快投を展開していたが、7回、先頭の中島に内野安打を許し、記録を断たれると、続く中村に二塁打を浴びた所で無念のKO。これで流れを引き寄せた西武2番手・菊地に対し、一死後、G.G.佐藤がタイムリーを放つと、続く佐藤のサードゴロが野選を誘って同点。更に、後藤,銀仁朗と連続タイムリーで2点を勝ち越し、菊地をKOすると、3番手・江尻から栗山が犠飛を打ち上げ、この回一挙5点のビッグイニングを形成。8回からは岩崎−小野寺と繋いで、逃げ切った。先発の石井一は尻上がりに調子を上げていき、7回を2失点で切り抜け、6勝目

8/5 藤原◆Bs0−8E◆
楽天は初回、一死から渡辺直,鉄平と連打を浴びせると、山崎武が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、2点を先制。更に、ショートがヒットで続き、一、三塁とした所で高須の打球はセンターへのフライ。タッチアップで本塁を狙った山崎武だったが、坂口の好返球の前に憤死し、追加点ならず。しかし、4回には宮出のタイムリーで1点を加えると、8回には二死一、二塁から青波の長瀬が8号3ランをぶち込んで、6点目。9回にもリンデンの6号ソロ,鉄平のタイムリーでダメ押しの2点を追加。投げてはルーキー・藤原が僅か2三振と打たせて取る投球が光り、1安打を許しただけの打者27人で抑える準完全試合でプロ初勝利初完封を飾った

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:01コメント(0)トラックバック(21) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ