聖沢諒

April 13, 2011

◆G3−0S◆
3回で早くも7個と言う三振ショーを見せていた由規だが、4回に寿司職人ラミレス,マッスル千代の富士と連続被弾で先制点を献上。一方、後輩・東野に開幕投手の座を奪われる屈辱を味わった内海は7回まで無失点の好投。8回途中でKOされたが、最後は新守護神・山口が締めて、完封リレーで13年ぶりの開幕連勝。ヤクルトは11残塁1併殺の拙攻が痛かった。尚、ガッツに今季初安打を含む2安打が飛び出し、いよいよ2000安打へ残り9本とカウントダウンが始まった

◆YB7−8D◆
中田賢,大家の両先発が奮わず、3回までに両軍5点を奪い合う乱打戦。中日は4回に森野の今季初アーチ,7回に代打・福田の2年ぶりの一発が飛び出すなど、小刻みに加点し、3点のリード。スレッジのこの日3本目となる2ランで追い上げた横浜だったが、浅尾−岩瀬の必勝リレーの前にあと一歩及ばなかった。

◆T2−1C◆
J.マッケンジーの先制犠飛,ルパン広瀬の同点タイムリーと1点ずつ取り合って迎えた5回、阪神がマット・マートンのタイムリーで勝ち越し。この1点のリードを小林宏,藤川と繋ぐ必勝パターンで守りきり、2連勝。広島は散発3安打と沈黙。依然として、トレーシー,栗原の4,5番に快音が聞かれないのが気がかりだ。

4/13寺原◆Bs5−0H◆
昨夜に続いて、1点を争う好ゲームは偽バファローズが3回に坂口のタイムリーで先制。開幕戦に死球を食らった主砲・小久保が右手親指剥離骨折で登録抹消となる憂き目に見舞われたソフトバンクは中盤のチャンスを悉く取りこぼし、1点がどうしても届かず。そうこうしているうちに、8回に李の移籍初アーチとなる3ラン等で大きく突き放された。はーちゅんは古巣相手に4年ぶりの完封で移籍初登板初勝利。

 

 

◆F3−8L◆
今季は開幕から先発で起用される方針の高橋由伸だったが、2回に5安打の集中攻撃で4点を先制されるなど、5回途中7失点KO。2夜連続で先発が7失点KOとなる惨憺たる展開で連敗スタートとなった。D.ハッセルホフに来日初アーチが飛び出したのは明るい材料か。西武はルーキー・秋山がプロ初打点&猛打賞の活躍を見せるなど、先発全員の15安打。先発・帆足は7回途中まで3失点で勝利投手。

◆M1−5E◆
3回,5回と聖沢の2打席連続タイムリーで先手を取った楽天は7回には主砲・山崎がダメ押しの1号3ラン。先発・ラズナーは6回1失点の好投で勝利投手。ルーキー・美馬も4番手で登場し、1回無失点とまずまずのデビューを飾った。ロッテは先発・唐川が4失点KO。打線も井口が3安打1打点と一人で気を吐いた以外は精彩を欠き、開幕2連敗。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:45コメント(0)トラックバック(4) 

July 07, 2010

◆G2−8C◆
幾ら打っても、それ以上に打ち込まれるとあって、巨人相手には前田健を投入するしか活路を見出せない広島は初回、エラーに捕逸と巨人の拙守に付け込み、ノーヒットで1点を先制。2回無死一、二塁のチャンスは逃したものの、続く3回、ヒットの梵を赤松が送った所で嶋がセンター前へタイムリー。更に、ガッツのエラー,ヒューバーのピッチャー強襲ヒットで満塁とした所で小窪がレフト前へタイムリー。二死後、前田健,東出と連続タイムリーでこの回5点を奪い、巨人先発・内海はあえなくKO。4回には赤松の2号ソロで1点を追加。巨人は5回に長野の12号場外弾でようやく1点を返すが、流れを変えるには至らず、直後の6回、ヒューバーのこの日4安打目となるタイムリー突き放される始末。7回に江戸川のタイムリーで2点目を返したが、焼け石に水だった。前田健は7回2失点の好投でハーラーダービートップタイの11勝目

◆YB−D◆
降雨中止。

◆T3−2S◆
青木の6号先頭打者アーチで先制を許した阪神。1,2回と得点圏に走者を送りながら、あと一本が出ずにいたが、3回、平野の四球,マット・マートンのヒットでチャンスを作ると、二死後、ブラゼル,J.マッケンジーの連続タイムリーで逆転に成功。直後の4回、ヤクルトは二死走者なしから好調・相川がレフトスタンドへ7号同点アーチ。2−2で迎えた6回、阪神は一死から代打で登場した関本がライトスタンドへ3号ソロを叩き込み、勝ち越し。7回からは渡辺−久保田−藤川球と1回ずつ繋いで、1点差を守りきった。先発の下柳は6回2失点で5勝目を飾った

◆F6−2H◆
未だに白星のない日本ハム先発・八木は4回まで1安打無失点の好投を展開。何とか八木を援護したい打線は3回までノーヒットと沈黙していたが、4回、チーム初安打を放った劇団ひちょりが二盗を決めると、二死後、糸井がセンター前へタイムリーを放ち、1点を先制。しかし、6回、ソフトバンクはヒットの川崎を一塁に置いて、オーティズがレフトスタンドへ20号逆転2ラン。1点を追う日本ハムは7回、糸井がヒット,代打・ミスタースナイパー・坪井が死球で出ると、一死後、代打で起用されたルーキー・加藤政がヒットで繋ぎ、満塁とした所で金子誠がレフト前へ同点タイムリー。更に、田中,劇団ひちょりと連続タイムリーを放ち、3点を勝ち越し。続く8回にもミスタースナイパー・坪井がタイムリーを浴びせて、ダメを押した。八木は7回2失点でようやく今季初勝利を手にした

7/7聖沢◆E6−4M◆
初回、4人の打者で3安打を浴びせながら、無得点に終わる最悪の立ち上がりとなったロッテだが、続く2回、大松の四球の後、サブロー,フクーラ,里崎,今江と4連打を浴びせて、3点を先制。更に、西岡が歩いて無死満塁としたものの、岡田はレフトフライ,井口はショートゴロゲッツーに倒れて、追加点ならず。ピンチを脱した楽天はその裏、一死から草野の二塁打に連続四球で満塁とした所で渡辺のタイムリーでまず1点。なおも満塁のチャンスに聖沢がライトスタンドへ2号グランドスラムをぶち込んで、一気に逆転。3回以降、両軍ゼロ行進が続いたが、5−3の儘、迎えた7回、楽天は四球とエラーで貰ったチャンスに鉄平がタイムリーを浴びせて、貴重な1点を追加。土壇場9回、ロッテは今江,西岡の連打で一、三塁とすると、二死後、井口が犠飛を打ち上げるが、最後は金がショートゴロに倒れて、ゲームセット。楽天先発・井坂は3回もたずにKOされたが、2番手・松崎は2回2/3を無失点の好リリーフで3年ぶりの白星

◆Bs7−11L◆
序盤から壮絶な打ち合いとなったこの試合。初回に栗山のタイムリー二塁打で先制された偽バファローズはその裏、後藤のタイムリー二塁打であっさり追い付くと、二死一、二塁としてから北川,バルディリスの連続タイムリーで3点を勝ち越し。しかし、西武は2回、坂田の2試合連続2号3ランであっと言う間に同点。その裏、後藤の2打席連続タイムリー二塁打で勝ち越されるも、直後の3回、5本の単打を集中して、2点を奪い、逆転に成功。偽バファローズも負けじと、その裏、バルディリスのタイムリーで追い付くと、続く4回にはカブレラのタイムリーで三たび勝ち越し。しかし、西武も5回、高山,ブラウンの連続二塁打でまたまた同点とすると、二死後、連続四球で満塁とした所で原が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、一気に3点のリード。8回には古川の暴投でタナボタの1点を加え、試合を決定付けた。2回5失点KOとなった先発・野上の後を継いだ2番手・岡本篤は3回2失点と不本意な内容ながら、ルーキーイヤー以来6年ぶりとなる白星が転がり込んだ

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:49コメント(0)トラックバック(12) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ