美馬学

April 23, 2011

◆T−YB◆
雨天中止。

◆C6−6S◆
3戦連続完封勝利中のヤクルトの先発は今季初登板となる高市。しかし、先制点を貰いながら、その裏、ルパン広瀬にタイムリーを浴び、球団新の4戦連続完封の夢はあっと言う間に消滅。広島は3回にトレーシーのタイムリー等6安打を集中して、一気に5点を勝ち越し。ヤクルトも宮本が4安打の活躍を見せるなど、ジワジワと追い上げると、9回には守護神・サファテからバレンティンが同点弾。3時間半ルールにより、延長に突入する事なくドローに終わった。

4/23小久保◆H5−4M◆
開幕戦で骨折した小久保が早くも戦線復帰となったソフトバンク。先制しながら、5回にサブローの一発等で逆転を許したが、その裏に川崎,6回にハマのスペランカー,7回に内川にタイムリーが飛び出し、2点のリード。9回、悩める守護神・馬原がマウンドに上がるが、いきなり3連打で追い付かれると、里崎に勝ち越し犠飛を許し、あえなくKO。しかし、その裏、帰ってきた主砲・小久保がタイムリーを放ち、サヨナラ勝ち。しかし、好投を続ける和田,杉内に未だに白星をつけられず、馬原は5戦連続失点と本来の勝ち方が出来ないチーム状態には大いに不安を残している。

◆Bs0−4L◆
石井一,中山が互いに譲らぬ好投で6回まで両軍ゼロ行進。迎えた7回、西武は二死一、二塁から栗山の走者一掃のタイムリー二塁打で2点を先制。8回には中村,フェルナンデスと一発攻勢でダメ押し。その裏からは、岡本篤−シコースキーと繋いで完封リレーを達成。西武は連敗を5でストップさせた。

◆E4−3F◆
1−1で迎えた2回、楽天は満塁のチャンスに中島の押し出し死球で労せずして勝ち越すと、山崎の犠飛で3点目。日本ハムも4回に満塁からトンガのタイムリーで2点を返し、同点。その後、両軍共に決め手に欠き、9回裏に突入。楽天はこの日も3タコで打率.071と壊滅的な不振に陥っていたルイーズにまさかの一発が飛び出して、サヨナラ勝ち。3番手として3人をピシャリと抑えたルーキー・美馬にプロ初白星がついた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:51コメント(0)トラックバック(1) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ