篠田純平

April 20, 2011

4/20脇谷◆T4−5G◆
巨人の先発は二軍落ちしたグライシンガーに代わって昇格した謎の新助っ人・阿部健太。これに対し、阪神は俊介のしみったれたタイムリー内野安打,ブラゼルのしみったれたタイムリーポテンヒットと、しぶとく点を奪うが、巨人も今季初スタメンの亀井の同点タイムリーで応戦。巨人は7回から何故か先発要員の内海を早くも中継ぎで起用する謎の継投を展開するが、脇谷のエラーで作ったピンチに鳥谷の犠飛で勝ち越し点を献上。なおも一、三塁のピンチでブラゼルのセカンド後方へのフライを背走した脇谷が落球するが、これが塁審の死角に入り、アウトと判定される大誤審。真弓監督の猛抗議も虚しく、判定は覆らずに1点止まり。これで流れは巨人へ傾いてしまい、直後の8回、長野,亀井の連続タイムリーで3点を奪い、一気に形勢逆転。阪神は9回に1点を返し、なおも逆転サヨナラのチャンスを作ったが、あと一歩及ばなかった。巨人の連敗は3でストップ。

◆S1−0D◆
右肘痛で出遅れ、ようやく今季初登板となった吉見は毎回の様にピンチを背負いながらも、あと1本を許さない粘りの投球で8回に代打を出されるまで無失点と復活をアピール。一方、由規は初回に3四球で作った満塁のピンチを切り抜けてからは調子を取り戻し、以降は9回まで散発2安打の好投を展開。0−0で迎えた9回裏、ヤクルトは好調・畠山の二塁打等で無死一、二塁のチャンス。代打・三輪が三塁線を送りバントを仕掛けると、これを処理した河原が迷わず三塁へ送球するも、誰もベースカバーに入っておらず、ボールがレフトへ転々とする間に、二塁走者の代走・福地がサヨナラのホームイン。由規は今季初完封初白星。

◆YB0−2C◆
広島は3回、渡辺,石川と相次ぐエラーで労せずして1点を先制すると、6回には復調の兆しを見せるトレーシーのタイムリー二塁打で1点を追加。ゴーグルを付けているから、絵が全く似ていなくても誰だか認識して貰える…可能性が僅かに上がる…かもしれない…のではなかろうか…と言う気がしないでもないと言うそれだけの理由で昨年は水島の呪いに苛まれてしまった篠田だが、「ドカパロSS」が未だに昨シーズンをやっていると言う訳の分からない展開と化している事で今季は呪いから解放されたのか、尻上がりに調子を上げていき、5回以降はパーフェクトの快投。今季初白星を散発2安打完封で飾った。

◆H10−3E◆
ソフトバンクはカブレラの先制犠飛を皮切りに、細川のタイムリー,内川の移籍初アーチ等、移籍組の活躍で着々と加点。6回には壊滅的な不振ながら何故か5番に昇格したハマのスペランカーに今季初のタイムリーが飛び出すと、8回には松田の一発等で大量5点を追加し、ダメ押し。ホールトンは7回2失点の好投を見せたが、8点差と言う楽な場面で登板した守護神・馬原は暴投で1点を失い、これで4試合連続失点と不安を残した。

◆M3−0L◆
ロッテは初回、帆足の立ち上がりを捉え、サブローの走者一掃タイムリー二塁打で2点を先制。5回には二塁打の今江を三塁へ進めた所で荻野貴がきっちり犠飛を打ち上げ、3点目。唐川は中盤、立て続けに背負ったピンチを粘り強く切り抜けて、6安打完封で今季初白星。これでロッテは借金を完済した。

◆Bs5−9F◆
1−1で迎えた5回、日本ハムは満塁のチャンスに稲葉,トンガのタイムリーで一気に4点を勝ち越し。7回にもトンガが今季初のマルチ安打となるタイムリーを放つなど、3点を奪い、試合を決定付けた。先発・高橋由伸は6回1失点で今季初勝利。偽バファローズは9回に4点を返す粘りを見せたが及ばず。開幕からノーヒットで続いていた外れ外れ外れ1位ルーキー・駿太は2番スタメンで起用され、第2打席にプロ初安打。これで気が楽になったか、第5打席でもライト前へ弾き返した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:39コメント(0)トラックバック(8) 

August 10, 2010

◆S4−3G◆
6連勝中のヤクルト先発・村中に対し、巨人は初回、簡単に二死を取られるが、ガッツが四球を選んだ所で寿司職人ラミレスがレフトスタンドへ37号先制2ラン。前回、復帰登板で負傷し、15球で降板を余儀なくされた先発・グライシンガーは1,2回と二人ずつの走者を背負う苦しい立ち上がりだったが、3回、三者三振の快投を展開。これで調子が上がってきたかと思いきや、4回、先頭の畠山に二塁打を浴びると、一死後、宮本に右中間突破のタイムリー二塁打を浴び、1点を献上。二死後、村中に痛打され、一、三塁のピンチ。ここで青木を打ち取り、辛くも切り抜けるが、直後の5回、小田嶋を代打に送られ、またも初白星はお預け。しかも、その裏から代わった2番手・星野がホワイトセルに9号ソロを叩き込まれて、試合は振り出しに。2−2で迎えた8回、この回から代わった2番手・マツ・オカに対し、巨人は先頭のガッツがライトスタンドへ23号ソロを放り込み、勝ち越しに成功。土壇場9回、巨人は8回途中から登板の越智に逃げ切りのマウンドを託すが、一死から青木に9号ソロを被弾し、試合は延長に突入。迎えた11回、巨人は2四球で一死一、二塁とするも、古城が初球を叩いてサードゴロゲッツーに倒れる最悪の展開で勝ち越しならず。すると、その裏ヤクルトはデントナが内野安打で出ると、飯原が送った後、青木が敬遠,田中がヒットで出て、満塁のチャンス。野口は倒れて、二死となったものの、福地が死球を掠め取り、押し出しでサヨナラ勝ち。11回のピンチを1球で切り抜けた6番手・ナベコーに移籍初勝利が転がり込んだ。

◆YB4−0D◆
阪神を3タテし、勢いに乗りたい中日は初回、一死から大島が二塁打を浴びせるも、続くベンちゃんのセンターフライで飛び出して、刺される大チョンボ。すると、その裏、先発・ウッチャンが二死からハーパーに10号先制ソロを被弾。直後の2回、一死から小池が三塁打を浴びせるも、後続が断たれて、無得点。その裏、横浜は先頭の藤田が今季初アーチを叩き込み、1点を追加。中日は4回、一死からベンちゃん,森野と連打を浴びせるも、小池が最悪のピッチャーゴロゲッツー。5回にも先頭の堂上剛がヒットで出た直後、堂上直がショートゴロゲッツーに倒れる体たらく。横浜も3回以降攻めあぐねていたが、7回、四球にエラー,石川の内野安打で無死満塁のチャンス。ハーパーはホームゲッツーに倒れるが、続く村田がレフト前へ弾き返して、2点を追加。中日は9回にも一死一、二塁のチャンスを作りながら、森野,代打・野本と打ち取られ、完封負けで連勝は3でストップ。横浜先発・清水は8回を無失点に抑え、9勝目をマークした

8/10メッセンジャー◆C7−6T◆
何とか連敗を止めたい阪神だが、初回から鳥谷のタイムリーエラーでやらずもがなの先制点を献上すると、ルパン広瀬にも犠飛を許して、2失点。初回一死二塁,2回二死満塁のチャンスを潰した阪神は3回、四球の鳥谷を一塁に置いて、ブラゼルがライトスタンドへ35号同点2ラン。先発・メッセンジャーは4回、連続四球を許すと、岩本に犠打を決められ、二、三塁のピンチ。ここで石原を敬遠して、満塁策をとるが、投手の篠田に走者一掃のタイムリー三塁打を浴びると、東出には犠飛を打ち上げられ、この回4失点。7回に1点ずつ取り合って迎えた8回、この回から代わった大島に対し、阪神は一死からキュラソ星人が歩くと、J.マッケンジーがレフトスタンドへ19号2ラン。9回にも1点を返し、なおも一死二塁と一打同点の場面を築くが、ブラゼル,キュラソ星人と打ち上げて、あと1点が届かず5連敗。広島先発・篠田は7回を3失点で6勝目

◆H4−5Bs◆
首位奪回を狙うソフトバンクだったが、先発・ホールトンがピリッとせず、初回からカブレラに2点二塁打を浴びて、先制点を献上。その裏、松田の14号2ランで追い付いて貰ったのも束の間、直後の2回、先頭のバルディリスに10号勝ち越しソロを被弾。5回には一死一塁からまたもカブレラに16号2ランを被弾し、あえなくKO。3点を追うソフトバンクはその裏、ヒットの長谷川が二盗を決めると、二死後、川崎がセンター前へタイムリー。8回には連打で無死一、三塁とした所で本多のゲッツーの間に三塁走者・福田が返って、1点差。しかし、最後は岸田の前に3人で打ち取られ、これで6連敗となった。偽バファローズ先発の金子千は7回2/3を4失点と苦しみながらも11勝目を挙げ、7連勝

◆E3−9L◆
0−0で迎えた4回、ここまで1安打と沈黙していた西武打線が突如、爆発。中島の14号ソロ,フェルナンデスの4号ソロと連続アーチで2点を先制すると、一死後、大島が二塁打を浴びせると、続く浅村がタイムリー。二死後、佐藤が歩いて、一、二塁となった所で片岡にもタイムリーが飛び出し、この回4点。楽天先発・岩隈はこの回限りでKOとなった。6回には浅村が今季初アーチを叩き込むと、続く7回には出戻り初登板となった織田裕二からヒットと連続四死球で無死満塁とした所でフェルナンデスのタイムリー,ブラウンの犠飛で3点を追加。更に、大島の二塁打,浅村の四球で満塁となった所で上本が押し出し四球を選び、9点目。7回まで2併殺7残塁と拙攻続きだった楽天は8回、無死一、二塁から山崎,西村のタイムリー,草野の犠飛で3点を返すが、反撃もここまで。西武先発・ミャオは7回を無失点の好投で6勝目を挙げた

◆M1−3F◆
両軍の先発はケッペルにマーフィーと、いずれもチーム勝ち頭の新助っ人対決。日本ハムは初回、一死から劇団ひちょりが四球で歩くと、稲葉がタイムリー三塁打,小谷野がタイムリー二塁打を浴びせて、2点を先制。続く2回には一死から連打と四球で満塁とするも、劇団ひちょりがショートゴロゲッツー。3回には二死から四球とヒットで一、三塁とするも、トンガが三振に倒れて、二者残塁と追加点を奪えない。一方、ロッテは5回、サブロー,根元と連続二塁打で1点を返すが、なおも無死二塁のチャンスに後続3人が倒れて、同点ならず。6回にも二死一、二塁のチャンスを作るが、サブローが打ち上げて、二者残塁。突き放したい日本ハムは7回、二死一、二塁から稲葉がタイムリーを浴びせて、マーフィーをKO。8回、ロッテは連続四球を選んで、ケッペルをKOすると、代打・渡辺正がきっちり犠打を決めて、二、三塁と一打同点のチャンス。しかし、サブロー,代打・青野と内野ゴロに打ち取られ、無得点。日本ハムは9回から守護神・武田久が締めて、逃げ切りに成功。ケッペルは7回0/3を1失点で切り抜け、12勝目を飾った

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:04コメント(0)トラックバック(16) 

July 21, 2010

◆G3−4S◆
初回のピンチを切り抜けた巨人はその裏、死球の坂本を松本が送った所でガッツがセンター前へ先制タイムリー。更に、寿司職人ラミレスのヒット,マッスル千代の富士の四球で二死満塁とするも、長野がショートゴロに倒れて、三者残塁。続く2回にも二死一、二塁のチャンスを掴むが、先制打を放ったガッツがここではセンターフライに倒れて、二者残塁。直後の3回、ヤクルトは四球の青木を田中が送ると、二死後、ホワイトセルが5号2ランを叩き込み、一気に逆転。5回には一死一、二塁から飯原がタイムリーを浴びせると、6回には代打・畠山のタイムリー二塁打で4点目。3点を追いかける巨人は7回、寿司職人ラミレスの32号ソロで1点を返すと、続く8回には一死一塁から坂本のタイムリー二塁打で1点差。9回も守護神・林を攻め、二死一、二塁と一打同点の場面を作るが、最後は脇谷が打ち上げて、ゲームセット。巨人はヤクルトを6本も上回る13安打を浴びせながら、14残塁の拙攻が大きく響いた。阪神が敗れた為、辛うじて前半戦首位での折り返しが確定。ヤクルトの連敗は4でストップ。先発の石川は5回で8安打2四死球を許しながら、1失点で踏ん張る粘りの投球で5勝目を飾った

◆D5−4YB◆
NOMOベースボールクラブを経て、4年ぶりのプロ復帰で悲願の一軍初マウンドに立った杉原だが、立ち上がりから制球に苦しみ、2四球で一死一、二塁のピンチを作ると、ブランコ,ベンちゃん,堂上剛と3連続タイムリーを浴びて、いきなりの3失点。2回は3人で切り抜けるも、3回、またも2四球を許して、無念の降板。一方、6試合連続完封,日本記録の53イニング連続無失点の期待を受けて、先発に起用された吉見は2回までに4安打を浴びる苦しい立ち上がり。それでも3回まで無失点で踏ん張っていたが、4回、一死から村田に二塁打を浴びると、ハーパーにライトスタンドへ6号2ランをぶち込まれ、6試合連続完封の夢は消滅。連続無失点もリーグタイ記録の50イニングでストップとなった。記録を粉砕し、流れを掴んだ横浜は6回、一死二塁から村田が同点タイムリーを浴びせると、ハーパーもヒットで繋いだ所でカスティーヨがタイムリー二塁打を放ち、勝ち越しに成功。追いかける中日は7回、2四死球で作ったチャンスに堂上剛が同点タイムリー。続く8回には代打・野本,荒木のヒットで一死一、三塁とした所で大島がセンター前へ勝ち越しのタイムリー。最後は守護神・岩瀬が3人でピシャリと締めて、辛くも逃げ切り。完封記録は途切れたものの、連勝を6と伸ばした。3番手の浅尾は1回無失点で7勝目

◆T4−7C◆
逆転サヨナラ負けを喫したとは言え、5試合ぶりの得点でようやくエンジンがかかってきた広島打線は初回、一死二塁から,赤松,ヒューバー,ルパン広瀬と3連打を浴びせて、2点を先制すると、二死後、石井タクローにもタイムリーが飛び出し、この回3点。続く2回にはヒューバーがタイムリー二塁打を浴びせると、3回には岩本が5号2ランを叩き込み、6点目。阪神先発・上園はこの回限りであえなくKO。その裏、阪神は一死から連打と四球で満塁とすると、平野のタイムリー内野安打等で2点をゲット。7回には内野ゴロの間に1点を返し、3点差と詰め寄るが、直後の8回、広島は梵のタイムリーで突き放す。阪神は9回、浅井のタイムリー二塁打で1点を返す粘りを見せたものの、反撃もここまでだった。広島の連敗は5でようやくストップ。先発の篠田は6回0/3を3失点で4勝目

7/21ペタジーニ◆H6−4L◆
片岡の9号先頭打者アーチで先制した西武は続く2回には一死三塁から細川がスクイズを決めて、ノーヒットで2点目を追加。その裏、ソフトバンクは先頭のハマのスペランカーが二塁打で出ると、一死後、松田がタイムリー二塁打。続く3回にはヒットの川崎を二塁へ進めた所でオーティズが22号2ランを叩き込み、逆転に成功。オーティズは5回にも2打席連続の23号ソロを叩き込み、4点目。直後の6回、西武は二死走者なしから細川が四球を選ぶと、片岡がこの日2本目となる10号2ランをぶち込んで、一気に同点。試合はその儘、延長にもつれ込んだ。迎えた11回、ソフトバンクは先頭の小久保がレフト前へ弾き返すと、一死後、ここまで4タコのペタジーニがライトスタンドへ劇的なサヨナラ5号2ラン。これでソフトバンクは3年ぶりの7連勝。2回を無失点に抑えた4番手・馬原が4勝目をマークした。

◆F2−6M◆
初回、ロッテは二死走者なしから井口がレフトスタンドへ9号先制アーチ。3回に3四球で拾った満塁のチャンスは潰してしまうが、4回、ヒットの大松を一塁に置いて、サブローが13号2ランをぶち込んで、3点目。その裏、日本ハムは一死から稲葉が死球を食らうと、小谷野がチーム初安打となる8号2ラン。更に、糸井,トンガと連打を浴びせ、先発・吉見をKOするが、ここでリリーフとして登場したのが先発要員の渡辺俊。結局、渡辺俊の前に紺田,大野と打ち取られ、同点ならず。突き放したいロッテは7回、内野安打の岡田を西岡が送ると、二死後、井口がレフト前へ弾き返して、4点目。9回には大松の2点タイムリー二塁打でダメを押した。4回のピンチを摘み取った渡辺俊は2回無失点で7勝目がついた

◆Bs5−4E◆
楽天は2回、先頭の山崎がレフトスタンドへ18号ソロを放り込み、先制。続く3回には二死満塁と追加点のチャンスを築くも、中村紀がセカンドゴロに倒れて、三者残塁。3回まで一人の走者も出せずにいた偽バファローズは4回、二死走者なしから後藤のヒット,カブレラの四球で一、二塁とすると、ティー岡田のセカンドゴロが高須のタイムリーエラーを誘い、同点。更に、北川がレフト前へタイムリーを放ち、勝ち越しに成功。逆転を許した楽天は5回、一死から聖沢の三塁打,渡辺のタイムリーであっさり追い付くと、続く鉄平が6号2ランを放ち、再びリード。2点を追う偽バファローズは6回、先頭の荒金が3号ソロを叩き込むと、二死後、ティー岡田が四球を選んだ所で北川が7号2ランを放り込み、逆転に成功。楽天は8回、二死から草野のヒットに連続四球で満塁と一打逆転のチャンス。しかし、ここまで2安打を放っている聖沢がショートゴロに倒れて、三者残塁。9回は岸田の前に三者凡退で終わり、万事休す。偽バファローズ先発・長谷川は5回もたずに4失点KOとなったが、2番手・香月は1回2/3をパーフェクトに抑える好リリーフで2勝目をあげた

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:38コメント(0)トラックバック(21) 

April 12, 2009

◆G6−6T◆
初回に寿司職人ラミレス,李のタイムリーで早々と3点を先制された阪神だが、直後の2回、新井の2号ソロの後、狩野のピッチャー強襲安打で左手に打球が直撃した春風亭半ケツが負傷降板。緊急登板となった栂野から桜井に1号逆転3ランが飛び出し、春風亭半ケツをKO。1点差がどうしても届かずにいた巨人だが、6回、一死一塁から李の2号2ランで逆転すると、続く阿部にも2号ソロが飛び出し、6点目。しかし、抑え投手陣がまたも不安を露呈。M.中村が8回に桜井にタイムリー三塁打を浴びると、土壇場9回にはクルーンが坂本のエラーで足を引っ張られた末に新井にタイムリーを浴びて、同点。一気に畳み掛けたい阪神だったが、ここで送りバントを仕掛けた関本がまともに転がしてしまい、二塁走者が封殺されると、何を血迷ったか、重盗を仕掛けて、新井が三塁で憤死。ここでメンチがセンター前に弾き返すが、本塁を狙った関本が鈴木のストライク返球の前に憤死と、チグハグな攻撃の連続で同点止まり。その裏、同点ながらマウンドに上がった藤川は先頭打者を出したものの、鈴木のヘッポコバントを故意にショートバウンドで処理し、ゲッツーに仕留めると、松田記者のピッチャーライナーも好捕、と好守連発で切り抜け、延長に持ち込んだ。結局、両軍共に決め手に欠き、延長12回規定でドロー。開幕8試合連続無失策と言う球団記録を続けてきた巨人だが、9試合目に出てしまった初エラーが大痛恨。貰ったチャンスで追い付いた阪神も勝てるチャンスは自ら潰してしまう有様。とにもかくにも訳が分からなかったのが新井(と関本)の盗塁だった。

4/12 篠田◆C10−0D◆
16日以降、水島の呪いに苛まれる事が濃厚な篠田だが、呪いにかかる前に少しでも結果を出しておかねばと必死の投球で3回までパーフェクト。一方、今季初登板となった山本昌は3回に捕まり、石原,嶋,梵のタイムリーで5失点。続く4回にも5長短打で5点を失い、自己ワーストの10失点で失意のKO。大量援護を得た篠田はプロ初完投を散発4安打無四球完封で飾った。昨日に続いて、四球1つ選ぶ事の出来ない淡泊な攻めに中日首脳陣は頭を抱えるばかりで、名手・川相の現役復帰を望む声は高まる一方だ。それにしても、山本昌の様な実績ある大ベテランを10点取られるまで晒し者にし続けた首脳陣の罪はとてつもなく重いのではなかろうか。

◆YB5−3S◆
内藤のプロ初アーチ等で3回までに3点のリードを奪った横浜だが、初回からピンチの連続だった小林が4回に田中浩の犠飛で1点を返されると、5回には青木のタイムリー二塁打で1点差に詰め寄られ、KO。その裏、ヤクルト先発・川島亮も内川,吉村の連続二塁打で5点目を失い、KOとなった。6回にはガイエルの4号ソロ,ジュビロ野口のタイムリー二塁打で1点ずつ取り合ったが、7回から山口−石井がノーヒットリリーフで、ヤクルトの反撃をかわした横浜が今季初めて3連戦に勝ち越し。夢の100敗へ足踏みする事となった。

◆H5−4F
序盤から取っては取られのシーソーゲーム。2回に高橋の一発で先制されたソフトバンクは、その裏、高谷のタイムリーですかさず追い付くと、3回には松中が勝ち越し二塁打。直後の4回、スレッジの2ランで逆転されるも、その裏、森本,本多の連続タイムリーで再逆転。これでようやく流れを引き寄せたソフトバンクは6回には川崎のタイムリーで貴重な1点を追加。9回に馬原が1点差と詰め寄られたものの、何とか後続を断ち切り、連敗を3で止めた。先発・杉内は7回1失点で今季初勝利

◆Bs4−1M◆
初回にカブレラの犠飛で先制されたロッテは4回、好調・サブローの2試合連続アーチで同点。1−1で迎えた5回、偽バファローズは先頭の後藤が2号勝ち越しソロを放つと、更に、一死二、三塁から坂口の犠飛で3点目。続く6回に不振に喘ぐフェルナンデスに待望の今季初アーチが飛び出し、ダメ押し。先発・岸田は7回を1失点、12三振を奪う力投で今季初勝利。ロッテはこれで5連敗となってしまった。

◆E4−1L◆
来日初登板は大炎上したラズナーだが、この日は2回に中村に被弾したものの、6回までに許したヒットはその1本のみと言う好投を展開。何とかラズナーを援護したい打線は5回までに毎回走者を出しながら、1併殺1盗塁視死6残塁と拙攻続き。しかし、6回、一死から山崎武,草野,ショートの3連打でようやく追い付くと、礒部が犠飛を打ち上げ、勝ち越し。続く7回には3四球で貰った満塁のチャンスにスタメンを外されていた青波の長瀬が代打で登場するや、ライト前へタイムリーを浴びせて、2点を追加。ラズナーは8,9回も無難に抑え、散発3安打1失点の完投で来日初勝利。西武の連勝は3でストップした。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 19:49コメント(4)トラックバック(61) 

May 11, 2008

◆G9−3D◆
巨人は初回、内野安打で出た亀井が中田の牽制悪送球で一気に三進すると、坂本の犠飛で先制のホームイン。1点を追う中日は3回、森野のヒット,谷繁の四球の後、中田が送って、一死二、三塁のチャンス。ここで捕手の遙か上を越えるグライシンガーの大暴投で森野が労せずして生還し、同点。更に、四球で歩いた荒木が二盗を決めた後、井端がセンター前へタイムリーを放ち、2点を勝ち越し。逆転を許した巨人は4回に寿司職人ラミレスの11号ソロ、5回には亀井のタイムリー二塁打で追いつくと、続く6回にはガッツに8号ソロが飛び出して、勝ち越しに成功。更に、一死二塁からゴンザレス,隠善,脇谷と3連打を浴びせて2点を追加。7回には一死一塁から阿部がピッチャーゴロに倒れて、ゲッツー…と思いきや、小林のやや右へ逸れた送球を井端が後逸し、オールセーフ。川相不在の弊害を露呈し、落胆の色を隠せない中日に対して、巨人はここからゴンザレス,隠善の連続タイムリーでダメ押しの3点を追加。中日は5回以降一人の走者も出せない体たらくでこの3連戦負け越しとなった。グライシンガーは7回3失点でハーラートップタイの5勝目。

3回に信じられない大暴投を犯した挙げ句の逆転を許した時にはどうなる事かと思ったグライシンガーだが、何だかんだで試合を作った辺りは流石。打ってはプロ初スタメンの隠善が3安打3打点。その隠善と共に亀井,坂本,脇谷がお立ち台に上るなど生え抜きの若手が大活躍。当ブログ推奨助っ人・ゴンザレスも2安打1打点。開幕前にこんなメンバーを並べて快勝する巨人を想像出来た人がいただろうか? こういう試合を見ていると、ニックンや李は勿論の事、マッスル千代の富士すら不要に思えてくる。彼らで一時代を築く為にも、今オフこそは無駄な金満補強は辞めて欲しいものである。中日は折角、逆転しておきながら、その後、全く追い打ちをかけられず、守っては致命的なミスで完全に流れを巨人に渡してしまう有様。こんな事をやっていては首位争いから陥落するのも時間の問題だ。最悪の事態に陥る前に名手・川相の現役復帰を視野に入れて欲しいものである。

◆S1−2C◆
最早、相手投手が右だろうが左だろうが、構わずに外している事はバレバレにも拘わらず、左の石川が相手だからなどと、とってつけた理由で求道者・前田をスタメンから外したブラウン監督。更に、栗原の4番降格,シーボルの二軍降格を示唆するなど、ナインに不安ばかり煽っていたが、槍玉に挙がった二人が怒りを爆発させ、2回に栗原が13打席ぶりのヒットとなる3号先制ソロを叩き込むと、4回にはシーボルが12打席ぶりのヒットとなる4号ソロを放り込み、2点目を追加。ルーキー・篠田の前に4回までゼロ行進を続けていたヤクルトは5回、畠山,飯原の連打で一、三塁とすると、一死後、リグスの併殺崩れの間にようやく1点。続く6回には二死からガイエルの二塁打で篠田をKOするも、代わった梅津の前に宮本がショートゴロに倒れて、同点ならず。何とか突き放したい広島は7回、2本のヒットで一死一、三塁のチャンス。ここで代打に起用された求道者・前田だが、ブラウン監督の嫌がらせ殺法の所為ですっかり調子を崩してしまい、あえなく三振。続く赤松も倒れて、二者残塁。9回のチャンスも逃してしまった広島だが、8回途中から登板した守護神・永川がヤクルトの反撃を断ちきり、辛くも逃げ切った。篠田はプロ初先発で初勝利を手にした。

ブラウン監督がチームに不安をもたらす事にご執心の中、崖っぷちの二人が執念の一発。投げてはルーキー・篠田が粘り強い投球でプロ初勝利をあげれば、永川がイニングをまたぎながら1点差を守りきる好投。ソロ2発による2点のみと言う展開はとても喜べるものではないが、この接戦を制したのは大きいだろう。だが、気がかりはやはり求道者・前田。こんな起用法で好調を維持しろと言うのは酷な話だが、神懸かり的に打ちまくる以外、ブラウン監督の魔の手から逃れる術がないと言う蟻地獄。シーボル落とす暇があったら、お前さんが休養してくれと…>ブラウン監督

◆T4−3YB◆
横浜は初回、偵察要員・小山田に代わる代打・大西の二塁打の後、ガッツな貴公子・仁志が送って、一死三塁と先制のチャンス。しかし、金城,村田と倒れて、無得点。すると、その裏、阪神はシャア少佐が内野安打に盗塁と足を生かして、二塁を陥れると、内野ゴロ2つで先制のホームイン。横浜が2,3回とゲッツーでチャンスを潰しているうちに、阪神は3回、新井,ゼブラ今岡のタイムリーで2点を追加。先発の岩田は大西の犠飛による1失点のみながら、5回で降板。6回に渡辺を挟み、7回からは久保田、8回からはウィリアムス、そして、9回から守護神・藤川と、開幕戦以来44日ぶりとなるJFKリレーが炸裂し、2点のリードを守りきった。

首位を快走する阪神だが、更に頼もしい戦力が加わった。昨日は序盤から劣勢で出番のなかったウィリアムスだったが、開幕戦以来となるマウンドで完全復活をアピール。今日は好投した久保田に今後も安定感が戻れば、後ろは万全だろう…と言っても、昨年同様、先発陣の成長を阻害する様な安直継投はやめて欲しい所。今日の岩田だって、危なっかしかったとは言え、5回で降板は早過ぎだろう。

◆F4−3H◆
初回は簡単に3人で退けた大場だが、続く2回、連続四球で一、二塁とした所で小田に被弾する一発病を露呈し、3失点。3点を追うソフトバンクは4回、小久保,柴原の連続アーチで1点差。続く5回には長谷川,松中の連続二塁打でついに同点。大場は6回に先頭打者を歩かせた所で早くも降板となり、継投モードに入っていたソフトバンクだが、7回、3番手・久米が二死から三木に痛打されると、牽制悪送球,暴投と相次ぐミスで三塁へ進めてしまった挙げ句、劇団ひちょりにタイムリーを許して、勝ち越し点を献上。最後は守護神・MICHEALの前に3人で打ち取られた。日本ハム2番手のルーキー・宮西はプロ初勝利。

開幕から続いていたルーキー・久米の不敗神話がついに崩壊。二死を取っているのだから、三木の足など気にせんで良かったものを…。小椋にスイッチせずに続投していれば、久米効果で逆転していたかも…と言うのは不条理な仮定だろう。3点差を追いついたまでは良かったが、川崎が5タコと大ブレーキだったのが痛かった。大場は課題の一発病をまたしても露呈。しかも、四球で走者溜めた上の一発と言う最悪のパターン。こんな事をやっていると唐川に新人王をかっさらわれかねない…。

◆M6−1E◆
楽天先発・田中に対し、ロッテは初回から大松のタイムリーで先制すると、4回には一死から早川,今江,金沢の3連打で1点を追加すると、二死後、根元が走者一掃のタイムリー三塁打を浴びせて、この回、3点。続く5回にはオーティズ,大松の連続二塁打で田中をKO。完全に主導権を握ったロッテは7回にも大松のこの日3本目となるタイムリーで6点目。スライド登板の清水は8回まで散発4安打無失点の好投。9回にショートにタイムリーを浴び、完封は逃したものの、今季4度目の完投で4勝目。チームの連敗は5でストップした。

昨日、ノムさんに嫌味を言われながらも、試合開始10分前で雨天中止を決め込んだロッテが投打噛み合う試合運びで完勝し、連敗脱出。対戦相手がグスマンから田中に代わってしまった清水だったが、余裕で投げ勝った。恵みの雨と言うより、人為的な策略で休養を図ったロッテのやり口にノムさんは昨日やっていれば3タテも可能だった…と、さぞやおかんむりの事だろう。

◆Bs0−9L◆
炎上が続いている金子はこの日も立ち上がりからピリッとせず、初回、中島に9号2ランを被弾。3回にはG.G.佐藤にタイムリーを浴びると、5回にも栗山,G.G.佐藤にタイムリーを許した挙げ句、中村に頭部死球を食らわせ、危険球退場。2番手・川越も7回に4長短打を浴びて、致命的な4点を献上。西武先発・帆足は終盤に疲労の所為かピンチを迎えたものの、あと一本を許さず、2試合連続完封で開幕4連勝。西武はこれで6連勝となった。

金子はまたもやあっさりKO。危険球退場しなければ、もっと炎上していたかもしれない。これで二軍落ちも決まったらしい。川越,平野佳ら、ローテの柱になりそうな期待を抱かせながら、好調は長続きせず、安定して黒星が白星を上回り続ける軌道に乗ってしまうと言う偽バファローズ右腕の系譜に金子も名を連ねてしまうのか? チームが弱いと言っても、別に打線に見殺しに遭うまでもなく負けているので同情の余地もない。来年は小松辺りもこのパターンに巻き込まれそうで心配だ。一方、今季、覚醒中の帆足は20イニング無失点と抜群の安定感。打っては栗山が4安打2盗塁4得点とポイントゲッターとして大活躍。西武はこれで交流戦までの首位キープが確定した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:20コメント(2)トラックバック(94) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ