筒香嘉智

October 07, 2010 23:24

10/7東野◆G3−1C◆
ハーラーダービートップを走る広島先発・前田健に対し、巨人は2回、一死から阿部がライトスタンドへ44号ソロを叩き込み、1点を先制。一方、26日ぶりの先発となる東野の前に4回まで二塁も踏めずにいた広島は5回、二死走者なしからルパン広瀬が二塁打を放ち、この日初めてのチャンスを掴むが、続く石井タクローがライトへ打ち上げて、無得点。3回以降、5者連続三振を奪われるなど、手も足も出ずにいた巨人だが、7回、二死から阿部が16人ぶりのヒットを放つと、坂本が歩いて、一、二塁となった所でマッスル千代の富士が2点タイムリー。土壇場9回、この回からマウンドに上がった守護神・クルーンは二死二塁のピンチで岩本にタイムリーを浴びると、続く栗原にも痛打され、あえなくKO。長打が出れば、一気に同点と言うピンチだったが、3番手・山口が代打・ヒューバーを打ち取って、辛くも逃げ切り、2位に浮上。東野は8回を散発3安打無失点の好投で約2ヶ月ぶりとなる13勝目を飾った

◆YB2−0T◆
V逸したものの、真のプレーオフ開催をすべく中日との同率1位を狙う阪神だが、43日ぶりの登板となる横浜先発・高崎の前に4回まで散発2安打と沈黙。阪神先発のルーキー・秋山は3回までノーヒットと素晴らしい立ち上がりを見せていたが、4回、先頭の松本にレフトスタンドへ2号ソロを被弾し、先制点を献上。直後の5回、阪神は一死からJ.マッケンジーが二塁打を浴びせると、二死後、連続四球で満塁と一打逆転のチャンス。しかし、鳥谷がセカンドゴロに終わり、三者残塁。1−0の儘、迎えた7回、横浜は次代の主砲として期待されるルーキー・筒香がライトスタンドへプロ初安打初打点となるプロ初アーチを叩き込み、2点目を追加。8回からは牛田−山口と繋いで、完封リレーを達成。高崎は7回無失点で今季初白星。敗れた阪神は3位転落。これで全日程終了となり、中日に並ぶ事は出来なかった。尚、マット・マートンは第3打席に二塁打を放ち、シーズン最多安打記録を214まで伸ばした。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



October 29, 2009 20:59

10/29 菊池 注目の高校No.1左腕・菊池(花巻東)に史上最多の9球団競合の可能性も見込まれていた今ドラフトだったが、果敢に勝負に行ったのは西武,阪神,ヤクルト,楽天,中日,日本ハムの6球団。抽選の結果、ナベQが見事に当たりクジを引き当て、西武が交渉権を獲得した。指名を回避した6球団はいずれも競合する事なく、一本釣りに成功。巨人は先発投手が外国人におんぶにだっこで、日本人が精彩を欠き、外野手はマッスル千代の富士や鈴木,松田記者が余剰戦力になりかねない程、余っているチーム状態にも拘わらず、菊池の抽選に外れてからでも、十分獲得出来るであろう長野(ホンダ)を世間体を気にして1位指名。3年前に日本ハムの4巡目指名,昨年にロッテの2位指名を蹴って、ついに宿願を果たした長野に対し、球団は前任者が故障しまくり、チャンス潰しまくりの末、スキャンダルを起こして島流しに遭った縁起の悪い背番号「7」を用意している模様。ブラウン暗黒政権から、野村新政権となり期待の懸かる広島は今春のセンバツを制した大型右腕の今村(清峰)を指名。横浜は明らかに投手力に課題を残しているにも拘わらず、高校69本塁打を放った地元の大砲・筒香(横浜)を指名した。表向き、当日まで菊池指名の可能性を匂わせておきながら、回避したのは偽バファローズ,ロッテ,ソフトバンク。偽バファローズは150km超の速球にキレのあるスライダーが武器の本格派左腕・古川(日本文理大),ロッテはシュアな打撃で即戦力として見込まれる荻野(トヨタ自動車),ソフトバンクは小柄な体でパンチ力を秘め、内野手登録ながら投手としても最速154kmをマークした地元九州の今宮(明豊)を指名。菊池の抽選を外した5球団だが、阪神は4年になってから急成長を遂げ、大学選手権MVPを獲得した二神(法政大),ヤクルトは制球力に定評があり、社会人No.1左腕と目される中澤(トヨタ自動車),ノムさんが理不尽に解雇され、下手をするとブラウン暗黒政権が成立しかねない楽天は長身から繰り出す速球が武器の右腕・戸村(立教大),中日は菊池同様、高校生左腕として、甲子園を湧かせた岡田(智弁和歌山),そして、日本ハムは甲子園経験はないものの将来性に期待の右腕・中村(春日部共栄)をそれぞれ指名した。2位以下の注目指名では、主力捕手の高齢化が進んでいる巨人が高専からは初の指名となる鬼屋敷(近大高専)を2位指名。昨年までは高専生はドラフト対象外だったが、今年からの協約改定により指名可能となった。ロッテは今季ローテの一角に食い込んだ大嶺の弟、大嶺翔太(八重山商工)を3位で指名。弟をバックに兄が投げると言う夢の展開が今から待ち遠しい。個人的に最大注目株だった運天ジョン・クレイトン(浦添工)を日本ハムが4位指名してくれた事に大満足。将来、ダルビッシュ有,ダース・ローマシュ匡,運天ジョン・クレイトンの三本柱が結成される日を期待してやまない。因みに、曲尾マイケ(青森山田)はヤクルトの育成枠に辛うじてひっかかったが、奥田ペドロ(本庄第一)は残念ながら、どこにも指名されなかった。それにしても、有望な新人達にとって、今から気がかりなのは、選手生命を左右しかねない水島の呪いだ。最もターゲットにされそうなのは言うまでもなく菊池だ。山田にずっと憧れていただの、山田を見て野球を始めただのと、でたらめな過去をでっち上げられた挙げ句、山田に打たれて、「やはり山田さんは凄い」とか吐かされるのではないかと思うと気が気でない。また、今宮も「『小さな巨人』としてソフトバンクに恩返ししたい」などと不吉なコメントを残しており、今季の谷元(日本ハム)のごとく、里中とのマッチアップが危惧されている。霊感投手・松坂(レッドソックス)の様に呪いをものともせずに躍進する事を願うばかりだ。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ