立浪和義

October 19, 2009

10/19 和田◆D7−4S◆(日韓クラブチャンピオンシップ出場権争奪戦出場権争奪戦)
勝率5割にすら達しないチームに、日本の代表として韓国と戦う資格などないと言う天の配剤か(と言っても、首位に12ゲームの大差をつけられる様なチームとて、その資格を有しているとは思えないが)、突如、チームを襲ったインフルエンザ禍で川本,野口、そして、先発候補のユウキと高木までが戦線離脱し、先発5番手扱いの由規に託さざるを得ない苦境に追い込まれたヤクルト。少しでも由規を楽にしてやろうと、初回から中日先発・中田を攻め立て、宮本,青木の連続二塁打で先制。これに対し、中日は制球に苦しむ由規から初回二死一、二塁,2回二死二、三塁とチャンスを作りながら、悉く逸する相変わらずのタイムリー欠乏症を露呈。3回には先頭の荒木がヒットで出るも、一死後、二盗を仕掛けて憤死。この回も無得点と思いきや、ブランコがライト前に弾き返した所でベンちゃんが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに右中間スタンドへ2ランを叩き込み、一気に逆転に成功。更に、この後、連打と敬遠で満塁とするも、中田は三振に倒れて、三者残塁。1点を追うヤクルトは5回、ヒットの畠山を相川が送ると、二死後、福地が歩いて、一、二塁。ここで田中がライト前に弾き返すが、三塁を蹴った畠山は野本の好返球の前に憤死し、同点ならず。その裏、表の攻撃で代打を出された由規に代わり、登板となった松井に対し、中日はベンちゃん,野本と連打を浴びせると、一死後、谷繁がライト前へタイムリー。更に、代打・立浪が左中間突破の走者一掃タイムリー二塁打を放ち、この回3点。6回にはブランコ,ベンちゃんの連打で無死一、二塁とするも、後続3人があえなく凡退し、二者残塁。7回には立浪同様、今季限りでの引退が決まっているピンキー井上が代打で登場すると、右中間突破の二塁打。続く井端が送って一死三塁となるも、荒木,森野と倒れて、またも無得点。中日が拙攻を繰り広げているうちに、何とか追いすがりたいヤクルトは8回、この回から登板の5番手・浅尾に対し、福地の内野安打,田中のライト前ヒットで一、二塁とすると、一死後、青木,デントナと連続タイムリーで2点差。更に、ガイエルが歩いて満塁と、ワンヒットで同点,長打が出れば、一気に逆転のチャンスを作ったが、代打・志田が痛恨のショートゴロゲッツーに倒れて、2点止まり。すると、その裏、中日は一死一塁から代打・平田のタイムリー三塁打,藤井のタイムリー二塁打でダメ押しの2点を追加。ヤクルトは9回、守護神・岩瀬に対し、二死走者なしから、福地,田中,宮本の3連打で1点を返し、なおも一、二塁と一発で同点の場面を作る粘りを見せたものの、この日タイムリー2本と当たっている青木が三振に倒れて、万事休す。14残塁と言う怒濤の拙攻三昧ながらも、辛くも勝ちを拾った中日は日韓クラブチャンピオンシップ出場へ一歩近付いた

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:41コメント(0)トラックバック(28) 

September 30, 2009

◆D6−1G◆
名手・川相を現役復帰させなかったと言う大チョンボにより、逃すべくして優勝を逃した中日。至極、当たり前の対策を全く実行しようとしない首脳陣への不信感からチームの空気が重苦しくなる一方である事を感じたか、落合監督は川井を先発起用し、お茶を濁そうとする采配を敢行。しかし、所詮、カワイであって川相ではない川井ではチームの空気を変える事は出来ず、初回から寿司職人ラミレスに31号先制2ランを被弾。その裏、内野ゴロの間に1点を返して貰うも、直後の2回、二死走者なしから坂本,松本,ガッツ,寿司職人ラミレスと4連打を浴びて、2点を失い、この回限りであえなくKOとなった。4回には二死一、二塁からブランコがタイムリーエラーを犯し、やらずもがなの2点を献上。中日は2回以降、全く粘りのない淡泊な攻撃で、スミ1状態が続くばかり。9回に2番手・越智から立浪のタイムリー二塁打で1点を返したが、大局は動かせなかった。巨人先発・オビスポは8回1失点で6勝目。尚、本拠地最終戦と言う事で試合前に記者会見を開き、開幕前から宣言していた今季限りでの現役引退の意思を正式に発表した立浪は6番ファーストで今季初のスタメン起用され、タイムリー含む3安打と一人気を吐く活躍を見せた

9/30 能見◆S1−7T◆
ヤクルト先発・ユウキに対し、阪神は初回、先頭の平野がレフト前に弾き返すと、一死後、鳥谷のセカンドゴロで二進。ここでキュラソ星人がセンター前へタイムリーを放ち、1点を先制。1点を追うヤクルトは4回、二死走者なしから青木のヒット,デントナの四球,ガイエルの内野安打で満塁とするも、畠山がセンターへ打ち上げて、三者残塁。続く5回にはヒットの川本をユウキが送るも、飯原,田中と倒れて、無得点。6回にも二死満塁のチャンスを作りながら、川本が三振に倒れて、三者残塁。再三のピンチを切り抜けた阪神は直後の7回、二死から新井がヒットで出ると、続くブラゼルが15号2ランを叩き込み、3点目。ヤクルトは8回、早くもマウンドに上がった守護神・藤川から青木,福地とヒットを浴びせ、二死一、二塁とするも、畠山,川本と倒れて、またも無得点。土壇場9回、阪神は4連打と柴田の犠飛で一気に4点を加え、ダメ押し。ヤクルトはその裏、青木のタイムリーで完封を免れるのが精一杯だった。これで阪神はヤクルトと入れ替わりで3位浮上。プロ初の中4日登板となった先発・能見は5回2/3を無失点に抑え、12勝目

◆C2−1YB◆
横浜は初回、先頭の金城がヒットで出ると、二死後、村田,ジョンソンと連続死球を食らい、満塁のチャンス。しかし、吉村はライトフライに倒れて、先制ならず。一方、広島は2回、先頭の栗原がレフトスタンドへ21号ソロを叩き込み、1点を先制。更に、フィリップスの四球,ルパン廣瀬のヒットで一死一、二塁とした所で石原がセンター前へタイムリーを放ち、2点目を追加。広島が4回二死満塁,5回二死二、三塁のチャンスを逃し、攻めあぐねているうちに何とか追い付きたい横浜は7回、死球のジョンソンを2つのセカンドゴロで三塁まで進めると、代打・メカゴジラがタイムリーを放ち、1点差。続く8回には一死から藤田,内川と連打を浴びせ、一、二塁とするも、村田,ジョンソンと連続三振に斬って取られ、同点ならず。最後は守護神・永川の前に三者凡退に終わり、ゲームセット。広島は3連勝でAクラスへ辛くも望みを繋いだ。先発のルイスは7回1失点で2年連続の10勝目

◆E6−2H◆
楽天は3回まで毎回の4安打を浴びせながら、あと一本が出ずにゼロ行進。一方、3回まで楽天先発・永井にパーフェクトと抑え込まれていたソフトバンクは4回、先頭の松田がチーム初安打となる8号ソロを叩き込み、1点を先制。続く5回には松中のヒット,長谷川の四球の後、明石が送って、二、三塁とするも、田上,本多と内野フライを打ち上げて、二人の走者は釘付け。すると、その裏、楽天は一死一、三塁から小坂のファーストゴロで三塁走者・草野が挟まれるも、田上が悪送球を犯して、タナボタの同点。続く中谷が歩いて満塁となった所で中村真が勝ち越しタイムリーを放ち、ソフトバンク先発・岩崎をKO。更に、代わった甲藤から渡辺直が2点タイムリー二塁打を浴びせると、オーティズのタイムリーエラー,山崎武の犠飛でこの回大量6点を獲得。5点を追うソフトバンクは7回、二死二塁から本多のタイムリー二塁打を放つが、続く松田はサードゴロに打ち取られ、1点止まり。8,9回と3人ずつで打ち取られ、万事休す。永井は散発5安打2失点完投で12勝目。楽天は再び2位ソフトバンクに0.5差と迫った。

◆F3−2Bs◆
3回、日本ハムは一死から劇団ひちょりがエラーで出ると、稲葉,高橋と連打を浴びせて、1点を先制。5回には四球の金子誠を田中が送ると、劇団ひちょりがライト前へタイムリー。日本ハム先発・糸数は6回までノーヒットと素晴らしい投球を展開。7回も簡単に二死を取ったが、ここから後藤に初安打となる二塁打を浴びると、続く日高にタイムリーを許し、1点差。しかし、その裏、日本ハムは鶴岡の四球,劇団ひちょりのヒットで二死一、三塁とした所で稲葉がセンター前へタイムリーを放ち、3点目。8回、偽バファローズはこの回から代わった菊地に対し、一死から山崎浩の二塁打,坂口の四球で一、二塁とすると、大村がタイムリーを放ち、再び1点差。なおも一、二塁と一打同点の場面だったが、北川,ローズと凡退し、二者残塁。土壇場9回には守護神・武田久から後藤,日高の連打で無死一、三塁と絶好のチャンスを掴むも、阿部,下山,山崎浩とあえなく凡退し、あと一歩及ばなかった。辛くも逃げ切った日本ハムはマジックを4とした。糸数は7回を2安打1失点の好投で4勝目

◆L2−9M◆
初回、中島のタイムリーで先制を許したロッテだが、直後の2回、。里崎,南のヒットで一死一、三塁とすると、早川がタイムリー内野安打を放ち、同点。更に、続く西岡が走者一掃のタイムリー二塁打を浴びせて、2点を勝ち越すと、二死後、フクーラにもタイムリーが飛び出し、この回4点。中盤は膠着状態となり、1−4の儘、試合は終盤へ突入。7回に里崎のタイムリー二塁打,細川の3号ソロで1点ずつ取り合って迎えた8回、ロッテは四球の早川が二盗を決めると、西岡のタイムリーで6点目。9回には一死から4連打で3点を奪い、試合を決定付けた。ロッテ先発・小林宏は8回2失点で4勝目。敗れた西武は楽天との差が5と開き、Aクラス浮上はかなり苦しくなってきた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:39コメント(0)トラックバック(29) 

July 21, 2009

◆YB2−4G◆(6回降雨コールド)
巨人は初回、寿司職人ラミレス,亀井,松田記者の3連続タイムリーでいきなり4点を先制。その裏、メカゴジラのタイムリーで1点を返した横浜だが、2回二死満塁,3回二死一、二塁のチャンスをモノに出来ない。しかし、6回、一死一、二塁のチャンスを作り、春風亭半ケツをKO。代わった越智から、二死満塁とした所で亀井のエラーで2点差と詰め寄るが、藤田が凡退し、三者残塁。7回に入った所で雨が強くなり、その儘、コールドゲームが成立。巨人が勝ち逃げで連敗を阻止。5回1/3を2失点の春風亭半ケツは5勝目をマークした。

◆D7−4C◆
偽ハンカチ王子・斉藤,小笠原の両先発がいずれも5回まで無失点の好投を展開。均衡が破れたのは6回。東出,フィリップスの連続二塁打で先制した広島は更に、栗原が歩いた後、マクレーンに10号3ランが飛び出し、この回4点。しかし、その裏、中日は井端,荒木の連打の後、森野が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに13号3ランを叩き込むと、続くブランコにも川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに28号ソロが飛び出し、一気に同点。更に、2四球で貰ったチャンスに代打・立浪が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、2点を勝ち越し。7回にも森野のタイムリーでダメを押した中日は8回から浅尾−岩瀬と繋ぐ必勝リレーで逃げ切り、対広島10連勝。2番手の寝損に来日初勝利がついた

◆T−S◆
降雨中止。

◆H6−4E◆
初回、ソフトバンクは二死一、二塁からハマのスペランカーに11号先制3ランが飛び出すと、3回には松中が16号ソロを放り込み、4点のリード。4回に1点を返されるが、5回、3四球で二死満塁とした所で長谷川がセンター前へタイムリーを放ち、2点を追加。楽天は8回に山崎武が20号2ランを叩き込無と、9回には守護神・馬原を攻め立て、二死一、二塁から宮出のタイムリーで4点目。なおも一、二塁と長打が出れば同点と言うチャンスだったが、最後は鉄平がセカンドゴロに倒れて、万事休す。馬原は球団新記録となる通算118セーブ目。先発の藤岡は7回2/3を3失点で4勝目をマークした。

◆F7−3M◆
2回に竹原のタイムリーで先制された日本ハムは4回、一死一、三塁から金子誠のタイムリーで追い付くと、更に、二死満塁となった所で稲葉にタイムリーが飛び出し、2点を勝ち越し。ロッテは6回に大松の12号ソロ,7回にはバーナムJr.のタイムリー二塁打で同点とするが、その裏、日本ハムは無死一、二塁からスレッジの走者一掃タイムリー二塁打で再び2点を勝ち越し。更に、二死後、金子誠もタイムリーを放ち、この回3点。8回にも内野ゴロの間に1点を追加し、試合を決定付けた。先発のスーパーさぶ・多田野は7回を投げ3失点、10三振を奪う力投で4勝目。これで日本ハムは4連勝となり、前半戦首位ターンが確定した。

7/21 涌井◆L4−2Bs◆
西武先発・涌井に対し、偽バファローズは初回、一死から連続四死球で一、二塁とすると、カブレラのタイムリー二塁打で先制。続く2回には一死から小瀬が二塁打を浴びせると、前田のタイムリーで2点目のホームイン。前回の登板でようやく今季初勝利を果たし、WBC干され症候群からの完全脱却が期待された偽バファローズ先発・小松だが、その裏、G.G.佐藤に14号ソロを被弾。3,4回と走者を出しながらも、踏ん張っていたが、5回、一死二、三塁のピンチで中島に逆転2点タイムリーを浴びると、続く中村にもタイムリーを浴び、4失点KO。西武は8回から登板の2番手・岩崎が三者三振の快投を見せると、最後は小野寺が締め括った。涌井は7回2失点でハーラー単独トップに立つ12勝目

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:50コメント(0)トラックバック(9) 

May 07, 2009

5/7 小笠原◆G7−3YB◆
巨人先発・福田の前に3回まで3人ずつで片付けられていた横浜だが、4回、二死走者なしから内川が5号ソロを叩き込み、0−0の均衡を破ると、続く5回には先頭のジョンソンがライトスタンド上段5号ソロを放ち、2点目を追加。プロ初登板初先発となるルーキー・藤江は5回まで無失点の好投を展開。勝利投手の権利を得ても続投となった藤江に対し、巨人は6回、福田,坂本と連打を浴びせて、無死二、三塁と絶好のチャンス。ここで松本がスクイズを仕掛けるも、まともに転がしてしまい、福田を憤死させた上、自らも刺されて、ゲッツーとなる最悪の展開。一応、二死三塁とチャンスは残ったが、ガッツはピッチャーゴロに倒れて、結局、無得点。7回に吉村のタイムリー内野安打で1点を追加され、3点のビハインドとなった巨人はその裏、李の5号ソロで藤江をKOし、反撃の狼煙を上げると、続く8回にはガッツの7号3ランで一気に逆転。更に、李,阿部が連続アーチと一発攻勢でこの回、一挙6点を獲得。最後は越智が締めて、横浜の反撃を断ちきった。小田嶋と併用と言う不遇な目に遭っていた李が2発3打点と意地を見せ、これを機に復活ロードを歩みたい所だが、前回2発放った翌日にはアルフォンゾに入れ替えられた嫌な思い出があるだけにその胸中は穏やかではないだろう。藤江は6回2/3を無四球1失点と上々のデビューだったが、リリーフ陣の炎上で初登板初白星ならず。まだ巨人打線が捉え始めてきたと言う感じでなく、投球数も78と少なかっただけに、少々早かった様に思える降板だった。

◆D−C◆
前田健,吉見の両先発の好投で、3回まで両軍ゼロ行進。迎えた4回、広島は四球の赤松を天谷が送った所で栗原がタイムリー二塁打を放ち、ついに先制。しかし、その裏、中日は先頭の森野がヒットで出ると、続くブランコが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに天井のサテライトスピーカーを直撃するナゴヤドーム初の認定ホームランとなる5号2ランを放ち、一気に逆転。1点を追う広島は6回、一死から天谷,栗原と連打を浴びせ、一、三塁とすると、嶋が同点犠飛。追い付いた広島は8回、天谷のヒット,栗原の四球で一死一、二塁とすると、またも嶋がセンター前へタイムリーを放ち、勝ち越しに成功。その裏、一死二塁のピンチを迎えると、ブラウン監督は前田健からシュルツにスイッチするが、これが裏目。シュルツは代わりばな、森野のタイムリー二塁打を浴び、再び試合は振り出しに。土壇場9回、中日は二死走者なしから代打・野本が三塁打を浴びせると、井端が歩いて一、三塁となった所で代打・立浪がセンター前へ球団新となる通算13本目のサヨナラタイムリーを放ち、劇的な勝利を収めた。

◆S2−1T◆
阪神先発・ソニックは立ち上がりから全くストライクが入らず、初回一死三塁のピンチが3連続四死球を与えて、押し出しで先制点を献上。しかし、直後の2回、阪神はヤクルト先発・石川から桜井がレフトスタンドへ2号ソロをぶち込んで、あっさり同点。ソニックは2回以降、制球が定まり、追加点を許さず、石川も一発を浴びた以外は付け入る隙を許さない投球で、1−1の儘、試合は終盤へ突入。迎えた6回、ヤクルトは一死からデントナ,ガイエルの連続二塁打で勝ち越しに成功。二死後、連続四球で満塁とチャンスを広げたが、石川はショートゴロに倒れて、1点止まり。石川は直後の8回、一死一、二塁のピンチを迎えた所でKOとなったが、代わった木田画伯が後続を断ち切ると、最後は守護神・林が締めて、1点のリードを守りきった。石川は7回1/3を1失点でハーラートップタイの4勝目を飾った。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:26コメント(0)トラックバック(40) 

December 07, 2008

 立浪が来季限りでの現役引退する意向を示したとの事。個人的に「最も魅了された高校球児」の座が未だに揺るがない立浪はプロ1年目から贔屓にしていた選手なので、この発表は凄く寂しいものがある。「成績云々じゃなく、そうしようと決めています。(引退の可能性は)100%? 腹の中ではそのつもりです。もう一度、選手として結果を残すのが恩返しになる」と語っている辺り、決意は固そうだが、来季、結果を残せるか如何に拘わらず引退…と言う退路の断ち方は正直、釈然としない。来季、結果を残せなければ引退…ではダメなのだろうか? 結果に関係なく辞める事を決めていたら、果たして、どれ程、モチベーションが上がってくるものなのか…。キャンプ前から辞める事が決まっている選手と言うのは首脳陣も使いづらくはなかろうか。どうしたって、来年に繋がらない選手な訳だし、今の力では若手を差し置いてでも優先して使う必要性が乏しいのも否めない。かつてシーズン途中で引退宣言したSHINJOなど、戦力的にレギュラーで使わざるをえないチーム状況だった事もあり、起用法に殆ど影響はなかったが、今回のケースでは、今季以上に立浪の起用が後回しにされやしないかと心配だ。ともあれ、ラストイヤーと決めた以上は最後の花道を飾って欲しいと祈るばかり。ああ、これで通算2500安打はほぼ絶望的か…。代打のみで年間41安打は流石に無理だろう。せめて、交流戦でDH起用してくれりゃいいんだが、今季は全然使って貰えなかったしなぁ…。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:50コメント(0)トラックバック(5) 

June 27, 2008

◆C6−1G◆
Aクラスなら確実、勝率5割でも検討の余地ありとの条件を出され、求道者・前田に引導を渡すべく続投へ意欲満々のブラウン監督は同一リーグ戦再開早々、求道者・前田をベンチに軟禁。難敵不在の広島相手に白星を掴みたいグライシンガーだったが、2回にシーボルに先制タイムリーを許すと、3回には栗原に8号3ランを叩き込まれ、5回にはバックに足を引っ張られて5点目を失い、この回限りで無念のKO。一方、広島先発・前田健は6回まで散発2安打と素晴らしい投球を展開。7回に阿部に7号ソロを浴びて降板したものの、リリーフを仰いで、2勝目をマークした。

前回の好投で二軍降格の危機を免れたかに思われたグライシンガーだが、またまた背信投球。ここ7戦で1勝5敗の体たらくで悠長にはしていられなくなってきた。とりあえず、ガッツがサードを守れない状態で、復調気配とは言え、李を上に上げられない状況であるのは僥倖と言えるだろう。さて、ブラウン監督の求道者・前田幽閉策はいよいよ本格化しそうな気配。ブラウン失脚の為、チーム一丸となって貯金阻止に走る様な事態になったらどうするつもりなんだ!? もう一人の「前田」こと前田健は7回1失点と前回に続く好投。いよいよ覚醒しつつあるのは喜ばしい限りだ。

◆YB1−2D
交流戦でもタイムリー欠乏症,一発依存症に好転の気配が見えなかった中日は同一リーグとの戦いが始まっても相変わらずで、初回からエラーで貰ったタナボタのチャンスを逃すと、2回一死二三塁,4回一死一、二塁のチャンスを悉く逃す拙攻三昧。しかし、再び威力を増してきた水島の呪いに苛まれる横浜も3回に満塁のチャンスを逃すなど、5回までに1併殺1走塁死6残塁と中日以上の大拙攻。投手戦でも貧打戦でもない拙攻戦は両軍無得点の儘、7回へ突入。中日は無失点投球の人斬り抜刀斎をついに引っ込めてまで投入された代打・立浪が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにライトスタンドへ今季初アーチを叩き込み、ついに待望の先制点をゲット。更に、この後、二死一、二塁のチャンスを作ったが、ベンちゃんは三振に倒れて、1点止まり。その裏、この回から代わった吉見に対して、ウチからのヒット,ビクビーの四球で一死一、二塁とした横浜だったが、ここから吉村,代打・メカゴジラと内野ゴロに仕留められ、同点ならず。土壇場9回、中日は二死二塁から代打・平田のどん詰まりの打球がセンター前にポトリと落ちる幸運なタイムリーとなり、貴重な1点を追加。その裏、守護神・岩瀬がいきなり代打・大西に被弾し、1点差とされたものの、後続を断って、逃げ切った。

怒濤の拙攻モードを繰り広げながら、人斬り抜刀斎の頑張り…と言うより、横浜が中日以上の拙攻を繰り広げてくれた事に救われた中日が何となく6連勝。6連勝中とはとても思えないこの勢いのなさは何だろう…。まぁ、相変わらずの一発依存とは言え、立浪の今季初アーチならば、とりあえず、よしとするか…。吉見の中継ぎ起用はローテに余裕の出来る交流戦仕様かと思われたが、今後もこういう使い方でいくのだろうか。ならば、岩田にも逆転新人王の勝機は出てくる…かも…。

◆H3−2E◆
ソフトバンク先発・大隣は初回、高須に2号ソロを被弾し、先制点を献上。グスマンの前に2回まで3人ずつで抑え込まれていたが、3回、長谷川の二塁打の後、松田が同点タイムリー。1−1の儘、迎えた6回、楽天は先頭のフェルナンデスが9号ソロを叩き込み、勝ち越すも、それも束の間、その裏、ソフトバンクは無死二、三塁から小久保が犠飛を打ち上げて、再び振り出しに。追い付かれた楽天は8回、2番手・久米を攻め、無死満塁のチャンスを掴むも、ここで代わったニコースキーの前に後続3人が倒れて、三者残塁。土壇場9回、ソフトバンクは二死走者なしから松田が四球を選ぶと、山崎がライト前に弾き返して、一、三塁。ここで本多がセンター前へタイムリーを放ち、今季7度目のサヨナラ勝ちを収めた。

交流戦初優勝を飾ったソフトバンク。その勢いがこの中休みで止まってしまわないかと心配された矢先に川崎がノックで右手親指打撲のアクシデントに見舞われてしまった。しかし、川崎は気力の強行出場を果たし、王さんが序盤から猛抗議を見せるなど勝利への執念をチーム一丸となって燃やし、サヨナラと言う最高の形での白星スタートとなった。久米が思わぬ乱調で作ったピンチをニコースキーが見事に切り抜けたのが大きかった。

◆Bs3−4F
日本ハムは3回、二死走者なしから野手転向3年目の糸井がプロ初アーチを叩き込み、先制。5者連続三振を奪うなど、上々の滑り出しを見せていたダルビッシュだが、4回、先頭のカブレラに四球。ここからローズ,北川と連続三振に斬って取るも、日高に7号2ランをぶち込まれ、形勢逆転。1点を追う日本ハムは6回、二死から四球で出た田中がすかさず二盗を決めると、稲葉のタイムリーで同点のホームイン。8回には二死一、二塁からまたも稲葉がタイムリーを放ち、勝ち越しに成功。その裏、偽バファローズは二死満塁と一打逆転のチャンスを掴むも、北川がセンターへ打ち上げて、三者残塁。日本ハムは9回に金子誠のタイムリーで1点を追加。粘る偽バファローズはその裏、守護神・MICHAELに対して、一死から下山の5号ソロで1点差。更に、後藤のヒット,フェニックス一輝の四球で一、二塁と追い詰めたが、反撃もここまで。坂口はセカンドゴロに打ち取られると、村松は空振り三振に終わり、あと一歩及ばなかった。

偽バファローズがまたも貧打で6連敗。連敗中全て4点以内で踏ん張り、1点差が4試合,2点差が2試合と悉く接戦を逃している。一歩間違えば、6連勝出来たとも言える訳で、肝心な所での勝負弱さが大きく響いている。4回まで8個とハイペースで三振を奪ってきたダルビッシュだが、開幕直後の「ドカパロSS」的展開を想像してしまったのか、中盤から失速し、7回で降板となったのは残念。密かな大事件と言えば、ここまで打率.062,ヒットが四球より少ないと言う壊滅的不振に喘いでいた金子誠が何と!2本もヒットを放った事だろうか。

◆L4−1M◆
6連敗と言う最悪の形で交流戦を終えた西武はこの日も初回から里崎に被弾し、先制点を献上。しかし、その裏、ブラゼルの犠飛であっと言う間に追い付くと、3回には栗山の5号2ランで勝ち越し。5回にはブラゼルに18号ソロが飛び出し、成瀬をこの回限りでマウンドから引きずり下ろした。ロッテは2回以降、大きなチャンスも作れず、最後はグラマンに締められてのスミ1で4連敗。

連敗地獄に喘ぐ西武相手に表ローテで3タテと意気込んでいたロッテだが、ナイター14連勝中の成瀬が5回KOの大誤算。打線もスミ1の体たらくで、西武の連敗を止めたばかりか、自軍の連敗を伸ばしてしまった。西武は一発攻勢と帆足の好投で15日ぶりの白星となった。交流戦後の中休みがいい気分転換となったか、プラス方向に働いた様だ。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:45コメント(0)トラックバック(20) 

August 28, 2007

◆G4−3S◆
4連勝と勢いに乗るヤクルトに対して、巨人は3回、2つの四球で二死一、二塁とすると、故障欠場のマッスル千代の富士に代わり、スタメンに起用された矢野がタイムリー二塁打を放ち、1点を先制するも、一気に三塁を蹴った一塁走者の松田記者が伊原コーチと接触する大チョンボで憤死。3回までパーフェクトの好投を見せていた先発・春風亭半ケツが直後の4回、寿司職人ラミレスにタイムリーを浴びて、あっと言う間に同点。6回には一死から飯原に三塁打を浴びた所で、青木に犠飛を許して、勝ち越し点を献上。1点を追う巨人は7回、二死二塁から清水,脇谷と代打陣が立て続けにヒットを放ち、同点とすると、更に、松田記者がレフト線へタイムリー二塁打を放ち、勝ち越し。しかし、8回、2番手・豊田が二死一、三塁のピンチを作ると、守護神・上原が代打・ユウイチにタイムリーを浴びる今季初のリリーフ失敗で春風亭半ケツの白星は消滅。追いつかれた巨人はその裏、一死一、三塁から霊感投手・高井の暴投で労せずして勝ち越し。土壇場9回、上原は先頭の宮本の打球直撃を食らい、うずくまったものの、痛みに耐えながら、後続を断ち切り、首位の座を堅守した。ヤクルトの連勝は4でストップ。

◆YB2−7D◆
初回から一死一、二塁のチャンスを逃す相変わらずの拙攻ぶりを展開した中日だが、続く2回、はーちゅんのタイムリーエラーでタナボタの先制点をゲット。なおもチャンスは続いたが井端が最悪のゲッツー。4回も先頭打者を出しながら、ゲッツーでチャンスを潰す拙攻続きだったが、6回、一死満塁から代打・立浪が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに今季初アーチとなるグランドスラムを叩き込み、一気に突き放した。8回には川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに森野,李が連続アーチをぶち込んで、これがダメ押しとなった。投げては先発・山井が8回を2失点に抑える好投で2勝目をマーク。敗れた横浜はまたも打線沈黙で4連敗。

◆T3−3C◆
初回、シーツのタイムリーエラーで先制を許した阪神だが、3回、鳥谷のタイムリーで追いつくと、更に、一死満塁とした所でキュラソ星人のタイムリー,林の犠飛で2点を勝ち越し。直後の4回、広島は新井の一発で1点差と詰め寄ると、更に、栗原のヒットの後、求道者・前田が2000安打で5本と迫るタイムリー二塁打を浴びせて、同点。5回以降、完全に膠着状態に陥り、試合は延長にもつれ込んだが、両軍決め手に欠いた儘、延長12回既定で引き分けに終わった。

◆Bs8−8H◆
0−0で迎えた3回、ソフトバンクは一死一、三塁からハマのスペランカーのタイムリー,松中の犠飛で2点を先制。続く4回には井手に2年ぶりのアーチを放ち、3点目。その裏、ラロッカの24号ソロで1点を返されるも、直後の5回、松中のタイムリー,松田の犠飛で2点を追加。しかし、偽バファローズは6回に猛反撃。4長短打で3点を返し、ソフトバンク先発・和田をKOすると、代わった山田から前田,大西と連続タイムリーを浴びせて、一気に逆転。追う展開となったソフトバンクだが、直後の7回、内野ゴロの間に1点を返した後、松田が3号2ランを叩き込み、勝ち越し。これで決まったかと思いきや、土壇場9回、守護神・馬原がラロッカにこの日2本目となる25号2ランを被弾し、試合は延長に突入したが、11回表二死の段階で強くなった雨の影響により、コールドゲームでドローとなった。

◆L2−3M◆
4月1日以来の先発マウンドとなる大沼に対して、ロッテは2回、大松の犠飛で先制すると、4回にはオーティズのタイムリー二塁打で2点目を追加。防御率1点台のロッテ先発・成瀬にはこれで十分かと思われたが、5回、先頭のG.G.佐藤に22号ソロを被弾すると、二死二塁から片岡にタイムリー二塁打を浴び、試合は振り出しに。追いつかれたロッテは直後の6回、一死一、二塁から里崎のタイムリー二塁打ですかさず勝ち越しに成功。西武は7回、連打の後、中村の犠打で一死二、三塁とし、成瀬をKOするも、代わった荻野 の前に後続を断たれて、二者残塁。ピンチを切り抜けたロッテは薮田−小林雅と繋ぐ必勝リレーで1点差を守りきり、成瀬に12勝目が灯った。

◆E3−1F◆
日本ハムは初回、二死一塁から稲葉が二塁打。一気に三塁を蹴った一塁走者・工藤だが、本塁憤死で先制ならず。すると、その裏、悪の温床・楽天は一死からヒットで出た鉄平がすかさず二盗。草野もヒットで続いて一、三塁となった所で山崎武のセカンドゴロの間に1点を先制。3回には一死から二塁から山崎武のタイムリーで1点を追加。2点を追う日本ハムは6回、一死から工藤,稲葉の連打で一、三塁とすると、高橋が犠飛を打ち上げ、1点差。その裏、悪の温床・楽天は3連打で1点を返し、更に、渡辺直もヒットを放ち、無死満塁としたものの、嶋は空振り三振。水島の呪いに苛まれている代打・高須はショートゴロゲッツーに倒れて、1点止まり。日本ハムは7回二死満塁,8回無死一塁のチャンスを悉く逸し、最後は抑えの小山の前に3人で打ち取られ、ゲームセット。日本ハムはこれで3連敗となった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:05コメント(0)トラックバック(82) 

June 20, 2007

◆G8−4M◆
この日は金刃の先発が予想されていたが、ロッテが右打者中心のオーダーを組むと睨んだか、若大将・原監督はGG佐藤を先発起用。しかし、若大将・原監督がこういう姑息な手段に走った時は大抵、裏目に出るパターン。案の定、GG佐藤は初回から3イニング連続で1点ずつ失い、あえなくKOとなる背信投球。ロッテ先発・渡辺俊の前に3回まで2併殺と拙攻を繰り広げていた巨人だが、4回、一死から連打を浴びせた後、この日、突如、5番に抜擢された亀井のセカンドゴロの間にまず1点。更に、続く李が14号2ランを叩き込み、一気に同点。直後の5回から、先発要員の金刃がリリーフで登板。若大将の不思議采配に戸惑いながらも、金刃はきっちり抑えると、その裏、一死からの3連打で勝ち越し、更に、亀井が歩いて満塁となった所で渡辺俊はKO。代わった高木に対し、前の打席で一発を放っている李が空振り三振に倒れると、続くキムタクの三塁線への痛烈なゴロも青野のダイビングキャッチに阻まれて、三者残塁。思わぬ形で白星の権利が転がり込んだ金刃は続く6回も3人で抑える好投を見せるも、7回から代わった林がいきなり先頭の早川にレフトスタンドへ放り込まれて、金刃の白星を粉砕。しかし、その裏、巨人は無死二塁から阿部のタイムリーで勝ち越すと、更に、キムタクの2点二塁打等で、一挙4点を獲得。8回から登板の豊田はいきなり連打を浴びるも、後続を断ち切ると、9回は上原が3人で締め括り、5連勝で交流戦優勝へ望みを繋いだ。

◆D5−2Bs◆
デイビー,小笠原の両先発の投げ合いが続き、0−0の儘、試合は中盤へ突入。迎えた5回、中日は井端のタイムリーでようやく均衡を破ると、続く福留の犠飛で2点目を追加。しかし、直後の6回、偽バファローズは一死から4連続長短打を浴びせて、一気に同点とし、小笠原をKO。追いつかれた中日はその裏、ヒットの谷繁をピンキー井上が送った所で代打・立浪がセンター前へタイムリーを放ち、勝ち越しに成功。続く7回には川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに福留に12号2ランが飛び出して、5点目。最後は守護神・岩瀬が2安打を浴びながらも、何とか凌いで、逃げ切った。3番手の平井は今季初白星

◆YB4−3H◆
水島の呪いを解く為に、逆に水島鎖国政策を講じてみたが裏目に出てしまったソフトバンク。後悔した所で一度登録抹消した以上、10日間は昇格出来ない訳で、アダム,ブキャナン抜きで何とか凌ぎきるしかない状況だ。この日は水島鎖国政策に抗う為の最後の砦・ガトームソンを先発起用し、呪い打破を図るも、初回、いきなり押し出し四球で先制点を許してしまう。2回にハマのスペランカーが自打球で退場する恒例行事をかましたものの、立ち直ったガトームソンを何とか援護したいソフトバンク打線は5回、はーちゅんの暴投で20イニングぶりの得点をあげ、追いつくと、大村のタイムリーで勝ち越しに成功。しかし、その裏、石井タクローに今季初アーチを許し、同点。直後の6回、柴原のタイムリーで勝ち越すも、その裏、金城に被弾し、またも追いつかれてしまう。そして、3−3で迎えた土壇場9回、3イニング目となる2番手・水田が一死から小池にレフトスタンドへ今季初アーチをぶち込まれ、悪夢のサヨナラ負け。ハマのスペランカーのリタイアは呪いとは無関係にせよ、この何とも嫌な負け方での4連敗は呪いの影響を感じずにはいられない。一体、いつになったら水島の呪いから解放されるのだろうか!?

◆C1−7F◆
吉川,青木高のルーキー対決となったこの試合、先手を取ったのは日本ハム。2回、青波の長瀬,高橋の連打で一、二塁とした所でミスタースナイパー・坪井がタイムリー二塁打を放ち、1点を先制。一方、立ち上がりからピリッとしない吉川は毎回、ピンチを背負い、4回に無死二、三塁のピンチを迎えた所でついに降板。しかし、代わった押本が大須賀,青木高と連続三振に斬ってとるなど、後続を断ち切ると、直後の5回、日本ハムは高橋のタイムリーで2点目を追加。攻めても攻めても一向に得点を奪えない広島はその裏も二死満塁のチャンスにスタメンを外れていた求道者・前田が代打で登場するも、センターフライに倒れて、三者残塁。タイムリーが出ないならと、8回にルパン広瀬の2号ソロでようやく1点を返すも、直後の9回、日本ハムは稲葉,高橋と一発攻勢で大量5点を奪い、一気に突き放した。広島はこれで6連敗となり、交流戦単独最下位が確定した。

◆T5−0E◆
先週同様、水島の呪いの影響が最も薄まる水曜に田中を起用したノムさんだが、同じ手は何度も津通用しなかった。初回、連続試合出場で今夜の松井さんを抜いて単独2位に立ったキュラソ星人のタイムリーで先制を許した田中は続く2回にも庄田のタイムリー等で2点を失い、結局、5回3失点で降板と、昨夏の早実との決勝以来の甲子園のマウンドでまたも悔しい思いをする羽目に…。アウトカウントを稼ぐ事しか能がない無体な扱いを受ける水島の呪いに苛まれている悪の温床・楽天打線はこの日も全く精彩を欠き、阪神先発のルーキー・上園の前に6回まで1安打と沈黙。その裏、阪神は完璧な投球を見せていた上園に惜しげもなく代打を送り、7回からウィリアムスを投入する継投モードに移行。その裏、キュラソ星人のタイムリー、8回には藤原の押し出し死球でで1点ずつを加えると、久保田−藤川と繋ぐ完封リレーを達成し、これで32イニング連続無失点。上園はプロ初白星となった。一方、敗れた悪の温床・楽天は24イニング連続無得点で5位転落と水島の呪いの影響は深刻を極めてきた

◆S4−7L◆
初回一死二塁,2回一死一、二塁と立て続けにチャンスを逃した西武だが、3回、福地,片岡の連打で一、三塁とした所で中島がゲッツーに倒れる間に1点を先制。6回にはG.G.佐藤のタイムリーで2点を追加。終盤に入ってからチャンスを掴みながら、あと一本が出ずにいたヤクルトだが、8回、田中浩,寿司職人ラミレスの連打の後、ガイエルが起死回生の14号3ランを叩き込み、一気に同点。試合は延長にもつれ込んだ。迎えた10回、西武は一死一塁からカブレラが13号2ランを放ち、勝ち越しに成功すると、更に、途中出場の栗山がダメ押しの一発。その裏、ヤクルトは守護神・小野寺に対して、ガイエルが2打席連続アーチを放り込み、更に、2本のヒットで一発が出ればサヨナラと言う場面を作ったものの、最後は福川がゲッツーに倒れて、3連敗。一方、西武は6連勝で単独4位となった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:18コメント(1)トラックバック(84) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ