稲葉篤紀

September 24, 2010

9/24榊原◆E2−4F◆
何としても3位を死守したい日本ハムだが、8月12日以来の登板となる先発・木田画伯が立ち上がり制球が定まらず、初回一死から連続四球でピンチを作ると、山崎にレフト前へタイムリーを浴び、先制点を献上。なおも一、二塁のピンチはルイーズ,中川と連続三振に斬って取り、1点で食い止めたが、続く2回にも二死一、三塁のピンチを作って、無念のKO。しかし、早くも引っ張り出された「勝ち運○」の2番手・榊原が枡田を三振に斬って取り、切り抜けると、直後の3回、連打と犠打で作った一死二、三塁のチャンスに稲葉がライト前へ2点タイムリーを放ち、逆転に成功。更に、この後、二死一、二塁とチャンスを広げたが、よりにもよって、ここで恐怖の残塁量産マシンの名を欲しい儘にするあの男に回ってしまい、案の定、三振で残塁を量産する本領発揮のチャンスブレイクをかまし、追加点ならず。すると、4回、牧田にレフトスタンドへ5号ソロを叩き込まれて、試合は振り出しに。2−2で迎えた6回、日本ハムは連続死球に内野安打で無死満塁の大チャンス。ここから大野,飯山と連続三振に倒れ、二死まで追い込まれるが、田中がセンター前へ弾き返して、2点を勝ち越し。楽天は7回、先頭の平石がヒットで出るも、代打・中村真がセカンドゴロゲッツーを食らい、直後、渡辺がヒットを放つチグハグな展開で、結局、無得点。日本ハムは9回から守護神・武田久を投入すると、3人でピシャリと締めて逃げ切った。これで日本ハムが単独3位に浮上。榊原は5回を投げるロングリリーフを1失点で切り抜け、とうとう10勝目に到達した

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:17コメント(0)トラックバック(5) 

September 09, 2010

◆YB10−7G◆
阪神と中日が潰し合っているうちに差を詰めておきたい巨人は2回、阿部の38号ソロで1点を先制。その裏、ゲッツーの間に同点とされるが、直後の3回、坂本,松本の連打で二、三塁とした所でガッツがセンターへ勝ち越し犠飛。更に、寿司職人ラミレス,脇谷のタイムリーで2点を追加。しかし、相変わらず、ピリッとしない投球が続く先発・内海がこのリードを守れない。3回一死二塁のピンチは辛くも切り抜けたが、続く4回、村田,スレッジ,カスティーヨ,下園と4連打を浴びて、1点差。ここから二死まで持ち込んだが、内川,石川の連続タイムリーで逆転を許し、KOとなる背信投球。代わった高木もハーパーにタイムリーを浴び、この回、悪夢の5失点。これで流れを掴んだ横浜は6回に石川のタイムリー,7回にカスティーヨの16号ソロで1点ずつ加えると、8回にはハーパー,村田の連続タイムリーで2点を加え、10点目。巨人は9回、3点を返す粘りを見せたものの及ばなかった。横浜2番手・江尻は1回を3人で抑えて、逆転を呼び込み、移籍初白星

◆T2−2D◆
1勝1敗で迎えた首位攻防第3ラウンド、先手を取ったのは中日。初回、先頭の荒木が二塁打を浴びせると、大島の犠打で三進。ここで森野がライト前へ先制タイムリー。続く2回にも二死一、三塁のチャンスを掴むが、大島が凡退し、二者残塁。3回には阪神先発・能見の前に三者三振に斬って取られ、流れは阪神へと傾き始める。その裏、阪神は二死から平野がヒットで出ると、続く鳥谷がタイムリー二塁打を放ち、ようやく同点。しかし、直後の4回、中日は二死から堂上直が二塁打を放つと、投手の寝損もヒットで続き、一、三塁。ここで荒木がレフト前へ弾き返して、再び勝ち越しに成功。7回には二死満塁とチャンスを掴むが、藤井が三振に倒れて、三者残塁。8回二死一、二塁,9回無死一塁のチャンスも生かせず、1点差の儘、土壇場9回裏へ突入。頭から守護神・岩瀬が投入されるかと思いきや、まずは8回から登板の浅尾が浅井を三振に斬って取った所でようやく岩瀬が登場。代わりばなJ.マッケンジーに痛打されるが、代走・大和が二盗を仕掛けて憤死。これで終わったかと思いきや、藤川俊に三塁打、代打・悠久の若虎・桧山にはライト前へ同点タイムリーを許し、延長に持ち込まれてしまう。10回、二死一、二塁のピンチを切り抜けた阪神はその裏、一死からクリーンアップの3連打で満塁と絶好のサヨナラチャンス。しかし、浅井の打球はショートへのライナーとなり、飛び出した一塁走者・ブラゼルが戻れずにゲッツーとなる最悪の展開。しかも、この判定に不服を漏らし、暴言を吐いたブラゼルが退場処分となり、野手を使い果たしていた阪神は11回から投手の西村を外野に起用し、打者によって、平野とレフト,ライトを4度も入れ替える異常事態に発展。ラストイニングとなった12回、中日は2四球で二死一、二塁とするも、大島がピッチャーゴロに倒れて、この日の勝利が消滅。その裏、阪神は二死から四球を選んだ新井が、何を血迷ったか、二盗を仕掛けて憤死する大失態でゲームセットとなり、結局、ドローに終わった。

9/9前田智◆S2−9C◆
ヤクルトは初回、二塁打の青木を田中が送ると、飯原がエラーで出た所でホワイトセルがセンターへ先制犠飛。直後の2回、広島は栗原の死球,嶋のヒットで一、三塁となった所でルパン広瀬がレフト前へ同点タイムリー。続く岩本もセンター前へ弾き返すと、青木の悪送球を誘って、2点を勝ち越し。続く3回には二死から栗原がヒットで出た所で嶋がタイムリー二塁打を放ち、4点目。3点を追うヤクルトは5回、二死から青木が3打席連続の二塁打を浴びせると、続く田中のタイムリーで生還し、2点差。ヤクルトの押せ押せムードになりかけたが、広島先発・前田健は続く飯原を三振に斬って取り、切り抜けると、続く6回には三者三振の快投で流れを引き戻す。すると、7回、広島は一死満塁のチャンスで満を持して代打で登場した求道者・前田が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、一気に3点を追加。9回には木村が8年目のプロ初アーチとなる2ランを叩き込み、ダメを押した。前田健は6回以降ノーヒットに抑え込み、2失点完投で13勝目を挙げ、ハーラー単独トップに躍り出た

◆H2−5E◆
序盤は両軍共に走者を出しながら、あと一本が出ない詰めの甘さで先制点を奪えず、0−0の儘、中盤へ突入。迎えた4回、ソフトバンクは一死から小久保がチーム初安打となる二塁打を放つと、二死後、松中がライトスタンドへ先制9号2ラン。直後の5回、ソフトバンク先発・小椋は内野安打と2四球で一死満塁のピンチを作り、勝利投手の権利まであと二人を残して、無念のKO。代わった森福は鉄平を打ち取るも、続くルイーズに押し出し四球を許して、1点差。楽天は7回、ヒットの聖沢を内村が送った所で鉄平がライト前へ同点タイムリー。更に、ルイーズが勝ち越しのタイムリー二塁打を浴びせると、二死一、二塁となった所で嶋にもタイムリーが飛び出し、この回3点。9回には山崎のタイムリー二塁打でダメ押しの5点目。8回から登板の青山が9回も締めて、逃げ切った。先発の松崎は5回もたずにKOとなったが、2番手・木谷が1回1/3を無失点に抑え、今季初白星

◆L0−5F◆
西武先発・平野に対し、日本ハムは初回、一死から劇団ひちょりが歩くと、続く稲葉がライト線へタイムリー二塁打を放ち、1点を先制。4回には先頭の稲葉がライト前へ弾き返すと、小谷野がレフトスタンドへ14号2ランを叩き込み、2点を追加。6回にはまたも稲葉が16号ソロを放り込むと、小谷野が2打席連続の15号ソロを放ち、5点目。8回からは建山−武田久と繋いで完封リレーを達成。先発の高橋由伸は7回を3安打無失点の好投で3勝目を飾った

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:47コメント(0)トラックバック(12) 

September 03, 2010

◆D3−2G◆
中日は初回二死満塁のチャンスを逃すと、2回には無死一塁から堂上直がゲッツー。3回一死二塁,4回二死一、二塁のチャンスも潰す壊滅的なタイムリー欠乏症を露呈し、残塁を量産。しかし、5回、一死一塁から森野のタイムリー二塁打でようやく1点を先制すると、続くベンちゃんが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに通算1500安打となる32号2ランを叩き込み、巨人先発・内海はこの回限りでKO。3点を追う巨人は6回、一死から坂本が28号ソロを叩き込み、中日先発・吉見をKOすると、代わった高橋から松本,ガッツと連打を浴びせるが、ここで頼みの寿司職人ラミレスが最悪のショートゴロゲッツーに倒れて、1点止まり。3−1の儘、迎えた8回、巨人は二塁打の脇谷を三塁へ進めると、松本のタイムリーで1点差。続くガッツが歩いて、二死一、二塁とワンヒットで同点の場面を作ったが、ここでも寿司職人ラミレスがライトフライとブレーキになり、同点ならず。土壇場9回には守護神・岩瀬に対し、一死から好調の代打・矢野がセンター前に弾き返すが、続く長野がショートゴロゲッツーを食らって、ゲームセット。これで巨人はナゴヤドーム7連敗となり、3位転落。吉見は5回1/3を1失点で降板となったが、リリーフを仰いで、ハーラートップタイの12勝目

9/3矢野◆C5−4T◆
矢野が今季限りでの引退を表明したこの日、首位固めの準備が整いつつある阪神は相変わらず、打線が好調で2回に藤川俊のタイムリーで2点を先制すると、3回には鳥谷が17号ソロを叩き込み、1点を追加。3点を追う広島はその裏、二死から梵の二塁打,木村の三塁打で1点を返すと、6回には二死満塁のチャンスで代打・石井タクローがレフト前へ2点タイムリーを放ち、一気に同点。しかし、直後の7回、阪神はこの回から代わったチュークに対し、2四球で二死一、二塁とした所でブラゼルがタイムリーを放ち、再び勝ち越し。その裏、広島は2番手・西村に対し、一死から天谷,栗原と連打を浴びせると、二死後、3番手・久保田からルパン広瀬が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、逆転に成功。8回からは岸本−横山と繋いで逃げ切り。一時は勝ち越し点を許した3番手・チュークに2勝目が転がり込んだ。阪神の連勝は5でストップ。

◆YB2−3S◆
0−0で迎えた4回、ヤクルトは先頭の畠山が二塁打を浴びせると、相川の犠打で三進。続く宮本が歩いて、一、三塁となった所で川端がレフト前へ先制タイムリー。6回にはまたも先頭の畠山がヒットで出ると、相川のセカンドゴロの間に二塁へ進んだ所で宮本がタイムリー内野安打を浴びせて、1点を追加。8回には相川,川端のヒットで作ったチャンスに青木がタイムリー二塁打を放ち、3点目。8回まで散発3安打で三塁も踏めずにいた横浜だが、9回、二死走者なしからハーパー,村田の連打にスレッジの四球で満塁とすると、下園が2点タイムリーを浴びせて、ヤクルト先発・由規をKO。なおも一、二塁のチャンスだったが、代わった守護神・林の前にカスティーヨが三振に斬って取られ、あと一歩及ばなかった。由規は完封まであと一人と迫りながら、完投も逃してしまったが、11三振を奪う力投で初の2桁勝利に到達した

◆Bs11−2H◆
首位を奪回したいソフトバンクだが、先発・小椋が立ち上がりから苦しい投球。初回、二死から後藤を歩かせると、カブレラに先制20号2ランを被弾。続く2回には二死二塁から坂口にタイムリーを浴び、3点目を献上。3回一死から5回一死まで6連続三振を奪い、立ち直ったかに見えたが、二死後、連続四死球でピンチを作った所でカブレラにタイムリー,ティー岡田に32号3ランを浴びて、4失点。6回にも一死から3連打で1点を失い、KO。代わった吉川輝も森山に痛打された後、暴投で9点目を献上し、試合を決定付けられた。偽バファローズ先発の中山はプロ初完投勝利で2勝目を飾った

◆M1−4F◆
1,2回と一、二塁のチャンスを悉く潰してしまった日本ハムだが、3回、先頭の劇団ひちょりが歩いた所で稲葉がライトスタンドへ15号2ランを叩き込み、先制点をゲット。6回にはトンガのヒット,飯山の四球で一死一、二塁とした所で田中がライト前へ弾き返して、1点を追加。その裏、ロッテは西岡のヒット,清田の四球で一、二塁とすると、二死後、フクーラのタイムリーでようやく1点。なおもチャンスは続いたが、今江がファーストへのファールフライに倒れて、1点止まり。1−3で迎えた8回、日本ハムは一死一塁から田中がタイムリー二塁打を放ち、貴重な1点を追加。9回は宮西−武田久と繋いで、ロッテの反撃を断ち切った。来日初先発となった高橋由伸は制球に苦しみながらも、5回2/3を1失点で切り抜け、2勝目をマーク

◆E4−14L◆
楽天先発・長谷部は立ち上がり、全くストライクが入らず、いきなりの4連続四球で先制点を許した上、続く中村に15号グラントスラムを被弾。ここから三者三振に斬って取り、ようやくエンジンが懸かってきたかに思われたが、続く2回、一死一塁から栗山,中島と連打を浴びて、1点を失うと、二死後、中村を歩かせた所であえなくKO。代わった松崎も佐藤に2点タイムリーを浴びた上、中村紀のエラーにも足を引っ張られ、早くも10点差をつけられる始末。2,3,5回と何とか1点ずつ返して追い上げるも、6回、高山の2点タイムリー,細川の8号2ランで致命的な4点を奪われ、試合を決定付けられた。西武は楽天を安打数で下回りながら、大量10点差をつける効率のいい攻撃で首位を堅守。先発・平野は6回を無四球3失点に抑え、3勝目を挙げた

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:45コメント(0)トラックバック(17) 

July 20, 2010

◆G4−3S◆
巨人は初回、先頭の坂本が四球を選ぶと、一死後、ガッツがレフト線へ先制のタイムリー二塁打。追いかけるヤクルトは3回、宮本がライト前ヒットで出ると、一死後、村中の犠打が野選を誘い、一、三塁。二死二、三塁と場面が変わった所で東野が暴投を犯し、労せずして同点。1−1の儘、迎えた6回、巨人は一死から坂本が四球で歩くと、松本が送った所で、またもガッツが左中間スタンドへ19号2ランを放り込み、勝ち越しに成功。直後の7回、ヤクルトは先頭の飯原が6号ソロを叩き込み、1点差とすると、8回には二死走者なしから青木が8号ソロを放ち、ついに同点。巨人は9回から守護神・クルーンを投入。前回、悪夢のサヨナラ満塁弾を浴びたクルーンだが、この日は無難に切り抜けると、延長に入った10回も無失点の好投を展開。すると、その裏、巨人は先頭の脇谷が二塁打で出塁。一塁が空いた事で代打・マッスル千代の富士は敬遠されて、無死一、二塁。ここで送りバントを仕掛けた坂本はピッチャー前にまともに転がしてしまうも、増渕が三塁へ痛恨の悪送球。ボールが転々とする間に脇谷が一気に生還し、サヨナラ勝ちで首位を堅守。2回無失点で前回の汚名を返上したクルーンは3勝目をあげた。

7/20平井◆D1−0YB◆
4戦連続完封勝利中と投手陣に余裕がある様に見えるが、ローテの谷間が続く中日は寝損を今季初先発に起用。寝損は毎回走者を出す苦しい内容ながらも、5回を無失点と試合を作る及第点の投球を展開。6回からは継投モードに切り替え、清水−高橋−浅尾−河原と繋いで、9回まで横浜打線を無失点に封じ込めるが、肝心の味方打線が川相不在が故に一発が出ないと如何ともしがたい拙攻三昧で一向に先取点を奪えず、0−0の儘、延長戦へ突入。我慢比べとなった状況で中日は岩瀬−平井と層の厚いリリーフ陣を次々に繰り出し、横浜に先手を取らせない。迎えた11回、この回から登板した横浜守護神・山口に対し、中日は先頭の大島が内野安打で出ると、森野が送った後、ブランコが敬遠されて一、二塁のチャンス。ここでベンちゃんがセンター前へ弾き返して、大島がサヨナラのホームイン中日は7人の投手で完封リレーを達成し、これでプロ野球新記録となる5戦連続の完封勝利。7番手の平井は1回無失点で2勝目。

◆T5−4C◆
0−0で迎えた4回、阪神は先頭の平野がライト前に弾き返すと、一死後、新井のヒットで一、二塁のチャンス。ここでブラゼル,キュラソ星人と連続タイムリーを浴びせて、2点を先制。4戦連続完封負け中の広島はこの日4回までゼロ行進で球団ワースト記録を41年ぶりに更新する40イニング連続無得点を樹立するが、5回一死からヒットの倉が浅井のエラーで一気に三塁を陥れると、鶴の暴投で生還するタナボタで5試合ぶりの得点を獲得。7回には先頭の岩本がレフトスタンドへ4号ソロを放り込み、ついに同点。試合はその儘、延長にもつれ込んだ。迎えた10回、広島は代打・ヒューバーがヒットで出ると、東出が送った後、梵もヒットを浴びせて、一、三塁のチャンス。ここで赤松が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、一気に2点を勝ち越し。しかし、粘る阪神はその裏からマウンドに上がった上野に対し、先頭の代打・林が今季初アーチを放り込み、1点差。更に、関本がセンター前に弾き返すと、鳥谷がレフトスタンドへ11号2ランをぶち込んで、劇的な逆転サヨナラ勝ちを収めた。延長での逆転サヨナラ弾は球団史上初。10回のピンチを凌いだ5番手のルーキー・藤原はプロ初勝利となった。広島は4点と言う「大量点」を奪ったにも拘わらず、投手陣が踏ん張り切れず、5連敗。

カリメロ勝◆H2−0L◆
ソフトバンク先発・杉内は5回まで散発2安打、二塁も踏ませぬ好投を展開。一方、西武先発・野上も4回まで無失点と踏ん張っていたが、5回、先頭の松田を片岡のエラーで出してしまうと、長谷川に犠打を許した所で田上にレフト前へのタイムリーを浴び、ついに先制点を献上。7回には先頭の松田に10号ソロを被弾。一死後、田上にこの日3本目のヒットを浴びた所で無念のKO。ここで西武はついに今季初登板となるカリメロを投入。これで実働29年となるカリメロは代わりばな川崎を歩かせるも、本多,オーティズと打ち取り、ソフトバンクの勢いを断ち切る事に成功。しかし、追加点などなくとも、この2点目で十二分の援護となった杉内は8,9回も無難に切り抜け、10三振を奪っての無四球完封でハーラートップタイの12勝目をマーク。ソフトバンクはこれで6連勝となった。

◆F12−6M◆
2回にフクーラの6号ソロで先制された日本ハムはその裏、連続四球にエラーとノーヒットで同点とすると、金子誠のショートゴロの間に勝ち越しに成功。更に、連打で満塁とした所で稲葉が2点タイムリー,小谷野が7号3ランを叩き込み、一挙7点のビッグイニングを結成。6点を追うロッテは5回、サブローの12号ソロ,西岡のタイムリー,井口の8号3ランで5点を返し、1点差と肉迫。しかし、その裏、日本ハムは一軍復帰2試合目のトンガが待望のプロ初アーチをぶち込むと、続く6回には金子誠が5号ソロと一発攻勢で突き放す。7回には糸井のタイムリーで10点目を追加。更に、8回にも稲葉の2点タイムリー二塁打でダメ押し。先発の木田画伯は5回で6点を失ったものの、大量援護に恵まれて、無傷の4勝目をあげた

◆Bs11−7E◆
初回、後藤,カブレラの連続タイムリーで2点を先制した偽バファローズは続く2回にはバルディリスの6号ソロ,ティー岡田の21号3ラン等で一気に5点を追加。更に、3回には後藤の2点タイムリー,ティー岡田の2打席連続22号ソロで3点を加え、早くも10点のリード。4戦連続完封を狙う先発・金子千だったが、あまりの大量リードに緊張感が削がれてしまったか、4回、鉄平に二塁打,山崎にタイムリーを浴びて、連続イニング無失点は31でストップ。更に、この後、草野にヒット,中村紀に四球を許すと、リンデンに犠飛を打ち上げられ、2点目を献上。二死後、嶋を内野安打で出して満塁となった所で聖沢をキャッチャーゴロに仕留めるも、鈴木が一塁へとんでもない悪送球をかまし、ボールが転々とする間に3人の走者が一気に生還し、この回、大量5失点。しかし、その裏、偽バファローズはバルディリスのタイムリーで11点目。楽天は終盤2点を返し、4点差まで詰め寄ったものの、序盤の失点があまりにも大き過ぎた。連続完封が途絶えた金子千は5回5失点で降板となったが、リリーフの援護を仰いで8勝目をマークした

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:53コメント(0)トラックバック(20) 

June 26, 2010

◆G11−2YB◆
横浜は初回から二死満塁と先制のチャンスを掴むが、大西がセンターフライに倒れて、三者残塁。2回には先頭の武山がヒットで出るも、カスティーヨがゲッツーを食らい、無得点。しかし、3回、四球の下園を一塁に置いて、石川が先制のタイムリー三塁打。更に、一死一、三塁となった所でスレッジのセカンドゴロの間に2点目を追加。その裏、巨人は投手の藤井がセンター前へ弾き返し、自ら反撃の口火を切ると、坂本もヒットで続き、一死後、カスティーヨのエラーでまず1点。続く寿司職人ラミレスがタイムリー二塁打を放ち、同点とした所で阿部がライトスタンドへ23号3ランをぶち込んで、一気に3点を勝ち越し。5回には寿司職人ラミレス,阿部,長野の3連打で1点をあげ、横浜先発・清水をKOすると、代わった小林太から脇谷がタイムリー,江戸川が2号3ランを浴びせて、10点目。6回にも阿部がこの日2本目となる24号ソロをぶち込んで、ダメ押し。先発・藤井は5回2失点で6勝目をマークした

◆D1−0C◆
広島先発・ジ・oに対し、中日は先頭の荒木が二塁打で出ると、藤井のセカンドゴロで三進。ここで森野がレフトへ犠飛を打ち上げ、荒木が先制のホームイン。1点を追う広島は4回、嶋,ルパン広瀬のヒット,天谷の四球で二死満塁とワンヒットで逆転のチャンスを作るも、小窪がレフトフライに倒れて、三者残塁。8回には二死から嶋が振り逃げで出ると、ヒューバーが歩いて、一、二塁として、中日先発・中田賢をKOするが、代わった浅尾の前に、ここまで2安打のルパン広瀬が三振に倒れて、無得点。9回には岩瀬投入ではなく、何故か続投を強いられた浅尾から天谷のヒット,浅尾のエラーで無死一、二塁と絶好の場面を作るが、石原はピッチャーゴロに倒れると、ここに来てようやく登場した守護神・岩瀬の前に後続を断たれて、完封負け。2回以降、散発2安打無失点と完璧な投球を見せたジ・oをむざむざ見殺しにしてしまった。中田賢は7回2/3を無失点に抑えて、2勝目

◆S4−2T◆
バーネットの大炎上により、デントナもガイエルも一軍に残した上で昇格となった謎の新助っ人・ホワイトセルが5番スタメンで初登場。初回から二死一、二塁のチャンスに回ってきたホワイトセルだったが、初打席はセカンドゴロに倒れてしまう。0−0で迎えた5回、阪神はヒットのブラゼルが暴投で二進すると、浅井のタイムリーで1点を先制。その裏、ヤクルトは二死走者なしから青木の二塁打,田中の四球で一、二塁とすると、飯原がタイムリー二塁打を放ち、同点。なおも二、三塁の場面だったが、デントナはセンターへ打ち上げ、勝ち越しならず。阪神は7回、一死満塁のチャンスに増渕の暴投で労せずして勝ち越し。1点を追うヤクルトは8回、先頭の田中がヒットで出ると、飯原が4号2ランをぶち込んで、一気に逆転。更に、二死後、ここまで内野ゴロ2つに三振といい所のなかったホワイトセルがライトスタンドへ来日初安打初本塁打を叩き込み、ダメ押し。最後は守護神・林が3人でピシャリと締めて、逃げ切った。3番手のマツ・オカは1回無失点で今季初勝利

◆E1−2H◆
2回、ソフトバンクは一死からペタジーニの四球、長谷川の二塁打で二、三塁とした所でオーティズ,柴原と連続タイムリーを浴びせて、2点を先制。なおも一、二塁のチャンスだったが、田上はサードゴロゲッツーを食らい、2点止まり。楽天は3回、四球の牧田を一塁に置いて、渡辺が左中間突破のタイムリー二塁打を放って、1点差。しかし、続く聖沢が小フライを上げるヘッポコバントをかまして、最悪のゲッツー。この後、嶋,鉄平と連打を浴びせるも、中村紀が打ち上げるチグハグな攻撃で同点ならず。楽天は4回以降、僅か1安打と沈黙。8回以降は6者連続三振に喫する有様で、最後まであと1点が届かず、8回2失点と好投の先発・永井を見殺して、最下位に転落。ソフトバンク先発・和田は6回1失点で降板となったが、リリーフの援護を仰いで、3年ぶりの2桁勝利に到達した

6/26稲葉◆F10−4M◆
開幕6連勝中のロッテ先発・マーフィーだったが、この日は大乱調。初回、稲葉のタイムリーで先制を許すと、2回には二死満塁のピンチにまたも稲葉に走者一掃のタイムリー二塁打を浴び、3失点。更に、3回には制球を乱して、無死満塁のピンチを作ると、鶴岡に犠飛,田中にタイムリーを浴びるなど、3点を許し、早くも7失点。4回まで毎回得点圏に走者を進めながら、あと一本が出ないなど、拙攻続きのロッテは7回、今江のタイムリーでようやく1点を返すと、8回にはフクーラ,南,西岡のタイムリーで3点を追加し、3点差まで詰め寄った。その裏、4回以降立ち直り、追加点を阻止してきたマーフィーから内にスイッチするが、これが裏目。内は一死から内野安打と連続四球で満塁とし、あえなくKO。代わった古谷も二死後、小谷野に走者一掃のタイムリー二塁打を浴びて、致命的な3点を失い、試合を決定付けられた。日本ハムは3カード連続の勝ち越しで最下位を脱出。先発のダルビッシュは7回を1失点で7勝目。マーフィーは立ち上がりの失敗が大きく響き、来日初黒星。

◆L5−7Bs◆
偽バファローズは初回、先頭の坂口のレフト前ヒットを皮切りに、荒金,後藤,カブレラ,ティー岡田と5連打を浴びせて、2点を先制。更に、一死後、バルディリスが犠飛を打ち上げ、3点目。2回以降は立ち直ったかに見えた西武先発・帆足だが、5回、二死一、二塁のピンチを背負うと、ティー岡田に15号3ラン,北川に6号ソロと連続被弾でKO。5回まで6安打を浴びせながら、無得点が続いていた西武は6回、G.G.佐藤の5号ソロでようやく1点を返すと、原の三塁打,代打・上本のタイムリー二塁打でこの回2点。7回にはG.G.佐藤のタイムリーの後、二死満塁から原が押し出し死球を食らって、4点目。なおも一発が出れば一気に逆転と言う所だったが、上本はセンターフライに倒れて、三者残塁。続く8回には先頭の片岡が5号ソロを放って、2点差。更に、栗山もヒットで続いたが、中島がサードゴロゲッツーに倒れる最悪の展開。9回にも二死から連打で一、二塁と一発で逆転サヨナラと言うチャンスを作るが、上本が三振に斬って取られて、万事休す。偽バファローズ先発の小松は6回を2失点で4勝目をあげた

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:09コメント(0)トラックバック(14) 

June 23, 2010

◆S4−3G◆
ヤクルト先発・館山は初回、いきなり連打で無死一、三塁のピンチを背負うと、脇谷が二盗した際に暴投をかまして先制点を許すと言う、まるで昨夜の村中の再現の様な嫌な立ち上がり。更に、マッスル千代の富士の内野ゴロの間にも脇谷の生還を許して、2失点。ヤクルトは2回、先頭の武内がライトスタンドへ4号ソロを叩き込み、1点差。巨人は4回、二死から好調・阿部が22号ソロを叩き込み、再び点差は2点に拡大。しかし、その裏、ヤクルトは連続四死球で貰ったチャンスに相川,宮本と連続タイムリーで同点とし、巨人先発・西村健をKO。更に、二死満塁とした所で福地はショートゴロに倒れるも、坂本からの送球をマッスル千代の富士が落球するタイムリーエラーにより、タナボタの勝ち越し点をゲット。巨人は5回に坂本がヒットで出た以降はノーヒットと沈黙し、最後まで1点が届かなかった。館山は6回を3失点で4勝目

◆D4−2YB◆
ゴーグルで照明の光を反射させ、打者の目を眩ませると言う卑劣極まりない手段でもかましでもしなければ、とてもプロでは通用しない三流投手と言う悪夢の様なレッテルを貼られる水島の呪いに苛まれ続けている中日先発・山井は3回にカスティーヨに7号ソロを被弾し、先制点を献上。横浜先発のルーキー・加賀の前に5回まで僅か2安打、しかもいずれもゲッツーで殺してしまう有様で二塁も踏めずにいた中日は6回、二死から山井,荒木の連続二塁打でようやく追い付くと、続く7回には川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに森野が2戦連発10号ソロをぶち込んで、勝ち越し。更に、続くベンちゃんも川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに19号ソロを放り込むと、二死後、弟の代打として起用された兄・堂上剛の二塁打,谷繁のタイムリーで4点目。9回、守護神・岩瀬は連打を浴びて、1点を返されたものの、後続を断って、史上単独2位iに躍り出る通算253セーブ目。ゴーグルによる目眩ましをしなくても、7回1失点の好投を見せた山井は2勝目をあげた。

◆C4−9T◆
スタルツ,スタンリッジと助っ人同士の先発対決となったこの試合。阪神がスタルツの出鼻をくじき、マット・マートンのタイムリーで先制すると、2回には2四球で二死一、二塁とした所で鳥谷,平野,マット・マートンと3連打を浴びせて、3点を追加。一方、広島は4回、梵のヒットと連続四球で無死満塁とすると、ルパン広瀬,赤松と連続犠飛を打ち上げて、2点を獲得。7回に1点ずつ取り合って迎えた8回、広島は一死二塁からルパン広瀬がタイムリー二塁打を放ち、1点差。なおも一打同点の場面だったが、赤松,石井タクローと連続三振に斬って取られて、同点ならず。ピンチを脱した阪神は直後の9回、5長短打を集中して、4点を奪い、試合を決定付けた。スタンリッジは6回を2失点で切り抜け、3勝目をマーク

6/23高橋秀◆H3−9F◆
先発陣が踏ん張れない試合の続いているソフトバンク。この日も先発・高橋秀が初回からいきなりの3連打で先制を許すと、小谷野の犠打の後、糸井,高橋の連打を浴びて、この回3失点。3回にも1点を失うと、4回には一死一、三塁のピンチを作って、あえなくKO。2番手・金沢も代わりばな四球を出して、満塁とピンチを広げた挙げ句、稲葉,小谷野と連続タイムリーを浴びた上、糸井には7号2ランを被弾し、この回大量5失点。。その裏、ソフトバンクは松中の5号ソロ,ペタジーニの3号2ランで3点を返し、更に、3連打を浴びせるが、二塁走者・オーティズが本塁憤死すると、後続2人も打ち取られ、3点止まり。結局、ソフトバンクのチャンスはこれが最初で最後。5回以降は僅か1安打に抑え込まれての完敗で泥沼の6連敗。日本ハム先発の矢貫は4回途中KOとなったが、後を継いだ榊原が2回2/3を無失点の好リリーフで3勝目をあげた

◆E10−8L◆
西武は初回、ブラウンのライトポールを直撃する14号3ランで先制。その裏、嶋の犠飛で1点を返した楽天だが、直後の2回に原にタイムリーを浴び、3回にルイーズのタイムリーで1点を返すと、またも直後の4回に中島にタイムリーを許し、一向に点差が縮まらない。3点ビハインドの儘、迎えた6回、楽天はこの回から代わった大沼に対し、一死から連打を浴びせると、二死後、嶋がライト前へタイムリー。更に、鉄平が歩いた後、4番手・小野寺から中村が同点2点タイムリー。更に、山崎のサードゴロが黒瀬の悪送球を誘い、勝ち越すと、ルイーズ,高須と連続タイムリーが飛び出し、この回大量7点のビッグイニングを形成。続く7回には鉄平のタイムリー三塁打で10点目。西武は8回に2点、9回に1点を返し、2点差まで追い上げたが、僅かに及ばず、連勝は4でストップ。楽天2番手の青山は2回1/3を無失点に抑え、今季初勝利

◆M−Bs◆
降雨中止。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:41コメント(0)トラックバック(17) 

June 15, 2010

6/15内川◆YB5−2H◆
1,2,3回と毎回2個ずつ、早くも6個の残塁を量産した横浜だが、4回、2四球と石川の二塁打で二死満塁とした所で内川がレフトスタンドへプロ入り初となるグランドスラムをぶち込んで、一気に4点を先制。一方、横浜と同様に毎回残塁を築いてきたソフトバンクは5回、代打・柴原の3号ソロ,ハマのスペランカーの13号ソロと一発攻勢で応戦。4−2の儘、迎えた8回、横浜は一死から橋本が2号ソロを放り込み、貴重な1点を追加。8回からマウンドに上がっていた守護神・山口が9回もピシャリと抑え、横浜は何とか10連敗を免れた。先発のルーキー・加賀は5回2失点で2勝目をマーク


◆S2−10F◆
日本ハムは初回、二死走者なしから稲葉がレフトスタンドへ先制の11号ソロアーチ。稲葉は3回にも2打席連続となる12号ソロ。4回には二塁打の糸井を金子誠が送った所で陽がレフト前へタイムリー。続く5回には二死走者なしから死球と野選で作ったチャンスで糸井のタイムリー二塁打に続き、金子誠が3号3ラン。更に、この後、鶴岡にもタイムリーが飛び出し、この回5点。ヤクルト先発・館山はあえなくKOとなった。日本ハムは9回にも代打・高口の2号ソロ,陽のタイムリーで2点を加え、ダメ押しの10点目。先発・増井は1回を投げ終えた所で右肩痛により降板するアクシデントに見舞われたが、2回以降、6人のリリーフが散発4安打2失点の好投でヤクルトの反撃を断ちきった。2番手の榊原は2回無失点でプロ初勝利。この日、日本ハムが勝った事により、交流戦は上位6球団をパ・リーグで占める事が確定した。ヤクルトの連勝は5でストップ。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:53コメント(0)トラックバック(4) 

June 12, 2010

6/12和田◆H4−1G◆
東野,和田と両リーグのハーラーダービートップを走る投手同士の対決となったこの試合は初回の攻防で明暗を分けた。巨人は坂本,寿司職人ラミレスのヒットで二死一、二塁のチャンスに阿部がサードファールフライに倒れて、二者残塁。一方、ソフトバンクはその裏、二死二塁から松中が先制タイムリーを浴びせると、連続四球で満塁とした所で長谷川が2点タイムリーを放ち、この回3点。東野は2回以降、ムラのある投球ながらも、要所を締め、7回まで追加点を許さずにいたが、8回、一死からハマのスペランカーに11号ソロを叩き込まれて、無念のKO。土壇場9回、セーブのつかない場面ながら、マウンドに上がった守護神・馬原に対し、巨人は一死から日本一高価な代打要員・李の内野安打寝亀井の二塁打で二、三塁のチャンス。ここで代打・工藤がタイムリー内野安打を放つと、代打・松田記者がタイムリー二塁打で続き、2点差。なおも二、三塁と一打同点のチャンスだったが、坂本は浅いセンターフライ,マッスル千代の富士はショートゴロに打ち取られ、あと一歩及ばなかった。和田は7回無失点でハーラー単独トップの9勝目。東野の連勝は8でストップ。イースタン二冠王の好成績を引っ提げて、大田が8番ファーストでプロ初スタメンに起用されたが、ショートゴロ2つに三振と3タコに終わり、第4打席目では代打を送られる有様だった。

◆F9−0D◆
中日先発・中田賢に対し、日本ハムは初回、一死二塁から稲葉の9号2ラン,糸井の5号ソロと一発攻勢で3点を先制。4回には無死三塁からあの男が犠飛を打ち上げると、二死後、鶴岡に3号ソロが飛び出し、中田賢はこの回限りでKO。5回には弾丸所持による出場停止処分がようやく解けて、今季初登板となった寝損に対し、いきなり連打を浴びせると、稲葉がこの日2本目の10号3ラン。更に、一死満塁とした所で鶴岡が犠飛を放ち、ダメ押しの9点目。8回からは高橋由伸−加藤武と繋いで、完封リレーを達成。先発のダルビッシュは7回を散発3安打無失点に抑え、5勝目を飾った

◆L2−6C◆
主砲・栗原が骨折で戦線離脱する非常事態にも拘わらず、野村監督は求道者・前田をDHですらスタメンに起用しない大暴挙を敢行。落胆の色を隠せない広島先発・大竹に対し、西武はいきなり無死一、二塁のチャンスを作ると、中島が先制タイムリー。更に、栗山が送った後、ブラウンが犠飛を打ち上げ、2点目。しかし、2,3回と立て続けに二死満塁のチャンスを逃すと、徐々に流れは広島へ。5回、広島は赤松,天谷,小窪の3連打で1点を返すと、石原が送って、二、三塁となった所で東出がレフト前へ逆転の2点タイムリー。7回には一死から石原が7号ソロを放り込むと、二死後、梵がヒットで出た所で嶋が3号2ランを放ち、ダメ押しの3点を追加。中11日で登板した大竹は西武の拙攻に助けられながら、6回を2失点で切り抜け、ようやく今季初白星となった

◆M2−4T◆
2回一死からブラゼルの18号ソロで先制した阪神は4回には二死走者なしからJ.マッケンジーがレフトスタンドへ10号ソロ。続く5回には二死からマット・マートンが二塁打を浴びせると、キュラソ星人がライト前へタイムリーを放ち、3点目。ロッテ先発・吉見はこの回限りで降板となった。更に、阪神は7回、3番手・古谷がキュラソ星人が6号ソロを放り込み、1点を追加。4点を追うロッテは8回二死から今江の4号ソロでようやく1点。9回には守護神・藤川から代打・竹原のタイムリー二塁打で1点をあげ、一発が出れば同点と言う見せ場を作ったものの、最後は代打・ムニスが三振に斬って取られた。阪神先発・ソニックは8回を1失点の好投で5勝目をマークした

◆E1−4S◆
初回の一死二塁に始まり、2回二死一、三塁,3回一死一、二塁,4回二死一塁と再三再四のピンチを潜り抜けたヤクルトは5回、相川のヒット,鬼崎のインターフェアー,青木の内野安打で二死満塁のチャンスを掴むと、田中,ガイエルの連続タイムリーで3点を先制。拙攻続きの楽天はその裏、聖沢,高須の連打で無死一、三塁とまたも絶好のチャンスを作るが、一死後、鉄平が最悪のセカンドゴロゲッツーを食らい、またも無得点。6回先頭の中村紀の10号ソロでようやく1点をあげるが、後が続かない。ヤクルトは7回に田中のタイムリーでダメ押し。その裏から、増渕−マツ・オカ−林と1回ずつ繋いで逃げ切った。先発・石川は6回で10安打を浴びながらも、無四球と安定した制球を見せ、1失点で凌ぎきっての2勝目。楽天は毎回走者を出し、ヤクルトを上回る12安打で1点の拙攻が響き、交流戦初優勝の可能性が消滅した。

◆Bs7−1YB◆
初回にスレッジのタイムリーで先制された偽バファローズだが、3回、二死走者なしから下山,後藤と連打を浴びせた所でカブレラがレフトスタンドへ10号3ランを放り込み、一気に逆転に成功。5回には村田のエラー,後藤のヒットの後、またもカブレラにタイムリーが飛び出すと、更に、ティー岡田が13号3ランをぶち込んで、大きく突き放した。偽バファローズ先発の山本は2回以降は追加点を許さず、6回1失点で6勝目。西武が敗れた為、偽バファローズは交流戦初優勝へ王手をかけた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:10コメント(0)トラックバック(12) 

May 12, 2010

5/12岸◆G3−1L◆
交流戦開幕戦は両リーグの首位チーム同士がいきなり直接対決。WBC使用球はからっきしだが、NPB使用球でのナイターの巨人戦とあれば絶対的な自信を持つ西武先発・岸は初回から三者凡退の好スタート。しかし、2回一死から阿部,高橋,李と3連打を浴びて、先制点を献上。一気に畳み掛けたい巨人だったが、ここで長野が最悪のサードゴロゲッツーに倒れ、1点止まり。一方、巨人先発・ゴンザレスは3回までに5三振と素晴らしい立ち上がりを見せるが、4回、二塁打の片岡を三塁へ進められた所で中島に犠飛を許して、試合は振り出しに。西武は続く5回には先頭のブラウンが8号勝ち越しアーチ。7回には中島に7号ソロが飛び出して、3点目。2回のピンチを切り抜けてから、完全に立ち直った岸は3回先頭のゴンザレスにヒットを許した以降は、9回まで21人連続で打ち取り、完投で6勝目をマークした。

◆D5−1H◆
交流戦3連覇を狙うソフトバンクに対し、中日は3回二死走者なしから岩崎達,森野の連続二塁打で先制。続く4回にはベンちゃんが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに13号ソロを叩き込むと、一死一塁から谷繁もタイムリー二塁打を放ち、1点を追加。3点を追うソフトバンクは6回、一死から川崎の3号ソロでようやく1点を返すが、後が続かない。8回には一死からまたも川崎が二塁打を浴びせるが、本多,オーティズと打ち取られ、無得点。すると、その裏、中日は二死三塁から英智,大島と連続タイムリーを浴びせて、ダメ押しの2点を追加。8回途中から登板の浅尾が最後まで投げきって、今季初セーブ。先発の吉見は7回を無四球1失点の好投でハーラートップタイの6勝目

◆T2−4F◆
前年度パ・リーグの覇者ながら、最下位に低迷し、交流戦で何とか巻き返しを図りたい日本ハムは4回、ヒットの田中を劇団ひちょりが送った所で稲葉がレフト前へ先制タイムリー。更に、小谷野の二塁打,糸井の四球でチャンスを広げると、高橋がタイムリーを放ち、2点目。追いかける阪神は7回、鳥谷の四球,新井のピッチャー強襲ヒットで一、三塁とすると、ブラゼルの内野ゴロの間に1点。更に、連続試合出場記録を更新する為に登場した代打・キュラソ星人が内野安打で繋いだが、葛城イクローはセカンドゴロに打ち取られ、同点ならず。1点差の儘、迎えた土壇場9回、日本ハムは四球の劇団ひちょりを一塁に置いて、稲葉がレフトスタンドへ5号2ランを叩き込み、ダメ押し。その裏、阪神は鳥谷の一発で1点を返すのが精一杯だった。日本ハム先発のケッペルは来日初完投で5勝目をあげた

◆S1−2Bs◆
偽バファローズは初回、二死一、三塁のチャンスにT−岡田がセカンドゴロと凡退。続く2回には先頭のバルディリスがヒットで出るも、続く山崎浩のセカンドライナーで飛び出し、ゲッツーを食らう始末。その裏、ヤクルトはようやくどん底を抜け出しつつあるガイエルがライトスタンドへ11号先制ソロ。続く3回には内野安打と2四球で二死満塁とするも、宮本が打ち取られ、三者残塁。ピンチを切り抜けた偽バファローズは直後の4回、一死から連打で二、三塁とした所でバルディリスが犠飛を打ち上げ、同点。中盤以降、両軍共に決め手を欠き、1−1の儘、試合は延長に突入。迎えた10回、偽バファローズは一死から内野安打で出た荒金を鈴木が送ると、坂口がタイムリー三塁打を浴びせて、ついに勝ち越し。最後はレスターが3人でピシャリと締めて、逃げ切った。3番手の岸田は1回無失点で3勝目。ヤクルト先発・石川は8回を1失点と今季最高の投球を見せたが、打線の見殺しに遭い、またしても今季初勝利を逃した

◆YB1−2M◆
横浜の先発はロッテから厄介払いされた屈辱を晴らさんと怒りに燃える清水。しかし、2回、先頭の大松に先制7号ソロを被弾。その裏、金城の今季初打点となるタイムリーで追い付いて貰った清水は3回、バットでも怒りを燃やし、ライト前ヒットで出塁。この後、二死一、二塁とチャンスを広げたが、依然として不振から立ち直れない主砲・村田があえなく凡退。すると直後の4回、清水はサブローに7号ソロを被弾し、勝ち越し点を献上。以降、8回まで僅か1安打と抑え込み、打っては第2打席で犠打,第3打席で2本目のヒットと、投打に奮闘したが、終わってみれば、サブローの一発が致命傷に…。ロッテは7回から伊藤−薮田−小林宏と繋いで、1点のリードを守りきった。先発の渡辺俊は6回1失点で3勝目を飾った

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:36コメント(0)トラックバック(18) 

May 08, 2010

◆YB3−4G◆
巨人先発・西村健に対し、横浜は初回、ヒットの石川を早川がきっちり送ると、内川がライト前へ先制タイムリー。3回には石川,早川の連打で無死一、二塁として、クリーンアップに繋ぐが、内川の送りバントがピッチャー前にまともに転がり、三塁封殺。村田,カスティーヨも凡退し、結局、無得点。一方、横浜先発・ハマのチンピラの前に3回までパーフェクトと沈黙していた巨人は4回、先頭の坂本がチーム初安打を浴びせると、脇谷の犠打の後、ガッツがセンターオーバーのタイムリー二塁打を放ち、ようやく同点。続く5回には一死から李が歩いた所で長野がライトスタンドへ勝ち越し3号2ラン。更に、二死後、坂本がレフト線へ二塁打を浴びせると、続く脇谷がレフト前へタイムリーを放ち、4点目。3点を追う横浜は6回、内川の三塁打の後、村田のレフト前タイムリーで1点を返すと、愉快には4番手・越智に対し、下園のタイムリーで1点差。土壇場9回、巨人は二死満塁と絶好の追加点のチャンスを掴むも、代打・矢野がショートゴロに終わり、三者残塁。その裏、守護神・クルーンは二死を簡単に取ったものの、内川に四球。またクルーン劇場が開演されるのか…と思った矢先、代走・野中が二盗に失敗し、呆気なく試合終了。横浜の自滅でサヨナラ負けの危機を免れた巨人は4連勝。西村健は6回1/3を2失点で2勝目をあげた。一方、ハマのチンピラは対巨人6年越しの10連敗。

5/8和田◆D1−0S◆
泥沼の連敗モードが止まらないヤクルトはこの連敗に絡んでいないルーキー・中沢に連敗ストッパーを託す。中沢は立ち上がりこそ制球に苦しんだが、尻上がりに調子を上げて行き、8回まで無失点の好投。しかし、肝心の味方打線が中日先発・山内の前に6回まで1安打と相変わらずの貧打で一向に先制点を奪えない。7回に二死、二、三塁と初のチャンスを作ったが、藤本がセカンドゴロと凡退。8回にも一死一、二塁としたが、田中が最悪のセカンドゴロゲッツー。山内は8回に代打を出され、9回からは高橋が登板。これで流れを変えたいヤクルトだったが、あえなく三者凡退に終わる体たらく。その裏、中沢は森野,ブランコと打ち取り、ベンちゃんに川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにバックスクリーンに12号サヨナラアーチを被弾し、プロ初黒星。被安打は僅かに2本と言う快投を展開した中沢を見殺し、2戦連続サヨナラ負けを喫したヤクルトは今季ワーストの6連敗。

◆T8−11C◆
初回にフィオの2点二塁打で先制した広島は2,3回にも加点し、3点のリード。しかし、その裏、阪神は1点を返し、なおも二死満塁のチャンスで桜井が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、一気に逆転。1点を追う広島は直後の4回、二死二塁から天谷,フィオとタイムリーを浴びせて、逆転に成功。7回には栗原の5号ソロ,代打・ルパン広瀬のタイムリーで2点、8回にも栗原のタイムリー等で2点を追加し、ダメ押し。9回、6点差もあると言うのに引っ張り出された守護神・シュルツが3点を失う波乱はあったものの、大事には至らなかった。先発・今井は3回KOされたが、3回を無失点の好リリリーフを見せた篠田が今季初勝利

◆H3−1L◆
西武先発・ミャオに対し、ソフトバンクは初回、二死走者なしからオーティズがレフトスタンドへ13号先制アーチ。更に、小久保がヒットで続くと、ハマのスペランカーがタイムリー二塁打を放って、この回2点。2回に一死一、三塁,3回に一死満塁のピンチを作ったかと思えば、4回には三者三振とムラのある投球ながら、無失点を続けていた杉内は5回、先頭の佐藤を歩かせるが、二盗に失敗。これで気が緩んだか、片岡に二塁打を浴びると、続く栗山にタイムリーを許し、1点差。更に、中島に二塁打,中村に四球を許して、満塁の大ピンチを迎えたが、ここからブラウン,高山と打ち取り、辛くもピンチ脱出。西武は6回にも一死から細川の三塁打で一打同点の場面を作るも、佐藤,片岡と倒れて、細川は三塁に釘付け。すると、その裏、ソフトバンクは一死からハマのスペランカーが6号ソロを放ち、3点目。7回からはファルケンボーグ−摂津−馬原と繋ぐ必勝リレーで西武の反撃を断ち切った。杉内は6回降板も1失点で食い止め、ハーラー単独トップの7勝目。敗れた西武は1日で首位陥落となった。

◆F1−0E◆
今季2度目の直接対決となった岩隈とダルビッシュの両エースが互いに譲らぬ投手戦を展開。ダルビッシュは3回二死一、二塁,5回一死一、二塁のピンチを乗り切ると、以降は二塁も踏ませず、9回までに11三振の無失点投球。一方、岩隈は制球重視の丁寧な投球で内野ゴロの山を築き、疲れが見え始めた終盤は走者を出しても落ち着いて後続を締めて、9回まで無四球無失点。試合は0−0の儘、延長にもつれ込み、両先発は先取点を許さずにお役御免となった。両軍共に継投モードに入った10回、日本ハム2番手・宮西は三振2つを奪うなど、三者凡退の好投。これに対し、楽天2番手・小山は一死から田中に痛打されると、二死三塁となった所で稲葉にタイムリーを浴び、サヨナラ負け。

◆Bs3−9M◆
3回、ロッテは先頭の里崎の5号ソロで先制すると、更に、二塁打の今江を三塁へ送った所で荻野貴がタイムリー。その裏、山崎浩の今季初アーチで1点差とされるが、5回、一死満塁から井口の犠飛,金の9号3ランで一気に4点を追加。偽バファローズは7回にT−岡田の8号ソロ,バルディリスの今季初アーチと一発攻勢で食い下がるが、直後の8回、ロッテは2四球で作ったチャンスに里崎がこの日2本目となる6号3ランを叩き込み、試合を決定付けた。ロッテは西武と入れ替わりで首位に返り咲き。先発の成瀬は7回途中でKOされたが、リリーフの援護を仰いで、5勝目をマークした

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:56コメント(0)トラックバック(16) 

April 17, 2010

◆S1−6G◆
巨人先発・東野に対し、ヤクルトは初回、2四球で二死一、二塁のチャンス。ここで宮本はライト前に弾き返すが、一気に三塁を蹴った二塁走者・田中が長野の好返球の前に本塁憤死。これで息を吹き返した東野は4回まで無失点の好投を見せるが、ヤクルト先発・由規の前に巨人打線は4回までノーヒットと先取点を奪えない。0−0で迎えた5回、巨人は先頭の長野が二塁打を浴びせると、亀井のセカンドゴロの間に三進。ここで脇谷がセンターへ犠飛を打ち上げ、ついに均衡を破る先制点をゲット。しかし、その裏、ヤクルトも内野安打の相川を由規が送ると、二死後、田中がタイムリー二塁打を放ち、同点。追い付かれた巨人は7回、エラーとヒットで無死一、二塁した所で開幕以来対右投手32打席ノーヒットが続いている亀井がセンター前へ勝ち越しのタイムリー。更に、脇谷が内野安打で繋いで満塁とチャンスを広げると、一死後、由規の暴投で3点目。更に、二死後、松本がレフト前へ2点タイムリーを放ち、この回4点。9回には鈴木のタイムリーでダメ押しの6点目。最後は越智が3人で締め括り、これで巨人は地方球場で3年越しの11連勝。東野は6回を1失点で切り抜け、3勝目

◆C8−7D◆
求道者・前田のサヨナラヒットで意気上がる広島の勢いを止めるのに川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに森野が5号2ランを叩き込み、初回から2点を先制した中日。その裏、梵の2号ソロで1点を返されるが、続く2回、広島先発・長谷川が3四球で一死満塁を作る独り相撲の投球でKOとなった後、代わった青木勇から井端の犠飛、森野のタイムリー二塁打で2点を追加。4回には一死一、二塁からまたもや森野が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに5号3ランを放り込み、7点目。しかし、求道者・前田の一打で乗っている広島はこのまま終わらず、その裏、栗原,小久保のタイムリーで2点を返すと、続く5回には梵,栗原のタイムリーで3点を奪い、1点差。7回に代打で登場した求道者・前田は昨日、サヨナラ打を浴びせた浅尾にリベンジされて、センターフライに倒れたものの、続く8回、守備から入っていた赤松のタイムリー三塁打でついに同点。そして、迎えた土壇場9回、広島は梵の二塁打等で二死二、三塁のチャンスを作ると、ルパン広瀬がセンター前へ弾き返して、昨日に続いての劇的なサヨナラ勝ちを収めた。5番手として登板していた高橋は昨日に続いて白星が転がり込み、出戻り3勝目を飾った。

◆YB7−3T◆
初回に続き、2回も先頭打者を出すピンチを切り抜けた横浜はその裏、先頭のスレッジがライトスタンドへ5号先制アーチ。更に、一死後、吉村,細山田と連続二塁打を浴びせて、1点を追加。2点を追う阪神は4回、一死から新井が3号ソロをぶち込んで、1点差。5回に村田の4号ソロ,吉村のタイムリーで突き放された阪神は8回、鳥谷の2号2ランで再び1点差と詰め寄るが、その裏から登板の4番手・久保田が代わりばなスレッジ,カスティーヨと連続被弾。代わったメッセンジャーも石川にタイムリーを打たれ、とどめを刺された。横浜先発の清水は7回を1失点の好投で2勝目

◆H3−8E◆
ソフトバンクは初回、オーティズの6号2ランで先制。先発・藤岡はカモにしている楽天相手に1,2回と三者凡退に斬って取る上々の立ち上がりだったが、3回、二死一、二塁のピンチを迎えると渡辺直,高須と連続タイムリーを浴び、同点。続く4回には一死満塁から嶋に勝ち越し2点タイムリーを浴びて、KO。2番手・神内も二死満塁から高須に走者一掃のタイムリー二塁打を許し、この回5失点。大量リードを貰った楽天先発・岩隈は3失点無四球完投で2勝目をマーク。楽天の連敗は4でストップした。

4/17成瀬◆M9−0Bs◆
初回、一死三塁のチャンスを逃した偽バファローズは3回にも一死から連打を浴びせながら、赤田,後藤が連続三振。一方、ロッテは偽バファローズ先発・金子の前に3回までパーフェクトと沈黙していたが、4回、先頭の西岡が四球を選ぶと、荻野貴のバント,井口のセンターフライで三進。ここで金の打席で金子が暴投を犯した隙に生還と、ノーヒットで1点を先制。続く5回には大松がチーム初安打を放った後、サブローが史上257人目の通算1000安打となる4号2ランを叩き込み、2点を追加。勢い付くロッテは続く6回にも4長短打を集中して、一気に4点を奪い、金子をKO。ロッテは8回にも神戸,的場の連続犠飛でダメ押し。投げては先発・成瀬が尻上がりに調子を上げ、今季初完封でトップタイの4勝目を飾った。7戦連続2桁安打をマークしたロッテはこれで5連勝。

◆L5−8F◆
2回、小谷野の犠飛で先制された日本ハムだが、その裏、ダルビッシュがまさかの大炎上。一死後、高山,礒?の連打で追い付かれると、続くG.G.佐藤にも痛打された後、連続四球とよもやの押し出しで勝ち越し点を献上。更に、原に犠飛,栗山を歩かせた後、中村にもタイムリーを浴び、大量5失点。折角、ダルビッシュを攻略したと言うのに、4回まで好投していた西武先発・ミャオが突如、崩れてしまう。一死から連打と礒?のタイムリーエラーで1点を返されると、二死後、飯山にヒットを浴びて満塁となった所で稲葉に2号満塁弾を叩き込まれて、一気に形勢逆転。日本ハムは6回にも鶴岡,9回には飯山のタイムリーでダメを押し、連敗を4でストップさせた。3回以降立ち直ったダルビッシュは7回で148球に達し、マウンドを譲ったが、10三振と開幕から続く2桁奪三振記録を5試合と伸ばして3勝目

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:48コメント(0)トラックバック(39) 

November 03, 2009

11/3 小笠原◆G7−4F◆
東京ドームに舞台を移し、1勝1敗の五分で迎えた第3戦。ダルビッシュに使えるメドが立った事で何とか決着を札幌まで持ち込みたい日本ハムは初回、巨人先発・オビスポに対し、二死走者なしから稲葉がライトスタンドへ2戦連発となる先制アーチ。続く2回には一死から小谷野がソロアーチを叩き込み、2点目をゲット。しかし、その裏、巨人は日本ハム先発・糸数に対し、李,阿部と連続アーチをぶち込んで、あっさり追い付くと、続く3回には札幌では不振だったガッツにも一発が飛び出し、勝ち越しに成功。1点を追う日本ハムは5回、今季僅か3ホーマーの田中がライトスタンドへ放り込み、試合は振り出しに。追い付かれた巨人はその裏、二死走者なしから坂本が四球を選ぶと、松本がレフト前に弾き返して、一、二塁となった所でまたもガッツが走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、2点を勝ち越し。7回から継投策に切り替えた巨人は2番手・越智が1回をきっちり抑え、8回から3番手・山口を投入。しかし、山口はいきなり先頭の田中に死球を食らわせると、牽制悪送球で二進を許す一人相撲。更に、代打・劇団ひちょりをショートゴロに打ち取りながら、坂本からの送球を李が落球する間に田中の生還を許す体たらく。続く稲葉が歩いて、無死一、二塁とチャンスが拡大し、一気に畳み掛けたい日本ハムだったが、ここで高橋が最悪のセカンドゴロゲッツーを食らうと、スレッジもセカンドゴロに終わり、同点ならず。ピンチを逃れた巨人はその裏、一死からガッツの四球,寿司職人ラミレスの内野安打で一、二塁。二死後、松田記者が歩いて、満塁となった所で阿部がライト前へタイムリーを放ち、ダメ押しの2点を追加。9回から登板の守護神・クルーンは簡単に二死を取ると、代打・稲田のピッチャーゴロを処理して、一塁へ悪送球する粗相を犯したものの、最後は代打・トンガを空振り三振に斬って取り、事なきを得た。これで巨人は2勝1敗と一歩リード。これで史上初となる日本シリーズ通算100勝目をマーク。日本ハムは4点を奪ったものの、僅か4安打で3本がソロアーチと淡泊な攻めに終わったのが痛かった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:04コメント(0)トラックバック(26) 

November 01, 2009

11/1 ダルビッシュ◆F4−2G◆
9月20日以降、戦線を離脱したままで、一時は日本シリーズの登板も絶望視されていたダルビッシュだが、初戦を落とした影響か、強行先発登板。コンディションが万全でない中での投球が不安視されながらも、緩いボールを積極的に使っていく技の投球で初回を3人で抑える無難な立ち上がり。一方、日韓クラブチャンピオンシップで出番がなかった為、こちらも20日ぶりの実戦と登板間隔の空いている巨人先発・内海はその裏、二死から稲葉,高橋と連打を浴びて、一、三塁のピンチを背負ったが、好調・スレッジを三振に斬って取り、先制点を阻止。巨人は2回、先頭の寿司職人ラミレスが二塁打を浴びせるも、亀井がバントを決められずに三振。松田記者,阿部も打ち取られ、寿司職人ラミレスは二塁に釘付け。続く3回には先頭の李がヒットで出るも、バントエンドランのサインを古城が見落としたのか、バットを引いてしまい、単独スチールとなってしまった李が楽々タッチアウトとなるまずい攻めでまたも無得点。すると、その裏、日本ハムは二死走者なしから稲葉の先制アーチを皮切りに、高橋,スレッジ,小谷野,糸井と怒濤の5連打で4点を奪い、内海を早々とKO。追いかける巨人は直後の4回、二死からまたも寿司職人ラミレスが二塁打を浴びせると、続く亀井がレフトポールを直撃する2ランを放ち、2点差と詰め寄った。その裏、一死一、二塁のピンチを切り抜けた巨人は直後の5回、二死走者なしから、古城,坂本,松本の3連打で満塁と一打同点のチャンス。しかし、ここで頼みのガッツが空振り三振に倒れて、三者残塁。続く6回には一死から振り逃げで出た亀井が続く松田記者の2球目を鶴岡が弾いた隙に二塁を陥れたかに見えたが、スライディングの勢いでベースから足が離れてタッチアウトとなる大チョンボ。松田記者も凡退し、結局、この回3人で攻撃終了ダルビッシュはこの回限りでお役御免となった。その裏、日本ハムは鶴岡が内野安打で出るも、金子誠がバントをピッチャー正面にまともに転がしてしまい、鶴岡は二塁で封殺。この後、田中がヒットで繋ぐも、続く劇団ひちょりが最悪のピッチャーゴロゲッツーを食らい、追加点ならず。両軍必死の継投で4−2の儘、土壇場9回へ突入。満を持して登板の守護神・武田久に対し、巨人は一死から亀井がバットを折られながらも、ライト前に弾き返すが、松田記者,阿部と凡退し、ゲームセット。ダルビッシュの強行登板が報われた日本ハムは1勝1敗と星を五分に戻し、東京ドームへ乗り込む事となった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:21コメント(0)トラックバック(34) 

October 21, 2009

10/21 野本◆G2−7D◆(日韓クラブチャンピオンシップ出場権争奪戦出場権争奪戦)
ぶっちぎりのリーグ制覇で既に、日本シリーズ進出の権利を獲得している巨人に対し、日韓クラブチャンピオンシップに出たくて仕方ない中日は初回、ヒットの井端を荒木が送った所で森野がライト前へ先制タイムリー。更に、ブランコ゛かヒットで繋いだ所でベンちゃんがタイムリーを浴びせると、続く野本が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにライトスタンドへ3ラン。巨人先発・ゴンザレスはシーズン中にもなかった悪夢の1イニング5失点となった。巨人は2回、2四球で二死一、二塁とした所で古城のタイムリーで1点を返すが、短期決戦で序盤の大量ビハインドにも拘わらず、ゴンザレスに代打を送らず、結局、ファーストファールフライに倒れて、1点止まり。すると、直後の3回、中日はブランコが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにレフトスタンドへソロアーチを叩き込み、6点目。6回には巨人2番手・M・中村がキーマンになりそうなブランコの頭部をスナイプするが、カス当たりに終わった挙げ句に危険球退場。緊急登板で準備不足の野間口は何とか二死を取ったものの、藤井,谷繁と連打を許して、ダメ押しの7点目を献上。巨人は7回に李の犠飛で1点を返したが、焼け石に水で、早くも1勝のアドバンテージがなくなった。

10/21 スレッジ◆F9−8E◆(日韓クラブチャンピオンシップ出場権争奪戦出場権争奪戦)
勝った所で日韓クラブチャンピオンシップ出場権争奪戦に出られるだけの話で、決して日本シリーズに出られる訳ではないが、楽天フロントをより悪役にする為にも少しでも実績をあげておきたいノムさんはリンデンとも和解し、早速、8番でスタメン起用。楽天先発・永井は初回、一死一、三塁のピンチで高橋に先制犠飛を許したものの、直後の2回、草野のタイムリーですかさず同点。4回には一死から青波の長瀬の死球,中島の二塁打で二、三塁とした所でまたも草野が犠飛を打ち上げ、勝ち越しに成功。更に、キーマンであるリンデンにもタイムリーが飛び出し、3点目を追加。2点を追う日本ハムは6回、一死から稲葉の二塁打,高橋の四球で一、二塁とするも、スレッジ,小谷野と倒れて、二者残塁。ピンチを切り抜けた楽天は直後の7回、中谷,高須の連打等で二死満塁とすると、山崎武の走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、一気に3点を追加。日本ハムは8回、一死から劇団ひちょり,稲葉,高橋と3連打で1点を返し、永井をKO。更に、スレッジのタイムリー,小山の暴投で2点を追加すると、二死後、代打・あの男が歩いて、一、三塁となったが、代打・稲田が打ち上げて、追加点ならず。4−6で迎えた土壇場9回、楽天は鉄平に2ランが飛び出し、これがダメ押しになると思われた。しかし、その裏から登板の守護神・福盛が大乱調。先頭の金子誠は打ち取ったが、ここから田中,劇団ひちょり,稲葉と3連打で1点を返されると、高橋を歩かせて、満塁となった所でスレッジにレフトスタンドへグランドスラムを叩き込まれて、悪夢の逆転サヨナラ負けを喫した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:37コメント(0)トラックバック(31) 

May 03, 2009

◆T0−4G◆
絶好調の坂本が先制タイムリーを含む2打点の活躍。グライシンガー,寿司職人ラミレスに続くヤクルトのお古助っ人・ゴンザレスが移籍初登板で7回無失点の好投を見せ、初勝利。手薄な先発陣に大きな1枚が加わった。阪神はまたも宿敵に苦順を舐めさせられ、対巨人11連敗。キュラソ星人の史上2人目となる1500試合連続出場に花を添えられなかった。守護神・藤川が右肘痛で登録抹消となるなど、深刻なチーム状態が続いている。

◆YB0−2D◆
0−0の均衡を破ったのは川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに飛び出したブランコの4号2ラン。先発のウッチャンは6回までパーフェクトの好投。疲れが出てきた7回以降はピンチの連続ながら、リリーフ陣が心許ないのか、落合監督は一向に代えようとしなかったが、大事には至らず、ウッチャンは完封で最下位転落の危機を阻止した。尚、この試合、カリメロが2年ぶりの中継ぎ登板を果たし、1回を無難に抑えた。

◆C2−3S◆
同点で迎えた8回、ヤクルトは連日、死球禍に見舞われ、満身創痍の青木が2号ソロを叩き込み、勝ち越し。今季初登板初先発の高市は6回2失点と試合を作ったが、勝敗つかず。1回を抑えた2番手の木田画伯に3勝目が転がり込んだ。

◆H7−2M
3回に松中のタイムリー等で勝ち越したソフトバンクは4,5回にも2点ずつ加えて、大きくリードを広げた。序盤は制球に苦しんだ杉内だが、尻上がりに調子を上げていき、7回2失点で3勝目。成瀬は4回もたずに5失点KOとなり、今季初黒星。

◆E8−4Bs◆
開幕4連勝を狙う岸田は7回まで1失点の完投ペース。しかし、8回に満塁のピンチを作ってKO。代わった守護神・加藤はショートの3ランを被弾するなど、一死も取れない大炎上で、偽バファローズはこの回、悪夢の7失点。楽天は5連勝で球団史上最多となる貯金7とした。

◆F6−5L◆
中盤までは点の取り合いだったが、7回以降は完全に膠着状態となり、試合はラストイニング12回へ突入。西武は3四球で二死満塁のチャンスを作ったが、清水が凡退し、勝ち越しならず。その裏、日本ハムは一死から稲葉がライトスタンドへ4号ソロを叩き込み、サヨナラ勝ちを収めた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:40コメント(0)トラックバック(15) 

April 08, 2009

カリメロ◆YB1−12G◆
投壊貧打で勝てる気配の横浜は2年ぶりの白星を狙う現役最年長投手・カリメロが登板するが、初回からガッツに2ランを被弾すると、3回には痛恨の押し出し四球。4回には当ブログ一押し助っ人・アルフォンゾに来日初アーチを浴びると、5回にもガッツ,坂本に被弾するなど、8失点KOの大炎上。未だに開幕からタイムリーが出ない貧打線はこの日もさっぱりで唯一の得点も内野ゴロの間に掠め取ったに過ぎなかった。大惨敗で開幕5連敗となった横浜は夢の100敗まであと95敗とまた一歩近付いた。ダメ助っ人・ジョンソンはヘッポコ落球で転倒して亜脱臼を負い、リタイアしたが、これでようやくメカゴジラに出番が回ってくる事となったのが、横浜にとって順風になる事を祈るばかりだ。対する巨人の方は打線のテコ入れが奏功。1番に戻った鈴木が1番こそが自分の居場所と言わんばかりに4安打の大爆発。開幕戦以来のスタメンとなったアルフォンゾは来日初アーチに犠飛と2打点の活躍。初スタメンの松田記者も2安打3打点と気を吐いた。投げては開幕ローテに滑り込んだ福田が7回1失点の好投で2年ぶりの白星。昨日、途中で外された李は不甲斐ない連続三振がどうやら若大将の逆鱗に触れたらしく、この日はスタメンからすら外されて、11点差ついてからの代打と言うどうでもいい起用のされ方を…。競争心を煽る為にメンバーを固定させない方針は分からないでもないが、やり過ぎてバレンタイン暗黒政権の様な事にならなければいいが…。ともかく、アルフォンゾはきっちり使ってくれと…。あと、気がかりなのは打球を受けて負傷退場した阿部の様態か。

◆S8−4D◆
開幕から負け知らずの中日はこの日も初回から川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに飛び出した森野の2号3ランで先制。しかし、更に、二死満塁とチャンスを広げながら、追加点を奪えなかったのが運の尽き。一発依存&残塁量産攻撃に川相不在をまざまざと痛感してしまい、動揺を隠せない先発・中田は2,3回と1点ずつ失い、1点差と迫られると、5回にはガイエル,相川のタイムリーで4失点と逆転を許し、あえなくKO。3番手・平井も青木,ガイエルと被弾し、試合を決定付けられた。2回以降二塁すら踏めず、8回に川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにブランコが2号ソロを放ったが、焼け石に水で開幕からの連勝は4でストップ。ヤクルトは木田画伯がいきなりの3失点にも落ち着きを失わずに試合を作り、先発としては実に11年ぶりの白星を手にした。

4/8 金本◆T8−2C◆
鉄人の冴える打棒が止まらない! 初回に先制2号3ランを叩き込んだキュラソ星人は3回にも2打席連続の3号2ランを放てば、5回には3打席連続となる4号ソロ。奇跡のサイクルホーマーの期待が懸かる中、第4打席は二死二塁での打席となったが、ここでもきっちりタイムリーを放って、4安打7打点。兄貴分に釣られて、イマイチ調子が上がって来ないでいる弟分の新井も待望の今季初アーチを含む2安打。投げては、チーム最年長投手・下柳が走者を出しながらも6回2失点で切り抜け、今季初勝利。キュラソ星人一人にやられた広島だが、阪神と同じ11安打を放ちながら、僅か2点に留まる拙攻も痛かった。

◆E0−7H
球団創立以来最高のスタートダッシュを炸裂させている楽天だが、この日は先発・朝井が大乱調。初回、簡単に二死を取ったまでは良かったが、四球とヒットの後、小久保をセンターフライに打ち取りながら、これを鉄平が完全に見失って走者一掃の先制二塁打としてしまう大チョンボをかまされてから完全におかしくなり、更に、3連続四球による押し出しで3点目を失うと、2回にも先頭打者を歩かせた所でノムさんに見限られ、失意のKO。代わった木谷も松中に2点タイムリーを浴びる始末。打線もソフトバンク先発・ホールトンの前に7回まで僅かに1安打と手も足も出ず、結局、散発3安打のシャットアウトでついに今季初黒星を喫した。

◆F8−7M◆
序盤から激しい打ち合いとなったこの試合。7−7で迎えた7回裏に稲葉が勝ち越し弾を叩き込み、これが決勝点となった。稲葉はこの一発が3打席連続アーチ。小谷野の2本のアーチを放つなど、日本ハムらしからぬ一発攻勢が光った。そんな中、前日にインケツパワーをすっかり放出しきったあの男は4タコと本来の力を取り戻してしまった。打ち勝った日本ハムだが、プロ初登板初先発となった期待のルーキー・榊原はは3失点で4回途中KOとプロの洗礼を浴びた。ロッテは日本ハムを5本も上回る14安打を放ちながら、10残塁の大拙攻。大躍進が期待される大嶺は7失点KOと惨憺たる内容だった。

◆L2−10Bs◆
石井一の前に3回までノーヒットと沈黙していた偽バファローズ打線だが、4回に突如覚醒。大引がチーム初安打となる内野安打で出ると、カブレラもヒットで続いた所でローズが2号先制3ラン。以降、9回まで小刻みに毎回得点をあげ、計18安打10得点の猛攻を展開。投げては、山本がここまで全試合で5点以上奪ってきた好調・西武打線相手を手玉に取り、散発3安打2失点の完投勝利を収めた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:01コメント(0)トラックバック(30) 

March 23, 2009

 2大会連続決勝進出を懸け、アメリカと激突する事となった日本。先んじて韓国がベネズエラを下した事で、勝てばまたまたまたまた韓国とやらされる羽目になってしまったと言う欝な雰囲気の中、2大会連続MVPを狙う霊感投手・松坂がロバーツに初回先頭打者アーチを被弾し、試合開始早々追いかける展開に…。その裏は三者凡退に終わった日本だが、続く2回、稲葉が歩いた後,ガッツがエンドランを決めて、無死一、三塁のチャンス。福留はレフトへの浅いフライに倒れたが、続くJ.マッケンジーがライトへ犠飛を打ち上げて、稲葉が同点のホームイン。追いついたのも束の間、直後の3回、依然としてピリッとしない霊感投手・松坂が二死からロリンズに痛打されると、二盗を許した所でライトに右中間突破の勝ち越しタイムー二塁打を許し、再び1点のビハインド。その裏、この日も二岡ばかりのインケツ臭を漂わせ、またもサードへの凡ゴロに倒れた鈴木一朗が悪送球に救われて一気に二塁へ。一打同点のチャンスとなったが、中島,青木と倒れて、結局、無得点。しかし、続く4回に日本打線が怒濤の猛反撃を開始。稲葉,ガッツの連打で一、二塁とした所で福留のセカンドゴロをロバートが弾き、ボールが転々とする間に一気に稲葉が生還。なおも一、三塁の場面でJ.マッケンジーがまたも犠飛を打ち上げ、勝ち越し点をあげると、更に、岩村にタイムリー三塁打,川崎にタイムリーが飛び出し、2点を追加。続く鈴木一朗はまたも凡ゴロに倒れるインケツぶりだったが、この間に川崎が二塁へ進むと、中島もカウント0−3から右中間へタイムリー二塁打を浴びせて、オズワルトをKO。日本はこの回、一挙5点を獲得するビッグイニングを形成した。リードを貰っても精彩を欠く霊感投手・松坂は直後の5回、二死一、二塁のピンチを作って降板となったが、ここで代わった絶好調の杉内がダンを空振り三振に斬って取り、このピンチを脱出。突き放したい日本は6回、J.マッケンジー,川崎のヒットで一死一、二塁と追加点のチャンスを作るが、二岡顔負けのインケツぶりを遺憾なく発揮し、内野ゴロ量産マシンと化している鈴木一朗がここでもファーストへの凡ゴロ。続く中島も空振り三振に倒れて、二者残塁。7回には3番手・田中が二死三塁のピンチを迎えながらも、凌いだが、8回、4番手・馬原が一死一、二塁のピンチでデローサに三塁線を破られてしまう。しかも、青木がクッションボールの処理を大きく誤る間に二人の走者の生還を許して、一気に2点差と詰め寄られた。しかし、その裏、日本は四球の福留が犠打と内野ゴロで三進した所で川崎のショートゴロをジーターが悪送球し、労せずして追加点をゲット。更に、川崎が二盗を決めた後、インケツパワーを充電させた鈴木一朗,中島と連続タイムリーを浴びせて、ダメ押しの2点を追加。最後はスクランブル登板のダルビッシュが一死からヒットを浴びたものの、そこから連続三振で締め括り、日本は2大会連続で決勝に勝ち進む事となった。

 毎度、制球に苦しみ、球数を消費しまくると言う見ていて、実に、もどかしい投球が続く今大会の霊感投手・松坂なのだが、それでも決して大崩れせず、悪いなりに何とか試合を作る辺りは流石と言う所か。一方、相変わらず、文句なしの投球を続けているのが杉内。中継ぎに置いておくのが勿体ないくらいだが、これだけの投球をしてくれる投手が中盤からロングリリーフで使えるとあれば、先発も球数を意識せずに投げられると言うものだろう。個人的に今回のヒーローは稲葉,ガッツを挙げたい。本来ならば、鈴木一朗がチャンスメーカーにならなければいけないと言うのに、打線を分断しまくるチャンスブレイカーぶりで、よもや二岡の生き霊が取り憑いているのではあるまいな…と勘繰ってしまう状態。そんな中、本来、ポイントゲッターの筈の稲葉,ガッツがチャンスを作り、下位打線が第2のクリーンアップの役目を果たす形で打線がうまく繋がった。鈴木一朗は韓国戦同様、最後の最後で帳尻を合わせたが、鈴木一朗に求められているのはダメ押し打を打つ事ではない訳で、いい加減、初回の第一打席で出塁して貰いたい所である。さて、いよいよ決勝進出となる訳だが、その相手はまたまたまたまた韓国。韓国と5回やる可能性に関しては、大会序盤から危惧し続けてきた訳だが、本当にその通りになってしまうとは…。今大会は対戦成績が2勝2敗,第1次ラウンドの1位は韓国で、第2ラウンドの1位が日本と、まったくの互角な訳で、この決勝は正真正銘、雌雄を決する戦い。流石に、これで日本に負けた場合、韓国が逆恨みを言う余地もないだろう(まぁ、余地がなくても言えるのが逆恨みであって、実際、あそこはそういう恨み言をガンガン言ってくる国ではあるのだけど…)。聖地のマウンドに旗を突き刺す様な見苦しい真似は2度とさせないで貰いたいものである。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:40コメント(1)トラックバック(12) 

September 26, 2008

◆F2−0L
優勝へ王手をかける西武に対して、日本ハムは初回、二塁打の田中を劇団ひちょりが送った所で、稲葉がライト前へ先制タイムリー。直後の2回、連続四球で無死一、二塁のチャンスを拾った西武だが、後続3人があえなく凡退し、同点ならず。4回には先頭の中島が内野安打を放つも、続く後藤が最悪のショートゴロゲッツー。その裏、日本ハムは二死走者なしから小谷野がヒットで出ると、呪われた助っ人・ボッツがタイムリー二塁打を浴びせて、2点目を追加。スウィーニーの前に8回まで内野安打1本に抑え込まれていた西武だったが、完封目前となった9回、一死から栗山のヒット,中島の四球で一、二塁とし、スウィーニーをKO。しかし、代わった建山の前に後藤はレフトフライと凡退。逆転3ランの期待を懸けられた中村もキャッチャーへのファールフライに倒れて、完封負け。しかし、偽バファローズが敗れた為、西武の6年ぶり20度目(西鉄時代含む)のリーグ優勝が決まった。

偽バファローズが序盤から大量リードを奪われたと言う情報は当然、入っていた筈で、この日のリーグ優勝はほぼ確信していたであろう西武。それ故に何としても勝って、自力で胴上げしたい所だったろうが、結果は今季最少の2安打完封負けで4連敗を喫しながらも胴上げをすると言う歯痒い展開に…。尚、当ブログ的には西武のリーグ優勝はあくまで6年ぶり20度目であって、断じて4年ぶり21度目ではない。首位いじめで意地を見せたディフェンディングチャンピオン・日本ハムは4連勝で単独3位に浮上した。

◆E13−1Bs◆
初回、青波の長瀬の12号2ランで先制した楽天は続く2回には一死から3連打で満塁とすると、中村,内村の連続タイムリーで3点を追加。フェルナンデスが死球を食らって、再び満塁とすると、青波の長瀬が2点タイムリー。更に、山崎武が死球を食らった後、ショートが12号3ランをぶち込んで、この回大量8点のビッグイニングを形成。4回には山崎武が22号3ランを放ち、ダメ押しの13点目。偽バファローズは7回に後藤の14号ソロで完封を免れるのが精一杯だった。

楽天が投打に圧倒し、ついに最下位脱出。打っては一発が効果的に飛び出すなど、13安打で13点と効率のいい攻めを見せ、投げては先発・田中が6回を1安打無失点の好投で2年連続の2桁勝利へリーチをかけた。偽バファローズは先発・オルティズが2回もたずに9失点の大炎上。打線も僅か3安打と沈黙しての大惨敗でV逸が決定した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:35コメント(0)トラックバック(14) 

August 19, 2008

◆日本10−0中国◆
準決勝進出へ王手をかけた日本の相手はアストロ球団との実戦経験がある男・ラフィーバー監督(元ロッテ)率いる中国。初回は三者凡退に終わるも、続く2回、二死一塁からG.G.佐藤(西武),矢野(阪神),西岡(ロッテ)の3連続タイムリーで先制すると、続く3回には今大会勝負強さを発揮している稲葉(日本ハム)がタイムリー二塁打。6回には二死走者なしから矢野が歩いた後、西岡が2ランを叩き込むと、更に、青木(ヤクルト)の四球の後、4連打で4点を奪い、10点目。投げては先発・涌井(西武)が7回を散発2安打無四球無失点と、二塁すら踏ませぬ快投を展開。日本は7回コールドの圧勝で準決勝進出を決定させた。

◆オランダ0−4カナダ◆
カナダが4投手によるリレーでオランダに付け入る隙を許さず、2安打完封を果たしたが、日本,アメリカも勝ってしまい、準決勝進出の道は断たれてしまった。

◆韓国7−4キューバ◆
全勝同士の対決となったこのカード。2回に3点を先制された韓国だが、4回に一挙5点を奪って、逆転すると、その後も着々と加点し、逃げ切り。全勝を守って、予選1位が確定した。敗れたキューバは2位が確定。

◆アメリカ4−2台湾◆
勝てば準決勝進出のアメリカだったが、4回までゼロ行進と大苦戦。5回には先制点を許してしまうが、その裏、すかさず追い着くと、6回には2点を奪って、勝ち越し。その儘、逃げ切って、準決勝進出を果たした。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:50コメント(0)トラックバック(13) 

August 18, 2008

◆カナダ0−1日本◆
2敗を喫し、メダルどころか予選突破も危うくなってきた日本はこの日もカナダ相手に4回まで無失点に抑え込まれる大苦戦。しかし、5回、先頭の稲葉(日本ハム)がライトスタンドへ一発を叩き込み、ついに待望の1点を先制。先発・成瀬(ロッテ)はその裏、一死から連打を浴びて、二、三塁のピンチを背負ったが、ここからソーマン,ウェグラーズの4,5番を連続三振に斬って取り、ピンチ脱出。結局、成瀬が出した走者はこの回の二人だけで7回まで2安打無四球無失点の快投。8回からは藤川(阪神)−上原(巨人)がそれぞれ1回を3人ずつで片付けての完封リレーで1点のリードを守りきった。

韓国とキューバが準決勝進出を果たし、残り2枠をアメリカ,カナダと争う展開が見えてきた日本だが、まずは眼下の敵・カナダを辛くも撃破し、予選突破へ大きく前進した。正に、薄氷を踏む様な展開だったが、成瀬の快投に救われた。折角の快投も危うく打線に見殺しにされる所だったが、稲葉に値千金の一発が飛び出して何より。それにしても、相変わらず、打線がパッとしないのが気がかり。9回も無死三塁のチャンスを生かせないなど、川相を代表に選ばなかったツケが出ている様だ。

◆台湾8−9韓国◆
初回に大量7点を先制した韓国は台湾の猛反撃に遭い、6回には追い着かれてしまうが、辛くも勝ち越し、無傷の5連勝で準決勝進出一番乗り。

◆オランダ3−14キューバ◆
キューバ打線が14点を奪う猛攻で8回コールド勝ち。韓国と同じく5戦全勝で準決勝進出を決めた。

◆アメリカ9−0中国◆
アストロ球団との実戦経験がある男・ラフィーバー監督(元ロッテ)率いる中国は紙一重の試合を続けて、予選突破の可能性も僅かに見えてきた所だったが、アメリカ相手に格の違いを見せつけられて完敗。予選突破の可能性は大きく遠のいた。

----------------------------------------------------------------

◆中国0−1韓国◆
0−0の儘、6回降雨サスペンデッドゲームとなり、中断した状態から再開された試合は10回まで両軍ゼロ行進となったが、タイブレークとなった11回、韓国はついに均衡を破る1点をあげ、これが決勝点となった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:46コメント(0)トラックバック(11) 

July 12, 2008

◆G5−4YB◆
序盤は怒濤の空中戦。横浜が初回に大西の先頭打者アーチで先制すれば、その裏、巨人はガッツ,寿司職人ラミレスの連続アーチであっと言う間に逆転に成功。3回に横浜がガッツな貴公子・仁志の6号ソロで追い着けば、その裏、巨人は寿司職人ラミレスが2打席連続となる26号2ランを叩き込み、勝ち越し。2点を追う横浜は6回、二死一、二塁からジェイジェイのタイムリーで1点を返すと、更に、代打・メカゴジラが内野安打で続き、満塁とするが、ここで代わった上原の前に代打・相川がセカンドフライに倒れて、同点ならず。2イニング目に入った上原は7回、二死二塁から村田に同点タイムリー三塁打を浴びて、春風亭半ケツの白星を粉砕。その裏、巨人は今度はガッツにこの日2本目の17号ソロが飛び出し、三たび勝ち越し。8回からは豊田−クルーンと繋ぐ必勝リレーが決まり、巨人は3連勝となった。

巨人が寿司職人ラミレスとガッツの2ホーマーで全得点と言う一発依存野球で逃げ切り。上原は春風亭半ケツの白星をかっさらっての2勝目。1勝目はバーンサイドの白星をかっさらっており、すっかり白星泥棒が板についてきた。昨日に続いて失点するなど、接戦で起用するのがこの上なく危なっかしい。ホント、いつまでリリーフで使う気なのかね?

◆D1−1S
0−0で迎えた3回、ヤクルトは二死走者なしから連続四球でチャンスを掴むと、青木がレフト前へタイムリーを放って、1点を先制。初回から一、二塁のチャンスを逃すなど、この日もタイムリー欠乏症の中日は中盤に入ってからも、5回二死一、二塁,6回二死二、三塁,7回二死二塁と立て続けにチャンスを逃す怒濤の拙攻三昧。しかし、8回、先頭の井端が二塁打で出ると、続く森野のタイムリーでようやく同点。なおも無死一塁のチャンスにT.ウッズは最悪のゲッツーに倒れる有様。9回も二死二塁とサヨナラのチャンスに荒木が打ち上げる始末。延長に入ってからは一人の走者も出せず、青木を敬遠しまくって引き分けに持ち込むのが精一杯だった。

8回1失点と好投した小笠原を不甲斐ない打線が見殺し。まぁ、これはいつもの事なので、早いトコ、名手・川相を現役復帰させろよ!の一言に尽きる訳だが、それにしても、8,10,12回と青木に対する3打席連続敬遠は弱気過ぎるにも程があり、見ていて嫌になった。打ちまくった福地を盗塁や犠打で二進させて、悉く一塁を空けた状態で青木に回してしまったヤクルトも軽率だったが、ここまで徹底して歩かされまくるとは…。8回から畠山を下げてしまったのも大失敗だった。

◆T0−1C◆
初回二死走者なしから2四球と内野安打で満塁と先制のチャンスを掴んだ広島だが、シーボルが打ち上げて、三者残塁。3回には一死一塁からオチョアがゲッツー。4回にも二死二塁から梵のヒットで三塁を蹴ったシーボルが本塁憤死と、拙攻を続けていた広島だが、5回、二死二塁から赤松のタイムリーでついに均衡を破る先制点をゲット。23試合目の登板にして、来日初登板となるコズロースキーは5回まで無失点と予想を上回る好投を展開。6回も二者連続三振で簡単に二死を取ったが、ここからシャア少佐に痛打されると、ボークで二進を許した後、関本を歩かせた所で降板。代わった梅津も関本に痛打されるが、栗原のファインプレーに助けられ、辛くもこのピンチを凌いだ。7回からは上野が2回をパーフェクトに抑える好リリーフを見せると、最後は守護神・永川が3人で締めて、完封リレーで阪神のマジック点灯を阻止した。コズロースキーは来日初勝利。

コズロースキーがよもやの先発でよもやの好投。リリーフ陣も踏ん張り、最少リードを見事に守りきった。気がかりなのは毎度の事ながら、求道者・前田の処遇。最早、スタメン落ちは当たり前となっており、適性のない代打を強いられて凡退と言う負のスパイラルが止まらなくなってきている。やはり、試合序盤に際どいプレーでモメ事を起こして、ブラウン監督に退場して頂くしかないのか…。

◆F9−6H◆
新人王を争う大場とスーパーさぶ・多田野が直接対決。初回、無難に切り抜けた多田野に対して、大場はその裏、いきなり無死一、二塁のピンチを迎えると、一死後、稲葉,スレッジと連続タイムリーを浴び、3失点。3回には一死満塁からまたもスレッジに11号グランドスラムをぶち込まれると、4回には稲葉に12号2ランを浴びて、悪夢の9失点KO。大量リードを貰った多田野は3〜6回まで4イニング連続1点ずつ失った所で降板。5点を追うソフトバンクは8回、レストピッチのタイムリー,高谷の犠飛で3点差まで追い上げたものの、反撃もここまでだった。

開幕当初は大場の独走と思われた新人王レースだが、今や多田野と唐川のマッチレースで今や大場は完全に蚊帳の外。それだけにこの直接対決は制したい所だったが、結果は惨憺たるものに終わってしまった。早くもこの3連戦負け越しが決まってしまい、ソフトバンクにとっても痛い黒星となった。ところで、呪われた男・ボッツは来日4戦目にして、もうスタメン落ち。8回のチャンスに代打で起用されたが、あえなく三振。梨田監督は早くもボッツの呪い効果を察知したのか!?

◆E5−7M
楽天先発・田中に対して、ロッテは2回、里崎,大松,ベニー松山,橋本と怒濤の4連打で2点を先制。更に、今江が犠飛を打ち上げた後、早川のヒット,フェルナンデスのエラーでこの回一挙5点。その後、1点ずつ取り合って迎えた4回、楽天は二死満塁から嶋,渡辺直の連続タイムリーで2点差と詰め寄り、なおも、一、二塁のチャンスだったが、高須がショートゴロに倒れて、3点止まり。7回には一死から渡辺直がヒットを放ち、成瀬をKO。代わった久保から高須もヒットで続いたが、ショート,フェルナンデスと倒れて、二者残塁。土壇場9回、ロッテは西岡のタイムリー二塁打で貴重な1点を追加し、田中はここで無念の降板。楽天はそ脳ら、高須のタイムリー二塁打で1点を返したものの、最後はショートが三振に倒れて、あと一歩及ばなかった。

田中を攻略して4連勝のロッテに対し、楽天は引き分けを挟んで今季3度目の4連敗。見る見る両チームの差は縮まり、いつの間にやら1ゲーム差となった。田中はこれで6敗目となり、ついに白星と黒星が同数に…。岩隈と田中で勝ちを計算しているノムさんだけに、田中で貯金が一つも稼げていないと言う現況は大きな誤算だろう。

◆Bs2−4L◆
西武は初回、二塁打の片岡を栗山が送って、一死三塁となった所で中島が先制タイムリー。更に、二死後、G.G.佐藤にもタイムリーが飛び出し、この回2点。2点を追う偽バファローズは4回、下山,ローズのヒットで一死一、三類とすると、フェニックス一輝が犠飛を打ち上げ、1点差。更に、日高もヒットを放ち、チャンスを広げたが、牧田はライトフライに倒れて1点止まり。1−2の儘、迎えた7回、偽バファローズは先頭の日高がこの日3安打目となる二塁打で出ると、一死後、迎が内野安打を放ち、一、三塁。二死後、坂口がタイムリー内野安打を放って、ついに同点。2回以降、ゼロ行進を続けていた西武だが、土壇場9回、同点ながら早くもマウンドに上がった守護神・加藤の代わりばなを代打・礒?が2号勝ち越しソロ。更に、この後、中島がタイムリー二塁打を放って、ダメ押し。最後はグラマンが3人でピシャリと締め括った。

粘った偽バファローズだが、早く投入し過ぎた加藤が背信投球で連敗。西武の首位独走,偽バファローズの最下位独走を阻止する為にも何としても3タテ食らうのだけは回避して貰いたい所だ。西武先発・岸は好投虚しく、打線の見殺しに遭ったが、ピンチを作りながらも凌ぎきった2番手・正津が2年ぶりの白星を掴んだ。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:56コメント(0)トラックバック(52) 

July 05, 2008

◆D2−7G◆
中日先発・小笠原がいきなり3連打で先制を許すと、一死満塁となった所で阿部,岩舘と連続タイムリーを浴びて、4失点。その裏、中村紀のタイムリー等で2点を返して貰うも、直後の2回、ガッツに14号2ランを叩き込まれて、この回限りであえなくKO。巨人は3回にも初回に痛恨のスクイズ失敗をやらかした坂本が汚名返上のタイムリーを放ち、7点目。中日はその裏、一死一、二塁のチャンスに中村紀が最悪のゲッツー。4回一死一塁,5回一死二塁のチャンスも逃した中日は6回にも二死一、三塁のチャンスを掴み、春風亭半ケツをKO。しかし、ここで代わった上原の前に代打・立浪がファーストファールフライに倒れて、二者残塁。8回には3番手・豊田から先頭の中村紀がヒットで出るも、後続3人があえなく凡退。巨人も4回以降は拙攻続きだったが、序盤の猛攻がモノを言い、最後は山口が締めて、逃げ切った。

巨人が先発全員安打の猛攻で快勝。春風亭半ケツは苦しい投球内容だったが、打線の援護と中日の大拙攻に助けられ、4月24日以来となる3勝目を飾った。前回は背信投球を展開してしまった上原もピンチを切り抜けるなど、1回1/3を無失点。果たして、いつまでリリーフ登板を余儀なくされるのか気になる所だ。中日は森野,井端が一軍に復帰。井端はベンチだったが、スタメン復帰の森野は早速2安打と復調をアピール。しかし、チーム全体では11個の残塁を量産する相変わらずのタイムリー欠乏症を露呈。リリーフ陣はよく粘ったが、打線がこんなでは粘り甲斐もないと言うものだ。

◆C5−5S
広島は初回、オチョアの内野ゴロの間に先制すると、二死後、嶋,シーボル,梵と3連打を浴びせて、この回3点。2回に福川のタイムリー内野安打で1点を返されるも、その裏、オチョアの8号ソロで再び3点差とすると、3回には前田健の犠飛で5点目を追加。しかし、ヤクルトは5回、一死から3連打とエラーで1点を返すと、宮本が歩いて満塁となった所で青木の内野ゴロの間に3点目。更に、続く畠山が2点タイムリーを浴びせて、一気に同点。追い着かれた広島は7回、二死満塁と絶好の勝ち越しのチャンス。ここでようやく起用された求道者・前田だが、ただでさえスタメンで使われてこそ真価を発揮するタイプの上、ブラウン暗黒采配によりコンディションもどん底とあっては結果を出す事が出来ず、無念の三振。試合はその儘、延長に突入したが、両軍共に決め手に欠き、12回規定により引き分けに終わった。

求道者・前田抜きで5割到達にリーチと言う苦境に追い込まれた広島だが、勝利投手の権利を獲得目前の前田健の突如の乱調で追い着かれ、5割は明日にお預け。またまた軟禁された求道者・前田は珍しく真っ当な場面で代打起用された訳だが、ブラウン監督の意図は、度重なる暗黒采配によりコンディションもモチベーションもどん底に落ちきって結果を出せないであろう事を見越し、求道者・前田は重要な場面では使えないと言う既成事実をでっち上げる為であった事は想像に難くない。それだけに何としても結果を出したい求道者・前田だったが、まんまとブラウン監督の術中にハマってしまった。そもそも、真っ当な起用と言っても、スタメンでなく代打な段階で既に真っ当ではないのだ…。

◆YB4−9T◆
連勝街道を走り続ける阪神は2回二死走者なしから鳥谷がヒットで出ると、続く矢野が2試合連続3号2ランを叩き込み、2点を先制。3回の二死一、三塁のチャンスは逃したものの、続く4回には那須野の3連続四球で無死満塁とタナボタのチャンス。ここで代わった桑原謙の前に安藤,代打・葛城イクローと連続三振に倒れるも、関本が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、一気に3点を追加。更に、5回には矢野のタイムリー,バルディリスの犠飛で2点を追加。終盤も攻撃の手を緩めない阪神は7回にバルディリスのタイムリー,8回に新井の犠飛で1点ずつ追加。横浜は終盤,ビグビー,小関の一発等で4点を返したものの、大量失点を跳ね返すには至らなかった。

水島の呪いに苛まれている横浜では勢いを止めようがなく、阪神は破竹の5連勝。打線は一発含む4安打3打点の大爆発だった矢野を筆頭に14安打9得点の猛攻。連日の大勝でJFKを3枚とも2試合連続温存する事に成功した。投げては先発・安藤が5回無失点の好投で7勝目。いよいよ中日の差は10.5にまで広がったが、これだけ開くと、2位以下のチームも優勝を早々と諦め、アジアシリーズ出場権争奪戦出場権争奪戦とやらに照準を絞りやしないかと心配だ。ぶっちぎりの大差でシーズンを制覇した阪神が、下手すると5割にも満たないチーム相手にアジアシリーズ出場権争奪戦出場権争奪戦とやらのたかだか数試合に不覚を取っただけで日本シリーズ出場辞退に追い込まれる様な展開になったら、シャレにならんよなぁ

◆M12−6H◆
連敗ストッパーを託された大場だが、初回から一死満塁の大ピンチ。しかし、ここで昨日、グランドスラムを叩き込んだ大松,サブローと連続三振。2回の二死一、二塁のピンチも凌ぎ切ると、3回、ソフトバンクは本多の2号2ラン,松中のタイムリーで3点を先制。4回にも松田の8号ソロで1点を追加。しかし、食い下がるロッテはその裏、里崎がタイムリー。5回に松中の14号2ランで突き放されても、その裏、ベニー松山の2点三塁打で再び3点差に詰め寄り、大場をKO。続く6回には二死走者なしからヒットと2四死球で満塁とすると、大松の走者一掃タイムリー二塁打で一気に同点。更に、サブローが歩いた後、ベニー松山がタイムリー三塁打を浴びせて、2点を勝ち越し。7回には西岡の8号ソロ,大松の13号3ランで一気に4点を加え、ダメを押し、最下位を脱出した。

左手首負傷の小久保を欠きながらも、一時は5点差をつけ、今日こそ連敗脱出と思われたソフトバンクだが、終わってみれば、6点差つけられての大逆転負けで9年ぶりの7連敗。大場もイマイチだったが、高橋秀,小椋が酷過ぎた。一方、ロッテは渡辺俊が6失点KOを食らいながらも、4人のリリーバーが無失点の好投で逆転を呼び込んだ。フクーラは4安打,大松は6打点の大当たりだった。

◆F4−3Bs
日本ハム先発のスーパーさぶ・多田野はいきなり先頭の坂口を空振り三振に斬って取るも、振り逃げで生かしてしまうと、二死後、ローズ,下山と連続タイムリーを浴びて2点を献上。2回に金子誠のタイムリー内野安打で1点を返した日本ハムは3回には稲葉のタイムリーで同点。そして、5回には無死一、二塁からまたも稲葉が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、2点を勝ち越し。リードを許した偽バファローズは6回、ローズが21号ソロを叩き込み、1点差。更に、下山も二塁打で続いたが、日高は空振り三振に倒れて同点ならず。最後のピンチを凌いだ日本ハムは7回から建山−武田久−MICHEALとパーフェクトリレーを展開し、偽バファローズの反撃を断ちきった。

不敗神話が途切れてから連敗中の多田野だったが、粘りの投球で何とか3点に食い止め、打線とリリーフの援護を仰いで、23日ぶりの白星。打っては上位打線が稲葉の前にきっちりチャンスを作り、その期待に稲葉がきっちり応える理想的な展開だった。偽バファローズの1〜3番がノーヒットで好調・ローズの前にチャンスを作れなかったのとは対照的だった。

◆L3−2E◆
立ち上がりから制球の定まらない楽天先発・田中は初回、一死から栗山に二塁打を浴びると、2つの四球で二死満塁とした所で中村にも四球を与えて、押し出しで先制を許す体たらく。4回には一死から中村に18号ソロを被弾し、2点目を献上。西鉄先発・岸の前に攻めあぐねていた楽天だが、7回、一死一塁から高須がタイムリー二塁打を放ち、1点差。その裏、田中だが、一死二塁のピンチを迎えた所で無念の降板。その後、二死満塁となった所で3番手・小山が江藤に痛恨の押し出し四球。再び2点差としてしまった楽天は8回、嶋,中村,渡辺直と3連打で無死満塁のチャンスを掴むが、草野のセカンドゴロの間に1点を返すのが精一杯。9回も守護神・グラマン相手に先頭のショートがヒットで出塁。高須が送って、一死二塁としたものの、後続を断たれて、あと一歩及ばなかった。

楽天は3失点中2点が押し出しと完全に自滅。ヒットは西鉄を6本も上回る12本を放ちながら、2点しか取れなかった。1番に抜擢された中村は先頭打者として3度出塁するなど、4打数4安打とバッティングでは見事に期待に応えたが、1回には牽制死,6回には盗塁死と走塁面で相次ぐチョンボ。7回の高須の走塁死も痛かった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:21コメント(0)トラックバック(69) 

June 27, 2008

◆C6−1G◆
Aクラスなら確実、勝率5割でも検討の余地ありとの条件を出され、求道者・前田に引導を渡すべく続投へ意欲満々のブラウン監督は同一リーグ戦再開早々、求道者・前田をベンチに軟禁。難敵不在の広島相手に白星を掴みたいグライシンガーだったが、2回にシーボルに先制タイムリーを許すと、3回には栗原に8号3ランを叩き込まれ、5回にはバックに足を引っ張られて5点目を失い、この回限りで無念のKO。一方、広島先発・前田健は6回まで散発2安打と素晴らしい投球を展開。7回に阿部に7号ソロを浴びて降板したものの、リリーフを仰いで、2勝目をマークした。

前回の好投で二軍降格の危機を免れたかに思われたグライシンガーだが、またまた背信投球。ここ7戦で1勝5敗の体たらくで悠長にはしていられなくなってきた。とりあえず、ガッツがサードを守れない状態で、復調気配とは言え、李を上に上げられない状況であるのは僥倖と言えるだろう。さて、ブラウン監督の求道者・前田幽閉策はいよいよ本格化しそうな気配。ブラウン失脚の為、チーム一丸となって貯金阻止に走る様な事態になったらどうするつもりなんだ!? もう一人の「前田」こと前田健は7回1失点と前回に続く好投。いよいよ覚醒しつつあるのは喜ばしい限りだ。

◆YB1−2D
交流戦でもタイムリー欠乏症,一発依存症に好転の気配が見えなかった中日は同一リーグとの戦いが始まっても相変わらずで、初回からエラーで貰ったタナボタのチャンスを逃すと、2回一死二三塁,4回一死一、二塁のチャンスを悉く逃す拙攻三昧。しかし、再び威力を増してきた水島の呪いに苛まれる横浜も3回に満塁のチャンスを逃すなど、5回までに1併殺1走塁死6残塁と中日以上の大拙攻。投手戦でも貧打戦でもない拙攻戦は両軍無得点の儘、7回へ突入。中日は無失点投球の人斬り抜刀斎をついに引っ込めてまで投入された代打・立浪が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにライトスタンドへ今季初アーチを叩き込み、ついに待望の先制点をゲット。更に、この後、二死一、二塁のチャンスを作ったが、ベンちゃんは三振に倒れて、1点止まり。その裏、この回から代わった吉見に対して、ウチからのヒット,ビクビーの四球で一死一、二塁とした横浜だったが、ここから吉村,代打・メカゴジラと内野ゴロに仕留められ、同点ならず。土壇場9回、中日は二死二塁から代打・平田のどん詰まりの打球がセンター前にポトリと落ちる幸運なタイムリーとなり、貴重な1点を追加。その裏、守護神・岩瀬がいきなり代打・大西に被弾し、1点差とされたものの、後続を断って、逃げ切った。

怒濤の拙攻モードを繰り広げながら、人斬り抜刀斎の頑張り…と言うより、横浜が中日以上の拙攻を繰り広げてくれた事に救われた中日が何となく6連勝。6連勝中とはとても思えないこの勢いのなさは何だろう…。まぁ、相変わらずの一発依存とは言え、立浪の今季初アーチならば、とりあえず、よしとするか…。吉見の中継ぎ起用はローテに余裕の出来る交流戦仕様かと思われたが、今後もこういう使い方でいくのだろうか。ならば、岩田にも逆転新人王の勝機は出てくる…かも…。

◆H3−2E◆
ソフトバンク先発・大隣は初回、高須に2号ソロを被弾し、先制点を献上。グスマンの前に2回まで3人ずつで抑え込まれていたが、3回、長谷川の二塁打の後、松田が同点タイムリー。1−1の儘、迎えた6回、楽天は先頭のフェルナンデスが9号ソロを叩き込み、勝ち越すも、それも束の間、その裏、ソフトバンクは無死二、三塁から小久保が犠飛を打ち上げて、再び振り出しに。追い付かれた楽天は8回、2番手・久米を攻め、無死満塁のチャンスを掴むも、ここで代わったニコースキーの前に後続3人が倒れて、三者残塁。土壇場9回、ソフトバンクは二死走者なしから松田が四球を選ぶと、山崎がライト前に弾き返して、一、三塁。ここで本多がセンター前へタイムリーを放ち、今季7度目のサヨナラ勝ちを収めた。

交流戦初優勝を飾ったソフトバンク。その勢いがこの中休みで止まってしまわないかと心配された矢先に川崎がノックで右手親指打撲のアクシデントに見舞われてしまった。しかし、川崎は気力の強行出場を果たし、王さんが序盤から猛抗議を見せるなど勝利への執念をチーム一丸となって燃やし、サヨナラと言う最高の形での白星スタートとなった。久米が思わぬ乱調で作ったピンチをニコースキーが見事に切り抜けたのが大きかった。

◆Bs3−4F
日本ハムは3回、二死走者なしから野手転向3年目の糸井がプロ初アーチを叩き込み、先制。5者連続三振を奪うなど、上々の滑り出しを見せていたダルビッシュだが、4回、先頭のカブレラに四球。ここからローズ,北川と連続三振に斬って取るも、日高に7号2ランをぶち込まれ、形勢逆転。1点を追う日本ハムは6回、二死から四球で出た田中がすかさず二盗を決めると、稲葉のタイムリーで同点のホームイン。8回には二死一、二塁からまたも稲葉がタイムリーを放ち、勝ち越しに成功。その裏、偽バファローズは二死満塁と一打逆転のチャンスを掴むも、北川がセンターへ打ち上げて、三者残塁。日本ハムは9回に金子誠のタイムリーで1点を追加。粘る偽バファローズはその裏、守護神・MICHAELに対して、一死から下山の5号ソロで1点差。更に、後藤のヒット,フェニックス一輝の四球で一、二塁と追い詰めたが、反撃もここまで。坂口はセカンドゴロに打ち取られると、村松は空振り三振に終わり、あと一歩及ばなかった。

偽バファローズがまたも貧打で6連敗。連敗中全て4点以内で踏ん張り、1点差が4試合,2点差が2試合と悉く接戦を逃している。一歩間違えば、6連勝出来たとも言える訳で、肝心な所での勝負弱さが大きく響いている。4回まで8個とハイペースで三振を奪ってきたダルビッシュだが、開幕直後の「ドカパロSS」的展開を想像してしまったのか、中盤から失速し、7回で降板となったのは残念。密かな大事件と言えば、ここまで打率.062,ヒットが四球より少ないと言う壊滅的不振に喘いでいた金子誠が何と!2本もヒットを放った事だろうか。

◆L4−1M◆
6連敗と言う最悪の形で交流戦を終えた西武はこの日も初回から里崎に被弾し、先制点を献上。しかし、その裏、ブラゼルの犠飛であっと言う間に追い付くと、3回には栗山の5号2ランで勝ち越し。5回にはブラゼルに18号ソロが飛び出し、成瀬をこの回限りでマウンドから引きずり下ろした。ロッテは2回以降、大きなチャンスも作れず、最後はグラマンに締められてのスミ1で4連敗。

連敗地獄に喘ぐ西武相手に表ローテで3タテと意気込んでいたロッテだが、ナイター14連勝中の成瀬が5回KOの大誤算。打線もスミ1の体たらくで、西武の連敗を止めたばかりか、自軍の連敗を伸ばしてしまった。西武は一発攻勢と帆足の好投で15日ぶりの白星となった。交流戦後の中休みがいい気分転換となったか、プラス方向に働いた様だ。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:45コメント(0)トラックバック(20) 

May 23, 2008

◆L10−1G◆
攻守に渡る安定感で李の付け入る隙を許さない活躍を見せている当ブログ推奨助っ人・ゴンザレスだが、15日にハマのチンピラから左脇腹に食らった死球の影響で登録抹消。意気消沈の巨人は初回に寿司職人ラミレスのタイムリー二塁打で先制するも、その裏、グライシンガーがG.G.佐藤に被弾するなど、5長短打を集中されて、4失点。ショックの癒えないグライシンガーは続く2回にも中島に10号2ラン,3回にはまたもG.G.佐藤に14号ソロと相次ぐ被弾で7点目を献上。中盤は沈黙していた西武打線だが、8回に中島のこの日2本目となる2ラン等でダメ押しの10点目。ゴンザレスに代わってセカンドに入ったキムタクがノーヒットに終わるなど元気のない巨人打線はスミ1で終わり、大惨敗となった。

2年連続でハマのチンピラにゴンザレスが潰されると言う悪夢の再来。あの時、感じた嫌な予感は残念ながら杞憂には終わってくれなかった。ハマのチンピラは後になる程、痛みが増していく死神ボールの使い手なのか!? 巨人を潰す為にゴンザレスを潰しておくと言うのは戦略としては的確であるのだが、実にインモラル。公約を掲げては破りまくるハマのチンピラにモラルを求める事がそもそも間違いなのは分かっているが、こうもピンポイントでゴンザレスをスナイプし、確実に故障に追い込んでいるのを見ると腹立たしい事この上ない。大体、勝率5割にも満たない巨人ごときに目くじら立ててどうするのか。それにしても、クオリティスタート率の高さでは定評のあるグライシンガーが3回までに7失点で、5回降板とは驚いた。春風亭半ケツ,内海の不振がグライシンガーにまで伝染してしまったのか!?  それともグライシンガーですら抑えられない程、西武打線が凄いのか!?

◆F1−0D
長らく危惧されていた水島の呪いのXデーだったが、とんだスカシネタに取って代わられた事により、予想された甚大極まりないダメージを免れた日本ハムは2回、先頭の稲葉がライトスタンドへ7号ソロを叩き込み、1点を先制。日本ハム先発のスーパーさぶ・多田野は3回一死までパーフェクトと素晴らしい立ち上がりを見せていたが、ここで平田に頭部死球を食らわせて、あえなく危険球退場。折角、タナボタのチャンスを貰った中日だが、緊急登板の坂元に対して、小田はヘッポコバントで小フライを上げてしまい、飛び出した平田は戻れずにゲッツーとなる大チョンボ。4回には先頭の荒木がヒットで出ながら、井端のライトフライで強引に二塁へタッチアップを図り、憤死する大チョンボ。5回には一死からベンちゃんが二塁打で出ると、二死後、デラロサのシヨートゴロを陽がエラー。しかし、この隙に三塁を狙ったベンちゃんがオーバーランで刺される大チョンボ。中日先発・人斬り抜刀斎は稲葉に被弾した以外は僅かに2安打に抑えて完投を果たしたものの、一発が出ないと如何ともし難い中日打線が日本ハムの5投手に完封リレーを食らって、見殺しにした。

最も頼りになる男がコーチャーズボックスに軟禁されていると言う異常事態でタイムリーが出ず、頼みの一発も出そうにないとあって、焦りまくった数少ない走者が次々と憤死と言う負のスパイラルで中日が大惨敗。結果は1−0でも、こんなのは大惨敗である。ついに投手陣が及第点以上の投球をしてすら勝てない様になってきたとは深刻である。この悪夢の事態を打開する為にも名手・川相の現役復帰が待たれる所だ。

◆H7−2T◆
阪神は初回、キュラソ星人のタイムリー二塁打で2点を先制。一方、ソフトバンクは2回に長谷川の4号ソロで1点差。その後、安藤,大隣の投げ合いが続いたが、1−2で迎えた6回、ソフトバンク打線が突如爆発。川崎,松中,小久保の3連打で同点とすると、柴原が歩いて満塁となった所で松田が勝ち越し2点タイムリー二塁打を放ち、安藤をKO。更に、長谷川が犠飛を打ち上げると、二死一、二塁となった所が本多にもタイムリーが飛び出して、この回、大量5得点で試合を決定付けた。大隣は2回以降、追加点を許さず、完投こそ逃したものの、4勝目をマークした。

交流戦が始まった途端、3連勝と波に乗り始めたソフトパンク。厄介な阪神の継投モードに入る直前に安藤を捉えたのが大きかった。ここ4戦連続して4点以上失っていた大隣も久々に粘り腰を見せたのも明るい材料だ。阪神は6番以下の下位打線が誰一人出塁出来ない体たらく。相手が左腕でも、今のゼブラ今岡を使うくらいなら、悠久の若虎・桧山を使った方がいい様に思うのだが…。

◆Bs3−6C◆
コリンズ監督がいきなりバックれて、大石新政権が誕生した偽バファローズ。コリンズ監督から先発に転向させて貰った事を恩義に感じている小松だったが、2回、ネクストバッターズサークルに控える求道者・前田の存在にビビって、栗原に先制アーチを被弾。その裏、後藤のタイムリー二塁打で追いついたのも束の間、直後の3回、東出に勝ち越しタイムリーを許した後、続くオチョアに6号2ランをぶち込まれる始末。7回にも二死一、二塁のピンチを迎えた小松はまたもや次に控える求道者・前田の姿に恐れをなし、栗原に走者一掃のタイムリー二塁打を浴びて、無念のKO。偽バファローズは9回に2点を返したものの及ばず、大石新政権の初戦を飾る事は出来なかった。

またもスタメンを勝ち取った求道者・前田だが、スタメンでただ一人出塁出来ず。2〜4番で全打点と求道者・前田に回ってくる前にカタがついてしまったので、大局には影響なかったが、求道者・前田を幽閉する機会を虎視眈々と狙っている指揮官がいるだけに、明日の安否が心配だ。確変中の高橋は今日も健在。6回を1失点の好投でハーラートップの6勝目をあげたが、ここまで無失点で来ていた永川が2点を失ったのが少々心配。偽バファローズは村松と坂口を入れ替えるマイナーチェンジでコリンズ色が消えたんだか消えてないんだか、大石新政権はさしたる独自性を見せる間もなく敗れた印象だ。

◆E7−5YB◆
横浜先発のルーキー・小林に対して、楽天は2回、フェルナンデス,鉄平の連続タイムリー二塁打で2点を先制すると、藤井が内野安打で繋いだ後、聖沢が犠飛を打ち上げて、3点目。4回に村田の12号ソロで1点を返した横浜は5回にも一死から連打で一、二塁のチャンス。しかし、大西,ガッツな貴公子・仁志と内野ゴロに打ち取られ、二者残塁。すると、その裏、楽天はショートのタイムリー二塁打で1点を追加。7回には山崎武に9号2ランが飛び出して、6点目。これで決まったかに思われたが、直後の8回、横浜が怒濤の猛反撃。3本の単打で1点を返すと、二死満塁となった所で金城,相川と連続タイムリーを浴びせて、1点差。しかし、その裏、楽天は代打・憲史のタイムリー内野安打で貴重な1点を追加。最後は小山が3人で締め、辛くも逃げ切った。楽天先発・岩隈はハーラートップの7勝目。一方、敗れた小林はプロ初黒星。

岩隈から5点を奪い、マウンドから引きずり下ろした横浜から、あまりにも反撃が遅過ぎた。村田は一発含む3安打の大当たりだったが、その前後を打つ好調の内川,ビグビーが今日に限って大ブレーキだった事が響いた。横浜はこれで4連敗と、交流戦に入ってからも浮上の気配が全く見えない。とにかく投手陣が打たれ過ぎである。楽天は小山が好投を見せ、今季初セーブ。小山がストッパーとして復活する様になると、交流戦で一気に浮上出来る可能性も見えてくるが…。

◆M0−2S◆
成瀬,石川の両先発が息詰まる投手戦を展開。成瀬が9回を散発2安打無失点に抑えれば、石川も負けじと9回を散発3安打無失点。結局、0−0の儘、試合は延長に突入し、両先発は揃ってマウンドを降りる事に…。継投モードに入ってからも、両軍のリリーフ陣が10,11回とパーフェクトの好投を見せ、ラストイニング12回へ突入。ヤクルトは先頭の福地が四球で出ると、一死後、畠山がタイムリー二塁打を放ち、ついに均衡を破る先制点をゲット。更に、田中のヒット,ガイエルの四球で満塁となった所で宮出のサードゴロを今江がエラーし、決定的な2点目を追加。その裏、押本が3人でピシャリと締めるプロ初セーブで完封リレーを達成した。

いずれも3試合白星から遠ざかっている成瀬と石川が完璧な投球を展開したにも拘わらず、いずれも白星を掴めないとは何とも不憫な展開。結局、勝負を決めたのはリリーフ陣の差だった。ヤクルトの防御率0点台トリオは素晴らしい安定感だね。JFKの様な凄みは感じないのだが、どうにも打ち崩せそうな雰囲気がない。押本は開幕から22戦連続無失点と来るから圧巻だ。またも打順を微妙〜にテコ入れしたヤクルトだが、ユウイチの3番はともかく、田中が5番と言うのは何だか違和感を覚える。そして、ガイエルはとうとうクリーンアップを押し出され、6番にまで降格となったが、意地を見せられずに4タコ。更に、打順が落ちるのが先か、スタメンを外されるのが先か、はたまた二軍に落とされるのが先か気になる所。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:17コメント(1)トラックバック(22) 

April 30, 2008

◆G3−4C◆
求道者・前田がスタメン復帰し、意気上がる広島は初回、巨人先発・春風亭半ケツから赤松が2試合連続の先頭打者アーチを叩き込み、先制。続く2回にはブラウン監督の訳の分からない采配に振り回される鬱憤を晴らすがごとく、求道者・前田がライトスタンドへ2号ソロ。2点を追う巨人は広島先発・大竹から3回、亀井の4号ソロで1点差。4回無死一、二塁のチャンスをゲッツーで潰し、6回一死一、二塁のチャンスも逃した巨人だが、7回、二死から坂本が二塁打を放ち、大竹をKO。ここでブラウン監督は左の亀井だからと左のコズロースキーを投入する安直継投を展開。しかし、対左投手の方が遙かに数字を残している亀井は苦もなくライトスタンドへこの日2本目のアーチを叩き込み、一気に逆転に成功。追いかける展開となった広島は直後の8回、巨人4番手・山口に対して、一死から石原が痛打すると、途中出場の東出がタイムリー二塁打を放ち、石原が同点のホームイン。土壇場9回には一死壱、二塁からシーボルのタイムリーで勝ち越しに成功。8回からマウンドに上がっていた永川は2回を4三振ノーヒットの快投で巨人の反撃を断ち切った。

いきなり飛び出した求道者・前田の怒りの一発には胸のすく思いをさせられた。その後が続かなかったのだが、これだけ執拗に指揮官からモチベーションを奪われては集中力を持続するのも難しいと言うものだ。まさか、亀井に左をぶつけたブラウン安直采配は求道者・前田の一発の価値を下げる為の陰謀ではあるまいな? まぁ、地でヘッポコ采配なんだろうけど…。求道者・前田の一発に刺激されたか、オチョア,栗原,シーボルも奮起。永川は久々に守護神らしい圧巻の投球だった。巨人は終わってみれば亀井の2発のみ。頼みのゴンザレスも今日はブレーキ。阿部の打率はとうとう2割を割ってしまった。

◆D2−4YB◆
川相不在の弊害を露呈する無様な戦いを続けながらも、その最大の解決策である川相の現役復帰に踏み切ろうとしない落合監督はまたまた川井の先発でお茶を濁しにかかるが、その立ち上がりを捉えた横浜が内川のタイムリー二塁打で2点を先制。ウッドの前に4回までパーフェクトと沈黙していた中日は5回に一死一、三塁と初のチャンスを作るが、後が続かず二者残塁。しかし、6回、一死から突如、制球を乱したウッドが連続四球でKO。この拾い物のチャンスに李が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに激振。打球はスタンドにこそ届かなかったものの、レフトフェンス直撃の走者一掃タイムリー二塁打となり、ようやく同点。更に、二死後、ガッツな貴公子・仁志のエラーでチャンスを広げるも、森野がショートフライに倒れて、二者残塁。すると、直後の7回、横浜は村田のタイムリー二塁打で勝ち越し。更に、8回には吉村に6号ソロが飛び出して、貴重な1点を追加。その裏、中日は連続四球で無死一、二塁と絶好のチャンスに李が最悪のゲッツー。続くT.ウッズも三振に倒れて、得点ならず。9回には横浜新守護神・はーちゅんに対して、二死から連打を浴びせるも、最後は代打・立浪がレフトフライに倒れて二者残塁と最後の最後まで川相不在の弊害を露呈する形で敗れた。

相も変わらず拙攻三昧の中日。投手陣がちょっと踏ん張りきれないだけで星を落としてしまうのは当然の結果だ。川井は責められる程、悪い内容ではなかったが、川井ではチームの空気を変えるに至らない事は明白なのだから、いい加減、観念して川相を復帰させろと。最後のバッターとなった立浪が未だに今季ノーヒットなのも気になる所。やはり、4打席立たせない打者だけに交流戦が待ち遠しい。横浜は白星こそつかなかったものの、ウッドがよく踏ん張った。配置展開には釈然としないものがあるはーちゅんはおぼつかない投球ながらも辛くもセーブ。はーちゅんが結果を出せるかどうかよりも、どれだけはーちゅんに繋げる展開に持っていけるかが横浜の課題だろう。

◆T6−5S◆
取られては取り返すシーソーゲームとなったこの試合。まず阪神が初回に新井のタイムリーで先制すると、3回にヤクルトが川島慶,田中の連続タイムリーで逆転。その裏、阪神が葛城イクローのタイムリー等で再び逆転すれば、ヤクルトも負けじと4回、飯原の一発,川島慶のタイムリーでまたも逆転。しかし、阪神は6回、二死一、三塁から平野が走者一掃のタイムリー三塁打を放ち、四たび逆転に成功。粘るヤクルトは8回にまたまた川島慶が同点タイムリー内野安打。5−5で迎えた土壇場9回、ヤクルト4番手・松岡に対して、阪神は先頭の新井がいきなり左中間スタンドへ2号ソロを放り込み、劇的なサヨナラ勝ち。同点ながらも引っ張り出されていた藤川に今季初白星がついた。

5勝目&月間MVPを狙った下柳が4失点KO。久保田も失点し、9回同点の場面ながら早くも藤川が引っ張り出され、延長に入ったらどうするんだ?と言う重い空気を新井が一振りで吹き飛ばした。依然としてヒットはコンスタントに出るが、一発が出ないと言う好調なんだか不調なんだか分からない状態が続いていた新井だが、ここまで放った2発はいずれも値千金だ。ヤクルトは新1〜3番トリオが7安打とまたも機能したが、ガイエル,リグスの両助っ人が9タコ5三振の大ブレーキ。復帰初登板の五十嵐も2失点と奮わなかった。

◆L6−2H◆
ソフトバンクは2回、不振に喘いでいた小久保の通算350号となる4号ソロで先制。先発・大隣は3回までパーフェクトと素晴らしい立ち上がりを見せていたが、4回から片岡,中島に被弾し、逆転を許すと、7回には中村,江藤に連続アーチを浴び、KO。ソフトバンクは直後の8回、ノーヒットで1点を返し、2点差に詰め寄ったものの、その裏、中島,中村のタイムリー二塁打でダメ押しの2点を失い、試合を決定付けられた。西武先発・石井一は8回途中まで2失点の好投で4勝目をマーク。

折角、小久保に一発が出たのに、今度は松中が4タコ。この打線の噛み合わなさ加減がソフトバンクの低迷を象徴している様だ。まぁ、散発4安打じゃ勝ちようがないわな。大隣も大場の一発病が伝染したかの様なソロアーチ4被弾で轟沈。相次ぐ完投で開幕2連勝した時はどんな数字を残すやらとワクワクしたものだが、気付いてみれば、それから4連敗。炎上している訳ではないのだが、打線との噛み合わせの悪さも手伝って、勝ち運を失ってしまっている感じだ。西武は一発攻勢もあって、7安打で6点,ヒットが出たイニング全てに得点と効率のいい攻撃で快勝。石井一は5試合連続自責点2と言う妙な安定感を見せている。

◆M3−6F◆
水島の呪いの影響で登板が前倒しになったダルビッシュ。しかし、この事態を嫌がっていたのはダルビッシュ当人ではなく、相手投手の渡辺俊だった。とんだとばっちりでダルビッシュと投げ合う羽目になってしまい気が重い渡辺俊は初回からスレッジ,小田と連続タイムリー二塁打を浴びて、いきなりの3失点。2回に橋本の一発で1点を返して貰うも、3回にスレッジにタイムリー,5回には稲葉に一発を浴び、5回5失点であえなくKO。その裏、ロッテはフクーラの今季初アーチとなる2ランでダルビッシュから今季最多となる3点目。更に、二死一、二塁のチャンスを作って、オーティズがレフト前へ弾き返すも、本塁を狙ったズレータが憤死し、2点止まり。これで勢いの止まってしまったロッテは6,7,8回と3回連続ゲッツーを食らう有様。そうこうしているうちに日本ハムは9回に稲葉のタイムリーでダメ押し。最後はMICHEALが3人でピシャリと締めて、逃げ切った。

7回を10安打3失点と先発投手としては及第点だが、ダルビッシュとしては今季最悪の内容。ダルビッシュにとって、千葉マリンが鬼門であった事も重なり、水島の呪いによる嫌がらせ効果は確かにあったのだが、それ以上に渡辺俊にかかったダルビッシュのプレッシャーの方が大きかった様だ。日本ハムは足を痛めている高橋に代わり、4番に入った稲葉が4安打の活躍。ヤクルトの田中に便乗した訳でもなかろうが、これまた不動の2番から3番に昇格した田中も2安打とチャンスメークに一役買った。ロッテは橋本が4の4と気を吐いたが、前後の打者がこれを生かせなかった。

◆Bs4−5E◆
依然として極度の内弁慶状態から抜け出せない楽天はこの日も3回、坂口の三塁打で先制される苦しい立ち上がり。しかし、直後の4回、フェルナンデスのタイムリーで追いつくと、続く5回には渡辺直のタイムリー二塁打で勝ち越しに成功。その裏、大引のスクイズで追いつかれるも、直後の6回、山崎武のタイムリー二塁打で再び勝ち越すと、8回にはまたもフェルナンデスにタイムリーが飛び出し、4点目。これで決まったかに思われたが、土壇場9回、抑えの青山が代わりばな代打・下山に二塁打を浴びると、続く代打・浜中に2ランをぶち込まれて、一気に同点。試合は延長に突入した。迎えた10回、楽天はフェルナンデスがこの日4安打目となるタイムリーを放ち、三たび勝ち越し。最後は小山が三者凡退に斬って取り、辛くも連敗を逃れた。

楽天にとって、敵地で接戦に持ち込まれると言う今季の典型的な負けパターン。特に、9回に追いつかれる辺り、敗色ムードがプンプンだったが、辛くも白星。3本タイムリーを放ったフェルナンデス様々の展開だ。偽バファローズはビッグボーイズが14タコと開幕当初を思い起こされる見事な大ブレーキぶりが致命的な敗因。起死回生の同点アーチを放った浜中は打率は.217ながら、得点圏打率は.368でチーム3位の15打点と勝負強さを発揮しているだけに、もう少しうまい事使ってやれないかと思うのだが…。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:01コメント(3)トラックバック(53) 

April 09, 2008

◆YB1−4G◆
中継ぎ要員の那須野が今季初先発。那須野は栄養費パワーを発揮し、5回まで1安打の好投。対する内海は2,3,5回と二人の走者を背負いながらも、あと一本を許さない粘りの投球を展開。0−0の儘、迎えた6回、巨人は寿司職人ラミレスの開幕戦以来となる2号2ランでついに先制。7回にも横浜内野陣の拙守に付け込み、2点を追加。横浜は8回に金城の一発で完封を免れるのが精一杯。最後は昨年までの守護神・クルーンに締められ、単独最下位へ転落。巨人は今季初の連勝となった。

不振のガッツな貴公子・仁志がついにスタメン落ちとなってしまったが、その代わりに出たのがファーマニアックではあまり意味がなかろう。巨人を上回る7安打で僅かに1点だし…。那須野の先発起用や、桑原謙−佐藤−小林のルーキートリオ継投を展開するなど、色々テコ入れを図った様だが、勝利には繋がらなかった。巨人は寿司職人ラミレスが上昇ムードに乗ってきたが、依然として李は空気状態。不振極まりない李を使い続けるくらいなら、早いトコ、ゴンザレスを出してくれと!

◆T2−0D◆
前回の好リリーフで待望の先発マウンドが回ってきたウッチャンはいきなりシャア少佐,平野と連続三振に斬って取る幸先のいい立ち上がり。しかし、ここから新井にヒット,キュラソ星人に四球を許すと、ゼブラ今岡にタイムリーを浴び、先制点を献上。3回には2四球で作ったピンチに鳥谷のタイムリー二塁打を浴びて、2点目を献上。結局、5回に代打を送られてしまい、先発としての初白星はならず。一方、阪神先発・下柳は川相不在で元気も粘りも繋がりもない中日打線相手に7回まで2安打と付け入る隙を与えない。8回からは久保田−藤川と繋ぐ必勝パターンで完封リレーを達成。尚、注目のキュラソ星人は2三振を含む3タコ1四球に終わり、またも2000本安打はお預けとなった。

ローテ入りのチャンスが早くも回ってきたウッチャンだが、残念ながら微妙な内容に…。水島の呪いの影響で大きく出遅れていた山井がようやく初登板となり、2回をパーフェクトの好投を見せたが、「ドカパロSS」を鵜呑みにしてしまった野球少年からはどうせ卑劣な目眩ましをかましてるのだろう?と思われてるかと想像するだに、実に可哀想。キュラソ星人はリーチをかけてから11打席足踏みと思わぬ難産。2000本安打などよりも遙かに凄い記録を更新し続けているキュラソ星人に記録に対するプレッシャーなどない筈だが…。

◆S0−1C◆
広島先発・ルイスは5連続三振を奪うなど、4回まで無失点の好投を展開。負けじとヤクルト先発・石川も走者を出しながらも4回まで得点を与えずにいたが、5回、オチョアに先制タイムリーを浴び、ついに均衡が崩れた。1点を追うヤクルトは6回無死二、三塁と絶好のチャンスを掴み、クリーンアップに繋ぐが、青木がサードフライ,リグスが三振。ガイエルが敬遠された後、宮本も倒れて、結局、三者残塁。土壇場9回、完封目前のルイスが代打を送られてしまい、その裏から登板の2番手・コズロースキーは一死から宮本に内野安打を許すも、3番手・横山が続く飯原をゲッツーに仕留め、完封リレーで3連勝を飾った。

求道者・前田がまたまた2安打を放ったのを初め、クリーンアップトリオが揃ってマルチ安打。にも拘わらず、1点しか取れないって一体…。そんな不甲斐ない打線だが、ルイスの好投に救われた。9回にルイスが代えられてしまった日にゃ、どうなる事かと焦ったが、この最小得点を守りきれて何よりだ…。

◆H1−4Bs◆
2戦連続の快投を見せてきた大隣だったが、この日は2回にカブレラに被弾。4回には3つの四球で満塁とした所で迎にタイムリー,大引に犠飛を許して、3失点。5回以降は8回までノーヒットと立ち直りを見せたが、肝心の味方打線が沈黙。プロ初先発となる小松の間に5回まで田上の一発による1点のみ。6回以降も高木−菊地原−加藤のリレーの前に1安打しか打てず、3連敗で借金生活に突入した。

期待の大隣が4失点で初黒星。8回まで投げきったのは継投に不安があるからだろうが、終盤の立ち直りは次に繋がる投球ではあった。結局、3安打しか打たれていない訳で、とにかく5回の3四球がとにかく勿体なかった。ソフトバンクは偽バファローズより多い…と言っても、僅かに4安打でこれでは勝ちようがない。今日のビッグボーイズはカブレラが先制アーチを放った以外はノーヒット。ローズは判定に不服を漏らして、12度目の退場と自己の持つプロ野球記録を更新した。

◆F4−2E◆
7点のリードを奪っても連敗を止められず、ノムさんから連敗地獄突入を予知されてしまった楽天は2度の連敗に関与していない先発・永井に全てを託すが、初回から稲葉に2ランを被弾する苦しい立ち上がり。3回に高須のタイムリー二塁打,4回に山崎武の4号ソロに同点に追いついたものの、6回、スレッジに被弾し、勝ち越し点を献上。7回には2番手・有銘がまたも稲葉にタイムリーを許し、突き放された。この後、武田久−MICHEALと繋ぐ日本ハムの必勝リレーの前に反撃を断たれ、楽天は5連敗でついに単独最下位。日本ハム先発・吉川は6回2失点で今季初勝利。

ノムさんの悪い予言が見事に的中。ついに永井まで連敗に関与してしまった。この日も一発含む3安打と好調な山崎武の前に一人も走者を出せなかったのが痛い。最下位と言っても首位と3.5差なのでまだまだ巻き返しは可能だが…。日本ハムは今季初の3連勝。相変わらず、得点力不足に苦しんではいるが、守りの野球で地道に白星を拾っていくしかあるまい。

◆L1−10M◆
快進撃を続ける西武の先発は開幕3連勝を狙う岸。しかし、いきなり3連打で満塁とされると、一死後、大松にライトスタンドへぶち込まれて、4失点。4回に5点目を許した後、5回にも集中打を浴びて、悪夢の8失点KOとなった。ロッテ先発・清水は大量リードを背に西武打線を翻弄。6回にエラー絡みで1点を許したが、それ以外の回は三塁も踏ませない安定した投球を見せ、今季初完投初勝利。西武の連勝は6でストップした。

打っては先発全員安打で今季初の2桁得点,投げては清水が1失点完投と投打が噛み合い、ロッテが最下位脱出。清水は今回の様な投球を初戦から見せていたら、マスコミの格好の餌食となっていたかもしれないが、今更感の強くなってきた3戦目とはいい頃合いだった…と思いきや、お立ち台で話を振られてしまったとさ…。本人が自分から言わない限り、こういうネタを広げるなっつーの。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:39コメント(0)トラックバック(51) 

December 02, 2007

◆韓国3−4日本◆
事実上の決勝戦と目されるこの一戦。この所、国際試合では分の悪い韓国相手に大会前からダルビッシュ(日本ハム)の先発は鉄板と思われていたが、星野監督は人斬り抜刀斎(中日)の中継ぎ登板を前提にすると言う謎の小細工を企み、リリーフの不要な両リーグ最多12完投をマークしたダルビッシュの誇るステータスは完全に無視して、人斬り抜刀斎とタイプの違う成瀬(ロッテ)を先発起用。これに対して、試合直前にオーダーを組み替えると言う姑息な戦法をかましてきた韓国は初回一死から高永民がセンター右のスタンドへ放り込んで、早々と先制点をゲット。1点を追う日本は直後の2回、先頭の新井(阪神内定)がレフト線へ弾き返し、二塁へ執念のヘッドスライディング。二死後、稲葉(日本ハム)が歩き、一、三塁となった所でサブロー(ロッテ)が三遊間を破る同点タイムリー。なおも一、二塁の場面で水島の呪いで死球を食らった井端(中日)に代わり、スタメンに入った森野(中日)はセカンド正面のゴロに倒れて、二者残塁…と思いきや、これを高永民が大きく弾き、ボールが転々とする間に稲葉が一気に返って、勝ち越しに成功。3回にはヒットの川崎(ソフトバンク)を青木(ヤクルト)が送って、韓国先発・田炳浩をKO。2番手・張ウォンサムの前に新井はレフトフライに倒れたものの、続く阿部がレフト前へタイムリーを放ち、3点目。2,3回と3人ずつで打ち取るなど立ち直ったかに見えた成瀬だったが、4回、先頭の高永民に痛打されると、続く李宅根に左中間突破のタイムリー二塁打を許し、1点差。ここから金東柱,李大浩と連続三振に斬って取るも、何故かこのタイミングで星野監督は出したくてたまらなかった人斬り抜刀斎を早くも投入。人斬り抜刀斎は朴鎮萬をサードゴロに打ち取って、何とかこのピンチを脱出。5回も二死一、二塁のピンチを背負いながら、辛くも切り抜けたが、続く6回、先頭の李宅根をショートゴロに打ち取りながら、川崎がヘッポコエラー。川相不在の重さを痛感した人斬り抜刀斎は一死後、李大浩に死球を掠め取られ、続く朴鎮萬を打ち取った所で降板。代わってマウンドに上がった岩瀬(中日)もいきなり李鍾旭を歩かせてしまい、満塁としたものの、続く趙寅成を空振り三振に斬って取り、ここを切り抜けると、7回も無失点投球。何とか追加点が欲しい日本は8回、先頭の阿部が右中間へ二塁打を放ち、猛打賞。ここで勝負に出た星野監督は荒木(中日)を代走に送り、村田に代わり、水島の呪いの影響でスタメン落ちを余儀なくされた井端をピンチバンターとして起用。きっちり打球を殺し、荒木を三塁へ進めた井端だったが、一塁への送球が逸れたにも拘わらず、水島の呪いの影響で全力疾走出来ず、間一髪アウト。ここで稲葉が一、二塁間を破るタイムリーを放ち、ようやく待望の4点目をゲット。その裏から藤川(阪神)投入かと思いきや、何と岩瀬が続投。しかし、いきなり先頭の金東柱に痛打された後、李大浩にまたまた死球を掠め取られると、朴鎮萬には犠打を許して、一死二、三塁のピンチ。ここで李鍾旭にレフトへの犠飛を打ち上げられて、再び1点差。更に、趙寅成にもレフト前へ弾き返され、一、三塁とピンチを拡大させたが、ここで登場した代打・朴勍完を見逃し三振に斬って取り、辛くも踏み留まった。そして迎えた土壇場9回、満を持してマウンドに上がった上原(巨人)が3人でピシャリと締めて、逃げ切りに成功。2連勝を飾った日本はアジア予選突破へ王手をかけた。

◆フィリピン0−9台湾◆
韓国との初戦を落とし、もう負けられない台湾は初回、4番・陳金鋒の3ランでいきなり3点を先制。その裏、台湾先発・インチェ(悪の温床・楽天)に対し、フィリピンは一死から連打を浴びせたものの、ここで4番・エンパシスが痛恨のゲッツー。初回の4番の働きが大きく明暗を分けた事で、試合の流れは完全に台湾へ。4回に陽森のタイムリー等で2点を加えた台湾は、5回には高國慶の犠飛で1点追加。8回にもエラーで1点を奪うと、9回にも陽仲壽(日本ハム)のタイムリー,潘武雄の犠飛でダメ押しの9点目。投げてはインチェが7回まで無失点に抑え込むと、8回からはミャオ(西武),沈傑と繋いで完封リレー。アジア予選1位通過へ望みを繋いだ。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:15コメント(0)トラックバック(58) 

December 01, 2007

◆日本10−0フィリピン◆
北京五輪出場を賭けたアジア予選第1戦。当初、日本の先発は人斬り抜刀斎(中日)と予想されていたが、中日勢は現在、水島の呪いに苛まれている最中であり、格下フィリピンが相手とは言え、短期決戦を一時的な呪いの影響などで万が一にも落とす訳にはいかないとばかりに星野監督は急遽、パ・リーグ最多勝の涌井(西武)に変更。この涌井が期待に応え、初回、三者凡退と上々の立ち上がり。その裏、日本は先頭のTSUYOSHI(ロッテ)が四球で出塁。続く井端(中日)のショートゴロで走者が入れ替わった後、井端は二盗と青木(ヤクルト)のセカンドゴロの間に三進。ここで新井(阪神内定)がセンターオーバーのタイムリー三塁打を放ち、1点を先制。更に、この後、阿部(巨人)がショートの左を破るタイムリーを浴びせると、村田(横浜)のヒット,稲葉(日本ハム)の四球で二死満塁。ここでサブロー(ロッテ)はサードゴロに倒れるも、サード・タトルがタイムリーエラー。なおも満塁の場面で川崎(ソフトバンク)がライト前へ2点タイムリーを放ち、いきなり大量5点のビッグイニングを形成。一気に畳み掛けたい日本だったが、2回二死一、二塁の場面に村田が凡退すると、3回一死一、二塁からTSUYOSHIが最悪のゲッツー。更に、4回二死一、二塁のチャンスにまたも村田が打ち取られるなど拙攻続き。事態を重く見た稲葉は5回、川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにライトスタンドへ放り込み、久々の1点を追加。続くサブローはヒットで出るも牽制で刺される大チョンボ。更に、四球を選んだ川崎がTSUYOSHIのヒットで走塁死。井端がエラーで出て、一、二塁としたものの、青木はセンターフライに倒れて、二者残塁と何ともチグハグな攻撃を展開。続く6回、一死から4連打とようやく打線が繋がり、2点を奪った日本は二死後、TSUYOSHIの何でもないセカンドゴロが突然、大きく跳ね上がる幸運な2点タイムリーとなり、10点目。この完全に大局が決した状況でここまでノーヒットと元気のない井端が左足に死球を食らって退場と恐れていた水島の呪いに祟られる緊急事態が発生。試合は涌井が6回まで無失点に抑えると、7回からは小林宏(ロッテ)が3人で締めて、コールド勝ちを収めたものの、11残塁2走塁死1牽制死と言う怒濤の拙攻三昧。荒れたグラウンドに対応しきれないフィリピン野手陣の相次ぐ拙守にも大きく救われた部分があり、一段レベルの高い韓国,台湾との戦いに大きな課題を残す事となった。

◆台湾2−5韓国◆
日本最大のライバルと目される韓国の先発は日本戦の登板が囁かれていた柳賢振だったが、初回から、陳金鋒のタイムリーで先制点を献上。台湾先発の林恩宇(悪の温床・楽天)の前に4回まで1安打と沈黙していた韓国だが、5回、二死一、二塁から、李鐘旭の3ランで一気に逆転に成功。6回に張泰山のタイムリーで1点差と詰め寄られるも、直後の7回、朴鎮萬の一発ですかさず突き放すと、8回には3四球にエラーと台湾の自滅でダメ押しの5点目を追加し、その儘、逃げ切った。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:48コメント(0)トラックバック(49) 

November 22, 2007

◆日本6−0豪州◆
北京五輪アジア予選まで、あと9日と迫り、最終調整の為に開催される事となったオーストラリア代表との親善試合第1戦。日本代表は先発の人斬り抜刀斎(中日)がいきなり連続三振を奪うなど、簡単に三者凡退で切り抜ける上々の立ち上がり。その裏、豪州先発・T.ブラックリーに対して、先頭のTSUYOSHI(ロッテ)が四球を選びながら、あっさり(ボーク紛いの)牽制で憤死する大チョンボ。これで星野監督の怒りのボルテージが上がってしまい、一気に緊張感が高まった日本はサブロー(ロッテ),青木(ヤクルト)と連打を浴びせると、新井(阪神内定)のショートゴロの間に大村が先制のホームイン。先制点を貰った人斬り抜刀斎は3回までパーフェクトの快投を展開。4回二死からヒューバーにセンターオーバーの二塁打を浴びたものの、続くライシンガーを見逃し三振に斬って取り、ピンチ脱出。すると、その裏、豪州2番手・ウィルトシャーに対して、一死から阿部(巨人)がセンター前に弾き返すと、村田(横浜)がレフト線へ二塁打を浴びせて、二、三塁。ここで稲葉(日本ハム)がレフト前へタイムリーを放ち、2点目を追加。日本は5回から春風亭半ケツ(巨人)−小林宏(ロッテ)が1回ずつ抑えると、唯一のアマチュア選手・長谷部(愛工大)も3人でピシャリ。8回には岩瀬(中日)が三者凡退に抑えると、その裏、里崎(ロッテ),川崎(ソフトバンク)のタイムリー等で一気に4点を奪い、ダメ押し。最後は上原(巨人)がきっちり締めて、完封リレーを達成した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:36コメント(4)トラックバック(16) 

October 15, 2007

◆F7−0M◆
アジアシリーズ出場権争奪戦出場権争奪戦などと言うエキシビジョンマッチに負け越した所で長いシーズンを制覇した栄光が何ら霞む事はないが、万一、2位チームごときに負け越してしまった場合は日本シリーズを出場辞退する覚悟で臨んでいる日本ハムだったが、ロッテ先発・渡辺俊の前に3回まで1安打無得点と沈黙。しかし、先発・グリンも3回を無失点に抑える好投を見せ、先手を許さない。0−0の儘、迎えた4回、日本ハムは先頭の稲葉がレフト線への二塁打で出塁。続く青波の長瀬は三振に倒れるも、高橋が四球を選ぶと、続く工藤がサードへの内野安打を放ち、一死満塁。ここでミスタースナイパー・坪井のどん詰まりのセカンドゴロの間に稲葉が本塁を陥れ、ついに均衡を破る先制点をゲット。なおも二、三塁のチャンスだったが、金子誠は三振を喫して、1点止まり。1点を追うロッテは6回、一死からTSUYOSHI,早川の連打で一、二塁のチャンスを掴むも、フクーラ,サブローと打ち上げて、二者残塁。続く7回には二死走者なしから大松,今江が連続四球を選んで一、二塁とするも、橋本がレフトフライに倒れて、またも二者残塁。ピンチを逃れた日本ハムはその裏、二死から稲田が二塁打を浴びせると、劇団ひちょりが左中間突破のタイムリー二塁打を放ち、渡辺俊をKO。ここで代わった藤田から田中賢,稲葉と連続タイムリーを浴びせると、更に、3番手・久保を攻め、青波の長瀬のヒット,高橋の死球で満塁となった所で工藤が走者一掃のタイムリー三塁打を放ち、この回、大量6点のビッグイニングを形成。8回からは完封ペースのグリンを下げ、武田久−MICHEALと繋ぐ万全のリレーを展開した日本ハムは完封で勝ち越しに王手をかけた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:38コメント(0)トラックバック(38) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ