福浦和也

October 18, 2010

10/18摂津◆H2−5M◆(日韓クラブチャンピオンシップ出場権争奪戦出場権争奪戦)
日本一とは何の因果関係もない日韓クラブチャンピオンシップなるエキシビジョンマッチの出場権を確保したいが為に、日本シリーズの開催を阻止しようとするロッテに引導を渡したいソフトバンクは初回、ロッテ先発・大嶺に対し、一死から本多が四球を選ぶと、二死後、二盗に成功。ここで小久保が左中間フェンス最上部を直撃するタイムリー二塁打を放ち、1点を先制。続く2回には松中のヒット,長谷川の四球で一死一、二塁のチャンスを掴むが、山崎がセンターフライに倒れると、川崎も空振り三振を喫して、二者残塁。ロッテは3回から早くも大嶺を諦め、小野を投入すると、これが的中。小野は3回1/3を無失点に抑える好リリーフを展開する。ソフトバンク先発・大隣の前に4回まで1安打と沈黙していたロッテは5回、一死からゼブラ今岡のどん詰まりのサードゴロが幸運な内野安打となると、続く金が左中間へ大飛球。抜ければ、同点タイムリーとなるのは確実だったが、センター長谷川が打球に向かって一直線に背走し、好捕するファインプレー。続く大松は空振り三振に倒れて、結局、無得点。5回まで散発2安打7三振無失点とシーズン中にもなかった素晴らしい投球を続けていた大隣だったが、秋山監督は何を思ったか6回から大隣を下ろして、早くもファルケンボーグを投入する継投モードを展開。わざわざ好投の大隣を引っ込めてくれた事で流れを変えたいロッテはこの回こそ三者凡退に倒れたものの、続く7回、井口,サブローの連続二塁打でついに追い付き、ファルケンボーグをKO。代わった摂津から今江が犠打を決めると、代打・フクーラがライト前へタイムリーを放ち、勝ち越しに成功。更に、金がヒットで続くと、二死後、里崎がライトへタイムリーを浴びせて、3点目。2点を追うソフトバンクは8回、4番手・伊藤に対して、先頭の本多がセンター前に弾き返すと、続くオーティズがレフト線タイムリー二塁打を放ち、1点差。なおも無死二塁と一打同点のチャンスに小久保は空振り三振,ハマのスペランカーはサードゴロに倒れて、二死。ここで代打・ペタジーニが起用されるも、セカンドゴロに倒れて、同点ならず。ロッテは9回二死二塁から清田がレフトスタンドへ2ランを叩き込み、決定的な2点を追加。最後は守護神・小林宏が3人でピシャリと締めて、逃げ切った。ソフトバンクは明らかに勝ちを急いで早めに打ち過ぎた継投策が裏目。これでアドバンデージ込みの3勝3敗とされ、日本シリーズ出場辞退の危機に追い込まれた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:31コメント(0)トラックバック(15) 

October 09, 2010

◆S−C◆
降雨中止。

10/9福浦◆L5−6M◆(日韓クラブチャンピオンシップ出場権争奪戦出場権争奪戦)
ロッテの先発が成瀬,西武の先発が涌井と横浜高校の先輩後輩同士の対決となったこの試合、2回に主砲・中村がレフトスタンドへソロアーチを叩き込み、西武が1点を先制。1点を追うロッテは4回、二死走者なしから井口がレフト線へ二塁打を放ち、この日初めてのチャンスを掴むが、続くサブローがファーストフライを打ち上げて、無得点。一方、西武も5回、レフト前ヒットの佐藤を細川が送ると、栗山が歩いて、一、二塁と追加点のチャンス。しかし、阿部はショートゴロ,中島はファーストフライに打ち取られて、二者残塁。迎えた7回、ロッテは一死からサブローが四球を選ぶと、続くフクーラがライト前に弾き返して、一、二塁。しかし、今江はライトフライに倒れると、打点王レースを独走していたシーズン中盤に水島の呪いに取り憑かれて以来、シーズン終了まで調子を取り戻せなかった金もサードゴロに終わり、二者残塁。その裏、西武は二死から栗山,阿部と連打を浴びせ、一、三塁とするも、中島がキャッチャーフライに倒れて、追加点ならず。直後の8回、ロッテは大松,代打・根元と簡単に打ち取られ、二死まで追い込まれるが、ここで首位打者・西岡の打球は低い弾道でバックスクリーンに飛び込むソロアーチとなり、ついに同点。追い付かれた西武はその裏、先頭のフェルナンデスがヒットを放ち、成瀬をKO。代わった内に対し、中村が四球で歩き、一、二塁。ここで高山の送りバントはまともに転がってしまい、三塁で封殺されるが、代打・礒?が四球を選んで、満塁とチャンス拡大。ここで佐藤はサードゴロに倒れ、ホームゲッツーでチェンジ…と思いきや、今江の送球が逸れ、里崎は捕球するのが精一杯。辛くもチャンスを繋いだ所で代打・大島がライト前へ弾き返して、二者生還。更に、サブローの悪送球でボールが転々とする間に一塁走者・佐藤も本塁を陥れ、一気に3点を勝ち越し。続く栗山もセンター前へタイムリーを放ち、5点目を追加。これで決まったかと思いきや、粘るロッテは土壇場9回、満を持して登場の守護神・シコースキーに対し、粘るロッテは先頭の井口がレフト前に弾き返すと、一死後、フクーラがしぶとく二遊間を突破。更に、8回のゲッツー成立に失敗した今江が汚名返上のレフト前ヒットを放ち、満塁とした所で金がセンター前へ2点タイムリーを浴びせて、2点差。続く大松は11球粘って四球を勝ち取り、再び満塁となった所でシコースキーをKO。代わった小野寺に対し、8月5日以来の実戦復帰となった里崎が見事にセンター前へ弾き返し、二者が返って、一気に同点。なおも一、三塁の場面で西岡はレフトへのライナー。代走で入っていた三塁走者・岡田は果敢にタッチアップを仕掛けるが、佐藤の好返球,銀仁朗の好ブロックの前に憤死し、勝ち越しならず。その裏、西武は二死一、二塁のチャンスをモノに出来ず、試合は延長戦に突入。10回、西武は先頭の銀仁朗のボテボテのサードゴロが幸運な内野安打となると、栗山が送って、一死二塁。ここで阿部がレフト線へライナーを放つも、岡田に好捕され、続く中島もサードゴロに倒れて、無得点。ピンチを切り抜けたロッテは11回、ワンポイントで起用された5番手・土肥からフクーラがライトスタンドへソロアーチを放り込み、ついに勝ち越しに成功。その裏、守護神・小林宏が3人でピシャリと締めて、逃げきった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:30コメント(0)トラックバック(17) 

April 13, 2010

4/13桜井◆G7−9T◆
阪神先発・能見が得意の巨人戦で大炎上。初回にガッツに6号2ラン、2回に不振の亀井に今季初アーチを被弾。更に、3回には寿司職人ラミレス,亀井とタイムリーを浴びて、あえなくKO。一方的な展開に余裕ぶっこいた若大将・原監督は5回表にして早くもお役御免とガッツを引っ込め、休養を取らせるが、後に悪夢の様な展開が待っていようとは、この時、想像すらしていなかったろう。先発・藤井は5回まで無失点の好投を見せていたが、後半戦になると顔を出す一発病が6回にまたもや発症。鳥谷,新井と被弾して3点を失い、降板すると、代わった久保もブラゼルに6号2ランを浴び、あっと言う間に1点差。巨人は7回、二塁打を放った松本が犠打と内野ゴロの間に俊足を飛ばして、本塁を陥れ、阪神に傾きかけた流れを引き戻したかに思われたが、8回から登板の3番手・豊田が一死一、二塁から18打席ノーヒットと不振を極める桜井に今季初アーチとなる逆転3ランを被弾。更に、代わった金刃もマートンに3号ソロを叩き込まれ、2点差を付けられる始末。その裏、巨人は一死から李がエラーで出塁して、好調の1,2番コンビに繋いだが、ここで阪神は早くも守護神・藤川球を投入。藤川球は期待に応えて、坂本,松本と打ち取ると、9回も引き続きマウンドに上がり、巨人の反撃を断ちきり、球団新の通算131セーブ目をマークした。

◆D8−7YB◆
前回の登板でようやく水島の呪いを打破したかに思われた山井だが、まだ完全には払拭出来ていないのか、初回からスレッジの2号3ランを被弾。その裏、中日はすかさずベンちゃん,井端の連続タイムリーで追い付くと、続く野本が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに今季初アーチとなる2ランを叩き込み、一気に勝ち越し。しかし、これで波に乗れないのが川相不在の中日。続く2回にも二死満塁と絶好の追加点のチャンスを掴みながら、井端が打ち上げて、三者残塁。落胆の色を隠せない山井は直後の3回、先頭の石川を歩かせると、一死後、内川,村田,スレッジ,カスティーヨの4連打で逆転を許し、失意のKO。代わった平井も吉村にタイムリーを浴び、この回4失点。毎回の様に走者を出しながら、2回以降ゼロ行進が続いていた中日は8回、二死一塁から川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに森野が史上260人目の通算100号となる2ランを叩き込み、ついに同点。試合はその儘、延長にもつれ込んだ。迎えた11回、この回から登板の山口に対し、中日は四球と敬遠で二死一、二塁とした所で谷繁がタイムリー二塁打を放ち、サヨナラ勝ち。6番手の高橋にトップタイの3勝目が転がり込んだ。

◆C3−2S◆
開幕3連勝を狙う館山に対し、広島は初回、末永,栗原の連続タイムリーで2点を先制。リードを貰った青木高だったが、3回、一死から飯原に痛打されると、続く田中に今季初アーチを叩き込まれて、一気に試合は振り出しに。その後、両軍共に追加点を奪えない儘、試合は延長に突入。迎えた10回、ヤクルトは2四球で二死一、二塁と勝ち越しのチャンスを掴むが、ガイエルがセンターフライに倒れて、無得点。すると、その裏、広島は二死走者なしから石原がレフトスタンドへ2号ソロを叩き込み、劇的なサヨナラ勝ち。5番手の高橋に出戻り初勝利がついた。試合には勝ったものの、1点を争う展開だったにも拘わらず、求道者・前田はよもやのフル欠場。石井タクロー,中東,喜田と代打が3人も起用されているが、求道者・前田は徹底的に後回しにされてしまった。これは最早、温存の域を超えているだろう。どう見ても求道者・前田を使うべきシチュエーションは何度もあった筈なのに、何とも不可解な野村采配である。

◆Bs6−8H◆
序盤から激しい点の取り合いとなったこの試合。初回にカブレラのタイムリーで先制されたソフトバンクは2回に松田の犠飛,後藤のタイムリーエラーで逆転。その裏、同点に追い付かれるも、3回に松中のタイムリー,ハマのスペランカーの犠飛で2点を勝ち越し。しかし、その裏、偽バファローズはカブレラ,T−岡田の連続アーチであっさり逆転に成功。1点を追うソフトバンク5回に小久保が同点タイムリーを浴びせると、6回には本多,オーティズの連続タイムリーで三たび勝ち越し。この後、1点ずつ取り合ったが、最後は馬原が締めて、乱打戦に終止符を打った。先発のホールトンは6回途中6失点降板と不本意な投球ながら、打線の援護に恵まれ、2勝目

◆F7−8M◆
1−1で迎えた3回、日本ハムは田中の2打席連続タイムリーで勝ち越すと、続く4回には大野のタイムリー二塁打で3点目。2点を追うロッテは直後の5回、サブローのタイムリー二塁打等、5長短打を集中し手、4点を奪い、一気に逆転。続く6回にも井口のタイムリー二塁打で2点を追加。しかし、粘る日本ハムはその裏、あの男のタイムリーで1点を返し、唐川をKO。続く7回には二死満塁から高橋に2点タイムリーが飛び出し、1点差。更に、8回には二死走者なしから大野,陽,糸井と3連打を浴びせて同点に追い付き、唐川の3勝目が消滅。迎えた10回、この回から登板した高橋由伸に対し、ロッテは代打・フクーラが2号ソロをぶち込んで、勝ち越しに成功。その裏、9回からマウンドに上がっていた小林宏が三者三振の快投で締め括り、今季初勝利をあげた。

◆L5−3E◆
初回、楽天が中村紀洋のタイムリー二塁打で2点を先制すれば、その裏、今度は西武の中村が2号2ランを放り込み、あっさり同点。楽天は4回に草野の今季初アーチで勝ち越しに成功。2度の満塁のチャンスを逃すなど、拙攻が続いていた西武だったが、6回、細川に今季初アーチが飛び出し、ようやく同点。3−3で迎えた8回、西武は二死走者なしから片岡のヒット,原の四球で一、二塁とした所で栗山が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、この試合初めてのリードを奪う。最後はシコースキーが3人でピシャリと締めて、逃げきった。先発の岸は10安打を浴びながらも、8回を3失点で凌いで3勝目。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:45コメント(0)トラックバック(29) 

September 17, 2009

9/17 オビスポ◆G4−2T◆
対阪神の勝ち越しがなくなり、完全優勝を断たれたとは言え、何とか負け越しだけは阻止したい巨人は初回、死球の坂本を松本が送ると、ガッツがライト前へ先制タイムリー。二死後、亀井,松田記者と連打を浴びせて、この回、2点。グライシンガーの離脱により、外国人枠に空きが出来、51日ぶりの登板となったオビスポだったが、3回、一死からソニック,浅井と連打を浴びると、平野,鳥谷と連続四球を許して、押し出しで1点を献上。なおも満塁のピンチにキュラソ星人に犠飛を打ち上げられ、試合は振り出しに。しかし、その裏、巨人は先頭の寿司職人ラミレスがライトスタンドへ27号ソロを叩き込み、すかさず勝ち越し。中盤から立ち直ったオビスポは6回、振り逃げを含んで1イニング4者連続三振と言う史上13人目の離れ業を見せると、その裏、松田記者が8号ソロを放り込み、点差は2点と拡大。8回からは山口−クルーンと繋ぐ万全のリレーで逃げ切り、阪神との対戦成績を五分に戻した。これで巨人のマジックは1つ減って9。オビスポは7回2失点で4勝目

◆C1−4D◆
広島は初回、四球で歩いた末永が暴投で二進すると、栗原のタイムリーで先制のホームイン。以降も毎回安打を浴びながら、あと一本を許さない粘りの投球を続ける吉見を何とか援護したい中日だが、3,4回と立て続けにゲッツーでチャンスを潰す体たらく。しかし、5回、一死満塁のチャンスに森野がセンター前へ2点タイムリーを放ち、逆転に成功。二死後、ベンちゃんにも走者一掃のタイムリー三塁打が飛び出し、この回4点。1−4の儘、迎えた土壇場9回、中日は何故か守護神・岩瀬でなく浅尾がマウンドに上がったが、無難に3人で退け、3セーブ目。吉見は本来の調子ではないながらも、8回を1失点で切り抜け、ハーラー単独トップに躍り出る15勝目

◆YB3−7S◆
ようやく地獄の連敗を抜け出し、嫌な緊張感から解放されたヤクルトは初回、川島慶,青木,畠山の3連打で先制すると、更に、宮本の犠飛,石川の悪送球でこの回3点。一方、横浜はその裏、一死一、二塁のチャンスにジョンソン,メカゴジラと連続三振。続く2回には二死から連打を浴びせるも下園が凡退。3回には一死から内川が二塁打を浴びせるも、後続が倒れて、またも無得点。再三のピンチを切り抜けたヤクルトは4回、一死一塁から3連続四球で押し出しの4点目。7回には川島慶が12号ソロを叩き込み、ダメ押しの5点目。中盤以降も、次々と得点圏に走者を送り込みながら、悉く逸する拙攻三昧で残塁を量産し続けていた横浜は8回、連打で作ったチャンスに代打・内藤が5号3ランをぶち込んで、一気に2点差。しかし、土壇場9回、ヤクルトは一死満塁から代打・デントナのタイムリーでダメ押しの2点を追加。最後は昨日に続いてセーブのつかない状況で登板した林が3人でピシャリと締めて、3位阪神に0.5差と詰め寄った。先発のユウキは6回無失点の好投で4勝目

◆Bs3−2H◆
先発初白星を目指す大場は4回まで散発2安打無失点と上々の滑り出し。しかし、偽バファローズ先発・伊原は4回を四球1つ出しただけのノーヒットピッチングと大場を上回る好投。5回も先頭の小久保を歩かせたが、ハマのスペランカー,長谷川と打ち取り、二死。しかし、ここでオーティズに17号2ランを被弾し、2点を献上。7回、偽バファローズは先頭の下山が二塁打を浴びせると、二死後、代打・日高にタイムリーが飛び出し、1点差。何とか逃げ切りたいソフトバンクは9回から守護神・馬原を投入するが、代わりばな後藤に同点4号ソロを被弾し、延長に突入。勢い付く偽バファローズは続く10回、一死満塁のチャンスを作った所でまたも後藤が犠飛を打ち上げ、サヨナラ勝ち。10回からマウンドに上がり、三者三振の快投を見せた金子に11勝目がついた

◆F5−4E◆
序盤から点の取り合いとなったこの試合。まず初回に日本ハムが稲葉,糸井のタイムリーで2点を先制。2回に楽天が中島の今季初アーチで1点を返すも、その裏、日本ハムも高橋のタイムリーで1点を追加。しかし、直後の3回、楽天は無死満塁から内野ゴロとエラーで2点を返し、同点。3−3の儘、迎えた6回、日本ハムは劇団ひちょりのタイムリー二塁打で再び勝ち越すが、直後の7回、楽天は二死満塁から草野が押し出し四球を選び、再び同点。それも束の間、日本ハムはその裏、先頭の小谷野がレフトスタンドへ10号ソロを叩き込み、またまた勝ち越しに成功。土壇場9回、満を持して登板の守護神・武田久は一死から高須,青波の長瀬と連打を浴びて、一打同点のピンチを背負うも、ここで代打・憲史をセカンドゴロゲッツーに仕留めて、辛くも逃げ切り。日本ハムのマジックは2つ減って、14となった。一時は同点を許した3番手・建山に4勝目が転がり込んだ

◆M6−3L◆
0−0で迎えた3回、ロッテは西岡のヒット,フクーラの四球で一死一、二塁とすると、大松のタイムリーで1点を先制。更に、里崎が内野安打で繋いで満塁となった所で橋本将が犠飛を打ち上げ、この回2点。ロッテ先発・成瀬の前に4回まで0点に抑え込まれていた西武だが、5回、一死一、二塁のチャンスに片岡が走者一掃のタイムリー二塁打を浴びせて、一気に同点。続く6回には一死からG.G.佐藤が21号ソロを叩き込み、勝ち越しに成功。しかし、その裏、ロッテは一死から連続四球で一、二塁とした所で早川が同点タイムリー二塁打を放つと、続くフクーラもタイムリーを浴びせて、2点を勝ち越し。8回にはまたもフクーラがタイムリー二塁打を放ち、ダメ押しの6点目。最後はシコースキーが締めて、逃げ切った。成瀬は6回1/3を3失点で2年ぶりの10勝目

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:28コメント(0)トラックバック(25) 

August 01, 2009

◆T2−4G◆
巨人は初回、一死からヒットで出た松本が二盗を決めると、狩野の悪送球を誘って三塁へ。ここでガッツがセンターへきっちり犠飛を打ち上げて、1点を先制。続く2回には亀井の右中間最深部へ高々と上がった打球を追ったシャア少佐と葛城イクローが交錯し、落球。ボールが転々とする間に亀井は一気にダイヤモンドを駆け抜けて、13号ランニングホームラン。甲子園でランニングホームランが記録されたのは1992年に名手・川相が放って以来、実に17年ぶり。更に、二死後、鶴岡,グライシンガー,坂本と3連打を浴びせて、1点を追加。6回には李がジェンのエラーで出ると、古城の犠打で二進。ここで鶴岡がセンター前へタイムリーを浴びせて、4点目。7回まで僅かに2安打と沈黙していた阪神は8回、新井,ブラゼルの連続二塁打でようやく1点を返すと、一死後、2番手・山口から代打・悠久の若虎・桧山が死球を食らった所で代打・矢野がライト前へタイムリーを放ち、2点差。しかし、ここで代わった越智の前に代打・高橋光がショートゴロゲッツーに倒れて、2点止まり。9回には守護神・クルーンから死球とヒットで無死一、二塁と絶好のチャンスを作るが、キュラソ星人がセンターへ打ち上げると、新井はショートゴロゲッツーに仕留められ、連勝は4でストップ。これで阪神は再び5位へ逆戻り。巨人先発のグライシンガーは7回1/3を2失点で9勝目をマークした

◆S4−2D◆
昨日までに川相を現役復帰させないと言う首脳陣の大チョンボにより、今季、最後まで川相抜きで戦わなければならなくなった中日は初回から、森野のエラー等で一死一、三塁のピンチを作った挙げ句、デントナに犠飛を許して、先制点を献上。1点を追う中日は4回、ヒットで出た荒木がすかさず二盗を決めると、森野が汚名返上のタイムリーを放ち、同点。なおも無死一塁のチャンスだったが、ブランコは三振に倒れると、ベンちゃんは最悪のショートゴロゲッツーに倒れ、勝ち越しならず。7回にも一死満塁と絶好の勝ち越しチャンスを掴みながら、史上7人目の通算1万打席目となる代打・立浪がショートゴロゲッツーに倒れる最悪の展開でまたも勝ち越しならず。しかし、8回、この回から代わった4番手・五十嵐に対し、荒木が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに2号ソロを叩き込み、ついに勝ち越し。その裏、浅尾を投入する必勝リレーで逃げ切りを図るも、ヒットと野選で一死二、三塁のピンチを背負うと、デントナに痛恨の逆転18号3ランを被弾。土壇場9回、ヤクルト守護神・林に対し、一死から藤井が二塁打を浴びせるも、小池,谷繁と連続三振を喫し、万事休す。一時は勝ち越しを許した五十嵐にタナボタの2勝目が転がり込んだ。

◆C6−3YB◆
0−0で迎えた5回、横浜は二死走者なしから森笠が二塁打を浴びせると、続く藤田がライトスタンドへ3号先制2ラン。更に、内川の四球,村田のヒットでチャンスを作ったが、メカゴジラがセカンドゴロに打ち取られ、2点止まり。すると、その裏、ここまで1安打投球を見せていたグリンが突然崩れ、一死一、三塁のピンチで代打・喜田に走者一掃の同点タイムリー二塁打を浴びると、続く東出にもタイムリーを許して、勝ち越し点を献上。しかし、直後の6回、広島3番手・小松が一死満塁のピンチで暴投を犯し、試合は振り出しに。3−3で迎えた8回、広島は一死から天谷がヒットで出ると、連続四球で満塁のチャンス。ここでフィリップスがライトへ犠飛を打ち上げると、吉村のエラーが重なり、2点を勝ち越し。更に、石井タクローがスクイズを決めて、この回3点。最後は守護神・永川がピシャリと締めて、史上7人目の通算150セーブを達成。これで広島は阪神と入れ替わりで4位へ再浮上。5番手の横山に2勝目がついた

8/1 松中◆F1−2H◆
10連勝を狙う日本ハムはソフトバンク先発・ホールトンに対し、2回、先頭のスレッジが15号ソロを放り込み、1点を先制。しかし、この後、日本ハムは3回一死一、二塁のチャンスを逃すと、4回には無死一塁で小谷野がゲッツー。5回も二死二塁のチャンスを潰し、6回にはスレッジがゲッツー。7回には二死二塁から金子誠がレフト前へ弾き返すが、本塁を狙った二塁走者・村田が憤死と再三再四チャンスを潰して、一向に追加点を奪えない。最少援護の中、先発・藤井は6回まで無失点に抑えると、菊地を挟んで、8回から建山がマウンドに上がったが、これが裏目。一死から本多に二塁打を浴びると、二死後、松中に2試合連続となる18号2ランを叩き込まれて、形勢逆転。その裏、日本ハムは2番手・ファルケンボーグを攻め、一死から連打を浴びせるが、ミスタースナイパー・坪井,スレッジと倒れて、またも得点ならず。ピンチを切り抜けたソフトバンクは9回から守護神・馬原を投入して、日本ハムの10連勝を阻止。ホールトンは7回を1失点で凌ぎきる粘りの投球で8勝目

◆M5−4E◆
初回、ロッテは先頭の早坂が三塁打を浴びせると、サブローの犠飛で先制のホームイン。3回には二死満塁のチャンスで竹原が走者一掃のタイムリー二塁打を浴びせ、3点を追加。4点を追う楽天は5回、一死二塁から青波の長瀬のタイムリー二塁打でようやく1点。8回には塀内のエラー,渡辺直の四球でノーヒットで一、二塁のチャンスを作ると、代打・宮出がレフトスタンドへ2号3ランを放り込み、一気に同点。追い付かれたロッテはその裏、一死から代打・ベニー松山が四球で歩くと、里崎がヒットで繋いだ所てで代打・フクーラがタイムリー二塁打を放ち、再び勝ち越しに成功。最後はシコースキーが3人で締めて、7月8日以来の連勝を飾った。3番手の内は6年目で待望のプロ初勝利

◆Bs4−6L◆
WBC使用球はからっきしだが、NPB使用球ならお手の物な西武先発・岸だったが、この日はピリッとせず、2回にG.G.佐藤のタイムリーで先制点を貰いながら、その裏、無死一、二塁のピンチでフェニックス一輝に走者一掃のタイムリー二塁打を浴び、あっさり逆転を許すと、更に、大引にもタイムリー二塁打を浴びて、この回3失点。続く3回には大村,フェルナンデス,カブレラと3連打を許して、4点目を献上。しかし、3点を追う西武は6回に中村の32号ソロで反撃を開始。8回には栗山,中島と連打を浴びせた所でまたも中村が走者一掃のタイムリー二塁打を浴びせ、一気に同点。土壇場9回には同点の場面ながら、登板となった守護神・加藤から連続四死球で一、二塁とすると、一死後り、またまた中村が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、2点を勝ち越し。7回以降、山本淳−藤田−小野寺と繋いだリリーフ陣がノーヒットに抑える好投を見せ、偽バファローズの反撃を断ちきった。藤田は3年ぶりの白星で移籍初勝利

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:24コメント(0)トラックバック(16) 

July 15, 2008

◆G4−7D◆
6試合白星から遠ざかっている山本昌を何とか援護したい中日は川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに飛び出した荒木の先頭打者アーチで先制すると、更に、一死満塁から中村紀の犠飛で1点を追加。巨人もその裏、マッスル千代の富士が先頭打者アーチを放って、1点差。2回二死一、二塁,3回二死満塁とチャンスを悉く逃してきた中日だが、4回、荒木,井端,森野,T.ウッズの4連打で3点を追加。しかし、その裏、巨人も連打で一、二塁とした所で阿部が9号3ランを叩き込み、再び1点差と詰め寄った。突き放したい中日は6回、川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに森野が8号ソロ,9回には川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに中村紀が15号ソロを叩き込み、ダメ押し。最後は岩瀬が締めて、逃げ切った。中日はこれで史上4球団目となる通算4500勝を達成。

山本昌が6回4失点と苦しみながらも、上位打線の爆発にも助けられ、7試合ぶりの白星で200勝まであと3つと迫った。今季中の200勝も十分に現実的なものになってきたが、それをフォローする為にも名手・川相の現役復帰を視野に入れて欲しいものである。巨人は一発が効率良く飛び出したものの、マルチ安打を放ったのは猛打賞の坂本のみ。その坂本を全く得点に絡められなかったのは痛かった。4回二死二塁で山口を打席に立たせてしまったのも解せなかった。

◆YB2−4C
横浜先発・真田は初回、東出,天谷と簡単に打ち取ったものの、ここからオチョアに9号ソロを被弾し、先制点を献上。2回以降、立ち直りつつあった真田だが、5回、シーボルに内野安打を許した後、石原に5号2ランを放り込まれると、投手の大竹にまで二塁打を浴びて、無念のKO。2番手・山北はこのピンチを凌いだものの、3番手・横山が7回に栗原に11号ソロを叩き込まれてしまう。4点を追う横浜は7回、先頭の村田が23号ソロを叩き込み、ようやく1点を返すと、更に、二死一、三塁から代打・メカゴジラがタイムリー二塁打を放ち、2点差。更に、大西が歩いて満塁と一打同点の場面を作ったが、ガッツな貴公子・仁志が三振に倒れて、三者残塁。最後は永川に反撃を断たれ、4連敗となった。

やはりと言うか、求道者・前田の2試合連続スタメンは無惨に夢と散った。しかも、スタメンどころかフル欠場かよ! まるで求道者・前田不在では一発に賭けるしかない…かの様なやけっぱち一発攻勢でまたまた5割へリーチをかけた広島だが、果たして、これは喜んでいいものか…。一方、求道者・前田不在の広島にすら力負けしてしまう横浜は4連敗。入団前から川相を信奉していたナイスガイ・真田はストライクを揃え過ぎて、2発のアーチに泣いた。

◆T0−6S◆
いきなり先頭の福地を三振に斬って取る幸先のいい立ち上がりを見せた岩田だったが、ここから3連打で満塁とされると、仁志後、飯原に走者一掃のタイムリー二塁打を浴び、あっと言う間の3失点。更に、自らのエラーで4点目を献上。2回には青木にタイムリー三塁打を浴びるなど、2点を献上。3回以降も攻め立てるヤクルトに対して、阪神は必死の防戦で追加点を阻止するも、打線の方は川島亮の前にチャンスらしいチャンスも作れず、ゼロ行進を続けるばかり。8回には一死満塁と絶好のチャンスで3,4番に繋いだものの、新井は三振,キュラソ星人もライトへ打ち上げ、三者残塁。最後は五十嵐の前に3人で打ち取られ、完封負けとなった。

デーゲームで巨人が負けた瞬間、マジック52が点灯した阪神だが、ナイターで敗れて、僅か5時間程度でマジック消滅となった。岩田は自己ワーストの6失点KOで防御率1位から大陥落。折角、落合監督の乱心采配で吉見が大炎上となり、新人王レースを巻き返すチャンスが巡ってきたと言うのに、何でこのタイミングで吉見に付き合っちゃうかな…。打っては散発6安打のシャットアウト。シャア少佐が猛打賞でチャンスメイクしまくっているのだが、後続が全く役立たずだった。ヤクルトは4併殺10残塁の大拙攻だったが、序盤の集中打が奏功し、引き分けを挟んで3連勝。

◆H13−4L◆
初回に併殺の間に先制されたソフトバンクだが、2回、小久保の15号ソロで同点とすると、更に、二死二塁から高谷,本多,川崎の3連打で3点を勝ち越し。続く3回には松中が18号2ランを叩き込み、西鉄先発・石井一をKO。更に、代わった山岸から荒金,高谷のタイムリーで2点を追加。4回にも松中の2打席連続アーチで1点を加えたソフトバンクは5回に一死満塁から本多の押し出し四球,川崎の犠飛,松田のタイムリーで3点を奪い、試合を決定付けた。ソフトバンク先発・杉内は7回4失点ながら、打線の援護に恵まれ、8勝目を飾った。

ソフトバンクが15安打13点の猛攻で対西鉄3連勝。スタメン直訴で強行出場の小久保が実に34日ぶりとなる一発を放てば、松中も2打席連発。両主砲がアベックアーチを放てば、脇役陣も活躍。好調・荒金がまたまた3安打の猛打賞をマークすれば、スタメンマスクの高谷も3安打と火を噴いた。

◆F4−4
泥沼の連敗ロードで久しく離れていた指定席・最下位へ逆戻りの危機に瀕している楽天は初回、二死一、三塁からショートの6号3ランで3点を先制。先発のルーキー・長谷部はその裏、三者凡退に斬って取ると、2回も簡単に二死を取ったが、ここで呪われた新助っ人・ボッツに来日初アーチを被弾。楽天は4回に横川のタイムリーで突き放すも、粘る日本ハムは5回に金子誠のタイムリーで1点を返すと、6回には一死二、三塁のチャンスを作って長谷部をKO。更に、代わった朝井から小谷野が犠飛を打ち上げ、なおも二死三塁と一打同点のチャンスが続いたが、ここまで2安打のボッツが三振に倒れて、同点ならず。3−4の儘、迎えた土壇場9回、この回から登板の5番手・川岸が二死まで追い込みながら、稲葉,小田と代打攻勢に連打を浴びると、劇団ひちょりにはタイムリー二塁打を許して、ついに同点。試合は延長にもつれ込んだが、両軍共に決め手を欠き、延長12回規定でドローに終わった。

長谷部は今度こそ待望のプロ初勝利と思われたが、あと一人と言う所で粉砕されてしまった。まぁ、リリーフ陣に消された白星とは言え、この日も微妙〜な内容ではあった訳で、次回以降の登板で胸のすく様な投球で自ら勝ち星を掴み取って貰いたいものだ。ところで、呪われた男として、スタメンを外される所まで墜ちた筈のボッツがスタメン復帰するや否や来日初アーチを含む2安打。どうせなら6回や10回のチャンスでも打って欲しかった所だが、果たして、この調子を持続させて、呪いの影響を打破する事が出来るだろうか?

◆M3−2Bs◆
5連勝と勢いに乗るロッテは初回、2四球とエラーで一死満塁とすると、大松が犠飛を打ち上げ、ノーヒットで1点を先制。3回には先頭の西岡がチーム初安打となる三塁打を浴びせると、一死後、フクーラの犠飛で2点目のホームイン。背信投球が続いている小林宏は再三ピンチを背負いながらも、あと一本を許さず、7回まで無失点。しかし、8回、二死からカブレラ,ローズ,北川のクリーンアップに3連打で同点とされ、無念のKO。土壇場9回、偽バファローズは先頭のフェニックス一輝が二塁打で出ると、森山の犠打で三進。しかし、後続を断たれて、勝ち越しならず。すると、その裏、ロッテは二死一、二塁のチャンスにフクーラがタイムリーを放ち、サヨナラで連勝を6に伸ばした。

小林宏が久々の好投を展開したが、肝心な所で粘りきれずにまたも白星はお預け。しかし、チームはサヨナラ勝ちで2年ぶりの6連勝となった。偽バファローズは好投していた小松の降板が早過ぎた感が…。今はなきコリンズ監督じゃあるまいし、100球降板にこだわる必要はなかろうに…。明るい材料と言えば、プロ初スタメンに起用されたルーキー・小瀬が早速2安打と期待に応えた事だろうか。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:17コメント(0)トラックバック(61) 

August 21, 2007

◆G1−3D◆
ゲーム差なしで迎えた首位攻防第1戦。立ち上がり、全く制球の定まらない中日先発・山井は3連続四死球でいきなり無死満塁の大ピンチを迎えると、ガッツにタイムリーを浴びて、あっと言う間に先制点を献上。しかし、なおも満塁の場面で怒濤のチャンスブレイカー・ニックンがサードゴロに倒れる相変わらずのインケツぶりを遺憾なく発揮した事で立ち直り、続く阿部をゲッツーに仕留めて、追加点を阻止。1点を追う中日は直後の2回、巨人先発・春風亭半ケツに対して、川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに英智が同点2号を叩き込むと、4回には川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにT.ウッズがレフトスタンドの看板を直撃する勝ち越し31号ソロ。更に、6回には川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに中村紀がレフトスタンドギリギリに飛び込む14号ソロを放ち、3点目。2点を追う巨人は7回、二死一、二塁のチャンスを掴むも、代打・清水がセンターフライに倒れて、二者残塁。8回には先頭の松田記者がヒットで出るも、後続3人があえなく凡退。そして、9回には守護神・岩瀬の前に3人で斬って取られ、万事休す。春風亭半ケツは7回を3安打に抑えながら、その全てがホームランと、川相不在が故のやけくそ一発攻勢に泣く事となった。山井は6回を2安打1失点の好投で2年ぶりの白星。

◆S7−9T◆
ボーク日本新記録を目指す太陽の子エステバン・ジャンが大乱調。初回、いきなり先頭の飯原に死球を食らわせた後、3連打で2点を失い、武内にも犠飛を許して、3失点。続く2回には簡単に二死を取ったかと思えば、青木に痛打された後、寿司職人ラミレスに2ランを被弾。更に、ガイエルを歩かせた後、日本新記録となるシーズン12個目のボークをかまし、イライラは最高潮に達したのか、武内に頭部死球を食らわせてしまい、危険球退場となる散々な展開。しかも、代わった桟原が田中浩に走者一掃のタイムリー二塁打を浴び、この回4失点。早くも7点のビハインドとなった阪神だが、ここから猛反撃を開始。まず、3回に鳥谷の一発で2点を返すと、続く4回には連打と死球で無死満塁とした所で代打に起用された悠久の若虎・桧山が会心のグランドスラムを叩き込み、ヤクルト先発・松岡をKO。更に、代わった田中充の連続四球でタナボタのチャンスを貰うと、一死後、3番手・鎌田からシーツがタイムリー二塁打を浴びせて、ついに同点。そして、5回には先頭の矢野が6号ソロを叩き込み、勝ち越しに成功。阪神は8回にもシャア少佐のタイムリーで貴重な1点を追加。投げては4回から登板の3番手・桟原が3回を6三振無失点の好リリーフを展開。7回からはウィリアムス−久保田−藤川と繋ぐ必勝リレーが決まり、見事に大逆転勝利を飾った。

◆C4−9YB◆
2年ぶりの先発となる小山田は3回二死までパーフェクトに抑えていたが、投手のはーちゅんを歩かせてからリズムを崩したか、ガッツな貴公子・仁志に痛打されると、石井タクローも歩かせて、満塁のピンチ。ここは金城を打ち取って、切り抜けたものの、続く4回、梵のエラーでピンチを作り、吉村のタイムリーで先制点を献上。この後、連続四死球で満塁とした所ではーちゅん,ガッツな貴公子・仁志と連続タイムリーを浴び、4失点。更に、二死後、金城にタイムリーを許すと、村田には20号3ランを叩き込まれて、悪夢の8失点KO。大量点を追いかける広島は6回、3連打でようやく1点を返し、なおも一、二塁のチャンスに新井が最悪のゲッツー。続く栗原のタイムリーで2点目をあげたものの、求道者・前田が三振に倒れて、二者残塁。続く7回にも代打・井生,東出のタイムリーで2点を返し、なおも一、二塁のチャンスにオチョア,新井が連続三振と今一歩攻めきれない。8回にも無死一、二塁のチャンスを掴みながら、後続3人があえなく凡退。一方、5回から4イニング連続ゲッツーを食らうなど、攻めあぐねていた横浜だが、9回に村田の犠飛で9点目をあげ、ダメ押し。広島は横浜を4本も上回る13安打を放ちながら、5点差をつけられる拙攻が大きく響いた。主砲・新井は5打席4三振1併殺の大ブレーキだった。

◆H6−0L◆
西武は初回二死一、二塁かG.G.佐藤がレフト前に弾き返すも、本塁を狙った中島がタッチアウト。続く2回にも一死一、二塁としながら、後続が断たれて、二者残塁。一方、ソフトバンクはその裏、松中の15号ソロで1点を先制。更に、連続四死球の後、中村のタイムリーエラー,細川のパスボール,井手の犠飛とノーヒットで3点を追加。6回にはブキャナンのタイムリーで西武先発・岸をKOすると、更に、井手のピッチャーゴロの間にダメ押しの6点目。先発・和田は3回以降立ち直り、8回まで無失点投球。9回は2番手・水田が抑えて、完封リレーで連敗をストップさせた。

◆F1−0Bs◆
日本ハムは初回、ヒットの劇団ひちょりを田中賢が送ると、稲葉が四球を選んで一、二塁。しかし、青波の長瀬がレフトフライに倒れ、高橋もファーストゴロに倒れて、二者残塁…と思いきや、これを北川がエラーし、タナボタの先制点をゲット。この後、武田勝,平野佳が7回まで相譲らぬ好投を展開。迎えた8回、武田勝は一死から前田を歩かせるも、続く下山をサードフライに打ち取り、二死。ここでヒルマン監督は何故か、武田久にスイッチ。武田久は代わりばな代打・アレンに痛打され、不穏な空気が漂ったが、続くラロッカをサードゴロに仕留めて、ピンチ脱出。一方、コリンズ監督も平野佳が先頭打者を打ち取った所で高木にスイッチする謎の継投を展開。高木は田中賢,稲葉と連打を浴び、あえなくKO。3番手・大久保も二死後、高橋を歩かせ、満塁としたものの、小谷野をセカンドゴロに打ち取り、ピンチ脱出。1−0の儘、迎えた土壇場9回、満を持して登場の守護神・MICHEALは3人で無難に打ち取り、完封リレーで初回の1点を守りきった。平野佳は自責点0ながら、打線に見殺しに遭い、10敗目

◆M8−3E◆
悪の温床・楽天は初回、無死一、二塁からの重盗を仕掛けると、これで里崎の悪送球を誘い、労せずして1点を先制。更に、山崎武が犠飛を打ち上げ、この回、2点。しかし、その裏、ロッテは無死一、三塁からフクーラの内野ゴロの間に1点を返すと、5回には牽制悪送球等で掴んだ一死二、三塁ノチャンスにフクーラが今度は犠飛を打ち上げ、同点。続く6回には二死一、二塁から今江のセンター前タイムリーで勝ち越しに成功。直後の7回、草野の6号ソロで追いつかれるも、その裏、サブロー,フェルナンデスの連続タイムリー二塁打で2点を勝ち越し。ロッテは8回にも3連続タイムリーでダメ押しの3点を加え、3連勝。先発・小野は7回を自責点1で切り抜け、4勝目を飾った。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:55コメント(1)トラックバック(95) 

August 18, 2007

◆G0−3S◆
金村(日本ハム)の師匠・伊集院光が「合体変形ロボみたいな名前で凄ぇかっこいいから」と言う理由で一押しの新助っ人・グライシンガー,パウエルの両先発の好投の前に両軍無得点の儘、試合は中盤に突入。0−0で迎えた4回、ヤクルトは一死一、三塁から田中浩がレフト前へタイムリーを浴びせて、均衡を破る1点を先取。1点を追う巨人は5回、阿部,脇谷のヒットで一死一、三塁のチャンス。ここでパウエルはゲッツーを恐れて、脇谷だけを進塁させる送りバントを敢行。しかし、一塁が空いた事により、ここまで2安打を放っている松田記者が歩かされる羽目になり、満塁で打席に入った清水はキャッチャーへのファールフライに倒れて三者残塁。粘り強く投げていたパウエルだったが、8回一死一塁からガイエル,武内,田中浩と3連打で2点を失い、ついにKO。土壇場9回、ヤクルトは新たに抑えに任命された館山が3人できっちり抑え、完封リレーを達成。グライシンガーは8回無失点で春風亭半ケツに並ぶハーラートップタイの12勝目。ヤクルトはこれで最下位脱出となった。

カリメロ勝◆D3−5YB◆
負ければ借金生活に突入する横浜は中日先発・小笠原に対して、初回、村田のタイムリーで先取点をゲット。3回には二死一、三塁からまたも村田が19号3ランを叩き込み、4−0と大きく突き放した。中盤は残塁を量産する拙攻モードに入った横浜だが、7回、メカゴジラのタイムリーで5点目を追加。先発・カリメロに6回を3安打と抑え込まれるなど、沈黙していた中日だが、8回、T.ウッズのタイムリー二塁打等で2点を返すと、ここでマウンドに上がった守護神・クルーンからピンキー井上がタイムリーを浴びせて、2点差。しかし、反撃もここまで。9回はクルーンの前に無得点に終わり、ゲームセット。6回無失点のカリメロは5勝目をマークした。

◆T6−0C◆
元南海外野手の実父・一博氏が亡くなり、先発予定だった黒田が登板回避。急遽、先発に指名された魅惑のナックルボーラー・フェルナンデスだったが、2回に関本のタイムリー二塁打で早くも2点を許すと、続く3回にはシーツ,林とタイムリーを浴び、またも2点を献上。6回にはジュビロ野口にタイムリー二塁打を許し、5失点KO。阪神は7回にも押し出し四球でダメ押しの6点目を獲得。先発・能見は立ち上がりから安定した投球を展開。大差がついていようと、6〜7回からJFKを使いたがる岡田監督を踏み留まらせ、プロ初完封で3勝目をあげた。敗れた広島は再び最下位に転落。

◆E5−2H◆
腰痛のハマのスペランカーがスタメン復帰したものの、この日も川崎は体調不良で欠場。ブキャナンもスタメンに使えず、大村も登録抹消中と依然としてベストオーダーが組めないソフトバンクはまたも大苦戦。初回に松中の犠飛で先制するも、その裏、先発・斉藤和が打ち込まれ、山崎武司,フェルナンデス,草野と3本のタイムリーで3点を奪われ、あっさり逆転。4回に松中の14号ソロで1点差としたのも束の間、その裏、四球連発でピンチを作った後、ショートにタイムリーを浴び、再び2点差。悪の温床・楽天は8回にもショートの4号ソロで貴重な1点を追加。8回途中から登板の小山が5つのアウトを全て三振で奪う快投を見せ、逃げ切った。悪の温床・楽天はこれで球団新記録とな瑠シーズン48勝目

◆F5−7M◆
ロッテは2回、堀のタイムリー三塁打で先制すると、続く今江がスクイズを決めて、2点目。パ・リーグタイ記録となる3戦連続完封を狙う小林宏は3回まで1安打とまずまずの立ち上がりだったが、4回、先頭の稲葉に13号ソロを浴び、早くも完封の夢を断たれると、一死一、三塁からミスタースナイパー・坪井にタイムリーを浴び、同点。更に、陽に痛打されて、満塁となった所で、金子誠に勝ち越し2点タイムリーを許し、この回、4失点。続く5回にも青波の長瀬にタイムリーを浴びて、5点目を献上。日本ハム先発のルーキー・吉川は3回以降、危なげのない投球でロッテ打線を翻弄していたが、8回、先頭の大塚を歩かせると、続くTSUYOSHIに対して、カウント0−2となった所でヒルマン監督が突如、武田久にスイッチする謎の継投を展開。しかし、武田久は結局、TSUYOSHIを歩かせてしまうと、早川には痛打されて、無死満塁。オーティズは打ち取ったものの、続くベニー松山に2点タイムリーを浴びてKO。更に、守護神・MICHEALも里崎に同点タイムリー,代打・フクーラに勝ち越しタイムリー二塁打を浴びて、一死も取れずにKOと勝利の方程式を完全に粉砕される形でこの回、悪夢の5失点。土壇場9回、ロッテは満を持して守護神・小林雅を投入。MICHEALが打ち込まれる所を目の当たりにしているだけにコバマサ劇場開演の可能性に恐れおののくロッテファンだったが、小林雅は至極、無難に三者凡退で切り抜け、2番手・川崎にプロ初勝利が灯った。日本ハムの連勝は7でストップした。

◆L4−6Bs◆
初回からカブレラ,中島のタイムリーで2点を許した偽バファローズだが、直後の2回、内野ゴロで1点を返した後、水口が同点タイムリー二塁打。更に、一、二塁となった所で日高が4号3ランを叩き込み、一気に3点を勝ち越し。西武先発・小野寺はこの回限りで降板となつた。1点ずつ取り合って迎えた6回、西武は無死一、二塁から中村のタイムリーで2点差と詰め寄り、なおも一、二塁のチャンスだったが、後続3人が打ち取られ、1点止まり。偽バファローズは6回から登板のカーターが久々のリリーフながら3回を1失点で切り抜けると、最後は守護神・加藤大が締めて、逃げ切り。先発・金子は5回3失点で今季初勝利を飾った。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 17:45コメント(0)トラックバック(66) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ