福地寿樹

August 10, 2010

◆S4−3G◆
6連勝中のヤクルト先発・村中に対し、巨人は初回、簡単に二死を取られるが、ガッツが四球を選んだ所で寿司職人ラミレスがレフトスタンドへ37号先制2ラン。前回、復帰登板で負傷し、15球で降板を余儀なくされた先発・グライシンガーは1,2回と二人ずつの走者を背負う苦しい立ち上がりだったが、3回、三者三振の快投を展開。これで調子が上がってきたかと思いきや、4回、先頭の畠山に二塁打を浴びると、一死後、宮本に右中間突破のタイムリー二塁打を浴び、1点を献上。二死後、村中に痛打され、一、三塁のピンチ。ここで青木を打ち取り、辛くも切り抜けるが、直後の5回、小田嶋を代打に送られ、またも初白星はお預け。しかも、その裏から代わった2番手・星野がホワイトセルに9号ソロを叩き込まれて、試合は振り出しに。2−2で迎えた8回、この回から代わった2番手・マツ・オカに対し、巨人は先頭のガッツがライトスタンドへ23号ソロを放り込み、勝ち越しに成功。土壇場9回、巨人は8回途中から登板の越智に逃げ切りのマウンドを託すが、一死から青木に9号ソロを被弾し、試合は延長に突入。迎えた11回、巨人は2四球で一死一、二塁とするも、古城が初球を叩いてサードゴロゲッツーに倒れる最悪の展開で勝ち越しならず。すると、その裏ヤクルトはデントナが内野安打で出ると、飯原が送った後、青木が敬遠,田中がヒットで出て、満塁のチャンス。野口は倒れて、二死となったものの、福地が死球を掠め取り、押し出しでサヨナラ勝ち。11回のピンチを1球で切り抜けた6番手・ナベコーに移籍初勝利が転がり込んだ。

◆YB4−0D◆
阪神を3タテし、勢いに乗りたい中日は初回、一死から大島が二塁打を浴びせるも、続くベンちゃんのセンターフライで飛び出して、刺される大チョンボ。すると、その裏、先発・ウッチャンが二死からハーパーに10号先制ソロを被弾。直後の2回、一死から小池が三塁打を浴びせるも、後続が断たれて、無得点。その裏、横浜は先頭の藤田が今季初アーチを叩き込み、1点を追加。中日は4回、一死からベンちゃん,森野と連打を浴びせるも、小池が最悪のピッチャーゴロゲッツー。5回にも先頭の堂上剛がヒットで出た直後、堂上直がショートゴロゲッツーに倒れる体たらく。横浜も3回以降攻めあぐねていたが、7回、四球にエラー,石川の内野安打で無死満塁のチャンス。ハーパーはホームゲッツーに倒れるが、続く村田がレフト前へ弾き返して、2点を追加。中日は9回にも一死一、二塁のチャンスを作りながら、森野,代打・野本と打ち取られ、完封負けで連勝は3でストップ。横浜先発・清水は8回を無失点に抑え、9勝目をマークした

8/10メッセンジャー◆C7−6T◆
何とか連敗を止めたい阪神だが、初回から鳥谷のタイムリーエラーでやらずもがなの先制点を献上すると、ルパン広瀬にも犠飛を許して、2失点。初回一死二塁,2回二死満塁のチャンスを潰した阪神は3回、四球の鳥谷を一塁に置いて、ブラゼルがライトスタンドへ35号同点2ラン。先発・メッセンジャーは4回、連続四球を許すと、岩本に犠打を決められ、二、三塁のピンチ。ここで石原を敬遠して、満塁策をとるが、投手の篠田に走者一掃のタイムリー三塁打を浴びると、東出には犠飛を打ち上げられ、この回4失点。7回に1点ずつ取り合って迎えた8回、この回から代わった大島に対し、阪神は一死からキュラソ星人が歩くと、J.マッケンジーがレフトスタンドへ19号2ラン。9回にも1点を返し、なおも一死二塁と一打同点の場面を築くが、ブラゼル,キュラソ星人と打ち上げて、あと1点が届かず5連敗。広島先発・篠田は7回を3失点で6勝目

◆H4−5Bs◆
首位奪回を狙うソフトバンクだったが、先発・ホールトンがピリッとせず、初回からカブレラに2点二塁打を浴びて、先制点を献上。その裏、松田の14号2ランで追い付いて貰ったのも束の間、直後の2回、先頭のバルディリスに10号勝ち越しソロを被弾。5回には一死一塁からまたもカブレラに16号2ランを被弾し、あえなくKO。3点を追うソフトバンクはその裏、ヒットの長谷川が二盗を決めると、二死後、川崎がセンター前へタイムリー。8回には連打で無死一、三塁とした所で本多のゲッツーの間に三塁走者・福田が返って、1点差。しかし、最後は岸田の前に3人で打ち取られ、これで6連敗となった。偽バファローズ先発の金子千は7回2/3を4失点と苦しみながらも11勝目を挙げ、7連勝

◆E3−9L◆
0−0で迎えた4回、ここまで1安打と沈黙していた西武打線が突如、爆発。中島の14号ソロ,フェルナンデスの4号ソロと連続アーチで2点を先制すると、一死後、大島が二塁打を浴びせると、続く浅村がタイムリー。二死後、佐藤が歩いて、一、二塁となった所で片岡にもタイムリーが飛び出し、この回4点。楽天先発・岩隈はこの回限りでKOとなった。6回には浅村が今季初アーチを叩き込むと、続く7回には出戻り初登板となった織田裕二からヒットと連続四死球で無死満塁とした所でフェルナンデスのタイムリー,ブラウンの犠飛で3点を追加。更に、大島の二塁打,浅村の四球で満塁となった所で上本が押し出し四球を選び、9点目。7回まで2併殺7残塁と拙攻続きだった楽天は8回、無死一、二塁から山崎,西村のタイムリー,草野の犠飛で3点を返すが、反撃もここまで。西武先発・ミャオは7回を無失点の好投で6勝目を挙げた

◆M1−3F◆
両軍の先発はケッペルにマーフィーと、いずれもチーム勝ち頭の新助っ人対決。日本ハムは初回、一死から劇団ひちょりが四球で歩くと、稲葉がタイムリー三塁打,小谷野がタイムリー二塁打を浴びせて、2点を先制。続く2回には一死から連打と四球で満塁とするも、劇団ひちょりがショートゴロゲッツー。3回には二死から四球とヒットで一、三塁とするも、トンガが三振に倒れて、二者残塁と追加点を奪えない。一方、ロッテは5回、サブロー,根元と連続二塁打で1点を返すが、なおも無死二塁のチャンスに後続3人が倒れて、同点ならず。6回にも二死一、二塁のチャンスを作るが、サブローが打ち上げて、二者残塁。突き放したい日本ハムは7回、二死一、二塁から稲葉がタイムリーを浴びせて、マーフィーをKO。8回、ロッテは連続四球を選んで、ケッペルをKOすると、代打・渡辺正がきっちり犠打を決めて、二、三塁と一打同点のチャンス。しかし、サブロー,代打・青野と内野ゴロに打ち取られ、無得点。日本ハムは9回から守護神・武田久が締めて、逃げ切りに成功。ケッペルは7回0/3を1失点で切り抜け、12勝目を飾った

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:04コメント(0)トラックバック(16) 

July 15, 2009

◆S13−7G◆
不振の青木をスタメンから外す荒療治に出たヤクルト打線が序盤から大爆発。まず初回に福地の4号2ランで先制すると、続く2回には飯原のタイムリー二塁打で1点を追加。更に、3回には3安打で1点を加え、巨人先発・春風亭半ケツをKOすると、代わった野間口から相川,川島慶と連続タイムリーを浴びせて、この回3点。4回には5長短打を集めて、一挙5点を追加。大量点差で緊張感が薄れてしまったのか、先発・館山は5回に松本にタイムリー,ガッツに20号3ランを叩き込まれて、この回限りで降板となるが、その裏、ヤクルトはデントナのタイムリーで再び突き放し、早くも先発全員安打を達成。巨人は8回にガッツのこの日2本目となる21号2ランが飛び出したものの、序盤の失点が大きく響き、連勝は5でストップ。ヤクルトは20安打13得点の猛攻で連敗を3で止めた。館山は5回5失点KOながらも、打線の援護に恵まれ、リーグ10勝一番乗り。

◆T1−6D◆
中日は2回、二死から藤井,小池と連打を浴びせると、谷繁が歩いて満塁。ここで投手の小笠原が川相不在の野手陣がアテにならないとあっては自分が決めるしかないとばかりにセンター前へ先制2点タイムリー。4回には先頭のベンちゃんが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに20号ソロを叩き込み、1点を追加。3点を追う阪神は5回、一死から新井,鳥谷の連打で一、三塁とすると、二死後、福原の代打・高橋光がセンター前へタイムリー。続く6回には二死一、二塁のチャンスを作り、小笠原をKOするが、代わった河原の前に新井が倒れて、二者残塁。直後の7回、中日は川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに英智が今季初アーチを放ち、4点目。更に、この後、連打と四球で満塁とするが、ブランコ,ベンちゃんと倒れて、三者残塁。しかし、続く8回、またも英智にタイムリーが飛び出すと、9回には森野が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに11号ソロを叩き込み、ダメ押し。最後は寝損が3人で締めて、逃げ切った。小笠原は6回途中KOながらも4勝目がついた。

◆C1−6YB◆
広島先発・偽ハンカチ王子・斉藤に対し、横浜は初回、先頭の吉村が四球を選ぶと、二死後、主砲・村田がレフトスタンドへ18号2ランを叩き込み、2点を先制。4回にはメカゴジラ,金城と連打を浴びせると、二死後、3年間盗塁のなかったメカゴジラが何とホームスチールを決めて、3点目をゲット。7回には二死一、二塁から代打・ジョンソンがライトスタンドへ12号3ランをぶち込んで、ダメ押しの6点目。広島は9回に内野ゴロの間に1点を返し、完封を免れるのが精一杯で5連敗。横浜先発のはーちゅんは今季初完投で2勝目を飾った

◆H1−9F◆
これ以上、首位に離される訳にいかない日本ハムは2回、先頭の高橋が死球を食らうと、続くスレッジのタイムリー二塁打で先制のホームイン。更に、一死後、ミスタースナイパー・坪井にもタイムリーが飛び出し、この回、2点。その裏、松中の14号ソロで1点を返されるが、直後の3回、併殺崩れの間に1点を加え、再び2点差。更に、5回にはエラーで貰ったチャンスに稲葉がタイムリーを浴びせて、4点目。8回にも小谷野のタイムリーで1点を追加した日本ハムは9回には稲葉の12号3ラン等で4点を加え、試合を決定付けた。先発のダルビッシュは4回以降僅かに1安打と付け入る隙を許さない投球を展開し、1失点完投でハーラートップタイの11勝目をあげた。

◆L5−0E◆
涌井,井坂の両先発がまずまずの立ち上がりを見せ、0−0の儘、中盤へ突入。迎えた4回、西武は先頭の栗山が三塁打。中島,中村と倒れたものの、礒?がタイムリー二塁打を放ち、1点を先制。続く4回には一死満塁から栗山のタイムリーで1点を追加。7回には一死三塁から銀仁朗が犠飛を打ち上げると、8回には二死一、二塁からG.G.佐藤が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、ダメ押しの2点を追加。涌井は12三振を奪う力投を見せて、今季2度目の完封でハーラートップタイの11勝目をマークした

7/15 小松◆Bs3−2M◆
WBC干され症候群から一向に立ち直れず、1ヶ月半もファームに落ちていた小松に対し、初回、2四球にエラーとノーヒットで無死満塁のチャンスを掴んだロッテは大松のタイムリーで先制。なおも無死満塁のチャンスは続いたが、サブローは三振に倒れると、里崎はサードゴロゲッツーに倒れる最悪の展開で1点止まり。1点を追う偽バファローズは2回、一死から北川がヒットで出ると、続く大村が同点タイムリー二塁打。しかし、この後、フェニックス一輝,下山と連続三振に倒れて、勝ち越しならず。3回にも一死二、三塁のチャンスを作るが、フェルナンデス,カブレラの両助っ人が倒れて、二者残塁。すると、直後の4回、ロッテは先頭のサブローが三塁打。二死一、三塁と場面が変わった所で今江がタイムリーを放ち、勝ち越しに成功。ロッテ先発・成瀬を攻めあぐねていた偽バファローズだが、8回から伊藤にスイッチするや、大村のタイムリー二塁打ですかさず同点。更に、代わった荻野からフェニックス一輝がヒットで続き、チャンスを広げると、二死と、鈴木にタイムリー内野安打が飛び出し、勝ち越し偽バファローズ以降。9回も続投となった小松は一死から里崎に二塁打を浴びたものの、後続を断ち切り、今季初完投。8度目の先発にしてようやく初勝利を手にした

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:22コメント(0)トラックバック(21) 

August 14, 2008

◆C−D
名手・川相を現役復帰させなかった大失態に中日首脳陣への風当たりは強くなる一方。そんな逆風を少しでも和らげようと、川井を先発に起用。川井は5回まで散発2安打無失点の好投を見せていたが、所詮、カワイであって川相ではない川井ではチームの士気を高める事が出来ず、中日打線は相変わらずのタイムリー欠乏症を露呈するばかり。迎えた6回、川井は一死から東出をセカンド横へのゴロに打ち取るも、打球から目を切ったデラロサがイレギュラーに対応出来ずにヒットとしてしまうと、川相不在の弊害を痛感した川井は続く赤松に7号2ランを叩き込まれて、先制点を献上。更に、オチョア,栗原と連打を許すも、嶋をセカンドゴロゲッツーに仕留めてチェンジ…と思いきや、またもデラロサがエラーを犯し、川井は失意のKO。代わった金剛もシーボルに犠飛を打ち上げられて、この回3失点。広島は続く7回にも赤松のタイムリー三塁打で1点を追加。広島先発・大竹は5回以降ノーヒットと完璧な投球を展開し、今季初完封で6勝目を飾った。

川相の代わりに川井でお茶を濁そうと言う姑息な手段に打って出た中日だが、折角、好投していた川井の足を拙攻拙守で引っ張っての完敗。散発3安打で三塁も踏めない有様ではどうしようもないだろう。中村紀を2番に入れると言う訳の分からないオーダーもいつまで続けるつもりなのか? 精彩を欠く中日が相手とは言え、大竹の投球は素晴らしかった。あまりにも付け入る隙がないもんだから、終盤に求道者・前田の出番を作れなかったが、そこで文句を言う訳にもいくまい。

◆YB1−6S◆
ヤクルト先発・石川に対して、横浜は5回まで毎回安打を浴びせながら、一向に先制点を奪えない。横浜先発・小林も援護を待ちながら、7回を無失点の好投を展開。その裏、横浜は死球で出た石井タクローを相川が送った所で好投の小林に代打・呉本を投入するが、あえなく三振。続く石川もファーストゴロに倒れて、結局、無得点。8回、代打を送られた小林に代わって石井裕がマウンドに上がるが、代わりばな福地に三塁打を浴びると、代打・川島慶を歩かせて一、三塁となった所で飯原に犠飛を許して、先制点を献上。しかし、その裏、横浜はガッツな貴公子・仁志がヒットで出ると、内川の犠打が石川のエラーを誘い、一、二塁となった所で吉村が同点タイムリーを放って、石川をKO。なおも一、二塁のチャンスだったが、ビグビーは最悪のセカンドゴロゲッツーに倒れると、大西もセカンドゴロに倒れて、勝ち越しならず。1−1で迎えた土壇場9回、ヤクルトはノーヒットで一死満塁とタナボタのチャンスを拾うと、福地が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、3点を勝ち越し。更に、続く川島慶が3号2ランを叩き込み、試合を決定付けた。

逆転新人王を狙う小林が7回3安打無失点と申し分のない投球を見せたが、打線が10残塁の拙攻で見殺し。また、9回同点の場面で牛田−山北と繋ぐ辺りが意味不明だ。はーちゅん投入は早いにしても、他にいなかったのか? ヤクルトも石川を見殺しにしてしまったものの、横浜が勝手に動いて小林を下げてくれた事に救われ、辛くも白星を拾った。

◆M12−6H◆
王さんが食事を腹部に詰まらせた影響で休養を余儀なくされると言う衝撃的な事態に見舞われ、秋山コーチが代行監督を務める事となったソフトバンクは3回に明石のタイムリーで1点を先制。しかし、3回までパーフェクトの好投を見せていた新垣が4回、自らのエラーで初の走者を出してからおかしくなり、続く根元に逆転3号2ランを被弾。更に、一死満塁から橋本にタイムリー,ベニー松山に押し出し四球を許すと、二死後、早川には4号グランドスラムを叩き込まれて、この回、悪夢の8失点。大量7点を追うソフトバンクは6回、一死から4連打で3点を返し、なおも二塁に走者を送ったが、荒金,高谷と連続三振に倒れて、3点止まり。楽天は7回、サブローのタイムリー,大松の19号3ランで一気に4点を追加し、ダメ押し。ソフトバンクは9回、2点を返して粘りを見せたものの、反撃もそこまでだった。

王さんの欠場で少なからず動揺もあったであろうソフトバンクだが、だからと言って、いや、だからこそこの試合はきっちり勝っておきたかった。未だに白星のない新垣は素晴らしい立ち上がりで今度こそ初勝利…と期待させたが、自らのエラーをきっかけに大崩れし、終わってみれば8失点KOの背信投球。打線もロッテを4本も上回る14安打を放っておきながら、11残塁の拙攻で逆に6点もの差を付けられる有様だった。

◆F0−2Bs
近藤,藤井の両先発がいずれも走者を出しながら、あと一本を許さない粘りの投球で先制点を許さない。近藤は7回,藤井は8回限りで降板となったが、リリーフ陣も踏ん張って、0−0の儘、延長にもつれ込んだ。迎えた11回、この回から代わった武田久に対して、偽バファローズは1安打2四球で二死満塁とすると、ここまで4タコだった坂口がレフト前へタイムリーを放って、ついに2点を先制。その裏、日本ハムは二死走者なしから四球とヒットで一、二塁と粘りを見せたものの、最後は代打の代打・高口がレフトへ打ち上げ、完封負けとなった。

10回までゼロ行進と言っても、両軍11残塁の拙攻戦。一昨日、MICHEALを使いそびれて、敗れた事を反省したのか、この日の日本ハムは9回同点の場面で武田久を使う前にいきなりMICHEALを投入し、MICHEALは期待に応えて、2回をパーフェクト。しかし、援護がなくては如何ともしがたく、結局、またもや武田久が打たれて負けてしまうと言う歯痒い展開で5連敗。とうとう貯金が消滅してしまった。陽だの、ボッツだの1割打者を代打に使いまくるくらいなら、小田を使い続ければいいのに…。左対左に拘ると、まったくロクな事がない…。

◆E2−8L◆
0−0で迎えた4回、西武は一死から後藤が二塁打で出ると、続く中村が30号2ランを叩き込み、先制。二死後、細川にも11号ソロが飛び出し、この回3点。その裏、楽天はフェルナンデスの11号2ランで2点を返すが、直後の5回、西武は江藤,礒?のタイムリーで2点を追加し、再び3点差。更に、7回にはボカチカの17号2ランでダメ押しの2点を追加。8回には細川にこの日2本目となる12号ソロが飛び出し、ダメ押し。投げては先発・オツが8回2失点の好投で5勝目をマークした。

昨日は敗れたとは言え、打線は当たっていた西武がまたも打線爆発で快勝。もう1ヶ月近く連敗をしていない事が、下位の追随を許さずに独走体勢を固めつつある何よりの要因だろう。ここ4試合白星が遠ざかっていたオツが今季最長の8回を投げて白星を掴んだのも大きい。楽天は背信投球が続いていた長谷部がついに敗戦処理に降格。細川にダメ押し弾を浴びるなど、依然として心許ない投球が続いているが、ノムさんは二軍に落とす気はないのだろうか…。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:20コメント(0)トラックバック(26) 

August 03, 2008

◆D2−4G◆
主力が5人も北京に拉致されたと言うのに、名手・川相を現役復帰させなかった辺り、逆転優勝を完全に諦め、アジアシリーズ出場権を掠め取る事しか考えていないらしい後ろ向きな中日に対して、巨人は初回、鈴木尚の内野安打,ガッツの死球で一死一、二塁とすると、寿司職人ラミレスが先制タイムリー。更に、マッスル千代の富士が死球を食らって満塁となったが、あの男は空振り三振と怒濤のチャンスブレイカーぶりを遺憾なく発揮すると、続く坂本も三振に倒れて、1点止まり。その裏、中日は二死から中村紀が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに20号ソロを叩き込み、同点。巨人は2回二死一、三塁,3回一死一、二塁のチャンスを逃す等、6回までゼロ行進。一方、中日も2回以降、散発2安打と沈黙。1−1の儘、迎えた7回、巨人は一死から鈴木尚が二塁打で出ると、続くキムタクのタイムリーでついに勝ち越し。更に、ガッツに21号2ランが飛び出して、この回、3点。土壇場9回、クルーンを投入し、逃げ切り体勢の巨人に対して、中日は代打・立浪の四球,中村紀のヒットで無死一、三塁と一発で同点の大チャンス。しかし、ここで不振のT.ウッズが簡単に打ってショートゴロゲッツーに倒れる最悪の展開。この間に1点を返したもの、最後はベンちゃんが三振に倒れて、万事休す。巨人先発・グライシンガーは8回1失点の好投でハーラートップタイの11勝目。

とうとう戦力補強の期限が過ぎてしまい、今季中の名手・川相の現役復帰が絶望的となった中日。その上、荒木,森野が不在でT.ウッズが絶不調とあって、今まで以上に川相不在では一発に賭けるしかない試合をせざるを得ない様だが、こんなザマでは逆転優勝など夢のまた夢で、アジアシリーズ連覇しか眼中にないと思われても仕方ない。一方、巨人はこれまでいなかったも同然の上原,李の不在は殆ど影響なく、阿部の代替要員としてトレードで獲得した鶴岡が2安打の活躍と、五輪期間中の不安を感じさせない試合運びだった。

◆YB2−19T
制球に苦しむ横浜先発・真田に対して、初回から二死満塁とした阪神は葛城イクローの走者一掃タイムリー二塁打で3点を先制。その裏、横浜は北京に拉致された村田に代わり、4番に入った吉村のタイムリー二塁打で1点を返したが、阪神は3回、キュラソ星人,庄田のタイムリー二塁打で3点を奪い、点差は5点と拡大。阪神は終盤戦に入っても猛打を爆発させ、圧勝を収めた。

北京に拉致された藤川どころか、勝ちゲームでのリリーフ要員をアテにする必要の全くない超ワンサイドゲームで阪神が好発進。今季最多の21安打19得点と猛攻を見せたが、特に、キュラソ星人は5打数5安打6打点の大当たりだった。矢野の代役・ジュビロ野口はスタメン野手で唯一ノーヒットに終わったが、好リードで安藤の2年ぶりの2桁勝利を導くと、第2捕手候補として昇格させた5年目の小宮山が待望のプロ初安打初打点と結果を出した。横浜は投手陣が悉く大炎上で村田不在を嘆くどころではなかった。オールスターで大爆発の内川は4タコに終わり、自ら青木との差を広げてしまった。

◆C0−2S◆
後半戦に入っても求道者・前田をシメ倒すと言う方針を覆す気のないブラウン監督は早速、求道者・前田をベンチに軟禁。失意のどん底に叩き落とされた広島はヤクルト先発・川島亮の前に4回まで僅かに1安打と沈黙。広島先発・牧野も4回まで毎回走者を出しながらも無失点と踏ん張っていたものの、5回、自らのエラー等でピンチを作った挙げ句に福地に先制2点三塁打を浴びて、無念のKO。川島亮は6回まで無失点で降板すると、7回からは松岡−押本−林と1イニングずつ繋いで完封リレーを達成した。

求道者・前田がフル欠場に追い込まれ、散発3安打の完封負けと目も当てられない最悪の後半戦スタートとなった広島。牧野は粘り強く投げていたものの、踏ん張り切れずに移籍初白星。5番手として登板した謎の新助っ人・ブラウワーは1回を1安打無失点と、無難なデビューとなった。ヤクルトは求道者・前田不在の広島が相手とは言え、4人の投手がきっちり仕事を果たしての完封で球団通算3500勝。一軍に復帰したガイエルは4タコと相変わらずのブレーキでついに打率は2割を割ってしまった。

◆Bs2−4H◆
2回に大村のタイムリー二塁打で先制された偽バファローズは3回、阿部,カブレラの連続タイムリーで一気に逆転。しかし、直後の4回、南海は連打で一死二、三塁のチャンスを作ると、中西のセカンドゴロの間に三塁走者・松田が同点のホームイン。2−2の儘、迎えた8回、偽バファローズは阿部のヒット,カブレラの四球で無死一、二塁と勝ち越しのチャンス。しかし、後続3人があえなく凡退し、二者残塁。土壇場9回、南海は二死二塁から本多のタイムリー三塁打でついに均衡を破ると、続く仲沢もタイムリーを放って、ダメ押し。最後は守護神・馬原が3人でピシャリと締め括った。

パ・リーグで唯一、誰も拉致されなかった偽バファローズ。5連勝中の先発・金子が8回まで2失点と踏ん張っていたが、立ち上がり不安だった大隣を打線が捉えきれなかったのが響き、大石監督の監督就任初戦を白星で飾れなかった。今季限りの現役引退を示唆しながらも、695日ぶりの一軍復帰となった破戒僧・清原は7回に先頭打者として代打出場したが、あえなく空振り三振。南海は杉内,和田が拉致され、現有戦力で唯一完投能力のある先発・大隣が8回2失点で初の10勝目。川崎の代役・仲沢も見事にダメ押しタイムリーを放ち、会心の後半戦スタートを切った。

◆E11−4F
初回に田中の犠飛で先制した日本ハムは続く2回には糸井の三塁打,鶴岡の二塁打で2点を追加。しかし、その裏、楽天は鉄平の4号3ランで一気に同点。追い着かれた日本ハムは直後の3回、無死満塁と絶好のチャンスに小谷野が最悪のサードゴロゲッツー。続く高橋も凡退し、結局、無得点。これで流れは再び楽天へ。4回、一死二、三塁から藤井の犠飛で勝ち越すと、5回には高須の4号ソロ,山崎武のタイムリーで2点を追加。更に、7回には山崎武の15号2ラン,8回にはショートの8号2ラン等一発攻勢で試合を決定付けた。

グスマンが3回もたずにKOとなったが、無死満塁の大ピンチを見事に切り抜けた2番手・朝井が5回まてを無失点のロングリリーフをこなして、7勝目。日本ハムは北京に拉致された稲葉に代わって4番に入ったスレッジが3タコ。唐川が呪われているうちに突き放しておきたいスーパーさぶ・多田野だったが、5回6失点KOとなってしまった。また、呪われた助っ人・ボッツは今日も代打であえなく三振の体たらくだった。

◆L3−4M◆
2回にブラゼルの25号ソロで先制した西武は3回には栗山のタイムリーで1点追加。ロッテが5回に根元の2点タイムリーで追い着いたのも束の間、その裏、西武は黒瀬のタイムリーで再び勝ち越し。1点を追うロッテは6回無死一、二塁のチャンスは逃したものの、続く7回、一死満塁からサブローの2点タイムリーで逆転に成功。先発・渡辺俊は8回、一死三塁のピンチを迎えた所でKOとなるが、ここで代わった川崎が代打・佐藤,ボカチカと連続三振に斬って取り、切り抜けると、最後は荻野が締めて、逃げ切った。

ロッテが接戦を制して、4位浮上。最終選考から漏れ、北京拉致を免れた渡辺俊が8回途中まで3失点と粘りの投球を見せれば、ピンチで登板の川崎も連続三振で見事に切り抜ける好リリーフ。北京に拉致された西岡の代役・塀内は今季初安打で同点のホームを踏んだ。西武はG.G.佐藤,中島の代わりにクリーンアップを務めたボカチカ,後藤がいずれもノーヒット。中島に代わってショートに入った黒瀬は2安打1打点と結果を残した。2番手として登板したルーキー・平野は無死満塁のピンチを作ってプロ初黒星。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:54コメント(1)トラックバック(46) 

July 19, 2008

◆YB2−6G◆
初回に寿司職人ラミレスのタイムリーで先制した巨人は3回には一死一塁から松田記者のタイムリー二塁打で1点を追加。4回には先頭の坂本が二塁打で出ると、春風亭半ケツの犠打で三進。ここで鈴木尚がスクイズを決めて、3点目。6回まで3安打と沈黙していた横浜は6回、二死走者なしから内川のヒットの後、村田が27号2ランを叩き込み、1点差。続く7回には吉村,代打・メカゴジラのヒットで二死一、三塁と一打同点のチャンスを作るが、大西はセンターへ打ち上げて、二者残塁。直後の8回、巨人は阿部が10号ソロを放り込むと、9回にはキムタク,ガッツの連続タイムリーでダメ押し。先発の春風亭半ケツは7回2失点で4勝目。

村田の5戦連発も空砲に終わり、横浜は対巨人6連敗。村田が幾ら打っても勝てないとなると、村田が北京に拉致されたら、一体どれ程、勝てなくなってしまうのか…。投打噛み合っての快勝となった巨人だが、あの男が20日から一軍に昇格すると言う衝撃のニュースが飛び込んできた。果たして、背に腹は変えられないと言う程、今の巨人にあの男が必要だろうか。仮に必要だとしても、モナってた件をあの程度のお仕置きで済ませてしまう様ではとても紳士球団とは言えないな…。

◆D2−7T
阪神先発・安藤は初回、簡単に二死を取りながら、連続四球でピンチを作ると、ベンちゃんにタイムリーを許して、先制点を献上。1点を追う阪神は3回、一死一、二塁から鳥谷の7号3ランで一気に逆転。5回にT.ウッズのタイムリーで1点差とされるも、直後の6回、高橋光の今季初アーチとなる2ランで突き放した。8回にはフォード,悠久の若虎・桧山の連続タイムリーでダメ押し。その裏から登板の江草は残り2回で5三振を奪い、中日の反撃を断ちきった。

投打に精彩を欠いての完敗となった中日。初回の満塁のチャンスに1点しか取れなかったのが致命的だった。いよいよ貯金消滅へリーチをかけ、阪神との差が14と拡大したばかりか、ヤクルトには1ゲーム差に迫られ、Bクラス転落の危機である。この絶望的な状況を打破する為にも一刻も早い名手・川相の現役復帰を実行に移すべきだろう。ところで、特殊能力「偽装結婚○」を持つ男・寝損がいよいよ来日初登板。二死一、二塁のピンチを迎えながらも、何とか無失点で切り抜けたが、果たして、今後通用するかは微妙な内容だった。

◆S8−3C◆
ヤクルトは2回、梵のエラーで貰ったチャンスに飯原のタイムリー二塁打,福川のスクイズで2点を先制。広島は4回に嶋に4号ソロが飛び出して、1点差。2−1の儘、迎えた6回、ヤクルトは一死満塁からウィルソンのタイムリーで2点を加えると、更に、二死満塁となった所で福地が走者一掃のタイムリー三塁打。続く宮本もタイムリーを放って、この回、一挙6点のビッグイニングを形成。広島は9回に栗原の13号2ランが飛び出したが、焼け石に水だった。

またも求道者・前田はフル欠場で広島は4連敗。ブラウン監督はいつまで同じ事を繰り返すつもりなのか。久々登板の宮崎も5回まではまずまずだったが、6回に一気に崩れた。福地に三塁打浴びるまで宮崎を引っ張り続けたブラウン監督はかなりどうかしてる。飯原の前で満塁にした所で代えても良さそうなもんだし、どれくらい遅くても飯原に打たれた所で代えるべきだろう。嫌がらせをかますだけでなく、まっとうな采配も揮えないとあっては、広島は単独5位確定の道を早めるだけだろうそれでブラウン監督が失脚して、求道者・前田が来季大復活すると言うなら、むしろ喜ばしい事なのかもしれないが…。

◆E4−5H◆
楽天先発・田中は3回まで6個の三振を奪う素晴らしい立ち上がり。4回も2つの三振を奪いながら、1安打2四球で満塁のピンチを作ると、ここで長谷川に走者一掃の先制タイムリー三塁打を浴びてしまう。3点を追う楽天はその裏、草野のタイムリーで1点を返すと、6回には高須の二塁打の後、フェルナンデスのタイムリーで1点差と迫り、ソフトバンク先発・ホールトンをKOすると、更に、草野のセカンドゴロの間に同点に追い着いた。ソフトバンクは7回から何と先発要員の大隣をリリーフで起用。7回は三者凡退に斬って取った大隣は続く8回も簡単に二死を取ったが、ここでショートに痛恨の一発を浴び、勝ち越し点を献上。しかし、土壇場9回、ソフトバンクは一死二、三塁のチャンスに本多が同点犠飛を打ち上げると、続く川崎がタイムリーを放って、勝ち越し。その裏も続投となった大隣は3人でピシャリと締め、4連勝となった。

大隣の突然のリリーフ登板には驚いた。一時は勝ち越し点となる一発を浴びたものの、3回を投げて許した安打はこれのみの好投だった。昨日、雨で登板が流れた事もあって、待機させておいただけなのか、オールスターまであと僅かと言う事で、前半戦一杯は後ろを任せるつもりなのか。いきなり3回も投げてしまったら、明日は使えないだろうが…。一方、10三振の力投も報われなかったのが田中。あの内容、あの展開で7回降板は少々早かった気が…。北京に拉致されてしまう田中の体力を気遣う様なノムさんでもあるまいに…。有銘を2イニング目まで引っ張ったのも裏目に出てしまった。

◆M10−17L
水島の呪いに苛まれ、破竹の連勝から一転連敗を喫したロッテ。この日も先発・成瀬が2回に二死満塁から片岡,栗山の連続タイムリー二塁打でいきなりの4失点。ロッテはその裏、2点を返すと、4回にはベニー松山の4号ソロ,西岡の2点二塁打で一気に逆転するも、5回、中島に逆転18号2ランを被弾。6回に今江の一発で追い着いたのも束の間、直後の7回、二死走者なしから中島に痛打されると、ブラゼルに22号2ランを放り込まれ、勝ち越し点を献上。更に、G.G.佐藤にも二塁打を浴びた所で成瀬はようやく降板。代わったシコースキーも中村を歩かせた後、後藤に2試合連続の4号2ランを被弾。西武は8,9回にも6点を追加し、一気に突き放した。7回から登板の小野寺は3回4失点ながら、今季初セーブ。

今日も水島の呪いは留まる所を知らず、成瀬が悪夢の9失点KO。中途半端に立ち直ってしまった為に7回まで引っ張ったのが裏目に出た格好だ。リリーフ陣も火だるまで計17失点と惨憺たる結果で3連敗。水島氏にシメられた今江は2発を含む4安打6打点と怒りを爆発させたが、空砲に終わってしまう辺り、呪いには抗いきれなかった印象だけが残った。

◆Bs6−2F◆
日本ハム先発のスーパーさぶ・多田野の前に4回まで1安打と抑え込まれてきた偽バファローズだが、5回一死から日高がライトスタンドへ8号ソロを叩き込み、先制。更に、二死一、二塁から坂口のタイムリーで2点目。続く6回には二死満塁から小瀬が走者一掃のタイムリー二塁打を放って、多田野をKO。8回には下山がダメ押し7号ソロ。完封目前の山本だったが、9回先頭の田中に10号ソロを被弾すると、続く稲葉にも痛打されて、KOと完封も完投も消滅。この後、日本ハムは高橋のヒットの後、ボッツのサードゴロの間に2点目を返したものの、反撃もそこまでだった。

唐川が呪いに苛まれている隙に、新人王レースをリードしておきたい多田野だったが、失意の5失点KO。味方に呪われた男・ボッツがいる以上、水島の呪いによる恩恵を受ける事など甘い話と言う事か。多田野の息の根を止めたのが、こちらもルーキーの小瀬。2安打3打点の活躍ながら、左の歌藤相手にあっさり代打を出されてしまう辺り、まだまだ信頼感は勝ち得ていないのだろうか。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:55コメント(0)トラックバック(61) 

July 13, 2008

◆G3−0YB◆
巨人は初回、いきなり先頭のマッスル千代の富士が右中間突破の二塁打で出ると、キムタクのライトフライで三進。ここでガッツが2試合連続となる18号2ランを叩き込み、2点を先制。バーンサイドの前に4回まで内野安打1本に抑え込まれていた横浜は5回、二死一塁から投手のウッドが自らヒットを放って、チャンスを広げるも、続く大西はショートフライに倒れて二者残塁。続く6回には一死から内川が二塁打を放って、バーンサイドをKO。二死後、3番手・山口からビグビーが死球を食らって、一、二塁となったものの、吉村はセンターへ打ち上げて、またも二者残塁。すると、その裏、巨人はキムタクの四球,ガッツのヒットで一、三塁とした所で寿司職人ラミレスがイムリーを浴びせて、3点目を追加。7回から上原が3日連続のリリーフ登板。2日連続失点を喫していた上原はこの日も一死から相川に痛打されるが、代打・金城,大西と打ち取って、何とか無失点で切り抜けた。8回からは豊田−クルーンの必勝パターンで3人ずつ打ち取って、完封リレーで4連勝を飾った。

巨人が投打噛み合い、今季4度目の4連勝で今季最大の貯金6。大事な時に立場もわきまえずに、呑気にモナっていたあの男の昇格は更に、先延ばしとなる事が決まったが、全く必要なさそうだ。今季初勝利でバーンサイドの白星を粉砕した上原だが、この日は何とか無難に投げ終えた。これで8連続リリーフ登板だが、一体いつまで続くのか…? 折角、水島の呪いを解いて貰った横浜だが、3タテ。呪い云々とか言う以前に地力がなさ過ぎるわな…。

◆D4−10S
森野,T.ウッズの連続タイムリー,平田の犠飛と珍しく効率のいい攻撃で初回から3点も先制した中日だったが、直後の2回、中2日で久々の先発登板となった吉見が飯原のタイムリーで1点を返されると、一死満塁となった所で福地に走者一掃のタイムリー二塁打を浴び、あっさり形勢逆転。更に、この後、宮本を歩かせた後、青木にもタイムリーを浴び、あえなくKO。代わった佐藤充も田中,飯原と連続タイムリーを浴びて、この回悪夢の8失点。その裏、中日は森野のタイムリー二塁打で1点を返し、なおも二死満塁と一発が出れば同点と言う場面を作ったが、中村紀はファーストゴロに倒れて三者残塁。その後も中日は3回二死一、二塁,4回一死一塁,5回無死一、二塁,6回無死一塁と再三再四チャンスを掴みながら、悉く無得点に終わる体たらく。すると、7回には代打・川島慶にタイムリーを許し、致命的な2点を献上。これで意気消沈となったか、7回以降ノーヒットに抑え込まれた中日は4カード連続の負け越しとなった。

怒濤の拙攻三昧を繰り広げている打線を川相の現役復帰で立ち直らせようともせず、交流戦から長らく中継ぎに専念させていた吉見を中2日で先発起用する奇襲でお茶を濁そうとした落合監督だが、初回から3点のリードを貰いながら、2回もたずにKOされるなど、完全に裏目に…。ついさっきまで防御率1位をひた走っていた吉見だが、この日の大炎上で防御率は一気に3点台まで落ち込み、新人王の座にも陰りが見えてきた。一方、最早、新人王どころではない増渕も折角、大逆転して貰ったにも拘わらず、2回で降板する不甲斐ない投球だった。

◆T5−2C◆
またまた5割にリーチをかけた状態で、ブラウン監督は散々シメ倒してきた求道者・前田を何を思ったか、突如、スタメン起用。求道者・前田を軟禁するブラウン監督の暗黒采配に抗議するかの様な背信投球を続けてきた先発・高橋はスタメン復帰となった以上、負ける訳にはいかないと調子が悪いながらも、2回まで無失点に抑える粘りの投球を展開。広島は3回、鳥谷のエラーをきっかけに、二死一、三塁のチャンスを作ると、またも赤松が古巣相手に恩返しの先制タイムリー。しかし、5回、阪神は一死三塁からシャア少佐が同点タイムリーを浴びせると、平野がヒットで繋いだ後、新井が犠飛を打ち上げ、勝ち越しに成功。逆転を許した広島は直後の6回、二死二塁から栗原がタイムリーを放って同点。更に、求道者・前田がブラウン監督への怒りを叩き付けるヒットを放ち、チャンス拡大。しかし、求道者・前田効果による勝利の可能性が高まってしまった事を察知したブラウン監督は代走・天谷を投入して、求道者・前田を引っ込める嫌がらせを敢行。これで意気消沈となった広島は続く梵がヒットで繋いだものの、石原が打ち上げて、三者残塁。2−2の儘、迎えた8回、阪神は二死一、二塁から代打・葛城イクローが走者一掃のタイムリー三塁打を浴びせて、2点を勝ち越し。更に、続くバルディリスもタイムリーを放って、ダメ押しの5点目。最後は藤川が3人で締め括った。

求道者・前田が6月29日以来のスタメン、6月23日以来のヒット。執拗な代打起用に反攻していた…訳ではないのかもしれないが、ここまで実に長い苦しみだった。やはり、求道者・前田には1試合最低でも3打席は必要なのだ。それにしても、何故、あそこで代走なのか…。同点でチャンスが潰れれば、まだ勝負所は先になる展開。二塁走者ならまだしも、一塁走者に代走を送る必然性はあったのか? しかも、終盤にもう1打席回ってくるのは確実なのに…。果たして、ブラウン監督は5割到達と求道者・前田への嫌がらせと一体どちらに重きを置いているのかね…。

◆F1−10H◆
首位戦線に留まる為にも、これ以上負けられないソフトバンク。武田勝の前に3回まで攻めあぐねていたが、4回一死からレストピッチが四球を選ぶと、二死後、4月30日以来のスタメンに抜擢された荒金がレフトスタンドへ今季初アーチとなる2ランを叩き込み、2点を先制。一方、日本ハムは5,7回といずれも一死一、二塁のチャンスをモノに出来ず、8回までゼロ行進。なかなか突き放せずにいたソフトバンクだが、土壇場9回、松中の17号2ランなど8長短打を集中し、一挙8点のビッグイニングを形成。先発・和田は完封まであと一人と言う所で小谷野にタイムリー二塁打を浴びたものの、完投で8勝目を飾った。

小久保がまたまたスタメンから外れてしまったソフトバンクだったが、久々にスタメン復帰の荒金が先制2ランを含む4安打3打点の大活躍で連敗阻止に貢献。投げては和田が8安打を浴びながらも、1点で食い止め、無四球完投勝利。最悪の3タテは回避して、辛うじて首位戦線に踏み留まった。上位打線が稲葉以外ノーヒットに抑え込まれるなど、完敗を喫した日本ハムだが、西武も負けたのは不幸中の幸いだった。

◆E2−7M
連敗ロードに喘ぐ楽天はこの日も初回からゲッツーでチャンスを潰す不安な立ち上がりとなったが、続く2回、無死一、二塁から鉄平のタイムリーで先制。なおも一、二塁のチャンスだったが、後続3人が打ち取られ、1点止まり。岩隈の前に3併殺を喫するなど、6回まで無得点に抑え込まれていたロッテは7回、無死一、二塁からオーティズのタイムリーでついに同点。更に、今江が死球を食らって満塁となった所で西岡,サブローの代打攻勢で連続タイムリーを浴びせて、3点を勝ち越し。その裏、楽天は代打・草野のタイムリーで2点差と詰め寄るも、9回にサブローに被弾するなど、致命的な3点を失い、試合を決定付けられ、5連敗で5位転落。勝ったロッテは5連勝で4位浮上となった。

負ければ5位転落と言う状況で8連勝中の岩隈を立てて、必勝体制で臨んだ楽天だったが、好投していた岩隈が突然崩れて、連敗は5にまで伸びてしまった。立ち上がり不安定だった渡辺俊を攻めきれなかったのも大きく響いた。ロッテは終盤に怒濤の集中打で逆転勝ちの5連勝。代打攻勢も見事にハマるなど、勢いが出てきた。来週末の西武3連戦までこの勢いを持続出来ると面白い事になりそうだが、果たして…!?

◆Bs4−1L◆
西武の独走を止める為にも3連敗は許されない偽バファローズだが、西武先発・オツの前に4回まで1安打と沈黙。しかし、偽バファローズ先発・金子も負けじと5回まで1安打無失点の好投。何とか金子を援護したい偽バファローズはその裏、突如、制球を乱したオツから一死満塁のチャンスを掴むと、前田,坂口の連続タイムリーで2点を先制。更に、二死後、カブレラも2点タイムリーを浴びせて、オツをKO。金子は8回に中村に21号ソロを浴びて、完投は逃したものの、最後は守護神・加藤がピシャリと締めて、ようやく西武に一矢報いた。

偽バファローズが唯一のチャンスを集中打で見事にモノにし、3タテを阻止。投げては金子が強力西武打線を8回3安打1失点に抑え込む好投を見せた。前回はかなり危なっかしかったが、今回は申し分ない内容でこれで3連勝と復調の気配が見えてきた。3位以下はかなり接近している状態なだけに、金子が安定して白星を計算出来る存在に戻ってくれると、偽バファローズにも這い上がるチャンスは十分に出てきそうだ。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:48コメント(2)トラックバック(58) 

July 12, 2008

◆G5−4YB◆
序盤は怒濤の空中戦。横浜が初回に大西の先頭打者アーチで先制すれば、その裏、巨人はガッツ,寿司職人ラミレスの連続アーチであっと言う間に逆転に成功。3回に横浜がガッツな貴公子・仁志の6号ソロで追い着けば、その裏、巨人は寿司職人ラミレスが2打席連続となる26号2ランを叩き込み、勝ち越し。2点を追う横浜は6回、二死一、二塁からジェイジェイのタイムリーで1点を返すと、更に、代打・メカゴジラが内野安打で続き、満塁とするが、ここで代わった上原の前に代打・相川がセカンドフライに倒れて、同点ならず。2イニング目に入った上原は7回、二死二塁から村田に同点タイムリー三塁打を浴びて、春風亭半ケツの白星を粉砕。その裏、巨人は今度はガッツにこの日2本目の17号ソロが飛び出し、三たび勝ち越し。8回からは豊田−クルーンと繋ぐ必勝リレーが決まり、巨人は3連勝となった。

巨人が寿司職人ラミレスとガッツの2ホーマーで全得点と言う一発依存野球で逃げ切り。上原は春風亭半ケツの白星をかっさらっての2勝目。1勝目はバーンサイドの白星をかっさらっており、すっかり白星泥棒が板についてきた。昨日に続いて失点するなど、接戦で起用するのがこの上なく危なっかしい。ホント、いつまでリリーフで使う気なのかね?

◆D1−1S
0−0で迎えた3回、ヤクルトは二死走者なしから連続四球でチャンスを掴むと、青木がレフト前へタイムリーを放って、1点を先制。初回から一、二塁のチャンスを逃すなど、この日もタイムリー欠乏症の中日は中盤に入ってからも、5回二死一、二塁,6回二死二、三塁,7回二死二塁と立て続けにチャンスを逃す怒濤の拙攻三昧。しかし、8回、先頭の井端が二塁打で出ると、続く森野のタイムリーでようやく同点。なおも無死一塁のチャンスにT.ウッズは最悪のゲッツーに倒れる有様。9回も二死二塁とサヨナラのチャンスに荒木が打ち上げる始末。延長に入ってからは一人の走者も出せず、青木を敬遠しまくって引き分けに持ち込むのが精一杯だった。

8回1失点と好投した小笠原を不甲斐ない打線が見殺し。まぁ、これはいつもの事なので、早いトコ、名手・川相を現役復帰させろよ!の一言に尽きる訳だが、それにしても、8,10,12回と青木に対する3打席連続敬遠は弱気過ぎるにも程があり、見ていて嫌になった。打ちまくった福地を盗塁や犠打で二進させて、悉く一塁を空けた状態で青木に回してしまったヤクルトも軽率だったが、ここまで徹底して歩かされまくるとは…。8回から畠山を下げてしまったのも大失敗だった。

◆T0−1C◆
初回二死走者なしから2四球と内野安打で満塁と先制のチャンスを掴んだ広島だが、シーボルが打ち上げて、三者残塁。3回には一死一塁からオチョアがゲッツー。4回にも二死二塁から梵のヒットで三塁を蹴ったシーボルが本塁憤死と、拙攻を続けていた広島だが、5回、二死二塁から赤松のタイムリーでついに均衡を破る先制点をゲット。23試合目の登板にして、来日初登板となるコズロースキーは5回まで無失点と予想を上回る好投を展開。6回も二者連続三振で簡単に二死を取ったが、ここからシャア少佐に痛打されると、ボークで二進を許した後、関本を歩かせた所で降板。代わった梅津も関本に痛打されるが、栗原のファインプレーに助けられ、辛くもこのピンチを凌いだ。7回からは上野が2回をパーフェクトに抑える好リリーフを見せると、最後は守護神・永川が3人で締めて、完封リレーで阪神のマジック点灯を阻止した。コズロースキーは来日初勝利。

コズロースキーがよもやの先発でよもやの好投。リリーフ陣も踏ん張り、最少リードを見事に守りきった。気がかりなのは毎度の事ながら、求道者・前田の処遇。最早、スタメン落ちは当たり前となっており、適性のない代打を強いられて凡退と言う負のスパイラルが止まらなくなってきている。やはり、試合序盤に際どいプレーでモメ事を起こして、ブラウン監督に退場して頂くしかないのか…。

◆F9−6H◆
新人王を争う大場とスーパーさぶ・多田野が直接対決。初回、無難に切り抜けた多田野に対して、大場はその裏、いきなり無死一、二塁のピンチを迎えると、一死後、稲葉,スレッジと連続タイムリーを浴び、3失点。3回には一死満塁からまたもスレッジに11号グランドスラムをぶち込まれると、4回には稲葉に12号2ランを浴びて、悪夢の9失点KO。大量リードを貰った多田野は3〜6回まで4イニング連続1点ずつ失った所で降板。5点を追うソフトバンクは8回、レストピッチのタイムリー,高谷の犠飛で3点差まで追い上げたものの、反撃もここまでだった。

開幕当初は大場の独走と思われた新人王レースだが、今や多田野と唐川のマッチレースで今や大場は完全に蚊帳の外。それだけにこの直接対決は制したい所だったが、結果は惨憺たるものに終わってしまった。早くもこの3連戦負け越しが決まってしまい、ソフトバンクにとっても痛い黒星となった。ところで、呪われた男・ボッツは来日4戦目にして、もうスタメン落ち。8回のチャンスに代打で起用されたが、あえなく三振。梨田監督は早くもボッツの呪い効果を察知したのか!?

◆E5−7M
楽天先発・田中に対して、ロッテは2回、里崎,大松,ベニー松山,橋本と怒濤の4連打で2点を先制。更に、今江が犠飛を打ち上げた後、早川のヒット,フェルナンデスのエラーでこの回一挙5点。その後、1点ずつ取り合って迎えた4回、楽天は二死満塁から嶋,渡辺直の連続タイムリーで2点差と詰め寄り、なおも、一、二塁のチャンスだったが、高須がショートゴロに倒れて、3点止まり。7回には一死から渡辺直がヒットを放ち、成瀬をKO。代わった久保から高須もヒットで続いたが、ショート,フェルナンデスと倒れて、二者残塁。土壇場9回、ロッテは西岡のタイムリー二塁打で貴重な1点を追加し、田中はここで無念の降板。楽天はそ脳ら、高須のタイムリー二塁打で1点を返したものの、最後はショートが三振に倒れて、あと一歩及ばなかった。

田中を攻略して4連勝のロッテに対し、楽天は引き分けを挟んで今季3度目の4連敗。見る見る両チームの差は縮まり、いつの間にやら1ゲーム差となった。田中はこれで6敗目となり、ついに白星と黒星が同数に…。岩隈と田中で勝ちを計算しているノムさんだけに、田中で貯金が一つも稼げていないと言う現況は大きな誤算だろう。

◆Bs2−4L◆
西武は初回、二塁打の片岡を栗山が送って、一死三塁となった所で中島が先制タイムリー。更に、二死後、G.G.佐藤にもタイムリーが飛び出し、この回2点。2点を追う偽バファローズは4回、下山,ローズのヒットで一死一、三類とすると、フェニックス一輝が犠飛を打ち上げ、1点差。更に、日高もヒットを放ち、チャンスを広げたが、牧田はライトフライに倒れて1点止まり。1−2の儘、迎えた7回、偽バファローズは先頭の日高がこの日3安打目となる二塁打で出ると、一死後、迎が内野安打を放ち、一、三塁。二死後、坂口がタイムリー内野安打を放って、ついに同点。2回以降、ゼロ行進を続けていた西武だが、土壇場9回、同点ながら早くもマウンドに上がった守護神・加藤の代わりばなを代打・礒?が2号勝ち越しソロ。更に、この後、中島がタイムリー二塁打を放って、ダメ押し。最後はグラマンが3人でピシャリと締め括った。

粘った偽バファローズだが、早く投入し過ぎた加藤が背信投球で連敗。西武の首位独走,偽バファローズの最下位独走を阻止する為にも何としても3タテ食らうのだけは回避して貰いたい所だ。西武先発・岸は好投虚しく、打線の見殺しに遭ったが、ピンチを作りながらも凌ぎきった2番手・正津が2年ぶりの白星を掴んだ。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:56コメント(0)トラックバック(52) 

July 06, 2008

◆D3−7G◆
これ以上、阪神に離される訳にはいかない中日だが、この日も初回から拙攻の連続で3回までゼロ行進。4回も一死一塁から中村紀が最悪のセカンドゴロゲッツーと思いきや、これを岩舘が痛恨のエラー。タナボタのチャンスを貰った中日は二死後、谷繁が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに激振。打球はスタンドにこそ届かなかったものの、レフトオーバーの走者一掃タイムリー二塁打となり、2点を先制。続く5回には小池が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに移籍初アーチを叩き込み、3点目。ウッチャンの前に5回まで散発2安打と沈黙していた巨人は6回、寿司職人ラミレスの23号ソロでようやく1点。続く6回には2番手・吉見に対して、二死走者なしから坂本,代打・清水,マッスル千代の富士の3連打で1点差とすると、岩舘が歩いた後、ガッツが15号グランドスラムをぶち込んで、一気に逆転。9回には鈴木尚の犠飛でダメ押しの7点目を追加。投げては7回から上原−豊田−クルーンとパーフェクトリレーを展開し、この3連戦勝ち越しを飾った。

序盤は拙攻、終盤は沈黙と言う淡泊な攻撃で攻めきれなかった中日が逆転負けで首位との差は11.5に拡大。吉見が5失点と言うのは誤算中の誤算ではあるだろうが、寿司職人ラミレスに被弾と言うタイミングでウッチャンを引っ込めた落合監督の継投は何とも意味不明。巨人は小笠原が連日の値千金打だったが、そこに至るまでの坂本,清水,岩舘ら脇役陣のお膳立てが見事だった。で、上原はいつまで中継ぎモードなのか? 星野監督に媚びる為に北京に拉致されるまでこの儘なのか?

◆C3−5S
ブラウン監督の暗黒采配により、この日も求道者・前田がベンチに軟禁されてしまった広島は増渕の前に2回までノーヒットに抑え込まれて、3回も連続三振で二死と追い込まれるが、ここから東出,赤松,オチョアと3連打を放ち、1点を先制。しかし、直後の4回、ヤクルトは一死満塁から川島慶が犠飛を打ち上げ、あっさり同点。6回には青木に11号ソロが飛び出して、勝ち越しに成功。1点を追う広島は7回、二死二塁から東出が同点タイムリー。しかし、8回、ヤクルトは2四球で二死一、二塁とした所で福地が走者一掃のタイムリー三塁打で2点を勝ち越し。更に、続く宮本にもタイムリーが出て、3点差。その裏、広島はオチョアのタイムリーで1点を返すも、なおも一死一塁の場面でシーボルが最悪のゲッツー。9回は林の前に3人で打ち取られ、広島はまたも5割到達に失敗した。

またも接戦を逃して、5割到達に失敗。9回無死一塁の場面で代打起用された求道者・前田は最悪のゲッツーに倒れた訳だが、結果を出せないのは、単に、適性に欠ける代打起用や暗黒采配によるコンディション低下だけが原因ではないのかもしれない。何せたとえ求道者・前田のおかげであっても5割越えでシーズンを終えるとブラウン監督の続投の可能性が高まってしまうのだから、直接、勝利に繋がる一打など打ってしまっては自分の首を絞める事になる…とあっては、迂闊に結果を出す訳にもいかないと言うものだ。ただ、その心理状態をブラウン監督に見透かされてしまうと、代打ですら起用して貰えない危険性も出てくる。この二人の不毛なせめぎ合いは一体いつまで続くのか!?

◆YB7−8T◆
何とか一矢報いたい横浜は初回から村田のタイムリーで先制。なおも一、二塁のチャンスだったが、ビグビーがゲッツーを食らって、1点止まり。すると直後の2回、阪神は無死一、二塁からジュビロ野口の今季初アーチとなる3ランが飛び出して、あっと言う間に逆転に成功。4回にはバルディリスに来日初アーチが飛び出し、4点目。3点を追う横浜はその裏、内川,村田と連打を浴びせると、ここでまたもビグビーがゲッツーに倒れるが、この間に内川が返って、2点差。6回にはビグビー,吉村の連続タイムリー二塁打でついに同点。更に、8回に4番手・ウィリアムス相手に、またもビグビーのタイムリー二塁打で勝ち越し。更に、代打・大西にも2点タイムリー二塁打が飛び出し、この回3点。これで試合は決まったかに思われたが、土壇場9回、横浜守護神・はーちゅんに対して、阪神は一死から矢野がヒットで出ると、二死後、関本,新井と連続タイムリー二塁打を放ち、1点差。そして、続くキュラソ星人がレフトスタンドへ15号2ランを叩き込み、逆転に成功。その裏、藤川が三者凡退に斬って取り、これで阪神は6連勝。

折角、渡辺もウィリアムスも攻略し、3点ビハインドから3点リードまで奪ったと言うのに、はーちゅんが9回に悪夢の4失点で逆転を許すと言う展開は果たして、阪神が凄過ぎるのか、水島の呪いが凄過ぎるのか! 打たれても打ち返す阪神の破竹の連勝はまたも止められず、中日との差は開く一方だ。

◆M6−7H◆
今日こそ連敗を止めたソフトバンクは初回、ヒットで出た本多が二盗を決めると、川崎のタイムリーで先制のホームイン。この後、川崎が二盗を仕掛けて憤死。続いて四球で出た大村も二盗を仕掛けて憤死。更に、松中も四球と4人連続出塁を果たしながら、1点しか奪えずに5人で攻撃終了と嫌な立ち上がり。しかも、2,3回と三者凡退に抑え込まれているうちに、その裏、フクーラのタイムリー二塁打で追い着かれると言う重苦しい展開となったが、直後の4回、一死満塁からレストピッチのタイムリー,明石の犠飛で2点を勝ち越し。しかし、ロッテは5回、オーティズ,里崎のタイムリーで追い着くと、更に、サブローの犠飛,ベニー松山のタイムリー二塁打で2点を勝ち越し。しかし、粘るソフトバンクは8回、二死走者なしから長谷川がヒットで出ると、代打・柴原が3号2ランを放り込み、ついに同点。土壇場9回には一死から本多,川崎の連打で二、三塁とした後、大村のショートゴロが野選とエラーを誘って、一気に2点を勝ち越し。しかし、粘るロッテはその裏、先頭の西岡が四球で出ると、一死後、フクーラのタイムリー二塁打で1点差。更に、4番手・久米から2つの四球を選んで、二死満塁と一打サヨナラのチャンスを作ったが、最後はベニー松山がレフトへ打ち上げて、あと一歩及ばなかった。ソフトバンクの連敗は7でストップ。

最後の最後まで苦しみ続けた試合を何とか逃げ切り、ソフトバンクがようやく連敗地獄を抜け出した。スタメン復帰のレストピッチがタイムリーを放ったり、柴原が代打で2ランを放ったりと、松中がサードゴロでヘッドスライディングを見せてチームを鼓舞したりと、ナイン総出で必死に戦った結果だが、たった1勝の何と遠い事か…。あそこで久米がベニー松山に打たれていたら…と思うとゾッとする。一方、ロッテは連勝が3でストップし、最下位の逆戻り。小林宏が5回KOとまたも背信投球だった。

◆F5−8Bs
両軍2回までノーヒットと静かな立ち上がりとなったが、3回、偽バファローズはフェニックス一輝の2号ソロで先制すると、続く4回にはローズの22号ソロで2点目。その裏、併殺崩れの間に1点を返されるが、直後の5回、フェニックス一輝,ローズがいずれも2打席連続アーチを叩き込み、2点を追加。日本ハムは6回、稲葉,スレッジと連続アーチをぶち込み、偽バファローズ先発・金子をKO。追い上げられた偽バファローズは直後の7回、北川が7号3ランを叩き込み、一気に突き放す。粘る日本ハムはその裏、3四死球で掴んだ二死満塁のチャンスに小谷野が2点タイムリーを放って、2点差。しかし、偽バファローズは9回、カブレラの16号ソロでダメ押しの8点目。最後は守護神・加藤がピシャリと締めて、逃げ切った。

偽バファローズが6発のアーチで全得点を上げる怒濤の一発攻勢で1日で最下位を脱出。決勝3ランの北川も見事だっだが、2打席連発を含む4安打のフェニックス一輝の活躍が光っていた。先発の金子は6回途中で降板となったが、打線の援護にも恵まれて、先発復帰後2連勝。内容は微妙でも白星がついてくる事で調子に乗っていければいいのだが…。

◆L5−7E◆
初回から2つの四球を出すなど制球が不安定な西鉄先発・オツは2回にも2四球等で二死満塁のピンチを迎えると、高須にタイムリー二塁打を浴びて、2点を献上。岩隈の前に3回まで無得点に抑え込まれていた西鉄だが、4回、無死一、二塁から後藤,中村,礒?の3連続タイムリーで逆転すると、一死後、ボカチカも犠飛を打ち上げ、4点目。続く5回には中村のタイムリーで1点を追加。3点を追う楽天は6回、四球のショートを一塁に置いて、横川が4号2ランを叩き込み、1点差と詰め寄ると、7回には無死満塁から山崎武がゲッツーに倒れる間に1点を返して、試合は振り出しに。押せ押せの楽天は続く8回には一死満塁からフェルナンデスのタイムリーで2点を勝ち越し。最後は川岸が無難に抑えて、プロ初セーブをマークした。

ハーラーダービー独走中の岩隈が5回5失点KO。オツも6回途中で4失点KOと、実績抜群の両先発が打ち崩されたが、明暗を分けたのはリリーフ陣の差だった。大沼と言い、ミャオと言い、炎上したと言うよりは四球で自滅した格好。岩隈を攻略しておきながら、試合を落としてしまうとは西鉄には何とも悔やまれる展開だろう。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:24コメント(0)トラックバック(77) 

June 21, 2008

◆G3−2H◆
巨人先発・グライシンガーはいきなり先頭の本多に二塁打を浴びると、2つのライトフライであっさり先制点を献上。その裏、巨人は杉内から先頭のマッスル千代の富士が二塁打とソフトバンク同様のチャンスを掴んだが、キムタク,ガッツと連続三振。寿司職人ラミレスもサードゴロに倒れて、マッスル千代の富士は二塁に釘付け。グライシンガーは2回以降、落ち着きを取り戻し、7回まで追加点を許さない好投を見せるが、一向に打線の援護を貰えず、リードを許した儘、代打を送られて降板。8回にはまたもマッスル千代の富士がヒットで出ると、キムタクの犠打で二進。しかし、ガッツ,寿司職人ラミレスと倒れて、またも無得点。土壇場9回、簡単に二死を取られ、完封負け目前となった巨人だが、ここで代打・大道が同点アーチを叩き込み、試合は延長に突入。迎えた12回、ソフトバンクは松田の7号ソロでついに勝ち越すが、粘る巨人はその裏、古城,鈴木尚の連打で無死二、三塁のチャンス。ここでキムタクがセンター前に弾き返し、古城に続いて、鈴木尚も本塁を陥れ、逆転サヨナラ勝ちを収めた。

巨人は9回,12回と2度に渡る絶体絶命の危機をいずれも途中出場組の活躍で切り抜け、4連勝。代打・大道の一発は正に起死回生。最後に決めたのはキムタクだが、途中から守備に入っていた古城,代走から守備に入っていた鈴木尚の連打が大きかった。チーム勝ち頭だと言うのに、李の復調,フルに使われている外国人枠の兼ね合いで二軍落ちの危機に瀕し、背水の陣で臨んだグライシンガーは制球難に陥っていたフォーム調整が奏功し、7回1失点の好投で何とか踏み留まったと言っていいだろう。この所、安定感抜群の杉内はこの日も素晴らしい投球。殆ど援護を貰えないながらも、スミ1完封勝利…まで一人と迫りながら、最後の最後で躓いたのが悔やまれる。8回に捻った足首の影響もあっただろうか…。12回も久米や小椋でなく、何故、佐藤投入だったのか少々解せないのだが…。

◆D6−1M
中日は水島の呪いに苛まれている横浜から脱出する事に成功した小池を早速、スタメン起用。初回、その小池の四球と中村紀のヒットで一、三塁とすると、T.ウッズが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに激振。打球はスタンドにこそ届かなかったものの、犠飛としては十二分のセンターフライとなり1点を先制。更に、ベンちゃんもタイムリーを放って、この回2点。4回には二塁打の荒木を小池が送ると、二死後、T.ウッズがタイムリー。続く4回にはピンキー井上,デラロサ,小田の3連打で4点目。先発の人斬り抜刀斎は毎回の様に走者を出しながら、あと一本を許さない粘りの投球を見せていたが、6回、二死一、二塁のピンチを作ってKO。しかし、代わった吉見が代打・オーティズを打ち取りピンチ脱出。すると、その裏、一死二塁から荒木のタイムリー三塁打,小池の犠飛で2点を加え、ダメ押し。ロッテは8回に今江のタイムリー二塁打でようやく1点を返すのが精一杯だった。

中日が一発に依存せずに着々と加点する珍しくまっとうな攻撃を展開し、4連勝。移籍初スタメンの小池が四球に犠打と犠飛で悉く得点に貢献したのも大きかった。この儘、井端の穴埋めとして2番に定着出来る様だと、中日にとって有意義なトレードになりそうだ。一方、ロッテが1併殺14残塁と中日紛いの大拙攻。特に、終盤は点差を広げられた焦りからか、淡泊な攻撃が目立った。

◆C−E◆
降雨中止。

◆T0−4F◆
制球に苦しみながらも、3回まで無失点で踏ん張っていた岩田だが、4回、稲葉を歩かせた後、高橋に痛打され、ピンチを作ると、スレッジにタイムリー二塁打を浴び、、先制点を献上。更に、二死満塁となった所でスウィーニーのセカンドゴロの間に高橋の生還を許し、この回2失点。7回には3番手・久保田が一死満塁のピンチを作ると、稲田にタイムリーを浴びて、痛恨の2失点。日本ハム先発・スウィーニーは6回まで無四球の無失点に抑えると、7回に宮西を挟み、8回から武田久−MICHEALと繋ぐ必勝パターンで完封リレーを達成した。

北京五輪代表の最終候補にも残ってしまい、拉致される可能性が高まった岩田。このタイミングで拉致されてしまうと新人王争いはますます苦境に立たされる事になるだけに何としても勝っておきたい所だったが、初の中8日登板で調整し損ねたか、5回2失点で無念の降板。岩田が投げると、打線が湿りがちな事もあり、これでもう5試合白星から遠ざかっている。日本ハムは藤川に小指を叩き折られた高橋がスタメンに復帰。藤川へのリベンジの機会は訪れなかったが、先制のきっかけとなるヒットを放ち、復活をアピールした。

◆S4−2Bs
初回から一死満塁のチャンスを掴んだ偽バファローズは北川の犠飛で先制すると、3回には村松が今季初アーチを叩き込み、2点目。1,2回と立て続けにゲッツーでチャンスを潰したヤクルトだが、赤い、福地のタイムリーでようやく1点を返すと、5回には二死一、三塁から福地,宮本の連続タイムリーで逆転に成功。6回にはエラー絡みで満塁とした所で川本が押し出し四球を選んで4点目。先発の川島亮は5回でマウンドを降りたが、6回以降、松井−松岡−押本と1回ずつきっちり抑えると、最後は林がピシャリと締めて2点のリードを守りきった。

謎の新助っ人・ウィルソンが来日初スタメン。いきなり初打席でゲッツーを食らったが、その後は2安打1四球と結果を出した。リグス,ガイエルが消え、国産打線を余儀なくされていたヤクルト打線に厚みを生み出せる存在となれるか!? 偽バファローズは先発・山本が踏ん張り切れず、4連敗。打線も4番以下が全てノーヒットでは如何ともし難かった。

◆YB5−4L◆
金城の先頭打者アーチで先制された西武だが、直後の2回、中村が16号同点アーチ。4回にはG.G.佐藤の18号2ランで勝ち越すと、5回にはボカチカが13号ソロと一発攻勢でリードを広げた。3点を追う横浜は8回、一死からガッツな貴公子・仁志のヒット,内川の四球で一、二塁とすると、村田が17号3ランを叩き込み、一気に同点。試合はその儘、延長にもつれ込んだ。迎えた10回、簡単に二死を取られた横浜だが、ここで村田がライトスタンドへ2打席連続となる18号ソロをぶち込んで、劇的なサヨナラ勝ちを収めた。

今週の「ドカパロSS」にて、シメられるどころか、2週連続で持ち上げられた村田が2発4打点の活躍で勝利に貢献。たまにはこういう事も起きるのか…。一旦上げておいて、一気に叩き落とす展開になる可能性は高いだけに予断は許さない所だが、シメられないでいるうちに、少しでも白星を稼いでおきたい所だろう。トレードで出した小池が初スタメンで活躍したが、小池と代わりに貰った石井裕も移籍初登板で1回を2三振含む三者凡退と上々の結果を出したのも明るい材料だ。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:39コメント(1)トラックバック(46) 

June 11, 2008

◆F0−1G◆
日本ハム先発・ダルビッシュの前に巨人は5回まで僅かに1安打と沈黙。しかし、「(押切)もえちゃん、来ないかな。始球式くらいやってくれたらいいのに」などと梨田監督に茶化されて怒り心頭の巨人先発・野間口も走者を出しながら、あと一本を許さず、5回まで無失点の粘りの投球を展開。何とか野間口を援護したい巨人は6回、二死走者なしから寿司職人ラミレスがライトスタンドへ18号ソロを叩き込み、ついに待望の1点を先制。すると、その裏、若大将・原監督は何と無失点投球の野間口を引っ込め、山口にスイッチ。これに対して、日本ハムは先頭の田中がエラーで出ると二盗に成功。一死後、スレッジがヒットで繋ぎ一、三塁となった所で小谷野がスクイズを敢行。しかし、転がらず、ホームベース手前で跳ねてしまった打球はすぐさま阿部に抑えられ、突っ込んできた田中がタッチアウトとなった上、小谷野も一塁で刺される最悪のゲッツー。0−1の儘、迎えた土壇場9回、巨人守護神・クルーに対して、日本ハムは簡単に二死を取られ、三木も空振り三振に倒れて、ゲームセット…と思いきや、これが振り逃げとなった九死に一生を得ると、続く代打・小田がヒットを放ち、長打が出れば、一気に逆転サヨナラのチャンス。しかし、最後は糸井が空振り三振に倒れて、今度こそゲームセットとなった。

ダルビッシュは1失点完投ながら、味方打線の見殺しに遭い、寿司職人ラミレスの一発に泣いた。巨人は野間口の交代機にビックリ。左が3人続くと言う事で代えた様だが、寿司職人ラミレスの一発がなくても代えるつもりだったのか気になる所。いきなりピンチを背負い、継投策は失敗したかに思われたが、小谷野のヘッポコスクイズに救われた。フォースプレーでもないのにゲッツーって、ありゃ酷過ぎるよ。

◆H5−2D
ソフトバンクは初回二死一、二塁から柴原が先制タイムリー。1点を追う中日はその裏、中村紀,ピンキー井上と連打を浴びせるも、中村紀が牽制死。この後、デラロサもヒットで続いたものの、英智,小田と倒れて、無得点。3回には一死から四球で出た井端がガトームソンのボークで二進。二死後、ベンちゃんの内野安打で一、三塁とチャンスを広げたものの、中村紀がショートゴロに倒れて二者残塁。4回も先頭のピンキー井上がヒットで出るも、後続3人が倒れて、ピンキー井上は一塁に釘付け。無様な攻撃を繰り広げるばかりの味方打線に落胆の色を隠せない小笠原はその裏、一死から5連打で3点を失い、失意のKO。ソフトバンクは5回にも小久保の一発で5点目を追加。中日は6回一死一、二塁のチャンスを作り、ガトームソンをKO。代わった藤岡に対して、デラロサが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに激振。打球はスタンドにこそ届かなかったものの、レフトオーバーのタイムリー二塁打となり、二者生還。なおも一死二塁と追加点のチャンスだったが、後が続かず2点止まり。その後も7回無死一塁,8回二死一、二塁と悉くチャンスを逃す中日は9回もエラーと死球で無死一、二塁と言うタナボタのチャンスにもT.ウッズがセンターフライ,ベンちゃんはセカンドゴロゲッツーに倒れる最悪の展開で万事休す。

1併殺11残塁と相変わらず、中日は怒濤の拙攻三昧。一発が出ず、先発が4回もたずにKOとあっては勝ちようがなかった。4〜7番で8安打も放っているのに、この繋がらなさ具合はどういう事か。逆に、ソフトバンクは打線が繋がり、効果的な一発でダメ押し。2度続けて中13日登板となったガトームソンも登板間隔の長さにもめげず、養毛剤パワーを発揮して、2連勝。まさか中13日が理想の間隔なんじゃあるまいな…。

◆M1−0C◆
求道者・前田幽閉策に拍車がかかるブラウン暗黒采配。左打者にはボールが見易いアンダースローの渡辺俊が相手であろうと、甘やかす事などなく、この日もベンチに幽閉。失意のどん底に叩き落とされた広島は先頭の赤松がヒットを打った以降は延々と凡打の山を築くばかり。最早、完封するしか勝機はないとばかりに大竹は立ち上がりにピンチを背負いながらも、粘りの投球で4回まで無失点で踏ん張っていたが、5回一死一、二塁のピンチに西岡にタイムリー二塁打を浴び、ついに先制点を献上。8回一死から小窪にようやくチーム2本目のヒットが飛び出したが、ブラウン監督は求道者・前田を代打に送る気配など微塵も見せず、結局、この回も無得点。9回も二死から栗原がヒットで望みを繋いだが、最後は本来ならば、求道者・前田が座る筈の5番DHで起用された嶋がショートゴロに打ち取られ、完封負けを喫した。

結局、求道者・前田はフル欠場。1−0なのだから、どこで代打起用しようとも意味はあった筈なのだが、何故、お呼びがかからないのか。そりゃ、勿論、嫌がらせをしているから…以外の理由が思い当たらないくらい、最後まで使わなかった理由が分からない。この試合展開で求道者・前田が出ないとあっては、渡辺俊もさぞや楽だった様で散発3安打の今季初完封。とにもかくにも可哀想なのが広島先発の大竹。1失点完投も指揮官の暗黒采配により、何一つ報われる事はなかった。

◆L4−6T◆
西武先発・石井一に対して、阪神は初回、二死一、二塁から今季2度目のスタメンに抜擢された高橋光が走者一掃の先制タイムリー二塁打。阪神先発・上園はその裏、無死満塁の大ピンチを背負うも、そこから三者連続三振に斬って取り、ピンチ脱出。直後の2回に、阪神はフォードに実に102打席ぶりとなる2号ソロが飛び出して、3点目。4回に中村の12号ソロで1点を返されるも、直後の5回、キュラソ星人の犠飛等で2点を追加。4点を追う西武はその裏、片岡のタイムリー,ブラゼルの犠飛で2点を返すと、7回にはボカチカの12号ソロで1点差。しかし、阪神は直後の8回、代打・悠久の若虎・桧山のタイムリー三塁打で貴重な1点を追加。最後は藤川が三者三振で締めて逃げ切った。

この日も先発の上園が5回であっさり降板し、6回から渡辺&JFKに繋ぐ必勝パターンで16三振を奪った阪神が6連勝。左の石井一対策として5番にスタメン起用された高橋光が見事に結果を出した。しかし。幾ら石井一が降板したからって、3回二死一、二塁でもうお役御免とは何だか可哀想な気がした。

◆E3−5S
ヤクルトは3回までに1盗塁死5残塁の拙攻で一向に先制点を奪えない。一方、楽天も初回に満塁のチャンスを逃すなど、攻めあぐねていたが、3回、高須,ショートの連続タイムリーで2点を先制。ヤクルトは4回に二死一、二塁、5回にも二死満塁のチャンスを逃すなど、ゼロ行進を続けていたが、6回、二死三塁から宮本の3号2ランで一気に同点。続く7回には一死からユウイチがヒットで出ると、代走・飯原がすかさず二盗。ここで田中がタイムリーを放って、勝ち越しに成功。粘る楽天は8回、川島慶の相次ぐエラーに乗じて、同点に追い付き、延長に持ち込んだ。迎えた10回、ヤクルトは2四球で二死一、二塁とした所で福地が走者一掃のタイムリー三塁打を放ち、勝ち越しに成功。最後は守護神・林が3人で仕留めて、辛くも白星を収めた。

楽天が粘りきれずに黒星。9回無死一、二塁とサヨナラのチャンスで打ち上げてゲッツーを食らった鉄平のヘッポコバントが致命的でノムさんもぼやきが止まらない。ヤクルトは連続エラーで試合を長引かせた川島慶が汚名返上の四球で勝利を呼び込んだ。エラー後、川島慶は相当テンパっていたらしく、決勝打の福地に抱きつき、「男なのに気持ち悪い」などと言われてしまう始末だった。

◆Bs6−5YB◆
偽バファローズ先発・金子は3回までノーヒットの好投を展開していたが、4回にガッツな貴公子・仁志に先制4号ソロを被弾すると、ビグビーにはタイムリー,大西には2号3ランを浴びて、この回、悪夢の5失点。一方、横浜先発・桑原謙は6回まで無失点に抑えていたが、森山にタイムリーを浴びて、KO。更に、代わった吉見がカブレラにタイムリーを浴びるなど、この回3失点。押せ押せの偽バファローズは続く8回無死一、二塁のチャンスを作り、守護神・はーちゅんを引っ張り出すと、下山が送った後、暴投と後藤の犠飛でついに同点。更に、森山の内野安打の後、坂口がタイムリーを浴びせて、勝ち越しに成功。最後は守護神・加藤が3人でピシャリと締めて、逆転勝ちを果たした。

横浜は5点のリードを引っ繰り返されての逆転負け。しかも、負け投手がはーちゅんとあっては、水島の呪いの影響だと思わずにはいられない。打線も5点を奪った4回に集中した4安打がこの試合の全安打で5回以降はパーフェクトと言う詰めの甘さが大きく響いた。それにしても、3回までの投球を見るに今日こそはいけるかと思われた金子はたった1回の炎上で全て台無しに。いつになったら、6回の壁を突破出来るのやら…。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:56コメント(0)トラックバック(62) 

May 18, 2008

◆G6−3C◆
求道者・前田がまたまたスタメンから外されると言う恐れていた事態が発生し、落胆の色を隠せないルイスは初回、先頭の亀井に痛打されると、坂本の犠打を処理して、一塁へ悪送球し、一、三塁のピンチ。ここからガッツに先制タイムリーを浴びると、続く寿司職人ラミレスには右中間スタンドへ3ランを放り込まれて、悪夢の4失点。しかし、直後の2回、小窪のタイムリー二塁打で1点を返すと、3回にはルイスが自ら一発を叩き込み、2点目。更に、5回には二死一、二塁からオチョアにタイムリーが飛び出し、木佐貫をKO。なおも一、三塁のチャンスだったが、代わった西村健の前に栗原がショートライナーに倒れて、同点ならず。2回以降立て直したルイスと,西村健の好投で試合は膠着状態となったが、100球越えるとやたらと代えたがるブラウン暗黒采配により、ルイスは7回で降板。すると、8回から代わった岸本が代打・松田記者にタイムリーを浴び、致命的な2点を献上。土壇場9回、マウンドに上がったクルーンは昨日の雪辱を晴らす三者三振の快投を展開し、巨人が辛くも逃げ切った。

1点を争うタイトな展開だったにも拘わらず、求道者・前田は悪夢のフル欠場。幾らでも代打で起用する機会はあった筈だが…。余力十分のルイスを8回に下ろすくらいなら、7回にルイスを打たせずに代打を送れと! あれでは何の為にルイスを引っ張ったんだか分からない。しかも、何故あの状況で2番手が岸本なのか? 4回には昨日成功したからと調子ぶっこいてダブルスチールを仕掛けて失敗するなど、ブラウン暗黒采配に歯止めがかからない。大体、昨日と違い、二塁走者がシーボルって段階が無茶ってモンだ。一方、巨人は初回に4点も貰いながら、木佐貫が勝利投手の権利まであと一人と言う所でKOとなる体たらく。リベンジを果たしたクルーンを初め、西村健,豊田とリリーフ陣の好投に救われた。

◆D6−5YB◆
川相不在の上、守護神・岩瀬が5失点の大炎上となるショックから癒えない中日に対して、横浜は2回、鶴岡のタイムリーで先制すると、3回には二死一、二塁からビグビーのタイムリー二塁打で2点目を追加。横浜先発・ウッドの前に6回まで散発2安打と沈黙していた中日だが、7回、李,T.ウッズ,ベンちゃんの3連打で一気に同点とし、ウッドをKO。代わった吉見に対して、一死一、二塁となった所で谷繁がタイムリー二塁打を浴びせて、勝ち越し。更に、代打・立浪が歩いた所で荒木が2点タイムリー二塁打を放ち、この回、一挙5点。しかし、直後の8回、横浜は二死二、三塁から吉村に10号3ランが飛び出して、一気に同点。土壇場9回、中日は同点ながら岩瀬を投入。昨日の悪夢を振り払う様に岩瀬は3人でピシャリと抑えると、その裏、ヒットの荒木が犠打と内野ゴロで三進。ここで横浜はT.ウッズを敬遠し、一塁を埋めるも、何故か、満塁策を取らずに、この日2安打のベンちゃんとの勝負を選択。しかし、これが裏目に出て、ベンちゃんのセンター前ヒットでサヨナラ負けを喫した。

背信投球が続いていた中田が久々に好投。珍しく集中打で逆転といい形で試合を進めていたが、中継ぎ陣が崩壊。あわやと言う危機を救ったのは、やはり守護神・岩瀬だった。同点の場面であえて岩瀬を起用した辺り、落合監督にも期する所があったのだろう。そもそも、川相を復帰させていれば、こんな無駄に苦しむ必要はないのだが…。横浜は吉村の起死回生の一発も空砲に。リリーフ陣の層の薄さに泣いた。岩瀬が出て来ている以上も、横浜もはーちゅんを投入するべきだったか…。

◆T2−3S◆
ついに4番からガイエルを外し、畠山を大抜擢するテコ入れを図ったヤクルトは初回、ヒットの福地を田中が送って、二死二塁。早速チャンスで回ってきた畠山だが死球を食らって一、二塁となると、5番降格となったガイエルがセンター前へ先制のタイムリー。更に、宮本が歩いて満塁となったが、武内がレフトへ打ち上げて、三者残塁。続く2回にも二死満塁のチャンスを作って畠山に回したが、ショートゴロに倒れて、またも三者残塁。拙攻続きで嫌なムードになりかけたが、続く3回、一死一、二塁から衣川にタイムリーが飛び出し、2点目を追加。増渕の前に再三走者を出しながら、攻めあぐねていた阪神だが、6回、新井,キュラソ星人の連打で二、三塁とすると、悠久の若虎・桧山の犠飛でまず1点。更に、続く鳥谷がレフト前へタイムリーを放ち、同点。なおも追加点のチャンスだったが、矢野はショートゴロゲッツーに倒れて、2点止まり。阪神は7回一死二塁,8回二死一、二塁と勝ち越しのチャンスを悉く逃し、2−2の儘、土壇場9回へ突入。阪神は5番手としてウィリアムスを投入するが、先頭の伏兵・福地によもやの一発を被弾し、勝ち越し点を献上。その裏、守護神・林に対して、先頭の関本がこの日3本目となるヒットで出るも、代打・葛城イクローはセンターフライ。続くシャア少佐は最悪のショートゴロゲッツーに倒れて、ゲームセット。阪神の連勝は4でストップした。

5連勝で交流戦を迎えたかった阪神だが、ウィリアムスが福地によもやの被弾。今季無失点のウィリアムスを責めるより、再三のチャンスを生かせなかった打線の方が問題だろう。一方、ヤクルトは4番を外されたガイエルが意地の先制タイムリー…後、4打席凡退。これでは即4番復帰とはいかないか? それにしても、いきなりの畠山大抜擢は驚いた。しかし、最終打席で二塁打を放ったものの、走者がいる場面で回ってきた4打席で3タコ(1死球)と、4番としての活躍は出来なかった。

◆H3−4F◆
2回、無死満塁のピンチを切り抜けたソフトバンクはその裏、二死から松田が二塁打で出ると、長谷川が3号2ランを放って、2点を先制。しかし、直後の3回、日本ハムは田中のタイムリーと大場の暴投であっさり同点。追いつかれたソフトバンクは3回二死一、三塁,4回一死三塁と勝ち越しのチャンスを悉く逃してしまう。すると、日本ハムは5回、ヒットの稲田を一塁に置いて、またも田中が勝ち越しタイムリー二塁打を浴びせて、大場をKO。更に、一死三塁となった所でスレッジが犠飛を打ち上げ、4点目。2点を追うソフトバンクは6回に3四死球で一死満塁とすると、長谷川のショートゴロの間に1点を返し、1点差。続く7回には一死から川崎がヒットで出ると、松中がセンターオーバーの二塁打。一気に本塁を狙った川崎だが、惜しくも本塁憤死。続く小久保が2打席連続の死球で繋いだが、柴原はショートゴロに倒れて、同点ならず。3−4の儘、迎えた土壇場9回、戦線離脱中のMICHEALに代わり、抑えを任された武田久に対し、ソフトバンクはヒットの本多を川崎が送って、一死二塁と一打同点のチャンス。しかし、松中,小久保の3,4番が倒れて、あと一歩及ばなかった。

持病の一発病は出なかったものの、制球に安定を欠き、5回もたずに4失点KOとなった大場は4敗目。開幕当初の鉄腕ぶりはすっかり陰を潜め、クオリティスタートをクリアする事すらままならなくなっている。1回だけ登板を飛ばして、二軍で再調整した方がいいんじゃないかとも思うのだが、そんな余裕もないチーム事情だけに何とか持ち直して貰いたい所だ…とか書いてたら、本当に二軍落ちらしい。入れ替わりで来るのは新垣か?

◆E3−7L◆
今季初先発となるミャオは立ち上がりから無死満塁の大ピンチを迎えると、山崎武には押し出し四球を与えて、先制点を献上。続くショートには犠飛を許して、この回2失点。3回には山崎武にタイムリー二塁打を浴び、3点目を献上。一方、3回まで1安打無失点と好投していた田中だったが、4回、中島,ブラゼル,G.G.佐藤と3連打を浴びて、1点を許すと、一死満塁となった所で銀仁朗には走者一掃の逆転タイムリー二塁打。更に、礒?,片岡にも連打を浴びて、ついにKO。西武は更に、栗山,中島も続いての5連打で、この回、一気に7点を奪うビッグイニングを形成。楽天は8回に二死一、三塁のチャンスを作り、ミャオをKOしたものの、代わった星野の前に中島が三振に倒れて、二者残塁。9回はあえなく三者凡退に終わり、3タテを逃した。

先発投手が田中とミャオとあっては、楽天の勝利は堅いと思われたが、3点のリードを貰った田中が突如の火だるま。田中は簡単に降板させられない存在ではあるとは言え、引っ張った分だけ失点を増やす事に…。5回以降、青山,松本が無失点リリーフを展開しただけに勿体ないイニングだった。ミャオは6四球の荒れ球が逆に奏功。三振ゼロの打たせて取る粘り強い投球が光った。

◆M3−11Bs◆
暴言を吐いた訳でもないのに、振り返って睨んだだけで退場させられた上、1試合出場停止処分を食らったローズを欠く偽バファローズは、初回にズレータのタイムリーで先制されるも、3回、大引がレフトスタンドへ3号ソロを放り込み、同点。続く坂口も三塁打を放って、勝ち越しのチャンスを作ったが、後続3人があえなく凡退し、坂口は三塁に釘付け。1−1の儘、迎えた7回、偽バファローズは一死から後藤,日高の連続二塁打で勝ち越しに成功。更に、大引がタイムリーを放つと、坂口が歩いた後、村松が走者一掃のタイムリー三塁打を浴びせて、清水をKO。代わった相原からカブレラも犠飛を打ち上げ、この回、一挙5点を獲得。完全に流れを引き寄せた偽バファローズは続く8回にも濱中の一発等、5長短打を集中し、4点を追加し、試合を決定付けた。

偽バファローズがローズを欠きながらも、昨日の鬱憤を晴らす打線爆発で快勝。交流戦前の最下位脱出はならなかったが、いい形で臨む事が出来そうだ。一方、心配なのはロッテ。6回まで好投していた清水も終わってみれば、6失点。渡辺俊,小野に続いての無惨なKO劇となった。先発投手陣の安定感で大崩れせずに上位をキープするチームだけに、ここに来ての先発陣の相次ぐ乱調は頭の痛い所だ。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:46コメント(0)トラックバック(68) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ