石川雅規

September 28, 2010

9/28長野◆T5−7G◆
負ければV4の可能性が消滅する巨人は初回、一死から松本,ガッツ,寿司職人ラミレスと立て続けにセンター前へ弾き返して、1点を先制。更に、阿部が死球を食らって満塁となると、二死後、阪神との相性を買われて再昇格した長野が期待に応える2点タイムリーを放ち、この回3点。その裏、新井のタイムリー二塁打で1点を返されるが、3回、二死満塁のチャンスで投手の内海が自らを助けるタイムリーを放ち、2点を追加。阪神先発・スタンリッジはこの回限りでKOとなった。続く4回には一死からヒットの松本が暴投で二進した所でガッツがタイムリーを浴びせて、6点目。巨人先発・内海は2,3,4回を3人ずつで打ち取った上、6三振を奪うなど、尻上がりに調子を上げてきたかに思われたが、6回、先頭のマット・マートンにセ・リーグ新のシーズン205安打となるヒットを許すと、平野のタイムリー三塁打,鳥谷の18号2ランで3点を奪われ、あえなくKO。阪神の押せ押せムードを食い止めたい巨人は直後の7回、一死から阿部が43号ソロを叩き込み、1点を追加。粘る阪神はその裏、8月14日以来のスタメンに起用された桜井が9号ソロをぶち込んで再び2点差と詰め寄った。土壇場9回、巨人は定石通り守護神・クルーンを投入。いきなり先頭のブラゼルを振り逃げで生かすと、代走・坂に二盗を許して、無死二塁のピンチを背負ったが、J.マッケンジー,桜井,代打・林と打ち取って、辛くも逃げ切りに成功。巨人と入れ替わりで3位転落となった阪神のマジックは点灯したままだが、優勝には残り8試合を全勝するしかなくなった。内海は5回0/3で4失点降板と不本意な内容ながら、リリーフを仰いで11勝目を挙げた

◆YB0−4S◆
横浜先発・田中が4回まで四球1つ出しただけのノーヒットピッチングを展開。5回に2安打を浴びて、ピンチを背負うも、宮本をゲッツーに仕留めて0点で切り抜ける。6回も簡単に二死を取ったが、ここで青木にライトスタンドへ14号ソロを叩き込まれて、先制点を献上。7回には畠山,デントナの連打で二、三塁とされると、相川に犠飛を許して、2点目を失い、この回限りで無念の降板となった。ヤクルトは続く8回にも一死満塁のチャンスを掴むと、相川が押し出し四球を選んだ後、飯原のセカンドゴロの間にも1点を加えて、4点目。ヤクルト先発・石川は散発3安打無四球と横浜打線に付け入る隙を許さず、2年ぶりの完封で13勝目をマークした。敗れた横浜は史上初の3年連続90敗。

◆Bs0−4F◆
日本ハムは今オフ、亡命を望んでいるダルビッシュをポスティングシステムで売り飛ばす意向を示した。来季のAクラス確保へ早くも暗雲が懸かる事となった日本ハムだが、既に、今季のBクラスが確定して、モチベーションが低下している偽バファローズ相手に2回、陽,トンガの連続タイムリー二塁打で2点を先制。5回にはヒットの大野を飯山が送ると、二死後、劇団ひちょりがライト前へタイムリー。続く6回には二死から陽がヒットで出ると、トンガがタイムリー二塁打を放ち、4点目。0−4で迎えた8回、日本ハムは余裕ぶっこいて、亡命内定のダルビッシュを惜別(?)のマウンドへ投入。亡命を悲しむファンから悲鳴が上がる中、ダルビッシュは今季限りで引退を表明している代打・塩崎に痛打されるも、後続を無難に断ち切ると、9回は宮西−武田久と繋いで、完封リレーを達成。Aクラス残留はロッテの結果待ちと言う形で今季最終戦を終えた。先発の武田勝は6回0/3を無四球無失点の好投で14勝目。偽バファローズはこれで今季の5位が確定した。

◆M7−2E◆
楽天は初回、二死満塁と絶好の先制チャンスで牧田が三振に倒れて、三者残塁。ピンチを脱したロッテはその裏、一死から清田が内野安打で出ると、二死後、4番に入ったサブローがレフトスタンドへ19号2ランを叩き込み、2点を先制。続く2回には連続四死球と犠打で一死二、三塁とした所で西岡が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、2点を追加。4点を追う楽天は4回、連続四球で一、二塁とすると、一死後、嶋がライト前へタイムリー。二死後、枡田にもタイムリーが飛び出し、2点目。更に、聖沢が歩いて、満塁とチャンスを広げたが、渡辺がセカンドゴロに終わり、またも三者残塁。3回以降攻めあぐねていたロッテだが、7回、ヒットの西岡を清田が送ると、井口がタイムリー二塁打。二死後、今江に9号2ランが飛び出し、3点を追加し、試合を決定付けた。先発のマーフィーは8四球を出す乱調ぶりで勝利投手の権利まであと一人と迫りながら、降板となったが、2番手・内が2回1/3をパーフェクトに抑える好リリーフを見せ、今季初白星

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:25コメント(1)トラックバック(8) 

September 16, 2010

◆S6−4G◆
移籍初先発となった高木は初回のピンチはゲッツーで切り抜けるが、続く2回、デントナの何でもないライトフライを矢野が雨で濡れた芝に足を取られて二塁打にしてしまうと、続く飯原にも痛打され、一、三塁のピンチを作ると、相川に犠飛を許して、先制点を献上。高木は悪天候の中、3,4回と4四死球と苦しみながらも、あと一本を許さない粘りの投球で追加点を与えない。巨人は5回、一死から矢野が二塁打を浴びせると、江戸川が歩いて、一、二塁とこの日初めてのチャンス。しかし、脇谷はファーストゴロに倒れると、代打・松田記者もセカンドゴロに終わり、無得点。その裏、代打を出された高木に代わり、マウンドに上がったMICHEALだが、いきなり宮本に内野安打を許すと、寿司職人ラミレスのエラーに足を引っ張られた所でデントナにタイムリーを浴び、2点目を献上。更に、飯原に死球を食らわせると、相川にこの日2本目の犠飛を打ち上げられ、KO。3番手・星野も代わりばな、川端にタイムリー内野安打を浴び、この回3失点。6回には一死一塁から宮本が3号2ランを叩き込み、6点目。これで完全に決まったかと思いきや、直後の8回、巨人が猛反撃。先頭の代打・加藤が宮本のエラーで出ると、二死後、ガッツのタイムリー二塁打でようやく1点。続く寿司職人ラミレスもレフト前へタイムリーわ放ち、ヤクルト先発・石川をKO。代わったマツ・オカに対し、阿部がライトスタンドへ41号2ランを叩き込み、2点差。更に、矢野が四球を選んだが、江戸川が三振に倒れて、追加点ならず。最後は守護神・林の前に3人で打ち取られ、連勝は5でストップ。阪神と入れ替わりで3位転落となった。石川は7回2/3を自責点0に抑え、10連勝で12勝目をマーク

9/16前田健◆C5−3D◆
ハーラーダービーを争う前田健と吉見の直接対決となったこの試合、先手を取ったのは広島。2回、先頭の栗原がレフトスタンドへ10号ソロを叩き込むと、更に、嶋,ルパン広瀬と連打を浴びせるが、後続3人が打ち取られ、1点止まり。ピンチを逃れた中日は3回、二死三塁からベンちゃんが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに34号2ランをぶち込み、逆転に成功。しかし、広島は4回、栗原が振り逃げで出ると、嶋がヒットで続き、更に、暴投で二、三塁へ進塁。ここでルパン広瀬は粘った末の11球目を叩き、サードゴロに倒れるも、森野のタイムリーエラーで二者が返って、一気に逆転。1点を追う中日は7回、二死から大島がヒットで出ると、森野がタイムリーを放ち、ついに同点。しかし、その裏、広島は二死走者なしから梵がレフトスタンドへ11号ソロを叩き込み、再び勝ち越し。続く8回には一死三塁から嶋が犠飛を打ち上げ、ダメ押しの5点目。前田健は10安打3四球と苦しみながらも3失点完投で14勝目。これで広島は対中日の連敗をようやく11でストップさせた。

◆YB1−2T◆
初回無死一塁のチャンスを逸した阪神は3回、二死満塁のチャンスに新井がファールフライ,5回二死一、三塁のチャンスには鳥谷がショートゴロに倒れて、一向に先制点を奪えない。一方、横浜も5,6回とゲッツーでチャンスを潰すなど、ゼロ行進を続けていたが、7回、先頭のハーパーがライトスタンドへ16号ソロを放り込み、ついに均衡を破る先制点をゲット。直後の8回、阪神はマット・マートンがライト前に弾き返すと、平野が送って、一死二塁。ここで鳥谷がタイムリー三塁打を浴びせて、同点とすると、続く新井がセンターへ犠飛を打ち上げ、勝ち越しに成功。その裏から久保田−藤川球と繋ぐ必勝パターンで逃げきり、2位浮上。先発・ソニックは7回を1失点の好投で13使用目

◆M3−0H◆
ソフトバンクは初回、二死からオーティズ,小久保と連打するも、ハマのスペランカーが打ち上げて、先制ならず。すると、その裏、ロッテは西岡がレフトスタンドへ9号先頭打者アーチを浴びせると、一死後、井口も14号ソロを放り込み、2点目。更に、この後、二死満塁とチャンスを広げたが、竹原がセンターフライに倒れて、三者残塁。ソフトバンクは3回、川崎のヒット,オーティズの二塁打で二死二、三塁とするが、小久保がサードゴロに倒れて、二者残塁。6回には二死から連打と四球で満塁とするが、長谷川が3打席連続三振に倒れて、三者残塁。ロッテも2回以降、残塁の山を築いてきたが、7回、一死二、三塁の場面で飛び出した三塁走者を刺そうとした山崎の送球が逸れ、ボールが転々とする間に今江がタナボタのホームインで3点目。8回からは薮田−小林宏と繋いで完封リレーを達成。先発のコーリーは5回2/3を無失点に抑え、4勝目を飾った

◆Bs7−3L◆
1,2回とチャンスを潰した偽バファローズだが、3回、二死一塁からカブレラ,北川,バルディリスと3連打を浴びせて、2点を先制し、西武先発・オツはこの回限りでKO。しかし、直後の4回、西武は中島の四球,フェルナンデスのヒットで一、二塁とすると、一死後、高山がレフトスタンドへ11号3ランを叩き込み、一気に逆転。4回以降、ノーヒットと沈黙していた偽バファローズだが、8回、二死一、二塁からカラバイヨがセンター前へタイムリーを放ち、ついに同点。更に、代打・ハイツ田口がヒットで続き、満塁とした所で満を持して登場した代打・ティー岡田がレフトスタンドへ9月3日以来となる33号グランドスラムを叩き込み、一気に4点を勝ち越し。土壇場9回、西武は二死満塁と一発が出れば同点のチャンスを作ったが、栗山はレフトフライに終わり、ゲームセット。しかし、ソフトバンクが敗れた為、マジックは1つ減って4となった。偽バファローズ3番手・平野は2回を無失点の好リリーフで7勝目

◆F3−0E◆
0−0で迎えた4回、楽天は渡辺,中村紀と連打を浴びせると、二死後、嶋が歩いて、満塁とするが、8日ぶりのスタメン起用となった高須が三振に倒れて、三者残塁。一方、楽天先発・川井の前に4回まで1安打に抑え込まれていた日本ハムは5回、一死二塁から連続四球で満塁とチャンスを広げた所で田中がセンターへ先制犠飛。更に、続く劇団ひちょりが走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、この回3点。直後の6回、楽天は中村紀,草野のヒットで二死一、二塁とするも、嶋がピッチャーゴロに倒れて、二死残塁。7回には一死から牧田が二塁打を放つも、宮出,聖沢と倒れて、無得点。日本ハムは8回から建山−林−武田久と繋いで完封リレーを達成。先発の武田勝は7回無失点で13勝目をマークした

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:56コメント(0)トラックバック(14) 

September 27, 2009

◆G4−2C◆
Aクラス浮上へ望みを繋ぐ為にも何とか連敗を阻止したい広島だが、巨人先発・春風亭半ケツに対し、4回まで毎回走者を出しながら、あと一本が出ず、ゼロ行進。先発・大竹も3回まで無失点と踏ん張っていたが、4回、寿司職人ラミレスにヒット,松田記者に四球を許して、一死一、二塁のピンチを迎えると、阿部にタイムリーを浴びて、先制点を献上。続く5回には先頭の松本に痛打されると、ガッツに31号2ランを被弾し、この回限りでKOとなった。広島は6回、栗原の四球,マクレーンのヒットで一、二塁とすると、一死後、小窪がタイムリー二塁打を放ち、栗原が生還。なおも二、三塁と一打同点のチャンスだったが、倉,代打・ルパン廣瀬と倒れて、1点止まり。巨人は8回、先頭の亀井が25号ソロを叩き込むと、最後は昨日に続いて豊田が締めて広島の反撃を断ち切った。巨人はこれで10連勝。春風亭半ケツは7回1失点で4連勝の9勝目。一方、敗れた広島は5連敗。

◆D2−8T◆
デーゲームで勝ってヤクルトにプレッシャーを与えたい阪神は2回、二死走者なしから桜井,狩野,岩田の3連打で1点を先制。続く3回にはヒットの関本が三塁へ進むと、キュラソ星人が犠飛を打ち上げ、2点目。5回には無死一、二塁から新井がタイムリーを浴びせると、一死後、桜井が歩いて満塁となった所で狩野がレフトスタンドへ5号グランドスラムをぶち込んで、一気に5点を追加。投打に精彩を欠く中日は8回にブランコのタイムリー二塁打で2点を返し、完封を免れるのが精一杯だった。阪神先発・岩田は7回を無失点に抑え、6勝目。尚、この日が引退試合となったピンキー井上はスタメン起用されフル出場したが、残念ながら2三振を含む4タコ。試合後は引退セレモニーが行われ、盛大な拍手が送られた。

◆S3−1YB◆
負ければ、再び4位転落となるヤクルトは初回、先発・石川がいきなり先頭の金城に二塁打を浴びると、藤田に犠打を許した後、内川にタイムリー二塁打を浴び、先制点を献上。更に、続く村田に痛打され、一、三塁とされたものの、メカゴジラ,吉村と打ち取り、ピンチ脱出。1点を追うヤクルトは3回、一死から石川が自らヒットを放ち、反撃の狼煙を上げると、続く福地も内野安打で出塁。田中は三振に倒れたものの、ユウイチがライト前へ同点タイムリー。6回にはユウイチがメカゴジラのエラーで出ると、続く青木がライトスタンドへ14号2ランを放り込み、勝ち越しに成功。9回も続投となった石川に対し、横浜はメカゴジラのヒット,代打・ジョンソンの四球で二死一、二塁と長打が出れば、同点と言う場面を築いたものの、最後は武山がファーストファールフライに倒れて、万事休す。ヤクルトは僅か4安打で3点を奪う効率のいい攻撃で5連勝を飾り、3位を死守。石川は今季2度目の完投で11勝目

◆H4−2F◆
V奪回どころか、3位転落の危機に瀕しているソフトバンクの先発・大隣は4回までノーヒットの快投を展開。何とか大隣を援護したいソフトバンクはその裏、先頭の本多がセンター前に弾き返すと、続くオーティズがレフトスタンドへ20号2ランを放り込み、待望の2点を先制。6回には先頭のオーティズが右中間フェンス直撃の二塁打を浴びせると、意表をついて三盗に成功。更に、武田勝の悪送球を誘って、一気に生還。6回まで内野安打1本と沈黙していた日本ハムは7回、高橋,スレッジの連打で二、三塁とすると、一死後、トンガがプロ初打点となる犠飛を打ち上げ、ようやく1点。ソフトバンクは8回、二死走者なしからオーティズが四球を選ぶと、続く小久保がタイムリー二塁打を放ち、貴重な1点を追加。粘る日本ハムは土壇場9回、スレッジ,トンガのヒットで一死一、三塁とし、大隣をKO。代わった馬原から代打・稲葉のファーストゴロの間にスレッジが生還し、2点差と迫ったが、反撃もここまで。最後は代打のミスタースナイパー・坪井がセカンドゴロに倒れ、ゲームセット。ソフトバンクは辛くも3位転落を回避し、逆転Vへ望みを繋いだ。大隣は完投こそ逃したものの、8回1/3を2失点の好投で8勝目。馬原は24日ぶりの29セーブ目をあげた。

◆L4−11E◆
1立ち上がりから制球が定まらない西武先発・涌井に対し、初回、2四球でチャンスを掴んだ楽天は草野のタイムリーで1点を先制。3回にも連続四球で一、二塁とすると、一死後、またも草野がタイムリー。更に、青波の長瀬が片岡のエラーを誘って、この回2点。4回には一死一、三塁から鉄平がタイムリーを放ち、4点目。続く5回には一死一、三塁から中谷の犠飛,中村真,渡辺直の連続タイムリーで3点を追加。止まらぬ楽天打線は6回には一死満塁から中谷が2点タイムリー。7回には青波の長瀬,リンデンと連続タイムリーが飛び出し、11点目。西武も中盤以降、中島の21号2ラン等で4点を返したものの、及ばなかった。先発全員安打で快勝を収めた楽天は球団初の貯金10。先発・ラズナーは7回4失点ながら、打線の援護に助けられ、4勝目を飾った

◆M7−7Bs◆
この試合に勝てなければ最下位が確定する偽バファローズは初回、坂口,北川のヒットで一死一、三塁とすると、ローズが犠飛を打ち上げ、1点を先制。しかし、その裏、ロッテは堀の4号ソロであっさり同点とすると、2回にはこの打席がロッテでの最後の打席となったベニー松山が7号ソロを叩き込み、勝ち越し。続く3回には一死三塁からフクーラがサードへのファールフライを打ち上げると、西岡がタッチアップで本塁を陥れる好走塁。更に、4回には田中雅のタイムリー,西岡の犠飛,堀,フクーラの連続タイムリー二塁打で4点を追加し、偽バファローズ先発・山本をKO。ロッテのワンサイドゲームになるかと思いきや、偽バファローズは7回二死走者なしから猛反撃を開始。山崎浩のレフト前ヒットを皮切りに怒濤の8連打で大量6点を奪い、一気に同点。試合はその儘、延長にもつれ込んだ。ラストイニングとなった12回、偽バファローズは一死から小瀬,横山と連打を浴びせ、一、二塁。二死後、山崎浩がレフト前へ弾き返し、一気に勝ち越しを狙った小瀬だが、角中の好返球の前に本塁憤死。6回以降、一人の走者も出せずにいたロッテはその裏、一死から西岡が三塁打を放ち、一打サヨナラのチャンス。ここで堀はスクイズを仕掛けるが、ファーストへの小フライを上げてしまい、飛び出した西岡が戻れず、ゲームセット。サヨナラ負けは回避した偽バファローズだが、これで今季の最下位が確定した

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:12コメント(0)トラックバック(20) 

July 19, 2009

7/19 金本◆G0−1T◆
巨人先発・内海は初回から一死満塁のピンチを背負うが、ブラゼル,新井と退け、ピンチ脱出。2,3回と3人で切り抜けて、波に乗ってきたかと思いきや、4回一死二塁,5回一死二塁,6回一死一、二塁,8回一死二塁と再三再四得点圏に走者を背負う苦しい投球。それでも、あと一本を許さず、9回まで無失点。一方、阪神先発・能見は6回まで2四死球を許しただけのノーヒットと完璧な投球。7回二死から寿司職人ラミレスに初安打を浴びたものの、崩れる事なく、9回まで散発2安打に抑え、0−0の儘、延長に突入。9回に代打を出された内海に代わり、10回からマウンドに上がったクルーンだが、代わりばな平野に二塁打を浴びて、いきなりのピンチ。ここから関本,代打・悠久の若虎・桧山と打ち取り、二死まで持ち込んだものの、18打数ノーヒットと不振に喘いでいたキュラソ星人にタイムリー二塁打を浴び、ついに先制点を献上。ようやくリードした阪神はその裏から登板した守護神・藤川が三人でピシャリと締めて、完封リレーを達成。能見は9回を12三振奪っての零封と言う素晴らしい内容で約1ヶ月ぶりの4勝目

◆YB3−6D◆
勝ってこそいるものの、相変わらず、先発投手と一発に頼り切りと楽観視出来るチーム状態ではないと言うのに、一向に名手・川相を現役復帰させようとしない落合監督はまたも川井を起用するお茶濁し采配を展開。しかし、所詮、カワイであって川井ではない川相ではチームの空気を変える事は出来ず、中日打線は3回まで僅かに1安打と沈黙。しかし、4回、ブランコ,ベンちゃんの連続二塁打でようやく先制すると、藤井がヒットで続いた所で中村一が犠飛を打ち上げ、この回2点。続く5回には二死から森野が四球を選ぶと、ブランコが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに27号2ランを叩き込み、4点目。その裏、横浜は吉村,武山の連打で一、三塁とすると、山崎のセカンドゴロの間に吉村が生還。更に、代打・関口がプロ初打席初安打となる二塁打を放ち、二、三塁となった所で金城のシヨートゴロの間に武山が返って、2点目。7回には一死一、二塁のチャンスを作って川井をKOすると、代打・ジョンソンも歩いて、満塁となった所で金城が犠飛を打ち上げ、1点差。なおも一、二塁とチャンスは続いたが、代打・下園がライトフライに倒れて、同点ならず。直後の8回、中日はエラーで貰った満塁のチャンスに代打・立浪が2点タイムリーを放ち、ダメ押し。その裏から、浅尾−岩瀬と繋ぐ必勝リレーで逃げ切り。川井は6回1/3を3失点で開幕10連勝となった。

◆C1−3S◆
初回、フィリップスの4号ソロで先制を許したヤクルトだが、3回、一死から石川,青木と連打を浴びせると、田中,福地と連続タイムリーを放ち、逆転に成功。その裏、横浜は一死から東出,フィリップスの連打でチャンスを作るが、栗原,マクレーンと倒れて、同点ならず、1−2の儘、迎えた6回、ヤクルトは二死走者なしからガイエルが二塁打を浴びせると、続く宮本がセンター前へタイムリーを放ち、3点目。広島は立ち直った石川に対し、4回の会沢のヒット以降、15人連続凡退と全くチャンスを掴めない。9回から代わった守護神・林から先頭の栗原がヒットを浴びせたものの、マクレーンはショートフライ,会沢はサードゴロゲッツーに倒れて、万事休す。石川は8回を無四球1失点の好投で8勝目

◆M3−1H◆
ソフトバンク先発・ホールトンに対し、西岡の7号先頭打者アーチで先制したロッテは続く2回には四球の竹原を一塁に置いて、フクーラが2号2ランを叩き込み、3点目。一方、ロッテ先発・小野の前に4回までノーヒットと沈黙していたソフトバンクは5回、先頭の小久保がチーム初安打を放つと、一死後、長谷川の二塁打で一気に本塁を狙うが、タッチアウト。しかし、続く田上がタイムリーを放つと、村松も歩いて、一、二塁となったが、本多はファーストゴロに倒れて、1点止まり。6回には二死から3連打で満塁としたものの、小野をKOするが、代わった松本の前に長谷川がピッチャーゴロに倒れて、三者残塁。最後はシコースキーの前に反撃を断たれ、2位転落。ホールトンは4回以降ノーヒットと完全に立ち直ったものの、援護を貰えず、完投負け。小野は5回2/3を1失点で切り抜け、6勝目

◆F−L◆
降雨中止。

◆E8−7Bs◆
2回に坂口のタイムリー内野安打で先制した偽バファローズは4回には二死一塁から坂口,塩崎,フェルナンデス,カブレラと4連打を浴びせて、3点を追加。楽天先発・岩隈はこの回限りで早くも降板となった。4点を追う楽天はその裏、ヒットとエラーで一死一、二塁とすると、青波の長瀬のタイムリーでまず1点。更に、中村紀が歩いて満塁となった所で中村真が犠飛を打ち上げ、2点目。続く5回には一死二、三塁から、山崎武が2点タイムリーを放ち、同点とすると、6回にはエラーと犠打で一死三塁とした所で岸田が暴投を犯し、労せずして勝ち越しに成功。直後の7回、偽バファローズは一死からカブレラがヒットで出ると、連続四死球で満塁のチャンス。大引は三振に倒れたが、代打・下山が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、一気に逆転。しかし、その裏、楽天は無死二塁から青波の長瀬がレフトスタンドへ7号2ランを叩き込み、再び振り出しに。7−7で迎えた土壇場9回、この回から代わった守護神・加藤に対し、楽天は先頭の草野が四球で歩くと、二死後、中村真のヒット,代打・憲史の四球で満塁。ここでリンデンがライト前へタイムリーを放ち、サヨナラ勝ち。9回に3人できっちり抑えた6番手・福盛に3勝目がついた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:56コメント(0)トラックバック(17) 

May 07, 2009

5/7 小笠原◆G7−3YB◆
巨人先発・福田の前に3回まで3人ずつで片付けられていた横浜だが、4回、二死走者なしから内川が5号ソロを叩き込み、0−0の均衡を破ると、続く5回には先頭のジョンソンがライトスタンド上段5号ソロを放ち、2点目を追加。プロ初登板初先発となるルーキー・藤江は5回まで無失点の好投を展開。勝利投手の権利を得ても続投となった藤江に対し、巨人は6回、福田,坂本と連打を浴びせて、無死二、三塁と絶好のチャンス。ここで松本がスクイズを仕掛けるも、まともに転がしてしまい、福田を憤死させた上、自らも刺されて、ゲッツーとなる最悪の展開。一応、二死三塁とチャンスは残ったが、ガッツはピッチャーゴロに倒れて、結局、無得点。7回に吉村のタイムリー内野安打で1点を追加され、3点のビハインドとなった巨人はその裏、李の5号ソロで藤江をKOし、反撃の狼煙を上げると、続く8回にはガッツの7号3ランで一気に逆転。更に、李,阿部が連続アーチと一発攻勢でこの回、一挙6点を獲得。最後は越智が締めて、横浜の反撃を断ちきった。小田嶋と併用と言う不遇な目に遭っていた李が2発3打点と意地を見せ、これを機に復活ロードを歩みたい所だが、前回2発放った翌日にはアルフォンゾに入れ替えられた嫌な思い出があるだけにその胸中は穏やかではないだろう。藤江は6回2/3を無四球1失点と上々のデビューだったが、リリーフ陣の炎上で初登板初白星ならず。まだ巨人打線が捉え始めてきたと言う感じでなく、投球数も78と少なかっただけに、少々早かった様に思える降板だった。

◆D−C◆
前田健,吉見の両先発の好投で、3回まで両軍ゼロ行進。迎えた4回、広島は四球の赤松を天谷が送った所で栗原がタイムリー二塁打を放ち、ついに先制。しかし、その裏、中日は先頭の森野がヒットで出ると、続くブランコが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに天井のサテライトスピーカーを直撃するナゴヤドーム初の認定ホームランとなる5号2ランを放ち、一気に逆転。1点を追う広島は6回、一死から天谷,栗原と連打を浴びせ、一、三塁とすると、嶋が同点犠飛。追い付いた広島は8回、天谷のヒット,栗原の四球で一死一、二塁とすると、またも嶋がセンター前へタイムリーを放ち、勝ち越しに成功。その裏、一死二塁のピンチを迎えると、ブラウン監督は前田健からシュルツにスイッチするが、これが裏目。シュルツは代わりばな、森野のタイムリー二塁打を浴び、再び試合は振り出しに。土壇場9回、中日は二死走者なしから代打・野本が三塁打を浴びせると、井端が歩いて一、三塁となった所で代打・立浪がセンター前へ球団新となる通算13本目のサヨナラタイムリーを放ち、劇的な勝利を収めた。

◆S2−1T◆
阪神先発・ソニックは立ち上がりから全くストライクが入らず、初回一死三塁のピンチが3連続四死球を与えて、押し出しで先制点を献上。しかし、直後の2回、阪神はヤクルト先発・石川から桜井がレフトスタンドへ2号ソロをぶち込んで、あっさり同点。ソニックは2回以降、制球が定まり、追加点を許さず、石川も一発を浴びた以外は付け入る隙を許さない投球で、1−1の儘、試合は終盤へ突入。迎えた6回、ヤクルトは一死からデントナ,ガイエルの連続二塁打で勝ち越しに成功。二死後、連続四球で満塁とチャンスを広げたが、石川はショートゴロに倒れて、1点止まり。石川は直後の8回、一死一、二塁のピンチを迎えた所でKOとなったが、代わった木田画伯が後続を断ち切ると、最後は守護神・林が締めて、1点のリードを守りきった。石川は7回1/3を1失点でハーラートップタイの4勝目を飾った。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:26コメント(0)トラックバック(40) 

April 30, 2009

◆C4−7G◆
49年ぶりの3戦連続完封負けと言う屈辱に見舞われた巨人。若大将・原監督は貧打打開へ、松本,脇谷の1,2番を組む新オーダーを展開すると、これが奏功。初回、広島先発・前田健からいきなりこの二人が連打を浴びせると、続くガッツが先制6号3ランを放り込み、あっと言う間に28イニングぶりの得点をゲット。しかし、3回、先発・福田が赤松の犠飛,天谷の2号2ランで3点を失い、一気に同点。初回こそ速攻を見せたが、3回二死満塁,4回無死三塁のチャンスを逃し、嫌な空気が流れ始めていた巨人だが、5回、亀井のタイムリーで勝ち越しに成功。6回にはヒットの坂本が暴投で二進するが、福田がタッチプレーであるにも拘わらず二塁走者を殺してしまうヘッポコバントを敢行。これで流れは変わるかと思いきや、松本が死球を食らった後、脇谷のセカンドゴロを東出が大きく弾き(記録はヒット)、福田が労せずしてホームイン。更に、この時、赤松のヘッポコ悪送球で松本は一気に三塁へ進むと、ガッツがタイムリーと、広島の守乱に付け込み、この回3点を追加。広島は7回、石井タクロー,石原の連打で一、三塁のチャンスを作り、ここで代打・栗原投入で勝負をかけたが、ヘルニアで苦しむ栗原はあえなくセカンドフライと凡退。結局、この回、東出のショートゴロの間に1点を返すのが精一杯。巨人は山口−豊田と繋ぎ、最後は越智が締めて、プロ初セーブ。今季対広島初勝利を飾り、4連敗を阻止。寿司職人ラミレスが5タコに終わる中、脇谷が4安打でチャンスメイクすれば、ガッツも4安打で5打点と2,3番の活躍が光った。

◆D0−3S◆
初回二死満塁,3回一死二、三塁のチャンスを逃すなど吉見を攻めあぐねていたヤクルトは6回、ガイエルの5号ソロでついに均衡を破る先制点を獲得。一方、一向に名手・川相の現役復帰に踏み切らない為、打線が繋がらない中日はこの日も走者を出してはゲッツーで殺すと言うチグハグな攻撃を繰り返し、スコアボードにはゼロが並ぶばかり。8回にも二死一、三塁のチャンスを作り、ヤクルト先発・石川をKOするが、代わった林の前にブランコがセカンドゴロに倒れて、二者残塁とまたも川相不在の弊害を露呈。土壇場9回、二死一、二塁のピンチを迎え、またもやセーブのつかない場面で引っ張り出された岩瀬だが、いきなり青木への初球に頭部死球を食らわせて、危険球退場。よもや岩瀬の登板後、即出番が回ってくるなど予想もしていなかった4番手・高橋は代わりばな武内にタイムリーを浴び、致命的な2点を献上。その裏、林に抑え込まれて、完封負けを喫した中日は屈辱の3連戦3連敗。この3連戦で僅かに3得点と、その貧打ぶりは深刻な状況で、この絶望的な状況を抜け出す為にも一刻も早い名手・川相の現役復帰が待たれるばかりだ

4/30 金本◆T3−2YB◆
マストニー,ソニックの両先発の投げ合いで、0−0の儘、試合は中盤へ突入。迎えた5回、横浜は二死走者なしから石川がこの日3本目のヒットで出ると、続く梶谷がプロ初アーチを叩き込み、2点を先制。阪神は4回に続いて、7回も満塁のチャンスを掴みながら、あと一本が出ず、8回も先頭打者を出しながら、後続3人が凡退。9回も抑えの石井の前に簡単に二死を取られ、完封負け濃厚…と言う所で代打のゼブラ今岡が内野安打を放つと、流れは一変。続く平野のタイムリー三塁打,関本のタイムリー内野安打で一気に追い付くと、更に、鳥谷がヒットで続いた所でキュラソ星人がセンター前へタイムリーと、あと一人の場面からの怒濤の5連打で見事な逆転サヨナラ勝ちを飾った。

◆L5−8H
初回、小久保のタイムリーで先制したソフトバンクはなおも二死満塁とチャンスを広げるが、柴原が倒れて、1点止まり。すると、その裏、先発・大隣が片岡に痛打された後、連続四球で無死満塁のピンチを作った挙げ句、中村に満塁弾を浴びる炎上ぶりであっと言う間に3点のビハインド。しかし、ソフトバンクは3回、5本の単打を集中して、4点を奪い、一気に逆転に成功。2回以降、何とか立て直した大隣だったが、6回、G.G.佐藤に同点アーチを浴び、この回途中でKOとなり、またも今季初白星を逃してしまった。追い付かれたソフトバンクは直後の7回、一死満塁から田上のタイムリーで勝ち越すと、更に、二死後、本多が2点二塁打を放ち、ダメ押しの8点目。以降は、藤岡−攝津アッパー−馬原と繋いで、連敗を3でストップさせた。

◆E4−2F◆
楽天は初回、スウィーニーの制球難に付け込み、2四球で掴んだチャンスに中村紀が先制タイムリー。続く2回には一死から中村真,嶋,渡辺直の3連打で2点を加え、リードを3点と拡大。一方、日本ハムは楽天先発・長谷部の前に4回まで沈黙していたが、5回、金子誠のタイムリーでようやく1点を返すと、続く6回には小谷野のタイムリーで1点差と詰め寄った。更に、7回には一死満塁と一打逆転の場面を作ったが、高橋は浅いレフトフライに倒れ、二死。ここで1週間ぶりのスタメンとなったあの男に回ってしまったのが運の尽き。あの男はどん詰まりのピッチャーゴロに倒れる怒濤のチャンスブレイカーぶりを遺憾なく発揮し、三者残塁。これですっかり意気消沈となった日本ハムに対し、楽天はその裏、一死一、三塁とすると、鉄平のサードゴロの間に1点をあげ、4点目。これがダメ押し点となり、8回からは小山−有銘と繋いで逃げ切った。文句のつけようのない投球で4戦連続完投勝利を果たした田中が右肩の張りで登録抹消となり、先発陣が奮起しなければいけない状況で5回途中2失点と踏ん張った長谷部は今季初勝利をマークした。

◆M5−2Bs◆
2回、ロッテは二死一塁から今江のタイムリー二塁打で1点を先制。ここまで白星のない先発・清水は3回までノーヒットと上々の滑り出し。しかし、5回一死から日高,大引と連打を浴び、一、二塁のピンチ。ここで坂口をセカンドゴロゲッツーに打ち取り、ピンチ脱出…と思いきや、西岡が一塁へ悪送球をかまし、日高が同点のホームイン。これでガックリ来たか、清水は続く6回には下山に被弾し、勝ち越し点を献上。偽バファローズは7回まで散発2安打、3回以降はノーヒットと好投していた山本を下げ、8回から継投策に切り替えるが、これが裏目。2番手・香月が橋本将に痛打されると、一死二塁から3番手・清水が代打・バーナムJr.に同点タイムリー二塁打を浴び、試合は延長に突入した。迎えた11回、ロッテはフクーラ,西岡と連打を浴びせると、続く井口が4号3ランを叩き込み、劇的なサヨナラ勝ちを収めた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:29コメント(0)トラックバック(25) 

October 06, 2008

◆S3−1T
ヤクルトは初回、一死から川島慶がヒットで出ると、続く青木のタイムリー二塁打で先制のホームイン。更に、畠山がゼブラ今岡のエラーで出た後、飯原もタイムリーを浴びせて、この回2点。防御率1位が懸かるヤクルト先発・石川は3回まで無失点で切り抜け、ルイス(広島)を抜いて暫定トップに浮上。しかし、暫定3位の内海(巨人)に抜かれる可能性を危惧したか、4回も続投。しかし、一死からキュラソ星人に26号ソロを痛恨被弾。その裏、ヤクルトは田中,川端の連打で一、三塁とすると、一死後、石川のファーストゴロの間に田中が生還し、再び2点差。直後の5回、阪神は二死から朝井の二塁打,川島慶のエラーで一、三塁のチャンスを作るも、新井が三振に倒れて、二者残塁。ヤクルトは7回から松岡−五十嵐と繋ぎ、最後は守護神・林が三者凡退に斬って取り、2点のリードを守りきった。

阪神が8回まで毎回走者を出しながら、キュラソ星人のソロアーチでしか点を奪えず、痛恨の黒星。これで再び巨人と同率で並ばれてしまった。気がかりなのは3回にセーフティバントを仕掛けた再、左手親指にボールを直撃させて退場となったシャア少佐。骨折で今季絶望なんて事にならない事を祈るばかりだろう。それにしても、石川は防御率暫定トップに立ちながら、果敢に続投したはいいものの裏目に…。それでも、7回まで追加点を許さなければ、再びトップに立つ筈だったが、6回で降板したのは一体何故なのか? 今後は内海の様子を見ながら、リリーフ登板かね?

◆YB2−1C◆
広島は初回、四球の赤松を二塁に置いて、栗原のタイムリー内野安打で1点を先制。横浜は2回、吉村,金城が連打を浴びせると、一死後、斉藤俊のサードゴロの間に吉村が同点のホームイン。追い付かれた広島は3回一死二塁のチャンスを逃すと、4回には無死一、二塁,5回一死一、三塁のチャンスをいずれもゲッツーで潰す始末。更に、6回二死二、三塁,7回一死二塁,8回一死一塁のチャンスもモノに出来ない怒濤の拙攻三昧。一向に勝ち越せない中、先発・篠田が5回1失点と踏ん張り、大竹が今季初の中継ぎ登板で2回無失点に抑えていたが、8回、3番手・梅津が二死から吉村に痛打されると、二盗を許した後、金城にタイムリーを浴びて、ついに勝ち越し点を献上。最後は守護神・はーちゅんの前に3人で打ち取られ、万事休す。

悪夢の続投要請を受諾する意向を示したブラウン監督。来季の処遇が安泰となれば、5割を死守する必要は全くなく、1点を争うゲームでこれだけ拙攻を繰り返しながらも、当然のごとく求道者・前田を8回までベンチに幽閉。そして、9回に下位打線の先兵として代打起用される嫌がらせをかまし、折角の2000試合出場だというのにモチベーションをどん底まで下げられた求道者・前田はピッチャーゴロと凡退。勝てる試合をむざむざ落としてしまった。これで広島は借金1で全日程終了となったが、ブラウン暗黒政権の牙城には僅かなヒビすら入る事はないのだった。最後の最後までファンを裏切るブラウン暗黒采配をまざまざと見せつけられた訳で、やはり、求道者・前田は今オフ、FAで地元九州・ソフトバンクへ移籍すべきだろう

◆E1−4H◆
負ければ最下位が確定する絶体絶命の危機に立たされたソフトバンクだが、0−0で迎えた5回、田上,高谷,大村のヒットで二死満塁とすると、金子がセンター前へ2点タイムリーを放ち、ついに先制。続く6回には一死から小斉が歩くと、田上が4号2ランを叩き込み、楽天先発・朝井はこの回限りでKO。ソフトバンク先発・新垣は5回までノーヒットの快投を展開。7回に先頭のフェルナンデスに二塁打を浴び、内野ゴロ2つで生還を許したものの、8回二死二、三塁のピンチも切り抜けると、最後は守護神・馬原が3人でピシャリと締めて、逃げ切った。馬原はこれで史上22人目となる通算100セーブを達成。

A級戦犯の一人と言っても過言ではない暴投王子・新垣が伝家の宝刀・ワイルドピッチを封印し、8回を4安打1失点の好投。打っては田上,金子らの脇役陣が渋い活躍を見せ、最下位確定の危機を阻止。これで決着は明日の最下位最終決戦にもつれ込む事となった。明日の予告先発は前回、3回もたずに7失点KOの田中と、2連敗中の杉内だが、果たして、どうなるか…。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:05コメント(0)トラックバック(36) 

September 30, 2008

カリメロ◆YB0−3G◆
V戦線に留まる為にも、もう負けられない巨人は今季初白星を目指すカリメロに対して、2回、先頭の寿司職人ラミレスがリーグトップに躍り出る42号場外弾を放ち、1点を先制。3,4回と一、二塁のチャンスを逃したものの、5回、たまりかねた春風亭半ケツがレフトへ痛打。大西のまずい守備も重なって、春風亭半ケツは一気に二塁を陥れると、鈴木のセカンドゴロ,キムタクの犠飛で生還。更に、ガッツが34号ソロを放り込み、3点目を追加。先発・春風亭半ケツは8回まで無失点に抑えると、最後は守護神・クルーンが3人で締めて、完封リレーを達成した。

死球で退場した時は骨折で今季絶望の可能性すら危惧されたガッツが強行スタメン出場で会心の中押し弾。不敗神話を誇る寿司職人ラミレスとのアベックアーチでカリメロを打ち砕き、試合が雨で流れた阪神との差を0.5と縮めた。シーズン15度目のアベックアーチはONの記録を40年ぶりに更新する球団新記録。投げては春風亭半ケツが今季最高の投球で8回を無失点に抑え込んだ。横浜は金城が3安打と一人で気を吐いたが、金城以外は誰一人としてヒットを打てない有様で連敗を11に伸ばしてしまった。

◆T−D
降雨中止。

◆S8−0C◆
篠田,石川の両左腕がいずれも5回まで無失点の好投を展開。0−0の儘、迎えた6回、ヤクルトは一死から青木,川島慶,福地の3連打でようやく均衡を破ると、畠山が敬遠されて満塁となった所で篠田はKO。代わった梅津から代打・ユウイチが押し出し四球を選ぶと、梶本のレフトフライが嶋のエラーを誘い、一気に二者生還。更に、田中のショートゴロが梵の野選を誘い、この回、大量5点をゲット。続く7回には福地の犠飛で1点を加えると、8回には田中の5号2ランでダメ押し。石川は9回一死満塁のピンチもゲッツーで切り抜け、今季初完封で11勝目。

相変わらず、3位よりも5割よりも、求道者・前田をシメ倒す事を優先するブラウン暗黒采配がまたも炸裂した広島。クリーンアップトリオが揃ってマルチ安打を放ちながらも、まずい攻めで完封負けを喫し、5割に逆戻り。3位・中日との差を1と広げてしまった。守備でもまずいプレーを連発し、中盤まで粘っていた篠田を見殺しにしてしまった。ヤクルトは終盤に打線が繋がり、石川の好投もあって、連敗を3でストップさせた。

◆E15−5H
ソフトバンクは初回、一死から森本の四球,松田のヒットでチャンスを作るも、松中,田上が連続三振。続く2回には二死から本間が二塁打を浴びせるが、高谷がファーストゴロに倒れて、またも無得点。すると、その裏、楽天は一死から鉄平が二塁打で出ると、続く山崎隆がプロ初アーチとなる先制2ラン。更に、嶋,中村が連打と重盗で二、三塁とすると、内村のショートゴロの間に3点目。直後の3回、ソフトバンクは大村の内野安打,森本の四球で無死一、二塁。松田は三振に倒れるも、松中がタイムリーを放ち、ようやく1点。なおも一、二塁のチャンスだったが、田上がショートゴロゲッツーに倒れる最悪の展開で1点止まり。楽天は5回、高須のタイムリー二塁打で1点を追加し、再び3点差。しかし、直後の6回、ソフトバンクは無死満塁から小斉のタイムリーで1点を返し、朝井をKOすると、二死後、大村のタイムリー内野安打に内村の悪送球が重なって、一気に同点。続く7回には松田の17号ソロでついに勝ち越し。しかし、その裏、楽天は先頭のフェルナンデスの18号ソロであっさり追い付くと、2四球で一死一、二塁とした所で代打・青波の長瀬が13号3ランを叩き込み、3点を勝ち越し。直後の8回、ソフトバンクは一死一、二塁と一発で同点の場面を作ったが、森本,松田と連続三振に倒れて、二者残塁。ピンチを逃れた楽天はその裏、7長短打を集中して、7点を奪い、試合を決定付けた。

開幕当初は新人王候補大本命だった大場が7月12日以来の先発マウンドに上がったが、5回もたずに4失点KO。一時は3点差を跳ね返したソフトバンクだったが、水田,柳瀬,久米らのリリーフ陣が大炎上で終わってみれば、大量10点差の大惨敗で再び最下位に転落。王さんのホークス1000勝まであと1つしか負けられない状況となってしまった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:04コメント(0)トラックバック(25) 

September 17, 2008

◆YB2−6G◆
逆転優勝へ向け、連勝街道をひた走る巨人は2回、一死一塁から坂本の8号2ランで先制すると、続く3回には二死走者なしから寿司職人ラミレスが39号ソロ。更に、李の二塁打,マッスル千代の富士の四球で一、二塁となった所で阿部が19号3ランを叩き込み、6点目。横浜先発・ハマのチンピラはこの回限りで降板となった。プロ初先発となった東野は5回まで1安打無失点と素晴らしい投球を展開。しかし、6回二死走者なしから石井タクローを歩かせた所で内川に10号2ランを被弾し、この回限りで降板。追い上げムードの高まった横浜は7回二死満塁,8回二死二、三塁と絶好のチャンスを掴みながら、あと一本が出ない。最後はクルーンの前に反撃を断たれて、対巨人7連敗となった。

プロ初先発の東野が期待に応える好投で悲願のプロ初勝利。昨日の久保に続いて、またまた新たな先発要員が誕生。完全に流れは優勝チームのそれである。巨人はこれで7連勝。阪神との差は縮まらなかったものの、全く勢いが止まる気配がない。問題は5位・ヤクルト,最下位・横浜相手に勝ちまくっていると言う点だ。果たして、この勢いが本物なのかどうかは19日からの阪神3連戦で明らかになる事だろう。

◆D6−11T
中日先発・山本昌が立ち上がりから大乱調。先頭のシャア少佐に痛打されると、一死後、連続四球で満塁とした所で鳥谷に12号グランドスラムを被弾。続く2回には平野,ゼブラ今岡と連続タイムリーを浴びると、3回に矢野にタイムリーを許し、7失点KO。中日はその裏、李のタイムリーでようやく1点。4回に2点を失い、突き放されるも、その裏、川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに谷繁が今季初アーチとなる3ラン。更に、5回には川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに小池が4号2ランを叩き込み、3点差。しかし、阪神は8回、キュラソ星人の22号2ランで貴重な2点を追加し、これがダメ押し点となった。

山本昌がよもやの3回7失点KO。川相不在によるやぶれかぶれの一発攻勢も時既に遅く、中日はまたまた貯金が消滅してしまった。阪神は先発・リーソップが4回もたずにKOとなったものの、12安打11得点と打線が爆発し、この3連戦勝ち越し。何とか3ゲーム差を保った状態で東京ドームへ乗り込む事となった。

◆S6−1C◆
泥沼の連敗地獄に喘ぐヤクルトは初回に畠山のタイムリーで先制するも、4回、栗原にタイムリーを許して、振り出しに。しかし、5回、ヒットの福川を石川が送った後、青木,川島慶と連打を浴びせて、一死満塁。ここで飯原のゲッツー崩れの間に福川が勝ち越しのホームを踏むと、飯原のディレードスチールの間に青木が本塁を陥れ、3点目。続く6回には一死二、三塁から田中のタイムリーで1点を加えると、8回には福川のタイムリー,青木の犠飛でダメ押しの2点を追加。先発・石川は1失点完投勝利を果たし、連敗は8でストップした。

接戦を悉く落とし続けたヤクルトが投打噛み合う完勝で連敗を脱出。石川は今季2度目の完投で2年ぶりの10勝目に到達した。広島はまたまた求道者・前田がフル欠場に追い込まれての大惨敗。中日も負けた為、4位転落は免れたものの、5割に逆戻りとなってしまった。やはり、ブラウン監督は自らの続投よりも、求道者・前田をシメる事の方が優先度が高いらしい。嶋を下げて、キャラかぶりの赤松,天谷を同時に出すくらいなら、求道者・前田をスタメンで使えよ!

◆Bs2−4H◆
負のスパイラルに歯止めがかからないソフトバンクは初回から二死一、二塁のチャンスを掴むも、松田が打ち上げ、二者残塁。すると、その裏、先発・杉内が本多のエラーでピンチを作った挙げ句、ローズに37号2ランを浴び、先制点を献上。杉内は2回以降、走者を出しながらも粘りの投球で追加点を阻止するが、肝心の味方打線が岸田の前に拙攻を切り返し、2−0の儘、土壇場9回へ突入。偽バファローズは守護神・加藤を投入し、逃げ切りを図るが、これに対して、ソフトバンクは二死一、二塁のチャンスを掴むと、代打・田上のタイムリーで1点差。更に、続く本多が3号3ランを叩き込み、一気に逆転に成功。最後は一週間ぶりの登板となった守護神・馬原が3人でピシャリと締めて、ようやく連敗を脱出した。

8回を自責点0と言う杉内の粘りの投球も虚しく完封負けを覚悟した展開だったが、加藤から4点を奪う予想外の大逆転で連敗を5で止めた。Aクラス返り咲きが厳しい状況なのは確かだが、残り試合全て勝つつもりで意地を見せた貰いたい。一方、偽バファローズは痛恨の逆転負け。岸田は8回無失点とは言え、125球投げており、加藤へのスイッチは妥当と言えた訳で、加藤の乱調が大きな誤算だった。これで西武との差は7と開いてしまい、流石に、逆転優勝はほぼ絶望的になってきたか…。

◆E15−7F
初回、高橋のタイムリーで先制された楽天だが、その裏、青波の長瀬の8号3ランで逆転すると、更に、山崎武にも21号ソロが飛び出し、この回4点。続く2回には内村のスクイズで1点を追加。4点を追う日本ハムは3回に無死二、三塁から高橋の内野ゴロの間に1点を返すと、連続四球で満塁とチャンスを広げたが、糸井,代打・稲田と倒れて、1点止まり。5回にはスレッジの13号ソロで2点差とするが、その裏、楽天は嶋,渡辺直の連続タイムリーで3点を奪うと、6回には7長短打の集中攻撃で6点をあげ、試合を決定付けた。日本ハムは8回に3点を返したものの、焼け石に水で貯金が消滅した。

楽天が19安打15得点の猛攻でこの3連戦勝ち越し。ノーヒットに終わったフェルナンデス以外(1回表にケガをしたショートに代わって入った中島を含めて)8人がマルチ安打を記録。先発・朝井は5回降板ながらも、打線の援護に恵まれ、初の2桁勝利へリーチをかけた。日本ハムも13安打7得点と応戦したが、8失点KOのスウィーニーを初め、投手陣が総崩れだった。

◆L5−4M◆
2回、西武はブラゼルの二塁打,久保の暴投,中村の四球で無死一、三塁とすると礒?が犠飛を打ち上げ、先制点をゲット。1点を追うロッテは4回、西岡の四球,橋本のヒットで二死一、二塁とした所で大松が23号3ランをぶち込んで、一気に逆転。続く5回の満塁のチャンスは逃したが、6回、ミャオの暴投でタナボタの4点目を追加。3点を追う西武は7回、栗山のタイムリーで1点を返し、久保をKOすると、中島が歩いた後、ブラゼルが2点タイムリー二塁打を放ち、試合はその儘、延長にもつれ込んだ。迎えた10回、西武は先頭の中村がバックスクリーンへ41号ソロを叩き込み、サヨナラ勝ちを飾った。

オツが5回もたずにKOされるなど、中盤までは苦しんだ西武が3点差を跳ね返してのサヨナラ勝ち。キング独走の41号を放った中村はこれが自己初のサヨナラアーチ。これでマジックは2つ減って5と優勝へ大きく前進した。ロッテは先発・久保が堪えきれず、痛い連敗で5割復帰を逃した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:43コメント(0)トラックバック(28) 

July 17, 2008

◆YB9−8C
初回、内川の犠飛で先制した横浜は続く2回には吉村の17号ソロで2点目。しかし、4回、広島は二死走者なしからオチョアがチーム初安打を放つと、続く栗原が12号2ランを叩き込み、同点。更に、連続四死球の後、梵のタイムリー,石井タクローの野選で2点を勝ち越し。2点を追う横浜は5回二死満塁から吉村があわやグランドスラムと言うフェンス直撃の2点タイムリーを浴びせて、同点。広島先発・前田健はこの回限りで降板となった。続く6回にはガッツな貴公子・仁志の7号3ラン,村田の25号2ランと一発攻勢で一気に5点を勝ち越し。粘る広島は直後の7回、石原が6号3ランを叩き込むと、土壇場9回には先頭の嶋が3号ソロを放ち、1点差まで詰め寄ったが、反撃もここまでだった。

5点差をつけられながら、1点差までよく粘った広島だが、届かなければ同じ事。9回に代打起用された求道者・前田だが、あえなくショートゴロと凡退。だから、代打でなくスタメンで起用しろっつーの! 勝負所で使おうが、所詮、代打は代打。求道者・前田は守りながらリズムを作り、何度も打席を重ねる事の出来るスタメンでこそ輝くのだと言う事を知れ! 知っていながら、シメ倒す為に代打で使っていると言う説もあるが、いずれにしろ不健全この上ない。もう一人の前田こそ前田健は5回4失点ながらプロ初黒星は回避。しかし、23試合連続無失点中だった梅津のよもやの3失点が痛かった。

◆T0−3S◆
阪神先発・ボーグルソンに対して、ヤクルトは1,2回と立て続けにゲッツーを食らい、3回も一死二塁のチャンスを生かせない。序盤のピンチを凌ぎきったボーグルソンは尻上がりに調子を上げ、7回まで無失点の好投。一方、ヤクルト先発・石川も7回まで散発3安打と阪神打線に付け入る隙を許さない。0−0で迎えた8回、阪神は先頭のシャア少佐がヒットで出ると、関本の犠打で二進。二死後、キュラソ星人が敬遠されて、一、二塁となったが、葛城イクローはセカンドゴロに打ち取られ、先制ならず。土壇場9回、8回から登板している久保田が3四球で一死満塁の大ピンチ。ここでスクイズを仕掛けた田中がワンバウンドのボールを空振りするも、矢野が前にこぼしている隙に、スタートを切っていた三塁走者・福地はその儘、本塁を陥れ、ついに待望の先制点をゲット。なおも一死二、三塁で田中はピッチャーゴロに倒れるも、三塁走者を刺そうとした久保田が本塁へ痛恨の悪送球。ボールが転々とする間に二人の走者が一気に返って、この回3点。その裏、守護神・林がきっちり締めて、ヤクルトが完封リレーを果たした。

8回までは緊張感のあるいい試合だったのに、9回に久保田の一人相撲で全てがぶち壊しになった。3四球に暴投(記録上は盗塁だが)に悪送球。ノーヒットで3失点とはお粗末この上ない。しかも、この回だけで怒濤の6盗塁を許す体たらく(重盗と三重盗を含むから6回盗塁を許した訳ではないけれど)。打線も散発5安打の完封負け。新井を欠いただけでこうも元気をなくしてしまうものなのか、石川が良かっただけなのか…。まだまだ阪神の独走体勢に揺らぎはないが、何とも嫌な形での敗戦であった。

◆F3−1E
初回、無死二塁のピンチを切り抜けた日本ハムはその裏、先頭の劇団ひちょりがヒットで出ると、紺田の犠打で二進。ここで田中がセンター前へタイムリーを浴びせて、1点を先制。追いかける楽天は4回、二死三塁からショートがタイムリー内野安打を放って、同点とするが、日本ハムは5回、またも田中にタイムリー二塁打が飛び出し、勝ち越し。更に、高橋もタイムリーを放って、3点目。直後の6回、楽天は一死から中村が三塁打を浴びせるも、続く高須は三振。フェルナンデスもサードゴロに倒れて、中村は三塁に釘付け。楽天はこれが最後のチャンスとなり、ダルビッシュに完投負けを喫した。

6カードぶりの勝ち越しを狙った楽天だが、散発4安打では如何ともし難かった。前半は微妙な内容だったダルビッシュだが、7回以降は6三振のパーフェクトと圧巻の投球。今季8度目の完投で11勝目をマーク。因みに、呪われた助っ人・ボッツはまたもスタメンから外され、7回二死一、三塁と言うチャンスで起用されたが、あえなく三振とまたも役に立たなかった。

◆M5−6Bs◆
偽バファローズは初回、カブレラの18号2ランで先制。偽バファローズ先発・オルティズは4回まで無失点と好投していたが、5回、自らのエラーでリズムを崩したか、ここから3四球で押し出しを与えて、勝利投手の権利まであと一人と迫りながら、無念のKO。なおも満塁の場面だったが、代わった清水が大松をピッチャーゴロに打ち取り、ピンチ脱出。すると、直後の6回、偽バファローズは下山,カブレラと連打を浴びせて、ロッテ先発・大嶺をKO。更に、2番手・松本に対して、ローズがタイムリー二塁打を浴びせると、二死後、フェニックス一輝のタイムリー,松本のボークでこの回3点。偽バファローズは8回にも日高のタイムリーで1点を追加。これでダメ押しになったかと思いきや、土壇場9回、セーブのつかない場面で引っ張り出された加藤が大乱調。いきなり無死満塁のピンチを作ると、フクーラに犠飛を許した後,サブロー,大松と連続タイムリーを浴びて、1点差。なおも一発が出ればサヨナラの場面だったが、ベニー松山をショートゴロに打ち取り、辛くも逃げ切った。

ロッテは土壇場での猛追及ばず、破竹の連勝はようやく7でストップ。大嶺は中盤までプロ初勝利の可能性を期待させたものの、6回で力尽き、またまた白星はお預けとなった。この日から始まった「ドカパロSS」で始まってしまったロッテ戦で早速シメ倒された今江は呪いの効果か4タコと沈黙。連勝が止まってしまったのも、水島の呪いの影響と考えれば、実に自然な流れと言えるだろう。折角、ここまで巻き返してきたロッテだが、再び大失速しないか心配である。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:48コメント(0)トラックバック(41) 

June 18, 2008

◆G2−1Bs◆
3回、マッスル千代の富士の復帰初打点となるタイムリーで先制した巨人は続く4回にはガッツの11号ソロで2点目を追加。先発の当ブログ推奨助っ人・バーンサイドは6回まで無失点の好投。8回、4番手・豊田がフェニックス一輝に被弾し、更に、二死一、三塁のピンチを迎えるが、ここで登板したクルーンがローズを三振に斬って取ると、9回も三者三振の快投で締め括り、逃げ切った。

◆D3−2L
西武は初回、G.G.佐藤のタイムリーで1点を先制。先発・涌井はいきなり三者三振の好スタートを見せたが、2回にピンキー井上のタイムリー二塁打で追い付かれると、4回にはデラロサに押し出し四球を与えた上、暴投で勝ち越しの2点を献上。直後の5回、栗山の一発で1点差に詰め寄った西武だが、それ以降、一人の走者を出す事も出来ず、あと1点が届かなかった。

◆S3−2H◆
4戦連続完投勝利を託されたガトームソンが初回から青木に5号2ランを被弾。6回に小久保のタイムリーで1点差としたソフトバンクだが、2回以降立ち直りを見せていたガトームソンが7回に代打・斉藤のタイムリーで3点目を失い、この回限りで降板。ソフトバンクは9回、ヤクルト守護神・林から松田のタイムリーで追い上げたものの、後続を断たれて、連勝は4でストップ。

◆C2−1F◆
ブラウン監督の暗黒采配により、またも求道者・前田が軟禁されてしまった広島だが、初回にスーパーさぶ・多田野のボークでタナボタの先制点をゲット。5回には天谷に4号ソロが飛び出して、2点目。先発・前田健は7回までノーヒットの快投を見せるも、8回、先頭の稲田に痛打され、快挙を断たれ、この回限りで降板。その裏、代打で出てきた求道者・前田が怒りのヒットを放ったものの、後続を断たれて、追加点ならず。9回に永川がスレッジに被弾したものの、辛くも逃げ切り、前田健は待望のプロ初勝利を手にした。

◆T−E
プロ初先発となった片山だが、初回に関本に被弾すると、2回には3連続四球で満塁とした後、藤本の犠飛,シャア少佐のタイムリー内野安打で2失点。3回に1点を返された阪神だが、7回に4長短打で3点を奪うと、8回にも2点を追加し、ダメ押し。先発・上園は6回を1失点で切り抜け、無傷の3勝目を飾った。楽天はこれで3連敗。ノムさんは史上単独1位となる監督通算1454敗目。

◆YB4−1M◆
水島の呪いが深刻化する木曜になる前に何とか1つ勝っておきたい横浜は2回にビグビーのタイムリー二塁打,3回にはガッツな貴公子・仁志のタイムリー二塁打で2点のリード。先発のルーキー・小林は6回までに大松の一発による1点のみに抑える好投を展開。横浜は8回に、またもビグビーが4号2ランを叩き込み、ダメ押し。早くも8回から登板したはーちゅんが走者を出しながらも2イニングを締めて、連敗を5で止めた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 20:30コメント(0)トラックバック(37) 

June 04, 2008

◆Bs2−4G◆
巨人は偽バファローズ先発・金子の立ち上がりを捉え、坂本のヒット,キムタクの四球の後、ガッツのタイムリー二塁打でまず1点を先制。一死後、松田記者のセカンドゴロの間に2点目を加えると、更に、阿部がセンター右へタイムリーを放って、この回、3点。3点を追う偽バファローズはその裏、無死二、三塁からカブレラのショートゴロの間に1点を返すも、あとが続かず1点止まり。4回には二死から北川,後藤と連打を浴びせると、グライシンガーの牽制悪送球の間に北川が本塁を陥れ、1点差。毎回ヒットを浴びせながら、2回以降、追加点をあげられずにいた巨人だが、7回二死一、三塁から松田記者のタイムリー内野安打で貴重な1点を追加。8回からは豊田−クルーンがいずれも二人の走者を背負うピンチを辛くも退けて、巨人の連敗は4でストップ。先発・グライシンガーは5月11日以来となる6勝目。

連敗地獄,借金地獄にハマりつつあった巨人だが、グライシンガーの久々の好投に救われた。坂本を1番に戻すなど、また微妙〜にテコ入れされた打線は13安打で4点と微妙〜な結果に…。寿司職人ラミレスは2安打を放って、連続試合安打を27と伸ばし、いよいよ高橋慶の記録も視野に入ってきた。金子は2回以降は粘り強く投げたが、初回の3失点が響いて、4連敗。4月19日以来白星から遠ざかっているだけに今日は白星を拾いたい所だった。

◆M5−4D
ロッテは初回にズレータが3号2ラン,2回には竹原が今季初アーチとなるソロと一発攻勢で3点のリード。この日も1,2回と立て続けにチャンスを逃ず相変わらずの拙攻を繰り広げていた中日だが、3回、一死二塁からT.ウッズのタイムリーでようやく1点を返すと、更に、2四死球で貰ったタナボタの満塁のチャンスで李の内野ゴロの間に1点を加えて、1点差。しかし、その裏、ロッテはズレータのタイムリー二塁打ですかさず突き放すと、6回にはピンキー井上のタイムリーエラーで5点目。3点を追う中日は7回、川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに14号2ランをぶち込み、再び1点差まで詰め寄り、ロッテ先発・渡辺俊はこの回限りでKO。土壇場9回、中日は一死一、二塁のチャンスを掴みながら、ベンちゃんが最悪のセカンドゴロゲッツーに打ち取られて、万事休す。

最後の最後まで川相不在の弊害を露呈する形で敗れた中日。相手より多くのヒットを放ちながら敗れるのはこれで一体何度目だ? 山本昌は前回に続く乱調で目前に迫る200勝へまたも足踏み。山本昌が投げる時くらい打線がしっかり援護してやらなければいけない所なのに、先発がコケたら最後…と言ういつも通りの野球をやっていて、どうするのか…。一方、打線以前に先発陣が大崩れする試合が多くなっていたロッテだが、渡辺俊が4失点ながらも、中日の詰めの甘さにも助けられ、4月22日以来の白星。7回まで投げたのは4月13日まで遡るが、これを機会に7回など当たり前の様に投げていたかつての安定感を取り戻して貰いたいものだ。

◆H0−3S◆
ソフトバンク先発・パウエルに対して、ヤクルトは2回二死走者なしからヒットで出た飯原が続く川本のセンター前ヒットで一気に本塁を陥れる好走塁で1点を先制。5回には一死三塁から青木,畠山,ユウイチのクリーンアップ3連打で2点を追加。ヤクルト先発の石川は7回まで散発2安打と二塁も踏ませぬ好投を展開。8回に二死からヒットと四球で初のピンチを背負うも、代打・城所を打ち取り、ピンチ脱出。9回からマウンドに上がった守護神・林は連続三振の後、ヒットと四球を許し、一発が出れば同点と言うピンチを作ったものの、最後は柴原を空振り三振に斬って取り、完封リレーを達成。ソフトバンクの連勝は5でストップした。

3,4月で5連勝しながら、5月に4連敗と苦しんでいた石川だが、6月は白星スタートとなった。5月も決して投球内容が悪かった訳ではないので、調子が戻ってきたとかそういう次元の話ではないのだが、結果として白星がついてきたのはストレスが溜まりつつあった石川に大いにプラス方向に働きそうだ。連勝が止まったソフトバンクだが、散発4安打と抑え込まれては如何ともしがたかった。

◆F2−3C◆
相手が右のダルビッシュだと言うのに、昨日たまたまノーヒットだったと言うだけで絶不調説をでっち上げたブラウン監督はまたまた求道者・前田をベンチに追いやる嫌がらせを敢行。悲しみと怒りを押し殺しながら試合に臨んだ広島は2回、二死二、三塁から赤松の走者一掃タイムリー二塁打で2点を先制。続く3回には栗原のタイムリー内野安打で3点目を追加。広島先発・ルイスは初回こそいきなり連打を浴びたものの、以降は6回まで一人の走者も出さない素晴らしい投球を展開。7回にスレッジに2点タイムリーを許して、1点差まで詰め寄られたが、最後は守護神・永川のリリーフを仰いで、ハーラー独走の8勝目を飾った。

ダルビッシュ相手に勝つには勝った広島だが、求道者・前田がフル欠場し、代わりに出た赤松が決勝タイムリー(代わりに出たのは森笠…と言えなくもないが)。これでブラウン監督は求道者・前田不要論と言うとんでも理論をでっち上げ、今後も恒久的に求道者・前田を外す足がかりを掴んでしまったかもしれないと思うだに、ゾッとする。また栗原辺りが怒濤のチャンスブレイクによる猛抗議をかますしかないのだろうか…。今日、求道者・前田を外す理由は常識的に考えれば微塵も存在しない訳で、本当に求道者・前田が試合に出続ける為には全試合マルチ安打するくらいしか打つ手がない感じだ。

E2−5T◆
2回に藤本のタイムリー二塁打で先制した阪神は続く4回には悠久の若虎・桧山のタイムリー三塁打で2点目。更に、5回には2四球で一、二塁とした所でキュラソ星人が9号3ランを叩き込み、5点目。阪神先発・上園に対して、毎回安打を浴びせながら、あと一本が出ずにいた楽天だが、5回、鉄平の2号2ランでようやく2点を獲得。追い上げられた阪神は6回から早くも継投モードに突入る渡辺を挟んで久保田−ウィリアムス−藤川と繋ぐ必勝リレーが決まり、逃げ切りに成功。先発・上園は5回2失点で今季初勝利。

阪神が投打噛み合っての快勝。リリーフ4人が1回ずつをきっちり締めると言う得意のパターンが決まった。前回、異常な大荒れぶりで高橋を骨折に追いやった藤川はこの日はストライク先行で3人でピシャリ。あの日おかしかったのは、日本ハムにかかっていた水島の呪いの影響で何か取り憑いていたのだろうか。「毎日阪神とやりたい」とかぬかしていたノムさんだが、見事に返り討ちに遭ってしまった。

◆L2−1YB◆
横浜先発のルーキー・桑原謙に対して、2回までに5残塁と攻めあぐねていた西武だが、3回、四球の中島を一塁に置いて、ブラゼルが14号2ランを叩き込み、先制。再三チャンスを掴みながら、あと一本が出ず、ゼロ行進を続けていた横浜は7回に二死一、二塁のチャンスを作って、西武先発・石井一をKO。しかし、代わったミャオの前に大西が三振に倒れて、二者残塁。8回に一死一、三塁から金城の内野ゴロの間にようやく1点を返したものの、後が続かず、最後はグラマンに反撃を断ち切られ、あと一歩及ばなかった。

強力西武打線をブラゼルの2ランのみに抑えながら、こういう時に限って1点しか取れないと言う巡り合わせの悪さでまたも敗れた横浜。ガッツな貴公子・仁志は史上96人目となる1500安打を達成したが、チームの勝利で花を添える事は出来なかった。ハマのチンピラは右肩の張りで登録抹消となるなど、水島の呪いの影響がジワジワと表面化している印象だ。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:12コメント(0)トラックバック(53) 

April 29, 2008

◆G3−2C◆
相変わらず、学習能力のないブラウン監督は右のグライシンガーが相手であっても、求道者・前田をベンチに幽閉する大暴挙。試合前から重苦しい空気が流れる中、赤松が先頭打者アーチを叩き込んで、1点を先制。2試合連続5失点KOとあって背水の陣で臨む先発・長谷川は初回こそ3人で抑えたものの、続く2回に寿司職人ラミレスに同点アーチを被弾。4回には二死走者なしから阿部に二塁打を浴びると、ここで当ブログ推奨助っ人・ゴンザレスにタイムリーを許し、勝ち越し点を献上。1点を追う広島は7回、二死二塁からプロ初スタメンに起用された小窪が詰まりながらもライト前に落とす同点タイムリー。ここで長谷川に代わって求道者・前田が代打に起用されたものの、理不尽にスタメンを外され続ける事への無言の抗議なのか、あえなくファーストゴロに倒れて、同点止まり。すると、その裏、2番手・梅津が先頭のゴンザレスに今季初アーチを叩き込まれて、勝ち越し点を献上。巨人は8回から山口を挟み、9回には守護神・クルーンを投入。前回、悪夢のサヨナラ負けを喫したクルーンはこの日もいきなり栗原に死球を食らわせ、前回の登板を引きずっているかの様な不安な立ち上がりだったが、続くシーボルを空振り三振に斬って取ると、石原をセカンドゴロゲッツーに仕留めて、何とか逃げ切った。

ゴンザレスが勝ち越しタイムリー&決勝アーチの大活躍で大満足。打率も.349まで上がってきて、今、巨人で最も頼りになる打者になりつつあるが、李の年俸はゴンザレスの5倍だけに、二軍で遊ばせておく訳にはいかない…などと言う無為な理由で入れ替えられる危険性に苛まれ続けている事は否めない。何とかゴンザレスにはこの悪夢のプレッシャーに打ち勝って欲しいものである。それにしても、ゴンザレスのヒーローインタビューをぶち切って、今日のハイライトに切り替えてしまうテレ朝は許せんな。その瞬間、即、G+に切り替えましたとも、ええ。さて、広島は相変わらずのブラウン監督の愚行により、負けるべくして負け。求道者・前田を外したおかげて、クリーンアップトリオで僅かに1安打の体たらくだ。初スタメンの小窪はよく頑張ったが、ルーキーではチームの空気を変えるまでには至らない。投手の右左すら関係なく求道者・前田を外しまくるブラウン監督のやり口は、最早、私怨以外の何物でもないのではないか?と言う気がしてならないのだが…。

◆D4−1YB◆
川相不在が故の深刻なタイムリー欠乏症に見舞われている中日は巨人戦限定好投手(過去形)・土肥に対して、2回、T.ウッズ,ベンちゃんの連打で無死一、三塁のチャンス。ここで森野が先制犠飛を打ち上げた後、中村紀が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに6号2ラン。更に、二死後、投手の中田が川相不在の打線がアテにならない以上、自分が出るしかないとばかりに二塁打を浴びせると、続く荒木が実にチーム35イニングぶりとなるタイムリーを放ち、この回、4点。自らの一打で楽になった中田は5回まで散発2安打無失点の好投。しかし、6回、一死から石井タクローの何でもないセカンドゴロを荒木がよもやのトンネル。川相不在の重さを痛感し、動揺を隠せない中田は続くガッツな貴公子・仁志に痛打されると、二死後、村田にタイムリーを許して、1点を献上。しかし、横浜の反撃もここまで。最後は岩瀬の前に抑え込まれた。

4点取ってもタイムリーは僅かに1本。得点を奪った2回以外のイニングは僅かに2安打。たまたま2回にヒットが集中したのが幸いしたに過ぎない。中田がバックに足を引っ張られながらもよく投げてくれるなど、この日も投手陣の頑張りに救われた感があるなど、どうにも釈然としない試合運びである。それでも結果的に勝ちを拾っているのは大きい。この拾った勝ちを無駄にしない為にも、一刻も早く川相の現役復帰を視野に入れるべきだろう。横浜は土肥が相変わらず、巨人戦以外ダメ(最早、巨人戦でも大した事ないが)っぷりを発揮し、開幕4連敗。土肥がこんなザマでよくはーちゅんをストッパーに回す気になんてなったものだ。横浜はストッパー不在で落とした試合なんぞより、先発が崩れて負けた試合の方が圧倒的に多い筈なのだが…。

◆T1−4S◆
離脱していた五十嵐が復帰し、巻き返しを図りたいヤクルトは初回、アッチソンの立ち上がりを捉え、3番に昇格した田中のタイムリーで先制。3回には平野のエラーに始まり、矢野の捕逸,アッチソンの暴投と立て続けの阪神の拙守に乗じてタナボタの2点をゲット。続く4回には福川がタイムリーを浴びせて、4点目。先発・石川は初回の満塁のピンチを切り抜けてからは安定した投球で阪神打線を翻弄。7回にゲッツーの間に1点を返されたが、8回1失点の好投でハーラー単独トップの5勝目を飾った。

1番・青木,2番・川島慶,3番・田中の新オーダーが的中…と言っても、別に、今まで通りの打順でもさして問題はなかったとも思うのだが…。気になるのは、ガイエルが4試合ノーヒットとさっぱり打てなくなってしまった事だ。つい最近まで月間MVP候補に挙がる程の活躍を見せていたのに、この4試合の沈黙で受賞は絶望的になってしまった。投げる方では石川が依然として好調をキープ。5勝目をあげた事により月間MVP争いで吉見を一歩リード出来たかも…。

◆L77−10H◆
ソフトバンクの先発は抑えに回されるわ、先発に回されるわ、中継ぎに回されるわ、雨で登板を飛ばされるわと、極めて流動的な起用法を強いられ続けているガトームソン。これに対して、西武は2回、G.G.佐藤の6号ソロで先制するが、直後の3回、ソフトバンクはすかさず川崎が同点タイムリー。更に、二死満塁から柴原がライト前へタイムリーを放ち、2点を勝ち越し。その裏、またもG.G.佐藤にタイムリー二塁打が飛び出し、1点差となるも、取られたら取り返すソフトバンクは4回に長谷川のプロ初アーチ,松中の2点二塁打で3点を追加。更に、5回には田上のタイムリーで7点目。コレで試合は決まったかに思われたが、5回で既に111球を投げていたガトームソンがマウンドを降りると、6回に西武が猛反撃。本間のエラーを皮切りに一死満塁のチャンスで中島が6号グランドスラム。更に、続くブラゼルも11号ソロを放り込んで、一気に同点。試合はその儘、延長にもつれ込んだ。迎えたラストイニングの12回、ソフトバンクは先頭の柴原がヒットで出ると、続く松田がタイムリー三塁打を浴びせ、ついに均衡を破る勝ち越し点をゲット。更に、この後、小斉,森本にもタイムリーが飛び出して、ダメ押し。11回から登板していたホールトンが最後まで締め括り、西武の連勝を3で止めた。

5点差追いつかれた時にはどうなる事かと思ったが、辛くも勝利。キニーを4回KOしておきながら、何でこんな苦労しなくてはいけないのか…。約3週間ぶりの先発となったガトームソンはよく粘ったが、いかんせん球数が多過ぎた。いい加減、先発に固定してあげて欲しいものだ。2年目の長谷川がプロ初アーチ含む2安打,3年目の小斉が4安打と若い力の活躍が光ったが、4番復帰の小久保は今日もノーヒット。ここ5試合で18の1と言う不振は気がかりだ。小久保がこんな調子だと、松中は勝負して貰えなくなるかも…。西武はミッチーが前回の5失点に続き、今度は3失点とまたも大炎上。グラマンをもう1イニング投げさせる訳にはいかなかったのかね?

◆M2−3F◆
水島の呪いの影響か、全く得点を奪えない状態が続いている日本ハムはこの日も苦手・成瀬相手に2回まで無得点。しかし、3回、先頭の鶴岡が四球で歩くと、金子誠の犠打で二進。ここで不振の劇団ひちょりが実に20試合ぶりのタイムリーとなる二塁打を浴びせて、26イニングぶりの得点をゲット。7回には陽にプロ初アーチが飛び出して、成瀬をKO。投げては予告先発の武田勝がフリー打撃の打球を左手親指に当てて骨折するアクシデントに見舞われ、緊急登板となったスウィーニーが再三、得点圏に走者を背負うピンチを凌いで、6回まで無失点に抑える粘りの投球を展開。7回に建山を挟んで、武田久−MICHEALと繋ぐ必勝リレーで逃げ切りを図るも、武田久が乱調。いきなり連打を浴びた後、大松をゲッツーに仕留めたまでは良かったが、そこから連続四球で満塁のピンチを背負ってKO。更に、代わったMICHEALがベニー松山に2点タイムリーを浴び、一気に同点。しかし土壇場9回、日本ハムは劇団ひちょりのタイムリーで再び勝ち越しに成功。その裏はMICHEALが3人で締め、連敗を3でストップさせた。

異国の血が流れるダルビッシュ本人を呪っても跳ね返されるので、打線に呪いをかけ、今度は武田勝を血祭りに送る事で明日の前倒し登板を余儀なくさせるなど、間接的にダルビッシュをいびり倒す水島の呪いたるや恐るべし。そんな呪われた状況を打破したのは、これまた異国の血が流れるスウィーニー。武田久の乱調で白星は消されてしまったが、粘りに粘って成瀬に投げ勝ったのは天晴れ。相変わらず、打線が湿りがちな中、これまた異国の血が流れる陽がプロ初アーチを放ったのも嬉しい材料だ。

◆Bs2−1E◆
本拠地で5連勝を果たして、苦手の敵地へ乗り込んできた楽天。偽バファローズ先発・岸田に対して、1,2回とチャンスを潰したが、3回、フェルナンデスのタイムリーでようやく1点を先制。しかし、その裏、偽バファローズは死球の後藤を大引が送った所で坂口が同点タイムリー内野安打。以降、両軍決め手に欠き、試合は1−1の儘、終盤へ突入。迎えた8回、偽バファローズは二死走者なしからカブレラが二塁打。ローズが敬遠された所で不振による二軍落ちから復帰してきたラロッカがセンター前へタイムリーを放ち、勝ち越しに成功。最後はリリーフ失敗の続いていた守護神・加藤がピシャリと3人で抑え、13日ぶりのセーブをマークした。

珍しくビッグボーイズが機能し(ローズは敬遠で歩いただけだが)、決勝点をもぎ取った偽バファローズ。ラロッカだけでなく、北川も復帰し、それぞれの打者が額面通り働けば得点力も上がってくる……筈だが、どうなる事やら…。一方、楽天はまたも苦手の敵地で苦手の接戦を落とすと言う恒例のパターンであえなく連勝がストップ。2失点完投の朝井を見殺しにしてしまった。また、ここから6連敗くらいしやしないかね…。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:48コメント(0)トラックバック(80) 

April 22, 2008

◆G6−1YB◆
横浜はおぼつかない立ち上がりの内海から、1,2回と立て続けに一死一、二塁のチャンスを掴みながら、後続を断たれ、内海を立ち直らせてしまう。一方、巨人戦限定投手の土肥は待望の巨人戦とあって、2回まで無失点に抑えていたが、3回、一死満塁のピンチで寿司職人ラミレスに先制タイムリーを許すと、二死後、当ブログ推奨助っ人・ゴンザレスに2点タイムリーを浴びて、3失点。5回<内野ゴロの間に1点を返して貰ったのも束の間、その裏、またまたゴンザレスにタイムリー二塁打を浴びて、土肥はこの回限りでKO。巨人は8回にエラー絡みで2点を加え、ダメ押し。点差が開いた事で葬儀から帰ってきたクルーンに出番は回らず、8回途中から登板の山口が最後を締めて、プロ初セーブをマーク。内海は8回途中まで1失点の好投で2勝目。敗れた横浜は3連敗となった。

当ブログ推奨助っ人・ゴンザレスが2安打3打点の大活躍で大満足。まだまだ李昇格の隙は残しているが、この勢いで調子を上げていって貰いたい所だ。他にも、2番復帰の松田記者が2安打,寿司職人ラミレスが4安打と右打者が大当たりで土肥を粉砕。土肥はこれで開幕3連敗。巨人にすら勝てなくなったら、存在意義もなくなりかねないな…。

◆D8−0T◆
開幕3連勝中のアッチソンだったが、2回に自らのエラーで満塁のピンチを背負うと、谷繁,中田と連続タイムリーを浴びた上、荒木には犠飛を許して、大量4失点。これで主導権を握った中日は続く3回に中村紀のタイムリーで5点目。6回には谷繁,7回にはまたも中村紀にタイムリーが飛び出し、ダメ押し。先発・中田は散発5安打でプロ初完封。

アッチソンが序盤から崩れたのがそもそもの誤算ではあるが、開幕からスタメンの座をキープしてきた平野を外して起用した関本が3タコ,ゼブラ今岡,フォードも久々のスタメンで揃ってノーヒットと、さして必要のなかった打線のテコ入れは完全に裏目に出た。中日は珍しくタイムリーを連発するなど攻撃が繋がり、中田も完封と投打が噛み合っての快勝だった。

◆C1−8S◆
ヤクルトは初回、長谷川の制球難をついて、満塁とすると、宮本のタイムリーで2点を先制。長谷川は2回から5回までノーヒット投球と立ち直りを見せるが、ヤクルト先発・石川も5回まで1安打と三塁も踏ませぬ好投で点差が縮まらない。0−2の儘、迎えた6回、ヤクルトは5本の単打を集中して、3点を奪い、長谷川をKO。9回にはガイエルの8号2ラン等でダメ押しの3点を追加。石川は7回に内野ゴロの間に1点を失い、完封は逃したものの、無四球初完投で4勝目を飾った。

3連勝を狙う広島は求道者・前田もちゃんとスタメンに起用したが、対する石川の投球が素晴らしい勝った。昨年はプロ入り初の大きな壁に当たってしまった石川だが、すっかり安定感を取り戻した感じだ。打っては青木が4安打,ガイエルが一発含む2安打と中軸が好調をキープ。もう2週間以上も連勝出来ずにいるだけに、そろそろ波に乗りたい所だろう。

◆E4−3H◆
本拠地不敗神話は途切れたものの、内弁慶である事に変わりはない楽天は2回に鉄平のタイムリー等で2点を先制すると、3回には山下にタイムリーが飛び出し、3点目。楽天の苦手な接戦に持ち込みたいソフトバンクは直後の4回、小久保の3号2ランで1点差。立ち直りかけていたソフトバンク先発・パウエルだったが、7回一死から山崎武を歩かせた所で降板。しかし、代わった小椋が鉄平にタイムリーを許して、痛恨の4点目を献上。ソフトバンクは8回に松中の一発で再び1点差に詰め寄ったが、最後は青山の前に三者三振に斬って取られ、借金生活に逆戻りで約2年ぶりのBクラス転落となった。

出れば18連勝中だった小久保,松中のアベックアーチが飛び出しても、白星ならず。一発が出た以外の攻撃が何とも淡泊だった。パウエルは粘ってはいたものの、5四死球と制球に苦しみ、連勝ならず。移籍初登板の前回も勝ったとは言え危なっかしい投球だったし、パウエルならガトームソンの方が内容がいいと思うのだが、それでもガトームソンのローテ復帰はないのだろうか…。

◆F4−2Bs◆
今季初登板となる岸田に対して、日本ハムは初回、高橋のタイムリーで先制すると、5回には稲葉のタイムリー二塁打で2点目。4回までパーフェクトと素晴らしい立ち上がりを見せた武田勝だが、6回に大引,7回にはカブレラに被弾して、KO。追いつかれた日本ハムだが、その裏、塩崎の野選と高橋のタイムリーで2点を勝ち越し。偽バファローズは8,9回といずれも満塁のチャンスを作りながら、あと一本が出なかった。

◆M8−1L◆
石井一,渡辺俊の両先発が立ち上がりからアップアップで毎回の様に走者を出す苦しい投球ながらも、ロッテは里崎,西武は中島のタイムリーによる1点しか奪えない。試合が動いたのは5回。ロッテは大塚の3年ぶりの一発で勝ち越すと、6回にはエラーで3点目を確保。そして、7回には4長短打を集中して、4点を奪い、試合を決定付けた。渡辺俊は7回途中でKOされたが、打線とリリーフの援護を仰いで、3勝目をマークした。

西武は毎回の13安打を放ちながら、3併殺11残塁で僅か1点しか奪えない大拙攻。12安打で8点も奪ったロッテとは大違いだ。西武の拙攻も酷かったには違いないが、渡辺俊もあれだけ打たれてよく粘ったと言えるだろう。18日ぶりのスタメン復帰となったフクーラは2安打2打点と壊滅的不振から復調の気配を見せてくれたのも何よりだ。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:42コメント(0)トラックバック(25) 

April 03, 2008

◆G6−5D◆
泥沼の連敗ロードから抜け出せない巨人はこの日も劣勢。先発・金刃が2回に森野の犠飛,3回に李のタイムリー二塁打で序盤から2失点。4回にガッツの今季初アーチで1点差に追い上げたのも束の間、直後の5回、ベンちゃんに川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに移籍初アーチとなる3ランを叩き込まれて、この回限りで失意のKO。敗色濃厚に見えた巨人だが、7回に異変が起きる。阿部,坂本の連打の後、脇谷,代打・キムタクと倒れ、二死。またもチャンスは潰えるかと思われた矢先、マッスル千代の富士が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに今季初アーチとなる3ランを叩き込むと、続く亀井も川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにライトスタンドへ運び、一気に同点。更に、ガッツが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに2打席連続となる勝ち越しアーチを放ち、中日先発・人斬り抜刀斎をKO。ようやく勝ちゲームで出番が回ってきた豊田とクルーンでこの1点のリードを守り抜いた巨人は辛くも今季初勝利を手にした。

恐るべき一発依存野球。裏で水島新司が演出でもしているのだろうか? 両軍揃って一発が出ないと如何ともし難い野球なので、川相不在を痛感するばかり何とも欝である事よ…。待望の初勝利となった巨人だが、沈黙していたガッツが2発含む4安打とようやく覚醒したのは大きい。今季初スタメンとなった亀井があそこで一発放つとは、起用した若大将も嬉しい誤算だろう。

◆C4−2T◆
スタメンから下げる事がいかに愚行かを痛感したのか、ブラウン監督は求道者・前田をスタメン起用。先発・ルイスが3回までに2失点と苦しい立ち上がりとなったが、その裏、石原のタイムリーで1点差とした広島は5回、またも石原が2点タイムリー二塁打を放ち、逆転に成功。更に、この後、理不尽なスタメン落ちの鬱憤を晴らすがごとく、求道者・前田にもタイムリーが飛び出して、4点目。リードを貰ったルイスは中盤以降立ち直り、7回まで投げきると、横山−コズロースキーと繋いで、阪神の反撃を断ちきり、ようやく今季初勝利。ルイスも来日初白星,コズロースキーは来日初セーブをマーク。阪神の開幕からの連勝は5でストップした。

やはり、求道者・前田がいるかいないかでは打線の迫力が違う。スタメン復帰できっちり2安打放つ辺りは流石だが、折角、打撃好調なのにブラウン監督の気紛れでチョロチョロと外されて、調子を崩したらと思うと気が気でない。ともあれ好調の阪神を止める形で白星を掴んだのは大きい。ここから何とか巻き返しを果たして貰いたいものだ。敗れた阪神だが、アポリー中尉が2回無失点と地味にアピールしたのが嬉しい。杉山がこのザマだし、もう少しアピールを続ければ、先発ローテに食い込めるチャンスは十分ある筈だ。

◆YB3−6S◆
壊滅的に相性の悪い開幕戦を突発的勤続疲労と言う訳の分からない理由で回避したハマのチンピラがようやく今季初登板。4回までは0点に抑えていたが、先制して貰った直後の5回に飯原に同点被弾。7回には四球でピンチを作った挙げ句、福川に2点タイムリーを許し、KO。8回にはガイエルの2号2ランで突き放された横浜は村田の2号2ランで追い上げるも、9回に武内のタイムリーで試合を決定付けられた。ヤクルト先発・石川は7回1失点で開幕2連勝。横浜はヤクルトを3本も上回る12安打を放ちながら、拙攻に泣いた。

金城が2安打,村田が3安打,メカゴジラに吉村も2安打と中軸にこれだけヒットが出ていながら、僅か3点しか取れないとは…。吉村の後ろの小関もこういう時に打てばいいものを肝心な時にノーヒット。どうでもいいい場面にヒットを無駄打ちしているだけで全く活躍している感がない。ともあれ、苦しんでいた村田,吉村に当たりが出てきたのは救いだ。

◆H2−6F◆
ニコースキーにストッパーとしてのメドが立ち、スタンドリッジが先発ローテ落ちとなった事で、ガトームソンがようやく本来の先発マウンドに復帰。2回までは無難に抑えていたが、3回、四球2つでピンチを作り、田中に走者一掃の三塁打を浴びるなど、3失点。6回には糸井にタイムリーを許し、4失点KO。一方、ダルビッシュは5回までノーヒットの快投を展開。ソフトバンクは7回に4連打で2点を奪い、開幕から続いていたダルビッシュの連続無失点記録を24でストップさせたが、9回にニコースキーが自らの拙守でダメ押しの2点を許し、首位陥落となった。

昨日、爆発したソフトバンク打線だが、その勢いを簡単に止められた。ダルビッシュ相手じゃ仕方ないが…。7回無死満塁から2点を取って、その後、続かなかったのが勿体なかった。折角、先発に戻ったガトームソンはやはり、養毛剤パワーがないとダメなのだろうか。

◆E9−1M◆
楽天の勢いが止まらない。0−0で迎えた3回、フェルナンデス,山崎武の連続アーチ等で一挙に5点を先制し、先発・久保を早々とKO。5回には「プロ失格だから頭を丸める」とかほたえていたくせに丸めず、顰蹙を買いまくったゴーグルの性根を叩き直すべく山崎武が2打席連続となる3ラン。6回にはフェルナンデスの犠飛でダメ押しの9点目。投げては先発・岩隈が7回を散発2安打無失点の好投。吉崎を挟んで、9回にグスマンが9試合ぶりに登場したが、不要人材として散々にシメ倒された上、しょーもない場面で引っ張り出されて不機嫌この上ないグスマンはボークをかましてピンチを作った挙げ句、絶不調のフクーラにタイムリーを許して、完封リレーを粉砕。だが、大局には全く影響なく、楽天は球団記録を更新する7連勝でついに単独首位に躍り出た

楽天の投打の噛み合いっぷりが凄まじい。通算300号を含む2連発と山崎武もいよいよエンジンがかかってきたが、最後の最後で水を差すグスマンのいじけた投球には笑わせて貰った。散々言っているが、グスマンは先発に戻した方がいいのではなかろうか。まぁ、先発の駒もだんだん揃ってきたもんだから、先発ローテにも居場所があるか微妙ではあるのだが、それでも今よりはマシな筈だ。それにしても、バレンタインの伊藤,アブレイユの使い方が相変わらず、訳が分からない。何で8点比せハインドで伊藤,9点ビハインドでアブレイユを使う必要があるのか? ついでに言えば、高木も出す必要は全くなかった。今日は禊ぎを果たさなかったゴーグルを最後まで晒し者にするお仕置き登板で良かったんじゃないかね…。

◆Bs3−4L◆
すっかりエース格に成長した金子が涌井相手に互角の投手戦。しかし、4回までパーフェクトに抑えていた金子が5回に細川に2点二塁打を許し、ついに先制点を献上。2点を追う偽バファローズは7回、一死二、三塁のチャンスを作り、涌井をKO。更に、2番手・小野寺を攻め立て、木元の2点タイムリーで追いつくと、全く役に立っていなかったラロッカが打てないならばと決死の押し出し死球を食らい、勝ち越しに成功。しかし、何を血迷ったのか、コリンズ監督は8回から金子を下げてしまうと、2番手・本柳が連続二塁打であっと言う間に追いつかれ、3番手・菊地原もブラゼルに勝ち越し二塁打を許して、その儘、逃げ切られた。

今日のビッグボーイズのコーナー♪ ラロッカ3タコ,ローズ4タコ,カブレラ3タコで締めて10タコ…。酷い、酷過ぎるぜ、ビッグボーイズ! ホント、冗談でなくラロッカの押し出し死球は打てないから死球で貢献しようとした様に思えてしまう。それにしても、何であそこで金子代えちゃうかなぁ。涌井は涌井で2失点ながらまたも勝てず、こちらも何とも不憫だ…。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:25コメント(3)トラックバック(60) 

March 28, 2008

◆S6−2G◆
寿司職人ラミレスが古巣相手に移籍初打席初アーチ。「ヤクルトファンからブーイング? でも、そんなの関係ねぇ!」とばかりに早速、新パフォーマンスを披露。金満補強による一発依存野球に足と小技で立ち向かうヤクルトはその裏、飯原がすかさず同点二塁打。更に、石川のしみったれたセカンドゴロ,川島慶のしみったれた内野安打で2点を勝ち越した後、田中にもタイムリーが飛び出して、一挙4点。4回にも川島慶の移籍初盗塁後、またも田中がタイムリー。春風亭半ケツはこの回限りであえなくKOとなった。若大将・原監督の乱心采配により、2番ショートの聖域を侵していたニックンは右ふくらはぎに張りを訴えて、早くも3回で交代の体たらく。プロ初登板となった越智も飯原にタイムリーを許し、ダメ押し点を献上。最後は復活を懸ける五十嵐に抑え込まれ、黒星スタートとなった。

いきなり寿司職人ラミレスが嫌がらせの様に先制弾を放つと言うヤクルトファンには腸の煮えくり返る展開となったが、しぶとい攻撃で春風亭半ケツを攻略したヤクルトが意地を見せた。期待の坂本は粘り強く食らい付いていたが、結果は3タコ。雨に加え、滑る人工芝とコンディション難にも苦しみ、守備でもまずいプレーを連発してしまった。対照的に随所で好プレーで盛り上げていたベテラン・宮本は流石の貫禄。だが、安易に引っ込めたりせず、我慢強くスタメンで使い続けて欲しいものである。

◆D2−2C◆
初回から二死一、二塁のチャンスを逃すなど、開幕早々川相不在の弊害を露呈する不甲斐ない打線に落胆の色を隠せない人斬り抜刀斎は1,2回と2安打ずつ浴びながらも耐えていたが、3回、とうとうシーボルにタイムリーを許し、先制点を献上。しかし、その裏、人斬り抜刀斎は川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに自ら同点アーチを叩き込む。しかし、野手陣は一向に頼りに鳴らず、4回以降、李のヒット1本に抑え込まれる体たらく。全くアテにならない援護を期待し続けるしかない状態に疲れた人斬り抜刀斎は土壇場9回、石原にタイムリー二塁打を浴びて、ついに勝ち越し点を献上。しかし、その裏、無期二軍を通告された永川に代わる新ストッパー・コズロースキーが中村紀に同点二塁打を浴びて、延長に突入。中日は10回に谷繁がヘッポコバントで追い込まれた末の苦し紛れの強攻策でヒットを放つなど、無死満塁のチャンスに荒木が最悪のゲッツーに倒れるなど川相不在の弊害を露呈し、サヨナラならず。広島も9回に求道者・前田に代走・赤松を送ってしまった事が大きく響き、10回二死一、二塁,12回二死満塁といったチャンスに悉く回ってきた赤松が凡退するなど、勝ち越す事が出来ず、12回規定でドローとなった。

開幕戦から川相不在の弊害を随所に発揮。人斬り抜刀斎の打棒に期待しなければならないとは何と不甲斐ない。谷繁のヘッポコバントにも目を覆うばかり。今年も毎日の様に川相復帰を祈る日々が続きそうだ。広島は大竹が頑張っていただけに、コズロースキーのリリーフ失敗が痛かった。永川をアテに出来ない以上、今回の失敗はたまたまだったと思いたいが、果たして…?

◆T4−2YB◆
開幕戦連敗記録を更新し続ける一方のハマのチンピラが謎の蓄積疲労に倒れた事でお鉢が回ってきたはーちゅんは3回までパーフェクトと素晴らしい立ち上がり。その後に横浜は相川のタイムリー等で2点を先制。しかし、4回、突如、制球を乱したはーちゅんは2四球でピンチを作った挙げ句、キュラソ星人に許した初安打が走者一掃のタイムリー三塁打となり、一気に同点。更に、続くゼブラ今岡にまで連打を許して、勝ち越し点を献上。これで流れを引き寄せた阪神は5回には平野の犠飛で4点目。今年も先発投手を育てる気が皆無の岡田監督は開幕投手であろうと容赦なく安藤を5回で引きずり下ろすと、渡辺を挟んで、早くもJFKを揃い踏みさせて逃げ切った。

はーちゅんを一気にどん底に突き落としたキュラソ星人は今年も健在。開幕戦では好投しようがすまいが、悪霊に取り憑かれたかの様に負けまくるハマのチンピラを外せば、何とかなるのでは?と言う大矢監督の目論見は破綻した。それにしても、阪神は開幕戦早々、先発投手が5回降板の欝展開。今年は藤川,下手すれば久保田も北京に拉致される可能性がある事を考えても、今のうちに先発投手を長いイニング投げられる様に鍛えておかないとまずいのでは…?

◆L2−3H◆
開幕からの連勝がついにストップしたそフトバンク。ズルズルといかない為にも連敗は避けたい所だが、2回にレストピッチのタイムリーで先制して貰った杉内がその裏、すかさず無死満塁のピンチを作って、細川に同点犠飛を許してしまう。3回にハマのスペランカーのタイムリーで再びリードを奪うも、なかなか調子の上がってこない杉内は6回にブラゼルに被弾し、またまた同点。しかし、7回に川崎のタイムリーで三たび勝ち越したソフトバンクは最後はニコースキー投入で辛くも逃げ切った。

帆足相手に杉内で負ける訳にはいくまい。隔年投手であり、今年はダメな年…と言われているのが相当プレッシャーになっていると言う噂も聞こえてくる杉内は開幕戦と言い、今回と言い、どうも苦しい投球続きで昨年のキレが感じられない。それでも、ここまで黒星は付いていないので、徐々に持ち直していって欲しい所だ。

◆M9−6Bs◆
2回に大松,橋本の一発攻勢で3点を先制したロッテ。「(試合中に足の痙攣を起こすなど)プロ失格だ!」などと、自分で同点打を許しておきながら偉そうな事をぬかすゴーグルからの叱責はもううんざりだとばかりに開幕戦の汚名返上に燃える小林宏だったが、直後の3回に絶不調のローズに走者一掃二塁打を浴びて、1点差。しかし、追い上げて貰っても立ち直りの気配を見せない中山は堀,大松と連続タイムリーを許して、KO。この後もロッテは小刻みに加点して大きく突き放した。小林宏は初白星を掴んだが、3失点で6回降板とパッとしない内容で前回の鬱憤は晴らしきれなかった。

壊滅的に打てなかった偽バファローズ打線が6点も取ったと思ったら、投手が9点も取られましたとさ…。金子の時にもう少し打ってやれよ…。ローズ,濱中は2安打を放ったが、ラロッカは3タコ,カブレラは5タコと相変わらず、打てないのは問題だ。ロッテはここまで好投してきた伊藤が一死しか取れずに3失点KOとなったのが気になる所。それにしても、突如、5番に起用された堀が3安打、里崎を下げて先発マスクの橋本があわや一発含む3安打4打点とは何ともはや…。2安打くらいで留めておけばいいものを、またバレンタインが調子こきそうだ。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:30コメント(2)トラックバック(73) 

September 25, 2007

◆G7−3D◆
初回からガッツの31号ソロで先制された中日だが、4回一死からT.ウッズが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに35号ソロを叩き込み、同点。追いつかれた巨人はその裏、ガッツ,李が連打を浴びせると、ニックンのバントを処理した山本昌へ一塁へ悪送球を犯し、ガッツが労せずして勝ち越しのホームイン。更に、続く阿部がライトスタンドへ33号3ランを叩き込み、山本昌はこの回限りでKO。川相不在が故の一発攻勢では一日の長がある巨人は続く5回にもマッスル千代の富士の34号ソロで1点を追加。5点を追う中日は6回二死一、三塁のチャンスに英智がショートゴロに倒れて、二者残塁。続く7回の一死一、二塁のチャンスにも荒木が痛恨のゲッツーと川相不在の弊害を大露呈。しかし、8回、二死二、三塁の場面で登場した代打の切り札・立浪が一、二塁間を破る2点タイムリーを放ち、巨人先発・内海をようやくKO。更に、代わった上原から清水がヒットで繋ぎ、一、二塁と一発で同点の場面を作ったが、ピンキー井上がピッチャーゴロに倒れて、二者残塁。すると、その裏、インケツパワーを溜め込んだニックンが20号ソロを叩き込んで、ダメ押しの7点目。この後、満塁のチャンスは逃したものの、9回は上原が3人でピシャリと締めて、一夜で首位奪回。上原はこれで球団新の31セーブ目、若大将・原監督は監督通算300勝。中日は巨人を上回る11安打を放ちながら、9残塁の拙攻が響き、マジック7は依然として点灯している状態ながらも、首位陥落。来季の川相現役復帰待望論はますます強まる一方だ

◆YB4−3T◆
JFK揃い踏みでも連敗を阻止出来ない苦しい戦いが続く阪神だが、この日は初回からキュラソ星人のタイムリーで先制する幸先のいい立ち上がり。しかし、3回、簡単に二死を取った先発・下柳が野中に痛打された後、内川に7号2ランを放り込まれて、逆転を許してしまう。続く4回にはメカゴジラに15号ソロを浴び、3点目を献上。2点を追う阪神は8回、内野安打で出た赤松が盗塁で二塁を陥れると、シーツのタイムリーで生還し、1点差。そして、土壇場9回には守護神・クルーン相手に先頭の矢野が二塁打で出ると、藤本,代打・悠久の若虎・桧山と連続四球を選んで、無死満塁。ここで鳥谷がレフトへ犠飛を打ち上げ、ついに同点。この後、二死満塁で打席にはキュラソ星人と言う場面を作った阪神だが、キュラソ星人は空振り三振に倒れて、勝ち越しならず。その裏、同点の場面ながら、マウンドに上がった藤川がきっちり締めて、試合は延長に突入。迎えた10回、横浜は一死からヒットで出た村田が二死後、二盗に成功。ここで吉村がレフト線へタイムリーを浴びせて、劇的なサヨナラ勝ち。藤川が2戦連続で敗戦投手となる悪夢の様な展開で阪神は泥沼の6連敗。V奪回はかなり苦しい状況になってきた。

◆C0−2S◆
石川,青木高の両先発が6回まで無失点と相譲らぬ投手戦を展開。均衡が破れたのは7回。ヤクルト先頭のガイエルがライトスタンドへ32号ソロを叩き込み、ついに待望の先制点をゲット。続く8回には二死走者なしから寿司職人ラミレスが26号ソロをぶち込んで、2点目を追加。石川は6回以降ノーヒットと広島打線に付け入る隙を許さず、無四球完封で4勝目をあげ、チームの最下位転落の危機を救った。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:22コメント(2)トラックバック(56) 

September 13, 2007

◆S5−0G◆
悪夢の危険球をきっかけに惨敗を喫し、ヤクルトに流れを持っていかれた巨人はこの日も先発・久保が乱調。2回二死走者なしから田中浩を歩かせると、連打で満塁とされた所で青木に先制タイムリーを浴び、2失点。4回には一死一、三塁から投手の石川に2打席連続安打を浴びて、3点目を失うと、青木のヒットで満塁となった所で飯原のセカンドゴロの間に4点目を献上。続く5回にもガイエルに26号ソロを被弾した久保はこの回限りであえなく降板となった。一方、ヤクルト先発・石川は4回までパーフェクトと素晴らしい立ち上がりを見せるなど、巨人打線に付け入る隙を許さず、4安打無四球で今季初完封を達成した。巨人は8月18日以来の完封負けで3位転落。

◆D4−1YB◆
先発・人斬り抜刀斎が初回から村田の犠飛で先制を許した中日だが、4回、村田のエラーに2四球と言う拾い物の満塁のチャンスに李,藤井,谷繁と3連続タイムリーで4点を奪い、逆転に成功。先発・人斬り抜刀斎は打たせて取る丁寧な投球で2回以降追加点を許さず、8回からは岡本−岩瀬と繋ぎ、逃げ切りに成功。人斬り抜刀斎は8月16日以来となる11勝目。中日は巨人と入れ替わりで2位に浮上した。

◆C3−5T◆
首位に立ちながら、広島との相性の悪さに苦しんでいる阪神はこの日も先発・杉山が4回にオチョアのタイムリーで先制点を献上。しかし、直後の5回、先頭のキュラソ星人が29号同点アーチ。この後、満塁のチャンスを逃してしまったが、続く6回、無死満塁から連続押し出しで2点を勝ち越すと、更に、矢野に2点タイムリーが飛び出して、この回、4点。先発・杉山は代打を出されて、4回降板となったが、リリーフ陣が踏ん張りを見せ、1−5の儘、9回へ突入。ここで10連投後、2試合休めた藤川がセーブのつかない場面ながらマウンドに上がったが、栗原に24号2ランを叩き込まれて、今季初被弾。酷使三昧の不安を覗かせた藤川だが、何とか森笠を打ち取り、連敗をストップさせた。

◆L0−1H◆
西武は2回二死一、二塁,3回二死満塁と立て続けのチャンスを逃す拙攻三昧。一方、西武先発・涌井の前に4回までノーヒットと沈黙していたソフトバンクは5回一死から小久保がチーム初安打となる二塁打を浴びせると、二死後、ハマのスペランカーがタイムリー二塁打を放ち、均衡を破る先制点をゲット。この虎の子の1点を必死の継投で守り抜き、4投手による完封リレーを達成。ソフトバンク先発・スタンドリッジは6回途中まで投げ、来日以来無傷の5連勝を飾った。涌井は1失点完投ながら、見殺しに遭い、3連敗。西武は5位転落となった。

◆M1−4F◆
0−0で迎えた3回、日本ハムは一死一、三塁から田中賢のタイムリー二塁打で先制。稲葉が敬遠されて満塁となった所で小谷野が押し出し四球を食らうと、青波の永瀬は2点タイムリーを浴びせて、この回、大量4点。その裏、先頭の今江に二塁打を浴びた所で先発・グリンが緊急降板。代わった金森は内野ゴロ2つで1点を返されたものの、その後、5回まで追加点を許さない好リリーフを展開。6回からは江尻−武田久と繋ぎ、最後は守護神・MICHEALが3人でピシャリと締め、逃げ切った。

◆E4−1Bs◆
悪の温床・楽天先発・田中に対して、偽バファローズは4回、アレンの4号2ランで先制すると、続く5回には坂口のタイムリーで3点目。しかし、相変わらず、田中が投げると活気付く悪の温床・楽天打線は6回、一死から3連打で1点を返すと、後藤のタイムリーエラーで1点差と詰め寄り、更に、ショートもタイムリーを放って、一気に同点。その後、両軍決め手に欠き、試合は延長にもつれ込んだ。10回、偽バファローズは二死満塁のチャンスを掴むも、後藤がサードへのファールフライに倒れて、三者残塁。するとその裏、悪の温床・楽天は先頭の嶋が二塁打で出塁。偽バファローズはたまらず守護神・加藤大を投入するが、高須の犠打,草野の敬遠で一死一、三塁となった所で代打・礒部にライト前へタイムリーを浴び、連夜のサヨナラ負け。悪の温床・楽天はこれで単独4位となった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:00コメント(0)トラックバック(54) 

June 05, 2007

◆M5−4G◆
過去2年で1勝11敗と言う天敵・ロッテに対して、巨人は初回、ガッツの15号2ランで先制する幸先のいい滑り出し。しかし、この程度のアドバンテージでは相性の悪さは払拭出来ず、その裏、先発・金刃がいきなりTSUYOSHIに先頭打者アーチを被弾。更に、一死一塁となった所で今度はサブローに4号2ランをぶち込まれて、あっと言う間に逆転を許す有様。3回にはまたもサブローにタイムリー二塁打を浴びた所で金刃はあえなくKO。更に、代わった姜が依然として精密機械のごとき制球力が戻らず、痛恨の暴投でやらずもがなの5点目を献上。5回の無死三塁と言う絶好のチャンスを内野ゴロ3つで逸してしまった巨人は6,7回と三者凡退に終わり、この儘、ズルズルと行くかと思いきや、8回、先頭の鈴木尚が俊足を飛ばして内野安打で生きると、マッスル千代の富士が1点差と迫る12号2ランを叩き込み、ロッテ先発・久保をKO。更に、2番手・薮田から松田記者が痛打するも、クリーンアップが簡単に捻られて、同点ならず。9回には抑えの小林雅に対して、二死三塁まで追い詰めたものの、最後は代打・キムタクが空振り三振に倒れて、万事休す。またも天敵打破に失敗した巨人は対ロッテ8連敗。阿部が4回に死球で退場となり、捕手が2人しかいない為、打力の乏しい実松に対して代打を送れない状況に陥ったのも痛かった…と見る声もあるが、捕手ならキムタクがいるだろ、キムタクが! ガッツだって、一応、こなせるだろ…。背に腹は代えられない状況で選手登録上の捕手がいなくなる事など気にしている場合か。

◆Bs4−3D◆
初回に押し出し四球で先制を許した中日は直後の2回、川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにピンキー井上が今季初アーチを叩き込み、同点。しかし、その裏、依然としてピリッとしない先発・朝倉が日高の犠飛,村松のタイムリーで2点を勝ち越され、あえなくKO。序盤に残塁を量産していると、中盤からすっかり当たりが止まってしまう負け試合の展開になりつつあった中日だが、8回、中村紀のタイムリーの後、ピンキー井上が犠飛を打ち上げ、ついに同点。3−3で迎えた土壇場9回裏、偽バファローズは一死一、二塁のチャンスを掴むと、ここで代わった4番手・岡本から北川がタイムリー二塁打を放ち、劇的なサヨナラ勝ちで3連勝。3番手の本柳に今季初勝利がついた。

◆H2−5YB◆
水島の呪いをなかなか振り払えずにいるソフトバンクは先発・和田が初回から4長短打を浴びて、2点を失うなど、この日も大苦戦。打っては昨年までの同僚・はーちゅんを相手に1,2回とゲッツーでチャンスを潰す嫌な展開となっていたが、3回、はーちゅんの暴投でタナボタの1点を返すと、5回には大村,本多の連続二塁打でようやく同点。しかし、7回、二死一、二塁から小池のサードゴロを小久保が痛恨のタイムリーエラーで勝ち越し点を献上。正に、呪いがかった不吉極まりない展開でリードを許してしまった事で意気消沈となったか、8回には3連打で致命的な2点を失った所で和田はKO。最後は守護神・クルーンの前に三者三振に斬って取られて、3位転落。6連敗中の偽バファローズに敗れ、対戦成績8連勝中の日本ハムに敗れ、5連敗中のヤクルトに敗れ、そして今また6連敗中の横浜に…と、不振を極めるチームに悉く白星を献上する有様は文字通り呪われている事を立証しているかの様だ。果たして、ソフトバンクは今季中に呪いを打破出来るのだろうか。

◆F2−0C◆
交流戦無敗と連勝街道驀進中の日本ハムだが、3回二死までパーフェクトに抑えていた先発・武田勝が突如3連打を浴びて、満塁の大ピンチ。しかし、栗原をファーストゴロに打ち取って、ピンチを脱出すると、その裏、ミスタースナイパー・坪井の内野安打で出ると、すかさず二盗に成功。ここで栗原がタイムリーエラーを犯して、タナボタの1点を先制。更に、劇団ひちょりが送った所で田中賢にタイムリー二塁打が飛び出して、2点を先取。先制点を貰った武田勝は以降は危なげない投球で7回まで無失点で切り抜けると、8回からは武田久−MICHEALと繋ぐ必勝パターンで完封リレーを達成。日本ハムはこれで球団新12連勝、交流戦新の10連勝となった。広島先発・大竹は自責点0で完投したものの、味方打線に見殺しに遭い、5敗目。栗原はチャンスブレイクした直後に決勝点に繋がるエラーをかますなど、ニックン顔負けのインケツぶりだった。

◆E5−10T◆
徐々に水島の呪いに取り憑かれつつある悪の温床・楽天。フェルナンデスのタイムリー二塁打で先制した直後にキュラソ星人に逆転2ランを浴びたものの、4回にまたもフェルナンデスがタイムリー二塁打を放つなど、再逆転に成功。5回にも3連打で1点を追加し、なおも無死一、二塁のチャンスだったが、呪われる前の狂い咲きで5月の月間MVPこそゲットしたものの、呪いをかけられた翌日から無安打が続いている山崎武が空振り三振に倒れるなど、後続を断たれてしまう。すると6回、阪神はこの日1番に入った浜中の犠飛とキュラソ星人の2点タイムリーで一気に逆転。勝ち越した阪神は7回から久保田を投入すると、9回から藤川を注ぎ込む万全のリレーを展開。しかし、粘る悪の温床・楽天は二死走者なしから渡辺直が四球を選ぶと、高須,礒部と連打を浴びせて、ついに同点。更に、ここで走者のいる場面で悉くブレーキとなっていた山崎武も呪いに敢然と立ち向かい、レフト前に弾き返して満塁としたものの、何故か、高波の打席で三塁走者・高須が何を焦ったか三本間に挟まれて憤死し、試合は延長に突入。迎えた11回、この回からマウンドに上がった抑えの福盛に対して、阪神は一死一、三塁から、この日4打点をあげているキュラソ星人が左中間を真っ二つに破るタイムリー二塁打で勝ち越し。更に、藤本,シーツのタイムリー等で4点を加えて、試合を決定付けた。やはり、呪いを打破しきれていなかった山崎武が最後の打者となって敗れた悪の温床・楽天は藤川を攻略しながら、5時間26分のくたびれ損に終わり、5割復帰に失敗。呪いの影響でもう2度と借金を完済するチャンスは来ないのではないか?と関係者は戦々恐々だ。

◆L1−8S◆
連敗ストッパーを託された西武先発・涌井は3回までパーフェクトに抑え込む完璧な立ち上がり。4回も簡単に二死を取ったが、ここから寿司職人ラミレス,ガイエル,宮本,小野と4連打を畳み掛けられ、2点を献上。これでリズムを崩した涌井は5回にはエラーに野選と足を引っ張られながら、2点を失い、6回にも3安打を集中されて、失意の6失点KO。ヤクルトは7回にも4本の単打を浴びせて、ダメ押しの2点を追加。投げては、未だに白星がなく、6年連続2桁勝利へ赤信号が灯っている石川が大量援護をバックに悠々と投げ込み、8回まで散発3安打。9回も簡単に二死を取り、今季初完封なるか…と思いきや、ここでカブレラに被弾し、完封を断たれる詰めの甘さを露呈。しかし、大局には影響なく、今季初勝利を初完投で飾った。西武はこれで5連敗

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:16コメント(2)トラックバック(91) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ