石井一久

April 23, 2011

◆T−YB◆
雨天中止。

◆C6−6S◆
3戦連続完封勝利中のヤクルトの先発は今季初登板となる高市。しかし、先制点を貰いながら、その裏、ルパン広瀬にタイムリーを浴び、球団新の4戦連続完封の夢はあっと言う間に消滅。広島は3回にトレーシーのタイムリー等6安打を集中して、一気に5点を勝ち越し。ヤクルトも宮本が4安打の活躍を見せるなど、ジワジワと追い上げると、9回には守護神・サファテからバレンティンが同点弾。3時間半ルールにより、延長に突入する事なくドローに終わった。

4/23小久保◆H5−4M◆
開幕戦で骨折した小久保が早くも戦線復帰となったソフトバンク。先制しながら、5回にサブローの一発等で逆転を許したが、その裏に川崎,6回にハマのスペランカー,7回に内川にタイムリーが飛び出し、2点のリード。9回、悩める守護神・馬原がマウンドに上がるが、いきなり3連打で追い付かれると、里崎に勝ち越し犠飛を許し、あえなくKO。しかし、その裏、帰ってきた主砲・小久保がタイムリーを放ち、サヨナラ勝ち。しかし、好投を続ける和田,杉内に未だに白星をつけられず、馬原は5戦連続失点と本来の勝ち方が出来ないチーム状態には大いに不安を残している。

◆Bs0−4L◆
石井一,中山が互いに譲らぬ好投で6回まで両軍ゼロ行進。迎えた7回、西武は二死一、二塁から栗山の走者一掃のタイムリー二塁打で2点を先制。8回には中村,フェルナンデスと一発攻勢でダメ押し。その裏からは、岡本篤−シコースキーと繋いで完封リレーを達成。西武は連敗を5でストップさせた。

◆E4−3F◆
1−1で迎えた2回、楽天は満塁のチャンスに中島の押し出し死球で労せずして勝ち越すと、山崎の犠飛で3点目。日本ハムも4回に満塁からトンガのタイムリーで2点を返し、同点。その後、両軍共に決め手に欠き、9回裏に突入。楽天はこの日も3タコで打率.071と壊滅的な不振に陥っていたルイーズにまさかの一発が飛び出して、サヨナラ勝ち。3番手として3人をピシャリと抑えたルーキー・美馬にプロ初白星がついた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:51コメント(0)トラックバック(1) 

September 01, 2010

◆G3−3S◆
初回、巨人は先頭の坂本がセンター前に弾き返すと、3ヶ月ぶりにスタメンに抜擢された矢野が送った後、ガッツが内野安打で続き、一、三塁。ここで寿司職人ラミレスがレフトへ犠飛を打ち上げ、1点を先制。一方、ヤクルトは4回、二死二塁から相川がレフトオーバーの同点タイムリー二塁打。追い付かれた巨人は5回、先頭の脇谷がヒットで出ると、二死二塁となった所で矢野が右中間突破の走者一掃勝ち越しタイムリー三塁打。更に、続くガッツもライト前へタイムリーを放ち、3点目。2点を追うヤクルトは6回、一死から畠山が二塁打を浴びせ、巨人先発・藤井をKO。代わった久保から、二死後、宮本がタイムリー二塁打を放ち、1点差。8回には3番手・越智に対し、一死から畠山の四球,相川の内野安打で一、三塁とした所でまたも宮本がタイムリー内野安打を浴びせて、ついに同点。試合はその儘、延長にもつれ込んだが、ヤクルトは10回二死満塁、12回一死二塁と絶好のチャンスをモノに出来ず、巨人は延長に入ってからパーフェクトに抑え込まれる始末で、結局、延長12回規定により、ドローに終わった。

9/1岩崎達◆D3−1C◆
ゴーグルで照明の光を反射させて打者の目を眩ませでもしないと到底通用しない四流投手などと言う理不尽極まりない水島の呪いを受けている中日先発・山井に対して、広島は2回、エラーで貰ったチャンスに岩本のタイムリーで1点を先制。3回には二死一、二塁,4回には一死満塁のチャンスを掴みながら、あと一本が出ず、5回も先頭の天谷が歩いた直後に、栗原がゲッツーを食らうなど、拙攻続きで追加点が奪えない。そうこうしているうちにすっかり当たりが止まり、6回以降は一人の走者も出せない有様。この隙に何とか追い付きたい中日は8回、先頭の谷繁がヒットで出ると、二死後、荒木のタイムリー二塁打でついに同点に追い付き、延長に突入。10回にはヒットの野本を谷繁が送って、一死二塁となった所で岩崎達がレフトスタンドへ川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにプロ初アーチとなる2ランを叩き込み、劇的なサヨナラ勝ちを収めた。2番手・浅尾は2回をパーフェクトに抑え、9勝目。

◆T10−3YB◆
2試合連続20安打と猛打が止まらない阪神打線がこの日も爆発。初回、ヒットのマット・マートンを平野が送った所で鳥谷が先制タイムリー三塁打を浴びせると、続く新井もセンター前へタイムリー,ブラゼルが40号2ランをぶち込んで、この回4点。続く2回には新井,ブラゼルの連続タイムリー二塁打で2点挙げ、横浜先発・藤江はこの回限りで早くもKO。4回には新井が18号2ランを叩き込むと、7回には代打・関本のタイムリー等で2点を加え、ダメ押しの10点目。大量援護を貰った先発の下柳は6回を投げて、1失点に抑え、7勝目を飾った

◆F6−2H◆
3回、松田の17号ソロで先制された日本ハムだが、その裏、一死から飯山の四球,田中の内野宇安打,劇団ひちょりの四球で満塁とした所で稲葉がレフトへ犠飛を打ち上げ、同点。続く小谷野もセンター前へタイムリーを浴びせて、勝ち越しに成功。6回には3連打で無死満塁とした所で陽が走者一掃のタイムリー三塁打を浴びせて、ソフトバンク先発・和田をKO。更に、代わった甲藤から大野にもタイムリーが飛び出し、この回4点。直後の7回、ソフトバンクも無死満塁のチャンスを作るが、ペタジーニの犠飛で1点を返すのが精一杯。8回以降も日本ハムリリーフ陣の前に反撃を断たれた。日本ハム先発・糸数は6回0/3を2失点で切り抜け、2勝目を挙げた

◆M16−6E◆
初回、井口の犠飛で先制したロッテは3回、無死満塁から金,今江のタイムリー等で一気に5点を追加。大量6点を追う楽天は4回、4連打を含む5長短打を集中して、5点を奪い返し、1点差と肉迫。しかし、その裏、ロッテは6本の単打で6点を挙げると、更に、清田がタイムリー二塁打を浴びせて、大量8点を獲得。5回には今江のタイムリーで10点差を付け、試合を決定付けた。先発・渡辺俊は4回もたずにKOとなったが、2番手・川越が打者一人を2球で抑えただけで3勝目を掠め取った

◆L7−4Bs◆
西武は初回、片岡,阿部,栗山,フェルナンデスといきなりの4連打で2点を先制。一死後、佐藤にもタイムリーが飛び出すと、坂田のピッチャーゴロの間にも1点を加えて、この回4点。3回にはエラーと佐藤の二塁打で一死二、三塁とした所で坂田がレフトスタンドへ7号3ランを叩き込み、早くも7点のリード。一方、偽バファローズは5回まで毎回走者を出しながら、1盗塁死6残塁の拙攻でゼロ行進。7回、二死一、二塁のチャンスに荒金がタイムリー二塁打を放ち、ようやく1点を返すと、9回には守護神・シコースキーを攻め立て、一死一、二塁から坂口が5号3ランを叩き込み、3点差。二死後、後藤の二塁打,カブレラの四球で一、二塁と一発で同点のチャンスにティー岡田の打席を迎える絶好の場面を作ったものの、空振り三振に倒れて、あと一歩及ばなかった。西武先発・石井一は7回を自責点0の好投で8勝目をマーク

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:18コメント(0)トラックバック(14) 

May 26, 2010

◆G2−10H◆
巨人は初回一死から、今季ようやく初スタメンに起用された鈴木が俊足を生かし、内野安打の後、二盗を決めると、二死後、寿司職人ラミレスのタイムリー二塁打で先制のホームイン。しかし、3回まで無失点とまずまずの立ち上がりを見せていた先発・ゴンザレスが4回にオーティズに16号同点ソロを被弾。5回には二死二塁から川崎に勝ち越しタイムリーを許すと、本多を歩かせた後、オーティズ,ハマのスペランカーと連続タイムリーを浴びて、KO。代わったルーキー・星野も松中に走者一掃のタイムリー二塁打を浴びて、この回悪夢の5失点。6回には3番手・野間口が年に3本打つかどうかの本多に2号2ランを被弾すると、7回にも4連打を浴びて、10点目を献上。その裏、巨人は松田記者のタイムリー二塁打で1点を返したが、焼け石に水だった。ソフトバンク先発・杉内は7回を2失点に抑え、ハーラー単独トップとなる8勝目を手にした

◆D−F◆
降雨中止。

◆C1−9M◆
亡命先から出戻って以来、初の先発マウンドとなった高橋だが、初回、いきなり無死一、二塁のピンチを背負うと、井口に3号先制3ランを被弾し、早くも3失点。その裏、ルパン広瀬のタイムリーで1点を返して貰うも、3回にまたも井口に4号ソロを被弾。5回には西岡に7号ソロを被弾し、5失点KOとなった。6回から登板の2番手・篠田も大松に10号ソロを被弾するなど、2回を投げて4失点と炎上。打線も2回以降は僅か1安打の12三振と手も足も出ずに、完敗となった。ロッテ先発のマーフィーは7回を投げて3安打1失点、11個の三振を奪う力投で無傷の3連勝となった

◆T1−3L◆
2回、西武は中村の内野安打,ブラウンの四球の後、高山が送って、一死二、三塁とした所でG.G.佐藤がレフトへ犠飛を打ち上げ、1点を先制。その裏、阪神はブラゼルの死球,大和のヒットで二死一、二塁とするも、ここで投手の下柳に回ってきてしまい、同点ならず。0−1の儘、迎えた6回、西武は先頭の片岡がヒットで出ると、栗山が送って、一死二塁。中島が三振に倒れた後、中村が敬遠された所でブラウンどタイムリーを放ち、1点を追加。8回には栗山に3号ソロが飛び出して、3点目を追加。阪神は9回に桜井の6号ソロで完封を免れるのが精一杯だった。西武先発・石井一は6回無失点の好投で6勝目をあげた

5/26高田監督◆S2−3E◆
交流戦が始まってから未だに白星のないヤクルトは2回、デントナ,ガイエル,宮本の3連打で1点を先制すると、続く3回には2四球で貰ったチャンスにガイエルがタイムリーを放ち、2点目。しかし、直後の4回、ここまでノーヒットピッチングを見せていた先発・館山が先頭の中村紀に5号ソロを被弾すると、更に、一死二塁のピンチでリンデンにタイムリーを浴び、あっと言う間に同点に追い付かれる。6回には先頭の山崎に11号ソロを被弾し、勝ち越し点を献上。その裏、ヤクルトは二死一、三塁のチャンスを掴むも、代打・飯原がセンターへ打ち上げて、二者残塁。7回以降は一人の走者も出せず、9連敗となった。楽天2番手の川井は1回無失点で4年ぶりの白星。試合後、緊急会見を開いた高田監督は不振の責任を取るべく辞任を申し入れた事を明らかにした。球団側は引き留めた為、休養扱いとなるが、この儘、辞任となるのは確実と見られている。尚、今後は小川ヘッドコーチが監督代行として指揮を執る事になった。

◆YB1−8Bs◆
1回の表裏を終えた所で降雨の為、一時中断となった試合は39分後に再開。迎えた3回、偽バファローズは二死三塁のチャンスに赤田がサードゴロに倒れるも、村田が一塁へ悪送球し、タナボタの先制点をゲット。続く4回には連打と死球で無死満塁とすると、日高のショートゴロ併殺崩れの間に1点。更に、大引が犠飛を打ち上げ、この回2点。横浜は6回に村田が8号ソロを叩き込み、ようやく1点。1−3で迎えた8回、偽バファローズは二死二、三塁からティー岡田が三遊間突破の2点タイムリー。更に、9回にはハイツ田口の2号2ラン等でダメを押した。先発の小松は6回を1失点で切り抜け、3勝目をマークした

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:32コメント(0)トラックバック(8) 

April 07, 2010

4/7小笠原◆T0−3G◆
志半ばでこの世を去ったキムタクを弔う為にも何としても勝ちたい巨人は3回、坂本のタイムリー,ガッツの3号2ランで3点を先制。投げては西村健はが7回を無四球3安打無失点と素晴らしい投球を見せるなど、完封リレーを果たし、完勝を収めた。一発含む4安打と気を吐いたガッツはお立ち台で「今日はどうしても勝ちたかった。チーム1人1人が思うことがあった中でゲームをやった。木村コーチが勝たせてくれた」と、キムタクへの想いを口にした。西村健は4年ぶりの先発白星。右手故障で離脱したクルーンに代わり、最後を任された越智は今季初セーブ。何も悪い事はしていないが、特に、良い事もしていない江戸川は今季初めてスタメンを外され、代わりに初スタメンに起用された脇谷が2打数2安打の活躍。終盤、代打で起用された江戸川は投手がメッセンジャーに代わると、代打の代打・李を送られてしまう無体な扱いで今後の起用法に不安を残した。

◆YB0−2D◆
4回までパーフェクトに抑え込まれ、5,6回には立て続けに満塁のチャンスを逃すなど、拙攻三昧の中日だったが、7回に川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに2号ソロを叩き込み、ようやく先制。8回から浅尾−岩瀬と繋ぐ完封リレーで6連勝。先発・小笠原は7回無失点で今季初白星。

◆S7−1C◆
4番・デントナが大爆発。初回に先制タイムリーを放てば、5回にも中押し点に繋がるライト前ヒット。6回には無死満塁から5号グランドスラムをぶち込むと、8回にもダメ押しの犠飛を放ち、4安打6打点。なかなか調子が上がってこない先発・館山だが、この日は8回を自責点0に抑える好投で2勝目を飾った。

◆F3−6E◆
初回に先制されながら、山崎の今季初アーチで追い付いた楽天は3回に聖沢,鉄平の連続タイムリー等で3点を勝ち越し。そのまま、逃げ切って、今季初の連勝。先発・長谷部は6回途中3失点で降板となったが、打線に援護に恵まれ、2勝目をマーク。

◆L9−2Bs◆
初回に中島が3号先制2ラン,3回には悩める主砲・中島に開幕51打席目にしてようやく1号2ランが飛び出すなど、一発攻勢で主導権を握った西武が快勝。西武先発・石井一は7回を2失点で2連勝。敗れた偽バファローズは5連敗。先発・山本は5回9失点KOの体たらくだった。

◆H0−5M◆
プロ初勝利を目指す巽だが、初回から押し出しで先制を許すなど、2回3失点KO。一方、ロッテ先発・大嶺は10三振を奪う力強い投球でソフトバンク打線を寄せ付けず、散発4安打完封で今季初勝利。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:56コメント(0)トラックバック(19) 

August 19, 2009

◆G4−0YB◆
巨人先発・東野は3回まで1安打無失点と上々の立ち上がり。打っては3回の第1打席で自ら二塁打を放って、口火を切ると、二死二、三塁となった所でガッツがレフト前へタイムリーを放ち、2点を先制。続く4回には亀井,松田記者の連打で二、三塁とすると、一死後、古城がライト前へ2点タイムリーを放ち、4点目。東野は中盤以降も安定した投球で横浜打線に付け入る隙を許さず、9回からは山口が2安打を浴びながらも、得点を許さず、完封リレーを達成。東野は8回を3安打無失点で6勝目。巨人は4年連続で対横浜の勝ち越しを確定させた。

8/19 ブラウン◆C3−9D◆
一発依存症,タイムリー欠乏症に苛まれ続けている中日は2回、ブランコの二塁打,李の四球で一死一、二塁とすると、藤井が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに10号先制3ラン。続く3回には井端,荒木と連打を浴びせるも、森野がゲッツーでチャンスを潰し、4回にも先頭のベンちゃんがヒットで出るも、後続3人があえなく凡退と、相変わらず、一発が出ないと如何ともしがたく、一向に追加点を奪えない。川相不在の重さを痛感しながらも、粘り強く投げていた先発・あちゃくらさんだが、6回、先頭の末永を振り逃げで出してしまうと、一死後、栗原に16号2ランを被弾し、1点差。二死後、天谷に痛打された所で無念のKOとなった。代わった河原も小窪,代打・喜田と連打を許し、試合は振り出しに。追い付かれた中日は8回、森野の四球,ブランコのヒットで一、三塁とすると、ベンちゃんがタイムリーを放ち、勝ち越し。更に、この後、藤井がタイムリー、代打・立浪が2点タイムリー、荒木が2点タイムリー二塁打と、嘘の様に打線が繋がり、一挙6点のビッグイニングで試合を決定付けた。1回を無失点に抑えた3番手の高橋に2勝目がついた

◆S4−2T◆
初回、ヤクルトは一死から3連打で満塁とすると、飯原が死球を食らって、タナボタの押し出しで先制。なおも満塁の場面だったが、野口がセカンドゴロゲッツーに倒れて1点止まり。マメを潰して、離脱していた館山は12日ぶりの先発となったが、先制点を貰った直後の2回、一死からブラゼル,葛城イクロー,狩野と3連打で追い付かれると、4回には一死一塁からまたも狩野にタイムリー二塁打を浴び、勝ち越し点を献上。2回以降、打線沈黙となっていたヤクルトは7回、先頭の野口がヒットで出ると、田中の犠打が野選を、相川の犠打がエラーを誘い、無死満塁のチャンス。館山の代打・吉本はサードゴロに倒れるが、続く川島慶が押し出し死球を食らって同点。更に、福地の犠飛で勝ち越すと、暴投でもう1点を加え、この回3点。直後の8回、代打を出された館山に代わる五十嵐に対し、阪神は一死満塁と一打同点のチャンスを作るが、葛城イクローがセカンドゴロゲッツーに倒れる最悪の展開で無得点。ピンチを脱したヤクルトは9回から守護神・林を投入し、逃げ切った。館山は7回2失点でハーラー単独トップの13勝目。阪神先発・岩田は無四球完投を果たしたが、守備に足を引っ張られ、打線の援護も貰えず、自責点1ながら、3敗目。

◆H2−9L◆
ソフトバンク先発・藤岡に対し、西武は初回、中村の36号2ランで2点を先制。その裏、オーティズのタイムリーで1点を返されるも、3回に二死満塁から礒?が押し出し四球を選んで、1点を追加。続く4回には一死一、二塁から片岡が10号3ランを叩き込み、6点目。ソフトバンクはその裏、先頭の田上が17号ソロを放り込むも、後が続かない。以降も走者を出しながら、あと一本が出ないソフトバンクを尻目に、西武は8回、片岡がタイムリーを放つと、9回にもダメ押しの2点を追加。先発の石井一は7回1/3を2失点で6勝目。西武は試合のなかった楽天と入れ替わり、一夜で3位に浮上した。

◆F−E◆
降雨中止。

◆M2−6Bs◆
0−0で迎えた3回、偽バファローズは先頭の小瀬がヒットで出ると、鈴木の犠打で二進。坂口がヒットで繋いで、一、三塁となった所で阿部がレフト前へ先制タイムリー。なおも一、二塁のチャンスだったが、カブレラがサードゴロゲッツーを食らって、追加点ならず。6回にも一死満塁と絶好のチャンスを作ったが、今度はフェルナンデスがショートゴロゲッツーに倒れ、無得点。ロッテもその裏、二死から三者連続出塁で満塁とするが、里崎がセンターへ打ち上げて、三者残塁。直後の7回、偽バファローズ一死から大引,小瀬と連打を浴びせると、二死後、坂口が走者一掃のタイムリー三塁打を放ち、待望の追加点。3点を追うロッテはその裏、二死から西岡が四球を選ぶと、早川が今季初アーチとなる2ランを放ち、1点差。突き放したい偽バファローズは土壇場9回、一死一、二塁からまたも坂口が3号3ランを放り込み、ダメ押しの3点を追加。最後はセーブのつかない場面ながらもマウンドに上がった守護神・加藤が締め括った。先発の近藤は7回2失点で7勝目

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:26コメント(0)トラックバック(13) 

July 04, 2009

◆D4−2G◆
タイムリー欠乏症は深刻を極めるばかりの中日はグライシンガーの前に5回まで1安打と沈黙。しかも、唯一の安打は投手の吉見の内野安打とあって、野手陣はノーヒット。4回に連続四死球とボークで貰ったチャンスもむざむざ潰す有様で、6回まで無失点の好投を続ける吉見はまたもや見殺しにされてしまうのか…と思われたが、6回裏、井端,ブランコのヒットでようやくまともなチャンスを作った中日はベンちゃんのタイムリーでついに先制。1点を追う巨人は直後の7回、一死二塁から李の16号2ランで逆転するも、その裏、グライシンガーが一死二塁のピンチを作り、KOとなると、代わった山口が乱調で連続四球で満塁とした挙げ句、荒木,森野と連続タイムリーで3点を失い、失意のKO。リードを奪った中日は浅尾−岩瀬と繋ぐ必勝リレーが決まり、1勝1敗のタイに戻した。吉見は7回2失点で8勝目

◆YB13−7C◆
広島は2回、石井タクロー,ルパン廣瀬が連続内野安打で出ると、一死後、前田健の犠打でエラーを誘い、満塁とした所で末永がタイムリー二塁打を浴びせて、2点を先制。3回にはマクレーンが5号ソロを叩き込むと、5回にもマクレーンが2打席連続の6号ソロ。更に、続く石井タクローが移籍初アーチをぶち込んで、5点目。4回までパーフェクトの快投を見せていた前田健だったが、5回、一死からメカゴジラに痛打されてからおかしくなり、下園にも連打されると、二死後、石川に走者一掃のタイムリー二塁打,代打・ジョンソンに10号2ランを浴び、あっと言う間に1点差。6回に謎の新助っ人・フィリップスのタイムリーで突き放すも、その裏、二死満塁のピンチからまたも石川に同点2点タイムリーを浴びて、KO。代わった林も代打・金城,吉村と連続タイムリーを浴びて、3点を勝ち越される始末。完全に勢いに乗った横浜は続く7回にも村田の14号2ラン等で4点を追加し、ダメ押し。16安打を放ちながら、残塁は僅かに3と言う効率いい攻撃で13点を奪い、圧勝。2番手の高崎に今季初勝利が転がり込んだ

◆T3−6S◆
初回にキュラソ星人の犠飛で先制されたヤクルトは直後の2回、一死一、二塁から相川が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、逆転すると、続く3回には青木が7号ソロ。その裏、阪神は一死から平野が三塁打を浴びせると、二死後、連続四球で満塁のチャンス。しかし、ブラゼルが三振に倒れて、三者残塁。ヤクルトは5回には小田切勉のタイムリーで4点目を追加。3点を追う阪神は6回、先頭の新井が川島慶のエラーで出塁すると、続くキュラソ星人が14号2ランをぶち込んで、1点差。突き放したいヤクルトは8回、関本のエラーの後、小田切勉のタイムリー二塁打,相川のタイムリーで2点を追加。その裏から、五十嵐−林と繋いで、阪神の反撃を断ちきり、連敗を4でストップさせた。先発の由規は7回を3点に抑え、5勝目をあげた

7/4 杉内・多村◆F3−7H◆
日本ハム先発・八木に対し、3回まで毎回安打を浴びせながら、先制点を奪えないソフトバンクに対し、ソフトバンク先発・杉内の前に2回まで3人ずつで抑えられていた日本ハムは3回、二死二塁から田中のタイムリーで先制。4回に松中の11号2ランで逆転されるも、その裏、二死から小谷野,糸井,鶴岡の3連打で再逆転。1点を追うソフトバンクは7回、先頭の小久保がヒットで出ると、続くハマのスペランカーが8号2ランを放ち、逆転に成功。9回には2四球で貰ったチャンスで田上が12号3ランをぶち込んで、試合を決定付けた。杉内は終盤は安定した投球を見せ、今季3度目の完投で9勝目をマーク。ソフトバンクは首位・日本ハムに0.5差に詰め寄った。八木の開幕からの連勝は6でストップ。

◆E1−3L◆
初回に中島の13号ソロ,草野の5号ソロで1点ずつ取り合い、1−1で迎えた4回、西武は先頭の礒?が3号ソロを放ち、勝ち越しに成功。8回には一死一塁から礒?,G.G.佐藤が連続二塁打を浴びせて、貴重な3点目を追加。先発の石井一は2回以降、さしたるピンチも作らず、8回まで投げきると、最後は小野寺が無難に締めて、逃げ切った。石井一は8回を散発4安打1失点の好投で4勝目。楽天は5連敗で今季最多の借金4となった。

◆M1−4Bs◆
5月3日以来の登板となる岸田に対し、ロッテは3回、バーナムJr.の四球,今江のヒットで一、二塁とすると、西岡が先制タイムリー。更に、フクーラが送って、二、三塁とチャンスを広げたが、大松,井口の3,4番があえなく凡退し、1点止まり。1点を追う偽バファローズは6回、先頭の坂口が二塁打で出ると、大引が送った所でフェルナンデスが同点タイムリー。更に、ラロッカが二塁打で繋いだ所で北川にもタイムリーが飛び出し、勝ち越しに成功。9回には山崎浩,鈴木のタイムリーでダメ押しの2点を加えると、最後は守護神・加藤が3人で締めて11セーブ目。岸田が7回1失点の好投で4勝目となり、復帰登板を飾った

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:57コメント(0)トラックバック(15) 

October 21, 2008

◆L9−4F◆(アジアシリーズ出場権争奪戦出場権争奪戦)
西武先発・石井一は初回、いきなり2四球で一死一、二塁のピンチを迎えるも、高橋,スレッジと連続三振に斬って取り、ピンチ脱出。すると、その裏、西武はヒットの片岡を栗山が送った所で中島がタイムリーを放ち、あっさり先制。更に、中村がヒットで繋いだ所で礒?が走者一掃のタイムリー二塁打。更に、二死後、大島もタイムリーを浴びせて、この回4点。続く2回には赤田,片岡,栗山の3連打で1点を加えると、3回には二死一塁から細川の2ランで7点目を奪い、日本ハム先発・スウィーニーはこの回限りでKO。6回まで僅かに2安打と抑え込まれていた日本ハムは7回、二死一、二塁から劇団ひちょりのタイムリーに赤田のエラーが重なり、ようやく2点を返すと、続く鶴岡もタイムリーを放ち、4点差まで詰め寄った。しかし、西武はその裏、後藤がタイムリー,8回には赤田が汚名返上の一発を放って、突き放す。9回、日本ハムは呪われた助っ人・ボッツに一発が飛び出したものの、後が続かず、王手をかけられた。

たとえシーズン終了ギリギリまで首位にいようが、僅か貯金3で滑り込み3位に入ったチームにたかだか3試合の勝敗で取って代わられると言う理不尽極まりない現象を目の当たりにし、あんな目に遭ってはたまったものではないとばかりに西武が先発全員15安打と猛打爆発で快勝。当然の権利である日本シリーズ進出へ王手をかけた。石井一は終盤こそ疲れが見えたものの、7回までに4連続を含む13個の三振を奪う力投を展開。一方、日本ハムはスウィーニーが3回7失点の大炎上と、グリンに続いて助っ人投手がまたも期待を裏切った。2回で代えるかと思いきや、3回まで引っ張って、余計に傷口を広げてしまった。打の助っ人・スレッジも3打席連続三振を含む4タコ。呪われた助っ人・ボッツだけが一発含む3安打と一人で気を吐いたが、勝利に結びつかないのは呪われているが故か!?

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:41コメント(2)トラックバック(10) 

August 19, 2008

◆S4−7G◆
2回に寿司職人ラミレスの33号ソロで先制した巨人は3回に飯原のタイムリー内野安打で追い着かれるも、直後の4回、マッスル千代の富士の13号ソロで勝ち越し。続く5回にはガッツが23号2ランを叩き込むと、6回には坂本が4号ソロ,7回には亀井が5号2ランと怒濤の一発攻勢で加点。ヤクルトは8回に畠山の6号ソロで1点を返すと、9回には川本,福地の連続タイムリー二塁打で3点差。なおも一、二塁と一発で同点のチャンスを作って、クルーンを引きずり出したものの、最後は飯原が三振に倒れて、あと一歩及ばなかった。

巨人が5発のアーチを叩き込む得意の空中戦で快勝。守備でも好プレーが次々に飛び出し、ピリッとしない先発・内海を盛り立てた。特に、3回の鈴木尚のダイビングキャッチは圧巻。しかし、9回のキムタクのヘッポコ落球はいただけなかった。てっきりゲームセットかと思い込んだ林が連続二塁打でKOされたのは何とも気の毒な話である。

◆YB2−4D
いきなり井端,ピンキー井上の連打で二、三塁のチャンスを作った中日は中村紀のタイムリーで先制。ピンキー井上も一気に本塁を狙ったが憤死。二死後、ベンちゃんが歩いて、一、二塁とチャンスを拡大させるも、李が三振に倒れて1点止まり。2回にも一死二塁のチャンスを逃した中日は3回も先頭のピンキー井上が四球で出ながら、牽制で刺される大チョンボ。その裏、藤田に今季初アーチを被弾し、追い着かれた中日は5回、二死一、二塁からベンちゃん,李の連続タイムリーで2点を勝ち越し。その裏、横浜は一死一、三塁から代打・鈴木なおのりのファーストゴロが野選を誘って、1点差。なおも一、二塁のチャンスだったが、石川は最悪のサードゴロゲッツーに倒れ、同点ならず。何とか突き放したい中日はベンちゃんのタイムリーで貴重な1点を追加。土壇場9回、横浜は一死から連打で一、二塁とし、一発が出ればサヨナラのチャンスを掴むが、ここで代わった小林の前に代打・武山,石川と打ち取られ、万事休す。小林はプロ初セーブをマークした。

中日は1併殺11残塁と相変わらずの拙攻三昧ながら、3連敗中の先発・中田が7回2失点と踏ん張ると、小刻みに繋いだリリーフ陣も何とか凌ぎ、辛勝。中田は先発としては約2ヶ月ぶりの白星となった。開幕からローテを守っているが、守っているだけのウッドはとうとう10敗目。横浜の連勝は3でストップした。

◆C5−14T◆
初回に鳥谷のタイムリーで先制した阪神は続く2回、林の今季初アーチなど、5長短打を集中し、一気に5点を追加。大量6点を追う広島は4回、一死一、二塁から嶋が7号3ランを叩き込むと、続く5回には天谷がタイムリーを放って、2点差。しかし、直後の6回、阪神は一死から3連続四球満塁とすると、林,葛城イクローと連続タイムリーを浴びせた後、関本には6号グランドスラム。更に、二死一塁から平野にタイムリー二塁打を浴びて、この回一挙7点を奪い、試合を決定付けた。

実母の葬儀参列の為、ブラウン監督が一時帰国。5割到達を目前にした広島はこの隙に求道者・前田のスタメン起用で一気に連勝街道を驀進したい所だったが、監督代行に指名されたのはブラウン監督の同胞・リブジーコーチ。その為、求道者・前田を軟禁してシメ倒すと言う暗黒采配も継承されてしまっていた。おかげで求道者・前田はフル欠場に追い込まれ、失意のどん底に叩き落とされた宮崎が2回途中KO。リリーフ陣も炎上する投壊ぶりで惨敗を喫し、5割が遠のいてしまった。

◆L12−3H◆
3タテしない限り、自力Vが消滅してしまうソフトバンクは先発・ホールトンが3回まで無失点と上々の立ち上がり。しかし、4回、いきなり栗山,ボカチカ,ブラゼルと3連打を浴び、先制を許すと、一死後、中村に犠飛を打ち上げられて、2点目を献上。更に、礒?,細川,黒瀬と3連打を浴びるなど、5点を失い、あえなくKO。これで主導権を握った西鉄は続く5回にブラゼルの26号ソロで1点を追加すると、6回にはボカチカのタイムリー二塁打,後藤の9号2ランで3点を追加。更に、7回には一死満塁から栗山が走者一掃のタイムリー三塁打を放ち、12点目。ソフトバンクは9回に松田の13号2ラン等で3点を返し、完封を免れるも、焼け石に水だった。

崖っ淵に立たされながら、巻き返しを図るどころか、昨日に続いての大惨敗を喫してしまったソフトバンクはとうとう自力Vが消滅。西鉄との差は7.5差まで拡大。ここ3試合安定した投球を見せていたホールトンが4回もたずに5失点KOとは大誤算だった。3タテどころか、いきなり第1戦でこのザマとはガックリである。これで西鉄に優勝マジック28が点灯した。

◆F4−0M
日本ハムは初回、先頭の劇団ひちょりが内野安打で出ると、工藤が送った後、田中,小谷野と連続四球を選んで満塁のチャンス。ここで水島の呪いが薄れつつあるボッツがセンターへ犠飛を打ち上げ、1点を先制。4回には工藤のタイムリー内野安打で1点を追加すると、続く5回にはまたもボッツが3号ソロを叩き込み、3点目。更に、7回には一死一、二塁から糸井のタイムリーでダメ押し。8回からは武田久−MICHEALと繋ぐ必勝パターンで完封リレーを達成した。

パ・リーグ逆ハーラーダービーを争うグリンと小林宏が直接対決となったが、大きく明暗を分ける事に。グリンは7回を散発5安打無失点、3つの併殺を奪うなど三塁も踏ませぬ安定した投球を見せたが、小林宏は制球に苦しみ、5回3失点KOで11敗目を喫した。徐々に水島の呪いを克服しつつあるボッツは先制犠飛,中押し弾に2四球と4打席全てに結果を残し、打率もようやく2割台へと乗せた。

◆Bs5−12E◆
楽天は初回、ショートの10号ソロで先制すると、2回には二死満塁から鉄平が押し出し四球を選んで2点目。初回に満塁のチャンスを逃した偽バファローズだが、続く2回、小瀬のタイムリー二塁打で1点を返すと、坂口が死球を食らった後、阿部,ローズのタイムリーで逆転に成功。3回にはまたも阿部がタイムリーを放って、4点目。2点を追う楽天は直後の4回、内野ゴロの間に1点を返すと、続く5回には無死一、二塁からフェルナンデスが12号3ランを叩き込んで、一気に逆転。更に、この後、一死満塁から内村,鉄平と連続タイムリーを放ち、大量7点のビッグイニングを形成。楽天は終盤にも加点し、ダメ押し。2回途中から登板した長谷部は最後まで投げきり、プロ初勝利を飾った。

先発で背信投球を続けていた長谷部がリリーフで自己最長の7回1/3を2失点で切り抜け、待望のプロ初白星。打線も17安打12点の猛攻で偽バファローズを圧倒した。偽バファローズ先発・コロンカは折角、逆転して貰いながら、4回もたず、前回に続いての早期KO。2番手・本柳も6失点の大乱調で試合をぶち壊してしまった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:21コメント(0)トラックバック(22) 

April 30, 2008

◆G3−4C◆
求道者・前田がスタメン復帰し、意気上がる広島は初回、巨人先発・春風亭半ケツから赤松が2試合連続の先頭打者アーチを叩き込み、先制。続く2回にはブラウン監督の訳の分からない采配に振り回される鬱憤を晴らすがごとく、求道者・前田がライトスタンドへ2号ソロ。2点を追う巨人は広島先発・大竹から3回、亀井の4号ソロで1点差。4回無死一、二塁のチャンスをゲッツーで潰し、6回一死一、二塁のチャンスも逃した巨人だが、7回、二死から坂本が二塁打を放ち、大竹をKO。ここでブラウン監督は左の亀井だからと左のコズロースキーを投入する安直継投を展開。しかし、対左投手の方が遙かに数字を残している亀井は苦もなくライトスタンドへこの日2本目のアーチを叩き込み、一気に逆転に成功。追いかける展開となった広島は直後の8回、巨人4番手・山口に対して、一死から石原が痛打すると、途中出場の東出がタイムリー二塁打を放ち、石原が同点のホームイン。土壇場9回には一死壱、二塁からシーボルのタイムリーで勝ち越しに成功。8回からマウンドに上がっていた永川は2回を4三振ノーヒットの快投で巨人の反撃を断ち切った。

いきなり飛び出した求道者・前田の怒りの一発には胸のすく思いをさせられた。その後が続かなかったのだが、これだけ執拗に指揮官からモチベーションを奪われては集中力を持続するのも難しいと言うものだ。まさか、亀井に左をぶつけたブラウン安直采配は求道者・前田の一発の価値を下げる為の陰謀ではあるまいな? まぁ、地でヘッポコ采配なんだろうけど…。求道者・前田の一発に刺激されたか、オチョア,栗原,シーボルも奮起。永川は久々に守護神らしい圧巻の投球だった。巨人は終わってみれば亀井の2発のみ。頼みのゴンザレスも今日はブレーキ。阿部の打率はとうとう2割を割ってしまった。

◆D2−4YB◆
川相不在の弊害を露呈する無様な戦いを続けながらも、その最大の解決策である川相の現役復帰に踏み切ろうとしない落合監督はまたまた川井の先発でお茶を濁しにかかるが、その立ち上がりを捉えた横浜が内川のタイムリー二塁打で2点を先制。ウッドの前に4回までパーフェクトと沈黙していた中日は5回に一死一、三塁と初のチャンスを作るが、後が続かず二者残塁。しかし、6回、一死から突如、制球を乱したウッドが連続四球でKO。この拾い物のチャンスに李が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに激振。打球はスタンドにこそ届かなかったものの、レフトフェンス直撃の走者一掃タイムリー二塁打となり、ようやく同点。更に、二死後、ガッツな貴公子・仁志のエラーでチャンスを広げるも、森野がショートフライに倒れて、二者残塁。すると、直後の7回、横浜は村田のタイムリー二塁打で勝ち越し。更に、8回には吉村に6号ソロが飛び出して、貴重な1点を追加。その裏、中日は連続四球で無死一、二塁と絶好のチャンスに李が最悪のゲッツー。続くT.ウッズも三振に倒れて、得点ならず。9回には横浜新守護神・はーちゅんに対して、二死から連打を浴びせるも、最後は代打・立浪がレフトフライに倒れて二者残塁と最後の最後まで川相不在の弊害を露呈する形で敗れた。

相も変わらず拙攻三昧の中日。投手陣がちょっと踏ん張りきれないだけで星を落としてしまうのは当然の結果だ。川井は責められる程、悪い内容ではなかったが、川井ではチームの空気を変えるに至らない事は明白なのだから、いい加減、観念して川相を復帰させろと。最後のバッターとなった立浪が未だに今季ノーヒットなのも気になる所。やはり、4打席立たせない打者だけに交流戦が待ち遠しい。横浜は白星こそつかなかったものの、ウッドがよく踏ん張った。配置展開には釈然としないものがあるはーちゅんはおぼつかない投球ながらも辛くもセーブ。はーちゅんが結果を出せるかどうかよりも、どれだけはーちゅんに繋げる展開に持っていけるかが横浜の課題だろう。

◆T6−5S◆
取られては取り返すシーソーゲームとなったこの試合。まず阪神が初回に新井のタイムリーで先制すると、3回にヤクルトが川島慶,田中の連続タイムリーで逆転。その裏、阪神が葛城イクローのタイムリー等で再び逆転すれば、ヤクルトも負けじと4回、飯原の一発,川島慶のタイムリーでまたも逆転。しかし、阪神は6回、二死一、三塁から平野が走者一掃のタイムリー三塁打を放ち、四たび逆転に成功。粘るヤクルトは8回にまたまた川島慶が同点タイムリー内野安打。5−5で迎えた土壇場9回、ヤクルト4番手・松岡に対して、阪神は先頭の新井がいきなり左中間スタンドへ2号ソロを放り込み、劇的なサヨナラ勝ち。同点ながらも引っ張り出されていた藤川に今季初白星がついた。

5勝目&月間MVPを狙った下柳が4失点KO。久保田も失点し、9回同点の場面ながら早くも藤川が引っ張り出され、延長に入ったらどうするんだ?と言う重い空気を新井が一振りで吹き飛ばした。依然としてヒットはコンスタントに出るが、一発が出ないと言う好調なんだか不調なんだか分からない状態が続いていた新井だが、ここまで放った2発はいずれも値千金だ。ヤクルトは新1〜3番トリオが7安打とまたも機能したが、ガイエル,リグスの両助っ人が9タコ5三振の大ブレーキ。復帰初登板の五十嵐も2失点と奮わなかった。

◆L6−2H◆
ソフトバンクは2回、不振に喘いでいた小久保の通算350号となる4号ソロで先制。先発・大隣は3回までパーフェクトと素晴らしい立ち上がりを見せていたが、4回から片岡,中島に被弾し、逆転を許すと、7回には中村,江藤に連続アーチを浴び、KO。ソフトバンクは直後の8回、ノーヒットで1点を返し、2点差に詰め寄ったものの、その裏、中島,中村のタイムリー二塁打でダメ押しの2点を失い、試合を決定付けられた。西武先発・石井一は8回途中まで2失点の好投で4勝目をマーク。

折角、小久保に一発が出たのに、今度は松中が4タコ。この打線の噛み合わなさ加減がソフトバンクの低迷を象徴している様だ。まぁ、散発4安打じゃ勝ちようがないわな。大隣も大場の一発病が伝染したかの様なソロアーチ4被弾で轟沈。相次ぐ完投で開幕2連勝した時はどんな数字を残すやらとワクワクしたものだが、気付いてみれば、それから4連敗。炎上している訳ではないのだが、打線との噛み合わせの悪さも手伝って、勝ち運を失ってしまっている感じだ。西武は一発攻勢もあって、7安打で6点,ヒットが出たイニング全てに得点と効率のいい攻撃で快勝。石井一は5試合連続自責点2と言う妙な安定感を見せている。

◆M3−6F◆
水島の呪いの影響で登板が前倒しになったダルビッシュ。しかし、この事態を嫌がっていたのはダルビッシュ当人ではなく、相手投手の渡辺俊だった。とんだとばっちりでダルビッシュと投げ合う羽目になってしまい気が重い渡辺俊は初回からスレッジ,小田と連続タイムリー二塁打を浴びて、いきなりの3失点。2回に橋本の一発で1点を返して貰うも、3回にスレッジにタイムリー,5回には稲葉に一発を浴び、5回5失点であえなくKO。その裏、ロッテはフクーラの今季初アーチとなる2ランでダルビッシュから今季最多となる3点目。更に、二死一、二塁のチャンスを作って、オーティズがレフト前へ弾き返すも、本塁を狙ったズレータが憤死し、2点止まり。これで勢いの止まってしまったロッテは6,7,8回と3回連続ゲッツーを食らう有様。そうこうしているうちに日本ハムは9回に稲葉のタイムリーでダメ押し。最後はMICHEALが3人でピシャリと締めて、逃げ切った。

7回を10安打3失点と先発投手としては及第点だが、ダルビッシュとしては今季最悪の内容。ダルビッシュにとって、千葉マリンが鬼門であった事も重なり、水島の呪いによる嫌がらせ効果は確かにあったのだが、それ以上に渡辺俊にかかったダルビッシュのプレッシャーの方が大きかった様だ。日本ハムは足を痛めている高橋に代わり、4番に入った稲葉が4安打の活躍。ヤクルトの田中に便乗した訳でもなかろうが、これまた不動の2番から3番に昇格した田中も2安打とチャンスメークに一役買った。ロッテは橋本が4の4と気を吐いたが、前後の打者がこれを生かせなかった。

◆Bs4−5E◆
依然として極度の内弁慶状態から抜け出せない楽天はこの日も3回、坂口の三塁打で先制される苦しい立ち上がり。しかし、直後の4回、フェルナンデスのタイムリーで追いつくと、続く5回には渡辺直のタイムリー二塁打で勝ち越しに成功。その裏、大引のスクイズで追いつかれるも、直後の6回、山崎武のタイムリー二塁打で再び勝ち越すと、8回にはまたもフェルナンデスにタイムリーが飛び出し、4点目。これで決まったかに思われたが、土壇場9回、抑えの青山が代わりばな代打・下山に二塁打を浴びると、続く代打・浜中に2ランをぶち込まれて、一気に同点。試合は延長に突入した。迎えた10回、楽天はフェルナンデスがこの日4安打目となるタイムリーを放ち、三たび勝ち越し。最後は小山が三者凡退に斬って取り、辛くも連敗を逃れた。

楽天にとって、敵地で接戦に持ち込まれると言う今季の典型的な負けパターン。特に、9回に追いつかれる辺り、敗色ムードがプンプンだったが、辛くも白星。3本タイムリーを放ったフェルナンデス様々の展開だ。偽バファローズはビッグボーイズが14タコと開幕当初を思い起こされる見事な大ブレーキぶりが致命的な敗因。起死回生の同点アーチを放った浜中は打率は.217ながら、得点圏打率は.368でチーム3位の15打点と勝負強さを発揮しているだけに、もう少しうまい事使ってやれないかと思うのだが…。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:01コメント(3)トラックバック(53) 

April 05, 2008

◆G1−3T◆
岩田,グライシンガーの投げ合いで両軍無得点の儘、中盤へ突入。迎えた5回、阪神は鳥谷の四球,フォードのヒットで無死一、三塁とこの日初めてのチャンス。ここでジュビロ野口がライトへのファールフライ。1点を争う展開とあって、あえて捕球しない手もあったが、マッスル千代の富士はこれを捕ってしまい、犠飛となって、鳥谷が先制のホームイン。続く6回にはキュラソ星人が2000安打であと2本と迫る3号2ランを叩き込み、3点目。岩田は7回まで僅か2安打の好投。8回に内野ゴロの間に1点を失ったが、9回は守護神・藤川が3人で締め、岩田に2勝目がついた。

岩田が2試合連続の好投。今日は惜しくも完投は逃したが、長いイニングわ投げられる力がある事は見せつけたので、FはともかくJとKには頼らずに済む先発として成長して欲しい所。岩田が良かった…と言っても、4安打しか打てない巨人の貧打ぶりは深刻。クリーンアップと阿部で14タコと中軸は完全に役立たずだった中、坂本が初のマルチ安打。これ程打てなくても代えられない中軸と違い、代えられ易い立場なだけにそろそろマルチが欲しかった所だ。

◆D6−3S◆
増渕,村中と同僚の新人王候補が次々と白星をあげていき、負けてはいられないルーキー・加藤。初回にリグスの一発で2点の援護を貰ったが、2回に森野,谷繁と連続タイムリーを許し、早くも追いつかれてしまう。2−2で迎えた3回、中日は井端が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに今季初アーチを叩き込み、勝ち越しに成功。続く4回には荒木が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに1号2ランを叩き込んで、加藤をKO。更に、5回にはT.ウッズが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに2号ソロをぶち込んで、ダメ押し。先発の小笠原は7回2失点で2勝目。加藤はプロ初黒星となった。

結局、この日も一発が出なければ勝てなかった中日。T.ウッズはともかくとして、昨年二人合わせて僅かに6本のアライバコンビがアベックホーマーと言う異常事態。この二人が揃って一発を狙わなければならない程、川相不在が故の一発依存症は深刻な訳だ。それにしても、同じく大学BIG3の大場が快投を連発しているのとは対照的に加藤は苦しんでるなぁ…。

◆C4−3YB◆
期待の新星・前田健がついにプロ初登板となったが、吉村に被弾するなど5回を5安打3失点で降板。石原の一発で先制した広島だったが、8回以外毎回安打を放ちながら、残塁を量産するばかり。2点ビハインドで迎えた土壇場9回、昨日、マットホワイトにセーブを掠め取られた不機嫌なヒューズに対して、またも石原がタイムリー二塁打を浴びせると、二死後、求道者・前田に起死回生のタイムリーが飛び出し、試合は延長に突入。迎えた10回、広島は天谷がタイムリーを放ち、サヨナラ勝ちを果たした。

期待の前田健のデビュー戦は何とも微妙な内容だったが、味方打線がもう少し効率のいい攻撃をしていれば、白星を献上する事が出来た筈だ。15安打放って13残塁とは…。出ればマルチ安打の求道者・前田は価値ある同点打を含む2安打とまたも活躍。石原はオーバーサイクルの4安打と大爆発。昨年の序盤も倉が狂い咲きしていたが、広島のキャッチャーはこの時期、何かに取り憑かれるのかね?

◆M0−3H◆
一昨年の9月以来、対パ・リーグ16連勝中の成瀬に対して、ソフトバンクは初回、松中のタイムリーで1点を先制。3回の満塁のチャンスは逃したが、5回にはまたも松中が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、2点を追加。成瀬は8回に自らのエラーでピンチを背負った所でついにKO。一方、ソフトバンク先発のルーキー・大場は1回二死から7連続三振を奪うなど、ロッテ打線相手に三振の山を築き上げ、6回まで内野安打1本に抑える快投を展開。7回二死から連打を浴びたものの、このピンチを切り抜けると、最後まで投げきり、先発全員から16三振を奪っての無四球完投で2勝目。全員三振は史上3人目の快挙。チームは再び首位に返り咲いた。

ついに成瀬の不敗神話崩壊。調子が悪いなりに先発としての仕事は最低限果たしたが、とにもかくにも大場が凄過ぎた。既に、ローテの柱の風格も出てきた感じすらする。打っては松中が全打点の活躍。5番以降がノーヒットに抑え込まれていただけに、実に絶妙のタイミングで当たりを取り戻してくれた。明日はいよいよ和田が復帰。何とか勝ち越して勢いを取り戻したい所だ。

◆Bs7−2F◆
2回に小谷野の二塁打で先制された偽バファローズだが、その裏、期待度が日高以下のカブレラによもやの移籍初アーチが飛び出して、振り出しに。同点の儘、迎えた6回には期待度が日高以下のラロッカが二塁打で出た後、期待度が日高以下のローズによもやの2ランが飛び出して勝ち越しに成功。更に、期待度が日高以下のカブレラの二塁打の後、期待度が日高以下の浜中がタイムリーを放ち、4点目。8回にも3点を加えて、ダメ押し。先発・近藤は2失点完投で2勝目をマークした。

カブレラ,ローズのアベックアーチなど、夢のまた夢…としか思えない状態が続いていた偽バファローズだが、この日はビッグボーイズで2発3打点7得点の活躍。浜中も2安打2打点と不振の中軸がようやく結果を残した格好だ。近藤も落ち着いた投球で好投し、投打が噛み合った。1〜3番までがノーヒットと抑え込まれたのが響いた日本ハムだが、初スタメンとなったルーキー・村田がプロ初打席でヒットを放ったのが好材料だった。

◆L4−2E◆
連勝が止まってしまったものの、勢いは止めたくない楽天は田中投入で必勝体勢。しかし、3回に鉄平のタイムリーで先制して貰った直後、栗山に同点タイムリーを許すと、続く4回には赤田にタイムリー三塁打を浴びて、勝ち越し点を献上。6回には打撃妨害と押し出し四球で2点を失い、今季最短のKO。西武先発・石井一は8回を2失点の好投で開幕3連勝。西武はソフトバンクと並んでの首位タイに浮上した。

田中で連敗で首位陥落…。首位の座が一夜の夢で終わらない為にも、3タテだけは避けたい所だろう。一方、しばらく凋落の道を辿るかと思われた西武が早くも首位奪回。何となく勝ってる感が強いのだが、西武らしいソツのない野球をやっていると言う事だろうか…。で、9回に小野寺−星野と繋いで、最後はよりにもよって大沼を投入すると言う訳の分からない継投が炸裂したのが謎だ。グラマンに何が起きたのかは分からないが、グラマンが使えないのだとしても、あのピンチに大沼だなんて、かなり分の悪い博打だろうに…。成功したけどさ。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:24コメント(0)トラックバック(55) 

March 22, 2008

◆H5−4E◆
小山が不振だからと、明らかに先発属性のグスマンを急遽ストッパーに任命しておきながら、たった1度の失敗で「グスマンとは嫌だが、岩隈,田中となら(心中して監督を)辞めてもいい」などと無体な事をぬかして、グスマンを痛烈に貶めたノムさん。それだけにこの日の先発・田中では勝っておきたい所だった。序盤はスタンドリッジを捉えて、3回までに4点を奪う楽天ペース。田中は3回以外は毎回安打を浴びる苦しい投球ながらも、8回まで3失点で踏ん張っていた。1点差で迎えた9回、ノムさんは134た球と言う球数の多さを懸念してか、田中と心中出来ずに引っ込めるが、グスマンとは心中したくないので、小倉を起用。しかし、小倉は代わりばなハマのスペランカーに三塁打を浴びる体たらく。ハマのスペランカーかに始まっていきなり口火を切られると言う前日を思わせる不吉な展開にノムさんは左の吉崎にスイッチ。吉崎は期待に応えて松中,柴原と打ち取り、二死。ここで右の松田を迎えた所で渋々、心中したくないグスマンを起用するが、回の頭からではなく、ここに至るまで起用しようとしないノムさんの仕打ちが面白い筈のないグスマンは松田にタイムリー二塁打を許して、試合は振り出しに。これで完全に流れを引き寄せたソフトバンクは延長11回、ナベコー,松本を攻め立てて二死満塁のチャンス。ここで開幕スタメンから一転ベンチに下げられた本間が代打で登場すると、センター前へ意地のタイムリーを放ち、球団史上初となる開幕2試合連続のサヨナラ勝ちで早くも単独首位に立った。投げては3回をノーヒットに抑える好ロングリリーフを見せたニコースキーを初め、三瀬,ガトームソンらリリーフ陣の踏ん張りが光った。

ノムさんのグスマンへの仕打ちがあまりにも無体で同情せずにはいられない。ああ言った以上、とりあえず、この日は田中と心中して覚悟を見せろと…。割と左対左,右対右理論に固執するノムさんだけに、小倉−吉崎−グスマンの継投は妥当なのかもしれないが、昨日と完全に同じ巡りの打順だった事を考えると、頭から起用しなかったと言うのはグスマンへの不信感が露わに出た格好だ。真っ当に抑えで使う気がないなら、さっさと先発に戻してやった方がいいと思うのだが…。

◆M3−2F◆
ヤクルトから移籍の藤井は6回を2失点と先発としては及第点の仕事を果たしたが、これまたヤクルトから移籍の2番手・坂元が堀に決勝タイムリー二塁打を許して、開幕2連勝ならず。一方、一昨年9月以来パ・リーグ相手に不敗神話を更新し続けている成瀬は小谷野に先制打を許し、昨年僅か3ホーマーの伏兵・田中には被弾する失態もあったが、尻上がりに調子を上げる危なげのない投球で2失点完投で対パ・リーグの連勝を16に更新した。

2戦目にして、もう開幕戦とは全然違うオーダーを展開するバレンタインの相変わらずのやり口にはうんざり。そんなに色々使い回したいなら、早く神戸を使ってくれ、神戸を! それはさておき、オープン戦最後の登板でフォームを崩して大炎上した成瀬が本番までにきっちり仕上げてきたのには安堵。

◆L6−0Bs◆
西武が序盤から終始主導権を握る形で快勝。初回に内野ゴロの間に先制したのを皮切りに、中村,中島,G.G.佐藤の一発攻勢が炸裂するなど、着々と加点。投げてはFA移籍の石井一が7回を4安打無失点と三塁も踏ませぬ好投。8回からはベンちゃんの人的補償でゲットした岡本真−守護神・グラマンと繋ぐ万全のリレー。ナベQの監督初白星を完封で飾った。

オープン戦でもさして調子の良くなかった中山を開幕2戦目から持ってこざるをえない辺り、偽バファローズの苦しい台所事情が分かろうと言うもの。打線もこの展開で代打も代走も出さない9人野球と言う無策ぶり。同タイプの選手ばかり掻き集めた茂雄暗黒政権時の巨人紛いの偏重補強では幅広い攻撃を展開しようもないと言う事か?

◆巨人3−4アスレチックス◆(オープン戦)
若大将・原監督は何を血迷ったのか、ニックンを2番に固定する案を打ち出した。若大将の目論見は、亀井の成長には目を見張るものがあり、松田記者が苦手な投手の登板時には起用したいが、亀井を松田記者の代わりに2番に置くと、マッスル千代の富士,亀井,ガッツと左が3人続いてしまう為、2番には右打者を固定したい…と言うものだが、「ニックンを2番に置いておけば、何でも出来る」などと言う評価がそもそも大間違い。ニックンと言えば、バントの下手さっぷりに加え、恐怖のゲッツー量産マシン,怒濤のチャンスブレイカーとして定評があり、右打ちが上手いと言っても、それは会心の打球に限った話の事で、打ち損じた打球は左に引っかけたゴロが多く、右へのゴロで進塁打と言った最低限の仕事はこなせず、空振りも多くエンドランも安易に任せられないなど、チャンスメーカーの2番にはこの上なく不向きな男。茂雄暗黒政権時代に(川相を忌み嫌う茂雄の嫌がらせ政策であったとは言え)川相と言う稀代の名2番打者を差し置いて起用されたにも拘わらず「2番など任されても何をしたらいいか分からない」などとほたえて、バント練習を早々と切り上げた過去を持つこの男にはとても2番ショートの聖域は任せられるものではない筈だ。そんなに右の2番を置きたいなら、川相を中日から返して貰う…のは無理にしても、売り出し中の坂本を起用すればいいではないかと、若大将の乱心でただでさえチームに不穏な空気が流れる中、今度は上原が「パ・リーグ開幕直後のこの時期に、何故、メジャーとやらねばならないのか!」と憤りを爆発させた。しかし、本番ではきっちり割り切る上原は先発して、2回を無失点。加藤,寿司職人ラミレスのタイムリーで3回までに2点のリードを奪うが、野間口が連続アーチを浴びて同点。9回に越智があと一人と言う所で連打を許して、2点を勝ち越された。その裏、坂本がこの日3本目のヒットでチャンスを作り、大道のタイムリーで1点差に迫ったが、あと一歩及ばなかった。

2番ショートにあの男と言う茂雄暗黒政権を思わせる最悪のシナリオが復刻されてしまい、この上ない絶望感が漂う巨人。歪みきった補強による顔ぶれとイカレた打順で構築される打線の中、最後の希望の星と言ってもいい坂本には何とか頑張って欲しいものだ。それにしても、上原の言う事はもっとも。もうこれは完全にパ・リーグに対する嫌がらせとしか思えない日程だ。ただし、鎖国政権の水島氏に対する嫌がらせとしては至極妥当だが…。

◆阪神6−5レッドソックス◆(オープン戦)
関本,藤本と二塁のレギュラーを争う平野が昨年、ワールドシリーズを制覇したレ軍相手にタイムリー含む3安打の活躍。加えて四球に犠飛と全打席で貢献するなど、チャンスメーカーである2番としての役割を果たし、開幕スタメンに当確ランプを灯した。試合は初回から2発のアーチで主導権を握ったレ軍が1点差で逃げ切った。

◆D11−2S◆(オープン戦)
3回までノーヒット,4回には満塁のチャンスを逃すなど、相変わらず、川相不在を痛感させる拙攻を展開していた中日だが、5回に川島慶のエラーに乗じて3点を拾って逆転に成功。8回には川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに西川,ベンちゃんと連続アーチが飛び出すなど、木田画伯相手に一挙7点のビッグイニングを形成した。先発の人斬り抜刀斎は苦手・青木に2安打され、リグスに被弾するなど、4回2失点に終わり、釈然としない表情。2番手の小笠原は3回1/3を無失点と結果を残した。

◆YB6−5C◆(オープン戦)
不振に喘いでいた主砲・村田が2ホーマーと爆発。開幕へ向けて、ようやくエンジンがかかってきた。ベテラン・石井タクローも2安打と好調をキープ。投げてははーちゅんが3回1失点とまずまずの内容。広島は開幕投手候補の大竹が6回を2失点と無難な内容。打っては開幕スタメンを巡る外野陣の争いが熾烈になってきた。不調だったオチョアが3安打と爆発。開幕スタメンは難しいと思われていたベテラン・緒方は途中出場で二塁打含む2安打と猛アピール。新井の人的補償でやってきた赤松もここまで不振だったが、足を生かした内野安打に二塁打と活躍。求道者・前田は代打での出場でファーストライナーに倒れており、開幕スタメンは微妙な気配が漂ってきた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:51コメント(0)トラックバック(15) 

September 23, 2007

◆G3−2YB◆
ハマのチンピラ,久保の両先発が立ち上がりから安定した投球を展開し、序盤は両軍ゼロ行進。先に大きなチャンスを掴んだのは巨人。5回、二死満塁とするも、ここで打席が回ってきてしまった久保は三振に倒れて三者残塁。依然として無失点投球を続ける久保は7回も簡単に二死を取りながら、吉村,内川と連続アーチを叩き込まれて、ついに先制点を献上。2点を追う巨人は8回、キムタク,マッスル千代の富士の連打で無死二、三塁のチャンス。ここで松田記者が右中間へ大飛球を放つも、ライト・内川がダイビングキャッチで抑える超ファインプレー。しかも、三塁走者の代走・古城がタッチアップでも余裕でホームイン出来た所を抜けたと思い込んでスタートを切ってしまい、逆戻りする大チョンボ。ここで横浜はガッツを敬遠し、前日4三振,この日も2三振を含む3タコと不振の李との勝負を選択。しかし、怒りに燃える李は右中間を深々と破る走者一掃のタイムリー三塁打を放ち、一気に逆転。ハマのチンピラはここで無念の降板となった。この後、巨人はニックンが死球で出るも、マットホワイトが一塁へ牽制した際に、何を血迷ったか李が本塁へスタートを切り、余裕でアウトとなる大チョンボ。代走・鈴木が二盗と悪送球で三塁へ進んだものの、阿部はファーストゴロに倒れて、追加点ならず…と嫌なムードが漂ったが、9回、守護神・上原が3人でピシャリと締めて、球団タイ記録の30セーブ目。4連勝の巨人は中日は入れ替わりで首位に返り咲いた

◆D0−5C◆
マジック点灯を狙う中日だが、またまた持病のタイムリー欠乏症が発症。初回一死一、三塁のチャンスをT.ウッズがゲッツーで潰すと、2回も一死一、二塁のチャンスをものに出来ない体たらく。先発・小笠原は2回まで3人ずつで抑える好投を見せていたが、味方打線の不甲斐なさにがっくりきた矢先の3回、先頭の嶋に11号ソロを被弾し、先制点を献上。その裏、中日は一死から荒木がヒットで出るも、二盗を仕掛けて憤死。この直後の中村紀にヒットが出る何ともチグハグな攻撃でまたも無得点。一方、広島は4回に求道者・前田が14号2ランを叩き込み、2点を追加。3点を追う中日は6回、ヒットと四球で無死一、二塁と絶好のチャンスを掴むも、T.ウッズ,森野,李があえなく凡退し、二者残塁。更に、続く7回は二死から3人の走者を出して満塁とするも、中村紀がショートゴロに倒れて、三者残塁とまたまたまたまたまたまた川相不在の弊害を大露呈。広島は8回にも求道者・前田がこの日2本目となる15号ソロをぶち混むと、9回には新井のタイムリーでダメ押しの5点目。広島先発・大竹は川相不在の中日の大拙攻に助けられながら、9回を投げきり、プロ初完封で8勝目をマークした。昨日はたまたま格下の投手相手に打線が爆発したものの、投手ランクが上がっただけで無様な攻撃を展開した中日の連勝は3でストップ。あまりの不甲斐なさに来季の川相現役復帰待望論はますます強まる一方だ

◆S3−0T◆
この大事な時期に連敗ロードに突入しつつある阪神はこの日も初回から先発・上園がユウイチのタイムリー二塁打で先制される苦しい展開。一方、ヤクルト先発・石井一は絶好調で5回まで死球1つ与えただけのノーヒットピッチング。阪神は6回、先頭の藤本がチーム初安打で出ると、代打・藤原のバントが川本のエラーを誘い、無死一、二塁のチャンス。続く鳥谷がきっちり送って、二、三塁としたものの、代打・浜中,野口と連続三振に倒れて、二者残塁。その裏、岡田監督は負けている場面ながらも早くも久保田を投入。久保田は2回をきっちり抑えると、8回からはウィリアムスが登場。今季ここまで僅かに自責点2のウィリアムスだったが、一死からユウイチ,飯原と連打を浴びると、続く宮本には走者一掃のタイムリー三塁打を許して、痛恨の2失点。これで一気に楽になった石井一は9回も簡単に3人で切り抜けて、今季初完封で8勝目。阪神はこれで4連敗となった。

◆F2−3H◆
松中のリタイアに合わせるかの様な4連敗でV奪回が遠のきつつあるソフトバンクはエース・斉藤和を立てての必勝態勢。一方、マジック点灯で余裕の日本ハムはルーキー・山本をプロ初の先発起用。焦るソフトバンクを嘲笑う様に3回まで0点に封じてきた山本だが、4回、ソフトバンクは先頭のハマのスペランカーがヒットで出ると、小久保が25号2ランを叩き込み、ついに待望の先制点をゲット。7回には伏兵・井手に2号ソロが飛び出して、3点目。中盤から走者を溜める苦しい投球を続けながらも、無失点で凌いできた斉藤和だったが、その裏、工藤,小谷野と連打を浴びた所で無念の降板。ここで代わったニコースキーが一死満塁から劇団ひちょりに2点タイムリーを浴び、1点差と詰め寄られたものの、辛くも後続を断ち切ると、8回からは水田−馬原と繋いで、逃げ切りに成功。マジック消滅とはいかないものの、首位・日本ハムとの差を2.5と戻した

◆M8−0Bs◆
ロッテは初回一死一、三塁の場面でズレータ,TSUYOSHIがダブルスチールを仕掛けて、1点を先制。続く2回にはオーティズが7号2ランを叩き込み、3点目。5回には早川のタイムリー二塁打で1点を加えた後、ズレータが歩いた所で偽バファローズ先発・川越をKO。更に、代わった香月からサブローのタイムリー二塁打,里崎の犠飛,ベニー松山,大松の連続タイムリーと畳み掛ける攻撃でこの回、一挙5点を奪い、試合を決定付けた。この所、そこそこの内容ながら、勝敗が全くつかない登板が続いていたロッテ先発・渡辺俊だが、大量リードをバックに余裕の投球で8回まで散発2安打。土壇場9回に2安打を浴びて、二死一、二塁のピンチを迎えたものの、最後は後藤をサードへのファールフライに打ち取り、今季2度目の完封で8月16日以来となる8勝目をマークした。

◆E5−4L◆
突然の連勝モードで最下位争いから逃げのびつつある西武に対して、最下位回避よりも4位浮上に燃える悪の温床・楽天は3回、高須のタイムリー二塁打で先制。1点を追う西武は5回に銀仁朗の2点タイムリー三塁打で一気に逆転すると、6回にはカブレラの25号ソロ,7回には栗山のタイムリーで着々と突き放す。しかし、粘る悪の温床・楽天はその裏、草野のタイムリー,ショートの押し出し四球等で3点を返し、同点とすると、続く8回には二死一塁からまたも草野がタイムリー二塁打を放ち、勝ち越しに成功。最後は小山がきっちり締めて、1点差を守りきり、西武の連勝を6でストップさせた

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 20:50コメント(1)トラックバック(83) 

June 01, 2007

◆S5−3Bs◆
偽バファローズは2回、牛込氏に「無理に決まってますよ! 夢よ、もう一度って事だろうけど、そんな選手が通用するほど、日本の野球は甘くないですよ」と酷評されたローズが2試合連続の18号ソロを叩き込み、先制するも、ヤクルトがその裏、猛攻を開始。一死一、二塁から米野の走者一掃タイムリー二塁打であっさり逆転すると、更に、二死満塁とした所で寿司職人ラミレスが走者一掃のタイムリー二塁打を浴びせて、この回、大量5点で先発・吉井をKO。4点を追う偽バファローズは4回、代打・水口のタイムリーで1点を返すと、6回にはラロッカが18号ソロを放り込み、2点差。ヤクルトは7回から先発・石井一を下ろして、継投モードに切り替えると、遠藤−木田−高津が1回ずつを無難に抑えて、逃げ切りに成功。石井一は約1ヶ月ぶりの4勝目。偽バファローズは7連勝の後、3連敗。

◆YB3−5F◆
初回から村田のタイムリーで先制された日本ハムは2回二死二、三塁,3回一死一、三塁,4回二死満塁と再三のチャンスにあと一本が出ない拙攻続き。しかし、5回、一死から三塁打の田中賢を稲葉のレフトフライで返して、ようやく同点。更に、青波の長瀬が歩いた亜、小谷野がレフトスタンドに2号2ランを運んで勝ち越しに成功。2点を追う横浜はその裏、二死一、二塁のチャンスにメカゴジラが走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、一気に同点。3−3の儘、迎えた8回、日本ハムは青波の長瀬,小谷野と連打を浴びせると、一死後、代打・小田が歩いて満塁となった所で金子誠がレフト前へ弾き返して、均衡を破る4点目をゲット。9回にも高宮の暴投でダメ押しの1点を加えると、最後は守護神・MICHEALが3人で仕留めて、逃げ切った。先発のルーキー・吉川は5回途中でKOとなったが、2番手の押本が2回1/3を抑える好リリーフを見せ、今季初勝利。チームはこれで9連勝となった。敗れた横浜は4連敗で5位転落。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 20:29コメント(0)トラックバック(12) 

May 06, 2007

◆G1−2S◆
開幕5連勝で月間MVPを獲得した春風亭半ケツはこの日も初回から三者三振と素晴らしい立ち上がり。一方、ヤクルト先発・石井一も先頭のマッスル千代の富士を歩かせたものの、そこから三者三振の快投を見せ、試合は両投手の息詰まる投手戦へ発展。0−0で迎えた6回表、一死から飯原の右中間への打球をこの回からホリンズに代わってセンターに入っていた鈴木尚が強引に取りに行って、痛恨の後逸。ボールが転々とする間に飯原は俊足を飛ばして、一気に三塁を陥れると続くガイエルのどん詰まりの打球がセンター前にポトリと落ちて、ついにヤクルトが1点を先制。7回には不振に喘ぐ宮出がライトスタンドギリギリに飛び込む今季初アーチを放ち、貴重な2点目を追加。8回裏、巨人は春風亭半ケツの代打・矢野がヒットで出ると、マッスル千代の富士のピッチャーゴロの間に二進。ここで松田記者が8球粘ってレフト線へタイムリー二塁打を放ち、ようやく1点。続いてこの日2安打と石井一に合っているガッツが9球粘ったものの、ピッチャーゴロに倒れると、李もサードへのファールフライに終わり、同点ならず。このピンチを切り抜けたヤクルトは9回から守護神・高津をマウンドに送り、3人で抑えて逃げ切り。ヤクルトは連敗を4でストップさせた。春風亭半ケツは打線に見殺され、ついに今季初黒星。それにしても、致命的な後逸をしたから言う訳ではないが、あのタイミングでホリンズを下げて、鈴木尚を投入した意図が納得出来ない。2安打に抑え込まれている中盤で攻撃力を落として(打率は鈴木尚の方が上だが)守備固めなどと、リードもしていないのに6回で守りに入ってしまうと言うのは少々弱気な姿勢だったのではなかろうか。

◆D3−7YB◆
中日先発・山本昌に対して、横浜は2回、先頭の村田がレフトスタンドへ5号ソロを放り込み、1点を先制。更に、一死一塁から吉村にも3号2ランが飛び出し、この回、3点。前日、死球を食らった森野を欠く中日は巨人戦限定好投手・土肥の前に3回まで僅かに1安打と沈黙していたが、4回、二死一塁から中村紀が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにレフトスタンドへ5号2ランを放り込み、1点差。しかし、5回以降は快音が聞かれず、あと1点が届かない。山本昌は3回以降、追加点を許さない好投を見せたが、打線の援護に恵まれず、7回限りで降板とまたも白星ならず。8回、山本昌に代わってマウンドに上がった2番手・平井に対して、横浜は鈴木なおのりのタイムリーで貴重な1点を追加。更に、9回には無死満塁から相川の走者一掃タイムリー三塁打でダメ押し。中日はその裏、T.ウッズが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに12号ソロをぶち込んだが、焼け石に水で連勝は3でストップした。

◆T−C◆
降雨中止。

◆H4−6L◆
西武は2回、ヒットのカブレラが田之上のボークで二塁へ進んだ所で栗山がセンター前へ先制タイムリー。3回には礒?が2号2ラン,4回にはG.G.佐藤が8号ソロ、更に、5回には中島の2号ソロ,ベンちゃんの5号ソロと一発攻勢で着々と加点。大量6点を追うソフトバンクは7回、代打・本間の2号2ランと本多の2点タイムリー二塁打が飛び出して、2点差まで詰め寄ったが、8回はミッチー,9回は小野寺と繋ぐ西武のリレーの前に反撃を断ち切られた。

◆F1−0Bs◆
日本ハムが初回一死一、二塁のチャンスをゲッツーで潰せば、直後の2回、偽バファローズも同じく一死一、二塁のチャンスにゲッツー。序盤のピンチを逃れ、伊集院光の弟子・金村,セラフィニの両先発は徐々にペースを上げ、いずれも5回まで無失点。0−0の儘、迎えた6回、日本ハムは飯山,劇団ひちょりの連続二塁打でついに均衡を破る先制点をゲット。土壇場9回、守護神・MICHEAL投入で逃げ切りを図った日本ハムだが、よもやの3連続四死球で無死満塁のピンチを背負う大乱調であえなく降板。しかし、急遽、マウンドに上がった武田久がラロッカ,ローズと連続三振に斬って取ると、下山をショートゴロに打ち取る完璧なリリーフを見せ、完封リレーを達成。日本ハムはこれで4連勝。また、2000安打へ3本と迫る田中幸は5番スタメンで起用されたが、3タコに終わった。尚、敗れた偽バファローズはゴールデンウィーク全敗の9連敗

◆M−E◆
降雨中止。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:01コメント(2)トラックバック(25) 

September 28, 1998

巨人◆若大将、今世紀中の監督就任へ黄信号!
来季から、入閣する事が確実視される世界の主砲・原辰徳の今世紀中の監督就任に黄信号が灯った。日本テレビの氏家社長が茂雄の1年限定の任期延長に反発。「とりあえず1年と言ったが、来季の結果如何で、もう少しやって貰うかも…」と2000年までの続投を示唆。また、ナベツネは「来季惨敗なら、森監督の再度招聘もありうる」とし、再来年から、すんなり原内閣とはいきそうもない気配だ。
 
巨人◆悪太郎退団、山田久志氏招聘へ!
悪太郎・堀内ヘッドコーチが「(優勝が難しくなった)責任をとる」格好で今季限りでの退団を申し出、了承された。巨人は、これにより、昨年からアプローチをかけていた元オリックスの山田久志氏に再度、招聘をかける事が濃厚と思われる。山田の招へいにあたり、ネックとなっていた堀内の存在だが、この退団劇が、入閣への追い風となるか?

近鉄◆ヨッシャー佐々木、謎の投手起用!
新人王争いの一角・真木を中継ぎ、大塚がいるので先発に回った筈の赤堀を抑えに起用するなど、不可解な投手リレーを展開した近鉄は、田辺にドン詰まりのサヨナラヒットを浴び、むざむざむ西武のマジックを減らしてしまった。

ヤクルト◆ヤクルト、また首位いじめ!
ノムさんの退陣が決定、Bクラスも決定し、目標を失っている筈なのに、終盤に入って、横浜戦だけ妙に執念を燃やすヤクルトは、この日も首位いじめ。打っては14安打で大量11点を奪い、投げては、石井一が8回1失点の力投で、快勝。横浜のマジックを消滅させた。試合前のノムさんの「プロには義務と指名があるやろ。それを果たさんかい」の檄が利いたか!?

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:30コメント(0)トラックバック(0) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ