矢野輝弘

September 15, 2009

◆G3−5T◆
0−0で迎えた3回、巨人はガッツのタイムリー二塁打で先制。直後の4回、新井のタイムリー内野安打で追い付かれるが、その裏、阿部の犠飛で再び勝ち越し。1点を追う阪神は6回、一死から鳥谷がレフトスタンドへ16号同点ソロを叩き込むと、更に、キュラソ星人,新井が連打を浴びせると、二死後、関本がタイムリーを放って、勝ち越しに成功。しかし、その裏、巨人はまたも阿部が27号ソロをぶち込んで同点。試合はその儘、延長に突入した。10回、両軍共に、クルーン,藤川と早くも守護神を投入。いずれも1イニング目はきっちり抑えたが、続く11回、クルーンは坂本のエラーで二死二塁のピンチを背負うと、矢野にライトスタンドへ2号2ランを被弾し、勝ち越し点を献上。粘る巨人はその裏、亀井,松田記者と連打を浴びせ、無死一、二塁のチャンス。ここで好調・阿部が会心の打球を放つも、これがセカンド正面への痛烈なライナーとなり、飛び出した亀井も戻れず、最悪のゲッツー。最後は代打・古城が三振に倒れ、ゲームセット。2回を無失点に抑えた藤川に5勝目がついた

◆C3−5D◆
2回、中日は四球にエラーと拾い物のチャンスに英智が先制タイムリー。5回には一死一塁から井端,荒木の連打で満塁とした所で森野がレフト前へ2点タイムリーを放ち、3点のリード。しかし、6回まで散発3安打無失点の好投を見せていた先発・ウッチャンが7回、いきなり井端のエラーで足を引っ張られると、川相不在の重さを思い出してしまったのか、続くマクレーンに痛打されると、一死後、天谷に5号3ランを放り込まれて、試合は振り出しに。動揺を隠せないウッチャンはここから3連続四球を与えて、失意のKO。しかし、ここで代わった浅尾が後続を断ち切り、辛くもピンチ脱出。試合はその儘、延長に突入した。迎えた10回、二死走者なしと言う中途半端な場面から、何故か引っ張り出された守護神・永川だったが、代わりばなブランコに痛打されると、続くベンちゃんに川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに27号2ランを叩き込まれて、勝ち越し点を献上。その裏からマウンドに上がった守護神・岩瀬は一死から東出に二塁打を浴びたものの、落ち着いて後続を抑え、2年ぶりの40セーブ目。1回を三者凡退に打ち取った3番手の河原が3勝目をマークした

9/15 高田監督◆YB6−5S◆
ガッツな貴公子・仁志に続き、カリメロも戦力外通告されるなど、人員整理が始まり、士気が下がる一方の横浜は8連敗と泥沼のチーム状態に苦しんでいるヤクルト相手に、初回から青木のタイムリーで先制されると、2回には福地,川島慶と連続タイムリーを許し、早くも3点のビハインド。その裏、内野ゴロの間に1点を返したものの、5回、山崎のエラーで作ったピンチに宮本,田中と連続二塁打で2点を失い、先発・ハマのチンピラはこの回限りで降板となった。4点を追う横浜は6回、金城が7号ソロを叩き込むと、7回には斉藤俊,金城の連続タイムリーで1点差。更に、山崎が内野安打で繋ぎ、ヤクルト先発・石川をKOすると、代わった吉川から内川がタイムリーを放ち、ついに同点。土壇場9回、ヤクルトはこの所、投げては決勝打を打たれまくっている松岡を投入。すっかり負け癖がついている松岡は2本の内野安打を許してピンチを作ると、内川を敬遠し、満塁とした所で、ジョンソンにライト前タイムリーを浴び、サヨナラ負け。4点差を引っ繰り返されたヤクルトは17年ぶりの9連敗となった。

◆Bs4−12H◆
2年連続2桁勝利へリーチをかけている山本は初回、簡単に二死を取りながら、松中を歩かせると、小久保に内野安打を許した所でハマのスペランカーに走者一掃のタイムリー二塁打を浴び、2点を献上。4回には本多にタイムリーを浴びると、続く5回にはまたもハマのスペランカーに16号2ランを被弾し、この回限りで無念のKO。5点を追う偽バファローズはその裏、岡田の6号ソロでようやく1点を返すと、坂口のヒット,カブレラの四球で一、二塁とチャンスを広げるが、ローズがファーストゴロに倒れて、1点止まり。8回には連打と四球で無死満塁とするも、岡田のセカンドゴロゲッツーの間に1点を返すのが精一杯。2点差と追い上げられたソフトバンクだが、土壇場9回、松中の23号ソロを皮切りに、6長短打を集中して、大量7点を奪い、試合を決定付けた。先発の高橋秀は5回2/3を1失点に抑え、3勝目

◆F5−2E◆
楽天は初回、四球出歩いた渡辺直が盗塁と内野ゴロで三進すると、鉄平の犠飛で先制のホームイン。その裏、二死満塁のピンチを切り抜けると、直後の2回には青波の長瀬,憲史,中島の3連打で無死満塁とした所で、草野のゲッツー崩れの間に2点目を追加。なおも一、二塁のチャンスだったが、後続が倒れて、1点止まり。2点を追う日本ハムは4回、糸井の13号ソロで1点を返すと、6回には一死からスレッジが21号ソロを叩き込み、同点。更に、この後、連打と四球で満塁とすると、金子誠,田中の連続タイムリーで3点を勝ち越し、楽天先発・岩隈はこの回限りでKO。楽天は4回以降、一人の走者も出す事が出来ず、完敗。日本ハムのマジックは1つ減って17となった。先発の武田勝は7回2失点で8勝目

◆M2−3L◆
初回、ロッテはエラーで貰ったチャンスに井口が先制タイムリー。しかし、直後の2回、西武は二死からG.G.佐藤の四球,原のヒットで一、二塁とした所で銀仁朗がセンター前へ弾き返し、G.G.佐藤が同点のホームイン。1−1で迎えた5回、ロッテは今季初スタメンの角中が右中間突破の三塁打。この後、西岡,早坂と倒れたものの、またも井口がタイムリーを放ち、勝ち越しに成功。西武は7回、先頭の礒?が二塁打で出ると、二死後、代打・上本がタイムリーを浴びせて、再び同点。2−2で迎えた土壇場9回、西武は先頭の中村が二塁打で出ると、代打・佐藤が送った後、G.G.佐藤が敬遠され、ここでロッテ先発・渡辺俊をKO。代わった荻野から原が死球を食らって満塁となった所で上本が犠飛を打ち上げ、ついに勝ち越し。その裏、ベイリス−星野と繋いで、逃げ切った。1回を無失点で切り抜けた2番手の大沼に4勝目が転がり込んだ

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:26コメント(0)トラックバック(22) 

September 13, 2008

◆G9−8S◆
鈴木尚の先頭打者アーチで先制点を貰ったバーンサイドだったが、直後の2回、突如、制球を乱し、1安打2四死球で無死満塁のピンチ。ここで川島慶にも押し出し死球を食らわせ同点とされると、続く川本には犠飛を許して、勝ち越し点を献上。巨人はその裏、マッスル千代の富士の16号ソロ,阿部の16号ソロで逆転するが、4回、ヤクルトは川本のタイムリー二塁打で同点。追い着かれた巨人はその裏、一死満塁から坂本が勝ち越し2点タイムリーを放つと、二死後、鈴木尚が走者一掃のタイムリー三塁打を浴びせて、この回4点。しかし、粘るヤクルトは1点ずつ取り合って迎えた6回、田中の4号ソロ,福地の2打席連続8号3ランで一気に同点。更に、3連打で一死満塁と勝ち越しのチャンスを作るが、飯原はサードゴロ,田中はライトフライに倒れて、同点止まり。8−8の儘、迎えた8回、巨人は先頭の阿部がこの日2本目となる17号ソロを叩き込み、三たび勝ち越し。土壇場9回、満を持して登場した守護神・クルーンだったが、いきなり3連続四球を許して、無死満塁の大ピンチ。しかし、代打・ユウイチをファーストゴロに仕留めて、ようやく落ち着きを取り戻したか、続く福地を三振,宮本をショートゴロに打ち取って、辛くも凌ぎきった。

連日の一発攻勢で乱打を制し、巨人が3連勝。昨日に続いて、またまた白星が転がり込んできた山口の強運たるや恐るべし。クルーンが3連続四球をかました時にはどうなる事かと思ったが、よくもまぁ、あそこから凌いだものだ。これでクルーンは球団新記録の33セーブ目。敗れたヤクルトはこれで5連敗。ヤクルト打線も決して弱くはないのだが、いかんせん破壊力が違う訳で、巨人相手にノーガードの打ち合いを挑んではいかんだろう。田中や福地の短距離打者が必死こいて一発を放たなくてはいけない辺りが苦しい所だ…。

◆YB5−4D
中日は2回、先頭のベンちゃんがヒットで出るも、続く中村紀が最悪のサードゴロゲッツー。この後、デラロサ,谷繁と連打を浴びせるも、吉見がショートゴロで二者残塁と相変わらずのチグハグな攻撃を展開。すると、その裏、横浜は先頭の吉村が30号ソロを叩き込み、先制。しかし、直後の3回、中日は一死二、三塁からT.ウッズが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに32号3ランを場外にかっ飛ばし、逆転に成功。5回には桑原謙の暴投でタナボタの4点目を追加。3点を追う横浜は6回、先頭の石井タクローが内野安打で出ると、一死後、内川がタイムリー二塁打を放ち、2点を追加。8回には二死二塁から内川のタイムリーで1点差と詰め寄ると、続く村田が2試合連続となる38号2ランをぶち込んで、一気に逆転。最後ははーちゅんが二死一、二塁のピンチを背負いながらも、逃げ切った。

中日がまたまた一発依存症,タイムリー欠乏症を露呈し、逆転負けで貯金が消滅。山口が白星を稼ぎまくっている事で新人王に黄信号が灯っている吉見は6回途中降板でリリーフ陣に後を託したが、白星を消されてしまった。横浜は村田,吉村が連夜のアベックアーチで連勝。吉村は自己初の大台に到達し、村田はついに寿司職人ラミレスを抜いて、単独1位に躍り出た。

◆T1−0C◆
広島は初回、二死満塁のチャンスに石原がファーストライナーに倒れて、先制ならず。2回には小窪が四球で出るも、ルパン広瀬がゲッツーを食らうなど3人で攻撃終了。3回一死二塁,4回一死一、二塁のチャンスもモノに出来ず、一向に先制点を奪えない。しかし、先発・前田健が阪神打線を8回まで無失点に抑え込み、0−0の儘、土壇場9回へ突入。広島は鳥谷のエラー等で一死一、二塁とするも、小窪,代打・喜田と打ち上げて、二者残塁。その裏、2番手・シュルツも0点で切り抜けて、延長へもつれ込んだ。10回、阪神は先頭の葛城イクローがヒットで出塁。関本のバントはまともに転がってしまい、走者が入れ替わった所で矢野がレフトフェンス直撃の二塁打。嶋がもたついている間に関本は一気に本塁を陥れ、サヨナラ勝ちを収めた。

阪神が19イニングぶりの得点でまたまたサヨナラ勝ち。藤川はここ5試合で3勝の荒稼ぎだ。広島は序盤の拙攻が響き、好投の前田健を見殺し。と言うかり、前田健はまだ投げられた筈だ。もうシーズン終盤だと言うのに、ブラウン監督はいつまで球数制限などと言う縛りに固執するつもりなのか。阪神の様に同点でも必死こいて守護神を送り込み、是が非でも勝ちに行こうと言う様な姿勢をブラウン監督に期待するのは無理なのか。また、案の定、求道者・前田がフル欠場に追い込まれてしまったのも問題だ。0−0と言う試合展開では下手に一発でも打たれたら勝利の立役者になってしまう事を危惧したに違いない。まったく、この男は3位浮上や5割復帰よりも、求道者・前田をシメ倒す事の方が優先事項だってんだから、イカレている。それが逆に来季の続投条件を不成立に導く事に繋がろうとも、求道者・前田をシメ続けると言う固い信念は決して揺らぐ事はないのだろうか…。

◆M9−6H◆
初回、森本,ハマのスペランカーの連続二塁打で先制したソフトバンクは3回には一死一、三塁から松中の犠飛で2点目。しかし、その裏、ロッテは一死二、三塁からフクーラのセカンドゴロの間に1点を返すと、橋本が8号2ランを叩き込み、逆転。更に、続く大松にも22号ソロが飛び出し、この回4点。2点を追うソフトバンクは6回、オーティズのエラー,松中,大村の連打で満塁とし、成瀬をKOすると、代わった伊藤から松田が2点タイムリーを放ち、同点。更に、一死後、代打・柴原のヒットで再び満塁とするが、田上,本多と倒れて、三者残塁。しかし、その裏、ホールトンがサブロー,オーティズと被弾した上、早川を歩かせてKO。代わった三瀬も西岡にタイムリー二塁打を浴びて、この回3失点。ソフトバンクは田上の2号2ラン等で追い上げたものの、代打・ズレータのタイムリー二塁打等で突き放され、5位転落となった。

ロッテが逆転勝ちで連敗を3でストップさせ、ソフトバンクと入れ替わりで4位浮上。しかし、気がかりなのは成瀬。6回4失点降板で7月19日以来5試合白星なしとなり、2桁勝利はかなり厳しくなってきた。一方、ソフトバンクはホールトンが4発被弾と炎上。打線もロッテを上回る13安打を放ちながら、詰めの甘い攻撃が響いた。

◆F7−4Bs
4連勝中の偽バファローズは初回から二死満塁と絶好の先制チャンス。しかし、後藤がセカンドゴロに倒れ、三者残塁。すると、その裏、日本ハムは一死二、三塁から高橋が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、2点を先制。3回に稲葉が18号ソロを叩き込むと、続く4回には金子誠の2点タイムリー二塁打で5点目。更に、6回には小谷野のタイムリー,劇団ひちょりの押し出し四球で2点を追加。偽バファローズは8回にカブレラの犠飛,北川の12号3ランで4点を返すと、9回には2四球で二死一、二塁と一発が出れば同点と言う場面でカブレラに回したが、カブレラはレフトフライに倒れ、あと一歩及ばなかった。

2桁勝利を前にしながら、山本が2試合続けて早期KOされると、2番手・本柳も炎上。終盤、意地を見せたものの、届かずに偽バファローズの連勝は4でストップ。西武との差は再び5と拡大してしまった。日本ハムはコツコツと加点しながら、主導権を握り、5割復帰。グリンは7回無失点の好投で3連勝。

◆E0−12L◆
楽天先発・片山に対して、西武は初回、片岡が四球,栗山が内野安打で出ると、一死後、重盗を決めて二、三塁。ここで江藤が先制犠飛を打ち上げると、中村,高山と連続タイムリーを浴びせて、この回3点。2回途中から代わった小山の前に沈黙していた西武だったが、7回、一死から銀仁朗,佐藤の連打で一、三塁とすると、片岡が4号3ランを放り込み、一気に3点を追加。更に、8回に4連打等で4点を奪うと、9回には中村の39号ソロ等でダメ押しの2点を追加。投げては先発・帆足が楽天打線に付け入る隙を許さず、今季3度目の完封を達成した。

西武が打っては15安打12得点と打線爆発、投げては1ヶ月白星から遠ざかっていた帆足が散発3安打完封と、投打噛み合う圧勝でマジックを2つ減らして11とした。楽天は片山に早々と見切りをつけた所までは良かったが、小山を6イニングも引っ張ったのが裏目に出た。敗戦処理で出てきた長谷部も2回6失点の大炎上。最早、中継ぎとしても一軍に置いておけない状態だと思うのだが…。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:55コメント(0)トラックバック(26) 

September 09, 2008

◆D2−3G◆
制球に苦しむ小笠原に対して、巨人は初回、1安打2死球で二死満塁とすると、前の試合で3三振と怒濤のインケツぶりでインケツパワーを充電させたあの男のショートへの打球がデラロサの悪送球を誘い、2点を先制。2点を追う中日は3回、二死から森野が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに16号ソロを叩き込み、1点差。5回には一死から四球と内野安打で一、二塁とするも、森野,荒木と倒れて、二者残塁。巨人先発・上原はこの回限りで降板となったが、6回から越智が2イニングをノーヒット5三振の好リリーフ。しかし、8回からの豊田投入が裏目。いきなり森野,荒木と連打を浴びて同点とされると、李に犠打を許した後、T.ウッズにタイムリー二塁打を浴び、勝ち越し点を献上。中日は9回から守護神・岩瀬を投入して、逃げ切った。

巨人が継投策に失敗し、痛恨の連敗でまたまた自力優勝が消滅。2回以降、走者を出しながら、攻めきれなかったのが痛かった。上原は5回を3安打1失点と好投したが、5回にして100球も投げてしまい、早期降板を余儀なくされ、リリーフ陣に負担をかけてしまった。最下位・横浜相手に息を吹き返した中日は逆転で4連勝。岩瀬は史上初となる4年連続の30セーブをマークした。

◆T3−2S
阪神は初回、ヒットで出たシャア少佐が盗塁と悪送球で一気に三塁を陥れると、平野が歩いて、一、三塁となった所で関本のサードゴロの間に1点を先制。キュラソ星人がヒットで繋いだ後、鳥谷が犠飛を打ち上げ、この回2点。1,2回とゲッツーを食らうなど、攻めあぐねていたヤクルトだが、5回、無死二塁から川島慶のタイムリーで1点を返すと、福川のセカンドゴロで一死二塁となった所で投手のゴンザレスにタイムリーが飛び出し、試合は振り出しに。しかし、ヤクルトは6回以降、阪神の継投の前にパーフェクトに抑え込まれ、勝ち越し点を奪えない。阪神も8回に二死二塁から代打の悠久の若虎・桧山がヒットを放つも、キュラソ星人が本塁憤死。延長に突入かと思われたが、9回裏、阪神は途中から守備に入っていた矢野が4号ソロを叩き込み、劇的なサヨナラ勝ちを収めた。

阪神が粘りのサヨナラ勝ちで六度目のマジック「20」を点灯させた。新人王を狙う岩田は6回2失点と最低限の仕事は果たしたが、打線の援護に恵まれず、白星は掴めず仕舞い。しかし、アッチソンが2回をパーフェクト投球,9回からは同点の場面ながらも起用された藤川が3人でピシャリと締め、矢野のサヨナラ弾を呼び込んだ。敗れた巨人共々、スコアは3−2。一歩間違えば、その差は3となっていただけに、阪神にとっては、最高の目が出た格好だ。

◆C3−8YB◆
初回、広島は連打で一、三塁とすると、一死後、栗原の併殺崩れの間に先制。続く2回には先頭の石原が9号ソロを叩き込むと、二死後、投手のルイスが2号ソロを放って、3点目。3点を追う横浜は4回、無死満塁からメカゴジラのタイムリーで1点を返すと、一死後、武山はショートゴロに倒れて、ゲッツーと思いきや、石川が悪送球を犯し、ボールが転々とする間に二者が返って同点。3−3で迎えた6回、横浜は内野安打のメカゴジラを金城が送ると、二死後、投手の吉見が自ら勝ち越しのタイムリー二塁打。続く7回には5長短打を集中し、一挙4点を奪い、試合を決定付けた。

自ら一発を放ち、3回まで無失点の投球を見せた時にはルイスが投打に渡る活躍でハーラートップタイに並ぶかと思われたが、3回以降1安打と完全に立ち直った吉見が自ら決勝点を叩き出しての今季初完投勝利とルイスを上回る活躍。中日3連戦では湿りきっていた打線も16安打と当たりを取り戻し、連敗を3で止めた。

◆H1−3E◆
両軍共に3回まで4安打を浴びせながら、先手を取れない拙攻合戦。しかし、4回、楽天は内村,フェルナンデスと連続内野安打で出ると、青波の長瀬が先制のタイムリー二塁打。更に、山崎武,ショートもタイムリーを放ち、5連打でこの回3点。その裏、ソフトバンクは一死から小久保,松田と連打を浴びせ、二、三塁とするも、大村,高谷と連続三振に倒れて、二者残塁。しかし、続く5回、ヒットの森本を二塁に置いて、ハマのスペランカーがタイムリーを放ち、ようやく1点。続く6回には一死から松田が二塁打で出るも、大村,高谷と内野ゴロに倒れて、無得点。8回には2本のヒットで二死一、二塁とするが、大村がピッチャーゴロに倒れて、二者残塁。最後は抑えのグウィンの前に反撃を断たれた。

岩隈相手にガトームソンで挑むと言う分の悪い試合にしては互角に渡り合ったソフトバンクだったが、結局、善戦虚しく4連敗で約4ヶ月ぶりの5位転落。2ヶ月ぶりに戦列復帰となった柴原も外野にすら飛ばせぬ5タコと音なし。ハマのスペランカーと柴原が戻ってきても、一向に起爆剤になる気配が見られない。川崎が戻ってこないと如何ともし難いのか。この儘、連敗ロードを歩み、借金生活にハマらぬ様に祈るばかりだ。岩隈は8回で11安打を浴びながらも、無四球と安定した投球で要所を締めて、ハーラー独走の18勝目。いよいよ20勝へあと2つと迫った。

◆L1−4F
日本ハム先発・ダルビッシュに対して、西武は2回、二死から中村が37号ソロを叩き込み、1点を先制。西武先発・石井一の前に4回まで無失点に封じ込まれてきた日本ハムだが、5回、先頭の鶴岡が二塁打を浴びせると、二死後、田中が死球を食らって、一、三塁。ここで稲葉が同点タイムリーを放つと、続く高橋がレフトスタンドへ6号3ランを叩き込み、3点を勝ち越し。4,5,6回と3人ずつで打ち取られた西武は7回、先頭の中島が二塁打で出るも、江藤はファーストへのファールフライ。礒?,中村は連続三振に倒れて、中島は二塁に釘付け。土壇場9回、日本ハムはダルビッシュから守護神・MICHEALにスイッチ。これで流れを変えたい西武だったが、片岡,栗山と倒れて、あっと言う間に二死。ここで中島かヒットを放ち、望みを繋いだが、江藤は三振に倒れて、ゲームセット。

鬼門・西武吹き抜けドームで日本ハムが今季初勝利を果たし、5位から一気に3位浮上。ダルビッシュは8回を無四球3安打12三振で1失点と言う快投で西武打線に付け入る隙を許さなかった。4番に復帰した高橋は値千金の決勝3ラン。西武は最後の大砲・中村の一発のみの1点に抑え込まれての完敗。マジック14とは言え、悠長にはしていられなくなってきた。

◆Bs4−3M◆
偽バファローズは2回、先頭の北川が西岡のエラーで出ると、ここから後藤,日高,大引,小瀬と4連打を浴びせて、3点を先制。直後の3回、ロッテは里崎のヒット,根元の四球で一、二塁とすると、二死後、早川がタイムリーを放ち、まず1点。更に、続く橋本が走者一掃のタイムリー二塁打を浴びせて、一気に同点。追い着かれた偽バファローズは5回、二死一、二塁から後藤のタイムリー二塁打で勝ち越しに成功。先発・小松は7回まで追加点を許さずに投げきると、8回からは菊地原−加藤と繋いで、1点差を守りきった。

偽バファローズが接戦を制して、今季最多の貯金5。首位・西武との差を5にまで詰めた。先発・小松は一時は3点差を追い着かれたものの、その後は立ち直って、12勝目と新人王へ大きく前進。ロッテは3回に爆発した以外はチャンスらしいチャンスも掴めず、4位転落。先発・渡辺俊も5回4失点と期待を裏切った。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:39コメント(0)トラックバック(27) 

August 19, 2008

◆日本10−0中国◆
準決勝進出へ王手をかけた日本の相手はアストロ球団との実戦経験がある男・ラフィーバー監督(元ロッテ)率いる中国。初回は三者凡退に終わるも、続く2回、二死一塁からG.G.佐藤(西武),矢野(阪神),西岡(ロッテ)の3連続タイムリーで先制すると、続く3回には今大会勝負強さを発揮している稲葉(日本ハム)がタイムリー二塁打。6回には二死走者なしから矢野が歩いた後、西岡が2ランを叩き込むと、更に、青木(ヤクルト)の四球の後、4連打で4点を奪い、10点目。投げては先発・涌井(西武)が7回を散発2安打無四球無失点と、二塁すら踏ませぬ快投を展開。日本は7回コールドの圧勝で準決勝進出を決定させた。

◆オランダ0−4カナダ◆
カナダが4投手によるリレーでオランダに付け入る隙を許さず、2安打完封を果たしたが、日本,アメリカも勝ってしまい、準決勝進出の道は断たれてしまった。

◆韓国7−4キューバ◆
全勝同士の対決となったこのカード。2回に3点を先制された韓国だが、4回に一挙5点を奪って、逆転すると、その後も着々と加点し、逃げ切り。全勝を守って、予選1位が確定した。敗れたキューバは2位が確定。

◆アメリカ4−2台湾◆
勝てば準決勝進出のアメリカだったが、4回までゼロ行進と大苦戦。5回には先制点を許してしまうが、その裏、すかさず追い着くと、6回には2点を奪って、勝ち越し。その儘、逃げ切って、準決勝進出を果たした。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:50コメント(0)トラックバック(13) 

July 18, 2008

◆YB6−7G◆
巨人は初回、鈴木尚の三塁打が内野ゴロの間に先制のホームイン。3回には寿司職人ラミレスの27号2ラン等で3点を追加すると、5回にはガッツの19号ソロ等で4連打でまたも3点を追加。先発・グライシンガーは2発のアーチを浴びるなど、調子が悪いながらも、6回を3失点で切りぬけ、先発としての最低限の仕事は果たした。しかし、8回、3番手・豊田がいきなり3連打で1点を返され、あえなくKO。代わった藤田も石井タクローにタイムリーを浴びると、いよいよ引っ張り出されたクルーンも武山を三振に取りながら、暴投振り逃げで1点を許して、1点差。しかし、何とかこの回を凌いだクルーンは9回は3人で締めて、辛くも逃げ切った。

流石に、この展開で上原は引っ張り出されなかった。まぁ、上原でも豊田でも似た様な結果になってしまった訳だが、豊田KOの後で残されたピンチにはとても今の上原は使えないだろう。ここで使ってしまう様なら、若大将・原監督は完全に星野監督の犬である。果たして、上原は本当の星野監督の下で復活するのか? そんな短期間で復活してしまったらしまったで、若大将の立つ瀬がないと言うものだが…。

◆D1−2T
人斬り抜刀斎,下柳の両先発が互いに譲らず、5回まで0−0の投手戦。先手を取ったのは中日。6回、一死から荒木が鳥谷のエラーで出塁すると、井端,森野と連打を浴びせて、ついに先制。なおも追加点のチャンスだったが、T.ウッズが最悪のショートゴロゲッツーで1点止まり。1点を追う阪神は7回、先頭のキュラソ星人の16号ソロであっと言う間に同点。1−1で迎えた9回、中日は同点ながらも早くも守護神・岩瀬をマウンドに送ったが、これが大誤算。阪神はいきなり先頭の鳥谷がヒットで出ると、一死後、代打・高橋光,関本,矢野の3連打で勝ち越しに成功。その裏、満を持して登場の藤川は一死一、二塁のピンチを迎えたものの、後続を断ち切った。

相変わらず、中日はタイムリーも出ず、頼みの一発すら出ない拙攻で8回10三振、ソロ1発のみの1失点と好投を見せた人斬り抜刀斎を見殺し。岩瀬の乱調は誤算だったが、それ以前に打線が打たなくては如何ともし難いだろう。こんな調子では優勝どころか5位転落となる可能性も十分に考えられる状況。この危機的状況を脱する為にも名手・川相の現役復帰を図るべきだろう。

◆S8−3C◆
ヤクルトは初回、川島慶の2号ソロで先制。4回に嶋のタイムリーで同点とされるも、5回、二死走者なしから内野安打2つを続けた後、田中がこの日3安打目となるタイムリーを放って、再び勝ち越し。またも追う展開となった広島は直後の6回、嶋のタイムリー二塁打,シーボルのタイムリー三塁打で逆転に成功。しかし、7回、4番手・シュルツが2四球,牽制悪送球に暴投と大荒れの末、飯原にタイムリー三塁打を浴び、またも逆転を許すと、5番手・梅津も連続四球で満塁とした挙げ句、代打・川端に走者一掃のタイムリー二塁打を浴び、試合を決定付けられた。7回を3人で抑えたヤクルト2番手・五十嵐は今季初勝利。

求道者・前田はまたもフル欠場。ならば、この結果も仕方ないと言わざるをえない。栗原が2安打,嶋が3安打と4,5番が爆発しても、3点しか取れないのは、士気が上がらず爆発力が生まれないからだ。勿論、その士気を下げているのは肝心要の指揮官な訳だが…。2度目の先発となったコズロースキーは5回を自責点1とまずまずの結果で今後も先発ローテとして使えるメドが立ったのは幸いだが、投球以前にフィールディングを何とかした方がいいな…。

◆E−H◆
降雨中止。

◆M6−8L
ロッテの先発はいよいよ水島の呪いが始動した唐川。初回にサブロー,大松のタイムリーで2点のリードを貰ったのも束の間、直後の2回、無死一、二塁から礒?のタイムリーで1点を返されると、続く後藤には3号3ランを被弾し、あっさり逆転される始末。更に、この後、自らのエラーでピンチを作った挙げ句、ブラゼルに2点タイムリーを許して、大量6失点。結局、唐川は3回限りで失意の降板となった。この後、ロッテは里崎の2ラン等で1点差まで追い上げたものの、9回に中島のタイムリで息の根を止められた。

唐川が悪夢の3回6失点KO。「ドカパロ」に引っ張り出された途端の大炎上は正に呪いの影響を色濃く感じさせる結果だった。トンガに続いて、更なる新しい芽が潰されない事を祈るばかりである。呪いが始まった途端に7連勝を止められたロッテも不吉な連敗。この儘、3タテ食らって、西武を調子付かせた挙げ句、自らは最下位転落なんて事になったら目も当てられないが…。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:11コメント(0)トラックバック(29) 

July 05, 2008

◆D2−7G◆
中日先発・小笠原がいきなり3連打で先制を許すと、一死満塁となった所で阿部,岩舘と連続タイムリーを浴びて、4失点。その裏、中村紀のタイムリー等で2点を返して貰うも、直後の2回、ガッツに14号2ランを叩き込まれて、この回限りであえなくKO。巨人は3回にも初回に痛恨のスクイズ失敗をやらかした坂本が汚名返上のタイムリーを放ち、7点目。中日はその裏、一死一、二塁のチャンスに中村紀が最悪のゲッツー。4回一死一塁,5回一死二塁のチャンスも逃した中日は6回にも二死一、三塁のチャンスを掴み、春風亭半ケツをKO。しかし、ここで代わった上原の前に代打・立浪がファーストファールフライに倒れて、二者残塁。8回には3番手・豊田から先頭の中村紀がヒットで出るも、後続3人があえなく凡退。巨人も4回以降は拙攻続きだったが、序盤の猛攻がモノを言い、最後は山口が締めて、逃げ切った。

巨人が先発全員安打の猛攻で快勝。春風亭半ケツは苦しい投球内容だったが、打線の援護と中日の大拙攻に助けられ、4月24日以来となる3勝目を飾った。前回は背信投球を展開してしまった上原もピンチを切り抜けるなど、1回1/3を無失点。果たして、いつまでリリーフ登板を余儀なくされるのか気になる所だ。中日は森野,井端が一軍に復帰。井端はベンチだったが、スタメン復帰の森野は早速2安打と復調をアピール。しかし、チーム全体では11個の残塁を量産する相変わらずのタイムリー欠乏症を露呈。リリーフ陣はよく粘ったが、打線がこんなでは粘り甲斐もないと言うものだ。

◆C5−5S
広島は初回、オチョアの内野ゴロの間に先制すると、二死後、嶋,シーボル,梵と3連打を浴びせて、この回3点。2回に福川のタイムリー内野安打で1点を返されるも、その裏、オチョアの8号ソロで再び3点差とすると、3回には前田健の犠飛で5点目を追加。しかし、ヤクルトは5回、一死から3連打とエラーで1点を返すと、宮本が歩いて満塁となった所で青木の内野ゴロの間に3点目。更に、続く畠山が2点タイムリーを浴びせて、一気に同点。追い着かれた広島は7回、二死満塁と絶好の勝ち越しのチャンス。ここでようやく起用された求道者・前田だが、ただでさえスタメンで使われてこそ真価を発揮するタイプの上、ブラウン暗黒采配によりコンディションもどん底とあっては結果を出す事が出来ず、無念の三振。試合はその儘、延長に突入したが、両軍共に決め手に欠き、12回規定により引き分けに終わった。

求道者・前田抜きで5割到達にリーチと言う苦境に追い込まれた広島だが、勝利投手の権利を獲得目前の前田健の突如の乱調で追い着かれ、5割は明日にお預け。またまた軟禁された求道者・前田は珍しく真っ当な場面で代打起用された訳だが、ブラウン監督の意図は、度重なる暗黒采配によりコンディションもモチベーションもどん底に落ちきって結果を出せないであろう事を見越し、求道者・前田は重要な場面では使えないと言う既成事実をでっち上げる為であった事は想像に難くない。それだけに何としても結果を出したい求道者・前田だったが、まんまとブラウン監督の術中にハマってしまった。そもそも、真っ当な起用と言っても、スタメンでなく代打な段階で既に真っ当ではないのだ…。

◆YB4−9T◆
連勝街道を走り続ける阪神は2回二死走者なしから鳥谷がヒットで出ると、続く矢野が2試合連続3号2ランを叩き込み、2点を先制。3回の二死一、三塁のチャンスは逃したものの、続く4回には那須野の3連続四球で無死満塁とタナボタのチャンス。ここで代わった桑原謙の前に安藤,代打・葛城イクローと連続三振に倒れるも、関本が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、一気に3点を追加。更に、5回には矢野のタイムリー,バルディリスの犠飛で2点を追加。終盤も攻撃の手を緩めない阪神は7回にバルディリスのタイムリー,8回に新井の犠飛で1点ずつ追加。横浜は終盤,ビグビー,小関の一発等で4点を返したものの、大量失点を跳ね返すには至らなかった。

水島の呪いに苛まれている横浜では勢いを止めようがなく、阪神は破竹の5連勝。打線は一発含む4安打3打点の大爆発だった矢野を筆頭に14安打9得点の猛攻。連日の大勝でJFKを3枚とも2試合連続温存する事に成功した。投げては先発・安藤が5回無失点の好投で7勝目。いよいよ中日の差は10.5にまで広がったが、これだけ開くと、2位以下のチームも優勝を早々と諦め、アジアシリーズ出場権争奪戦出場権争奪戦とやらに照準を絞りやしないかと心配だ。ぶっちぎりの大差でシーズンを制覇した阪神が、下手すると5割にも満たないチーム相手にアジアシリーズ出場権争奪戦出場権争奪戦とやらのたかだか数試合に不覚を取っただけで日本シリーズ出場辞退に追い込まれる様な展開になったら、シャレにならんよなぁ

◆M12−6H◆
連敗ストッパーを託された大場だが、初回から一死満塁の大ピンチ。しかし、ここで昨日、グランドスラムを叩き込んだ大松,サブローと連続三振。2回の二死一、二塁のピンチも凌ぎ切ると、3回、ソフトバンクは本多の2号2ラン,松中のタイムリーで3点を先制。4回にも松田の8号ソロで1点を追加。しかし、食い下がるロッテはその裏、里崎がタイムリー。5回に松中の14号2ランで突き放されても、その裏、ベニー松山の2点三塁打で再び3点差に詰め寄り、大場をKO。続く6回には二死走者なしからヒットと2四死球で満塁とすると、大松の走者一掃タイムリー二塁打で一気に同点。更に、サブローが歩いた後、ベニー松山がタイムリー三塁打を浴びせて、2点を勝ち越し。7回には西岡の8号ソロ,大松の13号3ランで一気に4点を加え、ダメを押し、最下位を脱出した。

左手首負傷の小久保を欠きながらも、一時は5点差をつけ、今日こそ連敗脱出と思われたソフトバンクだが、終わってみれば、6点差つけられての大逆転負けで9年ぶりの7連敗。大場もイマイチだったが、高橋秀,小椋が酷過ぎた。一方、ロッテは渡辺俊が6失点KOを食らいながらも、4人のリリーバーが無失点の好投で逆転を呼び込んだ。フクーラは4安打,大松は6打点の大当たりだった。

◆F4−3Bs
日本ハム先発のスーパーさぶ・多田野はいきなり先頭の坂口を空振り三振に斬って取るも、振り逃げで生かしてしまうと、二死後、ローズ,下山と連続タイムリーを浴びて2点を献上。2回に金子誠のタイムリー内野安打で1点を返した日本ハムは3回には稲葉のタイムリーで同点。そして、5回には無死一、二塁からまたも稲葉が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、2点を勝ち越し。リードを許した偽バファローズは6回、ローズが21号ソロを叩き込み、1点差。更に、下山も二塁打で続いたが、日高は空振り三振に倒れて同点ならず。最後のピンチを凌いだ日本ハムは7回から建山−武田久−MICHEALとパーフェクトリレーを展開し、偽バファローズの反撃を断ちきった。

不敗神話が途切れてから連敗中の多田野だったが、粘りの投球で何とか3点に食い止め、打線とリリーフの援護を仰いで、23日ぶりの白星。打っては上位打線が稲葉の前にきっちりチャンスを作り、その期待に稲葉がきっちり応える理想的な展開だった。偽バファローズの1〜3番がノーヒットで好調・ローズの前にチャンスを作れなかったのとは対照的だった。

◆L3−2E◆
立ち上がりから制球の定まらない楽天先発・田中は初回、一死から栗山に二塁打を浴びると、2つの四球で二死満塁とした所で中村にも四球を与えて、押し出しで先制を許す体たらく。4回には一死から中村に18号ソロを被弾し、2点目を献上。西鉄先発・岸の前に攻めあぐねていた楽天だが、7回、一死一塁から高須がタイムリー二塁打を放ち、1点差。その裏、田中だが、一死二塁のピンチを迎えた所で無念の降板。その後、二死満塁となった所で3番手・小山が江藤に痛恨の押し出し四球。再び2点差としてしまった楽天は8回、嶋,中村,渡辺直と3連打で無死満塁のチャンスを掴むが、草野のセカンドゴロの間に1点を返すのが精一杯。9回も守護神・グラマン相手に先頭のショートがヒットで出塁。高須が送って、一死二塁としたものの、後続を断たれて、あと一歩及ばなかった。

楽天は3失点中2点が押し出しと完全に自滅。ヒットは西鉄を6本も上回る12本を放ちながら、2点しか取れなかった。1番に抜擢された中村は先頭打者として3度出塁するなど、4打数4安打とバッティングでは見事に期待に応えたが、1回には牽制死,6回には盗塁死と走塁面で相次ぐチョンボ。7回の高須の走塁死も痛かった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:21コメント(0)トラックバック(69) 

May 05, 2008

◆S4−6G◆
2回に二死満塁のピンチを切り抜けたヤクルトはその裏、ユウイチ,福川のタイムリーで2点を先制。追いかける巨人は4回、寿司職人ラミレスの8号ソロで1点差とすると、続く5回には坂本が同点タイムリー。更に、二死満塁となった所で阿部が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、3点を勝ち越し。更に、続くゴンザレスにもタイムリーが飛び出し、6点目。その裏、田中のタイムリー二塁打で1点を返したヤクルトは土壇場9回には守護神・クルーンから宮本,ユウイチと連打を浴びせて、2点差と詰め寄ったが、ここから飯原,代打・川端と連続三振。そして、代打・リグスもサードゴロに倒れて、万事休す。巨人先発・グライシンガーは8回3失点で4勝目。

◆D4−10T◆
川相を現役復帰させる事なく、一発依存野球に甘んじていては投手陣が崩れた時、なす術がない事を見せつけられているにも拘わらず、何の手も打とうとしない首脳陣に落胆の色を隠せない中田は初回から四球1つを挟んだ6連続長短打を浴びるなど、悪夢の大量7失点。主導権を握った阪神は3回にも3連打で2点を奪い、7回には関本のタイムリーで10点目。中日は珍しく一発なしで4点を返したものの、序盤の大量失点があまりにも重かった。

◆C5−6YB◆
会心の逆転勝利を呼び込んだ求道者・前田だが、恐れていた通り、ブラウン監督は求道者・前田の適性がスタメンより代打にあると思い込んでしまったのか、はたまた、そう思い込んだフリをして体よくベンチに追い込んだのか、真相はともあれ、またも求道者・前田はベンチに幽閉される始末。ガックリきた長谷川は初回から吉村の3ラン等で大量5失点。それでも広島はその裏、栗原,石原のタイムリーで2点を返し、4点差で迎えた7回には一死一、二塁のチャンス。ここでようやく代打に起用された求道者・前田だったが、よりにもよって死球を食らわされて、これ幸いとブラウン監督により代走・木村と入れ替えられてしまう始末。ここから石原のタイムリー,小窪の押し出し四球,東出の犠飛で1点差まで詰め寄ったものの、反撃もここまで。8,9回と三者凡退に倒れて、あと一歩及ばなかった。

◆E6−8H◆
ソフトバンクは初回、小久保のタイムリーで先制。その裏、横川のタイムリー等で逆転を許すも、直後の2回、小斉が同点三塁打,3回には吉崎の暴投で労せずして勝ち越し。しかし、楽天はその裏、高須,横川の連続タイムリーで逆転に成功。4−3の儘、迎えた土壇場9回、一死満塁から川崎がレフト前へ2点タイムリー。しかし、粘る楽天はその裏、渡辺直のタイムリーで追いつき、試合は延長に突入。迎えた11回、ソフトバンクは大村のタイムリー,山崎の犠飛で2点を勝ち越し。その裏、楽天は一死一、二塁のチャンスを作ったものの、最後はフェルナンデスがショートゴロゲッツーに倒れて、万事休す。ソフトバンクはこれで4連勝となった。

◆L8−6F◆
初回からキニーの制球難につけ込み、3点を先制した日本ハムは5回にも4安打を集中して、3点を追加し、6点のリード。しかし、その裏、スウィーニーの前にノーヒットに抑え込まれていた西武が細川のグランドスラムで一気に位上げると、続く6回には中島の8号ソロで1点差。完全に流れを引き寄せた西武は8回にはブラゼルのタイムリーで追いつくと、続くG.G.佐藤が9号2ランを叩き込み、ついに勝ち越しに成功。最後はグラマンが締めて、逃げ切った。

◆Bs6−3M◆
ロッテは3回、西岡の2号2ランで先制。4回にゲッツーの間に1点を返されるが、6回、ズレータにタイムリー二塁打が飛び出して、再び2点差に突き放す。来日初先発となる呉は6回まで1失点の好投を展開。7回一死から連続四球を与えてKOとなったが、代わった川崎が牧田をゲッツーに仕留めてピンチ脱出。しかし、続く8回、連打で無死一、三塁のピンチを迎えると、下山に2号3ランを叩き込まれて、一気に形勢逆転。更に、この後、偽バファローズは浜中に2点タイムリー三塁打が飛び出し、ダメ押し。9回は守護神・加藤が無難に抑えて、先発・岸田に今季初勝利がついた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:22コメント(0)トラックバック(22) 

August 08, 2007

◆G2−15T◆
巨人先発・木佐貫は2回、無死満塁の大ピンチを背負うも、ここから三者連続三振に斬ってとり、ピンチ脱出。続く3回も二死から連打を浴びるが、林を空振り三振。4回も三者三振で、早くも8奪三振。しかし、5回、投手のボーグルソンにヒットを許したのをきっかけに自らのエラーで先制点を許すと、更に、シーツにタイムリーを浴びた所で早くも降板。相性の悪いキュラソ星人との対決を避けて、木佐貫を下げたはいいが、代わりに出てきたのが山口では荷が重かった。山口はキュラソ星人に2点タイムリーを許すと、林はゲッツーに仕留めたものの、代打・浜中にはタイムリー二塁打,矢野には4号2ランを叩き込まれて、この回、悪夢の6失点。6回には3番手・姜が二死から4連打を浴びて、2失点。留まる所を知らないこの日の阪神は7回には4番手・野口に襲いかかり、シーツの2ラン,矢野のこの日2本目となる5号3ラン、関本の3号ソロ等でダメ押しの7点を奪い、今季最多の22安打15点で圧勝し、3位に浮上。勿論、JFKは完全温存。先発・ボーグルソンは5回を無失点に抑え、6勝目を飾った。

◆D6−7C◆
先発ローテの一角として期待されて入団したにも拘わらず、キャンプ序盤で中継ぎ向きの烙印を即座に押されてしまったルーキー・宮崎がついに悲願のプロ初先発。しかし、初回、自らのエラー等で一死満塁のピンチを背負うと、森野に2点タイムリー二塁打を浴びるなど、いきなりの3失点。しかし、広島は直後の2回、倉のタイムリーで1点を返すと、続く3回には求道者・前田に会心の10号3ランが飛び出して、一気に逆転。リードを貰った宮崎だが、4回に3連打で同点とされると、5回には、またも森野に勝ち越しタイムリーを許して、この回限りで降板。この日は粘りを見せる広島は7回、中日4番手・平井から梵が7号2ランを叩き込み、再び逆転。8回から早くも登板となった守護神・永川は相変わらずの不安定な投球で二死一、二塁のピンチを迎えるも、何とか凌ぎきると、9回に梵がこの日4安打目となるタイムリーを放ち、貴重な1点を追加。永川は9回もピンチを作り、T.ウッズのタイムリーで1点差と詰め寄られたが、何とか逃げ切り、チームの連敗は4で止まった。

◆S5−3YB◆
連敗地獄に喘ぐヤクルトはこの日もメカゴジラの一発で先制点を許す苦しい立ち上がりとなったが、4回、宮本の2点タイムリーで逆転すると、5回には寿司職人ラミレスの15号ソロ,7回には青木の18号ソロ、そして、8回には城石が2号ソロと一発攻勢で着々と加点。土壇場9回、横浜は二死からメカゴジラ,吉村の連続アーチで2点差まで追い上げたが、反撃もここまで。最後は代打・木村が三振に倒れて、ゲームセット。辛くも逃げ切ったヤクルトの連敗は5でストップした。敗れた横浜は4位転落

◆L6−2H◆
松中をついに4番から降格させる英断で臨んだソフトバンクは初回、ヒットの本多を内野ゴロ2つで迎え入れるも、先発・西山がピリッとしない。その裏の満塁のピンチは凌いだが、2回に中村に同点7号ソロを被弾すると、3回には二死満塁から小久保のタイムリーエラーで勝ち越し点を献上。更に、4回には片岡の犠飛で3点目。7回には中村のタイムリー等でダメ押しの3点を追加。毎回の様に走者を出しながら、攻めあぐねていたソフトバンクは8回、井手のタイムリーで1点を返し、なおも一、二塁のチャンスだったが、代打・明石が最悪のゲッツー。最後はグラマンに3人で捻られ、首位陥落。西武先発・松永は4回で降板となったが、小刻みな継投が成功。3番手として2回を無失点に抑えた山岸に今季初勝利がついた。

◆F3−2E◆
4連敗中の日本ハムだが、悪の温床・楽天先発・朝井に対して、2回、高橋のヒット,ジョーンズの四球で一死一、二塁とすると、この日、8番に落とされていた田中賢がライト前へ先制タイムリー。3,4回と得点圏に走者を進めながら、あと1本が出ずにいたが、5回、一死満塁から青波の長瀬のセカンドゴロの間に2点目を追加。完封ペースの好投を見せていた武田勝だが、8回、二死一、二塁のピンチを作った所で降板。更に、ここでマウンドに上がった守護神・MICHEALが代わりばな山崎武に走者一掃の同点タイムリー二塁打を浴びて、武田勝の白星を粉砕。しかし、その裏、日本ハムは青波の長瀬に19号ソロが飛び出して、再び勝ち越し。MICHEALは9回は3人でピシャリと抑え、今季初白星。連敗は4で止め、首位に返り咲き。一方、敗れた悪の温床・楽天はまたまた指定席・最下位へ舞い戻った

◆Bs3−2M◆
ロッテの先発は好投しても打線に見殺しに遭う日々が続いている渡辺俊。最早、完封する以外、活路を開けないのか…と悲愴感漂う中、いきなり初回にラロッカの犠飛で先制されてしまう。ロッテ打線は危惧された通り、偽バファローズ先発・岸田の前に3回までパーフェクトに抑え込まれる沈黙ぶりだったが、4回、後藤のエラーで貰ったチャンスにベニー松山のタイムリー内野安打で同点とすると、5回には早川のタイムリーで勝ち越しに成功。しかし、その裏、後藤がエラーの汚名返上とばかりに6号ソロを叩き込み、試合は振り出しに。結局、渡辺俊は6回2失点で降板し、またも白星つかず。2−2の儘、迎えた土壇場9回、この回から登板のロッテ4番手・薮田に対し、偽バファローズは一死後、木元が二塁打を浴びせると、続く下山がレフト前へタイムリーを放ち、サヨナラ勝ち。此で偽バファローズは最下位脱出となった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:30コメント(2)トラックバック(89) 

July 31, 2007

カリメロ勝◆YB5−1G◆
ルーキー・金刃と大ベテラン・カリメロが先週に続いての激突。横浜が初回、村田のタイムリーで先制すれば、巨人も2回にキムタクのタイムリー三塁打ですかさず同点。続く3回には先頭のマッスル千代の富士がヒットで出るも、松田さんが打ち上げた後、恐怖のゲッツー量産マシン・ニックンがセカンドゴロゲッツーに倒れる相変わらずのインケツぶりを遺憾なく発揮。これでがっくり来たか、金刃はその裏、メカゴジラにタイムリー二塁打を浴び、勝ち越しの2点を献上。巨人は4回にも一死一、二塁のチャンスをホリンズのゲッツーで潰すと、5回には無死一塁から、早くも金刃を引っ込めてまで投入した代打・大道がゲッツーを食らう有様。6回には二死満塁のチャンスにホリンズが打ち上げ、三者残塁。一方、横浜は7回にガッツな貴公子・仁志の犠飛,8回には相川のタイムリーで1点ずつ加え、ダメ押し。巨人は7回以降、一人の走者も出せず、またもカリメロに白星を献上し、首位陥落となった。

◆C3−4D◆
広島先発・黒田はいきなり先頭の井端の打球を右脛外側に食らう手負いの状態と化し、この回は凌いだものの、続く2回に川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにT.ウッズの27号ソロを被弾。しかし、その裏、広島は無死満塁から森笠が同点タイムリー。この後、荒木がタイムリーエラーでタナボタの勝ち越し点をゲットすると、川相不在の内野陣に不安を抱いた中日先発・山井の動揺をついて、負傷退場を余儀なくされた黒田に代わる代打・喜田がタイムリーを浴びせて、この回、3点。2点を追う中日は5回に李の犠飛で1点差。その後、再三のチャンスを逃したものの、土壇場9回、広島守護神・永川に対して、一死三塁から李のタイムリーでついに追いつき、延長に持ち込んだ。迎えた10回、中日は二死一、二塁から代打・新井のタイムリーで勝ち越しに成功。その裏は守護神・岩瀬が締めて、逃げ切った中日は3連勝で首位に返り咲いた。

◆T4−3S◆
ヤクルト先発・石井一に対して、阪神は2回に桜井,関本のタイムリー等で3点を先制。阪神先発・杉山は4回まで死球を1つ出しただけのノーヒットピッチングを展開していたが、5回、リグスに初安打となる二塁打を許してからおかしくなり、一死満塁から代打・真中のタイムリー内野安打で1点を返されると、二死後、田中浩には同点2点タイムリーを浴びて、この回限りでKO。追いつかれた阪神は6回、先頭のシーツが四球で歩くも、キュラソ星人が最悪のゲッツー。チャンスは潰えたかと思いきや、ここで林が三塁打を浴びせると、桜井が歩いた後、矢野がセンター前へ弾き返して、勝ち越しに成功。既に、6回からマウンドに上がっていた久保田が7回もきっちり抑えると、8回からはウィリアムス,9回からは藤川と繋ぐ2週間ぶりのJFK揃い踏みで1点のリードを守りきった。ヤクルトは3試合連続の1点差負け。

◆H5−3Bs◆
水島の呪いがセ・リーグに傾いている間にすっかり調子を取り戻したソフトバンク打線はこの日も初回から松中のタイムリーで早々と先取点をゲットすると、二死満塁となった所で好調・ブキャナンが走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、この回、4点。続く2回にはハマのスペランカーがタイムリー二塁打を浴びせて、5点目を追加。しかし、3回は二死満塁のチャンスを潰し、4回は二死からヒットで出た小久保が盗塁死とまずい攻めで追加点を奪えない。そうこうしているうちに偽バファローズはソフトバンク先発・和田を捉え始め、5回に大西,6回にはアレンのタイムリーで1点ずつ返すと、8回にはラロッカが22号ソロを叩き込み、2点差。更に、二死後、北川がヒットを放ち、和田をKO。しかし、満を持して登場の守護神・馬原がアレンを打ち取り、ここを切り抜けると、9回は3人でピシャリと締めた。これでソフトバンクは7連勝で日本ハムと並ぶ首位タイに浮上。和田は入団以来5年連続の2桁勝利となった。敗れた偽バファローズはまたも最下位へ逆戻り。

◆L2−0F◆
グリン,岸の投げ合いで序盤は両軍ゼロ行進。0−0で迎えた4回、西武は一死からベンちゃんが二塁打で出ると、続く栗山のレフト前ヒットで先制のホームイン。岸は4回までパーフェクトの快投。5回に初安打を浴びても、リズムを崩す事なく、日本ハム打線を手玉に取り、1点のリードを守り抜く。何とか岸を楽にしたい西武は8回、この回から代わった2番手・江尻から先頭の礒?がセンター前ヒットで出塁すると、二死後、中島にタイムリー二塁打が飛び出し、貴重な2点目を追加。岸は9回も無難に締め、2度目の完封で7勝目をマークした。グリンは7回1失点10三振を奪う力投を見せたが、打線に見殺しに遭い、3連敗となった。

◆M7−11E◆
先発に固執して、偽バファローズを飛び出し、ロッテに来たはいいものの、一向に先発として通用する気配の見えない吉井がこの日も序盤から乱調。初回にショートのタイムリーで早々と先制点を献上すると、3回には一死満塁から礒部に2点タイムリーを許し、続く4回も草野,嶋,渡辺直と3連打で1点を失った所であえなくKO。2番手・ゴーグルも悪の温床・楽天打線を止められず、鉄平,山崎武と連続タイムリー二塁打を浴び、この回、4失点。5回にも高須にタイムリーを許し、8点目を献上。ロッテは中盤、反撃を見せ、3点差まで追い上げたが、8回にショートのタイムリー等で突き放され、試合を決定付けられた。悪の温床・楽天は16安打11点の猛攻で最下位脱出に成功。先発・岩隈は6回3失点で5月4日以来となる2勝目をマークした。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:57コメント(0)トラックバック(72) 

July 08, 2007

◆S14−7G◆
何としても3タテは免れたい巨人は初回、マッスル千代の富士のプレイボールホームランで先制。しかし、この所、調子の上がって来ない春風亭半ケツは3回に飯原に7号ソロ,寿司職人ラミレスに9号2ランと立て続けに被弾し、あっさり形勢逆転。更に、4回にも飯原に2打席連続の8号3ランを叩き込まれて、この回限りで失意のKO。完全に主導権を握ったヤクルトは5回にも2番手・野間口を攻め、川本,飯原の連続タイムリーで2点を追加。巨人は6回に5長短打で3点,7回にもマッスル千代の富士のこの日2本目となる20号2ラン等で3点と必死の応戦を見せるも、出す投手出す投手、悉く火だるまに遭い、李が立て続けに拙守をかますなど、ヤクルトの猛攻を止められず、今季ワーストの17安打14失点で今季初の3連敗となった。

◆D3−6T◆
1戦,2戦と完封をし合って迎えた第3戦、先手を取ったのは中日。3回、死球の小田を二塁へ進めて、井端,福留の連続タイムリーで2点を先制。しかし、直後の4回、阪神は無死一塁から林の13号2ランで一気に同点。5回に1点ずつ取り合って迎えた6回、阪神は先頭の矢野が今季初アーチを叩き込み、勝ち越しに成功すると、更に、鳥谷のタイムリー内野安打でこの回2点。7回にはシャア少佐の犠飛でダメ押しの6点目。6回から久保田−ウィリアムスと繋ぎ、最後は藤川が締める必勝リレーで逃げ切った阪神はこの3連戦の勝ち越しを決めた。

◆C4−8YB◆
連敗地獄が止まらない広島は初回に求道者・前田のタイムリーで先制すると言う最高の立ち上がりを見せたものの、3回、先発・長谷川が村田に逆転13号2ランを被弾。4回には梵のエラーをきっかけにピンチを作ると、ガッツな貴公子・仁志にタイムリーを浴びて、3点目を献上。7回、新井の20号2ランで一気に同点としたのも束の間、直後の8回、相川にタイムリーを許して、再び勝ち越し点を献上。しかし、粘る広島はその裏、二死二塁から栗原のタイムリーで同点。更に、この後、エラーと四球で満塁としたものの、オチョアは空振り三振に倒れて、勝ち越しならず。すると土壇場9回、暫定ストッパー・大竹が暴投を連発して勝ち越し点を献上しただけに留まらず、吉村には致命的な12号3ランを被弾し、試合を決定付けられた。攻撃陣は粘りを見せたものの、15残塁の大拙攻。連日の投壊も止められなかった広島はこれで5連敗となった。

◆L0−7H◆
呪われた連敗ロードから何とか抜け出したいソフトバンクは初回、一死から二塁打で出た川崎を松中のタイムリーで返して、1点を先制。しかし、水島の呪いの影響か2回以降は完全に沈黙し、ゼロ行進。不甲斐ない打線はアテには出来ないと先発・和田は気迫の投球で西武打線を抑え込み、7回まで5安打無失点の好投。8回には、飛ばしに飛ばしてきた事で疲れの色が見え始めた和田を下げ、早くも守護神・馬原を投入する必死の継投を展開。1−0の儘、迎えた土壇場9回、ソフトバンクは無死満塁と絶好のチャンスを掴むと、ここから代打・明石のタイムリー,本多の押し出し四球、更に、川崎,松中にもタイムリーが飛び出して、一挙6点を獲得。7点差がついても、続投となった馬原は9回もピシャリと3人で締めて、完封リレーを達成。ソフトバンクは連敗を4でストップさせた。

◆F4−1M◆
日本ハム先発・グリン相手にロッテは3回までに5本の安打を連ねながら、一向に得点に結びつけられない拙攻三昧。そうこうしているうちに日本ハムが3回裏に劇団ひちょりのタイムリーで先制すると、更に、二死満塁から小谷野,工藤と連続タイムリーを浴びせて、4点をゲット。4回も一死一、三塁のチャンスを逃したロッテは5回、先頭のTSUYOSHIが三塁打で出ると、早川のタイムリーでようやく1点。ここで畳み掛けたい所だったが、続くフクーラが最悪のゲッツーに倒れた後、サブローにヒットが出ると言うチグハグな攻撃で追加点ならず。6回以降はピタリと当たりが止まったロッテ打線に対し、日本ハムは武田久−MICHEALと繋ぐ必勝リレーで逃げ切り、この首位攻防3連戦3連勝。ロッテは日本ハムを上回る12安打を放ちながら、2併殺9残塁の拙攻が大きく響いた。

◆E2−9Bs◆
0−0で迎えた3回、偽バファローズは日高の2号ソロで先制すると、更に、二死一、二塁からアレンのタイムリーで1点を追加。2点を追う悪の温床・楽天は4回、一死一塁から山崎武のタイムリー二塁打で1点差。7回には一死三塁から高須にタイムリー二塁打が飛び出して、ついに同点。追いつかれた偽バファローズは直後の8回、二死満塁のチャンスを掴むと、ここで大引が走者一掃のタイムリー三塁打を浴びせて、一気に3点を勝ち越し。9回にも6長短打を浴びせて、ダメ押しの4点を追加。最後はセーブのつかない場面だと好投する守護神・加藤大が3人で締め、3連勝。4番手・大久保は今季初白星となった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 17:55コメント(2)トラックバック(80) 

April 24, 2007

◆G6−8YB◆
初回、村田,メカゴジラの連続タイムリーで先制した横浜は1点差とされた3回にはまたもメカゴジラがタイムリー三塁打を浴びせるなど、一気に3点を追加。巨人戦限定好投手・土肥に対して、4点のビハインドと苦しい展開の巨人だが、その裏、吉村のエラーで貰ったタナボタチャンスに怒濤のチャンスブレイカー・ニックンがよもやの2点タイムリー。4回に村田の犠飛で突き放されるも、その裏、すかさずガッツの2点タイムリー二塁打で追い上げ、難敵・土肥をついにKO。守護神・クルーンが夫人の出産に立ち会うべく帰国している為、少しでも突き放しておきたい横浜は7回に無死満塁から吉村のゲッツーの間に1点をあげると、8回には鈴木なおのりのタイムリー二塁打でダメ押し。巨人はその裏、ガッツの犠飛で1点を返し、9回も代役ストッパー・那須野から二死一、三塁と粘りを見せたが、最後は代打・加藤が見逃し三振に倒れて、あと一歩及ばなかった。これで巨人は首位陥落。横浜は今季初の3連勝となった。

◆D4−3C◆
拙攻続きなのは名手・川相がベンチにいながらコーチ業などに収まっている宝の持ち腐れ状態であるから…だと言うのに、打順が悪いからに違いないと勘違いをした落合監督は森野を1番,井端を7番に置くニューオーダーを披露するが、この1番・森野が的中。3回一死から二塁打で出た森野は続く荒木のタイムリー二塁打で先制のホームイン。更に、連続四球で満塁となった所で李の併殺崩れの間に2点目を追加。しかし、直後の4回、広島は調子が上向きの栗原に2試合連続となる4号2ランが飛び出し、あっと言う間に同点。その後、両軍拙攻合戦を繰り広げ、試合は終盤へ。迎えた7回、またも新1番・森野のヒットを皮切りに二死一、三塁のチャンスを作った中日は李のタイムリー二塁打でついに勝ち越しに成功。こうなれば絶対的な安定感を誇る守護神・岩瀬を投入して逃げ切り…と言う所だったが、川相不在のマウンドを強いられ続けてきた事で心身共に疲労が蓄積していたのか、栗原にこの日2本目となる同点5号ソロを被弾し、今季初失点。その裏、2試合連続で逆転サヨナラ負けを喫している永川が登場。いきなり先頭の福留に内野安打を許して、ヒヤリとさせたが、後続を断ち切って、試合は延長に突入。2−2の儘、迎えたラストイニング12回表、5番手のルーキー・浅尾が三者三振と言う快投で広島の白星を消滅させると、これで士気が高まった中日はその裏、一死一、三塁のチャンスに英智がライトへ犠飛を打ち上げ、サヨナラ勝ち。浅尾はプロ初勝利となった。敗れた広島は悪夢の3戦連続サヨナラ負け

◆T2−1S◆
太陽の子エステバン・ジャン,石川の両先発がまずまずの立ち上がりを見せ、2回まで両軍無得点。迎えた3回、ヤクルトは二塁打の田中浩を石川の犠打,飯原のライトへのファールフライで迎え入れ、均衡を破る先制点をゲット。1点こそ失ったものの、ジャンは7回途中まで3安打の好投を見せたが、援護を貰えずにいるうちに、寿司職人ラミレスの打球をあごに食らって、無念の降板。骨には異常がなかったものの、9針も縫う裂傷を負ってしまった。ヤクルトは7回から木田画伯−館山と繋いで、最後は高津を投入する必勝リレーを展開。簡単に一死を取った高津は続くシーツもライトフライに打ち取り二死…と思いきや、これをガイエルがまさかの落球。シーツは二塁に進み、一塁が空いた事でキュラソ星人を敬遠するも、続くゼブラ今岡も歩かせてしまい、満塁となった所で浜中のリタイアにより、左対左に無闇に拒絶反応を示す病に取り憑かれている岡田監督もスタメンに起用せざるをえなくなった林にライト前タイムリーを浴び、ついに同点。勢いづいた阪神は続く矢野もセンター前へ弾き返して、劇的なサヨナラ勝ちを収め、巨人戦惨敗のショックを払拭した。

◆H−L◆
降雨中止。

◆F2−5M◆
3回、ベニー松山にようやく今季初アーチが飛び出して、1点を先制したロッテは6回には早川が2号ソロを放って、2点目。ロッテ先発・渡辺俊の前に2回無死一、三塁、3回一死一、二塁、5回無死一塁と再三チャンスを掴みながら、ものに出来ずにいた日本ハムだが、6回、高橋のタイムリーでやっと1点を返すと、7回にはズレータのエラーをきっかけに二死満塁のチャンス。ここで代打に起用された田中幸はじっくりボールを見て、押し出し四球を選び、ついに同点。しかし、直後の8回、建山が一死から連続死球をかましてKO。代わった武田久は二死を取ったものの、ここからワトソン博士,里崎と連続タイムリーで3点を勝ち越され、万事休す。これで日本ハムは昨年6月以来の5連敗。尚、一時は同点となる押し出し四球を選んだ田中幸に2度目の打席が回り、ライト前ヒット。これでいよいよ2000安打へカウントダウンこの所の日本ハムは田中幸のヒットくらいしか明るい材料がない状態だ。一方、ロッテは4連勝。7回二死から5番手として登板し、高橋を3球で仕留めただけのゴーグルにタナボタの2試合連続勝利が転がり込んだ

◆Bs5−9E◆
制球の定まらない偽バファローズ先発・セラフィニに対して、悪の温床・楽天は初回、一死満塁のチャンスから礒部の犠飛,山崎武の7号3ランで4点を先制。これで主導権を握った悪の温床・楽天は4回に嶋のプロ初打点となるタイムリー等で2点を加えると、5回には山崎武にこの日2本目のアーチが飛び出すなど、3点をあげ、試合を決定付けた。前回、プロ初勝利をあげた先発のルーキー・永井は6回途中まで3失点で降板となったが、大量援護に救われ、2勝目をマーク。悪の温床・楽天は偽バファローズと入れ替わりで4位に浮上した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:18コメント(0)トラックバック(71) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ