相川亮二

August 08, 2010

8/8朝井◆G7−0C◆
巨人の先発は栂野との滑り込み交換トレードで楽天から移籍し、初登板となる朝井。朝井が初回、簡単に三者凡退に斬って取ると、その裏、巨人は二死走者なしから3連続四死球で満塁とした所で当助っ人推奨助っ人・江戸川がライト前へ先制の2点タイムリー。3回には阿部がライトスタンドへ33号ソロを叩き込むと、江戸川,亀井の連打で二、三塁とした所で脇谷がレフト前へタイムリー。更に、朝井が送った所で坂本が犠飛を打ち上げると、続く松本もタイムリーを放ち、この回4点。続く4回には先頭の寿司職人ラミレスがレフトスタンドへリーグトップの36号ソロを放り込み、7点目。8回からは山口−越智と繋いで、完封リレーを達成。朝井は7回を投げ、出した走者は栗原の2本の二塁打のみと言う快投で移籍初登板初勝利。交換相手の栂野が楽天で炎上を続けている中、期待度は決して高くはなかったであろう朝井が最高の結果を出した事は先発陣の不振に苦しむ巨人にとって大きな収穫となりそうだ。

◆D10−0T◆
ナゴヤドームでは当たりが止まる阪神打線はこの日も精彩を欠き、2回二死満塁のチャンスを逸するなど、3回まで無得点。一方、中日はその裏、堂上直,小田の連打で一死一、三塁すると、荒木のタイムリー等で2点を先制。4回には堂上剛のタイムリー二塁打で1点を追加。更に、6回には一死満塁から堂上直の押し出し四球,新井のタイムリーエラー,中田賢のタイムリーで一気に4点を追加。そして、8回には英智のタイムリー二塁打等でダメ押しの10点目。先発・中田賢は5回以降は二塁も踏ませぬ好投を展開し、4安打完封で4勝目。これで中日はこの3連戦3連勝を飾り、首位戦線に何とか踏み留まった。

◆YB4−11S◆
ヤクルトは初回、青木,田中の連打で一、二塁とすると、一死後、ホワイトセルが先制のタイムリー二塁打。3回には田中の四球,ホワイトセルのヒットで一、三塁とすると、カスティーヨのタイムリーエラーで1点を追加。更に、続く相川が9号3ランを叩き込み、この回4点。その裏、横浜は一死三塁から村田がタイムリー二塁打を放ち、ようやく1点。スレッジもヒットで続き、一、三塁としたが、カスティーヨがセカンドゴロゲッツーに倒れて、1点止まり。直後の4回、ヤクルトはスレッジのエラーで貰ったチャンスにまたも相川がタイムリーを放ち、6点目。5点を追う横浜は6回、一死から下園,橋本と連続二塁打で1点を返すと、代打・藤田もヒットを放ち、一、三塁。二死後、石川が歩いて満塁となった所でハーパーがレフト前へ2点タイムリーを放ち、2点差。更に、村田が歩いて満塁と一打同点の場面を作るが、スレッジがセカンドゴロに倒れて、三者残塁。突き放したいヤクルトは直後の7回、二死から川端,代打・ユウイチの連続二塁打で1点を追加すると、8回には相川がこの日2本目となる10号3ランをぶち込んで、試合を決定付けた。先発のバーネットは5回2/3で4失点KOとなったが、打線の援護にも恵まれて、4勝目をマークした

◆L7−4H◆
この日も連敗が止まらなければ、首位陥落となるソフトバンクは2回、小久保の四球,ハマのスペランカーのヒットで一、三塁とすると、ペタジーニがライトへ犠飛を打ち上げ、1点を先制。更に、続く松田がレフトスタンドへ13号2ランをぶち込んで、この回3点。しかし、先発・小椋がこのリードを守れない。2回から4連続三振を奪うなど、ノーヒット投球を見せていたが、3回二死から片岡に初安打を許すと、栗山にタイムリー二塁打を浴び、1点を献上。4回には二死二塁から平尾に3号同点2ランを被弾。そして、5回には二死二塁から中島にタイムリーを許し、勝ち越し点を献上。3回以降、ゼロ行進が続いていたソフトバンクだが、8回、一死から小久保がヒットを放つと、代走・福田がすかさず二盗。更に、田上が振り逃げで一塁に生きて、一、三塁のチャンス。ここで代わった西武5番手・カリメロにタイし、ペタジーニが右中間突破のタイムリー二塁打。福田に続く、田上も一気に三塁を蹴ったが本塁憤死で勝ち越しならず。追い付かれた西武はその裏、栗山,中島,フェルナンデスと3連続二塁打を浴びせると、更に、ブラウンもタイムリーを放ち、3点を勝ち越し。最後は守護神・シコースキーが3人でピシャリと締めて、逃げ切った。これで西武はソフトバンクと入れ替わりで首位に返り咲き。6番手・長田は打者一人抑えただけで4勝目が転がり込んだ。首位陥落のソフトバンクはこれで5連敗。

◆F1−7E◆
初回、いきなりの連打で無死一、二塁のピンチを背負った楽天先発・田中だが、稲葉をセンターフライ,小谷野をセカンドゴロゲッツーに仕留めて、ピンチ脱出。直後の2回、楽天は一死から中村紀,高須の連続二塁打で1点を先制。続く3回には一死から内村,鉄平の連打で一、二塁とすると、山崎が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、2点を追加。5回には一死三塁から鉄平がタイムリー二塁打,二死後、ルイーズがタイムリーを浴びせて、2点を追加。更に、7回には無死一、二塁から山崎がタイムリーを放つと、一死後、中村紀が犠飛を打ち上げ、ダメ押しの7点目。田中は8回に覚醒中のトンガに4戦連発となる8号ソロを被弾し、完封こそ逃したものの、完投で2年連続の10勝目を挙げた

◆Bs6−8M◆
来日初登板となる謎の新助っ人・ペンに対し、偽バファローズは初回、二死から後藤がライトスタンドへ11号先制アーチ。1点を追うロッテは3回、的場,西岡と連打を浴びせると、二死後、金が歩いて満塁となった所で大松がライト前へ2点タイムリーを放ち、逆転に成功。4,5回と一、二塁のチャンスを立て続けに潰したが、6回、先頭の青野がライトスタンドへ3年ぶりのアーチを叩き込み、3点目。続く7回には二死一、二塁から代打・フクーラがライトスタンドへ8号3ラン。しかし、粘る偽バファローズはその裏、四球のティー岡田を一塁に置いて、北川が10号2ラン。一死後、代打・赤田,金子圭,坂口,代打・カラバイヨと4連打を浴びせて、1点差。二死後、カブレラが歩いて満塁となったものの、ティー岡田が空振り三振に倒れて、同点ならず。8回、ロッテは根元のタイムリー二塁打で1点を追加。その裏、偽バファローズも北川の2打席連続11号ソロで応戦するが、9回、ロッテは的場のタイムリー三塁打でダメ押し。最後は8回からマウンドに上がっていた小林宏が偽バファローズの反撃を断ちきった。ペンは5回1失点の好投で初登板初勝利

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:49コメント(1)トラックバック(15) 

July 16, 2010

◆YB6−7G◆
連夜の雨天中止で苦手の阪神戦が9月に集中する事になってしまい、今のうちに少しでも引き離しておきたい巨人。しかし、先発・内海がピリッとしない。2回にマッスル千代の富士のタイムリーで先制点を貰うも、その裏、連続四球でピンチを作った挙げ句、スレッジにタイムリーを浴び、あっさり同点。3回にはガッツ,寿司職人ラミレスの連続アーチで2点を勝ち越して貰いながら、その裏、一死から3連打で1点を返されると、二死後、ハーパーを歩かせた所でスレッジに逆転2点タイムリーを許し、あえなくKOとなる背信投球。直後の4回、巨人は四球の長野が盗塁と捕逸で三進した所でマッスル千代の富士が2打席連続のタイムリーを放ち、同点。この後、2四球で一死満塁とチャンスを広げるも、松本,ガッツと倒れて、勝ち越しならず。4−4で迎えた7回、巨人は二死走者しから寿司職人ラミレスがこの日2本目となる31号ソロをぶち込んで、勝ち越し。その裏、江戸川のエラーで作ったピンチで内川に犠飛を許して、追い付かれるも、直後の8回、一死一、三塁から坂本の走者一掃タイムリー二塁打で2点を勝ち越し。粘る横浜はその裏、連打で無死二、三塁とするも、武山の内野ゴロの間に1点を返すに留まり、守護神・クルーンの前に三者三振に斬って取られた。巨人4番手・山口は一時、同点に追い付かれたものの、4勝目が転がり込んだ

◆C0−4D◆
中日は2回、ブランコの四球,ベンちゃんのヒットで無死一、二塁とすると、セサルがライト前へタイムリーを浴びせて、先制。堂上直はファーストゴロゲッツーに倒れるも、続く小田がタイムリー二塁打を放ち、この回2点。続く3回にはヒットとエラーで無死一、二塁とするも、森野がサードゴロゲッツー。この後、連続四球で満塁とし、先制打を放ったセサルに回すが、ピッチャーゴロに終わり、三者残塁。5回二死一、二塁,6回一死一、二塁のチャンスも潰した中日だが、7回、あまりの拙攻地獄に業を煮やしたベンちゃんが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにレフトスタンドへ24号2ランを叩き込み、4点目。ゴーグルで照明の光を反射させて打者の目を眩ませでもしないと到底通用しない四流投手などと言う言いがかり極まりない水島の呪いを受けている中日先発・山井は6年ぶりの完封で4勝目をマークした

◆S3−1T◆
初回、阪神はヒットの鳥谷を平野が送ると、マット・マートンがセンター前へ先制のタイムリーヒット。しかし、その裏、先発・下柳が一死から3連続四死球で満塁のピンチを作ると、畠山に犠飛を浴びて、あっさり同点とされてしまう。追い付かれた阪神は2回、藤本の連続エラーに浅井の四球で一、三塁とするも、後続を断たれ、無得点。3回にも二死から連打を浴びせながら、スタメン復帰のキュラソ星人がキャッチャーファールフライ。4回には一死から浅井がヒットで出るも、下柳がヘッポコバントをかまして、最悪のゲッツーと怒濤の拙攻三昧。一方、5回まで僅か1安打と沈黙していたヤクルトは6回、田中の二塁打,ホワイトセルのヒットで二死一、三塁とすると、相川が走者一掃のタイムリー三塁打を放ち、2点を勝ち越し。阪神は7回以降、一人の走者も出せなかった。ヤクルトはこれで今季初の6連勝。先発・石川は7回を1失点の好投で7勝目をあげた

◆Bs1−6H◆
両軍2回まで塁上を賑わせながら、あと1本が出ずにいたが、3回、ソフトバンクはヒットの川崎を本多が送ると、二死後、小久保がタイムリー二塁打を浴びせて、先制点。5回には田上の4号ソロ,オーティズの21号2ランと一発攻勢で3点を奪うと、6回には鈴木の捕逸でタナボタの1点を追加。偽バファローズは7回、バルディリス,代打・横山の連打でソフトバンク先発・大隣をKO。更に、代わった摂津が代打・北川もヒットを浴びせて、無死満塁とするが、坂口はファーストライナー,ハイツ田口は最悪のショートゴロゲッツーに終わり、結局、無得点。ピンチを切り抜けたソフトバンクは8回も松田の8号ソロでダメ押しの6点目。偽バファローズはその裏、ティー岡田の20号ソロで完封を曲がれるのが精一杯だった。大隣は6回0/3を無失点の好投で4月4日以来となる2勝目。7回のチャンスを潰した坂口とハイツ田口は岡田監督の逆鱗に触れ、二軍降格を通達された。

◆E4−5F◆
楽天先発・岩隈に対し、日本ハムは初回、先頭の田中がセンター前へ弾き返すと、村田が送った後、稲葉もヒットで繋いで一、三塁。ここで小谷野が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、2点を先制。続く2回には陽のヒット,岩隈のエラー等で一死二、三塁とした所で田中のタイムリー,村田の犠飛で2点を追加。更に、3回には一死から糸井が11号ソロを叩き込み、5点目。5回までに2併殺を食らうなど、攻めあぐねていた楽天は6回、先頭の牧田が二塁打を浴びせると、二死後、鉄平,高須と連続タイムリー二塁打を放ち、2点を獲得。土壇場9回、日本ハムは抑えの武田久を投入し、逃げ切りを図るが、依然として安定感が戻らない武田久はこの日もピリッとせず、いきなり中村紀に二塁打,山崎にタイムリーを浴びて、1点を失うと、嶋にも痛打されて、無死一、三塁のピンチ。しかし、ここでルイーズをセカンドゴロゲッツーに仕留め、この間に生還を許して、1点差と詰め寄られたものの、最後は代打・草野をセンターフライに打ち取って、辛くも逃げ切り。先発の武田勝は5回2/3を2失点で降板となったが、7勝目がついた

7/16涌井◆M0−2L◆
ロッテ先発・渡辺俊は初回、先頭の片岡に痛打された以降は6回までノーヒットに抑え込む素晴らしい投球を展開。一方、西武先発・涌井は2回から7回まで毎回ヒットを浴びながら、連打と四球を許さない粘りの投球で先制点を与えない。0−0の儘、迎えた8回、西武は先頭のフェルナンデスがライト前に弾き返すと、坂田が送って、一死二塁。ここで代打・礒?がレフト前へタイムリーを放ち、ついに均衡を破る先制点をゲット。更に、上本のヒットで渡辺俊をKOすると、二死後、原の四球で満塁とした所で栗山がショートへのタイムリー内野安打を浴びせて、2点目。待望のリードを貰った涌井は8,9回と3人ずつで切り抜け、今季2度目の完封でリーグトップタイの11勝目。ロッテは今月だけ4度目の完封負けで好投の渡辺俊を見殺し。渡辺俊は4月27日以来の黒星となった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:32コメント(0)トラックバック(19) 

June 20, 2010

◆G5−2D◆
首位戦線に留まる為にも何としてもこの3連戦を勝ち越したい落合監督は現役どころかコーチとしてすら名手・川相をベンチから遠ざけてしまった愚行を悔い改める事をせずに、またしても川井を先発させる事でお茶を濁す事に…。しかし、所詮、カワイであって川相ではない川井にはチームの空気を一気に変える事は出来ず、初回に先制点を貰いながら、2回に阿部に3戦連発となる21号2ランを被弾し、あっさり逆転を許してしまう。巨人は4回にも二死一塁から松田記者のタイムリー二塁打で3点目を追加。2点を追う中日は直後の5回、一死から野本が四球を選ぶと、二死後、小山がタイムリー二塁打を放って、1点差。3−2の儘、迎えた8回、巨人は先頭のガッツが16号ソロ。一死後、3者連続出塁で満塁とすると、二死後、亀井が押し出し四球を選んで、ダメ押しの5点目。土壇場9回、昨日は3失点の炎上で初黒星を喫した守護神・クルーンが二死からヒットを浴びたものの、後続を断ち切って、汚名を返上。先発の藤井は6回を散発2安打2失点に抑え、5勝目

◆C−S◆
1,2回と先頭打者をヒットで出しながら、後が続かないヤクルトに対し、広島は2回、二死一、三塁から東出がレフト前へ先制のタイムリー。5回には四球の東出を三塁へ進めた所で嶋がレフトへ犠飛を打ち上げ、2点目を追加。広島先発・ジ・oの前に7回までゼロ行進のヤクルトだったが、8回から高橋にスイッチするや、青木の二塁打と2四球で一死満塁のチャンス。ここで代わった梅津から、デントナが押し出し四球を選ぶと、福地がライト前へ同点タイムリー。更に、相川もレフト前へ2点タイムリーを浴びせて、勝ち越しに成功。その裏からマツ・オカ−林とパーフェクトリレーを見せ、広島の反撃を断ち切った。先発の由規は制球に苦しみながらも、7回を2失点で切り抜け、3勝目をマーク

◆YB14−6T◆
鳥谷の7号先頭打者アーチで先制された横浜だが、その裏、内川の3号2ランですかさず逆転に成功。続く2回にはカスティーヨが6号ソロ,4回にはスレッジが13号ソロと一発攻勢で加点。更に、この後、一死一、三塁とすると、ソニックの犠飛,下園のタイムリー二塁打で2点を追加し、阪神先発・フォッサムをKO。阪神は5回にブラゼルの4試合連続21号2ランで応戦すると、更に、J.マッケンジー,林の連打で一、三塁とするが、桜井がショートゴロに終わり、2点止まり。すると、その裏、横浜は一死二塁からスレッジ,大西,武山と3連打を浴びせて、点差は再び5点と拡大。横浜は6,7回にも3点ずつを加え、一気に突き放した。阪神は代打・キュラソ星人の7号2ラン,ブラゼルのこの日2発目となる22号ソロで追い上げたものの、及ばなかった。横浜先発・ソニックは6回途中で降板となったが、打線の援護に恵まれ、通算100勝目となる今季7勝目をあげた

◆L6−4H◆
序盤から点の取り合いとなったこの試合。初回は両軍2人の走者を出しながら、無得点に終わったが、2回、ソフトバンクが柴原,山崎の連続タイムリーで2点を先制すれば、その裏、西武は阿部のタイムリー二塁打,栗山のタイムリーであっと言う間に同点。3回にソフトバンクがオーティズの犠飛,柴原のタイムリー二塁打で2点を勝ち越すも、その裏、西武は二死満塁から2試合連続4打点とこの所、ポイントゲッターになっている細川が3試合連続となる6号グランドスラムをぶち込んで、一気に逆転。ソフトバンクは4回以降は一転して、西武の小刻みな継投の前に僅かに1安打と沈黙し、屈辱の3連戦3連敗。西武2番手の武隈は2回1/3を無失点の好リリーフでプロ初勝利を飾った

6/20小谷野◆Bs1−11F◆
日本ハムは2回、四球の糸井が二盗と内野ゴロで三塁へ進むと、鶴岡のセンター前ヒットで先制のホームイン。3回には3四球で二死満塁とし、偽バファローズ先発・近藤をKOするが、代わった香月の前に高橋が打ち取られ、追加点ならず。ピンチを脱した偽バファローズはその裏、二死から四球で出た下山が牽制悪送球で二塁を陥れた所で後藤がセンター前へ同点のタイムリー。1−1で迎えた5回、日本ハムはヒットの劇団ひちょりが二盗とライトフライで三塁へ進んだ所で糸井がレフト前へ勝ち越しのタイムリーヒット。7回には二死満塁からレスターの暴投でタナボタの3点目。そして、8回には小谷野,金子誠と1イニング2発の満塁弾で一挙8点を奪い、試合を決定付けた。先発のケッペルは6回を自責点0の好投でハーラートップに並ぶ9勝目

◆M3−1E◆
無傷の5連勝中のロッテ先発・マーフィーに対し、楽天は2回、二死満塁から聖沢が押し出し四球を選んで、労せずして、1点を先制。しかし、3回以降立ち直ったマーフィーの前に6回まで一人の走者も出せず、7回にエラーで貰ったチャンスも生かせず、追加点を奪えない。一方、楽天先発・永井の前に無得点に抑え込まれていたロッテは7回、サブローの四球,竹原のヒットで無死一、二塁とした所で里崎がタイムリー二塁打を放ち、ようやく同点。二死後、今江がライト前へタイムリーを浴びせて、ついに2点を勝ち越し。8回からは薮田−小林宏と繋いで逃げ切った。マーフィーは7回を1失点に抑え、開幕6連勝

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 19:32コメント(0)トラックバック(15) 

June 14, 2010

6/14デントナ◆S8−3F◆
この日、謎の新助っ人・ホワイトセルが一軍に合流にした事で、入れ替え候補の両助っ人は戦々恐々。ガイエルよりも二軍落ちが有力視されているデントナはテンパった事で逆にスパークしたのか、初回、一死一、二塁のチャンスで9号先制3ラン。更に、飯原が歩いた後、相川,宮本と連打を浴びせて、1点を追加。4回には内野安打の青木を二塁へ進めると、またもデントナがこの日2本目となる10号2ランをぶち込んで、日本ハム先発・武田勝をKO。5回に田中のタイムリーで1点を返されるも、その裏、エラー絡みで2点を加え、大きく突き放す。7点を追う日本ハムは連打と四球で無死満塁とすると、田中が2点タイムリーを浴びせて、ヤクルト先発・村中をKO。一気に畳み掛けたい所だったが、代わった増渕の前に劇団ひちょり,稲葉,小谷野と打ち取られ、二者残塁。ヤクルトは8回からマツ・オカ−押本と繋いで逃げ切った。ヤクルトは今季初の5連勝。村中は6回0/3を3失点で4勝目をあげた。尚、2発5打点のデントナとは対照的に、ガイエルは3打席連続三振に終わり、一軍残留へ崖っぷちに立たされた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:30コメント(0)トラックバック(5) 

May 29, 2010

◆L0−4G◆
東野,帆足の両先発が1,2回と3人ずつで退ける上々の滑り出し。帆足は3回も簡単に二死を取るが、ここから亀井,坂本と連続二塁打を浴びて、先制点を献上。巨人は続く4回には先頭の寿司職人ラミレスが17号ソロを叩き込むと、7回には阿部,長野が連続アーチと得意の一発攻勢で突き放した。東野は6回までノーヒットの快投を見せ、快挙への期待が懸かったが、足に張りを訴えた事で大事を取って降板。7回からは越智−山口と繋いで完封リレーを達成し、東野は自己最多タイとなる8勝目をマークした

◆H4−2D◆
0−0で迎えた4回、中日は先頭の森野が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにライトスタンドへ8号ソロを叩き込み、1点を先制。一死後、ベンちゃんのヒット,井端の四球で一、二塁とチャンスを広げるも、小池,セサルと倒れて、二者残塁。その裏、中日先発・ウッチャンに対し、ソフトバンクは先頭の本多が死球で出ると、すかさず二盗。一死後、ハマのスペランカーが同点タイムリー二塁打を浴びせると、続く松中もレフト前へタイムリーを放ち、勝ち越しに成功。続く5回には先頭の山崎がレフトスタンドへ突き刺さる2号ソロを放ち、3点目。2点を追う中日は8回、3番手・ファルケンボーグにタイして、一死から森野が二塁打を浴びせると、二死後、ベンちゃんにイムリーが飛び出し、1点差。しかし、その裏、ソフトバンクは本多のタイムリー三塁打で貴重な4点目を追加。最後は守護神・馬原が3人でピシャリと締めた。先発の和田は6回を1失点10個の三振を奪う力投で7勝目をあげた

◆E3−2C◆
初回一死一、二塁のチャンスを逃した楽天は続く2回にも二死一、二塁のチャンスに聖沢が凡退。一方、広島も3回に一死二塁とすると、東出のサードゴロを草野がエラー。しかし、一塁送球の間に三塁を欲張った二塁走者・石原がタッチアウト。続く梵が四球で歩くも、天谷が倒れて、結局、無得点。0−0の儘、迎えた6回、広島はヒットの東出を梵が送った所で先のチャンスの潰した天谷が3号先制2ラン。8回から先発・スタルツに代わり、林を投入するが、これが裏目。一死から連打を浴びて、一、三塁のピンチを背負うと、鉄平のセカンドゴロ,中村紀のタイムリーで同点。土壇場9回には一死満塁とサヨナラのチャンスを作るが、聖沢,高須と倒れて、延長にもつれ込んだ。迎えた10回裏、広島は4月13日以来の登板となる永川勝を投入するが、復帰早々、永川劇場が開演される事に…。いきなり先頭の鉄平に痛打されると、一死後、連続四球で満塁のピンチ。ここで嶋にセンター前へタイムリーを浴びて、悪夢のサヨナラ負け。先発・岩隈は9回2失点の好投が報われず、10回から登板の小山に2勝目が転がり込んだ。

◆F2−4T◆
2回、二死満塁のピンチを切り抜けた日本ハムはその裏、糸井,小谷野,高橋の3連打で先制すると、更に、二死満塁とした所で劇団ひちょりが押し出し四球を選んで、1点を追加。2点を追う阪神は4回、キュラソ星人,新井の連打で無死一、三塁とすると、高橋のエラー,小谷野の野選で地味に同点。6回には新井,J.マッケンジーのヒットで一死一、三塁のチャンスを作ると、代打・鳥谷がライト前へ弾き返して、勝ち越し。なおも一、三塁のチャンスに藤川俊はスクイズを仕掛けるも空振りし、飛び出したJ.マッケンジーが刺されて、追加点ならず。しかし、続く7回、一死満塁から、ここまで3安打と当たっている新井が犠飛を打ち上げ、4点目をあげ、日本ハム先発・ダルビッシュはこの回限りで降板となった。阪神は8回の頭から、何と早くも守護神・藤川球を投入。8回は三者凡退に抑えた藤川球は9回、二死満塁と一打同点のピンチを背負ったものの、最後は稲葉を打ち取り、辛くも逃げ切った。先発の鶴は6回を2失点で5年目にしてプロ初勝利を飾った

5/29石川◆Bs4−11S◆
37年ぶりの10連敗は何としても阻止したいヤクルトは2回に相川のタイムリーで先制するが、開幕6連敗中の先発・石川が4回に北川に1号逆転2ランを被弾。1点を追うヤクルトは6回、この回から代わった菊地原からガイエルが13号同点アーチ。更に、3番手・香月から一死後、武内,宮本,相川,藤本と4連続長短打を浴びせて、一気に3点を勝ち越し。その裏、暴投で1点を返されるが、7回には5本の単打を集中して、4点を追加。更に、8回にも相川の犠飛等でダメ押しの2点を加え、試合を決定付けた。久々に打線が爆発し、連敗を9で止めたヤクルトはようやく交流戦初勝利。石川は6回3失点とピリッとしない内容だったが、打線の援護に恵まれ、ついに今季初白星となった

◆M5−0YB◆
ロッテは2回、フクーラのヒットと2四死球で満塁とすると、今江が先制の2点タイムリー二塁打。追いかける横浜は5回、二死走者なしからカスティーヨ,金城と連打を浴びせるも、井手がショートゴロに倒れて、二者残塁。ロッテは6回、一死からサブローがレフトスタンドへ9号ソロを放り込み、横浜先発・ハマのチンピラはこの回限りで降板。8回には四球のサブローを一塁に置いて、フクーラが4号2ランを放り込んで、ダメ押し。7回からは伊藤−薮田−小林宏と1回ずつ繋いで完封リレーを達成。先発の吉見は古巣相手に6回を3安打無四球無失点の好投で2勝目を飾った

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:49コメント(0)トラックバック(13) 

August 04, 2009

8/4 亀井◆G6−4C◆
巨人先発・ゴンザレスに対し、広島は3回、二死走者なしから、天谷がピッチャーを強襲し、一気に二塁を陥れると、続く栗原がレフト前へ先制タイムリー。1点を追う巨人は4回、二死からヒットで出た亀井が二盗を仕掛けると、石原の送球が体に当たり、ボールは左中間を転々。この隙に亀井は一気に生還を果たし、同点。直後の5回、広島が一死から東出,赤松,天谷の3連打で勝ち越せば、その裏、巨人もゴンザレスのヒット等で一、三塁とし、坂本の内野ゴロの間に再び同点。2−2で迎えた7回、広島は一死から赤松,天谷と連続アーチで2点を勝ち越し。8回にシュルツを挟み、9回からは守護神・永川を投入する必勝リレーを展開するが、一死から寿司職人ラミレスに痛打されると、続く亀井に痛恨の同点14号2ランを被弾し、延長に持ち込まれる始末。迎えた11回、巨人はこの回から登板した守護神・クルーンが三者三振の快投で弾みを付けると、その裏、一死からヒットで出た鈴木を一塁に置いて、またもや亀井が2打席連続となる15号2ランを叩き込み、劇的なサヨナラ勝ち。クルーンは今季初白星となった。

◆D7−0T◆
相変わらず、深刻なタイムリー欠乏症に苛まれている中日は2回二死満塁のチャンスを潰したのを皮切りに、3回無死一塁,4回二死一、二塁のチャンスを悉く逃す拙攻三昧。川相不在の打線が全く頼りにならない中、先発・ウッチャンは5回まで阪神打線を僅か1安打に抑える完璧な投球を展開。何とかチェンを援護したい中日は二死から連続四死球で貰ったチャンスにベンちゃんが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに22号3ランを叩き込み、3点を先制。中日は以降も全くヒットが出ずにいたが、8回、ベンちゃんが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに2打席連続の23号ソロ。この後、井端のタイムリー,荒木の犠飛等で3点を加え、ダメ押し。ウッチャンは9回、三者三振で締め括り、今季3度目の完封で5勝目。阪神は大和が一人で2安打と気を吐いた以外は全員がノーヒットと言う体たらくだった。

◆YB4−5S◆
ヤクルトは初回、福地,ガイエルのタイムリーで2点を先制。追いかける横浜は2回、ジョンソン,藤田と連打を浴びせると、二死後、金城のタイムリー二塁打で1点差。4回には藤田の内野安打,デントナのエラーでチャンスを作ると、はーちゅんが自らタイムリーを放ち、ついに同点。ヤクルトは6回、2本の内野安打に敬遠で二死満塁とするも、相川がショートゴロに倒れて、三者残塁。しかし、続く7回、ヒットの川島慶を石川が送ると、二死後、田中のタイムリーで勝ち越しに成功。それも束の間、その裏、横浜は先頭の金城が6号ソロを放ち、あっと言う間に同点。直後の8回、ヤクルトは先頭のデントナがライトスタンドへ19号ソロを放り込み、三たび勝ち越し。しかし、土壇場9回、絶対的守護神・林がよもやの乱調。代わりばな、よりにもよって、今季ノーアーチの代打・森笠に今季初被弾を喫し、同点とされると、続く代打・下園には二塁打を浴びた後、2つの敬遠で一死満塁の大ピンチ。ここで村田が浅いレフトフライを打ち上げると、三塁走者・下園が果敢にサヨナラのホームを狙うが、青木の好返球の前に憤死し、試合は延長へ突入。迎えた10回、ヤクルトは二死から宮本がレフト前へ弾き返すと、続く相川のタイムリー二塁打で勝ち越しのホームイン。最後は五十嵐が3人で締め括った。リリーフに失敗した林に4勝目が転がり込んだ

◆H8−3M◆
ソフトバンクは2回、二死一、三塁のチャンスに本多,川崎の連続タイムリーで2点を先制。直後の3回、田中雅の今季初アーチとなる2ランで追い付かれるも、その裏、小久保の死球,ハマのスペランカーの二塁打の後、長谷川のタイムリーで再び勝ち越し。更に、続く田上の14号3ランでこの回一挙4点をあげて、ロッテ先発・小林宏はあえなくKOとなった。6回には小久保が犠飛を打ち上げると、8回にも小久保が2打席連続の犠飛を放ち、ダメ押しの8点目。ロッテは9回に3連打で1点を返し、ソフトバンク先発・大隣をKOする意地を見せたものの、反撃もそこまで。大隣は完投こそ逃したものの、13三振を奪う力投で5勝目をマークした。

◆L1−5F◆
日本ハムは2回、西武先発・涌井に対して、二死走者なしから小谷野が6号ソロを放り込み、先制すると、続く3回には井津市から金子誠,田中と連続二塁打を浴びせて、1点を追加。西武は4回、中島の15号ソロで1点を返すが、6回、涌井が突如、制球を乱し、無死満塁のピンチを迎えると、小谷野に押し出し四球を与えて、3点目を献上。更に、糸井のセカンドゴロの間に生還を許すと、鶴岡には犠飛を打ち上げられ、この回3失点。この裏から継投モードに入った日本ハムは江尻−林−建山−武田久と4投手が1回ずつをきっちり抑えて、逃げ切った。先発の八木は5回を1失点で8勝目

◆Bs2−5E◆
5月13日以来、実に83日ぶりのスタメンに返り咲いたローズが復帰初打席でいきなりタイムリーを放ち、偽バファローズが初回から先制。1点を追う楽天は3回、一死から藤井,リンデンと連打を浴びせると、フェニックス一輝のタイムリーエラーで同点。更に、続く鉄平がタイムリーを浴びせて、勝ち越しに成功。続く4回にはショートが2号ソロを叩き込むと、5回には無死満塁から山崎武のゲッツーの間に1点を追加。7回に1点ずつ取り合って迎えた土壇場9回、偽バファローズは先頭のローズがこの日3本目のヒットで出塁。しかし、この日完全にブレーキとなっているフェルナンデスは三振。二死後、フェニックス一輝がヒットで繋ぎ、一発が出れば同点と言う場面を作ったが、最後は小瀬がセンターへ打ち上げ、ゲームセット。楽天先発・岩隈は2試合連続の完投で8勝目をあげた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:09コメント(1)トラックバック(31) 

June 13, 2009

◆H3−1G◆
ソフトバンク先発・ジャマーノに対し、巨人は2回、寿司職人ラミレス,阿部のヒットで二死一、三塁とすると、古城がレフト前へ弾き返して、1点を先制。巨人先発・内海の前に、3回までノーヒットと沈黙していたソフトバンクは4回、エラーで出た川崎が二盗を決めると、松中が同点タイムリー。続く5回には一死から松田がレフトスタンドへ2号ソロを叩き込み、勝ち越しに成功。8回には一死から川崎,オーティズと連続二塁打を浴びせて、ダメ押しの3点目。7回途中から攝津アッパー−ファルケンボーグと繋いで、最後は馬原が締める必勝リレーで逃げ切った。ジャマーノは1失点の好投で2勝目をマーク。内海は自責点2で完投したものの、報われず、3連勝ならず。

◆F9−1D◆
ここまで2度の先発で結果が出ていない山本昌。一向に名手・川相を現役復帰させようとしない落合監督のやり口に落胆の色を隠せないのか、初回から糸井のタイムリー二塁打で先制を許すと、続く2回には一死から四球を挟んで4連打で3点を失い、失意のKO。代わった寝損も高橋,スレッジと連続タイムリーを浴び、この回6失点。日本ハムは3回に鶴岡のタイムリー,4回に小谷野の5号ソロで1点ずつ追加。大量援護を貰ったダルビッシュは余裕の投球で8回を無失点に抑え、ハーラートップタイの8勝目。

◆L4−2C◆
2回にゲッツーの間に先制を許した西武だが、その裏、二死満塁から片岡が2点タイムリー二塁打を放ち、一気に逆転。続く3回には先頭の中島が四球を選ぶと、二死後、G.G.佐藤が10号2ランを叩き込み、2点を追加。3点を追う広島は4回、連打で無死一、二塁とするも、マクレーンがゲッツーでチャンスを潰し、5回には二死から連打と四球で満塁とするも、赤松が倒れて、三者残塁。更に、6回には無死一、二塁としながら、今度は嶋がゲッツーと拙攻三昧。7回に東出の犠飛でようやく2点目をゲットするも、最後は小野寺に反撃を断たれた。西武はこれで4連勝。先発・帆足は再三ピンチを背負いながら、6回を1失点で切り抜け、3勝目

◆M9−1T
阪神は1,2,3回と立て続けに得点圏に走者を進めながら、あと一本が出ず仕舞い。一方、1イニング15点の大爆発で打線が乗ってきたロッテは3回、二死二、三塁らか井口,里崎のタイムリーで3点を先制。続く4回には大松の2点二塁打,橋本のタイムリーで3点を加えると、5回には今江の犠飛で7点目。7回には逸し満塁から大松が2点タイムリーを放ち、ダメ押し。阪神はブラゼルの3号ソロで完封を逃れるのが精一杯で4連敗。直前の4連勝を完全に帳消しにしてしまった。ロッテ先発・小野は8回1失点の好投で3勝目

6/13 相川◆Bs1−3S◆
偽バファローズは初回、一死一、二塁からラロッカのタイムリーで先制。しかし、直後の2回、ヤクルトはガイエルの四球,宮本の二塁打で二死二、三塁とすると、相川が移籍初アーチとなる3ランをぶち込んで、逆転に成功。偽バファローズは8回、ヤクルト4番手・五十嵐に対し、二死から大引,大村と連打を浴びせ、一発逆転の場面で先制タイムリーのラロッカに繋いだものの、ラロッカは三振に倒れて、二者残塁。ヤクルトは9回から守護神・林を投入。林は三者凡退に斬って取り、逃げ切った。先発・ユウキは古巣相手に5回1失点で2勝目

◆E4−0YB◆
2回、楽天は横浜先発・グリンの制球難をついて、二死満塁とすると、嶋が押し出し四球を選んで先制。なおも満塁のチャンスで渡辺直がセンター前へ2点タイムリーを放ち、この回3点。グリンは3回以降立ち直り、7回まで追加点を許さない好投を見せるが、8回、2番手・吉見にスイッチするや、代打・丈武,草野と連続二塁打を浴びて、致命的な4点目を献上。楽天先発・永井は散発2安打、三塁も踏ませぬ快投を展開し、今季初完封で4勝目。楽天は5月6日以来の連勝となったる

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:18コメント(2)トラックバック(13) 

September 19, 2007

◆T1−11G◆
負ければ阪神のマジック点灯を許す可能性のある巨人は2回、阪神先発・ボーグルソンを捉え、無死満塁のチャンス。ここで当ブログ推奨助っ人・ゴンザレスが開幕戦以来となる2号グランドスラムを叩き込み、一挙4点を先制。4回には二死二塁から内海が頭部死球を食らって、ボーグルソンは危険球退場。緊急登板となったダーウィンの代わりばな、マッスル千代の富士が33号3ランをぶち込んで、7点目。巨人は終盤にも4点を加えて、計15安打11点と対阪神6連敗の鬱憤を晴らす猛打爆発で快勝を収めた。先発・内海は頭部死球の影響も感じさせず、6回にシーツのタイムリー内野安打で1点を失ったもののの、7回を投げ、13三振を奪う快投を展開。日本新記録の可能性を残す上、最多奪三振のタイトルへ向けてもう少し稼いでおきたい内海だったが、若大将・原監督に個人タイトルを援護する余裕はなく、この回限りで温存降板。しかし、7点差の8回から登板過多で疲弊の色がまざまざと見えている西村を、そして10点差の9回には守護神・上原を使ってしまった若大将・原監督の采配は不可解極まりなかった。折角、リリーフを休ませられるチャンスをむざむざ放棄してしまった若大将・原監督の謎の采配が果たして、今後のペナントにどう影響を及ぼすか注目される。

◆S5−6D◆
最多勝に望みを繋ぎたい中日先発・朝倉だったが、初回から寿司職人ラミレスのタイムリー二塁打,ガイエルの31号2ランでいきなりの3失点。3回に荒木,4回に英智のタイムリーで1点ずつ返し、1点差として貰ったのも束の間、その裏、先頭の川本に7号ソロを被弾。更に、田中浩にタイムリー三塁打を許し、再び点差は3点と拡大。しかし、粘る中日は5回に1点を返すと、7回には無死満塁からT.ウッズの2点タイムリーでつい同点。なおも一、二塁のチャンスだったが、後続3人が倒れて、勝ち越しならず。5−5の儘、迎えた土壇場9回、中日は先頭の中村紀が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに18号ソロを叩き込み、勝ち越しに成功。最後は守護神・岩瀬が締めて、史上初の3年連続40セーブを達成。これでセ・リーグ3強は再び0.5差でひしめく大混戦となった。

◆YB11−10C◆
広島は初回、求道者・前田のタイムリー二塁打等で2点を先制すると、3回には梵が16号2ランを叩き込み、4点のリード。しかし、横浜は4回、村田の28号2ランで2点を返すと、6回には一死一、二塁として、広島先発・高橋をKO。更に、この後、二死満塁とした所で下窪が2点タイムリーを放ち、ついに同点。追いつかれた広島は直後の7回、4安打を集中して、5点を勝ち越すも、その裏、横浜は村田にこの日2本目となる29号3ランが飛び出すなど、一気に5点を奪い返す驚異の粘りを見せる。9−9で迎えた土壇場9回、広島は求道者・前田がこの日4安打目となるタイムリー二塁打を放ち、三たびリード。その裏からマウンドに上がった守護神・永川は一死から吉村に三塁打を浴びるも、メカゴジラを打ち取ると、代打・マイケルを三振に斬ってとり、ゲームセット…と思いきや、これを倉が後逸(記録は永川の暴投)し、マイケルは振り逃げで一塁に生き、吉村は同点のホームイン。更に、代走・木村が二盗に成功した所で相川が右中間へタイムリーを浴びせて、劇的なサヨナラ勝ちを収めた。

◆M5−1H◆
防御率1点台をひた走る成瀬を相手にしながら、初回からフクーラのタイムリーで先制を許してしまったソフトバンク。決して調子のよくない成瀬から2回まで4安打を浴びせても得点を奪えずにいたが、3回、川崎,田上,小久保の3連打で同点に追いつくと、更に、ハマのスペランカーも続いて無死満塁と絶好の勝ち越しチャンス。しかし、ここから大村,松田,本間とあえなく凡退し、三者残塁。続く4回にも二死満塁としながら、ハマのスペランカーがセンターフライに倒れて、またも三者残塁の大拙攻。大ピンチを免れたロッテはその裏、連打で一、二塁とした所でオーティズのタイムリー二塁打で勝ち越し。更に、二死後、TSUYOSHI,フクーラがタイムリーを浴びせて、この回、一気に4点を追加。7回、成瀬は一死から小久保に痛打された所で降板するも、ここで何と渡辺俊がスクランブル登板。渡辺俊は四球を1つ与え、一、二塁としたものの、後続を断ち切ると、8回からは川崎−萩野と繋いで逃げ切りに成功。不調ながらも6回1/3を1失点で切り抜けた成瀬は9連勝で15勝目を飾った。ソフトバンクは13安打を浴びせながら、14残塁の大拙攻が響き、日本ハムとの差が2と開いてしまった。

◆F6−0E◆
ダルビッシュと田中、最多奪三振のタイトルを争う若きエース同士がついに初の直接対決。立ち上がりピリッとしない田中に対して、日本ハムは稲葉のタイムリーで初回から先制すると、続く2回には金子誠が4号ソロを放ち、2点目を追加。田中は尻上がりに調子を上げていったが、7回、一死一、三塁と久々のピンチを迎えると、代打・田中幸にタイムリー,劇団ひちょりには犠飛を打ち上げられ、4点目を失った所で無念のKO。更に、日本ハムは2番手・佐藤から田中賢が3号2ランを叩き込み、6点目。ダルビッシュは制球に苦しみながらも、大きく崩れる事なく、再三のピンチも落ち着いた投球で8回まで無失点。最後は金森が3人で締めて完封リレーを達成。ダルビッシュは15勝目をマークした。

◆Bs3−5L◆
最多勝を狙う涌井を援護すべく、西武は初回からカブレラの24号2ランで先制点をプレゼント。しかし、涌井はその裏、二死から連続四球を与えると、アレンのタイムリー,後藤のタイムリー三塁打で3点を失い、あっと言う間に形勢逆転。2回以降、涌井,平野佳の息詰まる投げ合いが続き、3−2の儘、試合は終盤へ突入。迎えた7回、西武は一死から中村,銀仁朗の連打で二、三塁とすると、ココで栗山がライト前へ2点タイムリーを放ち、逆転に成功。9回にはリーファーが8号ソロを叩き込み、ダメ押し。その裏、グラマンがきっちり締めて、涌井は白星を17と伸ばし、最多勝へ大きく前進した

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:53コメント(0)トラックバック(76) 

August 30, 2007

◆YB6−5D◆
初回一死二塁のチャンスを逃した中日は2回も一死一、三塁から谷繁がゲッツーを食らう最悪の展開で川相不在の弊害を露呈。しかし,4回、村田のエラーで貰ったタナボタのチャンスにピンキー井上にタイムリー三塁打が飛び出して、均衡を破ると、5回には一死満塁から森野の犠飛で2点目。先発の人斬り抜刀斎は毎回の様にヒットを浴びながらも、要所を締める粘りの投球を展開していたが、6回、先頭の金城に痛打されると、ここで村田にエラーの汚名返上とばかりに22号2ランを叩き込まれて、試合は一気に振り出しに。7回にハマのチンピラに代打を送り、8回から継投策に入った横浜に対して、中日はT.ウッズ,李のヒットで一死一、三塁とすると、代打の切り札・立浪がレフトへきっちり犠飛を打ち上げ、勝ち越しに成功。しかし、粘る横浜はその裏、一死から村田、吉村と連打を浴びせると、二死後、内川が同点タイムリー二塁打。なおも二、三塁の場面で相川が走者一掃の勝ち越し2点タイムリーを放ち、人斬り抜刀斎をKO。更に、代わった平井から代打・マイケルもタイムリーを浴びせて、ダメ押し。中日は9回、抑えのクルーンから森野の2点タイムリーで1点差まで迫ったものの、後続を断たれて、痛い逆転負けとなった。

◆T4−2C◆
広島先発・黒田に対して、阪神は2回、一死から桜井の7号ソロで先制。一方、阪神先発・杉山の前に4回まで7安打を浴びせ、毎回得点圏に走者を進めながら、得点が奪えずにいた広島は5回、一死一、三塁と五たびチャンスを作ると、球団から地元での2000安打達成を望まれている為、力を抑えている…訳ではなかろうが、ここまで2タコの求道者・前田がファーストゴロに倒れながらも、三塁走者を返して同点。黒田は3回から5回までに7三振と尻上がりに調子を上げていたが、6回、二死一、二塁からまたも桜井に走者一掃のタイムリー三塁打を浴びると、続く葛城イクローにもタイムリーを許して、この回、3失点。7回から阪神は久保田を投入する必勝パターンを展開するも、広島は東出、オチョアと連打を浴びせると、シーツのタイムリーエラーで東出が生還。しかし、一死後に代わったウィリアムスの前に求道者・前田、嶋と連続三振に斬って取られて、二者残塁。このピンチを切り抜けた阪神は最後は藤川が締めて、逃げ切った。藤川は岩瀬に並ぶトップタイの34セーブ目

◆L3−2M◆
久保,オツの両先発が5回まで無失点の好投を展開。無得点とは言え、押し気味に試合を進めてきた西武は6回、栗山,G.G.佐藤,カブレラと3連打で2点を奪い、久保をKO。更に、2番手・荻野から中島のヒット,中村の犠打で一死二、三塁とするも、ここで代わった3番手・川崎の前に礒?,細川と打ち取られ、追加点ならず。3回以降ノーヒットと完封ペースの投球を続けてきたオツだが、8回一死からズレータ,代打・大松と連続アーチで一瞬にして追いつかれ、無念の降板。試合はその儘、延長に突入した。迎えた11回裏、この回からマウンドに上がった小林雅がまたまたやらかしてしまう。いきなり先頭の細川に痛打されると、福地には簡単に犠打を許し、片岡にもヒットを浴びて、一死一、三塁。ここで栗山を敬遠する満塁策を選択するも、G.G.佐藤にタイムリー内野安打を浴びて、サヨナラ負け。西武は15残塁の大拙攻ながらも、辛くも白星を拾った。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:31コメント(0)トラックバック(53) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ