田口壮

March 21, 2010

◆F1−2H◆
オープン戦ではイマイチだった大隣,武田勝の両先発が不安を払拭する好投を展開し、6回までに入った得点は金子誠のソロアーチのみ。武田勝は2回以降ノーヒットの快投を続け、7回も簡単に二死を取ったと言うのに、梨田監督はここで何故か江尻にスイッチ。これが運の尽きとなった。オーティズが痛打した後、好調・小久保が同点二塁打。これで流れはソフトバンクに…。9回一死から3連続四死球で満塁のチャンスを貰った日本ハムだが、先制弾の金子誠が痛恨のゲッツーで延長に突入。11回に守護神・武田久から松田が被弾し、開幕2連敗となった。

◆L1−2M◆
昨日に続いて、1点を争う緊迫した展開となったが、投手戦と言うよりは拙攻合戦。2回に片岡のタイムリーで先制した西武は6回まで1併殺9残塁。一方、ロッテも1盗塁死,1走塁死とまずい攻めでチャンスを広げきれず、1点しか奪えずにいたが、7回、4回に同点タイムリーを放った大松が今度はライトスタンドへ均衡を破る今季初アーチを叩き込み、これが決勝点となった。先発の渡辺俊は7回2/3を1失点と粘りの投球。小林の離脱で抑えを任された出戻りの薮田は復帰初登板でセーブをあげた。開幕でのデビュー戦で4打数4三振は茂雄以来2人目と言う事で、茂雄クラスの活躍をするに違いないと言うロッテファンの根拠のない期待を背負った金はこの日もいきなり2打席連続三振。第3打席でサードライナーと、ようやく打球が前に飛び、デビュー以来の連続三振は6打席でストップしたが、結局、この日も4タコとさっぱりだった。茂雄も第2戦でも4タコに終わっており、ますます茂雄的活躍が期待出来る…などと言うのは、あまりにも妄信的期待だが、果たして、金のバットはいつ火を噴くのか!?

3/21カブレラ◆Bs5−4E◆
4番固定を明言されていたにも拘わらず、開幕戦早々、謎のフル欠場となったカブレラがようやく登場。関係者筋によると、DHでの起用打診に対して一塁を守りたいと駄々をこねた事による懲罰説が濃厚だそうだが、それで反省したのか、この日はDH起用を受け入れて、3回に会心の先制2ラン。ノムさんを調子づかせない為にも連敗は避けたい楽天は1点差で迎えた6回にノムさんと犬猿の仲であるリンデンの3ランで逆転に成功。しかし、「時計をくれてやったのに礼もしない」とノムさんからバッシングを受けていた先発・田中(本人曰く、礼はしたらしい)が8回途中で3点目を失い、KO。9回には抑えの福盛が後藤に被弾し、追い付かれた上、二死一、二塁のピンチを作って、あえなく降板。代わった小山もいきなりの四球で満塁とピンチを広げた挙げ句に暴投をかまして、悪夢のサヨナラ負け。岩隈,田中を立てながら、早くも開幕3連戦の負け越しが決定し、ノムさんのほくそ笑む姿が目に浮かぶ様だ。そういえば、守護神に指名されていた筈のモリーヨは何で使わなかったのかね? この日は9年ぶりに出戻ってきたハイツ田口も初出場し、二塁打含む3安打の猛打賞。これでしばらくはスタメン安泰…か?

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:27コメント(0)トラックバック(26) 

August 04, 2007

 正念場が続く桑田だが、地元でのカージナルス戦に登板。3−3の同点で迎えた6回に2番手としてマウンドに上がった桑田は先頭のラドウィックを簡単に追い込み、見逃し三振に斬って取るも、続くモリーナにはファールで粘られた末に二塁打を浴びてしまう。マイルスをショートゴロに打ち取り、二死三塁となった所で、代打・エドモンズに敬遠を指示されると、続くエクスタインも歩かせて、満塁のピンチで打席にはハイツ田口。いつもなら、右対右で代打を送られるケースながら、日本球界のベテランである為、データを持っているだろうと、その儘、起用されたハイツ田口だが、リーグの違った桑田との対戦経験はオープン戦での僅か14打席(12打数3安打2犠打)に過ぎず、最後に対戦したのは9年も前の事とあっては、ハイツ田口の持つデータなど、さして効率的に働く筈もなかった。これまで日本人選手を悉く退けてきた自信か、徹底したカーブ攻めで立て続けに空振りを奪い、あっと言う間に2−0と追い込んだ桑田だが、メジャーでは先輩のハイツ田口はここからファールを連発して食い下がる意地を見せる。そして、カウント2−2からの7球目、桑田は一転して内角へストレートを投げ込むと、ハイツ田口は食い込まれ気味のスイングでライトへのフライを打ち上げ、三者残塁。その裏、パイレーツはポリーノに勝ち越しアーチが飛び出し、この瞬間、桑田にメジャー初勝利の権利が生まれたが、7回から桑田に代わって登板した3番手・チャコンが代わりばなプホルスに被弾し、悲願の初勝利の権利は僅か6分足らずで粉砕されてしまった。チームは延長の末、サヨナラ勝ち。桑田は「大ピンチでも楽しく自分の投球が出来た。もしかして(初勝利)と言うのはあったけど、まだ先でしょう。今日はその日じゃなかった」と苦笑いしながらも、重要な場面を無失点で切り抜けた事に満足した様子。一方、チャンスに凡退したハイツ田口は「(桑田さんのデータは)よく知らないと、監督にも一応、言ってあったんですが…」と、必要以上の期待に応えられず、ガックリしていたが、「自分を高めてくれる様な感覚はある。日本人投手の繊細さを感じる」と、桑田の投球を評価していた。

桑田真澄―ピッチャーズバイブル18

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 10:16コメント(0)トラックバック(1) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ