田中浩康

April 26, 2011

◆S7−1G◆
坂本の先頭打者アーチで先制した巨人だが、4回の守備から長野が腰の張りで途中退場となると、相川の同点タイムリーを追ったマッスル千代の富士もフェンスに激突し、左脇腹を痛めて退場。巨人が攻撃力を低下させている一方、ヤクルトは6回にユウイチが勝ち越しタイムリー。7回には田中のタイムリー等で一気に4点を奪い、東野をKO。石川は7回を3安打1失点の好投で2勝目。ヤクルトはこれで7連勝となった。

◆D3−2YB◆
3回、中日は谷繁のチーム初安打を皮切りに井端,ブランコのタイムリーで一気に3点を先制。これが実に24イニングぶりの得点だった。先発の寝損は走者を出しながらも、3つの併殺を奪うなど落ち着いた投球で7回まで無失点。8回からは浅尾−岩瀬と繋ぐ必勝リレーを展開。岩瀬は代打・フェニックス一輝に2点二塁打を浴び、一打同点のピンチを背負ったものの、何とか踏み留まり、1点差で逃げきった。

◆C6−4T◆
1−1で迎えた4回、石原の二塁打で勝ち越された阪神だが、直後の5回、新井貴の今季初アーチとなる2ランで逆転に成功。しかし、能見は7回に梵の同点三塁打,ルパン広瀬の勝ち越し3ランを浴びて、KO。結局、これが決勝点となった。広島先発・前田健は7回を投げ10安打を浴びながらも、3点で食い止める我慢の投球で2勝目。能見は2009年9月18以来の黒星で、レギュラーシーズンの連勝は12でストップした。

4/26ダルビッシュ◆F3−2H◆
和田が投げると打てないソフトバンク打線はこの日も低調で3回までゼロ行進。4回にようやく小久保に先制タイムリーが出たが、その裏、和田は陽に被弾し、あっさり同点。6回には小谷野,7回には田中にもタイムリーを許し、8回を一人で投げきっての3失点。及第点の投球ではあったが、味方打線はダルビッシュの前に沈黙。8回無死満塁のチャンスも内野ゴロの間に1点を返すのが精一杯で、最後は武田久に3人で抑えられた。ダルビッシュは8回に本多が三振を奪い、史上129人目となる通算1000三振を達成

 

◆M6−0Bs◆
毎回のピンチを粘りの投球で凌いでいた木佐貫だったが、4回、金のタイムリー二塁打で先制されると、これで緊張の糸が切れてしまったのか、この回、一挙5失点の大炎上。ロッテは7回にも今江のタイムリーでダメ押し。投げては成瀬が12個もの三振を奪っての無四球で2試合連続の完封勝利。これで対偽バファローズ戦は3年越しの10連勝となった。

◆E2−0L◆
岩隈,涌井のエース対決となったが、先手を取ったのは楽天。2回二死走者なしから岩村が歩くと、ルイーズ,嶋,鉄平と3連打を浴びせて、2点を先制。涌井は3回以降、散発2安打と完璧な投球で反撃を待つが、岩隈の前に一向のチャンスを掴めない。土壇場9回、二死満塁と、ついに一打同点の場面を作ったものの、上本がファーストゴロに打ち取られ、完封負けを喫した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:07コメント(0)トラックバック(4) 

October 06, 2010

10/6久保◆YB0−5T◆
横浜先発・加賀に対し、阪神は初回、鳥谷のヒット,マット・マートンの四球で一死一、二塁とするも、新井,キュラソ星人と打ち上げて、二者残塁。4回には一死から新井がヒットで出るも、続くキュラソ星人がピッチャーゴロゲッツーに倒れる最悪の展開。しかし、5回、先頭のブラゼルがレフトオーバーの二塁打を浴びせると、続くJ.マッケンジーがライト前へタイムリーを放ち、ようやく1点を先制。更に、坂がセンターオーバーの二塁打を放ち、二、三塁とすると、一死後、鳥谷がライト前へ弾き返して、二者生還。一方、走者を出してはゲッツーを食らい、5回まで3人ずつで攻撃終了してきた横浜は6回、先頭のカスティーヨがセンター前ヒットで出塁。しかし、武山,代打・北,石川と打ち取られ、結局、無得点。阪神は8回、新井のタイムリー二塁打,9回には坂の犠飛で1点ずつ加えて、ダメを押し、4連勝。先発・ソニックは三塁も踏ませぬ投球で横浜打線を寄せ付けず、散発4安打完封で14勝目をマークした

◆S2−0C◆
広島は初回二死二、三塁のチャンスを潰すと、3回二死二塁,4回二死二塁と得点圏に走者を進めても、あと一本が出ない。一方、ヤクルトも初回二死一、二塁のチャンスを逃したのを初め、2回二死一塁,3回二死満塁のチャンスを悉く逸する始末。拙攻合戦により、0−0の儘、迎えた5回、ヤクルトは一死から田中がレフトスタンドへ4号ソロを放り込み、ついに1点を先制。8回には田中,飯原,武内のヒットで二死満塁とすると、森岡が押し出し四球を選んで、貴重な1点を追加。先発の館山は走者を出しながらも、要所を締めて、今季4度目の完封で12勝目を飾った

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:25コメント(0)トラックバック(8) 

June 10, 2010

◆Bs4−2G◆
偽バファローズ先発・小松は初回、簡単に二死を取るも、ガッツに痛打されると、連続四球で満塁とピンチを広げた挙げ句、亀井にタイムリーを浴び、2点を献上。一方、巨人先発・藤井は4回まで無失点に抑えていたが、5回に北川に5号ソロを被弾し、この回限りで降板。昨日3回1/3を投げた久保が使えない状況ながら、6回から山口−豊田と繋ぎ、8回からは越智を投入する勝ちパターンのリレーを展開するが、内野安打にエラーと死球で満塁のピンチを背負った越智は北川,バルディリスと連続タイムリーで3点を失い、KO。逆転に成功した偽バファローズは9回から登板した岸田がピシャリと締めて、逃げ切った。2番手の平野は1回1/3をノーヒットに抑えて、4勝目をあげた

◆H10−5YB◆
育成選手から這い上がり、悲願のプロ初登板となった山田に対し、横浜は一死から4連続四死球で労せずして先制すると、更に、金城が2点タイムリー二塁打を浴びせて、この回3点。しかし、横浜先発・小林太がこのリードを守れない。その裏、連打と四球でいきなり無死満塁のピンチを背負うと、一死後、ハマのスペランカー,ペタジーニと連続タイムリーを浴び、あっさり追い付かれると、更に、二死後、山崎に2点タイムリー二塁打を浴びて、この回悪夢の5失点。2点を追う横浜は7回、二死二、三塁から内川の2点タイムリーで一気に同点とするも、それも束の間、その裏、ソフトバンクは本多,オーティズ,松中の3連打であっと言う間に勝ち越し。続くハマのスペランカーはゲッツーに倒れるも、ペタジーニ,長谷川が連続タイムリー。更に、森本が死球を食らった後、山崎が2点タイムリー二塁打を浴びせて、試合を決定付ける10点目。2失点で山田のプロ初勝利を粉砕した2番手の摂津に3勝目が転がり込んだ。横浜は今季ワーストの7連敗。

◆E2−7D◆
中日は初回、ベンちゃん,野本のタイムリーで早くも3点を先制。2回には一死一、三塁から大島が犠飛を打ち上げて、4点目。更に、4回にも一死一、三塁からまたも大島が犠飛を打ち上げると、5回には一死一、二塁から新井にタイムリーが飛び出し、6点目。7回まで3安打と抑え込まれていた楽天は8回、先頭の聖沢がヒットで出ると、二死後、山崎の14号が飛び出し、ようやく2点を獲得。しかし、9回、中日は藤井のタイムリーでダメ押しの1点を追加。最後は清水昭が3人で締め括った。先発のウッチャンは6回を無失点に抑え、4勝目

6/10前田智◆M7−12C◆
2回に西岡の犠飛、3回にはサブローのタイムリーで1点ずつ失った広島は4回、二死から連打で一、二塁といた所で石原が6号逆転3ラン。5回に両軍1点ずつ取り合って迎えた7回、嶋の2点ソロ5点目を追加。3点を追うロッテは8回、井口のタイムリー等で同点とすると、更に、サブローのタイムリー二塁打で勝ち越しの2点をゲット。土壇場9回、守護神・小林宏を投入し、逃げ切りを図るロッテに対し、広島は二死一、二塁のチャンスを作ると、ここで代打に起用された求道者・前田がDHとしてすらスタメン起用されない鬱憤を晴らす走者一掃の同点タイムリー二塁打。試合はその儘、延長に突入。ラストイニングとなった12回、広島は一死満塁から天谷のタイムリーで勝ち越すと、更に石井タクローが走者一掃のタイムリー三塁打,石原がスクイズを決め、この回一挙5点。最後を締めた大島は2回無失点で今季初勝利

◆L4−8T◆
初回、マット・マートンのタイムリー,新井の8号2ランで3点を先制された西武は2回、一死から平尾のタイムリー,片岡の犠飛で1点差と詰め寄ると、3回には一死満塁のチャンスを掴むが、G.G.佐藤が痛恨のゲッツーに倒れ、同点ならず。すると、直後の4回、阪神はJ.マッケンジー,鳥谷のタイムリー二塁打等で3点を追加。7回にもJ.マッケンジーのタイムリーが飛び出すなど、2点を加えて、大きく突き放した。西武は8回に高山の4号2ランで追い上げたものの、最後は4点差ながらも登板した守護神・藤川球の前に反撃を断ちきられた。阪神先発の下柳は7回を2失点の好投で4勝目をマークした

◆F4−6S◆
3回まで5安打1四球と押しまくりながら、一向に先制点を奪えずにいたヤクルトだが、4回に相川の5号ソロ,鬼崎の今季初アーチで2点を先制。続く5回には相川のタイムリー等で2点、6回には田中がこの日4安打目となるタイムリー二塁打を浴びせて1点を追加。5回まで無失点の好投を続けていた先発・中沢は6回に突如、崩れ、一死から3連打で1点を返されると、稲葉に8号3ランを被弾し、KO。日本ハムは更に、代わった押本から小谷野,あの男とヒットを浴びせて、長打が出れば、逆転のチャンスを作ったが、鵜久森が三振に倒れて、二者残塁。ピンチを脱したヤクルトは7回に宮本のタイムリーで貴重な1点を追加。その裏から増渕−マツ・オカ−林と1回ずつを締めて、逃げ切った。中沢は6回途中で降板となったが、4勝目がついた

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:29コメント(0)トラックバック(16) 

June 06, 2010

6/6中村紀◆G4−10E◆
楽天は初回、ヒットの聖沢を三塁まで進めると、中村紀がライトスタンドへ先制8号2ラン。しかし、その裏、巨人は坂本の二塁打,マッスル千代の富士の四球で一、二塁とすると、二死後、阿部が3試合連続となる16号3ランをぶち込んで、一気に逆転。1点を追う楽天は4回、先頭の中村紀が今度はレフトスタンドへ2打席連続9号同点ソロアーチ。6回には先頭の鉄平が歩いた後、中村紀は3打席連続アーチ…ではなく、最悪のゲッツーに倒れるが、今度は山崎が13号ソロを放り込み、勝ち越し。更に、7回には高須が2号3ラン、8回には嶋が3号ソロ,代打・ルイーズの2号2ランと巨人のお株を奪う一発攻勢で大きく突き放した。先発・田中は2回以降は粘りの投球で追加点を許さず、7回3失点でハーラートップタイの8勝目をあげた

◆T9−2H◆
阪神は初回、一死から平野,マット・マートン,新井と3連打を浴びせて、1点を先制。なおも二、三塁のチャンスだったが、ブラゼル,J.マッケンジーと倒れて、1点止まり。3回には二死から連続四球で一、二塁とするも、ブラゼルがピッチャーゴロとまたもブレーキとなり、追加点ならず。すると4回、ソフトバンクは本多,オーティズの連打で一、三塁。ハマのスペランカーのサードゴロで本多は挟殺されるが、ペタジーニが歩いて一死満塁。ここで柴原はショートゴロに倒れて、ゲッツーと思いきや、セカンド・平野が一塁へ悪送球。ボールが転々とする間に、オーティズに続いて、ハマのスペランカーも一気に生還し、逆転に成功。その裏、桜井の7号ソロであっさり追い付いた阪神は続く5回には鳥谷,平野,マット・マートンの3連打で勝ち越し。6回には5安打を集中して、一挙5点を奪うと、8回にはまたもマット・マートンがタイムリーを放ち、試合を決定付けた。大量援護を貰った先発・ソニックは2失点完投で4勝目をあげた

◆D0−9L◆
WBC使用球はからっきしだが、NPB使用球ならお手の物…とは言え、ナイター程の安定感は持ち合わせていないデーゲームに引っ張り出されてしまった西武先発・岸と、照明の光をゴーグルに反射させて、打者の目を眩ませる様な卑劣極まりない方法をかまさなければ抑える事が出来ない三流投手と言う水島の呪いの烙印を押されてしまった中日先発・山井がいずれも4回まで散発1安打無失点の好投。均衡が破れたのは5回、西武は先頭のブラウンが二塁打を浴びせると、高山のショートゴロの間に三進。ここで礒?がレフトへ犠飛を打ち上げ、ついに1点を先制。続く6回にはヒットの片岡を三塁へ進めた所で中島が9号2ラン。中日は8回からプロ初登板となる高島を投入するが、これが大誤算。いきなり投手の岸に痛打されるや、3安打4四球の大乱調で5点を失い、完全に試合をぶち壊してしまった。岸は散発2安打完封と全く付け入る隙を許さない投球でハーラートップタイの8勝目

◆C1−6Bs◆
初回、広島は梵,栗原のヒットで二死一、三塁とするとルパン広瀬が先制のタイムリー二塁打。支配下登録されてから初先発に抜擢されたソリアーノは初回を3人で抑えると、2回も簡単に二死を取るが、ここから突如、制球を乱して、3連続四球で満塁の大ピンチ。ここで大引に同点タイムリー内野安打を浴びるも、続く坂口を打ち取り、何とかピンチ脱出。1−1で迎えた4回、偽バファローズは日高のヒット,木佐貫の四球で二死一、二塁とすると、またも大引がタイムリー二塁打を放って、勝ち越し。続く5回には無死満塁から北川の犠飛,日高のタイムリーで2点を追加。6回には一死一、三塁から後藤の犠飛で5点目。8回には永川勝の暴投で労せずして1点を追加し、ダメ押し。その裏からレスター−岸田と繋いで、広島の反撃を断ちきった。先発・木佐貫は7回を1失点に抑えて、5勝目をマーク

◆6−3M◆
3回、2四球で一、二塁のチャンスを貰ったロッテは今江のレフト前タイムリーで1点を先制。。5回には一死から投手の渡辺俊がライト前へ弾き返すと、二死後、西岡もヒットで繋いだ所でまたも今江が走者一掃のタイムリー二塁打。3点を追うヤクルトは6回、田中のタイムリーで1点を返すと、続く7回には一死から宮本,藤本の連打で二、三塁とし、ロッテ先発・渡辺俊をKO。ここで代わった伊藤の前に福地は三振に倒れるも、代打・畠山がセンター前へタイムリーを浴びせて、1点差。なおも一、三塁のチャンスに田中がライトスタンドへ2号3ランを放り込み、一気に逆転に成功。続く8回には相川が4号ソロを放ち、6点目。最後はこの日、一軍に復帰した守護神・林がきっちり締めて、5月1日以来、実に35日ぶりとなる7セーブ目。2番手の増渕は1回を無失点に抑えて、今季初勝利。

◆YB1−2F◆
0−0で迎えた3回、日本ハムは一死から劇団ひちょりがレフトスタンドへ今季初アーチとなる先制ホームラン。日本ハム先発・武田勝の前に4回まで僅か1安打と沈黙していた横浜は5回、先頭の村田が9号ソロを叩き込み、同点。毎回の様に走者を出しながら、横浜先発・加賀を攻めあぐねていた日本ハムだが、8回、2番手・牛田にスイッチすると、内野安打の糸井を二塁へ進めた所で大野がレフト前へタイムリーを放ち、ようやく勝ち越し。その裏、横浜は先頭のスレッジが二塁打を浴びせるも、反撃もここまで。後続3人があえなく打ち取られると、9回も三者凡退に終わり、万事休す。武田勝は散発3安打1失点完投で4勝目をマークした

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 19:40コメント(0)トラックバック(13) 

May 15, 2008

◆YB2−3G◆
横浜先発・ハマのチンピラに対して、巨人は先頭の亀井が二塁打で出ると、坂本の犠打で三進。ここでガッツがタイムリー二塁打を浴びせて、1点を先制。二死後、阿部,ゴンザレスと連続死球を食らって、満塁となったものの、隠善がライトフライに倒れて三者残塁。これで立ち直ったハマのチンピラは2回以降、付け入る隙を許さない好投を展開。一方、巨人先発・内海に対して、横浜は3回に村田のタイムリーで同点とすると、6回にはまたも村田がレフトスタンドへ11号ソロを叩き込み、勝ち越しに成功。1点を追う巨人は8回、この回からマウンドに上がった吉見に対して、キムタクのヒット,坂本の四球で二死一、二塁とすると、代わった横山から寿司職人ラミレス,阿部と連続タイムリーを浴びせて、逆転に成功。土壇場9回、クルーンは一死から代打・ビグビーを三振に取りながら、振り逃げを許してしまうと、二死後、大西を歩かせ、打席には1,2戦と痛い目に遭わされているガッツな貴公子・仁志。ここで暴投を犯して、二、三塁と一打サヨナラの場面が出来上がる何とも不吉な展開。しかし、ここをサードゴロに仕留めて、何とか3タテは免れた。

ハマのチンピラの苦手巨人から3年ぶりの白星はリリーフ陣に粉砕されてしまった。そもそも、あの投球内容,球数で7回に代打を送られてしまう事が不可解だ。ガッツな貴公子・仁志の3夜連続復讐劇が炸裂するか!?と思われたが、流石に、そうは続かなかったか。巨人は数少ないヒットが効果的に飛び出し、粘り勝ち。それにしても、初回にゴンザレスがハマのチンピラに死球を食らった時にはヒヤリとさせられた。昨年のゴンザレスは開幕戦にハマのチンピラに手首を叩き折られた所為で丸一年棒に振ったも同然だからなぁ。

◆S8−4D◆
極度の一発依存症,タイムリー欠乏症,内野陣の拙守等、川相を復帰させるだけで全て解決する問題を抱えながら、一向に対処しようとしない首脳陣,フロントに落胆の色を隠せない人斬り抜刀斎は初回から6長短打を集中され、5点を失う大炎上。直後の2回、T.ウッズが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに8号ソロを叩き込み、1点を返したが、4回に田中のタイムリーで再び5点差と突き放される。中日は6回、3連打で無死満塁とすると、李のセカンドゴロの間にまず1点。二死後、ベンちゃんがようやくタイムリーを放ち、2点差まで詰め寄ったが、8回、宮出のタイムリー等で2点を失い、試合を決定付けられた。

森野が左足を痛めて戦線離脱。前半戦絶望との噂も囁かれているが、そんな危機的状況も委細構わず、名手・川相をコーチャーズボックスに拘留する中日が無惨に敗れるのは自明の理。どうすればこの状況を打開出来るか分かっている人斬り抜刀斎はさぞや歯痒い思いに駆られている事だろう。ヤクルトは初回の集中打が効いて、快勝。ガイエルが実に23日ぶりのマルチ安打を放ち、復調の気配が見えてきたのも明るい材料だ。23日前は.319の高打率だったんだよなぁ…。

◆C2−5T◆
どういう気紛れか、はたまた何か企んでいるのか、ブラウン監督は求道者・前田を久々にスタメン起用。求道者・前田が出て勝ったと言う既成事実を何としても作りたい広島ナインは奮起し、初回からオチョアのタイムリーで1点を先制。投げては先発の宮崎がこれまでの不振を払拭する粘り強い投球で6回まで1安打無失点の好投を展開。その裏、広島は2つの四球で二死一、三塁のチャンスを作り、打席には求道者・前田。いずれも走者を置いて立った2打席では凡退してしまった求道者・前田だったが、ここでセンター前へ弾き返すタイムリーを放ち、2点目を追加。しかし、直後の7回、この儘、勝たれては幽閉策に支障が生じると恐れたブラウン監督は守備固めと称して、赤松を入れ、求道者・前田を引っ込める嫌がらせ行為に打って出ると、これが効果覿面。動揺した宮崎は突然崩れ、無死満塁の大ピンチを背負ってKO。ここで代わった梅津は代打・悠久の若虎・桧山に2点タイムリー二塁打を浴び、あっさり同点。何とか二死まで持ち込んだ梅津だが、シャア少佐にタイムリーを許して、勝ち越し点を献上。以降も横山,コズロースキーとリリーフ陣が悉く失点するのに対し、阪神は7回から渡辺−ウィリアムス−藤川と繋ぐパーフェクトリレーで逃げ切った。先発・ボーグルソンは今季初白星。

求道者・前田の執念のタイムリーも報われず、逆転負け。これでブラウン監督が求道者・前田を出した所で何ら白星に繋がらないと言う口実で幽閉策を再開するかもしれないと思うと気が滅入る。宮崎は今季一番の投球だったと思うが、ブラウン監督の奸計にハマって、無念のKO。ピンチでの梅津投入も逆転劇を誘導しようとしたブラウン監督の策略だったのかもしれない。思い返せば、求道者・前田は一死一、二塁での第1打席,無死一塁での第2打席で凡退したのが痛かった。その原因が嫌がらせ政策により、コンディションが悪化の一途を辿り、ポテンシャルを発揮出来ない事にある事を考えると、何もかもブラウン監督の手の平で踊らされている様で欝になる。

◆H3−10L◆
1勝1敗で迎えた第3戦。大村を2番に入れ、復帰した本多を9番に起用するテコ入れを敢行したソフトバンクは初回から満塁のチャンスを掴むも、松田が倒れて三者残塁。続く2回、本多の犠飛で1点を先制するが、直後の3回、先発・パウエルが突如崩れ、片岡,栗山,中島と3連続タイムリーを浴びて、3失点。2点を追うソフトバンクは4回に長谷川の2号2ランで追いつくが、6回、中村に被弾し、勝ち越し点を献上。これで流れを掴んだ西武は続く7回には細川の7号ソロを皮切りに四球を挟んで4連打を浴びせるなど、一気に5点を追加。8回にはボカチカに10号ソロが飛び出して、ダメ押しの10点目。先発・オツは大量援護に守られて、6度目の先発にして、ようやく今季初白星を飾った。

大村,本多がスタメンに戻って来て、あとはハマのスペランカーが帰ってくるのを待つばかりと、ベストオーダーが蘇りつつあるソフトバンクだが、5回以降ノーヒットと完全に沈黙。パウエルも終盤は完全に息切れしていた。と言うか、今のパウエルに7イニング目を投げさせたらあかんだろう。一方、西武先発・オツはようやく初勝利。好投と言うには微妙な内容だが、とにもかくにも白星と言う結果が欲しかっただけに、いい気分で交流戦に臨む事が出来そうだ。

◆F6−5M◆
初回二死一、二塁のチャンスを逃したロッテだが、続く2回に一死満塁から西岡の犠飛で先制。その裏、日本ハムは小谷野がタイムリーを放ち、すかさず同点。1−1で迎えた5回、ロッテはまたも西岡が4号ソロを叩き込み、勝ち越すが、それも束の間、その裏、日本ハムは鶴岡の今季初アーチとなる2ランで逆転に成功。1点を追うロッテは直後の6回、金沢のタイムリーで追いつくと、宮西のボークで労せずして勝ち越し点をゲット。8回にもノーヒットで1点を加え、これでダメ押しになったかと思われたが、その裏、成瀬が連打で一死二、三塁のピンチを迎えてKO。2番手・川崎が田中を歩かせたて満塁となった所で3番手・アブレイユが高橋に2点タイムリーを浴び、一気に同点。勢いづく日本ハムは土壇場9回、一死から小山の四球,紺田のヒットで二、三塁とすると、劇団ひちょりがセカンドへのゴロ。バックホームをしようとした根元だが、アブレイユと交錯し、ファンブル。この間に小山が返って、連夜のサヨナラ勝ちとなった。

どうも今季の成瀬は乗り切れない。アブレイユが打たれたとは言え、結果的に5失点。ロッテのリリーフ陣は投球内容も役割分担も不安定極まりないだけに、ピンチを作った上で降板する様ではダメなのだ。今週の「ドカパロ」は日本ハム的には大人しい内容だった為か、水島の呪い効果は及ばず、日本ハムは連夜の劇的勝利。呪い的には来週,再来週辺り、どうなる事やら恐ろしいのだが、とにかく今のうちに出来るだけ勝っておきたい所だろう。

◆E1−2Bs◆
0−0で迎えた4回、楽天は先頭のショートが二塁打を浴びせると、続く山崎武がレフト前へ弾き返す先制タイムリー。更に、フェルナンデスも歩いて、一、二塁とチャンスを拡大させたが、後続3人があえなく凡退し、1点止まり。すると、直後の5回、偽バファローズは日高,村松のタイムリーで逆転に成功。迎えた6回、楽天は先発・朝井を早くも引っ込め、昨日のノーゲームでデビュー戦が幻と消えたルーキー・長谷部が再デビュー。いきなり四球を連発して、二死満塁のピンチを迎えた長谷部だが、辛くも切り抜けると、続く7回も一死一、二塁のピンチをゲッツーで凌ぎ、デビュー戦を投げ終えた。偽バファローズは先発の小松が7回1失点でマウンドを降り、8回に岸田−菊地原を挟んで、最後は8日ぶりの登板となった守護神・加藤が3人でピシャリと締め、1点差を守りきった。小松は開幕4連勝。

先週はあんなに当たっていた楽天打線が今週に入ってからすっかり湿りきって、3連敗。地元での神通力もすっかり消え失せてしまった様だ。昨日、4球投げただけの長谷部は日を改めて、先発起用されると思っていたのだが、よもやのリリーフ登板。折角のデビュー戦なのに、何とも中途半端な形。2回無失点とは言え、2安打3四球を許すなど、アップアップの投球内容で色々な意味で中途半端だった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:48コメント(1)トラックバック(60) 

September 29, 2007

◆T3−5C◆
中日を下して意地を見せ、連敗を止めた阪神だが、これで息を吹き返すかと思いきや、苦手・広島を相手に大苦戦。先発・福原が2回一死から梵,森笠,石原の3連打で先制を許すと、二死後、東出,オチョアと連続タイムリーを浴びて、4失点KO。4回には2番手・渡辺が一死一、三塁から、またも東出にタイムリーを浴びて5点目を献上。阪神は8回に代打・悠久の若虎・桧山,ゼブラ今岡のタイムリーで2点を返すと、9回には守護神・永川に対して、二死から桜井がバックスクリーンへ叩き込んで、2点差にまで詰め寄ったが、最後は田中シュータが空振り三振に倒れて、万事休す。広島先発のルーキー・宮崎は8回途中まで2失点の好投で先発での初白星を飾った。

◆YB1−3S◆
横浜先発・ハマのチンピラに対して、ヤクルトは初回、200安打へあと5本と迫る寿司職人ラミレスの27号ソロで先制。1点を追う横浜はヤクルト先発・石井一の前に6回まで2安打と沈黙していたが、7回一死から吉村の21号ソロを叩き込み、試合は振り出しに。しかし、直後の8回、ヤクルトは四球,エラーとノーヒットで二死二、三塁のチャンスを掴むと、ここで田中浩が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、2点を勝ち越し。土壇場9回、横浜はヤクルト2番手・シコースキーから先頭の下窪がヒットで出るも、続く村田のセカンドライナーで飛び出して、最悪のゲッツー。最後は同点弾を放っている吉村が空振り三振に倒れて、連勝は4でストップ。8回1失点の石井一は9勝目を飾った。

◆H3−7E◆
優勝どころか2位も危なくなってきたソフトバンクだが、この日も悪の温床・楽天先発・朝井の前に3回までゼロ行進。先発・大隣も3回まで無失点と踏ん張っていたが、4回、無死一、二塁のピンチを迎えると、山崎武にタイムリー二塁打を浴びせて、先制点を献上。更に、礒部を歩かせた後、牧田,鉄平と連続タイムリーを浴びて、あえなくKO。代わった藤岡も二死満塁とした所で草野に押し出し四球を許すと、フェルナンデスには2点タイムリーを浴び、この回、悪夢の7失点。ソフトバンクは悪の温床・楽天の倍となる14安打を浴びせながら、11残塁の拙攻が響いて、3点を返すに留まり、悪の温床・楽天相手に屈辱のシーズン負け越しが決まった。悪の温床・楽天は創立3年目にして、初の最下位脱出が確定した。

◆M1−9F◆
マジックを2とし、マジック対象のロッテを直接叩けば、連覇が決まる日本ハム。ロッテ先発・久保に対して、5回まで毎回の様にヒットを浴びせながら、あと一本が出ずにいたが、6回、稲葉,青波の長瀬の連打で無死一、三塁とすると、高橋がショートゴロゲッツーに倒れる間に稲葉が先制のホームイン。続く7回には一死一、三塁から劇団ひちょりの犠飛で1点を追加し、久保をKO。更に、2番手・藤田から田中賢が右中間フェンス直撃のタイムリー三塁打を放ち、3点目を追加。その裏、日本ハム先発・スウィーニーに抑え込まれていたロッテは無死一、二塁のチャンスを掴むも、内野ゴロ2つで1点を返すのが精一杯。直後の8回、一死一、三塁のピンチを迎えると、バレンタイン監督は負けている場面ながらも、この日一軍に復帰した守護神・小林雅を投入。小林雅は劇場を開演する事なく、飯山,稲田と打ち取って、このピンチを脱出。しかし、土壇場9回には連打で無死一、三塁のピンチを作り、あえなくKOとなる背信投球。そして、ここで代わった高木が田中賢,稲葉と連続タイムリーを浴び、致命的な2点を献上。完全に戦意喪失のロッテに対して、日本ハムはこの後、更に、陽にタイムリー二塁打,飯山に犠飛,稲田にタイムリー二塁打が飛び出して、この回大量6点のビッグイニングを形成。その裏、8点リードの場面ながらも、今季、数々の試合を締め括ってきた守護神・MICHEALが登場。2本のヒットを浴びたMICHEALだが、最後はズレータを空振り三振に斬って取り、日本ハムが2年連続4度目のリーグ制覇を達成した

◆Bs1−6L◆
最下位脱出を目指す偽バファローズに引導を渡したい西武は初回から大崎,栗山のヒットで一死一、三塁と、何と4番に座った中島がスクイズを敢行。これが相川のエラーを誘って、2点を先制。追いかける偽バファローズは5回、一死から前田が3号ソロを放り込み、1点差。しかし、直後の6回、西武は代打・江藤の史上33人目の1000打点となるタイムリーで再び2点差と突き放すと、7回には片岡が3号ソロ。そして、8回には4年目でプロ初スタメンとなる松坂に待望のプロ初安打初アーチが飛び出すと、更に、片岡が犠飛を打ち上げ、試合を決定付けた。敗れた偽バファローズは悪夢の単独最下位が確定。尚、この日、水口が今季限りでの現役引退を表明した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:52コメント(0)トラックバック(75) 

September 26, 2007

◆G8−4D◆
最多勝へ僅かな希望を残す春風亭半ケツだったが、初回、自らのエラーで無死一、二塁のピンチを作ると、中村紀に通算1500安打となるタイムリーを浴びて、先制点を献上。更に、一死後、ミスター3ラン・森野に川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに16号3ランを放り込まれて、いきなりの4失点。更に、二死一、二塁のチャンスを作った中日は一気に突き放したい所だったが、朝倉がショートゴロに倒れて二者残塁。続く2回には荒木の通算200盗塁で作った一死二塁のチャンスに中村紀,T.ウッズが凡退。3回には二死一、三塁の場面でまたも朝倉に回ってしまい、二者残塁。一方、2回までパーフェクトと上々の滑り出しを見せる朝倉だったが、その裏、清水,脇谷と連打を浴びる。しかし、ここで早くも春風亭半ケツを引っ込めて、投入された代打・キムタクを三振に斬って取ると、続くマッスル千代の富士をセカンドゴロに打ち取ったかと思いきや、荒木が痛恨のエラーをかまして、一死満塁。川相不在の重さを痛感し、落胆の色を隠せない朝倉は続く松田記者にライト前へ弾き返され、2点を献上。更に、続く4回にはニックン,清水と痛打された所で、脇谷にタイムリーを許して、1点差。直後の5回、中日は森野,李の連打で無死一、三塁と絶好のチャンスを掴むも、ピンキー井上は三振,谷繁はキャッチャーへのファールフライと前に飛ばす事も出来ず仕舞い。そして、またまたチャンスに回ってきてしまった朝倉がセカンドゴロに倒れて、二人の走者は釘付けとまたまたまたまた川相不在の弊害を露呈川相不在で一発が出なければ如何ともしがたい中日を嘲笑うかの様にその裏、巨人は李の29号ソロでついに追いつくと、続く6回には一死三塁からこの日ラッキーボーイとなっている脇谷に今季初アーチとなる2ランが飛び出して、勝ち越しに成功。7回にも二死満塁のチャンスを掴みながら、矢野が三振に倒れて、ダメ押しに失敗した巨人は8回から早くも守護神・上原を投入。イマイチ球の走らない上原に対して、中日は谷繁,荒木のヒットで二死一、二塁と一発逆転のチャンスを作ったが、中村紀は空振り三振に倒れて二者残塁とまたまたまたまたまたまたまた川相不在の弊害を露呈。すると、その裏、巨人は川相不在で一発が出なければ如何ともしがたい中日を嘲笑うかの様にマッスル千代の富士が2試合連続の35号2ランをぶち込んで、ダメ押し。その裏、T.ウッズのライトへのファールフライを猛然と追ってスライディングキャッチの体勢に入ったマッスル千代の富士だが、血迷ったファンが腕を伸ばしてキャッチする大暴挙。折角、難敵・T.ウッズを打ち取ったにも拘わらず、妨害工作をかます偽巨人ファンの嫌がらせに怒り心頭の上原は下手に打たせると妨害工作に遭うとばかりにT.ウッズをフォークで空振り三振。後続2人も妨害工作を図りようもないグラウンドの中心付近へ打たせて、逃げ切りに成功。よりにもよって巨人相手に一発依存野球で対抗しようとする無謀な戦いを挑み、残塁ばかり量産して痛い星を落とした中日は依然として、マジック7は点灯しているものの、巨人に2ゲーム差を付けられる苦しい展開で連覇へ黄信号。開幕前から分かりきっていた事だが、昨年、名手・川相を無為に引退に追い込んでしまった事がより一層悔やまれる状況になってきた

カリメロ勝◆YB6−1T◆
藤川が連夜の敗戦投手となる悪夢の様な展開で連敗ロードが止まらず、重苦しいムードの阪神。この日も横浜先発・カリメロの前に4回までゼロ行進。先発・ボーグルソンは3回まで1安打無失点と踏ん張っていたが、4回、一死満塁からメカゴジラに痛恨のグランドスラムを被弾し、この回限りで無念のKO。6回には2番手・橋本健が村田に被弾した後、石井タクローにタイムリーを浴びて、2失点。キュラソ星人の一発で完封を免れるのが精一杯と投打に精彩を欠いた阪神は悪夢の7連敗でついに優勝の可能性が消滅。カリメロは8回1失点の好投で7勝目をマークした。

◆C3−8S◆
中井美穂の旦那に続き、金村弟が今季限りの引退を表明したこの日、約5ヶ月ぶりの登板となる高卒ルーキー・増渕を何とか援護したいヤクルトは初回、寿司職人ラミレスのタイムリーで1点を先制。先制点を貰った増渕は3回まで無失点に抑えていたが、4回、先頭の新井を歩かせると、続く嶋に13号2ランを叩き込まれて、形勢逆転。7回には梵に18号ソロを被弾し、3点目を献上。直後の8回、ヤクルトは先頭の増渕に代わり、今季限りでの引退を決めている中井美穂の旦那・古田が代打で登場するも、1ヶ月半も実戦から遠ざかっているとあって、あえなくショートゴロと凡退。しかし、続く青木が20号ソロを叩き込むと、田中浩がヒットを浴びせて、広島先発・高橋をKO。更に、代わった青木勇から寿司職人ラミレスが同点タイムリー二塁打を放ち、増渕の黒星は消滅。3−3で迎えた土壇場9回、ヤクルトは二死満塁のチャンスに田中浩が走者一掃のタイムリー三塁打を放ち、一気に3点を勝ち越し。更に、続く寿司職人ラミレスが27号2ランを叩き込み、試合を決定付けた。広島はリリーフ陣が踏ん張りきれず、5位・ヤクルトとの差は3にまで拡大してしまった。

◆H3−1Bs◆
ソフトバンク先発・スタンドリッジに対して、3回まで残塁の山を築くばかりの偽バファローズだったが、4回、一死二、三塁から小久保のタイムリーエラーでタナボタの先制点をゲット。なおも一、三塁のチャンスだったが、続く日高はセカンドゴロゲッツーに倒れて、勝ち越しならず。すると、その裏、今季初登板となる偽バファローズ先発・加藤康に対して、ソフトバンクは一死一、二塁から小久保がエラーの汚名を返上する同点タイムリー。続く5回には二死二、三塁から川崎がセンター前へ弾き返して、2点を勝ち越し。日曜に4イニングを投げてしまった馬原を使いたくない状況で8回から代わった三瀬は一死二塁のピンチを迎えるも、ここで代わった3番手・柳瀬が北川,ラロッカと打ち取り、ピンチ脱出。柳瀬は9回も三者凡退に斬って取り、逃げ切りに成功。投手陣の頑張りにより、ソフトバンクは辛くもV奪回へ望みを繋いだ。

◆F2−1E◆
序盤はダルビッシュ,田中の両先発が一歩も譲らず、試合は中盤へ突入。迎えた4回、悪の温床・楽天はフェルナンデスの内野安打,金子誠の野選で一、二塁とすると、礒部のタイムリーで均衡を破る先制点をゲット。更に、山崎武もヒットで続き、無死満塁とチャンスを拡大させたが、高須,嶋と連続三振。渡辺直はサードゴロに倒れて、1点止まり。田中は4回以降ノーヒットと、日本ハムに付け入る隙を許さぬ好投を展開。完封を懸けた9回、先頭の劇団ひちょりを三振に斬って取るも、続く田中賢を歩かせると、稲葉に痛恨のタイムリー二塁打を浴びて、ついに同点。更に、続く青波の長瀬を歩かせ、一塁を埋めると、代打のミスタースナイパー・坪井にライト前へタイムリーを浴び、完封目前から一転、悪夢のサヨナラ負け。土壇場で引っ繰り返した日本ハムの優勝マジックは1つ減って5となった。

◆L4−6M◆
初回、ベンちゃんの走者一掃タイムリー三塁打で2点を先制されたロッテだが、直後の2回、無死一、三塁のチャンスで、バックスクリーンへ飛び込むズレータの15号3ランで、一気に逆転に成功。1点を追う西武は4回、一死一、三塁から小林宏の暴投で労せずして追いつくと、6回には二死一塁から中島のレフト線タイムリー二塁打で勝ち越し。最多勝を決定付けたい西武先発・涌井は7回まで投げきると、ミッチーを挟んで、9回は抑えのグラマンに全てを託したが、二死二塁とあと一人の所まで追い詰めながら、早川,フクーラと連打を浴びて、同点を許し、涌井の白星は消滅。更に、サブローもヒットを放ち、早川が一気に勝ち越しのホームを狙ったが憤死し、試合は延長にもつれ込んだ。迎えた10回、ロッテは西武4番手・山岸に対して、一死満塁から今江,TSUYOSHIの連続タイムリーで2点を勝ち越し。最後は薮田が締めて、ゲームセット。これで西武は26年ぶりのBクラスが確定。入団以来、14年目で初のBクラスを経験する事となったハンニバルは今季限りの現役引退を表明した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:13コメント(1)トラックバック(86) 

August 25, 2007

◆C6−9G◆
巨人に4戦連続逆転勝利中の広島だが、この日はオチョアの6号ソロで先手を取った。しかし、直後の2回、巨人は二死一、二塁からホリンズのタイムリーで同点。続く3回には二死満塁のチャンスを掴んだものの、李が立て続けにストライクを見逃して、三振に倒れ、三者残塁。これでガックリきた先発・金刃はその裏、いきなり梵にバックスクリーンへ叩き込まれると、二死一、二塁から求道者・前田に2000安打へカウントダウンとなる11号3ランを浴び、4失点。直後の4回、巨人は阿部の29号ソロで1点を返すと、続く5回には無死満塁からガッツの犠飛,阿部のタイムリーで1点差。更に、矢野もヒットで続いて満塁としたものの、ホリンズはピッチャーゴロに倒れて、またも三者残塁。そして、7回、この回から代わった広島3番手・広池に対して、巨人はニックン,ガッツが連打。ここで李はヘッポコバントをかました後の強攻策でライト前に弾き返して、無死満塁。一死後、矢野の三遊間への深い当たりはショート・梵の好プレーに阻まれ、二塁は封殺されたものの、この間にガッツが同点のホームイン。続いて代打・清水のショート正面のゴロが梵の手前で跳ね上がるイレギュラーヒットとなり、勝ち越しに成功すると、更に、脇谷に右中間突破の2点タイムリー三塁打が飛び出して、この回、4点。粘る広島は8回、二死一、三塁として、早くも守護神・上原を引っ張り出すと、梵がタイムリーを浴びせて、2点差。しかし、広島の反撃もここまで。9回に矢野にダメ押し弾を浴びると、その裏は上原の前に三者凡退。巨人は4戦連続逆転負けの借りを返す、4点ビハインドからの逆転劇で1日で首位を奪回した。尚、求道者・前田は第4打席でも二塁打を放ち、2000安打まであと9本となった。

◆D0−2T◆
立ち上がりピリッとしない阪神先発・ボーグルソンに対して、中日は初回、一死から荒木がヒットで出るも、中村紀が最悪のゲッツー。2回には二死から李,英智と連打を浴びせるも、谷繁がサードゴロに倒れて、二者残塁。3回には一死からヒットで出た井端が盗塁死。この後、荒木,中村紀と連打するも、T.ウッズが三振に倒れて、二者残塁。怒濤の拙攻三昧を繰り広げていた中日打線は以降、完全に沈黙し、得点を奪える気配すら掴めない。川相不在の弊害を露呈しまくる味方打線に辟易としながらも、先発・小笠原は7回まで散発2安打12三振の好投を展開。8回に先頭の桜井に三塁打を浴びたものの、ここから三者連続三振に斬って取り、ピンチ脱出。しかし、0−0で迎えた土壇場9回、小笠原は一死満塁のピンチを作って、無念の降板。ここで守護神・岩瀬を投入するも、林に犠飛を許して、ついに先制点を献上。この後、シャア少佐のヒットで再び満塁とされた所でここまで3三振の矢野にタイムリーを浴びて、致命的な2点目を献上。最後は藤川の前にピシャリと締められ、完封負け。3回までは拙攻三昧、4回以降はノーヒットと、15三振を奪う快投を見せた小笠原を見殺してしまい、首位転落となった。

◆S4−3YB◆
横浜は初回、ヤクルト先発・松井を攻め立て、金城,吉村のタイムリーで2点を先制。4回にはメカゴジラの12号ソロが飛び出して、3点目。毎回チャンスを作りながら、横浜先発・カリメロの老獪な投球にかわされていたヤクルトだが、その裏、二死二塁から代打・度会のタイムリーでようやく1点を返すと、カリメロが退いた8回には横浜野手陣の乱れに乗じて、宮本のタイムリー,川本の犠飛で同点。完全に流れを掴んだヤクルトは土壇場9回、一死満塁から田中浩がセンター前へ弾き返し、連夜のサヨナラ勝ち。これでヤクルトは広島と入れ替わりで最下位を脱出した。

◆H4−1M◆
小久保が肋骨骨折で今季中の復帰が微妙となる中、西武を3タテして勢いに乗るソフトバンクはロッテ先発・清水に対して、初回のチャンスは逃したものの、2回に松田の2号ソロで先制。続く3回にはエラー絡みで無死満塁とすると、一死後、田上が押し出し四球を選んで、2点目を追加。先発・大隣は2回に連打を浴びたものの、このピンチを切り抜けると、6回まで無失点の好投を展開。7回に2つの四球を与えて、降板するが、代わった水田が後続を断ち切った。しかし、続く8回、3番手・藤岡がオーティズにタイムリーを浴びて、1点差。なおも二死一、三塁の場面だったが、ここで登場した守護神・馬原が里崎を空振り三振に斬って取り、ピンチ脱出。4回以降、残塁を量産するばかりのソフトバンクだったが、その裏、川崎のタイムリー等でダメ押しの2点を追加。馬原は9回に二死一、二塁と一発で同点のピンチを詰まったが、早川をセカンドゴロに仕留めて、事なきを得た。これでソフトバンクは4連勝となり、ロッテと入れ替わりで2位に浮上。2勝目をあげた大隣は本拠地初勝利となった。

◆L3−12F◆
初回、中島の犠飛で先制を許した日本ハムだが、3回に劇団ひちょりのタイムリーで追いつくと、4回には稲葉の一発で勝ち越しに成功。その裏、高山の犠飛で同点とされるも、直後の5回、すかさず金子誠のタイムリーで再び勝ち越し。更に、6回には二死満塁から二死満塁から工藤の押し出し四球,金子誠,劇団ひちょりの連続タイムリーで4点を追加。日本ハムは終盤にも5点を加え、計15安打12点の猛攻で快勝。先発のルーキー・吉川は8回3失点で4勝目。

◆Bs3−4E◆
いきなり連続三振を奪うなど、三者凡退と上々の立ち上がりを見せた偽バファローズ先発・川越だったが、続く2回、吉岡,藤井にタイムリーを浴びて、2点を献上。先制点を貰った悪の温床・楽天先発・グスマンだが、その裏、自らの暴投で1失点。6回に憲史の一発で再び2点差に広がったが、7回、偽バファローズは一死一、三塁から平野恵の犠飛で1点差となると、更に、二死満塁からローズが押し出し四球を選んで、試合は振り出しに。土壇場9回、二死一、三塁から山崎武のタイムリーで勝ち越し。最後は小山がクリーンアップを退け、最下位転落の危機を免れた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 20:16コメント(0)トラックバック(77) 

June 11, 2007

◆G1−0F◆
阿部が左足首の捻挫でスタメンを外れ、李が4番に復帰した巨人は初回、日本ハム先発・武田勝の立ち上がりを捉え、初回から一死満塁の大チャンス。しかし、ここで怒濤のチャンスブレイカー・ニックンは空振り三振に倒れる相変わらずのインケツぶりを遺憾なく発揮。続くホリンズも三振に倒れて、三者残塁。巨人は3回にも二死一、二塁と先制のチャンスを掴みながら、恐怖の残塁量産マシン・ニックンがセンターへの凡フライに倒れる相変わらずのインケツぶりを遺憾なく発揮。ニックンがチャンスを潰しまくっているうちに武田勝はすっかり立ち直り、7回まで無失点。一方、巨人先発・金刃も負けじと7回を散発3安打の無失点に抑える好投を展開していたが、8回、二死から田中賢に二塁打を浴びると、続く稲葉を歩かせた所で無念の降板。ここで代わった林の甘い球を青波の長瀬が痛打するも、これがサードの真正面に飛び、二者残塁。すると、その裏、巨人は前夜、謎のセーフティスクイズで悔しい思いをした代打・矢野がレフトスタンドへ値千金の4号ソロを叩き込み、ついに均衡を破る先制点をゲット。こうなれば、最終回は上原が3人で締め括り、完封リレーを達成。今季の対日本ハム全敗を辛くも免れた。

◆D7−2M◆
初回、サブローのタイムリー等で2点を先制された中日だが、2回、谷繁の2点タイムリー二塁打で同点とすると、更に、井端にタイムリー内野安打,T,ウッズに2点タイムリーが飛び出し、この回、大量5点。3回には投手の浅尾が自らを楽にするタイムリーを放ち、ロッテ先発・渡辺俊をKOすると、4回には福留が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに11号ソロを叩き込み、7点目。中日先発・浅尾は走者を出しながらも大崩れせずに5回まで凌ぐと、6回からはS.ラミレス−久本−鈴木−グラセスキと1回ずつ繋いでいく継投で逃げ切り、4連勝。敗れたロッテは3連敗となった。

◆T0−1H◆
虚弱投手・里中にパーフェクトに抑え込まれた呪いから依然として解放されず、打線が効果的に機能しないソフトバンク。初回から走者を出しまくりながら、あと1本が出ない詰めの甘い攻撃でスコアボードにはゼロを連ねるばかり。不甲斐ない打線に辟易としながらも、先発・和田は粘り強い投球で阪神に先制点を与えない。阪神は7回から久保田−ウィリアムスと繋ぎ、9回には同点の場面ながらも藤川を投入。これに対して、ソフトバンクは先頭の田上がヒットで出ると、犠打と内野ゴロで三進。ここで川崎がセンター前へタイムリーを放ち、ついに1点を先制。その裏、守護神・馬原に対して、阪神は鳥谷,藤本がヒットを浴びせ、追い詰めたものの、最後はシャア少佐が空振り三振に倒れて、完封負け。8回無失点の和田は5勝目、馬原は両リーグ一番乗りの20セーブ目をマークした。

◆C7−6Bs◆
初回、栗原の12号3ラン,嶋の5号ソロと電光石火の一発攻勢で4点を先制した広島だったが、先発・大竹がピリッとせず、直後の2回、後藤の一発等で2失点。3,4回と三者凡退に抑えて、立ち直ったかと思いきや、5回一死満塁からローズ,アレンの連続タイムリーで逆転を許し、あえなくKO。更に、代わった長谷川も日高にタイムリーを浴びて、6点目を献上。しかし、偽バファローズは5,6回と立て続けにエラー絡みで1点ずつ失い、試合は振り出しに。6−6で迎えた土壇場9回、偽バファローズ5番手・岸田に対して、広島は二死一、三塁のチャンスを掴むと、ここで喜田がレフト前へタイムリーを浴びせて、サヨナラ勝ち。これで広島の連敗は5でストップ。9回途中からリリーフし、打者一人を抑えただけの魅惑のナックルボーラー・フェルナンデスに3勝目が転がり込んだ。

◆S7−5E◆
0−0で迎えた5回裏、ヤクルトは一死満塁からガイエルの犠飛で先制すると、更に、宮出に走者一掃のタイムリー三塁打が飛び出し、2点を追加。3点を追う悪の温床・楽天は直後の6回、山崎武,フェルナンデスの連続タイムリー,礒部の犠飛で一気に同点とすると、続く7回には高須のタイムリー二塁打で勝ち越しに成功。しかし、その裏、ヤクルトは一死二塁から寿司職人ラミレスの三塁打で追いつくと、またもガイエルの犠飛で再び勝ち越し。直後の8回、代打・草野のタイムリー二塁打で同点となったのも束の間、その裏、ヤクルトは二死満塁から田中浩がセンター前へタイムリーを放ち、2点を勝ち越し。最後は高津が締めて、逃げ切り、3連勝。一方、敗れた悪の温床・楽天は4連敗。つい先日まで夢の貯金生活などと期待されていたのが、今や借金5。水島の呪いの影響か、単なる地力の弱さか…?

◆YB5−2L◆
何とか地獄の連敗ロードを抜け出したい西武はエース・涌井に全てを託すが、2回にベンちゃんの一発で先制して貰いながら、その裏、制球を乱して満塁のピンチを作った挙げ句、ガッツな貴公子・仁志,藤田と連続タイムリーで3点を失い、あっさり逆転を許すと、3回には吉村に7号2ランを浴び、5点目を献上。4点を追う西武は5回に細川の一発で1点を返すも、あとが続かない。7回以降、小刻みにリリーフを注ぎ込む継投の前に反撃を断たれ、結局、ソロ2発による2点のみの10残塁と言う拙攻でゲームを落とし、これでとうとう10連敗

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 20:58コメント(1)トラックバック(56) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ