渡辺俊介

April 21, 2011

4/21澤村◆T1−3G◆
初登板では好投報われず、白星を逃したルーキー・澤村。この日は初回から満塁の走者を背負うなど、ピンチの連続ながら、あと一本を許さない。一方、岩田も5回まで散発2安打の好投を見せていたが、6回の満塁のピンチで寿司職人ラミレスにタイムリーを許し、ついに2点を献上。その裏、ブラゼルの二塁打で1点を返し、なおも一打同点のチャンスだったが、キュラソ星人,J.マッケンジーのベテランコンビがあえなく凡退。好調・俊介も打ち取られて、1点止まり。巨人は8回に長野のタイムリー二塁打でダメ押し。3人のリリーフを注ぎ込んで逃げきった。澤村は7回1失点でプロ初白星を飾った

◆S2−0D◆
名手・川相を退団させると言う愚行を犯し、開幕ダッシュに失敗している中日。既に、巨人のスタッフと化してしまった川相に頼る事は不可能な状況とあって、川井を先発起用。所詮、カワイであって、川相ではない川井は3回まで無失点と粘り強く投げていたものの、4回にバレンティンに2号2ランを被弾し、先制点を献上。この2点が致命的な決勝点となった。ヤクルト先発・館山は走者を出しても、3つの併殺を取るなど落ち着きを失わず、散発5安打完封で今季初白星。2試合連続完封負けの中日だが、壊滅的不振に見舞われていた新助っ人・グスマンに2安打が飛び出したのは明るい材料か。

◆YB8−11C◆
バリントン,清水の両先発が精彩を欠き、序盤から点の取り合い。3−3出迎えた6回、広島は丸,石原の連続タイムリー二塁打等、4連打で一気に3点を勝ち越し。その裏、ハーパーの3号2ランで追いすがられるが、7回に2点、8回に3点と横浜のリリーフ陣を打ち崩して、試合を決定付けた。9回に上野が炎上し、サファテを引っ張り出されたものの、大事には至らず、これで6連勝。

◆H8−3E◆
初回から内川のタイムリーで先制するも、2回に鉄平のタイムリー等であっさり逆転されたソフトバンク。しかし、3回に内川,ハマのスペランカーのタイムリーで追い付くと、4回にオーティズ,松田の連続アーチ等で一気に3点を勝ち越し。その後も着々と加点し、楽天を突き放した。先発・山田は7回を3失点で凌ぎ、開幕2連勝。

◆M7−1L◆
今季初登板のオツは2回までパーフェクトと上々の滑り出し…と思われたのも束の間、3回に今江,荻野貴のタイムリー等で3失点。7回にもピンチを作ってKOされると、代わった長田も岡田,井口にタイムリーを浴びて、致命的な4点を失った。初戦でKOされた渡辺俊だったが、この日は7回を投げて、許した得点は中島のソロアーチのみと言う散発2安打1失点の好投で今季初勝利。

◆Bs0−4F◆
初回のチャンスは逃した日本ハムだが、2回にトンガが待望の今季初アーチを放って先制。5回には田中の犠飛で1点を追加。終盤、相次ぐチャンスを逸したものの、9回に陽,糸井の連続タイムリーでダメ押しの2点を追加。先発・武田勝は7回を無四球無失点の快投。8回からは増井−武田久と繋いで完封リレーを決めた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:50コメント(0)トラックバック(7) 

November 02, 2010

11/2清田◆M7−1D◆(日韓クラブチャンピオンシップ出場権争奪戦)
親会社が事業を広げている韓国と戦いたくて仕方ないからとシーズン3位にも拘わらず、いけしゃあしゃあと日本代表の座を狙うロッテに対し、中日はゴーグルで照明の光を反射させて打者の目を眩ませでもしないと到底通用しない四流投手などと言う理不尽極まりない水島の呪いを受けている山井を先発起用。どうせ8回までパーフェクトに抑えても岩瀬に代えられるに違いないと、3年前のアジアシリーズ出場権争奪戦での悪夢がトラウマとなっている山井は初回、一死から清田に痛打され、早くもパーフェクトは崩壊。二死後、サブローにもヒットを浴び、一、二塁とされるが、続く好調・今江を打ち取り、このピンチは辛くも脱出。一方、ロッテ先発・渡辺俊の前に1,2回と三者凡退に終わっていた中日は3回、先頭の谷繁がライト前に弾き返すと、一死後、大島もライト前ヒットを浴びせて、一、三塁とした所で荒木がレフトへ犠飛を打ち上げ、1点を先制。しかし、その裏、ロッテはヒットの西岡を清田が送ると、二死後、サブローがセンター前へ同点タイムリー。追い付かれた中日は直後の4回、先頭の森野がヒットで出るも、ベンちゃんが最悪のショートゴロゲッツー。続くブランコも三振に倒れて、結局、3人で攻撃終了。すると、その裏、ロッテはフクーラが二塁打,金が四球で出ると、里崎がきっちり犠打を決め、二、三塁。二死後、西岡も四球を選んで満塁となった所で清田がセンターオーバーの走者一掃タイムリー三塁打を浴びせて、一気に3点を勝ち越し。更に、続く井口も右中間フェンス直撃のタイムリー二塁打を放ち、山井をKO。何とか点差を詰めたい中日だが、尻上がりに調子を上げていく渡辺俊に翻弄され、5,6,7回と三者凡退と完全に沈黙。その裏から3番手・清水を投入するも、井口に二塁打,サブローに四球を許すと、暴投で二、三塁とした所で今江,フクーラと連続犠飛を浴びて、致命的な2点を献上。渡辺俊は8,9回も無難に締めて、1失点完投勝利。地元に戻ってきたロッテが投打に渡って、中日を圧倒し、2勝1敗と再び一歩リードした。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:22コメント(0)トラックバック(18) 

October 17, 2010

10/17藤川球◆T6−7G◆(日韓クラブチャンピオンシップ出場権争奪戦出場権争奪戦)
巨人の先発は内海と言う大方の予想を覆して、朝井。しかし、いきなり先頭のマット・マートンに痛打された朝井は続く平野に簡単に犠打を許すと、二死後、新井にタイムリーを浴び、あっさり先制点を献上。更に、J.マッケンジーにセンター前へ弾き返されると、続くブラゼルにもライト前へタイムリーを浴び、2失点。直後の2回、巨人は先頭の寿司職人ラミレスがヒットで出るも、阿部が最悪のサードゴロゲッツー。この後、マッスル千代の武士,長野の連打,古城の死球で満塁とすると、短期決戦モードの若大将・原監督は裏をかいてまで起用した朝井を早くも見限り、当ブログ推奨助っ人・江戸川を二軍に落としてまで、一軍に残した日本プロ野球史上最悪のコストパフォーマンスを誇る代打要員・李を投入するが、あえなくショートフライに倒れて、三者残塁。昨日のゴンザレスのリリーフ投入成功に味をしめたのか、若大将・原監督はその裏からグライシンガーを投入。一死からマット・マートンに内野安打を許したグライシンガーだったが、平野,鳥谷と打ち取って、無失点で切り抜ける。直後の3回、巨人は先頭の坂本がヒットで出るも、亀井,ガッツ,寿司職人ラミレスと三者連続三振に斬って取られて、坂本は一塁に釘付け。ソニックの快投で意気上がる阪神はその裏、新井がライト前にポトリと落ちる当たりで一気に二塁を陥れる好走塁を見せると、暴投で三進。ここでJ.マッケンジーの三塁線への痛烈なライナーをガッツがダイビングキャッチし、倒れ込みながら、三塁をベースタッチ。新井は素早く帰塁し、間一髪ゲッツーを免れると、続く桜井がライトへ犠飛を打ち上げ、3点目。直後の4回、巨人は一死からマッスル千代の富士が右中間突破の二塁打を浴びせるが、長野のタイムリーとなるかと思われた二遊間への打球を平野のファインプレーに阻まれると、古城のソニックのグラブを弾いた打球も平野に素早く処理され、結局、無得点。しかし、続く5回、一死からまたも坂本がヒットで出ると、亀井のセカンドゴロを4回に好守を連発した平野が今度はエラー。ここでガッツがライト前へタイムリーを浴びせると、なおも一、三塁の場面で寿司職人ラミレスがセンターへ犠飛を打ち上げ、1点差。更に、阿部もヒットで続き、一打同点のチャンスを作ったが、マッスル千代の富士は三振に倒れて、二者残塁。その裏からマウンドに上がったMICHEALに対し、阪神は先頭の鳥谷がヒットで出塁。新井が三振に倒れた後、J.マッケンジーは最悪のショートゴロゲッツー…と思いきや、これを坂本が大きく弾いて、鳥谷は一気に三塁へ。ここでブラゼルがセンターへきっちり犠飛を打ち上げ、4点目。続く6回には四球の藤川俊を代打・上本が送ると、マット・マートンが敬遠されて、一、二塁となった所で平野が左中間へ走者一掃のタイムリー三塁打を放ち、2点を追加。阪神は7回から久保田を投入する必勝パターンを展開するが、これに対して、巨人は一死からガッツが二塁打を浴びせると、二死後、またも平野がエラーを犯し、この間にガッツが生還。更に、マッスル千代の富士がライトスタンドへ2ランをぶち込んで、一気に1点差まで詰め寄った。勝機が見えてきた事で巨人はその裏から越智を投入。これに対し、阪神は二死から浅井のヒット,藤川俊の四球で一、二塁とし、代打の切り札である悠久の若虎・桧山を投入するも、空振り三振に倒れて、追加点ならず。阪神は8回から早くも守護神・藤川球を投入する逃げ切り体勢に入るが、これに対し、巨人は二死から亀井が粘って四球を選ぶと、続くガッツが初球を叩いて、ライト線へ二塁打。ここで寿司職人ラミレスが追い込まれながらも、センター前へ弾き返し、二者が返って、ついに逆転。その裏、一死から登板した山口はハイリスクなクルーン投入を避けられるならそれに越した事はないと言う若大将・原監督の期待に応え、9回まで投げ抜き、逃げ切りに成功。久保田,藤川球から5点を奪うよもやの逆転劇で2連勝を飾った巨人は鬼門・ナゴヤドームへ乗り込む事となった。尚、この試合は公式戦でない上、日本シリーズと何ら因果関係のないエキシビジョンマッチであった所為か、代打でも無理矢理出続けていたキュラソ星人は最後までグラウンドに立つ事はなかった

10/17今岡◆H2−4M◆(日韓クラブチャンピオンシップ出場権争奪戦出場権争奪戦)
韓国に手広く事業を広げている為か、日韓クラブチャンピオンシップに出たくて仕方ないロッテは2回、ソフトバンク先発・陽に対し、一死からゼブラ今岡がレフトスタンドへ叩き込み、3戦連続で一発による先制点をゲット。その裏、ソフトバンクはロッテ先発・渡辺俊からハマのスペランカー,ペタジーニのヒットで二死一、二塁のチャンスを作るが、長谷川がサードゴロに打ち取られ、同点ならず。ロッテは4回、2四球で二死一、二塁とすると、大松がセンター前にタイムリーを浴びせて、陽をKO。6回には3番手・甲藤から先頭の今江が右中間へ二塁打を放つと、ゼブラ今岡の犠打で三進した後、金のショートゴロの間に3点目のホームイン。ソフトバンクは7回一死二、三塁,8回二死一、二塁と相次ぐピンチを何とか切り抜けるも、渡辺俊の好投の前に3回以降、二塁も踏めず、全く反撃の糸口が掴めない。土壇場9回、ロッテはヒットの西岡が二盗を決めると、一死後、井口のタイムリー内野安打で貴重な1点を追加。5回二死から走者を出せずにいたソフトバンクはその裏、先頭の本多が右中間突破の二塁打。松中もレフト前ヒットで続いた所で小久保がセンター前へタイムリーを浴びせて、ついに渡辺俊をKO。引っ張り出した守護神・小林宏に対し、ハマのスペランカーはセカンドフライに倒れるが、続く代打・オーティズが歩いて、満塁とチャンス拡大。ここでペタジーニは簡単に初球を打って、ショートフライに倒れるが、続く柴原が押し出し死球を食らって、2点差。なおも満塁とワンヒットで同点の場面を作ったが、山崎はどん詰まりのキャッチャーファールフライに倒れて、あと一歩及ばず。小刻みに加点し、渡辺俊の好投も光ったロッテが2勝目を挙げ、日韓クラブチャンピオンシップ出場権争奪戦出場へ辛くも望みを繋いだ。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:18コメント(2)トラックバック(42) 

October 10, 2010

◆S4−6C◆
日本シリーズとは何の関係もない日韓クラブチャンピオンシップ出場権争奪戦出場権争奪戦の陰に隠れて、ひっそりと行われたセ・リーグ最終戦。広島は初回、ヒットの梵を木村が送ると、二死後、栗原が15号先制2ラン。続く2回には一死二塁から石原のタイムリーで1点を追加。その裏、内野ゴロの間に1点を返されるが、4回、飯原のタイムリーエラー,木村のタイムリーで2点を追加。ヤクルト先発・村中は13個の三振を奪えば、タイトル獲得と言う所だったが、5回までに11安打5失点と打ち込まれた上、三振は僅かに2つと、完投しても13三振は絶望的とあって、5回裏に代打・川本を送られてしまう。この川本が凡退し、二死となったヤクルトだが、ここから青木,野口,畠山の3連打で2点を返すと、更に、デントナが二塁打を放ち、二、三塁と一打同点のチャンス。しかし、ここまで2安打の飯原がショートライナーに倒れて、二者残塁。続く6回には二死走者なしから川端がライトスタンドへ2年ぶりの一発を叩き込み、1点差。何とか突き放したい広島は9回、代打・嶋の14号ソロで貴重な1点を追加。最後は横山が締めて、逃げきった。先発のソリアーノは5回0/3を3失点で2勝目をマーク

10/10里崎◆L4−5M◆(日韓クラブチャンピオンシップ出場権争奪戦出場権争奪戦)
土壇場で引っ繰り返された前日の嫌なムードを払拭したい西武は先発・岸が初回を簡単に三者凡退に斬って取り、ロッテの勢いを止めると、その裏、一死から阿部で四球で出塁。ここで前日、得点機に5度凡退の大ブレーキで戦犯となった中島がセンター前に弾き返すと、二死後、中村がレフト前にタイムリーを放ち、昨日に続いて先制点をゲット。更に、高山が四球を選んで、満塁となった所でブラウンがライト前へ2点タイムリーを放ち、この回3点。直後の2回、ロッテは二死走者なしから今江がレフトスタンドへソロアーチを叩き込むと、四球の金が捕逸で二進したものの、大松はセンターフライに倒れて、1点止まり。西武は3回、先頭の中村が三塁線を破る二塁打を浴びせると、高山の犠打で三進。ここでブラウンのセンターへの深いフライは悠々犠飛となって、中村が4点目のホームイン。ロッテはこの回限りで先発・マーフィーを諦め、4回から渡辺俊を投入。9月15日以来の登板となる渡辺俊だったが、僅か9球で三者凡退に仕留めると、続く5回には無死二塁のピンチを背負いながら、難なく後続を断ち切る好投を展開。3点を追うロッテは6回、清田のヒット,井口の四球で無死一、二塁とすると、サブローが三塁線を破るタイムリー二塁打を放ち、清田が生還。なおも二、三塁とワンヒットで同点の場面だったが、フクーラ,今江,金とあえなく凡退し、1点止まり。しかし、続く7回、大松が左中間突破の二塁打で出ると、続く里崎がセンター前へタイムリーを浴びせて、1点差。岸の暴投で里崎が二進した所で西岡が送りバントを仕掛けるが、まともに転がしてしまった打球に里崎はスタートを自重。しかし、焦った岸がこれをエラーし、オールセーフとなとると、続く清田はきっちり送って、二、三塁。ここで井口はライトへ打ち上げるが、浅いフライで里崎はスタートを切れず。続くサブローが歩いて、満塁となったものの、フクーラは止めたバットに当ててしまう中途半端なバッティングでピッチャーゴロに終わり、三者残塁。西武は8回、一死からヒットの佐藤を細川が送ると、ここで代わった4番手・吉見から栗山がレフト前ヒット。一気に本塁を狙った佐藤だが、大松の好返球の前にタッチアウト。1点差で迎えた土壇場9回、西武は昨日、リリーフに失敗した守護神・シコースキーではなく、長田を投入するが、これが裏目。いきなり初球を里崎にレフトスタンドへ放り込まれる同点アーチを被弾。昨日の逆転劇の再現を予感させる展開に一気に畳み掛けたいロッテは続く西岡がセカンド右への内野安打。清田がヘッポコバントを打ち上げるも、西岡が二盗を決めて、一打同点のチャンスを作るが、井口,サブローの3,4番が倒れて、勝ち越しならず。その裏、西武は三者凡退に終わり、昨日に続いて、延長戦にもつれ込んだ。迎えた10回、西武は2つの四球で一死一、二塁のチャンス。ここでロッテは昨日、炎上した内を投入すると、内は佐藤をショートゴロゲッツーに仕留めて、昨日のリベンジに成功。ピンチを脱したロッテは直後の11回、大松がレフト前に弾き返すと、里崎が送って、一死二塁。西岡が敬遠されて、一塁が埋まると、清田がライトライナーに倒れて、二死一、二塁となった所で井口がセンター前へタイムリーを放ち、代走・岡田が勝ち越しのホームイン。その裏、守護神・小林宏に対し、西武は先頭の代打・上本がセンター前ヒット。ここでバントではなく強攻策に出た栗山の打球は二遊間へのライナーとなったが、ベース寄りに守っていた西岡の好守に阻まれると、浅村,中島と打ち上げて、万事休す。連日の大逆転勝利を果たしたロッテが日本シリーズとは何の関係もない日韓クラブチャンピオンシップ出場権争奪戦出場権争奪戦ファイナルステージへの進出を果たした

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:13コメント(0)トラックバック(20) 

July 01, 2010

7/1前田健◆C5−1G◆
開幕から巨人相手に負けに負けて8連敗中の広島。エース・前田健を立てての必勝体勢で臨んだこの日は初回から梵の二塁打,赤松のタイムリー三塁打で先制すると、続く嶋もタイムリーを浴びせて、この回2点。4回にはヒットのルパン広瀬を一塁に置いて、ヒューバーがタイムリー二塁打。一死後、石原が歩くと、二死後、東出がライト前へ弾き返して、4点目。更に、5回には赤松が二塁打で出ると、ルパン広瀬がタイムリーを放ち、巨人先発・内海はこの回限りでKO。5回まで1安打と沈黙していた巨人は6回、江戸川,代打・工藤の連打で無死一、三塁とした所で坂本がレフトへ犠飛を打ち上げ、ようやく1点。しかし、この後、亀井,ガッツと打ち取られ、1点止まり。最初で最後のピンチを最少失点で切り抜けた前田健は8,9回と無難に切り抜け、1失点完投で初の2桁勝利に到達。広島は今季9戦目にして、ようやく巨人戦初勝利となり、自力V消滅の危機を免れた。

◆T5−1D◆
中日は2回、先頭のブランコが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに19号ソロを叩き込み、1点を先制。この儘、勢いに乗りたい所だったが、3回一死一塁で英智がセカンドゴロゲッツー、4回無死一塁ではベンちゃんがショートゴロゲッツー、6回一死一、二塁ではブランコがゲッツーと、ゲッツーを量産。7回二死二塁のチャンスも逃すと、8回には連打と四球で二死満塁としながら、野本が三振に倒れて、三者残塁と一向に追加点を奪えない。ここまで無失点と踏ん張ってきた先発・吉見だったが、川相不在の弊害を露呈し続ける味方打線の不甲斐なさに苛々が頂点に達したのか、その裏、一死から鳥谷,平野,マット・マートンと3連打を浴びて、追い付かれると、新井には勝ち越し2点タイムリーを許し、失意のKO。更に、2番手・高橋も二死後、J.マッケンジーに13号2ランをぶち込まれ、この回悪夢の5失点。逆転に成功した阪神は9回、セーブのつかない場面ながらマウンドに上がった守護神・藤川球が締めて逃げ切り。8回に辛くも満塁のピンチを切り抜けた2番手の西村に5勝目が転がり込んだ

◆M7−2H◆
前回、パ・リーグ初の育成出身勝利投手となった山田だが、この日は初回から苦しい投球。一死から今江に二塁打を浴びると、続く井口に先制7号2ランを被弾。2回は三者凡退で切り抜けるも、3回、川崎のエラーに足を引っ張られ、3点目を献上。続く4回にも2四球でピンチを作ると、西岡,今江と連続タイムリーを浴びて、無念のKO。代わった金沢も金に2点タイムリーを許し、この回4失点。一方、ロッテ先発・渡辺俊は終盤、疲れが出たか2点を失ったものの、完投で6勝目をマークした

◆Bs10−0E◆
初回、無死一塁のチャンスに赤田がゲッツーを食らってしまった偽バファローズだが、後藤がヒットで繋いだ所でカブレラが先制タイムリー二塁打。4回にはティー岡田が16号ソロを叩き込むと、6回には一死三塁からカブレラが11号2ラン。更に、7回には日高の6号2ラン,カブレラの12号3ラン,ティー岡田が17号ソロと一発攻勢で一挙6点を奪い、点差は10点にまで拡大。大量援護を貰った先発・金子千は立ち上がりから安定した投球を見せ、散発4安打完封で5勝目を飾った。投打に精彩を欠いた楽天は5連敗。

◆L7−9F◆
2回にG.G.佐藤の6号ソロ,佐藤の2号ソロと一発攻勢で2点を先制された日本ハムは3回、劇団ひちょり,稲葉,小谷野の3連打で1点を返し、1点差。その裏、無死満塁からブラウンの2点タイムリー,G.G.佐藤の犠飛で突き放されるが、直後の4回、陽,鶴岡と連打を浴びせると、一死後、田中がライトスタンドへ3号3ランを放り込み、再び1点差と追いすがる。そして、迎えた7回、先頭の小谷野が二塁打で出ると、二死後、陽のタイムリー内野安打でついに同点。更に、鶴岡がヒットで繋いだ所で、金子誠がセンター前にタイムリーを浴びせて、勝ち越しに成功。これで完全に流れを引き寄せた日本ハムは続く8回には稲葉のタイムリー,陽の押し出し四球で2点を加えると、9回にも稲葉のタイムリーでダメ押し。西武はその裏、栗山のタイムリー,中島の犠飛で2点差まで詰め寄ったものの、あと一歩及ばなかった。日本ハム先発・金森は5回途中でKOとなったが、2番手・榊原が3回2/3を2失点のロングリリーフで4勝目をあげた

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:15コメント(0)トラックバック(13) 

March 21, 2010

◆F1−2H◆
オープン戦ではイマイチだった大隣,武田勝の両先発が不安を払拭する好投を展開し、6回までに入った得点は金子誠のソロアーチのみ。武田勝は2回以降ノーヒットの快投を続け、7回も簡単に二死を取ったと言うのに、梨田監督はここで何故か江尻にスイッチ。これが運の尽きとなった。オーティズが痛打した後、好調・小久保が同点二塁打。これで流れはソフトバンクに…。9回一死から3連続四死球で満塁のチャンスを貰った日本ハムだが、先制弾の金子誠が痛恨のゲッツーで延長に突入。11回に守護神・武田久から松田が被弾し、開幕2連敗となった。

◆L1−2M◆
昨日に続いて、1点を争う緊迫した展開となったが、投手戦と言うよりは拙攻合戦。2回に片岡のタイムリーで先制した西武は6回まで1併殺9残塁。一方、ロッテも1盗塁死,1走塁死とまずい攻めでチャンスを広げきれず、1点しか奪えずにいたが、7回、4回に同点タイムリーを放った大松が今度はライトスタンドへ均衡を破る今季初アーチを叩き込み、これが決勝点となった。先発の渡辺俊は7回2/3を1失点と粘りの投球。小林の離脱で抑えを任された出戻りの薮田は復帰初登板でセーブをあげた。開幕でのデビュー戦で4打数4三振は茂雄以来2人目と言う事で、茂雄クラスの活躍をするに違いないと言うロッテファンの根拠のない期待を背負った金はこの日もいきなり2打席連続三振。第3打席でサードライナーと、ようやく打球が前に飛び、デビュー以来の連続三振は6打席でストップしたが、結局、この日も4タコとさっぱりだった。茂雄も第2戦でも4タコに終わっており、ますます茂雄的活躍が期待出来る…などと言うのは、あまりにも妄信的期待だが、果たして、金のバットはいつ火を噴くのか!?

3/21カブレラ◆Bs5−4E◆
4番固定を明言されていたにも拘わらず、開幕戦早々、謎のフル欠場となったカブレラがようやく登場。関係者筋によると、DHでの起用打診に対して一塁を守りたいと駄々をこねた事による懲罰説が濃厚だそうだが、それで反省したのか、この日はDH起用を受け入れて、3回に会心の先制2ラン。ノムさんを調子づかせない為にも連敗は避けたい楽天は1点差で迎えた6回にノムさんと犬猿の仲であるリンデンの3ランで逆転に成功。しかし、「時計をくれてやったのに礼もしない」とノムさんからバッシングを受けていた先発・田中(本人曰く、礼はしたらしい)が8回途中で3点目を失い、KO。9回には抑えの福盛が後藤に被弾し、追い付かれた上、二死一、二塁のピンチを作って、あえなく降板。代わった小山もいきなりの四球で満塁とピンチを広げた挙げ句に暴投をかまして、悪夢のサヨナラ負け。岩隈,田中を立てながら、早くも開幕3連戦の負け越しが決定し、ノムさんのほくそ笑む姿が目に浮かぶ様だ。そういえば、守護神に指名されていた筈のモリーヨは何で使わなかったのかね? この日は9年ぶりに出戻ってきたハイツ田口も初出場し、二塁打含む3安打の猛打賞。これでしばらくはスタメン安泰…か?

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:27コメント(0)トラックバック(26) 

July 31, 2009

7/31 能見◆T3−2G◆
阪神先発・能見が5回まで内野安打1本と言う素晴らしい投球を展開。一方、巨人先発・内海は毎回の様に走者を許しながら、あと一本を許さない粘りの投球で先制を許さず、試合は0−0の儘、終盤へ突入。迎えた6回、巨人は一死から坂本がレフトスタンドへ11号ソロを叩き込み、ついに均衡を破る先制点をゲット。しかし、リードを貰って緊張の糸が解けてしまったのか、その裏、内海は鳥谷に痛打されると、キュラソ星人には死球を食らわせり、一、二塁のピンチ。新井は打ち取ったものの、ブラゼルにバックスクリーン左へ8号逆転3ランを被弾し、この回限りでKOとなった。阪神は8回からアッチソンを投入する継投モード。二死から連打を浴びたアッチソンだったが、ガッツを打ち取り、ピンチ脱出。9回には守護神・藤川が代わりばな寿司職人ラミレスに15号ソロを被弾するが、後続3人をきっちり打ち取り、連勝を4と伸ばした。能見は7回1失点で5勝目

◆S3−2D◆
駆け込み補強へタイムリミットとなったこの日、とうとう名手・川相は現役復帰を果たす事なく、今季は最後まで川相不在を強いられる事となった中日に対し、ヤクルトは初回、先頭の青木がヒットで出ると、田中の犠打,福地のセカンドゴロで三進。ここでデントナがライト前へ弾き返し、1点を先制。1点を追う中日は4回、一死からブランコの四球,ベンちゃんの二塁打で二、三塁とするも、藤井,小池と倒れて、二者残塁。5回には一死から投手の吉見が川相不在の打線がアテにならないとあっては自分が活路を開くしかないとばかりにヒットを放つが、続く井端がセカンドゴロゲッツーに倒れる最悪の展開。川相不在の重さを痛感し、落胆の色を隠せない吉見は6回、暴投を連発して、二死二、三塁のピンチを作った挙げ句、畠山にタイムリーを浴び、2失点。3点を追う中日は7回、ベンちゃん,藤井と連打を浴びせると、一死後、谷繁のタイムリーでようやく1点。更に、続く代打・立浪のセカンドゴロの間に1点を加えて、1点差と詰め寄るが、反撃もここまで。最後は守護神・林の前に息の根を止められた。ヤクルト先発・館山は8回2失点でハーラートップの12勝目をマーク。

◆C6−7YB◆
初回、二死一、二塁のチャンスを潰してしまった広島だが、続く2回、先頭のフィリップスがレフトスタンドへ5号ソロを叩き込み、先制。広島先発・青木高の前に5回まで散発2安打と沈黙していた横浜は6回、二死から内川がヒットで出ると、続く村田のタイムリー二塁打で同点のホームイン。続く7回には一死一、二塁のチャンスに代打・ジョンソンがライトスタンドへ14号3ランを放り込み、勝ち越しに成功。3点を追う広島は8回、一死から石井タクローの死球,代打・ルパン廣瀬の二塁打で二、三塁とすると、石川のエラーで石井タクローが生還。更に、末永の2点タイムリー三塁打で同点とすると、続く天谷にもタイムリーが飛び出し、勝ち越しに成功。9回からは守護神・永川を投入し、逃げ切りといきたい所だったが、永川は代わりばな連続内野安打を浴びて、いきなりのピンチ。何とか二死まで持ち込んだものの、ここで痛恨の暴投を犯して、同点。更に、藤田に痛打された後、マクレーンがタイムリーエラーを犯し、勝ち越し点を献上すると、続く村田にもタイムリーを浴びて、この回3失点。その裏、広島は一死満塁からルパン廣瀬の犠飛で1点差とし、なおも、一打同点のチャンスだったが、東出がセカンドゴロに倒れて、あと一歩及ばなかった。一時は勝ち越し点を許した横浜4番手の真田はタナボタの4勝目

◆F5−1H◆
破竹の連勝街道をひた走る日本ハムの勢いを何とか止めたいソフトバンクは初回、ダルビッシュに対して、二死から松中が歩くと、小久保,長谷川と連打を浴びせて、満塁のチャンス。しかし、ここで田上が三振に倒れて、三者残塁。すると、その裏、日本ハムは一死二塁から稲葉のタイムリーであっさり先制。3回には二死二塁から高橋のタイムリーで2点目。2回以降立ち直ったダルビッシュの前に一人の走者も出せずにいたソフトバンクは6回二死から松中の17号ソロでようやく1点。しかし、その裏、日本ハムは田中のタイムリー、本多のタイムリーエラーで一気に3点を追加。ソフトバンクは8回、二死満塁と一発が出れば同点と言う場面で主砲・小久保に回したが、小久保は三振に斬って取られ、結局、無得点。最後は2番手・菊地の前に3人で打ち取られ、ゲームセット。日本ハムはこれで9連勝。ダルビッシュは8回1失点でハーラーダービー単独トップに躍り出る13勝目

◆M3−1E◆
5連敗中のロッテ先発・渡辺俊は5回までノーヒットの快投を展開。6回も簡単に二死を取ったが、ここでリンデンに5号ソロを被弾し、先制点を献上。一方、楽天先発・田中も7回まで散発3安打と完封ペースの好投。しかし、8回、先頭のバーナムJr.に4号同点ソロを叩き込まれると、西岡に二塁打,井口にタイムリーを浴び、勝ち越し点を献上。更に、サブローにも痛打された所で田中は無念のKO。この後、満塁となった所で3番手・福盛が竹原に犠飛を許し、この回3失点。土壇場9回、楽天は代打・中村真の四球,鉄平のヒットで一、二塁とするも、山崎武が最悪のショートゴロゲッツーに倒れると、宮出はファーストファールフライに倒れて、万事休す。渡辺俊は1失点完投で5月6日以来の2勝目をあげた

◆Bs2−4L◆
2回、一死から北川,濱中,フェニックス一輝の3連打で先制を許した西武。しかし、直後の3回、フェニックス一輝のエラーの後、細川が2号逆転2ラン。1点を追う偽バファローズは6回、一死から坂口,フェルナンデス,カブレラの3連打で同点とするが、直後の7回、西武は後藤の2号ソロで再び勝ち越し。続く8回には一死から片岡が8号ソロを叩き込み、4点目。その裏から岩崎−小野寺と繋いで、連敗を脱出。先発の帆足は7回2失点で5勝目を飾った

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:25コメント(0)トラックバック(23) 

August 18, 2008

◆H0−7F◆
0−0で迎えた3回、日本ハムは一死満塁のチャンスを掴むと、田中がライト前へ先制2点タイムリーを浴びせ、ソフトバンク先発・星野は早くもKO。3回には糸井がレフトスタンドへ3号ソロを放り込み、1点を追加。8回には6本の単打を集中し、一気に4点を奪い、試合を決定付けた。先発・スウィーニーは7回まで2安打の快投。8回二死満塁,9回二死一、二塁と立て続けのピンチも凌ぎ切って、今季初完封。

日本ハムがまたまた得意のソフトバンク相手に完勝。3カードぶりの勝ち越しで5割に復帰。西武に負けまくっておきながら、ソフトバンクに勝ちまくると言う西武独走体勢サポーターぶりは相変わらずである。スウィーニーは今季初完投を来日初完封で飾り、初の2桁勝利に到達した。投打に精彩を欠き、今季6度目の完封を食らったソフトバンクは早くも対日本ハムの負け越しが決定。

◆M5−2E
2回、ロッテはサブロー,竹原,ベニー松山の3連打で2点を先制。更に、フェルナンデスのエラーで一死一、三塁となった所で渡辺正がスクイズを空振りするも、井野がボールを弾いた隙にベニー松山が本塁を陥れ、3点目。その後、膠着状態に陥り、3−0の儘、試合は終盤へ突入。迎えた7回、ロッテは二死から田中雅,堀と連打を浴びせると、鉄平のエラーが重なって、1点を追加。8回には二死からベニー松山,橋本と連続二塁打でダメ押しの5点目。先発・渡辺俊は8回まで散発5安打無失点の好投を展開。完封まであと二人と言う所でフェルナンデスにタイムリー二塁打を浴び、無念の降板となったが、代わった荻野が後続を断ち切った。

完封も完投も逃してしまったものの、8回までは危なげない投球を見せた渡辺俊が6連勝で11勝目。楽天はフェルナンデスが3安打と気を吐いたが、3併殺を食らうなど、チグハグな攻撃が響いた。守っても失点に繋がるエラーを連発するなど、敗れるべくして敗れた格好だ。

◆L4−7Bs◆
偽バファローズは2回、北川,日高の連続二塁打で先制すると、5回には小瀬のタイムリーで1点を追加。2点を追う西武はその裏、中村の31号ソロでようやく1点。6回、ローズのタイムリーで突き放されるも、その裏、後藤,中村の連続二塁打で再び1点差。続く7回には一死二塁から片岡が同点タイムリー三塁打を浴びせて、偽バファローズ先発・金子をKO。更に、代わった吉野から栗山が犠飛を打ち上げ、ついに勝ち越し。この後、連打と死球で満塁としたものの、中村はセカンドライナーに倒れて、三者残塁。追いかける展開となった偽バファローズは直後の8回、無死二、三塁のチャンスを掴むと、後藤がスクイズを仕掛けるも、三塁走者・森山が本塁憤死。続く下山もファーストゴロに倒れるが、ブラゼルがお手玉している間に三塁走者・鈴木が同点のホームイン。更に、小瀬の打席で小野寺が暴投を犯し、タナボタの勝ち越し点をゲット。9回にはカブレラの26号2ランでダメ押し。最後は守護神・加藤が締め括った。

金子が踏ん張りきれず、一時は3点差を跳ね返された偽バファローズだが、再逆転で西武の3タテを阻止。西武はリリーフ陣の炎上と、守備のミスで自滅した。試合後、破戒僧・清原は突然「自分にとって最後のシーズンの誕生日を西武吹き抜けドームで迎える事が出来て、本当に感謝しています」などと、今季限りでの引退を改めて示唆する発言をかましたそうだ。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:22コメント(0)トラックバック(8) 

August 11, 2008

◆H6−2E◆
楽天先発・長谷部は立ち上がりから全く制球が定まらず、1安打2四球で二死満塁のピンチを背負うと、中西に押し出し四球を許して、先制点を献上。なおも満塁の場面で辻には2点タイムリーを浴びて、早くもKO。ソフトバンクは3回にも松田の12号ソロで1点を追加。4点を追う楽天は4回、フェルナンデスのタイムリーで1点を返すと、続く5回には四球と連打で無死満塁のチャンス。しかし、代打の代打・横川は空振り三振。続く渡辺直のファーストゴロの間に1点を返したものの、ショートはサードゴロに倒れて、二者残塁。ソフトバンクは6回に荒金の犠飛で1点を加えると、7回には松田のタイムリーでダメ押しの6点目。最後はセーブのつかない場面ながらも登板した馬原が2人の走者を出しながらも、無失点で切り抜けた。

前回、打球を食らった影響があった訳ではなかろうが、長谷部がまたまた背信投球で1回もたずにKO。これで6試合連続KO。最近4試合では5回どころか、4回すら投げきれない有様だが、ノムさんはどこまで我慢して使い続けるのだろうか? 負けても負けてもシーズン終了まで使いきると言う選択肢もあるにはあるだろうが、チーム事情を考えると、そんな余裕もないだろうに…。一方、今季初登板となったソフトバンク先発・星野も5回もたずに降板。後を継いだリリーフ陣が揃いも揃って危なっかしい内容だったが、楽天の拙攻に救われた。

◆L4−0F
日本ハム先発・武田勝に対して、西鉄は2回、先頭の後藤がヒットで出ると、続く中村がバックスクリーンへ2試合連続28号2ランを叩き込み、先制。更に、ヒットで出た佐藤が犠打と盗塁で三塁へ進むと、黒瀬がスクイズを決めて、この回3点。直後の3回、日本ハムは先頭の金子誠が内野安打で出ると、一死後、劇団ひちょりがライトフェンス直撃の二塁打。一気に本塁を狙った金子誠だが、西鉄の中継プレーの前に憤死。続く工藤も倒れて、結局、無得点。西鉄先発・岸は以降、日本ハム打線に二塁も踏ませず、8回まで投げきると、最後はグラマンがピシャリと締めて、完封リレーを達成した。

この3連戦、最悪でも勝ち越し、あわよくば3タテといきたかった筈の日本ハムだが、勝ち越しどころか、あっさり連敗しての負け越しは痛過ぎる。これで西鉄との差は6にまで開いてしまった。武田勝は3回以降立ち直っただけに、2回の乱調が悔やまれる。呪われた助っ人・ボッツは土壇場9回に代打で登場したが、あえなく三振と相変わらずの呪われぶりだった。西鉄はこれで球団通算4000勝となった。

◆Bs2−4M◆
2回に橋本のタイムリー三塁打で先制された偽バファローズだが、その裏、前田のタイムリー二塁打ですかさず同点。1−1の儘、迎えた5回、ロッテは二死満塁からベニー松山が走者一掃のタイムリー三塁打を放ち、一気に3点を勝ち越し。毎回安打を浴びせながら、一向に追加点が奪えないでいた偽バファローズは8回、先頭のカブレラが22号ソロを叩き込み、ようやく渡辺俊をKO。土壇場9回には抑えの荻野に対して、一死満塁と一打同点のチャンスを作るが、森山,カブレラと立て続けにファーストフライに倒れて、ゲームセット。

折角、4位に浮上した偽バファローズだが、一夜で5位に転落。毎回の13安打を放ちながら、僅か2点しか取れない拙攻が大きく響いた。一方、ロッテは6安打で4点と効率のいい攻撃を展開。先発・渡辺俊は粘りの投球が実って、3年ぶりの2桁勝利をマークした。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:09コメント(0)トラックバック(21) 

July 20, 2008

モナ王◆YB4−1G◆
選手会長を任された矢先、開幕早々にリタイアしたと言う自らの立場と、チームが首位に大差をつけられ苦しんでいる状況をわきまえもせず、呑気に酒をかっくらって泥酔し、妻子がある身でありながら、キスを迫りまくった女性に断られるや、モナに乗り換えて安いラブホテルに連れ込んだ挙げ句の果てに何も覚えていないと言う紳士球団にあるまじき醜態を晒したあの男がたかだか10日足らずの一軍昇格延期と丸刈り程度で禊ぎを果たした事になったらしく、一軍に昇格。そのとばっちりで頑張っていた岩舘が二軍に落とされるなど、チームの空気がこの上なく重苦しくなった巨人は初回、キムタクのタイムリーで先制するも、2回に吉村の18号ソロであっさり追い着かれると、3回には内川の犠飛,金城のタイムリー二塁打で2点を勝ち越し点を献上。更に、バーンサイドが連続四死球で満塁のピンチを作り、あえなくKO。代わった東野も押し出し四球を与えて4点目を献上。3点を追う巨人は直後の4回、2四死球で二死一、二塁のチャンスを作るも、ここで回ってきたのがよりにもよって怒濤のチャンスブレイカーであるあの男。恐怖の残塁量産マシンぶりは二軍暮らしを経ても健在の様で、あえなくライトフライに倒れて、二者残塁。6回にはガッツ,寿司職人ラミレス,松田記者の3連打で無死満塁のチャンス。続く阿部がサードゴロに倒れた所で、横浜がウィリアムスから小山田にスイッチするや、恐怖のゲッツー量産マシンであるあの男のゲッツーを危惧した若大将・原監督はマッスル千代の富士を代打で投入。しかし、マッスル千代の富士は空振り三振に倒れると、坂本を空振り三振を喫して、三者残塁。以降、巨人は一人の走者も出せず、対横浜の連勝は6でストップした。横浜先発・ウィリアムスは来日初勝利。

エラーにチャンスブレイクとあの男が早速、攻守に渡るインケツぶりを遺憾なく発揮。6回一死満塁でその儘、打たせていれば、九分九厘ゲッツーとあって、マッスル千代の富士を投入したのは至極、妥当な策だったのだが、結局、1点も入らなかったので、まるで采配ミスであるかの様な嫌な空気が漂ってしまった。要するに、最初から古城か岩舘を使っておけば良かったと言う事だ。上原と言い、あの男と言い、こうも腫れ物に触る様な起用をしなければならない選手ばかりでは若大将も気の毒と言うものである。その上原の方は7回から登板。3点負けていると言う気楽さからか、2回を1安打無失点と無難な内容だった。それにしても、モナが全ての仕事をキャンセルされた事を考えると、あの男の処分は軽過ぎるよなぁ…。

◆D7−6T
負ければ貯金消滅の中日は初回から一死三塁のチャンスを逃すなど、いきなり拙攻モード。これで川相不在では一発に賭けるしかないと言う思いを強くしたベンちゃんが続く2回に先制11号ソロ。更に、この後、無死満塁のチャンスに吉見はセカンドゴロに倒れ、ホームゲッツーと思いきや、ジュビロ野口の痛恨の落球に救われて、タナボタの2点目ををゲット。なおも満塁のチャンスだったが、荒木はサードゴロ,井端は最悪のショートゴロゲッツーに倒れて、追加点ならず。続く3回には川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに中村紀が16号3ランを叩き込み、5点のリード。しかし、直後の4回、先発・吉見が突如崩れて、一死満塁のピンチを迎えると、葛城イクローに2点タイムリーを浴びた所で無念のKO。ここで何と先発要員の中田が2番手として登場すると、フォード,ジュビロ野口と打ち取って、ピンチ脱出。何とか突き放したい中日は5回、川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにT.ウッズ,ベンちゃんと連続アーチをぶち込んで、2点を追加。中田は以降も投げ続け、8回まで追加点を許さず、ラストイニングの9回にもマウンドへ。しかし、ここから阪神が怒濤の猛反撃を開始。3本のヒットで一死満塁とし、守護神・岩瀬を引っ張り出すと、代打・高橋光,鳥谷,キュラソ星人と3連続タイムリーで1点差。関本は浅いレフトフライに倒れるも、続く矢野がレフト前へ痛打。しかし、ベンちゃんが極端に浅く守っていた事で二塁走者・鳥谷は三塁ストップ。それでも二死満塁と一打逆転の場面が続いていたが、フォードはサードゴロに倒れて、あと一歩及ばなかった。

デーゲームで巨人が敗れて点灯した暫定マジックを正式に灯したい阪神だったが、猛追及ばず、またもマジックは幻と消えてしまった。しかし、事実上、この試合を制したのは阪神と言っても過言ではないだろう。試合終了後の中日ナインの表情はげっそりしており、とてもじゃないが勝ったチームのそれではなかった。3タテに失敗しても、相手に恐怖心を残す阪神の強さたるや恐るべし。それにしても、中日は相変わらずの一発依存症,タイムリー欠乏症を大露呈。前回、訳の分からない起用で大炎上の吉見はこの日も4回もたずにKO。一昨年の佐藤充のごとく、新人王レースからズルズルと脱落してしまう危険性も出てきた。7点取って勝っても全く明るい材料がない中日のこの重苦しい空気を一掃する為にも、名手・川相の現役復帰を待望する声は強まる一方である。

◆S4−3C◆
連敗を止める気が皆無なのか、ブラウン監督はまたもや求道者・前田をベンチに軟禁。失意のどん底に叩き落とされながらも、初回に嶋,栗原の連続タイムリーで2点,3回に天谷のタイムリー三塁打で3点目を追加。しかし、求道者・前田がスタメンから外されるとブラウン監督に謀反を起こすのが先発の高橋。1,2回と2安打ずつ打たせたにも拘わらず、ヤクルトの拙攻で失点出来ずにいたが、3回、二死一、二塁から飯原,川島慶と連続タイムリーを許して、試合を振り出しに戻す事に成功。3−3の儘、迎えた8回、ヤクルトは先頭の福地がヒットで出ると、すかさず二盗。続く宮本のタイムリーで勝ち越しのホームイン。土壇場9回、ヤクルト守護神・林の前に広島は簡単に二死と追い込まれるが、ここで代打・オチョアがヒットで出ると、ようやく起用された求道者・前田が怒りのセンター前ヒットで一、二塁と一打同点のチャンス。しかし、最後は東出がショートゴロに倒れて、5連敗となった。

求道者・前田をスタメンで使わないブラウン監督の仕打ちに、またも高橋が造反。部下に敵ばかり生み出して、ブラウン監督は一体何がしたいのか。求道者・前田は執拗な嫌がらせでコンディション,モチベーション共にどん底状態に叩き落とされた上、不向きな代打起用を強いられながらも、執念のヒットを放ったものの、あまりにも起用が遅過ぎた。連敗を止める気があるなら、いい加減、スタメン起用しろと! 逆転勝ちのヤクルトは中日が勝った為に3位浮上こそならなかったが、ついに借金を完済した。

◆E4−1H◆
ソフトバンク先発・和田に対して、楽天は2回、先頭のフェルナンデスがヒツトで出ると、一死後、山崎武,中島の連続二塁打で2点を先制。更に、二死後、藤井にもタイムリーが飛び出して、3点目。楽天はこの後も4回一死二、三塁,5回一死二、三塁,6回一死一塁,7回一死二塁と再三再四チャンスを掴みながら、悉く逸する拙攻三昧。しかし、先発・岩隈が7回まで3安打無失点とソフトバンク打線に付け入る隙を許さない快投を展開。8回に中島の犠飛で4点目を失ったソフトバンクは土壇場9回、3番手・川岸から連打で一、三塁とするも、長谷川がゲッツーに倒れる間に1点を返すのが精一杯だった。

ソフトバンク打線が沈黙し、連勝は4でストップ。楽天が8回から岩隈を引っ込める継投モードに入った事で、連夜の逆転劇を期待されたが、完封を免れるのが精一杯だった。西武も日本ハムもデーゲームで敗れていたのが救いと言えば救いか。一方、負ければ、最下位転落の危機だった楽天は岩隈の快投で何とか踏み留まった。岩隈はハーラーダービー独走の13勝目。

◆M16−0L
水島の呪いに苛まれているロッテだが、この日は序盤から西武を圧倒。2回に今江の犠飛,オーティズのタイムリーで2点を先制すると、3回には大松の17号2ラン、4回にはオーティズの7号ソロと一発攻勢で加点。更に、5回には4長短打で4点,6回には8連打の猛攻で一挙6点。止まらぬロッテ打線は7回にもフクーラの犠飛で1点を加え、ダメを押し、連敗を脱出した。

呪いに苦しめられた鬱憤を一気に吐き出すかの様にロッテが圧勝。打ってはフクーラは4打数4安打,大松が2安打4打点をマークするなど、先発全員の20安打16点の猛攻。投げては渡辺俊が散発3安打の無四球完封。三塁を踏ませる事なく、4回以降は一人の走者も出さない素晴らしい投球だった。ただし、「ドカパロ」のロッテ戦はまだまだ始まったばかりであり、たった一度の圧勝で呪いから逃れたとは言いきれる筈もなく、今後も予断を許さない状況である事に変わりはないだろう。

◆Bs4−1F◆
偽バファローズは初回、一死から下山,カブレラ,ローズ,北川と怒濤の4連続二塁打で3点をあげると、更に、二死後、稲田のタイムリーエラーで4点目。走者を出しながらも、あと1本が出ずにいた日本ハムは5回に金子誠,稲田の連続二塁打でようやく1点。なおも無死二塁のチャンスだったが、後続3人が打ち取られ、1点止まり。偽バファローズ先発・金子は6回まで1失点で凌ぎ切ると、7回からは川越−清水−加藤が1回ずつをきっちり抑えて、逃げ切った。

2回以降はゼロ行進に終わった偽バファローズだが、初回の猛攻で試合を決定付けていた。パ・リーグタイ記録の4連続二塁打は圧巻だった。投げては金子が6回1失点とまずまずの内容を見せて、4連勝。これでようやく白星が黒星に追い着いた。最下位・偽バファローズに計算外の2タテを食らった日本ハムだが、呪われた男・ボッツが2三振含む3タコとブレーキだったのが痛かった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:18コメント(0)トラックバック(58) 

June 11, 2008

◆F0−1G◆
日本ハム先発・ダルビッシュの前に巨人は5回まで僅かに1安打と沈黙。しかし、「(押切)もえちゃん、来ないかな。始球式くらいやってくれたらいいのに」などと梨田監督に茶化されて怒り心頭の巨人先発・野間口も走者を出しながら、あと一本を許さず、5回まで無失点の粘りの投球を展開。何とか野間口を援護したい巨人は6回、二死走者なしから寿司職人ラミレスがライトスタンドへ18号ソロを叩き込み、ついに待望の1点を先制。すると、その裏、若大将・原監督は何と無失点投球の野間口を引っ込め、山口にスイッチ。これに対して、日本ハムは先頭の田中がエラーで出ると二盗に成功。一死後、スレッジがヒットで繋ぎ一、三塁となった所で小谷野がスクイズを敢行。しかし、転がらず、ホームベース手前で跳ねてしまった打球はすぐさま阿部に抑えられ、突っ込んできた田中がタッチアウトとなった上、小谷野も一塁で刺される最悪のゲッツー。0−1の儘、迎えた土壇場9回、巨人守護神・クルーに対して、日本ハムは簡単に二死を取られ、三木も空振り三振に倒れて、ゲームセット…と思いきや、これが振り逃げとなった九死に一生を得ると、続く代打・小田がヒットを放ち、長打が出れば、一気に逆転サヨナラのチャンス。しかし、最後は糸井が空振り三振に倒れて、今度こそゲームセットとなった。

ダルビッシュは1失点完投ながら、味方打線の見殺しに遭い、寿司職人ラミレスの一発に泣いた。巨人は野間口の交代機にビックリ。左が3人続くと言う事で代えた様だが、寿司職人ラミレスの一発がなくても代えるつもりだったのか気になる所。いきなりピンチを背負い、継投策は失敗したかに思われたが、小谷野のヘッポコスクイズに救われた。フォースプレーでもないのにゲッツーって、ありゃ酷過ぎるよ。

◆H5−2D
ソフトバンクは初回二死一、二塁から柴原が先制タイムリー。1点を追う中日はその裏、中村紀,ピンキー井上と連打を浴びせるも、中村紀が牽制死。この後、デラロサもヒットで続いたものの、英智,小田と倒れて、無得点。3回には一死から四球で出た井端がガトームソンのボークで二進。二死後、ベンちゃんの内野安打で一、三塁とチャンスを広げたものの、中村紀がショートゴロに倒れて二者残塁。4回も先頭のピンキー井上がヒットで出るも、後続3人が倒れて、ピンキー井上は一塁に釘付け。無様な攻撃を繰り広げるばかりの味方打線に落胆の色を隠せない小笠原はその裏、一死から5連打で3点を失い、失意のKO。ソフトバンクは5回にも小久保の一発で5点目を追加。中日は6回一死一、二塁のチャンスを作り、ガトームソンをKO。代わった藤岡に対して、デラロサが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに激振。打球はスタンドにこそ届かなかったものの、レフトオーバーのタイムリー二塁打となり、二者生還。なおも一死二塁と追加点のチャンスだったが、後が続かず2点止まり。その後も7回無死一塁,8回二死一、二塁と悉くチャンスを逃す中日は9回もエラーと死球で無死一、二塁と言うタナボタのチャンスにもT.ウッズがセンターフライ,ベンちゃんはセカンドゴロゲッツーに倒れる最悪の展開で万事休す。

1併殺11残塁と相変わらず、中日は怒濤の拙攻三昧。一発が出ず、先発が4回もたずにKOとあっては勝ちようがなかった。4〜7番で8安打も放っているのに、この繋がらなさ具合はどういう事か。逆に、ソフトバンクは打線が繋がり、効果的な一発でダメ押し。2度続けて中13日登板となったガトームソンも登板間隔の長さにもめげず、養毛剤パワーを発揮して、2連勝。まさか中13日が理想の間隔なんじゃあるまいな…。

◆M1−0C◆
求道者・前田幽閉策に拍車がかかるブラウン暗黒采配。左打者にはボールが見易いアンダースローの渡辺俊が相手であろうと、甘やかす事などなく、この日もベンチに幽閉。失意のどん底に叩き落とされた広島は先頭の赤松がヒットを打った以降は延々と凡打の山を築くばかり。最早、完封するしか勝機はないとばかりに大竹は立ち上がりにピンチを背負いながらも、粘りの投球で4回まで無失点で踏ん張っていたが、5回一死一、二塁のピンチに西岡にタイムリー二塁打を浴び、ついに先制点を献上。8回一死から小窪にようやくチーム2本目のヒットが飛び出したが、ブラウン監督は求道者・前田を代打に送る気配など微塵も見せず、結局、この回も無得点。9回も二死から栗原がヒットで望みを繋いだが、最後は本来ならば、求道者・前田が座る筈の5番DHで起用された嶋がショートゴロに打ち取られ、完封負けを喫した。

結局、求道者・前田はフル欠場。1−0なのだから、どこで代打起用しようとも意味はあった筈なのだが、何故、お呼びがかからないのか。そりゃ、勿論、嫌がらせをしているから…以外の理由が思い当たらないくらい、最後まで使わなかった理由が分からない。この試合展開で求道者・前田が出ないとあっては、渡辺俊もさぞや楽だった様で散発3安打の今季初完封。とにもかくにも可哀想なのが広島先発の大竹。1失点完投も指揮官の暗黒采配により、何一つ報われる事はなかった。

◆L4−6T◆
西武先発・石井一に対して、阪神は初回、二死一、二塁から今季2度目のスタメンに抜擢された高橋光が走者一掃の先制タイムリー二塁打。阪神先発・上園はその裏、無死満塁の大ピンチを背負うも、そこから三者連続三振に斬って取り、ピンチ脱出。直後の2回に、阪神はフォードに実に102打席ぶりとなる2号ソロが飛び出して、3点目。4回に中村の12号ソロで1点を返されるも、直後の5回、キュラソ星人の犠飛等で2点を追加。4点を追う西武はその裏、片岡のタイムリー,ブラゼルの犠飛で2点を返すと、7回にはボカチカの12号ソロで1点差。しかし、阪神は直後の8回、代打・悠久の若虎・桧山のタイムリー三塁打で貴重な1点を追加。最後は藤川が三者三振で締めて逃げ切った。

この日も先発の上園が5回であっさり降板し、6回から渡辺&JFKに繋ぐ必勝パターンで16三振を奪った阪神が6連勝。左の石井一対策として5番にスタメン起用された高橋光が見事に結果を出した。しかし。幾ら石井一が降板したからって、3回二死一、二塁でもうお役御免とは何だか可哀想な気がした。

◆E3−5S
ヤクルトは3回までに1盗塁死5残塁の拙攻で一向に先制点を奪えない。一方、楽天も初回に満塁のチャンスを逃すなど、攻めあぐねていたが、3回、高須,ショートの連続タイムリーで2点を先制。ヤクルトは4回に二死一、二塁、5回にも二死満塁のチャンスを逃すなど、ゼロ行進を続けていたが、6回、二死三塁から宮本の3号2ランで一気に同点。続く7回には一死からユウイチがヒットで出ると、代走・飯原がすかさず二盗。ここで田中がタイムリーを放って、勝ち越しに成功。粘る楽天は8回、川島慶の相次ぐエラーに乗じて、同点に追い付き、延長に持ち込んだ。迎えた10回、ヤクルトは2四球で二死一、二塁とした所で福地が走者一掃のタイムリー三塁打を放ち、勝ち越しに成功。最後は守護神・林が3人で仕留めて、辛くも白星を収めた。

楽天が粘りきれずに黒星。9回無死一、二塁とサヨナラのチャンスで打ち上げてゲッツーを食らった鉄平のヘッポコバントが致命的でノムさんもぼやきが止まらない。ヤクルトは連続エラーで試合を長引かせた川島慶が汚名返上の四球で勝利を呼び込んだ。エラー後、川島慶は相当テンパっていたらしく、決勝打の福地に抱きつき、「男なのに気持ち悪い」などと言われてしまう始末だった。

◆Bs6−5YB◆
偽バファローズ先発・金子は3回までノーヒットの好投を展開していたが、4回にガッツな貴公子・仁志に先制4号ソロを被弾すると、ビグビーにはタイムリー,大西には2号3ランを浴びて、この回、悪夢の5失点。一方、横浜先発・桑原謙は6回まで無失点に抑えていたが、森山にタイムリーを浴びて、KO。更に、代わった吉見がカブレラにタイムリーを浴びるなど、この回3失点。押せ押せの偽バファローズは続く8回無死一、二塁のチャンスを作り、守護神・はーちゅんを引っ張り出すと、下山が送った後、暴投と後藤の犠飛でついに同点。更に、森山の内野安打の後、坂口がタイムリーを浴びせて、勝ち越しに成功。最後は守護神・加藤が3人でピシャリと締めて、逆転勝ちを果たした。

横浜は5点のリードを引っ繰り返されての逆転負け。しかも、負け投手がはーちゅんとあっては、水島の呪いの影響だと思わずにはいられない。打線も5点を奪った4回に集中した4安打がこの試合の全安打で5回以降はパーフェクトと言う詰めの甘さが大きく響いた。それにしても、3回までの投球を見るに今日こそはいけるかと思われた金子はたった1回の炎上で全て台無しに。いつになったら、6回の壁を突破出来るのやら…。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:56コメント(0)トラックバック(62) 

March 23, 2008

◆H4−0E◆
大学BIG3の一角・大場がプロ初登板初先発。6回まで4安打無失点とオープン戦終盤に大炎上した不安を全く感じさせないナイスピッチング。7回に単打3本を集中されて満塁とされるも、落ち着きを失う事なく渡辺直を打ち取って、ピンチ脱出。しかし、肝心の味方打線も楽天先発・朝井の前にゼロ行進と、まるで開幕3戦連続サヨナラ勝ちを狙っているかの様な展開。しかし、試合が動いたのは一足早い8回裏。代打・田上,川崎の連打に鉄平のエラーが重なり、ついに待望の1点を先制。更に、ハマのスペランカーに2ラン,松田のタイムリー二塁打が飛び出して、この回、一挙4点。大場は9回も無難に抑えて、プロ初登板を無四球初完封で飾る最高のデビュー戦となった。

奇跡の3戦連続サヨナラ…とはいかなかったが、大場のプロ初登板初完封と言う最高の形での開幕3連勝とは言う事なしの展開だ。朝井も頑張っていたが、最後まで譲らぬ好投は流石に大学BIG3の評判は伊達ではなかった。ソフトバンクが最高のスタートダッシュを切ったと言う事は、楽天にとっては最悪のスタートだった。継投させれば失敗,続投させても失敗…では、ノムさんも手の打ちようがない。この儘、ズルズルといったりしないかと少々心配ではある。

◆M4−1F◆
永遠の暫定4番・サブローを4番どころか、スタメンからも落とし、前日は補欠だったオーティズを4番に起用すると言う相変わらず、訳の分からないバレンタイン采配だが、今回はたまたまこれが奏功。初回、二死からオーティズのヒット等でチャンスを作ると、大松が先制二塁打。更に、制球を乱したグリンから連続四球を選んで押し出しの1点を追加。4回には早川,オーティズのタイムリーで4点目。オーティズは第4打席でも三塁打を放ち、猛打賞の大活躍だったが、もう一方の助っ人・ズレータは3打席連続三振の大ブレーキだった。ドームでは2年越しの6連敗中と言う先発の渡辺俊は8回を投げて、高橋の一発による1失点のみ。9回、完投ペースの渡辺俊を下ろしてまで起用したのが、アブレイユでも伊藤でもなくシコースキーと言うまたまたバレンタインの謎の采配が炸裂。しかしシコースキーは高口にプロ初安打を許すなど、一死一、二塁のピンチを作ってあえなくKO。ここでもバレンタインはアブレイユでも伊藤でもなく、稲田が左だと言うそれだけの理由で左の高木を投入。これに対して、日本ハムはガンちゃんに「代打で起用されるなんて初めてではないか?」と言われてしまうくらい代打起用に仰天されてしまう人材・鶴岡を投入。開幕戦で2安打を放った事で期待された鶴岡だが、ショートゴロゲッツーと言う最悪の展開であえなく試合終了。3連覇を狙うシーズンの開幕カードは負け越しスタートとなった。高木は実に18年ぶりのセーブ。

相変わらず、バレンタイン采配は理解に苦しむのだが、ともあれ、渡辺俊の白星が消されなくて良かった。この展開でアブレイユも伊藤も使わないって、一体どういう時に使うつもりなのか? 年々小粒になるばかりの日本ハム打線も右の代打の1番手が鶴岡になってしまう辺り、何とも苦しい。そろそろスレッジに調子を上げてきて貰いたい所。不振なのではなく、単なる日本野球適合能力不足でない事を願うばかりだ。この日、二軍で一発を放ったトンガの早い昇格にも期待したい。

◆L1−2Bs◆
新助っ人・キニーが来日初先発。G.G.佐藤の3戦連続アーチで先制点を貰うと、4回まで1安打無失点。しかし、5回に日高に被弾し、追いつかれると、村松にもタイムリーを許して、勝ち越し点を献上。オープン戦終盤に頭角を現してきた近藤は6回を1失点で切り抜けると、7回以降はリリーフを仰いで4年ぶりの白星を飾った。

偽バファローズは5回に3安打が集中したのが奏功したが、トータルで僅かに4安打。自慢の助っ人・クリーンアップは11タコ。この3連戦でも30打数2安打と沈黙しているが、それでも2つも勝てたのは大きいだろう。完全に投手陣の頑張りに救われている格好で、ロートル大砲掻き集め補強をかましたフロントが構想していたであろう戦い方とは真逆の展開になるとは皮肉なものだが、助っ人の調子が上がってきたら、偽バファローズは怖い存在になる予感が…………なきにしもあらず。

◆巨人2−9レッドソックス◆(オープン戦)
李のどん詰まりの当たりが野手のいない所にポトリと落ちる幸運なタイムリーで先制した巨人。グライシンガーが2回をきっちり抑えれば、内海はいきなりの無死一、二塁のピンチを三者連続三振の快投で切り抜けるなど、2回を5三振無失点の好投。しかし2点リードで迎えた6回にどれ程、快投を見せても、安直中古助っ人乱獲補強の所為で開幕二軍が確定している事でモチベーションの上がってこないバーンサイドがドルーにグランドスラムを叩き込まれて、一気に形勢逆転。その裏、二死走者なしの場面でレ軍は4年前に巨人に在籍していたコリーをワンポイントで起用。コリーは加藤を空振り三振に斬って取り、古巣相手にささやかな恩返し。7回にはこれまた元巨人の岡島がマウンドに登場。坂本がしぶとくヒットを放ったが、代打・大道のサードライナーで飛び出して、痛恨のゲッツー。8回からは山口が3失点、9回には豊田が2失点と打ち込まれ、惨敗に終わった。

◆阪神10−2アスレチックス◆(オープン戦)
福原が2発のアーチを浴びるなど、5回5失点。これは予想の範疇内だとしても、4番手・ウィリアムスが3安打4四球の大乱調で1回もたずに5失点KOとなったのは、岡田監督も顔面蒼白。藤川は2人の走者を出しながらも、アウト3つを全て三振で奪うなど、持ち味は発揮した。打線も単打7発の僅か2点に抑え込まれて、完敗を喫した。

◆D1−5S◆(オープン戦)
経歴が似ていると言うだけでグライシンガー級の期待をされ、実際にその期待に応えている新助っ人・リオスがまたまた好投。5回を投げて散発2安打で三塁も踏ませなかった。前日は11得点を奪った中日だが、6回に李のタイムリーで完封を免れるのが精一杯と川相不在の弊害を露呈し、前日の猛攻がフロックでしかなかった事を見せつけた。投げてはこれまで好調をキープしてきた朝倉,中田が打ち込まれるなど、目前に迫る開幕へ向けて不安は募る一方だ。

カリメロ◆YB−C◆(オープン戦)
ここまで順調に仕上げていたかに見えたカリメロがオープン戦最終登板で大乱調。2回に石原に2点二塁打,3回には4長短打を集中されて3失点。そして、6回にはここに来て、急激に調子を上げてきた緒方に被弾し、7回6失点の内容だった。一方、広島先発の新助っ人・ルイスは5回を無失点と万全の仕上がり。2番手の長谷川も4回を投げて、ファーマニアックに被弾しただけの1失点で切りぬけた。


ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 18:01コメント(0)トラックバック(39) 

January 22, 2008

 グアムで自主トレ中の渡辺俊(ロッテ)が新球を試している。握りはシェイク、腕の振りはストレート、球の軌道はライズボールと言う代物らしいが、問題は「スカイフォークみたいになればいい。遅いのにフワッと浮き上がる様な…」と言う不吉な発言だ。里中のロッテ在籍時代、投手のタイプがモロかぶりだった為か、半ば存在を隠蔽されていた事が幸いし、水島の呪いの影響を回避出来ていたと言うのに、寝た子を起こす様な事を言って、水島氏が調子に乗らなければいいのだが…。どうやら同行していた嶋(楽天)が絶賛した為に、その気になってしまった様だが、この嶋の絶賛ぶりは、アジアシリーズ出場権争奪戦出場権争奪戦を懸けたライバルになりそうなロッテにダメージを与えるべく、ノムさんが仕組んだ深慮遠謀…と言うのは、流石に考え過ぎか…。何はともあれ、今季の渡辺俊が無事にシーズンを乗りきってくれる事を祈るばかりだ。

アンダースロー論 (光文社新書)

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 06:36コメント(0)トラックバック(0) 

October 08, 2007

◆M8−4H
両リーグの優勝チーム同士の対決による日本一決定戦「日本シリーズ」の開催をどういう了見で阻止しようと言うのか、理不尽極まりない暗黒シリーズ「アジアシリーズ出場権争奪戦出場権争奪戦」が今年も開催される事となってしまった。2回まで両軍一人の走者も出ず、0−0の儘、迎えた3回、ソフトバンクはハマのスペランカーがレフト線へ二塁打。続く本間はピッチャー前へ送りバント。これを渡辺俊が一塁へ痛恨の悪送球。ボールが転々とする間にハマのスペランカーが悠々と先制のホームイン。この後、的場の犠打,本多のヒットで一死一、三塁となった所で川崎がレフトへ犠飛を打ち上げ、本間が生還。この間に本多は二塁を陥れると、更に、松中の叩き付けた打球が三塁の頭を越えるタイムリーとなり、この回、3点。この暗黒シリーズの開催自体許せないものがあるのか、レギュラーシーズンでの成績に反比例するかの様に、未だに白星をあげた事のないソフトバンク先発・斉藤和はその裏、ベニー松山,フクーラ,今江と3連打で1点を返されると、TSUYOSHIにはセーフティーバントを決められ、無死満塁のピンチ。ここから早川,オーティズと連続三振に斬って取るも、サブローにレフト前への2点タイムリーを浴びて、あっと言う間に振り出しに。更に、里崎が歩いて、再び満塁となったものの、大松はセカンドゴロに倒れて、三者残塁。追いつかれたソフトバンクは直後の4回、先頭の柴原のヒット,ハマのスペランカーの四球で二死一、二塁のチャンス。ここで新垣の無暴投試合を見るより珍しい的場のタイムリーが飛び出して、勝ち越しに成功。しかし、その裏、ロッテは一死から連続四球の後、TSUYOSHIがセンター前へ弾き返して、再び同点。続く早川のライトフライで今江が勝ち越しのホームイン。斉藤和はこの回限りで無念の降板となった。続く5回、ソフトバンク2番手・柳瀬に対して、ロッテは先頭のオーティズがレフトスタンドへ放り込み、6点目。更に、6回には一死からまたも連続四球で掴んだチャンスにTSUYOSHIがライトオーバーのタイムリー二塁打を放ち、柳瀬をKO。8回には4番手・篠原から二死二塁の場面で早川の打球がセカンドベースに当たるラッキーなタイムリーとなり、ダメ押し。立ち直った渡辺俊の前にソフトバンク打線は5回から一人の走者も出せない体たらく。9回から小林雅投入によるコバマサ劇場開演を大いに期待したソフトバンクファンだったが、無情にも渡辺俊が続投。結局、この回も簡単に3人で打ち取った渡辺俊は完投勝利。既に、日本一どころかリーグ優勝も断たれ、たかだかエキシビジョンマッチごときにモチベーションがなかなか上がらないソフトバンクは精彩を欠く戦いで後がなくなった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 16:38コメント(0)トラックバック(41) 

September 30, 2007

◆C0−3D◆
巨人にマジックが点灯し、全戦必勝体勢の中日は広島先発・大竹に対して、初回、ヒットで出た荒木が盗塁と井端のセカンドゴロで三進すると、森野のタイムリーで1点を先制。二死後、連続四球で満塁となった所で堂上剛のファーストゴロを栗原が弾くタイムリーエラーを犯して、タナボタの2点目をゲット。なおも満塁のチャンスだったが、谷繁はセンターフライに倒れて、三者残塁。5回には二死から森野がヒットで出ると、T.ウッズのセンターライナーを今度はオチョアがエラーし、この間に森野がタナボタのホームイン。先発・山井は8回まで散発3安打と素晴らしい投球を見せると、最後は守護神・岩瀬が締めて、完封リレーを達成。山井の好投と広島の拙守に助けられたものの、川相不在を象徴付ける様なタイムリー欠乏症ぶりは相変わらずで、来季の川相現役復帰待望論はますます強まる一方だ

◆YB−S◆(1)(2)
降雨中止。

◆H2−8E◆
優勝を逃した以上、アジアシリーズ出場権争奪戦への出場権など何の価値もなく、最早、2位でも3位でもどうでもいいとばかりに全く覇気のないソフトバンクは3回に川崎のタイムリーエラーで先制を許すと、5回には先発の暴投王子・新垣が久々の暴投で自らのプロ野球新記録を更新し、2点目を献上する体たらく。小久保もスタメンを外れたソフトバンクは悪の温床・楽天先発・一場の前に5回までパーフェクトに抑え込まれる有様だったが、6回、柴原がようやくチーム初安打を放つと、一死後、松田が7号2ランを放り込み、一気に同点。しかし、直後の7回、新垣が一死から連打と犠打で二死二、三塁のピンチを迎えると、草野,フェルナンデスに連続タイムリーを浴びて、3点を勝ち越され、この回限りでKO。最下位脱出が確定したものの、1つでも上の順位で終わりたいとモチベーションの高い悪の温床・楽天は9回にも山崎武が単独二冠王をほぼ確定させる43号2ランを叩き込むなど、3点を奪い、ダメを押した。悪の温床・楽天は5位西武との差を1.5と広げ、4位当確へ大きく近付いた。

◆M2−1F◆
雨により、1時間45分遅れて始まったこの試合。前日、リーグ連覇を果たした日本ハムはフルイニング出場が懸かる劇団ひちょりがDHに回り、その他のスタメンは全て今季ノーアーチと言う主力温存オーダーを展開。この二線級のオーダーではロッテ先発・渡辺俊には歯が立たず、6回まで僅かに1安打と沈黙。しかし、2位死守へ必死のロッテ打線を自己初の2桁勝利に燃える日本ハム先発・武田勝が6回まで1安打と抑え込む快投を展開。0−0で迎えた7回、日本ハムは先頭の川島が二塁打を浴びせて、初めて得点圏へ走者を進めると、代打・田中賢が送った後、工藤が歩かされて、一死一、三塁。ここで陽がファースト左へのゴロ。ズレータがダイビングして好捕するも、一塁をアウトにするのが精一杯でこの間に川島が先制のホームイン。その裏、ロッテはベニー松山の四球,オーティズのヒットで二死一、二塁とするも、今江がライトフライに倒れて、二者残塁。続く8回、超貧弱オーダーと言い、武田勝の10勝を支援する気が絶無なのか、ヒルマン監督は武田久を登録抹消した状況で武田勝を引っ込めて、金森を投入するも、これが裏目。2本のヒットで一死一、二塁のピンチを作った金森は代打・大松に一塁線突破の同点タイムリー二塁打を浴びて、武田勝の10勝目を無惨にも粉砕。土壇場9回裏には一死からオーティズがショート右へのゴロ。これに追いついた陽だが、一塁へ悪送球(記録は内野安打)。そして、続く今江のセンター前への打球を工藤が強引にダイレクトキャッチを狙って後逸。ボールが転々とする間にオーティズが長駆ホームインし、サヨナラ勝ちを収めた。渡辺俊は完投で9勝目を飾った。

◆Bs4−1L◆
平野佳を残り試合で抑えのテストにあてがおうと目論むなど、順位も確定していない段階で来年モードに切り替えてしまった所為で最下位が確定してしまった反省か、抑えで使う筈の平野佳を先発起用した偽バファローズは3回、ヒットの迎を大引が送ると、前田のレフト線タイムリー二塁打で先制。更に、坂口が内野安打で続いた後、牧田が犠飛を打ち上げ、この回2点。続く4回には二死三塁から迎のタイムリーで3点目を追加。11日ぶりの先発となった平野佳は毎回安打を浴びながらも、自分の本業は先発だとばかりに粘りの投球であと一本を許さぬ好投を展開。5回に中島にタイムリーを浴びたものの、6回以降は一人の走者も許さずに守護神・加藤大にバトンタッチ。8回にラロッカのタイムリー二塁打でダメを押し、3点差でのマウンドとなった加藤大はいきなり連続四死球でピンチを迎えたものの、後続3人を抑えて、逃げ切りに成功。平野佳は8回1失点で8月7日以来となる8勝目をマーク。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 17:45コメント(0)トラックバック(58) 

September 23, 2007

◆G3−2YB◆
ハマのチンピラ,久保の両先発が立ち上がりから安定した投球を展開し、序盤は両軍ゼロ行進。先に大きなチャンスを掴んだのは巨人。5回、二死満塁とするも、ここで打席が回ってきてしまった久保は三振に倒れて三者残塁。依然として無失点投球を続ける久保は7回も簡単に二死を取りながら、吉村,内川と連続アーチを叩き込まれて、ついに先制点を献上。2点を追う巨人は8回、キムタク,マッスル千代の富士の連打で無死二、三塁のチャンス。ここで松田記者が右中間へ大飛球を放つも、ライト・内川がダイビングキャッチで抑える超ファインプレー。しかも、三塁走者の代走・古城がタッチアップでも余裕でホームイン出来た所を抜けたと思い込んでスタートを切ってしまい、逆戻りする大チョンボ。ここで横浜はガッツを敬遠し、前日4三振,この日も2三振を含む3タコと不振の李との勝負を選択。しかし、怒りに燃える李は右中間を深々と破る走者一掃のタイムリー三塁打を放ち、一気に逆転。ハマのチンピラはここで無念の降板となった。この後、巨人はニックンが死球で出るも、マットホワイトが一塁へ牽制した際に、何を血迷ったか李が本塁へスタートを切り、余裕でアウトとなる大チョンボ。代走・鈴木が二盗と悪送球で三塁へ進んだものの、阿部はファーストゴロに倒れて、追加点ならず…と嫌なムードが漂ったが、9回、守護神・上原が3人でピシャリと締めて、球団タイ記録の30セーブ目。4連勝の巨人は中日は入れ替わりで首位に返り咲いた

◆D0−5C◆
マジック点灯を狙う中日だが、またまた持病のタイムリー欠乏症が発症。初回一死一、三塁のチャンスをT.ウッズがゲッツーで潰すと、2回も一死一、二塁のチャンスをものに出来ない体たらく。先発・小笠原は2回まで3人ずつで抑える好投を見せていたが、味方打線の不甲斐なさにがっくりきた矢先の3回、先頭の嶋に11号ソロを被弾し、先制点を献上。その裏、中日は一死から荒木がヒットで出るも、二盗を仕掛けて憤死。この直後の中村紀にヒットが出る何ともチグハグな攻撃でまたも無得点。一方、広島は4回に求道者・前田が14号2ランを叩き込み、2点を追加。3点を追う中日は6回、ヒットと四球で無死一、二塁と絶好のチャンスを掴むも、T.ウッズ,森野,李があえなく凡退し、二者残塁。更に、続く7回は二死から3人の走者を出して満塁とするも、中村紀がショートゴロに倒れて、三者残塁とまたまたまたまたまたまた川相不在の弊害を大露呈。広島は8回にも求道者・前田がこの日2本目となる15号ソロをぶち混むと、9回には新井のタイムリーでダメ押しの5点目。広島先発・大竹は川相不在の中日の大拙攻に助けられながら、9回を投げきり、プロ初完封で8勝目をマークした。昨日はたまたま格下の投手相手に打線が爆発したものの、投手ランクが上がっただけで無様な攻撃を展開した中日の連勝は3でストップ。あまりの不甲斐なさに来季の川相現役復帰待望論はますます強まる一方だ

◆S3−0T◆
この大事な時期に連敗ロードに突入しつつある阪神はこの日も初回から先発・上園がユウイチのタイムリー二塁打で先制される苦しい展開。一方、ヤクルト先発・石井一は絶好調で5回まで死球1つ与えただけのノーヒットピッチング。阪神は6回、先頭の藤本がチーム初安打で出ると、代打・藤原のバントが川本のエラーを誘い、無死一、二塁のチャンス。続く鳥谷がきっちり送って、二、三塁としたものの、代打・浜中,野口と連続三振に倒れて、二者残塁。その裏、岡田監督は負けている場面ながらも早くも久保田を投入。久保田は2回をきっちり抑えると、8回からはウィリアムスが登場。今季ここまで僅かに自責点2のウィリアムスだったが、一死からユウイチ,飯原と連打を浴びると、続く宮本には走者一掃のタイムリー三塁打を許して、痛恨の2失点。これで一気に楽になった石井一は9回も簡単に3人で切り抜けて、今季初完封で8勝目。阪神はこれで4連敗となった。

◆F2−3H◆
松中のリタイアに合わせるかの様な4連敗でV奪回が遠のきつつあるソフトバンクはエース・斉藤和を立てての必勝態勢。一方、マジック点灯で余裕の日本ハムはルーキー・山本をプロ初の先発起用。焦るソフトバンクを嘲笑う様に3回まで0点に封じてきた山本だが、4回、ソフトバンクは先頭のハマのスペランカーがヒットで出ると、小久保が25号2ランを叩き込み、ついに待望の先制点をゲット。7回には伏兵・井手に2号ソロが飛び出して、3点目。中盤から走者を溜める苦しい投球を続けながらも、無失点で凌いできた斉藤和だったが、その裏、工藤,小谷野と連打を浴びた所で無念の降板。ここで代わったニコースキーが一死満塁から劇団ひちょりに2点タイムリーを浴び、1点差と詰め寄られたものの、辛くも後続を断ち切ると、8回からは水田−馬原と繋いで、逃げ切りに成功。マジック消滅とはいかないものの、首位・日本ハムとの差を2.5と戻した

◆M8−0Bs◆
ロッテは初回一死一、三塁の場面でズレータ,TSUYOSHIがダブルスチールを仕掛けて、1点を先制。続く2回にはオーティズが7号2ランを叩き込み、3点目。5回には早川のタイムリー二塁打で1点を加えた後、ズレータが歩いた所で偽バファローズ先発・川越をKO。更に、代わった香月からサブローのタイムリー二塁打,里崎の犠飛,ベニー松山,大松の連続タイムリーと畳み掛ける攻撃でこの回、一挙5点を奪い、試合を決定付けた。この所、そこそこの内容ながら、勝敗が全くつかない登板が続いていたロッテ先発・渡辺俊だが、大量リードをバックに余裕の投球で8回まで散発2安打。土壇場9回に2安打を浴びて、二死一、二塁のピンチを迎えたものの、最後は後藤をサードへのファールフライに打ち取り、今季2度目の完封で8月16日以来となる8勝目をマークした。

◆E5−4L◆
突然の連勝モードで最下位争いから逃げのびつつある西武に対して、最下位回避よりも4位浮上に燃える悪の温床・楽天は3回、高須のタイムリー二塁打で先制。1点を追う西武は5回に銀仁朗の2点タイムリー三塁打で一気に逆転すると、6回にはカブレラの25号ソロ,7回には栗山のタイムリーで着々と突き放す。しかし、粘る悪の温床・楽天はその裏、草野のタイムリー,ショートの押し出し四球等で3点を返し、同点とすると、続く8回には二死一塁からまたも草野がタイムリー二塁打を放ち、勝ち越しに成功。最後は小山がきっちり締めて、1点差を守りきり、西武の連勝を6でストップさせた

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 20:50コメント(1)トラックバック(83) 

June 03, 2007

◆L1−4G◆
0−0で迎えた3回、巨人は二死二塁のチャンスで松田記者がタイムリー二塁打を放ち、1点を先制。しかし、その裏、西武もすかさずG.G.佐藤のタイムリー二塁打で1点を返し、試合は振り出しに。追いつかれた巨人は5回、先頭のホリンズがレフトスタンドへ6号ソロをぶち込んで、勝ち越すと、更に、二死二塁から、またも松田記者がタイムリーを放ち、3点目。8回にはマッスル千代の富士が11号ソロを放り込み、ダメ押し。投げては先発・木佐貫が6回を1点に抑えると、7回からは林−豊田と繋いで、最後は満を持して上原が登場。一死から礒?に二塁打を浴びたものの、代打・大島,佐藤と打ち取り、ゲームセット。これで巨人は今季初の5連勝。敗れた西武は4連敗となった。

◆H4−1D◆
「パ・リーグの疫病神」の名を欲しいままにする水島氏により、虚弱投手・里中ごときにパーフェクトに抑え込まれると言う呪い漫画を描かれて以来、打線沈黙が続いているソフトバンクはこの日も中日先発・中田の前に5回まで3安打と抑え込まれるゼロ行進。それでも味方の援護を待ちながら、必死の力投を続けていた先発・杉内だったが、6回、一死二塁から立浪にタイムリーを許し、ついに1点を献上。しかし、その裏、ソフトバンクは2安打1四球で一死満塁のチャンスを作ると、ここで小久保がレフトスタンドへ怒りの15号グランドスラムを叩き込み、逆転に成功。杉内は8回まで1失点で切り抜けると、最後は守護神・馬原が締めて、連敗を脱出。杉内はハーラー単独トップとなる9勝目。7試合ぶりに4点を獲ったとは言え、小久保の一発のみとあって、まだまだ打線が目覚めたとは言いがたく、水島の呪いを払拭したと見るには予断を許さない状況だ。

◆E0−2C◆
2併殺を喫するなど、松崎を攻めあぐね、好投の黒田をなかなか援護出来ずにいた広島だが、5回、先頭の喜田がヒットで出ると、倉が送った後、松本のセカンドゴロが高須がエラーし、一、三塁のチャンス。ここで梵のセカンドゴロ併殺崩れの間に喜田が先制のホームイン。8回にはヒットの梵を三塁まで進めた所で新井がセンター前へ弾き返して、貴重な2点目を追加。黒田は三塁を踏ませぬ完璧な投球で完封を果たし、6勝目をあげ、チームの連敗を4で食い止めた。悪の温床・楽天はまたも夢の貯金生活に届かず、借金生活に逆戻り。

◆F2−0T◆
中村泰をあくまで中継ぎで使いたいのか、何故か、ダーウィンを先発で起用する岡田監督の不思議采配が炸裂するも、ダーウィンは3回まで無失点の好投を展開。一方、日本ハム先発・グリンの前に3回をパーフェクトに抑え込まれていた阪神は4回、3四球で二死満塁のチャンスを掴むも、悠久の若虎・桧山がファーストへのファールフライに終わり、三者残塁。すると、その裏、一死から青波の長瀬,小谷野と連続二塁打を浴びて、先制点を献上。更に、高橋に犠飛を許して、この回2失点。グリンは7回に連続四球を与えた所で降板となったが、代わった武田久がこのピンチを切り抜けると、8回も無失点。そして、9回からは抑えのMICHEALが後続を断ち切り、完封リレーを達成。これで日本ハムの連勝は11と伸びた

◆Bs6−2YB◆
いずれも内野ゴロの間に1点を取り合って迎えた4回、偽バファローズは北川が5号ソロを叩き込み、勝ち越しに成功。6回には二死から北川,ローズと連打を浴びせた所でアレンがタイムリー二塁打を放ち、横浜先発・吉見をKO。7回には一死満塁から那須野の暴投,水口のタイムリーで2点を追加。更に、8回には牛込氏に「無理に決まってますよ! 夢よ、もう一度って事だろうけど、そんな選手が通用するほど、日本の野球は甘くないですよ」と酷評されたローズの19号ソロでダメ押しの6点目。最後は加藤大が1点を失ったものの、大事には至らず、逃げ切り。先発・ユウキは6回1失点の好投で2勝目。敗れた横浜はこれで6連敗。

◆M5−1S◆
ロッテ先発・渡辺俊は初回、一死二塁のピンチを寿司職人ラミレス,ガイエルと連続三振で切り抜けると、その裏、TSUYOSHIが2号先頭打者アーチを浴びせて、1点を先制。毎回の様に走者を出しながら、あと1本が出ずにいたヤクルトだが、6回、二死走者なしから寿司職人ラミレス,ガイエル,宮出と3連打が飛び出して、ついに同点。スミ1が続いていたロッテだが、8回、一死二、三塁からフクーラが走者一掃の勝ち越しタイムリー二塁打を浴びせ、ヤクルト先発・藤井をKO。更に、2番手・花田からサブロー,ベニー松山もタイムリーを放ち、この回、4点。これで一気に楽になった渡辺俊は9回も無難に抑え、完投で6勝目をマーク。敗れたヤクルトの連勝は3でストップした。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 16:40コメント(0)トラックバック(97) 

May 26, 2007

◆E1−4G◆
悪の温床・楽天先発・青山に対して、巨人は初回にガッツが10号2ラン,2回にはホリンズが4号2ランと一発攻勢で4点をリードし、青山は早くもKO。しかし、代わった有銘の前には手も足も出ず、6回まで全員凡退と完全に沈黙。7回に二死から3連打を浴びせるも、本塁を狙ったホリンズが憤死し、またも追加点ならず。一方、昨日の先発予定でスライド登板となった巨人先発・内海は初回の満塁のピンチを切り抜けてからは落ち着きを取り戻し、6回まで無失点の好投を展開。7回にガッツのエラーでピンチを作り、鉄平にタイムリーを浴びた所で降板となったが、後を継いだ豊田が連続三振で切り抜けると、8回も2三振を奪う力投を展開。最後は上原が3人で締めて、交流戦初勝利。今季初の3連敗を免れた。内海はハーラートップタイとなる6勝目をマーク。

◆L1−7D◆
深刻な得点力不足に悩まされている西武打線はこの日も沈黙。中日先発・中田から初回に3人の走者を出しながら、4人で攻撃終了するチグハグぶりに始まり、3回までゼロ行進。4回にカブレラの2戦連続アーチで1点をあげたものの、以降はさっぱりでこれで7試合連続2得点以下。投げては先発・オツが2回に中村紀の犠飛で先制を許すと、3回には森野に川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに6号3ランを浴びるなど、4失点。6回にも李に川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに3号2ランを被弾し、KO。投打に精彩を欠いた西武は3連敗で貯金が消滅し、4位転落となった。中田は8回1失点でハーラートップタイの6勝目。

◆H1−2C◆
水島の呪いと言う強大無比な敵との戦いを強いられ、セ・リーグとの戦いに集中出来ずにいるソフトバンク。昨日、炎の4安打で呪いを打破したかに思われた主砲・松中だが、呪いに抗った反動は大きかったのか、左肋軟骨挫傷で今季初のスタメン落ちとなる苦しい展開。右くらはぎ痛から復帰した魅惑のナックルボーラー・フェルナンデス相手に初回、新井のタイムリーエラーでタナボタの先制点をゲットするも、以降は走者を出してもあと一本が出ない拙攻モードで一向に追加点を奪えない。一方、ソフトバンク先発のガトームソンは不甲斐ない味方打線に辟易としながらも、6回まで僅かに1安打に抑え込む快投を展開していたが、7回、東出,栗原と連打を浴びた後、新井に犠飛を許して、ついに同点。その裏、ソフトバンクはすかさず一死満塁と勝ち越しのチャンスを掴むも、ここで大村が最悪のゲッツーに倒れて、無得点。すると、直後の8回、緒方,喜田の連打でピンチを迎えた所で石原にスクイズを決められて、勝ち越し点を献上。その裏、ソフトバンク先頭の本多は二塁打を放ちながら、ハマのスペランカーのピッチャーゴロで飛び出して憤死。続く小久保はゲッツーと言う何とも無様な攻撃でまたも無得点。最後は守護神・永川に反撃を断たれて、万事休す。3併殺1盗塁死1走塁死の拙攻ぶりで好投・ガトームソンを見殺しにしてしまったソフトバンクはロッテと入れ替わりで首位陥落となった。

◆Bs7−0T◆
前回の好投でローテ落ちを免れた太陽の子エステバン・ジャンだったが、この日は初回から二死二、三塁のピンチを迎えると、北川,下山の連続タイムリー二塁打で3点を献上。2回も無失点ながら3人の走者を出す危なっかしい投球で3回からは早くも引っ込められてしまう始末。しかし、代わった能見も4回に村松のタイムリー等で2点を失うと、3番手の橋本健もラロッカに2ランを被弾し、点差を広げられる一方。阪神打線は1,2回と立て続けにゲッツーでチャンスを潰したのを皮切りに、5回には二死一、三塁,6,8回にはいずれも無死一、二塁のチャンスを逃す怒濤の拙攻三昧。結局、平野佳−高木−大久保のリレーに今季6度目の完封負け。投打に圧倒した偽バファローズは引き分け1つを挟んで6年ぶりの6連勝

◆F6−4S◆
日本ハムの先発は前回、水島の呪いに取り憑かれていたソフトバンクを相手にプロ初完封を果たした木下だったが、この日の相手は連敗中とは言え、水島の呪いに取り憑かれている訳ではないヤクルト。まだまだ力不足の木下は水島の呪いと言うマイナス効果が必要らしく、立ち上がりから走者を出しまくる苦しい投球が続き、それでも何とか2回までは踏ん張っていたものの、3回にガイエルに2ランを浴びて、先制点を献上。その裏、4長短打で一気に4点と逆転して貰ったにも拘わらず、直後の4回には一死一、二塁のピンチを迎えた所であえなくKO。このピンチは2番手・押本が凌いだものの、続く5回、一死満塁から宮本のタイムリー,度会の犠飛で振り出しに戻される。同点の儘、迎えた7回、日本ハムは稲葉のタイムリーでついに勝ち越すと、更に、度会のタイムリーエラーでダメ押し。8回二死一、二塁のピンチで登板し、ここを見事に切り抜けた守護神・MICHEALが9回もピシャリと締めて、日本ハムは6連勝で3位浮上。一方、またもや接戦を落としてしまったヤクルトは5連敗となった。

◆M8−3YB◆
ロッテ打線が序盤から爆発。故障上がりで17日ぶりのマウンドとなるハマのチンピラに対して、初回、フクーラのタイムリーで先制すると、2回には青野が2ラン,3回にはサブローが犠飛と着々と加点。5回には連打でハマのチンピラをKOした後、里崎の押し出し四球,ズレータの犠飛で2点を追加。投げては先発の渡辺俊が7回まで散発3安打無失点の好投。疲れが出たか、8回に古木のタイムリー三塁打等で2点を失い、降板したものの、その裏、すかさず早川の2点二塁打で突き放した。横浜は9回に村田が一発かましたものの、焼け石に水だった。ロッテはこれでソフトバンクと入れ替わりで首位浮上。渡辺俊は5勝目をマークした。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 20:37コメント(2)トラックバック(76) 

May 10, 2007

◆T3−2G◆
連敗ロードをひた走る阪神相手に巨人は余裕ぶっこいているのか、ゴンザレス,ホリンズの当ブログ推奨助っ人コンビを共にスタメンから外すオーダーを展開。怒りに燃える阪神が初回にキュラソ星人の17試合ぶりとなる8号2ランで先制すれば、すかさず、2回に巨人が阿部の6号ソロで応戦。5回に阪神が鳥谷の2号ソロで突き放せば、直後の6回、巨人は阿部のこの日2本目となる7号ソロで追いすがる。阪神は昨日に6回途中から久保田、7回からウィリアムス、そして、9回には藤川と連夜のJFKリレーを展開。昨夜は苦渋を舐めた藤川だが、この日は鈴木尚,代打・矢野といきなり連続三振に斬ってとると、最後はマッスル千代の富士をピッチャーゴロに仕留めて、逃げ切りに成功。阪神は2週間ぶりの白星となり、ようやく連敗が9でストップした。阿部のソロ2発でしか点を奪えなかった巨人は1回一死一、二塁、4回一死満塁,6回二死一、二塁と再三のチャンスを逃した事が大きく響いた格好となった。

◆C2−1D◆
0−0で迎えた2回、広島は一死一、二塁のチャンスで石原にタイムリーが飛び出し、1点を先制。今季初先発となる高橋は2戦連続2桁得点と当たっている中日打線を相手に4回までノーヒットに抑える好投を展開。5回に森野に内野安打を許すと、続く中村紀を歩かせ、この日初めてのピンチを迎えたものの、崩れる事なく後続を断ち切り、6回を無失点。林−梅津と繋いで、最後は永川を投入しての完封リレー…と思いきや、制球が定まらない永川は2四球で一死一、二塁のピンチを作り、T.ウッズにタイムリーを浴びて、高橋の今季初白星を粉砕。一気に畳み掛けたい中日だったが、森野が痛恨のゲッツーに倒れて、勝ち越しならず。追いつかれた広島はその裏、一死から石原が四球を選ぶと、ここで途中出場の森笠がライトオーバーのタイムリー二塁打を放ち、サヨナラ勝ち。立て続けの大惨敗で迎えた第3戦で何とか一矢報いた。

◆S1−3YB◆
ヤクルトは初回、内野安打の青木が飯原の犠打で二進すると、ガイエルのセンター前タイムリーで先制のホームイン。先発・藤井は4回まで四球を2つ与えただけと言う好投を展開していたが、5回二死から相川に初安打となる二塁打を浴びると、続く投手のはーちゅんに痛恨のタイムリーを許し、試合は振り出しに。その裏、ヤクルトは二死満塁と勝ち越しのチャンスを作るが、宮出が空振り三振に倒れて、三者残塁。1−1で迎えた8回、横浜は先頭のガッツな貴公子・仁志が二塁打で出ると、石井タクローの犠打で三進。ここで金城がレフト前へタイムリーを放ち、ついに勝ち越しに成功。更に、9回にもガッツな貴公子・仁志のタイムリーでダメ押し。はーちゅんは上位打線には手こずりながらも、下位打線は完璧に抑え込み、完投で4勝目をマークした。ヤクルトの連勝は3でストップ。

◆F2−8H◆
5試合連続完投中と抜群の安定感を誇るダルビッシュに対して、大村を急性胃腸炎で欠き、苦しい展開のソフトバンクだったが、初回、大村の代わりに1番に入った本多が四球で出ると、ハマのスペランカーが先制タイムリー二塁打。更に、この後、小久保のタイムリー二塁打、柴原の犠飛で2点を追加。3点を追う日本ハムはその裏、稲葉のタイムリーで1点を返すと、続く2回には田中賢がタイムリーを放ち、1点差。追い上げて貰いながら、依然としてピリッとしない投球が続くダルビッシュは3回に満塁のピンチを作ると、4回には先頭打者から連続四球を与え、3回0/3と言う今季最短のKO。2番手・押本がこのピンチは切り抜けたものの、続く5回、アダムに被弾。3番手・伊藤も松中に被弾し、試合を決定付けられた。ソフトバンクは投打が噛み合い、3連戦3連勝。先発・和田は完投で4勝目をマークした。2000安打へ3本と迫る田中幸は今季初めてDHでのスタメン出場となったが、3タコ。これで札幌ドームでの初アーチ以降、15打席足踏みが続いている。

◆Bs2−6M◆
ようやく大連敗を脱出して気が抜けた訳ではなかろうが、偽バファローズは初回からサブローの先制タイムリー、ズレータの10号2ランでいきなり3点を献上。その裏、外国人史上最多出場の通算1354試合出場を達成したローズのタイムリー二塁打で1点を返したのも束の間、直後の2回に青野に犠飛を許して、再び3点差。更に、4回にはTSUYOSHIの犠飛,フクーラのタイムリーで2点を失い、先発・光原はあえなくKO。2番手・本柳,3番手・ユウキは味方の反撃を待ち、残り5回1/3を1安打に抑える完璧なリリーフを展開したが、ロッテ先発・渡辺俊の前に偽バファローズ打線は2回以降、1安打無四球と手も足も出ない。土壇場9回、一死から連打と四球で満塁のチャンスを作り、ようやく渡辺俊をマウンドから引きずり下ろしたものの、代わった小林雅の前に北川の犠飛で1点を返すのが精一杯だった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:11コメント(0)トラックバック(83) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ