涌井秀章

April 12, 2011

◆G9−2S◆
空前絶後の大震災と言う非常事態にも拘わらず、予定通りの日程でのドーム開幕をゴリ押しした挙げ句、国民も政府も敵に回しただけのゴネ損と言う散々な結果に終わった巨人の開幕戦は公式戦としては、実に56年ぶりとなる宇部での開催。初の開幕投手となった東野は脇谷,坂本のタイムリーで3点リードを貰い、6回までノーヒットの快投。開幕早々快挙達成を期待する空気が流れ始めた矢先の7回、浜中に打たれた初安打をきっかけに2点を失い、KO。しかし、その後、巨人は長野の3ラン含む5打点をあげる活躍で一気に突き放し、逃げきった。

◆YB5−4D◆
球団史上25年ぶりの外国人開幕投手として寝損を起用する奇襲に出た中日だが、村田の先制タイムリー等、2回で早くも3失点と裏目。一方、開幕戦に投げると漏れなく黒星が付いてくるハマのチンピラに代わり移籍初登板で開幕投手に大役を任された山本も立ち上がりは良かったが、4回にグスマンに来日初アーチとなる逆転3ランを被弾。しかし、劇団ひちょりの犠飛で追い付いた横浜は9回、吉村のこの日4安打目となる二塁打等で作ったチャンスに代打・内藤のタイムリーでサヨナラ勝ち。8年ぶりの開幕戦勝利で、夢の100敗へ早くも黄信号が灯った

◆T7−4C◆
昨年、投手のタイトルを総なめにした前田健だったが、いきなりマット・マートンに先頭打者アーチを浴びるなど、苦しい立ち上がり。6回に石原のタイムリーでリードを貰ったのも束の間、その裏、新井貴のタイムリー,何だかんだで開幕に間に合ったJ.マッケンジーの犠飛等で逆転を許し、あえなくKO。1点差で迎えた8回のチャンスに代打起用された求道者・前田は無念の凡退。最後は藤川に三者三振で締められた。

◆Bs2−2H
内川の先制二塁打,細川の中押し三塁打と移籍コンビの活躍でソフトバンクが7回まで2点のリード。しかし、7回まで散発2安打と完璧な投球を見せていた和田が8回にバルディリス,9回には後藤に被弾し、延長に突入。ラストイニングの12回、偽バファローズは一死二、三塁と絶好のサヨナラのチャンスを掴むが、後続を断たれて、引き分けに終わった。尚、外れ外れ外れ1位の駿太は高卒新人外野手としては52年ぶりの開幕スタメンを飾ったが、2打数0安打で途中交代となった。

◆F3−12L◆
涌井,ダルビッシュの球界を代表するエース対決は1点を争う展開になるかと思いきや、両投手共6回までに3失点とピリっとせず。ダルビッシュは7回に中島に3ランを浴びるなど4点を勝ち越され、プロワーストの7失点KO。移籍初登板のオビスポも大量5失点と大炎上し、終わってみれば、圧勝となった西武が3年連続開幕戦白星。涌井はヒットこそ打たれるも、8回を無四球と丁寧な投球でエース対決を制した。ダルビッシュはこれで開幕3連敗。

4/12星野監督◆M4−6E◆
原発事故にビビって逃げ帰ったモリーヨが退団となったが、特に痛手でも何でもない楽天。同点で迎えた7回、先制タイムリーエラーを犯した嶋が汚名返上の勝ち越し3ラン。8回にも山崎,高須のベテランコンビがダメ押しの連続タイムリー。田中との争いを制して、開幕投手の座を勝ち取ったエース・岩隈は9回にフクーラに被弾し、完投を逃したものの、被災地である地元を元気付ける白星スタートとなった。7敗れたロッテは開幕戦6連敗。

 

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:21コメント(0)トラックバック(6) 

October 09, 2010

◆S−C◆
降雨中止。

10/9福浦◆L5−6M◆(日韓クラブチャンピオンシップ出場権争奪戦出場権争奪戦)
ロッテの先発が成瀬,西武の先発が涌井と横浜高校の先輩後輩同士の対決となったこの試合、2回に主砲・中村がレフトスタンドへソロアーチを叩き込み、西武が1点を先制。1点を追うロッテは4回、二死走者なしから井口がレフト線へ二塁打を放ち、この日初めてのチャンスを掴むが、続くサブローがファーストフライを打ち上げて、無得点。一方、西武も5回、レフト前ヒットの佐藤を細川が送ると、栗山が歩いて、一、二塁と追加点のチャンス。しかし、阿部はショートゴロ,中島はファーストフライに打ち取られて、二者残塁。迎えた7回、ロッテは一死からサブローが四球を選ぶと、続くフクーラがライト前に弾き返して、一、二塁。しかし、今江はライトフライに倒れると、打点王レースを独走していたシーズン中盤に水島の呪いに取り憑かれて以来、シーズン終了まで調子を取り戻せなかった金もサードゴロに終わり、二者残塁。その裏、西武は二死から栗山,阿部と連打を浴びせ、一、三塁とするも、中島がキャッチャーフライに倒れて、追加点ならず。直後の8回、ロッテは大松,代打・根元と簡単に打ち取られ、二死まで追い込まれるが、ここで首位打者・西岡の打球は低い弾道でバックスクリーンに飛び込むソロアーチとなり、ついに同点。追い付かれた西武はその裏、先頭のフェルナンデスがヒットを放ち、成瀬をKO。代わった内に対し、中村が四球で歩き、一、二塁。ここで高山の送りバントはまともに転がってしまい、三塁で封殺されるが、代打・礒?が四球を選んで、満塁とチャンス拡大。ここで佐藤はサードゴロに倒れ、ホームゲッツーでチェンジ…と思いきや、今江の送球が逸れ、里崎は捕球するのが精一杯。辛くもチャンスを繋いだ所で代打・大島がライト前へ弾き返して、二者生還。更に、サブローの悪送球でボールが転々とする間に一塁走者・佐藤も本塁を陥れ、一気に3点を勝ち越し。続く栗山もセンター前へタイムリーを放ち、5点目を追加。これで決まったかと思いきや、粘るロッテは土壇場9回、満を持して登場の守護神・シコースキーに対し、粘るロッテは先頭の井口がレフト前に弾き返すと、一死後、フクーラがしぶとく二遊間を突破。更に、8回のゲッツー成立に失敗した今江が汚名返上のレフト前ヒットを放ち、満塁とした所で金がセンター前へ2点タイムリーを浴びせて、2点差。続く大松は11球粘って四球を勝ち取り、再び満塁となった所でシコースキーをKO。代わった小野寺に対し、8月5日以来の実戦復帰となった里崎が見事にセンター前へ弾き返し、二者が返って、一気に同点。なおも一、三塁の場面で西岡はレフトへのライナー。代走で入っていた三塁走者・岡田は果敢にタッチアップを仕掛けるが、佐藤の好返球,銀仁朗の好ブロックの前に憤死し、勝ち越しならず。その裏、西武は二死一、二塁のチャンスをモノに出来ず、試合は延長戦に突入。10回、西武は先頭の銀仁朗のボテボテのサードゴロが幸運な内野安打となると、栗山が送って、一死二塁。ここで阿部がレフト線へライナーを放つも、岡田に好捕され、続く中島もサードゴロに倒れて、無得点。ピンチを切り抜けたロッテは11回、ワンポイントで起用された5番手・土肥からフクーラがライトスタンドへソロアーチを放り込み、ついに勝ち越しに成功。その裏、守護神・小林宏が3人でピシャリと締めて、逃げきった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:30コメント(0)トラックバック(17) 

August 13, 2010

◆G8−6YB◆
巨人は2回、先頭の寿司職人ラミレスがヒットで出るも、阿部がショートゴロゲッツー。しかし、ここでマッスル千代の富士がライトスタンドへ12号先制アーチ。直後の3回、内川のタイムリー二塁打で追い付かれるも、その裏、定位置・1番に戻して貰った坂本がレフトスタンドへ20号ソロを叩き込み、再び勝ち越し。更に、ヒットの松本が二盗を決めると、一死後、寿司職人ラミレスがレフト前へタイムリーを放ち、3点目。しかし、横浜は4回、四球のハーパーを暴投で二塁へ進めると、カスティーヨがセンター前へタイムリー。続く5回には内川,石川,ハーパーの3連打で同点。続く村田はゲッツーに倒れるも、この間に石川が勝ち越しのホームイン。続くスレッジがライトスタンドへ13号ソロを叩き込み、巨人先発・オビスポをKO。更に、代わったMICHEALからカスティーヨがセンター前に弾き返すと、下園がタイムリー三塁打を浴びせて、この回4点。その裏、巨人はガッツの24号ソロで1点を返すと、続く6回には代打・松田記者のタイムリーで1点差。そして、7回、一死から連続四球と鶴岡のヒットで満塁とすると、二死後、当ブログ推奨助っ人・江戸川がライト前へ2点タイムリーを放ち、逆転に成功。更に、8回にも寿司職人ラミレスのタイムリーで貴重な1点を追加。9回は復帰後初登板となる守護神・クルーンがきっちり締めて、連敗を脱出。これで巨人は首位に返り咲き。1回を無失点の4番手・久保に6勝目がついた

◆D5−1C◆
初回、広島は東出のヒット,嶋の四球で一死一、二塁とするも、栗原がショートゴロゲッツーに倒れて、先制ならず。すると、その裏、中日は荒木のヒットと連続四球で一死満塁とすると、堂上剛がライトへ犠飛を打ち上げ、1点を先制。追いかける広島は4回、二死から栗原のヒット,吉見のエラーで一、二塁とするも、赤松が三振に倒れて、二者残塁。続く5回には岩本のヒット,荒木のエラーで一、二塁とすると、二死後、梵が歩いて満塁とチャンスを広げるが、嶋がキャッチャーファールフライを打ち上げ、三者残塁。しかし、7回、一死から石原がヒットで出ると、前田健の犠打で二塁へ進めた所で東出がライト前へタイムリーを放ち、ついに同点。しかし、それも束の間、その裏、中日は一死満塁から荒木の2点タイムリーで勝ち越すと、続く英智も犠飛を打ち上げ、この回3点。続く8回にも堂上直のタイムリーでダメ押し。最後は3番手・高橋が無難に締め括り、自力優勝が復活。先発の吉見は7回を1失点の好投で3年連続の10勝目

◆T6−9S◆
快進撃が止まらないヤクルトは初回、先頭の青木がレフト前へ弾き返すと、田中の犠打で二進。二死後、ホワイトセルがライト前へタイムリーを浴びせて、1点を先制。続く畠山もタイムリー二塁打を放って、この回2点。その裏、阪神も新井のタイムリーで1点を返すが、直後の2回、ヤクルトはヒットの川本を館山が送った所で青木がタイムリー二塁打を浴びせて、3点目。6回には一死一、三塁から川本が犠飛を打ち上げると、続く館山がタイムリー二塁打。更に、青木が敬遠された後、田中が3号3ランを放り込み、一挙5点を追加。粘る阪神はその裏、マット・マートンが12号ソロを叩き込むと、7回にもマット・マートンがタイムリー。更に、8回には一死から4連打を浴びせて、3点を返し、2点差と詰め寄った。9回に川端のタイムリーで突き放されるが、その裏、平野のヒット,新井の死球で二死一、二塁と一発が出れば同点のチャンスで打席にはブラゼル。しかし、ブラゼルはサードフライに倒れて、万事休す。これで阪神は一夜で首位の座から陥落。一方、ヤクルトは13年ぶりの10連勝。先発・館山は6回2/3を3失点で切り抜け、6勝目

8/13山田◆H5−1F◆
難敵・ダルビッシュが相手とあって、開き直ったソフトバンク先発・山田はいきなり三者三振に斬って取る素晴らしい立ち上がりを見せると、2,3回はピンチを背負いながらも、あと一本を許さない粘りの投球を展開。何とか山田を援護したいソフトバンクは3回、先頭の李がチーム初安打となる二塁打を放つと、二死後、川崎がヒットで繋いだ所で本多がレフト前へタイムリーを放ち、1点を先制。しかし、直後の4回、日本ハムは稲葉,小谷野の連打で二、三塁とすると、一死後、昨夜の怒濤のチャンスブレイクでインケツパワーが充電されたあの男がセンターへ犠飛を打ち上げ、稲葉が同点のホームイン。その裏、ソフトバンクは先頭の小久保がヒットで出ると、一死後、ペタジーニがレフトスタンドへ8号2ランを叩き込み、勝ち越し。更に、李,長谷川と連打を浴びせると、二死後、川崎が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、この回、一気に4点を獲得。8回からは摂津−ファルケンボーグと繋いで逃げ切った。山田は7回を無四球1失点と堂々たる投球でダルビッシュに投げ勝ち、3勝目

◆L4−2Bs◆
西武先発・涌井が4回まで1安打無失点に抑え込むと、偽バファローズ先発・木佐貫も負けじと3回を2安打無失点に抑えていたが、4回、一死からブラウンに痛打されると、大島に二塁打を浴びて、二、三塁のピンチ。ここで浅村にレフトへの犠飛を許して、先制点を献上。更に、続く上本にはライト前へのタイムリーを浴びて、この回2失点。西武は6回にも二死二、三塁から片岡,栗山と連続タイムリーを浴びせて、2点を追加。4点を追う偽バファローズは先頭のカラバイヨがレフトスタンドへ3号ソロ。続く鈴木もセンター前へ弾き返すが、後続3人が倒れて、1点止まり。続く8回にも先頭の後藤が12号ソロを叩き込んだ後、2四球で一死一、二塁とチャンスを広げるが、カラバイヨ,鈴木と打ち取られ、二者残塁。西武は9回から守護神・シコースキーを投入して逃げ切り、6連勝。涌井は6回1/3を1失点に抑えて、13勝目をマークした

◆M0−4E◆
0−0で迎えた5回、楽天は二死走者なしから牧田がレフトスタンドへ3年ぶりの一発をぶち込んで、均衡を破る先制点をゲット。7回には二死走者なしから牧田がヒットで出ると、成瀬の暴投で二進した所で嶋がライト前へタイムリー。6回までノーヒットと沈黙していたロッテは7回、一死からようやくフクーラがチーム初安打。しかし、続く大松がセカンドゴロゲッツーに倒れて、無得点。直後の8回、楽天はまたも二死走者しから山崎がレフト前へ弾き返すと、ルイーズ,中村紀と連続タイムリーが飛び出し、ダメ押しの4点目。その裏から登板の青山が残り2回をパーフェクトに抑え、完封リレーを達成。先発・ラズナーは7回を1安打無失点の快投で4勝目を挙げた

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:19コメント(0)トラックバック(13) 

July 16, 2010

◆YB6−7G◆
連夜の雨天中止で苦手の阪神戦が9月に集中する事になってしまい、今のうちに少しでも引き離しておきたい巨人。しかし、先発・内海がピリッとしない。2回にマッスル千代の富士のタイムリーで先制点を貰うも、その裏、連続四球でピンチを作った挙げ句、スレッジにタイムリーを浴び、あっさり同点。3回にはガッツ,寿司職人ラミレスの連続アーチで2点を勝ち越して貰いながら、その裏、一死から3連打で1点を返されると、二死後、ハーパーを歩かせた所でスレッジに逆転2点タイムリーを許し、あえなくKOとなる背信投球。直後の4回、巨人は四球の長野が盗塁と捕逸で三進した所でマッスル千代の富士が2打席連続のタイムリーを放ち、同点。この後、2四球で一死満塁とチャンスを広げるも、松本,ガッツと倒れて、勝ち越しならず。4−4で迎えた7回、巨人は二死走者しから寿司職人ラミレスがこの日2本目となる31号ソロをぶち込んで、勝ち越し。その裏、江戸川のエラーで作ったピンチで内川に犠飛を許して、追い付かれるも、直後の8回、一死一、三塁から坂本の走者一掃タイムリー二塁打で2点を勝ち越し。粘る横浜はその裏、連打で無死二、三塁とするも、武山の内野ゴロの間に1点を返すに留まり、守護神・クルーンの前に三者三振に斬って取られた。巨人4番手・山口は一時、同点に追い付かれたものの、4勝目が転がり込んだ

◆C0−4D◆
中日は2回、ブランコの四球,ベンちゃんのヒットで無死一、二塁とすると、セサルがライト前へタイムリーを浴びせて、先制。堂上直はファーストゴロゲッツーに倒れるも、続く小田がタイムリー二塁打を放ち、この回2点。続く3回にはヒットとエラーで無死一、二塁とするも、森野がサードゴロゲッツー。この後、連続四球で満塁とし、先制打を放ったセサルに回すが、ピッチャーゴロに終わり、三者残塁。5回二死一、二塁,6回一死一、二塁のチャンスも潰した中日だが、7回、あまりの拙攻地獄に業を煮やしたベンちゃんが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにレフトスタンドへ24号2ランを叩き込み、4点目。ゴーグルで照明の光を反射させて打者の目を眩ませでもしないと到底通用しない四流投手などと言う言いがかり極まりない水島の呪いを受けている中日先発・山井は6年ぶりの完封で4勝目をマークした

◆S3−1T◆
初回、阪神はヒットの鳥谷を平野が送ると、マット・マートンがセンター前へ先制のタイムリーヒット。しかし、その裏、先発・下柳が一死から3連続四死球で満塁のピンチを作ると、畠山に犠飛を浴びて、あっさり同点とされてしまう。追い付かれた阪神は2回、藤本の連続エラーに浅井の四球で一、三塁とするも、後続を断たれ、無得点。3回にも二死から連打を浴びせながら、スタメン復帰のキュラソ星人がキャッチャーファールフライ。4回には一死から浅井がヒットで出るも、下柳がヘッポコバントをかまして、最悪のゲッツーと怒濤の拙攻三昧。一方、5回まで僅か1安打と沈黙していたヤクルトは6回、田中の二塁打,ホワイトセルのヒットで二死一、三塁とすると、相川が走者一掃のタイムリー三塁打を放ち、2点を勝ち越し。阪神は7回以降、一人の走者も出せなかった。ヤクルトはこれで今季初の6連勝。先発・石川は7回を1失点の好投で7勝目をあげた

◆Bs1−6H◆
両軍2回まで塁上を賑わせながら、あと1本が出ずにいたが、3回、ソフトバンクはヒットの川崎を本多が送ると、二死後、小久保がタイムリー二塁打を浴びせて、先制点。5回には田上の4号ソロ,オーティズの21号2ランと一発攻勢で3点を奪うと、6回には鈴木の捕逸でタナボタの1点を追加。偽バファローズは7回、バルディリス,代打・横山の連打でソフトバンク先発・大隣をKO。更に、代わった摂津が代打・北川もヒットを浴びせて、無死満塁とするが、坂口はファーストライナー,ハイツ田口は最悪のショートゴロゲッツーに終わり、結局、無得点。ピンチを切り抜けたソフトバンクは8回も松田の8号ソロでダメ押しの6点目。偽バファローズはその裏、ティー岡田の20号ソロで完封を曲がれるのが精一杯だった。大隣は6回0/3を無失点の好投で4月4日以来となる2勝目。7回のチャンスを潰した坂口とハイツ田口は岡田監督の逆鱗に触れ、二軍降格を通達された。

◆E4−5F◆
楽天先発・岩隈に対し、日本ハムは初回、先頭の田中がセンター前へ弾き返すと、村田が送った後、稲葉もヒットで繋いで一、三塁。ここで小谷野が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、2点を先制。続く2回には陽のヒット,岩隈のエラー等で一死二、三塁とした所で田中のタイムリー,村田の犠飛で2点を追加。更に、3回には一死から糸井が11号ソロを叩き込み、5点目。5回までに2併殺を食らうなど、攻めあぐねていた楽天は6回、先頭の牧田が二塁打を浴びせると、二死後、鉄平,高須と連続タイムリー二塁打を放ち、2点を獲得。土壇場9回、日本ハムは抑えの武田久を投入し、逃げ切りを図るが、依然として安定感が戻らない武田久はこの日もピリッとせず、いきなり中村紀に二塁打,山崎にタイムリーを浴びて、1点を失うと、嶋にも痛打されて、無死一、三塁のピンチ。しかし、ここでルイーズをセカンドゴロゲッツーに仕留め、この間に生還を許して、1点差と詰め寄られたものの、最後は代打・草野をセンターフライに打ち取って、辛くも逃げ切り。先発の武田勝は5回2/3を2失点で降板となったが、7勝目がついた

7/16涌井◆M0−2L◆
ロッテ先発・渡辺俊は初回、先頭の片岡に痛打された以降は6回までノーヒットに抑え込む素晴らしい投球を展開。一方、西武先発・涌井は2回から7回まで毎回ヒットを浴びながら、連打と四球を許さない粘りの投球で先制点を与えない。0−0の儘、迎えた8回、西武は先頭のフェルナンデスがライト前に弾き返すと、坂田が送って、一死二塁。ここで代打・礒?がレフト前へタイムリーを放ち、ついに均衡を破る先制点をゲット。更に、上本のヒットで渡辺俊をKOすると、二死後、原の四球で満塁とした所で栗山がショートへのタイムリー内野安打を浴びせて、2点目。待望のリードを貰った涌井は8,9回と3人ずつで切り抜け、今季2度目の完封でリーグトップタイの11勝目。ロッテは今月だけ4度目の完封負けで好投の渡辺俊を見殺し。渡辺俊は4月27日以来の黒星となった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:32コメント(0)トラックバック(19) 

June 25, 2010

◆G3−1YB◆
巨人は坂本の14号先頭打者アーチで先制。一方、横浜は初回一死二塁のチャンスを潰し、2回には先頭打者を出しながらゲッツー、3回には二死二、三塁のチャンスを逸するなど、拙攻続き。4回も村田の二塁打,スレッジの四球で一、二塁のチャンス。ここで大西はセカンドゴロに倒れるが、この日ファーストに入っていた阿部がスレッジを挟殺しようと二塁へ悪送球を犯し、ボールが転々とする間に村田がタナボタの同点ホームイン。5,6,7回と3人ずつで切り抜けるなど、尻上がりに調子に上げていた巨人先発・ゴンザレスだが、8回、一死から石川にヒット,内川に四球を許した所で無念のKOとなり、またも白星ならず。しかし、ここで代わった2番手・久保が村田,スレッジの4,5番を連続三振に斬って取り、ピンチ脱出。その裏、巨人は四球のマッスル千代の富士を一塁に置いて、寿司職人ラミレスがレフトスタンドへ23号2ランをぶち込んで、勝ち越しに成功。最後は守護神・クルーンが三者三振の快投で締め括った。好リリーフの久保に5勝目がついた

◆D3−1C◆
初の2桁勝利を目指す広島先発・前田健の前に3回までノーヒットに封じられていた中日は4回、先頭の藤井がチーム初安打を放つと、二死後、ブランコが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにライトスタンドへ18号2ランを叩き込み、2点を先制。6回には二死走者なしからベンちゃんが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにレフトスタンドへ20号ソロを放り込んで、3点目。広島は7回、ヒットの梵が二盗を決めると、二死後、ルパン広瀬がセンター前へタイムリーを放ち、ようやく1点を返したが、反撃もここまで。8,9回と一人の走者も出せずにゲームセット。中日先発・吉見は8回を散発4安打1失点の好投で7勝目

◆S4−9T◆
ヤクルト先発・バーネットが立ち上がりから大炎上。四球の鳥谷を二塁へ進められると、マット・マートン,新井,ブラゼルと3連打を浴びて2失点。更に、二死後、林,桜井と連続タイムリーを許し、この回4失点。2回にはブラゼルに犠飛を打ち上げられると、3回にも鳥谷にタイムリー二塁打を浴びて、あえなくKO。代わった高市も平野にタイムリーを許し、7点目を献上。阪神は6回にも新井,ブラゼルの連続二塁打で2点を加え、ダメ押し。ヤクルトは青木,相川のタイムリー二塁打で4点を返したものの、序盤の大量失点があまりにも痛かった。阪神先発・ソニックは8回4失点で7勝目をあげた

◆E2−6H◆
楽天先発・岩隈に対し、ソフトバンクは初回一死から本田,松中,ハマのスペランカー,ペタジーニと4連打を浴びせて、2点を先制。一方、謎の新助っ人・ダービンの前に3回まで1安打と抑え込まれていた楽天は4回、鉄平の内野安打,ルイーズの四球で二死一、二塁とすると、山崎がタイムリー二塁打を放ち、1点差。なおも二、三塁とワンヒットで逆転の場面だったが、高須はショートゴロに終わり、二者残塁。ソフトバンクも毎回の様に塁上を賑わせながら、残塁を量産するばかりで追加点を奪えず、1−2の儘、土壇場9回へ突入。守護神・馬原に対し、楽天は中村紀の二塁打の後、ルイーズがライト前へ弾き返して、ついに同点。一死後、高須のヒットで一、二塁とチャンスを広げたが、草野のファーストライナーでこの日4つ目のゲッツーを食らい、延長へ突入。迎えた10回、ソフトバンクは敬遠含む3四球で二死満塁とすると、依然として打率0割台と壊滅的不振から抜け出せずにいる田上がタイムリー二塁打を放ち、2点を勝ち越し。更に、続く川崎も走者一掃のタイムリー二塁打を放って、ダメ押し。続投となった馬原が最後を締めて、3勝目をマークした

◆F7−3M◆
日本ハムは初回、二死一塁から小谷野の5号2ランで先制。直後の2回、ロッテはフクーラのヒット,サブローの四球で一、二塁とした所で竹原に今季初アーチとなる3ランが飛び出し、一気に逆転に成功。1点を追う日本ハムは3回、田中,劇団ひちょりの連打で二、三塁とすると、一死後、小谷野がレフト前へ2点タイムリーを放ち、再逆転。5回にはまたも小谷野がタイムリーを浴びせるとね糸井に8号2ランが飛び出し、7点目。先発の金森は尻上がりに調子を上げ、6回3失点で今季初白星をあげた

6/25涌井◆L7−3Bs◆
2回に日高の4号2ランで先制して貰った先発・山本だが、3回、阿部,細川,片岡と3連打を浴びて、1点を返されると、栗山に犠打を許した所で中島に10号逆転3ランを被弾。更に、続くブラウンにも15号ソロをぶち込まれると、4回にも片岡にタイムリー二塁打を浴びて、この回限りでKOとなった。西武は5回にも平尾のタイムリー内野安打で1点を追加。偽バファローズは6回、バルディリスの犠飛で1点を返すと、続く7回には山崎浩の四球、荒金の内野安打で一、二塁のチャンス。しかし、後藤,カブレラと打ち上げて、二者残塁。このピンチを切り抜けた西武先発・涌井は8,9回と乗り切っての3失点完投で両リーグ10勝一番乗りとなった

 

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:56コメント(0)トラックバック(11) 

June 18, 2010

6/18内海◆G5−0D◆
交流戦ではパ・リーグ相手に苦戦を強いられ、リーグ戦再開で調子を取り戻したい両チーム。巨人先発・内海は3回まで7三振と素晴らしい立ち上がり。一方、2回に満塁のピンチを切り抜けた中日先発・ウッチャンだったが、3回、脇谷のヒット,マッスル千代の富士の死球で二死一、二塁とされると、ガッツにタイムリーを浴び、先制点を献上。巨人は5回にも一死満塁と絶好のチャンスを作るが、ガッツ,寿司職人ラミレスの3,4番が倒れて、三者残塁。しかし、続く6回、先頭の阿部が18号ソロを叩き込み、ウッチャンはこの回限りでKO。続く7回には2番手・清水昭から無死一、二塁とした所でガッツがレフトスタンドへ15号3ランを放り込み、ダメ押し。内海は2回以降は二塁も踏ませない完璧な投球を展開し、散発2安打無四球の今季初完封で6勝目を飾った

◆C−S◆
降雨中止。

◆YB−T◆
降雨中止。

◆L8−1H◆
ソフトパンクは初回から3安打を浴びるなど、不安定だった西武先発・涌井の立ち上がりを捉えきれず、先制点を奪えない。一方、西武は2回、二死満塁のチャンスで片岡が走者一掃の先制タイムリー三塁打を浴びせると、続く栗山もタイムリーを放ち、この回4点。4−0の儘、迎えた6回、ソフトバンクはペタジーニの2号ソロでようやく1点を返すが、西武は8回、二死走者なしから代打・佐藤の二塁打,オーティズのエラー,阿部の四球で満塁とすると、細川が4号グランドスラムをぶち込んで、一気に試合を決定付けた。尻上がりに調子を上げた涌井は8回を1失点の好投でーハーラートップタイの9勝目。ソフトバンク先発・山田は4回もたずにKOとなり、プロ初黒星。

◆Bs0−3F◆
0−0で迎えた3回、日本ハムは二死走者なしから金子誠が四球を選ぶと、田中のタイムリー二塁打で先制のホームイン。更に、後藤のタイムリーエラーで1点を加えると、続く4回には一死から糸井がライトスタンドへ6号ソロを放り込み、3点目。先発の糸数が右脇腹を痛めて、3回一死で降板を余儀なくされるアクシデントに見舞われたが、そこから4人の中継ぎ陣が8回まで無失点で繋ぐと、最後は武田久が完封リレーを決めて、今季26度目の登板にしてようやく今季初セーブ。緊急登板で2回2/3を無失点の好リリーフを見せた2番手・榊原に2勝目がついた。偽バファローズ先発・金子千は3安打完投ながら、味方打線が見殺しにしてしまった。

◆M−E◆
降雨中止。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:48コメント(0)トラックバック(6) 

June 02, 2010

◆M8−1G◆
3戦連続完封勝利で29イニング無失点中のロッテに対し、巨人は初回からガッツの犠飛で1点を先制し、連続完封を阻止。しかし、打線好調のロッテ打線の前に巨人先発・ゴンザレスが炎上。その裏、井口のタイムリーで簡単に追い付かれると、続く2回にはフクーラにタイムリー二塁打を浴びて、勝ち越し点を献上。更に、4回には5連打で3点を失い、一死も取れずにKO。2番手・オビスポも今江にタイムリーを許して、この回4失点。勢い付くロッテは6回にも西岡のタイムリー三塁打,今江の犠飛でダメ押しの2点を追加。投げては先発・成瀬が2回以降、散発4安打と三塁も踏ませず、完投で7勝目をマーク。ロッテはこれで4連勝となった。

◆H6−1S◆
ソフトバンクは初回、ヒットの本多が二盗を決めると、二死後、ハマのスペランカーの内野安打に荒木のエラーが重なり、1点を先制。続く松中はライトスタンドへへ3号2ランを放り込み、この回3点。直後の2回、ヤクルトは田中のタイムリーで1点を返し、なおも二死一、二塁のチャンスで先制エラーの荒木に回ってきたが、三振に倒れて、名誉挽回ならず。続く3回には二死一、二塁のチャンスにデントナがゲッツー。4回には先頭の飯原がヒットで出るも、二盗に失敗。5回一死二塁、6回一死二、三塁と再三再四のチャンスを悉く不意にし、一向に点差が縮まらない。一方、2回以降、沈黙していたソフトバンクは6回、またもヒットの本多が二盗を決めた所でオーティズがタイムリー二塁打を放ち、4点目を追加。7回には押し出し四球で1点、8回にも柴原のタイムリーで1点と着々と加点し、大きく突き放した。先発・小椋は6回途中1失点で降板となったが、リリーフ陣の援護を仰いで、3勝目をあげた

6/2T−岡田◆Bs10−7D◆
0−0で迎えた3回、中日は谷繁,荒木の連打で二、三塁とすると、一死後、森野がセンター前へタイムリーを放ち、2点を先制。5回には二死走者なしからブランコがレフト前へ弾き返すと、続くベンちゃんが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに16号2ランを叩き込み、4点目。更に、8回には谷繁に川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに3号3ランが飛び出して、これで完全に試合は決まったかに思われた。しかし、その裏、偽バファローズが猛反撃を開始。この回から代わった鈴木にいきなり連打を浴びせると、4番手・長峰から坂口の走者一掃二塁打でまず2点。更に、赤田が歩いた後、後藤がタイムリーを浴びせると、5番手・高橋からはティー岡田が四球を選んで満塁とした所で北川が2号グランドスラムをぶち込んで、一気に同点。偽バファローズは9回にも二死満塁とサヨナラのチャンスを掴むが、、代打・塩崎が三振に倒れて、延長へもつれ込んだ。迎えた11回、勝ちパターンの中継ぎ陣を使い果たして閉まった中日は7番手として金剛を投入。これに対して、偽バファローズはヒットの坂口,敬遠の後藤を塁上に置いて、ティー岡田がライトスタンドへ11号3ランを叩き込み、劇的なサヨナラ勝ち。5番手の岸田に4勝目が転がり込んだ。

◆F2−2C◆
好調の広島先発・前田健に対し、日本ハムは2回、先頭の小谷野がセンター前ヒットで出塁すると、すかさず二盗に成功。ここで高橋がライト前へ弾き返し、小谷野が先制のホームイン。5回には二塁打の鶴岡を金子誠が送った所で田中がセンター前へタイムリーを浴びせて、1点を追加。2点を追う広島は7回、二死走者なしからフィオの四球,石原のヒットで一、二塁とすると、ここで代打に起用された求道者・前田がライト前へ会心のタイムリーを放ち、日本ハム先発・増井をKO。続く8回には梵,天谷の連打で無死一、二塁のチャンス。ここで二人の走者はダブルスチールを仕掛けるも、天谷で憤死。この後、栗原が四球を選ぶなど、二死一、三塁と場面が変わった所でルパン広瀬がタイムリー二塁打を浴びせ、ついに同点。試合はその儘、延長に突入したが、両軍共に決め手に欠き、延長12回規定でドローに終わった。

◆E3−7T◆
3回、2四球で二死一、二塁のチャンスを拾った阪神は平野,マット・マートンの連続タイムリーで2点を先制。追いかける楽天はその裏、聖沢のヒツト,鉄平の四球で一、二塁とすると、中村紀がレフト前へタイムリーを浴びせて、1点差。5回には四球の渡辺直を聖沢が送った所で高須がセンター前へ同点タイムリー。7回には四球の渡辺直が犠打と内野ゴロで三進すると、鉄平がタイムリー二塁打を放ち、ついに勝ち越し。土壇場9回、楽天は抑えの川岸を投入し、逃げ切りを図るが、川岸がよもやの大乱調。四球と内野安打で一死一、二塁のピンチを背負うと、キュラソ星人にタイムリーを浴び、同点。更に、新井に勝ち越し犠飛を打ち上げられると、ブラゼルに痛打された後、J.マッケンジーには9号3ランをぶち込まれ、この回、悪夢の5失点。最後はセーブのつかない場面ながら登板となった藤川球が締め括った。1回を3人で切り抜けた4番手・上園に3勝目が転がり込んだ

◆L3−2YB◆
横浜は初回、一死から下園が二塁打を浴びせると、二死後、村田がライト前へタイムリーを放ち、1点を先制。更に、カスティーヨ,金城と連打を浴びせて、2点目を追加。横浜先発・大家の前に5回まで散発3安打とゼロ行進を続けてきた西武だが、6回、上本のタイムリーでようやく1点を返すと、続く7回には先頭の礒?がライトスタンドへ今季初アーチを放り込み、同点。更に、8回には二死からヒットで出た上本が2番手・真田の暴投で二進。ここで代打・大島が2年ぶりのヒットで繋ぐと、またもや真田が暴投を犯して、上本が労せずして勝ち越しのホームイン。土壇場9回、横浜は守護神・シコースキーから二死一、三塁のチャンスを作る粘りを見せたが、最後は下園がファーストゴロに打ち取られ、あと一歩及ばなかった。西武先発・涌井は8回を投げ10安打を浴びながらも、2失点に留める粘りの投球で7勝目

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:19コメント(0)トラックバック(12) 

May 27, 2010

◆G5−2H◆
初回、坂本,寿司職人ラミレスのヒットで二死一、三塁とした巨人は阿部のタイムリー二塁打,長野の2点タイムリーで3点を先制。直後の2回、ソフトバンクは一死三塁から森本のタイムリーで応戦するが、巨人は3回、二死走者なしからマッスル千代の富士が3号ソロを叩き込み、点差は再び3点に拡大。4回二死満塁のチャンスは逃したものの、続く5回、一死からまたもマッスル千代の富士がレフトスタンドへ2打席連続となる4号ソロを放り込んで5点目。9回、キャンプから先発として体を作ってきたにも拘わらず、先発として失敗した訳でもないのに、早々と中継ぎに回された挙げ句、いつ二軍に落とされても仕方ない程、炎上を繰り返しても、一向に先発には戻して貰えない3番手・山口が本多に三塁打を浴びるなど、1点を返されたものの、大事には至らなかった。先発の藤井は7回を散発3安打1失点の好投で4勝目をあげた

◆D5−9F◆
中日先発・吉見に対し、日本ハムは初回、3本のヒットで二死満塁とすると、高橋,金子誠と連続押し出し四球を選んで、労せずして2点を先制。4回には金子誠,鶴岡と連打を浴びせると、二死後、劇団ひちょりのタイムリー,ブランコのエラーで2点を追加。5回に1点ずつ取り合って迎えた7回には二死二塁から代打・佐藤がライト前へプロ初打席初安打初打点となるタイムリー。更に、8回には糸井が走者一掃のタイムリー二塁打、9回には田中がタイムリー内野安打と着々と加点。その裏、中日は川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに森野,ブランコが連続アーチを叩き込むなど、4点を返す粘りを見せたものの、13残塁と言う大拙攻が大きく響いた。日本ハム先発のルーキー・増井は6回を1失点で3勝目

◆C3−0M◆
広島先発・前田健は初回から二死一、二塁のピンチを背負うも、大松をセンターフライに仕留めて、ピンチ脱出。広島は2回、ヒットの栗原が暴投と犠打で三塁へ進むと、小窪のセンターフライで生還し、1点を先制。以降、ロッテ先発・成瀬と前田健の投げ合いが続き、1−0の儘、後半戦へ突入。迎えた6回、広島は一死からヒットで出た東出ずすかさず二盗を決めると、梵のサードゴロの間に三進。ここでルパン広瀬がタイムリー内野安打を放ち、2点目を追加。8回には一死二塁から東出がこの日3安打目となるタイムリーを放ち、ダメ押し。最後は横山が3人で締めて、完封リレーを達成。前田健は8回無失点の力投を見せ、ハーラー単独トップの8勝目

◆T1−6L◆
KONAMIからの低評価を覆す事に燃える阪神先発・フォッサムだが、いきなり片岡に痛打されると、栗山を三振に取るも、二盗を許して、一死二塁のピンチ。ここで中島にタイムリーを浴び、先制点を献上。更に、中村を歩かせると、二死後、高山にタイムリーを許して、早くも2失点。阪神は2回にブラゼルが16号ソロを叩き込み、1点差とするが、西武は4回、一死三塁から細川がスクイズを決めて、3点目。2点を追う阪神は8回、一死から3連続四球で満塁と長打が出れば、一気に逆転の場面を作るが、ここで新井がショートゴロゲッツーに倒れる最悪の展開で結局、無得点。ピンチを逃れた西武は9回、中島のタイムリー,佐藤の犠飛,高山のタイムリーで3点を奪い、試合を決定付けた。先発・涌井は8回を1失点に抑え、6勝目を飾った。

5/27小川監督代行◆S3−3E◆
引責辞任を申し入れた高田監督に代わり、小川コーチが監督代行となった早々に、黒星続きで一向に出番が回って来ない守護神・林が右膝痛で登録抹消と更なる逆風に見舞われたヤクルト。10連敗阻止へ望みを託された先発・村中は1,2回と無難に抑えるも、3回、2四球で二死一、二塁のピンチを背負うと、中村紀にタイムリーを浴び、先制点を献上。続く4回には二死からまたも四球の走者を出した後に渡辺直にタイムリー二塁打を許して、2点のビハインド。一方、楽天先発・永井は相変わらず、元気のないヤクルト打線を6回まで散発2安打無失点と封じ込めるが、7回、突如、制球を乱して、3四球で一死満塁のピンチを迎えた所で相川に走者一掃の逆転タイムリー二塁打を浴び、無念のKO。いよいよ連敗ストップへ光が見えてきたヤクルトだが、ここに来て、林の戦線離脱のツケが回って来ようとは…。9回を任されたマツ・オカが代わりばな、鉄平に二塁打を浴びると、一死後、聖沢に痛恨の同点タイムリーを浴び、試合はその儘、延長にもつれ込んだ。しかし、両軍共に、決め手に欠き、結局、12回規定で引き分け。ヤクルトの交流戦初勝利はたもお預けとなった。

◆YB1−4Bs◆
横浜は初回、連打と四球で一死満塁と絶好のチャンスを掴むも、ここからスレッジ,下園と連続三振に倒れて、三者残塁。しかし、続く2回、先頭の金城が内野安打で出ると、二死二塁となった所で石川がレフト前へ先制タイムリー。横浜先発・小林太の前に5回までゼロ行進を続けていた偽バファローズは6回、四球の坂口を二塁へ進めた所で後藤,ティー岡田の連続タイムリー二塁打で逆転に成功。続く7回にはヒットの大引を金子千が送った所で坂口がタイムリー二塁打を放ち、3点目。その裏、横浜は二死満塁とし、金子千をKOするも、代わった平野の前にここで3安打を放っていた金城が三振に倒れて、三者残塁。偽バファローズは9回、坂口の2打席連続タイムリーでダメを押すと、最後はレスターが三者凡退で締め括った。金子千は7回途中まで毎回走者を出しながら、自責点0で切り抜ける粘りの投球で4勝目

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:57コメント(0)トラックバック(10) 

May 15, 2010

◆G4−2M◆
6連勝中の巨人先発・東野は1,2回と四球の走者を出しながら、無失点で切り抜けると、その裏、二死満塁のチャンスに自ら先制タイムリー。この後、巨人は3回にガッツの11号ソロ,4回に坂本の9号ソロ,5回に寿司職人ラミレスの通算300号となる13号ソロと得意の一発攻勢で着々と加点し、ロッテ先発・成瀬をKO。東野は9回、一死一、二塁から代打・フクーラにタイムリーを浴び、無念のKO。ここで代わった守護神・クルーンだが、いきなり今江を歩かせると、続く金沢にタイムリーを許し、2点差。なおも満塁と一打同点のピンチを演出したが、根元,西岡と打ち取って、辛くも逃げ切った。東野は完封まであと二人と迫りながら降板となったものの、ハーラー単独トップの7勝目

◆S0−2H◆
前回、好投虚しくプロ初黒星を喫したヤクルト先発・中沢は2回二死二、三塁から川崎のタイムリーで2点を先制されるが、以降、毎回の様にピンチを背負いながらも、あと一本を許さない粘りの投球で7回まで追加点を与えない。しかし、肝心の味方打線は初回二死満塁,2回無死二塁,3回一死一、二塁と序盤のチャンスを悉く逃して、ソフトバンク先発・和田を調子付かせてしまう。7回から継投モードに入ったソフトバンクは摂津−ファルケンボーグ−馬原と繋ぐ必勝パターンで散発5安打完封リレーを達成。和田は6回無失点で5勝目。中沢はまたも打線の見殺しに遭い、連敗を喫した。

◆D5−4Bs◆
0−0で迎えた4回、ここまで1安打と沈黙していた中日は一死からブランコが川相不在では一発に懸けるしかないとばかりに9号ソロを叩き込み、先制。1点を追う偽バファローズは6回、連続四球と内野安打で一死満塁とすると、代打・北川が2点タイムリー二塁打を放ち、一気に逆転。更に、代打ラロッカが死球を食らって満塁となった所で代打・ハイツ田口が犠飛を打ち上げ、3点目。その裏、中日はブランコのタイムリーで1点を返すと、ベンちゃんもヒットで続き、無死一、二塁とするが、後続3人で倒れて、同点ならず。7回に1点ずつ取り合い、1点差の儘、迎えた土壇場9回、偽バファローズは抑えのレスターを投入するが、これに対して、中日は2四球で一死一、二塁とすると、またもブランコがこの日4打点目となるタイムリー二塁打を放ち、ついに同点。なおも二、三塁の場面で小池がタイムリー内野安打を放ち、サヨナラ勝ち。9回に登板し、3人で抑えた5番手・浅尾に3勝目がついた。

5/15前田健◆C1−0F◆
前田健,ダルビッシュの両先発が息詰まる投手戦を展開。4回まで1安打と沈黙していた日本ハムは5回、先頭の糸井がレフトオーバーの打球を放つも、三塁を欲張って憤死。この後、高橋,鶴岡のヒットで二死一、二塁としたものの、ここでダルビッシュの打順に回ってしまい、結局、無得点。一方、広島は7回まで毎回走者を出しながら、2併殺,1盗塁死を喫するなど、まずい攻めを繰り広げ、ダルビッシュの粘りの投球の前にあと一本がどうしても出ない。0−0の儘、迎えた土壇場9回裏、日本ハムは何故か99球しか投げていないダルビッシュを引っ込め、谷元にスイッチするが、これが裏目。広島は一死から栗原が二塁打を浴びせると、二死後、赤松がセンター前へ弾き返して、サヨナラ勝ち。前田健は今季初完封で6勝目。ダルビッシュは連続無失点を28イニングに伸ばしながら、白星に恵まれず、日本ハムの連勝は5でストップした。

◆T3−2E◆
阪神先発・フォッサムに対し、楽天は初回、先頭の聖沢がヒットで出ると、高須の犠打で二進。二死後、中村紀のタイムリーで先制のホームイン。先制点を貰った楽天先発・岩隈だが、その裏、二死二塁から新井にタイムリーを浴び、あっさり振り出しに戻される。1−1で迎えた5回、阪神はヒットの藤川俊をフォッサムが送ると、二死後、平野が内野安打を放ち、一、三塁のチャンス。ここで鳥谷のどん詰まりのフライを渡辺直とフィリップスがお見合いする幸運なタイムリーとなり、勝ち越しに成功。8回には先頭のブラゼルが13号ソロを放り込み、3点目。土壇場9回、偽バファローズは今季無失点の守護神・藤川球に対し、二死一、二塁から聖沢のタイムリー二塁打で1点差と詰め寄り、なおも二、三塁と一打逆転のチャンスを作るが、内村がショートゴロに終わり、あと一歩及ばなかった。フォッサムは6回を1失点で来日2連勝。岩隈は13三振を奪っての完投も報われなかった。

◆YB3−12L◆
初回は簡単に3人で切り抜けたハマのチンピラだが、続く2回、先頭の中村に10号先制ソロを被弾してからおかしくなり、この後、細川のスクイズ,涌井のタイムリーで、この回3失点。続く5回には4長短打で大量5点を失い、あえなくKO。2番手・小林太が7回まで無失点の好リリーフを見せると、スレッジの2打席連続アーチで3点を返したものの、8回から登板の3番手・桑原謙が四球連発で3点を失い、試合を決定付けられた。西武はこれで再びロッテと入れ替わりで首位返り咲き。先発・涌井は7回3失点で5勝目。打っては3安打4打点の大当たりだった

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:35コメント(0)トラックバック(17) 

May 07, 2010

◆D2−1S◆
初回から二死一、二塁のチャンスを逃した中日は3回にも二死一、二塁のチャンスにブランコが三振に倒れて、二者残塁。一方、ヤクルトも4回二死一、二塁のチャンスに宮本が凡退。両軍無得点の儘、迎えた5回、中日は先頭の谷繁が二塁打を浴びせると、二死三塁となった所で岩崎達がセンター前へタイムリーを放ち、ようやく均衡を破る先制点をゲット。中日先発・中田賢の前に6回まで2安打と沈黙していたヤクルトだが、7回、二塁打のデントナを三塁へ進めた所で4回のチャンスを潰した宮本がライト前へ同点タイムリー。1−1で迎えた土壇場9回裏、中日は先頭の森野がヒットで出るも、続くブランコのセンターへの大飛球で大きく飛び出し、戻りきれずに刺される大チョンボ。これで延長にもつれ込むかと思いきや、ここからベンちゃんが歩くと、大島のヒット,英智の死球で二死満塁。ここで谷繁がライト前へタイムリーを放ち、劇的なサヨナラ勝ち。9回に登板し、3人で締めた浅尾に2勝目がついた。ヤクルトは3番手・押本を引っ張り過ぎたのが失敗し、今季2度目の5連敗。

◆T10−6C◆
前回、プロ初完封を成し遂げた広島先発・青木高だが、この日は立ち上がりから大乱調。初回、いきなり一死満塁のピンチを背負うと、J.マッケンジーに7号グランドスラムを被弾。3回には鳥谷,新井の連打で無死二、三塁のピンチを作り、内野ゴロの間に5点目を献上。5点を追う広島は5回、赤松,倉,代打・会沢の3連打で1点を返すと、一死後、梵がタイムリー。更に、二死後、栗原がタイムリー二塁打を浴びせて、1点差と詰め寄り、阪神先発・フォッサムをKO。継投モードに入った阪神は渡辺−西村と繋ぎ、8回から久保田を投入するが、これが裏目。代わりばな天谷に痛打されると、栗原に逆転4号2ランを被弾。しかし、粘る阪神はその裏から登板の高橋に対し、連打と四球で一死満塁とすると、代打・矢野がレフト前へ同点タイムリー。なおも満塁のチャンスにマット・マートンが7号グランドスラムを叩き込み、一気に勝ち越し。最後はセーブのつかない場面ながらも、マウンドに上がった守護神・藤川球が3人でピシャリと締めて、ゲームセット。一時は逆転弾を浴びた久保田に3勝目が転がり込んだ

5/7涌井◆H0−4L◆
西武は初回、二死走者なしから中島がレフト線へ二塁打を浴びせると、続く中村がレフト前へ先制のタイムリー。3回にはヒットの佐藤を片岡が送ると、二死後、中島がレフト前へ弾き返して、佐藤が2点目のホームイン。更に、5回には一死から佐藤,片岡,栗山の3連打で1点を追加すると、中島が歩いて満塁となった所で、またも中村がタイムリーを放ち、4点目。立ち上がりから、ソフトバンク打線に全く付け入る隙を許さない西武先発の涌井は8回まで2四球を許しただけのノーヒットピッチング。快挙の期待が懸かった9回、先頭の李にレフトオーバーの二塁打を浴び、ノーヒットノーランは逃した涌井だが、動揺する事なく後続3人を打ち取り、1安打完封で4勝目をマークした。西武は3連勝で単独首位に浮上した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:38コメント(0)トラックバック(10) 

April 16, 2010

4/16前田智◆C4−3D◆
中日先発・ウッチャンに対し、広島は初回、一死から梵がヒットで出ると、末永が先制タイムリー二塁打。更に、続く栗原が2号2ランを叩き込み、この回3点。しかし、このリードを先発・小松が守れない。直後の2回、連打で作ったピンチで野本にタイムリーを浴びると、4回にはヒットのブランコを一塁に置いて、ベンちゃんに川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに同点5号2ランを被弾。3−3の儘、迎えた土壇場9回、この回から代わった3番手・浅尾に対し、広島は一死から赤松がヒットで出ると、東出が四球,梵がヒットで繋いで、一死満塁のチャンス。3番・末永の打順となった所で満を持して求道者・前田が代打で登場するが、初球をファール,2球目を空振りであっと言う間に2−0と追い込まれてしまう。しかし、3球で決めに来た浅尾のフォークを見事に捉えた求道者・前田はセンター前に弾き返して、実に16年ぶりとなるサヨナラヒット。これで広島は横浜に並ぶ5位タイに浮上。4番手の高橋に出戻り2勝目がついた。クリーンアップを任せた打者に代打起用するくらい求道者・前田を信頼しているならば、今までももっと効果的な起用が出来たのではないかと思わずにはいられないが、単に下半身の不安からスタメン起用しづらいだけの話で、一旦打席に入ってしまえば誰よりも信頼がおける打者であると言う事をこの日の試合で首脳陣が再認識したならば、今後の起用法については大きな期待を持てる………かもしれない。

◆YB−T◆
降雨中止。

◆H9−1E◆
初回、併殺崩れの間に先制した楽天だが、2回、一死一、二塁のピンチで李のサードゴロを草野が後逸する同点タイムリーエラー。更に、二死後、山崎のセンター前への打球を今度は鉄平が弾き、二者生還を許して、2点のビハインド。続く3回には内野安打で出した本多が二盗を仕掛けると、嶋が悪送球を犯して、三進を許し、一死後、小久保のショートゴロの間に4点目を献上。再三バックに足を引っ張られ、落胆の色を隠せない先発・藤原は5回には山崎に被弾するなど2失点。更に、この期に及んでなおも続投を強いられた6回にも連打を浴び、計8失点KO。大量援護を貰って余裕たっぷりのソフトバンク先発・杉内は8回1失点の好投でハーラートップの4勝目をあげた。楽天は今季2度目の4連敗。

◆M−Bs◆
降雨中止。

◆L7−3F◆
日本ハムの先発は将来、ダルビッシュ有,運天ジョン・クレイトンとの3本柱結成が大いに期待されるダース・ローマシュ匡。よりにもよって、涌井と投げ合う事になる不安に見舞われた事で気負ったか、初回から3四球で二死満塁の大ピンチ。しかし、ここでG.G.佐藤をショートゴロに打ち取って切り抜けると、直後の2回、日本ハムは片岡のタイムリーエラーで先制点をゲット。2回のピンチもゲッツーで切り抜けたダースだが、続く3回、無死一、三塁のピンチで栗山のショートゴロの間に追い付かれると、中村,ブラウンと連続二塁打で2点を勝ち越され、無念のKO。西武は続く4回にも栗山,G.G.佐藤のタイムリーで3点を追加し、早くも試合を決定付け、今季初の4連勝。涌井は8回3失点で3勝目をマーク。期待の新星も打たれ、敗れた日本ハムは今季2度目の4連敗で早くも借金10となった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:56コメント(0)トラックバック(16) 

March 20, 2010

3/20小久保◆F3−5H◆
今季も絶対的エースとして5球団の前に立ちはだかるかと思われたダルビッシュをソフトバンク打線が見事に攻略。2回にエラー等で早々と2点を先制すると、3,5回には主砲・小久保が2打席連続タイムリー。9回には田上がダメ押し犠飛と、ヒットの出た4イニングに悉く得点をあげる効率のいい攻撃を展開。オープン戦最終登板で大量失点と不安を残した杉内は毎回の様に走者を出しながらも、6回3失点で踏ん張ると、7回からは摂津−ファルケンボーグ−馬原と繋ぐ必勝リレーが決まり、連覇を狙う日本ハムにいきなり土をつけた。なお、プロ入り早々、水島の呪いに苛まれた所為で2年も棒に振ったトンガが3年目にして7番レフトで初の開幕スタメン。2打数1安打(1四球)で、その1安打はプロ初となる2点タイムリーと、まずまずの結果を残した。

◆L2−1M◆
微妙〜なオリジナルキャラに開幕投手の座を奪われると言う水島の呪いをかけられた成瀬。それでも6回二死までノーヒットと意地の好投を見せていたが、7回に中島に同点弾,ブラウンに勝ち越し弾と2発のソロアーチで轟沈。僅か3安打完投と素晴らしい投球を見せながら、黒星スタートとなった。この好投・成瀬に投げ勝ったのは昨年の最多勝・涌井。8回を7安打4四死球と不本意な内容ではあったが、西岡のタイムリー二塁打による1点しか許さない粘りの投球で逆転劇を呼び込んだ。注目の両4番だが、案の定、水島ワールドでは存在を抹殺された韓国の至宝・金はいきなり4打席4三振の体たらく。1点を争う展開だっただけに、この不振は痛かった。一方、自打球で顔面骨折の中村は強行出場となったが、こちらも3タコと奮わず。

◆Bs1−0E◆
昨年の2位がフロックではなかったのか、ノムさんがいなくても上位をキープ出来るのか、真価が問われる今季の楽天。恨み骨髄のノムさんの5位予想に怒り心頭のブラウン新監督は「3本柱で開幕3連勝」と息巻いていたが、エース・岩隈が失点は大引のタイムリーのみと言う無四球完投の好投を展開したにも拘わらず、完封負けを食らって、広島時代から続いていた開幕戦不敗神話が崩壊。楽天打線を完璧に抑え込んだのは、昨年のチーム勝ち頭・金子。3番以降のスタメンはパーフェクトに封じ込め、二塁を踏ませたのも僅かに2度と言う素晴らしい投球で散発4安打無四球完封を飾った。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 20:56コメント(3)トラックバック(40) 

October 04, 2009

◆S1−5G◆
球団史上初の日本人2桁勝利投手ゼロの危機に瀕している巨人。ゴンザレスの最多勝争い援護の為、最終戦の内海の登板可能性が薄くなっている状況で、最後の望みを託された春風亭半ケツが先発登板。何とか春風亭半ケツを援護したい巨人は2回、二死から阿部が死球で出ると、左太腿痛で登録抹消された亀井に代わり、一軍昇格したばかりの小田嶋がライトスタンドへ移籍初アーチを叩き込み、2点を先制。5回には無死一、二塁から脇谷がセンター前へタイムリー。二死満塁と場面が変わった所でガッツ,寿司職人ラミレスと連続押し出し四球を選び、ヤクルト先発・村中をKO。その裏、ヤクルトは二死満塁から福地が押し出し四球を選んで、ようやく1点。なおも満塁の場面だったが、梶本はショートゴロに倒れて、三者残塁。以降、ヤクルトは僅か1安打と沈黙し、再び4位に逆戻り。今季の負け越しが決定した。春風亭半ケツは140球の力投で8回を1失点で切り抜けて、10勝目に届き、球団史上初の危機を救った。

◆T5−0D◆
ナイターを控えるヤクルトにプレッシャーを与える為にも勝っておきたい阪神は3回、中日先発・中田に対し、先頭の桜井がレフトスタンドへ12号ソロを放り込み、1点を先制。一方、中日は阪神先発・岩田に対し、1,2回と先頭打者を四球で出しながら、立て続けにゲッツーを食らうなど、粘りのない淡泊攻撃で川相不在の弊害を露呈し、ゼロ行進を続けるばかり。6回にも先頭の英智がヒットで出た後、小笠原の犠打で二塁へ進めたが、井端,荒木とあえなく凡退し、またも無得点。中日が拙攻を繰り返している隙に阪神は7回、二死満塁から平野,代打・葛城イクローの連続タイムリーで3点を追加。直後の8回、中日はこの回から代わったアッチソンに対し、谷繁,代打・野本の連打で一、二塁とするが、英智のライナーがファーストの守備範囲で、飛び出した野本が戻れずに最悪のゲッツー。続く代打・立浪も打ち取られ、結局、無得点。阪神はその裏、関本の3号ソロでダメを押すと、最後は先発要員のソニックが締めて、完封リレーを達成した。岩田は7回を2安打無失点と三塁も踏ませぬ好投で7勝目

◆YB7−3C◆
初回、横浜は一死から山崎,内川,村田と3連打を浴びせて、1点を先制。一気に三塁を狙った内川は憤死するも、続く吉村がレフトスタンドへ16号2ランを叩き込み、この回3点。3回までパーフェクトと沈黙していた広島は4回、二死走者なしから天谷,栗原,フィリップスのクリーンアップ3連打で1点を返し、なおも一、二塁のチャンスだったが、マクレーンが三振に倒れて、追加点ならず。突き放したい横浜は6回、二死三塁から武山のタイムリー内野安打で1点を追加すると、続く7回には内川のタイムリー,村田の25号2ランで3点を奪い、ダメ押し。広島は9回にマクレーンが17号2ランを放ったが、及ばなかった。横浜先発・吉見は6回1失点で3勝目。これで広島は今季のBクラスが確定し、昨季、残留条件を満たせなかったにも拘わらず、いけしゃあしゃあと指揮を執っていたブラウン監督の今季限りでの退任は決定的となった。開幕から二軍に身を潜め、ブラウン失脚に大きく貢献した求道者・前田の来季の完全復帰に大きな期待が寄せられている

10/4 田中◆F4−2H◆
V逸は確定したものの、2位浮上のチャンスは残っているソフトバンクは3回、ヒットの明石を川崎が送ると、二死後、本多がタイムリー二塁打を浴びせて、1点を先制。3回まで無失点の好投を展開していた先発・大隣は4回も簡単に二死を取ると、スレッジをピッチャーゴロに打ち取り、三者凡退…と思いきや、大隣は一塁へ痛恨の悪送球。これでリズムを崩したか、続く小谷野に痛打されると、恐怖の残塁量産マシンの名を欲しい儘にするあの男をむざむざ歩かせてしまい、満塁のピンチ。ここで鶴岡にも四球を与え、押し出しで同点を許すと、金子誠,田中と連続タイムリーで3点を勝ち越され、KO。3点を追うソフトバンクは7回、一死から川崎,松田の連打で二、三塁とすると、本多のピッチャーゴロの間に川崎がホームイン。なおも二死三塁の場面だったが、オーティズは三振に倒れて、1点止まり。最後は守護神・武田久の前に三者凡退に終わり、ゲームセット。日本ハムはこれでマジックを2つ減らし、リーグ制覇へ王手をかけた。先発の武田勝は6回2/3を2失点で9勝目

◆E2−6L◆
Bクラスが確定してしまったとは言え、意地を見せたい西武は初回、片岡のヒット,栗山の四球でいきなり無死一、二塁のチャンス。ここで中島はサードゴロゲッツーに倒れるも、続く中村がレフトスタンドへ46号2ランを叩き込み、2点を先制。西武先発・涌井は3回まで無失点に抑えていたが、4回、二死走者なしからリンデン,青波の長瀬と連打を浴びて、1点を献上。2回以降、一人の走者も出せずにいた西武だが、6回、先頭の栗山がレフト前に弾き返すと、中島がライトスタンドへ22号2ランを放ち、2点を追加。8回には中島の二塁打と連続四死球で一死満塁とした所で赤田がタイムリーを放ち、ダメ押しの2点を追加。涌井は今季11度目の完投でハーラーダービー単独トップに躍り出る16勝目をあげた。尚、この日、清水が今季限りで引退する意向である事を表明した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:01コメント(0)トラックバック(18) 

September 21, 2009

◆G5−3D◆
逆転Vへ望みを繋ぐ為にも何としても3タテしたい中日は2回、川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに李が3号ソロを叩き込み、先制。しかし、その裏、先発・山本昌が先頭の亀井に痛打されると、続く松田記者に9号逆転2ランを被弾。この後、山本昌は三者連続三振で後続を断ち切り、再び流れを引き戻すと、直後の3回、中日は2四球の後、犠打に内野ゴロとノーヒットで同点に。しかし、その裏、巨人は二死三塁から寿司職人ラミレスが29号2ランを叩き込み、再び勝ち越しに成功。更に、4回には松田記者が2打席連続となる10号ソロを放ち、5点目。3点を追う7回、先頭の平田が三塁打を放つと、一死後、代打・立浪がライトへ犠飛を打ち上げ、2点差。8回には2番手・山口を攻め、二死一、三塁のチャンスで先制アーチを含む2安打を放っている李に回したものの、李は三振に倒れて、二者残塁。最後はクルーンの前に3人で打ち取られ、ゲームセット。巨人は5連勝で、マジックは2つ減って3となった。先発の東野は7回3失点で8勝目

9/21 フィリップス◆C6−5S◆
初回、内野ゴロの間に先制を許した広島だが、その裏、一死二塁からフィリップスが左中間スタンドへ14号2ランを叩き込み、一気に逆転。3回には二死一塁からまたもやフィリップスがタイムリー二塁打を放ち、3点目。2点を追うヤクルトは6回、一死一、二塁のチャンスに畠山,田中と連続タイムリーを浴びせて追い付くと、相川の内野安打で満塁とした所で代打・デントナがタイムリーを浴びせて、2点を勝ち越し。広島先発・大竹はここでKOとなった。その裏、広島は二死から天谷がヒットで出ると、代打・石井タクローがタイムリー三塁打を放ち、1点差。4−5で迎えた土壇場9回、ヤクルトは守護神・林を投入し、逃げ切りを図るが、林はいきなり石井タクローを歩かせると、石原に犠打を許した後、代打・喜田にライト前に弾き返され、一、三塁のピンチ。ここでこの日4安打の東出を三振に取ると、続く赤松をキャッチャーファールフライに打ち取り、辛くも逃げ切りに成功…と思いきや、これを相川が痛恨の落球。打ち直しとなった赤松はしぶとく内野安打を放ち、この間に石井タクローが同点のホームイン。なおも一、二塁の場面でフィリップスが一、二塁間を破るタイムリーを放ち、劇的な逆転サヨナラ勝ち。これで広島は単独4位となり、3位阪神に0.5差と肉迫。5番手の永川に3勝目がついた。

◆YB8−1T◆
初回、新井のタイムリー二塁打で先制された横浜だが、その裏、金城が8号先頭打者アーチを叩き込み、あっさり同点。3回には二死走者なしから、藤田,内川の連打で勝ち越すと、更に、今季絶望視されながら、この日から戦線復帰を果たした村田がヒットで繋いだ後、メカゴジラ11号3ランを放ち、この回4点。続く4回には連打で一、三塁とした所でハマのチンピラが犠飛を打ち上げると、二死後、藤田がタイムリーを放ち、7点目。阪神は再三チャンスを作りながら、あと一本が出ず、12残塁の拙攻で惨敗。横浜先発・ハマのチンピラは完投で11勝目を飾った。尚、阪神2番手として登板し、1回2/3を無失点に抑えた桟原はまたも勝敗がつかず、清川(広島)を上回る115試合連続無敗の新記録を樹立した

◆H4−0M◆
ソフトバンクは初回、一死から川崎がヒットで出ると、二死後、二盗に成功。ここで小久保でセンター前へタイムリーを放ち、1点を先制。直後の2回、ロッテはベニー松山,南の連打で無死二、三塁としたものの、田中雅,早坂と凡退。西岡が歩いて満塁とするも、堀はサードゴロに倒れて、三者残塁。すると、その裏、ソフトバンクも一死満塁のチャンスを作ると、川崎が犠飛を打ち上げ、1点を追加。3回以降も毎回走者を出しながら、攻めあぐねていたが、7回、一死から川崎がライト前ヒットで出ると、オーティズが19号2ランを叩き込み、ダメ押しの2点を追加。8回からは攝津アッパーが残り2イニングを抑えて、完封リレーを達成。先発の大隣は7回無失点の好投で1ヶ月ぶりの7勝目。ロッテ先発・小林宏は完投するも打線の援護に恵まれず、逆ハーラーダービー単独トップに躍り出る13敗目。

◆F3−5L◆
西武先発・涌井の前に1,2回と3人ずつで倒れた日本ハムだが、3回、一死満塁のチャンスを掴むと、稲葉が走者一掃のタイムリー三塁打を放ち、一気に3点を先制。しかし、直後の4回、西武は後藤,佐藤のヒットで一死一、二塁とすると、銀仁朗,原と連続タイムリーを浴びせて、1点差。続く5回には先頭の栗山が12号ソロを叩き込み、試合は振り出しに。一死後、中村がヒットで出ると、後藤が倒れた後、G.G.佐藤が22号2ランを放り込み、勝ち越しに成功。リードを貰った涌井は6回以降、無難に抑え、完投でハーラートップタイに並ぶ15勝目をマークした

◆E9−2Bs◆
2回、偽バファローズは一死満塁から坂口のタイムリーで2点を先制。楽天は3回、一死三塁から高須がタイムリーを放ち、1点差。1−2の儘、迎えた6回、偽バファローズは二死満塁と絶好のチャンスを作るが、山崎浩はシヨートゴロに倒れて、三者残塁。ピンチを逃れた楽天はその裏、二死走者なしから、青波の長瀬が歩くと、中島がヒットで続いた所で、草野が同点タイムリー二塁打。なおも二、三塁の場面で宮出がセンター前へ弾き返して、2点を勝ち越し。更に、満塁とした所で後藤のタイムリーエラー,山崎武のタイムリーでこの回大量8点を奪い、試合を決定付けた。楽天先発・岩隈は制球に苦しみながらも、8回を2失点と粘りの投球で13勝目

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:08コメント(0)トラックバック(18) 

August 11, 2009

◆C1−3G◆
初回、巨人は坂本,松本と連打を浴びせると、ガッツのファーストゴロを処理した栗原が二塁へ悪送球。ボールが転々とする間に坂本が先制のホームイン。4回には寿司職人ラミレス,亀井の連打で一、三塁とすると、阿部のセカンドゴロ併殺崩れの間に寿司職人ラミレスが返って、2点目。6回にはエラーで出た寿司職人ラミレスが三塁へ進むと、古城にタイムリー二塁打が飛び出して、3点目。巨人先発・ゴンザレスの粘り強い投球の前に毎回塁上を賑わせながら、一向に得点が奪えない広島は7回、一死から石原が四球を選び、ようやくゴンザレスをKOするも、代わった山口の前に代打・マクレーンがセカンドゴロゲッツーに倒れる最悪の展開でまたも無得点。0−3の儘、迎えた土壇場9回、巨人は守護神・クルーンを投入し、逃げ切り体勢。代わりばな栗原を三振に斬って取ったクルーンだったが、続くフィリップスに二塁打を浴びると、二死後、代打・喜田にもタイムリー二塁打を浴び、1点を献上。更に、続く石原に内野安打,代打・石井タクローに四球を許して、満塁のピンチ。業を煮やした若大将・原監督はクルーンを下げて、越智を投入。越智は東出を三振に斬って取り、辛くも逃げ切りに成功。ゴンザレスは6回1/3を無失点でに来日初の10勝目をマーク。一方、広島先発・前田健は味方の拙守に足を引っ張られ、逆ハーラー単独トップに踊り出る11敗目を喫した。

◆T1−3D◆
中日は3回、一死から井端,荒木の連続二塁打で先制すると、続く森野もタイムリーを放ち、この回2点。4回には二死三塁からウッチャンがタイムリー内野安打を放ち、3点目。ウッチャンに対し、4度に渡って、得点圏に走者を進めながら、あと一本がどうしても出ない拙攻続きの阪神は7回、先頭の代打・浅井が三塁打を放つと、平野が犠飛を打ち上げ、ようやく1点。しかし、走者がいなくなってしまった事で勢いが止まってしまい、後続2人はあえなく凡退し、1点止まり。中日は8回から浅尾−岩瀬と繋ぐ必勝リレーを展開し、逃げ切り。ウッチャンは7回1失点で6勝目

カリメロ◆S5−4YB◆
横浜先発・はーちゅんは初回、簡単に二死を取りながら、青木に9号ソロを被弾し、先制点を献上。続く2回に三者三振斬りを見せ、立ち直ったかと思われたが、3回、先頭の川島慶に10号ソロを叩き込まれると、一死後、福地,田中と連打を浴びて、3点目を献上。一方、ヤクルト先発・石川は4回まで3人ずつで打ち取ってきたが、5回二死走者なしから吉村,石川,武山と3連打で1点を返されると、続く6回には二死二、三塁からメカゴジラに2点タイムリーを浴び、試合は振り出しに。ヤクルトは7回二死満塁,8回二死一、二塁,9回二死二、三塁と再三の勝ち越しチャンスを悉く逃し、延長に突入。横浜は10回、先頭の代打・下園が4号ソロを叩き込み、ついに勝ち越し。これで決まったかと思いきや、その裏、ヤクルトは死球で出た青木が二盗を決めると、デントナにタイムリーが飛び出し、またも同点。続く11回には川島慶,代打・川本と連打を浴びせると、福地が敬遠されて、無死満塁。田中はファーストライナーに倒れるも、ここで代わったカリメロから青木がライト前へ弾き返して、サヨナラ勝ちを収めた。5番手の李は来日初勝利。

◆E6−0H◆
4ヶ月ぶりの先発登板となる高橋秀に対し、楽天は初回、ヒットのリンデンが内野ゴロの間に二進すると、鉄平がセンター前へ先制タイムリー。5回にはヒットの中村真を内村が送った所で嶋がタイムリー二塁打を放ち、1点を追加。続く6回には先頭の渡辺直が内野安打で出ると、二死後、青波の長瀬が9号2ランを放ち、4点目。続く7回にも連続四球で貰ったチャンスにまたも鉄平がタイムリーを放ち、ダメ押しの2点を追加。8回からは川岸が残り2回をきっちり抑えて、完封リレーを達成。先発・岩隈は毎回走者を許しながらも、要所を締める粘りの投球で9勝目をあげた。

◆F4−3Bs◆
0−0で迎えた5回、日本ハムはスレッジの四球,糸井の内野安打で一死一、三塁とすると、鶴岡が均衡を破る先制スクイズ。続く6回にはヒットの田中を紺田が送ると、二死後、高橋がタイムリーを浴びせて、2点目。4回まで毎回安打を浴びせながら、チャンスを生かせないでいるうちに、日本ハム先発・八木に立ち直る隙を与えてしまい、5,6,7回と3人ずつ打ち取られていた偽バファローズだが、8回、先頭のフェニックス一輝がレフトスタンドへ3号ソロを叩き込み、ようやく1点。土壇場9回には守護神・武田久に対し、先頭の代打・小瀬がヒットで出ると、一死後、ローズが13号2ランをぶち込んで、一気に逆転。しかし、その裏、前の試合で小松を完投させようとして失敗したばかりだと言うのに、大石監督は懲りていないのか、またも守護神・加藤を使わず、先発・岸田を完投させようとした挙げ句、二死から小谷野に7号ソロを浴びて、延長に持ち込まれる始末。こうなると流れは日本ハム。10回の二死満塁のチャンスは「恐怖の残塁量産マシン」の名を欲しいままにするあの男が三振に倒れ、怒濤のチャンスブレイカーぶりを遺憾なく発揮したが、12回、一死から代打・佐藤がカブレラのエラーで二塁を陥れると、田中がライト前へタイムリーを放ち、サヨナラ勝ち。6番手の林に無傷の3勝目がついた。

8/11 涌井◆M0−1L◆
西武先発・涌井は初回、いきなり三者三振の快投を見せると、2回には先頭の大松に痛打された後、またも三者連続三振。怒濤の三振ショーを展開する涌井を何とか援護したい西武は3回、一死から栗山がライトスタンドへ9号ソロを放り込み、1点を先制。涌井は飛ばし過ぎたのか、3回からは打たせて取る投球へと一変。のらりくらりとロッテ打線をかわしてきたが、7回、里崎,フクーラにヒット,西岡に四球を許して、二死満塁と一打逆転の大ピンチ。しかし、ここで竹原をセカンドゴロに仕留めて、ピンチ脱出。峠を越えた涌井は8,9回と3人ずつで斬って取り、自己最多の13三振を奪っての今季3度目の完封でハーラートップタイの13勝目を飾った。ロッテ先発・小林宏は1失点完投ながら、打線の援護に恵まれず、10敗目。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:20コメント(0)トラックバック(20) 

July 21, 2009

◆YB2−4G◆(6回降雨コールド)
巨人は初回、寿司職人ラミレス,亀井,松田記者の3連続タイムリーでいきなり4点を先制。その裏、メカゴジラのタイムリーで1点を返した横浜だが、2回二死満塁,3回二死一、二塁のチャンスをモノに出来ない。しかし、6回、一死一、二塁のチャンスを作り、春風亭半ケツをKO。代わった越智から、二死満塁とした所で亀井のエラーで2点差と詰め寄るが、藤田が凡退し、三者残塁。7回に入った所で雨が強くなり、その儘、コールドゲームが成立。巨人が勝ち逃げで連敗を阻止。5回1/3を2失点の春風亭半ケツは5勝目をマークした。

◆D7−4C◆
偽ハンカチ王子・斉藤,小笠原の両先発がいずれも5回まで無失点の好投を展開。均衡が破れたのは6回。東出,フィリップスの連続二塁打で先制した広島は更に、栗原が歩いた後、マクレーンに10号3ランが飛び出し、この回4点。しかし、その裏、中日は井端,荒木の連打の後、森野が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに13号3ランを叩き込むと、続くブランコにも川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに28号ソロが飛び出し、一気に同点。更に、2四球で貰ったチャンスに代打・立浪が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、2点を勝ち越し。7回にも森野のタイムリーでダメを押した中日は8回から浅尾−岩瀬と繋ぐ必勝リレーで逃げ切り、対広島10連勝。2番手の寝損に来日初勝利がついた

◆T−S◆
降雨中止。

◆H6−4E◆
初回、ソフトバンクは二死一、二塁からハマのスペランカーに11号先制3ランが飛び出すと、3回には松中が16号ソロを放り込み、4点のリード。4回に1点を返されるが、5回、3四球で二死満塁とした所で長谷川がセンター前へタイムリーを放ち、2点を追加。楽天は8回に山崎武が20号2ランを叩き込無と、9回には守護神・馬原を攻め立て、二死一、二塁から宮出のタイムリーで4点目。なおも一、二塁と長打が出れば同点と言うチャンスだったが、最後は鉄平がセカンドゴロに倒れて、万事休す。馬原は球団新記録となる通算118セーブ目。先発の藤岡は7回2/3を3失点で4勝目をマークした。

◆F7−3M◆
2回に竹原のタイムリーで先制された日本ハムは4回、一死一、三塁から金子誠のタイムリーで追い付くと、更に、二死満塁となった所で稲葉にタイムリーが飛び出し、2点を勝ち越し。ロッテは6回に大松の12号ソロ,7回にはバーナムJr.のタイムリー二塁打で同点とするが、その裏、日本ハムは無死一、二塁からスレッジの走者一掃タイムリー二塁打で再び2点を勝ち越し。更に、二死後、金子誠もタイムリーを放ち、この回3点。8回にも内野ゴロの間に1点を追加し、試合を決定付けた。先発のスーパーさぶ・多田野は7回を投げ3失点、10三振を奪う力投で4勝目。これで日本ハムは4連勝となり、前半戦首位ターンが確定した。

7/21 涌井◆L4−2Bs◆
西武先発・涌井に対し、偽バファローズは初回、一死から連続四死球で一、二塁とすると、カブレラのタイムリー二塁打で先制。続く2回には一死から小瀬が二塁打を浴びせると、前田のタイムリーで2点目のホームイン。前回の登板でようやく今季初勝利を果たし、WBC干され症候群からの完全脱却が期待された偽バファローズ先発・小松だが、その裏、G.G.佐藤に14号ソロを被弾。3,4回と走者を出しながらも、踏ん張っていたが、5回、一死二、三塁のピンチで中島に逆転2点タイムリーを浴びると、続く中村にもタイムリーを浴び、4失点KO。西武は8回から登板の2番手・岩崎が三者三振の快投を見せると、最後は小野寺が締め括った。涌井は7回2失点でハーラー単独トップに立つ12勝目

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:50コメント(0)トラックバック(9) 

July 15, 2009

◆S13−7G◆
不振の青木をスタメンから外す荒療治に出たヤクルト打線が序盤から大爆発。まず初回に福地の4号2ランで先制すると、続く2回には飯原のタイムリー二塁打で1点を追加。更に、3回には3安打で1点を加え、巨人先発・春風亭半ケツをKOすると、代わった野間口から相川,川島慶と連続タイムリーを浴びせて、この回3点。4回には5長短打を集めて、一挙5点を追加。大量点差で緊張感が薄れてしまったのか、先発・館山は5回に松本にタイムリー,ガッツに20号3ランを叩き込まれて、この回限りで降板となるが、その裏、ヤクルトはデントナのタイムリーで再び突き放し、早くも先発全員安打を達成。巨人は8回にガッツのこの日2本目となる21号2ランが飛び出したものの、序盤の失点が大きく響き、連勝は5でストップ。ヤクルトは20安打13得点の猛攻で連敗を3で止めた。館山は5回5失点KOながらも、打線の援護に恵まれ、リーグ10勝一番乗り。

◆T1−6D◆
中日は2回、二死から藤井,小池と連打を浴びせると、谷繁が歩いて満塁。ここで投手の小笠原が川相不在の野手陣がアテにならないとあっては自分が決めるしかないとばかりにセンター前へ先制2点タイムリー。4回には先頭のベンちゃんが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに20号ソロを叩き込み、1点を追加。3点を追う阪神は5回、一死から新井,鳥谷の連打で一、三塁とすると、二死後、福原の代打・高橋光がセンター前へタイムリー。続く6回には二死一、二塁のチャンスを作り、小笠原をKOするが、代わった河原の前に新井が倒れて、二者残塁。直後の7回、中日は川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに英智が今季初アーチを放ち、4点目。更に、この後、連打と四球で満塁とするが、ブランコ,ベンちゃんと倒れて、三者残塁。しかし、続く8回、またも英智にタイムリーが飛び出すと、9回には森野が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに11号ソロを叩き込み、ダメ押し。最後は寝損が3人で締めて、逃げ切った。小笠原は6回途中KOながらも4勝目がついた。

◆C1−6YB◆
広島先発・偽ハンカチ王子・斉藤に対し、横浜は初回、先頭の吉村が四球を選ぶと、二死後、主砲・村田がレフトスタンドへ18号2ランを叩き込み、2点を先制。4回にはメカゴジラ,金城と連打を浴びせると、二死後、3年間盗塁のなかったメカゴジラが何とホームスチールを決めて、3点目をゲット。7回には二死一、二塁から代打・ジョンソンがライトスタンドへ12号3ランをぶち込んで、ダメ押しの6点目。広島は9回に内野ゴロの間に1点を返し、完封を免れるのが精一杯で5連敗。横浜先発のはーちゅんは今季初完投で2勝目を飾った

◆H1−9F◆
これ以上、首位に離される訳にいかない日本ハムは2回、先頭の高橋が死球を食らうと、続くスレッジのタイムリー二塁打で先制のホームイン。更に、一死後、ミスタースナイパー・坪井にもタイムリーが飛び出し、この回、2点。その裏、松中の14号ソロで1点を返されるが、直後の3回、併殺崩れの間に1点を加え、再び2点差。更に、5回にはエラーで貰ったチャンスに稲葉がタイムリーを浴びせて、4点目。8回にも小谷野のタイムリーで1点を追加した日本ハムは9回には稲葉の12号3ラン等で4点を加え、試合を決定付けた。先発のダルビッシュは4回以降僅かに1安打と付け入る隙を許さない投球を展開し、1失点完投でハーラートップタイの11勝目をあげた。

◆L5−0E◆
涌井,井坂の両先発がまずまずの立ち上がりを見せ、0−0の儘、中盤へ突入。迎えた4回、西武は先頭の栗山が三塁打。中島,中村と倒れたものの、礒?がタイムリー二塁打を放ち、1点を先制。続く4回には一死満塁から栗山のタイムリーで1点を追加。7回には一死三塁から銀仁朗が犠飛を打ち上げると、8回には二死一、二塁からG.G.佐藤が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、ダメ押しの2点を追加。涌井は12三振を奪う力投を見せて、今季2度目の完封でハーラートップタイの11勝目をマークした

7/15 小松◆Bs3−2M◆
WBC干され症候群から一向に立ち直れず、1ヶ月半もファームに落ちていた小松に対し、初回、2四球にエラーとノーヒットで無死満塁のチャンスを掴んだロッテは大松のタイムリーで先制。なおも無死満塁のチャンスは続いたが、サブローは三振に倒れると、里崎はサードゴロゲッツーに倒れる最悪の展開で1点止まり。1点を追う偽バファローズは2回、一死から北川がヒットで出ると、続く大村が同点タイムリー二塁打。しかし、この後、フェニックス一輝,下山と連続三振に倒れて、勝ち越しならず。3回にも一死二、三塁のチャンスを作るが、フェルナンデス,カブレラの両助っ人が倒れて、二者残塁。すると、直後の4回、ロッテは先頭のサブローが三塁打。二死一、三塁と場面が変わった所で今江がタイムリーを放ち、勝ち越しに成功。ロッテ先発・成瀬を攻めあぐねていた偽バファローズだが、8回から伊藤にスイッチするや、大村のタイムリー二塁打ですかさず同点。更に、代わった荻野からフェニックス一輝がヒットで続き、チャンスを広げると、二死と、鈴木にタイムリー内野安打が飛び出し、勝ち越し偽バファローズ以降。9回も続投となった小松は一死から里崎に二塁打を浴びたものの、後続を断ち切り、今季初完投。8度目の先発にしてようやく初勝利を手にした

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:22コメント(0)トラックバック(21) 

July 09, 2009

◆G2−0YB◆
育成選手としては史上初の先発勝利を手にし、勢い付くオビスポは4回まで1安打無失点の好投を展開。横浜先発・はーちゅんの前に沈黙していた巨人打線だったが、4回、一死からガッツが19号ソロを叩き込み、ついに均衡を破る先制点をゲット。続く5回には二死満塁のチャンスを作るが、松本はピッチャーゴロに倒れて、三者残塁。6回にも二死一、三塁とするも、李がショートフライを打ち上げて、またも追加点ならず。しかし、7回、先頭の脇谷が2号ソロを放り込み、貴重な2点目を追加。8回途中から山口を挟み、9回からは越智を投入し、逃げ切りを図るが、昨日もリリーフに失敗した越智がこの日もピリッとせず、二死満塁と一打同点の大ピンチ。しかし、代打・呉本を三振に斬って取り、辛くも完封リレーを達成。7回1/3を無失点で切り抜けたオビスポは2連勝となった。

◆S8−2D◆
中日先発・あちゃくらさんに対し、ヤクルトは初回、四球の青木を田中が送ると、福地,デントナと連打を浴びせて、先制。更に、二死後、宮本がタイムリー二塁打を放ち、この回2点。4回にブランコのタイムリー二塁打で1点を返されるが、5回、ガイエルが13号2ランを叩き込み、3点差。中日は6回、川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに森野が10号ソロを放ち、追い上げるが、その裏、田中に3号ソロを浴び、再び点差は3点に拡大。更に、振り逃げと連続四球で満塁とした所で宮本の犠飛,相川のタイムリー二塁打でこの回一挙4点。不敗神話崩壊後、神通力が消えかけていた館山は2失点無四球完投でハーラー単独トップの9勝目を飾った。打線に粘りがない為、先発投手が崩壊するとジ・エンドな体質を改善するべく名手・川相の一刻も早い現役復帰が待たれる所だ

◆Bs2−15H◆
ソフトバンクは初回、四球,野選,四球とノーヒットで満塁とすると、松中のタイムリーで2点を先制。更に、一死後、ハマのスペランカーがタイムリーを放つと、長谷川が歩いた後、松田,田上と連続タイムリーが飛び出し、この回、大量6点を獲得。その裏、フェルナンデスの8号ソロで1点を返される賀、2回に野選で1点を加えると、3回には松田が5号ソロ,4回にはハマのスペランカーが9号2ランと一発攻勢で10点目。終盤にも5点を加えて、計18安打15点。先発のジャマーノは大量援護に気を緩ませる事なく、8回2失点の好投を見せ、開幕4連勝

7/9 福盛◆E8−3M◆
泥沼の連敗ロードが止まらない楽天はこの日も大苦戦。4回まで立て続けに得点圏に走者を背負うも、ここまで7残塁と言うロッテの拙攻に救われ、先制点は与えない。しかし、肝心の打線も2,5回と2度の満塁のチャンスを逃すなど、渡辺俊を捉えきれない。しかし、6回、二死からリンデンがヒットで出ると、中村紀がタイムリー二塁打を放ち、待望の先制点をゲット。続く7回にはヒットとエラーで作ったチャンスに鉄平が走者一掃のタイムリー三塁打を放ち、渡辺俊をKOすると、代わった内から山崎武が16号2ランを叩き込み、この回4点。8回にも鉄平の3点三塁打が飛び出して、ダメ押し。ロッテは9回に3点をあげ、完封を免れたものの、連勝は3でストップ。楽天は連敗をようやく8で止め、7月に入って初勝利。先発の川井は6回途中まで無失点と好投しながら、援護を貰えなかったが、亡命先から帰ってきた福盛が2回無失点で復帰初白星

◆L8−2F◆
2回に金子誠のタイムリーで先制された西武だが、その裏、一死からG.G.佐藤,佐藤,後藤の3連打で追い付くと、続く3回、一死三塁から中島が勝ち越しタイムリー。4回には一死から水田,銀仁朗,片岡,栗山と4連打を浴びせて、3点を追加。日本ハム先発・武田勝はここでKOとなった。4点を追う日本ハムは6回、先頭の高橋が三塁打を放つと、内野ゴロの間に生還し、2点目。しかし、その裏、西武は中村の29号ソロで突き放すと、7回には片岡がこの日4安打目となるタイムリー二塁打。8回にはG.G.佐藤の12号ソロでダメ押し。先発の涌井は8回を投げ、11三振を奪う力投でハーラートップタイに並ぶ10勝目をあげた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:38コメント(0)トラックバック(15) 

July 03, 2009

◆D3−4G◆
優勝戦線へ食い込む為には何としても3タテしたい中日だが、名手・川相の今季中の現役復帰が消滅と言う絶望的な事態に動揺を隠せない先発・ウッチャンは初回、二死満塁から松田記者に走者一掃のタイムリー二塁打を浴び、いきなりの3失点。一方、中日は巨人先発・ゴンザレスに対し、1,4回とゲッツーでチャンスを潰すなど、相変わらず、詰めの甘い攻撃でゼロ行進を続けていたが、5回、先頭のベンちゃんが二塁打で出ると、2つのセカンドゴロの間に生還し、ようやく1点。続く6回には二死三塁からブランコが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに23号2ランをぶち込んで、ついに同点。追い付かれた巨人は8回、3番手・小林正から先頭のガッツがライトスタンドへ17号ソロを放り込み、勝ち越し。その裏から越智−山口が3人ずつで片付け、1点差を守りきった。ゴンザレスは7回3失点でハーラートップタイとなる8勝目。中日はまたも一発依存症,タイムリー欠乏症を露呈。リリーフ陣にも疲れが見え始めており、名手・川相の一刻も早い現役復帰が待たれる所だ

◆YB1−8C◆
4月22日以来の登板となるはーちゅんに対し、広島は初回、一死二塁から謎の新助っ人・フィリップスがセンター前へ先制タイムリー。5回には四球の石原を大竹が送った所で末永がタイムリーを放ち、1点を追加。続く6回には二死走者なしからマクレーンがレフトスタンドへ4号ソロを放り込み、3点目。7回にまたも末永がタイムリーを放つと、8回には石井タクローのタイムリー二塁打等で一気に4点を奪い、試合を決定付けた。確変が終わってから不本意な内容が続いていた大竹だったが、この日は7回を3安打1失点と好投し、5月31日以来となる6勝目を飾った。

◆T7−2S◆
ヤクルト先発・館山は破竹の連勝がストップし、神通力が切れてしまったのか、2回、ブラゼルに7号先制2ランを被弾すると、葛城イクロー,鳥谷の連続二塁打,デントナのタイムリーエラーで大量4失点。4回にも平野にタイムリー二塁打を浴び、無念の5失点KO。阪神は5回にも鳥谷のタイムリーで1点を追加。ヤクルトは6回に八王子Bのタイムリー二塁打でようやく1点を返すが、阪神は7回にまたもブラゼルがタイムリーを浴びせて、ダメ押し。先発の安藤は8回を2失点に抑え、6勝目。ヤクルトは投打に精彩を欠き、4連敗となった。

7/3 田中◆E2−11L◆
楽天は2回、西武先発・涌井に対し、憲史のタイムリー二塁打で先制。更に、中村真のヒット,渡辺直の四球で満塁とチャンスを広げるも、嶋がゲッツーを食らう最悪の展開で1点止まり。一方、西武は楽天先発・田中に対し、3回二死満塁のチャンスを逃すなど、5回まで毎回安打を放ちながら、一向に得点を奪えない拙攻続き。そうこうしているうちに楽天は5回、一死から渡辺直,嶋の連打で一、三塁とすると、平石の打席で嶋が意図的に一、二塁間に挟まれている隙に渡辺直が本塁を陥れ、2点目を追加。尻上がりに調子を上げ、完封も見えてきた田中だったが、8回一死から中島に痛打されると、続く中村に26号2ランをぶち込まれ、同点。更に、勢いづく西武は礒のヒットの後、G.G.佐藤のタイムリー,代打・佐藤のタイムリー内野安打で2点を勝ち越し。9回には2番手・青山から8長短打を集中し、一挙7点のビッグイニングでダメ押し。涌井は2失点完投で9勝目をマークした。

◆M2−6Bs◆
2回に大村,日高の連続二塁打で先制されたロッテだが、3回、一死二塁から堀の2号2ランで逆転に成功。しかし、直後の4回、偽バファローズはロッテ内野陣の連続エラーで満塁のチャンスを貰うと、小瀬の犠飛,山崎浩のタイムリーで再逆転。この後も5回にフェルナンデスが7号ソロ,6回には坂口がタイムリー,7回には北川がタイムリー二塁打と着々と加点。その裏から、大久保−菊地原と繋いで、最後は守護神・加藤が3人で締め括った。先発の山本は6回で9安打を浴びながらも、2点で食い止める粘りの投球で5勝目をマークした。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:49コメント(0)トラックバック(14) 

June 26, 2009

◆G7−2S◆
開幕8連勝中の館山に対し、巨人は2回二死一、二塁から投手のゴンザレスが先制タイムリーを浴びせると、続く坂本もタイムリーを放ち、2点目。自ら先制点を叩き出したゴンザレスだったが、直後の3回、二死走者なしから武内,田中,青木と3連打を浴びて、1点を献上。一気に追い付きたいヤクルトだったが、ここで4番・デントナがセカンドフライを打ち上げて、1点止まり。巨人は4回、一死二塁から4連打を浴びせて、2点を加えると、5回には李が13号ソロを叩き込み、5点目。何とか館山の黒星を消しておきたいヤクルトは6回、二死一、三塁のチャンスに宮本がタイムリーを放ち、ゴンザレスをKO。なおも一発が出れば同点と言うチャンスだったが、2番手・豊田の前に相川が三振に倒れて、二者残塁。明らかに調子が上がっていないと言うのに、次の回に打席が回るからと続投を強いられた館山はその裏、ガッツに16号2ランを被弾し、悪夢の7失点KO。巨人は5点も差があると言うのに、山口,越智を無駄遣いしてまで勝ちに行き、首位攻防第1ラウンドを制した。ゴンザレスは6回途中2失点で7勝目。昨年から続いていた館山の連勝はついに14でストップした。

◆C2−3D◆
広島先発・ルイスに対し、中日は2回、ブランコが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにリーグ一番乗りとなる20号ソロを叩き込み、先制。しかし、同リーグ同士の対決に戻っても、タイムリー欠乏症は治っておらず、一向に追加点をあげる気配すら作れない。相変わらず、好投の投手を見殺しにする気満々の味方打線に辟易としながらも、5回まで2安打と力投していたあちゃくらさんだったが、6回、投手のルイスに痛恨の一発を浴び、同点とされてしまう。更に、続く7回には先頭の栗原に8号ソロを被弾し、勝ち越し点を献上すると、一死満塁のピンチを作って、失意のKO。しかし、この後、小林正,河原がそれぞれワンポイントをこなして、このピンチを辛くも脱出。広島は横山−シュルツと繋いで、9回からは永川にバトンを渡す必勝リレーで逃げ切りを図ったが、これに対して、中日は先頭の荒木が四球を選ぶと、森野が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに8号2ランをぶち込んで、一気に逆転に成功。その裏、守護神・岩瀬が先頭打者を出しながら、後続を断ち、逃げ切った。4番手の浅尾がタナボタの5勝目。辛くも逆転勝ちを収めた中日だが、極度の一発依存症,タイムリー欠乏症は一向に好転の気配がなく、またも先発投手を見殺しにしてしまったとあって、重苦しい空気が漂うばかり。この絶望的な状況を打破する為にも一刻も早い名手・川相の現役復帰が待たれる所だ

◆T9−4YB◆
5,6位と低迷する両球団の対決は序盤から打ち合い。初回に横浜が3連打で先制すれば、その裏、阪神がブラゼルの2点タイムリーで逆転し、2回にも狩野のタイムリーで1点を追加。しかし、横浜は3回にメカゴジラのタイムリー二塁打等で一気に同点。追い付かれた阪神は4回に狩野の3号ソロ,新井の犠飛で2点を勝ち越し。その後も5回に葛城イクローがタイムリー,6回にはブラゼル,鳥谷がタイムリーを放つなど、着々と加点。阪神は6回から登板の江草が6者連続三振の好リリーフで横浜の反撃意欲を断ち切ると、アッチソン−渡辺と繋いで、逃げ切った。先発・安藤は5回3失点で5勝目をマーク

◆L10−4H◆
交流戦連覇を成し遂げ、パ・リーグ首位タイに浮上したソフトバンク。しかし、中休みで勢いが止まってしまったのか、西武先発・涌井の前に4回までノーヒット。ソフトバンク先発・藤岡も3回まで1安打無失点と踏ん張っていたが、4回、一死満塁のピンチを迎えると、礒?に左中間突破のタイムリー二塁打を浴び、一気に3点を献上。更に、二死後、大崎にもタイムリーを浴び、この回4失点。続く5回には栗山のタイムリーで5点目を失い、無念のKO。西武は更に、この後、G.G.佐藤,大崎の連続タイムリー二塁打で4点を追加し、試合を決定付けた。ソフトバンクは9回に5連打で3点を返す粘りを見せたが、最後は森本がゲッツーに倒れ、首位陥落。西武の連敗を5で止めた先発・涌井は8回1失点の好投で8勝目

6/26 ダルビッシュ◆M0−2F◆
パ・リーグ相手に未だに白星のないロッテ先発・小林宏は初回、一死から劇団ひちょりにレフトスタンドへ今季初アーチを放り込まれて、先制点を献上。2回以降は安定した投球を見せ、6回には三者三振の快投を展開。しかし、7回、先頭の小谷野に二塁打を浴びると、二死三塁となった所で金子誠にタイムリーを浴び、痛恨の2点目を献上。日本ハムは続く8回には稲葉のタイムリー,スレッジの10号2ランでダメ押しの3点を追加。日本ハム先発・ダルビッシュは7回まで四球2つを許しただけでノーヒットノーランの期待が懸かったが、8回、先頭のサブローにライト前へ弾き返され、快挙達成ならず。続く橋本将にも痛打されたものの、ベニー松山,里崎と連続三振に斬って取ると、今江をショートゴロに打ち取り、ピンチ脱出。ノーヒットノーランが消えたとは言え、余裕の完封ペースのダルビッシュだったが、この回限りでお役御免となり、9回からは宮西−江尻と繋いで、完封リレーを達成。ダルビッシュは8回2安打無失点の快投で12球団一番乗りとなる10勝目。ソフトバンクが敗れた事で日本ハムは単独首位となった。

◆Bs3−1E◆
初回、楽天は四球の渡辺直を平石が送った所で中村真が先制タイムリー。更に、草野がヒットで続いたが、山崎武,鉄平と倒れて、1点止まり。2回以降は立ち直った金子の前に完全に沈黙し、スミ1状態。楽天先発・田中は5回まで2安打無失点と最少リードを守ってきたが、6回、一死二塁からフェルナンデスに同点タイムリーを許すと、続くラロッカに11号2ランをぶち込まれ、勝ち越し点を献上。土壇場9回、楽天は二死一、二塁と久々のチャンスを掴んだが、最後は鉄平がファーストゴロに打ち取られ、万事休す。田中は完投虚しく2敗目。一方、金子は今季2度目の完投で8勝目を飾った。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:59コメント(0)トラックバック(26) 

June 03, 2009

◆M1−1G◆
昨日、スコアレスドローを演じたこのカードはこの日もグライシンガー,清水の両先発の好投で一向に得点が入らない。昨日から34個続けてスコアボードにゼロを重ねて迎えた6回、巨人は亀井の4号ソロでついに1点を先制。1点を追うロッテは7回、阿部のエラー,大松の四球とノーヒットで掴んだ二死一、二塁のチャンスに里崎のタイムリーで24イニングぶりの得点をあげ、同点。巨人は球団史上初の4戦連続延長に持ち込まれた。巨人は10回、先頭の鈴木が二塁打を放つも、坂本,松本と連続三振。ガッツが敬遠された後、寿司職人ラミレスはセンターフライに倒れて、勝ち越しならず。ラストイニングとなった12回、ロッテは二死走者なしから里崎の四球,今江のヒットで一打サヨナラのチャンス。しかし、途中出場の塀内が三振に倒れて、昨日に続いての引き分けに終わった。

◆Bs10−14D◆
川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに森野が7号2ランを叩き込むなど、初回から3点を先制した中日だが、先発・小笠原が乱調でその裏、1点を返されると、2回にはフェニックス一輝に2点二塁打を浴び、あっさり同点。追い付かれた中日は3回、川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにベンちゃんが15号2ランを叩き込むなど、一気に4点を勝ち越すが、その裏、一死満塁のピンチを迎えると、坂口にタイムリーを浴びた所で小笠原はKO。代わった中里も二死後、フェニックス一輝に走者一掃のタイムリー二塁打を許して、またも追い付かれてしまう。中日は5回、4四死球を貰うなど偽バファローズリリーフ陣の乱調に付け込み、3点を勝ち越すが、一向にピリッとしない中里がその裏、あっさり3点を返される始末。10−10で迎えた8回、中日はエラーで貰ったチャンスに谷繁のタイムリーで四たび勝ち越し。9回には5長短打でダメ押しの3点を追加し、両軍合わせて35安打24得点の乱打戦に終止符を打った。

◆H3−0YB◆
ソフトバンクは初回、ウォーランドの制球難に付け込み、一死満塁とすると、小久保のショートゴロの間に先制。更に、ハマのスペランカーもタイムリー内野安打で続き、2点目をあげると、続く2回には先頭の田上が7号ソロを叩き込み、3点目。先発・藤岡は6回まで2安打無失点の好投見せると、7回からは攝津アッパー−ファルケンボーグを挟んで、守護神・馬原に繋ぐ必勝リレーを展開。馬原は3人の打者を悉く内野ゴロに仕留めて、横浜の追撃を断ち切り、完封リレーを達成。藤岡は2年ぶりの白星(先発としてはプロ初)を手にした

◆F7−2C
好調の広島はこの日も3回に東出のタイムリーで1点を先制。3回まで6三振を奪うなど素晴らしい立ち上がりを見せていた先発・ルイスだが、4回一死から高橋,糸井と連打を浴びると、小谷野に犠飛を打ち上げられて、同点。広島は6回、一死満塁から嶋の犠飛で勝ち越すも、その裏、日本ハムは糸井のタイムリーで再び同点。2−2で迎えた8回、ブラウン監督はこの回からルイスを引っ込め、横山にスイッチするが、これが裏目。日本ハムは先頭の田中が四球を選ぶと、劇団ひちょりがタイムリー二塁打を放ち、勝ち越し。稲葉もヒットで続き、横山をKOすると、3番手・梅津から高橋がタイムリー内野安打。更に、糸井が5号3ランをぶち込んで、この回、一挙5点のビッグイニングを形成。これで試合を決定付けられた広島は9回は簡単に三者凡退に終わり、破竹の連勝は7でストップした。

6/3 田中◆E2−3T◆
阪神先発・安藤に対し、1,2回と先頭打者を出しながら、後が続かなかった楽天だが、渡辺直の二塁打で三たび先頭打者を出した3回、小坂が送った所で草野が犠飛を打ち上げ、先制。楽天先発・田中は5回二死までパーフェクトに抑えるなど、7回まで僅かに1安打の好投を展開していたが、8回、先頭の悠久の若虎・桧山に三塁打を浴びると、続く葛城イクローにライト前へ弾き返され、ついに同点。勢い付く阪神は続く狩野もタイムリー三塁打を放ち、勝ち越すと、更に、平野もタイムリーで続き、田中をKO。土壇場9回、守護神・藤川を投入し、逃げ切りを図る阪神だが、依然として調子が上がって来ない藤川はいきなり鉄平,中村真と連打を浴びると、中村紀を敬遠して、無死満塁の大ピンチ。代打・憲史をセカンドライナーに仕留めるも、続く中島に犠飛を打ち上げられて、1点差。なおも長打が出ればサヨナラのピンチは続いたが、最後は渡辺直をショートゴロに抑えて、辛くも逃げ切りに成功。安藤は7回1失点の好投で4勝目。田中は今季初黒星を喫し、開幕からの連勝が7でストップした

◆L8−1S◆
1ヶ月ぶりの先発となった木田画伯は2回まで無失点に抑えていたが、3回、栗山の犠飛で先制を許すと、続く4回には二死走者なしから3人の走者を許して満塁となった所でボカチカに12号グランドスラムを被弾し、この回限りでKO。西武は5回には栗山が5号ソロ,6回には片岡のタイムリー二塁打で着々と加点。8回には銀仁朗の犠飛でダメ押しの8点目。ヤクルトは9回に内野ゴロの間に1点を返して、完封を逃れるのが精一杯だった。西武先発・涌井は5安打1失点完投で6勝目

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:44コメント(0)トラックバック(27) 

April 24, 2009

◆G2−3D◆
ナゴヤドームで7年ぶりの3タテを食らった借りを返したい中日だが、ゴーグルで照明を反射させて打者の目を眩ませる姑息で卑劣な投手に貶められると言う水島の呪いに苛まれ続けている先発・山井が寿司職人ラミレスにタイムリー内野安打を浴び、初回から先制点を献上。山井は7回までその内野安打1本に抑える快投を展開するが、味方打線は相変わらず、川相不在が故のタイムリー欠乏症により、スコアボードにゼロを重ねるばかり。しかし、8回、あまりの拙攻三昧に最早、川相不在では一発に賭けるしかないと言う思いを強くした代打・立浪が今季初アーチを叩き込み、ついに同点。更に、この後、一、三塁とチャンスを広げたがベンちゃんがピッチャーゴロに倒れて、二者残塁とまたも川相不在の弊害を露呈。試合はその儘、延長にもつれ込んだ。迎えた10回、巨人5番手・越智に対して、中日は一死からアライバコンビが連打を浴びせると、ここで森野が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに激振。打球はスタンドにこそ届かなかったものの、走者一掃のタイムリー三塁打となり、2点を勝ち越し。その裏、満を持して登板の守護神・岩瀬が先頭の阿部に被弾し、1点差。更に、坂本,代打・鶴岡とヒットを浴び、二死一、三塁の大ピンチを迎えたが、最後はガッツを三振に斬って取り、辛くも1点差を守った。巨人の連勝は6でストップ。

◆C0−4T◆
初回から制球が定まらない広島先発・前田健は2四球を与えるなど、いきなり一死満塁のピンチを作ると、新井の犠飛,桜井のタイムリーで2点を献上。続く2回にも関本にタイムリーを許して、点差は3点と拡大。一方、阪神先発・能見に対して、広島打線は塁上を賑わせながらも、あと一方が出ない拙攻続き。一向に得点が奪えない味方打線に焦りを隠せない前田健は5回、キュラソ星人にタイムリーを浴び、致命的な4点目を献上し、今季最短KO。7回まで毎回安打を浴びながらも粘りに粘った能見は8,9回は3人ずつで片付けて、2年ぶりの完封勝利を果たした。広島は主砲・栗原が腰の張りを訴え欠場となったのが大きく響いた格好だ。

◆S0−3YB◆
横浜は初回、二死走者なしから内川がレフトスタンドへ2号先制ソロアーチ。ヤクルト先発・一場さまは2回以降、横浜打線に付け入る隙を与えない好投を見せるが、それを上回るハマのチンピラの快投の前に初回の1点がヤクルトにとって重くのしかかるばかり。0−1の儘、迎えた土壇場9回、横浜は一死満塁から代打・大西が貴重な2点タイムリー。8回まで散発3安打に抑えていたハマのチンピラは9回も連続三振であっと言う間に二死を取り、今季初完封目前と言う所で連続四球を与えて、無念のKO。しかし、代わった石井がガイエルを打ち取り、完封リレーを達成。復帰後、快音が聞かれずにいた村田に第1打席でようやく今季初安打が飛び出したのも明るい材料だ。一方、敗れたヤクルトはこれで4連敗となり、貯金がなくなった。

◆H2−3E
楽天先発・永井に対して、ソフトバンクは初回、ヒットで出た川崎が二盗を決めると、小久保のタイムリーで先制のホームイン。4回には先頭の松中が6号ソロを放り込み、2点目を追加。ソフトバンク先発・和田の前に6回まで僅か1安打と沈黙していた楽天は7回、二死走者なしから山崎武が3号ソロを叩き込み、1点差。続く8回には一死二塁から代打・高須が同点タイムリーを浴びせて、和田をKO。更に、代わった水田から代打・草野がタイムリーを放ち、勝ち越しに成功。その裏から有銘−グウィンがパーフェクトリリーフでソフトバンクの反撃を断ちきり、逃げ切った。永井は7回2失点で2勝目をマークした

4/24 ダルビッシュ◆Bs0−11F◆
WBCで干されていた後遺症に苛まれ、連続炎上で二軍に落ちていた小松が再昇格。しかし、よりにもよって、その復帰初戦でダルビッシュに当てられる試練に遭わされ、プレッシャーがかかってしまったか、初回から稲葉に先制タイムリーを許すと、2回には糸井に1号2ランを被弾。3,4回と三者凡退に抑え、立ち直ったかと思われたのも束の間、5回に自らのエラーでピンチを作った挙げ句、スレッジに満塁弾を浴びる始末。これだけ打たれても代えて貰えない晒し者状態の小松は7回にも小谷野に4号3ランを叩き込まれるなど、4点を失い、計11失点で悪夢のKO。一方、ダルビッシュは立ち上がりこそ制球に苦しんだが、中盤4〜7回の4イニングの間に6連続を含む10個と怒濤の三振ショーを展開。終盤は打たせて取る投球で今季初完封を達成した。

◆L3−1M◆
0−0で迎えた4回、西武は一死一、二塁からG.G.佐藤がライト前に弾き返して、1点先手。直後に5回、ロッテはすかさず里崎の2号ソロで追い付くが、西武は6回、中村の7号ソロで再び勝ち越しに成功。更に、8回にはボカチカがレフトスタンドへ5号ソロを叩き込み、ダメ押し。西武先発・涌井は12三振を奪う力投を見せ、1失点完投で3勝目。史上初となる毎回での全員三振も達成した。西武以前に水島の呪いと戦っている唐川は打線の援護なく2敗目を喫した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:34コメント(0)トラックバック(27) 

April 10, 2009

4/10 金本◆G6−5T◆
一昨日、40代では史上初となる3打席連発を放ったばかりのキュラソ星人がこの日も3打席連続アーチと神懸かった様な大爆発。取り憑かれたかの様にアーチを量産するキュラソ星人の前に巨人もなす術なく屈するしかないと思いきや、この苦境を救ったのは伏兵・鶴亀コンビ。5回に鶴岡が逆転3ランを叩き込めば、追い付かれた直後の6回には亀井が勝ち越しタイムリー三塁打。7回には鶴岡に何と2打席連続アーチが飛び出して、貴重な追加点となった。内海は依然として、WBCで干された影響が残るのか、6回途中4失点でKOとなったが、リリーフ陣の踏ん張りで逃げ切り、巨人は4連勝。

 

◆C3−11D◆
2回に川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにベンちゃんに被弾し、先制を許してからおかしくなったルイスは中日打線につるべ打ちを食らい、6回には自らのエラーでピンチを作るなど、4点を失い、計9失点の大炎上。一方、吉見は6回途中で降板したものの、1失点で切り抜け、2連勝。打っては不振に喘いでいた荒木が4打席連続ヒットで足がかりを作ると、続く井端が3犠打でチャンスを広げ、森野が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに放った2ランを含む5打点と、1〜3番の活躍が光った。中日はこれで単独首位に躍り出た。

◆YB9−1S◆
広島からやってきた救世主・森笠による前人未踏のチーム初タイムリーによって、呪縛が解かれたのか、昏睡状態だった横浜打線が爆発。2回に石川のタイムリーで早々と先制すると、4回には石川の2打席連続タイムリーに続き、ジュビロ野口が走者一掃のタイムリー三塁打。5回には金城の一発等で3点を加えると、6回にはガッツな貴公子,内川が連続タイムリーを放ち、計9点。ここまでの6試合で僅かに5得点だったが、それを遥かに上回る得点をこの試合だけで叩き出し、ようやく今季初勝利。開幕戦の呪いに苛まれているハマのチンピラも開幕戦でなくなった事で緊張がほぐれたか、初回の満塁のピンチを切り抜けると、以降はスイスイとヤクルトの反撃をかわして、8回1失点の好投を展開した。

◆H1−9F
開幕戦では立ち上がりの弱さをつかれて、不覚を取ったダルビッシュ。この日も初回に稲葉のよもやのエラーに足を引っ張られて、ノーヒットで先制点を献上。しかし、これまた前回同様、2回以降は完全に立ち直ったダルビッシュは8回まで散発3安打と付け入る隙を許さない好投。和田の前に3回まで沈黙していた打線は4回にスレッジが同点アーチを叩き込むと、、6回には金子誠の一発等で3点を勝ち越し、和田をKO。これで完全に流れを引き寄せた日本ハムは7回に2点,8回にも3点を奪って、試合を決定付けた。

◆Bs10−8M◆
大松の逆転3号2ラン等で6点もの援護を貰った先発・清水だが、リードして貰った矢先の5回にラロッカに2打席連続アーチを許して、あえなくKO。二軍落ちも遠くないと噂されていたラロッカだが、続く第4打席でもダメ押しの2ランを叩き込み、3打席連発の7打点。偽バファローズは守護神・加藤が2点を失い、2点差まで詰め寄られたものの、辛くも逃げ切りに成功。気がかりなのは、先発の小松。立ち上がりから精彩を欠いた投球で6点を失い、5回もたずにKO。前回同様、新人王に輝いた昨年の面影は見る影もなく、WBCで干されていた後遺症を色濃く感じさせる内容だった。打ち合いに敗れたロッテはこれで3連敗。

◆E0−6L◆
開幕戦のダルビッシュに続き、この日は涌井と、またもやWBCでの同僚と投げ合う事となった岩隈。この日はいつになく制球に苦しみ、初回から中島に先制タイムリーを許すと、5回には連続四球等で満塁のピンチを作って、中村に2点二塁打を浴び、この回限りでKO。一方、涌井は3回に背負った満塁のピンチ以外は全く危なげなく、8回まで散発3安打無失点の快投を展開。西武は終盤にもボカチカの一発等で突き放し、完封リレーで好調・楽天をねじ伏せた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:38コメント(0)トラックバック(27) 

November 16, 2008

◆西武1−0統一
失点率の少なさでSKを抑えて進出した西武と統一での決勝戦は白熱した投手戦となった。満を持して登板したエース・涌井は初回無死一塁,2回無死一塁,3回無死一、二塁と序盤はピンチの連続だったが、ここを耐え抜くと、尻上がりに調子を上げていく。しかし、西武打線も統一先発・アルヴァラードを捉える事が出来ず、0−0の儘、試合は終盤へ突入。7回、涌井は二死一塁の場面で1安打2四球を許している潘武雄を迎えた所で降板となったが、代わった星野が潘武雄を三振に斬って取り、ピンチ脱出。その裏、西武はこの回から代わった曽翊誠に対して、一死から佐藤がレフト線へ二塁打を浴びせるが、大島,代打・原と倒れて、佐藤は二塁に釘付け。直後の8回、SKは西武3番手・大沼から一死一、二塁のチャンスを作るが、陳連宏,劉芙豪と連続三振に倒れて、二者残塁。土壇場9回、西武は8回からマウンドに上がっている3番手・潘威倫 の前に平尾,中村と立て続けに内野フライを打ち上げて、あっと言う間に二死。延長突入か…と思われた矢先、礒?が四球を選ぶと、続く佐藤が左中間へ二塁打。礒?はSK野手陣の連係がもたついている隙に一気に生還し、サヨナラ勝ち。日本代表は4年連続でアジアシリーズを制覇した。

予選同様に統一相手に一向に点を奪えない西武だったが、これまた予選同様に投手陣が踏ん張って、ワンチャンスに賭けると言う展開で何とか白星を拾い、日本代表初のアジアシリーズ制覇失敗と言う不名誉を辛くも免れた。予選リーグでは全くパッとしなかった佐藤が最後の最後に放ったサヨナラヒットだけでMVP受賞と美味しい所をかっさらったが、予選も決勝も統一に勝てたのは岸,涌井を初めとする投手陣のおかげだよなぁ…。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 18:11コメント(0)トラックバック(19) 

November 01, 2008

◆G1−2L◆
それぞれのリーグを制したチームがいずれも辞退する事なく、2年ぶりに開催となった日本シリーズ。巨人先発・上原に対し、西武は初回、いきなり先頭の片岡がヒットで出るも、すぐさま牽制に引っかかって憤死する大チョンボで出鼻をくじかれ、以降、4回までノーヒットと沈黙。一方、西武先発・涌井も3回までパーフェクトと素晴らしい立ち上がりを見せるが、4回、先頭の鈴木尚のサードゴロを今週から水島の呪いにかかりつつある中村がエラー。初の走者を出した巨人は続くキムタクがきっちり送ると、ガッツは三振に倒れるも、寿司職人ラミレスがライト前へ弾き返す。打球は果敢にダイビングしたボカチカのグラブに収まったかに見えたが、着地の衝撃でボールがこぼれてしまい、この間に鈴木尚が先制のホームイン。1点を追う西武は直後の5回、先頭の後藤がバックスクリーンへ豪快なアーチを叩き込み、あっと言う間に振り出しに戻すと、続く6回には中島が右中間スタンドへ放り込み、勝ち越しに成功。その裏、一死から連続四死球で一、二塁のチャンスを掴んだ巨人だが、先制タイムリーの寿司職人ラミレスが今度は最悪のピッチャーゴロゲッツーに倒れて、一瞬でチャンス消滅。1−2の儘、迎えた土壇場9回、西武はここまで1安打ピッチングの涌井からあえて守護神・グラマンにスイッチ。これで流れを変えたい巨人は先頭のキムタクがセカンドへの内野安打で出塁。続くガッツはセカンド右の痛烈なゴロ。センター前へ抜けようかと言う打球を片岡がダイビングキャッチし、二塁は封殺。続く寿司職人ラミレスはまたもピッチャーゴロゲッツーを食らう最悪の展開で、あと一歩及ばなかった。

巨人を上回るシーズン本塁打数を誇る西武が得意の一発攻勢で巨人を制し、先手を取った。上原は7回を5安打2失点と好投したが、ソロ2発の被弾が致命的となってしまった。ほぼ完璧な投球を展開していた涌井をわざわざ下ろして、その途端に2本目のヒットが飛び出し、巨人に傾きかけた流れを片岡が好プレーで救った。継投に失敗してサヨナラ負けを食らっていたら、西武のダメージは甚大だった事だろう。巨人は自慢の打線が僅かに2安打と沈黙。唯一の得点を叩き出した寿司職人ラミレスもその後は2打席連続ゲッツーで帳消しどころか、大赤字。アジアシリーズ出場権争奪戦出場権争奪戦時から調子を取り戻している涌井が素晴らしかったに尽きる展開なので、打線が下降線とかそういう心配はまだ早いだろう。しかし、シーズン終盤から調子を落としていたグラマンの攻略に失敗したのは、復調のきっかけを与えてしまったかもしれない。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:14コメント(0)トラックバック(27) 

October 22, 2008

◆L9−0F◆(アジアシリーズ出場権争奪戦出場権争奪戦)
初回のチャンスをゲッツーで潰した西武だが、続く2回、二死から後藤が先制アーチ。続く3回にも二死走者なしから片岡のヒット,栗山の四球で一、二塁とした所で中島がレフト前へタイムリー。更に、中村が歩いた後、礒?も四球を選んで押し出し。日本ハム先発・グリンはあえなくKOとなった。なおも満塁の場面で2番手には先発要員に藤井が登場するが、またも後藤が2点タイムリーを浴びせてこの回4点。6回には3四球で一死満塁と言う絶好のチャンスを逃したものの、7回、二死から中村,礒?の連打の後、またまた後藤がタイムリー二塁打を放ち、6点目。西武先発・涌井は6回までパーフェクトと日本ハム打線に付け入る隙を許さない快投を展開。7回二死から稲葉にレフト前へ弾き返され、快挙は逃したが、気落ちする事なく、スレッジを打ち取ると、8回も3人でピシャリと切り抜ける。すると、その裏、西武は栗山のタイムリー三塁打等で3点を奪い、ダメ押し。涌井は9回、2安打を浴びたものの、後続を断ち切って、完封勝ち。西武は当然の権利である日本シリーズ出場権を行使する事を決めた。

第1戦に続いて、またまたグリンが大炎上し、3回にして大局が決まってしまった。慌てふためいて藤井を2番手で出すくらいなら、先発に使えば良かったものを…。結局、ダルビッシュを第1戦で使わなかったツケが最後まで響いた格好となったが、リーグ制覇した西武が当然の権利を行使して日本シリーズに出る事になったのは何よりだ。あとは巨人が出場辞退する事なく、無事、日本シリーズが開催される事を祈るばかりである。今日も打線が12安打9得点と爆発した西武だが、それ以上に涌井のピッチングが圧巻だった。これで相手がダルビッシュだったなら、たかだかエキシビジョンマッチと言え、かなり熱い試合になったろうに…と思うだに、残念でならない。

◆G3−4D◆(アジアシリーズ出場権争奪戦出場権争奪戦)
2年連続で偽りの日本一の座を掠め取る気満々の中日は初回、巨人先発・グライシンガーに対して、いきなり李が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにレフトスタンドへ先頭打者アーチを放り込むと、二死後、今度はT.ウッズが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにライトスタンドへ叩き込み、2点を先制。その裏、巨人は中日先発・山本昌から死球を食らった鈴木尚をキムタクの犠打,ガッツのライトフライで三塁へ進めると、寿司職人ラミレスがセンター前へタイムリーを放ち、1点差。4回には二死走者なしから松田記者がソロアーチを放ち、同点に追い付いた。しかし、2回以降もピリッとしないグライシンガーは5回、先頭の李に痛打されると、ピッチャー正面へまともに転がした荒木のヘッポコバントをお手玉し、オールセーフとしてしまう大チョンボ。一死後、T.ウッズの三遊間深い所へのゴロが坂本の野選を誘い、満塁となった所でベンちゃんに痛恨の押し出し四球で勝ち越しを許してしまったグライシンガーはここで無念のKO。一気に畳み掛けたい中日だったが、代わった西村の前に中村紀がサードゴロでホームゲッツーを食らう最悪の展開で1点止まり。再び追いかける展開となった巨人はその裏、代打・亀井がヒットで出ると、鈴木尚が送った後、キムタクがショートの右を破るタイムリーを放ち、すかさず同点。3−3の儘、迎えた8回、巨人は一死一塁から連続四球で満塁のチャンスを作ると、ここで代打・マッスル千代の富士が登場。しかし、マッスル千代の富士のセンター返しの打球を前進守備を敷いていた井端が辛くも抑えると、後ろに反転して、二塁ベースを踏み、その儘、一塁へ転送してゲッツーを完成させるビッグプレーを見せ、結局、無得点。土壇場9回、巨人は守護神・クルーンを投入。一死から森野を歩かせたクルーンは続くT.ウッズを見逃し三振に斬って取り、二死。ここでベンちゃんにセンター前へのどん詰まりの打球を浴びると、果敢に突っ込みながら、ダイレクトキャッチ出来なかった鈴木尚が足を痛めて、担架で運ばれて退場。このアクシデントによるインターバルでテンポを崩されたクルーンは中村紀にファールで粘られた末の7球目、散々、実松のサインに首を振った挙げ句のフォークをセンター前に弾き返され、ついに勝ち越し点を献上。その裏、満を持して登板の守護神・岩瀬があっさり3人で切り抜け、巨人のアドバンテージはあっさり消滅した。

この試合、最大のヒーローは中村紀でなく、井端だろう。それ程、8回のプレーは見事だった。あそこでゲッツーを完成出来なければ、クルーンがすんなり抑えて逃げ切ったかもしれない。8回まではやぶれかぶれの一発とタナボタの押し出しでしか点を奪えない相変わらずの無様な攻撃を繰り広げていたが、試合展開そのものは緊迫感があり、この接戦を制した中日が流れに乗ってしまう危険性が出てきた。巨人はクルーンで負けるのは珍しい事ではないが、グライシンガーが5回もたずにKOとは大誤算。何より衝撃的なのは、阿部に続いて、鈴木尚が戦列離脱した事だろう。ケガの具合は分からないが、あの様子では明日以降の出場は難しそうだ。シーズン終盤、万全の布陣で逆転Vを果たした巨人だが、ここに来て主力が相次いでリタイアとは不吉極まりなく、優勝チームが日本シリーズに出られないと言う昨年の悪夢が再現されてしまうのか、気が気でない。それにしても、この期に及んで、中日を応援すると言う阪神ファンが結構いる様子なのだが、今年の展開ですら、巨人ではなく中日に勝って欲しいと言う心理は到底、理解しがたいね。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:23コメント(1)トラックバック(50) 

October 17, 2008

◆L10−3F◆(アジアシリーズ出場権争奪戦出場権争奪戦)
リーグ優勝を果たしながら、日本シリーズを出場辞退するなどと言う訳の分からない事態を死力を尽くして回避したい西武は初回、日本ハム先発・グリンから中島のソロアーチで先制すると、3回には一死一塁からまたも中島が2打席連続の2ラン。更に、二死後、中村,礒?の連続二塁打で1点を加えると、佐藤が歩いた後、細川が走者一掃のタイムリー三塁打を放ち、この回5点。続く4回には先頭の片岡が三塁打を浴びせると、続く栗山がタイムリー。更に、中島がヒットで続いた後、後藤が3ランを叩き込み、10点目。大量リードを貰った先発・涌井は6回を投げ、スレッジのソロアーチによる1点のみに抑える好投で勝ち投手。日本ハムは9回に2点を返したものの、焼け石に水だった。

正直、個人的に西武は全然好きなチームではないのだが、アジアシリーズ出場権争奪戦出場権争奪戦では断然、西武を応援する方針だ。無論、それは西武がパ・リーグを制覇したチームだからに他ならない。優勝チームが日本シリーズに出ないと言う事は、つまり、日本シリーズが開催されないと言う事である。クライマックスだかプレーオフだか知らんが、アジアシリーズ出場権争奪戦出場権争奪戦が開催される様になって以来、ここ4年で3度も日本シリーズ非開催と言う馬鹿げた事態が起きている。となれば、両リーグの優勝チーム同士の対決=日本シリーズ開催の為にも西武には(勿論、巨人にも)勝って貰わなくてはならない。西武ナインもそういう心境でいるのか、優勝チームらしい堂々とした試合運びで日本ハムを投打に圧倒した。シーズン終盤、7連敗を喫するなど、大きく調子を落としていたが、2週間近いインターバルを生かして、きっちり立て直してきたのは何よりだ。それにしても、日本ハムがダルビッシュを初戦に持ってこなかったのは釈然としない。前回139球投げたから中5日だと不安だとか、屋外球場と相性が悪いから県営大宮球場を避けたとか言ってるいらしいが、優勝チームに1勝のアドバンテージがあると言うのに勿体ぶっていたら、下手をすると、ダルビッシュを1回しか登板させずに終わってしまうのではないか…。西武吹き抜けドームでの開催を第2戦からにしたのは、第1ステージで偽バファローズが負ける事まで読み切った上でダルビッシュの初戦登板を回避させる為…だったりしたら、西武側の策略たるや恐るべしと言う事になるが……、流石に、それは考え過ぎか。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:34コメント(0)トラックバック(15) 

August 19, 2008

◆日本10−0中国◆
準決勝進出へ王手をかけた日本の相手はアストロ球団との実戦経験がある男・ラフィーバー監督(元ロッテ)率いる中国。初回は三者凡退に終わるも、続く2回、二死一塁からG.G.佐藤(西武),矢野(阪神),西岡(ロッテ)の3連続タイムリーで先制すると、続く3回には今大会勝負強さを発揮している稲葉(日本ハム)がタイムリー二塁打。6回には二死走者なしから矢野が歩いた後、西岡が2ランを叩き込むと、更に、青木(ヤクルト)の四球の後、4連打で4点を奪い、10点目。投げては先発・涌井(西武)が7回を散発2安打無四球無失点と、二塁すら踏ませぬ快投を展開。日本は7回コールドの圧勝で準決勝進出を決定させた。

◆オランダ0−4カナダ◆
カナダが4投手によるリレーでオランダに付け入る隙を許さず、2安打完封を果たしたが、日本,アメリカも勝ってしまい、準決勝進出の道は断たれてしまった。

◆韓国7−4キューバ◆
全勝同士の対決となったこのカード。2回に3点を先制された韓国だが、4回に一挙5点を奪って、逆転すると、その後も着々と加点し、逃げ切り。全勝を守って、予選1位が確定した。敗れたキューバは2位が確定。

◆アメリカ4−2台湾◆
勝てば準決勝進出のアメリカだったが、4回までゼロ行進と大苦戦。5回には先制点を許してしまうが、その裏、すかさず追い着くと、6回には2点を奪って、勝ち越し。その儘、逃げ切って、準決勝進出を果たした。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:50コメント(0)トラックバック(13) 

July 22, 2008

◆T7−4G◆
巨人は初回、2四死球にエラーとノーヒットで無死満塁のチャンスを掴むと、寿司職人ラミレス,古城のタイムリーで3点を先制。続く2回には鈴木尚のタイムリーで4点目をあげ、阪神先発・上園はこの回限りでKO。4点を追う阪神は4回、先頭の関本が四球を選ぶと、続く高橋光がライト前ヒット。これを清水が後逸するヘッポコエラーをかましている間に関本は長駆ホームイン。続く代打・庄田のファーストゴロを今度はガッツがヘッポコエラーをかまし、チャンスを広げた阪神はバルディリス,矢野と連続タイムリーを放って、1点差。続く5回には一死走者なしからキュラソ星人のファーストゴロをまたもガッツがヘッポコエラー。関本がヒットで繋いだ後、高橋光がレフト前へタイムリーを放って、同点。庄田もヒットで続いて、内海をKOすると、代わった越智から代打・悠久の若虎・桧山のセカンドゴロの間に勝ち越しに成功。更に、矢野が2点タイムリーを浴びせて、この回一挙4点。巨人は3回以降二塁すら踏めない体たらくで点差を縮める事すら出来ず、自力Vが消滅。阪神にマジック46が点灯した。

7度目の挑戦にして、史上3位タイの早さでマジックを灯した阪神。集中攻撃で4点差を跳ね返す見事な逆転勝利だった。特に、この所の高橋光と矢野の集中力は凄いものがある。投げては、先発の上園は2回4失点KOの背信投球だったが、2番手のアポリー中尉以降6人のリリーフが巨人に反撃の隙を許さなかった。巨人は内海が4点貰いながら、持ち堪えられなかったのも不甲斐なかったが、7失点とは言え、自責点は0.相次ぐエラーでバックに足を引っ張られた部分も否めない。ガッツは膝痛の影響もあるのだろうが、横の打球を追いかけると踏ん張りきれない事を露呈しまくっており、意図的にそこを付け込まれる様な事があると、スタメンでは怖くて使えない…なんて事にもなりかねないのではなかろうか。あの男は古城にスタメンを奪われる始末。7回一死一塁の場面で代打で出てきたが、あえなく三振とインケツぶりは相変わらずで、何の為に昇格してきたのかさっぱり分からない状態だ。

◆D7−1C
連敗を止める気が絶無のブラウン監督はまたもや求道者・前田をベンチに軟禁する暗黒オーダーを展開。意気消沈の広島は初回にゲッツー崩れの間に先制するも、そこから4連続三振を食らうなど、中日先発・ウッチャンを調子付かせてしまう。1点を追う中日は3回、一死二塁から荒木のショートゴロが小窪のエラーを誘い、同点。更に、バックアップのセンター・赤松も悪送球をかまして、荒木はこの間に二塁へ。井端が歩いた後、森野が勝ち越しタイムリーを放つと、T.ウッズが歩いて満塁となった所で、ベンちゃんが2点タイムリー二塁打を浴びせて、広島先発・大島をKO。更に、代わった森から中村紀がタイムリー内野安打を放って、5点目。続く小池も四球を選び、またも満塁となったが、谷繁はサードゴロに倒れて、三者残塁。5回には川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに森野が10号ソロを叩き込み、6点目。7回には中村紀の犠飛で7点目を加え、試合を決定付けた。広島は2回以降ゼロ行進のスミ1に終わり、7連敗となった。

広島はこれで泥沼の7連敗。求道者・前田がまたもやフル欠場に追い込まれたとあっては、この結果も半ば必然的と言っていい。ブラウン監督は連敗を阻止する為に活路を見出そうとする様子すら見せず、ただひたすらに求道者・前田をシメ倒す事に邁進している有様で、これではナインの士気も上がる筈がない。まだ前半戦も終わっていないが、ブラウン監督がこんな事を続けている限り、広島の5割越えやAクラスの可能性など全く見えて来ない訳で、今季一杯で失脚する可能性は高まってきた。

◆S4−1YB◆
ヤクルトは2回、ヒットで出た畠山が田中の犠打で二進すると、ガッツな貴公子・仁志のタイムリーエラーで先制のホームイン。4回にはヒットの青木がすかさず二盗を決めると、畠山のタイムリーで1点を追加。更に、犠打と暴投で畠山が三進した所で飯原が犠飛を打ち上げ、3点目。ヤクルト先発・村中の前に6回まで無得点に抑え込まれていた横浜は7回、大西のタイムリー内野安打でようやく1点を返すと、ガッツな貴公子・仁志もヒットで続いて、村中をKO。更に、2番手・松岡から内川が四球を選んで、二死満塁で主砲・村田に回すと言う絶好の場面を作ったが、村田はサードゴロに倒れて、1点止まり。ヤクルトは8回、畠山の3号ソロでダメ押しの4点目。土壇場9回、守護神・林がいきなり3連打を浴びて、無死満塁の大ピンチを作ったが、内川をキャッチャーフライに仕留めると、続く村田をセカンドゴロゲッツーに打ち取り、逃げ切った。

横浜先発・小林は初回一死から宮本の頭部に死球を食らわせ、僅か10球で危険球退場。結局、準備不足のリリーフ陣が失点し、黒星に繋がってしまった。打っては好調をキープしていた村田が7,9回のチャンスを悉くブレイク。8回には大矢監督がメカゴジラのファーストゴロをファールだと執拗に抗議し、遅延行為で退場と全てが空回りだった。村中は7回途中まで1失点の好投で6月15日以来の白星をゲット。ヤクルトは再び5割に復帰した。

◆H2−4Bs◆
ソフトバンク先発の怨敵・パウエルに対して、偽バファローズは2回、日高の9号2ランで先制すると、5回にはカブレラのタイムリーで1点を追加。3回を除いて毎回走者を出しながら、攻めきれずにいたソフトバンクだが、7回、先頭の中西が四球を選ぶと、続く高谷がライトスタンドへ2号2ランを放り込み、1点差。更に、一死後、川崎のヒット,松中の四球で一打同点のチャンスを作るが、ここで小久保がセカンドゴロゲッツーに倒れる最悪の展開で2点止まり。直後の8回、偽バファローズは森山のタイムリー内野安打で貴重な1点を追加。最後は守護神・加藤が締めて、最下位を脱出した。

偽バファローズが因縁の相手・パウエルを打ち崩して…と言う程でもないが、まぁ、そこそこ攻略し、5位浮上。投げては近藤が6回無失点の好投を展開して、約1ヶ月ぶりの6勝目。ソフトバンクは1,2番が2安打ずつ放ったものの、3,4番がいい所でブレーキ。小久保は第1打席で史上43人目の3000塁打を達成したものの、これで勢いづく事は出来なかった。

◆F3−2M
初回二死一、二塁のチャンスは逃した日本ハムだが、続く2回、先頭の小田がヒットで出ると、二死後、金子誠がタイムリー二塁打を放って、1点を先制。4回には一死から小田が四球を選ぶと、続く小谷野が今季初アーチとなる2ランを叩き込み、3点目。追いかけるロッテは5回、根元のタイムリー二塁打で1点を返すと、続く6回には里崎の12号ソロで1点差。更に、二死後、連続四球とエラーで満塁としたものの、西岡がレフトへ打ち上げ、同点ならず。8回には一死から連打と四球で満塁とするも、西岡,根元と打ち取られ、三者残塁。最後はMICHEALの前に三者凡退に終わり、あと1点が届かなかった。

2試合で26点も取っていたロッテ打線が2度の満塁のチャンスを潰すなど、12残塁の拙攻で僅かに2点と沈黙。史上312人目の1000投球回数を達成した小林宏は3失点完投ながら、メモリアルゲームを飾れなかった。援護を貰うと打ち込まれ、好投すると援護を貰えないと言う不憫な展開が続いている。

◆L14−2E◆
初回に栗山のタイムリーで先制された楽天は直後の2回、草野の今季初アーチとなる2ランで一気に逆転。しかし、その裏、西武が驚異の猛攻を開始。一死後、突如、制球を乱した長谷部から、3連続四球わ選んで満塁とすると、平尾のタイムリー内野安打,佐藤の押し出し四球で逆転に成功。更に、栗山もタイムリーを浴びせて、長谷部をKO。代わった松本から中島も押し出し四球を選んだ後、暴投で平尾が生還。更に、ブラゼルの2点タイムリー二塁打の後、G.G.佐藤が歩いて一、二塁となった所で中村が23号3ラン。二死後、細川の二塁打の後、平尾がタイムリーを浴びせて、この回大量11点のビッグイニングを形成し、2回にして試合を決定付けた。敗れた楽天はついに最下位転落。

昨年の新人王・田中が右肩痛で登録抹消となる衝撃に見舞われた楽天。今年の新人王候補として期待されながら、未だに白星のない長谷部が先発を託されたが、四球連発で2回もたずに7失点の大乱調だった。惜しいとすら感じさせない内容が続いており、プロ初勝利はまだまだ先になりそうだ。かつての指定席・最下位へとうとう舞い戻ってしまったが、それでも首位との差は8.5と、阪神と巨人の差よりも遙かに近い訳で気落ちする事なく巻き返しを図って欲しいものだ。西武は10者連続得点をマークするなど、怒濤の猛攻でリーグ50勝一番乗り。投げては涌井が無四球完投で8勝目と投打噛み合う完勝だった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:45コメント(0)トラックバック(68) 

May 22, 2008

◆L7−2S◆
西武先発・涌井に対し、ヤクルトは初回、畠山のタイムリーで1点を先制。続く2回には一死から武内が二塁打、衣川が四球を選んだ後、川島慶が送って、二、三塁のチャンス。しかし、福地がセカンドゴロに倒れて、二者残塁。2回までは無失点で抑えていたヤクルト先発・村中だが、3回、一死二、三塁のピンチで栗山に同点犠飛を打ち上げられると、ここから突如、制球を乱して、連続四球で満塁とした挙げ句にG.G.佐藤には押し出し死球を食らわせて、勝ち越し点を献上。続く4回には二死三塁から片岡,栗山,中島と3連続タイムリーを浴び、この回限りであえなくKO。直後の5回、ヤクルトはユウイチの犠飛で1点を返したものの、7回にG.G.佐藤の12号2ランでダメを押された。涌井は2失点完投で5勝目をマーク。

村中の調子がおかしくなってきた。前回の3回7失点に続き、今回は4回5失点KO。四球で崩れ、ストライクを揃えたら打ち込まれると言う最悪のパターン。この儘では、新人王レースにも大きく水をあけられかねないだけに、交流戦中に何とか立て直しを図って貰いたい所。一方、涌井も3回以外毎回走者を出すなど、決して調子が良かった訳ではないが、10安浴びながら8安打を単発に留めるなど、落ち着きを失わない粘りの投球が光った。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:35コメント(0)トラックバック(2) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ