武内晋一

August 16, 2009

◆G2−5T◆
阪神は初回、二死から連続四球と内野安打で満塁とするも、ブラゼルが三振に倒れて、三者残塁。一方、巨人は2回、先頭の寿司職人ラミレスが18号先制アーチ。1点を追う阪神は3回、キムタクのエラーでシャア少佐が出ると、平野が送った所で鳥谷が同点のタイムリー。更に、キュラソ星人がヒットで続くと、二死後、初回のチャンスを潰したブラゼルが汚名返上の10号3ランを叩き込み、一気に勝ち越し。3点を追う巨人は4回、一死から亀井が19号ソロを放ち、2点差。2−4の儘、迎えた8回、阪神は一死満塁から代打・高橋光のタイムリーで貴重な5点目を追加。その裏から早くも登板となった守護神・藤川は残り2回を無難に抑えて、実に2週間ぶりの14セーブ目。6連敗中だった先発の下柳は5回2失点で6月5日以来の6勝目

◆D1−3S◆
デントナに続き、宮本まで戦線離脱し、攻撃力ダウンに苦しむヤクルトは中日先発・中田に対して、毎回の様にチャンスを作りながら、あと一本が出ず、5回までゼロ行進。しかし、6回、ガイエルの四球,武内のヒットで無死一、三塁とすると、田中がレフト前へ弾き返し、ガイエルが先制のホームイン。なおも一、二塁のチャンスが続いたが、後続3人があえなく凡退し、1点止まり。土壇場9回、高田監督はここまで無失点の由規から守護神・林にスイッチするが、一死からブランコに川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに33号同点ソロを叩き込まれて、試合は延長にもつれ込んだ。10回、この回から代わった浅尾に対し、ヤクルトは二死一、三塁から武内,田中と連続タイムリーを浴びせて、2点を勝ち越し。その裏、中日は3番手・五十嵐から藤井のヒット,英智の四球で無死一、二塁としながらも、後続3人があえなく凡退と、最後の最後までタイムリー欠乏症を露呈する形でゲームセット。由規の白星を消す同点弾を浴びた林に5勝目がついた

◆YB4−6C◆
横浜の先発は駆け込み補強で加入した謎の新助っ人・ランドルフ。2回に栗原に14号先制ソロを被弾するが、その裏、自ら来日初打席初アーチを叩き込み、同点。横浜は続く3回にもメカゴジラが8号ソロを放ち、勝ち越しに成功。広島先発・小松はこの回限りで降板となった。3回以降、走者を出しながらも要所を締める粘りの投球を続けていたランドルフだったが、7回、一死から連続四球を許し、一、二塁のピンチ。ここでオバQはランドルフから木塚にスイッチするが、これが裏目。木塚は代わりばな、フィリップスに9号逆転3ランを叩き込まれると、続く栗原にもこの日2本目となる15号ソロを被弾し、あっと言う間の4失点。3点を追う横浜は8回、無死一塁から内川がタイムリー二塁打を浴びせると、ジョンソンが歩いて、一、二塁と一発が出れば同点のチャンス。しかし、メカゴジラ,吉村,石川とあえなく凡退し、1点止まり。土壇場9回、広島は木村のタイムリーでダメ押し。その裏からマウンドに上がった守護神・永川は二死一、三塁から内川にタイムリーを浴び、なおも一、二塁のピンチだったが、ジョンソンを三振に斬って取り、辛くも逃げ切った。2番手の長谷川は3回をノーヒットに抑える好リリーフで2勝目をマーク

◆Bs1−9H◆
偽バファローズは初回、一死から大引のヒット,カブレラの四球で一、二塁とすると、ローズがセンター前へ先制タイムリー。この時、送球の間にカブレラが三塁を欲張り、憤死するチョンボをかますと、フェルナンデスは三振に斬って取られ、1点止まり。1点を追うソフトバンクは3回、一死二塁から本多のタイムリー内野安打で同点とすると、更に、2つの四球で二死満塁としたが、ハマのスペランカーがセカンドへ打ち上げ、三者残塁。1−1の儘、迎えた6回、ソフトバンクは一死満塁のチャンスを掴むと、代打・小斉のタイムリー内野安打で勝ち越し、偽バファローズ先発・小松をKO。これで完全に流れを引き寄せたソフトバンクは続く本多がタイムリーを浴びせると、二死後、松中が20号グランドスラムを叩き込み、この回一挙6点。続く7回には田上が16号2ランを放り込み、ダメ押し。先発の杉内は8回1失点で11勝目。偽バファローズは2盗塁死,3走塁死と相次ぐ走塁ミスが響いた。

◆F7−6L◆
初回、西武は一死から連続四死球で一、二塁とすると、二死後、G.G.佐藤が走者一掃のタイムリー二塁打で先制。3回には栗山が10号ソロを叩き込むと、6回にはまたもG.G.佐藤がタイムリー二塁打を放ち、4点目。その裏、日本ハムは稲葉,スレッジのヒットで二死一、二塁とすると、小谷野の8号3ランで1点差と詰め寄り、西武先発・野上をKO。突き放したい西武は8回、先頭の中島がヒットで出ると、中村が35号2ラン。更に、この後、二死満塁のチャンスを作ったが、片岡がサードゴロに倒れて、2点止まり。土壇場9回、小野寺を投入し、逃げ切りを図る西武に対し、日本ハムは一死から田中の四球,糸井の二塁打で二、三塁とした所で稲葉の14号3ランで、一気に追い付き、延長に持ち込んだ。そして、10回、日本ハムは一死から佐藤が四球を選ぶと、中島の犠打が野選を誘い、一、二塁。ここで西武は小野寺に代え、謎の新助っ人・ベイリスを投入。ベイリスは二死後、田中に内野安打を許し、満塁とすると、糸井の打席で痛恨の暴投を犯し、サヨナラ負け。日本ハム6番手の宮西に無傷の6勝目がついた。

8/16 山崎武◆E7−6M◆
2回、ロッテは先頭のベニー松山が四球を選ぶと、一死後、堀,西岡と連打を浴びせ、満塁のチャンス。ここで田中雅がレフトへ犠飛を打ち上げ、1点を先制。更に、高須のタイムリーエラーでタナボタの1点を追加。4回には二死一、二塁からサブローが16号3ランをぶち込み、楽天先発・長谷部はこの回限りで降板。8回には先頭の里崎が8号ソロを放り込み、6点目。7回まで散発3安打と沈黙していた楽天だが、その裏、一死から渡辺直のヒット,鉄平の四球で一、二塁とすると、山崎武に通算350号となる26号3ランが飛び出し、ロッテ先発・唐川をKO。土壇場9回には二死走者なしから鉄平がヒットで出ると、またも山崎武が2打席連続の27号同点2ランを叩き込み、試合は延長に突入。ラストイニングとなった12回、表の攻撃を凌いで、この日の負けはなくなった楽天は3連続四死球で無死満塁の大チャンス。高須は三振に倒れたものの、続く小坂がライト前へタイムリーを放ち、サヨナラ勝ち。5番手の福盛は2回を無失点に抑え、5勝目。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:16コメント(0)トラックバック(20) 

June 08, 2009

◆G8−3E◆
今季、巨人相手に白星のない楽天は何とか一矢報いたい所だったが、いきなり坂本に8号先頭打者アーチを浴び、先制点を献上。しかし、直後の2回、二死一、二塁から投手の長谷部がプロ初打点となるタイムリーを浴びせて同点。1−1で迎えた4回、巨人は松田記者の2号ソロ,亀井の5号ソロと連続アーチが飛び出して、2点を勝ち越し。5回には寿司職人ラミレスが9号ソロを叩き込み、4点目。ここまでソロ4発と一発攻勢が続いていた巨人だが、6回には阿部の史上253人目となる通算1000安打などで二死一、二塁とすると、代打・李が5月24日以来、実に36打席ぶりのヒットとなる走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、2点を追加。7回には亀井がこの日2本目となる6号2ランを叩き込み、ダメ押しの8点目をあげ、4連勝。先発の春風亭半ケツは8回途中まで3失点で4勝目。2番手・豊田に今季初セーブがついた。敗れた楽天は今季の対巨人4戦全敗となり、今季初の5連敗となった。

◆D3−5L◆
相変わらず、好投の投手を見殺しにする気満々の中日は初回無死一、二塁,2回二死一、二塁のチャンスを潰す怒濤の拙攻三昧。最早、川相不在では一発に賭けるしかないと言う思いを強くしたブランコは3回に16号ソロをぶち込んで、1点を先制するが、以降は4,5回とヒットすら出ない有様。一向に追加点をあげてくれる気配のない不甲斐ない打線に辟易としながらも、5回まで1安打と踏ん張っていたあちゃくらさんだったが、6回一死から突如、制球を乱して、3連続四球で満塁のピンチ。ここで中村に2点タイムリーを浴び、逆転を許すと、続く礒?に走者一掃のタイムリー三塁打を浴び、失意のKO。中日は7回に森野のタイムリー内野安打,8回に谷繁のタイムリーで1点差まで追い上げたが、西武は9回に2四死球に佐藤の犠飛とノーヒットでダメ押しの5点目を追加し、試合を決定付けた。WBC使用球はからっきしだが、NPB使用球ならお手の物な岸は7回途中まで2失点でハーラートップタイの7勝目

◆T1−8H◆
阪神先発・ソニックの前に3回まで1安打に抑え込まれていたソフトバンクだが、4回、一死から川崎の四球,オーティズの二塁打で二、三塁とすると、二死後、ハマのスペランカーが4号3ランを叩き込み、3点を先制。6回には4長短打を集中し、大量5点のビッグイニングを形勢。ソフトバンク先発・ホールトンは5回までパーフェクトの快投を展開。6回に内野ゴロの間に1点を失ったものの、リズムを崩す事なく、投げ続け、今季初完投で5勝目をマーク。阪神の連勝は4でストップした。

◆C6−5Bs
初回、フェルナンデスの犠飛で先制された広島は4回、赤松,栗原,マクレーンの3連打で追い付くと、一死二、三塁となった所でルパン廣瀬がタイムリーを浴びせて、2点を勝ち越し。しかし、直後の5回、偽バファローズは一死一、二塁から坂口が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、一気に同点。3−3で迎えた8回、広島は一死から梵の四球,東出の内野安打で一、二塁すると、赤松のタイムリーでようやく勝ち越し。更に、二死満塁となった所で代打・緒方が2点タイムリーを放ち、ダメ押し。偽バファローズは9回、守護神・永川を攻め、代打・北川のタイムリー,坂口の犠飛で1点差まで詰め寄ったが、最後は代打・相川が三振に倒れて、あと一歩及ばず、6連敗。広島3番手のシュルツが2勝目をマーク

◆S4−3F◆
ヤクルト先発・石川に対し、4回まで毎回安打を浴びせるなど、押せ押せで試合を進めながらも、どうしても先制出来ない日本ハム。報われない好投で続く糸数はこの日も5回まで1安打に抑えながら、援護を貰えずにいるうちに、6回に無死満塁のピンチからガイエルに2点タイムリーを浴びた所でKO。ヤクルトは更に、この後、1点を追加し、3点のリード。追いかける展開となった日本ハムは7回、こちらも無死満塁とすると、金子誠のタイムリーで1点を返し、石川をKO。代わった松岡から二死後、田中が2点タイムリーを放ち、試合は振り出しに。一気に畳み掛けたい日本ハムだったが、8回二死一、二塁,9回二死二塁と勝ち越しのチャンスを相次いで逃してしまう。その裏、ヤクルトはこの回から代わった建山に対し、先頭の相川が二塁打を浴びせると、途中から守備に入っていた武内がレフト前へタイムリーを放ち、サヨナラ勝ち。9回に同点ながらマウンドに上がっていた林に今季初勝利がついた。

6/8 北川◆YB4−3M◆
横浜は3回まで3安打を浴びせながら、詰めの甘い攻撃で先制点を奪えない。先発のハマのチンピラは3回まで6三振を奪ってのパーフェクトピッチングと素晴らしい立ち上がりを見せていたが、4回、先頭の早坂に初安打を浴びると、フクーラに犠打を許した後、大松に7号先制2ランを被弾。5回には一死二塁から今江にタイムリーを浴び、3点目を献上。粘りの投球を続けていた大嶺だったが、5回、連打と死球で一死満塁のピンチを迎えると、北川にプロ初アーチとなるグランドスラムをぶち込まれ、一気に形勢逆転。横浜は7回から木塚−吉見−山口と繋いで、1点のリードを守りきり、泥沼の連敗を7でストップさせた。ハマのチンピラは6回3失点で6勝目

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:35コメント(0)トラックバック(21) 

May 10, 2009

5/10 坂本◆G8−7D◆
この所、調子が下降気味の東野は初回、自らの暴投でピンチを作った末にブランコに先制タイムリーを許すと、その裏、ガッツの犠飛で追い付いて貰ったと言うのに、直後の2回、投手の川井にタイムリーを浴び、勝ち越し点を献上。続く3回にはブランコ,野本とタイムリーを浴びて、2点を失うと、その裏に代打を出されて、今季最短KO。一方、内外から強まる一方の川相現役復帰待望論を頑なに受け入れようとしない落合監督はまたも川井を使って、お茶を濁す安易な策に打って出ていた。所詮、カワイであって川相ではない川井ではチームの空気を一変させる事は出来ず、バットでは活躍したものの、4回に李に2点二塁打を浴び、1点差と詰め寄られると、5回にはガッツ,寿司職人ラミレスの連続アーチで逆転を許し、KO。4回以降すっかり当たりが止まってしまった中日だが、7回一死から荒木,森野の連打で二、三塁とすると、ブランコが犠飛を打ち上げ、1点差。なおも一打同点のチャンスだったが、ベンちゃんが三振に倒れて、同点ならず。しかし、続く8回、一死一、三塁のチャンスを掴むと、ここで代わった山口に対して、代打・立浪が一塁線を破るタイムリー二塁打を放ち、同点。更に、続く井端もセンター前へタイムリーを放ち、勝ち越しに成功。なおも一、三塁のチャンスだったが、荒木がショートゴロゲッツーに倒れる詰めの甘い攻撃で2点止まり。すると、その裏、4番手・高橋が二死二塁のピンチ。ここで落合監督は斉藤にスイッチするも、これが裏目。坂本は左中間スタンドへ起死回生の6号2ランを叩き込み、再び逆転に成功。粘る中日は土壇場9回、二死満塁と一打逆転の場面を作ったものの、最後は越智の前に谷繁がファーストファールフライに倒れて、万事休す。これで巨人は5連勝。敗れた中日は対巨人今季2度目の3タテを食らう屈辱的展開となった。タイムリーは出たものの、詰めの甘さで競り合いを落としてしまった格好で、立浪の値千金の一打も台無し。この絶望的な状況を打破する為にも一刻も早い名手・川相の現役復帰が待たれる所だ

◆S4−1C◆
広島は1,2,3回と立て続けに二人の走者を出しながら、悉く塁上に残してしまう拙攻三昧。一方、ヤクルトは3回、一死から川島慶,福地,青木の3連打で1点を先制。なおも一、三塁のチャンスだったが、デントナはセカンドゴロゲッツーに倒れて、1点止まり。先制された広島は5回、先頭の石井タクローが二塁打を浴びせると、梵のセカンドゴロ,天谷のライトへの犠飛で同点のホームイン。1−1で迎えた6回、ヤクルトは二死走者なしから會川のヒット,梵のエラーでチャンスを作ると、ここで代打・武内が勝ち越しタイムリーを浴びせると、続く川島慶のタイムリーに嶋のエラーが重なり、この回3点。7回からは木田画伯−五十嵐−林と繋ぐパーフェクトリレーを見せ、逃げ切り。館山は6回1失点で無傷の3勝目を飾った。

◆YB4−12T◆
この日、負ければ、2年ぶりの最下位転落となってしまう阪神は2回、一死満塁のチャンスを掴みながら、狩野,福原と連続三振に倒れて、三者残塁となると、その裏、内藤に2号2ランを叩き込まれると言う何とも嫌な展開。しかし、直後の3回、シャア少佐が12球粘って四球を選ぶと、関本も歩いて、一、二塁のチャンス。ここで鳥谷のバントが小林のエラーを誘うと、キュラソ星人のファーストゴロが今度はジョンソンの同点2点タイムリーエラーを呼び込むタナボタで28イニングぶりの得点をゲット。更に、ボークと内野ゴロで2点を勝ち越し、この回ノーヒットで4点を獲得。これで流れを引き寄せた阪神は4回には関本がタイムリーを放つと、6回には鳥谷の4号2ラン等で一挙5点を追加し、10点目。7回にも狩野の今季初アーチで2点を追加。キュラソ星人,新井の4,5番はノーヒットに終わったものの、この所の貧打地獄の鬱憤を晴らす12得点で最下位転落の危機を脱出した。先発・福原は5回2失点で降板となったが、打線の援護に助けられ、2勝目。

◆H8−1L
プロ初先発となったルーキー・野上は1,2回と三者凡退に抑える上々の滑り出し。しかし、3回一死から田上に4号ソロを被弾し、先制点を献上してからおかしくなり、続く4回、無死満塁のピンチを作ると、井津市後、オーティズに2点タイムリー二塁打を浴びた所で無念のKO。ソフトバンクはこの後、柴原が2点タイムリーを放ち、この回4点。6回にはまたもオーティズが4号ソロを叩き込むと、7回には小久保がタイムリー、8回にも1点を加えて、ダメ押し。先発・杉内はボカチカに被弾し、完封が途切れた事でマウンドを譲ったが、8回を1失点12三振の快投で4勝目をあげた。

◆M6−0E◆
ロッテは初回、二死二塁から井口の7号2ランで先制すると、続く2回にはランビンが2号ソロと一発攻勢で3点のリード。4回にはまたもランビンがタイムリー二塁打を放つと、8回には四球の大松を一塁に置いて、ベニー松山が2号2ランを放り込み、ダメ押しの6点目。投げては先発・唐川が毎回の様に走者を出しながらも、あと一本を許さない粘りの投球を見せ、プロ初完封で3勝目。楽天は8安打を放ちながら、10残塁の拙攻で7カードぶりの負け越しとなった。

◆F7−2Bs◆
岸田が右肩の張りを訴え、登録抹消となった事で急遽8年ぶりの先発に起用された吉野だったが、初回、四球で作ったピンチに日高のエラーが重なり、先制点を献上。続く2回にも四球で作ったピンチが後藤のエラーで拡大すると、金子誠,田中と連続タイムリーを浴び、あえなくKO。代わった金沢も準備不足からか、稲葉にタイムリー二塁打を浴び、この回5失点。早々と大量リードを貰った日本ハム先発・武田勝は走者を出しても落ち着きを失わずに後続を断ち、6回を下山のソロによる1点のみに抑え、2勝目。偽バファローズは毎回の12安打を浴びせながら、4併殺10残塁と言う大拙攻で4連敗となった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 19:39コメント(0)トラックバック(56) 

July 01, 2008

◆G4−7S◆
序盤から点の取り合いとなったこの試合、先手を取ったのはヤクルト。まず初回に青木のタイムリー三塁打等で2点を奪うと、続く2回には川本が犠飛を打ち上げ、3点目。その裏、寿司職人ラミレスの21号ソロで1点を返されるも、直後の3回、青木が9号ソロを叩き込んで、再び3点差。追いかける巨人は4回、無死一、二塁のチャンスでまたも寿司職人ラミレスが2打席連続となる22号3ランを放ち、一気に同点。しかし、それも束の間、ヤクルトは5回に武内のタイムリー三塁打で再び勝ち越し。更に、二、三塁となった所でウィルソンが2点タイムリーを浴びせて、またまた点差は3点に拡大。以降、膠着状態に陥り、4−7の儘、土壇場9回に突入。ヤクルト守護神・林に対して、巨人は一死から寿司職人ラミレスがこの日4本目のヒットで出たものの、続く阿部がピッチャーゴロゲッツーに倒れる最悪の展開で一瞬にしてゲームセットとなった。

上原を中継ぎなんぞで恐る恐る使っている為に出来てしまった穴を埋めるべく起用された野間口はあえなく3回KO。打ってはマッスル千代の富士が4打席4三振の大ブレーキ。寿司職人ラミレスの2発4安打4打点と言う孤軍奮闘は全く報われず、またまた貯金が消滅してしまった。

◆T8−3D
2回にデラロサのタイムリーで先制した中日だが、3回、二死一塁から先発・中田が連続四球で満塁のピンチ。ここで林をファーストゴロに打ち取るも、これをT.ウッズがエラーし、同点とされる体たらく。川相不在の重さを痛感し、落胆の色を隠せない中田は続く4回にも二死満塁のピンチを迎えると、新井にタイムリーを浴び、2点を献上。しかし、直後の5回、中日は四球と連打で無死満塁とするとT.ウッズが汚名返上の2点タイムリーを放ち、同点。なおも勝ち越しのチャンスだったが、ベンちゃん,李と凡退。デラロサが歩いて再び満塁としたものの、谷繁が打ち上げて、三者残塁。すると、その裏、阪神は一死二、三塁から藤本のセカンドゴロが野選を誘い、勝ち越し。更に、代打・葛城イクローの犠飛で1点を追加。続く6回には新井のタイムリー三塁打,キュラソ星人の14号2ランで3点を加え、ダメ押し。6回から登板の久保田が2回をピシャリと抑えると、8回からはウィリアムス−藤川と繋ぐJFK揃い踏みで中日の反撃を断ちきった。

阪神と同じ10安打を放ちながら、結果は5点もの差をつけられての大惨敗。一発なしで3点取ったからと言っても、1併殺11残塁の拙攻を展開している辺り、タイムリー欠乏症に苛まれて続けている事に変わりはない様だ。守っても3失策と攻守に渡って川相不在の弊害を大露呈。これで阪神との差は7.5と拡大。この絶体絶命の状況を打破する為にも名手・川相の現役復帰が大いに待たれる所だ。

◆YB2−3C◆
案の定、求道者・前田がベンチに軟禁され、試合前から逆境に立たされた広島は先発・大竹が初回からビクビー,金城と連続タイムリーを浴びて、2点を献上。しかし、直後の2回、石原のタイムリーで1点を返した広島は4回に栗原の9号ソロで同点。そして、7回にはシーボルにタイムリー二塁打が飛び出して、ついに勝ち越しに成功。その裏、横浜は一死から石川が内野安打で出るも、痛恨の牽制死。続く相川も内野安打を放ち、大竹をKOするが、代わったシュルツの前に代打・メカゴジラが打ち取られ、同点ならず。広島は8回から横山−永川と繋ぐ必勝リレーを展開し、1点差を守りきった。

栗原の活躍や大竹の粘りの投球で広島が逆転勝ち。前回、大炎上の永川も今回はきっちり締めた。水島の呪いに苛まれている横浜相手とは言え、求道者・前田がフル欠場だと言うのに、借金完済へリーチをかけてしまった事は果たして、喜んでいいものか…。まったく松田オーナーもシーズン半ばに余計な事を言ってくれたもんだ。

◆Bs4−1H◆
ソフトバンクは初回、一死満塁と絶好のチャンスを掴むも、大村,長谷川と連続三振に倒れて、先制ならず。すると、その裏、偽バファローズは一死から阿部,カブレラと連打を浴びせると、ローズが19号3ランを叩き込み、3点を先制。2回以降、立ち直りを見せていた杉内だったが、6回、濱中に7号ソロを被弾し、4点目を献上。偽バファローズ先発・小松は走者を出しながらもあと一本を許さず、7回まで無失点の好投。8回に菊地原が松中に被弾し、更に、一死一、二塁のピンチを迎えたものの、松田をゲッツーに仕留めて、凌ぎきると、9回には守護神・加藤が三者三振の快投で締め括った。

プロ入り以来、対偽バファローズ戦無傷の8連勝中だった杉内が立ち上がりをつかれて、ついに初黒星。ソフトバンクは初回の満塁のチャンスを生かせなかった事で流れを掴みきれなかった。偽バファローズは2回以降僅かに3安打で初回の3点が大きくモノを言った。久々の先発登板となった小松も好投で1ヶ月半ぶりの5勝目。結局、しばらく中継ぎに回されていたのは交流戦仕様だったのだろうか…。明らかに、後ろに回す先発要員のチョイスを間違えていた気がするのだが…。

◆F7−12L
西武は日本ハム先発・スウィーニーの立ち上がりをつき、初回にブラゼルの20号2ランで先制すると、2回には4連打と栗山の犠飛で3点を追加し、早くも5点のリード。しかし、その裏、日本ハムが猛反撃。まず先頭の高橋が5号ソロで反撃の狼煙を上げると、スレッジが死球を食らった後、小谷野は三振に倒れるも、鶴岡,金子誠と連打を浴びせて2点目。更に、一軍復帰の劇団ひちょりが四球を選んだ後、高口が2点タイムリーを放ち、1点差。二死後、稲葉にも2点タイムリーが飛び出し、この回一挙6点を奪って逆転に成功。6−5の儘、迎えた6回、西武は二死一塁から中島のタイムリー二塁打で同点とすると、ブラゼルが歩いて一、二塁となった所でG.G.佐藤が19号3ランを叩き込み、一気に3点を勝ち越し。8回には2点,9回にも1点を加え、試合を決定付けた。

日本ハムは折角、5点差を跳ね返したと言うのに、出る投手出る投手悉く火だるまで終わってみれば、再び5点差をつけられての黒星。石井一が2回もたずにKOとなりながら、小刻みに投入されたリリーフ陣がきっちり抑えた西武とは対照的だった。劇団ひちょりは水島の呪いによる骨折から約1ヶ月ぶりに戻ってきたが、4の1と復帰初戦は地味な結果に終わった。

◆E2−7M◆
楽天先発・朝井に対して、ロッテは初回、フクーラのタイムリーで先制すると、続く2回には西岡の犠飛で2点目。更に、3回にはベニー松山,サブローと連続タイムリーを浴びせて、3点を追加。5回にはまたもサブローにタイムリーが飛び出すと、今江も犠飛を打ち上げ、7点目。朝井はこの回限りで降板となった。立ち上がりは不安定だった清水だが、尻上がりに調子を上げていき、楽天打線を翻弄。6回に無死二、三塁から2つの内野ゴロで2点を返されたものの、落ち着きを失う事なく、投げ続け、完投で6勝目をマークした。

今季唯一となる盛岡での公式戦。先日の大地震の被災者を励ますべく「頑張ろう!東北」と「がんばろう神戸」のパクリステッカーをヘルメットに貼って臨んだ楽天だったが、結果は朝井の背信投球で無念の惨敗。一方、前回7失点と打ち込まれた清水だが、今季5度目の完投を初の無四球で飾り、汚名を返上。打っては効率のいい攻撃で着々と加点し、楽天のモチベーションを奪い取った。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:35コメント(0)トラックバック(35) 

June 23, 2008

◆C7−6E◆
交流戦最後の最後まで求道者・前田をシメ倒す気満々のブラウン監督は、またまた求道者・前田をベンチに軟禁。失意の先発・長谷川は初回から四球連発でピンチを作った挙げ句に山崎武にタイムリーを浴び、先制点を献上すると、3回にはショートに5号2ランを被弾し、この回限りであえなくKO。その裏、朝井の暴投連発によりタナボタの1点を返すも、直後の4回、2番手・青木が5長短打を集中されて、3失点。5点ビハインドとなった広島はその裏、石原のタイムリー二塁打で1点を返すと、6回には一死二、三塁のチャンス。ここでついに登場した求道者・前田はブラウン監督への鬱憤を晴らすがごとくライト前へ怒りのタイムリー。すると、二死後、求道者・前田の執念の一打に触発された同じく元リハビリ三羽烏の代打・緒方がレフトスタンドへ2号3ランを叩き込み、一気に同点。完全の押せ押せの広島は7回のチャンスこそ逃したものの、続く8回に二死二塁から栗原のタイムリーで勝ち越しに成功。最後は守護神・永川が三者凡退に斬って取り、交流戦初の勝ち越しを決めた。

12試合で指名打者が使える交流戦において、求道者・前田の出番増が大いに期待されたにも拘わらず、むしろ激減した事で大いにファンを失望させたブラウン暗黒采配。その姿勢は最後の最後まで貫かれてしまった訳だが、心身共にどん底に貶められながらも、求道者・前田は最後に意地を見せてくれた。その一打に報いるがごとく、ナインも奮起しての会心の逆転勝利は求道者・前田の影響力の高さを感じさせた。しかし、ブラウン監督は同点アーチの緒方に着目するばかりで、逆転のきっかけとなったタイムリーなど見向きもせず、求道者・前田の活躍を隠蔽するであろう事は想像に難くない。もう指名打者が使えない同一リーグとの戦いに戻るとあっては、今後も一体どれだけ出して貰えるのか不安は募る一方である。

◆S4−3Bs◆
0−0で迎えた3回、偽バファローズは後藤,下山のヒットで一死二、三塁のチャンスを掴むと、坂口が犠飛を打ち上げ、1点を先制。2回までに4残塁と拙攻続きだったヤクルトだが、その裏、宮本,青木と連打を浴びせると、続く畠山が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、一気に逆転に成功。7回にはヒットで出た川島慶が二盗,三盗と決めた上、日高の悪送球を誘って、本塁生還。更に、この後、一死満塁とチャンスを拡大させたが、10年目の初打席となった代打・牧谷が空振り三振。続く田中もショートゴロに倒れて、1点止まり。土壇場9回、偽バファローズはヤクルト守護神・林から先頭のカブレラが13号ソロを叩き込むと、一死後、北川にも5号ソロが飛び出して、ついに同点とし、延長に持ち込んだ。迎えた10回、8回から登板し、3イニング目となる加藤は一死から四球を連発。ここでウィルソンをセカンドゴロに打ち取るも、ゲッツーを取れず、武内にタイムリーを浴びて、サヨナラ負けとなった。

村中が前回に続く好投を展開したものの、林がよもやの2被弾で白星を粉砕されてしまった。7回のチャンスにあと1本出なかったのも悔やまれる所だ。結局、林が打たれているので、あまり大局に影響はないのだが、6回降板は少々早かったのではなかろうか。偽バファローズは粘ったものの、加藤を引っ張り過ぎてのサヨナラ負けで5連敗で交流戦の負け越しが決まってしまった。連敗中、投手陣はさほどに打ち込まれていないのだけに、打線の復調が望まれる所だ。

◆YB10−5L◆
連敗地獄に陥っている西武は初回から先制点をあげるも、その裏、先発・石井一が一死三塁のピンチで内川に犠飛を許して、あっさり追い付かれると、更に、村田に19号ソロ,吉村に16号2ランと相次ぐ被弾でこの回4失点。2回に細川の10号ソロで2点差とするも、3回、2四死球で作った二死一、二塁のピンチで石井タクロー,相川に続いて、ウッドにまで痛打されて、3点を失い、KO。横浜は続く4回にも大西の犠飛で1点を追加。6点を追う西武は7回、5安打を集中し、3点差まで詰め寄ったものの、反撃もここまで。7,8回と1点ずつ追加され、ダメを押された西武はこれで6連敗となった。

水島の呪いが軽減されている隙をついて、横浜が今季初の3連勝。放出した小池が活躍している事で、野手陣が奮起したか? そして、開幕から唯一先発ローテを守っているが、ただ守っているだけだったウッドがついに来日初勝利。ここまで実に長かった。13試合勝てなくても先発で投げ続けさせた大矢監督の気の長さには関心する。先発がいないから…って、そりゃ、はーちゅんを後ろなんかに回してるからだよ。普通、こういう配置転換は先発で結果の出てない方が回されるものなんだが…。それにしても、首位を独走していた西武がよもやの急失速。4位の楽天まで4ゲーム差と混戦模様になってきた、今後のパ・リーグが楽しみな展開になってきた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:39コメント(0)トラックバック(14) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ