森本学

June 29, 2010

6/29ラミレス◆C9−12G◆
巨人得意の一発攻勢が序盤から炸裂。まずは2回に寿司職人ラミレスが24号ソロを叩き込むと、長野のゲッツーでチャンスが潰えたに見えた直後に脇谷が2号ソロ。4回には寿司職人ラミレスの2打席連続25号ソロ,阿部の25号ソロと連続アーチの後、江戸川,坂本にはタイムリーが飛び出し、4点を追加。その裏、広島は嶋,ルパン広瀬の連続二塁打で3点を返すが、直後の5回、巨人は寿司職人ラミレスが3打席連続の26号ソロ。更に、6回には江戸川に3号ソロが飛び出した後、二死一、二塁で回ってきた寿司職人ラミレスは左中間へ大飛球。日本タイの4打席連続アーチか…と思われたが、惜しくもフェンス上部直撃に留まる走者一掃のタイムリー二塁打となって10点目。ワンサイドゲームになるかと思いきや、粘る広島はその裏、石井タクローのタイムリーで1点を返すと、7回には代打・赤松がタイムリー。8回に坂本の15号ソロで1点を返されるが、その裏、東出のタイムリー三塁打,嶋の5号3ランで一気に4点を奪い、2点差まで詰め寄った。しかし、巨人は9回、長野の10号ソロでダメ押し。最後は守護神・クルーンが3人でピシャリと締めて、辛くも逃げ切った。先発・東野は5回3失点で降板となったが、打線の援護に恵まれて、初の2桁勝利を達成した

◆T11−5D◆
中日は2回、先頭のベンちゃんが三塁打。一死後。連続四球で満塁とするも、後続を断たれて、三者残塁。川相不在の重さを痛感し、落胆の色を隠せない中日先発・あちゃくらさんはその裏、ブラゼルに24号先制ソロを被弾。続く3回には荒木のエラー等で作ったピンチでマット・マートンにタイムリー二塁打を浴びると、新井,ブラゼルと連続アーチを叩き込まれて、5失点。阪神は5回にもブラゼルの3打席連続26号2ラン,J.マッケンジーの12号ソロとまたも連続アーチで3点を追加。7回に川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに野本に4号ソロを浴びるが、その裏、代打・浅井のタイムリー二塁打,桜井の犠飛でダメ押しの2点を追加。この後、中日は川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに飛び出した荒木の今季初アーチ等で4点を返した序盤の失点が大き過ぎた。阪神先発・スタンリッジは7回を1失点の好投で4勝目

◆YB0−10S◆
0−0で迎えた4回、ヤクルトは二死からガイエルが二塁打を浴びせると、謎の新助っ人・ホワイトセルが2号先制2ラン。続く5回には二死から村中が四球を選ぶと、青木がヒットで繋いだ所で田中が走者一掃のタイムリー三塁打。続く飯原にもタイムリーが飛び出して、この回3点。更に、6回には無死満塁のチャンスに村中が2点タイムリー。一死後、田中もタイムリーを放って、8点目。8回には飯原,ホワイトセルのタイムリーでダメ押しの2点を追加。投げては先発・村中が毎回の様に走者を出しながらも落ち着いた投球で後続を断ち、8回無失点で5勝目をあげた

◆M1−19H◆
ソフトバンクのスーパー(アクセントは「スー」)ダブルチャンス打線(若大将・原辰徳命名)が大爆発。初回の二死一、二塁のチャンスは逃したものの、3回に田上の2号3ラン,松田のタイムリーで4点を先制すると、3回には森本のプロ初アーチとなる2ランが飛び出して、6点目。4回に金の18号ソロで1点を返されるが、5回、オーティズの18号3ランなど9長短打「を集中し、大量10点のビッグイニングを作って、早くも先発全員安打を達成。攻撃の手を緩めないソフトバンクは6回にも松田,柴原の連続アーチ,長谷川のタイムリーで3点を追加し、計23安打19得点。投げては先発・杉内が8回を1失点の好投を見せ、4年連続の10勝目をマークした

◆Bs0−3E◆
楽天先発・田中に対し、偽バファローズは初回、坂口,赤田と連打を浴びせると、後藤がライトスタンドへ6号3ランを叩き込み、僅か10球で3点を先制。田中は2回以降、走者を出しながらも、要所を締める粘りの投球を見せるが、肝心の味方打線が一向に得点を奪えない。3回に二死から聖沢が三塁打を浴びせるも、嶋がセカンドゴロに終わり、無得点。7回には二死からルイーズのヒットと連続四死球で満塁とするが、代打・憲史実がショートゴロに倒れて、三者残塁。9回にも先頭の中村紀がヒットで出るが、後続3人が打ち取られ、ゲームセット。偽バファローズ先発・木佐貫は7年ぶりの完封で8勝目をあげた

◆L4−6F◆
初回、日本ハムは二塁打の田中を劇団ひちょりが送った所で稲葉がライトスタンドへ13号先制2ラン。更に、二死後、糸井がヒットで出ると、規定打席にも到達しない中途半端な成績で何故かファン投票1位となったあの男によもやのタイムリー二塁打が飛び出して、3点目。2回にも劇団ひちょりのタイムリーで1点を加えると、3回には一死一、二塁から鶴岡のタイムリー,田中の犠飛で2点を追加。6点を失った西武先発・岸は5回で降板となった。追いかける西武は5回、栗山のタイムリーでようやく1点を返すと、続く6回には理不尽にもあの男にファン投票1位の座を奪われたブラウンが怒りの16号ソロを叩き込み、2点目。土壇場9回には二死一、二塁から栗山の走者一掃タイムリー二塁打で2点差と詰め寄り、抑えの武田久を引っ張り出すと、連続四死球を選んで満塁と長打が出れば、一気に逆転サヨナラのチャンス。しかし、最後は阿部がショートゴロに打ち取られ、あと一歩及ばなかった。日本ハム先発の矢貫は5回1/3を2失点でプロ初勝利を飾った

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:51コメント(0)トラックバック(17) 

September 29, 2009

◆D4−1G◆
19日ぶりの登板となる巨人先発・グライシンガーに対し、中日は2回、先頭のブランコが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに38号先制ソロ。更に、二死後、柳田,小山と連打を浴びせると、投手のあちゃくらさんが走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、この回3点。続く3回には野本が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに2号ソロを叩き込み、4点目。4回まで散発2安打と沈黙していた巨人は5回、古城のヒット,井端のエラー等で一死二、三塁とすると、坂本の犠飛でようやく1点。続く6回にはガッツ,寿司職人ラミレスと連打を浴びせると、一死後、松田記者がレフト前へ弾き返すが、二塁走者の代走・脇谷が本塁憤死。続く古城も倒れて、二者残塁。中日は7回からゴーグルで照明の光を反射させて打者の目を眩ましでもしなければ、とてもプロでは通用しない非力で卑劣な投手として描かれてしまった水島の呪いを受けて以来、2年間白星から遠ざかっている山井−高橋と繋ぎ、最後は浅尾が締めて、逃げ切った。先発のあちゃくらさんは6回を自責点0の好投で2年ぶりの10勝目

◆S2−8T◆
Aクラス奪回へ負けられない阪神は初回、二死一、二塁から新井のタイムリー二塁打で先制。3回には一死一塁からキュラソ星人がタイムリー二塁打を放ち、1点を追加。しかし、その裏、ヤクルトは死球の福地を二塁に置いて、青木が15号2ランを叩き込み、一気に同点。追い付かれた阪神は4回、由規のエラーと連続四球で二死満塁とタナボタのチャンスを貰うと、鳥谷,キュラソ星人と連続二塁打を浴びせて、4点を勝ち越し。ヤクルトは6回、二死から連打と四球で満塁とし、阪神先発・ソニックをKO。一発が出れば同点と言う場面で代打・デントナを送り込んだが、ここで代わったアッチソンの前に三振に倒れて、三者残塁。ピンチを脱した阪神は直後の7回、新井が15号ソロを叩き込むと、9回には狩野のタイムリー内野安打でダメ押し。8回途中からマウンドに上がっていた藤川がその裏もピシャリと締めて、逃げ切り。再びヤクルトとの差を0.5に縮め、Aクラスへ望みを繋いだ。ソニックは5回2/3を2失点で9勝目

◆C2−1YB◆
初回、広島は一死から死球を食らった小窪が天谷のセカンドゴロで二進すると、ここで栗原がライト前へタイムリーを浴びせて、1点を先制。立ち上がりは不安定だったが、徐々に調子を上げていく広島先発・今井は5回まで無失点の好投。しかし、6回、先頭の金城に二塁打を浴びると、藤田に犠打を許した所で内川に犠飛を打ち上げられて、ついに同点。1−1の儘、迎えた土壇場9回、横浜は一死から村田のヒット,ジョンソンの四球で一、二塁とするも、吉村,石川と打ち取られ、勝ち越しならず。初回の栗原のタイムリー以降、22人連続凡退と手も足も出ずにいた広島だが、その裏、先頭の代打・ルパン廣瀬がレフト前ヒットで出塁。続く東出がきっちり送ると、小窪が敬遠されて、一、二塁。天谷は三振に倒れたものの、またも栗原がセンター前へタイムリーを放ち、劇的なサヨナラ勝ち。4番手のシュルツに4勝目が転がり込んだ。

9/29 森本◆E6−7H◆
首位・日本ハムへの挑戦権を賭けた2位攻防4連戦、先手を取ったのはソフトバンク。楽天先発・岩隈に対し、2回二死から明石が三塁打を浴びせると、長谷川,田上と連続タイムリー二塁打で2点を獲得。楽天は3回、二死満塁から山崎武が押し出し四球を選んで1点差。ソフトバンクは5回、一死三塁から小斉が野選を誘い、1点を加えると、更に、二死一、二塁とした所で松中がタイムリーを放ち、この回2点。続く6回には先頭の田上が24号ソロを叩き込み、5点目。岩隈はこの回限りで降板となった。4点を追う楽天はその裏、草野,青波の長瀬と連打を浴びせると、一死後、宮出がタイムリー。更に、代打・中島が歩いて満塁となった所で渡辺直が犠飛を打ち上げ、3点目。続く7回には先頭の鉄平が内野安打で出ると、山崎武が37号2ランを叩き込み、ついに同点。土壇場9回、楽天は3四球で一死満塁と絶好のサヨナラの場面を作りながら、青波の長瀬がファーストゴロゲッツーに倒れて、延長に突入。迎えた10回、ソフトバンクは先頭の川崎が四球で歩くと、一死後、森本のタイムリー三塁打で勝ち越しのホームイン。更に、この後、2四球で二死満塁となった所で明石が押し出し四球を選び、この回2点。その裏、楽天は一死から中村真が3号ソロを叩き込むが、中谷,渡辺直と倒れて、あと一歩及ばなかった。4番手の馬原は2回を1失点で4勝目

◆F12−3Bs◆
今度こそプロ初勝利をと、4度目の先発に臨んだルーキー・伊原は初回、簡単に二死を取り、上々の滑り出し…と思いきや、稲葉に死球を食らわせると、高橋に8号2ラン,スレッジに25号ソロと連続被弾で3失点。3回に1点を返して貰うも、4回、先頭の糸井に14号ソロを被弾すると、続く鶴岡に二塁打を浴びた所であえなくKO。勢い付く日本ハムは更に、田中,小谷野のタイムリー等でこの回5点。6回には二死走者なしから高橋が岡田のエラーで出ると、スレッジがこの日2本目となる26号2ラン。更に、小谷野が二塁打で続いた後、糸井もこの日2本目となる15号2ランを叩き込み、試合を決定付けた。5発のアーチを掲げる一発攻勢で快勝を収めた日本ハムはAクラスを確定させ、優勝マジックを5と減らした。先発のスウィーニーは7回を投げ、10安打を浴びながらも、3失点で食い止め、5勝目をあげた

◆L3−13M◆
西岡の悲痛な叫びも虚しく、下衆なファンが無駄に空気を悪くしている中、この日は真っ当なファンの鬱憤を晴らすがごとく、ロッテ打線が大爆発。初回、一死満塁のチャンスに里崎が押し出し四球を選んで先制すると、今江のセカンドゴロの間に1点を加えた後、南が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、この回4点。2回に1点ずつ取り合って迎えた4回には一死二、三塁から堀のタイムリーで2点を追加。続く5回には一死一塁からまたも南が3号2ラン。更に、田中雅が歩いた後、早坂のタイムリー三塁打,堀のタイムリー内野安打で一気に4点を追加。8回にも今江のタイムリーで2点を加え、ダメ押し。投げては、大量援護に守られた先発・小野が西武打線を5安打3失点で切り抜け、完投で8勝目をマークした。敗れた西武は連覇の可能性が消滅。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:11コメント(0)トラックバック(27) 

June 16, 2009

◆G7−6L◆
西武は3回まで5安打を浴びせながら、6残塁のまずい攻めで一向に先制点を奪えない。その隙に巨人は3回、投手の春風亭半ケツが自らセンター前ヒットを放ち、口火を切ると、坂本の死球等で二死二、三塁のチャンス。ここで寿司職人ラミレスがファースト強襲のタイムリー内野安打を放ち、1点を先制。しかし、直後の4回、西武は二死三塁から片岡がレフトスタンドへ5号2ランを叩き込み、逆転。更に、栗山,中島の連打で1点を追加すると、中村もヒットで続く。これで一気に三塁を蹴った中島だったが、本塁憤死で3点止まり。2点を追う巨人はその裏、松田記者,鶴岡の連続二塁打で1点を返すと、二死一、二塁となった所でキムタクが2号3ランをぶち込んで、一気に逆転。更に、続くガッツも14号ソロを放り込み、西武先発・石井一をKO。6回には坂本が9号ソロを放ち、7点目。巨人は降雨コールドの可能性を睨んでか、早くも5回から山口を投入。山口が2回をピシャリと抑えると、7回からは越智が登板。7回は三者凡退で切り抜けた越智だったが、8回、古城のエラーでピンチを作ると、一死二、三塁から代打・礒?,片岡と連続タイムリーを浴びて、1点差。しかし、最後は豊田が何とか締めて、辛くも逃げ切り、連敗を脱出。2番手の山口に5勝目がついた

6/16 ソフトバンク交流戦連覇◆D3−4H◆
交流戦優勝マジックを2としているソフトバンクは中日先発・あちゃくらさんに対して、初回、内野安打の本多が捕逸と犠打で三進すると、オーティズの犠飛で先制のホームイン。続く2回には一死一塁から田上がタイムリー二塁打を浴びせて、2点目を追加。交流戦MVPを狙うソフトバンク先発・ホールトンは3回まで1安打無失点の好投を見せていたが、4回、一死から森野に痛打されると、続くブランコに川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに19号2ランを被弾し、試合は振り出しに。2−2の儘、迎えた7回、ソフトバンクは先頭の長谷川がヒットで出ると、松田が送って、一死二塁。田上は三振に倒れるも、続く村松がセンター前へタイムリーを放ち、勝ち越しに成功。7回から攝津アッパーが2回をピシャリと締めると、最後は馬原を投入して逃げ切りを図るも、暴投連発で同点にされてしまい、試合は延長に突入。10回、同点ながらも守護神・岩瀬を投入した中日だったが、二死二塁のピンチを背負うと、代打・森本にタイムリー二塁打を浴び、勝ち越し点を献上。その裏、ファルケンボーグが締めて、来日初セーブ。西武が敗れた為、ソフトバンクは2年連続の交流戦制覇。中日はタイムリー欠乏症,一発依存症がまたも発症し、あちゃくらさんを見殺しにする暗黒パターンが炸裂。このとてつもない重い空気を変える為にも一刻も早い名手・川相の現役復帰が待たれる所だ

◆T4−3F◆
何とか連敗を脱したい阪神だが、先発・ソニックが初回からスタメン復帰の稲葉に9号2ランを被弾し、先制点を献上する苦しい立ち上がり。なおも一、二塁のピンチを迎えたソニックだが、小谷野をゲッツーに仕留めて、切り抜けると、続く2回には三者三振の快投で立ち直りを見せる。すると、その裏、阪神はブラゼルが4戦連続となる5号ソロ。続く3回には一死二塁から関本が同点二塁打を浴びせると、続く新井が9号2ランを叩き込み、勝ち越しに成功。日本ハム先発・武田勝はこの回限りで降板となった。日本ハムは5回、高橋のタイムリー二塁打で1点差と詰め寄るが、阪神は6回から渡辺−ウィリアムス−アッチソンがパーフェクトリレーを展開。9回には満を持して登板した守護神・藤川が三者三振でなで斬り、1点差を守りきって5連敗をストップさせた。藤川は13日ぶりの6セーブ目

◆YB0−1Bs
山本,ウォーランドの両先発がいずれも3回を無失点と上々の滑り出し。0−0で迎えた4回、偽バファローズは先頭の大引が左中間突破の二塁打で出ると、大村の犠打がウォーランドのエラーを誘い、無死一、三塁。ここでラロッカはショートゴロゲッツーに倒れるも、この間に大引が先制のホームイン。この後、偽バファローズは連打で二、三塁とするも、日高が三振に倒れて、1点止まり。その裏、横浜は先頭の吉村が二塁打を浴びせると、二死後、村田が歩いて、一、三塁。続くメカゴジラの打席で日高がボールを弾くのを見て、果敢に本塁をついた吉村だったが、間一髪アウトとなり、同点ならず。続く5回には二死から石川がヒットで出るも、牽制で刺されるチョンボで無得点。6回表、一死二塁の場面で雨が強くなり、試合中断となったが、結局、その儘、降雨コールドとなり、偽バファローズが勝ち逃げ。山本は5回までながら完封で5月20日以来の4勝目。敗れた横浜は5連敗。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:59コメント(0)トラックバック(27) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ