梵英心

October 01, 2010

10/1ソリアーノ◆C5−0T◆
矢野の引退試合が台無しとなる悪夢の逆転劇のショックから立ち直れていないのか、はたまた、最早、これまでと観念し、中日が試合のないうちに優勝を決めさせて胴上げをさせないと言う嫌がらせに走ったのか、立ち上がりから精彩を欠く阪神は初回から無死一、二塁のチャンスにクリーンアップが揃って凡退すると、その裏、先発・秋山が梵に13号先頭打者アーチを被弾し、先制点を献上。4回には栗原,嶋の連打で一、二塁のピンチを作ると、ルパン広瀬の犠打を処理した際に悪送球を犯して、やらずもがなの1点を献上。更に、小窪のヒットで満塁となった所で石原に犠飛を許し、二死後、梵にも2点タイムリーを浴びて、この回4失点となり、この回限りで無念のKO。打線の方も平野が全打席出塁と一人で気を吐くも、3回以降は二塁も踏めないまま、ついに力尽きた。これにより、中日の4年ぶり8度目のリーグ優勝が確定。広島先発・ソリアーノは散発4安打に抑える好投で来日初完封初勝利を飾った

◆M5−4Bs◆
パ・リーグ最終戦となるこの試合、勝つか引き分けでAクラスが確定となるロッテだが、先発・成瀬が初回からいきなり捕まり、一死一、二塁のピンチを背負うと、ティー岡田,北川と連続タイムリーを浴びて2点を献上。なおも一、二塁のピンチだったが、ここはフェニックス一輝をゲッツーに仕留めて、追加点を阻止。すると、その裏、ロッテは四球とエラーで貰ったチャンスに今江が10号3ランを叩き込み、一気に逆転に成功。4回には一死から今江のヒット,金の四球で一、二塁とした所で大松がセンター前に弾き返して、4点目。立ち直った成瀬の前に2回以降、内野安打1本と沈黙していた偽バファローズは7回、北川,フェニックス一輝の連打で一、三塁とすると、一死後、ここで代わった2番手・内から代打・前田大がセンターへ犠飛を打ち上げ、1点差。その裏、ロッテはサブローのタイムリー二塁打で再び突き放し、2点差の儘、土壇場9回へ突入。ロッテはここ6戦で4試合に失点と安定感を欠く守護神・小林宏ではなく、伊藤を起用。代わりばなフェニックス一輝に三塁打を浴び、続くバイナムのショートゴロの間に1点差と迫られた伊藤だが、前田大,代打・喜田と無難に打ち取り、今季初セーブをマーク。これでロッテは同率で並んでいた日本ハムを退けて、単独3位を確定させた成瀬は6回1/3を3失点で13勝目。偽バファローズは借金返済に失敗し、史上初となる5位での5割キープは果たせなかった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:17コメント(0)トラックバック(27) 

June 01, 2010

◆M11−0G◆
交流戦初優勝へもう1つも負けられない状況の巨人だが、初回、2四球で貰ったチャンスに寿司職人ラミレスが痛恨のゲッツー。これでガックリきたか、先発・内海はその裏、内野ゴロの間に先制点を失うと、3回には一死三塁から今江に3号2ランを被弾。更に、二死後、金,大松と連続二塁打を浴び、早くもKO。これで勢い付いたロッテは続く4回、西岡のタイムリー,井口の犠飛等で3点を加えた後、金に13号2ランが飛び出し、この回、一挙5点。6回にはサブローのタイムリー等でダメ押しの2点を追加し、試合を決定付けた。8回からは橋本−古谷と繋いで完封リレーを達成。先発のマーフィーは7回を4安打無失点で来日4連勝を飾った

◆H3−4S◆
貧打線に見殺され、好投報われずに白星を取り損ねる日々が続いているうちに、調子を崩してしまったルーキー・中沢は初回にデントナの犠飛で先制点を貰うも、3回にオーティズにタイムリー二塁打を浴びて、同点。4回には相川のタイムリーで勝ち越して貰ったのも束の間、その裏、川崎に走者一掃の逆転タイムリー二塁打を浴び、あえなくKO。1点を追うヤクルトは7回、一死二塁から代打・吉本,青木の連続タイムリーで逆転に成功し、ソフトバンク先発・杉内をKO。その裏から、増渕−押本−マツ・オカと1回ずつをきっちり抑えて、1点のリードを守りきった。4回のピンチを切り抜け、2回1/3を無失点に抑える好リリーフを見せた川島亮は今季初白星

◆Bs3−4D◆
名手・川相が現役復帰どころか、コーチとしてから一軍ベンチにも入れて貰えない理不尽な状況にチーム状態が上がらず、ナインの士気が下がる一方である事を察知した落合監督はまたもや川井を先発起用してお茶を濁す事に…。しかし、所詮、カワイであって川相ではない川井ではチームの空気を一気に変える事は出来ず、中日は4回まで毎回安打を放ちながら、2併殺を食らうなど、まずい攻めで一向に先制点を奪えない。いつ貰えるとも分からない援護を待って、必死に投げていた川井だが、5回、二死三塁から坂口に先制タイムリーを許すと、続く赤田に痛打された後、後藤には走者一掃のタイムリー二塁打を浴びて、一気に3失点。3点を追う中日は7回、先頭のベンちゃんが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに15号ソロを叩き込み、ようやく1点。続く8回にはヒットの大島が牽制悪送球で一気に三塁を陥れると、森野のサードゴロの間に生還し、1点差。土壇場9回、抑えのレスターを投入し、逃げ切りを図る偽バファローズだが、レスターはいきなり四球を連発すると、小池に犠打を許して、二、三塁となった所で谷繁に2点タイムリーを浴び、一気に形勢逆転。その裏、満を持して登場した守護神・岩瀬はいきなり先頭の代打・塩崎に痛打されると、フェニックスに犠打を許し、一打同点のピンチを背負ったが、代打・山崎広,坂口と退け、14セーブ目。打者2人に対し、連続三振の快投を見せた4番手・浅尾に4勝目がついた

◆F4−5C◆
右肩痛で出遅れていた大竹がようやく今季初先発。しかし、初回から二死二、三塁のピンチを背負うと、小谷野,高橋と連続タイムリーを許して、いきなり3点を献上。一方、3回まで内野ゴロを量産する安定した投球を見せていた日本ハム先発・ケッペルは4回、四球の天谷を一塁に置いて、栗原に初安打を許すと、求道者・前田の内野ゴロの間に1点を献上。更に、ルパン広瀬にタイムリーを浴びると、二死後、石原にもタイムリー二塁打を浴び、試合は振り出しに。3−3の儘、迎えた8回、広島はフィオの勝ち越しタイムリーで均衡を破るが、日本ハムはその裏、陽の2年ぶりのアーチであっと言う間に同点。しかし、土壇場9回、広島は一死一塁から梵のタイムリー二塁打で再び勝ち越し。最後は横山が二死三塁のピンチを凌いで、辛くも逃げ切り。一時は同点アーチを被弾した2番手・岸本に今季初白星が転がり込んだ。日本ハムは1ヶ月ぶりの3連敗。

6/1鉄平◆E3−2T◆
阪神は2回、DHで調子を上げてきているキュラソ星人がライトスタンドへ5号ソロをぶち込んで、先制。先発・スタンリッジは走者を出しながらも5回まで無失点と粘り強く投げていたが、6回、一死から中村紀に6号同点アーチを被弾。更に、二死後、謎の新助っ人・ルイーズに来日初安打を浴びると、暴投で二進を許した末に草野にタイムリーを浴びて、勝ち越し点を献上。結局、この回限りで降板となった。8回、ブラウン監督はここまで散発2安打1失点の好投を見せ、100球にも達していない先発・ラズナーを引っ込め、継投策に切り替えるが、これが裏目。2番手・片山がいきなりブラゼルに二塁打を浴びると、一死後、3番手・小山が代打・関本にタイムリーを浴びて同点。2−2で迎えた土壇場9回裏、楽天は先頭の嶋が四球を選ぶと、渡辺直の犠打で野選を誘って、一、二塁。この後、聖沢,内村と打ち取られるが、鉄平がセンター前へタイムリーを放ち、サヨナラ勝ち。4番手・川岸に2勝目がついた。

◆L2−6YB◆
27イニング無得点と貧打に喘ぐ横浜は初回、内野安打の石川を下園が送った所で内川がレフト前へ先制タイムリー。更に、村田が二塁打で続くと、二死後、カスティーヨが走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、この回3点。追いかける西武はその裏、原のプロ初アーチで1点を返すと、3回には中島のタイムリー二塁打で1点差と詰め寄る。初回こそ3点を失ったものの、2,3,4回と三者凡退に斬って取って立ち直りを見せる西武先発・石井一は5回も簡単に二死を取るが、ここからまたも石川に内野安打を許すと、下園を歩かせ、一、二塁となった所で内川に走者一掃のタイムリー三塁打を浴び、この回限りで無念のKO。横浜は7回にも石川の犠飛で1点を追加し、ダメ押し。8回からは牛田−山口と繋いで、西武の反撃を断ち切った。先発・清水は7回を2失点の好投で6勝目をマークした

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:42コメント(0)トラックバック(13) 

May 24, 2010

◆G6−4Bs◆
昨日、右手に死球を食らって退場となったガッツが欠場を余儀なくされ、脇谷をサード,マッスル千代の富士を3番に入れる新オーダーで臨んだ巨人は初回、先頭の坂本が四球を選ぶと、二死後、寿司職人ラミレスが16号先制2ラン。しかし、直後の2回、先発・内海がティー岡田に内野安打を許した後、バルディリスに4号2ランを被弾し、試合は振り出しに。2−2で迎えた5回、巨人は一死から脇谷,マッスル千代の富士の連打で一、三塁とすると、寿司職人ラミレスがライトへ犠飛を打ち上げ、勝ち越し。1点を追う偽バファローズは7回、一死から山崎浩がヒットで出ると、鈴木が送って、二死二塁。ここで代打・ハイツ田口を投入するが、代わった久保の前に空振り三振に倒れ、同点ならず。その裏、巨人は日本一高価な代打要員・李の二塁打等で一死一、三塁とすると、マッスル千代の富士の犠飛で4点目を追加。8回からキャンプから先発として体を作ってきたにも拘わらず、先発として失敗した訳でもないのに、早々と中継ぎに回された挙げ句、いつ二軍に落とされても仕方ない程、炎上を繰り返しても、一向に先発には戻して貰えない山口がマウンドに上がるも、二死一塁からティー岡田に10号同点2ランを被弾し、内海の白星が消滅。しかし、その裏、巨人は一死から長野,亀井と連続アーチが飛び出して、再び2点を勝ち越し。最後は守護神・クルーンが3人で締め括り、逃げ切り。内海の白星を粉砕した山口に2勝目がついた

◆YB−H◆
降雨中止。

◆D3−0E◆
楽天先発・ラズナーは初回、簡単に二死を取るも、森野を歩かせると、暴投で二進を許した所でブランコにタイムリーを浴びて、先制点を献上。一方、名手・川相が現役復帰どころか、コーチとしてから一軍ベンチにも入れて貰えない理不尽な状況にチーム状態が上がらず、ナインの士気が下がる一方である事を察知した落合監督は今年も川井を起用してお茶を濁す事を決断。所詮、カワイであって川相ではない川井ではチームの空気を一気に変える事など、望むべくもないのだが、それでも川井は毎回の様に走者を背負いながら、楽天打線に得点を許さない粘りの投球を展開。2回以降、沈黙していた中日は6回、先頭のブランコが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにレフトスタンドへ11号ソロを叩き込むと、続く8回には代打・野本が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに3号ソロを放り込み、3点目。8回からは浅尾−岩瀬と繋ぐ必勝パターンが決まり、完封リレーを達成。川井は6回無失点で今季初勝利となった

5/24城島◆T5−4M◆
3連敗中の阪神はマット・マートンを3番レフトで起用するなど、打線のテコ入れを敢行。初回に1点ずつ取り合って迎えた3回、阪神は先頭の藤川俊がヒットで出ると、一死後、新井がレフトスタンドへ6号勝ち越し2ラン。更に、二死後、ヒットで出たJ.マッケンジーが二盗を決めた所で鳥谷がレフト前へタイムリーを放ち、4点目。2回以降、二塁も踏めずにいたロッテだが、7回、先頭の大松が9号ソロを叩き込むと、一死後、里崎,今江,代打・フクーラの3連打で一気に同点。8回に二死満塁と絶好の勝ち越しチャンスを潰した阪神だが、土壇場9回、一死からマット・マートンのヒットと連続四球で再び満塁のチャンスを作ると、J.マッケンジーがセンターへ犠飛を打ち上げ、マット・マートンがサヨナラのホームイン。阪神の連敗は3でストップ。同点ながらマウンドに上がっていた守護神・藤川球に2勝目がついた。

◆C3−0L◆
WBC使用球はからっきしだが、NPB使用球を使ってのナイターでは抜群の安定感を誇る西武先発・岸に対し、広島は3回、内野安打の石原をスタルツが送ると、二死後、梵がレフトスタンドへ先制5号2ラン。6回にはヒットの栗原が犠打とファールフライで三塁まで進むと、フィオのレフト前ヒットで3点目のホームイン。直後の7回、西武は高山,平尾の連打で無死一、二塁とすると、二死後、片岡がレフト前へ弾き返すが、一気に本塁を狙った高山がフィオの好返球の前にタッチアウト。9回にも一死から平尾のヒツト,代打・礒?の四球で一、二塁と一発で同点の場面を作ったが、代打・上本,片岡と倒れて、完封負け。先発のスタルツは6回1/3を無失点で切り抜け、2勝目をマークした

◆S−F◆
降雨中止。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:45コメント(0)トラックバック(5) 

June 21, 2009

◆G9−4M◆
3連敗中のロッテは初回、西岡の5号先頭打者アーチで先制。その裏、巨人は一死から松本,ガッツの連打で一、三塁とすると、寿司職人ラミレスが犠飛を打ち上げて、同点。2回以降膠着状態となった試合は1−1の儘、6回へ突入。ロッテは一死から竹原が2号ソロを叩き込み、均衡を破ると、続く7回には二死一、二塁のチャンスを作って、巨人先発・内海をKO。ここで代わった東野から西岡が四球を選び、満塁となった所でまたも竹原がタイムリー二塁打を放ち、2点を追加。完全に流れを引き寄せたロッテは8回にも井口の11号ソロ,今江の4号2ランと一発攻勢でダメ押し。その裏、巨人は亀井,阿部の連続アーチで応戦するも、焼け石に水だった。ロッテ先発・清水は7回1失点の好投で3勝目。

◆D8−3Bs◆
一向に波に乗れないチーム状態に名手・川相の現役復帰待望論は強まる一方だが、頑なにその声を無視し続ける落合監督はまたもや川井を先発起用する事でお茶を濁そうとするぬるま湯采配をか敢行。しかし、所詮、カワイであって川相ではない川井が出てきた所で川相不在である事に変わりがなく、追い詰められた空気に包まれた中日は初回、平野の制球難に救われ、一死満塁のチャンスを貰うと、ベンちゃんが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに17号グランドスラムをぶち込んで、一気に4点を先制。しかし、2,3,4回と立ち直った平野の前に沈黙。5回から継投モードにはいった偽バファローズに対し、無死一、二塁のチャンスを逃すと、6回にも二死一、二塁のチャンスを潰すタイムリー欠乏症を露呈。偽バファローズは6回まで川井の前にゼロ行進を続けていたが、7回から登板の2番手・浅尾から3連打でようやく1点。しかし、反撃ムードに水を差すかの様に、その裏から登板した5番手・レスターが大乱調で4点を失い、試合を決定付けられた。川井は6回無失点で開幕6連勝

◆YB0−5H◆
横浜先発・ハマのチンピラに対し、ソフトバンクは初回、一死から川崎が2号先制アーチ。続く2回には一死から長谷川の四球,松田の二塁打で二、三塁とすると、田上がレフト前へタイムリーを放ち、2点を追加。4回には長谷川が2試合連続の6号ソロを叩き込むと、続く松田も2試合連続となる4号ソロを放り込み、5点目。ハマのチンピラはこの回限りでKOとなった。5回以降、ソフトバンクは横浜リリーフ陣の前にノーヒットと抑え込まれるが、先発・杉内が横浜打線を全く寄せ付けず、散発3安打の今季初完封で7勝目を飾った。ソフトバンクはこれでリーグ単独首位に浮上。

◆C7−5F◆
2回に小谷野,3回には高橋にタイムリーを許し、2点のビハインドとなった広島だが、その裏、ヒットの東出を一塁に置いて、喜田が2号2ランを叩き込み、一気に同点。続く4回には二死一、二塁から東出,赤松と連続タイムリーを浴びせて、3点を勝ち越し。5回に三者三振の快投を見せるなど、立ち直ったかと思われた広島先発・前田健だったが、6回、高橋,スレッジと連続二塁打で1点を返されると、二死後、よりにもよって、あの男にタイムリー内野安打を許し、更に、呪われた助っ人・ボッツにタイムリー二塁打を浴びて、同点とされてしまう。しかし、その裏、広島は二死二塁から梵が今季初アーチとなる2ランを叩き込み、勝ち越しに成功。7回からはシュルツ−永川と繋いで、日本ハムの反撃を退けた。前田健は6回5失点と不本意な内容ながら、5勝目を拾った。

6/21 ヤクルト◆S6−5L◆
序盤から空中戦となったこの試合。まず西武が初回に中島の通算100号となる9号2ランで先制すると、ヤクルトは3回に武内の2号2ランで同点。追い付かれた西武は4回に中島の2打席連続10号ソロ,中村の22号ソロと連続アーチで2点を勝ち越し。その裏、ヤクルトはガイエルが11号ソロを叩き込むと、続く5回には一死から3連打で満塁のチャンスを作った所で青木のセカンドゴロの間に再び同点。4−4で迎えた8回、ヤクルトは一死一、三塁から相川のタイムリーでこの日初めてリードを奪い、9回から守護神・林を投入しての逃げ切り体勢。しかし、いきなり武内のエラーで足を引っ張られた林は二死跡、代打・上本に同点タイムリー二塁打を浴び、今季初のリリーフ失敗。更に、この後、連続四球で満塁の大ピンチを背負ったものの、この日2ホーマーの中島の一、二塁間へのゴロを田中が好捕し、辛くもピンチ脱出。すると、その裏、ヤクルトは代打・ユウイチの二塁打等で一死満塁のチャンスるここで福地はファーストゴロに倒れるも、中村が本塁へ悪送球を犯し、3試合連続のサヨナラ勝ち。これでヤクルトは7連勝となり、首位巨人へ2ゲーム差まで詰め寄った。

◆T4−2E◆
プロ初登板となるルーキー・藤原に対し、阪神は2回、一死から桜井が三塁打を浴びせると、続く鳥谷が先制タイムリー。続く3回には二死一、二塁からブラゼル,桜井と連続タイムリーを放ち、2点を追加。4回まで無失点投球を展開していた先発・能見だったが、5回一死から鳥谷のエラーで走者を出すと、今季初打席となる代打・中谷に被弾し、2失点。突き放しておきたい阪神はその裏、関本,新井,キュラソ星人と3連打で無死満塁とすると、ブラゼルがセカンドゴロゲッツーに倒れる間に関本が返って、4点目。6回からは早くも能見を下ろして、継投モードを展開。アッチソン−ウィリアムスと繋いで、最後は守護神・藤川がきっちり締め、2点のリードを守りきった。能見は5回2失点で3勝目をマーク

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:49コメント(0)トラックバック(25) 

June 01, 2009

6/1 マクレーン◆E0−2C◆
偽ハンカチ王子・斉藤,長谷川の両先発が走者を出しながらも、要所を締める粘りの投球で4回まで無失点の好投。均衡が破れたのは5回。広島先頭のマクレーンがレフトスタンドへ2号ソロを叩き込み、ついに先制。更に、二死後、ヒットで出た小窪が長谷部の暴投で二進すると、梵がライト前へタイムリーを放ち、2点目。2点を追う楽天は7回、先頭の中村真がヒットを放ち、斉藤をKO。一死後、ショートが歩いて、一、二塁と一発逆転の場面を作ったが、小坂がファーストゴロ,草野がショートフライに倒れて、二者残塁。土壇場9回、広島は守護神・永川を投入する逃げ切り体勢。これに対して、楽天は一死から中村真が四球を選ぶと、憲史がヒットで続き、一、二塁のチャンス。しかし、藤井はレフトフライ,小坂はサードゴロに倒れて、今季初の3連敗。広島は4投手による完封リレーで5年ぶりの6連勝で借金返済にリーチをかけた。7回途中まで無失点の斉藤は4月29日以来となる3勝目。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:06コメント(0)トラックバック(4) 

September 14, 2008

◆G3−2S◆
巨人は2回、バーンサイドと入れ替わりで一軍再昇格となった李の2号ソロで先制すると、続く3回には内野安打の鈴木尚を二塁に置いて、ガッツ,寿司職人ラミレスの連続タイムリーで2点を追加。先発・春風亭半ケツは三者三振で始まる素晴らしい立ち上がりを見せるなど、4回まで無失点に抑えていたが、一死一、三塁から由規にプロ初打点となる犠飛を許して、1点を返されると、7回には川島慶に4号ソロを被弾し、1点差。8回から登板の豊田が3人でピシャリと抑えると、9回からは守護神・クルーンが登場。クルーンはいきなり先頭の畠山に死球を食らわせるも、続く飯原をショートゴロに打ち取りゲッツー…と思いきや、坂本からの送球を古城がエラーし、無死一、三塁の大ピンチ。しかし、続く田中をセカンドフライに仕留めると、川島慶,代打・ユウイチと連続三振に斬って取り、辛くも逃げ切った。

前回、プロ初勝利を献上してしまった由規相手に雪辱を果たし、巨人が4連勝。まぁ、雪辱と言っても、6回3失点なのは前回と同じなのだが…。阪神が敗れた事でまたまた自力Vが復活した。外国人枠の都合で二軍に落ちていた李が復帰早々の先制弾で期待に応えた。クルーンは昨日同様、自分で作った大ピンチを自分で凌いで、自己の持つ球団セーブ記録をまたも更新。ヤクルトはあと1点が届かず、これで今季ワーストの6連敗。悉く僅差の試合を落としての連敗は果たして、地力の差なのか、ツキの差なのか?

◆YB4−8D
中日は初回、2四球で貰ったチャンスにベンちゃんのタイムリーで先制。更に、中村紀が歩いて、二死満塁とするも、デラロサはサードゴロに倒れて、三者残塁。すると、その裏、横浜は二死一塁から村田が3試合連続となる39号2ランを叩き込み、逆転。1点を追う中日は3回、川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにT.ウッズが33号同点ソロを放つと、続く4回には森野が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに17号ソロをぶち込んで、勝ち越し。その裏、横浜は村田の2打席連続40号ソロ,吉村の4試合連続31号ソロと連続アーチで再び逆転するが、直後の5回、中日は牛田,石川と相次ぐエラーに乗じて追い着くと、更に、デラロサのタイムリー,代打・平田の犠飛,代打・谷繁,森野の連続タイムリー二塁打でこの回一挙5点。その裏から5人の投手を1回ずつ繋いでいくリレーで4点のリードを守りきった。

山内,小林のルーキー対決となったが、いずれも一発を浴びまくって、4回降板。エラーで拾ったタナボタのチャンスを生かした中日が、小刻みなリレーを展開し、借金生活突入の危機を回避した。横浜は村田,吉村の3戦連続アベックアーチが飛び出したものの、他の面々がさっぱりで攻守に精彩を欠いた。そんな中、プロ初登板となった高卒ルーキー・阿斗里が2回を1安打無失点と上々のデビューを飾ったのは明るい材料か。

◆T1−3C◆
阪神は初回、先頭のシャア少佐が内野安打で出ると、平野の犠打で二進。ゼブラ今岡がヒットで繋いだ後、キュラソ星人が犠飛を打ち上げ、1点を先制。移籍初勝利を目指す伊集院光の弟子・金村は2回まで無失点とまずまずの立ち上がりだったが、3回、鳥谷のエラー等で一死二塁のピンチを作ると、東出にタイムリーを浴び、同点。続く4回には一死満塁から梵にタイムリーを浴び、勝ち越し点を献上。更に、二死後、暴投で3点目を失い、この回限りで降板。阪神は3回一死二塁,4回二死二塁のチャンスを逃すと、6回には連打と四球で無死満塁としながら、矢野,代打・悠久の若虎・桧山,葛城イクローと倒れて、三者残塁。広島は7回から投入した梅津が三者三振の快投で阪神の反撃意欲を断ち切り、8回からはシュルツ−永川と繋いで、逃げ切った。

阪神が接戦を落として、6度目のマジック消滅。伊集院光の弟子・金村はリードを守れずに4回降板となり、5連敗で移籍初勝利はまたもお預け。序盤の拙攻が響いた格好で、特に、6回のチャンスに1点も取れなかったのが痛かった。広島も青木高が3回降板。勝ち越し後は拙攻続きで追加点を奪えなかったが、リリーフ陣が踏ん張り、5割復帰へリーチをかけた。

◆M9−6H◆
初回に竹原のタイムリーで先制したロッテは4回にはベニー松山のタイムリー二塁打で1点を追加。2点を追うソフトバンクは4回二死一、二塁から森本,ハマのスペランカー,松中と3連続タイムリーで逆転に成功。しかし、その裏、ロッテは一死一塁から西岡の三塁打,オーティズの二塁打であっさり再逆転。更に、二死後、ズレータ,サブローと連続タイムリー二塁打を放って、この回4点。直後の6回、ソフトバンクは松田の15号ソロ等で1点差まで詰め寄ったものの、7回に2番手・柳瀬がズレータにタイムリー三塁打,8回には4番手・水田が橋本,西岡にタイムリーを許して、息の根を止められた。

ソフトバンクがまたも投壊で3連敗を喫し、借金は今季最多の4にまで膨れ上がった。先発・和田が6失点KOと期待を裏切り、リリーフ陣も崩壊。こんな有様では、Aクラスどころか、借金完済すら危ぶまれる。小久保も離脱し、苦しいのは分かるが、何とか意地を見せて貰いたい所。ロッテは14安打9得点と打線爆発で5割復帰リーチ。先発・小林宏は5失点で6回もたずにKOされながらも、打線の援護に恵まれ、5勝目をマーク。しかし、水島の呪いに苛まれている根元が試合前のバント練習で自打球を顔面に食らい、右頬骨を骨折するアクシデントに見舞われた。呪いにかかった途端の急降下で最早、首位打者どころか3割すら危うくなっている根元だが、呪いの影響もここまで来ると恐ろしい。

◆F9−6Bs
初回にカブレラの35号ソロで先制した偽バファローズは3回には後藤の11号3ランで4点のリード。これで主導権を握ったかに思われたが、先発・金子がピリッとせず、その裏、稲葉の19号ソロで1点を返されると、5回には二死一、二塁のピンチで高橋,スレッジと連続アーチを被弾し、一気に形勢逆転。勢いづいた日本ハムは続く6回にも二死満塁から高橋の走者一掃タイムリー二塁打,スレッジのタイムリーで4点を追加。偽バファローズは直後の7回、ローズ,後藤の連続タイムリーで2点を返し、9回には守護神・MICHEALを相手に一死二、三塁と一発で同点の場面を作ったが、第2打席で一発を放った後藤はあえなく三振。続く代打・濱中もサードゴロに倒れて、万事休す。

3連勝中だった金子が4点のリードを守れない背信投球で偽バファローズは約1ヶ月゛ぶりの連敗。残り14試合で5差を引っ繰り返すのはかなり厳しくなってきた。日本ハムはスーパーさぶ・多田野が4回もたずにKOされ、新人王へ赤信号となったが、高橋が一発含む3安打6打点の大爆発で2カード連続の勝ち越しを果たし、8月28日以来となる貯金1。

◆E5−4L◆
西武は初回、先頭の片岡がヒットで出ると、すかさず二盗。ここで栗山がタイムリーを放って、あっと言う間に先制。1点を追う楽天は2回、一死から山崎武の20号ソロで同点とすると、更に、一、二塁とした所で渡辺直のタイムリー,嶋のスクイズで2点を勝ち越し。しかし、直後の3回、西武はブラゼルの犠飛で1点を返すと、5回にはまたもブラゼルのタイムリー二塁打で同点。更に、続く6回には栗山にタイムリーが飛び出し、再び勝ち越しに成功。3−4の儘、迎えた8回、西武は先発の岸から小野寺にスイッチするが、これが裏目。鉄平,代打・草野と痛打され、二死二、三塁のピンチを背負うと、ここで代打・高須に2点タイムリーを浴び、形勢逆転。9回はグウィンに反撃を断ちきられた。

ようやく戦列に復帰したブラゼルの活躍等で、一時は逆転に成功した西武だが、継投策に失敗し、再逆転負け。とは言え、2位・偽バファローズも敗れた為、マジックは1つ減って10と、いよいよカウントダウン体勢に入った。楽天は中盤こそ拙攻に喘いだものの、勝負強い高須のバットが劣勢を覆した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:57コメント(0)トラックバック(56) 

April 06, 2008

◆G8−1T◆
左脇腹痛で出遅れていた木佐貫が今季初の先発登板。木佐貫は初回こそ一、二塁のピンチを背負ったが、ここを切り抜けると、2,3回と3人ずつで仕留める順調な立ち上がり。一方、福原の前に2回まで無得点に抑え込まれていた巨人は3回、一死一塁からマッスル千代の富士に通算250号となる3号2ランが飛び出して、2点を先制。この後、二死一、二塁のチャンスを逃すと、4回の無死一、二塁のチャンスも逃す重苦しい展開が続いたが、5回、寿司職人ラミレスのタイムリーの後、無死満塁から阿部の止めたバットに当たった打球がセンター前へ抜ける幸運なタイムリーとなり、4点目。更に、坂本がプロ初アーチとなるグランドスラムを叩き込み、この回、大量6点のビッグイニングを形成。木佐貫は8回に代打・葛城イクローのタイムリーで完封は逃したものの、8回1失点で復帰登板を飾った。尚、キュラソ星人は第1打席でヒットを放ち、ついに2000本安打へリーチをかけた。

ローテを1回飛ばされた木佐貫だが、見事に復帰登板で結果を出した。マッスル千代の富士が2ホーマー,坂本がグランドスラム,寿司職人ラミレスが3安打など、打線も爆発し、今季初めて投打が噛み合っての快勝。特に、不振に喘ぐ寿司職人ラミレスが結果を出したのは大きいだろう。あとは存在が空気と化している李に当たりが出るのを待つばかりか…。

◆D6−0S◆
ヤクルトの先発は経歴が似ているからと言うだけでグライシンガー級の活躍を期待されているるリオス。前回の登板では直前のグライシンガーに合わせるかの様に6回KOとなったリオスだが、今回も昨日、グライシンガーが黒星をつけられた事に合わせなければいけないと思ったのか、初回から連打を浴びて先制を許すと、2回には暴投とボークでやらずがなの1点を与えると、続く3回にも李にタイムリー二塁打を浴びて、3点目を献上。更に、4回には川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに中村紀に3号ソロを被弾し、4点目。5回にはT.ウッズにタイムリー二塁打,6回には川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに中村紀に2打席連続アーチを浴びて、6イニング連続失点でついに降板。一方、今季初先発となる吉見は散発4安打でプロ初完投初完封を飾った。

初戦勝敗つかず,2戦目黒星…勝敗結果だけ今季のグライシンガーを追いかけているリオスだが、その投球内容は確実にグライシンガーより1ランク下なので、余計にタチが悪い。あの儘、続投させていたら、中日は毎回得点を達成したかもしれないな…。大体、リオスが追いかけるべきは今年ではなく昨年のグライシンガーなんだが…。オープン戦の好投はフロックだったのかねぇ。一方、オープン戦がフロックではなかったのが、吉見。好調ヤクルト打線相手に三塁も踏ませぬ投球は見事だった。

◆C17−3YB◆
サヨナラ勝ちで波に乗りたい広島は2回、無死満塁からメカゴジラのエラー,東出のタイムリーで3点を先制。4回には天谷に今季初アーチとなる3ランが飛び出して、6点目。大量ビハインドとなった横浜は直後の5回、代打・内川が1号2ラン。更に、続く石井タクローもヒットで繋いだが、ガッツな貴公子・仁志が最悪のゲッツーに倒れて、2点止まり。流れを引き寄せきれなかった横浜に対して、広島はその裏、梵が1号3ラン,6回にはオチョアが2号グランドスラムと一発攻勢で一気に突き放し、計18安打17点の猛攻で今季初の連勝を飾った。先発の長谷川は7回3失点で今季初勝利。

求道者・前田のスタメンでのマルチ安打は5試合連続でストップしたものの、先発全員安打の大爆発。不振の栗原が2安打,下降線を辿っていたシーボルにも20打席ぶりにヒットが飛び出した。低迷中の横浜が相手とは言え、サヨナラ勝ち,大勝といい形での3連戦勝ち越しで弾みをつけたい所だ。昨日、サヨナラ打を浴びたヒューズが10点ビハインドと言う訳の分からない所で登板していたが、これは守護神失格の烙印を押されたと言う事なのだろうか…。

◆M5−4H◆
大場の快投で再び返り咲いた首位の座を死守すべく、左肘手術によるリハビリモードだった和田がついに復帰。復帰登板と言う事で無理はさせられない和田を少しでも楽にしたいソフトバンクは渡辺俊の前に3回まで抑え込まれていたが、4回、井手,山崎のタイムリーで待望の先制点をゲット。続く5回にも二死満塁と絶好のチャンスに先制打を放った井手に回ってきたが、ここは三振に倒れて、三者残塁。しかし、7回、4年連続2本塁打の伏兵・本間によもやの一発が飛び出すなど、2点を追加し、渡辺俊をKO。6回まで僅か1安打と素晴らしい投球を見せていた和田だが、その裏、3連打で1点を失い、KO。更に、代わった柳瀬が代打・サブローに犠飛,今江にタイムリー二塁打を浴びて、1点差。3−4で迎えた土壇場9回、昨日はイニングの途中からの登板で失敗したニコースキーが満を持して、イニングの頭から登板。しかし、いきなり大松に二塁打を浴び、一死後、連続四球で満塁のピンチ。ここで田中雅に同点タイムリーを許すと、二死後、西岡にレフト前へ弾き返され、悪夢のサヨナラ負け。ソフトバンクはまたも首位の座から転げ落ちた。

7回の2点でソフトバンクの勝利は決まったと思われたが、この結末…。ニコースキーにメドが立ったとガトームソンが先発に回った途端に、そのニコースキーが連続リリーフ失敗とは…。どうも今季の王さんは継投に余裕が感じられないだけに、またまた配置転換を模索しそうな予感。復帰の和田がまずまずの内容だったので、またガトームソンが後ろに回されやしまいな? 一方、渡辺俊もイマイチ、ピリッとしない投球が続いていて心配だ。それにしても、要所で出てくる田中雅は渋い働きを見せてるねぇ。

◆Bs2−3F◆
昨日の一発で覚醒したのか、ローズが第1打席で2試合連続の3号先制アーチ。先発・川越は4回まで無失点と踏ん張っていたが、5回、田中のタイムリー二塁打で追いつかれると、6回には連打で無死一、三塁のピンチに小谷野に犠飛を打ち上げられて、勝ち越し点を献上。日本ハムは9回にも金子誠の犠飛でダメ押しの1点を追加。その裏、MICHEALが内野ゴロの間に1点差と詰め寄られたものの、何とか逃げ切り、勝率を5割に戻した。

日高より頼りにならないと評していたビッグボーイズだが、ローズが先制アーチ含む2安打で、この日4タコに終わった日高の打率をついに上回った! 凄いぜ、ローズ!………って、日高と比較する段階で間違っているのだが、ともあれ、ローズは復調してきた様だが、ラロッカは4タコ,カブレラも2三振で最後の打席にようやく1本と、まだまだ上昇カーブには乗れそうもない。そんな調子で、好投の川越はまたも見殺しにされてしまい、実に可哀想。

◆L4−3E◆
4連勝と勢いに乗る西武は初回、G.G.佐藤のタイムリーで先制すると、3回には3連打と礒?の犠飛で2点を追加。楽天先発・朝井はこの回限りで早くもKO。明らかに適性のないストッパーを強いられた上、一度失敗しただけで不要人材扱いされた上、一向に先発にも戻して貰えないグスマンが4回からマウンドに上がったが、5回にブラゼルに被弾し、4点目を献上。西武先発・キニーの前に8回まで散発2安打と二塁も踏めずにいた楽天だが、土壇場9回、一死から連続四死球と高須のヒットで満塁とし、キニーをKO。更に、代わった守護神・グラマンから草野,フェルナンデスの連続タイムリーで1点差。なおも一、二塁のチャンスだったが、山崎武司,代打・木村と倒れて、あと一歩及ばず、楽天は3連戦3連敗。一方、西武は5連勝で単独首位となった。

破竹の7連勝で作った貯金が3タテ食らって、あっと言う間に消滅。負け試合の殆どが2点差以内と紙一重の戦いなのだが、上位を狙うには接戦を確実にモノにしていかなければなるまい。逆に、西武はその接戦を制しまくっての5連勝。それ故に爆発力は感じられないが、非常に不気味だ。首位チームに不気味もクソもないもんだが…。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 20:02コメント(1)トラックバック(71) 

September 07, 2007

◆G8−9T◆
破竹の7連勝で2位に浮上し、東京ドームへ乗り込んで来た阪神はこの日も初回から、前夜のヒーロー・シーツのタイムリーで先制。しかし、その裏、巨人はマッスル千代の富士の31号ソロであっさり追いつくと、2回には先頭の李が25号ソロを放ち、勝ち越し。更に、打てば勝つ不敗神話を誇るホリンズの一発が飛び出して、3点目。4回にも李が2打席連続のアーチと一発攻勢で着々と加点。更に、この後、二、三塁のチャンスを掴むも、パウエルがスリーバントスクイズを見破られた上、ウエストボールにバットを引っ込めてしまい、三塁走者・ニックンが挟殺されて、追加点ならず。失意のパウエルは直後の5回、一死二塁から3連打で1点を失い、なおも満塁のピンチでキュラソ星人に押し出し四球を与えて、あえなくKO。更に、代わった西村もいきなり桜井にぶつけてしまい、連続押し出しで同点。更に、続く葛城イクローのセカンドゴロの間に勝ち越し点を献上。逆転を許した巨人はその裏、一死一塁からマッスル千代の富士がこの日2本目となる32号2ランを放り込み、再逆転。しかし、粘る阪神は7回、2四球で一死一、二塁とした所で桜井が同点タイムリーを浴びせて、2番手・西村をKO。更に、代わった吉武から代打・高橋光のヒットで満塁とすると、矢野がセンター前へ弾き返して、勝ち越しに成功。二塁走者・桜井も一気に本塁を狙ったが、不敗神話続行に闘志を燃やすホリンズの好返球の前にタッチアウト。リードを奪った事で7回からJFKモードの阪神はまず、ウィリアムスが3人でピシャリと抑えると、8回にはキュラソ星人のタイムリーで貴重な1点を追加。これで試合は決まったかと思いきや、その裏から登板の久保田から李に3本目のアーチが飛び出すと、続くニックンも18号ソロを叩き込み、一気に同点。巨人は9回から早くも守護神・上原を投入するが、これに対して、ここまで12本の安打が全て単打だった阪神は悠久の若虎・桧山がチーム初長打となる値千金の一発をぶち込んで、またまた勝ち越し。その裏、8連投となる守護神・藤川は1番から始まる巨人打線を軽く3人で退けて、8連勝。巨人は7発ものアーチを放ちながら、うち6本がソロと言う効率の悪い攻撃が響き、ついにホリンズの不敗神話が崩壊した。

◆D6−1S◆
プロ初先発となるルーキー・伊藤に対して、中日は初回、一死から荒木,中村紀,T.ウッズの3連打で先制すると、二死後、李もタイムリーを放ち、この回2点。続く2回には一死一、二塁から荒木のタイムリーの後、中村紀が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに17号3ランを叩き込み、6点目。先発・朝倉は4回に4連打で1点を失った以降は追加点を許さず、2試合連続の完投で12勝目をマークした。

◆C7−4YB◆
初回に金城の犠飛,吉村の二塁打で2点を失った広島だが、その裏、ノーヒットで1点を返すと、続く2回に一死から3連続四球で満塁と言うタナボタチャンスで梵が14号グランドスラムを叩き込み、一気に逆転。3点を追う横浜は4回にメカゴジラの13号2ランで1点差と詰め寄るが、5回、広島はエラーと2死球で貰ったチャンスに栗原が犠飛を打ち上げ、6点目。7回には求道者・前田のタイムリーでダメ押しの1点を追加。先発・黒田は6回4失点と不本意な内容ながらも、リリーフ陣の援護を仰いで、11勝目を飾った。

◆H7−3Bs◆
ソフトバンク先発のルーキー・大隣は初回から3四球と制球に苦しみながらも満塁のピンチを切り抜けると3回まで無失点。その裏、ソフトバンクは偽バファローズ先発・岸田から一死満塁と先制のチャンスを掴むが、川崎,ハマのスペランカーと打ち取られ、三者残塁。0−0の儘、迎えた4回、偽バファローズは二死一、二塁から前田が走者一掃のタイムリー二塁打を浴びせて、2点を先制。6回にも二死一、二塁からまたも前田のタイムリーで1点を追加。3点を追うソフトバンクは7回に猛反撃を開始。一死から3連打で満塁とし、偽バファローズ先発・岸田をKOすると、代わった菊地原から代打・辻,本多の連続タイムリーで同点。更に、川崎のタイムリー三塁打で勝ち越すと、松田のタイムリーとダブルスチールでも加点。この回、一挙7点を奪う大逆転で試合を決定付けた。

◆F3−1L◆
5連敗と不振に喘ぐ西武だが、2回にカブレラの22号ソロで1点を先制。ハーラートップをひた走るエース・涌井は5回まで5安打を浴びながらも無失点と丁寧な投球を見せていたが、6回、ここまで2安打と打ち込まれている先頭の稲葉にスタンドへ放り込まれて、ついに同点。続く7回には一死一、二塁のピンチに青波の永瀬に勝ち越しタイムリーを浴び、無念の降板。日本ハムは8回には劇団ひちょりのタイムリー二塁打でダメを押すと、最後はMICHEALが締めて、30セーブ目。西武は涌井を投じながら、打線が3安打と完全に沈黙し、これで6連敗となった。

◆E−M◆
降雨中止。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:09コメント(1)トラックバック(83) 

August 16, 2007

◆C6−3G◆
最下位相手に3タテを食らう訳にはいかない巨人は2回にガッツの27号ソロで4戦連続の先制点をゲット。しかし、3戦連続逆転勝利中の広島は巨人先発・木佐貫相手に4回までは再三チャンスを潰しまくりながらも、5回に梵の10号2ランで逆転に成功すると、更に、オチョアのタイムリーで1点を追加。続く6回には投手の高橋がタイムリーを浴びせて、木佐貫を引きずり下ろすと、今季初登板となる2番手・三木から新井が2点タイムリーを放ち、6点目。大量5点ビハインドとなった巨人は7回、一死から李,阿部と連打を浴びせて、高橋をKO。2番手・梅津から代打・清水が四球を選んで満塁となった所でキムタクがタイムリー二塁打を放ち、2点を獲得。なおも二、三塁のチャンスだったが、3番手・上野に後続を断たれて、2点止まり。8,9回も走者を出しながら、いずれもゲッツーでチャンスを潰してしまい、これで5連敗となった巨人は中日と入れ替わりで首位陥落。一方、4戦連続の逆転勝ちとなった広島はヤクルトを抜いて、単独5位に浮上した。

◆T2−3D◆
初回一死満塁,2回二死満塁のチャンスを悉く逃すなど、川相不在の弊害を大露呈した中日。しかし、先発・人斬り抜刀斎が5回まで2安打無失点の力投を展開。何とか人斬り抜刀斎を援護したい中日は6回、川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにT.ウッズが5年連続の大台突破となる30号(史上88人目となる通算200号)2ランを叩き込み、ようやく均衡を破ると、7回には一死三塁から中村紀が犠飛を打ち上げ、3点目。3点を追う阪神はその裏、キュラソ星人が10試合ぶりとなる25号ソロを放ち、ようやく1点を返すと、続く8回には2番手・岡本を攻め立て、無死満塁と絶好のチャンス。しかし、ここで代わった3番手・高橋の前に鳥谷のセカンドゴロの間に1点を返すのが精一杯。中日は9回、満を持して投入した守護神・岩瀬が三者凡退に斬ってとって、首位に返り咲き。岩瀬はリーグ単独トップの31セーブ目、人斬り抜刀斎は4年連続の10勝目をマークした。

◆H1−8F◆
着々と首位固め体制に入っている日本ハムは初回から一死一、二塁のチャンスを掴むと、今季6タコと苦手にしている苦手・杉内から青波の長瀬が先制タイムリーヒット。この後、杉内,ダルビッシュの好投が続いたが、5回に杉内が大炎上。一死二塁から稲葉の3ランを含む5連打を浴びて、あえなくKO。更に、代わった山村も3連打を浴び、この回、大量7失点。ダルビッシュは5回までパーフェクトの快投を展開するなど、8回まで松田の内野安打1本に抑える完璧な投球を展開。100球にも達していない完投ペースだったが、ヒルマン監督は8点リードにも拘わらず、酷使中の武田久をわざわざ投入する訳の分からない継投を展開。不可解な起用にモチベーションの上がらない武田久は本間にタイムリーを許し、完封リレーはならなかったが、チームは7連勝で2位とのゲーム差は5と独走体勢に入りつつある。一方、ソフトバンクは4戦連続1得点の貧打で4連敗。

◆M5−4L◆
西武が2回にG.G.佐藤のタイムリー二塁打で先制すれば、その裏、ロッテはベニー松山が同点タイムリー二塁打。続く3回に西武がカブレラの20号3ランで突き放せば、その裏、ロッテもサブローのタイムリー三塁打等で2点を返し、6回には里崎の犠飛で再び同点。4−4で迎えた7回、ロッテは一死満塁からまたもサブローがタイムリーを放ち、ついに勝ち越しに成功。土壇場9回、マウンドに上がった守護神・小林雅は2本のヒットを浴びて、一死一、二塁のピンチ。またまたまたコバマサ劇場が開演となるのでは?とロッテファンが戦々恐々とする中、細川,礒?を何とか打ち取り、辛くも逃げ切った。先発・渡辺俊は6月3日以来となる7勝目。敗れた西武は自力Vが消滅した。

◆E4−0Bs◆
一場,デイビーの両先発が互いに譲らぬ息詰まる投手戦を展開し、両軍ゼロ行進の儘、試合は終盤へ突入。迎えた8回裏、偽バファローズは何故か、デイビーから本柳にスイッチするも、これが裏目に。悪の温床・楽天は二死二塁から鉄平のタイムリーでついに待望の1点を先制すると、山崎武司が歩いた後、ショート,フェルナンデスの連続タイムリーでこの回、4点を奪い、試合を決定付けた。偽バファローズは9回、無死一、二塁とし、一場をKOしたものの、抑えの小山に後続3人が打ち取られ、完封負け。再び、悪の温床・楽天に並ばれた。一場は完投こそ逃したものの、無失点投球で今季初勝利

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:04コメント(1)トラックバック(68) 

August 10, 2007

◆D5−6G◆
3ゲーム差で迎えた首位攻防3連戦。序盤は内海,人斬り抜刀斎の両先発が3回を無失点と相譲らぬ好投を展開するが、先に崩れたのは人斬り抜刀斎。0−0で迎えた4回、ガッツ,李と連打を浴びると、阿部には死球を食らわせて、無死満塁。ここでホリンズをピッチャーゴロに打ち取るも、痛恨の悪送球で先制点を献上。なおも無死満塁の場面で古城をセカンドゴロに仕留め、まず本塁を封殺。しかし、ゲッツーを狙った谷繁の一塁送球が大きく逸れ、ボールが転々とする間に阿部の生還を許してしまう。立て続けの守乱に川相不在の重さを痛感し、落胆の色を隠せない人斬り抜刀斎はまたも満塁のピンチを作ると、松田記者,マッスル千代の富士に連続タイムリーを浴びて、この回、悪夢の5失点。結局、人斬り抜刀斎は5回限りで降板となってしまった。この後、共に1点ずつ取り合って迎えた7回、中日は3本の単打で一死満塁のチャンス。李は空振り三振に倒れるも、荒木を下げてまで左対左を無視して投入された代打・立浪がライトフェンス直撃の走者一掃タイムリー三塁打を放ち、内海をKO。8回には2番手・西村から森野が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに13号ソロを叩き込み、1点差まで詰め寄ったが、豊田に後続を断たれると、9回は上原に3人で捻られ、万事休す。内海は2年連続となる2桁勝利をマークした。

◆C7−3S◆
3タテで一気に最下位脱出を目論む広島は初回、梵の先頭打者アーチであっさり先制すると、更に、オチョアのタイムリーでこの回、2点。2回には、またも梵が2打席連続の9号ソロを叩き込むと、3回には求道者・前田のタイムリーで4点目。ヤクルトは5回に川本の2号ソロでようやく1点を返すも、その裏、石原のタイムリーで5点目を失った館山はこの回限りでKO。6回に青木の2点タイムリー二塁打で必死の応戦を図るヤクルトだが、その裏、広島は栗原がきっちり犠飛を打ち上げ、またまた突き放す。8回にも新井がこの日5安打目となるタイムリー二塁打を放ち、ダメ押し。最後はセーブのつかない場面ながらも、マウンドに上がった守護神・永川が3人で締めた。ブラウン監督は通算100勝目

◆YB6−8T◆
初回から村田,内川のタイムリーで2点を先制された阪神だが、「ホワイト」とすると、ソフトバンクからクレームが来るかもしれないと恐れたのか、登録名をフルネームにされた横浜先発・マットホワイトに対して、直後の2回、投手の上園のタイムリーで1点を返すと、なおも満塁の場面で突如、1番に起用された浜中が2点タイムリーを放ち、逆転に成功。続く3回には桜井,代打・葛城のタイムリー二塁打で3点を追加。しかし、横浜も負けじと4回、シーツのタイムリーエラーで1点を返した後、メカゴジラに11号3ランが飛び出して、一気に同点。6−6で迎えた6回、阪神はシーツのタイムリー二塁打で均衡を破ると、更に、続くキュラソ星人が犠飛を打ち上げ、8点目。昨夜、それぞれ2回ずつ投げたJFKだが、この日も全員引っ張り出されて、この2点を守りきった。藤川はこれで30セーブ目

◆Bs7−5H◆
首位を走るソフトバンクに激震が走った。昨夜も好投を見せた先発ローテの一角・ガトームソンの服用していた飲むタイプの育毛剤がドーピング検査に引っかかり、20日間の出場停止処分を下されたのだ。ガトームソンはこの薬を服用している事をキャンプ中に自ら報告しており、悪意はなかった様だが、球団の管理体制に落ち度があった。V争いが本番に突入するこの大事な時期にこの処分はチームにとって深刻なダメージだ。出場停止が登板翌日からであったのが唯一の救い。やはり、これは鎖国政策を打ち出しながら、ソフトバンクをシメまくっている水島の呪いの影響なのか!? この事件がチーム内にも動揺をもたらしたか、安定感抜群の先発・杉内が初回からローズのタイムリー二塁打で先制を許すと、2回には前田に3年ぶりのアーチとなる2ランを被弾。4回にも前田にタイムリーを許した杉内はあえなくKO。7回には3番手・小椋が阿部真に犠飛を打ち上げられ、5点目を献上。この5点目は致命的になるかと思われたが、直後の8回、ここまで散発4安打と沈黙していたソフトバンク打線が突如、覚醒。先頭の田上のヒットを皮切りに、3連打で1点を返すと、代打・ブキャナンが歩いて満塁となった所で本多が走者一掃タイムリー三塁打を浴びせて、1点差。そして、続く川崎がセンターへ犠飛を打ち上げ、ついに同点。試合はその儘、延長にもつれ込んだ。迎えた11回、ソフトバンクは二死一、二塁のチャンスを作るも、本間が三振に倒れて、二者残塁。すると、その裏、偽バファローズは10回から登板の馬原に対して、一死からラロッカがヒットで出ると、ここで牛込氏に「無理に決まってますよ! 夢よ、もう一度って事だろうけど、そんな選手が通用するほど、日本の野球は甘くないですよ」と酷評されたローズがついに山崎武を上回って単独トップに立つ37号2ランをレフトスタンドへ叩き込み、サヨナラ勝ちを収めた。

◆E7−6M◆
悪の温床・楽天先発・田中に対して、ロッテは3回、二死満塁からオーティズの2点タイムリーで先制すると、更に、続く大松がライトスタンドへ2号3ランを放り込み、大量5点のビッグイニングを形成。しかし、田中が炎上すると、何故か活発になるのが悪の温床・楽天打線。その裏、すかさず、無死満塁と絶好のチャンスを掴むと、山崎武はゲッツーに倒れるも、この間にまず1点。更に、ショートのタイムリー二塁打で2点目。田中は5回にも1点を失い、降板となるが、6回、渡辺直のタイムリー二塁打,高須の犠飛で2点を返した悪の温床・楽天は、7回には代打・フェルナンデスが同点15号2ランを叩き込んで、田中の黒星を消す事に成功。勢いに乗る悪の温床・楽天は土壇場9回、一死一、二塁から草野がライト前にタイムリーを放ち、劇的なサヨナラ勝ち。4番手・小山に今季初勝利がついた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:46コメント(1)トラックバック(23) 

August 08, 2007

◆G2−15T◆
巨人先発・木佐貫は2回、無死満塁の大ピンチを背負うも、ここから三者連続三振に斬ってとり、ピンチ脱出。続く3回も二死から連打を浴びるが、林を空振り三振。4回も三者三振で、早くも8奪三振。しかし、5回、投手のボーグルソンにヒットを許したのをきっかけに自らのエラーで先制点を許すと、更に、シーツにタイムリーを浴びた所で早くも降板。相性の悪いキュラソ星人との対決を避けて、木佐貫を下げたはいいが、代わりに出てきたのが山口では荷が重かった。山口はキュラソ星人に2点タイムリーを許すと、林はゲッツーに仕留めたものの、代打・浜中にはタイムリー二塁打,矢野には4号2ランを叩き込まれて、この回、悪夢の6失点。6回には3番手・姜が二死から4連打を浴びて、2失点。留まる所を知らないこの日の阪神は7回には4番手・野口に襲いかかり、シーツの2ラン,矢野のこの日2本目となる5号3ラン、関本の3号ソロ等でダメ押しの7点を奪い、今季最多の22安打15点で圧勝し、3位に浮上。勿論、JFKは完全温存。先発・ボーグルソンは5回を無失点に抑え、6勝目を飾った。

◆D6−7C◆
先発ローテの一角として期待されて入団したにも拘わらず、キャンプ序盤で中継ぎ向きの烙印を即座に押されてしまったルーキー・宮崎がついに悲願のプロ初先発。しかし、初回、自らのエラー等で一死満塁のピンチを背負うと、森野に2点タイムリー二塁打を浴びるなど、いきなりの3失点。しかし、広島は直後の2回、倉のタイムリーで1点を返すと、続く3回には求道者・前田に会心の10号3ランが飛び出して、一気に逆転。リードを貰った宮崎だが、4回に3連打で同点とされると、5回には、またも森野に勝ち越しタイムリーを許して、この回限りで降板。この日は粘りを見せる広島は7回、中日4番手・平井から梵が7号2ランを叩き込み、再び逆転。8回から早くも登板となった守護神・永川は相変わらずの不安定な投球で二死一、二塁のピンチを迎えるも、何とか凌ぎきると、9回に梵がこの日4安打目となるタイムリーを放ち、貴重な1点を追加。永川は9回もピンチを作り、T.ウッズのタイムリーで1点差と詰め寄られたが、何とか逃げ切り、チームの連敗は4で止まった。

◆S5−3YB◆
連敗地獄に喘ぐヤクルトはこの日もメカゴジラの一発で先制点を許す苦しい立ち上がりとなったが、4回、宮本の2点タイムリーで逆転すると、5回には寿司職人ラミレスの15号ソロ,7回には青木の18号ソロ、そして、8回には城石が2号ソロと一発攻勢で着々と加点。土壇場9回、横浜は二死からメカゴジラ,吉村の連続アーチで2点差まで追い上げたが、反撃もここまで。最後は代打・木村が三振に倒れて、ゲームセット。辛くも逃げ切ったヤクルトの連敗は5でストップした。敗れた横浜は4位転落

◆L6−2H◆
松中をついに4番から降格させる英断で臨んだソフトバンクは初回、ヒットの本多を内野ゴロ2つで迎え入れるも、先発・西山がピリッとしない。その裏の満塁のピンチは凌いだが、2回に中村に同点7号ソロを被弾すると、3回には二死満塁から小久保のタイムリーエラーで勝ち越し点を献上。更に、4回には片岡の犠飛で3点目。7回には中村のタイムリー等でダメ押しの3点を追加。毎回の様に走者を出しながら、攻めあぐねていたソフトバンクは8回、井手のタイムリーで1点を返し、なおも一、二塁のチャンスだったが、代打・明石が最悪のゲッツー。最後はグラマンに3人で捻られ、首位陥落。西武先発・松永は4回で降板となったが、小刻みな継投が成功。3番手として2回を無失点に抑えた山岸に今季初勝利がついた。

◆F3−2E◆
4連敗中の日本ハムだが、悪の温床・楽天先発・朝井に対して、2回、高橋のヒット,ジョーンズの四球で一死一、二塁とすると、この日、8番に落とされていた田中賢がライト前へ先制タイムリー。3,4回と得点圏に走者を進めながら、あと1本が出ずにいたが、5回、一死満塁から青波の長瀬のセカンドゴロの間に2点目を追加。完封ペースの好投を見せていた武田勝だが、8回、二死一、二塁のピンチを作った所で降板。更に、ここでマウンドに上がった守護神・MICHEALが代わりばな山崎武に走者一掃の同点タイムリー二塁打を浴びて、武田勝の白星を粉砕。しかし、その裏、日本ハムは青波の長瀬に19号ソロが飛び出して、再び勝ち越し。MICHEALは9回は3人でピシャリと抑え、今季初白星。連敗は4で止め、首位に返り咲き。一方、敗れた悪の温床・楽天はまたまた指定席・最下位へ舞い戻った

◆Bs3−2M◆
ロッテの先発は好投しても打線に見殺しに遭う日々が続いている渡辺俊。最早、完封する以外、活路を開けないのか…と悲愴感漂う中、いきなり初回にラロッカの犠飛で先制されてしまう。ロッテ打線は危惧された通り、偽バファローズ先発・岸田の前に3回までパーフェクトに抑え込まれる沈黙ぶりだったが、4回、後藤のエラーで貰ったチャンスにベニー松山のタイムリー内野安打で同点とすると、5回には早川のタイムリーで勝ち越しに成功。しかし、その裏、後藤がエラーの汚名返上とばかりに6号ソロを叩き込み、試合は振り出しに。結局、渡辺俊は6回2失点で降板し、またも白星つかず。2−2の儘、迎えた土壇場9回、この回から登板のロッテ4番手・薮田に対し、偽バファローズは一死後、木元が二塁打を浴びせると、続く下山がレフト前へタイムリーを放ち、サヨナラ勝ち。此で偽バファローズは最下位脱出となった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:30コメント(2)トラックバック(89) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ