栗山巧

August 07, 2010

◆G2−8C◆
初回は簡単に3人で攻撃終了した広島だが、続く2回、一死からルパン広瀬,嶋,岩本,石原,ジ・o,東出と6連続単打で3点を先制。更に、梵も走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、この回、一挙5点。巨人は3回、二死から坂本が三塁打を浴びせると、松本,ガッツが連続タイムリー。寿司職人ラミレスもヒットで続く、一、二塁としたものの、阿部はファーストゴロに終わり、2点止まり。4回には二死から脇谷のヒットと連続四球で満塁とするも、松本がピッチャーゴロに倒れて、三者残塁。直後の5回、広島は二死から天谷が歩いた所で約2ヶ月ぶりに戦線復帰した主砲・栗原がレフトスタンドへ8号2ラン。9回には敗色濃厚とあって初登板となった巨人4番手・林の暴投連発でダメを押した。広島先発のジ・oは8回を2失点で4勝目を飾った

8/7山本昌◆D4−1T◆
開幕からリハビリモードが続いていた山本昌が45歳の誕生日直前にして、ついに今季初登板。阪神の先発も42歳の下柳と言うアラフォー対決となったこの試合、先手を取ったのは中日。初回、荒木がいきなり二塁打を浴びせると、英智の犠打で二進した所でベンちゃんが犠飛を打ち上げ、1点を先取。2,3回と一死一、二塁のチャンスを悉く潰したものの、4回、ヒットで出た兄の堂上剛を一塁に置いて、弟の堂上直が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにレフトスタンドへ3号2ラン。更に、二死後、ヒットの荒木が二盗を決めた所で英智がセンター前へタイムリーを放ち、下柳はこの回限りでKO。一方、山本昌の前に5回まで散発2安打と抑え込まれていた阪神は6回、内野安打の平野を二塁へ進めた所で新井がタイムリーを放ち、ようやく1点を返すが、中日は7回から高橋−浅尾と繋いで、最後は岩瀬が締める必勝リレーで逃げ切った。岩瀬はこれで6年連続の30セーブ目。山本昌は6回を1失点の好投で今季初勝利を掴み、カリメロに並ぶプロ野球タイ記録の23年連続勝利

◆YB7−10S◆
中沢,加賀の両先発ルーキーが初回から苦しい投球。加賀は一死から田中に痛打されると、武内,ホワイトセルと連続二塁打を浴び、いきなり2点を献上。一方、中沢はその裏、内川,石川の連打で一、三塁とされると、ハーパーに9号3ランを被弾し、打者3人であっさり逆転を許してしまう。しかし、加賀は2回、二死満塁から武内に2点タイムリーを浴び、逆転されると、3回には二死一、二塁から投手の中沢にタイムリーを許し、あえなくKO。ヤクルトは4回にもホワイトセルの8号ソロで1点を追加。2回以降、立ち直りを見せていた中沢だが、4回、一死からカスティーヨに11号ソロを被弾すると、5回には村田に15号3ランを叩き込まれて、またも逆転を許す体たらく。しかし、直後の6回、ヤクルトは二死から武内のヒット,ホワイトセルの四球で一、二塁とした所で畠山が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、またまた逆転に成功。9回には青木,田中の連続タイムリーでダメ押しの10点目。その裏、守護神・林が二死一、二塁と一発同点の場面でこの日3ランを放っている村田を迎えるピンチを背負ったものの、ライトフライに仕留めて、逃げ切った。これでヤクルトは5連勝。中沢は5回7失点と散々な内容ながら、降板直前に逆転して貰い、幸運な7勝目が転がり込んだ

◆L5−4H◆
0−0で迎えた3回、平尾のタイムリーエラーで先制したソフトバンクは4回には一死からペタジーニがライトスタンドへ7号ソロ。2点を追う西武は5回、一死から佐藤,片岡の連打で一、三塁とすると、片岡が二盗を決めて、二、三塁となった所で栗山がライト前へ2点タイムリーを放ち、一気に同点。続く6回には一死満塁から暴投でタナボタの勝ち越し点を挙げると、更に、7回にはフェルナンデスのタイムリー,代打・礒?の犠飛で2点を追加。3点を追うソフトバンクは8回、先頭の松中が三塁打を浴びせると、小久保がセンターへ犠飛を打ち上げ、2点差。土壇場9回には代打・李が2戦連続となる4号ソロを叩き込み、1点差まで詰め寄るが、反撃もここまでだった。西武先発・帆足は7回を2失点の好投で9勝目を挙げた。ソフトバンクは今季2度目の4連敗。

◆F8−3E◆
2回、日本ハムは無死一、二塁と絶好の先制チャンスで後半戦7戦5発と覚醒中のトンガに回ったが、最悪のショートゴロゲッツー。3回には一死一、三塁から小谷野,糸井の4,5番が倒れて、二者残塁。一方、楽天は4回、一死からヒットの鉄平が二盗を決めると、二死後、ルイーズがセンター前へ弾き返して、1点を先制。その裏、日本ハムは二死から大野が二塁打を浴びせると、金子誠が瀬センター前へ同点タイムリー。続く5回には二死から稲葉の二塁打と連続四球で満塁とするも、巨エフの残塁量産マシンの名を欲しい儘にするあの男が三振に倒れて、本領発揮のチャンスブレイク。しかし、続く6回、2回のチャンスを潰したトンガが名誉挽回の3戦連発7号ソロを叩き込み、勝ち越しに成功。これで勢い付いたか、一死一、三塁とした所で劇団ひちょりがタイムリーを放つと、二死後、小谷野,糸井と連続二塁打。更に、インケツパワーが充電された事であの男にまでよもやのタイムリーが飛び出すと、打者一巡で回ってきたトンガ,大野もヒットを連ねて、この回大量7点を奪い、試合を決定付けた。日本ハムは先発全員の18安打で4連勝。先発の武田勝は8回で10安打を浴びながら、2点で食い止め、9勝目

◆Bs0−4M◆
初回二死満塁,2回無死二塁のチャンスを逸したロッテだが、3回、一死から井口がセンター前に弾き返すと、金がライトスタンドへ6月29日以来実に120打席ぶりとなる19号先制2ラン。続く4回には二死から今江がヒットで出ると、井口がレフトスタンドへ11号2ラン。この後、6,7,8回と続けて満塁のチャンスを潰すなど、タイムリーが一向に出ずに16残塁の大拙攻を繰り広げたが、先発の吉見が偽バファローズ打線を散発6安打と抑え込み、3年ぶりの完封で4勝目を挙げた

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:12コメント(0)トラックバック(17) 

July 11, 2010

7/11オビスポ◆D5−3G◆
連敗が止まらない巨人はこの日も先発・オビスポが立ち上がりから大炎上。初回、いきなり荒木に二塁打を浴びると、大島に簡単に犠打を許した後、森野にタイムリー二塁打を浴びて、先制点を献上。続くベンちゃんにもタイムリーを許すと、ブランコには川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに20号2ランをぶち込まれて、悪夢の4失点。追いかける巨人は4回、一死からガッツが二塁打で出ると、寿司職人ラミレスの29号2ラン,阿部の29号ソロと連続アーチで1点に詰め寄るが、その裏、中日は荒木が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに2号ソロを放ち、5点目。巨人は5回以降、毎回安打を浴びせながら、中日の小刻みな継投の前にどうしてもあと一本が出ず、2点ビハインドの儘、ゲームセットとなり、今季初の4連敗。中日先発・ウッチャンは5回3失点で降板と不本意な内容ながら、リリーフの援護を仰いで7勝目

◆S3−2C◆
初回、広島はヒットの東出を梵が送ると、赤松がセンター前へ先制のタイムリー。その裏、ヤクルトは青木,田中の連続内野安打で一、三塁とすると、飯原がショートゴロゲッツーに倒れる間に青木が同点のホームイン。続く2回には先頭の相川がレフトスタンドへ8号ソロを叩き込み、勝ち越しに成功。1点を追う広島は5回、二死走者なしから赤松がレフトスタンドへ3号同点ソロを放り込むが、その裏、ヤクルトは青木,ホワイトセルのヒット等で一死満塁とした所で畠山がライトへ犠飛を打ち上げ、再び勝ち越し。広島は8回、赤松,木村のヒットで一死一、二塁のチャンスを作るが、岩本,石井タクローと倒れて、同点ならず。土壇場9回、ヤクルトは守護神・林を投入し、逃げ切りを図るが、代わりばな石原に二塁打を浴び、一打同点のピンチ。しかし、ここで代打で登場した求道者・前田をライトフライに退けると、東出,梵と打ち取って、1点のリードを守りきった。ヤクルトはこれで3連勝となり、単独4位に浮上。先発・由規は6回を2失点に抑え、5勝目をマーク

◆T7−3YB◆
横浜先発・大家に対し、阪神は2回一死から両リーグ一番乗りとなるブラゼルの30号ソロ,J.マッケンジーの15号ソロと連続アーチで2点を先制。続く3回にはスレッジ,大家,石川と3エラーをかます横浜の拙守に乗じて、一挙4点を追加。大量6点を追う横浜は4回に内川の5号ソロでようやく1点を返すと、6回にも内川の2打席連続6号ソロが飛び出し、2点目。しかし、阪神は7回、先頭の平野が二塁打を浴びせると、一死後、新井がタイムリーを放って、ダメを押した。先発・メッセンジャーは6回2失点で来日初勝利。これで首位巨人に0.5差と肉迫した。

◆H0−11M◆
昨日は延長11回で完封食らったロッテだが、この日は一転して打線爆発。2回にフクーラの5号2ランで先制すると、3回には西岡,今江の連続二塁打で1点を追加。5回には岡田,西岡の連打でソフトバンク先発・岩崎をKOすると、またも今江がタイムリー。更に、連続四球で押し出しの1点を加えると、一死後、サブローが犠飛を打ち上げ、この回3点。8回にはまたもサブローが11号ソロをぶち込むと、9回にも4長短打で4点を加え、試合を決定付けた。最後は小林宏が締めて、完封リレーを達成。先発・マーフィーは8回を5安打無失点で7勝目

◆L8−4E◆
2回、坂田の3号2ランで先制した西武は更に、二死後、3連続出塁で満塁とするも、中島がショーゴロに終わり、三者残塁。ピンチを脱した楽天は3回、。一死一、二塁から草野が走者一掃の同点タイムリー二塁打を浴びせると、二死後、中村紀が勝ち越しのタイムリー。その裏、坂田の2打席連続4号ソロで追い付かれるも、直後の4回、草野のタイムリーが再び勝ち越し。しかし、その裏、西武は連打と犠打で一死二、三塁とした所で栗山が走者一掃の逆転二塁打。更に、中島もタイムリーを浴びせて、6点目。続く5回には二死満塁からブラウンのタイムリーで2点を追加。7回からは長田−藤田−シコースキーと1回ずつ繋いで、楽天の反撃を断ち切った。先発・帆足は4回KOとなったが、2番手・岡本篤が2回を無失点の好リリーフで2勝目を飾った

◆F−Bs◆
初回、2四球で二死一、三塁とした日本ハムは近藤の暴投により、ノーヒットで先制点をゲット。しかし、直後の2回、偽バファローズはカブレラ,ティー岡田の連打で二、三塁とすると、一死後、バルディリスが犠飛を打ち上げ、同点。1−1で迎えた5回にはヒットのバルディリスを鈴木が送った所で山崎浩が右中間突破のタイムリー二塁打を放ち、勝ち越しに成功。更に、続く6回には後藤のヒットねカブレラの四球で無死一、二塁とすると、ティー岡田がレフトスタンドへ19号3ランを叩き込み、大きく突き放した。日本ハムは8回、一死から田中,劇団ひちょりと連打を浴びせ、偽バファローズ先発・近藤をKO。更に、代わった平野から稲葉が四球を選んで満塁とするも、反撃もここまで。一発が出れば一気に同点の場面で小谷野,糸井の4,5番が打ち取られ、無得点に終わると、9回は3番手・岸田の前に3人で打ち取られた。近藤は7回1/3を1失点に抑え、4勝目。日本ハムの連勝は4でストップ。先発・ケッペルは6回5失点KOで10連勝を逃した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:19コメント(0)トラックバック(14) 

May 05, 2010

◆G12−0S◆
開幕当初の勢いがなくなってしまったバーネットが初回から大炎上。一死一、三塁のピンチに寿司職人ラミレスに11号3ランを被弾すると、二死二塁となった所で今度は李に5号2ランを浴び、この回5失点。直後の2回、ヤクルトは二死から藤本,相川の連続ヒットで一、二塁とし、バーネットの打席を迎えたが、初回の投球で見限らずにその儘、打席へ送ってしまった事が大失敗。結局、三振に倒れてチャンスを潰してしまったバーネットは3回に坂本に6号3ランを被弾するなど、4失点。勢いの止まらない巨人は4回にもガッツの10号ソロ,阿部の6号2ランで3点を追加。投げては先発・東野がプロ初の無四球完封の快投で6連勝を飾った

◆D1−9T◆
初回、無死満塁から新井の内野ゴロで先制した阪神は続く2回には、ヒットの藤川俊を二塁に送った所でマット・マートンが6号2ラン。3点を追う中日はその裏、先頭のベンちゃんが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに11号ソロを叩き込むが、後が続かない。阪神は4回にマット・マートンの二塁打,鳥谷の四球で二死一、二塁とすると、新井が5号3ランを放り込み、中日先発・ウッチャンをKO。阪神は中盤以降も加点し、大きく突き放した。6回以降は4人のリリーフがそれぞれ1回ずつを無失点に抑えて、逃げ切り。先発の上園は5回1失点で2勝目

◆YB5−4C◆
未だに白星のない広島先発・スタルツは初回、簡単に二死を取ったものの、ここから内川,村田,スレッジと3連打を浴びて、2失点。直後の2回、倉のタイムリー二塁打で追い付いて貰ったのも束の間、その裏、石川,内川と連続タイムリーを浴び、再び2点のリードを許してしまう。横浜は4回にも井手の3年ぶりの一発で5点目を追加。広島は5回に梵の犠飛で1点を返すと、続く6回にも小窪が犠飛を打ち上げ、1点差。更に、倉のヒットで二死一、二塁と一打同点の場面を作り、ここでいよいよ求道者・前田が代打で登場か…と思いきや、出てきたのは嶋。しかし、嶋はセンターへ打ち上げて、二者残塁。求道者・前田は8回二死一塁の場面でようやく起用されたが、またもや勝負所を見誤った首脳陣と気持ちのタイミングが噛み合わなかった影響か、ファーストゴロに打ち取られてしまう。土壇場9回にも守護神・山口に対し、東出のヒット,天谷の四球で一死一、二塁と一打同点のチャンスを作る粘りを見せたが、最後は主砲・栗原がショートゴロゲッツーに倒れる最悪の展開であと1点が届かなかった。横浜先発の清水は6回を4失点と不本意な投球ながら、リリーフ陣の援護を仰いで、4勝目を手にした

◆Bs4−4H◆
0−0で迎えた3回、偽バファローズは一死から赤田のヒット,後藤の四球で一、二塁とすると、二死後、T−岡田が7号3ランをぶち込んで、3点を先制。偽バファローズ先発・近藤の前に4回までノーヒットに抑え込まれていたソフトバンクは5回、松田がチーム初安打となる内野安打を放つと、長谷川もヒットで続き、一、二塁。柴原,山崎と倒れて二死となったが、川崎が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、1点差。偽バファローズは7回、2四死球で拾った二死一、二塁のチャンスに代打・日高のタイムリーで4点目。土壇場9回、抑えのレスターを投入し、逃げ切りを図るが、先頭のハマのスペランカーに二塁打を浴びると、連続四球で無死満塁の大ピンチ。ここから柴原,高谷と打ち取って、二死まで持ち込むが、川崎にセンター前へ2点タイムリーを許し、試合は振り出しに。その儘、延長へもつれ込んだが、両軍共に決め手に欠き、結局、12回規定でドローに終わった。

◆M3−8F◆
立ち上がり制球に苦しむ日本ハム先発・ケッペルから2四球で二死一、二塁としたロッテは大松のタイムリーで1点を先制。直後の2回、日本ハムはヒットの小谷野を二塁へ進めると、あの男がタイムリー二塁打を放ち、同点。続く3回には田中,劇団ひちょり,糸井の3連打で勝ち越すと、続く小谷野が走者一掃のタイムリー二塁打を放って、2点を追加。3点を追うロッテはその裏、ロッテは二塁打の西岡を外野フライと内野ゴロでホームへ迎え入れ、2点差。日本ハムは5回、一死一、二塁から小谷野,稲葉と連続タイムリーを放ち、再び点差は4点に拡大。9回には高橋のタイムリー等で2点を加え、ダメを押した。ケッペルは8回を3失点で切り抜け、4勝目をマーク。一方、3回もたずにKOされたロッテ先発・香月弟は二軍落ちを通告された。

5/5栗山・細川◆L19−3E◆
楽天先発・ラズナーに対し、西武は初回、先頭の片岡がいきなり三塁打を浴びせると、栗山のショートゴロの間に先制のホームイン。二死後、中村が四球を選ぶと、続くブラウンがライトスタンドへ7号2ランを放ち、この回3点。3回には一死二塁から中島が6号2ランを叩き込み、5点のリード。4回に中村紀のタイムリーで1点を返した楽天は6回には高須のタイムリー,代打・フィリップスの押し出し四球で2点を追加。なおも二死満塁と一打同点のチャンスだったが、代走・牧田が牽制で刺される大チョンボ。掴みかけた流れをむざむざ手放してしまった楽天はその裏、栗山の1号3ラン等8長短打で大量10点を失い、試合を決定付けられた。西武はこの後も加点し、先発全員20安打の19得点で圧勝。先発の石井一は6回途中3失点で退いたが、大量援護に守られて、4勝目

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:07コメント(0)トラックバック(17) 

May 04, 2010

◆G5−1S◆
開幕から泥沼の連敗地獄に瀕しているヤクルト先発・石川はこの日も不調。初回、いきなり3連打で無死満塁のピンチを背負うと、寿司職人ラミレスの犠飛,阿部のタイムリー三塁打で3失点。続く2回には一死三塁から坂本にタイムリー二塁打を浴び、4点目を献上。3回以降は立ち直り、追加点を与えなかったものの、リードを奪えぬ儘、7回途中で降板となり、またも初白星ならず。巨人は8回にも寿司職人ラミレスのタイムリーで5点目をあげ、ダメ押し。9回から、またもセーブのつかない場面で引っ張り出されたクルーンはいきなり青木を歩かせる相変わらずの不安定な投球。続くデントナをゲッツーに撮ったと、今度は飯原に四球を与えたが、最後は田中を打ち取り、何とか逃げ切った。防御率リーグ最下位をひた走る先発・ゴンザレスは6回を1失点で切り抜け、3勝目をあげた

◆D6−2T◆
中日先発・吉見に対し、阪神は2回、一死からブラゼルのヒット,桜井の死球で一、二塁とした所で藤川俊がプロ初打点となる先制タイムリー二塁打。先制された中日は4回、先頭の森野がライト前に弾き返すと、続くブランコが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに8号2ランを放り込み、逆転。更に、続くベンちゃんも川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに10号ソロを放ち、3点目。リードを許した阪神は5回、藤川俊が2打席連続の二塁打を放つと、ソニックが送った後、マット・マートンがタイムリー。更に、平野が送った後、鳥谷が歩いて、一、二塁としたものの、新井が打ち上げて、1点止まり。突き放したい中日は6回、ブランコのタイムリー二塁打で1点をあげると、8回には二死一、二塁から大島が走者一掃のタイムリー三塁打を浴びせて、ダメ押し。9回は小林正−鈴木と繋いで逃げ切り、4カードぶりの勝ち越し。吉見は7回1/3を2点に抑えて、ハーラートップタイの5勝目をマークした

◆YB6−5C◆
広島は2回、フィオの2号ソロで1点を先制。一方、横浜は3回、先頭の下園が二塁打で出ると、二死後、井手が歩いて、一、三塁となった所で石川,内川と連続タイムリー二塁打を浴びせて、逆転。更に、村田が6号2ランをぶち込んで、この回5点。4点を追う広島は4回にルパン広瀬の今季初アーチで1点を返すと、6回には二死満塁のチャンス。ここで求道者・前田を代打に投入するが、この所、明らかに勝負所の見極めを誤る首脳陣の体たらくに、ここで起用される見込みは薄いと思っていたのか、集中力が研ぎ澄ましきれなかった求道者・前田はライトへのファールフライに打ち取られ、三者残塁。しかし、続く7回、天谷が2号ソロを放つと、8回には小窪がタイムリー。そして、9回には一死満塁からフィオがタイムリーを放って、ついに同点。なおも満塁と一気に畳み掛けたい所だったが、小窪はサードゴロゲッツーに倒れる最悪の展開で勝ち越しならず。その裏、横浜は先頭の藤田がヒットで出ると、野選と四球で一死満塁とチャンスを広げた所で井手がレフト前へサヨナラタイムリー。一時は同点打を浴びた5番手・山口に今季初勝利が転がり込んだ。

◆Bs3−11H◆
偽バファローズ先発の山本が立ち上がりから大乱調。初回、先頭の川崎を三振に取ったまでは良かったが、ここから本多,オーティズと連打を浴びると、小久保,ハマのスペランカーと連続四球を与えて、押し出しで先制点を献上。更に、続く松田にはレフトスタンドへ6号グランドスラムを被弾し、悪夢の5失点。その裏、2点を返して貰うも、直後の2回、一死二、三塁のピンチを作って、あえなくKO。2番手・加藤がこのピンチは凌いだが、4回、3番手・阿南が連打を浴びて、一死も取れずにKOされると、代わった香月兄はオーティズに12号3ランを被弾。香月兄は続く5回にも長谷川に1号2ランを浴びて、10点目を献上し、試合を決定付けられた。ソフトバンク先発・ホールトンは大量リードに守られながら、7回を3失点と試合を作り、4勝目を飾った

5/4唐川◆M10−1F◆
初回に小谷野のタイムリーで先制されたロッテはその裏、3四球で貰った満塁のチャンスを逃すと、続く2回にも一死一、二塁のチャンスを生かせず、無得点。しかし、3回、井口,金の連続アーチで逆転すると、更に、大松のヒットの後、サブローが5号2ランを叩き込み、この回4点。5回には大松の5号ソロ等で2点を加えると、6回にも大松が2打席連続の6号2ラン。西岡のタイムリー二塁打等で2点を加え、10点目。先発の唐川は8回を8安打4四球を許しながら、1失点で凌いで、3勝目

 

 

◆L6−5E◆
初回、山崎,草野,嶋のタイムリーでいきなり4点のビハインドとなった西武はその裏、片岡の2号先頭打者アーチでまず1点。この後、連打で作ったチャンスは中村のゲッツーで潰してしまうが、4回には永井の暴投で労せずして1点を追加。続く5回、片岡,栗山,中島の3連打で1点差と詰め寄ると、6回にはこの回から代わった片山から栗山がタイムリーを浴びせて、ついに同点。追い付かれた楽天は8回、中村紀のタイムリー二塁打で再び勝ち越すが、その裏、西武は片岡のタイムリーで追い付き、試合はその儘、延長へ突入。迎えた10回、西武は上本,佐藤と打ち上げて、片岡もサードゴロに倒れて、三者凡退…と思いきや、草野がエラー。ここで栗山がタイムリー二塁打を放ち、今季初のサヨナラ勝ち。5番手の藤田に2勝目がついた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:32コメント(0)トラックバック(15) 

April 13, 2010

4/13桜井◆G7−9T◆
阪神先発・能見が得意の巨人戦で大炎上。初回にガッツに6号2ラン、2回に不振の亀井に今季初アーチを被弾。更に、3回には寿司職人ラミレス,亀井とタイムリーを浴びて、あえなくKO。一方的な展開に余裕ぶっこいた若大将・原監督は5回表にして早くもお役御免とガッツを引っ込め、休養を取らせるが、後に悪夢の様な展開が待っていようとは、この時、想像すらしていなかったろう。先発・藤井は5回まで無失点の好投を見せていたが、後半戦になると顔を出す一発病が6回にまたもや発症。鳥谷,新井と被弾して3点を失い、降板すると、代わった久保もブラゼルに6号2ランを浴び、あっと言う間に1点差。巨人は7回、二塁打を放った松本が犠打と内野ゴロの間に俊足を飛ばして、本塁を陥れ、阪神に傾きかけた流れを引き戻したかに思われたが、8回から登板の3番手・豊田が一死一、二塁から18打席ノーヒットと不振を極める桜井に今季初アーチとなる逆転3ランを被弾。更に、代わった金刃もマートンに3号ソロを叩き込まれ、2点差を付けられる始末。その裏、巨人は一死から李がエラーで出塁して、好調の1,2番コンビに繋いだが、ここで阪神は早くも守護神・藤川球を投入。藤川球は期待に応えて、坂本,松本と打ち取ると、9回も引き続きマウンドに上がり、巨人の反撃を断ちきり、球団新の通算131セーブ目をマークした。

◆D8−7YB◆
前回の登板でようやく水島の呪いを打破したかに思われた山井だが、まだ完全には払拭出来ていないのか、初回からスレッジの2号3ランを被弾。その裏、中日はすかさずベンちゃん,井端の連続タイムリーで追い付くと、続く野本が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに今季初アーチとなる2ランを叩き込み、一気に勝ち越し。しかし、これで波に乗れないのが川相不在の中日。続く2回にも二死満塁と絶好の追加点のチャンスを掴みながら、井端が打ち上げて、三者残塁。落胆の色を隠せない山井は直後の3回、先頭の石川を歩かせると、一死後、内川,村田,スレッジ,カスティーヨの4連打で逆転を許し、失意のKO。代わった平井も吉村にタイムリーを浴び、この回4失点。毎回の様に走者を出しながら、2回以降ゼロ行進が続いていた中日は8回、二死一塁から川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに森野が史上260人目の通算100号となる2ランを叩き込み、ついに同点。試合はその儘、延長にもつれ込んだ。迎えた11回、この回から登板の山口に対し、中日は四球と敬遠で二死一、二塁とした所で谷繁がタイムリー二塁打を放ち、サヨナラ勝ち。6番手の高橋にトップタイの3勝目が転がり込んだ。

◆C3−2S◆
開幕3連勝を狙う館山に対し、広島は初回、末永,栗原の連続タイムリーで2点を先制。リードを貰った青木高だったが、3回、一死から飯原に痛打されると、続く田中に今季初アーチを叩き込まれて、一気に試合は振り出しに。その後、両軍共に追加点を奪えない儘、試合は延長に突入。迎えた10回、ヤクルトは2四球で二死一、二塁と勝ち越しのチャンスを掴むが、ガイエルがセンターフライに倒れて、無得点。すると、その裏、広島は二死走者なしから石原がレフトスタンドへ2号ソロを叩き込み、劇的なサヨナラ勝ち。5番手の高橋に出戻り初勝利がついた。試合には勝ったものの、1点を争う展開だったにも拘わらず、求道者・前田はよもやのフル欠場。石井タクロー,中東,喜田と代打が3人も起用されているが、求道者・前田は徹底的に後回しにされてしまった。これは最早、温存の域を超えているだろう。どう見ても求道者・前田を使うべきシチュエーションは何度もあった筈なのに、何とも不可解な野村采配である。

◆Bs6−8H◆
序盤から激しい点の取り合いとなったこの試合。初回にカブレラのタイムリーで先制されたソフトバンクは2回に松田の犠飛,後藤のタイムリーエラーで逆転。その裏、同点に追い付かれるも、3回に松中のタイムリー,ハマのスペランカーの犠飛で2点を勝ち越し。しかし、その裏、偽バファローズはカブレラ,T−岡田の連続アーチであっさり逆転に成功。1点を追うソフトバンク5回に小久保が同点タイムリーを浴びせると、6回には本多,オーティズの連続タイムリーで三たび勝ち越し。この後、1点ずつ取り合ったが、最後は馬原が締めて、乱打戦に終止符を打った。先発のホールトンは6回途中6失点降板と不本意な投球ながら、打線の援護に恵まれ、2勝目

◆F7−8M◆
1−1で迎えた3回、日本ハムは田中の2打席連続タイムリーで勝ち越すと、続く4回には大野のタイムリー二塁打で3点目。2点を追うロッテは直後の5回、サブローのタイムリー二塁打等、5長短打を集中し手、4点を奪い、一気に逆転。続く6回にも井口のタイムリー二塁打で2点を追加。しかし、粘る日本ハムはその裏、あの男のタイムリーで1点を返し、唐川をKO。続く7回には二死満塁から高橋に2点タイムリーが飛び出し、1点差。更に、8回には二死走者なしから大野,陽,糸井と3連打を浴びせて同点に追い付き、唐川の3勝目が消滅。迎えた10回、この回から登板した高橋由伸に対し、ロッテは代打・フクーラが2号ソロをぶち込んで、勝ち越しに成功。その裏、9回からマウンドに上がっていた小林宏が三者三振の快投で締め括り、今季初勝利をあげた。

◆L5−3E◆
初回、楽天が中村紀洋のタイムリー二塁打で2点を先制すれば、その裏、今度は西武の中村が2号2ランを放り込み、あっさり同点。楽天は4回に草野の今季初アーチで勝ち越しに成功。2度の満塁のチャンスを逃すなど、拙攻が続いていた西武だったが、6回、細川に今季初アーチが飛び出し、ようやく同点。3−3で迎えた8回、西武は二死走者なしから片岡のヒット,原の四球で一、二塁とした所で栗山が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、この試合初めてのリードを奪う。最後はシコースキーが3人でピシャリと締めて、逃げきった。先発の岸は10安打を浴びながらも、8回を3失点で凌いで3勝目。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:45コメント(0)トラックバック(29) 

September 11, 2009

◆C5−13G◆
巨人は初回、ガッツの29号ソロで先制。その裏、マクレーンの2点タイムリーで逆転されるも、直後の2回、先頭の亀井が22号同点ソロ。2−2で迎えた5回、巨人は無死満塁からキムタクのショートゴロの間に勝ち越すと、続くガッツのタイムリー二塁打で広島先発の偽ハンカチ王子・斉藤をKO。二死後、亀井が敬遠されて満塁となった所で松田記者が2点タイムリーを浴びせて、この回4点。7回には二死走者なしから寿司職人ラミレスが25号ソロを叩き込むと、亀井の四球の後、松田記者,阿部と連続タイムリー。更に、中井にプロ初アーチとなる2ランが飛び出し、この回一挙5点のビッグイニングを形成。続く8回にも2四球で貰ったチャンスに亀井が走者一掃のタイムリー三塁打を放ち、ダメ押し。その裏、11点差あるにも拘わらず、引っ張り出された越智が4安打2暴投の体たらくで3点を失い、KOされたが、大局に影響は及ぼさなかった。巨人先発・内海は7回2失点で7勝目。巨人のマジックは1つ減って12となった。広島は一夜で5位転落。

9/11 山本昌◆D3−1S◆
連敗地獄でBクラス転落の危機に瀕しているヤクルトは初回、二死から青木の四球,デントナのヒットで先制のチャンスを作るも、ガイエルがサードファールフライに倒れて、先制ならず。すると、その裏、先発・ユウキが一死二塁から連続四球で満塁のピンチを背負った挙げ句、ベンちゃんに犠飛を許して、先制点を献上。2回以降、立ち直りを見せつつあったユウキだが、5回、井端,荒木と連打を浴びて、一、三塁のピンチを背負うと、森野に犠飛を打ち上げられ、2点目を献上。更に、二死後、ベンちゃんを歩かせると、今季開幕から26打席ノーヒットと不振に喘ぐピンキー井上にタイムリーを浴び、この回2失点。ヤクルトは6回、川島慶の11号ソロでようやく1点を返すと、土壇場9回には守護神・岩瀬相手に青木,デントナと連打を浴びせ、一発が出れば逆転のチャンス。しかし、ここからガイエル,宮本,田中と悉く打ち上げて、万事休す。これでヤクルトは6連敗で阪神に0.5差と迫られた。約3ヶ月ぶりの登板となった中日先発・山本昌は6回をソロアーチによる1点のみで切り抜け、ようやく今季初勝利となり、セ・リーグ新の22年連続勝利を樹立した

◆T2−1YB◆
初回二死二塁に続き、2回も一死二塁のピンチを背負いながら、切り抜けた阪神はその裏、先頭のキュラソ星人が18号ソロを叩き込み、1点を先制。二死後、浅井にも2号ソロが飛び出し、この回2点。2点を追う横浜は6回、二死からガッツな貴公子・仁志,内川の連続二塁打で1点を返し、なおも二死二塁のチャンスだったが、ジョンソンはセカンドゴロに終わり、1点止まり。続く7回には新井のエラー,武山の四球で二死一、二塁のチャンスを作るも、代打・桑原義が三振に倒れ、二者残塁。ピンチを逃れた阪神は8回からアッチソン−藤川がパーフェクトリレーを展開し、辛くも逃げ切った。藤川は連続の20セーブ目。先発の能見は7回2失点で自身初となる10勝目をあげた。

◆H4−7E◆
初回、小久保のタイムリー二塁打で先制を許した楽天は3回、山崎武がタイムリー二塁打を放ち、試合は振り出しに。1−1の儘、迎えた6回、ソフトバンクは先頭の本多が三塁打。川崎,オーティズと倒れ、二死となったが、ここで小久保がタイムリー内野安打を放ち、勝ち越し。続く7回にはヒットの長谷川を田上が送った所で代打・ハマのスペランカーがタイムリー二塁打を放ち、3点目。8回に攝津アッパーを挟み、9回からは守護神・馬原を投入する必勝リレーで逃げ切り体勢。しかし、馬原は代わりばな、連打を浴び、一、二塁のピンチ。ここで小坂のバントを処理した明石が三塁封殺を狙うが、これをオーティズが後逸し、1点差。この後、何とか二死まで持ち込むも、渡辺直にタイムリーを浴び、ついに同点。更に、高須に痛打され、満塁となった所で鉄平に9号グランドスラムをぶち込まれ、馬原は悪夢の6失点KO。一瞬で4点のビハインドとなったソフトバンクはその裏、田上のタイムリーで1点を返すも、反撃もそこまで。楽天先発・田中は8回で10安打浴びながらも、3失点で踏ん張り、13勝目をマークした

◆F2−3M◆
0−0で迎えた4回、ロッテは先頭のサブローがライトスタンドへ20号ソロを叩き込み、1点を先制。しかし、その裏、日本ハムは稲葉のヒット,高橋のタイムリー二塁打であっさり同点とすると、スレッジもヒットで続いた後、小谷野のゲッツーの間に高橋が勝ち越しのホームイン。直後の5回、ロッテは今季初スタメンに起用された南に今季初アーチが飛び出し、同点とすると、続く6回には二死一、二塁からフクーラがタイムリーを放ち、勝ち越しに成功。日本ハムはその裏、一死からスレッジがヒットを放つも、またも小谷野がゲッツー。その後も7回一死一、二塁,8回二死一、二塁,9回一死二塁と再三のチャンスにあと一本が出ず、あと1点がどうしても届かなかった。ロッテ先発・清水は7回を2失点と粘りの投球で5勝目を飾った

◆L2−1Bs◆
偽バファローズ先発・岸田は5回まで2安打無失点の好投を展開。何とか岸田の好投に報いたい偽バファローズは西武先発・帆足の前に塁上を賑わせながら、ゼロ行進を続けていたが、6回、一死からカブレラ,ローズの連続二塁打でついに均衡を破る先制点をゲット。リードを奪われた西武は6回一死二塁,7回二死一、二塁と相次ぐチャンスにもあと一本が出ない。しかし、8回、二死走者なしから片岡がレフト前へ弾き返すと、続く栗山がライトスタンドへ11号2ランを叩き込み、一気に逆転に成功。ようやくリードを貰った帆足は9回もマウンドに上ると、きっちり3人で締め、完投で7勝目を飾った

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:40コメント(0)トラックバック(28) 

August 12, 2009

◆C5−16G◆
初回から連打と四球で無死満塁といきなりの大チャンスを作った巨人。ここで寿司職人ラミレスが犠飛を打ち上げ、先制するも、亀井,阿部と倒れて、結局、1点止まり。1点を追う広島は2回、一死からこちらも連打と四球で満塁とするも、石原が倒れて、二死となった所で打席には投手の今井。これでチャンスは潰えるかと思いきや、何と今井が走者一掃のタイムリー三塁打を放ち、一気に逆転。更に、続く東出にもタイムリーが飛び出し、この回4点。自ら逆転打を叩き出した今井だが、このリードを守れない。直後の3回、一死一、二塁のピンチで寿司職人ラミレスにタイムリーを浴び、1点差とされると、続く好調・亀井に痛恨の逆転18号3ランを被弾。更に、阿部,古城の連続二塁打で6点目を失い、この回限りで無念のKO。6回に坂本,マクレーンの一発で1点ずつ取り合って迎えた7回、巨人は6長短打を集中して5点を奪い、なおも満塁の場面で阿部が15号グランドスラム。この回一挙9点を奪い、試合を決定付けた。巨人は計23安打16点の猛攻で引き分け1つを挟んで6連勝。先発の東野は5回0/3を5失点と不本意な内容ながら、打線に援護に恵まれ、5勝目。一方、今井は3回6失点でプロ初黒星。

8/12 岩田◆T6−1D◆
依然としてタイムリー欠乏症に回復の兆しが見えない中日は初回、先頭の井端が三塁打を浴びせるも、荒木,森野,ブランコと三者連続三振を喫して、井端は三塁に釘付け。いきなり大チャンスを潰してケチがついた中日は以降、走者を出す事すらままならない。一方、阪神も3回まで5安打を浴びせながら、あと一本が出ずにいたが、4回、一死からブラゼルが9号先制ソロ。更に、葛城イクロー,狩野,岩田と3連打を浴びせて、1点を追加。3回以降一人の走者も出せずにいた中日は7回、森野の四球,ブランコのヒットで久々のチャンス。ここでベンちゃんはショートゴロゲッツーに倒れるが、続く李がタイムリーを放ち、1点差。しかし、その裏、阪神は一死から大和のヒット,鳥谷の四球で一、二塁とした所でキュラソ星人が走者一掃のタイムリー二塁打。更に、新井もヒットで続き、中日先発・あちゃくらさんをKO。更に、二死後、3番手・河原から代打・桜井が走者一掃のタイムリー三塁打を浴びせて、この回一挙4点。先発の岩田は8,9回とノーヒットで抑えて、今季2度目の完投で2勝目をマーク。中日は散発4安打と打線が沈黙し、中盤まで踏ん張っていたあちゃくらさんを見殺しにしてしまった。

◆S3−4YB◆
ヤクルト先発・一場さまの前に3回までノーヒットに抑え込まれていた横浜だが、4回、内川,メカゴジラのヒットで一死一、三塁とすると、吉村がレフト前へ先制タイムリー。更に、暴投で二、三塁となった所で石川がスクイズを決めて、この回2点。5回に内野ゴロの間に1点を返されるも、6回、二死一、二塁から石川が詰まりながらもレフト前に落とすタイムリーを放ち、再び点差は2点と拡大。しかし、ヤクルトは7回、この回から代わったカリメロからガイエルが痛打すると、3番手・真田に対して、宮本が5号2ランを放ち、一気に同点。この後、3四球で一死満塁とするも、田中がセカンドゴロゲッツーに倒れ、勝ち越しならず。試合はその儘、2試合連続の延長にもつれ込んだ。6回以降、6人の投手を1回ずつ投げさせる継投を展開してきたヤクルトは12回から8番手・鎌田を投入。簡単に二死を取った鎌田だが、ここで内川に13号ソロを被弾し、勝ち越し点を献上。その裏、ヤクルトは一死から福地,田中と連打を浴びせて、一、二塁とし、打席にはこの日2安打の青木。大いに期待が懸かった青木だったが、結果は最悪のサードゴロゲッツーとなり、万事休す。横浜7番手の高崎は2回を投げ4安打を浴びながらも、無失点で凌ぎ、2勝目をマークした

◆E5−1H◆
初回二死満塁のチャンスを逃したソフトバンクは続く2回にも二死満塁のチャンスを潰し、3回には先頭打者をエラーで出しながら、ゲッツーを食らう怒濤の拙攻三昧。再三のピンチを凌ぎきった楽天は3回、二死一塁から渡辺直が右中間へ弾き返すと、センター・長谷川がもたついている隙に一塁走者・リンデンが長駆生還し、先制。続く4回には山崎武,ショートのヒットで一死一、三塁とすると、宮出が犠飛を打ち上げ、2点目。直後の5回、ソフトバンクは先頭の本多が右中間突破の二塁打を浴びせると、川崎の犠打で三進。ここでオーティズが犠飛を打ち上げ、ようやく1点。しかし、楽天は6回一死一、三塁から野選にエラーと拙守に乗じて2点を奪うと、7回にはリンデンの7号ソロでダメ押し。先発のルーキー・藤原は粘りの投球で7回を1失点で切り抜け、2勝目をあげた

◆F2−8Bs◆
初回、日本ハムは田中が二塁打を浴びせると、紺田の犠打で三進。ここで稲葉がセンターへ犠飛を打ち上げ、1点を先制。日本ハム先発のさすらいの賭博師・須永の前に3回まで1安打と沈黙していた偽バファローズは4回、死球の大引を一塁に置いて、カブレラの7号2ランで逆転。更に、ローズが歩いた後、フェルナンデス,濱中と連続アーチ。更に、連打と犠打で二、三塁とした所で大村が2点タイムリーを放ち、この回大量7点のビッグイニングを形成。続く5回にはローズに14号ソロが飛び出し、助っ人クリーンアップが一発揃い踏み。須永はこの回限りでKOとなった。日本ハムは6回にスレッジが16号ソロを放つも焼け石に水。偽バファローズは連敗は3でストップし、先発・近藤は8回を2失点で6勝目を飾った

◆M3−5L◆
西武は初回、四球で歩いた片岡が盗塁と内野ゴロで三進すると、中島のタイムリーで先制のホームイン。しかし、その裏、ロッテも二塁打の西岡を三塁へ進めると、サブローがライトへ同点犠飛。1−1の儘、迎えた4回、ロッテは二死走者なしから里崎が7号ソロを叩き込み、勝ち越しに成功。しかし、西武は6回、一死から栗山が二塁打で出ると、二死後、中村のタイムリーで再び同点。更に、清水がエラーで出塁し、チャンスを広げたが、G.G.佐藤はファーストファールフライに倒れて、勝ち越しならず。2−2の儘、迎えた土壇場9回、西武は一死から礒?がヒットで出ると、銀仁朗が送った所でボカチカのタイムリー二塁打が飛び出し、ついに勝ち越し。しかし、粘るロッテはその裏、サブローが14号同点ソロを放ち、延長に突入。3−3の儘、迎えたラストイニング12回、西武は一死からボカチカの四球,片岡のヒットで一、二塁とすると、栗山が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、2点を勝ち越し。その裏、藤田が締めて、プロ入り初セーブ。4番手の星野に今季初勝利がついた

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:05コメント(0)トラックバック(29) 

June 11, 2009

◆Bs4−2G◆
開幕から6戦6勝のゴンザレスが伝説の大投手・沢村の球団記録更新を賭けて7度目の先発登板。初回に寿司職人ラミレスのタイムリーで先制して貰ったゴンザレスだが、その裏、先頭の坂口にいきなり四球を与え、開幕以来続けてきた連続イニング無四球記録が41回1/3でついにストップ。この後、犠打とボークで三進を許すと、大村に犠飛を浴びて、試合は振り出しに。続く2回には二死一塁から塩崎に2号2ランを被弾。5回には坂口にタイムリー二塁打を浴びて、4点目を献上。金子相手にヒットは出るものの、連打が出ず、追加点を奪えない巨人は6回、寿司職人ラミレスの10号ソロでようやく2点目。しかし、7回からは菊地原−香月−加藤と繋ぐリレーの前に無得点に終わり、万事休す。ゴンザレスは完投したものの序盤の失点が響き、今季初黒星。偽バファローズは連敗を7で止め、6月になってようやく初勝利。金子は6回2失点で6勝目を飾った。

◆E3−1D◆
相変わらず、好投の味方投手を見殺しにする事にご執心の中日は初回無死一塁,2回二死一塁,3回一死一、二塁と先制のチャンスを悉く逸する体たらく。一向に先制点を奪う気配のない不甲斐ない味方打線に川相不在の弊害を痛感し、落胆の色を隠せない吉見は3回、今季初スタメンの平石に三塁打を浴びると、一死後、渡辺直に痛打され、先制点を献上。二死後、中村真にタイムリー二塁打を浴び、この回2失点。7回には平石にタイムリー三塁打を浴び、手痛い3点目を献上。中日は8回から代わった小山から連続四球を選ぶと、3番手・有銘からも四球を拾って、ノーヒットで無死満塁の大チャンス。しかし、ここで代わった青山の前にブランコは三振。続くベンちゃんが犠飛を打ち上げ、ようやく1点を返すも、デラロサは三振に倒れて、結局、1点止まり。9回は三者凡退に終わり、結局、3失点完投の吉見を見殺しする有様。怒濤の拙攻三昧に投手陣のモチベーションは下がる一方で、この絶望的な状況を打破する為にも一刻も早い名手・川相の現役復帰が待たれる所である。悪の温床・楽天は泥沼の連敗がようやく6でストップ。先発の田中は7回無失点でハーラー単独トップに踊り出る8勝目

◆H3−6S◆
ソフトバンク先発・大場が立ち上がりから全く制球が定まらない。いきなり先頭の福地を歩かせた初回はゲッツーで切り抜けたが、続く2回、二死走者なしから連続四球でピンチを作ると、相川にタイムリーを浴び、先制点を献上。3回にも二死から3連続四球で満塁のピンチを迎えた所で、あえなくKOとなったが、代わった佐藤が宮本を三振に斬って取り、何とか凌ぎ切る。その裏、ソフトバンクは先頭の松田が今季初アーチを叩き込み、同点。しかし、直後の4回、ヤクルトは一死一塁から川島慶の三塁打,福地の犠飛で2点を勝ち越し。5回には無死一、三塁からゲッツーの間に4点目を追加。3点を追うソフトバンクはその裏、一死から松田が歩くと、続く田上が10号2ランを放り込み、1点差。突き放しておきたいヤクルトは7回に相川,8回にはガイエルのタイムリーで1点ずつ追加。8回からは五十嵐−林と繋ぐ必勝リレーで逃げ切った。先発・館山は7回3失点で2年越しの14連勝

6/11 今江◆M23−2C
連続無失点が止まって以来、すっかり下降線を辿っている大竹はこの日も乱調。2回に末永のタイムリー二塁打で2点を先制して貰ったにも拘わらず、その裏、早坂の2点三塁打であっさり同点とされると、続く3回には一死満塁から暴投をかまして、やらずもがなの勝ち越し点を献上。更に、里崎を歩かせると、二死満塁となった所で今江に3号グランドスラムをぶち込まれ、失意の7失点KO。ロッテは6回、14安打を集中する打者二巡20人の猛攻でプロ野球新記録となる1イニング15点を獲得。7回にもダメ押しの1点を加えて、今季両リーグ最多となる計23安打23得点で圧勝。十分過ぎる援護を貰った先発・清水は今季初完投で2勝目を飾った。

◆L6−5T◆
2回、狩野のタイムリーで先制された西武だが、その裏、無死満塁から銀仁朗のピッチャーゴロの間にまず同点。更に、二死満塁となった所で栗山が走者一掃のタイムリー三塁打,中島がタイムリーで続き、この回、大量5点。4点を追う阪神は直後の3回、新井が8号2ラン。5回に1点を返されるも、6回、ブラゼルが古巣相手に2号2ランを叩き込み、1点差まで詰め寄った。しかし、7回から登板したミッチーが2回をパーフェクトリリーフ。9回からは小野寺が3人でピシャリと締め、西武が1点差を守りきった。先発のワズディンは6回5失点と不本意な内容ながらも、打線の援護に恵まれ、2勝目をマーク

◆F9−3YB◆
日本ハムは初回、二死走者なしから、負傷欠場の稲葉に代わって3番に入った糸井が二塁打を放つと、続く高橋がタイムリーを放って、1点を先制。3回には一死二、三塁から糸井がタイムリーを浴びせると、高橋が歩いて満塁となった所で小山田がボークを犯し、3点目。更に、小谷野が歩いて、再び満塁となった所で小山田はあえなくKO。代わった吉見に対して、ミスタースナイパー・坪井はセカンドゴロに倒れるも、北川がタイムリーエラーを犯して、またまたタナボタの1点を追加。なおも満塁の場面で呪われた助っ人・ボッツが今季初アーチとなるグランドスラムをぶち込んで、この回、一挙7点のビッグイニングを形成し、早くも試合を決定付けた。横浜は6回に3点を返したものの、今季初登板となる小山田の先発起用と言う奇襲による序盤の大量失点が大きく響く格好となった。日本ハム先発・スウィーニーは6回途中まで3失点で5月14日以来の2勝目

 

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:52コメント(1)トラックバック(29) 

November 15, 2008

◆天津2−16西武◆
アジアシリーズ11連敗中の中国代表である天津相手に取りこぼしは許されない西武は初回、栗山のタイムリー二塁打等で2点を先制。しかし、その裏、今季僅かに2度しか先発マウンドに上がっていないミャオが一死二、三塁のピンチを迎えると、羅玉斌に2点タイムリーを浴び、あっさり同点。追い付かれた西武は直後の2回、2四球で二死一、二塁のチャンスを疲労と、中村がレフトスタンドへ豪快な3ランをぶち込み、勝ち越しに成功。続く3回には天津の守乱に乗じて、一気に畳み掛け、大量6点を追加。4回には赤田のタイムリー二塁打,片岡の犠飛で2点を加えると、6回には銀仁朗の一発等で3点を奪い、ダメ押しの16点目をゲット。ミャオは3回もたずに降板となったが、以降、大沼−谷中−岡本真が4回2/3でパーフェクトリリーフを展開し、7回コールド勝ち。西武は統一,SKに並ぶ2勝1敗で予選を終えたが、失点率で1位となり、決勝進出を決めた。

相次ぐ主力の離脱により、攻撃力不足が心配された西武打線だったが、ここまでの2試合で22失点と言う天津の弱体投手陣相手では流石に、杞憂だったらしくシーズン新記録となる16点を奪っての圧勝。結局、失点率の少なさでギリギリの決勝進出を果たす事となり、統一戦の岸の快投が大きくモノを言う結果となった。この日は打線爆発したとは言え、天津相手では復調したのかどうかと言う目安にはなりそうもない。決勝の相手は予選で勝った統一だが、紙一重の内容であり、楽観とはしていられないだろう。

◆統一10−4SK◆
2回に李晋映の一発で戦意された統一だが、4回、無死一、三塁から陽森のタイムリーで同点とすると、劉芙豪が3ランを叩き込み、一気に3点を勝ち越し。更に、高志綱も連続アーチを浴びせて、この回、一挙5点。5回にも陳連宏のソロアーチで5点差と突き放されたSKは6回、趙東和のタイムリー三塁打で2点を返すと、8回には朴哉相のタイムリーで2点差まで詰め寄った。しかし、その裏、統一は劉芙豪にこの日2本目となる3ランが飛び出すなど、4点を奪い、試合を決定付けた。このまま敗れても、9回に4点を帰せば、決勝に出られるSKだが、三者凡退に終わり、決勝進出を果たせなかった。統一は失点率でSKを逆転し、決勝進出を果たした。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:03コメント(0)トラックバック(8) 

November 05, 2008

◆L5−0G◆
負ければ、王手をかけられる西武は初回、巨人先発・グライシンガーからヒットで出た片岡がすかさず二盗を決めると、栗山がライト線へタイムリー二塁打を浴びせる電光石火の攻撃で先制点をゲット。その後、膠着状態となったが、1−0の儘、迎えた4回、西武先頭の中島がさして痛くもない死球でグライシンガーに食ってかかり、あわや乱闘騒ぎを起こす。これが結果的に調子に乗りつつあったグライシンガーの勢いに水を差す格好となり、昨日、覚醒した中村がレフトスタンドへ2試合連続の2ラン。中村は6回にも2打席連続となる2ランをぶち込んで、グライシンガーをKO。西武先発・岸は8回まで三塁も踏ませない好投を展開。9回もマウンドに上がった岸は先頭のガッツを空振り三振に斬って取ると、寿司職人ラミレスをどん詰まりのレフトフライ,李をファーストゴロとクリーンアップをいとも簡単に退けて、完封勝ち。これで西武は2勝2敗と星を五分に戻した。

阿部や脇谷をスタメン起用するなど右投手対策に打って出た巨人打線だが、岸が毎回の10三振,散発4安打と申し分のない内容で封じ込め、日本シリーズ初登板初完封を達成。打っては完全に覚醒してしまった中村が2発4打点の大活躍。その前に足を生かした攻撃で今シリーズ初の先制点を奪うなど、万全の試合運びだった。グライシンガーは単に状態の悪かった交流戦時の影響が数字に出ただけで相性が壊滅的に悪いと過剰に考え過ぎなのではないかと言う気もしていたのだが、周囲が西武アレルギーぶりを煽り過ぎて、最多勝投手なのに4番手と言う消極的起用をした結果(アジアシリーズ出場権争奪戦出場権争奪戦の頃から調子が下降気味なのもあったのかもしれないが)、まんまと不安を的中させてしまう事になった。と言っても、炎上したと言うより、中村一人にしてやられた格好ではある。それにしても、あんなプロテクターへのカス当たり死球で無駄騒ぎの中島には少々カチンと来た。第2戦で4個もぶつけているのは棚上げか、ガッツの痛みを思い知れと…。もし、あれがグライシンガーのリズムを崩す為の作戦だったとしたら、なかなかの策士だが…。グライシンガーは崩された巨人だが、山口,東野,豊田と今シリーズ初登板のリリーフ陣がそれぞれ無失点投球。今日は温存出来た西村健,越智も加えて、リリーフ陣は万全だ。解説に来ていたカリメロはリリーフ陣の安定感の差で2勝2敗でも巨人有利説を自信ありげに掲げていたが、巨人が負けた試合は涌井,岸と先発に完璧に抑え込まれると言うリリーフ陣を殆ど必要としない展開であっただけに、この分析は鵜呑み出来ない。ただ、涌井はともかく、岸が先発マウンドに上がる事はもうない訳で、帆足,石井一の出来が鍵を握る事になりそうな気配だ。さて、明日の第5戦だが、上原,涌井が中4日で出てくるのか、はたまた5人目の投手が出てくるのか気になる所である。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:20コメント(0)トラックバック(29) 

October 01, 2008

清原引退◆Bs4−1H◆
ソフトバンクは1,2,3回と3イニング連続でゲッツーを食らう拙攻三昧。3回まで1安打無失点の好投を見せていた杉内だったが、4回二死一塁からローズに40号2ランを叩き込まれて、先制点を献上。直後の5回、2四球で二死一、二塁としたソフトバンクは高谷のタイムリーで1点差。なおも一、二塁のチャンスだったが、大村はファーストゴロに倒れて、1点止まり。偽バファローズは6回、内野安打の坂口を後藤が送った所で阿部がタイムリーを放つと、この日が引退試合と言う事で4番DHでスタメン出場していた破戒僧・清原が右中間を破るプロ最後のタイムリー二塁打を浴びせて、4点目。先発・近藤は今季2度目の完投で初の2桁勝利をマークした。

4併殺の大拙攻を展開してしまったソフトバンクが大惨敗で最下位脱出のチャンスをむざむざ逃してしまった。杉内も13三振奪って完投したものの、王さんのホークス1000勝,最下位脱出がかかっていると言うのに、悠長に破戒僧・清原相手にストレート一本勝負などと余裕ぶっこいている場合ではない筈なのだが…。破戒僧・清原に華を持たせる前に、まず王さんに華を持たせろよ!…って、やっぱり王さんの指示なのかなぁ。王さんは自分の1000勝より、破戒僧・清原の引退試合を優先しそうだよ…。そんなハンデを与える以上、それを上回る猛攻で打ち勝つしかなかったものを…。これで王さんのホークス1000勝を達成するには残り3戦全勝するしかなくなってしまった。うち1試合に岩隈が立ちはだかる事が予想されるだけに非常に苦しい展開だが、最後の最後に何とか意地を見せて貰いたいものだ。さて、アジアシリーズ出場権争奪戦出場権争奪戦の不出場を決め、この日が正真正銘、ラストゲームとなった破戒僧・清原だが、タイムリー1本を含む4打数1安打。最後は空振り三振で通算三振の日本記録を更新する形で締め括った。引退セレモニーだが、スペシャルゲストとやらはナレーションの内容からして、てっきり桑田かと思いきや(清原を弟の様に…とか言う辺りだけは違和感があったが)、長渕剛。「言うまでもなく」って、全然言うまでもなくじゃないよ! いや、長渕が来る事は知ってたけど、かなり桑田を連想させる様な紹介だったぞ。その長渕、「とんぼ」熱唱はいいのだが、あまりにもエキサイトし過ぎて、しんみりムードに水を差したと言うか、何だか一気に白けてしまった印象。これで終わりか?今度こそ終わりか?と思う度にまだ続くのかよ!と散々焦らされる超ロングバージョンで、サッサと破戒僧・清原の挨拶を聞かせてくれよ!と思わずにはいられなかった。ようやく始まった挨拶で、破戒僧・清原はこれまで関わってきた野球人やファンに感謝の気持ちを述べるのだが、花束贈呈に来たキュラソ星人はともかく、見届けにきただけの鈴木一朗の事まで触れておきながら、同じく球場に来ていた盟友・桑田の「く」の字すら触れないってのはどういう事よ! スペシャルゲストが桑田じゃなかっただけでも拍子抜けだった上、挨拶でも完全にシカトぶっこかれたのは、かなりガックリさせられたなぁ。まぁ、セレモニー自体には色々不満はあるけれど、ともあれ、23年間、お疲れさん。

◆S13−3C◆
2回に一死満塁から内野ゴロの間に先制点を貰った偽ハンカチ王子・斉藤だったが、3回に青木の14号同点アーチを被弾。続く4回には4連続四球で押し出しの勝ち越し点を献上し、あえなくKO。代わった上野も田中,川本,青木とタイムリーを浴びる大炎上。更に、満塁の場面で代わった青木もいきなり畠山に押し出し死球を食らわせると、飯原,梶本と連続タイムリーを許して、この回、悪夢の9失点。直後の5回、広島はオチョアのタイムリー二塁打,嶋の犠飛で2点を返し、応戦するも、その裏、代打・ガイエルの犠飛で突き放したヤクルトは6回にも川本の2号2ランで10点差をつけ、快勝を収めた。

無傷の3連勝中の偽ハンカチ王子を投入して、連敗阻止を図った広島だったが、4回もたずに5失点KOの背信投球。リリーフ陣も次々と打ち込まれて、3連敗で借金生活に逆戻り。これで3位中日との差は2と開き、Aクラス浮上へ赤信号。それもこれもこの期に及んで求道者・前田をスタメンは勿論の事、代打ですら起用しないブラウン監督の嫌がらせ采配が問題だ。本当にこの男は3位や5割の可能性を投げ打ってでも、求道者・前田をシメ倒す事しか頭にない様だ。これでAクラスも5割もあと僅かだったから…などと温情で続投が決まってしまうのが一番最悪なパターン。3位も5割も成し遂げられなかった時にはきっちり解雇して貰いたいものである。それが嫌なら、求道者・前田を使いまくって、3位に浮上してみせろ!

◆YB1−3D
2回二死満塁のチャンスを逃すなど、相変わらず、タイムリー欠乏症に苛まれる中日だったが、5回、一死二塁から川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに李が14号先制2ランを叩き込むと、二死後、ベンちゃんが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに16号ソロを放って、この回3点。先発・人斬り抜刀斎は6回を無失点で切り抜けると、浅尾−高橋−清水昭と繋いで、最後は守護神・岩瀬を投入。岩瀬は石川にタイムリーを浴びて、完封リレーは成立させられなかったが、後続を断ち切り、中日は4連勝となった。

相変わらず、タイムリーの出ない中日がやぶれかぶれの一発依存野球で辛くも白星を拾い、Aクラスへ大きく前進した。人斬り抜刀斎は7月25日以来の先発で約3ヶ月ぶりの先発白星を掴んだ。一方、横浜はまたも打線沈黙で泥沼の12連敗。村田も内川もすっかり当たりが止まってしまっており、完封を逃れるのが精一杯だった。

◆E0−17F
Aクラスを狙う日本ハムに対して、田中を初の中4日で起用する嫌がらせで上位いじめを図ったノムさんだったが、これが大誤算。初回からスレッジのタイムリーで先制した日本ハムは続く2回には二死一、二塁から劇団ひちょり,稲葉の連続タイムリーの後、スレッジが16号3ランを叩き込み、この回5点。3回には金子誠がタイムリー二塁打を浴びせて、田中は失意の7失点KO。勢いづく日本ハムは5回には7長短打を集中して、一気に6点を追加。終盤にも着々と加点し、大量リードを広げると、投げては4投手で完封リレーを収め、今季最終戦を圧勝で締め括った。

日本ハム・ビッグステーキ打線(若大将・原辰徳命名)が5回にして早くも先発全員安打を達成するなど、計28安打17得点の大爆発。投げては先発・武田勝が5回を零封すると、先発要員のグリンが2回をピシャリ。更に、エース・ダルビッシュまで登場し、2回無失点で200イニングに到達すると、最後は守護神・MICHEALが締めると言う超豪華完封リレーで大勝を収め、3位を確定させた。楽天は田中の中4日起用が完全に裏目。ノムさんも2番手に一場を投入した辺り、もう完全に試合を投げていた模様だ。こういう楽な場面くらい栄養費パワーで何とか結果を出したい一場だったが、2回6失点の大炎上で傷口を広げる一方だった。

◆M5−9L◆
優勝しても一向に連敗が止まらない西武だったが、この日は2回に中村の46号2ランで先制。更に、一死満塁のチャンスに片岡がタイムリーを浴びせると、続く栗山が11号グランドスラムを叩き込み、渡辺俊はあえなくKO。その裏、大松のタイムリー二塁打で1点を返されるも、4回、細川の16号ソロ,中島のタイムリーで2点を追加。3位浮上へ負けられないロッテはその裏、橋本,サブローの連続アーチで2点を返すと、続く5回には4連打で2点を奪い、4点差まで詰め寄るが、反撃もここまでだった。

西武が苦手・渡辺俊を完全攻略し、シーズン終了ギリギリで何とか連敗を止める事が出来た。この所、不振に陥っている涌井は5回5失点とこの日もピリッとしなかったが、大量リードに守られて、3年連続の10勝目。2回の7点が重くのしかかったロッテは反撃及ばず、2試合を残して4位が確定してしまった。

ホームランアーチスト 清原和博 500本塁打の軌跡
清原和博―夢をつらぬく情熱のバッター (素顔の勇者たち)
不惑 桑田・清原と戦った男たち
おうワイや!清原和博番長日記―1997|05→2003|05
夢一途―清原和博 11年目の選択

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:58コメント(3)トラックバック(49) 

August 10, 2008

◆H4−5E◆
0−0で迎えた4回、楽天はショート,フェルナンデスの連打で一、二塁とすると、山崎武の16号3ランで一気に3点を先制。岩隈の前に5回まで二塁も踏めずにいたソフトバンクだが、6回、中西の四球,塩川のエラーで無死一、二塁のチャンス。ここから本多,仲沢と倒れて、二死と追い込まれたが、松中がタイムリーを放って、中西が生還。なおも一、二塁のチャンスだったが、小久保はライトフライに倒れて、1点止まり。楽天は8回、4安打を集中し、2点を追加。土壇場9回、この回から来日初登板となった謎の新助っ人・グウィンに対して、ソフトバンクは二死走者なしから、長谷川のヒット,代打・明石の死球で一、二塁とした所で高谷,本多,代打・金子と3連続タイムリーで1点差と詰め寄り、グウィンをKO。代わった佐竹から松中が歩いて、満塁と一打サヨナラのチャンス。しかし、最後は6番手・木谷の前に小久保がショートゴロに終わり、万事休す。

最後の最後で粘りに粘ったソフトバンクだったが、あと一歩及ばず。満塁で小久保凡退なら、仕方ないと言うしかないが、それにしても、下位相手に痛い連敗だ。大隣も悪い内容ではなかったが、4回の対クリーンアップだけが悔やまれる。楽天は岩隈が7回1失点の好投でハーラー独走の15勝目をマークしたのは流石として、問題はストッパー候補として期待されていたグウィンだろう。簡単に二死を取ったまでは良かったが、そこから大炎上でKOと、今後に不安を残してしまった。

◆L11−2F
日本ハム先発のスーパーさぶ・多田野は初回は三者凡退に斬って取り、続く2回も簡単に二死を取ったが、ここから中村,礒?の連打で先制を許すと、3回には栗山に7号ソロを被弾。そして5回にはいきなり先頭の黒瀬にプロ初アーチを浴びると、一死後、栗山の二塁打と連続四球で満塁のピンチ。二死後、中村に27号グランドスラムを叩き込まれて、この回限りで失意のKO。止まらぬ西鉄打線は6回にはボカチカのタイムリー,7回には後藤の5号ソロ等で2点を加えると、更に、8回には松坂のタイムリー二塁打でダメ押しの11点目。投げては先発・帆足が8回を投げて、金子誠のタイムーによる1点のみに抑え、3年ぶりの2桁勝利をマークした。

西鉄が投打噛み合う万全の試合運びで眼下の敵・日本ハムを下し、着々と独走体勢を整えつつある。中島,G.G.佐藤の不在を全く感じさせない打線の爆発ぶりには恐れ入る。唐川が水島の呪いに苛まれている隙に新人王レースを優位に運びたい多田野だが、7失点の炎上で前回に続いて5回KO。呪われた助っ人・ボッツはよりにもよってスタメンで起用され、3度走者のいる場面で悉くチャンスを潰すなど、3三振を含む4タコの体たらく。折角、唐川が呪われていても、身内に呪われた存在がいては、優位になりようもないと言うものだ。

◆Bs6−0M◆
1,2回とゲッツーを食らうなど、攻めあぐねていた偽バファローズだが、4回、渡辺正のエラーとローズの四球で二死一、二塁とした所で日高が先制タイムリー。続く5回には二死二塁から塩崎,カブレラの連続タイムリーで2点を追加。更に、6回には坂口の2点タイムリー二塁打,7回には下山のタイムリーで6点目。先発・山本は中盤こそピンチを背負ったが、崩れる事なく、ロッテの反撃を断ちきり、8勝目を飾った。

序盤こそ手こずった偽バファローズだが、中盤以降は、作ったチャンスをきっちり生かして、着々と加点。投げては山本がロッテ打線を4安打に抑え込んでの今季2度目の完封勝利を果たし、偽バファローズはロッテと入れ替わりで4位に浮上。ロッテ先発・小林宏は制球に安定を欠き、6回途中5失点KOとまたもや背信投球でとうとう10敗目を喫してしまった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:40コメント(0)トラックバック(22) 

July 27, 2008

◆G7−0S◆
巨人は初回、四球で歩いた鈴木がすかさず二盗を決めると、キムタクの犠打で三進。ここでガッツの内野ゴロの間に先制点をゲット。更に、寿司職人ラミレスの四球,マッスル千代の富士のヒットでチャンスを広げたが、李は空振り三振に倒れて、1点止まり。2回には阿部,坂本が連打を浴びせると、一死後、鈴木尚がセンター前に弾き返して、1点を追加。3,4回は3人ずつで打ち取られるも、5回一死からキムタクが歩いた所でガッツがタイムリー二塁打を放って、3点目。6回には李に待望の今季初アーチが飛び出す、一死から坂本が二塁打で出た所で無失点投球なのに何故か木佐貫を引っ込めてまで無理矢理投入されたあの男が4ヶ月に渡って充電しまくったインケツパワーを吐き出してのタイムリーを放って、5点目を追加。7回には亀井,代打・大道のタイムリー二塁打で2点を追加。更に、坂本が四球を選んで一、二塁としたものの、先の打席でインケツパワーを放出しきってしまったのか、あの男はセンターフライに倒れるチャンスブレイクで二者残塁。7回から西村健−藤田と繋いだ巨人は最後は東野が3人で締めて、完封リレーを達成。木佐貫は6回零封で6勝目。

別に、あの男がまくってきた訳でも何でもないのだが、自ら墓穴を掘っている事に危機感を抱いたのか、坂本が2安打1四球と結果を残し、守っても6度の守備機会をきっちりこなした。あの男が今季初打点となるタイムリーを放った(後に必殺のチャンスブレイクをかましたが…)だけに、昨日の様な事をやっていたら、スタメン落ちの危険もあったが、何とか踏み留まった。あの男と言えば、木佐貫を下げてまで使った事に関しては釈然しないものがあるが、リリーフ陣がきっちり抑えたので事なきを得た。この日も2打席目まで不甲斐ない結果が続いていた李も一発を放つなど、投打が噛み合った巨人はこれで4連勝。一方、敗れたヤクルトは4連敗で前半戦の借金生活が確定してしまった。

◆T4−6D
3タテを食らい事だけは何としても避けたい中日だが、この日も初回から二死一、二塁のチャンスを潰す嫌な立ち上がり。4回表一死、ベンちゃんの打席で突然、照明が消えるアクシデントが起こり、しばらく中断となった後、ベンちゃん,中村紀と連打を浴びせて、一、三塁としたものの、ピンキー井上はショートゴロゲッツーに倒れる最悪の展開。すると、その裏、先頭の平野のショートゴロを井端がヘッポコエラー。拙攻拙守と川相不在の重さを痛感し、落胆の色を隠せない山本昌は続く新井に痛打されると、二死後、鳥谷にタイムリーを許して、先制点を献上。阪神は5回まで無失点に抑えていた伊集院光の弟子・金村に代打を送った事で、6回から継投モードに入るが、これが裏目。2番手・渡辺が先頭の荒木をセカンドゴロに打ち取りながら、関本のエラーで生かしてしまった事でリズムを崩したか、ここから森野,ベンちゃん,中村紀と3連打を浴びて、3失点。一死後、小池にヒット,谷繁に四球を許して満塁とすると、代打・T.ウッズは三振に取ったものの、続く井端に走者一掃のタイムリー三塁打を浴びて、悪夢の6失点KO。しかし、粘る阪神はその裏、2番手・高橋を攻め立て、一死一、二塁とすると、エラーの汚名返上とばかりに関本が3号3ラン。2点差まで詰め寄った阪神だが、反撃もここまで。7回から登板の浅尾に2回を抑え込まれると、最後は岩瀬に締められ、3タテを逃した。

拙攻拙守に足を引っ張られながらも、何とか白星を掴んだ山本昌はついに200勝へ王手。すんなり名球会入りを決める為にも名手・川相の現役復帰を視野に入れて欲しい所だ。阪神は伊集院光の弟子・金村を引っ込めたのが大誤算。渡辺がここまで大炎上となった事は計算しようもないが、一死走者なしで代打を送る必要が果たしてあったのか?甚だ疑問。3点取られて、なおも満塁のピンチを迎えながら、渡辺を引っ張ったのも訳が分からない。謎の新助っ人・リーソップは8回から登板し、1回を3人でピシャリと抑える上々のデビューだった。

◆C8−4YB◆
0−0で迎えた4回、横浜は一死から吉村が四球で出るも、二盗に失敗。しかし、ここでビグビーがライトスタンドへ7号ソロを放り込み、1点を先制。入団前から名手・川相を信奉していたナイスガイ・真田の前に3回までパーフェクトに抑え込まれていた広島だが、その裏、一死から天谷がチーム初安打を放つと、二死後、栗原がタイムリー二塁打を放って、同点。横浜は7回から真田を下げて、サイレントK・石井裕にスイッチ。石井裕は三者三振の快投でチームの士気を高めると、直後の8回、横浜は2本の内野安打で一死一、三塁とした所で村田が29号3ランを叩き込み、3点を勝ち越し。しかし、その裏、広島は先頭の代打・赤松が四球で歩くと、一死後、東出が内野安打。二死後、ここで代わった吉原からオチョアが2試合連続の11号3ランを放って、一気に同点。9回は両軍無得点に終わり、延長戦に突入。迎えた10回、広島は二死走者なしからオチョアが二塁打で出ると、栗原が歩かされて、一、二塁。ここで代打として登場した求道者・前田も四球を選ぶと、スタメンを外され、途中からの出場となっていたシーボルが8号サヨナラ満塁弾を叩き込み、5カードぶりに勝ち越した。

求道者・前田がコンディションが悪いながらも鋭い眼光で山北の手元を狂わせ、サヨナラ勝ちを呼び込んだ。勿論、ブラウン監督がそんな風に見ている筈はないので、一銭の得にもならないのが歯痒い。それはさておき、ついに同胞・シーボルをスタメンから外す英断を実行に移したと言うのに、そのシーボルがこんな劇的な一発を放ってしまうとは皮肉なものである。敗れた横浜は村田が寿司職人ラミレスに並ぶ29号ソロを放った一方、内川が5の1で打率を3厘落とし、ついに本命・青木に首位打者の座を明け渡してしまった。こうなると、実績がないだけに突き放される一方かもしれない。もう少し粘りを見せて欲しい所だが、果たして…!?

◆H3−2M◆
ロッテは西岡の10号先頭打者アーチでいきなり先制。その裏、ソフトバンクも本多,川崎と連打を浴びせると、一死後、小久保が犠飛を打ち上げ、あっさり同点。2回以降、渡辺俊,和田の両先発が再三ピンチを背負いながらも、あと一本を許さずに粘っているうちに立ち直りを見せて、1−1の儘、終盤へ突入。迎えた8回、ロッテは里崎のタイムリーでついに均衡を破る2点目をゲット。しかし、土壇場9回、ソフトバンクは一死から小久保が同点18号ソロを叩き込み、試合は延長にもつれ込んだ。ラストイニングとなった12回裏、ソフトバンクは長谷川のヒット,高谷の四球で二死二、三塁とすると、本多がレフト前にタイムリーを放ち、サヨナラ勝ちを収めた。

圧勝,辛勝の後は、劇的なサヨナラゲームを見せたソフトバンクが3連戦3連勝で2位浮上。白星こそつかなかったものの、北京に拉致される和田は10回を2失点の力投。陽は3年目にして悲願の初白星を手にした。打線も小久保の起死回生の一発,本多のサヨナラタイムリーと勝負所での活躍が目立った。渡辺俊は2試合連続完投勝利を目前にしながら手痛い被弾で白星を逃した。

◆F2−3L
2回、日本ハムはスタメン復帰の稲葉が13号先制アーチ。日本ハム先発・グリンは制球に苦しみながらも、6回まで無失点と粘っていたが、7回、先頭の礒?に二塁打を許すと、細川の犠打の後、佐藤に今季初アーチとなる2ランを叩き込まれて、形勢逆転。1点を追う日本ハムは8回、一死から田中がヒットで出ると、すかさず二盗。ここでまたも稲葉がタイムリーを放って、ついに同点。試合はその儘、延長に突入した。迎えた10回、西武は先頭の佐藤がヒットで出ると、片岡が送って、一死二塁。ここで栗山がタイムリー二塁打を放って、勝ち越しに成功。日本ハムはその裏、二死一、二塁のチャンス作り、粘りを見せたものの、最後は代打・鶴岡が三振を喫して、万事休す。

6試合白星から遠ざかっているグリンは6回まで無失点で久々の白星か…と思った所で痛い一発を浴びて、またまた白星はお預け。オツも5月15日以来の7イニングを投げたが、岡本真が打たれて、白星消滅と、不振に喘ぐ両投手の好投はいずれも報われず。さて、3連戦勝ち越しを狙った日本ハムだったが、惜しくも粘り負け。10回に呪われた男・ボッツが18打数ぶりにヒットを放ったが、呪われた男が作ったチャンスが故に呪われた結果に終わるのは半ば必然だったのかもしれない。日本ハムはこれで3位転落となった。

◆Bs2−3E◆
偽バファローズの先発は謎の新助っ人・コロンカ。デビュー戦を楽に投げて貰う為にも、序盤から援護したい所だったが、岩隈相手に初回一死一、二塁,2回二死二塁,3回無死一、二塁と攻め立てながら、悉くチャンス逸してしまう。コロンカも3回まで無失点と踏ん張っていたが、4回一死一塁から中島に4号2ランを被弾し、ついに先制点を献上。7回二死満塁,8回無死一、二塁の大ピンチを辛くも凌いだ偽バファローズはその裏、ローズ,北川,日高の3連打で1点を返すと、一死後、小瀬のショートゴロの間に代走・鈴木が同点のホームイン。しかし、土壇場9回、楽天はヒットの藤井が渡辺直の犠打,塩川のセカンドゴロで三塁まで進むと、代打・吉岡がタイムリー二塁打を放って、再び勝ち越し。その裏、偽バファローズは二死満塁と一打サヨナラのチャンスを作ったものの、最後は代打・阿部がショートゴロに終わり、ゲームセット。

岩隈から12安打も浴びせながら、僅か2点しか奪えないなど、2併殺13残塁の大拙攻を繰り広げた偽バファローズは連勝が4でストップ。新助っ人・コロンカが6回1/3を2失点とまずまずの投球で今後も使えるメドが立ったのは好材料か。一方、岩隈が不調ながらもよく粘り、ハーラー独走の14勝目。20勝到達の可能性も見えてきた。薄氷を踏む様な白星ながらも5連敗を脱出した楽天たが、今月に入ってから岩隈と片山が投げた時しか勝てていないだけに、とても楽観とはしていられない所だ。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:37コメント(1)トラックバック(56) 

August 26, 2007

◆C1−14G◆
接戦続きのこのカードだったが、この日は広島先発・大竹が初回から6長短打でいきなり6点失う大炎上。続く2回にもニックンの犠飛,ガッツの二塁打で2点を失った所で悪夢のKO。巨人は更に、阿部のタイムリーで1点を加えると、3回には不敗神話を誇るホリンズの一発が飛び出して、10点目。止まらない巨人打線は6回にも長短打で4点を奪い、計20安打で今季最多の14得点。投げては先発・久保が8回まで無四球の1失点に抑える好投を見せ、5月5日以来の3勝目。完敗を喫した広島だが、求道者・前田は3安打と気を吐き、2000安打まであと6本にまで迫った

◆D6−3T◆
阪神は2回,3回と立て続けに一死満塁のチャンスを悉く逃し、4回にも二死一、二塁の場面にシャア少佐が空振り三振。一方、再三のピンチを凌いできた中日はその裏、T.ウッズ,李,英智と3本のタイムリーで一気に4点を先制。拙攻続きの阪神だったが、6回に代打・悠久の若虎・桧山のタイムリー二塁打で1点,7回にはキュラソ星人の犠飛と桜井のタイムリーで2点を返し、1点差。しかし、その裏、中日は藤原の連続エラーと、中村紀のタイムリーで2点を奪い、またまた点差は3点と広がった。最後は昨夜、リリーフに失敗した岩瀬が今度は3人でピシャリと締めて、逃げ切った。先発・中田は6回1失点で11勝目。阪神は中日を3本も上回る10安打を放ちながら、11残塁の拙攻が響いた。

◆S6−2YB◆
巨人戦限定好投手・土肥に対して、ヤクルトは初回、宮出のタイムリー二塁打で2点を先制。直後の2回、内川の一発で1点差と詰め寄られるも、その裏、福川のタイムリー二塁打で再び2点差。更に、6回には田中浩のタイムリー二塁打等で2点を追加。7回に1点を返されるも、8回に代打・ユウイチのタイムリーでダメを押し、4連勝。先発・川島が6回まで9人の走者を出しながら、1点で踏ん張る粘りの投球を展開し、3勝目。

◆H1−4M◆
ソフトバンク先発・神内は2回まで5三振と素晴らしい立ち上がりを見せたが、3回、先頭の堀に二塁打を浴びると、二死後、TSUYOSHIにタイムリー内野安打を許して、先制点を献上。4回のピンチは切り抜けたものの、何故か、この回限りで早くも降板となった。継投策に入ったソフトバンクに対して、ロッテは6回に里崎の9号ソロ,7回には早川のタイムリー内野安打で1点ずつ追加。その裏、辻の犠飛で1点を返されるも、8回には二死満塁からTSUYOSHIが死球を食らって、押し出しでダメ押しの4点目。投げては先発・小林宏が6回まで毎回の7三振。7回途中で降板となったが、リリーフの援護を仰いで12勝目。最後を締めた小林雅は自身の持つプロ野球記録を更新する7年連続の20セーブ目をマークした。ソフトバンクの連勝は4でストップし、一日で3位転落となった。

◆L3−2F◆
初回、日本ハムは稲葉の16号ソロで1点を先制。日本ハム先発・八木の前に西武は6回まで散発2安打に抑え込まれ、稲葉の一発が重くのしかかっていたが、7回、一死二塁からカブレラの21号2ランが飛び出して、一気に逆転。しかし、直後の8回、日本ハムは代打・紺田が二塁打を放つと、鶴岡が送った所で劇団ひちょりがセンター前に弾き返して、すかさず同点。それも束の間、その裏、西武はこの回から代わった2番手・江尻から代打・栗山の4号ソロであっと言う間に勝ち越し。最後はグラマンが締めて逃げ切り。涌井はハーラー単独トップの16勝目をマークした。

◆Bs10−0E◆
4回までノーヒットと素晴らしい立ち上がりを見せた偽バファローズ先発・金子は7回まで散発4安打無失点の好投を展開。悪の温床・楽天先発・永井も負けじと、6回まで散発4安打に抑えていたが、7回、連打と四球で一死満塁のピンチを迎えた所で阿部真に走者一掃のタイムリー三塁打を浴び、無念のKO。偽バファローズはこの後、代打・水口のタイムリー三塁打,ローズのタイムリー等で2点を加え、この回、大量6点。更に、続く8回にも前田の3ラン等で4点を奪い、10点差と試合を決定付けた。前半の重苦しい展開から、一気に楽になった金子は8,9回と3人ずつで退け、プロ初完封で2勝目を飾った。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 17:42コメント(0)トラックバック(79) 

August 24, 2007

◆C8−7G◆
首位に返り咲いた巨人は広島先発・黒田に対して、初回、松田記者,キムタクがいきなり連打を浴びせるも、キムタクは一、二塁間で挟まれ憤死。しかし、マッスル千代の富士が歩いた後、ガッツのタイムリーで1点を先制。なおも一、三塁の場面でニックンがヘッポコセーフティスクイズを敢行して、マッスル千代の富士を本塁憤死させた上、マッスル千代の富士を負傷退場に追い込むインケツぶりを発揮。これでガックリきた阿部も三振に倒れて、二者残塁に終わる体たらく。2回には三者三振を喫するなど、嫌な流れとなっていたが、4回、阿部のタイムリーの後、李が22号2ランを叩き込み、3点を追加。一方、未だ白星のない巨人先発・パウエルは3回までノーヒットの好投を展開していたが、リードが開いて、気が緩んだか、その裏、東出,オチョアと連打を浴びて、1失点。突き放したい巨人は6回、二死二塁から李,ホリンズと連続四球を選んで、満塁とするも、パウエルが空振り三振に倒れて、三者残塁。それでも、7回にニックンのタイムリーで5点目を加え、ダメ押しとなったかと思われたが、その裏、広島が猛反撃。一死から連打と死球で満塁とし、パウエルをKOすると、またまた酷使起用となった西村から代打・嶋が2点タイムリー二塁打。オチョアが歩いて、再び満塁となった所で新井が2点タイムリーを放ち、ついに同点。更に、栗原のヒットで西村をKOした後、3番手・山口から求道者・前田がセンターへ犠飛を打ち上げ、勝ち越しに成功。逆転された巨人は直後の8回、二死二塁のチャンス。ここで広島は守護神・永川を投入するが、代打・清水が起死回生の2号2ランを叩き込み、一気に逆転。しかし、粘る広島はその裏、山崎が同点タイムリー。再び流れを引き寄せた広島は土壇場9回、二死走者なしから代打・尾形が今季初アーチを叩き込み、サヨナラ勝ち。敗れた巨人は一夜で首位転落となった。

◆D8−1T◆
阪神先発・下柳に対して、中日は初回、一死満塁から森野のタイムリーで2点を先制。更に、二死後、英智も2点タイムリーを放ち、この回、4点。4回には中村紀,英智のタイムリーで2点を加え、下柳をKO。更に、代わった渡辺から早くも登場した代打・立浪が史上32人目の通算1000打点となるタイムリーを浴びせて、7点目。先発・朝倉は7回途中まで1失点の好投で2年連続の10勝目をマーク。中日は再び首位に返り咲いた。

◆S3−2YB◆
野中のエラー等で初回から満塁のピンチを迎えた横浜は宮出のタイムリー内野安打で先制点を献上。しかし、直後の2回、先頭の村田がライトスタンドへ21号ソロを叩き込み、試合は振り出しに。その後、秦,石川の投げ合いが続き、試合は終盤へ突入。迎えた7回、ヤクルトは四球の青木を田中浩が送った所で寿司職人ラミレスがタイムリー二塁打を放ち、勝ち越しに成功。それも束の間、横浜は8回、金城のタイムリー二塁打で再び同点に追いつき、試合は延長にもつれ込んだ。迎えた11回、ヤクルトは2つの四球で二死一、二塁のチャンスを掴むと、ここで4番・ガイエルが右中間を深々と破るタイムリー二塁打を放ち、サヨナラ勝ちを飾った。

◆L5−6F◆
初回から二死満塁のチャンスを掴んだ日本ハムはミスタースナイパー・坪井のタイムリー二塁打で2点を先制。その裏、スウィーニーの暴投で1点を返されるも、3回に稲葉の14号ソロ,4回に金子誠のタイムリー二塁打と着々と加点。3点を追う西武はその裏、ベンちゃん,G.G.佐藤に連続アーチが飛び出して、1点差。6回には二死満塁と一打逆転の場面を作るが、上本は三振に倒れて、三者残塁。ピンチを脱した日本ハムは直後の7回、稲葉のタイムリーで5点目。更に、この後、無死満塁としながら、後続3人が悉く打ち上げて、追加点ならず。2点を追う西武は8回、金子誠のエラーをきっかけにチャンスを作り、細川の走者一掃タイムリー二塁打で追いつくと、更に、栗山がタイムリーを浴びせて、逆転に成功。9回はグラマンが無難に締めて、逃げ切り、連敗を3でストップさせた。

◆Bs4−3E◆
ルーキー2桁勝利一番乗りを狙う田中を援護すべく、悪の温床・楽天は初回からショートのタイムリーで先制。しかし、田中は2回、一死からアレン,北川,後藤と3連打を浴びて同点。追いつかれた悪の温床・楽天は3回から4イニング連続ゲッツーを食らうなど、拙攻続き。一向に援護を貰えない田中は中盤、ピンチの連続ながらも、あと一本を許さない粘りの投球を展開。1−1の儘、迎えた8回、悪の温床・楽天は二死一、二塁からショートがライト前ヒット。これをアレンがお手玉している隙に二塁走者・高須が一気に本塁を駆け抜け、勝ち越しに成功。田中が8回途中で降板となった後、有銘−山村と繋いで、9回からは抑えの小山が登板。しかし、小山は二死一塁と、勝利まであと一人に迫りながら、日高に同点タイムリー二塁打を浴び、田中の10勝目は消滅。試合は延長に突入した。10回、悪の温床・楽天は先頭の鉄平が三塁打を浴びせると、大久保の暴投で労せずして勝ち越しのホームイン。これで決まったかと思われたが、その裏、偽バファローズは先頭の村松が四球で歩いた後、ラロッカがレフトスタンドへ23号2ランを叩き込み、逆転サヨナラ勝ち。大久保はタナボタの3勝目となった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:25コメント(0)トラックバック(50) 

July 04, 2007

カリメロ◆G5−1YB◆
巨人を倒し、12球団からの勝利を狙うカリメロは走者を出しながらも要所を締める老獪な投球で6回まで無失点の好投を展開。何とかカリメロを援護したい横浜は木佐貫の前に僅かに1安打と手も足も出ずにいたが、7回二死から吉村がレフトスタンドへ放り込み、ついに均衡を破る先制点をゲット。待望の1点を貰ったカリメロだが、その裏、ニックン,李と連打を浴びてKO。代わった加藤もホリンズ,キムタクと連続タイムリー二塁打で逆転を許し、カリメロの12球団勝利は消滅。巨人は更に、松田記者,阿部にもタイムリーが飛び出して、この回、大量5点。8回からは豊田,上原と繋ぐ必勝リレーを決め、逃げ切った。木佐貫は7回を2安打1失点の好投で7勝目を飾った。

◆D−C◆
降雨中止。

◆T3−4S◆
昨夜のサヨナラ勝ちでいいムードの阪神は初回からキュラソ星人のタイムリーで先制する幸先のいい滑り出し。しかし、ガイエル,宮本のヒットで一、二塁のピンチを迎えると、福川に4号3ランを叩き込まれて、形勢逆転。3,4,5回とヤクルトが悉くチャンスを潰す拙攻を展開する隙に何とか追いついておきたい阪神は5回に併殺崩れで1点を返すと、6回にはキュラソ星人が18号ソロを放り込み、ついに同点。しかし、それも束の間、直後の7回、ヤクルトはゼブラ今岡のエラー等で貰った二、三塁のチャンスに寿司職人ラミレスがセカンドへの内野安打を放ち、勝ち越しに成功。1点を追う阪神は土壇場9回、一死一、三塁とチャンスを作るも、坂の打席で福川が後ろへ弾いたのを見た三塁走者・庄田が飛び出して、憤死する大チョンボ。この後、坂がヒットで繋いだものの、最後は鳥谷がセカンドゴロに終わり、あと一歩及ばなかった。

◆E−H◆
降雨中止。

◆F1−4L◆
栗山の先頭打者アーチでいきなり先制された日本ハムだが、2回に高橋のタイムリー二塁打ですかさず同点。日本ハム先発の伊集院光の弟子・金村は再三ピンチを迎えながらも、あと一本を許さない粘りの投球で追加点を阻止。一方の西武先発・ジョンソンも3回以降は日本ハム打線を無失点に抑え込み、1−1の儘、試合は土壇場9回裏へ。この回から代わったミッチーに対して、日本ハムは先頭の稲葉がヒットで出るも、続く青波の長瀬が痛恨のゲッツー。続く高橋も三振に倒れて、延長に突入。10回、西武は9回から登板の武田久に対して、先頭の細川が二塁打を浴びせると、中村の犠打で三進。ここでまたも栗山がタイムリーを放ち、勝ち越しに成功。更に、片岡が送った後、中島,カブレラに連続タイムリーが飛び出し、ダメ押し。最後は小野寺ではなく、ルーキー・岩崎が締めて、プロ初セーブをマークした。

◆M8−4Bs◆
初回にローズ,北川の連続タイムリーで先制した偽バファローズは1点差とされた3回にはアレンのタイムリーで1点を加えて、3点目。2点を追うロッテは5回、一死からTSUYOSHI,早川,フクーラの3連打で同点に追いつき、偽バファローズ先発・ユウキをKO。これで流れを引き寄せたロッテは続く6回には一死一、三塁から代打・ワトソン博士が4号3ランを叩き込み、一気に勝ち越し。更に、この後、サブローが2点タイムリー二塁打を放ち、試合を決定付けた。先発・小野の残したピンチをゲッツーで切り抜けた2番手・高木は打者1人だけで今季初白星を手にした。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:42コメント(0)トラックバック(37) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ