村中恭兵

July 14, 2010

◆T−G◆
降雨中止。

◆D1−2S◆
初回のチャンスをゲッツーで潰した中日は2回も先頭のベンちゃんがヒットで出た後、後続が三者連続三振の体たらく。一方、ヤクルトは3回、一死から青木の四球,田中のヒットで一、二塁とすると、二死後、ホワイトセルがライト前へタイムリーを放ち、1点を先制。続く4回には二死二塁から3連続四球を選んで、押し出しの1点を追加。その裏、中日は大島,森野の連打で無死一、二塁とするも、ベンちゃん,ブランコ,セサルとあえなく凡退し、またも無得点。7回にはブランコの四球,谷繁のヒットで一死一、二塁とするも、堂上直がショートゴロゲッツーに倒れて、またもチャンスブレイク。しかし、土壇場9回、この回からマウンドに上がった守護神・林の制球難に付け込んで、3つの四球を選ぶなど押し出しで1点差。なおも無死満塁と一打サヨナラの場面だったが、谷繁は空振り三振,堂上直は2打席連続のゲッツーに倒れる最悪の展開であと1点が届かなかった。ヤクルト先発・村中は7回を無失点に抑え、6勝目

◆YB2−4C◆
ジ・o,ランドルフの両先発助っ人が3回までいずれも無失点と上々の滑り出し。4回、広島は先頭の梵がセンター前に弾き返すと、赤松の犠打で二進。二死後、ルパン広瀬がタイムリーを放って、1点を先制。しかし、その裏、横浜も二死走者なしから好調・ハーパーがライトスタンドへ2試合連続の4号同点アーチ。1−1の儘、迎えた7回、広島は四球を選んだヒューバーの代走・木村が三塁まで進んだ所でランドルフが暴投を犯し、タナボタの勝ち越し点をゲット。9回には二死三塁から代打・岩本がライトスタンドへ2号2ランを放り込み、ダメ押し。その裏、横浜は先頭のスレッジが四球で歩くも、続くハーパーが最悪のセカンドゴロゲッツー。この後、吉村,武山の連続二塁打で1点を返し、代打・金城も四球を選んで、一、二塁と粘りを見せたが、最後は石川が三振に倒れて、ゲームセット。ジ・oは7回を3安打1失点の好投で3勝目をマークした

◆E0−4H◆
0−0で迎えた4回、ソフトバンクは先頭の小久保がレフトスタンドへ先制11号ソロを叩き込むと、続くオーティズが二塁打。一死後、松田が二塁打を浴びせて、この回2点。7回には一死から川崎が四球を選ぶと、二死後、ハマのスペランカーがライトスタンドへ15号2ランを放り込み、4点目。その裏からファルケンボーグ−摂津−馬原と繋ぐ必勝パターンで完封リレーを達成。先発の小椋は6回無失点で4勝目を飾った

◆L3−2F◆
日本ハムは初回、連続四死球で貰ったチャンスに小谷野が犠飛を打ち上げ、ノーヒットで先制。続く2回には内野安打の陽を大野が送ると、二死後、田中がライト前へタイムリーを浴びせて、1点を追加。2点を追う西武は3回、一死から片岡がヒットで出ると、平尾のタイムリー二塁打でホームイン。6回には先頭の代打・礒?がライトスタンドへ4号ソロを放り込み、ようやく同点。2−2で迎えた土壇場9回、日本ハムは二死から三者連続出塁で満塁とするも、ミスタースナイパー・坪井が三振に倒れて、三者残塁。ピンチを脱した西武はその裏、この回から代わった武田久に対し、栗山が死球,中島がヒットで出ると、一死後、坂田も死球を食らって満塁のチャンス。ここで高山のセカンドゴロが田中のタイムリーエラーを誘い、タナボタのサヨナラ勝ちを収めた。西武4番手・シコースキーは1回無失点で移籍初勝利。

7/14金子千◆M0−5Bs◆
ロッテ先発・大嶺に対して、偽バファローズは初回、坂口,ハイツ田口と打ち取られ、二死となるが、ここで後藤がライトスタンドへ8号ソロを叩き込み、1点を先制。続く2回にはバルディリスの四球,鈴木の内野安打,山崎浩のライト前ヒットで無死満塁とするも、坂口がライトへ犠飛を打ち上げ、2点目を追加。3回以降も毎回走者を出しながら、あと一本が出ずにいたが、7回、二死満塁のチャンスに鈴木が走者一掃のタイムリー三塁打を浴びせて、大きく突き放した。ロッテは8回、一死から西岡,今江の連打,井口の四球で満塁とするも、金がショートゴロゲッツーに倒れて、無得点。最大のピンチを切り抜けた偽バファローズ先発・金子千は9回は三者凡退で締め括り、3試合連続完封で7勝目をあげた

 

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:10コメント(0)トラックバック(14) 

May 09, 2010

◆YB5−7G◆
開幕5連敗中の横浜先発・ランドルフが初回から大炎上。先頭の坂本に痛打されると、カスティーヨのエラーに足を引っ張られた後、ガッツにタイムリーを浴び、先制点を献上。更に、ここから寿司職人ラミレスに球団通算9000号となる12号3ラン,阿部に7号ソロと連続被弾でいきなりの5失点。一方、戦列復帰後、開幕当初のキレが感じられない内海に対し、横浜はその裏、1点を返すと、3回には武山の三塁打の後、ランドルフが自らタイムリー。4回にはカスティーヨがエラーの汚名を返上する5号ソロを放り込み、2点差まで追い上げる。しかし、直後の5回、巨人は2年ぶりスタメンに抜擢された矢野が今季初打点となるタイムリー二塁打を放ち、2点を追加。粘る横浜は6回無死一、二塁のチャンスは逃したものの、7回、坂本のこの日2つ目のエラーの後、代打・井手がタイムリー二塁打。更に、石川が送った後、早川もタイムリーを浴びせて、再び点差を2点にまで縮めるが、反撃もここまで。8回からは山口−クルーンと繋ぐリレーの前にノーヒットに抑え込まれた。内海は5回降板となったが、リリーフ陣の援護を仰いで開幕5連勝をマークした

◆D0−9S◆
壊滅的貧打で投手陣を見殺しにする日々が続いているヤクルトだが、この日は初回から11打席ノーヒットの福地,ここ5試合で僅か2安打の田中が連打を浴びせると、13打席ノーヒットの青木のショートゴロの間に先制。更に、15試合ノーアーチのデントナが7号2ランを叩き込むと、25打席ノーヒットと大スランプのガイエルにも10号ソロが飛び出して、この回4点。3回には一死一、二塁からガイエルが4月25日以来のマルチ安打となるタイムリーを放つと、宮本が内野安打で繋いで満塁となった所で藤本が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、この回も4点追加。続く4回には一死二塁から青木が16打席ぶりのヒットとなる内野安打を放つと、デントナが犠飛を打ち上げ、9点目。投げては村中−マツ・オカと繋いで、最後は連敗中、全く出番がなく、8日ぶりの登板となった守護神・林が3人で締めて、完封リレー。これまでの鬱憤を晴らす投打噛み合っての快勝で連敗を6でストップさせた。村中は7回無失点で3勝目

◆T4−3C◆
好調の広島先発・前田健に対し、阪神は2回、ブラゼルがレフトスタンドへ10号ソロを叩き込み、1点を先制。ブラゼルは4回にも今度はライトスタンドへ2打席連続となる11号ソロを放り込み、1点を追加。2点を追う広島は5回、阪神先発・鶴に対し、前田健がブラゼルのエラーで出ると、一死後、梵の二塁打に桜井のエラーが重なり、まず1点。更に、二死後、栗原のタイムリー二塁打で試合は振り出しに。2−2で迎えた7回、阪神はまたもブラゼルがヒットを放つと、一死後、葛城イクローが歩いて一、二塁。ここで連続試合出場記録更新の為に登場の代打・キュラソ星人はセンターへ打ち上げるが、続くマット・マートンが走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、2点を勝ち越し。粘る広島は直後の8回、この回から登板の久保田から栗原の四球,赤松のヒットで二死一、三塁のチャンス。ここで阪神は早くも守護神・藤川球を投入するが、満を持して代打に起用された求道者・前田がライト前へ会心のタイムリーを浴びせて、1点差。しかし、続く代打・岩本はピッチャーゴロに打ち取られ、同点ならず。広島は9回にも二死一、二塁と一打同点のチャンスを作り、藤川球を追い詰めたが、最後はフィオがこの日3個目の三振を喫して、ゲームセット。7回に登板し、三者凡退に仕留めq阪神2番手・西村に無傷の4勝目がついた

◆H1−4L◆
2回、内野ゴロの間に先制された西武だが、直後の3回、二死走者なしから片岡が同点3号ソロ。5回には一死から阿部,細川の連打で一、二塁とした所で大崎がレフト前へタイムリーを放ち、勝ち越しに成功。続く5回には二死走者なしから、高山のヒット,佐藤の四球で一、二塁とした所で阿部が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、4点目。ソフトバンクは土壇場9回、守護神・シコースキーから一死一、二塁と一発同点の場面を築いたが、高谷,川崎と打ち上げて、万事休す。西武先発の帆足は8回を散発4安打1失点の好投で5勝目を飾った

5/9ブラウン◆F7−3E◆
初回、一死から劇団ひちょり,稲葉の連続二塁打で先制した日本ハムは更に、二死後、あの男によもやのタイムリーが飛び出して、2点目。直後の2回、楽天はフィリップスの四球の後、山崎,中村,紀,嶋と3連打を浴びせて、1点。なおも無死満塁と一打逆転のチャンスは続いたが、牧田は浅いライトフライ,聖沢は最悪のショートゴロゲッツーに終わり、1点止まり。突き放したい日本ハムは4回、鶴岡の二塁打等で二死満塁とするも、田中がレフトへ打ち上げ、三者残塁。5回に1点ずつ取り合って迎えた7回、楽天は2四球で二死一、二塁とした所でフィリップスに2打席連続のタイムリーが飛び出し、ついに同点。しかし、それも束の間、その裏、日本ハムは二死満塁から高橋に2号勝ち越しグランドスラムが飛び出し、楽天先発・田中をKO。これで戦意喪失となった楽天は8,9回とあえなく無得点に終わり、今季3度目の4連敗。この試合、5回にブラウン監督が本塁上のクロスプレーの判定に不服を漏らし、通算10度目の退場処分。広島監督時代の退場試合は7勝1敗と無類の強さを発揮していたが、楽天移籍後は2戦2敗と、むしろ退場は縁起の悪いものとなっている。尚、一時は同点タイムリーを許した日本ハム5番手の谷元に今季初勝利が転がり込んだ

◆Bs11−7M◆
3回まで両軍無得点と静かな立ち上がりとなったが、4回からは突如、乱打戦に変貌。バルディリス,山崎浩のタイムリー等で3点を先制した偽バファローズは5回に1点を返されるも、その裏、バルディリスの2号2ラン等で3点を追加。ロッテは6回にサブローの6号2ラン,今江のタイムリーで3点を返し、応戦するが、その裏、偽バファローズは赤田の6号2ランでまず2点。更に、二死後、5連打を浴びせて、この回一挙5点を獲得。それでも食い下がるロッテは8回、二死走者なしから4連打で1点を返すと、更に、荻野貴,井口と連続押し出し四球を選んで、4点差。なおも満塁と、一発が出れば一気に同点と言う場面で主砲・金を打席に迎えたが、金はどん詰まりのショートゴロに終わり、三者残塁。ロッテは9回にも一死満塁のチャンスを作る粘りを見せたが、今江,西岡と倒れて、あと一歩及ばなかった。偽バファローズ先発・木佐貫は6回途中4失点KOとなったが、打線に援護に恵まれ、3勝目

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 20:46コメント(0)トラックバック(29) 

April 18, 2010

◆S3−1G◆
立ち上がりこそ制球に苦しんでいたヤクルト先発・村中だが、初回のピンチを切り抜けると、以降は巨人打線に付け入る隙を許さず、6回まで毎回11個の三振を奪ってのノーヒットと言う快投を展開。一方、巨人先発・西村健も5回まで無失点と踏ん張っていたが、6回、ガッツのエラーで先頭打者を許すなど、一死一、二塁のピンチを背負うと、宮本にタイムリー,デントナに犠飛を許して、先制の2点を献上。7回二死から阿部の一打でようやくノーヒットを免れた巨人は8回、一死からエドガーのヒット,村中のエラーで一、二塁とした所で坂本がタイムリーを放ち、1点差。更に、代打・マッスル千代の富士が四球を選んで満塁と一打逆転のチャンスを作ったが、ガッツ,寿司職人ラミレスと頼みの3,4番が悉く打ち上げて、三者残塁。その裏、リリーフ再転向以来、無失点に抑えた事のない山口がガイエルにタイムリーを浴びて、致命的な3点目を献上。最後は守護神・林に三者凡退に仕留められ、地方球場での連勝は11でストップ。村中は8回を3安打1失点12三振の好投で2勝目を飾った

◆C4−2D◆
2日連続のサヨナラ負けと言う屈辱に見舞われた中日は今季初めて1番セカンド荒木,2番ショート井端と言う本来のアライバコンビが復活。2年越しで執拗に敢行しようとする落合監督の入れ替えコンバート及び1,2番コンビの破壊を阻止する為にも、何としてもこの形で結果を残したいアライバコンビは初回、四球で出た荒木を井端のタイムリー二塁打で返して先制すると言う最高の滑り出しを見せる。更に、森野も四球を選んだがブランコがショートゴロゲッツーに倒れる最悪の展開。ベンちゃんも四球で歩いて繋いだものの、野本はショートゴロに倒れて、結局1点止まり。4回にはブランコ,ベンちゃんと連打を浴びせるも、後続3人があえなく凡退。拙攻続きでなかなか追加点を奪えずにいた中日だが、6回、森野の二塁打等で一死満塁とした所で藤井がセンターへ犠飛を打ち上げ、ようやく2点目をゲット。しかし、その裏、プロ初勝利が視野に入ってきた事で堅くなったのか、先発・山内が一死から連続四球と突如、制球を乱して、KO。代わった平井は昨日のヒーロー・ルパン広瀬をセカンドゴロに打ち取るが、続く小窪にタイムリーを浴びて1点差。ここで代打として登場した求道者・前田の鋭い眼光に完全に呑まれてしまった平井は痛恨の暴投を犯して、試合は振り出しに。このまま、求道者・前田と勝負するのはあまりにも危険過ぎると勝負を避けた平井は続く代打・喜田を三振に斬って取り、何とか逆転は免れる。直後の7回、中日は一死から荒木がヒット,井端が四球とアライバコンビでチャンスを作るも、続く森野がショートゴロゲッツーに倒れる最悪の展開で無得点。すると、その裏、広島は二死一、二塁から代打・赤松が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、2点を勝ち越し。8回からは高橋−シュルツと繋いで、中日の反撃を断ち、3連戦3連勝。2番手の横山に今季初白星がついた

4/18金本◆YB4−8T◆
開幕以来危惧されていた歴史的事件がついに勃発した。右肩痛により攻守に精彩を欠いていたキュラソ星人がスタメンから外され、節目の1500試合に目前と迫っていた連続フルイニング出場記録が1492試合でストップしたのだ。相当な覚悟で不滅の世界記録を断絶させた以上は絶対に勝たなければならない…と言う重度のプレッシャーがかかってしまった阪神は通算勝利数の約1/3を稼がれている苦手・ハマのチンピラの前に3回までゼロ行進。先発・安藤は1,2回とノーヒットで切り抜けていたが、3回、先頭の橋本に初安打を浴びると、ハマのチンピラに犠打を許した後、石川,早川と連打を浴びて、2失点。直後の4回、阪神はブラゼル,桜井の連続タイムリー二塁打で同点とするが、5回、横浜はまたも早川が移籍初アーチとなる2ランを叩き込み、再び2点を勝ち越し。2点を追う阪神は直後の6回、二死走者なしから、またもブラゼル,桜井の連打で1点差。7回から早くもハマのチンピラがマウンドを降りた事で勝機が見えてきた阪神は8回、3番手・桑原謙に対し、鳥谷の四球,J.マッケンジーのヒットで一死一、二塁とすると、この日二塁打2本と当たっているブラゼルがライトスタンドへ7号3ランを叩き込み、一気に逆転。更に、二死二塁と追加点のチャンスを作った所でようやくキュラソ星人が実に11年ぶりとなる代打で登場し、辛くも連続試合出場記録をキープするが、結果は粘った末にセカンドゴロに終わり、追加点ならず。9回にもキュラソ星人に代わって4番に入った新井のタイムリー,J.マッケンジーの犠飛でダメ押し。最後はセーブのつかない場面ながら登場した守護神・藤川球が吉村,橋本と連続三振。最後は代打・藤田をレフトフライに仕留めて、ゲームセット。キュラソ星人を外す大英断を果たした試合を何とかものにした。3番手の西村は2勝目。

◆H1−0E◆
田中,大隣の両先発が息詰まる投手戦を展開。田中は5者連続三振を奪うなどソフトバンク打線を力でねじ伏せ、8回まで散発4安打無失点。一方、大隣は奪った三振は僅かに3つと田中とは対象的に打たせて取る投球で楽天打線を翻弄し、8回まで散発3安打無失点。0−0で迎えた土壇場9回、ソフトバンクは安定した投球を続けていた大隣をあえて引っ込め、摂津を投入する継投モードに切り替えるが、摂津は流れを変える事なくきっちり3人で打ち取り、サヨナラに望みを繋ぐ。するとその裏、依然として続投の田中に対し、ソフトバンクは先頭のオーティズが四球で出塁。代走・城所は二盗を敢行すると、嶋の悪送球の間に一気に三進。小久保が三振に倒れた後、明石がスクイズを仕掛けるが、スタートが遅れた城所は三本間に挟まれて、タッチアウト。この間に明石が二塁を陥れて、一塁が空いた事でハマのスペランカーが敬遠され、一、二塁となった所で松田の打球は左中間を深々と破り、二塁から明石が返って、劇的なサヨナラ勝ち。2番手・摂津に今季初勝利がついた。

◆M2−3Bs◆
何としても3タテは免れたい偽バファローズは先発・木佐貫が7戦連続2桁安打の好調ロッテ打線相手に5回まで僅か1安打に抑える好投を展開。肝心の打線がロッテ先発・渡辺俊の前に同じく5回まで1安打と封じ込まれてきたが、6回、坂口のヒット,カブレラの四球で二死一、二塁とした所でラロッカがレフト前へ弾き返して、ようやく1点を先制。しかし、その裏、ロッテは二死二塁からチーム唯一のヒットを放っている金がレフト前へタイムリーを浴びせて、あっさり同点。追い付かれた偽バファローズは8回、一死からまたもラロッカがレフトスタンドへ5号ソロを叩き込み、勝ち越しに成功。更に、9回にもカブレラのタイムリーで貴重な1点を追加。その裏、守護神・レスターを投入し、逃げ切りを図る偽バファローズに対し、ロッテは先頭の代打・フクーラがヒット。二死後、西岡が四球を選ぶと、荻野貴がライト前へタイムリーを放ち、1点差。更に、井口が歩いて満塁のチャンスでこの日2安打の金にサヨナラ打の期待が懸かったが、ショートへのハーフライナーに終わり、あと一歩及ばず、連勝は5でストップ。木佐貫は8回を1失点、10三振を奪う力投で2勝目

◆L3−0F◆
糸井が左足内転筋痛でスタメンを外され、劇団ひちょりを今季初スタメンに起用した日本ハム。その劇団ひちょりは早速、第1打席で二塁打を浴びせるも、日本ハムが4回までに放った安打はこの1本のみでは如何ともし難い。味方の援護を待って粘りの投球を続けてきた武田勝だったが、4回、一死から中村に5号ソロを被弾し、ついに先制点を献上。6回には一死満塁のピンチを作って無念のKO。代わった武田久も高山に犠飛,後藤にタイムリーとピンチを凌げず、2失点。3点を追う日本ハムは7回、先頭の稲葉がヒットで出るも、ここでゲッツー量産マシンの名を欲しいままにするあの男がショートゴロゲッツー。この後、高橋がヒットを放つと言うチグハグな攻撃で無得点。8回にも二死走者なしから劇団ひちょりの死球,田中のヒットで一発が出れば同点と言う場面を作るも、反撃もここまで。飯山がショートゴロに終わり、二者残塁となると、9回は抑えのシコースキーの前に三者凡退に終わり、完封負け。西武先発・帆足は完封こそ逃したものの、8回を無四球無失点で2勝目をマークした

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:01コメント(0)トラックバック(58) 

March 28, 2010

◆G2−5S◆
2回、昨日の怒りが収まらないガイエルが今度はライトスタンドへ疑惑の入り込む余地のない正真正銘のホームランを叩き込み、ヤクルトが先制。これでリズムを崩した東野は3回には青木のタイムリーの後、被弾したガイエルにびびって押し出し死球を食らわせる有様。7回には亡命先から出戻りの小林も連続タイムリーで2失点の体たらく。おかげて越智の今季初登板は3点ビハインドと言う不本意な形となってしまった。一方、ヤクルト先発・村中は5回まで無失点の好投。6回、ここまでチーム最多安打を放っているにも拘わらず、理不尽にスタメンから外された鬱憤を爆発させた代打・松本の怒りの三塁打等で初失点。8回には坂本の2戦連続アーチで2点目を失ったが、最後は林のリリーフを仰いで、対巨人初勝利。11奪三振は自己最多記録。またもや開幕3連戦で負け越してしまった巨人は好調・松本を外してまでルーキー・長野を初のスタメンに起用するも裏目。左の村中相手で外しておきながら、結局、その村中相手に松本を代打で起用するなど、訳の分からない若大将の采配だった。3番手として登場したドラ3ルーキー・土本が1回を2三振奪っての無失点に抑えたのが明るい材料か。

◆D8−7C◆
水島の呪いに苛まれ、将来が不安視されている篠田と、対巨人限定の期待の星・伊藤の両先発で始まった試合は静かな立ち上がりだったが、中盤から荒れ始める。栗原の先制2ランに端を発し、両軍6点ずつ取り合って、土壇場9回へ突入。同点ながら投入された守護神・岩瀬に対し、いきなり無死満塁の大チャンスを掴んだ広島は満を持して代打起用された求道者・前田が536日ぶりの打席できっちり犠飛を打ち上げ、勝ち越し。しかし、なおも続くチャンスに天谷,栗原の3,4番が倒れたのが痛かった。その裏、守護神・永川勝がブランコに同点二塁打を浴び、延長に持ち込まれると、10回にも一死二塁のピンチからセサルにタイムリーを許し、屈辱のサヨナラ負け。今季も永川劇場は絶賛公演中の様だが、長年の勤続疲労が心配される岩瀬の方も気がかりだ。

◆T2−3YB◆
早くも転落してしまった指定席・最下位の座から何とか抜け出したい横浜は3回にスレッジのタイムリー等で2点を先制。7回には吉村の犠飛で3点目。阪神は桜井,ブラゼルと一発攻勢で応戦するが、いずれもソロアーチ。昨日、サヨナラ勝ちを呼び込んだ西村を投入するも、最後は山口に抑え込まれて、あと一歩及ばなかった。横浜は11残塁の拙攻ながら、投手陣が踏ん張り、今季初勝利。先発の藤江は5回1/3を1失点で切り抜け、プロ初白星を手にした

◆H1−4Bs◆
大引のタイムリーで先手を取られたソフトバンクだが、6回、史上168人目の通算1500試合出場を果たした松中の今季初アーチで同点。追い付かれた偽バファローズは6回、またも大引が勝ち越しタイムリー三塁打を放ち、大隣をKO。更に、代わった森福から坂口もタイムリーを浴びせて、3点目。ソフトバンクはリードされているにも拘わらず、7回からファルケンボーグ−摂津−馬原と言う必勝リレーを展開するが、結果、馬原がハイツ田口にダメ押しタイムリーを許して、KOされると言う余計なダメージを負ってしまう形で敗戦。打線はこの日も散発3安打の体たらくだった。偽バファローズ先発の木佐貫は7回2/3を1失点で切り抜け、移籍初勝利。

3/28武田久◆M6−5F◆
初回から糸井,小谷野,ミスタースナイパー・坪井と3連続タイムリーで先制した日本ハムはその後も着々と加点。先発の武田勝は6回まで2失点と試合を作って、3点のリードをキープ。7回に2番手・建山が西岡に被弾するも、8回には高橋由伸が3人できっちり抑え、9回からは武田久が登場。2点差と言う比較的楽な場面での登板で、今季ここまで2試合連続リリーフ失敗の武田久に復調のきっかけを掴んで欲しい所だったが、一死から3連打を浴びて、1点差と迫られると、二死満塁となった所で昨日に続いて、金に2点タイムリーを浴び、悪夢の逆転サヨナラ負け。昨年は無敗と絶対的な安定感を誇った守護神の不振は連覇への大きな不安要素となると見たか、梨田監督は早くも武田久の中継ぎ降格を通達。暫定ストッパーには新助っ人・高橋由伸が抜擢される事となった模様だ。ロッテは先発・小野が5回もたずにKOとなったが、4人のリリーフ陣が無失点の好リレーを見せ、劇的勝利を呼び込んだ。

◆E2−1L◆
ノムさんの怨念パワーに祟られてか、開幕からの連敗が止まらない楽天はこの日も大苦戦。ノムさん曰く時計を贈られても礼をしない男・田中が3回に佐藤にタイムリー三塁打を浴び、先制点を献上。打線も帆足の前に7回まで僅か2安打と沈黙していたが、8回二死から連打と死球で満塁として、帆足をKOすると、代わった星野から鉄平が押し出し四球を選んで、ついに同点。そして、延長10回、一死から連打で一、三塁とした所で渡辺直がタイムリー内野安打を放ち、楽天が劇的なサヨナラ勝ち。田中は10回を一人で投げきり、チームの今季初勝利に貢献した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 20:51コメント(0)トラックバック(36) 

July 22, 2008

◆T7−4G◆
巨人は初回、2四死球にエラーとノーヒットで無死満塁のチャンスを掴むと、寿司職人ラミレス,古城のタイムリーで3点を先制。続く2回には鈴木尚のタイムリーで4点目をあげ、阪神先発・上園はこの回限りでKO。4点を追う阪神は4回、先頭の関本が四球を選ぶと、続く高橋光がライト前ヒット。これを清水が後逸するヘッポコエラーをかましている間に関本は長駆ホームイン。続く代打・庄田のファーストゴロを今度はガッツがヘッポコエラーをかまし、チャンスを広げた阪神はバルディリス,矢野と連続タイムリーを放って、1点差。続く5回には一死走者なしからキュラソ星人のファーストゴロをまたもガッツがヘッポコエラー。関本がヒットで繋いだ後、高橋光がレフト前へタイムリーを放って、同点。庄田もヒットで続いて、内海をKOすると、代わった越智から代打・悠久の若虎・桧山のセカンドゴロの間に勝ち越しに成功。更に、矢野が2点タイムリーを浴びせて、この回一挙4点。巨人は3回以降二塁すら踏めない体たらくで点差を縮める事すら出来ず、自力Vが消滅。阪神にマジック46が点灯した。

7度目の挑戦にして、史上3位タイの早さでマジックを灯した阪神。集中攻撃で4点差を跳ね返す見事な逆転勝利だった。特に、この所の高橋光と矢野の集中力は凄いものがある。投げては、先発の上園は2回4失点KOの背信投球だったが、2番手のアポリー中尉以降6人のリリーフが巨人に反撃の隙を許さなかった。巨人は内海が4点貰いながら、持ち堪えられなかったのも不甲斐なかったが、7失点とは言え、自責点は0.相次ぐエラーでバックに足を引っ張られた部分も否めない。ガッツは膝痛の影響もあるのだろうが、横の打球を追いかけると踏ん張りきれない事を露呈しまくっており、意図的にそこを付け込まれる様な事があると、スタメンでは怖くて使えない…なんて事にもなりかねないのではなかろうか。あの男は古城にスタメンを奪われる始末。7回一死一塁の場面で代打で出てきたが、あえなく三振とインケツぶりは相変わらずで、何の為に昇格してきたのかさっぱり分からない状態だ。

◆D7−1C
連敗を止める気が絶無のブラウン監督はまたもや求道者・前田をベンチに軟禁する暗黒オーダーを展開。意気消沈の広島は初回にゲッツー崩れの間に先制するも、そこから4連続三振を食らうなど、中日先発・ウッチャンを調子付かせてしまう。1点を追う中日は3回、一死二塁から荒木のショートゴロが小窪のエラーを誘い、同点。更に、バックアップのセンター・赤松も悪送球をかまして、荒木はこの間に二塁へ。井端が歩いた後、森野が勝ち越しタイムリーを放つと、T.ウッズが歩いて満塁となった所で、ベンちゃんが2点タイムリー二塁打を浴びせて、広島先発・大島をKO。更に、代わった森から中村紀がタイムリー内野安打を放って、5点目。続く小池も四球を選び、またも満塁となったが、谷繁はサードゴロに倒れて、三者残塁。5回には川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに森野が10号ソロを叩き込み、6点目。7回には中村紀の犠飛で7点目を加え、試合を決定付けた。広島は2回以降ゼロ行進のスミ1に終わり、7連敗となった。

広島はこれで泥沼の7連敗。求道者・前田がまたもやフル欠場に追い込まれたとあっては、この結果も半ば必然的と言っていい。ブラウン監督は連敗を阻止する為に活路を見出そうとする様子すら見せず、ただひたすらに求道者・前田をシメ倒す事に邁進している有様で、これではナインの士気も上がる筈がない。まだ前半戦も終わっていないが、ブラウン監督がこんな事を続けている限り、広島の5割越えやAクラスの可能性など全く見えて来ない訳で、今季一杯で失脚する可能性は高まってきた。

◆S4−1YB◆
ヤクルトは2回、ヒットで出た畠山が田中の犠打で二進すると、ガッツな貴公子・仁志のタイムリーエラーで先制のホームイン。4回にはヒットの青木がすかさず二盗を決めると、畠山のタイムリーで1点を追加。更に、犠打と暴投で畠山が三進した所で飯原が犠飛を打ち上げ、3点目。ヤクルト先発・村中の前に6回まで無得点に抑え込まれていた横浜は7回、大西のタイムリー内野安打でようやく1点を返すと、ガッツな貴公子・仁志もヒットで続いて、村中をKO。更に、2番手・松岡から内川が四球を選んで、二死満塁で主砲・村田に回すと言う絶好の場面を作ったが、村田はサードゴロに倒れて、1点止まり。ヤクルトは8回、畠山の3号ソロでダメ押しの4点目。土壇場9回、守護神・林がいきなり3連打を浴びて、無死満塁の大ピンチを作ったが、内川をキャッチャーフライに仕留めると、続く村田をセカンドゴロゲッツーに打ち取り、逃げ切った。

横浜先発・小林は初回一死から宮本の頭部に死球を食らわせ、僅か10球で危険球退場。結局、準備不足のリリーフ陣が失点し、黒星に繋がってしまった。打っては好調をキープしていた村田が7,9回のチャンスを悉くブレイク。8回には大矢監督がメカゴジラのファーストゴロをファールだと執拗に抗議し、遅延行為で退場と全てが空回りだった。村中は7回途中まで1失点の好投で6月15日以来の白星をゲット。ヤクルトは再び5割に復帰した。

◆H2−4Bs◆
ソフトバンク先発の怨敵・パウエルに対して、偽バファローズは2回、日高の9号2ランで先制すると、5回にはカブレラのタイムリーで1点を追加。3回を除いて毎回走者を出しながら、攻めきれずにいたソフトバンクだが、7回、先頭の中西が四球を選ぶと、続く高谷がライトスタンドへ2号2ランを放り込み、1点差。更に、一死後、川崎のヒット,松中の四球で一打同点のチャンスを作るが、ここで小久保がセカンドゴロゲッツーに倒れる最悪の展開で2点止まり。直後の8回、偽バファローズは森山のタイムリー内野安打で貴重な1点を追加。最後は守護神・加藤が締めて、最下位を脱出した。

偽バファローズが因縁の相手・パウエルを打ち崩して…と言う程でもないが、まぁ、そこそこ攻略し、5位浮上。投げては近藤が6回無失点の好投を展開して、約1ヶ月ぶりの6勝目。ソフトバンクは1,2番が2安打ずつ放ったものの、3,4番がいい所でブレーキ。小久保は第1打席で史上43人目の3000塁打を達成したものの、これで勢いづく事は出来なかった。

◆F3−2M
初回二死一、二塁のチャンスは逃した日本ハムだが、続く2回、先頭の小田がヒットで出ると、二死後、金子誠がタイムリー二塁打を放って、1点を先制。4回には一死から小田が四球を選ぶと、続く小谷野が今季初アーチとなる2ランを叩き込み、3点目。追いかけるロッテは5回、根元のタイムリー二塁打で1点を返すと、続く6回には里崎の12号ソロで1点差。更に、二死後、連続四球とエラーで満塁としたものの、西岡がレフトへ打ち上げ、同点ならず。8回には一死から連打と四球で満塁とするも、西岡,根元と打ち取られ、三者残塁。最後はMICHEALの前に三者凡退に終わり、あと1点が届かなかった。

2試合で26点も取っていたロッテ打線が2度の満塁のチャンスを潰すなど、12残塁の拙攻で僅かに2点と沈黙。史上312人目の1000投球回数を達成した小林宏は3失点完投ながら、メモリアルゲームを飾れなかった。援護を貰うと打ち込まれ、好投すると援護を貰えないと言う不憫な展開が続いている。

◆L14−2E◆
初回に栗山のタイムリーで先制された楽天は直後の2回、草野の今季初アーチとなる2ランで一気に逆転。しかし、その裏、西武が驚異の猛攻を開始。一死後、突如、制球を乱した長谷部から、3連続四球わ選んで満塁とすると、平尾のタイムリー内野安打,佐藤の押し出し四球で逆転に成功。更に、栗山もタイムリーを浴びせて、長谷部をKO。代わった松本から中島も押し出し四球を選んだ後、暴投で平尾が生還。更に、ブラゼルの2点タイムリー二塁打の後、G.G.佐藤が歩いて一、二塁となった所で中村が23号3ラン。二死後、細川の二塁打の後、平尾がタイムリーを浴びせて、この回大量11点のビッグイニングを形成し、2回にして試合を決定付けた。敗れた楽天はついに最下位転落。

昨年の新人王・田中が右肩痛で登録抹消となる衝撃に見舞われた楽天。今年の新人王候補として期待されながら、未だに白星のない長谷部が先発を託されたが、四球連発で2回もたずに7失点の大乱調だった。惜しいとすら感じさせない内容が続いており、プロ初勝利はまだまだ先になりそうだ。かつての指定席・最下位へとうとう舞い戻ってしまったが、それでも首位との差は8.5と、阪神と巨人の差よりも遙かに近い訳で気落ちする事なく巻き返しを図って欲しいものだ。西武は10者連続得点をマークするなど、怒濤の猛攻でリーグ50勝一番乗り。投げては涌井が無四球完投で8勝目と投打噛み合う完勝だった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:45コメント(0)トラックバック(68) 

June 15, 2008

◆E3−0G◆
立ち上がりから制球が定まらない巨人先発・グライシンガー。2回までは何とか踏ん張っていたものの、3回、一死から連続四死球でピンチを作ると、草野,山崎武と連続タイムリーで3点を失い、あえなくKO。直後の4回、巨人はガッツ,松田記者のヒットで一死一、二塁のチャンスを作るも、阿部,古城と倒れて二者残塁。8回には一死一、三塁のチャンスにガッツがセカンドゴロゲッツーに倒れる最悪の展開でまたも無得点。9回も二死から阿部がヒットで出たが、古城がレフトへ打ち上げ、完封負け。連敗を3で止めた岩隈はリーグ一番乗りの10勝目を飾った。

母国で体験した事のない昨日の大地震でベッドにしがみついて震えていたと言う後遺症か、グライシンガーがよもやの3回KO。リリーフ陣はよく粘ったが、岩隈の前にあえなく完封負け。戦線離脱していたマッスル千代の富士が1番スタメンで復帰したが、4タコと沈黙。これでまたまた借金完済の道は遠のいてしまった。

◆Bs2−4
中日は偽バファローズ先発・近藤の前に5回まで散発2安打と沈黙。しかし、偽バファローズ打線はの毎回の様にヒットを放ちながら、2併殺を食らうなど、中日を彷彿とさせる拙攻三昧で先制点を奪えない。0−0で迎えた6回、中日は先頭の荒木が内野安打で出ると、すかさず二盗。続く藤井の犠打がカブレラのエラーを誘うと、ここから中村紀,T.ウッズ,ベンちゃんと3連続タイムリーで4点を先制し、近藤をKO。無死二塁と追加点のチャンスだったが、後続を断たれて、4点止まり。8回に後藤の5号ソロでようやく1点を返した偽バファローズは更に、ヒットの森山を三塁へ進めた所で村松が犠飛を打ち上げ、2点差。土壇場9回、守護神・岩瀬に対して、昨日の再現と行きたい所だったが、この日は三者凡退と返り討ちに遭い、連勝は3でストップした。

エラーに乗じたワンチャンスにたまたまヒットが集中したおかげで辛くも白星を拾った中日。結局の所、先発・中田が踏ん張ってくれたのが大きい。背信投球が続いていた中田だが、4月29日以来の白星。岩瀬も昨日の悪夢を引きずらず、5年連続の20セーブ目を飾った。それにしても、6番に下げられて2試合目の井端だが、この日は開幕から不振の続く立浪に代打を送られてしまった。井端に一体何が起こっているのか気になる。

◆H6−1YB◆
初回、ビグビーのタイムリーで先制されたソフトバンクだが、その裏、すかさず松中が12号同点ソロ。続く2回には二死二塁から中西が2号2ランを叩き込み、勝ち越すと、3回には小久保のタイムリーで1点を追加。更に、5回には二死一、二塁から柴原が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、6点目。横浜は6回以降、毎回安打を浴びせながら、あと一本が出ず、和田に今季完投を許して、4連敗。

クリーンアップが揃って2安打ずつ放ちながら、1点しか取れず、またも逆転負けの横浜。水島の呪いの所為なのか、元々、壊滅的に弱いだけなのか分からんが、この儘では、マジで100敗してしまうぞ(現在104敗ペース)。一方、ソフトバンクは投打噛み合っての4連勝。クリーンアップはそれぞれ1安打ながら、全て打点付きな辺りが横浜との大きな違いだ。

◆L2−4C◆
求道者・前田の長期幽閉体制を着々と整えつつあるブラウン監督は案の定、この日も求道者・前田をベンチに軟禁。重苦しい空気に包まれながらも、広島は初回、二死三塁から栗原のタイムリーで先制。3回には四球の赤松を東出が送った後、オチョアのタイムリーで1点を追加。2点を追う西武はその裏、二死二塁から片岡のタイムリー三塁打で1点を返すと、続く4回にはG.G.佐藤に17号ソロが飛び出し、同点。追い付かれた広島は6回、先頭の石原がレフトスタンドへ4号ソロを叩き込み、再び勝ち越し。8回には二死からヒットで出た木村が二盗を決めると、赤松がタイムリーを放って、4点目。その裏から横山−永川と繋いで逃げ切り、3連勝。先発・ルイスは7回2失点でリーグ10勝一番乗りとなった。西武先発・帆足は今季初黒星。

一時は追い付かれた広島だが、再び突き放して、3連勝。投げてはルイスが10勝一番乗り,永川が史上19人目の通算100セーブ。一見、文句はつけられない展開なのだが、この日も求道者・前田を使わずして勝ってしまい、ブラウン監督暗黒采配がよりエスカレートするかと思うだに気が気でない。最近の広島戦レビューはこんなんばっかりで気が重くなる一方だな。こんな調子で求道者・前田が引退やら移籍やら考え出したら、どうしてくれるんだよ。求道者・前田の起用を主張し、ブラウン監督に無言の抗議をしていた(と思われる)高橋も反乱分子扱いされて(?)、首の違和感を建て前に登録抹消だってさ…。

◆F1−3S
0−0で迎えた3回、ヤクルトは先頭の川島慶が二塁打で出ると、福地の犠打で三進。ここで宮本のファーストゴロが野選を誘い、川島慶が先制のホームイン。5回には一死から宮本がヒットで出ると、青木がタイムリー二塁打。更に、二死後、ユウイチにもタイムリー二塁打が飛び出して、3点目。6回には一死満塁とダメ押しのチャンスを掴むが、宮本,青木と倒れて、三者残塁。背信投球が続いていた先発の村中は7回まで無失点に抑える好投を展開。8回に押本を挟み、9回から守護神・林が登場。昨日は悪夢のサヨナラ負けを喫した林だが、この日は稲葉,スレッジと簡単に打ち取り、あっと言う間に二死。ここから代打・小田に被弾し、続く三木にも痛打され、嫌な空気が漂ったが、最後は代打・工藤をレフトファールフライに退け、辛くも逃げ切った。

4連敗含む5戦白星なしと完全に新人王争いから脱落していた村中が久々の好投。泥沼モードに陥ってからこの上なくスローペースで投球回数を伸ばしていたが、今回は一気に7回まで投げ抜いた。課題の制球難もクリアし、四球は僅かに1つで5月9日以来の白星。中日・吉見や阪神・岩田とは大分水を空けられてしまったが、ここから巻き返しを見せて欲しいものだ。

◆M10−9T◆
阪神の先発はプロ初登板となる3年目の鶴。しかし、いきなり西岡,根元,フクーラの3連打で先制点を許すと、大松を歩かせた後、里崎,オーティズにも連続タイムリーを浴びて、一死も取れずに無念のKO。代わった江草もベニー松山にタイムリーを浴び、この回6失点。ロッテは続く2回にもオーティズの犠飛で1点を追加。大量7点を追う阪神は3回に二死満塁と絶好のチャンスでキュラソ星人がファーストゴロに倒れて三者残塁。5回にも先頭打者を出しながらゲッツーで潰してしまう。6回、4長短打を集中してようやく3点を返したものの、その裏、大松の2点タイムリー三塁打で再び突き放される始末。これがダメ押しになったかと思いきや、粘る阪神は8回にキュラソ星人の11号2ラン,代打・葛城イクローの1号2ランで一気に2点差と詰め寄ると、土壇場9回には鳥谷のタイムリー,矢野の犠飛でついに同点。しかし、その裏から登板の渡辺が二死からオーティズを歩かせると、続く代打・ズレータにタイムリー二塁打を浴び、惜しくもサヨナラ負けとなった。

初回の大量6失点が最後まで響くと言う昨日とまるっきり同じ展開。それでも9回に追い付いたのは凄かったが、そこまで行っても…、いや、そこまで行ったからこそ負けてしまっては仕方がない。何で今日の先発はよりにもよって鶴だったんだろう。4回1失点の江草を最初から使ってりゃ良かったよな…と言う結果論になってしまった。谷間だとしても他にいなかったのか? それにしても、6点差つけて降板したのに、白星を消されてしまった小林宏は可哀想だ…。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:40コメント(3)トラックバック(77) 

May 09, 2008

◆G4−7D◆
相も変わらず、残塁を量産し続ける川相不在を象徴付ける試合ばかり繰り返していると言う事態を重く見た落合監督はついに川相の現役復帰に踏み切る…事はせずに、川井の先発起用でお茶を濁した。しかし、所詮、カワイであって川相ではない川井では空気を変える事は出来ず、2回にキムタク,加藤と連続タイムリー二塁打を浴び、2点を失い、3回で早々と降板。2点を追う中日は4回、ベンちゃん,中村紀の連続タイムリーで追いつくが、その裏、2番手・小笠原がキムタクに今季初アーチを浴び、勝ち越し点を献上。しかし、直後の5回、二死二、三塁からまたもベンちゃんが2点タイムリーを放ち、逆転すると、続く中村紀が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに7号2ランを叩き込み、巨人先発・内海はこの回限りでKO。6回にガッツの7号ソロで応戦する巨人だが、8回に井端にタイムリーを浴び、再び3点差。土壇場9回、中日は満を持して守護神・岩瀬を投入するが、粘る巨人は寿司職人ラミレス,ゴンザレスと連打を浴びせると、代走・小坂が二盗を決めて、無死二、三塁のチャンス。しかし、ここで松田記者はフルカウントからボール球に手を出し、ピッチャーゴロに倒れると、キムタクもどん詰まりのショートフライ。ここでこの日スタメンを外れていた阿部が代打で登場するも、敬遠されると、最後は代打・鈴木の痛烈なライナーはセカンド正面に飛んで、万事休す。

巨人ファンは最後、阿部と勝負してくれる事を祈ったであろうが、パーフェクト続行中の山井を平気で引っ込める落合監督がそんなファンの喜ぶ様な都合のいい展開を演出してくれる筈はなかった。と言っても、あそこで阿部を出した所で敬遠されるのは分かり切っているのだから、若大将も加藤が繋いでくれる事を期待して、あと一人阿部の投入を待つ事は出来なかったか? 今季1度も打席に入ってない鈴木よりは、この日タイムリー二塁打を打っている加藤の方が期待度は高かったと思うが…。中日は最近、すっかりベンちゃん,中村紀(または李)頼みだが、それ以外は要所で打てず、この日も10個の残塁を量産。川井でお茶を濁している暇があったら、サッサと川相を現役復帰させて欲しいものだ。

◆S1−0C◆
求道者・前田はまたもスタメンに起用されたが、信じられない展開にブラウン監督が何か企んでいるのでは?と疑心暗鬼に陥った広島ナインは頭の中が混乱しているうちに3回までパーフェクトに抑え込まれてしまう。4回一死から小窪,オチョアと連打を浴びせるも、ここで栗原が最悪のゲッツー。一方、覚醒した先発・高橋はこの日も3回まで無失点といい立ち上がりを見せていたが、4回、先頭のガイエルに9号ソロを叩き込まれて、ついに先制点を献上し、これが致命的な失点となった。広島は8回に2つの四球を選んで、ようやく村中をKOするも、代わった松岡にオチョアが抑え込まれ、二者残塁。最後は林に3人で打ち取られ、2試合連続の完封負けとなった。

29回無失点を続けていた高橋が17打席ノーヒットのガイエルに被弾し、その唯一の失点が黒星に繋がってしまうと言う何とも皮肉な展開。出して貰えるのかどうか試合直前まで予想すら出来ない起用法で集中力を乱され続けている求道者・前田も4タコと、ブラウン監督の術中にハマっており、また幽閉モードに入りやしないかと戦々恐々。一方、ノーヒットノーラン寸前から一気に地獄を見た村中は前回の投球を引きずった様子など見せない好投。1−0と言う前回同様タイトな試合展開だったが、8回のピンチに松岡が抑えてくれて本当に良かった。

◆T2−6YB◆
1,2回と立て続けにゲッツーでチャンスを潰した横浜だが、3回、二死一、二塁から村田が9号3ランを叩き込み、3点を先制。6回には一死から内川が3安打目となる二塁打で出ると、続く吉村のタイムリーで4点目。ハマのチンピラの前に5回まで1安打と沈黙していた阪神はその裏、シャア少佐のヒット,村田のエラーで一死一、三塁のチャンスを作ると、キュラソ星人の犠飛でまず1点。8回には無死満塁からまたもキュラソ星人が犠飛を打ち上げ、2点目。なおも一、二塁のチャンスだったが、葛城イクロー,鳥谷と倒れて、二者残塁。ピンチを逃れた横浜は9回、代打・ビグビーが2号2ランをぶち込んで、ダメ押し。最後はセーブのつかない場面ながらもマウンドに上がったはーちゅんが3人で締めた。阪神は今季初の連敗。

ハマのチンピラが6回を8三振自責点0の好投で2勝目。これでようやくはーちゅんの白星を上回った。はーちゅんはこの儘、抑え一本で行きそうな気配なので、流石に追い抜かれる事はないだろうが、はーちゅんが悉く同点に追いつかれた挙げ句に白星をかっさらいまくり、追い抜かれる様な事があっても、公約を守る気などさらさらないのだろうから、何の心配もしていないだろう。阪神はキュラソ星人が2犠飛を放ったとは言え、4番以降がノーヒットでは流石に攻め手がなかった。

◆M4−11E◆
初回にフェルナンデスの先制2点タイムリー二塁打で主導権を握った楽天は4回には4長短打を集中して、一気に4点を追加。続く5回には連打とエラーで1点を加え、ロッテ先発・小野をKOすると、代わったゴーグルから鉄平もタイムリー。6回にはショートの犠飛,山崎武のタイムリーで2点を加えて10点目。5回まで無失点に抑えていた先発・岩隈は6回も簡単に二死を取りながら、ここから5連打を浴びて3失点。しかし、何とかここを踏み堪えると8回まで投げきって、5勝目をマークした。

得意の地元3連戦で初の負け越しを喫した楽天だが、今度は苦手の敵地で先発全員17安打と打線が爆発しての圧勝。そろそろ極端な内弁慶ぶりにも終止符を打つ頃だろうか。と言うか、ロッテに元気がなさ過ぎる。これで5連敗だ。打線は復調の兆しを見せつつはあるが、投手陣が先発もリリーフも精彩を欠いている。中継ぎに不安があるからと、無理に先発を引っ張って、ますます点差を広げられる様では如何ともしがたいだろう。

◆Bs2−3L◆
再三のチャンスを逃してきた西武だが、4回無死二塁からG.G.佐藤のタイムリーでようやく先制。6回にはブラゼルが12号ソロを放り込み、1点を追加。先発・岸は6回を終わってノーヒットの快投を展開。7回一死から後藤のどん詰まりの打球をレフト前に落とされ、ノーヒットノーランを断たれると、この回限りでお役御免となった。西武は8回にはエラー絡みで3点目を追加。その裏、カブレラの7号2ランで1点差と詰め寄られたが、最後はグラマンを投入して、1点差を守りきった。

偽バファローズの先発は新助っ人・オルティズ。前回は因縁のソフトバンク打線を目覚めさせてしまう失態を演じたが、今回は7回2失点とまずまずの内容…と言っても負け投手だが…。西武は球数が多かったとは言え、記録が断たれた途端にあっさり岸を下げ、あわや追いつかれる所だったが、それでもサラリとかわした感があるのは首位チームならではか…。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:56コメント(1)トラックバック(43) 

May 03, 2008

◆S0−5G◆
ヤクルト先発・村中が8回まで四球3つを与えただけのノーヒットピッチングを展開。この村中の好投に報いたいヤクルト打線だが、巨人先発・内海の前に7回までゼロ行進。8回から山口にスイッチした事で流れを引き寄せんと、二死からヒットで出た川島慶が二盗を決めるも、田中はサードゴロに倒れて、またも無得点。0−0の儘、迎えた土壇場9回、巨人は一死からこの日一番に起用された亀井が執拗にファールで粘った末の14球目を叩き、ライトフェンス直撃の二塁打で村中のノーヒットノーランを阻止。記録を断たれた村中は続く坂本を打ち取った二死となった後、ガッツ相手にヤクルトベンチは敬遠指令を送るが、これが裏目。続く代打・大道に右中間突破の走者一掃タイムリー二塁打を浴びた村中は無念のKO。更に、代わった五十嵐が寿司職人ラミレスに内野安打を許した後、不振を極める阿部にライトスタンドへ放り込まれて、この回、悪夢の5失点。巨人はその裏、藤田−西村健と繋いで完封リレーを達成した。

7回無失点で下ろされた内海も可哀想だが、無論、それ以上に気の毒だったのが村中。前回も6回1失点で黒星だし、またも打線の見殺しに遭った。粘りに粘って初安打を放った亀井は天晴れと言うしかないが、明らかにタイミングの合いつつあるファールを連発していたので、早々と歩かせていた方が良かったのかもしれない。そして、釈然としないのはガッツへの敬遠指令。代打・大道は予想して然るべき展開だし、3打席連続三振に斬って取っているガッツ相手にビビリ過ぎである。その上、五十嵐は阿部まで覚醒させてしまうし、正に、ヤクルトにとって魔の9回だった。

◆D1−9T◆
阪神は初回、中日先発・小笠原に対して、新井の3号2ランで2点を先制。3回には不振のゼブラ今岡が犠飛を打ち上げると、4回には平野に移籍初アーチとなる3ランが飛び出し、小笠原をKO。一方、中日は相変わらずのタイムリー欠乏症ぶりを露呈。4回に川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにT.ウッズが5号ソロを叩き込むが、続くベンちゃんが内野安打で出た後、李がゲッツーで潰すなど、全く繋がらない。8回には二死満塁のチャンスを掴むが、ここで打席に入ったT.ウッズは一発を狙い過ぎて空振り三振に倒れ、三者残塁。阪神は9回にも3点を加えて、ダメ押し。最後は2番手・江草が三者三振で締め括った。阪神先発・安藤は8回1失点で4勝目をマーク。

今日も一発が出ないと如何ともし難い無様な野球を繰り広げた中日。投手陣の頑張りに救われ続けていたが、先発が打ち砕かれると手も足も出ない事をまざまざと見せつけられる格好となった。とっくに分かりきっていた問題だが、誰の目にも明らかになった今回の結果で川相現役復帰待望論がますます強まる事は必至だろう。それで実際に川相が復帰するならば、この程度の惨敗など安いものだが…。

◆C4−3YB◆
嫌がらせ采配に拍車がかかるブラウン監督はまたまた求道者・前田をベンチに幽閉。最大の難敵を欠いた事でハマのチンピラは悠々と投げ込み、3回までノーヒットと余裕の投球。一方、広島先発・高橋は毎回走者を許す苦しい内容ながらも、ひたすらに援護を待ち、先制点を許さない。0−0で迎えた5回、広島は二死から東出が内野安打で出塁。ここで高橋が自ら2ランをぶち込んで、ついに2点を先制。高橋一人におんぶにだっこで、流石に奮起したナインはこの後、天谷のタイムリーで3点目を追加。この後、ブラウン監督が100球にも到達していない高橋を6回で引っ込めてしまう余計な手出しをかましたおかげで、リリーフ陣が捕まり、8回を終わった時は1点差にまで詰め寄られてしまうが、最後は復活の守護神・永川が締めて、辛くも逃げ切った。

求道者・前田が出させて貰えない上、クリーンアップが揃って大ブレーキ。怒り心頭の高橋が投打に孤軍奮闘したが、あまりに当てつける様な活躍を見せた事でブラウン監督の癇に触ったのか、早々と降板させられてしまい、あわや逆転負けする所だったが、復活した永川のおかげで事なきを得た。まったくブラウン監督は何がしたいのだろう。一方、ハマのチンピラはまたも勝てず。折角、はーちゅんがストッパーに回されたおかげで、今季の白星競争で勝てる事はほぼ確定化した筈なのだが、これで負けたら目も当てられない。尤も、負けた所で公約を破る気満々など知った事ではないのかもしれないが…。

◆H6−4Bs◆
この所、ピリッとしない投球が続いている大場はこの日もいきなり連打で無死一、三塁のピンチを背負い、北川に犠飛を許して、先制点を献上。しかし、オルティズによって目覚めたソフトバンク打線はその裏、川崎,長谷川,松中の3連打であっさり追いつくと、更に、小久保にもタイムリー二塁打が飛び出して、勝ち越しに成功。続く2回に二死一、二塁から松中のタイムリー三塁打,小久保タイムリーで3点を追加。5回には仲沢のタイムリー三塁打で6点目。2回以降立ち直りを見せていた大場だが、6回に北川に1号ソロ,7回に大引に2号2ランを被弾し、KO。しかし、この後、小椋−ホールトンと無難に繋いで逃げ切りに成功。大場は28日ぶりの3勝目。

オルティズ効果で覚醒したソフトバンク打線が連日の爆発。松中,小久保の両主軸も5打点の活躍だ。大場は持病の一発病がまたも発症してしまったが、打線に救われて、久々の白星を掴めたのは何よりだ。一方、心配なのは偽バファローズ先発の金子。前回の7失点に続いて、今回は5失点KO。ラロッカ,カブレラをスタメンから外した打線もパッとしなかった。そんな中、破戒僧・清原がウエスタンで実戦復帰。タイムリー1本放ったものの、まだ膝の爆弾に対する恐怖感が拭えていない模様。まぁ、破戒僧・清原が一軍に帰ってきたからと言って、プラス方向に傾く保証は全くないのだが…。

◆F12−5E◆
初回にフェルナンデスのタイムリーで先制された日本ハムは、その裏、すかさず稲葉が同点犠飛。3回に山崎武のタイムリー等で3点を勝ち越されるも、その裏、スレッジのタイムリー等で3点を返し、またも同点。これで勢い付いた日本ハムは4回、工藤の2点三塁打,田中の犠飛で3点を勝ち越すと、続く5回にも工藤,田中の連続タイムリー等で3点を奪い、10点目。日本ハムは終盤にも加点してダメ押し。先発・藤井は4回途中でKOされたが、以降4人のリリーフで楽天の反撃を断ちきり、5連勝。

「週刊少年チャンピオン」が出ない間にすっかり呪いの効果が消えた日本ハム打線がまたまた大爆発。稲葉は若干、大人しかったものの、劇団ひちょり,工藤,田中の1〜3番で10安打6打点。前回は日本ハム相手に完封したグスマンだが、見事にリベンジされた。楽天は3連敗で貯金消滅。極度の内弁慶ぶりは一向に好転する気配が見えて来ない。

◆M10−1L◆
連敗ロードに喘ぐロッテだが、この日はルーキー・唐川が初回から3人でピシャリと締める上々の立ち上がり。すると、その裏、西武先発・オツに対して、何と3番スタメンに起用された橋本のタイムリー二塁打であっと言う間に2点を先制。更に、大松が死球を食らった後、ズレータに待望の今季初アーチとなる3ランが飛び出して、この回、大量5点。唐川は4回までパーフェクトの快投を展開するが、ロッテ打線も立ち直ったオツの前に2回以降はゼロ行進。そうこうしているうちに6回に栗山のタイムリーで1点を返される。何とか突き放したいロッテは7回、4長短打を集中して、一気に5点を奪い、試合を決定付けた。大量援護を貰った唐川は7回以降一人の走者も許さず、プロ初完投で2勝目。ロッテの連敗は5で止まった。

高校BIG3の一角・唐川がまたも大仕事。13イニング目にしてプロ初失点を喫したものの、その1点のみに抑え、10三振を奪ってのプロ初完投勝利。大本命の大場がもたついている間に新人王レースにも大きく食い込んできそうだ。不振だった打線も10得点の大当たりと会心の勝利で連敗脱出。対するオツは5失点KOでまたも白星ならず。そろそろ二軍での再調整が必要な頃合いではなかろうか。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:33コメント(1)トラックバック(40) 

April 19, 2008

◆C1−0G◆
ブラウン監督の訳の分からない采配により、ベンチに下げられていた求道者・前田が3戦ぶりのスタメン復帰。理不尽にベンチに座らされ続けた鬱憤を晴らすがごとく、第1打席でいきなりレフト前ヒットを放った求道者・前田だったが、後が続かない。木佐貫,高橋の両先発が素晴らしいのか、両打線が貧弱なのか、0−0の儘、試合は中盤へ突入。迎えた5回、広島は7番に下げられたシーボルがレフトスタンドへ3号ソロを叩き込み、ついに均衡を破る先制点をゲット。以降、広島は最後までノーヒットに終わったが、高橋がこの1点を守りきる5年ぶりの完封勝利でチームの連敗を4で止めた。

高橋がよもやの完封。木佐貫は3安打完投と高橋以上の投球を見せたが、亀井がヒットで出ては盗塁死,ゴンザレスがヒットで出ては古城がゲッツー,坂本がヒットで出てはガッツがゲッツーと、巨人打線が相次ぐ拙攻で見殺しに…。それにしても、求道者・前田がスタメンに復帰すると、やはり締まるねぇ…と言っても、求道者・前田のヒットは全然得点に絡んでないし、チームもたった3安打なんだが…(^^;)。

◆YB5−10D◆
両軍共にノーヒットで初回に1点ずつ取って迎えた3回、中日は井端,李の連続タイムリーで2点を勝ち越し。4回には森野が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに5号2ランを叩き込み、横浜先発・ウッドはこの回限りでKO。その裏、横浜は金城のタイムリー二塁打で1点を返すも、中日は6回に井端の2点タイムリー,7回には中村紀が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに5号2ランをぶち込んで、試合を決定付けた。9回には李が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに2号ソロを放ち、ダメ押しの10点目。先発・朝倉は5回降板ながら、横浜の拙攻と大量援護に守られて、3勝目。

一発完全依存ではなかったものの、5点が一発による得点な訳で、結局、一発がなければ勝てなかった中日。初回に荒木が二盗を決めたのだが、何とこれが18試合目にしてようやく今季初盗塁だと気が付いて驚いた。ついでに言うと井端は未だに盗塁ゼロ。昨年は54盗塁も記録した1,2番コンビが、何と昨日まで1つも盗塁していなかった訳だ。何と言う無策ぶり…。川相がいない事で年々大味になっていく中日野球は今後どうなってしまうのか? 一方、前の試合で22安打16点と大爆発したた横浜打線はこの日も14安打と好調をキープしたが、2併殺10残塁の拙攻が響いた。

◆S4−1T◆
ヤクルトがいきなり阪神先発・岩田の出鼻をくじき、一死から田中が歩いたあと、青木,ガイエル,宮出の3連打で3点を先制。2回までノーヒットに抑え込まれていた阪神だが、3回、先頭の関本が三塁打で出ると、城石の野選でホームイン。しかし、ヤクルトは4回、宮本,福川のヒットで一死一、三塁とすると、村中のセカンドゴロの間に宮本が返って、点差は再び3点。ヤクルト先発・村中は7回まで散発2安打の好投を見せると、8回以降は押本−林のリリーフを仰いで、3勝目。敗れた阪神の連勝は5でストップ。4失点で6回降板となった岩田は今季初黒星。

村中,岩田と3年目の新人王候補同士の対決は村中に軍配。好調の阪神打線を手玉に取るナイスピッチングだった。岩田は立ち上がりの失敗が痛かった。あんなに登板過多だった藤川がもう6日も出番がない訳だが、休養たっぷりで有難がってるのか、すっかりなまってしまっているのか、次の登板の出来具合が気になる。

◆F4−2H◆
日本ハム先発・藤井に対して、ソフトバンクは初回から二死満塁と絶好のチャンスを掴むも、ここで松田が三振に倒れて、三者残塁。一方、ソフトバンク先発のルーキー・大場に対して、日本ハムは2回に佐藤が7年目にしてプロ初アーチとなる2ランを放ち、先制。3回にも併殺崩れの間に3点目を追加。6回、初回のチャンスを潰した松田が汚名返上のタイムリー二塁打を放つも、その裏、スレッジに一発が飛び出して、大場はこの回限りでKO。ソフトバンクは8回に内野ゴロの間に1点を返し、2点差と詰め寄ったものの、最後は守護神・MICHEALの前に反撃を断たれ、3連敗となった。

いい時と悪い時が交互に来ていた大場だが、ついに悪い時が続いてしまった。打線も10安打で10残塁とチグハグな攻撃で接戦を落とした。接戦とは言え、負けている試合で3番手としてガトームソンが出てきたのだが、またストッパーに戻されてしまうのだろうか。それにしても、スレッジが3戦連続アーチとエンジンがかかってきた。単発が多いのが難点だが、もう少し勝負強さが出てくると怖い存在になりそうだ。

◆Bs9−3M◆
初回にカブレラのタイムリーで先制されたロッテだが、直後の2回、ベニー松山が今季初アーチとなる逆転2ラン。しかし、偽バファローズは3回、ローズの6号ソロで追いつくと、5回にはまたもローズが2打席連続となる7号3ランを叩き込み、勝ち越し。更に、この後、浜中,日高,大引と3連続タイムリーが飛び出して、小林宏をKO。開幕戦で勝って以来、白星のなかった金子だが、毎回の様にヒットを浴びながらも、7回を3失点で切りぬけ、約1ヶ月ぶりの2勝目をマークした。

ローズが2発4打点,カブレラが2発1打点とビッグボーイズがまともに機能。果たしてラロッカはいつ戻ってくるのやら…。安定した投球を見せながら、不憫な展開が続いていた金子だが、ようやく報われた。一方、Mr.6回3失点になりつつあった小林宏は8失点KOの大炎上で早くも3敗目。ローズの2発目…、せめてカブレラの二塁打で代えておけば良かったものを…。

◆E−L◆
降雨4中止。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:39コメント(0)トラックバック(28) 

April 04, 2008

◆G1−6T◆
開幕からの連敗がようやく止まった巨人と、開幕からの連勝がついに止まった阪神が激突。いきなりマッスル千代の富士の先頭打者アーチで巨人が先制し、両軍のバイオリズムは変わったかに思われたのも束の間、先発・春風亭半ケツが2回にフォードのタイムリーを許して、あっさり同点。1つ負けたくらいでは勢いは止まっていなかった阪神は4回にはゼブラ今岡,フォードの一発で2点を勝ち越し。更に、6回にはまたまたフォードがタイムリーを放つなど、2点を追加。8回には鳥谷の2号ソロでダメ押し。投げては先発の安藤が2回以降安定した投球で7回まで投げきると、8回から江草−久保田と繋いで逃げ切った。

マッスル千代の富士の一発以降、ゼロ行進。結局、一発が出ないと如何ともしがたい体質は何も変わっていなかった様だ。覚醒が期待されたガッツもシングル1本に留まった。春風亭半ケツはまたも5失点KOで昨年の最優秀防御率投手の面影も見られない。ところで前回、先発として最低限の結果は残した栂野がも早くも中継ぎに回されているのだが、木佐貫の昇格が決まったのだろうか。阪神はフォードがついに爆発。覚醒したかどうかは明日も見てみないと分からないが、鳥谷も絶好調なだけにフォードに当たりが出てくると下位打線も脅威になりそうだ。で、5点差もあるんだから、久保田は使わないでいいんじゃないのかね?>岡田監督

◆D1−6S◆
中日先発・朝倉は2回、先頭のリグスに今季初アーチを浴び、先制点を献上。3回には簡単に二死を取ったものの、青木のセカンドゴロを荒木がよもやのエラー。これで川相不在を改めて痛感し、動揺を隠せない朝倉は続くリグスにも痛打された後、ガイエルに3戦連発となる3ランをぶち込まれる有様。制球に苦しむ村中を相手に2回無死一、二塁,3回二死一、二塁のチャンスを逃すなど、川相不在の弊害を露呈し続ける中日は4回、先頭のベンちゃんが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに2号ソロを叩き込み、ようやく1点を返したが、これが中日の放ったこの試合最後のヒットだった。ヤクルトは9回にガイエルのタイムリー等でダメ押しの2点を追加。村中は7回1失点の好投でプロ初白星を飾った。

前回は打ち込まれただけに、オープン戦の好投がフロックと言う可能性も心配されていた村中だが、今回はきっちり結果を残して一安心。売り出し中の川島慶が右手親指靱帯損傷で登録抹消となったのは気になるが、この日は両助っ人が5安打5打点と爆発し、機動力不要の試合運びだった。それにしても、中日は相変わらずの一発依存症の上、荒木,井端,中村紀が揃ってエラーを犯すなど、攻守に渡って川相不在の弊害を遺憾なく発揮。だから、早く現役復帰させろと…。

◆C1−2YB◆
はーちゅん,大竹の両先発がいずれも7回まで無失点と相譲らぬ好投を展開。0−0の儘、迎えた8回、横浜は金城のタイムリーでついに先制。更に、メカゴジラにもタイムリーが飛び出し、この回2点。その裏、広島はオチョアのタイムリーで1点差と詰め寄ると、土壇場9回には一死一、二塁と一打サヨナラの場面を作ったが、ここで代わったマットホワイトの前に緒方,倉の代打攻勢が退けられた。

この日も求道者・前田は無事スタメンに起用され、またまた2安打。しかし、その前を打つ栗原が打線を分断。オチョアも当たっているだけに栗原の不振は痛い。9回に入って、那須野−木塚−マットホワイトとやけにバタバタしていた横浜の継投だが、ヒューズを投入出来ない理由があったのだろうか?

◆M3−6H◆
開幕ダッシュに成功したかに見えたのもほんの一瞬で、いつの間にやら楽天の後塵を拝する状況に陥ってしまったソフトバンクは杉内投入で巻き返しを図る。初回にエラーに乗じてチャンスを作り、悩める主砲・松中のタイムリー内野安打で先制したはいいものの、2回に杉内が今江にタイムリー内野安打を許して、あっさり試合は振り出しに…。均衡が破れたのは6回、二死からヒットと2四球で満塁としたソフトバンクは井手のタイムリー二塁打で2点を勝ち越し。杉内が早くも5回限りで退き、必死の継投で逃げ切りを図るも、8回に柳瀬が連打を浴びてKO。代わったニコースキーも3本のタイムリーを許して、この回、悪夢の5失点。9回は荻野の前に3人で打ち取られ、首位奪回ならず。ロッテの連敗は4でストップした。

6回のマウンドに一度は上がった杉内が久米とスイッチしたのは、王さんのひらめきだったのか、杉内に故障が発生したのか? 結果的に杉内の早期降板が痛かった。ガトームソンが前に回り、ストッパー専念となった矢先のニコースキーが打ち込まれたのもショックだろう。早め早めの継投と言うより、勝っているにも拘わらず、後手後手に回った継投の様な印象だった。で、結局、バレンタインは荻野をストッパーにするつもりなの?

◆Bs2−3F◆
先発の駒不足に悩む偽バファローズだが、この日は何と鴨志田がプロ初先発。いきなり3連続四球と言う凄まじい立ち上がりとなったが、劇団ひちょり,田中と立て続けに二盗を仕掛けて憤死する日本ハムの拙攻に助けられ、無失点で切り抜ける。その裏、壊滅的な不振に喘ぐカブレラに奇跡的な先制タイムリーが飛び出したが、直後の2回、依然として制球の定まらない鴨志田は2四球等で二死満塁のピンチを作り、劇団ひちょりに走者一掃の逆転タイムリー三塁打を浴びて、早くもKO。中盤は膠着状態となったが、偽バファローズは7回に日高の一発で1点差。8回には先頭のラロッカが二塁打と絶好のチャンスを作ったが、後続3人が倒れて、同点ならず。最後はMICHEALに反撃を断たれて、あと一歩及ばなかった。

今日のビッグボーイズのコーナー♪ ラロッカが4の2,ローズは2タコだが2つの四球を選び、カブレラは先制タイムリーを放って4の1。ラロッカがマルチ安打を記録したり、カブレラにタイムリーが飛び出すだけで大事件の様に思えてしまうくらい感覚が麻痺している。しかし、8回にラロッカの作ったチャンスをバッサバッサと叩き折るローズ,カブレラは流石だ。それにしても、先発・鴨志田かよ! 幾ら何でも他にいなかったのか?

◆L4−2E◆
破竹の7連勝で悲願の単独首位に立った楽天はこの日も初回からいきなりの3連打であっと言う間に先制する幸先のいい立ち上がり。しかし、先発・インチェがピリッとせず、2回に細川に同点タイムリーを許すと、3回には栗山に被弾し、勝ち越しを許す。そして、4回には不振のまつかに2点タイムリーを浴びて、この回限りであえなくKO。楽天は6回にフェルナンデスの4号ソロで1点を返したものの、8,9回と立て続けに満塁のチャンスを逃して、連勝はついにストップした。

渡辺直が打っては3安打、走っては1走塁死,2盗塁死、守っては1エラーの大暴れ。こいつがもう少し落ち着いていれば、楽天の連勝は続いた…かも…。先発・インチェも新垣顔負けの3暴投をかますなど、バタバタした投球だったが、そんな中、ノムさんにシメられまくっているグスマンが2番手として3回無失点の好リリーフ。今季初めて見せた勇姿は今後の起用法にどう影響するのか注目だ。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:48コメント(0)トラックバック(81) 

March 19, 2008

◆S3−0G◆
相変わらず、貧打に喘いでいる巨人だが、この日も明らかに李,寿司職人ラミレスより好調なゴンザレスが外され、売り出し中の坂本ものうのうとリハビリをやっていたニックンの復帰により、セカンドに回された挙げ句、途中で脇谷と交代させられて、出番が半減。実績至上主義による尊い犠牲の下、出場したにも拘わらず、李,寿司職人ラミレス,ニックンは揃って無安打に終わる体たらく。ただし、不甲斐ないのはこの3人だけではなく、チーム全体で放ったヒットはガッツによる僅か1本のみであわやノーヒットノーランと言う醜態を晒してしまったのだ。2試合連続の完封負けで20イニング無得点。ここ4試合で僅かに1点しか取れない貧打ぶりは深刻を極めており、使う気がないなら、川相を返してくれと中日に打診した方が賢明なのではないか?と言う声が徐々に高まっている。そんな貧打線が相手とは言え、新人王候補の村中は6回を1安打1四球と完璧な投球を展開。打っては福川が2打席連続アーチを叩き込み、開幕マスクへ猛アピールを見せた。

◆YB1−6D◆
対巨人限定好投手のレッテルがなかなか剥がれない土肥が先発登板。巨人が相手ではない為、ピリッとしない土肥は川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに谷繁,中村紀に被弾し、5回3失点。ボークも犯してしまうなど、課題を残す内容となった。2番手のルーキー・桑原謙も制球が定まらない上、エラーで足を引っ張られて2回3失点と開幕一軍は微妙な状況。一方、中日のルーキー・山内はオープン戦初先発。3回2/3を1失点だったが、4四死球を与えるなど制球に苦しみ、複雑な表情でマウンドを降りた。

◆T−C◆
降雨中止

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:56コメント(1)トラックバック(6) 

March 01, 2008

◆F3−7YB◆
水島の呪いを受けるXデーまで2週間を切り、言いしれようのない不安と戦っているトンガだが、初のオープン戦に7番一塁でスタメンに出ると、第1打席でいきなり高崎から一発を叩き込むと言う大物らしい衝撃デビュー。しかし、その後、2打席は連続三振に倒れるなど、課題を残した。2年連続本塁打王を狙う村田はオープン戦1号となる2ラン,吉村は3安打2打点と和製大砲コンビの活躍で試合は横浜が逆転勝ちを収めた。

◆G4−10H◆
2年ぶりに先発へ復帰となる上原がオープン戦初登板となったが、いきなり川崎にタイムリー三塁打を浴びるなど2失点。その後は立ち直りを見せ、6三振を奪って3回を投げきった。しかし、昨年終盤に好投し、開花の気配を見せていた2番手・野間口は8失点の大乱調で2回もたずにKO。一方、るソフトバンクは新人王候補と目されるルーキー・大場が先発。金満大補強による強力打線との対決に燃えていたが、球が上ずり、小田嶋に頭部死球を与えた直後にタイムリーを許すなど、4回を2失点と微妙な内容で予定の5回を待たずして降板となった。

◆S1−3D◆
素人投手相手に軽率な攻撃で翻弄されまくるなど、名誉毀損も甚だしい水島の呪いを受けている中日を相手に今季ブレイクを予感させる3年目の村中が3回を無失点の好投を展開。中日は館山のエラーに乗じて逆転勝ちこそしたものの、散発4安打の体たらくで水島の呪いによるダメージを感じさせる内容だった。

◆Bs4−4T◆
ソフトバンクの横槍と根来コミッショナー代行(いつまで代行なのか?)のヘタレ裁定により、何の見返りも貰えないままパウエルを奪われた事で、是が非でもパウエル以上の助っ人投手を獲得すると怒りに燃える偽バファローズだが、この日、調査の為、編成部の数名が渡米する事を発表。そんな中、パウエルなど来た所で出番などないとばかりに金子が4回をノーヒットに抑える素晴らしい投球を展開。スタメンに名を連ねていたローズが右膝の違和感により、急遽、欠場となったのは気がかりだが、横浜から移籍の古木が代打で出ると、2安打を放ち、アピール。一方、阪神は昨年の新人王・上園が3回5安打2失点と前回に続いての背信投球。果たして、このまま、2年目のジンクスにハマってしまうのか? 復活を懸けるゼブラ今岡,昨年大ブレイクの桜井に一発が飛び出したのは好材料だった。

◆E4−6M◆
昨年二冠の成瀬と新人王の田中が激突。成瀬は3回無失点と無難な投球を見せ、ここまでオープン戦5回無失点と順調な仕上がり。田中は5回で7三振と力投したが、田中雅に被弾するなど2失点を失った。集中打で逆転した楽天だったが、国外亡命した福盛に代わり、今季は開幕からストッパーとして期待されている小山が4失点と炎上し、逆転負けを喫した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:32コメント(0)トラックバック(5) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ