李承ヨプ

October 25, 2010

 日本シリーズ出場の道はとっくに断たれていたが、日韓クラブチャンピオンシップとか言うエキシビジョンマッチの道も断たれ、今季は完全に終戦となった巨人の粛正人事がいよいよ始まろうとしている。真っ先に槍玉に挙がったのは高年俸の助っ人・コンビ、李とクルーンだ。日本プロ野球至上最もコストパフォーマンスの悪い代打要員と言う燦然と輝く負の実績を残してしまった李の解雇は当然だろう。4年契約が残ってさえいなければ、昨年、解雇されていてもおかしくなかったくらいで、はっきり言って、今季、戦力として殆どアテにならないのも半ば分かっていた事だ。かつては韓国の至宝とまで言われた李は完全な尻すぼみの儘、韓国には帰れないと日本球界残留を目論んでいると言う噂。同郷ながら仲の悪いらしい金泰均,林昌勇のいるロッテ,ヤクルトは選択肢から外れる様だが、ここ3年の壊滅的な不振ぶりを見る限り、残りの球団も年俸を1億円まで引き下げたとしても到底、欲しがるとは思えない。果たして、どうなる事やらと言う所だが、あれだけ働かないであれだけの金をせしめたのだから、もういいだろと…。クルーンも四球病が酷くなる一方で、3位転落の引き金となった最終戦の背信投球が決定的となり、日韓クラブチャンピオンシップ出場権争奪戦出場権争奪戦でも敗戦処理要員と化していた事から、今季限りでの退団は目に見えていた。古巣・横浜への復帰を目論んでいると言う噂も聞こえてくるが、横浜は住生活グループへの身売りが進んでいる状況で心機一転としたいチームが老害イメージの強いクルーンを迎え入れる準備などあるかアヤしいものである。どのみち、抑えには山口がいる以上、ストッパーとしては使って貰えないだろうし…。あれだけ足を引っ張ってあれだけの金をせしめたのだから、もういいだろと…。クルーンが抜けた後、巨人の守護神は山口になるのか、越智になるのか、日替わりになるのか、はたまた十八番の金満政策でFA宣言が噂される小林宏をかっさらってくるのか、気になる所である。かつての最多勝投手ながら、今季は未勝利に終わり、契約が切れるグライシンガーは残留したい意向との事だが、右肘痛が癖になっている事から来季復活を遂げる可能性は微妙。先発投手が不足している状況なので、大幅減俸で保険として残しておく手はあるかもしれないが…。二冠王・寿司職人ラミレスは言うまでもないとして、両リーグ最多敗戦投手・ゴンザレスもとりあえず残留の見込みだが、来年が勝負の年となりそうだ。
 余所様から引っ張ってきたお古助っ人はともかくとして、「素行の悪くない巨人直輸入助っ人をとりあえず応援してみる会」会員である当ブログとしては、最も気になるのは、やはり、江戸川の処遇である。現段階では、残念ながら今季限りと言う見方が強いらしい。しかし、江戸川は近年の直輸入助っ人野手としては、かなりマシな選手だったと言っていい。近年の直輸入助っ人野手を見てみると…

1996年:マック…127試合 打率.293 484打数142安打22本75点
      マント…10試合 打率.111 27打数3安打0本1点
1997年:ルイス…39試合 打率.237 114打数27安打0本14点
      カステヤーノ…64試合 打率.197 122打数24安打4本23点
1998年:飯塚実…63試合 打率.232 207打数48安打10本34点
1999〜2001年:不在
2002年:クレスポ…24試合 打率.122 41打数5安打2本7点
2003年:レイサム…60試合 打率.221 131打数29安打7本17点
2004年:レイサム…一軍出場なし
2005年:キャプラー…38試合 打率.153 111打数17安打3本6点
2006年:ディロン…31試合 打率.195 87打数17安打2本7点
2007年:L.ゴンザレス…25試合 打率.247 73打数18安打3本12点
2008年:L.ゴンザレス…32試合 打率.307 114打数35安打2本17点(ドーピングで解雇)
2009年:アルフォンゾ…21試合 打率.146 41打数6安打2本4点
2010年:江戸川…100試合 打率.263 289打数76安打12本44点

江戸川以上の活躍をした直輸入助っ人野手を見つけるだけでも、14年前のマックにまで遡る。江戸川も決して「当たり」とは言えないのだが、5000万円(推定)と言う年俸を考えれば酷評される程ではない。50試合10本をクリアする事すらままならないハズレ助っ人をこれ程、長きに渡って獲得し続けてきた惨状を見れば、江戸川がどれだけマシな存在かが分かると言うものだ。ただでさえ、右の内野手が手薄な巨人にあって、複数ポジションをこなせる低年俸助っ人と言う事で個人的にはもう1年使ってみて欲しい所である。どうせ見る目のない巨人渉外スカウトは来年もハズレ助っ人を引っ張ってくる目算が高いのだし…。FAで村田をかっさらってくるから、新助っ人は獲得しない…とか考えてる可能性は少なからずあるけれど…

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 08:03コメント(0)トラックバック(0) 

September 16, 2008

◆YB1−14G◆
初回、ガッツの犠飛で先制した巨人は3回には2四球で一、二塁とした所で李が3号3ランを叩き込み、横浜先発・那須野はこの回限りでKO。続く4回には一死二、三塁からガッツのタイムリーで2点を加えると、二死後、李が2打席連続の4号2ランを放ち、この回4点。その裏、暴投で1点を返されるが、直後の5回、坂本が7号ソロを叩き込むと、続く6回には二死一塁からまたも李が3打席連続となる5号2ランをぶち込んで、10点差。巨人は9回にも4安打を集中して、ダメ押しの3点を追加し、今季初の6連勝を飾った。

李が3打席連発の7打点と大爆発したのを筆頭に16安打14点の猛攻で巨人が圧勝。いよいよ阪神との差は3連戦3連勝で追いつける射程範囲の3ゲームと縮まった。中継ぎで結果を出していた久保が今季初先発で8回1失点の好投を見せ、今季初勝利。バーンサイドが降格となったタイミングで入れ替わり昇格の李が復活を果たし、新たな先発要員が結果を出せたと言うのは大きいだろう。横浜は那須野が栄養費パワーを発動させる間もなく轟沈したのを初め、出る投手出る投手悉く炎上、好調のクリーンアップも沈黙し、対巨人6連敗となった。

◆D5−2T
0−0で迎えた3回、中日は二死走者なしから森野が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに18号ソロを叩き込み、先制すると、荒木の二塁打の後、李が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに13号2ランを放ち、この回3点。直後の4回、阪神は先頭のキュラソ星人が二塁打で出ると、続く鳥谷が11号2ランを放ち、1点差。何とか突き放したい中日は7回、二死走者なしから谷繁が歩いた後、通算2500試合出場となった代打・立浪の内野安打で一、二塁とすると、森野が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに激振。打球はスタンドにこそ届かなかったものの、走者一掃のタイムリー二塁打となり、2点を追加。最後は守護神・岩瀬が締めて、貯金を1に戻した。

相変わらずの一発依存症が奏功した中日が借金生活の危機を回避。先発・ウッチャンは7回を2失点で切り抜け、7月22日以来となる5勝目。5ヶ月ぶりの白星を目指した阪神先発・福原は3回KOとまたも背信投球。打線も再三再四得点圏に走者を進めながら、あと一本が出ず。巨人との差は3と縮まり、今週末にも首位陥落の危機に立たされた。

◆S5−6C◆
広島は2回、無死満塁から喜田のタイムリーで先制すると、一死後、大竹のピッチャーゴロが悪送球を誘い、ボールが転々とする間に二者生還。更に、東出がスクイズを決めて、この回4点。しかし、その裏、ヤクルトはrすかさず2点を返すと、4回には福地のタイムリー二塁打で1点差。続く6回には川島慶のタイムリー二塁打,福川の犠飛で逆転に成功。1点を追う広島は7回、一死から代打で登場した求道者・前田が怒りのライト前ヒット。意気に感じた梵,天谷が連打を浴びせて、同点とし、試合はその儘、延長に突入した。迎えた11回、広島は二死一、二塁から栗原がタイムリーを放ち、ついに勝ち越しに成功。その裏、ヤクルトは先頭の代打・川端がヒットで出るも、後続3人が悉く打ち上げて、万事休す。

ヤクルトがまたもや1点差負けで8連敗。毎日の様に書いているが、8連敗中7試合が1点差とあっては、現場もファンもやりきれない思いだろう。むしろ、完敗しまくっている方がまだ諦めがつくと言うものた。広島は求道者・前田の怒りの一打が勝利を呼び込んだが、ブラウン監督は求道者・前田のおかげで勝ったなどとは微塵も思っていない事は想像に難くない。大体、一死走者なしなんて場面でポイントゲッターの求道者・前田をチャンスメーカー扱いで代打起用するだけでも、嫌がらせに近い。これで広島は5割に到達した訳だが、、ブラウン監督続投の条件が整いつつあると思うだに、とても喜んではいられない。

◆Bs4−1H◆
何とか連敗を止めたいソフトバンクは先発・新垣が2回まで無失点に抑えるも、3回、一死満塁のピンチを迎えると、下山の犠飛を許して、先制点を献上。ここで新垣は伝家の宝刀・ワイルドピッチを炸裂させ、二、三塁と一塁が空くと、カブレラを敬遠気味に歩かせて、満塁となるが、ローズを三振に斬って取り、何とか1点で食い止めた。6回、ソフトバンクは二死満塁と絶好のチャンスを作るが、松田はセカンドフライに倒れて、三者残塁。すると、その裏、後藤,北川と連続タイムリーを浴びて新垣はKO。代わった三瀬も日高にタイムリー二塁打を許し、この回3失点。ソフトバンク8回に大村のタイムリー内野安打で完封を免れるのが精一杯で5連敗となった。

昨日4安打のハマのスペランカーがまたまた故障でも発生させたのかスタメンから外れてしまったソフトバンク打線は6安打で僅かに1得点と沈黙。1,2番はきっちりチャンスを作ったが、4番以降がノーヒットではどうしようもなく、泥沼の連敗が止まる気配が見えない。この儘、屈辱の5位でシーズンを終えてしまうのか!? チームの連敗を3で止めた偽バファローズ先発・小松は6回無失点の好投で13勝目をあげ、新人王に当確ランプを灯した。

◆E6−1F
楽天先発・岩隈は5回までノーヒットの快投を展開。6回一死から金子誠に初安打を浴びるが、リズムを崩す事なく、後続を断ち切ると、7回も3人でなで切り、付け入る隙を与えない。一方、日本ハム先発・武田勝も4安打を浴びながらも、6回を無失点と粘っていたが、7回、二死一、二塁のピンチを背負うと、代打・高須に先制タイムリーを許し、無念のKO。続く渡辺直の打席で高須が二盗を仕掛けると、これが高橋の悪送球を誘って、2点目を追加。直後の8回、日本ハムは金子誠のタイムリーでようやく1点を返すが、その裏、楽天は内村,フェルナンデスの連打の後、青波の長瀬が7号3ラン。更に、一死二塁から中島がタイムリー二塁打を浴びせて、6点目。岩隈は9回も無難に抑え、完投で19勝目をマークした。

岩隈が完封こそ逃したものの、ほぼ完璧な投球でついに20勝へリーチ。岩隈がこれだけ勝ってて、最下位の楽天が情けないのか、チームが最下位に甘んじているにも拘わらず、バックに頼らずにこれだけ勝っている岩隈が凄いのか…。日本ハムは1〜6番までノーヒットの散発3安打で完敗。よく粘っていた武田勝を見殺しにしてしまった。

◆L4−3M◆
初回、ロッテはズレータのタイムリー二塁打で先制すると、2回には一死から橋本,堀,大塚の3連打で2点目を追加。2点を追う西武きその裏、礒?のタイムリーで1点を返すと、4回には一死満塁から細川の2点タイムリー内野安打で逆転に成功。更に、赤田の死球で再び満塁となった所で片岡のファーストゴロの間に4点目。2点を追うロッテは6回、先頭のズレータが7号ソロを叩き込み、1点差と迫ったが、反撃もここまで。西武は7回から4人の投手を繋いで、1点差を守りきった。

西武が6安打で4点と効率のいい攻撃で逆転勝利を飾り、マジックを1つ減らして7とした。先発・石井一は6回途中で降板となったが、リリーフ陣の好投に救われ、8月27日以来の11勝目。ロッテは拙攻が響いて、連勝は3でストップし、再び借金生活に逆戻り。渡辺俊はいい回と悪い回の差が激しく、背負ったピンチを悉く踏ん張り切れず、リードを守れなかった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:15コメント(0)トラックバック(56) 

September 23, 2007

◆G3−2YB◆
ハマのチンピラ,久保の両先発が立ち上がりから安定した投球を展開し、序盤は両軍ゼロ行進。先に大きなチャンスを掴んだのは巨人。5回、二死満塁とするも、ここで打席が回ってきてしまった久保は三振に倒れて三者残塁。依然として無失点投球を続ける久保は7回も簡単に二死を取りながら、吉村,内川と連続アーチを叩き込まれて、ついに先制点を献上。2点を追う巨人は8回、キムタク,マッスル千代の富士の連打で無死二、三塁のチャンス。ここで松田記者が右中間へ大飛球を放つも、ライト・内川がダイビングキャッチで抑える超ファインプレー。しかも、三塁走者の代走・古城がタッチアップでも余裕でホームイン出来た所を抜けたと思い込んでスタートを切ってしまい、逆戻りする大チョンボ。ここで横浜はガッツを敬遠し、前日4三振,この日も2三振を含む3タコと不振の李との勝負を選択。しかし、怒りに燃える李は右中間を深々と破る走者一掃のタイムリー三塁打を放ち、一気に逆転。ハマのチンピラはここで無念の降板となった。この後、巨人はニックンが死球で出るも、マットホワイトが一塁へ牽制した際に、何を血迷ったか李が本塁へスタートを切り、余裕でアウトとなる大チョンボ。代走・鈴木が二盗と悪送球で三塁へ進んだものの、阿部はファーストゴロに倒れて、追加点ならず…と嫌なムードが漂ったが、9回、守護神・上原が3人でピシャリと締めて、球団タイ記録の30セーブ目。4連勝の巨人は中日は入れ替わりで首位に返り咲いた

◆D0−5C◆
マジック点灯を狙う中日だが、またまた持病のタイムリー欠乏症が発症。初回一死一、三塁のチャンスをT.ウッズがゲッツーで潰すと、2回も一死一、二塁のチャンスをものに出来ない体たらく。先発・小笠原は2回まで3人ずつで抑える好投を見せていたが、味方打線の不甲斐なさにがっくりきた矢先の3回、先頭の嶋に11号ソロを被弾し、先制点を献上。その裏、中日は一死から荒木がヒットで出るも、二盗を仕掛けて憤死。この直後の中村紀にヒットが出る何ともチグハグな攻撃でまたも無得点。一方、広島は4回に求道者・前田が14号2ランを叩き込み、2点を追加。3点を追う中日は6回、ヒットと四球で無死一、二塁と絶好のチャンスを掴むも、T.ウッズ,森野,李があえなく凡退し、二者残塁。更に、続く7回は二死から3人の走者を出して満塁とするも、中村紀がショートゴロに倒れて、三者残塁とまたまたまたまたまたまた川相不在の弊害を大露呈。広島は8回にも求道者・前田がこの日2本目となる15号ソロをぶち混むと、9回には新井のタイムリーでダメ押しの5点目。広島先発・大竹は川相不在の中日の大拙攻に助けられながら、9回を投げきり、プロ初完封で8勝目をマークした。昨日はたまたま格下の投手相手に打線が爆発したものの、投手ランクが上がっただけで無様な攻撃を展開した中日の連勝は3でストップ。あまりの不甲斐なさに来季の川相現役復帰待望論はますます強まる一方だ

◆S3−0T◆
この大事な時期に連敗ロードに突入しつつある阪神はこの日も初回から先発・上園がユウイチのタイムリー二塁打で先制される苦しい展開。一方、ヤクルト先発・石井一は絶好調で5回まで死球1つ与えただけのノーヒットピッチング。阪神は6回、先頭の藤本がチーム初安打で出ると、代打・藤原のバントが川本のエラーを誘い、無死一、二塁のチャンス。続く鳥谷がきっちり送って、二、三塁としたものの、代打・浜中,野口と連続三振に倒れて、二者残塁。その裏、岡田監督は負けている場面ながらも早くも久保田を投入。久保田は2回をきっちり抑えると、8回からはウィリアムスが登場。今季ここまで僅かに自責点2のウィリアムスだったが、一死からユウイチ,飯原と連打を浴びると、続く宮本には走者一掃のタイムリー三塁打を許して、痛恨の2失点。これで一気に楽になった石井一は9回も簡単に3人で切り抜けて、今季初完封で8勝目。阪神はこれで4連敗となった。

◆F2−3H◆
松中のリタイアに合わせるかの様な4連敗でV奪回が遠のきつつあるソフトバンクはエース・斉藤和を立てての必勝態勢。一方、マジック点灯で余裕の日本ハムはルーキー・山本をプロ初の先発起用。焦るソフトバンクを嘲笑う様に3回まで0点に封じてきた山本だが、4回、ソフトバンクは先頭のハマのスペランカーがヒットで出ると、小久保が25号2ランを叩き込み、ついに待望の先制点をゲット。7回には伏兵・井手に2号ソロが飛び出して、3点目。中盤から走者を溜める苦しい投球を続けながらも、無失点で凌いできた斉藤和だったが、その裏、工藤,小谷野と連打を浴びた所で無念の降板。ここで代わったニコースキーが一死満塁から劇団ひちょりに2点タイムリーを浴び、1点差と詰め寄られたものの、辛くも後続を断ち切ると、8回からは水田−馬原と繋いで、逃げ切りに成功。マジック消滅とはいかないものの、首位・日本ハムとの差を2.5と戻した

◆M8−0Bs◆
ロッテは初回一死一、三塁の場面でズレータ,TSUYOSHIがダブルスチールを仕掛けて、1点を先制。続く2回にはオーティズが7号2ランを叩き込み、3点目。5回には早川のタイムリー二塁打で1点を加えた後、ズレータが歩いた所で偽バファローズ先発・川越をKO。更に、代わった香月からサブローのタイムリー二塁打,里崎の犠飛,ベニー松山,大松の連続タイムリーと畳み掛ける攻撃でこの回、一挙5点を奪い、試合を決定付けた。この所、そこそこの内容ながら、勝敗が全くつかない登板が続いていたロッテ先発・渡辺俊だが、大量リードをバックに余裕の投球で8回まで散発2安打。土壇場9回に2安打を浴びて、二死一、二塁のピンチを迎えたものの、最後は後藤をサードへのファールフライに打ち取り、今季2度目の完封で8月16日以来となる8勝目をマークした。

◆E5−4L◆
突然の連勝モードで最下位争いから逃げのびつつある西武に対して、最下位回避よりも4位浮上に燃える悪の温床・楽天は3回、高須のタイムリー二塁打で先制。1点を追う西武は5回に銀仁朗の2点タイムリー三塁打で一気に逆転すると、6回にはカブレラの25号ソロ,7回には栗山のタイムリーで着々と突き放す。しかし、粘る悪の温床・楽天はその裏、草野のタイムリー,ショートの押し出し四球等で3点を返し、同点とすると、続く8回には二死一塁からまたも草野がタイムリー二塁打を放ち、勝ち越しに成功。最後は小山がきっちり締めて、1点差を守りきり、西武の連勝を6でストップさせた

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 20:50コメント(1)トラックバック(83) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ