本多雄一

August 01, 2010

◆C2−13G◆
3タテ阻止を託された広島先発・ジ・oは初回は簡単に三者凡退に斬って取るも、続く2回、先頭の寿司職人ラミレスに34号先制ソロを被弾すると、二死後、当ブログ推奨助っ人・江戸川にも8号ソロを被弾。3,4回と3人ずつで退け、立ち直ったかに思われたが、5回二死三塁から福田をサードゴロに打ち取り、チェンジ…と思いきや、これを小窪が悪送球。これでガックリ来たのか、坂本,松本,ガッツと3連続タイムリーで3点を失い、この回限りでKOとなった。巨人は7回にも一死三塁から坂本が犠飛を打ち上げると、8回にはガッツが21号ソロを叩き込み、7点目。その裏、天谷の4号2ランで2点を返されるが、9回、7長短打を集中し、ダメ押しの6点を奪い、試合を決定付けた。先発の福田は5回2/3を無失点で切り抜け、2勝目をマーク

8/1森野◆T7−6D◆
中日は初回、二死走者なしから森野が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにライトスタンドへ14号先制アーチを叩き込むと、ブランコが歩いた後、ベンちゃんが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにレフトスタンドへ通算250号となる28号2ランをぶち込んで、この回3点。その裏、新井のタイムリーで1点を返されるが、直後の2回、先頭の堂上直が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに2号ソロを放ち、4点目。しかし、その裏、先発・岩田か突如、制球を乱し、3四死球で一死満塁のピンチ。平野のセカンドゴロの間に1点を返されると、マット・マートンには走者一掃の同点タイムリー三塁打を浴びた挙げ句、暴投をかまして、勝ち越し点を献上。阪神は5回には内野ゴロの間に1点をあげ、6点目。堂上直の一発以降、13人連続凡退していた中日は6回、森野が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにこの日2本目となる15号ソロを放り込み、1点差。しかし、その裏、阪神は連打で作ったチャンスに鳥谷がタイムリーを浴びせ、2点を追加。タイムリーどころか一向に単打すら出ない中日は8回、森野が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに2打席連続3本目となる16号ソロをぶち込むと、続くブランコも川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに23号ソロを放ち、1点差。土壇場9回には二死から堂上剛,荒木と連打を浴びせ、一、二塁と一打同点の場面を作るが、最後は大島が空振り三振に倒れ、万事休す。8回まで6本のヒットが全てホームランと言う極度の一発依存症,タイムリー欠乏症を大露呈した中日はこの3連戦負け越しとなり、首位戦線から遠のいた。阪神先発・下柳は5回2/3で4発被弾の5失点と不本意な内容ながら、打線の援護に恵まれ、6勝目

◆S1−3YB◆
ホワイトセル,デラクルスの来季残留が内定する中、自らも来季残留をアピールしたいバーネットだったが、初回一死から石川にヒット,ハーパーに四球を許した所で村田にタイムリーを浴び、先制点を献上。しかし、以降は立ち直り、7回まで僅か1安打と抑え込み、追加点を許さない。何とかバーネットを援護したいヤクルトだったが、横浜先発のルーキー・加賀の前に6回までゼロ行進。しかし、7回、先頭の相川がセンター前に弾き返すと、宮本が送った後、川端がタイムリーを放ち、ついに同点。バーネットの代打・上田が送った後、青木が敬遠され、一、二塁としたものの、田中がショートゴロに倒れて、勝ち越しならず。すると、直後の8回、この回から登板のマツ・オカがいきなり内川を歩かせると、一死二塁となった所で、ハーパーのライトフライをガイエルがエラーし、二、三塁のピンチ。ここでマツ・オカが痛恨の暴投をかまし、勝ち越し点を献上すると、村田のショートゴロの間にも1点を許し、この回2失点。土壇場9回、横浜守護神・山口に対し、ヤクルトは先頭の相川が二塁打で出ると、二死後、代打・畠山が歩いて、一、二塁とするが、反撃もここまで。最後は青木がショートフライに倒れて、ゲームセット。7回のピンチを切り抜けた4番手・真田が1球で3勝目をあげた

◆M9−12H◆
初回、オーティズのタイムリーで先制されたロッテはその裏、一死から連続四球で拾ったチャンスに水島の呪いで不振に喘いでいた金が7月18日以来となるタイムリー二塁打を放ち、同点。更に、大松,サブローと連続二塁打で3点を勝ち越すと、竹原の内野安打の後、本多がタイムリーエラーを犯して、この回5点。ソフトバンクは3回、松田,長谷川の連続タイムリーで3点を返し、1点差と詰め寄るが、その裏、清田のタイムリーで1点を失うと、更に、一死満塁のピンチで松田が走者一掃のタイムリーエラーをかまして、点差は5点に拡大。しかし、直後の4回、ハマのスペランカーが16号3ランを叩き込むと、5回には二死走者なしから連打で一、二塁とした所で小久保のタイムリーが清田のエラーを誘って、一気に同点。続く6回には一死から四球と連打で満塁とした所で本多がレフト前へ勝ち越しのタイムリーを放つと、オーティズも犠飛を打ち上げ、11点目。更に、7回にも松田の犠飛でダメ押しの1点を追加。4回以降は4人のリリーフがノーヒットと完全にロッテ打線を封じ込めた。3番手の甲藤は2回無失点で2勝目

◆F6−7L◆
初回二死一、二塁のチャンスは潰した西武だが、続く2回、二死から佐藤がヒットで出た所で細川がライトスタンドへ7号先制2ラン。その裏、日本ハムは一死満塁と一打同点の場面を作るが、鶴岡がサードゴロゲッツーに倒れる最悪の展開。直後の3回、西武は平尾,栗山の連打で二、三塁とした所で中島が走者一掃のタイムリー三塁打を浴びせると、フェルナンデスがライトへ犠飛。更に、ブラウンが19号ソロを叩き込み、日本ハム先発・八木をKO。5回までゼロ行進を続けてきた日本ハムは6回、一死満塁から糸井が走者一掃のタイムリー三塁打を浴びせると、続く陽もタイムリー二塁打を放ち、西武先発・帆足をKO。続く7回にはヒットの金子誠を二塁に進めた所で劇団ひちょりがセンター前へタイムリーを放ち、1点差。更に、稲葉もヒットで繋ぎ、一、三塁となった所で小谷野がセンターへ犠飛を打ち上げ、ついに同点。6−6で迎えた土壇場9回、日本ハム5番手・菊地に対し、西武は金子誠のエラー,フェルナンデスの四球で無死一、二塁のチャンス。ここからブラウン,高山と打ち取られるも、ここまで3安打と当たっている佐藤がタイムリー二塁打を放ち、勝ち越しに成功。その裏、日本ハムは守護神・シコースキー相手に一死から連打を浴びせるも、小谷野,糸井の4,5番が凡退し、あと一歩及ばなかった。西武4番手・長田は1回2/3を無失点の好リリーフで3勝目

◆E3−2Bs◆
6月29日以来の登板となる楽天先発・田中に対し、偽バファローズは初回無死二塁に続き、2回も無死満塁と絶好の先制チャンスを掴みながら、山崎浩はセカンドフライ、鈴木,坂口と連続三振に倒れて、またも無得点。ピンチを脱した楽天はその裏、一死からルイーズがレフトスタンドへ7号先制ソロを叩き込むと、続く3回には嶋,牧田の連打で二、三塁となった所で聖沢がセンター前へ2点タイムリー。3点を追う偽バファローズは7回、ヒットのカラバイヨを一塁に置いて、バルディリスがタイムリー二塁打を放ち、田中をKO。二死後、坂口がタイムリー内野安打を浴びせて、1点差。その裏、楽天は二死から3連打で満塁とするも、聖沢がショートゴロに終わり、三者残塁。点差は広げられなかったものの、青山−小山と繋いで逃げ切った楽天は辛くも3タテを免れた。田中は6回0/3を2失点で6月6日以来の9勝目をマークした。偽バファローズの連勝は7でストップ。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:40コメント(0)トラックバック(20) 

July 27, 2010

◆G3−10D◆
5連続完封を含む6連勝と言う快進撃で前半戦を終え、何とかその勢いを持続したい中日と、壊滅的な投壊で7月に入ってから大失速中で球宴休みを挟んで流れを切り替えたい巨人の直接対決は序盤から打ち合いに。2回に内野ゴロの間に先制を許した巨人はその裏、脇谷のタイムリー三塁打で追い付くと、二死後、坂本が勝ち越しのタイムリー。更に、松本,ガッツと連打を浴びせて、満塁としながら、寿司職人ラミレスが三振に倒れて、三者残塁。逆転された中日は直後の3回、ウッチャン,荒木と連打を浴びせると、大島はヘッポコバントをかまして三塁で封殺されるが、森野が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、逆転に成功。しかし、その裏、巨人は阿部が31号ソロを叩き込み、すかさず同点。3−3で迎えた5回、中日は二死走者なしから大島がレフト前に弾き返すと、森野が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにライトスタンドへ12号勝ち越し2ラン。更に、ブランコ,ベンちゃんと連打を浴びせて、巨人先発・ゴンザレスをKOすると、代わった星野から堂上剛,谷繁と連続タイムリーを放ち、この回一挙5点。7回には、昨年までの同僚・中里を攻め立て、堂上直の2点タイムリーでダメ押しの10点目を獲得。中日先発・ウッチャンは8回を3失点で9勝目。巨人は5回以降散発2安打と沈黙し、粘りを見せる事なく敗れて、ついに首位陥落となった。

◆S7−3C◆
2回に山本芳の犠飛で先手を取られたヤクルトだが、その裏、先頭の畠山の4号ソロであっさり追い付くと、二死後、川端がヒットで出た所で投手の村中が自らを助ける勝ち越しタイムリー二塁打。更に、青木が歩いた後、田中もタイムリーを放って、この回3点。続く3回にはホワイトセルの6号ソロ,畠山の2打席連続5号ソロと連続アーチで2点を追加。4点を追う広島は4回、一死二、三塁から石原がタイムリーを放ち、なおも一、三塁のチャンスだったが、代打・小窪が最悪のショートゴロゲッツーに終わり、1点止まり。5回にもルパン広瀬のタイムリーで1点を返し、なおも一、二塁のチヤンスに岩本が倒れて、またも二者残塁。6,7回もチャンスを逸するなど、広島がまずい攻めを繰り返している隙にヤクルトはその裏、飯原の7号ソロ,畠山のタイムリー二塁打で2点を奪い、ダメ押し。8回からはマツ・オカ−林がパーフェクトリレーを見せ、逃げ切った。ヤクルト先発・村中は6回で7安打4四死球を許しながらも、3失点で踏ん張る粘りの投球で7勝目をあげた

7/27ブラゼル◆T5−2YB◆
スタンリッジ,ランドルフの両助っ人先発がまずまずの立ち上がりを見せ、3回まで両軍ゼロ行進。0−0で迎えた4回、横浜は先頭の内川が二塁打を放つと、二死後、村田が先制のタイムリー二塁打。しかし、その裏、阪神は一死からオールスターでの起死回生弾で気を良くしているブラゼルがレフトスタンドへ31号同点アーチ。6回にはヒットの平野が二盗を決めると、一死後、新井が勝ち越しのタイムリー。更に、二死後、キュラソ星人が二塁打で繋いだ所でJ.マッケンジーがセンター前へタイムリーを浴びせて、2点を追加。8回にはまたもブラゼルがこの日2本目となる32号ソロを叩き込み、ダメ押し。最後はセーブのつかない場面ながら、守護神・藤川球が登場。一死からハーパーに7号ソロを被弾したものの、後続を断って、逃げ切りに成功。スタンリッジは7回を1失点11三振の好投で7勝目。首位巨人が中日に惨敗を喫した為、阪神は5月2日以来の首位へ浮上した。

◆H4−3E◆
楽天先発・岩隈に対し、初回、ソフトバンクはエラーに死球とノーヒットで貰った一、二塁のチャンスに小久保がレフト前へ先制のタイムリー。直後の2回、楽天は二死一、二塁から内村がセンター前へ弾き返すも、同点のホームを狙った二塁走者・リンデンがタッチアウト。しかし、続く3回、一死一、二塁から山崎がレフト前に弾き返して、ようやく同点。5回には一死から山崎が見逃し三振。この判定に不服を漏らした山崎は猛抗議をかまして、退場処分。これで火がついたか、草野,中村紀,リンデン,嶋と怒濤の4連打で2点を勝ち越し。2回以降、拙攻三昧でゼロ行進が続いていたソフトバンクは8回、一死から松田の二塁打,長谷川のタイムリーでまず1点をあげると、二死後、川崎が歩いた所で本多が走者一掃のタイムリー三塁打を放ち、一気に逆転に成功。8回からはファルケンボーグ−馬原と繋ぐ必勝リレーで楽天の反撃をかわし、8連勝でついに首位浮上。3番手の甲藤は1回を無失点に抑えて、プロ初勝利を飾った

◆L3−5M◆
初回、西武は一死から阿部が四球,栗山がライト前ヒットを放ち、一、二塁とした所で中島がレフト線へ走者一掃のタイムリー二塁打を浴びせ、2点を先制。1,2回と3人ずつで片付けられていたロッテだが、3回、一死から里崎が9号ソロを放り込むと、続く4回には細谷のヒット,阿部のエラーで二死一、三塁とした所でサブローがレフト前へタイムリーを放ち、試合は振り出しに。2−2の儘、迎えた7回、ロッテは一死からフクーラが7号ソロを叩き込み、ついに勝ち越し。更に、里崎のヒット,西岡の四球で二死一、二塁とした所で細谷がタイムリーを浴びせ、1点を追加。続く8回には大松がライトスタンドへ14号ソロをぶち込んで、5点目。西武は9回、高山のタイムリー二塁打で1点を返したものの、後続を断たれ、2位転落。ロッテ先発・マーフィーは6回2/3を2失点に抑え、9勝目

◆Bs6−2F◆
日本ハムは初回、先頭の田中がいきなり振り逃げで出ると、骨折から早くも復帰した劇団ひちょりの犠打で二進。二死後、小谷野がライト前へ弾き返して、1点を先制。しかし、連勝が止まってから精彩を欠く日本ハム先発・ケッペルがこの日もピリッとせず、2回にカブレラに二塁打,ティー岡田にタイムリーを浴び、同点とされると、北川のファーストゴロを高橋がエラーし、勝ち越し点を献上。3,4回のピンチは辛くも切り抜けたものの、5回、後藤に9号ソロを被弾。更に、二死一、三塁から鈴木一朗とCM共演していた事実が明らかになったカラバイヨにタイムリーを許して、この回2失点。6回には小谷野のエラー等で作ったピンチでカブレラにタイムリーを浴び、無念のKO。日本ハムは7回にトンガの2号ソロが飛び出すが、その裏、偽バファローズは北川が8号ソロを放り込み、試合を決定付けた。偽バファローズ先発・金子千は8回を投げ2失点、11三振を奪う力投で9勝目をマークした

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:13コメント(0)トラックバック(36) 

May 16, 2010

◆G10−8M◆
初回、阿部の9号3ランで早くも3点ビハインドとなったロッテは直後の2回、今江のタイムリーで1点を返すと、続く3回には金が11号2ランを叩き込み、同点。しかし、その裏、巨人はガッツの12号ソロで再び勝ち越し、ロッテ先発・大嶺はこの回限りでKO。巨人は5回には寿司職人ラミレスの14号2ラン,マッスル千代の富士の2号2ランで一気に4点を追加。6回には坂本の10号ソロ等で2点を奪い、ダメ押しの10点目。ロッテは9回に2発のアーチで4点を返して、クルーンを引っ張り出す粘りを見せたものの、反撃もここまでだった。巨人先発・西村健は6回4失点降板ながら、打線に援護に恵まれ、3勝目をあげた

◆S5−6H◆
初回、ソフトバンクは二死からオーティズが四球で歩くと、小久保がレフトスタンドへ10号先制2ラン。3回には先頭の川崎が四球で出るも、二盗に失敗。その後、ヒットと四球でチャンスを広げるが、小久保がゲッツーに倒れて、無得点。4回にも一死一、二塁のチャンスに後続が倒れて、二者残塁。すると、その裏、ヤクルトはデントナの二塁打と2死球で一死満塁とした所で吉本が犠飛を打ち上げ、1点差。6回には本多のダブルエラーで拾いモノの1点を加え、ようやく同点。2−2の儘、迎えた8回、ソフトバンクは本多のヒット,オーティズの四球で無死一、二塁とした所で小久保がこの日本目となる10号3ランを叩き込み、勝ち越しに成功。これで決まったかと思いきや、その裏、ヤクルトはデントナ,飯原と連打を浴びせると、ガイエルが同点12号3ランを放ち、ソフトバンク先発・杉内をKO。試合はその儘、延長に突入した。迎えた11回、ソフトバンクは二塁打の山崎を代打・高谷が送ると、二死後、本多がライト前に弾き返して、均衡を破る6点目を獲得。その裏はファルケンボーグが3人で締めて逃げ切った。2回を無失点で切り抜けた馬原は今季初勝利

◆D4−1Bs◆
0−0で迎えた4回、中日は先頭のブランコが四球で歩くと、ベンちゃん,セサルの連打で無死満塁のチャンス。ここでルーキー・大島がレフト前へ先制タイムリー。更に、一死後、ワンバウンドのボールに対して、山内の止めたバットに当たった打球がセカンドの頭を越える幸運な2点タイムリーとなると、なおも一、三塁の場面で木佐貫が暴投を犯して、タナボタの4点目をゲット。4点を追う偽バファローズは6回、ヒットと四球で無死一、二塁とするも、赤田がショートゴロゲッツー。続くカブレラのヒットでようやく1点を返し、更に、後藤も四球を選んで、一、二塁とチャンスを広げたが、バルディリスがショートフライに倒れて、1点止まり、7回にも一死一、二塁のチャンスに坂口が最悪のゲッツー。9回には守護神・岩瀬に対し、二死から連打を浴びせ、一発が出れば同点と言う粘りを見せたものの、最後は代打・北川が三振に斬って取られ、万事休す。中日先発・山内は6回を1失点で切り抜け、2勝目をマークした

◆C2−6F◆
広島は初回、二死一、二塁からフィオのタイムリーで1点を先制。しかし、直後の2回、日本ハムは四球の糸井を一塁に置いて、金子誠が2号逆転2ラン。続く3回には二死二塁からあの男によもやのタイムリーが飛び出すと、更に、連続四球で満塁となった所でまたも金子誠が2点タイムリー。続く4回には二死走者なしから3連打で1点を追加し、6点目。広島は2回以降、4度も先頭打者を出しながら、2併殺を食らうなど、拙攻続きでゼロ行進。赤松のヒットで5度目の先頭打者を出した7回、二死二塁となった所で石原がタイムリー二塁打を放ち、ようやく2点目をあげるが、8回も一死一、二塁のチャンスにフィオがチーム3個目のゲッツーを食らい、またも無得点に終わる始末。最後は建山の前に反撃を断たれた。日本ハム先発の武田勝は5回1失点で2勝目を飾った

◆T3−7E◆
阪神先発・スタンリッジに対し、楽天は初回、エラーで貰ったチャンスに中村紀が先制タイムリー。続く2回も内野ゴロの間に1点を追加すると、3回には二死から鉄平,中村紀の連打の後、草野が4号3ランを叩き込み、一気にリードを広げた。5点を追う阪神はその裏、鳥谷の走者一掃タイムリー二塁打で2点を返すと、続く4回にはブラゼルの14号ソロで2点差と追い上げる。しかし、楽天は6回、無死一、二塁から渡辺直,田中と連続タイムリーを浴びせて、貴重な2点を追加。阪神は5回以降ノーヒットと沈黙し、連勝を逃した。楽天先発・田中は7回3失点、10個の三振を奪って、5勝目をあげた

5/16ランドルフ◆YB5−6L◆
初回、横浜は四球の石川を下園が送ると、内川の打球は右中間スタンドへの先制2ラン…と思いきや、ビデオ判定によりフェンス上部に当たってグラウンドに戻った二塁打と覆され、1点止まり。ここまで8度の先発で一向に白星をあげられない横浜先発・ランドルフは、3回、無死二塁から栗山が逆転2号2ランを被弾すると、ここで左脇腹痛を訴えて降板となり、またも初白星ならず。一死後、中村も11号ソロが飛び出し、西武はこの回3点。その裏、1点を返され、1点差とされた西武は5回、一死一塁から中村がレフトポール際へ2打席連続となる12号2ラン。ファールを主張する尾花監督の抗議により、この日2度目のビデオ判定が行われたが、判定は覆らなかった。その裏、横浜はブラウンのエラーで1点を返すと、続く6回には先頭の金城が今季初アーチを放って、1点差。更に、二死二塁とした所で代打・下窪がタイムリーを浴びせて、ついに同点。追い付かれた西武は直後の7回、3四死球で二死満塁と絶好のチャンスを貰うが、高山が打ち上げて無得点。続く8回にも二死一、二塁のチャンスに栗山が倒れて、二者残塁に終わったが、土壇場9回、先頭の中島が二塁打で出ると、中村,ブラウンは連続三振に倒れるが、7回のチャンスを潰した高山が名誉挽回のタイムリーを放ち、ついに勝ち越し。その裏は守護神・シコースキーがきっちり締めて、ゲームセット。1回を無失点に抑えた5番手・長田に2勝目が転がり込んだ。敗れた横浜はこれで6連敗。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:03コメント(0)トラックバック(10) 

April 24, 2010

4/24谷◆G7−3C◆
キムタクの追悼試合となったこの日、左肩に喪章を付けて臨んだ巨人だが、先発の西村健がいきなり先頭の東出に二塁打を浴びると、一死後、天谷にタイムリー二塁打を浴び、先制点を献上。1点を追う巨人は2回、二死からマッスル千代の富士が二塁打を放つと、脇谷のレフト前ヒットで同点のホームを狙うが、タッチアウト。しかし、続く3回、二死からヒットで出た松本が二盗を決めると、続くガッツのライト前ヒットで同点のホームイン。天谷のタイムリー以来、ノーヒットと沈黙していた広島は6回、二死一、二塁と久々のチャンス。ここで昨日の事を反省したのか、野村監督はルパン広瀬に代えて、求道者・前田を投入。しかし、求道者・前田の鋭い眼光に睨まれ、まともに勝負するのは得策ではないと察知した西村健に歩かされてしまう。それでもチャンスは満塁と広がったが、赤松はサードゴロに倒れて、三者残塁。すると、その裏、巨人は一死から阿部が3号ソロをぶち込んで、勝ち越しに成功。直後の7回、一死から代打・ヒューバーを歩かせた所で若大将・原監督は山口にスイッチ。しかし、キャンプで先発として体を作ってきたにも拘わらず、シーズン早々にリリーフ再転向を強要された上、その結果、まともに抑えた試しがないと言うのに、クルーンが戻ってきても、未だにリリーフをやらされ続ける山口はこの日も精彩を欠き、代打・会沢に痛打されると、東出には三遊間突破のタイムリーを浴び、西村健の白星を粉砕。8回には3番手・越智が一死満塁のピンチを背負うと、中東のレフト線へのファールフライを捕れば確実にタッチアップされるにも拘わらず、寿司職人ラミレスはキャッチしてしまい、三塁走者・栗原が勝ち越しのホームイン。その裏からマウンドに上がった3番手・高橋に対し、巨人はガッツの四球,寿司職人ラミレスのヒットで一、二塁とすると、阿部のファーストゴロの間にそれぞれ進塁。ここで長野が敬遠されて、満塁となった所で代打に起用されたキムタクの同期・松田記者が左中間スタンドへ公式戦ではプロ入り初となるグランドスラムをぶち込んで、一気に逆転。更に、二死後、李にも不振に喘ぐ李にも一発が飛び出して、ダメ押しの7点目。9回にクルーンが石井タクローにタイムリーを浴びたものの、大事には至らず、キムタク追悼試合に花を添えた。一時は勝ち越しとなる犠飛を許した越智に2勝目が転がり込んだ

◆T3−1D◆
初回二死一、二塁と言う先制のチャンスは逃した阪神だが、続く2回、一死から桜井がレフトスタンドへ4号ソロを叩き込み、先制。1点を追う中日は4回、森野,ブランコと連打を浴びせた後、ベンちゃんが同点犠飛。更に、小池もヒットで続き、チャンスを広げるが、セサル,小山と内野ゴロに終わり、勝ち越しならず。6回には一死から連打と四球で満塁とするも、またもセサル,小山がブレーキとなり、三者残塁。桜井の一発以降、ノーヒットが続いていた阪神だが、その裏、先頭の平野が内野安打で出塁すると、代走・大和がすかさず二盗。一死後、新井がセンター前へ弾き返して、勝ち越しに成功。中日は7回一死一塁のチャンスに井端がゲッツー。8回にはも二死一、二塁のチャンスにまたもやセサルが三振に倒れて、無得点。すると、阪神はその裏、新井の2打席連続タイムリーでダメ押しの3点目。最後は守護神・藤川球が3人でピシャリと締めて、逃げ切りに成功。先発・能見は6回で7安打を浴びながらも、川相不在の中日の大拙攻に助けられ、無傷の3連勝

◆YB3−2S◆
ヤクルトは初回、一死から森岡,青木と連打を浴びせると、デントナのセカンドゴロの間に森岡が先制のホームイン。横浜もその裏、二死から内川のヒット,村田の四球で一、二塁とするも、スレッジが三振に倒れて、二者残塁。しかし、3回、ハマのチンピラが自らヒットを放って、口火を切ると、石川の内野安打の後、早川の犠打がエラーを誘い、無死満塁。ここで内川,村田の連続タイムリーで逆転に成功。なおも満塁のチャンスでスレッジはセカンドゴロに倒れるが、この間に早川が本塁を陥れ、3点目。2点を追うヤクルトは6回、一死から青木,デントナ,ガイエルとクリーンアップの3連打で1点差。しかし、ここで飯原がサードゴロゲッツーに倒れて、同点ならず。3−2の儘、迎えた土壇場9回、横浜は抑えの山口を投入する逃げ切り体勢。山口は一死から連続四球でピンチを迎えたが、最後は宮本をショートゴロゲッツーに仕留めて、辛くも逃げ切った。ハマのチンピラは6回2失点で2勝目

◆M3−4H◆
立ち上がりから制球が定まらないソフトバンク先発・小椋。1,2回と四球の走者を出しながら、無失点で切り抜けるも、テンポの悪い投球が野手のリズムを狂わせたか、3回一死から荻野貴のショートゴロを川崎がエラー。井口の打席で二盗を仕掛けられた際、今度は山崎が二塁へ悪送球し、荻野貴は三塁へ。ここで井口をショートゴロに打ち取るも、川崎が野選を犯して、ノーヒットで先制点を献上。1点を追うソフトバンクは5回、先頭のハマのスペランカーが4号同点ソロ。更に、四球と連打で無死満塁のチャンス。ここから山崎、川崎と連続三振に倒れるも、本多が走者一掃のタイムリー三塁打を浴びせて、一気に3点を勝ち越し。ロッテは6回、2番手・摂津に対し、一死満塁から井口のタイムリー内野安打、金の犠飛で1点差。なおも一、二塁のチャンスだったが、大松はファーストゴロに終わり、同点ならず。8回にはヒットの今江を2つの犠打で三塁まで進めるが、この日2打点の井口が三振に倒れて、無得点。最後は守護神・馬原に反撃を断たれ、あと一歩及ばなかった。唯一のピンチをモノにされてしまったロッテ先発・成瀬は完投負け。小椋は5回で7四球と言う大荒れの内容だったが、リリーフの援護を仰いで、2年ぶりの白星

◆E3−0F◆
ダルビッシュ,岩隈の両エースが激突。岩隈は1,2回と三者凡退に仕留める快調な立ち上がり。一方、ダルビッシュは2回一死から鉄平にヒットを許すと、二盗と鶴岡の悪送球で三進を許した所で中村紀をピッチャーゴロに打ち取るも、本塁を狙った鉄平を刺そうとしたグラブトスが逸れて、先制点を献上。不本意な形で先制を許したダルビッシュは3回以降も毎回走者を許すピリッとしない投球。6回には二死から連続四球を許すと、草野にタイムリーを浴びて、2点目を献上。更に、糸井の悪送球に足を引っ張られ、この回2失点。この追加点で一気に楽になった岩隈は日本ハム打線に付け入る隙を許さず、散発2安打完封で3勝目。日本ハム・ビッグステーキ打線(若大将・原辰徳命名)は上位7人がノーヒットに終わる体たらくだった。ダルビッシュは自責点1の完投も虚しく2敗目。奪三振は6個に留まり、開幕から続いていた2桁奪三振は5試合でストップした。

◆Bs4−6L◆
1−1で迎えた4回、西武はブラウン,高山,礒?の3連打で無死満塁とすると、浅村が押し出し四球を選んで勝ち越し。続く上本もセンター前へ2点タイムリーを放ち、偽バファローズ先発・木佐貫をKO。更に、2番手・加藤から片岡が犠飛を打ち上げ、この回4点。6回には内野安打の礒?を一塁に置いて、浅村がタイムリー二塁打を浴びせて、6点目。5点ビハインドとなった偽バファローズはその裏、坂口,赤田の連続二塁打で1点を返すと、後藤もヒットで続き、西武先発・ミャオをKO。更に、中村のエラー,北川の犠飛で2点を加え、2点差。8回には連打で無死一、二塁のチャンスを掴むが、ここで代わった4番手・藤田の前にラロッカは三振,T−岡田はセカンドゴロゲッツーに倒れる最悪の展開で無得点。最後はシコースキーの前に三者凡退に終わり、万事休す。ミャオは6回途中4失点で降板となったが、2勝目をマークした

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:05コメント(0)トラックバック(22) 

June 10, 2009

◆Bs1−5G◆
3年ぶりの先発となる本柳に対して、。巨人は初回一死から松本が二塁打を浴びせると、続くガッツが先制タイムリー。続く2回には一死一、二塁から鶴岡が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、本柳はこの回限りで降板。一方、その裏、偽バファローズは巨人先発・グライシンガーに対して、フェルナンデス,日高と連打を浴びせて、無死一、三塁とするも、相川のゲッツーの間に1点を返すのが精一杯。1−3の儘、迎えた6回、巨人は一死一塁から鶴岡,古城,坂本,松本と怒濤の4連打を浴びせて、2点を追加し、ダメ押し。グライシンガーは8回を5安打1失点の好投で5月14日以来となる6勝目。巨人はこれで5連勝、敗れた偽バファローズは7連敗となった。

◆E1−15D◆
泥沼の連敗モードに入りつつある楽天だが、この日も先発・ラズナーが大乱調。初回に川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにブランコに17号3ランを叩き込まれると、続く2回には一死満塁から荒木にタイムリーを浴びた所であえなくKO。代わった井坂もピリッとせず、二死満塁から3連続タイムリーを浴び、この回、悪夢の6失点。完全に戦意を喪失した楽天相手に中日は着々と加点。終盤にも川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにブランコがこの日2本目となる18号ソロを放つなど、ダメを押し、計18安打15点。大量リードを貰った先発の小笠原は8回を1失点で今季初勝利。楽天はこれで6連敗となってしまった。

◆H4−2S◆
0−0で迎えた3回、ヤクルトは二死走者なしから青木がヒットで出ると、続くガイエルが8号2ランを叩き込み、2点を先制。その裏、ソフトバンクはオーティズの8号ソロで1点を返すと、6回には2四球で二死一、二塁とした所で本多が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、逆転に成功。8回には長谷川の3号ソロでダメ押しの1点を追加。最後は守護神・馬原が2安打を浴びながらも、後続を断って、逃げ切った。先発の藤岡は粘りの投球で6回を3失点で切り抜け、2勝目

◆M0−2C
ロッテ先発・渡辺俊は初回、簡単に二死を取りながら、赤松,栗原と連打を浴びると、マクレーンを歩かせ、満塁のピンチ。ここで喜田にライト前へ弾き返されて、2点を献上。2回以降は立ち直った渡辺俊だが、登板試合には全く打線の援護を得られないお決まりのパターンにハマってしまう。広島先発・ルイスは初回二死満塁,2回一死一、二塁,3回無死一塁,4回二死満塁と再三再四のピンチをしぶとく耐え凌ぐと、5,6回は3人ずつで打ち取り、リリーフにバトンタッチ。7回からは横山−シュルツがそれぞれ1回をノーヒットに抑え、9回からは守護神・永川が登場。永川はいきなり連打を浴びて、一発が出ればサヨナラのピンチを迎えたが、ここから今江,代打・橋本将,サブローと打ち取って、完封リレーを達成。6回無失点のルイスは4勝目

6/10 岩田◆L4−3T◆
初回、阪神は新井がライトスタンドへ7号ソロを放り込み、先制、しかし、その裏、西武は一死から栗山が二塁打で出た後、中島が8号2ランを叩き込み、一気に逆転。1点を追う阪神は3回、2つの四球で二死二、三塁とすると、キュラソ星人がセンター前へ2点タイムリーを放ち、再逆転。再び追いかける展開となった西武は6回、二塁打の片岡が栗山の犠打で三進すると、中島のショートゴロの間に同点のホームイン。3−3の儘、迎えた土壇場9回、阪神2番手・アッチソンが一死から平尾に四球,G.G.佐藤にヒットを許し、一、三塁とされると、佐藤を敬遠して、満塁のピンチ。ここで代わった3番手・ウィリアムスだったが、代打・大崎にストレートの四球を与え、痛恨の押し出しでサヨナラ負けとなった。今季初登板となった先発・岩田が8回途中まで3失点と及第点の投球で復活をアピールしたのは明るい材料か。西武先発の涌井は10三振を奪っての完投で7勝目をマークした。

◆F5−3YB◆
日本ハムは2回、四球にエラーとノーヒットで先制すると、3回にも3四球等、ノーヒットで1点を追加。2点を貰った先発・八木は5回まで3安打無失点と横浜打線を翻弄していたが、6回、二死二塁から村田に10号2ランを被弾し、追い付かれてしまう。2点を取っているものの、6回まで1安打と沈黙していた日本ハムは7回、鶴岡のヒット,金子誠の四球で一、二塁とすると、田中が走者一掃のタイムリー三塁打を放ち、2点を勝ち越し。更に、続く劇団ひちょりもタイムリーを浴びせて、5点目を追加。8回からは建山−武田久と繋ぐ必勝リレーを展開。武田久は代打・内藤にタイムリー二塁打を浴び、開幕以来初の自責点がついたものの、大事には至らず、逃げ切りに成功。3番手・宮西は3勝目がついた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:02コメント(0)トラックバック(17) 

April 12, 2009

◆G6−6T◆
初回に寿司職人ラミレス,李のタイムリーで早々と3点を先制された阪神だが、直後の2回、新井の2号ソロの後、狩野のピッチャー強襲安打で左手に打球が直撃した春風亭半ケツが負傷降板。緊急登板となった栂野から桜井に1号逆転3ランが飛び出し、春風亭半ケツをKO。1点差がどうしても届かずにいた巨人だが、6回、一死一塁から李の2号2ランで逆転すると、続く阿部にも2号ソロが飛び出し、6点目。しかし、抑え投手陣がまたも不安を露呈。M.中村が8回に桜井にタイムリー三塁打を浴びると、土壇場9回にはクルーンが坂本のエラーで足を引っ張られた末に新井にタイムリーを浴びて、同点。一気に畳み掛けたい阪神だったが、ここで送りバントを仕掛けた関本がまともに転がしてしまい、二塁走者が封殺されると、何を血迷ったか、重盗を仕掛けて、新井が三塁で憤死。ここでメンチがセンター前に弾き返すが、本塁を狙った関本が鈴木のストライク返球の前に憤死と、チグハグな攻撃の連続で同点止まり。その裏、同点ながらマウンドに上がった藤川は先頭打者を出したものの、鈴木のヘッポコバントを故意にショートバウンドで処理し、ゲッツーに仕留めると、松田記者のピッチャーライナーも好捕、と好守連発で切り抜け、延長に持ち込んだ。結局、両軍共に決め手に欠き、延長12回規定でドロー。開幕8試合連続無失策と言う球団記録を続けてきた巨人だが、9試合目に出てしまった初エラーが大痛恨。貰ったチャンスで追い付いた阪神も勝てるチャンスは自ら潰してしまう有様。とにもかくにも訳が分からなかったのが新井(と関本)の盗塁だった。

4/12 篠田◆C10−0D◆
16日以降、水島の呪いに苛まれる事が濃厚な篠田だが、呪いにかかる前に少しでも結果を出しておかねばと必死の投球で3回までパーフェクト。一方、今季初登板となった山本昌は3回に捕まり、石原,嶋,梵のタイムリーで5失点。続く4回にも5長短打で5点を失い、自己ワーストの10失点で失意のKO。大量援護を得た篠田はプロ初完投を散発4安打無四球完封で飾った。昨日に続いて、四球1つ選ぶ事の出来ない淡泊な攻めに中日首脳陣は頭を抱えるばかりで、名手・川相の現役復帰を望む声は高まる一方だ。それにしても、山本昌の様な実績ある大ベテランを10点取られるまで晒し者にし続けた首脳陣の罪はとてつもなく重いのではなかろうか。

◆YB5−3S◆
内藤のプロ初アーチ等で3回までに3点のリードを奪った横浜だが、初回からピンチの連続だった小林が4回に田中浩の犠飛で1点を返されると、5回には青木のタイムリー二塁打で1点差に詰め寄られ、KO。その裏、ヤクルト先発・川島亮も内川,吉村の連続二塁打で5点目を失い、KOとなった。6回にはガイエルの4号ソロ,ジュビロ野口のタイムリー二塁打で1点ずつ取り合ったが、7回から山口−石井がノーヒットリリーフで、ヤクルトの反撃をかわした横浜が今季初めて3連戦に勝ち越し。夢の100敗へ足踏みする事となった。

◆H5−4F
序盤から取っては取られのシーソーゲーム。2回に高橋の一発で先制されたソフトバンクは、その裏、高谷のタイムリーですかさず追い付くと、3回には松中が勝ち越し二塁打。直後の4回、スレッジの2ランで逆転されるも、その裏、森本,本多の連続タイムリーで再逆転。これでようやく流れを引き寄せたソフトバンクは6回には川崎のタイムリーで貴重な1点を追加。9回に馬原が1点差と詰め寄られたものの、何とか後続を断ち切り、連敗を3で止めた。先発・杉内は7回1失点で今季初勝利

◆Bs4−1M◆
初回にカブレラの犠飛で先制されたロッテは4回、好調・サブローの2試合連続アーチで同点。1−1で迎えた5回、偽バファローズは先頭の後藤が2号勝ち越しソロを放つと、更に、一死二、三塁から坂口の犠飛で3点目。続く6回に不振に喘ぐフェルナンデスに待望の今季初アーチが飛び出し、ダメ押し。先発・岸田は7回を1失点、12三振を奪う力投で今季初勝利。ロッテはこれで5連敗となってしまった。

◆E4−1L◆
来日初登板は大炎上したラズナーだが、この日は2回に中村に被弾したものの、6回までに許したヒットはその1本のみと言う好投を展開。何とかラズナーを援護したい打線は5回までに毎回走者を出しながら、1併殺1盗塁視死6残塁と拙攻続き。しかし、6回、一死から山崎武,草野,ショートの3連打でようやく追い付くと、礒部が犠飛を打ち上げ、勝ち越し。続く7回には3四球で貰った満塁のチャンスにスタメンを外されていた青波の長瀬が代打で登場するや、ライト前へタイムリーを浴びせて、2点を追加。ラズナーは8,9回も無難に抑え、散発3安打1失点の完投で来日初勝利。西武の連勝は3でストップした。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 19:49コメント(4)トラックバック(61) 

April 05, 2009

◆G1−1C◆
東野,篠田の若き両先発が5回まで一歩も譲らぬ好投を展開。巨人は6回に李の犠飛でついに均衡を破ると、8回無死一、二塁の大ピンチで登板した越智が見事に後続を断ち切り、最後はクルーンが締めて完封リレー…と思いきや、全くストライクの入らないクルーンは打者3人で見限られる体たらく。急遽、代わった山口も梵に同点タイムリーを浴びて、東野の白星を粉砕。結局、延長に入ってからは両軍のリリーフ陣が踏ん張って、引き分けに終わった。この日もアルフォンゾはフル欠場。しかも、スタメンで出たのは脇谷ではなく、キムタク。左の篠田相手でも使って貰えないって、一体、アルフォンゾはいつ使うのか? 延長12回で1点しか取れない様な試合展開で代打ですら起用されないって、もう訳が分からない。ジョンソンやらメンチやらのヘッポコ助っ人が出続けているのに対し、開幕早々快打を飛ばしたアルフォンゾのこの使われなさ加減は故障が発生したとしか思えないのだが、全くそんな情報は入って来ない。脇谷とキムタクの併用でいくつもりなら、ハナからアルフォンゾなんか獲らないでくれ! とりあえず、この日は解説の桑田から「ピンチの時はショートの川相さんの所にいかに打たせるかと言う事ばかり考えていた」と言う素晴らしいコメントを頂いたので、大満足ではある。

◆D6−0YB◆
壊滅的な貧打で連敗を喫した事で堪え性のない大矢監督は松本をスタメンから外し、山崎を1番に昇格、内川,吉村,ジョンソンの打順もそれぞれ入れ替えるなど、早くも大幅な打線のテコ入れを敢行するが、結果は先発・ウッチャンを初めとする中日の5投手の前に5安打完封リレーを食らう始末。先発・小林も初回から四球連発で4失点とあっと言う間に試合をぶち壊して、開幕3連敗。夢の100敗まであと97敗と着実に歩みを進めている。松本のスタメン外しには心底落胆させられた。開幕1番スタメンを託したルーキーをたかだか2試合で見限るのか。こんな事をしていては育つものも育たない。それより、ジョンソンを何とかしろと…。いい加減、メカゴジラを使ってやれよと…。中日はまたも先発投手が快投。6回無失点のウッチャンは微妙に荒れ球だったのが、逆に奏功した印象だ。藤井は川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに2試合連続アーチ。オープン戦での爆発はやはり本物だったのか?

◆T6−7S◆
序盤から点の取り合いとなった試合は11安打で6点の阪神に対し、ヤクルトが7安打で7点を奪う効率のいい攻撃で競り勝った。福地,青木にもようやくヒットが飛び出したが、ガイエルは開幕戦の一発以外は全くの音無しが続いており、昨年の悪夢再来の予感が…。そんな中、デントナは待望の来日初アーチが飛び出すなど2安打3打点とエンジンがかかってきた。福原が6失点KOと炎上したのが響いた阪神だが、この日もキュラソ星人は2安打と元気一杯。一方、新助っ人・メンチは3タコで開幕3連戦でノーヒットと、スタメン落ちへのカウントダウンが始まりつつある

4/5 本多◆H2−1Bs
岸田,杉内の両先発が走者を出しながらも、6回に浴びたカブレラ,松中のソロアーチのみの1点に抑える好投を展開。均衡が破れぬ儘、延長にもつれ込んだ試合は10回、一死二塁から本多のタイムリー二塁打でソフトバンクがサヨナラ勝ち。8回二死二塁のピンチでついに登場した攝津アッパーは難敵・カブレラを打ち取り、ピンチを逃れると、9回もきっちり締める上々のデビュー。白星こそつかなかったものの、杉内は史上122人目の1000奪三振を達成した。偽バファローズは上位打線は当たっていたが、5番以下は日高の内野安打1本と沈黙したのが響いた格好だ。

 

 

◆F6−9E◆
球団初の開幕3連勝を狙う楽天は初回から中村紀の一発等で3回まで4点のリード。来日初先発の新助っ人・ラズナーは3回まで1安打無失点と好投を見せ、開幕3連勝は濃厚か…と思われた矢先、4回にスレッジに被弾してから6連打を浴びて、6失点KOとなり、形勢逆転。粘る楽天は9回に中村紀のタイムリーで追い付くと、延長11回にも中村紀がタイムリーを放つなど、3点を勝ち越し。クリーンアップトリオが10安打6打点と爆発する活躍で楽天は悲願の開幕3連勝。日本ハムは16安打を浴びせながら、3併殺13残塁の拙攻で4回のビッグイニング以外は全く打線が繋がらなかった。あの男は7回一死一、二塁,11回二死一、二塁のチャンスで悉く凡退と、移籍先でもチャンスブレイカーぶりを遺憾なく発揮している。

◆M6−5L◆
オープン戦で好投を続け、巨人時代とは違うと大きな期待を寄せられていた出戻り助っ人・ワズディンだが、初回から里崎のタイムリー,大松の一発で大量4失点。3回に中村の2ラン等で一気に追い付いて貰ったのも束の間、その裏、今江の犠飛で再び勝ち越しを許して、あえなくKO。西武はG.G.佐藤のタイムリーで再び追い付き、同点の儘、土壇場9回へ。ヒットと出たフクーラの代走・早坂が盗塁と暴投で三塁へ進むや、西武は連続敬遠で満塁策を選択するが、一死後、大松に犠飛を許して、サヨナラ負け。殊勲打を打ったから言う訳ではないが、やはり、大松はきっちり使うべきだろう。バレンタインの気紛れでベンチに追いやられるなど、ロッテにとって損失でしかない。ワズディンは結構、期待しているのだが、いきなりの炎上にはガックリ。次回は巻き返して貰いたい。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:17コメント(0)トラックバック(39) 

September 17, 2008

◆YB2−6G◆
逆転優勝へ向け、連勝街道をひた走る巨人は2回、一死一塁から坂本の8号2ランで先制すると、続く3回には二死走者なしから寿司職人ラミレスが39号ソロ。更に、李の二塁打,マッスル千代の富士の四球で一、二塁となった所で阿部が19号3ランを叩き込み、6点目。横浜先発・ハマのチンピラはこの回限りで降板となった。プロ初先発となった東野は5回まで1安打無失点と素晴らしい投球を展開。しかし、6回二死走者なしから石井タクローを歩かせた所で内川に10号2ランを被弾し、この回限りで降板。追い上げムードの高まった横浜は7回二死満塁,8回二死二、三塁と絶好のチャンスを掴みながら、あと一本が出ない。最後はクルーンの前に反撃を断たれて、対巨人7連敗となった。

プロ初先発の東野が期待に応える好投で悲願のプロ初勝利。昨日の久保に続いて、またまた新たな先発要員が誕生。完全に流れは優勝チームのそれである。巨人はこれで7連勝。阪神との差は縮まらなかったものの、全く勢いが止まる気配がない。問題は5位・ヤクルト,最下位・横浜相手に勝ちまくっていると言う点だ。果たして、この勢いが本物なのかどうかは19日からの阪神3連戦で明らかになる事だろう。

◆D6−11T
中日先発・山本昌が立ち上がりから大乱調。先頭のシャア少佐に痛打されると、一死後、連続四球で満塁とした所で鳥谷に12号グランドスラムを被弾。続く2回には平野,ゼブラ今岡と連続タイムリーを浴びると、3回に矢野にタイムリーを許し、7失点KO。中日はその裏、李のタイムリーでようやく1点。4回に2点を失い、突き放されるも、その裏、川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに谷繁が今季初アーチとなる3ラン。更に、5回には川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに小池が4号2ランを叩き込み、3点差。しかし、阪神は8回、キュラソ星人の22号2ランで貴重な2点を追加し、これがダメ押し点となった。

山本昌がよもやの3回7失点KO。川相不在によるやぶれかぶれの一発攻勢も時既に遅く、中日はまたまた貯金が消滅してしまった。阪神は先発・リーソップが4回もたずにKOとなったものの、12安打11得点と打線が爆発し、この3連戦勝ち越し。何とか3ゲーム差を保った状態で東京ドームへ乗り込む事となった。

◆S6−1C◆
泥沼の連敗地獄に喘ぐヤクルトは初回に畠山のタイムリーで先制するも、4回、栗原にタイムリーを許して、振り出しに。しかし、5回、ヒットの福川を石川が送った後、青木,川島慶と連打を浴びせて、一死満塁。ここで飯原のゲッツー崩れの間に福川が勝ち越しのホームを踏むと、飯原のディレードスチールの間に青木が本塁を陥れ、3点目。続く6回には一死二、三塁から田中のタイムリーで1点を加えると、8回には福川のタイムリー,青木の犠飛でダメ押しの2点を追加。先発・石川は1失点完投勝利を果たし、連敗は8でストップした。

接戦を悉く落とし続けたヤクルトが投打噛み合う完勝で連敗を脱出。石川は今季2度目の完投で2年ぶりの10勝目に到達した。広島はまたまた求道者・前田がフル欠場に追い込まれての大惨敗。中日も負けた為、4位転落は免れたものの、5割に逆戻りとなってしまった。やはり、ブラウン監督は自らの続投よりも、求道者・前田をシメる事の方が優先度が高いらしい。嶋を下げて、キャラかぶりの赤松,天谷を同時に出すくらいなら、求道者・前田をスタメンで使えよ!

◆Bs2−4H◆
負のスパイラルに歯止めがかからないソフトバンクは初回から二死一、二塁のチャンスを掴むも、松田が打ち上げ、二者残塁。すると、その裏、先発・杉内が本多のエラーでピンチを作った挙げ句、ローズに37号2ランを浴び、先制点を献上。杉内は2回以降、走者を出しながらも粘りの投球で追加点を阻止するが、肝心の味方打線が岸田の前に拙攻を切り返し、2−0の儘、土壇場9回へ突入。偽バファローズは守護神・加藤を投入し、逃げ切りを図るが、これに対して、ソフトバンクは二死一、二塁のチャンスを掴むと、代打・田上のタイムリーで1点差。更に、続く本多が3号3ランを叩き込み、一気に逆転に成功。最後は一週間ぶりの登板となった守護神・馬原が3人でピシャリと締めて、ようやく連敗を脱出した。

8回を自責点0と言う杉内の粘りの投球も虚しく完封負けを覚悟した展開だったが、加藤から4点を奪う予想外の大逆転で連敗を5で止めた。Aクラス返り咲きが厳しい状況なのは確かだが、残り試合全て勝つつもりで意地を見せた貰いたい。一方、偽バファローズは痛恨の逆転負け。岸田は8回無失点とは言え、125球投げており、加藤へのスイッチは妥当と言えた訳で、加藤の乱調が大きな誤算だった。これで西武との差は7と開いてしまい、流石に、逆転優勝はほぼ絶望的になってきたか…。

◆E15−7F
初回、高橋のタイムリーで先制された楽天だが、その裏、青波の長瀬の8号3ランで逆転すると、更に、山崎武にも21号ソロが飛び出し、この回4点。続く2回には内村のスクイズで1点を追加。4点を追う日本ハムは3回に無死二、三塁から高橋の内野ゴロの間に1点を返すと、連続四球で満塁とチャンスを広げたが、糸井,代打・稲田と倒れて、1点止まり。5回にはスレッジの13号ソロで2点差とするが、その裏、楽天は嶋,渡辺直の連続タイムリーで3点を奪うと、6回には7長短打の集中攻撃で6点をあげ、試合を決定付けた。日本ハムは8回に3点を返したものの、焼け石に水で貯金が消滅した。

楽天が19安打15得点の猛攻でこの3連戦勝ち越し。ノーヒットに終わったフェルナンデス以外(1回表にケガをしたショートに代わって入った中島を含めて)8人がマルチ安打を記録。先発・朝井は5回降板ながらも、打線の援護に恵まれ、初の2桁勝利へリーチをかけた。日本ハムも13安打7得点と応戦したが、8失点KOのスウィーニーを初め、投手陣が総崩れだった。

◆L5−4M◆
2回、西武はブラゼルの二塁打,久保の暴投,中村の四球で無死一、三塁とすると礒?が犠飛を打ち上げ、先制点をゲット。1点を追うロッテは4回、西岡の四球,橋本のヒットで二死一、二塁とした所で大松が23号3ランをぶち込んで、一気に逆転。続く5回の満塁のチャンスは逃したが、6回、ミャオの暴投でタナボタの4点目を追加。3点を追う西武は7回、栗山のタイムリーで1点を返し、久保をKOすると、中島が歩いた後、ブラゼルが2点タイムリー二塁打を放ち、試合はその儘、延長にもつれ込んだ。迎えた10回、西武は先頭の中村がバックスクリーンへ41号ソロを叩き込み、サヨナラ勝ちを飾った。

オツが5回もたずにKOされるなど、中盤までは苦しんだ西武が3点差を跳ね返してのサヨナラ勝ち。キング独走の41号を放った中村はこれが自己初のサヨナラアーチ。これでマジックは2つ減って5と優勝へ大きく前進した。ロッテは先発・久保が堪えきれず、痛い連敗で5割復帰を逃した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:43コメント(0)トラックバック(28) 

August 21, 2008

◆S−G◆
金刃,石川の両左腕の先発で始まったが、大雨により、2回裏途中で中断となり、その儘、ノーゲームとなった。

◆YB−D
小笠原が初回から四球連発で満塁のピンチを作ると、大西,相川と連続タイムリー二塁打で4失点の大炎上。中日は2回、川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにベンちゃんが2ランを叩き込むと、3回には中村紀の犠飛で1点差。しかし、4回の中日の攻撃が終わった所で降雨ノーゲーム。果たして、救われたのはリードされていた中日か、追い上げられていた横浜か…!?

◆C4−7T◆
広島先発・大竹に対し、阪神は初回、四球のシャア少佐を平野が送った所で鳥谷がライトスタンドへ先制の9号2ラン。。3回には2四球で二死一、二塁とした所でキュラソ星人がライトスタンドへ20号3ランを叩き込み、5点のリード。その裏、内野ゴロの間に1点を返した広島は5回には東出,栗原のタイムリーで2点を追加。そして、6回には一死一、三塁から登場した求道者・前田が怒りのタイムリーを放ち、1点差。8回には二死二塁から東出がレフト前ヒット。一気に同点のホームを狙った二塁走者・梵だが、間一髪タッチアウト。判定に不服を漏らしたリブジー監督代行は暴言を吐いて、退場処分。ブラウン監督の退場試合は不敗神話を誇っているが、リブジーではダメだったらしく、9回に負けいる場面ながら登板した永川が鳥谷にダメ押しタイムリーを許し、息の根を止められた。

求道者・前田の怒りのタイムリーも及ばず、この3連戦3連敗。リブジー監督代行が退場し、セキリー小早川コーチが代行で指揮を執ったが、既に、求道者・前田は使い切ってしまっていた。どうせ退場するなら、もっと序盤にしてくれりゃいいものを…。下柳は5回降板ながらも、40歳では史上5人目となる2桁勝利に到達。キュラソ星人も5年連続の20本塁打と、40歳コンビが活躍が光った阪神は7月8日以来の3連勝となった。

◆L4−9H◆
何とか一矢報いたいソフトバンクは初回、松田,吉川のタイムリーで3点を先制。その裏、ブラゼルの27号2ランで1点差と詰め寄られるが、2回には金子,3回には大村,4回には松中,5回には本多がタイムリーを浴びせて、着々と加点。7回、ボカチカのタイムリー二塁打で2点差まで追い上げられるが、直後の8回、松田が14号2ランを叩き込んで、ダメ押し。最後はセーブがつかないながらも登板した守護神・馬原が3人でピシャリと抑え、3タテを免れた。

昨日の4安打に続いて、この日は5安打と本多が大当たり。昨日は一度もホームを踏めなかったが、この日3得点とリードオフマンとしての働きが報われた。先発・パウエルは7回途中5失点と揮わなかったが、打線の援護に恵まれ、4月15日以来、実に4ヶ月ぶりとなる2勝目。一方、今季初先発となった岡本篤は5失点で3回もたずにKOの背信投球で連勝ストップ。西武のマジックは26の儘となった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:49コメント(0)トラックバック(8) 

July 27, 2008

◆G7−0S◆
巨人は初回、四球で歩いた鈴木がすかさず二盗を決めると、キムタクの犠打で三進。ここでガッツの内野ゴロの間に先制点をゲット。更に、寿司職人ラミレスの四球,マッスル千代の富士のヒットでチャンスを広げたが、李は空振り三振に倒れて、1点止まり。2回には阿部,坂本が連打を浴びせると、一死後、鈴木尚がセンター前に弾き返して、1点を追加。3,4回は3人ずつで打ち取られるも、5回一死からキムタクが歩いた所でガッツがタイムリー二塁打を放って、3点目。6回には李に待望の今季初アーチが飛び出す、一死から坂本が二塁打で出た所で無失点投球なのに何故か木佐貫を引っ込めてまで無理矢理投入されたあの男が4ヶ月に渡って充電しまくったインケツパワーを吐き出してのタイムリーを放って、5点目を追加。7回には亀井,代打・大道のタイムリー二塁打で2点を追加。更に、坂本が四球を選んで一、二塁としたものの、先の打席でインケツパワーを放出しきってしまったのか、あの男はセンターフライに倒れるチャンスブレイクで二者残塁。7回から西村健−藤田と繋いだ巨人は最後は東野が3人で締めて、完封リレーを達成。木佐貫は6回零封で6勝目。

別に、あの男がまくってきた訳でも何でもないのだが、自ら墓穴を掘っている事に危機感を抱いたのか、坂本が2安打1四球と結果を残し、守っても6度の守備機会をきっちりこなした。あの男が今季初打点となるタイムリーを放った(後に必殺のチャンスブレイクをかましたが…)だけに、昨日の様な事をやっていたら、スタメン落ちの危険もあったが、何とか踏み留まった。あの男と言えば、木佐貫を下げてまで使った事に関しては釈然しないものがあるが、リリーフ陣がきっちり抑えたので事なきを得た。この日も2打席目まで不甲斐ない結果が続いていた李も一発を放つなど、投打が噛み合った巨人はこれで4連勝。一方、敗れたヤクルトは4連敗で前半戦の借金生活が確定してしまった。

◆T4−6D
3タテを食らい事だけは何としても避けたい中日だが、この日も初回から二死一、二塁のチャンスを潰す嫌な立ち上がり。4回表一死、ベンちゃんの打席で突然、照明が消えるアクシデントが起こり、しばらく中断となった後、ベンちゃん,中村紀と連打を浴びせて、一、三塁としたものの、ピンキー井上はショートゴロゲッツーに倒れる最悪の展開。すると、その裏、先頭の平野のショートゴロを井端がヘッポコエラー。拙攻拙守と川相不在の重さを痛感し、落胆の色を隠せない山本昌は続く新井に痛打されると、二死後、鳥谷にタイムリーを許して、先制点を献上。阪神は5回まで無失点に抑えていた伊集院光の弟子・金村に代打を送った事で、6回から継投モードに入るが、これが裏目。2番手・渡辺が先頭の荒木をセカンドゴロに打ち取りながら、関本のエラーで生かしてしまった事でリズムを崩したか、ここから森野,ベンちゃん,中村紀と3連打を浴びて、3失点。一死後、小池にヒット,谷繁に四球を許して満塁とすると、代打・T.ウッズは三振に取ったものの、続く井端に走者一掃のタイムリー三塁打を浴びて、悪夢の6失点KO。しかし、粘る阪神はその裏、2番手・高橋を攻め立て、一死一、二塁とすると、エラーの汚名返上とばかりに関本が3号3ラン。2点差まで詰め寄った阪神だが、反撃もここまで。7回から登板の浅尾に2回を抑え込まれると、最後は岩瀬に締められ、3タテを逃した。

拙攻拙守に足を引っ張られながらも、何とか白星を掴んだ山本昌はついに200勝へ王手。すんなり名球会入りを決める為にも名手・川相の現役復帰を視野に入れて欲しい所だ。阪神は伊集院光の弟子・金村を引っ込めたのが大誤算。渡辺がここまで大炎上となった事は計算しようもないが、一死走者なしで代打を送る必要が果たしてあったのか?甚だ疑問。3点取られて、なおも満塁のピンチを迎えながら、渡辺を引っ張ったのも訳が分からない。謎の新助っ人・リーソップは8回から登板し、1回を3人でピシャリと抑える上々のデビューだった。

◆C8−4YB◆
0−0で迎えた4回、横浜は一死から吉村が四球で出るも、二盗に失敗。しかし、ここでビグビーがライトスタンドへ7号ソロを放り込み、1点を先制。入団前から名手・川相を信奉していたナイスガイ・真田の前に3回までパーフェクトに抑え込まれていた広島だが、その裏、一死から天谷がチーム初安打を放つと、二死後、栗原がタイムリー二塁打を放って、同点。横浜は7回から真田を下げて、サイレントK・石井裕にスイッチ。石井裕は三者三振の快投でチームの士気を高めると、直後の8回、横浜は2本の内野安打で一死一、三塁とした所で村田が29号3ランを叩き込み、3点を勝ち越し。しかし、その裏、広島は先頭の代打・赤松が四球で歩くと、一死後、東出が内野安打。二死後、ここで代わった吉原からオチョアが2試合連続の11号3ランを放って、一気に同点。9回は両軍無得点に終わり、延長戦に突入。迎えた10回、広島は二死走者なしからオチョアが二塁打で出ると、栗原が歩かされて、一、二塁。ここで代打として登場した求道者・前田も四球を選ぶと、スタメンを外され、途中からの出場となっていたシーボルが8号サヨナラ満塁弾を叩き込み、5カードぶりに勝ち越した。

求道者・前田がコンディションが悪いながらも鋭い眼光で山北の手元を狂わせ、サヨナラ勝ちを呼び込んだ。勿論、ブラウン監督がそんな風に見ている筈はないので、一銭の得にもならないのが歯痒い。それはさておき、ついに同胞・シーボルをスタメンから外す英断を実行に移したと言うのに、そのシーボルがこんな劇的な一発を放ってしまうとは皮肉なものである。敗れた横浜は村田が寿司職人ラミレスに並ぶ29号ソロを放った一方、内川が5の1で打率を3厘落とし、ついに本命・青木に首位打者の座を明け渡してしまった。こうなると、実績がないだけに突き放される一方かもしれない。もう少し粘りを見せて欲しい所だが、果たして…!?

◆H3−2M◆
ロッテは西岡の10号先頭打者アーチでいきなり先制。その裏、ソフトバンクも本多,川崎と連打を浴びせると、一死後、小久保が犠飛を打ち上げ、あっさり同点。2回以降、渡辺俊,和田の両先発が再三ピンチを背負いながらも、あと一本を許さずに粘っているうちに立ち直りを見せて、1−1の儘、終盤へ突入。迎えた8回、ロッテは里崎のタイムリーでついに均衡を破る2点目をゲット。しかし、土壇場9回、ソフトバンクは一死から小久保が同点18号ソロを叩き込み、試合は延長にもつれ込んだ。ラストイニングとなった12回裏、ソフトバンクは長谷川のヒット,高谷の四球で二死二、三塁とすると、本多がレフト前にタイムリーを放ち、サヨナラ勝ちを収めた。

圧勝,辛勝の後は、劇的なサヨナラゲームを見せたソフトバンクが3連戦3連勝で2位浮上。白星こそつかなかったものの、北京に拉致される和田は10回を2失点の力投。陽は3年目にして悲願の初白星を手にした。打線も小久保の起死回生の一発,本多のサヨナラタイムリーと勝負所での活躍が目立った。渡辺俊は2試合連続完投勝利を目前にしながら手痛い被弾で白星を逃した。

◆F2−3L
2回、日本ハムはスタメン復帰の稲葉が13号先制アーチ。日本ハム先発・グリンは制球に苦しみながらも、6回まで無失点と粘っていたが、7回、先頭の礒?に二塁打を許すと、細川の犠打の後、佐藤に今季初アーチとなる2ランを叩き込まれて、形勢逆転。1点を追う日本ハムは8回、一死から田中がヒットで出ると、すかさず二盗。ここでまたも稲葉がタイムリーを放って、ついに同点。試合はその儘、延長に突入した。迎えた10回、西武は先頭の佐藤がヒットで出ると、片岡が送って、一死二塁。ここで栗山がタイムリー二塁打を放って、勝ち越しに成功。日本ハムはその裏、二死一、二塁のチャンス作り、粘りを見せたものの、最後は代打・鶴岡が三振を喫して、万事休す。

6試合白星から遠ざかっているグリンは6回まで無失点で久々の白星か…と思った所で痛い一発を浴びて、またまた白星はお預け。オツも5月15日以来の7イニングを投げたが、岡本真が打たれて、白星消滅と、不振に喘ぐ両投手の好投はいずれも報われず。さて、3連戦勝ち越しを狙った日本ハムだったが、惜しくも粘り負け。10回に呪われた男・ボッツが18打数ぶりにヒットを放ったが、呪われた男が作ったチャンスが故に呪われた結果に終わるのは半ば必然だったのかもしれない。日本ハムはこれで3位転落となった。

◆Bs2−3E◆
偽バファローズの先発は謎の新助っ人・コロンカ。デビュー戦を楽に投げて貰う為にも、序盤から援護したい所だったが、岩隈相手に初回一死一、二塁,2回二死二塁,3回無死一、二塁と攻め立てながら、悉くチャンス逸してしまう。コロンカも3回まで無失点と踏ん張っていたが、4回一死一塁から中島に4号2ランを被弾し、ついに先制点を献上。7回二死満塁,8回無死一、二塁の大ピンチを辛くも凌いだ偽バファローズはその裏、ローズ,北川,日高の3連打で1点を返すと、一死後、小瀬のショートゴロの間に代走・鈴木が同点のホームイン。しかし、土壇場9回、楽天はヒットの藤井が渡辺直の犠打,塩川のセカンドゴロで三塁まで進むと、代打・吉岡がタイムリー二塁打を放って、再び勝ち越し。その裏、偽バファローズは二死満塁と一打サヨナラのチャンスを作ったものの、最後は代打・阿部がショートゴロに終わり、ゲームセット。

岩隈から12安打も浴びせながら、僅か2点しか奪えないなど、2併殺13残塁の大拙攻を繰り広げた偽バファローズは連勝が4でストップ。新助っ人・コロンカが6回1/3を2失点とまずまずの投球で今後も使えるメドが立ったのは好材料か。一方、岩隈が不調ながらもよく粘り、ハーラー独走の14勝目。20勝到達の可能性も見えてきた。薄氷を踏む様な白星ながらも5連敗を脱出した楽天たが、今月に入ってから岩隈と片山が投げた時しか勝てていないだけに、とても楽観とはしていられない所だ。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:37コメント(1)トラックバック(56) 

June 27, 2008

◆C6−1G◆
Aクラスなら確実、勝率5割でも検討の余地ありとの条件を出され、求道者・前田に引導を渡すべく続投へ意欲満々のブラウン監督は同一リーグ戦再開早々、求道者・前田をベンチに軟禁。難敵不在の広島相手に白星を掴みたいグライシンガーだったが、2回にシーボルに先制タイムリーを許すと、3回には栗原に8号3ランを叩き込まれ、5回にはバックに足を引っ張られて5点目を失い、この回限りで無念のKO。一方、広島先発・前田健は6回まで散発2安打と素晴らしい投球を展開。7回に阿部に7号ソロを浴びて降板したものの、リリーフを仰いで、2勝目をマークした。

前回の好投で二軍降格の危機を免れたかに思われたグライシンガーだが、またまた背信投球。ここ7戦で1勝5敗の体たらくで悠長にはしていられなくなってきた。とりあえず、ガッツがサードを守れない状態で、復調気配とは言え、李を上に上げられない状況であるのは僥倖と言えるだろう。さて、ブラウン監督の求道者・前田幽閉策はいよいよ本格化しそうな気配。ブラウン失脚の為、チーム一丸となって貯金阻止に走る様な事態になったらどうするつもりなんだ!? もう一人の「前田」こと前田健は7回1失点と前回に続く好投。いよいよ覚醒しつつあるのは喜ばしい限りだ。

◆YB1−2D
交流戦でもタイムリー欠乏症,一発依存症に好転の気配が見えなかった中日は同一リーグとの戦いが始まっても相変わらずで、初回からエラーで貰ったタナボタのチャンスを逃すと、2回一死二三塁,4回一死一、二塁のチャンスを悉く逃す拙攻三昧。しかし、再び威力を増してきた水島の呪いに苛まれる横浜も3回に満塁のチャンスを逃すなど、5回までに1併殺1走塁死6残塁と中日以上の大拙攻。投手戦でも貧打戦でもない拙攻戦は両軍無得点の儘、7回へ突入。中日は無失点投球の人斬り抜刀斎をついに引っ込めてまで投入された代打・立浪が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにライトスタンドへ今季初アーチを叩き込み、ついに待望の先制点をゲット。更に、この後、二死一、二塁のチャンスを作ったが、ベンちゃんは三振に倒れて、1点止まり。その裏、この回から代わった吉見に対して、ウチからのヒット,ビクビーの四球で一死一、二塁とした横浜だったが、ここから吉村,代打・メカゴジラと内野ゴロに仕留められ、同点ならず。土壇場9回、中日は二死二塁から代打・平田のどん詰まりの打球がセンター前にポトリと落ちる幸運なタイムリーとなり、貴重な1点を追加。その裏、守護神・岩瀬がいきなり代打・大西に被弾し、1点差とされたものの、後続を断って、逃げ切った。

怒濤の拙攻モードを繰り広げながら、人斬り抜刀斎の頑張り…と言うより、横浜が中日以上の拙攻を繰り広げてくれた事に救われた中日が何となく6連勝。6連勝中とはとても思えないこの勢いのなさは何だろう…。まぁ、相変わらずの一発依存とは言え、立浪の今季初アーチならば、とりあえず、よしとするか…。吉見の中継ぎ起用はローテに余裕の出来る交流戦仕様かと思われたが、今後もこういう使い方でいくのだろうか。ならば、岩田にも逆転新人王の勝機は出てくる…かも…。

◆H3−2E◆
ソフトバンク先発・大隣は初回、高須に2号ソロを被弾し、先制点を献上。グスマンの前に2回まで3人ずつで抑え込まれていたが、3回、長谷川の二塁打の後、松田が同点タイムリー。1−1の儘、迎えた6回、楽天は先頭のフェルナンデスが9号ソロを叩き込み、勝ち越すも、それも束の間、その裏、ソフトバンクは無死二、三塁から小久保が犠飛を打ち上げて、再び振り出しに。追い付かれた楽天は8回、2番手・久米を攻め、無死満塁のチャンスを掴むも、ここで代わったニコースキーの前に後続3人が倒れて、三者残塁。土壇場9回、ソフトバンクは二死走者なしから松田が四球を選ぶと、山崎がライト前に弾き返して、一、三塁。ここで本多がセンター前へタイムリーを放ち、今季7度目のサヨナラ勝ちを収めた。

交流戦初優勝を飾ったソフトバンク。その勢いがこの中休みで止まってしまわないかと心配された矢先に川崎がノックで右手親指打撲のアクシデントに見舞われてしまった。しかし、川崎は気力の強行出場を果たし、王さんが序盤から猛抗議を見せるなど勝利への執念をチーム一丸となって燃やし、サヨナラと言う最高の形での白星スタートとなった。久米が思わぬ乱調で作ったピンチをニコースキーが見事に切り抜けたのが大きかった。

◆Bs3−4F
日本ハムは3回、二死走者なしから野手転向3年目の糸井がプロ初アーチを叩き込み、先制。5者連続三振を奪うなど、上々の滑り出しを見せていたダルビッシュだが、4回、先頭のカブレラに四球。ここからローズ,北川と連続三振に斬って取るも、日高に7号2ランをぶち込まれ、形勢逆転。1点を追う日本ハムは6回、二死から四球で出た田中がすかさず二盗を決めると、稲葉のタイムリーで同点のホームイン。8回には二死一、二塁からまたも稲葉がタイムリーを放ち、勝ち越しに成功。その裏、偽バファローズは二死満塁と一打逆転のチャンスを掴むも、北川がセンターへ打ち上げて、三者残塁。日本ハムは9回に金子誠のタイムリーで1点を追加。粘る偽バファローズはその裏、守護神・MICHAELに対して、一死から下山の5号ソロで1点差。更に、後藤のヒット,フェニックス一輝の四球で一、二塁と追い詰めたが、反撃もここまで。坂口はセカンドゴロに打ち取られると、村松は空振り三振に終わり、あと一歩及ばなかった。

偽バファローズがまたも貧打で6連敗。連敗中全て4点以内で踏ん張り、1点差が4試合,2点差が2試合と悉く接戦を逃している。一歩間違えば、6連勝出来たとも言える訳で、肝心な所での勝負弱さが大きく響いている。4回まで8個とハイペースで三振を奪ってきたダルビッシュだが、開幕直後の「ドカパロSS」的展開を想像してしまったのか、中盤から失速し、7回で降板となったのは残念。密かな大事件と言えば、ここまで打率.062,ヒットが四球より少ないと言う壊滅的不振に喘いでいた金子誠が何と!2本もヒットを放った事だろうか。

◆L4−1M◆
6連敗と言う最悪の形で交流戦を終えた西武はこの日も初回から里崎に被弾し、先制点を献上。しかし、その裏、ブラゼルの犠飛であっと言う間に追い付くと、3回には栗山の5号2ランで勝ち越し。5回にはブラゼルに18号ソロが飛び出し、成瀬をこの回限りでマウンドから引きずり下ろした。ロッテは2回以降、大きなチャンスも作れず、最後はグラマンに締められてのスミ1で4連敗。

連敗地獄に喘ぐ西武相手に表ローテで3タテと意気込んでいたロッテだが、ナイター14連勝中の成瀬が5回KOの大誤算。打線もスミ1の体たらくで、西武の連敗を止めたばかりか、自軍の連敗を伸ばしてしまった。西武は一発攻勢と帆足の好投で15日ぶりの白星となった。交流戦後の中休みがいい気分転換となったか、プラス方向に働いた様だ。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:45コメント(0)トラックバック(20) 

June 19, 2008

◆S5−7H◆
ヤクルト先発・館山に対して、ソフトバンクは本多の初回先頭打者アーチであっさり先制。4回には二死一、二塁から山崎のセンター前タイムリーで2点目。更に、5回には一死から川崎が三塁打を浴びせると、松中がインターフェアで出た後、小久保が犠飛を打ち上げ、1点を追加。3点を追うヤクルトはその裏、先頭の川本が二塁打で出ると、二死後、福地がタイムリー二塁打。更に、宮本が内野安打で繋いだ後、青木がタイムリー二塁打を放ち、1点差。ソフトバンクは7回、四球の本多が二盗を決めると川崎がタイムリー二塁打。更に、松中も二塁打で続き、一死二、三塁となった所で長谷川が右中間へ走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、この回3点。粘るヤクルトはその裏、一死一塁から福地,宮本,青木の3連打で3点を返し、再び1点差にまで詰め寄った。しかし、直後の8回、ソフトバンクは内野安打の城所を山崎が送ると、二死後、本多がライトフェンス直撃のタイムリー二塁打を浴びせて、ダメ押し。その裏から佐藤−柳瀬と繋いで逃げ切りに成功。先発・大隣は7回途中5失点降板ながらも、打線の援護に恵まれ、チームトップの7勝目。

ソフトバンクが阪神と並んで交流戦首位タイに浮上。腰痛で欠場となった柴原に代わって5番に抜擢された長谷川は3安打2打点と期待に応えた。大隣は交流戦無傷の5連勝となった。6連勝中の館山が崩れ、いくら追い上げても、最後まで主導権を握れなかったヤクルトは交流戦の負け越しが決定。神宮では7戦全敗と地の利を全く生かせないでいるのが響いた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:37コメント(0)トラックバック(15) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ