木佐貫洋

September 08, 2010

◆YB−G◆
降雨中止。

◆T1−10D◆
昨夜は拙攻に泣いた中日打線だが、この日は初回から繋がりを見せる。いきなり荒木,大島と連打を浴びせると、一死後、ベンちゃんが歩いて満塁となった所でブランコがレフト前へ先制の2点タイムリー。続く藤井もタイムリー二塁打を放つと、J.マッケンジーのタイムリーエラーで2点を加え、この回大量5点を獲得。2回にブラゼルの42号ソロで1点を返されるが、4回、一死二塁から森野が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに19号2ランを叩き込み、2点を追加。更に、7回には山井,荒木の連続タイムリー,森野の犠飛でダメ押しの10点目。ゴーグルで照明の光を反射させて打者の目を眩ませでもしないと到底通用しない四流投手などと言う理不尽極まりない水島の呪いを受けている中日先発・山井は8回を1失点の好投で7勝目を挙げた。

◆S−C◆
降雨中止。

9/8多村◆H5−0E◆
楽天先発・永井に対し、初回二死一、三塁,2回二死満塁のチャンスを悉く潰してしまったソフトバンクだったが、3回、一死から小久保が歩いた所でハマのスペランカーがレフトスタンドへ24号2ランを叩き込み、2点を先制。5回にも四球のオーティズを一塁に置いて、ハマのスペランカーが2打席連続となる25号2ランを放り込み、4点目。楽天は7回、一死満塁と一発が出れば、一気に同点の場面を作るが、草野,牧田と打ち取られ、三者残塁。すると、その裏、ソフトバンクは先頭の本多が二塁打で出ると、一死後、小久保がタイムリーを放ち、貴重な1点を追加。最後はファルケンボーグが3人でピシャリと締めて、完封リレーを達成。先発・和田は8回を散発5安打無失点に抑え、ハーラートップタイに並ぶ15勝目を挙げた

◆L8−3F◆
2回にトンガの犠飛で先制された西武だが、その裏、一死一塁から坂田がレフトスタンドへ逆転の8号2ラン。4回に大野のタイムリーで追い付かれるが、その裏、先頭のフェルナンデスが7号ソロを放り込み、再び勝ち越し。二死一塁から、原のセンター前にポトリと落ちる打球で、一塁走者・坂田が一気に本塁を陥れる好走塁。続く細川が歩いた後、片岡が走者一掃のタイムリー三塁打を放つと、続く栗山にもタイムリーが飛び出し、この回大量5点をゲット。7回には無死二塁から中島のタイムリーで1点を加え、試合を決定付けた。先発の石井一は6回を2失点で切り抜け、9勝目をマークした

◆Bs6−2M◆
ロッテは初回、西岡,清田と連打を浴びせると、一死後、フクーラのセカンドゴロの間に先制。続く今江もタイムリーを放ち、1点を追加。2点を追う偽バファローズは3回、二死走者なしから、坂口,森山の連打で一、二塁とすると、後藤が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、一気に同点。更に、続くカブレラがレフトスタンドへ23号2ランをぶち込んで、勝ち越しに成功。続く4回には二死一、二塁から坂口が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、2点を追加。ロッテは2回以降、すっかり当たりが止まり、7回まで僅かに1安打。8,9回には1本ずつヒットが出るも、いずれもゲッツーで殺してしまい、ゲームセット。偽バファローズ先発・木佐貫は2失点完投で3年ぶりの2桁勝利を飾った

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:36コメント(0)トラックバック(13) 

June 29, 2010

6/29ラミレス◆C9−12G◆
巨人得意の一発攻勢が序盤から炸裂。まずは2回に寿司職人ラミレスが24号ソロを叩き込むと、長野のゲッツーでチャンスが潰えたに見えた直後に脇谷が2号ソロ。4回には寿司職人ラミレスの2打席連続25号ソロ,阿部の25号ソロと連続アーチの後、江戸川,坂本にはタイムリーが飛び出し、4点を追加。その裏、広島は嶋,ルパン広瀬の連続二塁打で3点を返すが、直後の5回、巨人は寿司職人ラミレスが3打席連続の26号ソロ。更に、6回には江戸川に3号ソロが飛び出した後、二死一、二塁で回ってきた寿司職人ラミレスは左中間へ大飛球。日本タイの4打席連続アーチか…と思われたが、惜しくもフェンス上部直撃に留まる走者一掃のタイムリー二塁打となって10点目。ワンサイドゲームになるかと思いきや、粘る広島はその裏、石井タクローのタイムリーで1点を返すと、7回には代打・赤松がタイムリー。8回に坂本の15号ソロで1点を返されるが、その裏、東出のタイムリー三塁打,嶋の5号3ランで一気に4点を奪い、2点差まで詰め寄った。しかし、巨人は9回、長野の10号ソロでダメ押し。最後は守護神・クルーンが3人でピシャリと締めて、辛くも逃げ切った。先発・東野は5回3失点で降板となったが、打線の援護に恵まれて、初の2桁勝利を達成した

◆T11−5D◆
中日は2回、先頭のベンちゃんが三塁打。一死後。連続四球で満塁とするも、後続を断たれて、三者残塁。川相不在の重さを痛感し、落胆の色を隠せない中日先発・あちゃくらさんはその裏、ブラゼルに24号先制ソロを被弾。続く3回には荒木のエラー等で作ったピンチでマット・マートンにタイムリー二塁打を浴びると、新井,ブラゼルと連続アーチを叩き込まれて、5失点。阪神は5回にもブラゼルの3打席連続26号2ラン,J.マッケンジーの12号ソロとまたも連続アーチで3点を追加。7回に川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに野本に4号ソロを浴びるが、その裏、代打・浅井のタイムリー二塁打,桜井の犠飛でダメ押しの2点を追加。この後、中日は川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに飛び出した荒木の今季初アーチ等で4点を返した序盤の失点が大き過ぎた。阪神先発・スタンリッジは7回を1失点の好投で4勝目

◆YB0−10S◆
0−0で迎えた4回、ヤクルトは二死からガイエルが二塁打を浴びせると、謎の新助っ人・ホワイトセルが2号先制2ラン。続く5回には二死から村中が四球を選ぶと、青木がヒットで繋いだ所で田中が走者一掃のタイムリー三塁打。続く飯原にもタイムリーが飛び出して、この回3点。更に、6回には無死満塁のチャンスに村中が2点タイムリー。一死後、田中もタイムリーを放って、8点目。8回には飯原,ホワイトセルのタイムリーでダメ押しの2点を追加。投げては先発・村中が毎回の様に走者を出しながらも落ち着いた投球で後続を断ち、8回無失点で5勝目をあげた

◆M1−19H◆
ソフトバンクのスーパー(アクセントは「スー」)ダブルチャンス打線(若大将・原辰徳命名)が大爆発。初回の二死一、二塁のチャンスは逃したものの、3回に田上の2号3ラン,松田のタイムリーで4点を先制すると、3回には森本のプロ初アーチとなる2ランが飛び出して、6点目。4回に金の18号ソロで1点を返されるが、5回、オーティズの18号3ランなど9長短打「を集中し、大量10点のビッグイニングを作って、早くも先発全員安打を達成。攻撃の手を緩めないソフトバンクは6回にも松田,柴原の連続アーチ,長谷川のタイムリーで3点を追加し、計23安打19得点。投げては先発・杉内が8回を1失点の好投を見せ、4年連続の10勝目をマークした

◆Bs0−3E◆
楽天先発・田中に対し、偽バファローズは初回、坂口,赤田と連打を浴びせると、後藤がライトスタンドへ6号3ランを叩き込み、僅か10球で3点を先制。田中は2回以降、走者を出しながらも、要所を締める粘りの投球を見せるが、肝心の味方打線が一向に得点を奪えない。3回に二死から聖沢が三塁打を浴びせるも、嶋がセカンドゴロに終わり、無得点。7回には二死からルイーズのヒットと連続四死球で満塁とするが、代打・憲史実がショートゴロに倒れて、三者残塁。9回にも先頭の中村紀がヒットで出るが、後続3人が打ち取られ、ゲームセット。偽バファローズ先発・木佐貫は7年ぶりの完封で8勝目をあげた

◆L4−6F◆
初回、日本ハムは二塁打の田中を劇団ひちょりが送った所で稲葉がライトスタンドへ13号先制2ラン。更に、二死後、糸井がヒットで出ると、規定打席にも到達しない中途半端な成績で何故かファン投票1位となったあの男によもやのタイムリー二塁打が飛び出して、3点目。2回にも劇団ひちょりのタイムリーで1点を加えると、3回には一死一、二塁から鶴岡のタイムリー,田中の犠飛で2点を追加。6点を失った西武先発・岸は5回で降板となった。追いかける西武は5回、栗山のタイムリーでようやく1点を返すと、続く6回には理不尽にもあの男にファン投票1位の座を奪われたブラウンが怒りの16号ソロを叩き込み、2点目。土壇場9回には二死一、二塁から栗山の走者一掃タイムリー二塁打で2点差と詰め寄り、抑えの武田久を引っ張り出すと、連続四死球を選んで満塁と長打が出れば、一気に逆転サヨナラのチャンス。しかし、最後は阿部がショートゴロに打ち取られ、あと一歩及ばなかった。日本ハム先発の矢貫は5回1/3を2失点でプロ初勝利を飾った

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:51コメント(0)トラックバック(17) 

April 06, 2008

◆G8−1T◆
左脇腹痛で出遅れていた木佐貫が今季初の先発登板。木佐貫は初回こそ一、二塁のピンチを背負ったが、ここを切り抜けると、2,3回と3人ずつで仕留める順調な立ち上がり。一方、福原の前に2回まで無得点に抑え込まれていた巨人は3回、一死一塁からマッスル千代の富士に通算250号となる3号2ランが飛び出して、2点を先制。この後、二死一、二塁のチャンスを逃すと、4回の無死一、二塁のチャンスも逃す重苦しい展開が続いたが、5回、寿司職人ラミレスのタイムリーの後、無死満塁から阿部の止めたバットに当たった打球がセンター前へ抜ける幸運なタイムリーとなり、4点目。更に、坂本がプロ初アーチとなるグランドスラムを叩き込み、この回、大量6点のビッグイニングを形成。木佐貫は8回に代打・葛城イクローのタイムリーで完封は逃したものの、8回1失点で復帰登板を飾った。尚、キュラソ星人は第1打席でヒットを放ち、ついに2000本安打へリーチをかけた。

ローテを1回飛ばされた木佐貫だが、見事に復帰登板で結果を出した。マッスル千代の富士が2ホーマー,坂本がグランドスラム,寿司職人ラミレスが3安打など、打線も爆発し、今季初めて投打が噛み合っての快勝。特に、不振に喘ぐ寿司職人ラミレスが結果を出したのは大きいだろう。あとは存在が空気と化している李に当たりが出るのを待つばかりか…。

◆D6−0S◆
ヤクルトの先発は経歴が似ているからと言うだけでグライシンガー級の活躍を期待されているるリオス。前回の登板では直前のグライシンガーに合わせるかの様に6回KOとなったリオスだが、今回も昨日、グライシンガーが黒星をつけられた事に合わせなければいけないと思ったのか、初回から連打を浴びて先制を許すと、2回には暴投とボークでやらずがなの1点を与えると、続く3回にも李にタイムリー二塁打を浴びて、3点目を献上。更に、4回には川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに中村紀に3号ソロを被弾し、4点目。5回にはT.ウッズにタイムリー二塁打,6回には川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに中村紀に2打席連続アーチを浴びて、6イニング連続失点でついに降板。一方、今季初先発となる吉見は散発4安打でプロ初完投初完封を飾った。

初戦勝敗つかず,2戦目黒星…勝敗結果だけ今季のグライシンガーを追いかけているリオスだが、その投球内容は確実にグライシンガーより1ランク下なので、余計にタチが悪い。あの儘、続投させていたら、中日は毎回得点を達成したかもしれないな…。大体、リオスが追いかけるべきは今年ではなく昨年のグライシンガーなんだが…。オープン戦の好投はフロックだったのかねぇ。一方、オープン戦がフロックではなかったのが、吉見。好調ヤクルト打線相手に三塁も踏ませぬ投球は見事だった。

◆C17−3YB◆
サヨナラ勝ちで波に乗りたい広島は2回、無死満塁からメカゴジラのエラー,東出のタイムリーで3点を先制。4回には天谷に今季初アーチとなる3ランが飛び出して、6点目。大量ビハインドとなった横浜は直後の5回、代打・内川が1号2ラン。更に、続く石井タクローもヒットで繋いだが、ガッツな貴公子・仁志が最悪のゲッツーに倒れて、2点止まり。流れを引き寄せきれなかった横浜に対して、広島はその裏、梵が1号3ラン,6回にはオチョアが2号グランドスラムと一発攻勢で一気に突き放し、計18安打17点の猛攻で今季初の連勝を飾った。先発の長谷川は7回3失点で今季初勝利。

求道者・前田のスタメンでのマルチ安打は5試合連続でストップしたものの、先発全員安打の大爆発。不振の栗原が2安打,下降線を辿っていたシーボルにも20打席ぶりにヒットが飛び出した。低迷中の横浜が相手とは言え、サヨナラ勝ち,大勝といい形での3連戦勝ち越しで弾みをつけたい所だ。昨日、サヨナラ打を浴びたヒューズが10点ビハインドと言う訳の分からない所で登板していたが、これは守護神失格の烙印を押されたと言う事なのだろうか…。

◆M5−4H◆
大場の快投で再び返り咲いた首位の座を死守すべく、左肘手術によるリハビリモードだった和田がついに復帰。復帰登板と言う事で無理はさせられない和田を少しでも楽にしたいソフトバンクは渡辺俊の前に3回まで抑え込まれていたが、4回、井手,山崎のタイムリーで待望の先制点をゲット。続く5回にも二死満塁と絶好のチャンスに先制打を放った井手に回ってきたが、ここは三振に倒れて、三者残塁。しかし、7回、4年連続2本塁打の伏兵・本間によもやの一発が飛び出すなど、2点を追加し、渡辺俊をKO。6回まで僅か1安打と素晴らしい投球を見せていた和田だが、その裏、3連打で1点を失い、KO。更に、代わった柳瀬が代打・サブローに犠飛,今江にタイムリー二塁打を浴びて、1点差。3−4で迎えた土壇場9回、昨日はイニングの途中からの登板で失敗したニコースキーが満を持して、イニングの頭から登板。しかし、いきなり大松に二塁打を浴び、一死後、連続四球で満塁のピンチ。ここで田中雅に同点タイムリーを許すと、二死後、西岡にレフト前へ弾き返され、悪夢のサヨナラ負け。ソフトバンクはまたも首位の座から転げ落ちた。

7回の2点でソフトバンクの勝利は決まったと思われたが、この結末…。ニコースキーにメドが立ったとガトームソンが先発に回った途端に、そのニコースキーが連続リリーフ失敗とは…。どうも今季の王さんは継投に余裕が感じられないだけに、またまた配置転換を模索しそうな予感。復帰の和田がまずまずの内容だったので、またガトームソンが後ろに回されやしまいな? 一方、渡辺俊もイマイチ、ピリッとしない投球が続いていて心配だ。それにしても、要所で出てくる田中雅は渋い働きを見せてるねぇ。

◆Bs2−3F◆
昨日の一発で覚醒したのか、ローズが第1打席で2試合連続の3号先制アーチ。先発・川越は4回まで無失点と踏ん張っていたが、5回、田中のタイムリー二塁打で追いつかれると、6回には連打で無死一、三塁のピンチに小谷野に犠飛を打ち上げられて、勝ち越し点を献上。日本ハムは9回にも金子誠の犠飛でダメ押しの1点を追加。その裏、MICHEALが内野ゴロの間に1点差と詰め寄られたものの、何とか逃げ切り、勝率を5割に戻した。

日高より頼りにならないと評していたビッグボーイズだが、ローズが先制アーチ含む2安打で、この日4タコに終わった日高の打率をついに上回った! 凄いぜ、ローズ!………って、日高と比較する段階で間違っているのだが、ともあれ、ローズは復調してきた様だが、ラロッカは4タコ,カブレラも2三振で最後の打席にようやく1本と、まだまだ上昇カーブには乗れそうもない。そんな調子で、好投の川越はまたも見殺しにされてしまい、実に可哀想。

◆L4−3E◆
4連勝と勢いに乗る西武は初回、G.G.佐藤のタイムリーで先制すると、3回には3連打と礒?の犠飛で2点を追加。楽天先発・朝井はこの回限りで早くもKO。明らかに適性のないストッパーを強いられた上、一度失敗しただけで不要人材扱いされた上、一向に先発にも戻して貰えないグスマンが4回からマウンドに上がったが、5回にブラゼルに被弾し、4点目を献上。西武先発・キニーの前に8回まで散発2安打と二塁も踏めずにいた楽天だが、土壇場9回、一死から連続四死球と高須のヒットで満塁とし、キニーをKO。更に、代わった守護神・グラマンから草野,フェルナンデスの連続タイムリーで1点差。なおも一、二塁のチャンスだったが、山崎武司,代打・木村と倒れて、あと一歩及ばず、楽天は3連戦3連敗。一方、西武は5連勝で単独首位となった。

破竹の7連勝で作った貯金が3タテ食らって、あっと言う間に消滅。負け試合の殆どが2点差以内と紙一重の戦いなのだが、上位を狙うには接戦を確実にモノにしていかなければなるまい。逆に、西武はその接戦を制しまくっての5連勝。それ故に爆発力は感じられないが、非常に不気味だ。首位チームに不気味もクソもないもんだが…。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 20:02コメント(1)トラックバック(71) 

September 11, 2007

◆S5−6G◆
阪神に3タテを食らい、自力優勝消滅となるなど、弱っている巨人相手に左3枚をぶつけて3タテを目指すヤクルトだが、先陣をきった先発・石井一が大乱調。初回、一死一塁からガッツ,李,ニックンと3連打を浴びて、先制されると、阿部には死球を食らわせ、押し出し。更に、二死後、今度はキムタクにもぶつけて、またまた押し出し。3回には一死二、三塁からキムタクにタイムリーを許すと、二死後、マッスル千代の富士にもタイムリー二塁打を浴び、5点目を献上し、この回限りでKOとなった。一方、巨人先発・木佐貫は毎回の様にピンチを迎えながらも、要所を締める粘りの投球で7回まで無失点。今度こそ今季初完投なるかと思われた矢先の8回、青木のタイムリー二塁打で完封を断たれると、寿司職人ラミレスにもタイムリーを浴びて、無念のKO。巨人は9回にニックンのタイムリーで貴重な1点を追加。これで試合は決まったかに思われたが、ヤクルトがその裏、猛反撃。2番手・豊田をユウイチ,代打・度会の連打でKOし、守護神・上原を引っ張り出すと、一死後、川本が右中間スタンドへ5号3ランを叩き込み、1点差。更に、代打・真中が二塁打を浴びせると、続く青木が執念のヘッドスライディングで内野安打を勝ち取り、一、三塁。ここで雨の為に長らく中断となると、このインターバルの間に気持ちを切り替えた上原は田中浩,寿司職人ラミレスと連続三振に斬って取り、辛くも連敗をストップさせた。押せ押せムードが雨により、文字通り水を差された格好となったヤクルトは4連敗。

◆D1−2YB◆
中日先発・山井が7回まで3安打無失点と踏ん張れば、横浜先発・三橋は7回を僅か1安打に抑え込む完璧な投球を展開。両軍三塁すら踏めない儘、迎えた8回、横浜は一死から三橋の代打・下園が四球を選ぶと、T.ウッズのエラー,野中の内野安打で満塁とした所で金城がライト前へ弾き返し、ついに均衡を破る先制点をゲット。なおも満塁のチャンスに続く村田がセンターへ犠飛を打ち上げ、2点目を追加。土壇場9回、守護神・クルーンに対して、中日は先頭の立浪がヒットで出ると、二死後、3連続四球で押し出しの1点をあげ、なおも満塁と一打サヨナラの場面を作ったが、最後は李がどん詰まりのピッチャーゴロに倒れて、あと一歩及ばなかった。

◆C9−0T◆
破竹の連勝を10にまで伸ばした阪神はこの日も初回から二死一、二塁と先制のチャンスを掴むが、桜井が三振に倒れて二者残塁。先発・能見は簡単に二死を取り、まずまずの立ち上がりかと思われたが、ここから連続四球でピンチを迎えると、栗原に22号3ランを被弾。2回以降は立ち直りを見せていたが、5回、またも制球が乱れて、2四球1安打で満塁のピンチを作った挙げ句、オチョアに2点タイムリーを許して、あえなくKO。更に、代わった渡辺も新井,栗原と連続タイムリーを浴び、求道者・前田にも犠飛を許して、この回、悪夢の5失点。広島は7回にも求道者・前田がタイムリーを浴びせて、9点目。先発・長谷川は6回まで無失点に抑えると、7回は林−佐竹と繋ぎ、最後は魅惑のナックルボーラー・フェルナンデスが2イニングをきっちり抑えて、完封リレーを達成。阪神の連勝はついに10でストップした。

◆L1−8H◆
ソフトバンクは2回、連打と野選で無死満塁のチャンスを掴むと、ハマのスペランカー,柴原の連続タイムリーで3点を先制。その後、しばらく膠着状態となったが、6回、ハマのスペランカーの12号2ランの後、本多にも2号3ランが飛び出して、一気に5点を追加。投げては先発・斉藤和が7回を投げて、リーファーのソロアーチのみの1安打と力投を展開。投打が噛み合っての完勝を果たし、連敗を2で止めた。

◆M3−4F◆
V戦線に留まる為にも、これ以上、日本ハムとの直接対決を落とす訳にはいかないロッテは初回、日本ハム先発・武田勝に対して、ヒットのTSUYOSHIを早川が送った後、ズレータのタイムリー二塁打で早々と1点を先制。4回には二死二塁から里崎がタイムリーを浴びせて、1点追加。そして、7回にはまたも里崎が11号ソロを炊き込み、貴重な1点を追加。ロッテ先発・小林宏の前に2安打と沈黙していた日本ハムは8回に金子誠のタイムリー二塁打で1点を返すと、土壇場9回、無死一、二塁のチャンスを作って、小林宏をKO。守護神・小林雅がマウンドに上がった所で豪雨によるしばらくの中断の後、小谷野が送って、二、三塁となった所で青波の長瀬が起死回生の21号3ランを叩き込み、一気に逆転。またもコバマサ劇場が開演されてしまい、失意のロッテはその裏、MICHEALの前に苦もなく3人で捻られ、逆転負け。これで首位・日本ハムとの差は4ゲームとなってしまった。

◆E1−4Bs◆
最下位攻防戦となったこのカード、先手を取ったのは偽バファローズ。2回、牛込氏に「無理に決まってますよ! 夢よ、もう一度って事だろうけど、そんな選手が通用するほど、日本の野球は甘くないですよ」と酷評されたローズがライバル・山崎武の目の前でトップに並ぶ41号ソロを叩き込み、1点を先制。3,4,5回と立て続けの併殺で攻めあぐねていたが、6回、ラロッカに26号2ランが飛び出して、2点を追加。6回まで毎回走者を出しながらも、残塁を量産するばかりだった悪の温床・楽天は7回に渡辺直のタイムリーでようやく1点を返すも、直後の8回、偽バファローズはローズの犠飛で再び3点差と突き放し、ダメ押し。最後は守護神・加藤大が3人で締め、西武,悪の温床・楽天,偽バファローズの3弱が0.5差でひしめく事となった

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:20コメント(1)トラックバック(73) 

September 05, 2007

◆D1−3G◆
負ければ、首位陥落となる巨人は中日先発・山本昌に対して、2回一死一、三塁からホリンズのタイムリー二塁打で先制すると、更に、松田記者のタイムリーで2点を追加。中日相手に3年間白星のない巨人先発・木佐貫は5回までパーフェクトと完璧な投球を展開。6回に英智に初安打を許し、一死二塁のピンチを迎えるも、崩れる事なく後続を断ち切った。7回二死走者なしから、またも天敵・T.ウッズに33号ソロをバックスクリーンへ叩き込まれて、完封の夢は断たれたが、9回からは守護神・上原がきっちり締めて、首位の座を守った。木佐貫は8回1失点で11勝目。敗れた中日はついに3位転落。

◆S5−3C◆
初回、オチョアに先制弾を許したヤクルトだが、3回一死一、三塁から田中浩が同点タイムリー。更に、ラミレスのサードゴロの間に1点を加え、勝ち越しに成功。5回には宮出が9号2ランを叩き込み、2点を追加。直後の6回、1点を返されるも、その裏、川本が4号ソロを放り込んで、再び点差は3点。土壇場9回、広島は一死二、三塁のチャンスを作り、館山を引っ張り出すと、求道者・前田のセカンドゴロの間に1点。更に、代打・森笠が歩いて、一発で逆転のチャンスを作ったが、最後は代打・嶋が三振に倒れて、万事休す。これで広島はヤクルトと入れ替わりでまたも最下位へ逆戻りとなった。

◆T3−2YB◆
横浜は3回二死二塁から村田のタイムリーで1点を先制。横浜先発・三橋の前に3回までパーフェクトに抑え込まれていた阪神だが、4回、鳥谷の一発で同点とすると、続く5回には二死二塁の場面で早くも先発・上園を引っ込めてまで起用された代打・高橋光がタイムリーを放ち、勝ち越し。更に、連続四球で満塁とチャンスを拡大させたものの、シーツはセンターフライに倒れて、三者残塁。続く6回にはメカゴジラのタイムリーエラーで3点目。6回から久保田−ダーウィン−ウィリアムスと繋いだ阪神は9回から満を持して藤川を投入。藤川は一死から内川に三塁打を浴び、続く相川のファーストゴロの間に生還を許したものの、最後は代打・マイケルを三振に仕留めて、1点差で逃げ切った。これで阪神は6連勝となり、中日を抜いて2位に浮上。上園は5回降板ながらも、金刃に1差と迫る6勝目で逆転新人王の可能性も見えてきた。

◆H5−1E◆
初回を無難に抑えたソフトバンク先発・和田は2回も連続三振で簡単に二死。しかし、ここから牧田に痛打されると、暴投で二進を許した後、鉄平にタイムリーを浴びて、先制点を献上。しかし、その裏、ソフトバンクは連打で無死一、三塁とすると、松田がセンターへ同点犠飛。4回には二死からまたも松田が三塁打を浴びせると、一軍復帰となった大村がタイムリーを放ち、勝ち越し。続く5回にはハマのスペランカー,松中に連続タイムリーが飛び出して、4点目。8回には川崎がダメ押しのタイムリー。最後はセーブのつかない場面ながらもマウンドに上がった守護神・馬原が2人の走者を出しながらも、何とか後続を断ち切った。先発・和田は8回途中まで1点に抑え、12勝目

◆Bs0−2F◆
8月の月間MVPに輝いたダルビッシュが5回まで6三振のパーフェクトに抑え込む快投を展開。一方、偽バファローズ先発・平野佳も全投球で6三振。オリックス平野佳も2回を除いて毎回安打を浴びながらも、粘りの投球で無失点を続けていたが、7回、先頭の高橋にレフトスタンドへ8号ソロを叩き込まれて、0−0の均衡が破れた。その裏、偽バファローズは二死一、二塁と初のチャンスを掴んだが、後藤がショートフライに倒れて、二者残塁。すると、8回、日本ハムは青波の永瀬の犠飛で貴重な2点目を追加。最後は守護神・MICHEALが締めて完封リレーを達成。ダルビッシュは8回無失点10個の三振を奪う力投で14勝目を飾った。平野佳は8回途中まで2失点の好投も虚しく、両リーグトップの12敗目。

◆M2−1L◆
西武は4回まで7安打を浴びせながら、一向に点を奪えない拙攻三昧。西武先発・オツはなかなか貰えない援護を待ちながら、6回まで2安打無失点の力投を展開。何とかオツを援護したい西武は7回、二死三塁から福地のタイムリーでついに待望の先制点をゲット。しかし、それも束の間、その裏、ロッテはオーティズのタイムリー二塁打であっさり追いつくと、更に、早川のタイムリーで勝ち越し。8回からは薮田−小林雅がパーフェクトリレーを見せて、逃げ切りに成功。先発・小野は7回1失点で5勝目。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:41コメント(0)トラックバック(57) 

August 29, 2007

◆G4−2S◆
ヤクルトの先発は金村(日本ハム)の師匠・伊集院光が「合体変形ロボみたいな名前で凄ぇかっこいいから」と言う理由で一押しの新助っ人・グライシンガー。春風亭半ケツ,内海らのタイトル争いを援護する為にも叩いておきたい巨人は初回一死一、三塁からガッツの犠飛で先制すると、3回には3番でスタメン復帰となったマッスル千代の富士がタイムリー二塁打を放ち、2点目を追加。4回には二塁打の李を阿部が送って一死三塁。ここで若大将・原監督の指示はスクイズ。完全にヤクルトバッテリーの意表をついたが、ニックンが得意のヘッポコバントでこれをファールにしてしまうインケツぶりを発揮。しかし、これでインケツパワーが充電されたニックンはバットを折りながらも、しぶとくセンター前に落として、3点目。ニックンは6回にもタイムリーを放ち、4点目。先発・木佐貫は7回まで2安打無失点と二塁すら踏ませない素晴らしい投球を展開。しかし、完封も見えてきた8回、先頭の田中浩に内野安打を許した後、続く宮本に5号2ランを叩き込まれると、一死後、代打・宮出に痛打された所で無念のKO。二死後、3番手・西村が連続四球を許し、満塁となったが、ここで登場した守護神・上原がガイエルを打ち取り、ピンチ脱出。上原は9回もきっちり締めて、木佐貫はルーキー時代以来となる4年ぶりの2桁勝利をマークした。

◆YB−D◆
降雨中止。

◆T2−3C◆
広島は2回、求道者・前田の2000安打へ4と迫るヒットを皮切りにチャンスを作り、シーツのエラーと梵の犠飛で2点を先制。その裏、先発・青木高が浜中に被弾し、1点差となるが、4回、またも求道者・前田が12号ソロを叩き込み、2000安打で3と接近。しかし、阪神も負けじと、その裏、右肩痛で登録抹消となった林に代わり、スタメンに起用された高橋光の移籍初打点となるタイムリーで再び1点差。なおも、一、二塁のチャンスだったが、ジュビロ野口がゲッツーを食らい、同点ならず。続く5回には二死から関本が三塁打を放ったものの、シーツが打ち上げ、無得点。8回には一死から関本,シーツが連打を浴びせるも、キュラソ星人,桜井と倒れて、二者残塁。最後は守護神・永川の前に反撃を断たれて、あと1点が届かなかった。広島先発・青木高か5回2失点で退いたが、リリーフ陣の援護を仰ぎ、3勝目を飾った。

◆Bs1−5H◆
偽バファローズ先発・平野佳の前に3回までパーフェクトに抑え込まれていたソフトバンクだが、4回、本多がチーム初安打となる二塁打を浴びせると、川崎のセカンドゴロの間に三進。ここでハマのスペランカーが犠飛を打ち上げ、1点を先制。6回には二死一、二塁から柴原のタイムリーの後、松田に4号3ランが飛び出して、一気に4点を追加。投げては先発・斉藤和が6回を散発2安打無失点の好投を展開。偽バファローズは土壇場9回、牛込氏に「無理に決まってますよ! 夢よ、もう一度って事だろうけど、そんな選手が通用するほど、日本の野球は甘くないですよ」と酷評された上、山崎武に批判されて怒り心頭中のローズがストレスを解消する38号ソロで完封を免れるのが精一杯だった。王さんはこれで別当薫を抜いて歴代単独8位となる1238勝目。

◆L3−6M◆
初回にサブローのタイムリーで先制された西武だが、4回、礒?のタイムリーで追いつくと、続く5回には二死から片岡がヒットで出た後、中島が11号2ランを叩き込み、2点を勝ち越し。粘るロッテは8回にズレータの11号ソロ,9回には抑えのグラマンから早川の4号ソロと一発攻勢で同点に追いつき、試合は延長に突入。流れを引き寄せたロッテは10回、内野安打と2四球で一死満塁とすると、ここでサブローが走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、一気に3点を勝ち越し。最後は守護神・小林雅が3人できっちり締めて、3連勝。

◆E4−5F◆
6連勝中のダルビッシュに対して、悪の温床・楽天は初回、草野のタイムリー二塁打で先制。3回には一死二、三塁からまたも草野が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、2点を追加。3点を追う日本ハムは5回、稲葉のタイムリー内野安打でようやく1点を返すと、続く6回には二死一、二塁から鶴岡が走者一掃のタイムリー三塁打を浴びせて、一気に同点。更に、劇団ひちょりがショートへの内野安打を放ち、勝ち越しに成功。しかし、8回二死二塁から飯山が痛恨のタイムリーエラーを犯し、試合は振り出しに。同点で迎えた土壇場9回、日本ハムはいきなり工藤,稲葉,ミスタースナイパー・坪井と3連打を浴びせて、勝ち越しに成功。その裏、悪の温床・楽天は依然として続投のダルビッシュから先頭の礒部が内野安打で出るも、代走・高波がいきなり二盗を仕掛けて憤死すると、ここで憲史が内野安打を放つチグハグな展開。結局、この後、鉄平,代打・関川と倒れて、あと一歩及ばなかった。ダルビッシュは調子が悪いながらも粘りの完投で13勝目をあげた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:13コメント(0)トラックバック(55) 

August 01, 2007

◆YB2−5G◆
首位陥落となり、開幕からローテを守ってきた新人王レース驀進中の金刃が二軍降格となるなど、重苦しいムードの巨人だが、この日は初回からニックン,ガッツの連続アーチで早々と3点を先取。その裏、横浜は先頭のガッツな貴公子・仁志が死球を選ぶも、二盗を仕掛けて憤死。この後、金城に一発が出ると言う何とも勿体ない展開に…。2回にも先頭打者を出しながら、ゲッツーで潰してしまうチグハグな攻撃で巨人先発・木佐貫を立ち直らせてしまう。一方、横浜先発・はーちゅんも2回以降、立ち直りを見せていたが、6回、よりにもよって第1打席で既にインケツパワーを使い果たしているニックンに死球を食らわせて、ただで出塁させてしまう大失態を犯し、これで動揺したか、ガッツ,李にも連打を許して、無死満塁の大ピンチを迎えると、阿部の犠飛,清水のタイムリー二塁打で手痛い2点を献上。8回に2番手・豊田から内野ゴロの間に1点を返したものの、最後は守護神・上原の前に反撃を断たれた。巨人は毎回の12三振を奪われながら、効率のいい攻めで快勝し、一夜で首位に返り咲き。木佐貫は7回1失点で9勝目。

◆C5−4D◆
初回、中日がT.ウッズのタイムリーで先制すれば、広島は2回、喜田の3号ソロで同点。3回に中日が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに森野が11号2ランを放ち、勝ち越すも、その裏、広島は栗原に6試合ぶりとなる17号3ランが飛び出して、一気に逆転。中盤以降はすっかり膠着状態となり、4−3の儘、土壇場9回へ突入。逃げ切りを図るべく最後のマウンドを託された守護神・永川だったが、いきなり先頭の代打・立浪に痛打されると、代走・藤井に二盗を許した所で代打・ピンキー井上にもライト前へ弾き返され、石原のエラーも重なって、同点とされる昨日に続いての背信投球を犯し、試合は2夜連続の延長に突入。迎えた10回、ブラウン監督は何を血迷ったか、はたまた明日が雨だと確信したのか、明日の先発が予想されていた青木高をプロ入り初のリリーフで起用。これに対して、中日は先頭の中村紀がヒットで出塁。ここで堂上剛がヘッポコバントを連発した末の結果オーライのヒットでチャンスを広げるも、藤井はヘッポコバントをかました挙げ句にクソボールを空振り三振。更に、続く谷繁はゲッツーに倒れる最悪の展開川相不在の弊害を大露呈し、実況のアナウンサーからは名手・川相の現役復帰待望論が声高らかに叫ばれるのだった。すると、その裏、広島は中日5番手・平井に対し、二死から四球で歩いた栗原が暴投で二塁を陥れると、ここで4番・新井がセンター前へタイムリーを放ち、劇的なサヨナラ勝ち。10敗一番乗りの気配も漂っていた青木高だったが、久々の2勝目が転がり込んだ。11個もの残塁を量産するわ、勝負所でバント失敗を連発するわと、川相不在の弊害を露呈しまくり、敗れるべくして敗れた中日は一夜で首位陥落となった。

◆T3−11S◆
初回に1点ずつ取り合って迎えた3回、ヤクルトはガイエルのタイムリー内野安打で勝ち越すと、更に、満塁とした所で宮出がタイムリーを放ち、2点を追加。そして、5回には二死走者なしから、連打とガイエルの死球で満塁のチャンス。しかし、ここで金村(日本ハム)の師匠・伊集院光が「合体変形ロボみたいな名前で凄ぇかっこいいから」と言う理由で一押しの新助っ人・グライシンガーがどん詰まりのピッチャーゴロに倒れて、三者残塁…と思いきや、下柳が一塁へよもやの悪送球。ボールが転々とする間に満塁の走者が一気に生還。これで完全に流れを引き寄せたヤクルトは青木が歩いた後、田中浩が走者一掃のタイムリー二塁打を浴びせて、下柳をKO。更に、2番手・岩田から寿司職人ラミレスがタイムリー。続くガイエルが鉄人・衣笠以来、31年ぶり史上2人目となる1イニング2個目の死球を食らい、あわや乱闘モードとなった後、リグスのサードゴロを今度はシーツがタイムリーエラーを犯し、この回、大量7点で10点差。阪神はグライシンガーが降板した後に2点を返したが焼け石に水だった。完敗の阪神だが、5回のリグスの併殺を処理した関本が二塁手として立浪の記録を破る714回連続守備機会無失策のセ・リーグ新記録を達成したのが明るい材料だった。グライシンガーは1失点の好投で春風亭半ケツに並ぶハーラートップタイの11勝目。

◆H3−7Bs◆
7連勝中ながら、ローテの谷間を迎えたソフトバンク。先発・西山を援護すべく、2回に小久保が23号先制2ランを放つも、直後の3回、牛込氏に「無理に決まってますよ! 夢よ、もう一度って事だろうけど、そんな選手が通用するほど、日本の野球は甘くないですよ」と酷評されたローズに32号2ランを叩き込まれて、あっさり試合は振り出しに。その後ものらりくらりと何とか粘っていた西山だが、6回、無死一、二塁のピンチを作って、ついに降板。代わったニコースキーは全く制球が定まらず、代わりばな大引を四球で歩かせると、続く日高には押し出し死球をかまして、勝ち越し点を献上し、何をしに出てきたのか分からない儘、あえなくKO。更に、3番手・柳瀬も村松,アレンにそれぞれ2点タイムリーを許して、この回、悪夢の5失点。この大量失点が大きく響き、ソフトバンクの連勝はついに7でストップ。

◆L5−3F◆
西武先発・松永はいきなり劇団ひちょり,田中賢を連続三振に斬って取ると、続く稲葉もファーストゴロに打ち取る上々の立ち上がり…と思いきや、これをカブレラがエラー。これでリズムを崩したか、青波の長瀬,高橋と連続タイムリー二塁打を浴びて、2点を献上。しかし、その裏、西武はエラーの汚名返上とばかりにカブレラが約1ヶ月ぶりとなる15号同点2ランを叩き込むと、2回にはG.G.佐藤が19号ソロを放り込み、勝ち越しに成功。4回に二死満塁のチャンスを逃した日本ハムだが、5回、小谷野のタイムリーで同点。この後、二死満塁とチャンスを拡大させたが、陽が倒れて、またも三者残塁で勝ち越しならず。3−3で迎えた7回、西武は一死二塁から細川が勝ち越し10号2ランを叩き込み、武田勝をKO。このリードをミッチー,グラマンと繋いで逃げ切った。

◆M0−1E◆
悪の温床・楽天先発・朝井が4回を2安打無失点に抑えれば、ロッテ先発・渡辺俊も負けじと4回を1安打無失点の好投。しかし、5回、渡辺俊は先頭のフェルナンデスにレフトスタンドへ13号ソロを被弾し、ついに先制点を献上。渡辺俊は6回以降も付け入る隙を許さずにいたが、朝井の好投の前に二塁を踏む事すらままならず、5回の1点が重くのしかかる。結局、朝井は9回も3人で打ち取り、最小リードを守りきるプロ初完封で5勝目をマークした。渡辺俊は1失点完投も打線に見殺しにされ、6敗目。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:05コメント(1)トラックバック(62) 

July 04, 2007

カリメロ◆G5−1YB◆
巨人を倒し、12球団からの勝利を狙うカリメロは走者を出しながらも要所を締める老獪な投球で6回まで無失点の好投を展開。何とかカリメロを援護したい横浜は木佐貫の前に僅かに1安打と手も足も出ずにいたが、7回二死から吉村がレフトスタンドへ放り込み、ついに均衡を破る先制点をゲット。待望の1点を貰ったカリメロだが、その裏、ニックン,李と連打を浴びてKO。代わった加藤もホリンズ,キムタクと連続タイムリー二塁打で逆転を許し、カリメロの12球団勝利は消滅。巨人は更に、松田記者,阿部にもタイムリーが飛び出して、この回、大量5点。8回からは豊田,上原と繋ぐ必勝リレーを決め、逃げ切った。木佐貫は7回を2安打1失点の好投で7勝目を飾った。

◆D−C◆
降雨中止。

◆T3−4S◆
昨夜のサヨナラ勝ちでいいムードの阪神は初回からキュラソ星人のタイムリーで先制する幸先のいい滑り出し。しかし、ガイエル,宮本のヒットで一、二塁のピンチを迎えると、福川に4号3ランを叩き込まれて、形勢逆転。3,4,5回とヤクルトが悉くチャンスを潰す拙攻を展開する隙に何とか追いついておきたい阪神は5回に併殺崩れで1点を返すと、6回にはキュラソ星人が18号ソロを放り込み、ついに同点。しかし、それも束の間、直後の7回、ヤクルトはゼブラ今岡のエラー等で貰った二、三塁のチャンスに寿司職人ラミレスがセカンドへの内野安打を放ち、勝ち越しに成功。1点を追う阪神は土壇場9回、一死一、三塁とチャンスを作るも、坂の打席で福川が後ろへ弾いたのを見た三塁走者・庄田が飛び出して、憤死する大チョンボ。この後、坂がヒットで繋いだものの、最後は鳥谷がセカンドゴロに終わり、あと一歩及ばなかった。

◆E−H◆
降雨中止。

◆F1−4L◆
栗山の先頭打者アーチでいきなり先制された日本ハムだが、2回に高橋のタイムリー二塁打ですかさず同点。日本ハム先発の伊集院光の弟子・金村は再三ピンチを迎えながらも、あと一本を許さない粘りの投球で追加点を阻止。一方の西武先発・ジョンソンも3回以降は日本ハム打線を無失点に抑え込み、1−1の儘、試合は土壇場9回裏へ。この回から代わったミッチーに対して、日本ハムは先頭の稲葉がヒットで出るも、続く青波の長瀬が痛恨のゲッツー。続く高橋も三振に倒れて、延長に突入。10回、西武は9回から登板の武田久に対して、先頭の細川が二塁打を浴びせると、中村の犠打で三進。ここでまたも栗山がタイムリーを放ち、勝ち越しに成功。更に、片岡が送った後、中島,カブレラに連続タイムリーが飛び出し、ダメ押し。最後は小野寺ではなく、ルーキー・岩崎が締めて、プロ初セーブをマークした。

◆M8−4Bs◆
初回にローズ,北川の連続タイムリーで先制した偽バファローズは1点差とされた3回にはアレンのタイムリーで1点を加えて、3点目。2点を追うロッテは5回、一死からTSUYOSHI,早川,フクーラの3連打で同点に追いつき、偽バファローズ先発・ユウキをKO。これで流れを引き寄せたロッテは続く6回には一死一、三塁から代打・ワトソン博士が4号3ランを叩き込み、一気に勝ち越し。更に、この後、サブローが2点タイムリー二塁打を放ち、試合を決定付けた。先発・小野の残したピンチをゲッツーで切り抜けた2番手・高木は打者1人だけで今季初白星を手にした。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:42コメント(0)トラックバック(37) 

June 19, 2007

◆G5−2M◆
加藤哲信者や、後ろ向き極まりないロッテファンから「巨人はロッテより弱い」などと、いつまでもウダウダ言われ続ける事に業を煮やしたか、若大将・原監督は江川氏が二軍に落とせ!と叫んでやまない怒濤のチャンスブレイカー・ニックンをスタメンから外し、目の前でガッツを敬遠されまくるなど、敵軍からナメられきっている李を6番に落とすテコ入れを敢行。それが奏功したかはともかく、マッスル千代の富士の先頭打者アーチで先制すると、2回にはキムタクがタイムリーを放ち、1点を追加。6回には4番に復帰した阿部とホリンズの連続アーチが飛び出して、4点目。先発・木佐貫は6回まで4安打無失点の好投を見せていたが、7回、根元にプロ初アーチとなる2ランを被弾した所でKO。しかし、その裏、松田記者の8号ソロで突き放すと、8回からは豊田,9回からは上原と繋ぐ必勝リレーが決まり、対ロッテ3年越しの連敗は9でストップした。

◆D1−0Bs◆
井端を5番に入れる新オーダーで臨む中日に対して、偽バファローズ先発・カーターは2回、3安打で一死満塁のピンチを迎えた上、谷繁の打球を顎に食らって、文字通りのKO。しかし、代わった高木が後続を見事に断ち切る。3回も併殺でピンチを切り抜けた高木だが、4回、2つの四球で迎えたピンチで谷繁にタイムリーを許し、ついに先制点を献上。中日先発・朝倉の前に4回までパーフェクトと沈黙していた偽バファローズは5回、先頭のローズがチーム初安打となる二塁打を放つと、続く北川のヒットで本塁を狙うも憤死。二死後、後藤がヒットで繋いだものの、日高が三振に倒れて、二者残塁。以降、両軍、全くチャンスを掴めない儘、土壇場9回へ突入。この回から代わった守護神・岩瀬に対して、偽バファローズは一死からラロッカ,ローズの連打で一、二塁とするも、北川,下山と倒れて、結局、完封負け。朝倉は8回無失点の好投で4勝目。

◆YB5−0H◆
水島の呪いからの脱却へ必死のソフトバンクは毒をもって毒を制そうとでも言うのか、アダム,ブキャナンの両助っ人を登録抹消する水島鎖国政策を再現。しかし、この毒はあまりにも劇薬だった。地獄ワールドの再現が事態の好転に繋がる事はなく、4回まで毎回の5残塁1走塁死1併殺と拙攻三昧。投げては先発・新垣が2回に投手の吉見に先制タイムリーを許すと、3回には金城に3ランを浴びて、4失点。十八番の暴投こそかまさなかったものの、4回限りであえなく降板となる体たらく。横浜は5回にも内野ゴロの間に5点目を追加。ソフトバンクは8回に無死一、二塁とするも、ハマのスペランカー,小久保,大村のクリーンアップがあえなく凡退。結局、これが最後のチャンスとなり、吉見の前に無惨な完封負けで3連敗。一向に衰えを知らない水島の呪いから、果たして、解放される日は来るのだろうか!?

◆C6−10F◆
序盤から両4番のバットが火を噴いた。まず、青波の長瀬が初回に先制のタイムリー二塁打を浴びせると、その裏、新井が16号逆転2ラン。3回に青波の長瀬が左打席で14号逆転2ランを放てば、その裏。新井も負けじと同点タイムリー二塁打を放ち、日本ハム先発・木下は今季最短のKO。3−3で迎えた6回、青波の長瀬が今度は右打席で2打席連続の15号ソロを放ち、日本ハムが3たびリードを奪う。青波の長瀬のスイッチアーチはこれで史上最多の7度目。日本ハムはこの後も高橋,稲葉とアーチ攻勢で加点し、青波の長瀬は3打席連続16号ソロを叩き込む。8回には金子誠のタイムリーでダメ押しの10点目。9回に謎の温存が続いていたMICHEALが13日ぶりのマウンドに上がり、嶋に3ランを浴びたものの、大局には響かなかった。2番手の武田勝は5回を2安打無失点に抑える好リリーフを見せ、3勝目。敗れた広島は5連敗となった。

◆T1−0E◆
アウトカウントを稼ぐ事しか能がない無体な扱いを受ける水島の呪いに苛まれている悪の温床・楽天打線はこの日もさっぱり打てず、阪神先発・下柳の前にゼロ行進。全く期待出来ない打線に辟易としながらも、3回まで何とか阪神打線を抑えてきた悪の温床・楽天先発・永井だが、4回、2四球で一死一、二塁のピンチを迎えると、ゼブラ今岡にタイムリーを許し、先制点を献上。阪神は7回から久保田−ウィリアムスと繋いで、藤川が締める必勝パターンで完封リレーを果たし、虎の子の1点を守りきった。

◆S2−9L◆
地獄の10連敗から、一転4連勝と本来の力を取り戻してきた西武は初回こそ二死満塁のチャンスを逃したが、2回に細川の6号2ランで先制。その裏、ヤクルトは二塁打のガイエルが牽制悪送球で三進すると、宮出のショートゴロの間に生還。更に、この後、二死満塁で青木に回す絶好の場面を迎えたが、青木は空振り三振に倒れて、三者残塁。突き放したい西武は4回、G.G.佐藤に16号ソロが飛び出し、3点目。8回に1点ずつ取り合って迎えた9回、西武は中継ぎ降格の5番手・石川に対し、江藤の満塁弾等、5長短打で試合を決定付ける5点を奪い、5連勝。先発・涌井は22日ぶりの白星でハーラートップに並ぶ9勝目

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:53コメント(0)トラックバック(71) 

April 19, 2007

◆G8−1C◆
前回、3年ぶりの白星を掴んだ木佐貫。それがフロックかどうか、真価を問われる今回の登板で6回を5安打1失点とまずまずの内容で、打線の援護にも恵まれて、2連勝。開幕前から15勝すると豪語していたとの事だが、それを信じるのは気が早いにしても、上原とパウエルの復帰が遅れても何とかなると思わせる存在になってきたのは何よりだ。さて、「素行の悪くない巨人直輸入助っ人をとりあえず応援してみる会」会員として気になるホリンズはまたもタイムリーを1本と乗ってきた。早いトコ、ゴンザレスにも復帰して欲しい所なのだが、キムタクがこの日も3安打を放つなど好調をキープしており、戻ってきても居場所があるか心配になってきた。

◆D9−7T◆
ナゴヤドームでの嫌なジンクスを打ち砕くかの様な圧勝劇から一夜、この日も5回までに7点を奪う猛攻で人斬り抜刀斎をKOと快勝ムードの阪神だったが、ナゴヤドームの鬼門ぶりは一度の圧勝くらいでは解消出来はしなかった。先発・ボーグルソンが突如崩れて、その裏、5失点であっと言う間に1点差。これで完全に流れを引き寄せた中日は7回に英智,井端の連続タイムリーで逆転勝ちを果たし、首位転落の危機を免れた。グラセスキは中継ぎで早くも3勝目と勝ち運の強さを見せつけているが、依然としてエースらしい投球を見せられない人斬り抜刀斎が気がかりだ。序盤はあれだけ押していた阪神だが中盤以降は攻めあぐね、4併殺を喫する拙攻ぶりでまた1つナゴヤドームでの嫌な黒星を増やしてしまった。

◆S1−14YB◆
2戦続けて雨天中止となったこのカード。亡命前から横浜をカモにしていたヤクルト先発・石井一だったが、初回から相川に満塁弾を浴びるなど6失点。続く2回にも連続タイムリーを浴びるなど3点を失い、一死も取れずにKOとなる大炎上。以降も横浜は着々と加点し、計15安打14点の猛攻で大勝した。先発・加藤は8回で10三振を奪い、青木の一発による1失点のみに抑える好投で今季初勝利。中井美穂の旦那は久々のスタメンマスクで史上37人目となる2000試合出場を飾りたい所だったが、ワンサイドゲームとなった上、その状況で盗塁を仕掛けられた事にブチきれ、更に、遠藤が村田に頭部死球を食らわせて危険球退場となった際、審判に暴言を吐いて退場となる失態で記念試合を自ら踏みにじってしまった。

◆E3−1H◆
よもや悪の温床・楽天相手に3タテを食らおうとは…。9回二死からタイムリーエラーで完封を免れるのが精一杯とは…。これが本当に王さんの為にV奪回を狙うチームの姿なのか!? しかし、このあまりにも無様な試合運びを展開するに至る原因に思い当たる節があった。そう、恒例の水島の呪いである。虚弱投手・里中の前にパーフェクト寸前に追い込まれる様な無体な扱いを受けているとなれば、最早、呪い効果の直撃は避けられないと言うものだ。これでとうとう借金生活とは、泣けてくる…。尚、悪の温床・楽天は創立3年目にして初の本拠地での3タテとなった。

◆L6−2F◆
自らの誕生日を白星で祝いたい伊集院光の弟子・金村だったが、中島の犠飛とベンちゃんのタイムリーで初回から2失点。その後、ルーキー・岸との投げ合いとなり、1点差で終盤を迎えたが、8回二死満塁のピンチに細川,中村と連続タイムリーで3失点と踏ん張りきれず、無念の完投負け。白星はゲット出来ず、FA権をゲットするに留まった。岸は序盤の相次ぐピンチを凌ぎきってからリズムを取り戻し、7回一死まで投げ、リリーフの援護を仰ぎながらも2勝目をマークした。

◆M5−1Bs◆
偽バファローズ先発・川越に対して、初回のチャンスは逃したものの、2回にベニー松山の先制タイムリー二塁打で主導権を握ったロッテ。中盤に入ると、ズレータが2本のアーチにタイムリー二塁打と爆発し、突き放した。先発・小林宏は早川のダブルエラーで1点を失ったが、7回を自責0の好投で3勝目。何故か、小林雅を差し置いて投入された薮田が今季初セーブをマークした。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:53コメント(1)トラックバック(78) 

April 12, 2007

◆C1−3G◆
広島の先発は投げる度に打線に見殺されているルーキー・青木高。この日も初回から一死一、二塁のチャンスを逃してしまった事に落胆の色を隠せず、直後の2回、よりにもよって怒濤のチャンスブレイカー・ニックンに先制タイムリーを浴びると、前夜のヒーロー・キムタクにもタイムリーを許して、2失点。結局、7回まで投げて失点はこの回のみだったが、援護を貰えない儘、無念の降板を余儀なくされ、またもや見殺される形でプロ初白星はお預け。一方、前回、眠っていたT.ウッズを叩き起こすだけ起こして、久々の白星を逃す事となった巨人先発・木佐貫は3度のピンチを凌ぎながら、6回まで無失点の粘投。7回二死から連打を浴びた所でマウンドを譲ると、代わったチョコが不振の代打・緒方にタイムリーを許して、1点差と迫られたが、土壇場9回、ガッツに貴重な一発が飛び出して、ダメ押し。その裏、昨日の不甲斐ない投球で信頼感を失ったのか、守護神・豊田にはお鉢が回って来ず、8回途中から登板していた林が最後まで投げきり、2年ぶりのセーブ。そして、木佐貫は3年ぶりの白星を手にした。広島は4戦連発と絶好調だった新井が先制のチャンスに見逃し三振したのを初め、4タコ3三振とブレーキだったのが響き、最下位転落となった。

◆T3−1D◆
左腕をぶつければ、好調の左打者よりも、壊滅的不振に喘ぐ右打者の方が分がいいと言う極論にいつまでもしがみつく岡田監督が勝手に自滅オーダーを展開してくれるとは言え、流石にエース・人斬り抜刀斎の登板日を無為にズラす事は出来なかった中日。右が相手と言う事で浜中,関本の0割コンビを気兼ねなく外した岡田監督は林,藤本をスタメン起用。溜飲が下がった思いの阪神打線は初回からキュラソ星人のタイムリー二塁打で先制。続く2回には一死一塁から藤本がショートゴロゲッツー…と思いきや、どう見ても二塁ベースを踏んだ様にしか見えない井端がベースを踏み外したとジャッジされて二塁はセーフ。すると何と投手のボーグルソンに来日初アーチとなる2ランが飛び出して、阪神は3点のリード。自らの一発で気を良くしたボーグルソンは川相不在を象徴するかの様な残塁量産モードを展開する中日の拙攻に助けられながら、5回を無失点。6回に中村に移籍初アーチを浴び、完封が途切れたが、7回からはJFKを投入する必勝リレーで逃げ切り、ボーグルソンは来日初勝利。中日は開幕4カード目にして、初の負け越しとなった。尚、浜中は代打で登場し、ヒットを放ち、打率を1割の大台へ乗せた。

◆YB2−4S◆
金村(日本ハム)の師匠・伊集院光が「合体変形ロボみたいで名前が凄ぇかっこいいから」と言う理由で一押しの新助っ人・グライシンガーに対して、横浜は村田のタイムリーで先制。先発・加藤は2回に梶本にプロ初打点となる犠飛を許して、あっさり追いつかれると、4回には宮本にタイムリー二塁打を浴びて、勝ち越し点を献上。1点差の儘、迎えた7回、横浜は2番手として那須野を投入。協約上限の5倍超の契約金を貰ってしまう程、面の皮が厚い那須野はこんな事があっても全く動じないのか、はたまた汚名を返上したい気持ちで一杯なのか、好調のヤクルト1,2番コンビを連続三振に斬ってとる快投を見せると、その裏、古木が犠飛を打ち上げ、ついに同点。しかし、これで気が緩んだか、那須野は8回、カモのガイエルにむざむざ死球を食らわせて降板すると、代わった木塚が代打・真中にタイムリー二塁打を浴びて、勝ち越し点を献上。9回には吉村のタイムリーエラーで致命的な1点を失い、最後は高津が反撃を断たれた。結局、禊ぎの登板となった筈の那須野が早速黒星を喫してしまう因果応報な展開で敗れた横浜はこれで開幕から11試合連続ぬけぬけと言うプロ野球新記録を樹立し、借金生活に逆戻りとなった。

◆H1−6M◆
背信投球が続いているガトームソンがこの日もワトソン博士,青野の連続タイムリーで2点を先制されるピリッとしない立ち上がり。3回には連続死球でピンチを作った挙げ句に、またも青野にタイムリーを許して、3点目を失った。毎回走者を出しながら、詰めの甘い攻撃で無得点に抑えられていたソフトバンクは4回、小久保の2試合連続アーチで1点を返すも、あとが続かない。で1点を返した。6回には無死一、二塁,8回にも二死一、二塁のチャンスを作りながら、あと一本が出ず。そうこうしているうちに9回に柳瀬がサブローにダメ押し3ランを被弾。これでソフトバンクは3カード連続で勝ち越しを逃す事となった。

◆F0−9Bs◆
4月に入ってからすっかり湿りきっていた偽バファローズが突如、爆発。まず、初回にローズの犠飛で先制すると、2回には平野恵が2点タイムリー。4回には辻の2点二塁打で日本ハム先発・スウィーニーをKOすると、更に、阿部真もタイムリー二塁打。中盤は攻めあぐねていたが、8回に3連打等でダメ押しの3点を追加。投げては先発・川越が8回まで散発無失点の好投を展開。完封がかかったラストイニングで一死満塁の大ピンチを迎えたが、落ち着いた投球で糸井,金子誠と打ち取って、2年ぶりの完封をマークした。今季初の完封負けを喫した日本ハムは再び最下位に転落した。

◆E5−4L◆
ゴールデンルーキー・田中が3度目の先発登板となったが、初回二死二、三塁のピンチを切り抜けると、2回は3人で退け、立ち直りを見せたかに思われたが、3回二死一、二塁と再びピンチを背負った所でカブレラに9試合ぶりの3ランを被弾。4回には細川に犠飛を許して、4点目を献上。しかし、その裏、悪の温床・楽天は山崎武,牧田の連続アーチで追い上げると、続く5回にも山崎武,牧田に連続タイムリー二塁打が飛び出して、一気に同点。黒星を消して貰った田中はその後もピンチを背負いながら、追加点を許さず、7回まで投げ抜いたが、勝ち越してまでは貰えず、この日もプロ初白星ならず。この後、悪の温床・楽天は8回に礒部のタイムリーで勝ち越し。最後は福盛が締めて、ようやく今季初セーブ。2番手の松本に12年目の初勝利が転がり込んだ。悪の温床・楽天は一夜で最下位を脱出し、西武の連勝を6でストップさせた。あと1イニング粘っていれば白星が転がり込んでいた田中だが、投げる度に投球回数が増えてきており、初勝利はそう遠くない日にやって来そうだ。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:09コメント(1)トラックバック(81) 

April 05, 2007

◆G3−5D◆
上原,パウエルの戦線離脱により、6番手として開幕ローテの座を掴んだ木佐貫が9ヶ月ぶりの一軍マウンド。初回、軽く三者凡退に抑えると、その裏、李のタイムリーで先制点を貰う幸先のいい立ち上がりとなったが、直後の2回、昨夜ついに目覚めたT.ウッズに川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにレフトスタンドへ放り込まれ、あっと言う間に同点。それでも、調子が悪いながらも要所を締める人斬り抜刀斎と互角の投球を演じ、試合は中盤へ。5回、松田記者,ガッツの連続タイムリーで再び勝ち越して貰い、3年ぶりの白星が見えたかと思ったのも束の間、直後の6回、またもやT.ウッズに川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにバックスクリーン右へ同点2ランを叩き込まれて、この回限りで無念の降板。そして、迎えた8回、巨人2番手・チョコに対して、またまたT.ウッズが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにレフトスタンドへ会心の2ランをぶち込んで、ついに中日が勝ち越し。こうなれば、あとは岡本−岩瀬と繋ぐ必勝リレーが決まり、中日がこの3連戦勝ち越し。T.ウッズが完全に目覚めたのは何よりだが、それでも川相不在を象徴するかの様に一発依存の展開は決して手放しで喜んではいられない。一方、何とか復活を遂げて欲しい木佐貫はT.ウッズ一人にやられたものの、とりあえず先発としては及第点の内容で今後に期待。ここまで先発6人がいずれも最低限の投球を見せているのは巨人にとっては救いだろう。上原,パウエルが復帰してきた時、果たして、誰が落とされてしまうのか、今から気になってきた。

◆S4−1T◆
両軍共に初回から満塁のチャンスを逃すなど、序盤は拙攻合戦が続いたが、4回に飯原の一発でようやくヤクルトが先制。今日こそ今季初勝利を掴みたいヤクルトだったが、6回、先発・石井一がキュラソ星人に被弾し、試合は振り出しに。酷使していた中継ぎ陣が雨天中止で休めたのをいい事に、ボーグルソンに代打を送って、7回から継投モードに入った阪神だったが、これに対して、ヤクルトは先頭の寿司職人ラミレスがいきなり今季初アーチを放って、勝ち越しに成功。更に、宮本のタイムリーと福川のスクイズが決まって、ダメを押すと、館山−高津と繋いで、ようやく今季初勝利を手にした。

◆C2−3YB◆
求道者・前田がスタメンに復帰した広島だが、この日は頼りの前田に本来の冴えが見られない。それでも新井の一発と栗原の犠飛で2点のリードを貰ったエース黒田が6回まで2安打無失点の好投を見せる。しかし、7回、一死一塁から古木に痛恨の2ランを許して、同点に追いつかれると、9回には鈴木なおのりに被弾し、勝ち越し点を献上。最後はクルーンの前に反撃を断たれて、この3連戦負け越し。またも得点は2点と貧打から抜け出せない広島はいつまで先発投手を見殺し続けるのか?

◆L8−3H◆
大村が消え、本多が消え、そして、早くも時限爆弾に火がついたハマのスペランカーの定例行事で日に日に弱体化の一途を辿るソフトバンク打線。しかも、この日は恐怖のパ・リーグ撲滅漫画「ドカパロSS 地獄変」で公私混同虚弱投手・里中にパーフェクトに抑え込まれる呪いをかけられ、試合前から重苦しいムード。ブキャナンの二塁打で先制したのも束の間、先発・ガトームソンが細川,礒?と伏兵コンビによもやの連続被弾で簡単に逆転されると、4回にもカブレラのタイムリー等で2失点。ブキャナンの一発と、ようやく代打で出てきたハマのスペランカーのタイムリーで1点差まで追い上げるも、その裏、藤岡,柳瀬のリリーフ陣が4点を失う体たらくで試合を決定付けられた。

◆Bs3−2M◆
前回、打線に見殺されて白星を逃した成瀬に借りを返したいロッテ打線は初回からズレータの一発先制するも、2回以降、2度の満塁のチャンスを逃すなど、6回まで1併殺9残塁と怒濤の拙攻地獄。5回まで1安打無失点の快投を見せながら、不甲斐ない味方打線に焦りを隠せない成瀬は6回、阿部真にタイムリーを許し、ついに追いつかれてしまう。しかし、8回、この日、当たっている青野に一発が飛び出し、待望の勝ち越し点をゲット。その裏、一死二塁でラロッカを迎えた所でバレンタインが薮田にスイッチする余計な手出しをかまし、案の定、これが裏目。薮田はレフトスタンドへ特大逆転2ランを叩き込まれる最悪の展開で成瀬の白星をまたも粉砕。結局、9回はカーターに軽く捻られ、ゲームセット。15人もの走者を出しながら、結局、ソロ2発でしか点を奪えない有様で3連勝を逃してしまった。

◆E1−3F◆
悪の温床・楽天相手に3タテ食らう訳にはいかないと必死の日本ハムに対して、ゴールデンルーキー・田中がプロ2度目の登板。デビュー戦は2回途中でKOを余儀なくされたが、この日は毎回走者を出しながらも、粘りの投球で6回を1失点(自責0)に抑える好投を展開。何とか田中に白星をつけてやりたい悪の温床・楽天だったが、伊集院光の弟子・金村の前にいきなり鉄平,高須の連続二塁打で1点を先制しながら、それ以降は手も足も出ず、田中のプロ初勝利はまたもお預け。1−1の儘、迎えた8回に青波の長瀬の3戦連続アーチでついに勝ち越した日本ハムは9回にも金子誠の一発でダメ押し。伊集院光の弟子・金村は1失点完投で今季初勝利。8回の満塁のチャンスを逃したのが大きく響き、悪の温床・楽天の連勝は3でストップした。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:58コメント(2)トラックバック(93) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ