朝倉健太

May 03, 2010

5/3藤井◆G7−2S◆
巨人は2回、先頭の阿部が歩くも、続く鶴岡がサードゴロゲッツー。二死走者なしとなった所でマッスル千代の富士が二塁打を放つと、長野が敬遠された後、投手の藤井もヒットで繋ぎ、満塁となった所で坂本が押し出し四球を選んで、先制。なおも満塁の場面で脇谷がレフトスタンドへ今季初アーチとなるグランドスラムをぶち込んで、この回一挙5点。4回までパーフェクトに抑え込まれていたヤクルトは5回、チーム初安打となる二塁打を放った飯原を三塁へ進めた所で田中が犠飛を打ち上げ、ようやく1点。しかし、巨人は6回、李のタイムリーで1点を加えると、7回には寿司職人ラミレスが10号ソロを放ち、ダメ押しの7点目。9回から登板のクルーンは6点リードの楽な場面にも拘わらず、暴投を犯すなどして、1点を許したが、大事には至らず、一夜で首位を奪い返した。先発の藤井は6回まで1安打無四球の好投で2勝目をあげ、史上8人目の12球団からの勝利となった

◆D5−0T◆
2回、中日はブランコの内野安打の後、ベンちゃんのタイムリー三塁打,松井祐のタイムリーと3連打で2点を先制。5回には一死二塁から森野のタイムリー二塁打で1点を加えると、続く6回にも一死二塁から投手のあちゃくらさんがタイムリー。4点を追う阪神は7回、J.マッケンジー,ブラゼルの連打で無死一、二塁とするも、後続3人が倒れて、無得点。ピンチを逃れた中日はその裏、森野の二塁打の後、ブランコがタイムリーを放って、ダメ押しの5点目を追加。投げては、5人の投手で完封リレーを達成。先発のあちゃくらさんは6回1/3を無失点の好投で2勝目。敗れた阪神は一日天下で首位陥落となった。

◆YB1−3C◆
初回、広島は一死から梵がライトスタンドへ4号ソロを叩き込み、1点を先制。続く2回には先頭のルパン広瀬が二塁打を浴びせると、小窪の犠打で三進した所で赤松がスクイズを決めて、2点目を追加。2点を追う横浜は4回、先頭の内川がセンター前ヒットを放つと、村田のショートゴロの間に二進。ここでスレッジがタイムリー二塁打を放ち、1点差。1−2の儘、迎えた7回、広島は二死一塁から赤松が内野安打を放ち、一、二塁のチャンス。ここで求道者・前田が登場するかと思いきや、その儘、打席に送られた石原がセンターへ打ち上げて、二者残塁。相変わらず、勝負所を見極められない首脳陣の失態に悪い空気が漂い始めたが、9回、小窪のタイムリーで貴重な1点を追加。その裏、守護神・シュルツが二死一、二塁のピンチを背負ったものの、最後は石川を三振に斬って取り、何とか逃げ切った。先発の前田健は7回を1失点に抑え、ハーラートップタイの5勝目をマークした

◆Bs4−11H◆
偽バファローズ先発・岸田に対し、ソフトバンクは初回、オーティズのタイムリーの後、小久保の8号2ランを叩き込み、3点を先制。1点ずつ取り合って迎えた4回、偽バファローズは二死からT−岡田が歩くと、ラロッカがライトスタンドへ7号2ランを放ち、1点差。6回には無死満塁のチャンスに日高がタイムリーを放ち、ついに同点。なおも無死満塁のチャンスだったが、ここから代打・バイナムが三振,山崎浩がサードファールフライ,坂口がファーストゴロと3人の走者は釘付けで同点ならず。4−4で迎えた8回、ソフトバンクは二死三塁から、ハマのスペランカーが勝ち越しタイムリーを放つと、更に、松田,長谷川,柴原と3連続タイムリー二塁打を浴びせて、この回一気に4点。9回にも4連打等で3点を奪い、試合を決定付けた。ソフトバンク3番手の摂津は2勝目をマーク。偽バファローズは今季2度目の5連敗で5位転落となった。

◆M8−5F◆
初回、小谷野,稲葉の連続タイムリーで2点を先制されたロッテはその裏、日本ハムバッテリーの守乱に付け込み、1点を返すと、3回には2四球で一、二塁とした所で金が6号3ランを叩き込み、一気に逆転。日本ハムは5回、一死一、二塁から糸井,小谷野の連続タイムリーで追い付くが、その裏、ロッテは一死から金が2打席連続となる7号ソロをぶち込んで、再び勝ち越し。続く6回には一死一、三塁から荻野貴が犠飛を打ち上げ、6点目。7回に稲葉のタイムリーで1点を返されるが、その裏、里崎の4号ソロで再び2点差とすると、8回には金のタイムリーでダメ押し。最後は守護神・小林宏が三者三振の快投で日本ハムの反撃を断ちきった。先発・渡辺俊は5回もたずにKOとなったが、後を継いだ2番手・古谷にプロ初勝利が転がり込んだ

◆L4−5E◆
楽天先発のルーキー・戸村に対し、西武は2回、中村の9号ソロ,ブラウンの6号ソロと連続アーチで2点を先制。直後の3回、楽天は一死満塁のチャンスに鉄平がライト前へ同点2点タイムリー。更に、二死後、草野もタイムリーを放ち、勝ち越しに成功。1点を追う西武は5回、一死から栗山が歩くと、中島が5号2ランを放り込み、一気に逆転。西武は8回から3番手・藤田を投入し、逃げ切り体勢を整えるが、代わりばな内村に痛打されると、続く鉄平に今季初アーチとなる2ランを被弾し、形勢逆転。最後は抑えの小山が3人で締めて、逃げ切った。7回のピンチを切り抜けた2番手の小山は今季初勝利

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:29コメント(0)トラックバック(19) 

April 20, 2010

◆G2−1YB◆
横浜は初回、二死走者なしから内川が四球を選ぶと、続く村田のどん詰まりのフライがセカンドとライトの間にポトリと落ちる幸運なヒットとなり、ボールが転々とする間に内川が一気に先制のホームイン。先制された巨人はその裏、1番打者でありながら、開幕から20試合で四球ゼロの坂本が今季初四球を選んで出塁するも、二盗を仕掛けて失敗。しかし、続く松本がヒットで出て、二盗を決めると、二死後、寿司職人ラミレスのヒットで本塁を陥れ、試合は振り出しに。巨人先発・藤井は2回以降、付け入る隙を許さず、後半戦になると発症する一発病もこの日は顔を出さずに、6,7回と切り抜けるが、一向に援護を貰えない儘、7回に代打を出されて、またも移籍初勝利はお預け。1−1の儘、迎えた8回、巨人は3本のヒットで二死満塁のチャンスを掴むと、李が押し出し四球を選んで、ついに勝ち越し。最後は越智が横浜の反撃を断ちきり、逃げ切った。2番手の久保は1回を無失点に抑えて、今季初勝利

◆D3−2S◆
広島に屈辱の3タテを食らった中日はこの日も初回から3安打を浴びせながら、併殺に走塁死と打者4人で攻撃終了する体たらく。2回にも3四球とただでチャンスを貰いながら、荒木がショートゴロに倒れて、三者残塁。今季初登板初先発となるあちゃくらさんは不甲斐ない攻撃を続ける味方の援護をそれでも待ちながら5回まで無失点と粘りの投球を展開。すると、その裏、中日は一死から荒木,井端,森野の3連打でようやく先制。更に、牽制を捕り損ねた田中が悪送球を犯すダブルエラーでタナボタの2点目を追加。続く6回には川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに野本が2号ソロを叩き込み3点目。直後の7回、ヤクルトは藤本のヒット,井端のエラーの後、代打・森岡がタイムリー二塁打を浴びせて、あちゃくらさんをKO。更に、一死二、三塁から田中のショートゴロの間に1点を返して、1点差。しかし、8回から登板した3番手・浅尾が三者三振の快投でヤクルト打線の勢いを止めると、最後は守護神・岩瀬が一死二塁のピンチを背負いながらも、後続を断ち切り、1点のリードを守りきった。あちゃくらさんは7回途中まで自責点0の好投で今季初白星

4/20狩野◆T5−0C◆
連続フルイニング出場をついに断ち切った事により、今後は気がねなくスタメンからキュラソ星人を外せる様になった阪神はこの日も新井が4番に座るキュラソ星人不在のオーダーを展開。3回までは偽ハンカチ王子・斉藤を攻めあぐねていたが、4回、二死一、三塁から桜井がレフト前へ先制タイムリーを浴びせると、嫌がらせの様なJ.マッケンジー獲得政策により、正捕手どころか捕手の座を追われて外野に回されたばかりの狩野が怒りの1号3ランを叩き込み、この回4点。5回には一死三塁から鳥谷のファーストゴロが野選を誘い、5点目を追加。投げては先発・下柳が毎回走者を出しながら、打たせて取る投球で6回まで広島打線の追撃をかわし続けると、7回からは筒井−西村−川崎がそれぞれ1回ずつをノーヒットに抑えて、完封リレーを達成。尚、連続試合出場は続行中のキュラソ星人は6回に代打で登場し、センターフライに終わった。

◆H2−8L◆
西武は初回、ヒットの原を一塁に置いて、中村がレフトオーバーのタイムリー三塁打を放ち、先制。続く2回には高山,礒?が立て続けにライトフェンス直撃の二塁打を浴びせて1点を追加。西武先発・岸の前に5回までノーヒットに抑え込まれるなど、沈黙してたソフトバンクだが、7回、一死一、三塁から松田のタイムリーでようやく1点。なおも一、二塁と一打同点のチャンスだったが、長谷川はファーストゴロ。そして、ここで代わった星野の前に代打の代打・森本もライトフライに終わり、同点ならず。直後の8回、ソフトバンクはこの回から先発・ホールトンを引っ込め、継投モードに切り替えるが、これが大失敗。4人のリリーフ陣が集中打を浴びて、大量5点を失い、試合を決定付けられた。7回途中まで3安打1失点の力投を見せた岸はハーラートップタイに並ぶ4勝目

◆Bs4−3F◆
2度目の先発となるルーキー・増井は初回を無難に切り抜けると、続く2回も北川,T−岡田と連続三振。この儘、調子付けるかと思いきや、ここからフェニックス一輝,日高,大引と3連打を浴びて、先制点を献上。続く3回には一死から連続四球をかますと、打ち取った筈のラロッカのライトフライを稲葉がエラー。ここで北川に犠飛を許して、2点目を献上。2点を追う日本ハムは5回、二死一、三塁から田中がタイムリーを放ち、1点差。更に、田中が二盗を決めて、ワンヒットで逆転の場面を作るが、劇団ひちょりが打ち上げて、1点止まり。しかし、続く6回、一死から高橋がヒットで出ると、スタメン復帰の糸井が2号2ランをぶち込んで、一気に逆転。2−3の儘、迎えた土壇場9回、日本ハムは暫定ストッパー・高橋由伸を投入し、逃げ切りを図るが、これが裏目。いきなり後藤l,ラロッカ,北川と3連打を浴びて、あっさり同点に追い付かれた高橋由伸はT−岡田を敬遠して満塁とした所で赤田にタイムリーと一死も取れずに5者連続出塁を許す背信投球でサヨナラ負け。9回表に登板した偽バファローズ4番手の小松にタナボタの今季初勝利が転がり込んだ。

◆E8−2M◆
2回に中村紀の2号2ランで先制されたロッテは3回、連打で作ったチャンスに荻野貴,井口,金の上位打線が三者三振。しかし、4回、二死からフクーラが歩いた所で里崎がタイムリー二塁打。続く今江もセンター前へ弾き返すが、同点を狙った里崎が本塁憤死。5回には一死一、三塁から金が犠飛を打ち上げ、ようやく同点に追い付くが、その裏、楽天は二死満塁から山崎,鉄平の連続タイムリーで3点を勝ち越し、ロッテ先発・唐川をKO。8回にも草野のタイムリー,嶋の1号2ランで3点を加えて、ダメ押し。先発・永井は8回途中まで2点に抑える粘りの投球で2勝目をマークした。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:38コメント(0)トラックバック(18) 

September 29, 2009

◆D4−1G◆
19日ぶりの登板となる巨人先発・グライシンガーに対し、中日は2回、先頭のブランコが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに38号先制ソロ。更に、二死後、柳田,小山と連打を浴びせると、投手のあちゃくらさんが走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、この回3点。続く3回には野本が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに2号ソロを叩き込み、4点目。4回まで散発2安打と沈黙していた巨人は5回、古城のヒット,井端のエラー等で一死二、三塁とすると、坂本の犠飛でようやく1点。続く6回にはガッツ,寿司職人ラミレスと連打を浴びせると、一死後、松田記者がレフト前へ弾き返すが、二塁走者の代走・脇谷が本塁憤死。続く古城も倒れて、二者残塁。中日は7回からゴーグルで照明の光を反射させて打者の目を眩ましでもしなければ、とてもプロでは通用しない非力で卑劣な投手として描かれてしまった水島の呪いを受けて以来、2年間白星から遠ざかっている山井−高橋と繋ぎ、最後は浅尾が締めて、逃げ切った。先発のあちゃくらさんは6回を自責点0の好投で2年ぶりの10勝目

◆S2−8T◆
Aクラス奪回へ負けられない阪神は初回、二死一、二塁から新井のタイムリー二塁打で先制。3回には一死一塁からキュラソ星人がタイムリー二塁打を放ち、1点を追加。しかし、その裏、ヤクルトは死球の福地を二塁に置いて、青木が15号2ランを叩き込み、一気に同点。追い付かれた阪神は4回、由規のエラーと連続四球で二死満塁とタナボタのチャンスを貰うと、鳥谷,キュラソ星人と連続二塁打を浴びせて、4点を勝ち越し。ヤクルトは6回、二死から連打と四球で満塁とし、阪神先発・ソニックをKO。一発が出れば同点と言う場面で代打・デントナを送り込んだが、ここで代わったアッチソンの前に三振に倒れて、三者残塁。ピンチを脱した阪神は直後の7回、新井が15号ソロを叩き込むと、9回には狩野のタイムリー内野安打でダメ押し。8回途中からマウンドに上がっていた藤川がその裏もピシャリと締めて、逃げ切り。再びヤクルトとの差を0.5に縮め、Aクラスへ望みを繋いだ。ソニックは5回2/3を2失点で9勝目

◆C2−1YB◆
初回、広島は一死から死球を食らった小窪が天谷のセカンドゴロで二進すると、ここで栗原がライト前へタイムリーを浴びせて、1点を先制。立ち上がりは不安定だったが、徐々に調子を上げていく広島先発・今井は5回まで無失点の好投。しかし、6回、先頭の金城に二塁打を浴びると、藤田に犠打を許した所で内川に犠飛を打ち上げられて、ついに同点。1−1の儘、迎えた土壇場9回、横浜は一死から村田のヒット,ジョンソンの四球で一、二塁とするも、吉村,石川と打ち取られ、勝ち越しならず。初回の栗原のタイムリー以降、22人連続凡退と手も足も出ずにいた広島だが、その裏、先頭の代打・ルパン廣瀬がレフト前ヒットで出塁。続く東出がきっちり送ると、小窪が敬遠されて、一、二塁。天谷は三振に倒れたものの、またも栗原がセンター前へタイムリーを放ち、劇的なサヨナラ勝ち。4番手のシュルツに4勝目が転がり込んだ。

9/29 森本◆E6−7H◆
首位・日本ハムへの挑戦権を賭けた2位攻防4連戦、先手を取ったのはソフトバンク。楽天先発・岩隈に対し、2回二死から明石が三塁打を浴びせると、長谷川,田上と連続タイムリー二塁打で2点を獲得。楽天は3回、二死満塁から山崎武が押し出し四球を選んで1点差。ソフトバンクは5回、一死三塁から小斉が野選を誘い、1点を加えると、更に、二死一、二塁とした所で松中がタイムリーを放ち、この回2点。続く6回には先頭の田上が24号ソロを叩き込み、5点目。岩隈はこの回限りで降板となった。4点を追う楽天はその裏、草野,青波の長瀬と連打を浴びせると、一死後、宮出がタイムリー。更に、代打・中島が歩いて満塁となった所で渡辺直が犠飛を打ち上げ、3点目。続く7回には先頭の鉄平が内野安打で出ると、山崎武が37号2ランを叩き込み、ついに同点。土壇場9回、楽天は3四球で一死満塁と絶好のサヨナラの場面を作りながら、青波の長瀬がファーストゴロゲッツーに倒れて、延長に突入。迎えた10回、ソフトバンクは先頭の川崎が四球で歩くと、一死後、森本のタイムリー三塁打で勝ち越しのホームイン。更に、この後、2四球で二死満塁となった所で明石が押し出し四球を選び、この回2点。その裏、楽天は一死から中村真が3号ソロを叩き込むが、中谷,渡辺直と倒れて、あと一歩及ばなかった。4番手の馬原は2回を1失点で4勝目

◆F12−3Bs◆
今度こそプロ初勝利をと、4度目の先発に臨んだルーキー・伊原は初回、簡単に二死を取り、上々の滑り出し…と思いきや、稲葉に死球を食らわせると、高橋に8号2ラン,スレッジに25号ソロと連続被弾で3失点。3回に1点を返して貰うも、4回、先頭の糸井に14号ソロを被弾すると、続く鶴岡に二塁打を浴びた所であえなくKO。勢い付く日本ハムは更に、田中,小谷野のタイムリー等でこの回5点。6回には二死走者なしから高橋が岡田のエラーで出ると、スレッジがこの日2本目となる26号2ラン。更に、小谷野が二塁打で続いた後、糸井もこの日2本目となる15号2ランを叩き込み、試合を決定付けた。5発のアーチを掲げる一発攻勢で快勝を収めた日本ハムはAクラスを確定させ、優勝マジックを5と減らした。先発のスウィーニーは7回を投げ、10安打を浴びながらも、3失点で食い止め、5勝目をあげた

◆L3−13M◆
西岡の悲痛な叫びも虚しく、下衆なファンが無駄に空気を悪くしている中、この日は真っ当なファンの鬱憤を晴らすがごとく、ロッテ打線が大爆発。初回、一死満塁のチャンスに里崎が押し出し四球を選んで先制すると、今江のセカンドゴロの間に1点を加えた後、南が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、この回4点。2回に1点ずつ取り合って迎えた4回には一死二、三塁から堀のタイムリーで2点を追加。続く5回には一死一塁からまたも南が3号2ラン。更に、田中雅が歩いた後、早坂のタイムリー三塁打,堀のタイムリー内野安打で一気に4点を追加。8回にも今江のタイムリーで2点を加え、ダメ押し。投げては、大量援護に守られた先発・小野が西武打線を5安打3失点で切り抜け、完投で8勝目をマークした。敗れた西武は連覇の可能性が消滅。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:11コメント(0)トラックバック(27) 

April 21, 2009

4/21 グライシンガー◆S0−4G◆
元巨人の木田画伯に元ヤクルトのグライシンガーと、互いに古巣を相手にする対決となったこの試合は初回で早くも明暗が分かれた。グライシンガーが簡単に三者凡退に斬って取ったのに対し、木田画伯は二死二塁から寿司職人ラミレス,亀井,李と3連続タイムリーを浴びると、続く2回にも鈴木にタイムリーを許し、早くも4失点。以降、ヤクルトは立ち直った木田画伯やリリーフ陣が踏ん張り、巨人に追加点を許さないものの、肝心の打線はグライシンガーの前に7回まで僅かに1安打と二塁も踏めない有様。8回に2本のヒットで二死一、二塁と初のチャンスを作り、代打の切り札・畠山を投入したものの、三振に倒れて、二者残塁。このピンチを逃れたグライシンガーは9回も無失点で切り抜け、今季チーム初完投初完封で3勝目をマーク。対ヤクルトは2年越しの7連勝だ。リリーフ陣はしっかりしているヤクルトだが、決して好調な訳でもない40歳の木田画伯を先発で使わざるを得ない台所事情はやはり苦しいと言わざるを得ないだろう。打線も両助っ人が音無しだとどうにも乗って来ない。昨年4番を任せた畠山にはもう少し出番を与えてやって欲しいのだが、スタメンで使うとなると、不振気味の田中浩を外して、宮本をセカンドに回すしか手がないか…。

◆D2−1T◆
阪神は初回、ヒットで出たシャア少佐がすかさず二盗を決めると、平野のライトフライで三進,鳥谷のショートゴロで生還と、自慢の足を生かして、先制。中日はその裏、早速ゲッツーでチャンスを潰すと、2回も二死一、二塁のチャンスを潰す相変わらずの拙攻三昧。しかし、3回も無死一、三塁から森野のファーストライナーでゲッツーを食らい、チャンスは潰えたかと思われたが、ブランコが歩いた後、ブランコが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに激振。打球はスタンドにこそ届かなかったものの、走者一掃のタイムリー二塁打となり、逆転に成功。4回以降、投手陣の好投の前に両軍共に1安打ずつしか出ず、ゼロ行進。最後は岩瀬が締めて、中日が1点のリードを守りきった。味方の拙攻ぶりにもめげずに8回を1失点で切り抜けたあちゃくらさんは2勝目をマークした。

◆YB−C◆
降雨中止。

◆F5−10H
あの男が故障欠場した途端、チームに勢いが出始め、西武を3タテした日本ハム。この日もあの男が欠場の日本ハムは初回に先制されながらも、その裏、スレッジのタイムリーであっさり追い付くと、続く2回には糸井のタイムリー二塁打で勝ち越し。しかし、先発のスーパーさぶ・多田野が一向にピリッとせず、3回に松中に逆転2ランを被弾。続く4回にも松中に2打席連続4号2ランを浴びるなど、4点を失い、この回限りでKOとなった。5点を追う日本ハムはその裏、またも糸井が2点タイムリー二塁打を浴びせると、5回には好調・金子誠がタイムリーを放ち、2点差まで詰め寄ったが、反撃もここまで。6回以降はソフトバンクの継投の前にすっかり当たりが止まってしまう。一方、ソフトバンクは9回に田上に今季初アーチとなるダメ押し3ランが飛び出し、試合を決定付けた。日本ハムは13安打を浴びせながら、12残塁の拙攻と多田野の乱調が響き、連勝は5でストップ。

◆E−M◆
降雨中止。

◆Bs1−7L◆
初回、西武は一死一、二塁から中村が先制タイムリーを浴びせると、二死後、礒?がタイムリー,G.G.佐藤が2点二塁打を放ち、一挙4点を獲得。4回にラロッカの4号ソロで1点を返されるも、6回、一死満塁からまたもG.G.佐藤が2点タイムリーを放ち、6点目。7回には不振の栗山に今季初アーチが飛び出して、ダメ押し。WBC使用球はからっきしだが、NPB使用球ならお手の物な岸は8回までラロッカの一発による1点のみに抑える好投を展開。6点差で9回のマウンドにも上がった事でてっきり完投するのかと思いきや、何故か、一死走者なしで降板。完投は逃したものの、岡本慎のリリーフを仰いで開幕3連勝を飾った。偽バファローズ先発・金子は7回途中までに13三振を奪ったものの、7点も取られていては、何の意味もないだろう。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:13コメント(0)トラックバック(43) 

November 09, 2007

◆統一2−4中日◆
日本一どころか、リーグ制覇すらしていないにも拘わらず、アジアシリーズへ出場しながら、日本史上初の黒星を喫する屈辱に見舞われた中日。決勝進出へ早くも崖っ淵に立たされたが、この日も大苦戦。統一先発・潘威倫に対して、初回はあえなく三者凡退に倒れると、2回には一死から李,ピンキー井上の連打でチャンスを作りながら、この日スタメンに起用された中村公がサードゴロゲッツーに倒れる最悪の展開。すると、その裏、先発・朝倉が一死二塁から郭岱にタイムリー二塁打を浴び、先制点を献上。更に、この後、森野が連夜のヘッポコエラーをかまして、ピンチを広げたが、朝倉は何とか踏ん張り、後続を断ち切った。1点を追う中日は直後の3回、エラーに付け込み、藤井,荒木が盗塁を決めるなど、機動力で一死二、三塁のチャンスを作ると、井端のセカンドゴロの間に何とか同点。1−1で迎えた5回、死球にエラーとまたも拾い物のチャンスを掴んだ中日は荒木のヒットで満塁とした所で井端がレフトへ犠飛を打ち上げ、ようやく勝ち越し。7回にはまたも荒木の盗塁でチャンスを作ると、井端がセカンドへこの大会チーム初となるタイムリー内野安打を放ち、3点目。毎回の様に走者を出しながら、粘りの投球を見せていた朝倉だったが、その裏、先頭の代打・楊松弦に痛打されて、ついにKO。この後、二死一、二塁となった所で3番手・平井が高国慶にタイムリーを許して、1点差と詰め寄られる。何とか突き放したい中日は土壇場9回、一死満塁からまたも井端が犠飛を打ち上げ、ダメ押し。最後は守護神・岩瀬が3人でピシャリと締めて、辛くも逃げ切りに成功。まともなヒットは打てないながらも、4度のチャンスに確実に一人ずつ返した井端のしぶとさに救われた中日は何とか決勝進出への望みを繋いだ。

◆SK13−0チャイナ◆
アストロ球団との対戦経験を生かし、今年こそアジアシリーズでの白星をあげんと意気込むラフィーバー監督率いるチャイナ。昨夜の対統一戦での善戦に光明は見えたかに思われたが、この日は序盤から投手陣が大炎上。2回に鄭慶培のスクイズで先制されると、3回には3四球1失策と自滅モードで4点を失い、先発・陳俊毅はあえなくKO。5点差がついて意気消沈となったか、4回以降も中継ぎ陣が火だるまに遭い、6回までに大量13失点。打っては初回一死二、三塁と言う絶好の先制チャンスを逃してからは二塁すら踏めず、7回コールドの完封負け。中日や統一と白星で並ぶチャンスはあっても、既に、中日と失点差が14もある為、決勝進出はほぼ絶望的と見ていいだろう。一方、勝ったSKは2連勝で決勝進出へ大きく前進した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:17コメント(0)トラックバック(27) 

October 30, 2007

◆D9−1F◆
不戦勝とは言え日本一に輝きながら、リーグ制覇もしていないチームに敗れた上、調子ぶっこいて日本一を自称されると言う3年前の屈辱を日本ハムにも味わわせたいと執念を燃やす中日の先発・朝倉に対して、日本ハムは初回、一死から田中賢がピッチャー強襲安打を浴びせるも、続く稲葉がセカンドゴロゲッツーに倒れて、3人で攻撃終了。一方、スタメン全員で計3本塁打と言う超貧弱打線を組まれて、むざむざ2桁勝利のチャンスを潰されたショックから未だに立ち直れずにいる日本ハム先発・武田勝はその裏、いきなり先頭の荒木に死球を食らわせると、簡単に二盗を許し、一死後、森野を歩かせて、一、二塁となった所でT.ウッズにセンター前へ弾き返され、先制点を献上。更に、中村紀,李と連続タイムリー二塁打を浴びて、二死も取れずに失意のKO。実質的に緊急登板と言ってもいい2番手・スウィーニーも準備不足からか平田,谷繁と連打を浴びると、朝倉に犠打を許した後、荒木,井端と連続タイムリーを許して、これまたあっと言う間にKO。3番手・建山が森野を打ち取ったものの、この回大量7点のビッグイニングとなり、早くも試合を決定付けられた。日本ハムは直後の2回、工藤がタイムリー二塁打を放ち、今シリーズ初めて青波の長瀬の一発以外で得点を奪ったが、後続を断たれると、その裏、谷繁のタイムリー二塁打で2点を奪われ、ダメを押された。序盤の大量点に焦燥感を募らせるばかりの日本ハムを相手に朝倉は7回までに8安打を浴びながらも、落ち着いた投球で2回の1点のみに抑えると、8回からは4人のリリーフを注ぎ込んで、中日は余裕の逃げ切り勝利を果たした。懸案事項であって打線の繋がりが解消されたかに見えた中日だが、3回一死一塁のチャンスはT.ウッズがゲッツーで潰し、4回には二死一、二塁のチャンスを逃すと、5,6,7回と三者凡退と沈黙。8回には一死一、二塁としながら、後続を断たれるなど、3回以降は完全に息切れして、いつも通りの拙攻三昧。初回の7点がなければ、どう転んでいたか分からない有様で依然として課題は山積みと言っていいだろう。一方、その中日を遙かに下回る日本ハム打線の沈黙ぶりは深刻を極めており、必要以上に先発投手にプレッシャーをかける原因にもなっているだけに、打線の奮起に期待したい所だ。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:15コメント(0)トラックバック(61) 

September 07, 2007

◆G8−9T◆
破竹の7連勝で2位に浮上し、東京ドームへ乗り込んで来た阪神はこの日も初回から、前夜のヒーロー・シーツのタイムリーで先制。しかし、その裏、巨人はマッスル千代の富士の31号ソロであっさり追いつくと、2回には先頭の李が25号ソロを放ち、勝ち越し。更に、打てば勝つ不敗神話を誇るホリンズの一発が飛び出して、3点目。4回にも李が2打席連続のアーチと一発攻勢で着々と加点。更に、この後、二、三塁のチャンスを掴むも、パウエルがスリーバントスクイズを見破られた上、ウエストボールにバットを引っ込めてしまい、三塁走者・ニックンが挟殺されて、追加点ならず。失意のパウエルは直後の5回、一死二塁から3連打で1点を失い、なおも満塁のピンチでキュラソ星人に押し出し四球を与えて、あえなくKO。更に、代わった西村もいきなり桜井にぶつけてしまい、連続押し出しで同点。更に、続く葛城イクローのセカンドゴロの間に勝ち越し点を献上。逆転を許した巨人はその裏、一死一塁からマッスル千代の富士がこの日2本目となる32号2ランを放り込み、再逆転。しかし、粘る阪神は7回、2四球で一死一、二塁とした所で桜井が同点タイムリーを浴びせて、2番手・西村をKO。更に、代わった吉武から代打・高橋光のヒットで満塁とすると、矢野がセンター前へ弾き返して、勝ち越しに成功。二塁走者・桜井も一気に本塁を狙ったが、不敗神話続行に闘志を燃やすホリンズの好返球の前にタッチアウト。リードを奪った事で7回からJFKモードの阪神はまず、ウィリアムスが3人でピシャリと抑えると、8回にはキュラソ星人のタイムリーで貴重な1点を追加。これで試合は決まったかと思いきや、その裏から登板の久保田から李に3本目のアーチが飛び出すと、続くニックンも18号ソロを叩き込み、一気に同点。巨人は9回から早くも守護神・上原を投入するが、これに対して、ここまで12本の安打が全て単打だった阪神は悠久の若虎・桧山がチーム初長打となる値千金の一発をぶち込んで、またまた勝ち越し。その裏、8連投となる守護神・藤川は1番から始まる巨人打線を軽く3人で退けて、8連勝。巨人は7発ものアーチを放ちながら、うち6本がソロと言う効率の悪い攻撃が響き、ついにホリンズの不敗神話が崩壊した。

◆D6−1S◆
プロ初先発となるルーキー・伊藤に対して、中日は初回、一死から荒木,中村紀,T.ウッズの3連打で先制すると、二死後、李もタイムリーを放ち、この回2点。続く2回には一死一、二塁から荒木のタイムリーの後、中村紀が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに17号3ランを叩き込み、6点目。先発・朝倉は4回に4連打で1点を失った以降は追加点を許さず、2試合連続の完投で12勝目をマークした。

◆C7−4YB◆
初回に金城の犠飛,吉村の二塁打で2点を失った広島だが、その裏、ノーヒットで1点を返すと、続く2回に一死から3連続四球で満塁と言うタナボタチャンスで梵が14号グランドスラムを叩き込み、一気に逆転。3点を追う横浜は4回にメカゴジラの13号2ランで1点差と詰め寄るが、5回、広島はエラーと2死球で貰ったチャンスに栗原が犠飛を打ち上げ、6点目。7回には求道者・前田のタイムリーでダメ押しの1点を追加。先発・黒田は6回4失点と不本意な内容ながらも、リリーフ陣の援護を仰いで、11勝目を飾った。

◆H7−3Bs◆
ソフトバンク先発のルーキー・大隣は初回から3四球と制球に苦しみながらも満塁のピンチを切り抜けると3回まで無失点。その裏、ソフトバンクは偽バファローズ先発・岸田から一死満塁と先制のチャンスを掴むが、川崎,ハマのスペランカーと打ち取られ、三者残塁。0−0の儘、迎えた4回、偽バファローズは二死一、二塁から前田が走者一掃のタイムリー二塁打を浴びせて、2点を先制。6回にも二死一、二塁からまたも前田のタイムリーで1点を追加。3点を追うソフトバンクは7回に猛反撃を開始。一死から3連打で満塁とし、偽バファローズ先発・岸田をKOすると、代わった菊地原から代打・辻,本多の連続タイムリーで同点。更に、川崎のタイムリー三塁打で勝ち越すと、松田のタイムリーとダブルスチールでも加点。この回、一挙7点を奪う大逆転で試合を決定付けた。

◆F3−1L◆
5連敗と不振に喘ぐ西武だが、2回にカブレラの22号ソロで1点を先制。ハーラートップをひた走るエース・涌井は5回まで5安打を浴びながらも無失点と丁寧な投球を見せていたが、6回、ここまで2安打と打ち込まれている先頭の稲葉にスタンドへ放り込まれて、ついに同点。続く7回には一死一、二塁のピンチに青波の永瀬に勝ち越しタイムリーを浴び、無念の降板。日本ハムは8回には劇団ひちょりのタイムリー二塁打でダメを押すと、最後はMICHEALが締めて、30セーブ目。西武は涌井を投じながら、打線が3安打と完全に沈黙し、これで6連敗となった。

◆E−M◆
降雨中止。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:09コメント(1)トラックバック(83) 

August 31, 2007

カリメロ勝◆YB7−6G◆
巨人は初回一死二塁からマッスル千代の富士がセンター前へ弾き返すも、本塁を狙った松田記者がタッチアウト。ピンチを逃れた横浜はその裏、2本のヒットでチャンスを作り、村田の23号3ランで一気に3点を先制。しかし、直後の2回、ホリンズのタイムリー二塁打,内海のスクイズで1点差に詰め寄ると、3回にはキムタク,マッスル千代の富士,ガッツの3連打で同点。なおも無死二、三塁のチャンスだったが、怒濤のチャンスブレイカー・ニックンは空振り三振に倒れる相変わらずのインケツぶりを発揮すると、李,阿部も凡退し、二者残塁。2回以降立ち直りを見せていた巨人先発・内海だったが、6回、村田,吉村,下窪と3連打を浴びて、勝ち越し点を献上。更に、内川に犠飛を許した後、相川に2号2ランを叩き込まれて、無念のKO。巨人は8回に李の2ラン,9回にはマッスル千代の富士がソロと一発攻勢で1点差まで追いすがったが、あと一歩及ばなかった。横浜先発・カリメロは6回3失点で6勝目

◆C1−2D◆
中日先発・朝倉に対して、広島は2回、一死三塁から栗原が犠飛を打ち上げ、1点を先制。広島先発・宮崎は毎回走者を出しながらも3回まで無失点と粘り強く投げていたが、4回一死から連打で二、三塁とされた所で李に犠飛を許して、試合は振り出しに。追いつかれた広島はその裏、先頭の東出がヒットで出るも、二盗を仕掛けて憤死。ここでオチョアが二塁打を放つ皮肉な展開で結局、無得点。1−1で迎えた7回、中日は二死二塁から広島3番手・梅津に対して、荒木がレフト前へタイムリーを浴びせて、勝ち越しに成功。土壇場9回、落合監督は守護神・岩瀬を投入せず、朝倉をその儘、マウンドへ。これに対して、広島は先頭のオチョアがヒットで出るも、新井が痛恨のゲッツー。この後、求道者・前田が第3打席に続いてヒットを放ち、ついに2000安打へリーチをかけると、栗原が歩いて、一、二塁。ここで森笠がライト前へ弾き返すも、一気に三塁を蹴った代走・ルパン広瀬が本塁憤死となり、惜しくもゲームセット。朝倉は9安打を浴びながら1点で凌ぎきり、今季初完投で11勝目を飾った。

◆T6−4S◆
初回、シーツ,高橋光のタイムリーで2点を先制した阪神は3回に寿司職人ラミレスの21号2ランで追いつかれるも、その裏、キュラソ星人,高橋光と2発のソロアーチで再び2点のリード。更に、4回には関本に5号ソロが飛び出して、ヤクルト先発・石川はこの回限りで降板。3点を追うヤクルトは7回、関本のタイムリーエラ,寿司職人ラミレスのタイムリーで2点を返し、1点差。しかし、その裏、阪神はシャア少佐のタイムリーで貴重な1点を追加。8回からは久保田−藤川と繋いで、逃げ切った。

◆M3−4Bs◆
ロッテ先発・渡辺俊は初回から一死満塁のピンチを迎えると、北川に犠飛を打ち上げられて、先制点を献上。3回には牛込氏に「無理に決まってますよ! 夢よ、もう一度って事だろうけど、そんな選手が通用するほど、日本の野球は甘くないですよ」と酷評されたローズに39号2ランを被弾。3点を追うロッテはその裏、フクーラ,ズレータの連続タイムリーで2点を返すと、続く4回には一死二、三塁から今江が犠飛を放ち、同点。5回以降、両軍決め手に欠き、試合はその儘、延長にもつれ込んだ。迎えた10回表、ロッテは二死走者なしから3番手・荻野を投入するも、これが大誤算。全く制球が定まらず、連続四球でピンチを作ると、北川にはセンター前へ弾き返され、勝ち越し点を献上。その裏、偽バファローズ守護神・加藤大の前に反撃を断たれ、3位転落となった。

◆E14−2L◆
悪の温床・楽天打線が序盤から大爆発。初回、二死満塁から礒部の先制2点タイムリーの後、フェルナンデスが3ランを叩き込み、いきなり5点のビッグイニングを形成。3回には一死一塁から、4連打を浴びせて3点を奪うと、続く4回にも満塁の走者を一掃するフェルナンデスのタイムリー二塁打で3点を追加。終盤にも加点した悪の温床・楽天は計16安打14点。大量援護に守られた先発・田中は7回を投げ、G.G.佐藤の一発による1点のみに抑え、ついに2桁勝利に到達。新人王へ大きく前進した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:20コメント(0)トラックバック(61) 

August 24, 2007

◆C8−7G◆
首位に返り咲いた巨人は広島先発・黒田に対して、初回、松田記者,キムタクがいきなり連打を浴びせるも、キムタクは一、二塁間で挟まれ憤死。しかし、マッスル千代の富士が歩いた後、ガッツのタイムリーで1点を先制。なおも一、三塁の場面でニックンがヘッポコセーフティスクイズを敢行して、マッスル千代の富士を本塁憤死させた上、マッスル千代の富士を負傷退場に追い込むインケツぶりを発揮。これでガックリきた阿部も三振に倒れて、二者残塁に終わる体たらく。2回には三者三振を喫するなど、嫌な流れとなっていたが、4回、阿部のタイムリーの後、李が22号2ランを叩き込み、3点を追加。一方、未だ白星のない巨人先発・パウエルは3回までノーヒットの好投を展開していたが、リードが開いて、気が緩んだか、その裏、東出,オチョアと連打を浴びて、1失点。突き放したい巨人は6回、二死二塁から李,ホリンズと連続四球を選んで、満塁とするも、パウエルが空振り三振に倒れて、三者残塁。それでも、7回にニックンのタイムリーで5点目を加え、ダメ押しとなったかと思われたが、その裏、広島が猛反撃。一死から連打と死球で満塁とし、パウエルをKOすると、またまた酷使起用となった西村から代打・嶋が2点タイムリー二塁打。オチョアが歩いて、再び満塁となった所で新井が2点タイムリーを放ち、ついに同点。更に、栗原のヒットで西村をKOした後、3番手・山口から求道者・前田がセンターへ犠飛を打ち上げ、勝ち越しに成功。逆転された巨人は直後の8回、二死二塁のチャンス。ここで広島は守護神・永川を投入するが、代打・清水が起死回生の2号2ランを叩き込み、一気に逆転。しかし、粘る広島はその裏、山崎が同点タイムリー。再び流れを引き寄せた広島は土壇場9回、二死走者なしから代打・尾形が今季初アーチを叩き込み、サヨナラ勝ち。敗れた巨人は一夜で首位転落となった。

◆D8−1T◆
阪神先発・下柳に対して、中日は初回、一死満塁から森野のタイムリーで2点を先制。更に、二死後、英智も2点タイムリーを放ち、この回、4点。4回には中村紀,英智のタイムリーで2点を加え、下柳をKO。更に、代わった渡辺から早くも登場した代打・立浪が史上32人目の通算1000打点となるタイムリーを浴びせて、7点目。先発・朝倉は7回途中まで1失点の好投で2年連続の10勝目をマーク。中日は再び首位に返り咲いた。

◆S3−2YB◆
野中のエラー等で初回から満塁のピンチを迎えた横浜は宮出のタイムリー内野安打で先制点を献上。しかし、直後の2回、先頭の村田がライトスタンドへ21号ソロを叩き込み、試合は振り出しに。その後、秦,石川の投げ合いが続き、試合は終盤へ突入。迎えた7回、ヤクルトは四球の青木を田中浩が送った所で寿司職人ラミレスがタイムリー二塁打を放ち、勝ち越しに成功。それも束の間、横浜は8回、金城のタイムリー二塁打で再び同点に追いつき、試合は延長にもつれ込んだ。迎えた11回、ヤクルトは2つの四球で二死一、二塁のチャンスを掴むと、ここで4番・ガイエルが右中間を深々と破るタイムリー二塁打を放ち、サヨナラ勝ちを飾った。

◆L5−6F◆
初回から二死満塁のチャンスを掴んだ日本ハムはミスタースナイパー・坪井のタイムリー二塁打で2点を先制。その裏、スウィーニーの暴投で1点を返されるも、3回に稲葉の14号ソロ,4回に金子誠のタイムリー二塁打と着々と加点。3点を追う西武はその裏、ベンちゃん,G.G.佐藤に連続アーチが飛び出して、1点差。6回には二死満塁と一打逆転の場面を作るが、上本は三振に倒れて、三者残塁。ピンチを脱した日本ハムは直後の7回、稲葉のタイムリーで5点目。更に、この後、無死満塁としながら、後続3人が悉く打ち上げて、追加点ならず。2点を追う西武は8回、金子誠のエラーをきっかけにチャンスを作り、細川の走者一掃タイムリー二塁打で追いつくと、更に、栗山がタイムリーを浴びせて、逆転に成功。9回はグラマンが無難に締めて、逃げ切り、連敗を3でストップさせた。

◆Bs4−3E◆
ルーキー2桁勝利一番乗りを狙う田中を援護すべく、悪の温床・楽天は初回からショートのタイムリーで先制。しかし、田中は2回、一死からアレン,北川,後藤と3連打を浴びて同点。追いつかれた悪の温床・楽天は3回から4イニング連続ゲッツーを食らうなど、拙攻続き。一向に援護を貰えない田中は中盤、ピンチの連続ながらも、あと一本を許さない粘りの投球を展開。1−1の儘、迎えた8回、悪の温床・楽天は二死一、二塁からショートがライト前ヒット。これをアレンがお手玉している隙に二塁走者・高須が一気に本塁を駆け抜け、勝ち越しに成功。田中が8回途中で降板となった後、有銘−山村と繋いで、9回からは抑えの小山が登板。しかし、小山は二死一塁と、勝利まであと一人に迫りながら、日高に同点タイムリー二塁打を浴び、田中の10勝目は消滅。試合は延長に突入した。10回、悪の温床・楽天は先頭の鉄平が三塁打を浴びせると、大久保の暴投で労せずして勝ち越しのホームイン。これで決まったかと思われたが、その裏、偽バファローズは先頭の村松が四球で歩いた後、ラロッカがレフトスタンドへ23号2ランを叩き込み、逆転サヨナラ勝ち。大久保はタナボタの3勝目となった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:25コメント(0)トラックバック(50) 

August 15, 2007

◆C2−1G◆
初回二死からニックンの17号ソロで1点先取した巨人だが、2,3,4回と3イニング連続でゲッツーを食らう拙攻ぶりで一向に追加点を奪えない。先発の春風亭半ケツは4回まで1安打無失点と踏ん張っていたが、4回無死一、三塁のピンチを迎えると、一死後、山崎に犠飛を許して、試合は振り出しに。巨人は7回、無死一、二塁から清水をピンチバンターとして投入する何とも勿体ない起用で一死二、三塁としたものの、ここで二塁走者・阿部がセカンド・山崎の隠し球にひっかかってタッチアウトとなる大チョンボ。これ幸いと脇谷が敬遠されてしまい、まだ100球にも達していない春風亭半ケツを下げてまで矢野を代打に送ったが、ハーフスイングで空振り三振に倒れて、結局、無得点。1−1の儘、迎えた土壇場9回裏、4番手・豊田は無死満塁の大ピンチを迎えると、栗原にレフト線へのタイムリーを浴びて、サヨナラ負け。清水のピンチバンター起用に始まり、勝ち越しを急いた春風亭半ケツへの代打起用,中継ぎ陣への不安から前日2回2/3を投げている西村に6連投を強い、8回のピンチに送り込んだ豊田は延長戦を視野に入れて、先制弾を放っているニックンを引っ込めてまで、3番に入れるなど、首位チームが最下位チームを相手にしているとはとても思えない明日なき戦いの様な采配を連発する若大将・原監督の焦燥感がナインにも伝染しているかの様な試合展開で4連敗となった巨人は2位中日には1差と肉迫された。一方、3戦連続の逆転勝ちと勢いが出てきた広島だが、ヤクルトも大勝した為、最下位脱出はならなかった。

◆T0−2D◆
ボーク日本新記録へリーチをかける太陽の子エステバン・ジャンは3回までノーヒットに抑える素晴らしい立ち上がりを見せたが、4回、二死二塁から森野のタイムリーで先制されると、更に、藤本のタイムリーエラーが2点目を献上。待望の先制点を貰った中日先発・朝倉は8回を散発3安打と三塁を踏ませぬ快投を展開。9回は守護神・岩瀬が無難に抑えて、完封リレーを達成。対阪神の連敗を4で止め、3位転落の危機を免れた。ボークの新記録達成はお預けとなったジャンは7回を自責点1に抑える好投を見せたが、打線に見殺しにされ、5敗目。

◆YB1−15S◆
横浜先発・ハマのチンピラに対して、ヤクルトは初回、二死走者なしからヒットと四球で一、二塁とすると、宮出が走者一掃のタイムリー三塁打を放ち、2点を先制。続く2回には二死三塁から3連打を浴びせて、一気に3点を追加。更に、3回には川本のタイムリー二塁打で6点目をあげ、ハマのチンピラはこの回限りで降板となった。勢いの止まらないヤクルト打線は4回には宮出の3ラン,宮本のタイムリーで4点を加え、10点目。この後もガイエル,田中浩に一発が飛び出すなど、着々と加点し、計21安打15点の猛攻で圧勝。投げては先発・松岡が10安打を浴びながらも、8回を1失点で切り抜ける粘りの投球で3勝目。ハマのチンピラは両リーグ10敗一番乗りとなった。

◆H1−2F◆
ドーピングに引っかかったガトームソンの穴を埋めるべく先発起用された神内だったが、3回、田中賢に今季初アーチを被弾。5回には二死走者なしから金子誠を歩かせてしまうと、続く劇団ひちょりにタイムリー二塁打を浴び、2点目を献上。川崎が扁桃炎で欠場となったソフトバンク打線は日本ハム先発・武田勝の前に全く手も足も出ず、7回まで3安打と沈黙。8回に田上の6号ソロでようやく1点を返したものの、9回は守護神・MICHEALの前に3人で打ち取られ、万事休す。3戦連続で1点しか奪えない深刻な貧打ぶりで3連敗となり、6連勝の日本ハムとの差は4にまで広がった

◆M5−1L◆
初回、カブレラのタイムリーで先制されたロッテだが、その裏、内野安打2つと犠打で一死二、三塁とした所で、この日で1000試合出場となるサブローが同点犠飛を打ち上げると、2回には竹原が犠飛を放ち、勝ち越しに成功。以降、両軍共に残塁を量産しながら、試合は終盤へ突入。迎えた7回、ロッテは竹原が4号2ラン,8回にはベニー松山が10号ソロと一発攻勢でダメ押し。先発・久保は1失点の今季初完投で7勝目をマークした。

◆E2−4Bs◆
偽バファローズ打線が初回から猛攻撃。一死から村松,ラロッカと連打を浴びせると、ローズが歩いて満塁となった所でアレンのタイムリーでまず1点。更に、北川が2点タイムリー二塁打を浴びせると、続く後藤のセカンドゴロの間に1点を加えて、いきなり4点をゲット。その裏、悪の温床・楽天はヒットで出た渡辺直が二盗,三盗と決めると、高須のセカンドゴロに間に生還するが、後が続かない。5回にはまたも渡辺直がタイムリー二塁打を放ち、2点差まで詰め寄ったが、6回以降は1安打と沈黙し、あと一歩及ばず、再び単独最下位へ転落。偽バファローズは終盤、拙攻三昧だったが、先発・朝井を初めとする投手陣が踏ん張った。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:46コメント(0)トラックバック(44) 

August 09, 2007

◆G2−2T◆
昨夜は対巨人61年ぶりの22安打と大爆発した阪神打線。とっくに勝敗が決した後の終盤の無駄打ちは翌日に残しておいてくれと打ち疲れを心配されたが、案の定、春風亭半ケツの前に2回までパーフェクトと沈黙。しかし、3回、先頭の浜中が2号ソロを叩き込み、1点を先制。なおも二、三塁のチャンスを作ったが、昨日は4安打のシーツがセンターフライに倒れて、二者残塁。更に、4回には二死満塁のチャンスを逃すなど、空回りが続くばかり。何とか踏ん張っていた阪神先発・太陽の子エステバン・ジャンだったが、その裏、阿部に26号同点アーチを浴びると、続く5回にはマッスル千代の富士にタイムリー内野安打を許して、勝ち越し点を献上。1点を追う阪神は7回、一死一、三塁から関本が犠飛を打ち上げ、同点。試合はその儘、延長に突入した。3連戦勝ち越しに燃える巨人は同点ながらも9回から守護神・上原を投入し、2回をパーフェクトに抑え込むが、阪神も7回から登板のウィリアムス,9回から登板の久保田がそれぞれ2回をピシャリと抑える好投を見せ、均衡が破れない。迎えた11回、藤川を温存されている状態で上原が先にマウンドを降りる事となったが、代わった豊田もアウト3つを全て三振に斬って取る力投を展開。その裏、満を持して登場した藤川は一死から李を歩かせるも、続く阿部をセカンドゴロゲッツーに仕留める。豊田も負けじと12回を三者凡退に抑え、負けのなくなった巨人だが、最後の攻撃も藤川の前に0点に終わり、結局、12回既定により、引き分けに終わった。

◆D3−1C◆
2回に内野ゴロの間に先制した中日は3回には一死二、三塁からT.ウッズがセンター前へタイムリーを浴びせて、2点を追加。4,5回と二人の走者を出しながら、あと一本が出ず、6回もゲッツーでチャンスを潰すなど詰めの甘さは相変わらずだったが、先発・朝倉が7回まで散発2安打無失点と素晴らしい投球を展開。8回に内野ゴロの間に1点を失い、完封は逃したが、最後は守護神・岩瀬が締めて、逃げ切った。

◆S1−9YB◆
横浜打線が序盤から大爆発。ヤクルト先発・藤井に対して、初回、金城の11号2ランで先制すると、更に、内川に走者一掃のタイムリー二塁打が飛び出して、いきなり4点をゲット。続く2回には野中,吉村のタイムリーで2点を追加。なおも一死満塁のチャンスにまたもや内川が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、大量5点とまたまたビッグイニングを形成。連続無失点記録が断たれてから乱調続きのハマのチンピラだったが、大量リードを背に7回を無失点に抑え、9勝目。ヤクルトはリグスのタイムリーで完封を免れるのが精一杯。フロントから執拗に引退を迫られている中井美穂の旦那・古田が、代打として4月19日以来の打席に立ったのが唯一の見せ場だったが、結果はセカンドゴロに終わった。

◆L1−5H◆
4年ぶりに松中を4番から降格させるテコ入れが空転したソフトバンクだが、小久保が左手首痛で欠場となった事もあり、一夜で松中が4番復帰。大村も左背筋痛で登録抹消となるなど、苦しい状況ながら、0−0で迎えた3回、一死から田上が死球で出ると、ここから井手,本多,川崎,ハマのスペランカー、そして、4番復帰の松中と怒濤の5連打で一挙4点を獲得。8回には柴原のスクイズでダメ押しの5点目。先発・ガトームソンは初回の満塁のピンチを切り抜けてからはすっかり立ち直り、8回まで5安打無失点の好投を展開。土壇場9回、完封を目前にしながら、先頭のベンちゃんに10号ソロを被弾。更に、栗山にも痛打された所で降板となったが、守護神・馬原が後続3人をピシャリと締めて、連敗阻止。西武先発・ギッセルはこれで助っ人史上1位タイとなる9連敗となった。

◆F4−2E◆
3回、突如、制球を乱した悪の温床・楽天先発・山村から2四死球でチャンスを作った日本ハムは工藤,稲葉の連続タイムリーで2点を先制。続く4回には先頭の高橋が7号ソロを叩き込むと、鶴岡にもタイムリーが飛び出して、4点目。グラウンド外でお騒がせ中のダルビッシュは7回まで散発3安打と抑え込まれていた悪の温床・楽天だが、8回、草野,代打・関川,渡辺直と3連打で1点を返し、ダルビッシュをKO。代わった江尻の前に高須はショートゴロゲッツーに倒れる、この間に関川が返って、2点差。更に、続く礒部もヒットを放って、守護神・MICHEALを引っ張り出すが、ここで代走・高波が中嶋の牽制に引っかかって憤死する大チョンボ。MICHEALは9回は三者凡退に斬って取り、逃げ切りに成功。2年連続の2桁勝利となったダルビッシュはお立ち台でサエコとのできちゃった婚宣言をぶちかました

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:16コメント(0)トラックバック(66) 

July 10, 2007

◆G1−2T◆
6月9日以来白星から遠ざかっている巨人先発・内海が4回までパーフェクトの快投を展開。5回一死から林に内野安打を許したものの、すかさずシーツをゲッツーに仕留める。しかし、肝心の味方打線は阪神先発・福原の前にゼロ行進を続けるばかり。ついに根負けした内海は6回に先頭の矢野に2号ソロを放り込まれると、7回にはキュラソ星人に被弾し、2点目を献上。いかに先発投手が素晴らしい投球をしていようとも、リードさえすれば、闇雲にJFKを投入する岡田監督のバカの一つ覚えリレーがその裏から、またも炸裂。巨人は8回二死一、二塁のチャンスで藤川から松田記者のタイムリーで1点差と詰め寄るも、二塁塁審の疑惑の判定でチャンスを潰されると、9回は三者凡退であえなくゲームセット。好投の内海を見殺しにした巨人は今季初の4連敗となった。それにしても、6回無四球3安打の福原をああも安易に代えてしまうとは…。期待に応え続けるJFKも神懸かり的だが、岡田監督はJFKを潰したいのか、先発を育てる気がないのか、壊滅的に先発陣への信頼感が持てないのか、他に頭が働かないのか、どれなのだろう?

◆YB1−4D◆
中日は2回、T.ウッズ,森野の連打で無死一、二塁とするも、中村紀が最悪のゲッツー。チャンスは潰えたかと思われたが、ここでピンキー井上がタイムリー二塁打を放ち、1点を先制。更に、谷繁が歩かされた後、投手の朝倉が自らを楽にするタイムリーを浴びせて、この回、2点。続く4回には川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに森野が10号2ランを叩き込み、4点目。先発・朝倉は川相不在の内野陣の拙守に足を引っ張られながらも、崩れる事なく7回まで散発3安打の好投を展開。8回に内野ゴロの間に1点を許し、完封はならなかったが、守護神・岩瀬のリリーフを仰いで、6勝目をマークした。

◆S5−1C◆
連敗ストッパーを託されたベテラン佐々岡は毎回走者を出しながらも、あと1本を許さない粘りの投球を見せるも、味方打線はヤクルト先発・藤井の前に攻めあぐね、援護を貰えない。0−0で迎えた5回裏、無失点投球の藤井に早くも代打・真中を送るなどして、一死一、二塁のチャンスを作ったヤクルトは寿司職人ラミレスが先制11号3ランを放り込み、佐々岡をKO。直後の6回、石原のタイムリーでようやく1点を返した広島だが、その裏、2番手・上野が青木にタイムリーを許し、再び3点差。8回にも寿司職人ラミレスのタイムリー二塁打でダメを押された広島に反撃する力はなく、泥沼の6連敗となった。一方、ヤクルトは2年ぶりの6連勝。

◆H2−3E◆
開幕早々、水島の呪いに取り憑かれ、戦線離脱を余儀なくされた斉藤和がついに復活登板。2回まではまずまずの立ち上がりを見せていた斉藤和だが、3回、一死一塁から鉄平,高須と連打を許して、先制点を献上。その裏、大村のタイムリーで同点として貰ったのも束の間、4回にはショートに勝ち越しの3号ソロを被弾。5回にはフェルナンデスにタイムリーを浴びて、5回7安打3失点とイマイチな内容で降板となった。すっかりホークスキラーとなっている田中に対して、水島の呪い再燃により、湿りがちなソフトバンク打線はこの日も無為に凡打を繰り返し、一向に点差を縮める事が出来ない土壇場9回、福盛の暴投で1点差と詰め寄り、なおも二死二、三塁と一打サヨナラの場面を作ったものの、最後は代打・明石が空振り三振に倒れて、万事休す。田中は対ソフトバンク無傷の4連勝で、ルーキー単独トップの7勝目をマークした。

◆F4−7Bs◆
初回にアレンのタイムリーで先制された日本ハムだが、2回にジョーンズ,3回には青波の長瀬と両助っ人のタイムリーで勝ち越しに成功。5回に的山の今季初アーチ発で追いつかれるも、6回、無死満塁から鶴岡のスクイズ,代打・稲田のタイムリーで2点を勝ち越し。しかし、直後の7回、この回から武田勝に代わって、マウンドに上がった江尻が捕まり、村松の2点タイムリーであっさり武田勝のバースデー勝利を無惨に粉砕すると、更に、代わった3番手・武田久がラロッカに2ランを浴び、勝ち越し点を献上。8回には先月まで偽バファローズにいた萩原が古巣相手の移籍初登板でいきなり押し出し四球をかまして、試合を決定付けた。最後は加藤大が久々にセーブのつく場面でピシャリと締めて、偽バファローズが4連勝。日本ハムは14安打を放ちながら、4つの併殺が大きく響いた

◆L0−7M◆
通算150勝へ2度目の挑戦となるオツは3回まで無失点で切り抜けるも、4回、一死満塁のピンチを迎えると、謎の新助っ人・オーティズに来日初アーチとなるグランドスラムを叩き込まれ、一気に4点を献上。更に、この後、TSUYOSHIにもタイムリーを浴び、5失点。6回にもTSUYOSHIに2点タイムリーを許し、7失点KOとまたも150勝はお預けとなった。大量リードを貰ったロッテ先発・成瀬は立ち上がりから安定した投球で西武打線を翻弄。散発3安打で今季2度目の完封を果たし、7勝目を飾った。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 20:42コメント(1)トラックバック(97) 

June 19, 2007

◆G5−2M◆
加藤哲信者や、後ろ向き極まりないロッテファンから「巨人はロッテより弱い」などと、いつまでもウダウダ言われ続ける事に業を煮やしたか、若大将・原監督は江川氏が二軍に落とせ!と叫んでやまない怒濤のチャンスブレイカー・ニックンをスタメンから外し、目の前でガッツを敬遠されまくるなど、敵軍からナメられきっている李を6番に落とすテコ入れを敢行。それが奏功したかはともかく、マッスル千代の富士の先頭打者アーチで先制すると、2回にはキムタクがタイムリーを放ち、1点を追加。6回には4番に復帰した阿部とホリンズの連続アーチが飛び出して、4点目。先発・木佐貫は6回まで4安打無失点の好投を見せていたが、7回、根元にプロ初アーチとなる2ランを被弾した所でKO。しかし、その裏、松田記者の8号ソロで突き放すと、8回からは豊田,9回からは上原と繋ぐ必勝リレーが決まり、対ロッテ3年越しの連敗は9でストップした。

◆D1−0Bs◆
井端を5番に入れる新オーダーで臨む中日に対して、偽バファローズ先発・カーターは2回、3安打で一死満塁のピンチを迎えた上、谷繁の打球を顎に食らって、文字通りのKO。しかし、代わった高木が後続を見事に断ち切る。3回も併殺でピンチを切り抜けた高木だが、4回、2つの四球で迎えたピンチで谷繁にタイムリーを許し、ついに先制点を献上。中日先発・朝倉の前に4回までパーフェクトと沈黙していた偽バファローズは5回、先頭のローズがチーム初安打となる二塁打を放つと、続く北川のヒットで本塁を狙うも憤死。二死後、後藤がヒットで繋いだものの、日高が三振に倒れて、二者残塁。以降、両軍、全くチャンスを掴めない儘、土壇場9回へ突入。この回から代わった守護神・岩瀬に対して、偽バファローズは一死からラロッカ,ローズの連打で一、二塁とするも、北川,下山と倒れて、結局、完封負け。朝倉は8回無失点の好投で4勝目。

◆YB5−0H◆
水島の呪いからの脱却へ必死のソフトバンクは毒をもって毒を制そうとでも言うのか、アダム,ブキャナンの両助っ人を登録抹消する水島鎖国政策を再現。しかし、この毒はあまりにも劇薬だった。地獄ワールドの再現が事態の好転に繋がる事はなく、4回まで毎回の5残塁1走塁死1併殺と拙攻三昧。投げては先発・新垣が2回に投手の吉見に先制タイムリーを許すと、3回には金城に3ランを浴びて、4失点。十八番の暴投こそかまさなかったものの、4回限りであえなく降板となる体たらく。横浜は5回にも内野ゴロの間に5点目を追加。ソフトバンクは8回に無死一、二塁とするも、ハマのスペランカー,小久保,大村のクリーンアップがあえなく凡退。結局、これが最後のチャンスとなり、吉見の前に無惨な完封負けで3連敗。一向に衰えを知らない水島の呪いから、果たして、解放される日は来るのだろうか!?

◆C6−10F◆
序盤から両4番のバットが火を噴いた。まず、青波の長瀬が初回に先制のタイムリー二塁打を浴びせると、その裏、新井が16号逆転2ラン。3回に青波の長瀬が左打席で14号逆転2ランを放てば、その裏。新井も負けじと同点タイムリー二塁打を放ち、日本ハム先発・木下は今季最短のKO。3−3で迎えた6回、青波の長瀬が今度は右打席で2打席連続の15号ソロを放ち、日本ハムが3たびリードを奪う。青波の長瀬のスイッチアーチはこれで史上最多の7度目。日本ハムはこの後も高橋,稲葉とアーチ攻勢で加点し、青波の長瀬は3打席連続16号ソロを叩き込む。8回には金子誠のタイムリーでダメ押しの10点目。9回に謎の温存が続いていたMICHEALが13日ぶりのマウンドに上がり、嶋に3ランを浴びたものの、大局には響かなかった。2番手の武田勝は5回を2安打無失点に抑える好リリーフを見せ、3勝目。敗れた広島は5連敗となった。

◆T1−0E◆
アウトカウントを稼ぐ事しか能がない無体な扱いを受ける水島の呪いに苛まれている悪の温床・楽天打線はこの日もさっぱり打てず、阪神先発・下柳の前にゼロ行進。全く期待出来ない打線に辟易としながらも、3回まで何とか阪神打線を抑えてきた悪の温床・楽天先発・永井だが、4回、2四球で一死一、二塁のピンチを迎えると、ゼブラ今岡にタイムリーを許し、先制点を献上。阪神は7回から久保田−ウィリアムスと繋いで、藤川が締める必勝パターンで完封リレーを果たし、虎の子の1点を守りきった。

◆S2−9L◆
地獄の10連敗から、一転4連勝と本来の力を取り戻してきた西武は初回こそ二死満塁のチャンスを逃したが、2回に細川の6号2ランで先制。その裏、ヤクルトは二塁打のガイエルが牽制悪送球で三進すると、宮出のショートゴロの間に生還。更に、この後、二死満塁で青木に回す絶好の場面を迎えたが、青木は空振り三振に倒れて、三者残塁。突き放したい西武は4回、G.G.佐藤に16号ソロが飛び出し、3点目。8回に1点ずつ取り合って迎えた9回、西武は中継ぎ降格の5番手・石川に対し、江藤の満塁弾等、5長短打で試合を決定付ける5点を奪い、5連勝。先発・涌井は22日ぶりの白星でハーラートップに並ぶ9勝目

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:53コメント(0)トラックバック(71) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ