新垣渚

October 06, 2008

◆S3−1T
ヤクルトは初回、一死から川島慶がヒットで出ると、続く青木のタイムリー二塁打で先制のホームイン。更に、畠山がゼブラ今岡のエラーで出た後、飯原もタイムリーを浴びせて、この回2点。防御率1位が懸かるヤクルト先発・石川は3回まで無失点で切り抜け、ルイス(広島)を抜いて暫定トップに浮上。しかし、暫定3位の内海(巨人)に抜かれる可能性を危惧したか、4回も続投。しかし、一死からキュラソ星人に26号ソロを痛恨被弾。その裏、ヤクルトは田中,川端の連打で一、三塁とすると、一死後、石川のファーストゴロの間に田中が生還し、再び2点差。直後の5回、阪神は二死から朝井の二塁打,川島慶のエラーで一、三塁のチャンスを作るも、新井が三振に倒れて、二者残塁。ヤクルトは7回から松岡−五十嵐と繋ぎ、最後は守護神・林が三者凡退に斬って取り、2点のリードを守りきった。

阪神が8回まで毎回走者を出しながら、キュラソ星人のソロアーチでしか点を奪えず、痛恨の黒星。これで再び巨人と同率で並ばれてしまった。気がかりなのは3回にセーフティバントを仕掛けた再、左手親指にボールを直撃させて退場となったシャア少佐。骨折で今季絶望なんて事にならない事を祈るばかりだろう。それにしても、石川は防御率暫定トップに立ちながら、果敢に続投したはいいものの裏目に…。それでも、7回まで追加点を許さなければ、再びトップに立つ筈だったが、6回で降板したのは一体何故なのか? 今後は内海の様子を見ながら、リリーフ登板かね?

◆YB2−1C◆
広島は初回、四球の赤松を二塁に置いて、栗原のタイムリー内野安打で1点を先制。横浜は2回、吉村,金城が連打を浴びせると、一死後、斉藤俊のサードゴロの間に吉村が同点のホームイン。追い付かれた広島は3回一死二塁のチャンスを逃すと、4回には無死一、二塁,5回一死一、三塁のチャンスをいずれもゲッツーで潰す始末。更に、6回二死二、三塁,7回一死二塁,8回一死一塁のチャンスもモノに出来ない怒濤の拙攻三昧。一向に勝ち越せない中、先発・篠田が5回1失点と踏ん張り、大竹が今季初の中継ぎ登板で2回無失点に抑えていたが、8回、3番手・梅津が二死から吉村に痛打されると、二盗を許した後、金城にタイムリーを浴びて、ついに勝ち越し点を献上。最後は守護神・はーちゅんの前に3人で打ち取られ、万事休す。

悪夢の続投要請を受諾する意向を示したブラウン監督。来季の処遇が安泰となれば、5割を死守する必要は全くなく、1点を争うゲームでこれだけ拙攻を繰り返しながらも、当然のごとく求道者・前田を8回までベンチに幽閉。そして、9回に下位打線の先兵として代打起用される嫌がらせをかまし、折角の2000試合出場だというのにモチベーションをどん底まで下げられた求道者・前田はピッチャーゴロと凡退。勝てる試合をむざむざ落としてしまった。これで広島は借金1で全日程終了となったが、ブラウン暗黒政権の牙城には僅かなヒビすら入る事はないのだった。最後の最後までファンを裏切るブラウン暗黒采配をまざまざと見せつけられた訳で、やはり、求道者・前田は今オフ、FAで地元九州・ソフトバンクへ移籍すべきだろう

◆E1−4H◆
負ければ最下位が確定する絶体絶命の危機に立たされたソフトバンクだが、0−0で迎えた5回、田上,高谷,大村のヒットで二死満塁とすると、金子がセンター前へ2点タイムリーを放ち、ついに先制。続く6回には一死から小斉が歩くと、田上が4号2ランを叩き込み、楽天先発・朝井はこの回限りでKO。ソフトバンク先発・新垣は5回までノーヒットの快投を展開。7回に先頭のフェルナンデスに二塁打を浴び、内野ゴロ2つで生還を許したものの、8回二死二、三塁のピンチも切り抜けると、最後は守護神・馬原が3人でピシャリと締めて、逃げ切った。馬原はこれで史上22人目となる通算100セーブを達成。

A級戦犯の一人と言っても過言ではない暴投王子・新垣が伝家の宝刀・ワイルドピッチを封印し、8回を4安打1失点の好投。打っては田上,金子らの脇役陣が渋い活躍を見せ、最下位確定の危機を阻止。これで決着は明日の最下位最終決戦にもつれ込む事となった。明日の予告先発は前回、3回もたずに7失点KOの田中と、2連敗中の杉内だが、果たして、どうなるか…。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:05コメント(0)トラックバック(36) 

September 29, 2008

◆T5−3C◆
阪神は先発のルーキー・石川が初回からいきなり無死満塁の大ピンチ。しかし、ここで栗原をホームゲッツーに仕留めると、嶋も打ち取り、ピンチ脱出。2回にも先頭打者を出しながら、ゲッツーで切り抜けた阪神はその裏、ゼブラ今岡が7号先制アーチ。4回には新井,キュラソ星人と連打を浴びせると、ゼブラ今岡はゲッツーを食らうも、鳥谷,関本,矢野と3連打で2点を追加。3点を追う広島は6回、この回から代わったアッチソンに対して、先頭の天谷がヒットで出ると、一死後、連続四球で満塁のチャンス。ここでシーボルが2点タイムリー二塁打を放って、1点差。なおも二、三塁のチャンスだったが、石原,小窪と連続三振に倒れて、2点止まり。しかし、続く7回、二死走者なしから代打・緒方の四球,オチョアの二塁打で二、三塁とすると、栗原がタイムリーを放って、ついに同点。なおも一、三塁と勝ち越しの場面で嶋はショートフライに倒れて、勝ち越しならず。追い着かれた阪神は8回、先頭の新井がヒットで出ると、続くキュラソ星人が25号2ランを叩き込み、再び勝ち越し。8回から登板していた守護神・藤川は9回もきっちり締めて、広島の反撃を断ちきった。

巨人の自滅で点灯した7度目のマジックを2度と消したくない阪神が一時は追い付かれながらも、藤川を同点の8回から投入する執念の継投で広島に傾きかけた流れを引き戻すと、主砲の一発で逃げ切り、マジックを7と減らした。久々にスタメン復帰となった新井も3安打と活躍。中日の試合がない日に、敗れてしまった広島は4位転落。この日は正に、ブラウン監督の嫌がらせ采配がチームを敗北に導いたと断言出来るだろう。1点差に迫った6回一死二、三塁で下位の石原,小窪と続く所で求道者・前田を代打に送らず、8回二死一塁で求道者・前田ではなく赤松を起用。6回はアッチソン,8回は藤川といずれも右投手相手であり、毎度起用しない言い訳にしている「求道者・前田は左に弱い」などと言うでっち上げすら、当てはまらない。そして、2点差つけられた9回一死走者なしになってからようやく起用するまったくもって訳の分からない采配。いや、普通に見れば不可解極まりないが、求道者・前田をシメてシメてシメ倒し、是が非でも肩書き付きタイムリーは阻止する事が目的の采配であるのは明白であり、実に分かりやすい采配だったと言えるだろう。3位や5割と言った自らの続投条件などよりも、求道者・前田をシメ倒す事ばかり躍起になっているブラウン監督の嫌がらせ采配はいつまで続くのか!?

◆E2−4H◆
ソフトバンクは初回、二死から松田の16号ソロで先制。続く2回には先頭の田上が左中間突破の二塁打を浴びせると、本間の犠打が岩隈の悪送球を誘い、ボールが転々とする間に田上が本塁を陥れ、2点目。3回一死満塁、4回二死一、二塁のチャンスは逃したものの、5回には一死二、三塁から本間が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、4点目。岩隈はこの回限りで降板となった。ソフトバンク先発・新垣は尻上がりに調子を上げて、8回まで無失点の好投。9回、二死二塁と完封まであと一人と迫りながら、藤井,中村と連打を浴びて、2点を失い、無念のKOとなるが、最後は守護神・馬原が内村を三振に斬って取り、辛くも逃げ切った。

今季、背信投球が続いている新垣が伝家の宝刀・ワイルドピッチを封印し、20勝投手・岩隈に完璧に投げ勝つと言うよもやの展開でソフトバンクが楽天と入れ替わりで最下位脱出。王さんのホークス通算1000勝まであと3つと迫った。楽天は頼みの岩隈が5回4失点KOとなる大誤算で、終盤の粘りも及ばず、再び最下位に逆戻りとなった。

◆F2−1M
ダルビッシュは2,4回を三者三振に斬って取るなど、6回まで2安打無失点の快投。一方、小林宏も初回、先頭の田中に痛打された以降は5回までパーフェクトの好投。6回も簡単に二死を取ったが、ここで唯一のヒットを打たれている田中にライトスタンドへ11号ソロを放り込まれて、先制点を献上。1点を追うロッテは直後の7回、二死からフクーラの四球,里崎のヒットで一、二塁とすると、橋本がタイムリー二塁打を放ち、フクーラが同点のホームイン。1−1で迎えた8回、日本ハムは糸井の二塁打,代打・ミスタースナイパーのヒットで一死一、三塁とし、小林宏をKO。代わった川崎に対して、田中のセカンドゴロが野選を誘い、勝ち越しに成功。ダルビッシュは9回は3人で打ち取って、完投で自己最多の16勝目をマークした。

ダルビッシュが12三振を奪っての1失点完投で投手戦を制し、日本ハムがまたまたロッテと入れ替わりで3位に浮上。打っては田中が同点弾に決勝野選とラッキーボーイになった。一方、小林宏は8回途中まで無四球5安打2失点の好投を展開していたが、打線の援護がなく、12敗目。

◆L3−4Bs◆
初回、偽バファローズは一死から後藤がヒットで出ると、続くカブレラが36号2ランを叩き込み、先制。その裏、西武は一死一塁から中島のタイムリー二塁打で応戦。1−2の儘、迎えた6回、偽バファローズは日高の13号ソロで突き放すが、その裏、西武は後藤,中村と連続アーチをぶち込んで、一気に同点。試合はその儘、延長にもつれ込んだ。迎えた10回、偽バファローズは先頭のローズが二塁打を放つと、北川が送って、一死三塁となった所で小瀬がスクイズを決めて、勝ち越しに成功。その裏、西武は二死から後藤の四球,中村の内野安打で一、二塁としたものの、最後は礒?が三振に倒れて、あと一歩及ばなかった。

主導権を握る偽バファローズに対して、西武は追い付くのが精一杯で一度もリードを奪えない儘、突き放されて、今季ワーストの7連敗。粘り勝ちで接戦を制した偽バファローズはこれで9年ぶりのAクラスが確定。気になるのは香月に3イニングも投げさせ、10回には一打サヨナラのピンチを迎えたにも拘わらず、最後まで守護神・加藤にお呼びがかからなかった事か。最近、安定感を欠く加藤は一昨日のリリーフ失敗で首脳陣からの信頼をかなり失ってしまった様だ。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:56コメント(0)トラックバック(37) 

September 10, 2008

◆D11−4G◆
中日先発・ウッチャンは立ち上がりから制球に苦しみ、2四球で一死一、二塁のピンチを迎えると、寿司職人ラミレスにタイムリーを浴びて、先制点を献上。しかし、その裏、中日は二死二塁からT.ウッズ,ベンちゃん,中村紀と3連続タイムリーで逆転に成功。3回にはT.ウッズが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにT.ウッズが31号ソロを叩き込み、4点目。3点を追う巨人は直後の4回、先頭の坂本が二塁打で出ると、一死後、捻挫でリタイアと相変わらずケガに弱い所を見せつけたあの男に代わってスタメンに抜擢された寺内がタイムリーを放ち、2点差。続く5回には一死満塁からマッスル千代の富士のタイムリーで1点差と詰め寄ると、二死後、阿部が押し出し四球を選んで、ついに同点。ウッチャンはこの回限りで降板となった。追い着かれた中日は6回、この回から代わった3番手・越智からデラロサ,谷繁の連続タイムリーで2点を勝ち越し。続く7回には4番手・山口を攻め立て、5安打を集中しして、4点を奪い、試合を決定付けた。

余程、セ・リーグの灯を消したいのか、中日がこの期に及んで今季2度目の5連勝。2番手として1回を無失点で切り抜けた3年目の斉藤はプロ初勝利。巨人は3ヶ月ぶりとなる3連敗で阪神との差は6にまで拡大してしまった。この連敗は首位を追いかけようと言う気持ちを削ぎかねない痛い連敗だ。昨日の豊田に続いて、この日は今日は越智,山口が打ち込まれた。安定した投球を続けてきた二人の炎上はつい先日までの阪神の不振を彷彿とさせる何とも嫌な負け方だ。

◆T4−3S
初回、二死満塁のピンチを切り抜けた阪神はその裏、一死一、二塁のチャンスにキュラソ星人のタイムリー二塁打,鳥谷の犠飛,葛城イクローのタイムリーで3点を先制。2回を先頭打者を出しながら、ゲッツーでチャンスを潰してしまったヤクルトだが、3回、一死満塁から飯原のタイムリーでようやく1点。なおも満塁のチャンスは田中がゲッツーで潰し、4回も二死一、二塁のチャンスを逃したが、5回、2四死球で二死一、二塁とした所で川島慶がタイムリーを放って、1点差。6回にも二死満塁と一打逆転のチャンスを掴んだが、飯原がセカンドゴロに倒れて、三者残塁。しかし、続く7回、二死二塁から代打・ユウイチのタイムリーでついに同点。更に、福地のヒット,宮本の四球で満塁とし、青木に回す絶好の勝ち越しチャンスを作るが、期待の青木はレフトへ打ち上げ、またも三者残塁。3−3の儘、迎えた土壇場9回、阪神は二死満塁とした所で葛城イクローが押し出し四球を選び、呆気ない形でサヨナラ勝ちを飾った。

押し出し四球と言う形ながら、阪神が連夜のサヨナラ勝ちでマジックを18と減らした。昨日に続いて、同点の場面で投入した藤川が劇的勝利を呼び込んだ。この時期に来て、こういう劇的な勝ち方が続くと言うのは優勝に繋がるムードになってきた印象だ。ヤクルトは15安打を放ちながら、僅かに3得点。3度の満塁機を逃すなど、2併殺15残塁と言う信じられない大拙攻が響いた。

◆C4−3YB◆
横浜は初回、村田のタイムリー等で2点を先制。その裏、栗原の犠飛で1点を返されるも、3回、またも村田が35号ソロを叩き込み、3点目。更に、二死満塁のチャンスを作ったが、ハマのチンピラに回ってしまい、三者残塁。2点を追う広島は4回、栗原のヒット,嶋の四球で一、二塁とすると、石原がタイムリー二塁打。更に、一死後、小窪が犠飛を打ち上げ、嶋が同点のホームイン。6回には一死一、二塁から喜田がタイムリーを放って、勝ち越しに成功。この1点をブラウワー−シュルツ−永川と繋いで守りきった。

後半戦に入ってから無敗と好調をキープしていたハマのチンピラを攻略し、広島が逆転勝ち。求道者・前田をお立ち台に上げる事を何としても阻止したいブラウン監督は6回に喜田にタイムリーが出て、さぞ安堵した事だろう。もし、喜田が凡退していれば、二死満塁で求道者・前田を使わざるを得ない展開になっていた。勝ち越した後になって起用された求道者・前田はブラウン監督がほくそ笑んでいる事ですっかりやる気を失ったのか、あえなく三振。勝ったからと言って、この負のスパイラルはブラウン暗黒政権が続く限り終わりそうもない。

◆H2−1E◆
何とか連敗を止めたいソフトバンクは2回、松中,小久保と連打で出ると、一死後、大村が歩いて満塁。森本は三振に倒れたが、山崎が押し出し四球を選んで、1点を先制。先発の暴投王子・新垣は4回まで4四死球と言う荒れ球が逆に幸いし、毎回の8三振を奪うノーヒットピッチング。5回一死から中村に初安打を許すがペースを崩さず、7回まで無失点。一方、朝井の前に3回以降チャンスを掴めずにいたソフトバンクだが、7回、一死から大村,森本と連打を浴びせると、山崎のサードゴロがフェルナンデスのタイムリーエラーを誘い、貴重な2点を追加。しかし、直後の8回、連続内野安打を許すと、高須の犠打の後、フェルナンデスを歩かせ、満塁のピンチ。ここで青波の長瀬に痛恨の押し出し死球を食らわせ、無念のKO。しかし、代わった水田が山崎武,ショートと打ち取り、このピンチを見事に切り抜けると、最後は守護神・馬原がきっちり締めて、連敗を4でストップさせた。

9年ぶりにドームの天井を開放した事が気分転換になったかどうかは分からないが、ソフトバンクが1点差を守りきって、連敗を阻止し、4位に浮上。暴投王子・新垣が7四死球を出しながらも、何とか暴投は出さずに踏ん張った。もし、8回のピンチに暴投を出していたらえらい事になっていただろう。そして、そのピンチを切り抜けた水田の投球も見事だった。

◆L5−6F
日本ハムは一死から連続四球で一、二塁とすると、高橋が2試合連続となる7号3ランを叩き込み、先制。3回にはまたも一死から連続四球で一、二塁となった所で高橋がタイムリー。更に、二死満塁となった所で呪われた助っ人・ボッツにまで2点タイムリーが飛び出し、6点目。大量ビハインドとなった西武だが、その裏、二死一塁から江藤,中村の連続アーチで3点を返すと、続く4回には赤田が2号ソロを放って、2点差まで詰め寄った。5回以降膠着状態に陥り、4−6の儘、試合は土壇場9回へ突入。守護神・MICHEAL投入で逃げ切りを図る日本ハムに対し、西武は二死二塁から中島のタイムリーで1点差と詰め寄ると、江藤もヒットで続き、一打同点,長打が出れば逆転サヨナラの場面を作るが、中村はあえなくキャッチャーフライに倒れて、あと一歩及ばなかった。

序盤のリードが最後までものを言って逃げ切った日本ハムが5割復帰。1番に田中,2番に劇団ひちょりを入れるテコ入れは殆ど効果はなかったが、好調・高橋の前に悉く四球の走者が溜まったのが幸いし、僅か5安打で6得点。一方、西武は日本ハムを遙かに上回る13安打を放ちながら、及ばず、3連敗。猛追をかけてきている偽バファローズとの勢いの差は明白だが、果たして、この儘、逃げ切れるか? 投げては、先発・オツが3回途中4失点の上、右太腿に張りを訴えてKOと踏んだり蹴ったりだった。

◆Bs11−10M◆
初回は両軍無得点と静かな立ち上がりとなったが、2回に偽バファローズが大引のタイムリーで先制するや、乱打戦の幕が上がった。3回、ロッテが里崎の14号2ランで逆転すれば、その裏、偽バファローズは下山の10号ソロで同点。続く4回、坂口のタイムリー等で2点を勝ち越されたロッテは直後の5回、代打の大松の21号ソロ,早川の5号満塁弾で一気に逆転。しかし、その裏、偽バファローズは大引,小瀬の連続タイムリーでまたも同点。それも束の間、ロッテは6回、里崎のタイムリー二塁打ですかさず勝ち越すと、続く7回にはベニー松山,根元のタイムリーで2点を追加。粘る偽バファローズき8回にローズの犠飛で1点を返し、2点差。土壇場9回、ロッテは守護神・荻野を投入するが、荻野がよもやの大乱調。一死二、三塁から坂口に犠飛を許し、1点差と詰め寄られると、連続四球で二死満塁の大ピンチ。ここで打席に入ったローズはライト前へ2点タイムリーを放ち、偽バファローズが逆転サヨナラ勝ちを収めた。

両軍合わせて29安打21得点の大乱打戦を偽バファローズが劇的な逆転サヨナラで制し、首位・西武との差は4と大接近。偽バファローズは大引の4安打を筆頭に先発全員の17安打。9回まで唯一ノーヒットだったローズが最後の最後で美味しい所を持っていった。3度に渡って突き放したロッテだが、荻野がこうもストライクが入らないとは大誤算。これでロッテは5位転落となった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:47コメント(0)トラックバック(18) 

August 28, 2008

◆G7−1YB◆
久々の先発登板となった上原たが、初回、いきなり内川のタイムリー二塁打で先制点を献上。しかし、その裏、巨人は一死二塁からガッツの26号2ランであっと言う間に逆転すると、更に、寿司職人ラミレス,松田記者とクリーンアップトリオの3連続アーチが飛び出し、横浜先発・ウィリアムスはこの回で早くもKO。リードを貰った上原は危なっかしいながらも、5回まで追加点を許さず、この回限りでお役御免。2回以降も再三チャンスを掴みながら、あと一本が出ずにいた巨人だったが、5回、阿部のタイムリー等で2点を奪うと、6回にはガッツのタイムリー二塁打で7点目。6回以降、東野−山口−林と繋いで、4連勝を果たした。

星野監督に媚びる必要もなくなった事で、4ヶ月ぶりに先発に復帰した上原がフラフラの投球ながら、打線の援護にも恵まれて、実に693日ぶりの先発勝利。上原を復活させるとほたえていた星野監督だが、北京に拉致される直前の5試合で無失点と既に、復調の兆しが見えていた事を考えると、五輪が転換期になった訳でも何でもなく、星野監督が復活させたかの様な的外れな報道がない事を祈りたい。それにしても、結局、五輪では2試合しか使って貰えず、星野監督に媚びた甲斐は皆無だったな…。五輪と言えば、低打率に喘いでいたにも拘わらず、たまたま一発が飛び出しただけで復調扱いされた李がバーンサイドを差し置いて、この日から復帰したが、その復帰初打席がクリーンアップ揃い踏みアーチの直後とは気の毒な限り。4連発を大いに期待される中、しみったれたセカンドゴロに倒れた事でケチがつき、この日3タコ1死球と結果を出せなかった。横浜は内川が4安打の大当たりで久々に打率を3割7分台に乗せたが、続く村田が悉く凡退とブレーキだったのが痛かった。

◆T5−4D
初回から一死一、二塁のチャンスを逃した中日はその裏、キュラソ星人のタイムリーで先制を許してしまう。1点を追う中日は3回、鳥谷のエラー,中村紀の四球で一、二塁とタナボタのチャンスで李が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに11号3ランを叩き込み、逆転に成功。しかし、その裏、阪神はまたもキュラソ星人が21号3ランを放って、一気に逆転。再び1点を追う展開となった中日は6回、先頭のT.ウッズが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに同点25号ソロ。更に、ヒットの森野を平田が送ったが、ピンキー井上,谷繁と倒れて、勝ち越しならず。阪神は7回、関本のタイムリーで勝ち越すと、8回からウィリアムス,9回から藤川と繋ぐ必勝リレーを展開。しかし、北京で星野監督にプライドを踏みにじられた事を引きずっているのか、中村紀に同点タイムリーを浴びてしまう。しかし、その裏、阪神は6番手・高橋を攻め立て、一死一、三塁とすると、林が犠飛を打ち上げ、サヨナラ勝ちを果たした。

昨日、怒りの投球で復活をアピールした岩瀬に対し、藤川は復帰初登板でいきなりリリーフ失敗。結果的に白星は転がり込んでは来たが、少々心配である。最後を決めたのは林だが、打のヒーローはやはり、先制打&逆転弾で4打点のキュラソ星人だろう。最終打席でもヒットを放ち、サヨナラの場面を演出。中日は相変わらずの一発依存症,タイムリー欠乏症を露呈し、勝てるゲームを落とし、またまた貯金が消滅した。

◆S3−2C◆
出戻り助っ人・ダグラスが古巣相手に先発マウンドに上ったが、初回からエラー絡みで1失点。直後の2回、ヤクルトは飯原,川端のダブルスチールで追い着くと、4回には畠山の7号ソロで勝ち越し。しかし、その裏、広島は梵のタイムリー二塁打で同点とすると、6回には先頭の栗原が17号ソロを叩き込み、勝ち越し。更に、二死二塁から小久保がレフト前に弾き返すが、一気に三塁を蹴った二塁走者・嶋が本塁憤死で1点止まり。土壇場9回、守護神・永川を投入し、逃げ切りを図る広島に対し、ヤクルトは先頭の飯原がヒットで出ると、田中が送って一死二塁と一打同点のチャンス。しかし、川端はレフトへ打ち上げると、代打・武内は三振に斬って取られて、ゲームセット。

かつての同僚・ダグラスを返り討ちにした広島が再び3位・中日を射程に捉えた。最近、代打でも調子の上がってきている事で、下手に接戦で起用すると、勝利の立役者になりかねない事を恐れたブラウン監督の陰謀により、求道者・前田は悪夢のフル欠場に終わったが、先発・大竹の踏ん張りと、栗原の一発で辛くも白星を拾った。

◆H3−2Bs◆
偽バファローズ先発・近藤が4回をノーヒットに抑えれば、ソフトバンク先発・新垣も負けじと4回までパーフェクトの快投。5回も簡単に二死を取った新垣だが、ここで後藤に初安打となる8号先制ソロを被弾。8回には二死一、三塁から伝家の宝刀・ワイルドピッチが炸裂し、2点目を献上。ここまで1安打と沈黙していたソフトバンクはその裏、中西,代打・吉川のヒットで二死二、三塁のチャンスを掴み、近藤をKOすると、代わった清水から本多がタイムリーを浴びせて、1点差。更に、3番手・川越に対して、本多が二盗を決めた後、代打・本間が2点タイムリーを放って、逆転に成功。9回は守護神・馬原が締め、新垣はようやく今季初白星を飾った。

暴投王子・新垣が8度目の登板で何とか今季初勝利。8回で10三振を奪い、3安打2失点と申し分のない内容ながら、2失点目が必殺の暴投だった事で何とも印象が悪かったのだが、その直後に逆転して貰えるとはツイている。昨日はリリーフに失敗した馬原もこの日はきっちり抑えて、雪辱を果たし、チームも2位に再浮上。偽バファローズ2番手・清水は1球で敗戦投手となった。

◆M0−3
日本ハム先発・藤井に対して、ロッテは初回、田中雅,オーティズの連打で無死一、三塁のチャンス。一死後、ズレータがセンター前へ弾き返して、田中雅が先制のホームイン。続く2回には里崎が13号ソロを放り込むと、5回には二死から今江の11号ソロで3点目。ロッテ先発・清水は6回までノーヒットの素晴らしい投球を展開。7回二死から小谷野にヒットを浴び、快挙は逃すも、動揺する事なく、後続を断ち切った。土壇場9回、一死から四球とヒットで一、二塁と一発で同点のピンチを迎えるが、稲葉,小谷野と打ち取って、今季2度目の完封をマークした。

水島の呪いにより、壊滅的不振に陥っている根元がついにスタメンを外されたが、代わって1番に入った田中雅がいきなりのヒットと盗塁で先制ホームをゲット。その後、ソロ2発で2点を取るに留まったが、今日の清水にはそれで十二分だった。あわやノーヒットノーランの散発2安打完封で、2年ぶりの10勝目をマークし、チームの連敗を3で止めた。

◆L5−4E◆
西武は初回、中島の19号ソロで先制。3回に聖沢のタイムリーで追い着かれるも、その裏、ボカチカの19号ソロですかさず勝ち越し。4回には細川,5回には栗山にタイムリーが飛び出し、着々と加点。7回に渡辺直のタイムリー三塁打で1点を返されるも、その裏、ボカチカのこの日2本目となる20号ソロですかさず突き放す。しかし、8回から登板の3番手・小野寺が大乱調。いきなりショートに二塁打を浴びた後、連続四球で満塁とすると、山崎武に2点タイムリーを浴び、あえなくKO。代わったミッチーもいきなり四球で再び無死満塁とするが、続く礒部を空振り三振に斬って取ると、5番手・大沼は藤井にライトフライを打ち上げられるが、タッチアップで本塁を狙ったフェルナンデスをG.G.佐藤が好返球で刺し、同点を阻止。9回にはグラマンが二死満塁の大ピンチを背負ったが、山崎武をライトフライに仕留めて、辛くも逃げ切った。

昨日に続いての一発攻勢で着々と加点した西武が、楽天の猛追を振り切り、マジックを22と減らした。先発・オツはコーナーワークが冴えて、7回途中まで2失点で3連勝の7勝目。3年ぶりの2桁勝利の可能性も見えてきた。楽天は今季初先発の木谷が5回もたずに4失点KO。打線も西武を上回る12安打を放ちながら、9回の満塁のチャンスを逃すなど、11残塁の拙攻が響き、60敗目。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:52コメント(0)トラックバック(20) 

August 20, 2008

◆S0−5G◆
初回、3四死球で一死満塁のチャンスを掴んだ巨人は松田記者の走者一掃タイムリー二塁打で一気に3点を先制。4回には先頭の坂本が2試合連続の5号ソロを叩き込むと、二死後、寺内,ガッツの連続二塁打で5点目を追加。先発・バーンサイドは7回まで散発2安打無失点と素晴らしい投球を展開。8回からは越智−山口と繋いで、完封リレーを達成した。

村中が立ち上がりから四球連発で自滅し、逆ハーラートップタイとなる11敗目。打線も散発3安打で二塁すら踏めない有様。ヤクルトはこれで対巨人7連敗と完全にカモにされている。ここ3試合5回もたずにKOと、1ヶ月以上白星から遠ざかっていたバーンサイドは久々の好投で5勝目。投打噛み合っての快勝を飾った巨人は貯金10とした。

◆YB7−4D
一向に好転しない戦局を打開したい中日だが、名手・川相を現役復帰させなかった事を悔やむばかり。首脳陣は苦し紛れに川井を先発させると、川井は4回まで無失点の好投。しかし、所詮、カワイであって川相ではない川井ではチームの空気を変える事が出来ず、中日打線は4回無死一、二塁のチャンスを逃すなどゼロ行進を続けるばかり。耐えかねた川井は5回、先頭の相川に先制被弾すると、一死後、3連打で2点目を失い、あえなくKO。代わった金剛も5本のヒットを集中されて、この回、悪夢の7失点。その後、中日は川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに飛び出した西川のプロ初アーチ等で4点を返したものの、5回の7点が最後まで重くのしかかる結果となった。

もういい加減、川相の代わりに川井でお茶を濁すのはやめて貰いたい。素直に川相を復帰させろと…。まぁ、今季はもう手遅れな訳で今更言っても仕方ないのだが…。川井は前回に続いて、突如の変調で序盤の好投を台無しにしてしまった。いずれも打線が全く援護点をくれない点で共通しており、何とも不憫である。横浜はワンチャンスを生かして快勝。ハマのチンピラは4失点ながらも今季2度目の完投で4連勝となった。

◆C3−4T◆
阪神先発・岩田の前に5回まで1安打と抑え込まれていた広島は6回、内野安打の小窪を二塁へ進めると、東出のタイムリーでついに先制。しかし、直後の7回、この回から登板の3番手・ブラウワーが3連打であっさり追い着かれると、一死後、代打・悠久の若虎・桧山,シャア少佐,平野と3連続タイムリーを浴び、失意のKO。土壇場9回、先頭打者として登場した代打・求道者・前田が怒りのライト前ヒットで出ると、一死満塁から栗原の2点タイムリーで1点差まで詰め寄り、なおも二、三塁とサヨナラのチャンス。しかし、嶋,石原と打ち取られ、あと一歩及ばなかった。

岩田が7月8日以来、5試合ぶりの7勝目をマーク。6回1失点でも見殺しにされてしまうのか…と心配されたが、岩田の代打・悠久の若虎・桧山が逆転への狼煙を上げてくれた。新人王争いのライバル・吉見の復帰が近いとあって、この1勝は大きいだろう。一方、広島は救世主・ルイスが7月4日以来の登板。6回二死まで1安打無失点との好投を見せていたと言うのに、ここで謎の降板。単に球数制限による既定路線だったのか、故障発生なのか気になる所だが、ルイス降板が致命的となったのは間違いない。致命的と言えば、折角、ブラウン監督がいないのに求道者・前田がスタメンを外された事も問題だ。ようやく登場した9回に怒りのヒットで反撃の口火を切ったが、あまりにも遅過ぎた。

◆L7−1H◆
勝っても自力Vが復活する訳ではないが、これ以上、西鉄に離される訳にはいかないソフトバンクの先発・新垣は2回まで無失点とまずまずの立ち上がり。しかし、3回、十八番の暴投でピンチを作り、ボカチカにタイムリーを浴びて、先制点を献上。続く4回には一死二、三塁から細川のサードゴロを捌いた松田のバックホームが三塁走者に当たるツキのなさで一気に2点を失うと、更に、またも暴投でピンチを広げた後、片岡のタイムリー内野安打が本多の悪送球を誘い、この後、またまた暴投をかまして、この回4失点。6回に大村の一発でようやく1点を返したソフトバンクだが、西鉄はその裏、すかさず片岡のタイムリーで5点差に戻すと、7回には中村のタイムリーでダメを押した。

暴投王子・新垣がプロ野球新記録となる怒濤の5暴投(4回の1イニング3暴投はタイ記録)と遺憾なく真価を発揮し、6回6失点KO。打っては西鉄と同じ9安打を浴びせながら、12残塁の大拙攻で1点しか奪えない体たらくで、今季9度目の3連敗を喫してしまった。西鉄のマジックは2つ減って26。貯金は今季最大の18となった。西鉄先発・オツは6回1失点で6勝目。

◆F3−6M
初回に内野ゴロの間に先制された日本ハムは2回、金子誠の2点タイムリー二塁打で逆転に成功。しかし、直後の3回、ロッテは先頭の今江が9号ソロを叩き込み、あっさり追い着くと、更に、サブローがヒットで続いた後、竹原が3号2ランを放り込み、勝ち越しに成功。3回以降立ち直った清水は7回まで無失点の好投を見せるが、8回にエラーでピンチを作り、降板。二死後、2番手・川崎が小谷野にタイムリーを浴び、1点差となるが、土壇場9回、ロッテは塀内の今季初アーチ,今江のこの日2本目となる10号ソロと2発のアーチが飛び出し、試合を決定付けた。

今江の2発を初め、要所で飛び出した一発が効き、ロッテが逃げ切り。勝ったり負けたりを繰り返してきた清水だが、何だかんだで2桁勝利にリーチをかけた。日本ハムは藤井が3回もたずにKOとなったのも誤算だが、武田久が2被弾し、ダメ押しを許したのも気がかり。2試合続けて無失点で切り抜け、一時の不振を脱したかに思われたが、まだまだ完全復調とは言えない様だ。注目のボッツは3打数1安打。呪われている事がステータスだっただけに、調子を上げてくると、逆に注目する要素が薄れていくと言うのは皮肉なものだ。

◆Bs5−4E◆
初回、死球にエラーとノーヒットで先制した偽バファローズは3回には坂口の2号ソロで1点を追加。5回には無死三塁から小瀬の犠飛で3点目。楽天は6回、無死満塁からショートの2点タイムリーで1点差と詰め寄り、なおも一、二塁のチャンスだったが、後続3人が打ち取られ、同点ならず。すると、その裏、偽バファローズはカブレラの27号ソロで4点目。8回に1点ずつ取って迎えた土壇場9回、偽バファローズは守護神・加藤を投入。加藤は二死一、二塁から鉄平にこの日4安打目となるタイムリーを浴び、1点差まで詰め寄られるが、最後はショートをライトフライに仕留めて、辛くも逃げ切った。

小刻みに1点ずつ加えていた偽バファローズが楽天の追い上げをかわして、この2連戦を1勝1敗のタイに持ち込んだ。先発・小松は粘りの投球で7回を2失点で切り抜け、自己初の2桁勝利に到達。中押しアーチのカブレラはこれが史上最速934試合目での通算300号(史上33人目)となった。楽天は鉄平が4安打1四球の5打席5出塁と気を吐いたが、なかなか得点に絡めなかった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:42コメント(0)トラックバック(16) 

March 16, 2008

◆G0−0T◆
巨人十八番の安直中古助っ人補強戦略の先兵・グライシンガーが制球力の高さを存分に振るって6回を無四球無失点。三塁も踏ませぬ安定した投球で万全の仕上がりを見せた。左膝手術からのリハビリモードを終え、ようやくオープン戦初出場となったガッツは四球にセカンドゴロと言った内容で退いた。一方、阪神先発・岩田も5安打2四球と走者を溜めながらも、5回を無失点。オープン戦4試合で自責点0と言う安定感で開幕ローテ入りへ大きく前進。また、不振に喘いでいた杉山も4回をノーヒットと完璧な投球で巻き返し、開幕ローテ入りの可能性を残した。

◆F5−2D◆
川相不在で必然的なタイムリー欠乏症に見舞われ続けている中日はこの日も大拙攻を繰り返し、タイムリーは川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに激振したT.ウッズのホームランのなり損ないの二塁打1本のみと言った有様で川相の現役復帰待望論は強まる一方だ。投げては先発の中田が6回4失点と不本意な内容。山本昌も1回を投げて、2安打1失点と釈然としない結果に終わった。一方、ヤクルトから移籍の坂元は先発で3回を無安打無失点の好投で一躍、開幕ローテ入りの可能性が出てきた。

◆L8−1H◆
暴投王子・新垣が怒濤の本領発揮。初回から暴投を犯すと、3回には2つ、更に、5回にも1つで計4つもの暴投を量産。しかも、いずれも失点に結びつき、6回8失点と言う惨憺たる内容で開幕へ不安を残した。一方、前回の登板で炎上し、開幕ローテ入りへ黄信号が灯っていた岸はキレ,制球共に良く、8回を1失点(自責0)と申し分のない投球で開幕ローテに踏み留まった。打っては売り出し中のまつかが二塁打含む2安打で開幕スタメンへ猛チャージをかけた。

◆S3−5E◆
アテにしていた先発陣が次々に打ち込まれ始めたヤクルトだが、この日の先発・館山も乱調。いきなり初回に礒部に3ランを浴びると、3回には鉄平に被弾するなど、4回5失点と打ち込まれた。リリーフ陣は安定しているだけに先発陣の立て直しが急務だろう。楽天先発の朝井は7回を投げて7安打3四死球と苦しみながらも、3失点で踏み留まる粘りの投球。ノムさんは「ローテーションに入るでしょう。いい調整をしたと思いますよ」と、一応の合格点を出した。

◆M4−5YB◆
高校BIG3のトンガ,由規がいずれもプロの壁,水島の呪いにぶち当たって、二軍落ちとなった中、これまで二軍でじっくり調整してきたBIG3最後の一角・唐川が満を持してオープン戦最終戦で初登板。いきなりガッツな貴公子・仁志,石井タクローと連続三振を奪うと、吉村もセカンドフライに打ち取る上々のスタート。しかし、ここで右手中指の皮が剥けてしまい、大事を取って、1イニングのみでの降板となった。一方、横浜のルーキー・小林は2番手で登場するも、4安打を集中されて、1回を3失点。ただし、先発のはーちゅんは6回を1失点(自責0)と好投を展開した。

◆C3−0Bs◆
開幕投手を狙う大竹が先発登板。低めに球を集めて、内野ゴロを量産し、3回までパーフェクト。4回に連打を浴びるも、カブレラをゲッツー。5回のピンチも切り抜けて無失点で予定の5回を投げきった。リリーフの4人もそれぞれ1回を抑えて完封リレー。打っては新助っ人・シーボルが2安打1四球と全打席出塁。一方、開幕ローテ入りへ急浮上中の偽バファローズ先発・近藤は制球に苦しみながらも、5回を2失点でまとめ、開幕ローテ入りに当確ランプを灯した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 19:58コメント(0)トラックバック(17) 

February 28, 2008

080228新垣◆H3−3M◆
昨年、前人未踏の暴投記録を樹立した暴投王子・新垣が先発登板。斉藤和がアテに出来ず、和田も回復が遅れているからと、無駄にモメてイメージを悪くしてまで昨年、未勝利のパウエル獲得に走ってしまう程、先発ローテ構築に不安を抱いている球団側だが、そんな不安を一掃せんとばかりに、新垣はカーブを積極的に使って緩急をつけながら、5回を1安打無失点と素晴らしい投球を展開。十八番の暴投も犯す事なく、初の開幕投手へ名乗りを上げた。一方、ロッテの開幕投手候補・小林宏は3回で2点を失ったものの、スライダーが冴えて、毎回の4三振を奪い、手応えを掴んだ模様。また今季、密かに大ブレイクが期待される幕張のゴジラ・神戸が会心の3ランを叩き込み、開幕一軍をアピールした。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:04コメント(0)トラックバック(4) 

September 17, 2007

◆T4−1G◆
0.5差で迎えた首位攻防戦。阪神先発・下柳に対して、巨人は2回二死から阿部,ゴンザレスが連続内野安打でチャンスを作るも、ホリンズがピッチャーゴロに倒れて、二者残塁。一方、巨人先発・木佐貫に対して、阪神は3回一死一、二塁のチャンスは逃したものの、続く4回、二死走者なしから葛城イクローの四球,矢野のヒットで一、二塁とすると、関本がライト前へタイムリーを浴びせて、1点を先制。1点を追う巨人は6回、一死から松田記者が左中間スタンドへ10号ソロを叩き込み、ついに同点。1−1で迎えた7回、阪神は一死からシャア少佐がピッチャー強襲安打で出ると、続くシーツの二塁打で快速を飛ばして、一気に勝ち越しのホームを陥れ、木佐貫をKO。更に、8回には3番手・西村から矢野のタイムリー二塁,悠久の若虎・桧山の犠飛でダメ押しの2点を追加。7回から久保田−ウィリアムスと繋いできた阪神は土壇場9回、満を持して守護神・藤川を投入。藤川は3人できっちり締めて、リードを守り、阪神は一夜で首位を奪回した。敗れた巨人は首位から一気に3位転落となった。

◆S7−8D◆
初回から制球に苦しむヤクルト先発・石井一から、一死満塁のチャンスを掴んだ中日は森野が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、3点を先制。更に、二死後、英智が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに3号2ランを叩き込み、いきなり大量5得点。その裏、ヤクルトは寿司職人ラミレス,ガイエルの連続アーチで2点を返し、3点差。直後の2回、中日は依然として制球の定まらない石井一から、二死満塁とするも、李がサードへのファールフライに終わり、三者残塁。しかし、4回、二死一、二塁から寿司職人ラミレスが真正面の何でもないフライを落球するタイムリーエラーを犯し、労せずして2点を追加。ヤクルトは5回に寿司職人ラミレスが汚名返上の2点タイムリー二塁打。6回にT.ウッズのタイムリーで突き放されるも、その裏、川本が6号2ラン。そして、7回には青木が19号ソロを放ち、1点差。土壇場9回、中日のマウンドには守護神・岩瀬が登場。いきなり中村紀のヘッポコエラーに足を引っ張られ、川相不在を痛感して、落胆したか、続く度会にもライト前へ弾き返され、無死一、二塁の大ピンチを背負ったが、ここから青木を空振り三振,田中浩をゲッツーに仕留めて、見事にこのピンチを脱出。これで中日は2位に浮上した。

◆YB6−3C◆
ハマのチンピラが4回を1安打,長谷川が4回を無安打といずれも三塁を踏ませない好投を展開。5回に広島は連打で無死一、三塁と先制のチャンスを掴むが、相川,ハマのチンピラと内野ゴロに打ち取られると、ガッツな貴公子・仁志は三振に倒れて、二者残塁。広島も6回に二死一、二塁と初のチャンスを掴むが、ここで4番・新井がセンターフライに倒れて、二者残塁。0−0の儘、迎えた7回、横浜はガッツな貴公子・仁志,金城が一発を放つなど、5長短打を浴びせて、一気に6点を先制。広島は8回に新井のタイムリー二塁打等で実に32イニングぶりの得点となる2点を返すと、9回も梵の一発で3点差。引っ張り出した守護神・クルーンに対しても、一死二、三塁のチャンスを作ったが、最後は東出,オチョアと連続三振に倒れて、5連敗となった。

◆H10−0F◆
ソフトバンクは初回一死二、三塁から小久保のショートゴロが金子誠の野選を誘い、1点を先制。二死後、田上がタイムリーを浴びせて、この回、2点。これで主導権を握ったソフトバンクは続く2回には川崎が走者一掃の2点タイムリー三塁打。5回には一死二塁のチャンスを作って、日本ハム先発・スウィーニーをKOすると、代わった山本から松中がタイムリーを放ち、5点目。止まらないソフトバンク打線は6回には井手のスクイズと本多のタイムリーで2点、7回には小久保が2ラン,松田がソロと一発攻勢で3点を加え、10点目。投げては先発・新垣が何と暴投ゼロの散発4安打完封と言う快投を見せ、3ヶ月ぶりの7勝目。これでソフトバンクは首位・日本ハムに1差と肉迫した。

◆Bs5−4M◆
初回に里崎のタイムリー,2回に今江の6号ソロと2点のリードを奪われた偽バファローズだが、4回、一死一塁からローズ,北川の連打で満塁とすると、アレン,後藤の連続タイムリーで逆転に成功。更に、大引が歩いた後、前田にもタイムリーが飛び出して、4点目。偽バファローズは以降も再三チャンスを掴みながら、立て続けにゲッツーを食らうなど、追加点が奪えない。一方、ロッテも5,6回とチャンスを潰していたが、8回、ベニー松山が11号ソロを叩き込み、1点差。土壇場9回、偽バファローズは守護神・加藤大に全てを託すも、二死一、三塁から代打・橋本に同点二塁打を許し、昨日に続くリリーフ失敗。試合は延長に突入した。ラストイニングとなった12回、表の攻撃で勝ち越せず、この日の勝ちがなくなったロッテは小林雅を投入し、何とか引き分けに持ち込みたい所だったが、加藤大に負けじと劇場を開演してしまうのがこの男。いきなり先頭の北川に痛打された小林雅は下山の犠打の後、後藤を敬遠して、一塁を埋めてから、前田にもヒットを浴び、一死満塁。ここでコリンズ監督は三塁走者・北川に対して、投手の山本を代走に起用。代打・日高は三振に倒れ、二死となったものの、続く木元がショートの右を破って、代走・山本が悠々とサヨナラのホームを踏んだ

◆L9−0E◆
悪の温床・楽天先発・グスマンに対して、西武は2回無死一、二塁から中島のタイムリーで1点を先制。二死後、栗山がヒットで繋いで満塁となった所で片岡の今季初アーチがグランドスラムとなって、この回、一挙5点でグスマンをKO。続く3回には細川の犠飛で1点を追加。7回にはベンちゃん,江藤が連続アーチ,8回には片岡がこの日2本目のアーチを掲げ、ダメ押しの9点目。先発・帆足は散発2安打と三塁も踏ませない完璧な投球で今季初完投初完封を果たし、2勝目をマーク。これで西武は悪の温床・楽天と並ぶ4位タイに浮上した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 17:46コメント(0)トラックバック(66) 

July 17, 2007

◆T4−0G◆
太陽の子エステバン・ジャン,福田の両先発の好投の前に4回まで両軍共々、シャア少佐,松田記者の1番打者が2安打を放つのみのゼロ行進。迎えた5回、巨人はホリンズ,清水の連打で無死一、三塁と絶好のチャンスを掴むも、キムタクのピッチャーゴロでホリンズは三本間に挟まれ、憤死。続く福田が犠打を決めるも、ここまで2安打の松田記者がセカンドゴロに終わり、二者残塁。すると、その裏、阪神は1安打2四球で一死満塁のチャンス。ここで岡田監督は無失点投球のジャンを早くも引っ込め、代打・庄田を投入。結果は押し出し四球でタナボタの先制点をゲットした阪神は続くシャア少佐が左中間突破の2点二塁打を浴びせると、坂が犠飛を打ち上げ、この回、一挙4点。ジャンが退いた事で6回から早くもJFKモードの阪神はまず、ウィリアムスが三者三振の快投。7回から登板の久保田は8回二死から連打を浴びるも、ここで代わった藤川が阿部を打ち取り、二者残塁。藤川は9回も三者三振に斬ってとり、完封リレーを達成。阪神は実に27日ぶりの本拠地勝利。巨人は一夜で首位陥落となった。尚、この日、6回途中から巨人3番手として姜が登場したが、既に、ジャンは退いており、「夢の姜ジャン対決」は惜しくもニアミスに終わった。

◆D3−2S◆
プロ入り以来9年間、4点以上取られた事のない岩瀬が5失点KOされると言う惨劇に見舞われたショックの残る中日はこの日も福留がスタメンから外れる苦しい展開。これに対して、ヤクルトは初回、寿司職人ラミレス,ガイエルの連続二塁打で1点を先制。岩瀬ショックをいつまでも引きずる訳にはいかないと、2回に藤井のタイムリー二塁打で追いついた中日だが、3回一死満塁のチャンスに森野,中村紀が連続三振。4回には三者三振を喫して、これで5連続三振とヤクルト先発・石井一を波に乗せかけたが、5回、二死一、二塁から森野がタイムリーを浴びせて、勝ち越しに成功。1点を追うヤクルトは7回、一死一、三塁から代打・真中が犠飛を打ち上げ、同点に追いつくも、その裏、中日は一死二、三塁からT.ウッズのセカンドゴロの間に再び勝ち越し。土壇場9回、守護神・岩瀬が昨夜に続いて登場。どこぞの守護神と違い、一度打たれたからと言って、決して次にひきずらないのが岩瀬。いきなり先頭の宮出にヒットを許し、二死ながら三塁まで進めてしまったものの、最後はきっちり締めて、昨夜の汚名を返上する25セーブ目。巨人が敗れた為、中日は再び首位に返り咲いた

◆YB0−11C◆
巨人戦限定好投手・土肥に対して、広島は初回、新井のタイムリーで先制すると、4回にはオチョア,ルパン広瀬,井生の3連打で2点目。更に、東出がスクイズを決めた後、投手の高橋が自らを楽にするタイムリー。そして、梵が5号2ランを叩き込んで、土肥をKO。広島は終盤にも着々と加点し、計15安打11点。投げては先発・高橋が7回まで無失点に抑えると、横山−上野と繋ぐ完封リレーと投打噛み合っての完勝。5月17日以来実に2ヶ月に渡って、黒田以外の先発が誰一人勝てないと言う神懸かり的な記録はついにストップした。横浜の連勝は3で止まった。

◆F3−0H◆
0−0で迎えた4回、ソフトバンクは二死満塁と先制のチャンスを作るも、ブキャナンが空振り三振に倒れて、三者残塁。一方、ここまで2併殺と拙攻続きの日本ハムはその裏、一死から青波の長瀬の死球,高橋の二塁打で二、三塁。ピンチを迎えたソフトバンク先発・新垣はここから工藤を空振り三振に斬ってとると、続く小谷野も空振り三振に仕留めて、ピンチ脱出…と思いきや、これが日本新記録となる21個目の暴投となり、小谷野を振り逃げで生かしたばかりか、青波の長瀬に続いて、二塁走者の高橋までが一気に本塁を陥れる悪夢の展開で先制の2点を献上する羽目に…。新垣は7回にもは日本記録を更新する22個目の暴投でピンチを作った挙げ句に陽にタイムリーを浴びて、痛恨の3点目を献上。新垣は暴投さえなければ無失点と言う何とも釈然としない投球で完投したが、打線の方は武田勝−武田久−MICHEALのリレーの前に散発7安打の完封を喫してしまった。

◆M3−3Bs◆
ロッテ先発・清水に対して、偽バファローズは2回一死から後藤がライトスタンドへ5号ソロを叩き込み、1点を先制。1点を追うロッテは3回、偽バファローズ先発・ユウキを攻め立て、一死満塁とすると、フクーラがセンターへ犠飛を打ち上げ、試合は振り出しに。1−1の儘、迎えた6回、ロッテは二死走者なしから里崎がレフトスタンドへ7号ソロを放ち、勝ち越し。土壇場9回、清水は先頭のラロッカに痛打された所で降板すると、代わった小林雅がまたまたコバマサ劇場を開演する。水口の犠打で一死二塁となった所でアレンに同点タイムリー二塁打を浴び、清水の白星を粉砕。更に、この後、二死一、二塁のピンチを迎えると大引にライト前へ弾き返されるも、勝ち越しのホームを狙った二塁走者・アレンが憤死し、試合は延長にもつれ込んだ。2−2の儘、迎えたラストイニング12回、偽バファローズは代打・大西に続き、村松もショートゴロに倒れて、あっと言う間に二死…と思いきや、これをTSUYOSHIが痛恨のエラー。タナボタのチャンスを貰った偽バファローズは辻の犠打で二死二塁とした所で途中出場の木元がタイムリー三塁打を浴びせて、ついに均衡を破る3点目をゲット。しかし、その裏、今度は偽バファローズの守護神・加藤大が捕まり、二死二塁からオーティズのタイムリーで追いつかれ、結局、3−3のドローに終わった。

◆E5−3L◆
悪の温床・楽天の先発は今季初登板となる出戻り助っ人・グスマン。初回にフェルナンデスのタイムリーで先制点を貰ったグスマンは3回まで無失点で凌いできたが、4回に二死二、三塁のピンチを迎えると、細川にセンター前へ弾き返され、同点。二塁走者の栗山も一気に三塁を蹴ったが、本塁憤死で勝ち越しならず。追いつかれた悪の温床・楽天は5回、二死から嶋がヒットで出ると、続く鉄平が7号2ランを放り込み、勝ち越しに成功。これで主導権を握った悪の温床・楽天は7回には高須のタイムリー二塁打で2点を追加。西武は土壇場9回、一死から栗山,中村,代打・上本の3連続二塁打で2点差と詰め寄ったものの、反撃もここまで。グスマンは出戻り初登板で助っ人としては史上4人目となる3球団での白星を飾った。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:52コメント(0)トラックバック(74) 

July 11, 2007

◆G4−9T◆
連敗を止めたい巨人はこの日もニックンのタイムリーで先手を取りながら、先発・木佐貫が直後の2回にいきなりキュラソ星人に被弾し、あっさり同点。更に、ここから脇谷,ニックンの連続エラーで足を引っ張られた後、ジュビロ野口,藤本と連続タイムリーを許すと、一死後、鳥谷にもタイムリーを浴び、悪夢の5失点KO。4点のリードを貰い、プロ初白星へ大いに近付いたかに思われた阪神先発・若竹だが、その裏、一死一、二塁のピンチを迎えると、先発を全く育てる気がないとしか思えない采配を続けている岡田監督は早くも若竹を引きずり下ろす非情采配を敢行。その采配の是非はともかくとして、代わった江草は後続を断ち切り、結果としてはとりあえずの成功を収めた。4回にマッスル千代の富士のタイムリーで1点を返した巨人だが、直後の5回、GG佐藤に代わる先発要員として昇格したのかと思いきや、いきなりリリーフで起用された久保が桜井にプロ初アーチとなる3ランを叩き込まれて、点差は一気に6と拡大。その裏、巨人は2点を返したものの、焼け石に水。阪神は8回にも林のタイムリー二塁打で1点を加え、ダメ押し。5点差あるにも拘わらず、またもや引っ張り出されてしまった久保田は気の毒と言う他ないが、それでもウィリアムス,藤川は何とか出番を免れ、3連勝。一方、またも投壊が止められなかった巨人は5連敗となり、2位中日にはいつの間にやら1ゲーム差にまで詰め寄られてしまった。

◆YB1−3D◆
巨人戦限定好投手・土肥に対して、中日は2回、一死二塁から中村紀のタイムリーで先制すると、6回には一死一、二塁から井端の走者一掃タイムリー二塁打で2点を追加。5回まで無失点の好投を見せていた中日先発・小笠原だが、その裏、石井タクロー,金城と連打を浴び、一、二塁のピンチ。ここで村田を空振り三振に斬って取るも、何故か、このタイミングで交代を強いられると、代わった小林がメカゴジラにタイムリーを浴びて、1点を献上。しかし、代わったクルスがここを断ち切ると、続く7回も3人で抑える好リリーフ。8回からは平井,9回からは守護神・岩瀬と繋ぐ必勝リレーが決まり、lリードを守りきった…はいいものの、怒濤の送りバント失敗地獄には不安を感じずにはいられない。だから、名手・川相にコーチ業なんてやらせてないで現役に復帰させろと言うとるんや! 現役選手より遙かに上手いコーチって、どんな宝の持ち腐れやねん! もう7月過ぎてるから何を言っても、今季の現役復帰が叶わない事は分かっている訳だが、それでも言わずにはいられない。

◆S12−10C◆
広島は初回、突如、2番に起用されたオチョアの2号2ラン,求道者・前田の8号ソロと一発攻勢で3点を先制。連敗脱出へ好スタートと思われたのも束の間、その裏、先発・高橋が大炎上。青木,田中浩と連続アーチを叩き込まれると、更に、寿司職人ラミレスを歩かせた後、ガイエルにも被弾と、打者4人で3発を浴びて、あっと言う間に逆転を許してしまう。1点を追う広島は3回に新井の21号ソロで追いつくと、4回には東出のタイムリー二塁打で再びリードを奪うも、5回、2番手として登場した魅惑のナックルボーラー・フェルナンデスが田中浩のこの日2本目のアーチで追いつかれると、宮出にも一発を浴び、またも形勢逆転。畳み掛けるヤクルトは6回にも福川のタイムリー二塁打で1点を追加。しかし、これ以上負けられない広島は7回、求道者・前田にこの日2本目となる同点9号2ラン。更に、この後、2つの四球で一、二塁とした所で東出がタイムリーを放ち、三たび勝ち越しに成功。勢いに乗る広島は8回にも石原のタイムリー二塁打で2点を追加し、10点目。流石にこれで決まったかと思いきや、土壇場9回、ヤクルトは一死一塁から寿司職人ラミレス,ガイエルの連続アーチで一気に追いつき、延長に突入。迎えた11回、ヤクルトは無死二塁から寿司職人ラミレスが2打席連続の13号2ランを叩き込み、サヨナラ勝ち。両軍合わせて31安打22得点,12本のアーチが飛び交う空中戦に敗れた広島は7連敗。13残塁といつも通りの拙攻も痛かったが、勝ったと油断して求道者・前田を途中で引っ込めてしまったのも大きく響く格好となった。10点取っても、12点取られる投手陣も勿論、大いに問題はあるのだが…。勝ったヤクルトは7連勝。

◆H10−11E◆
水島キャラに悪夢のパーフェクトを食らったソフトバンクと、水島キャラのおかげで辛くも勝たせて貰った悪の温床・楽天。受けた呪いの大きさが遙かに大きいソフトバンクが悪の温床・楽天に苦戦するのは必然とも言えるが、だからと言って、この儘、手をこまねいて連敗を続ける訳にはいかないと、初回一死一、二塁から松中のタイムリーで先制すると、更に、二死満塁とし、早くも悪の温床・楽天先発・有銘をKO。更に、代わった永井からブキャナンが2点タイムリーを浴びせて、この回、3点。5回にも1点を加えて、4点目。ソフトバンク先発・新垣は毎回走者を出す苦しい内容ながらも、要所を締める粘りの投球を展開していたが、6回、先頭の山崎武に死球を食らわせると、日本タイ記録となるシーズン20個目の暴投をかました後、草野にレフトスタンドへ放り込まれて、KO。しかし、その裏、ソフトバンクは一死満塁から小久保,柴原の連続タイムリー二塁打で一気に4点を追加。これがダメ押しとなると思いきや、直後の7回、ソフトバンクは水島の呪いの恐ろしさを痛感させられる事になろうとは…。この回からマウンドに上がったのはスタンドリッジ。一時は水島の呪いを軽減させる活躍を見せたスタンドリッジだが、鎖国政策を重んじる水島の呪いを完全に打ち破る事は出来なかったのか、二死走者なしから、3連打で1点を返され、あえなくKO。代わったニコースキーも鎖国政策を貫かんとする水島の呪いの影響か、制球が定まらず、代打・吉岡を歩かせただけで降板。更に、5番手・水田に至っては、代わりばな渡辺直に満塁の走者を一掃されるタイムリー二塁打を浴びたばかりか、代打・関川に死球を食らわせた後、鉄平には3号3ランを放り込まれて、この回、大量7失点でまさかの逆転を許す始末。しかし、簡単には終われないソフトバンクはその裏、代打・田上が執念の4号ソロを叩き込み、同点。8回に1点ずつ取り合って迎えた土壇場9回、悪の温床・楽天は高須のタイムリーで三たび勝ち越し。その裏、ソフトバンクは一死から大村が内野安打で出たものの、川崎,ハマのスペランカーと倒れて、あと一歩及ばず。6点差を跳ね返されると言う正に呪いとしか思えない最悪の形で敗れたソフトバンクは対悪の温床・楽天、悪夢の4連敗となった。

◆F3−1Bs◆
日本ハム先発・伊集院光の弟子・金村に対して、偽バファローズは初回、ラロッカの20号ソロで1点を先制。1点のビハインドをなかなか返せずにいた日本ハムだが、5回、先頭の工藤が三塁打を浴びせると、続く金子誠のタイムリーでついに同点。更に、この後、一死満塁と絶好のチャンスを掴んだものの、青波の長瀬,小谷野と倒れて、勝ち越しならず。1−1で迎えた7回、日本ハムは一死から劇団ひちょりがセンター前ヒット。偽バファローズはここで先発・ユウキから菊地原にスイッチするも、これが裏目。田中賢を打ち取り、二死まで追い込んだ菊地原だが、ここから稲葉,青波の長瀬と連打を許し、勝ち越し点を献上。日本ハムは続く8回にも工藤のタイムリー二塁打でダメ押し。伊集院光の弟子・金村は9回も3人で仕留め、今季2度目の完投勝利で5勝目をマークした。偽バファローズの連勝は4でストップ。

◆L5−2M◆
0−0で迎えた3回、ロッテは一死一、二塁から早川のタイムリーで1点を先制すると、続く4回には塀内のタイムリーで2点目を追加。ロッテ先発・小野から毎回安打を浴びせながら、打ち崩せずにいた西武だが、5回、内野安打と盗塁で二塁へ進んだ礒?を福地のタイムリーで返して、1点差。7回にはロッテ3番手・荻野から二死満塁のチャンスを作ると、中島が9号グランドスラムを叩き込み、一気に逆転。8回からはミッチー,グラマンと繋いで逃げ切り、先発・ジョンソンは5試合目にして、ようやく来日初勝利を飾った。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:20コメント(1)トラックバック(83) 

May 25, 2007

◆E−G◆
降雨中止。

◆L2−7D◆
初回からゲッツーでチャンスを潰した中日だが、その後も依然としてピリッとしない西武先発・グラマンに対して、2回、無死満塁とした所で李のタイムリー,藤井の犠飛,谷繁のタイムリーで3点を先制。4回には一死満塁から井端のタイムリーでグラマンをKOすると、代わった山崎から立浪が押し出し四球を選んで、この回2点。6回には立浪がタイムリーを放ち、ダメ押しの6点目。投げては先発・人斬り抜刀斎が7回を散発5安打無失点の好投で3勝目。西武は8回にカブレラの2ランで完封を免れるのが精一杯で、これで6試合連続2点以下と打線の低調ぶりは深刻だ。

◆H7−3C◆
水島の呪いと言う計り知れない強大な敵との戦いを強いられているソフトバンクはこの日も先発・新垣が求道者・前田の7号ソロで先制される苦しい展開。しかし、3回、大村,本多の連続長打で同点とすると、4回には連打と四球で無死満塁と絶好のチャンス。しかし、ブキャナンは三振,続く森本は最悪のセカンドゴロゲッツーで無得点…と思いきや、東出の二塁送球がレフト線を真っ二つ。ボールが転々とする間に満塁の走者が全て生還し、3点を勝ち越し。5回にシーズン最多暴投記録へ向けて驀進中の新垣がこの日2個目の暴投でピンチを作って、1点を返されるも、その裏、二死二塁から今度は代打・柴原のサードゴロを処理した新井の送球がライト線を襲うタイムリーエラーに。更に、この後、森本にもタイムリーが飛び出して、試合を決定付ける7点目。新垣は7回3失点で5勝目を飾り、今季初の連勝。試合前に4番対決をほのめかせておきながら、無体な扱いを受ける水島の呪いにより、4戦連続無安打と苦しんでいた主砲・松中は4安打の活躍で呪いを打ち破った。

◆Bs2−1T◆
ボーグルソン,デイビーの助っ人投手対決となったこの試合、序盤は両先発の好投でゼロ行進が続いたが、4回、牛込氏に「無理に決まってますよ! 夢よ、もう一度って事だろうけど、そんな選手が通用するほど、日本の野球は甘くないですよ」と酷評されたローズの14号2ランで偽バファローズが2点を先制。2点を追う阪神は6回にシーツに6号ソロが飛び出して、1点差と詰め寄ると、判定に不服を漏らしたデイビーが暴言で退場となった8回には3四球で一死満塁と絶好のタナボタチャンスを貰いながら、林,浜中と打ち上げて、三者残塁。9回は加藤大の前に三者凡退に仕留められ、ゲームセット。偽バファローズはこれで引き分け1つを挟んで2年ぶりの5連勝

◆F3−2S◆
0−0で迎えた5回、ヤクルトはここまで攻めあぐねていたプロ初先発の吉川をようやく捉え、宮本,福川の連続二塁打で1点を先制。7回には二死三塁から青木がタイムリー二塁打を放ち、貴重な2点目を追加。投げては金村(日本ハム)の師匠・伊集院光が「合体変形ロボみたいな名前で凄ぇかっこいいから」と言う理由で一押しの新助っ人・グライシンガーが8回まで散発4安打無失点の好投を展開。この儘、完封とも思われたが、中井美穂の旦那・古田は2戦連続リリーフ失敗中の高津ではなく、木田画伯を投入するも、これが裏目。木田画伯は自らのタイムリーエラーで1点差とされた後、小谷野に同点タイムリーを浴びて、グライシンガーの白星を粉砕。なおも二死一、三塁の場面で中嶋をサードゴロに打ち取り、延長に突入か…と思いきや、これを飯原が一塁へ痛恨の悪送球を犯し、日本ハムがよもやの逆転サヨナラで5連勝。3番手としてプロ初登板となった4年目の金森に嬉しいプロ初白星が転がり込んだ。

◆M−YB◆
降雨中止。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:51コメント(2)トラックバック(66) 

May 04, 2007

◆G4−1S◆
開幕アーチを放った矢先の死球で戦線離脱していた当ブログ推奨助っ人・ゴンザレスがついに一軍に復帰となった巨人は初回、ガッツの7号ソロで1点を先制。その後、内海,藤井の両先発の投げ合いが続き、1−0の儘、試合は中盤へ突入。迎えた6回、ヤクルトは米野の2号ソロでついに同点に追いつくと、二死後、宮本,青木の連打で一、二塁と勝ち越しのチャンス。しかし、ここで寿司職人ラミレスがショートゴロに倒れて、二者残塁。すると、その裏、巨人は松田記者のタイムリー二塁打で勝ち越しに成功。更に、7回にはマッスル千代の富士のタイムリー二塁打、8回には恐怖のゲッツー量産マシン・ニックンの併殺崩れの間に1点ずつ加えて、4点目。9回からは上原がマウンドに上がり、三者凡退に斬ってとり、逃げ切った。内海は8回1失点で4勝目。巨人は1日で首位を奪回した

◆D5−2YB◆
サヨナラ勝ちを収めたばかりとは言え、依然として川相不在の弊害を全く解消出来ていない現状を痛感させられ元気のない中日に対して、横浜先発・はーちゅんは5回までノーヒットの快投を展開。これは久々の「忘れた頃に発生する凄い投球」かと思いきや、6回、井端の内野安打でノーヒットノーランを断たれると、一死一、二塁のピンチを迎えた所でT.ウッズに川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにレフトスタンドへ11号3ランを放り込まれて、先制の3点を献上。更に、森野,中村紀と連打を浴びた所ではーちゅんは無念のKO。代わった高宮も代打・立浪を歩かせ、満塁とした所で谷繁に2点タイムリーを浴びて、この回5失点。ここまで走者を出しながらも、要所を締めてきた中日先発・小笠原だが、直後の7回、マイケル,代打・内川と連続タイムリーで2点を失い、KO。しかし、後を継いだ岡本,岩瀬が横浜の反撃を断ち、何とか逃げ切った。

◆T5−11C◆
ゴールデンウィークに入ってから全敗と元気のない阪神相手に広島が圧倒。阪神先発・福原に対して、初回に新井の犠飛で先制し、主導権を握ると、3回には栗原が7号2ラン。6回には森笠,嶋の連続タイムリーの後、連続押し出し四球も加わって、一気に4点を追加。投げては魅惑のナックルボーラー・フェルナンデスが5回を無失点の好投を展開。ワンサイドゲームになるかと思いきや、6回裏に阪神打線が突如、爆発。二死一、二塁から林,矢野の連続タイムリーでフェルナンデスをKOすると、更に代わった広池から代打・狩野が2ランを叩き込み、一気に2点差。しかし、直後の7回、広島は新井の11号ソロの後、二死満塁から梵が走者一掃のタイムリー三塁打を放って、4点を奪い、試合を決定付けた。広島はこれで3連勝。打線の援護に恵まれたフェルナンデスは2勝目。敗れた阪神3年ぶりの6連敗となった。

◆H8−2L◆
月間MVPのオツに対して、ソフトバンクは初回から一死満塁のチャンスを掴むと、小久保,柴原の連続タイムリーで2点を先制。更に、一死後、田上の2点タイムリーでこの回4点。ソフトバンク先発・新垣の前に3回まで0点に抑え込まれていた西武は4回、栗山のタイムリーでようやく1点を返すと、6回にはベンちゃんの4号ソロが飛び出して、2点目。突き放しておきたいソフトバンクはその裏、大村のタイムリーで1点を追加し、3点差。続く7回には代打・本間に今季初アーチとなる3ランが生まれ、ダメ押し。ソフトバンクはこれで西武と入れ替わりで首位に返り咲き。7回を11三振2失点の新垣は3勝目。

◆F3−1Bs◆
デイビーが4回を1安打無失点に抑えれば、負けじとダルビッシュも5回を2安打無失点の好投を展開。均衡が崩れたのは5回裏。日本ハムは先頭の金子誠が3号ソロを放って先制すると、二死後、4連打を浴びせて2点を追加。ダルビッシュは偽バファローズ打線に付け入る隙を許さず、2試合連続完封まで目前に迫ったが、土壇場9回、先頭のラロッカに痛恨被弾。しかし、後続3人を打ち取ったダルビッシュは5試合連続の完投で4勝目をマークした。完封を免れるのが精一杯の偽バファローズは7連敗

◆M2−6E◆
0−0で迎えた3回、悪の温床・楽天はエラーで貰ったチャンスに礒部のタイムリーで1点を先制。5回には無死満塁から山崎武が押し出し四球を選ぶと、ここで憲史がライトスタンドへ2号グランドスラムを叩き込み、この回大量5点を奪い、ロッテ先発・清水をKO。6点を追うロッテはその裏、TSUYOSHIのタイムリー二塁打でようやく1点を返すと、8回には今江のタイムリー二塁打で2点目。更に、二死満塁と一発が出れば同点と言う場面を作ったが、サブローがピッチャーゴロに倒れて、三者残塁。9回も抑えの福盛の制球難に付け込み、3四球で二死満塁のチャンスを貰ったが、塀内が空振り三振に終わり、ゲームセット。悪の温床・楽天先発・岩隈は8回途中まで2失点に抑え、今季初勝利を飾った。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 18:27コメント(0)トラックバック(31) 

April 17, 2007

◆G1−3C◆
珍しくGS神戸での巨人主催ゲームとなったこの試合。かつての首位打者・嶋が1割台に喘ぎ、毎年2割打つかどうかの倉が堂々のリーグ4位と言う異常事態に見舞われている打線を見かねたブラウン監督は大幅なテコ入れを敢行した。ついに嶋をスタメンから外して、これまで3番だった求道者・前田を5番、梵を3番に入れ、そして、1番にはルーキー・中東を初のスタメン起用。3回までは巨人先発・姜の前に1安打と沈黙していたが、4回、東出,梵の連打でチャンスを作ると、新5番の求道者・前田がきっちり犠飛を打ち上げ、先制。更に、栗原にもタイムリーが飛び出して、この回、2点。毎度、打線の見殺しに遭っている黒田は立ち上がりこそ不安な内容だったが、待望の先制点を貰うと、尻上がりに調子を上げていき、巨人打線を翻弄。何とか追加点の欲しい広島は6回、二死一塁の場面でまたも求道者・前田がライト線へ痛打。貴重な3点目は間違いないと思われたが、何とこの打球をボールボーイがファールと勘違いして捕球し、一塁走者・新井は三塁に戻されてしまった。ブラウン監督は恒例の猛抗議を延々10分かましたが、認められず、続く栗原が凡退して、二者残塁となる何とも嫌な展開…。ホームの広島市民球場なら、こうも抗議はしなかった様に思うのだが、かと言って、東京ドームと言う訳でもないし、このボールボーイは一体どこの回し者なのか? GS神戸って事は偽バファローズか……って、何の得にもならねぇ〜っ。それはともかくとして、広島はその嫌な流れを断ち切る様に続く7回に倉,黒田のバッテリーが連打を浴びせると、中東のゲッツー崩れの間にダメ押しの3点目をゲット。あとは黒田が今季初完封なるか…と言う所だったが、9回先頭のマッスル千代の富士に痛打された所でブラウン監督はスパッと永川にスイッチ。永川は簡単に二死を取り、李もセンターフライに打ち取って完封リレー達成…と思いきや、何でもないこのフライを中東がまさかの落球。この間にマッスル千代の富士が生還し、なおも一発が出れば同点と言う不気味な展開となったが、怒濤のチャンスブレイカー・ニックンがライトへの凡フライに倒れる相変わらずのインケツぶりを遺憾なく発揮し、大事には至らなかった。求道者・前田は2安打1犠飛と活躍したのは何よりだが、テコ入れ云々とか言う次元の男ではないし、中東は5タコ,梵は4の1とパッとせず、テコ入れの成果はさほどに感じられない内容。果たして、明日はどういうスタメンになるのやら…。一方、覚醒が期待されたホリンズは3タコ。あの爆発はたまたまだったのか、単に黒田が良過ぎたのか…。

◆D5−0T◆
開幕2連敗を喫し、今季中の200勝到達を狙うにはそろそろ勝っておきたい山本昌。何とか援護したい中日はいきなり井端,荒木,福留の3連打を浴びせるなど、2点を先制すれば、3回にはT.ウッズが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに2試合連続となる8号3ラン。相変わらず、左投手相手にはどんなに不調の右打者でも左打者よりはマシ理論を炸裂させる岡田監督のヘッポコ采配により、1割打者を2人も並べ、飽きもせずに投手を8番に入れる訳の分からないオーダーに対して、山本昌は5点リードと言う気楽さも手伝って、5回まで1安打と全く危なげのない投球を展開。6回一死から鳥谷に三塁打を浴びたのが唯一のピンチだったが、ここで1割打者・関本を迎えるツキにも恵まれた。結局、最後まで投げきり、散発3安打完封で待望の今季初勝利。200勝まであと8と迫った。阪神先発の太陽の子エステバン・ジャンは4回以降は立ち直り、7回まで追加点を許さなかったものの、打線の援護なく、ついに来日初黒星。

◆S−YB◆
降雨中止。

◆E5−4H◆
ソフトバンク先発・新垣はあまりの寒さに手がかじかんでしまったか、暴投と四球を連発。野手も動きが鈍っており、柴原がエラーを犯すなど、3回に1安打で2点を先制されてしまうと、4回にも山崎がエラーを犯すなど、2失点。新垣は5回にも暴投連発して、プロ野球タイ記録の1試合4暴投をマークしたばかりか、鷹野にタイムリー二塁打を浴びて致命的な5点目を献上。一方、プロ入り初先発となるルーキー・永井は日に日に攻撃力が弱まっているソフトバンク打線相手に初回から三者三振に斬ってとるなど堂々とした投球を見せ、8回を3安打2失点9三振の好投を展開。ソフトバンクは9回、抑えの福盛に対して、ブキャナンのタイムリー二塁打等で1点差と詰め寄り、なおも一、二塁と粘りを見せたものの、あと一歩及ばず。永井は悲願のプロ初勝利となった。

◆L5−0F◆
初回から制球に苦しむ建山に対して、1安打2四球で満塁のチャンスを掴んだ西武はリーファーが3号グランドスラムを叩き込んで、いきなり4点の先制パンチ。3回にはグリーンのエラーをきっかけに一、三塁とすると、ベンちゃんの犠飛で1点を追加。開幕から3連勝で月間MVPを視野に入れている西武先発・涌井は元気のない日本ハム打線を全く寄せ付けず、今季3度目の完投を今季初の無四球完封で飾り、開幕4連勝をマーク。西武は僅か5安打で5得点と効率的な攻撃で首位をがっちりキープした。

◆M3−4Bs◆
初回のチャンスは逃したロッテだが、続く2回にも二死満塁とすると、ここで里崎が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、3点を先制。ここまで4点→7点→9点と投げる度に失点が増えている清水はこのペースなら今回は10失点のフェルナンデス越え,次回は14失点の一場越えも夢ではないと期待されていたが、この日は毎回の様にピンチを背負いながらも、5回まで無失点と粘りの投球を展開。ようやく今季初白星が見えてきたと思われた矢先の6回、牛込氏に「無理に決まってますよ! 夢よ、もう一度って事だろうけど、そんな選手が通用するほど、日本の野球は甘くないですよ」と酷評されたローズに2ランを浴びて、1点差と詰め寄られると、更に、一死一塁の場面で後藤に今季初アーチとなる2ランを許し、一気に形勢逆転。偽バファローズは早めの継投策に切り替えて、この1点のリードを守りきった。清水は失点こそ4点に留まったが、詰めの甘い投球で開幕3連敗となった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:34コメント(2)トラックバック(96) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ