新井貴浩

April 22, 2011

◆T4−3YB◆
プロ初登板となるルーキー・須田は初回の満塁のピンチは切り抜けたものの、2回にカクリコン・カクーラー,3回にJ.マッケンジーのタイムリー二塁打で2失点。横浜はソニックの前に6回まで1安打と沈黙していたが、7回にスレッジの6号ソロ,ハーパー,金城の連続二塁打で一気に逆転。しかし、その裏、阪神はカクリコン・カクーラーが同点2号ソロ。そして、土壇場9回、2本の内野安打で作ったチャンスに新井貴がタイムリー二塁打を放ち、劇的なサヨナラ勝ちで連敗をストップさせた。

4/22山本斉◆C0−5S◆
前回プロ初白星を挙げた今村は5回まで毎回走者を背負いながら、粘りの投球を続けていたが、6回、好調・畠山に4号ソロを被弾し、ついに先制点を献上。9回にはシュルツがエラーで足を引っぱられ、宮本,川端の連続タイムリー等でダメ押しの4失点。打線はヤクルト3投手の前に完封を喫し、連勝は6でストップした。一方、ヤクルトは5連勝。今季初登板となった山本斉は7回を2安打無失点の好投でプロ初白星

◆Bs,2−0L◆
ルーキー・牧田は2回に山崎浩に犠飛,3回に北川にタイムリーを許して、2点を失うが、4回以降はエラーで1人出しただけのノーヒットピッチングを展開。何とか牧田を援護したい西武打線だが、4回まで3度も得点圏に走者を送りながら、詰めの甘い攻撃で点が奪えず、朴の立ち直りを許し、8回からは平野−岸田の必勝パターンに反撃を断たれて、完封負け。朴は7回無失点で来日初白星。

◆E3−4F◆
0−0で迎えた4回、日本ハムが小谷野の今季初アーチ,D.ハッセルホフの4号ソロで2点を先制すれば、その裏、楽天も山崎の2点タイムリーで同点。続く5回には田中のタイムリーエラーで勝ち越しに成功。8回途中、田中からバトンを受け継いだスパイアーだったが、土壇場9回、田中,陽と連続タイムリーで逆転を許し、来日初のリリーフ失敗。逆転勝ちの日本ハムは単独首位に浮上した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:26コメント(0)トラックバック(4) 

April 12, 2011

◆G9−2S◆
空前絶後の大震災と言う非常事態にも拘わらず、予定通りの日程でのドーム開幕をゴリ押しした挙げ句、国民も政府も敵に回しただけのゴネ損と言う散々な結果に終わった巨人の開幕戦は公式戦としては、実に56年ぶりとなる宇部での開催。初の開幕投手となった東野は脇谷,坂本のタイムリーで3点リードを貰い、6回までノーヒットの快投。開幕早々快挙達成を期待する空気が流れ始めた矢先の7回、浜中に打たれた初安打をきっかけに2点を失い、KO。しかし、その後、巨人は長野の3ラン含む5打点をあげる活躍で一気に突き放し、逃げきった。

◆YB5−4D◆
球団史上25年ぶりの外国人開幕投手として寝損を起用する奇襲に出た中日だが、村田の先制タイムリー等、2回で早くも3失点と裏目。一方、開幕戦に投げると漏れなく黒星が付いてくるハマのチンピラに代わり移籍初登板で開幕投手に大役を任された山本も立ち上がりは良かったが、4回にグスマンに来日初アーチとなる逆転3ランを被弾。しかし、劇団ひちょりの犠飛で追い付いた横浜は9回、吉村のこの日4安打目となる二塁打等で作ったチャンスに代打・内藤のタイムリーでサヨナラ勝ち。8年ぶりの開幕戦勝利で、夢の100敗へ早くも黄信号が灯った

◆T7−4C◆
昨年、投手のタイトルを総なめにした前田健だったが、いきなりマット・マートンに先頭打者アーチを浴びるなど、苦しい立ち上がり。6回に石原のタイムリーでリードを貰ったのも束の間、その裏、新井貴のタイムリー,何だかんだで開幕に間に合ったJ.マッケンジーの犠飛等で逆転を許し、あえなくKO。1点差で迎えた8回のチャンスに代打起用された求道者・前田は無念の凡退。最後は藤川に三者三振で締められた。

◆Bs2−2H
内川の先制二塁打,細川の中押し三塁打と移籍コンビの活躍でソフトバンクが7回まで2点のリード。しかし、7回まで散発2安打と完璧な投球を見せていた和田が8回にバルディリス,9回には後藤に被弾し、延長に突入。ラストイニングの12回、偽バファローズは一死二、三塁と絶好のサヨナラのチャンスを掴むが、後続を断たれて、引き分けに終わった。尚、外れ外れ外れ1位の駿太は高卒新人外野手としては52年ぶりの開幕スタメンを飾ったが、2打数0安打で途中交代となった。

◆F3−12L◆
涌井,ダルビッシュの球界を代表するエース対決は1点を争う展開になるかと思いきや、両投手共6回までに3失点とピリっとせず。ダルビッシュは7回に中島に3ランを浴びるなど4点を勝ち越され、プロワーストの7失点KO。移籍初登板のオビスポも大量5失点と大炎上し、終わってみれば、圧勝となった西武が3年連続開幕戦白星。涌井はヒットこそ打たれるも、8回を無四球と丁寧な投球でエース対決を制した。ダルビッシュはこれで開幕3連敗。

4/12星野監督◆M4−6E◆
原発事故にビビって逃げ帰ったモリーヨが退団となったが、特に痛手でも何でもない楽天。同点で迎えた7回、先制タイムリーエラーを犯した嶋が汚名返上の勝ち越し3ラン。8回にも山崎,高須のベテランコンビがダメ押しの連続タイムリー。田中との争いを制して、開幕投手の座を勝ち取ったエース・岩隈は9回にフクーラに被弾し、完投を逃したものの、被災地である地元を元気付ける白星スタートとなった。7敗れたロッテは開幕戦6連敗。

 

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:21コメント(0)トラックバック(6) 

October 03, 2010

◆C2−7T◆
広島先発・今井に対し、阪神は鳥谷が19号先頭打者アーチを叩き込み、1点を先制。4回には先頭の新井がセンター前に弾き返すと、続くキュラソ星人がライトスタンドへ15号2ラン。更に、6回にも新井,キュラソ星人の連打で一、三塁とすると、ブラゼルのセカンドゴロの間に新井が生還。そして、続くJ.マッケンジーがレフトスタンドへ28号2ランを放り込み、6点目。その裏、広島は一死から梵の四球,木村のヒットで一、二塁とすると、岩本がライト前へタイムリーを放ち、ようやく1点。なおもチャンスは続いたが、栗原,ルパン広瀬の4,5番があえなく凡退し、二者残塁。8回には梵の二塁打,木村の死球で無死一、二塁とすると、またも岩本がライト前へタイムリー。しかし、ここで代わった久保田の前に栗原がファーストフライに倒れると、代打・嶋がファーストゴロゲッツーを食らい、1点止まり。阪神は9回に新井のタイムリー二塁打でダメ押しの1点を追加。最後は守護神・藤川球が三者三振の快投で締め括り、2位に浮上。先発のスタンリッジは7回を1失点で11勝目をマーク

10/3由規◆S3−1YB◆
オーナーは否定したものの、水島の呪いの聖地・新潟への移転の可能性に恐れおののき、呑気に試合などしていられる状況ではない横浜に対し、ヤクルトは2回、先頭のホワイトセルがライト前ヒットで出ると、続くデントナがライトスタントへ15号2ランを叩き込み、2点を先制。更に、飯原が二塁打を浴びせると、川本のショートゴロで三進した所で川端がレフトへ犠飛を打ち上げ、3点目。続く3回には青木が歩いた後、田中がゲッツーを食らうも、そこから四球と連打で満塁のチャンス。しかし、飯原がファーストファールフライに倒れて、三者残塁。1,2,3回と得点圏に走者を進めながら、あと一本が出ずにいた横浜は4回、カスティーヨがホワイトセルのエラーで出ると、続く藤田がレフトオーバーのタイムリー二塁打。二死後、石川が死球を食らい、一、二塁としたが、松本がセカンドゴロに倒れて、1点止まり。続く5回には内川,村田の連打で無死二、三塁とワンヒットで同点の場面を作るが、下園,カスティーヨが立て続けに犠飛にもならない浅い外野フライに倒れると、ここまで2安打の藤田も三振を喫して、二人の走者は釘付け。7回にも無死一、二塁のチャンスに後続3人が進塁打すら打てない始末。8,9回はマツ・オカ−林と繋ぐ必勝リレーの前に抑え込まれた。ヤクルト先発・由規は6回を投げ、6安打3四死球と苦しみながらも、自責点1で切り抜ける粘りの投球で12勝目

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:35コメント(0)トラックバック(4) 

September 01, 2010

◆G3−3S◆
初回、巨人は先頭の坂本がセンター前に弾き返すと、3ヶ月ぶりにスタメンに抜擢された矢野が送った後、ガッツが内野安打で続き、一、三塁。ここで寿司職人ラミレスがレフトへ犠飛を打ち上げ、1点を先制。一方、ヤクルトは4回、二死二塁から相川がレフトオーバーの同点タイムリー二塁打。追い付かれた巨人は5回、先頭の脇谷がヒットで出ると、二死二塁となった所で矢野が右中間突破の走者一掃勝ち越しタイムリー三塁打。更に、続くガッツもライト前へタイムリーを放ち、3点目。2点を追うヤクルトは6回、一死から畠山が二塁打を浴びせ、巨人先発・藤井をKO。代わった久保から、二死後、宮本がタイムリー二塁打を放ち、1点差。8回には3番手・越智に対し、一死から畠山の四球,相川の内野安打で一、三塁とした所でまたも宮本がタイムリー内野安打を浴びせて、ついに同点。試合はその儘、延長にもつれ込んだが、ヤクルトは10回二死満塁、12回一死二塁と絶好のチャンスをモノに出来ず、巨人は延長に入ってからパーフェクトに抑え込まれる始末で、結局、延長12回規定により、ドローに終わった。

9/1岩崎達◆D3−1C◆
ゴーグルで照明の光を反射させて打者の目を眩ませでもしないと到底通用しない四流投手などと言う理不尽極まりない水島の呪いを受けている中日先発・山井に対して、広島は2回、エラーで貰ったチャンスに岩本のタイムリーで1点を先制。3回には二死一、二塁,4回には一死満塁のチャンスを掴みながら、あと一本が出ず、5回も先頭の天谷が歩いた直後に、栗原がゲッツーを食らうなど、拙攻続きで追加点が奪えない。そうこうしているうちにすっかり当たりが止まり、6回以降は一人の走者も出せない有様。この隙に何とか追い付きたい中日は8回、先頭の谷繁がヒットで出ると、二死後、荒木のタイムリー二塁打でついに同点に追い付き、延長に突入。10回にはヒットの野本を谷繁が送って、一死二塁となった所で岩崎達がレフトスタンドへ川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにプロ初アーチとなる2ランを叩き込み、劇的なサヨナラ勝ちを収めた。2番手・浅尾は2回をパーフェクトに抑え、9勝目。

◆T10−3YB◆
2試合連続20安打と猛打が止まらない阪神打線がこの日も爆発。初回、ヒットのマット・マートンを平野が送った所で鳥谷が先制タイムリー三塁打を浴びせると、続く新井もセンター前へタイムリー,ブラゼルが40号2ランをぶち込んで、この回4点。続く2回には新井,ブラゼルの連続タイムリー二塁打で2点挙げ、横浜先発・藤江はこの回限りで早くもKO。4回には新井が18号2ランを叩き込むと、7回には代打・関本のタイムリー等で2点を加え、ダメ押しの10点目。大量援護を貰った先発の下柳は6回を投げて、1失点に抑え、7勝目を飾った

◆F6−2H◆
3回、松田の17号ソロで先制された日本ハムだが、その裏、一死から飯山の四球,田中の内野宇安打,劇団ひちょりの四球で満塁とした所で稲葉がレフトへ犠飛を打ち上げ、同点。続く小谷野もセンター前へタイムリーを浴びせて、勝ち越しに成功。6回には3連打で無死満塁とした所で陽が走者一掃のタイムリー三塁打を浴びせて、ソフトバンク先発・和田をKO。更に、代わった甲藤から大野にもタイムリーが飛び出し、この回4点。直後の7回、ソフトバンクも無死満塁のチャンスを作るが、ペタジーニの犠飛で1点を返すのが精一杯。8回以降も日本ハムリリーフ陣の前に反撃を断たれた。日本ハム先発・糸数は6回0/3を2失点で切り抜け、2勝目を挙げた

◆M16−6E◆
初回、井口の犠飛で先制したロッテは3回、無死満塁から金,今江のタイムリー等で一気に5点を追加。大量6点を追う楽天は4回、4連打を含む5長短打を集中して、5点を奪い返し、1点差と肉迫。しかし、その裏、ロッテは6本の単打で6点を挙げると、更に、清田がタイムリー二塁打を浴びせて、大量8点を獲得。5回には今江のタイムリーで10点差を付け、試合を決定付けた。先発・渡辺俊は4回もたずにKOとなったが、2番手・川越が打者一人を2球で抑えただけで3勝目を掠め取った

◆L7−4Bs◆
西武は初回、片岡,阿部,栗山,フェルナンデスといきなりの4連打で2点を先制。一死後、佐藤にもタイムリーが飛び出すと、坂田のピッチャーゴロの間にも1点を加えて、この回4点。3回にはエラーと佐藤の二塁打で一死二、三塁とした所で坂田がレフトスタンドへ7号3ランを叩き込み、早くも7点のリード。一方、偽バファローズは5回まで毎回走者を出しながら、1盗塁死6残塁の拙攻でゼロ行進。7回、二死一、二塁のチャンスに荒金がタイムリー二塁打を放ち、ようやく1点を返すと、9回には守護神・シコースキーを攻め立て、一死一、二塁から坂口が5号3ランを叩き込み、3点差。二死後、後藤の二塁打,カブレラの四球で一、二塁と一発で同点のチャンスにティー岡田の打席を迎える絶好の場面を作ったものの、空振り三振に倒れて、あと一歩及ばなかった。西武先発・石井一は7回を自責点0の好投で8勝目をマーク

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:18コメント(0)トラックバック(14) 

August 19, 2010

8/19吉見◆D3−0G◆
負ければ、3位転落の危機に苛まれている巨人。連続KOで中継ぎ降格となっていた内海が中日との相性を買われて先発に復帰したが、2回、2四球にエラーとノーヒットで二死満塁のピンチを背負うと、荒木に2点タイムリーを許し、先制点を献上。阿部の戦線離脱以降、深刻な貧打に見舞われている巨人打線はこの日も精彩を欠き、中日先発・吉見の前に4回までパーフェクトに抑え込まれる体たらく。6回、一死から連打で一、二塁と初のチャンスを作るが、松本,ガッツと打ち取られ、二者残塁。7回にもヒットと四球で一死一、二塁とするも、江戸川,代打・亀井と打ち上げて、またも無得点。3回以降は立ち直りを見せていた内海だが、相次ぐ拙攻に気持ちが折れてしまったか、二死二塁から小田にタイムリー二塁打を浴び、痛恨の3点目を献上。吉見は8,9回も無難に抑えて、今季初完封で11勝目。これで中日は巨人相手に3タテを食らわせて、7連勝を飾り、巨人と入れ替わりで2位に浮上した。

◆YB4−10T◆
初回、ハーパーの犠飛で先制された阪神だが、3回、。二死からマット・マートンのヒットに連続四死球で満塁とすると、黒羽根の捕逸でタナボタで同点とすると、新井がライト前へ勝ち越しの2点タイムリー。これで流れを引き寄せた阪神は5回には新井,ブラゼル,林のタイムリーで一気に4点を追加すると、続く6回には一死一、三塁から新井のショートゴロの間に8点目を追加。その裏、横浜は藤田,村田のタイムリー二塁打で2点を返し、応戦するも、阪神は8回、新井のこの日6打点目となる15号2ランで10点目を挙げ、試合を決定付けた。阪神はこれで5連勝。先発・安藤は5回1/3を3失点で2勝目を飾った

◆C2−7S◆
広島先発・スタルツは立ち上がりから全く制球が定まらず、一死から3連続四球で満塁とすると、畠山に2点タイムリー,宮本に2号3ランを許して、いきなりの5失点。2回には3連打でまたも満塁のピンチを背負うと、ホワイトセルに犠飛を打ち上げられ、6点目を献上。一方、ヤクルト先発・由規は3回までノーヒットと上々の滑り出し。しかし、4回、二死一、二塁から石原に続き、6月30日以来音なしだった代打・求道者・前田にもタイムリーを浴び、2失点。2−6で迎えた7回、ヤクルトは一死一、三塁から川本の犠飛で7点目を挙げ、ダメを押した。由規は8回を2失点に抑えて9勝目と初の2桁勝利へリーチをかけた

◆L5−1H◆
首位戦線に留まる為にも何としても勝ち越したいソフトバンクは2回にハマのスペランカーの19号ソロで先制。しかし、西武は3回、エラーで貰ったチャンスに栗山が同点タイムリーを浴びせると、4回には先頭のフェルナンデスがライトスタンドへ5号ソロを放り込み、勝ち越しに成功。更に、5回には一死から上本がヒットで出ると、二死後、連続四球で満塁のチャンス。ここでフェルナンデス,ブラウンと連続タイムリーが飛び出し、3点を追加。8回からはカリメロ−長田と繋いで逃げ切った。先発の野上は7回を1失点の好投で2勝目をマークした。首位攻防戦に負け越したソフトバンクは自力優勝が消滅となった。

◆F0−7M◆
初登板初勝利の鮮烈デビューを飾った高卒ルーキー・中村が2度目の登板。3回まで毎回走者を許しながらも、あと一本を許さない粘りの投球を見せると、4,5回は三者凡退に斬って取り、尻上がりに調子を上げてきたかに思われたが、6回、二死満塁の大ピンチでサブローにライトスタンドへ14号先制グランドスラムをぶち込まれ、この回限りで無念の降板。ロッテは7回に井口のタイムリー二塁打で2点、8回には清田のタイムリーで1点を追加。先発の唐川は散発4安打と日本ハム打線を封じ込め、完封で5勝目を飾った。中村はプロ初黒星。敗れた日本ハムは自力優勝が消滅した。

◆Bs6−5E◆
2回、内野ゴロの間に先制した楽天は続く3回にも山崎の23号ソロ等で2点を追加。しかし、その裏、偽バファローズは一死二、三塁から後藤が2点タイムリーを浴びせると、続く4回には一死一、二塁から坂口のタイムリー二塁打,森山の犠飛で逆転に成功。直後の5回、楽天は一死満塁から中村紀が押し出し四球を選ぶと、香月の暴投で労せずして勝ち越しに成功。1点を追う偽バファローズは6回、連打と犠打で一死二、三塁とした所で坂口が2打席連続のタイムリーを放ち、同点。続く代打・下山が歩いて満塁としたが、後藤,ティー岡田と連続三振に倒れて、勝ち越しならず。5−5の儘、迎えた土壇場9回、偽バファローズは先頭の下山がレフトスタンドへ今季初アーチを叩き込み、劇的なサヨナラ勝ち。1回を無失点に抑えた4番手・岸田に6勝目が転がり込んだ。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:08コメント(0)トラックバック(12) 

July 09, 2010

◆D6−3G◆
中日は初回、先頭の荒木がヒットで出ると、すかさず二盗。大島のファーストゴロで三塁へ進んだ所で森野がライト前へ先制のタイムリー。1点を追う巨人は3回、鶴岡が内野安打で出ると、一死後、坂本が左中間突破のタイムリー二塁打を放ち、同点。5回には江戸川の四球,鶴岡のヒットの後、ゴンザレスが送って、二、三塁と勝ち越しのチャンスを作るが、坂本,松本と内野ゴロに打ち取られ、二者残塁。1−1の儘、迎えた7回、中日は先頭のベンちゃんが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにレフトスタンドへ23号ソロを叩き込み、ついに勝ち越し。更に、ブランコ,谷繁のヒットで一死一、二塁として、ゴンザレスをKOすると、二死後、四球1つを挟んでの4連打を浴びせて、この回一挙5点。直後の8回、巨人はガッツの17号2ランで応戦したものの、最後は守護神・岩瀬に息の根を止められた。中日先発・吉見は7回を1失点の好投で8勝目

◆S−C◆
降雨中止。

◆T6−5YB◆
初回、阪神は四球の鳥谷を二塁へ送った所でマット・マートン,新井と連続タイムリー二塁打を浴びせて、2点を先制。直後の2回、横浜は一死からスレッジが二塁打を浴びせると、ハーパーが2号同点2ラン。続く3回には一死から石川,内川の連打で一、二塁とすると、二死後、スレッジが17号3ランを叩き込み、一気に3点を勝ち越し。その裏、阪神は平野,マット・マートン,新井の3連打で2点を返し、1点差。4回以降、膠着状態となった試合は4−5の儘、8回へ突入。阪神は先頭のブラゼルが二塁打を浴びせると、一死三塁となった所で代打・キュラソ星人のファーストゴロが野選を誘い、ついに同点。ここで代走に起用された上本がすかさず二盗を敢行。橋本の送球が上本の足に当たって、ボールが外野を転々とする間に上本は一気に本塁を陥れ、勝ち越しに成功。最後は守護神・藤川球がピシャリと締めて逃げ切り。3番手の西村は1回を3人で抑えて、6勝目がついた

7/9木田◆F4−2Bs◆
偽バファローズ先発・山本に対し、日本ハムは初回、先頭の田中が内野安打で出ると、劇団ひちょの犠打,稲葉のファーストゴロで三進。こで小谷野がレフトスタンドへ先制6号2ラン。更に、糸井,鵜久森,陽,大野と4連打を浴びせて、この回4点。3回まで1安打と抑え込まれていた偽バファローズは4回、荒金,後藤と連打を浴びせると、一死後、ティー岡田の犠飛でようやく1点。その裏、日本ハムは二死走者なしから田中のヒットと連続四死球で山本をKOし、先制アーチの小谷野の打席となったが、代わった香月の前にライトフライに倒れて、三者残塁。6回から石井−建山−宮西と小刻みに繋いだ日本ハムは9回から武田久を投入。武田久は二死からティー岡田に18号ソロを被弾し、続く北川にも痛打されて、ヒヤリとさせるが、最後はバルディリスをセカンドゴロに打ち取り、辛くも逃げ切った。ローテの谷間と言う事で先発に起用された木田画伯は5回を1失点で切り抜け、3勝目をマークした

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:55コメント(0)トラックバック(9) 

July 01, 2010

7/1前田健◆C5−1G◆
開幕から巨人相手に負けに負けて8連敗中の広島。エース・前田健を立てての必勝体勢で臨んだこの日は初回から梵の二塁打,赤松のタイムリー三塁打で先制すると、続く嶋もタイムリーを浴びせて、この回2点。4回にはヒットのルパン広瀬を一塁に置いて、ヒューバーがタイムリー二塁打。一死後、石原が歩くと、二死後、東出がライト前へ弾き返して、4点目。更に、5回には赤松が二塁打で出ると、ルパン広瀬がタイムリーを放ち、巨人先発・内海はこの回限りでKO。5回まで1安打と沈黙していた巨人は6回、江戸川,代打・工藤の連打で無死一、三塁とした所で坂本がレフトへ犠飛を打ち上げ、ようやく1点。しかし、この後、亀井,ガッツと打ち取られ、1点止まり。最初で最後のピンチを最少失点で切り抜けた前田健は8,9回と無難に切り抜け、1失点完投で初の2桁勝利に到達。広島は今季9戦目にして、ようやく巨人戦初勝利となり、自力V消滅の危機を免れた。

◆T5−1D◆
中日は2回、先頭のブランコが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに19号ソロを叩き込み、1点を先制。この儘、勢いに乗りたい所だったが、3回一死一塁で英智がセカンドゴロゲッツー、4回無死一塁ではベンちゃんがショートゴロゲッツー、6回一死一、二塁ではブランコがゲッツーと、ゲッツーを量産。7回二死二塁のチャンスも逃すと、8回には連打と四球で二死満塁としながら、野本が三振に倒れて、三者残塁と一向に追加点を奪えない。ここまで無失点と踏ん張ってきた先発・吉見だったが、川相不在の弊害を露呈し続ける味方打線の不甲斐なさに苛々が頂点に達したのか、その裏、一死から鳥谷,平野,マット・マートンと3連打を浴びて、追い付かれると、新井には勝ち越し2点タイムリーを許し、失意のKO。更に、2番手・高橋も二死後、J.マッケンジーに13号2ランをぶち込まれ、この回悪夢の5失点。逆転に成功した阪神は9回、セーブのつかない場面ながらマウンドに上がった守護神・藤川球が締めて逃げ切り。8回に辛くも満塁のピンチを切り抜けた2番手の西村に5勝目が転がり込んだ

◆M7−2H◆
前回、パ・リーグ初の育成出身勝利投手となった山田だが、この日は初回から苦しい投球。一死から今江に二塁打を浴びると、続く井口に先制7号2ランを被弾。2回は三者凡退で切り抜けるも、3回、川崎のエラーに足を引っ張られ、3点目を献上。続く4回にも2四球でピンチを作ると、西岡,今江と連続タイムリーを浴びて、無念のKO。代わった金沢も金に2点タイムリーを許し、この回4失点。一方、ロッテ先発・渡辺俊は終盤、疲れが出たか2点を失ったものの、完投で6勝目をマークした

◆Bs10−0E◆
初回、無死一塁のチャンスに赤田がゲッツーを食らってしまった偽バファローズだが、後藤がヒットで繋いだ所でカブレラが先制タイムリー二塁打。4回にはティー岡田が16号ソロを叩き込むと、6回には一死三塁からカブレラが11号2ラン。更に、7回には日高の6号2ラン,カブレラの12号3ラン,ティー岡田が17号ソロと一発攻勢で一挙6点を奪い、点差は10点にまで拡大。大量援護を貰った先発・金子千は立ち上がりから安定した投球を見せ、散発4安打完封で5勝目を飾った。投打に精彩を欠いた楽天は5連敗。

◆L7−9F◆
2回にG.G.佐藤の6号ソロ,佐藤の2号ソロと一発攻勢で2点を先制された日本ハムは3回、劇団ひちょり,稲葉,小谷野の3連打で1点を返し、1点差。その裏、無死満塁からブラウンの2点タイムリー,G.G.佐藤の犠飛で突き放されるが、直後の4回、陽,鶴岡と連打を浴びせると、一死後、田中がライトスタンドへ3号3ランを放り込み、再び1点差と追いすがる。そして、迎えた7回、先頭の小谷野が二塁打で出ると、二死後、陽のタイムリー内野安打でついに同点。更に、鶴岡がヒットで繋いだ所で、金子誠がセンター前にタイムリーを浴びせて、勝ち越しに成功。これで完全に流れを引き寄せた日本ハムは続く8回には稲葉のタイムリー,陽の押し出し四球で2点を加えると、9回にも稲葉のタイムリーでダメ押し。西武はその裏、栗山のタイムリー,中島の犠飛で2点差まで詰め寄ったものの、あと一歩及ばなかった。日本ハム先発・金森は5回途中でKOとなったが、2番手・榊原が3回2/3を2失点のロングリリーフで4勝目をあげた

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:15コメント(0)トラックバック(13) 

June 02, 2010

◆M8−1G◆
3戦連続完封勝利で29イニング無失点中のロッテに対し、巨人は初回からガッツの犠飛で1点を先制し、連続完封を阻止。しかし、打線好調のロッテ打線の前に巨人先発・ゴンザレスが炎上。その裏、井口のタイムリーで簡単に追い付かれると、続く2回にはフクーラにタイムリー二塁打を浴びて、勝ち越し点を献上。更に、4回には5連打で3点を失い、一死も取れずにKO。2番手・オビスポも今江にタイムリーを許して、この回4失点。勢い付くロッテは6回にも西岡のタイムリー三塁打,今江の犠飛でダメ押しの2点を追加。投げては先発・成瀬が2回以降、散発4安打と三塁も踏ませず、完投で7勝目をマーク。ロッテはこれで4連勝となった。

◆H6−1S◆
ソフトバンクは初回、ヒットの本多が二盗を決めると、二死後、ハマのスペランカーの内野安打に荒木のエラーが重なり、1点を先制。続く松中はライトスタンドへへ3号2ランを放り込み、この回3点。直後の2回、ヤクルトは田中のタイムリーで1点を返し、なおも二死一、二塁のチャンスで先制エラーの荒木に回ってきたが、三振に倒れて、名誉挽回ならず。続く3回には二死一、二塁のチャンスにデントナがゲッツー。4回には先頭の飯原がヒットで出るも、二盗に失敗。5回一死二塁、6回一死二、三塁と再三再四のチャンスを悉く不意にし、一向に点差が縮まらない。一方、2回以降、沈黙していたソフトバンクは6回、またもヒットの本多が二盗を決めた所でオーティズがタイムリー二塁打を放ち、4点目を追加。7回には押し出し四球で1点、8回にも柴原のタイムリーで1点と着々と加点し、大きく突き放した。先発・小椋は6回途中1失点で降板となったが、リリーフ陣の援護を仰いで、3勝目をあげた

6/2T−岡田◆Bs10−7D◆
0−0で迎えた3回、中日は谷繁,荒木の連打で二、三塁とすると、一死後、森野がセンター前へタイムリーを放ち、2点を先制。5回には二死走者なしからブランコがレフト前へ弾き返すと、続くベンちゃんが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに16号2ランを叩き込み、4点目。更に、8回には谷繁に川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに3号3ランが飛び出して、これで完全に試合は決まったかに思われた。しかし、その裏、偽バファローズが猛反撃を開始。この回から代わった鈴木にいきなり連打を浴びせると、4番手・長峰から坂口の走者一掃二塁打でまず2点。更に、赤田が歩いた後、後藤がタイムリーを浴びせると、5番手・高橋からはティー岡田が四球を選んで満塁とした所で北川が2号グランドスラムをぶち込んで、一気に同点。偽バファローズは9回にも二死満塁とサヨナラのチャンスを掴むが、、代打・塩崎が三振に倒れて、延長へもつれ込んだ。迎えた11回、勝ちパターンの中継ぎ陣を使い果たして閉まった中日は7番手として金剛を投入。これに対して、偽バファローズはヒットの坂口,敬遠の後藤を塁上に置いて、ティー岡田がライトスタンドへ11号3ランを叩き込み、劇的なサヨナラ勝ち。5番手の岸田に4勝目が転がり込んだ。

◆F2−2C◆
好調の広島先発・前田健に対し、日本ハムは2回、先頭の小谷野がセンター前ヒットで出塁すると、すかさず二盗に成功。ここで高橋がライト前へ弾き返し、小谷野が先制のホームイン。5回には二塁打の鶴岡を金子誠が送った所で田中がセンター前へタイムリーを浴びせて、1点を追加。2点を追う広島は7回、二死走者なしからフィオの四球,石原のヒットで一、二塁とすると、ここで代打に起用された求道者・前田がライト前へ会心のタイムリーを放ち、日本ハム先発・増井をKO。続く8回には梵,天谷の連打で無死一、二塁のチャンス。ここで二人の走者はダブルスチールを仕掛けるも、天谷で憤死。この後、栗原が四球を選ぶなど、二死一、三塁と場面が変わった所でルパン広瀬がタイムリー二塁打を浴びせ、ついに同点。試合はその儘、延長に突入したが、両軍共に決め手に欠き、延長12回規定でドローに終わった。

◆E3−7T◆
3回、2四球で二死一、二塁のチャンスを拾った阪神は平野,マット・マートンの連続タイムリーで2点を先制。追いかける楽天はその裏、聖沢のヒツト,鉄平の四球で一、二塁とすると、中村紀がレフト前へタイムリーを浴びせて、1点差。5回には四球の渡辺直を聖沢が送った所で高須がセンター前へ同点タイムリー。7回には四球の渡辺直が犠打と内野ゴロで三進すると、鉄平がタイムリー二塁打を放ち、ついに勝ち越し。土壇場9回、楽天は抑えの川岸を投入し、逃げ切りを図るが、川岸がよもやの大乱調。四球と内野安打で一死一、二塁のピンチを背負うと、キュラソ星人にタイムリーを浴び、同点。更に、新井に勝ち越し犠飛を打ち上げられると、ブラゼルに痛打された後、J.マッケンジーには9号3ランをぶち込まれ、この回、悪夢の5失点。最後はセーブのつかない場面ながら登板となった藤川球が締め括った。1回を3人で切り抜けた4番手・上園に3勝目が転がり込んだ

◆L3−2YB◆
横浜は初回、一死から下園が二塁打を浴びせると、二死後、村田がライト前へタイムリーを放ち、1点を先制。更に、カスティーヨ,金城と連打を浴びせて、2点目を追加。横浜先発・大家の前に5回まで散発3安打とゼロ行進を続けてきた西武だが、6回、上本のタイムリーでようやく1点を返すと、続く7回には先頭の礒?がライトスタンドへ今季初アーチを放り込み、同点。更に、8回には二死からヒットで出た上本が2番手・真田の暴投で二進。ここで代打・大島が2年ぶりのヒットで繋ぐと、またもや真田が暴投を犯して、上本が労せずして勝ち越しのホームイン。土壇場9回、横浜は守護神・シコースキーから二死一、三塁のチャンスを作る粘りを見せたが、最後は下園がファーストゴロに打ち取られ、あと一歩及ばなかった。西武先発・涌井は8回を投げ10安打を浴びながらも、2失点に留める粘りの投球で7勝目

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:19コメント(0)トラックバック(12) 

May 30, 2010

◆L1−5G◆
WBC使用球はからっきしだが、NPB使用球を使ってのナイターでの巨人戦では抜群の安定感を誇る西武先発・岸はこの日も初回から坂本,脇谷と連続三振に斬って取る快調な滑り出し。しかし、こここでガッツに史上24人目の通算350号となる13号ソロをレフトスタンドへ叩き込まれて、先制点を献上。この後、二死一、二塁のピンチを切り抜けると、2回も二死一、二塁のピンチを凌いだが、3回、先の打席で被弾したガッツを歩かせると、続く寿司職人ラミレスに18号2ランを被弾。一方、巨人先発・西村健は初回から満塁のピンチを背負うなど、苦しみながらも、5回まで無失点と粘りの投球を展開。6回からマウンドに上がった久保は代わりばな中島に内野安打を許すも、続く中村をゲッツーに仕留めて、二死。しかし、ここでブラウンにレフト前へ弾き返されると、高山には右中間を破られ、ブラウンが長駆ホームイン。3回以降、立ち直った岸の前に13者連続凡退と抑え込まれていた巨人は7回一死から坂本が四球を選ぶと、二死後、ガッツも歩いて、一、二塁。ここでまたも寿司職人ラミレスが三塁線を破る走者一掃のタイムリー二塁打を浴びせ、天敵・岸をついにKO。8回からは金刃−越智−クルーンと繋いで逃げ切った。西村健は5回を無失点に抑え、4勝目をマークした

◆H6−5D◆
中日は初回、先頭の荒木がライト線へ二塁打を放ったのを皮切りに、大島,森野,ブランコと4連打を浴びせて、2点を先制。更に、一死後、井端のショートゴロの間に1点を加えて、3点目。一方ねソフトバンクはハマのスペランカーの四球,松中のヒットの後、ペタジーニが出戻り初ヒットとなるファースト強襲のタイムリー内野安打。二死後、山崎がレフト線へ走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、一気に同点。3−3で迎えた4回、中日は井端,松井祐,セサルの3連打で再び勝ち越すと、二死二、三塁から大島にもタイムリーが飛び出し、5点目。ソフトバンク先発・大隣はこの回限りでKOとなった。2点を追うソフトバンクは6回、ペタジーニ,森本と連打を浴びせると、二死二、三塁となった所で川崎がセンター前へ2点タイムリーを放ち、再び同点。試合は5−5の儘、延長戦へ突入。迎えた11回、中日は二死から英智,セサルの連打,谷繁の四球で満塁のチャンス。しかし、荒木がショートゴロに倒れて、三者残塁。ピンチを脱したソフトバンクはその裏、ヒットの森本が犠打とセカンドゴロで三塁へ進むと、川崎がレフト前へ弾き返して、サヨナラ勝ち。5番手のファルケンボーグに2勝目がついた。

◆E4−2C◆
初回、楽天は先頭の聖沢がセンター前に弾き返すと、すかさず二盗。ここで高須がタイムリー内野安打を放ち、あっと言う間に先制。更に、鉄平もヒットで続いたが、中村紀が最悪のサードゴロゲッツー。山崎もショートゴロに打ち取られ、1点止まり。4回、求道者・前田の鋭い眼光に呑まれた楽天先発・田中が手元を狂わせ、死球を食らわせると、ルパン広瀬もヒットで続き、フィオが送って、二、三塁。二死後、石井タクローがレフト前へタイムリーを浴びせて、試合は振り出しに。その裏、楽天は二死走者なしから宮出が四球を選ぶと、草野がライト線へタイムリー二塁打を放ち、再び勝ち越し。更に、嶋にもタイムリー内野安打が飛び出して、1点を追加。続く5回には二死二塁から鉄平のタイムリー二塁打で4点目。3点を追う広島は8回、一死一、二塁からルパン広瀬がタイムリー。なおも一、二塁と長打が出れば一気に同点の場面だったが、フィオ,石原と内野ゴロに打ち取られ、二者残塁。9回には一死から東出,梵の連打で一、二塁と粘りを見せるが、天谷のセカンドライナーで飛び出した梵が戻れずにゲームセット。田中は12安打を浴びながらも、2失点で切り抜ける完投勝利で7勝目をあげた。広島は拙攻が響いたが、何よりも痛かったのは、求道者・前田が5回に右肘に受けた死球の影響で退いた事だろう。今後の出場に支障が出ない事を祈るばかりである。

◆F2−3T◆
0−0で迎えた4回、阪神は先頭のマット・マートンがサードゴロに倒れるも、これを小谷野がエラー。キュラソ星人のライト前ヒットで一、三塁とチャンスを広げると、続く新井はショートゴロゲッツーを食らうが、この間にマット・マートンが先制のホームイン。8回には代打・鳥谷が6号ソロを叩き込み、2点目を追加。しかし、その裏、先発・ソニックが田中,劇団ひちょりと連打を浴びると、糸井はゲッツーに仕留めるも、8打席連続凡退でインケツパワーを充電していたあの男にタイムリーを許し、無念のKO。ここで早くも守護神・藤川球がマウンドに上がると、連打は望めないと察したか、代走・紺田が二盗を仕掛けるも、あえなく憤死し、同点ならず。しかし、土壇場9回、日本ハムは先頭の小谷野が今季被本塁打ゼロの藤川球から2号ソロをぶち込んで、ついに同点。試合は延長に突入した。迎えた11回、この回から代わった4番手・建山に対し、阪神は大和,マット・マートン,キュラソ星人の3連打で無死満塁の大チャンス。ここで新井がセンターへ犠飛を打ち上げ、ついに勝ち越し。なおも続いたチャンスは後続を断たれて、1点止まりとなったが、その裏、3番手・渡辺がきっちり締めて、今季初勝利を飾った

◆Bs3−1S◆
泥沼の連敗を脱し、調子を上げていきたいヤクルトだが、先発・由規が立ち上がりからピリッとしない。初回の二死一、二塁のピンチは何とか切り抜けたものの、続く2回、一死から日高に2号ソロを被弾し、先制点を献上。昨日は久々に爆発した打線もこの日は偽バファローズ先発・山本の前に6回まで僅かに1安打と沈黙。7回、福地のヒット、デントナの四球で一死一、二塁とし、山本をKOするも、代わった平野の前に代打・畠山,宮本と連続三振に倒れて、結局、無得点。8回、3回以降粘り強く投げていた由規に代わり、押本がマウンドに上がったが、後藤のタイムリー三塁打,ティー岡田の犠飛で致命的な2点を献上。またもや壊滅的な貧打が甦ってしまったヤクルトは9回にガイエルのタイムリーで完封を免れるのが精一杯だった。山本は6回1/3を無失点で4勝目

5/30里崎◆M1−0YB◆
ロッテ先発・渡辺俊は3回までパーフェクトと素晴らしい立ち上がりを見せると、4回に石川に初安打を浴びてからも崩れる事なく、8回まで散発2安打無失点で三塁も踏ませぬ好投を展開。一方、横浜先発のルーキー・加賀も8回まで散発4安打無失点で二塁も踏ませないと言う渡辺俊に負けず劣らずの好投を見せる。土壇場9回、横浜は二死走者なしから石川,代打・桑原義と連続内野安打を浴びせ、この試合初のチャンスを作るが、内川がライトへ打ち上げて、二者残塁。その裏、横浜は好投の加賀から牛田にスイッチ。これで流れが変わる事も危惧されたが、牛田は3人でピシャリと締める好リリーフで両軍無得点の儘、延長にもつれ込んだ。迎えた1回、横浜は武山のヒット,石川の四球で一死一、二塁とするも、内川,村田の3,4番があえなく凡退し、勝ち越しならず。その裏から横浜は守護神・山口を投入するが、ロッテは一死から打席に入った里崎がライトスタンドへ7号ソロを叩き込んで劇的なサヨナラ勝ちを収めた。3番手の薮田は出戻り初勝利となった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:25コメント(0)トラックバック(12) 

May 25, 2010

◆YB8−0H◆
立ち上がりから制球の定まらないソフトバンク先発・岩崎は一死一、三塁のピンチで村田に先制タイムリーを浴びると、更に、スレッジを歩かせ、満塁のピンチ。カスティーヨは浅いセンターフライに打ち取るも、続く下園も歩かせて、押し出しで2点目を献上。2回には二死二塁から内川にタイムリーを浴び、この回限りでKOとなった。2番手・陽は4回を無失点と好リリーフを見せるが、7回から登板の3番手・甲藤が大乱調。一死から藤田,内川,村田と3連打を浴びて1点を失うと、スレッジにはレフトスタンドへ12号2ランを被弾。横浜は8回にも藤田のタイムリーで2点を加え、試合を決定付けた。先発の清水は毎回の様に走者を背負いながらも連打を許さない粘りの投球を展開し、移籍初完投初完封で5勝目を飾った

5/25小野◆T8−0M◆
左臀部痛が癒え、約1ヶ月ぶりの復帰となったロッテ先発・小野は初回、平野,藤川俊と打ち取り、簡単に二死とするも、ここから新3番のマット・マートンに二塁打,新井にタイムリーを浴びて、先制点を献上。更に、ブラゼルのピッチャー強襲安打で右肩に打球を食らい、無念の降板。緊急登板の2番手・川越も代わりばな、J.マッケンジーに死球を許して、満塁とすると、鳥谷,桜井と連続タイムリーを浴びて、この回4失点。2回には一死から藤川俊,マット・マートン,新井の3連打で2点を失うと、4回には一死二塁からブラゼル,J.マッケンジーと連続二塁打で8点目を献上。阪神は7回から西村−江草−杉山と1回ずつ抑えて、完封リレーを達成。先発のスタンリッジは6回無失点の好投で2勝目

◆C7−10L◆
初回、ヒットで出た栗山が二盗に失敗、2回には一死一、二塁から平尾がゲッツーと攻めあぐねていた西武だが、3回、二死満塁のチャンスに中村が13号グランドスラムをぶち込んで、一気に4点を先制。広島先発・岸本はこの回限りで降板となった。その裏、梵のタイムリー二塁打で1点を返されるが、4回、ミャオのタイムリー,小窪のタイムリーエラーで2点を追加すると、5回にはブラウンの11号2ランで8点目。ワンサイドゲームになると思いきや、広島は7回に小窪のタイムリーで1点を返すと、8回には二死二塁からルパン広瀬のタイムリー,栗原の6号2ランで3点を追加。更に、内野安打と連続四死球で満塁とした所で満を持して代打に起用された求道者・前田がレフト前へ打率3割台へと乗せる会心の2点タイムリーを放ち、1点差。なおも一、二塁のチャンスだったが、ここで代わったシコースキーに対し、先頭打者として代打に起用されてから打者一巡で2度目の打席が回ってきた迎が三振とこの回一人で2個目のアウトを稼いでしまい、同点ならず。辛くもピンチを免れた西武は9回、G.G.佐藤のタイムリー二塁打でダメ押しの2点を追加。その裏、引き続きマウンドに上がったシコースキーが3人で締めて、逃げ切った。先発のミャオは7回を2失点で3勝目

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:11コメント(0)トラックバック(4) 

May 18, 2010

◆F7−1G◆
左腕では球団初の開幕6連勝を狙う巨人先発・内海。3回にエラーで拾ったチャンスを生かしたガッツのタイムリーで先制して貰うも、その裏、二死一、三塁のピンチでよりにもよって、あの男に同点タイムリーを許すと、更に、高橋,糸井と連続タイムリーを浴びて、この回4失点。4,5回と抑えたものの、6回、二死二塁から金子誠にタイムリー二塁打を浴びて、KO。更に、代わったルーキー・星野が田中を歩かせた後、劇団ひちょりに走者一掃のタイムリー三塁打を浴び、試合を決定付けられた。巨人は先取点を取った以降は3併殺を食らうなど、二塁すら踏めない有様で4連勝を逃した。6失点KOの内海は今季初黒星。日本ハム先発・ケッペルは7回を1失点の好投で6勝目

◆H2−4T◆
初回一死三塁,2回一死二塁のピンチを何とか凌いだ阪神は3回、二死走者なしから藤川俊が四球を選ぶと、マット・マートンがチーム初安打となるタイムリー三塁打を放ち、先取点をゲット。1点を追うソフトバンクは4回、二死満塁のチャンスに柴原がレフト前へ同点タイムリー。二塁走者・ハマのスペランカーも一気に三塁を蹴ったが、本塁憤死で勝ち越しならず。1−1の儘、迎えた7回、ソフトバンクは二死走者なしから柴原,山崎,川崎の3連打でついに勝ち越し。先発・小椋が6回を11三振の快投を見せた後、甲藤−ファルケンボーグと繋いだソフトバンクは9回、満を持して守護神・馬原を投入。しかし、二死二塁のピンチから代打・悠久の若虎・桧山に痛恨の同点タイムリーを浴び、試合は延長にもつれ込んだ。10回から登板の摂津に対し、阪神は平野,鳥谷の連打で一、三塁とした所で新井がセンターへ勝ち越しの犠飛。更に、DHが使える事により、連続フルイニング出場が途切れて以来のスタメン出場となったキュラソ星人がヒットで繋いだ後、ブラゼルも犠飛を打ち上げ、ダメ押しの4点目。その裏、ソフトバンクは守護神・藤川球に対し、一死から連続四球を選んで、一、二塁と一発が出れば逆転サヨナラと言う場面で3,4番に望みを託したが、オーティズは三振,小久保はセンターフライに終わり、ゲームセット。阪神3番手の江草は1回を3人で抑えて、今季初勝利

◆M4−2D◆
0−0で迎えた3回、ロッテはヒットの今江を一塁に置いて、西岡が先制タイムリー二塁打。一死後、井口が歩くと、金がレフト前へタイムリー。更に、二死後、フクーラにもタイムリーが飛び出し、この回3点。続く4回にも二死満塁と絶好のチャンスを作ったが、大松が打ち上げて、三者残塁。3点を追う中日は7回、連打の走者を内野ゴロで二、三塁へと進めると、谷繁がセンター前へ2点タイムリーを放ち、1点差。続く岩崎達が送って、一打同点の場面を作ったが、荒木はセカンドゴロに終わり、同点ならず。突き放したいロッテは8回、二死走者なしから今江,西岡の連続タイムリーで貴重な1点を追加。最後は守護神・小林宏が三者三振の快投で締め括った。先発の渡辺俊は7回途中まで2失点で切り抜け、4勝目をマークした。中日戦は今季交流戦初黒星。

5/18青木高◆Bs11−2C◆
ついに交流戦でのDH制導入を迎えた事で誰もが信じて疑わなかった求道者・前田のスタメン出場。しかし、求道者・前田がスコアボードに名を連ねる事はなかった。先発投手を読み違えたなどと言う矮小な理由で、相手投手の右左によって使い分ける様な次元の外にいる打者である求道者・前田を外すと言うファンの誰も目を疑う光景に当事者である広島ナインも愕然とするしかなく、あまりの失望感に苛まれた先発・青木高は3回に坂口に先制タイムリーを浴びた後、四球連発でピンチを広げて、3失点。続く4回にも赤田に7号2ランを被弾するなど、5長短打で4点を失い、失意のKO。ワンサイドゲームでますます求道者・前田の出てくる余地がなくなり、士気が落ちる一方の広島に対し、偽バファローズは6回に後藤が2号2ラン,7回には赤田が自己初のスイッチアーチとなる8号2ランと一発攻勢で大きく突き放した。広島は8回にようやく2点を返したが、焼け石に水だった。偽バファローズ先発の近藤は8回2失点で2勝目を飾った

◆L1−0S◆
初回無死一、二塁のチャンスを逸した西武は続く2回も先頭の高山がヒットを放った直後の礒?がゲッツー。3回には二死からヒットで出た栗山が二盗に失敗すると、5回も一死一、二塁のチャンスを無駄にする拙攻三昧。一方、ヤクルトは西武先発・岸の前に6回まで散発2安打と完全に沈黙。その裏、西武は一死から中島,中村,ブラウンの3連打でようやく1点を先取。続く7回には二死から連打で一、三塁とするも、栗山がセカンドゴロに終わり、追加点ならず。1−0の儘、迎えた土壇場9回、この回から代わったシコースキーは先頭の青木に痛打されるも、デントナをセンターフライに打ち取ると、ガイエル,武内と連続三振に斬って取り、完封リレーを達成。岸は8回を3安打無失点の快投でハーラートップタイの7勝目

◆E5−7YB◆
序盤は戸村,清水の両先発の好投が続き、4回まで両軍無得点。均衡が破れたのは5回。二死走者なしから聖沢を歩かせてからリズムを崩した清水は高須も歩かせた後、鉄平,中村紀と連続タイムリーを浴びると、山崎には6号3ランを被弾し、悪夢の5失点。しかし、直後の6回、大量リードを貰って気が緩んだのか、戸村は四球と連打で無死満塁のピンチを迎えると、内川にタイムリーを許し、2失点。続く村田は三振に斬ってとるが、暴投で3点目を失った後、スレッジを歩かせて無念のKO。代わった辛島は二死後、下園にタイムリーを浴びると、3番手・井上も武山にタイムリーを許して、ついに同点。これで勢い付いた横浜は続く7回には村田のタイムリーで勝ち越しに成功。9回にはまたも村田が7号ソロを叩き込み、ダメ押し。最後は山口が二人の走者を出しながらも辛くも逃げ切った。2番手の真田は1回1/3を無失点で2勝目をあげた

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:57コメント(0)トラックバック(16) 

April 24, 2010

4/24谷◆G7−3C◆
キムタクの追悼試合となったこの日、左肩に喪章を付けて臨んだ巨人だが、先発の西村健がいきなり先頭の東出に二塁打を浴びると、一死後、天谷にタイムリー二塁打を浴び、先制点を献上。1点を追う巨人は2回、二死からマッスル千代の富士が二塁打を放つと、脇谷のレフト前ヒットで同点のホームを狙うが、タッチアウト。しかし、続く3回、二死からヒットで出た松本が二盗を決めると、続くガッツのライト前ヒットで同点のホームイン。天谷のタイムリー以来、ノーヒットと沈黙していた広島は6回、二死一、二塁と久々のチャンス。ここで昨日の事を反省したのか、野村監督はルパン広瀬に代えて、求道者・前田を投入。しかし、求道者・前田の鋭い眼光に睨まれ、まともに勝負するのは得策ではないと察知した西村健に歩かされてしまう。それでもチャンスは満塁と広がったが、赤松はサードゴロに倒れて、三者残塁。すると、その裏、巨人は一死から阿部が3号ソロをぶち込んで、勝ち越しに成功。直後の7回、一死から代打・ヒューバーを歩かせた所で若大将・原監督は山口にスイッチ。しかし、キャンプで先発として体を作ってきたにも拘わらず、シーズン早々にリリーフ再転向を強要された上、その結果、まともに抑えた試しがないと言うのに、クルーンが戻ってきても、未だにリリーフをやらされ続ける山口はこの日も精彩を欠き、代打・会沢に痛打されると、東出には三遊間突破のタイムリーを浴び、西村健の白星を粉砕。8回には3番手・越智が一死満塁のピンチを背負うと、中東のレフト線へのファールフライを捕れば確実にタッチアップされるにも拘わらず、寿司職人ラミレスはキャッチしてしまい、三塁走者・栗原が勝ち越しのホームイン。その裏からマウンドに上がった3番手・高橋に対し、巨人はガッツの四球,寿司職人ラミレスのヒットで一、二塁とすると、阿部のファーストゴロの間にそれぞれ進塁。ここで長野が敬遠されて、満塁となった所で代打に起用されたキムタクの同期・松田記者が左中間スタンドへ公式戦ではプロ入り初となるグランドスラムをぶち込んで、一気に逆転。更に、二死後、李にも不振に喘ぐ李にも一発が飛び出して、ダメ押しの7点目。9回にクルーンが石井タクローにタイムリーを浴びたものの、大事には至らず、キムタク追悼試合に花を添えた。一時は勝ち越しとなる犠飛を許した越智に2勝目が転がり込んだ

◆T3−1D◆
初回二死一、二塁と言う先制のチャンスは逃した阪神だが、続く2回、一死から桜井がレフトスタンドへ4号ソロを叩き込み、先制。1点を追う中日は4回、森野,ブランコと連打を浴びせた後、ベンちゃんが同点犠飛。更に、小池もヒットで続き、チャンスを広げるが、セサル,小山と内野ゴロに終わり、勝ち越しならず。6回には一死から連打と四球で満塁とするも、またもセサル,小山がブレーキとなり、三者残塁。桜井の一発以降、ノーヒットが続いていた阪神だが、その裏、先頭の平野が内野安打で出塁すると、代走・大和がすかさず二盗。一死後、新井がセンター前へ弾き返して、勝ち越しに成功。中日は7回一死一塁のチャンスに井端がゲッツー。8回にはも二死一、二塁のチャンスにまたもやセサルが三振に倒れて、無得点。すると、阪神はその裏、新井の2打席連続タイムリーでダメ押しの3点目。最後は守護神・藤川球が3人でピシャリと締めて、逃げ切りに成功。先発・能見は6回で7安打を浴びながらも、川相不在の中日の大拙攻に助けられ、無傷の3連勝

◆YB3−2S◆
ヤクルトは初回、一死から森岡,青木と連打を浴びせると、デントナのセカンドゴロの間に森岡が先制のホームイン。横浜もその裏、二死から内川のヒット,村田の四球で一、二塁とするも、スレッジが三振に倒れて、二者残塁。しかし、3回、ハマのチンピラが自らヒットを放って、口火を切ると、石川の内野安打の後、早川の犠打がエラーを誘い、無死満塁。ここで内川,村田の連続タイムリーで逆転に成功。なおも満塁のチャンスでスレッジはセカンドゴロに倒れるが、この間に早川が本塁を陥れ、3点目。2点を追うヤクルトは6回、一死から青木,デントナ,ガイエルとクリーンアップの3連打で1点差。しかし、ここで飯原がサードゴロゲッツーに倒れて、同点ならず。3−2の儘、迎えた土壇場9回、横浜は抑えの山口を投入する逃げ切り体勢。山口は一死から連続四球でピンチを迎えたが、最後は宮本をショートゴロゲッツーに仕留めて、辛くも逃げ切った。ハマのチンピラは6回2失点で2勝目

◆M3−4H◆
立ち上がりから制球が定まらないソフトバンク先発・小椋。1,2回と四球の走者を出しながら、無失点で切り抜けるも、テンポの悪い投球が野手のリズムを狂わせたか、3回一死から荻野貴のショートゴロを川崎がエラー。井口の打席で二盗を仕掛けられた際、今度は山崎が二塁へ悪送球し、荻野貴は三塁へ。ここで井口をショートゴロに打ち取るも、川崎が野選を犯して、ノーヒットで先制点を献上。1点を追うソフトバンクは5回、先頭のハマのスペランカーが4号同点ソロ。更に、四球と連打で無死満塁のチャンス。ここから山崎、川崎と連続三振に倒れるも、本多が走者一掃のタイムリー三塁打を浴びせて、一気に3点を勝ち越し。ロッテは6回、2番手・摂津に対し、一死満塁から井口のタイムリー内野安打、金の犠飛で1点差。なおも一、二塁のチャンスだったが、大松はファーストゴロに終わり、同点ならず。8回にはヒットの今江を2つの犠打で三塁まで進めるが、この日2打点の井口が三振に倒れて、無得点。最後は守護神・馬原に反撃を断たれ、あと一歩及ばなかった。唯一のピンチをモノにされてしまったロッテ先発・成瀬は完投負け。小椋は5回で7四球と言う大荒れの内容だったが、リリーフの援護を仰いで、2年ぶりの白星

◆E3−0F◆
ダルビッシュ,岩隈の両エースが激突。岩隈は1,2回と三者凡退に仕留める快調な立ち上がり。一方、ダルビッシュは2回一死から鉄平にヒットを許すと、二盗と鶴岡の悪送球で三進を許した所で中村紀をピッチャーゴロに打ち取るも、本塁を狙った鉄平を刺そうとしたグラブトスが逸れて、先制点を献上。不本意な形で先制を許したダルビッシュは3回以降も毎回走者を許すピリッとしない投球。6回には二死から連続四球を許すと、草野にタイムリーを浴びて、2点目を献上。更に、糸井の悪送球に足を引っ張られ、この回2失点。この追加点で一気に楽になった岩隈は日本ハム打線に付け入る隙を許さず、散発2安打完封で3勝目。日本ハム・ビッグステーキ打線(若大将・原辰徳命名)は上位7人がノーヒットに終わる体たらくだった。ダルビッシュは自責点1の完投も虚しく2敗目。奪三振は6個に留まり、開幕から続いていた2桁奪三振は5試合でストップした。

◆Bs4−6L◆
1−1で迎えた4回、西武はブラウン,高山,礒?の3連打で無死満塁とすると、浅村が押し出し四球を選んで勝ち越し。続く上本もセンター前へ2点タイムリーを放ち、偽バファローズ先発・木佐貫をKO。更に、2番手・加藤から片岡が犠飛を打ち上げ、この回4点。6回には内野安打の礒?を一塁に置いて、浅村がタイムリー二塁打を浴びせて、6点目。5点ビハインドとなった偽バファローズはその裏、坂口,赤田の連続二塁打で1点を返すと、後藤もヒットで続き、西武先発・ミャオをKO。更に、中村のエラー,北川の犠飛で2点を加え、2点差。8回には連打で無死一、二塁のチャンスを掴むが、ここで代わった4番手・藤田の前にラロッカは三振,T−岡田はセカンドゴロゲッツーに倒れる最悪の展開で無得点。最後はシコースキーの前に三者凡退に終わり、万事休す。ミャオは6回途中4失点で降板となったが、2勝目をマークした

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:05コメント(0)トラックバック(22) 

November 22, 2009

11/22 斎藤vs新井◆U−26NPB選抜−9大学日本代表◆
セ・パ誕生60周年記念として行われる事となったプロアマ交流戦。鳩山首相が見事にストライクを決めた始球式の後、NPBの先発に起用された前田健(広島)が伸びのあるストレートで大学日本代表を簡単に3人で退ける静かな立ち上がり。その裏、東京六大学現役最多勝を誇る「赤くないハンカチ王子」斎藤(早稲田大)に対し、同期の坂本(巨人)がアウトローのスライダーをうまく拾って三遊間を真っ二つに破ると、セ・リーグ新人王の松本(巨人)が粘った末に四球を選んで、無死一、二塁。ここで天谷(広島)が初球に簡単に手を出して、セカンドゴロゲッツーに倒れる最悪の展開となったが、オーバーエージ枠で4番に座った新井(阪神)がライト前へしぶとく弾き返して、1点を先制。2回からは大嶺(ロッテ)が三者三振の快投を見せると、平野(偽バファローズ)−金刃(巨人)−久米(ソフトバンク)と繋いで、僅か1安打と大学日本代表に付け入る隙を許さない。しかし、打線は塁上を賑わせながら追加点を奪えない。5回には「和製ウィリアムス」の異名をとる中後(近畿大)に対し、一死からイースタン二冠王に輝いたトンガ(日本ハム)が左中間フェンスまで達する打球を放ちながら、二塁を奪えない大チョンボ。更に、トンガは続く銀仁朗(西武)のライト前ヒットの際、二塁を回った所で一瞬、躊躇した上で三塁を狙って憤死とプロとして恥ずかしい相次ぐ走塁ミスをかまし、結局、無得点。直後の6回、大学日本代表はNPB6番手・大隣(ソフトバンク)から小林(同志社大)がセンター前に弾き返すと、林崎(東洋大)が送った後、伊志嶺(東海大)がピッチャー強襲ヒットを浴びせて、一、三塁。ここで多木(法政大)の打球はショート後方へのどん詰まりのフライ。しかし、背走した坂本のグラブに当てながら落球するまずいプレー(記録はヒット)の間に小林が同点のホームイン。更に、土生(早稲田大)が死球を食らって満塁とチャンスを広げたが、若松(近畿大),越前(立正大)と打ち上げて、勝ち越しならず。追い付かれたNPB選抜は7回以降、唐川(ロッテ)−由規(ヤクルト)−山口(横浜)と繋いで、1失点で凌ぎきったが、打線の方は7回一死一、二塁,8回無死一、二塁のチャンスを作るなど、毎回走者を出しながら、あと一本が出ず、9残塁1併殺2盗塁死の拙攻でスミ1に終わり、1−1のドローとなった。

 両軍共に9投手を繰り出す小刻みな継投の所為で打者の的が絞りきれないうちに終わったと言う印象の試合。大学選抜8番手の西嶋(明治大)が無死一、二塁のピンチを作ってKOされた為に前倒しで登板した菅野(東海大)が2イニング投げた以外は全員1イニングぽっきり。注目の斎藤も初回のみで降板とあっては流石に物足りない。やはり、2〜3イニングは見てみたかったものだ。大体、延長なしの一発勝負で24人のベンチ入りは多過ぎるだろう。しかも、全員出場前提だし…。それにしても、トンガの走塁と坂本の落球はプロとしてはいただけないプレーだった。いずれも白星を逃すに到った致命的なミスと言えるだろう。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:02コメント(1)トラックバック(15) 

August 06, 2009

8/6 川井◆D2−9T◆
川相抜きで後半戦を戦わなくてはならないと言う絶体絶命の状況に追い込まれている中日。事態の重さを分かっていない落合監督はまたもや川井の先発起用でお茶を濁そうとするが、所詮、カワイであって川相ではない川井ではチームの空気を変える事は出来ず、初回から、一死一、二塁のピンチを背負うと、キュラソ星人,新井,ブラゼル.桜井と4連続二塁打を浴びて、いきなり悪夢の5失点。更に、続く2回には井端のエラーで足を引っ張られるなど、二死一、二塁のピンチ。川相不在の重さを痛感し、落胆の色を隠せない川井はここで新井に11号3ランを被弾し、早くも大量8失点。中盤は落ち着きを取り戻したものの、6回にまたも新井に犠飛を許して、9点目を献上し、この回限りで失意のKO。一方、阪神先発・ソニックはタイムリー欠乏症に苛まれる中日の拙攻にも助けられながら、7回まで無失点の好投を展開。8回にブランコのタイムリーで2点を失ったが、最後は渡辺が中日の反撃を断ちきった。ソニックは8回2失点で6勝目。新井は3安打6打点の大爆発だった。川井は今季初黒星となり、開幕からの連勝は11でストップした。

◆YB4−3S◆
ヤクルト先発・村中の荒れ球に序盤は的を絞れずにいた横浜だが、4回、村田,メカゴジラと連打を浴びせると吉村が歩いて無死満塁。一死後、石川が犠飛を打ち上げ、1点を先制。ヤクルトも6回に無死三塁から田中の犠飛で同点とするが、その裏、横浜は村田の22号ソロで再び勝ち越し。続く7回には二死満塁からメカゴジラのタイムリーで2点を追加。粘るヤクルトは8回、連続四球で貰ったチャンスにデントナのタイムリーで1点を返すと、ガイエルのサードゴロの間にも1点を加え、1点差まで詰め寄ったが、9回は6番手・山口の前に三者凡退に斬って取られ、万事休す。横浜先発のグリンは7回まで1失点の好投で5月9日以来となる3勝目をあげ、自身の連敗を6でストップさせた。

◆H5−13M◆
西岡の8号先頭打者アーチで先制されたソフトバンクは2回、二死一、二塁から森本,本多の連続タイムリー三塁打で3点を奪い、一気に逆転。2点を追うロッテは4回、バーナムJr.のタイムリー二塁打で同点とすると、続く5回には無死一、二塁からサブローが勝ち越しタイムリーを放ち、ソフトバンク先発・大場をKO。更に、2番手・三瀬から大松,竹原と連続タイムリーを浴びせて、この回4点。続く6回には大松が14号2ランを叩き込むと、8回には一死満塁から橋本将が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、試合を決定付けた。先発の成瀬は7回3失点で5勝目をマーク。敗れたソフトバンクは9回にドラ1ルーキー・巽をプロ初登板させたが、最初の打者・塀内にいきなり被弾するほろ苦いデビューとなった。

◆L4−7F◆
1,2回と得点圏に走者を進めながら、先制出来ずにいた日本ハムだが、3回、田中,ミスタースナイパー・坪井,稲葉の3連打でようやく先制。続く4回には二死一塁から田中のタイムリー二塁打で2点目。日本ハム先発のスーパーさぶ・多田野の前に5回までノーヒットに抑え込まれていた西武は6回に反撃を開始。一死から片岡がチーム初安打を放つと、栗山が歩いた後、中島が走者一掃のタムイリー二塁打を放ち、一気に同点。直後の7回、稲葉の13号2ランで勝ち越されるが、8回、栗山のタイムリー三塁打,中村の犠飛で再び同点。4−4で迎えた土壇場9回、日本ハムは二死満塁の場面で代打・稲田がタイムリーを放ち、2点を勝ち越し。更に、続く金子誠にもタイムリーが飛び出し、ダメ押し。その裏、守護神・武田久がきっちり抑えて、逃げ切った。3番手の建山は1回を2失点と不本意な内容ながら、3勝目が転がり込んだ

◆Bs4−7E◆
5回まで5安打を浴びせながら、一向に得点を奪えない楽天に対して、偽バファローズは5回、先頭の北川が内野安打で出ると続く濱中が5号先制2ラン。続く6回には大引が5号ソロを叩き込み、1点を追加。7回から先発・平野を下げ、2番手に香月を投入するが、これが裏目。先頭の嶋に内野安打を許すと、一死後、渡辺直,鉄平と連続二塁打で2点を失い、KO。3番手・大久保は二死を取った後、連続四球で満塁とすると、青波の長瀬に2点タイムリー二塁打を浴び、逆転を許す始末。土壇場9回、楽天は福盛を投入し、逃げ切りを図るが、代わりばな代打・フェルナンデスに11号同点ソロを放り込まれ、試合は延長に突入。ラストイニングとなった12回、10回から投げ続けて3イニング目となった守護神・加藤に対し、楽天は一死からリンデンのヒット,渡辺直の四球で一、二塁とすると、鉄平が走者一掃のタイムリー三塁打を放ち、ついに2点を勝ち越し。更に、この後、内野ゴロの間にダメ押しの1点を追加。その裏、4イニング目も続投となった福盛が3人で仕留めて、4勝目を手にした

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:10コメント(0)トラックバック(17) 

June 16, 2009

◆G7−6L◆
西武は3回まで5安打を浴びせながら、6残塁のまずい攻めで一向に先制点を奪えない。その隙に巨人は3回、投手の春風亭半ケツが自らセンター前ヒットを放ち、口火を切ると、坂本の死球等で二死二、三塁のチャンス。ここで寿司職人ラミレスがファースト強襲のタイムリー内野安打を放ち、1点を先制。しかし、直後の4回、西武は二死三塁から片岡がレフトスタンドへ5号2ランを叩き込み、逆転。更に、栗山,中島の連打で1点を追加すると、中村もヒットで続く。これで一気に三塁を蹴った中島だったが、本塁憤死で3点止まり。2点を追う巨人はその裏、松田記者,鶴岡の連続二塁打で1点を返すと、二死一、二塁となった所でキムタクが2号3ランをぶち込んで、一気に逆転。更に、続くガッツも14号ソロを放り込み、西武先発・石井一をKO。6回には坂本が9号ソロを放ち、7点目。巨人は降雨コールドの可能性を睨んでか、早くも5回から山口を投入。山口が2回をピシャリと抑えると、7回からは越智が登板。7回は三者凡退で切り抜けた越智だったが、8回、古城のエラーでピンチを作ると、一死二、三塁から代打・礒?,片岡と連続タイムリーを浴びて、1点差。しかし、最後は豊田が何とか締めて、辛くも逃げ切り、連敗を脱出。2番手の山口に5勝目がついた

6/16 ソフトバンク交流戦連覇◆D3−4H◆
交流戦優勝マジックを2としているソフトバンクは中日先発・あちゃくらさんに対して、初回、内野安打の本多が捕逸と犠打で三進すると、オーティズの犠飛で先制のホームイン。続く2回には一死一塁から田上がタイムリー二塁打を浴びせて、2点目を追加。交流戦MVPを狙うソフトバンク先発・ホールトンは3回まで1安打無失点の好投を見せていたが、4回、一死から森野に痛打されると、続くブランコに川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに19号2ランを被弾し、試合は振り出しに。2−2の儘、迎えた7回、ソフトバンクは先頭の長谷川がヒットで出ると、松田が送って、一死二塁。田上は三振に倒れるも、続く村松がセンター前へタイムリーを放ち、勝ち越しに成功。7回から攝津アッパーが2回をピシャリと締めると、最後は馬原を投入して逃げ切りを図るも、暴投連発で同点にされてしまい、試合は延長に突入。10回、同点ながらも守護神・岩瀬を投入した中日だったが、二死二塁のピンチを背負うと、代打・森本にタイムリー二塁打を浴び、勝ち越し点を献上。その裏、ファルケンボーグが締めて、来日初セーブ。西武が敗れた為、ソフトバンクは2年連続の交流戦制覇。中日はタイムリー欠乏症,一発依存症がまたも発症し、あちゃくらさんを見殺しにする暗黒パターンが炸裂。このとてつもない重い空気を変える為にも一刻も早い名手・川相の現役復帰が待たれる所だ

◆T4−3F◆
何とか連敗を脱したい阪神だが、先発・ソニックが初回からスタメン復帰の稲葉に9号2ランを被弾し、先制点を献上する苦しい立ち上がり。なおも一、二塁のピンチを迎えたソニックだが、小谷野をゲッツーに仕留めて、切り抜けると、続く2回には三者三振の快投で立ち直りを見せる。すると、その裏、阪神はブラゼルが4戦連続となる5号ソロ。続く3回には一死二塁から関本が同点二塁打を浴びせると、続く新井が9号2ランを叩き込み、勝ち越しに成功。日本ハム先発・武田勝はこの回限りで降板となった。日本ハムは5回、高橋のタイムリー二塁打で1点差と詰め寄るが、阪神は6回から渡辺−ウィリアムス−アッチソンがパーフェクトリレーを展開。9回には満を持して登板した守護神・藤川が三者三振でなで斬り、1点差を守りきって5連敗をストップさせた。藤川は13日ぶりの6セーブ目

◆YB0−1Bs
山本,ウォーランドの両先発がいずれも3回を無失点と上々の滑り出し。0−0で迎えた4回、偽バファローズは先頭の大引が左中間突破の二塁打で出ると、大村の犠打がウォーランドのエラーを誘い、無死一、三塁。ここでラロッカはショートゴロゲッツーに倒れるも、この間に大引が先制のホームイン。この後、偽バファローズは連打で二、三塁とするも、日高が三振に倒れて、1点止まり。その裏、横浜は先頭の吉村が二塁打を浴びせると、二死後、村田が歩いて、一、三塁。続くメカゴジラの打席で日高がボールを弾くのを見て、果敢に本塁をついた吉村だったが、間一髪アウトとなり、同点ならず。続く5回には二死から石川がヒットで出るも、牽制で刺されるチョンボで無得点。6回表、一死二塁の場面で雨が強くなり、試合中断となったが、結局、その儘、降雨コールドとなり、偽バファローズが勝ち逃げ。山本は5回までながら完封で5月20日以来の4勝目。敗れた横浜は5連敗。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:59コメント(0)トラックバック(27) 

May 25, 2009

◆G6−2Bs◆
初回、大引の4号ソロで先制された巨人は2回、阿部が7号同点ソロを叩き込むと、続く2回にはガッツのタイムリー,亀井の犠飛で2点を勝ち越し。4回に下山の8号ソロで1点差と詰め寄られるが、5回にガッツの12号ソロ,6回に阿部のこの日2本目となる8号ソロと一発攻勢でジリジリと突き放す。7回には途中出場の松本がダメ押しのタイムリー。7回以降は山口−越智−クルーンと自慢のリリーフ陣がパーフェクトに抑え込み、偽バファローズの反撃を許さなかった。先発の春風亭半ケツは6回を3安打2失点の好投で3勝目

◆S2−3H◆
交流戦無敗を続けるソフトバンクはこの日も初回からオーティズの7号ソロで先手を取ると、続く2回には二死一、三塁から投手の杉内がタイムリーを放ち、2点目。自らを助けるタイムリーで気を良くした杉内は6回まで散発3安打無失点の好投を展開。しかし、7回、代打・デントナにタイムリーを浴び、ついに1点を献上。3回以降攻めあぐねていたソフトバンクだったが、8回、一死一、三塁から松中の犠飛で待望の追加点。その裏、ヤクルトは2番手・攝津アッパーからガイエルがタイムリー二塁打を放ち、再び1点差。なおも一死二塁と一打同点のチャンスで福地,川端と代打攻勢を仕掛けるも、連続三振に倒れて、同点ならず。ピンチを切り抜けたソフトバンクは最後は守護神・馬原を投入して逃げ切り、5連勝。7回1失点の杉内は5勝目をマークした。

◆D10−4F◆
中日は2回、川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに藤井が7号ソロを放ち、1点を先制。日本ハムは3回、ヒットの田中を劇団ひちょりが送った所で稲葉,高橋,小谷野と3連打を浴びせて、逆転に成功。1点を追う中日は5回、一死二、三塁から井端のタイムリーで同点。なおも一、三塁のチャンスを荒木がゲッツーで潰してしまったが、続く6回、ベンちゃんのタイムリー二塁打で勝ち越しに成功。更に、7回にはエラーで貰ったチャンスに6長短打を集中し、一気に7点を奪って、試合を決定付けた。先発のあちゃくらさんは7回途中まで2失点で5勝目をおさめた。

◆C3−0L
31イニング無失点中の大竹は立ち上がり、制球に苦しみ、いきなり二死満塁の大ピンチ。しかし、G.G.佐藤を三振に斬って取り、辛くもこの場を切り抜ける。一方、WBC使用球はからっきしだが、NPB使用球ならお手の物と開幕6連勝中の岸は初回こそ無難に抑えたが、続く2回、二死二塁から石原にタイムリーを浴び、先制点を献上。続く3回には二死から赤松に二塁打を浴びると、続く栗原に6号2ランを被弾。初回のピンチを切り抜けてから、尻上がりに調子を上げていった大竹はこの日も7回まで無失点投球を見せ、連続無失点を38イニングにまで伸ばすと、8回からはシュルツ−永川と繋いで完封リレーを達成。岸は6回3失点で今季初黒星となり、昨年以来の連勝は12でストップした。

◆T4−3M◆
阪神先発・ソニックが古巣相手に5回まで1安打無失点の快投を展開。しかし、ロッテ先発・小林宏も負けじと5回を無失点に抑え込む。均衡が破れたのは6回。ロッテは一死からサブローのヒット,井口の四球で一、二塁とした所で大松が先制タイムリーを浴びせると、続く里崎が犠飛を打ち上げ、この回2点。先制を許した阪神だが、その裏、連打と四球で無死満塁とすると、まずキュラソ星人が犠飛を打ち上げ、1点差。続く新井はライトスタンドへ40打席ぶりとなる6号3ランをぶち込んで、一気に逆転。逆に2点を追いかける立場となったロッテは7回、2番手・アッチソンに対して、一死からランビンが3号ソロを浴びせて、1点差。続く8回には3番手・ウィリアムスから二死一、二塁のチャンス。ここで代打・堀がライト前ヒット。一気に三塁を蹴った二塁走者・井口だったが、本塁憤死で同点ならず。土壇場9回には守護神・藤川の前に簡単に二死を取られるも、ここから2四球1安打で満塁とし、井口に回す絶好の場面を築くが、井口はライトフライに倒れて、万事休す。ソニックは古巣相手に待望の移籍初勝利を飾った。それにしても、大事に至っていないとは言え、一昨日と言い、今日と言い、ヒヤヒヤものの藤川の投球は気がかりだ。果たして、悪いなりにもリリーフに失敗してはいないのは流石と見るべきなのか…?

カリメロ勝◆YB6−5E◆
序盤から点の取り合いとなったこの試合。まず初回に楽天が中村真の先頭打者アーチで先制すると、その裏、横浜は村田,ジョンソンのタイムリーで逆転。しかし、直後の2回、楽天は小坂の移籍初アーチとなる2ランで再び逆転に成功。4回には吉見の暴投で労せずして4点目を追加。2点を追う横浜はその裏、吉見が汚名返上のタイムリーを浴びせると、更に、連打で満塁とした所で内川が犠飛を打ち上げ、同点。4−4で迎えた7回、楽天は一死から草野,山崎武が連打を浴びせると、ジョンソンのタイムリーエラーでまたもタナボタの勝ち越し点。先発のラズナーが4回途中でKOとなってから小刻みな継投で横浜の追加点を阻んできた楽天だが、土壇場9回、5番手・青山が捕まり、一死満塁の大ピンチ。ここでマウンドに上がったミチルだったが、内川に初球をライト前へ運ばれ、逆転サヨナラ負け。9回表を抑えたカリメロに一昨年9月以来となる白星が転がり込んだ

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:31コメント(0)トラックバック(24) 

April 28, 2009

4/28 大竹◆C5−0G◆
依然として、WBC干され症候群から抜け出せない内海だが、この日は5回まで無失点の好投を展開。しかし、肝心の味方打線が大竹の前に4回までパーフェクトに抑え込まれ、5回に二死満塁と初めて掴んだチャンスも内海に打順が回ってしまい、結局、無得点。6回には一死二塁からガッツがレフト前に弾き返すが、レフトが前進守備を敷いていたにも拘わらず、二塁走者・鈴木が無謀にも本塁へ突入し、憤死。続く寿司職人ラミレスもヒットでチャンスを繋いだが、亀井はライトフライに倒れて、二者残塁。一向に得られない援護についに心が折れてしまった内海はその裏、無死一、三塁からシーボルに先制犠飛を許すと、そこから石原,小窪,梵と3連打を浴びるなど、悪夢の5失点で、失意のKO。大竹は7回以降も巨人打線を翻弄し、今季初勝利を完封で飾った。軽度のヘルニアである事が分かった栗原はこの日も欠場となった広島だが、大竹の力投と、ワンチャンスを生かし、これで今季対巨人4戦負けなしだ。巨人は9年ぶりの2戦連続完封負け。貯金独り占め状態は続いているが、その勢いは下降線を辿っている気配だ。

◆D2−4S◆
2回、相川のタイムリーで先制された中日はその裏、ベンちゃんが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに8号ソロを叩き込み、同点。しかし、5回、森野のエラー,井端の野選と守乱でピンチを作り、川相不在の弊害を露呈すると、宮本に犠飛を許して、勝ち越し点を献上。6回に井端のタイムリーで再び追い付いたものの、8回、ここまで踏ん張っていた先発・あちゃくらさんがデントナに5号2ランを被弾し、無念の降板。走者を出しては盗塁死,走塁死と8回まで悪い意味で残塁ゼロの中日は土壇場9回、ヤクルト守護神・林から一死満塁と絶好のチャンスを掴むも、ブランコは三振。今日、一発を放っているベンちゃんもセカンドゴロに終わり、結局、三者残塁と最後まで川相不在の弊害を露呈して、ゲームセット。攻守に渡って、川相不在の重さを痛感させる展開に、一刻も早い名手・川相の現役復帰を待望する声は強まる一方だ。ヤクルトは先発・川島亮が6回もたずに降板となったが、先発降格となってしまった木田画伯が3番手として1回を無失点に抑え、今季2勝目を手にした。

◆T8−4YB◆
阪神は3回、二死一、二塁から新井の走者一掃タイムリー二塁打で2点を先制。下柳の前に5回まで0点に抑え込まれていた横浜だったが、6回、ジョンソンのタイムリーで1点差と詰め寄ると、二死満塁からルーキー・細山田が走者一掃の3点二塁打を放ち、一気に逆転に成功。しかし、その裏、阪神は4連打を浴びせて、あっさり追い付くと、続く7回には一死満塁からまたも新井が2点二塁打を浴びせて、再び勝ち越し。更に、浅井のタイムリー,桜井の犠飛で2点を加えて、ダメ押し。8回からは4点差ありながら、ウィリアムス−藤川と繋ぐ必勝リレーを展開し、逃げ切った。キュラソ星人が内野安打1本とイマイチ、元気がなかったが、新井は4安打4打点の大活躍で万全のフォロー。打者一人抑えただけの3番手・江草が2勝目をゲット。5日ぶりの登板となった藤川はまたもセーブがつかず、これでもう12日間セーブがつかない状態だ。

◆L5−4H
貧打解消の為、緊急獲得した出戻り助っ人・オーティズが早速スタメン出場すると、2回の第1打席でいきなり先制2ラン。しかし、オーティズはその先制弾を自ら帳消しにしてしまうエラーをかましてしまい、この後、ローもエラーを犯すなどして、あっさり試合は振り出しに。追い付かれたソフトバンクは3回、一死一、三塁から岸のボークでタナボタの勝ち越し点をゲットすると、一死満塁となった所で長谷川がタイムリーを放ち、4点目。その裏、栗山の内野安打で1点差とした西武は6回、一死一、二塁からボカチカが同点タイムリー。更に、代打・清水のセカンドゴロを本多が後逸し、労せずして、勝ち越しに成功。7回からは土肥−大沼−小野寺と1回ずつ繋いで、1点のリードを守りきった。WBC使用球はからっきしだが、NPB使用球ならお手の物の岸は2年越しの10連勝となった。

◆E2−4F◆
日本ハム先発・八木は初回から2死球でピンチを作り、中村紀にタイムリーを浴びて、先制点を献上。一方、3年ぶりの先発となった川井は3回、ショートのエラー等でピンチを背負うと、小谷野にタイムリーを浴び、同点。更に、二死満塁とピンチを広げると、糸井に2点二塁打を浴びて、勝ち越し点を献上。その裏、山崎武の犠飛で1点差として貰った川井だが、5回、今度は中村紀のエラーで足を引っ張られた末、またも糸井にタイムリー二塁打を許して、自責点ゼロながら、無念の4失点KO。6回以降は菊地ー建山−武田久が万全のリレーを見せて、逃げ切り。ルーキー時代の12勝から、4勝→1勝と年々、勝ち星が減っており、この儘では今季は未勝利か…と囁かれていた八木は5回2失点で早くも1勝目をマークした。

◆M3−4Bs◆
初回、ラロッカのタイムリーで先制した偽バファローズだが、その裏、先発・近藤が連続四球の後、橋本将に走者一掃のタイムリー二塁打を浴び、形勢逆転。3回にも橋本将にタイムリーを許し、3点目を献上。2点を追う偽バファローズは4回、北川の犠飛で1点差とすると、6回にはまたもラロッカに同点タイムリーが飛び出し、ロッテ先発・小林宏はこの回限りで降板とまたも白星ならず。試合はその儘、延長にもつれ込んだ。迎えた10回、偽バファローズは一死から大引がレフトスタンドへ今季初アーチをぶち込んで、ついに勝ち越し。9回からマウンドに上がっていた守護神・加藤はその裏も三者凡退に斬って取り、逃げ切った。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:25コメント(0)トラックバック(28) 

July 01, 2008

◆G4−7S◆
序盤から点の取り合いとなったこの試合、先手を取ったのはヤクルト。まず初回に青木のタイムリー三塁打等で2点を奪うと、続く2回には川本が犠飛を打ち上げ、3点目。その裏、寿司職人ラミレスの21号ソロで1点を返されるも、直後の3回、青木が9号ソロを叩き込んで、再び3点差。追いかける巨人は4回、無死一、二塁のチャンスでまたも寿司職人ラミレスが2打席連続となる22号3ランを放ち、一気に同点。しかし、それも束の間、ヤクルトは5回に武内のタイムリー三塁打で再び勝ち越し。更に、二、三塁となった所でウィルソンが2点タイムリーを浴びせて、またまた点差は3点に拡大。以降、膠着状態に陥り、4−7の儘、土壇場9回に突入。ヤクルト守護神・林に対して、巨人は一死から寿司職人ラミレスがこの日4本目のヒットで出たものの、続く阿部がピッチャーゴロゲッツーに倒れる最悪の展開で一瞬にしてゲームセットとなった。

上原を中継ぎなんぞで恐る恐る使っている為に出来てしまった穴を埋めるべく起用された野間口はあえなく3回KO。打ってはマッスル千代の富士が4打席4三振の大ブレーキ。寿司職人ラミレスの2発4安打4打点と言う孤軍奮闘は全く報われず、またまた貯金が消滅してしまった。

◆T8−3D
2回にデラロサのタイムリーで先制した中日だが、3回、二死一塁から先発・中田が連続四球で満塁のピンチ。ここで林をファーストゴロに打ち取るも、これをT.ウッズがエラーし、同点とされる体たらく。川相不在の重さを痛感し、落胆の色を隠せない中田は続く4回にも二死満塁のピンチを迎えると、新井にタイムリーを浴び、2点を献上。しかし、直後の5回、中日は四球と連打で無死満塁とするとT.ウッズが汚名返上の2点タイムリーを放ち、同点。なおも勝ち越しのチャンスだったが、ベンちゃん,李と凡退。デラロサが歩いて再び満塁としたものの、谷繁が打ち上げて、三者残塁。すると、その裏、阪神は一死二、三塁から藤本のセカンドゴロが野選を誘い、勝ち越し。更に、代打・葛城イクローの犠飛で1点を追加。続く6回には新井のタイムリー三塁打,キュラソ星人の14号2ランで3点を加え、ダメ押し。6回から登板の久保田が2回をピシャリと抑えると、8回からはウィリアムス−藤川と繋ぐJFK揃い踏みで中日の反撃を断ちきった。

阪神と同じ10安打を放ちながら、結果は5点もの差をつけられての大惨敗。一発なしで3点取ったからと言っても、1併殺11残塁の拙攻を展開している辺り、タイムリー欠乏症に苛まれて続けている事に変わりはない様だ。守っても3失策と攻守に渡って川相不在の弊害を大露呈。これで阪神との差は7.5と拡大。この絶体絶命の状況を打破する為にも名手・川相の現役復帰が大いに待たれる所だ。

◆YB2−3C◆
案の定、求道者・前田がベンチに軟禁され、試合前から逆境に立たされた広島は先発・大竹が初回からビクビー,金城と連続タイムリーを浴びて、2点を献上。しかし、直後の2回、石原のタイムリーで1点を返した広島は4回に栗原の9号ソロで同点。そして、7回にはシーボルにタイムリー二塁打が飛び出して、ついに勝ち越しに成功。その裏、横浜は一死から石川が内野安打で出るも、痛恨の牽制死。続く相川も内野安打を放ち、大竹をKOするが、代わったシュルツの前に代打・メカゴジラが打ち取られ、同点ならず。広島は8回から横山−永川と繋ぐ必勝リレーを展開し、1点差を守りきった。

栗原の活躍や大竹の粘りの投球で広島が逆転勝ち。前回、大炎上の永川も今回はきっちり締めた。水島の呪いに苛まれている横浜相手とは言え、求道者・前田がフル欠場だと言うのに、借金完済へリーチをかけてしまった事は果たして、喜んでいいものか…。まったく松田オーナーもシーズン半ばに余計な事を言ってくれたもんだ。

◆Bs4−1H◆
ソフトバンクは初回、一死満塁と絶好のチャンスを掴むも、大村,長谷川と連続三振に倒れて、先制ならず。すると、その裏、偽バファローズは一死から阿部,カブレラと連打を浴びせると、ローズが19号3ランを叩き込み、3点を先制。2回以降、立ち直りを見せていた杉内だったが、6回、濱中に7号ソロを被弾し、4点目を献上。偽バファローズ先発・小松は走者を出しながらもあと一本を許さず、7回まで無失点の好投。8回に菊地原が松中に被弾し、更に、一死一、二塁のピンチを迎えたものの、松田をゲッツーに仕留めて、凌ぎきると、9回には守護神・加藤が三者三振の快投で締め括った。

プロ入り以来、対偽バファローズ戦無傷の8連勝中だった杉内が立ち上がりをつかれて、ついに初黒星。ソフトバンクは初回の満塁のチャンスを生かせなかった事で流れを掴みきれなかった。偽バファローズは2回以降僅かに3安打で初回の3点が大きくモノを言った。久々の先発登板となった小松も好投で1ヶ月半ぶりの5勝目。結局、しばらく中継ぎに回されていたのは交流戦仕様だったのだろうか…。明らかに、後ろに回す先発要員のチョイスを間違えていた気がするのだが…。

◆F7−12L
西武は日本ハム先発・スウィーニーの立ち上がりをつき、初回にブラゼルの20号2ランで先制すると、2回には4連打と栗山の犠飛で3点を追加し、早くも5点のリード。しかし、その裏、日本ハムが猛反撃。まず先頭の高橋が5号ソロで反撃の狼煙を上げると、スレッジが死球を食らった後、小谷野は三振に倒れるも、鶴岡,金子誠と連打を浴びせて2点目。更に、一軍復帰の劇団ひちょりが四球を選んだ後、高口が2点タイムリーを放ち、1点差。二死後、稲葉にも2点タイムリーが飛び出し、この回一挙6点を奪って逆転に成功。6−5の儘、迎えた6回、西武は二死一塁から中島のタイムリー二塁打で同点とすると、ブラゼルが歩いて一、二塁となった所でG.G.佐藤が19号3ランを叩き込み、一気に3点を勝ち越し。8回には2点,9回にも1点を加え、試合を決定付けた。

日本ハムは折角、5点差を跳ね返したと言うのに、出る投手出る投手悉く火だるまで終わってみれば、再び5点差をつけられての黒星。石井一が2回もたずにKOとなりながら、小刻みに投入されたリリーフ陣がきっちり抑えた西武とは対照的だった。劇団ひちょりは水島の呪いによる骨折から約1ヶ月ぶりに戻ってきたが、4の1と復帰初戦は地味な結果に終わった。

◆E2−7M◆
楽天先発・朝井に対して、ロッテは初回、フクーラのタイムリーで先制すると、続く2回には西岡の犠飛で2点目。更に、3回にはベニー松山,サブローと連続タイムリーを浴びせて、3点を追加。5回にはまたもサブローにタイムリーが飛び出すと、今江も犠飛を打ち上げ、7点目。朝井はこの回限りで降板となった。立ち上がりは不安定だった清水だが、尻上がりに調子を上げていき、楽天打線を翻弄。6回に無死二、三塁から2つの内野ゴロで2点を返されたものの、落ち着きを失う事なく、投げ続け、完投で6勝目をマークした。

今季唯一となる盛岡での公式戦。先日の大地震の被災者を励ますべく「頑張ろう!東北」と「がんばろう神戸」のパクリステッカーをヘルメットに貼って臨んだ楽天だったが、結果は朝井の背信投球で無念の惨敗。一方、前回7失点と打ち込まれた清水だが、今季5度目の完投を初の無四球で飾り、汚名を返上。打っては効率のいい攻撃で着々と加点し、楽天のモチベーションを奪い取った。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:35コメント(0)トラックバック(35) 

June 07, 2008

◆G7−3M◆
2回に松田記者の一発で先制されたロッテは直後の3回、南のタイムリー二塁打ですかさず同点。しかし、その裏、巨人は二死走者なしから連打と四球で満塁とすると、寿司職人ラミレス,松田記者と連続タイムリー二塁打を浴びせて、一気に4点を勝ち越し。ロッテは4回、ヒットで出たサブローが盗塁とボークで三進すると、今江のショートゴロの間に2点目。更に、6回にはズレータが天井の照明を直撃する18年ぶりの認定本塁打となる4号ソロで2点差まで追い上げる。しかし、巨人は7回にガッツのタイムリー,8回には代打・清水のタイムリーで突き放して逃げ切った。ロッテは今季対巨人4戦全敗で終わった。

ゴンザレスなき後の当ブログ推奨助っ人・バーンサイドがまたも微妙〜な投球ながら、打線の援護を貰ってまたまた白星をゲット。怨敵・バレンタインに激しく敵愾心を燃やす藤田は対ロッテ2度目の登板となったが、1回1/3を投げて三振2つを奪うなど4人で退ける好投でまたもバレンタインの鼻をあかす事に成功。一方、小林宏は泥沼の連敗ロードを前回、快投で抜け出したかと思いきや、またまた4回5失点KOの背信投球でリーグトップタイの7敗目となってしまった。

◆D4−1F
0−0で迎えた4回、日本ハムはヒットの高口を田中が送ると、ここで稲葉がタイムリー二塁打を放ち、1点を先制。その裏、エラーと2四球で貰ったタナボタの満塁のチャンスを逃すなど、この日もタイムリー欠乏症に苛まれる中日は6回一死から川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにT.ウッズ,ベンちゃんと連続アーチを叩き込み、逆転に成功。更に、二死後、連打で一、二塁としたものの、小田がショートゴロに倒れて二者残塁。一発が出ないと如何ともしがたい中日は8回、一死二塁から川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに中村紀が史上22人目の350号となる2ランを叩き込み、ダメ押し。最後は岩瀬が3人でピシャリと締めて逃げ切り。先発の人斬り抜刀斎は8回を10三振1失点の好投で4勝目をマークした。

中日は全得点が一発と言う極度のタイムリー欠乏症,一発依存症をまざまざと見せつけた。ここまで徹底していると逆に清々しい……………、いや、やはり見苦しいよな。結局、この日も一発と先発投手頼みの展開だった訳だが、人斬り抜刀斎が不甲斐ない打線に辟易とながらも、好投を見せた事に救われた。

◆T3−2H◆
2回に松田,長谷川,的山の3連打で先制した南海は更に、一死満塁となった所で川崎が犠飛を打ち上げ、1点を追加。2点を追う阪神はその裏、一死一、三塁から矢野のタイムリーで1点差とし、なおも一、二塁のチャンスでバルディリスがセカンドゴロに倒れて、二死。ここで何と岡田監督は早くも先発の能見に代打・高橋光を送ったものの、センターフライに倒れて1点止まり。その後、阪神が4回無死一、二塁,南海が5回二死満塁のチャンスを逃すなど、決め手に欠く攻撃で1−2の儘、終盤へ突入。迎えた7回、阪神は一死二塁から代打・浅井がタイムリー三塁打を浴びせて、ついに同点。なおも勝ち越しのチャンスにシャア少佐のレフトフライで本塁を狙った浅井だが、南海の中継プレーの前に憤死。試合は同点の儘、延長へ突入。迎えた10回、阪神は一死から連打と四球で満塁のチャンスを掴むと、ここで新井がレフト前へタイムリーを放ち、劇的なサヨナラ勝ちを収めた。

今季、延長戦不敗を誇っていた南海だったが、延長早々に登板した藤川に抑え込まれた末、5年前の日本シリーズで2勝を含めて対阪神8戦5勝0敗を誇っていた杉内が力尽きて、サヨナラ負け。流石に149球も投げては疲れの色は隠せなかった。昨日、継投に失敗した影響か、今度は先発を引っ張り過ぎて貯金が消滅してしまった。序盤は押せ押せの南海だったが、勢いを止めたのは江草。この所、不安定な投球が続いていたが、3回のロングリリーフを見事に無失点で切り抜けた。能見の2回降板は驚いたが、結果的にこれが勝利を呼び込んだと言えるだろう。

◆C3−11Bs◆
危惧されていた通り、ブラウン監督は求道者・前田をベンチに幽閉。理不尽な起用に失意のどん底に叩き落とされた広島に対して、偽バファローズは2回にローズ,濱中の一発で2点を先制。その裏、小窪のプロ初アーチで1点を返されるも、直後の3回、今度はカブレラが10号2ラン。その裏、オチョアのタイムリーで2点差とされるも、直後の4回、4安打を集中して、3点を追加。5回にはローズがこの日2本目となる16号ソロを叩き込むと、7回にもカブレラ,ローズの連続タイムリーでダメ押しの3点を追加。先発の中山は7回を2失点で切り抜け、2勝目。

案の定、求道者・前田幽閉策が実行に移されてしまった広島は大惨敗。高橋は3発被弾し、4回失点KOとなったのは、果たして、確変が終わってしまったのか、それとも先日の栗原のごとく、自身を犠牲にしたブラウン監督への抗議行動なのか…。前者だと、今後の広島はますます尻すぼみとなってしまうだけに、むしろ後者であって欲しい。唯一の明るい材料は小窪のプロ初アーチくらいだろうか…。

◆YB3−5E◆
ハーラートップを独走する岩隈はこの日も4回まで散発1安打無失点と上々の立ち上がり。一方、横浜先発のルーキー・小林も負けじと5回を無失点の好投を展開。何とか小林を援護したい横浜は5回に連打で無死一、三塁とすると、石川のピッチャーゴロゲッツーの間に1点を先制。しかし、折角、援護を貰ったと言うのに小林は直後の6回、フェルナンデスのタイムリーであっさり追い付かれると、続く憲史に代打としては実に7年ぶりのアーチとなる勝ち越し3ランを叩き込まれて、あえなくKO。楽天は7回にもショートのタイムリーで5点目。横浜は8回にビクビーのタイムリー二塁打で1点を返すと、土壇場9回には連打で一、三塁のチャンス。一発が出れば同点と言う所で打席に入った4番・村田だが、最悪のサードゴロゲッツー。この間に1点は入ったものの、続くメカゴジラはセカンドゴロに倒れて、4連敗。岩隈は今季3度目の完投で9勝目。

よく粘っていた小林だったが、水島の呪いの強大な力には抗えきれず、無念のKO。打っては、チャンスを掴んでもゲッツーと引き替えに得点をあげるのが精一杯と言う攻撃ばかりでどうにも波に乗りきれなかった。水島の呪いが始まってから1勝6敗、槍玉に挙がっているはーちゅんは1度として登板機会が回って来ないなど呪いの影響は確実に浸透している様だ。

◆S3−5L◆
初回にブラゼルの16号,青木の3号といずれも2ランで2点を取り合って迎えた2回、西武は二塁打の中村をボカチカが送った後、細川のサードゴロが野選を誘い、勝ち越しに成功。6回には一死満塁からボカチカの押し出し四球,細川のショートゴロで2点を追加。ヤクルト先発・川島亮はこの回限りで降板となった。3点を追うヤクルトは7回、ユウイチ,田中の連打で1点を返すも、後続3人が三振に倒れて、1点止まり。9回にも抑えのグラマンから二死一、二塁と一発が出ればサヨナラと言う場面を作ったが、最後は川本が空振り三振に倒れて、万事休す。西武先発・岸は8回途中で降板したものの、13三振を奪う力投で6勝目を収めた。

ガイエルが右肘痛で離脱し、当面、国産打線を強いられる事となったヤクルト。中軸はそこそこに結果を出したものの、7,8,9番が代打を含めて11打数10三振とまるで役立たず。特に、川本は4打席4三振の体たらくだった。投げては川島亮が立ち上がりに失敗。中盤は立ち直ったかに見えたが、結局、四球で自滅と粘りきれなかった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:54コメント(0)トラックバック(55) 

May 16, 2008

本日は時間がないので簡潔に…。

◆G1−7C◆
一体ブラウン監督に何が起きたのか、同胞・シーボルをスタメンから外し、求道者・前田を2日続けてスタメンに起用すると言う驚愕の事態が発生。このチャンスを無駄には出来ないと奮起した広島ナインは4回までに5点を奪うと、6回には求道者・前田が会心の一発を叩き込み、試合を決定付けた。会心の一打を放ったかに見えても納得せずに難しい表情を浮かべる事の多い求道者・前田がああも嬉しそうな顔を見せたのは、それだけブラウン暗黒采配に苦しめられ続けてきた事を物語っていると言っていいだろう。確変中の高橋はこの日も好投し、8回1失点でハーラートップタイの5勝目。

◆D7−2YB◆
川相不在が故の問題点を一向に改善しようとしない中日の一発依存野球は健在。7点を奪ったものの、うち5点は中村紀のソロと李のグランドスラムによるものだった。そんな中日が上位をキープ出来ているのは投手陣のおかげな訳だが、この日も先発・吉見が7回2失点と好投。これで開幕5連勝となった。横浜はビグビーがついにスタメン復帰。不振のどん底に陥っている金城が外れてくれたおかげで、スタメン落ちを免れた吉村は一発含む3安打と復調をアピールした。

◆T8−5S◆
関本,バルディリスをスタメン起用するなど、テコ入れを図った阪神打線に村中が10安打7失点の大炎上で4回もたずにKO。大量援護を貰った安藤は7回まで無四球無失点の完封ペースだったが、8,9回で5点を失う体たらくで江草のリリーフを仰ぎながら、やっとこさの5勝目。阪神は先発全員の15安打。特に、新井,キュラソ星人の3.4番は二人で5安打5打点の大当たりだった。

◆H3−10F◆
来週ないしは再来週には確実に水島の呪いにかかると思われ、今のうちに貯金を稼いでおきたい日本ハムは稲葉がスタメンから外れたものの、初回二死走者なしから怒濤の6連打で4点を奪い、主導権を握ると、中盤以降も着々と加点し、計16安打10得点。稲葉の代わりに4番に入った高橋も先制タイムリーを含む2安打2打点と活躍。投げては先発のスーパーさぶ・多田野が5回まで無失点の好投。6回に2点を失い降板となったが、大量リードに守られ、2勝目をあげた。

◆E8−2L◆
打線沈黙で3連敗と嫌な流れになりつつあった楽天だが、この日は西武先発・岸を攻略し、2回までに6点を奪って早々とKO。投げては好調西武打線を岩隈が8安打を浴びながら、7回2失点で切り抜けて、連敗を脱出。ショートが4安打1四球で4打点,フェルナンデスが3安打2四球と全打席出塁した両助っ人の活躍も光った。

◆M3−10Bs◆
連夜のサヨナラ負けのショックを引きずるロッテは先発・渡辺俊が2回もたずに8失点KOと火だるまに遭い、あっと言う間に試合を決められた。偽バファローズ先発・山本は8回途中まで2失点の好投で無傷の4連勝。戦列復帰後、パッとしないバッティングが続いていた北川は2打席連発を含む3安打6打点とようやくエンジンがかかってきた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:48コメント(0)トラックバック(26) 

May 14, 2008

◆YB5−2G◆
巨人は2回、先頭の寿司職人ラミレスがヒットで出ると、当ブログ推奨助っ人・ゴンザレスが先制タイムリー二塁打。二軍から再昇格となった先発・金刃は初回のピンチは切り抜けたものの、続く2回に二死満塁とまたもピンチを迎えると、ガッツな貴公子・仁志に走者一掃のタイムリー二塁打を浴び、一気に3点を献上。更に、内川,村田にも連続タイムリーを許し、あえなくKO。巨人は5回一死一、二塁,6回無死一、二塁のチャンスを立て続けに逃すと、8回にも二死から連打を浴びせながら、無得点。9回に途中出場の阿部に一発が飛び出したが、単発では如何ともしがたく、連敗を喫した。

巨人に敵愾心を燃やすガッツな貴公子・仁志が連夜の大活躍。結局、横浜の得点はこの回だけで、3回以降は散発3安打と沈黙したが、栄養費パワーを発動させた那須野を初めとする投手陣がよく粘った。巨人もリリーフ陣は頑張ったが、いかんせん先発・金刃が悪過ぎた。折角、ローテに復帰出来るかもしれないとチャンスが脆くも砕け散ってしまった格好だ。また、当ブログ推奨助っ人・ゴンザレスは3安打の大活躍。折角、悉く大きなチャンスを作ったと言うのに、悉くキムタクに潰されたのにはゲンナリだ。

◆S1−4D◆
ヤクルト先発・リオスに対し、毎回走者を出しながら、残塁を生産するだけの無為極まりない攻撃を相変わらず、続けていた中日だが、4回二死三塁からリオスの暴投でタナボタの先制点をゲット。6回にはT.ウッズが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに7号ソロを叩き込み、2点目。先発の山本昌は再三のピンチを凌ぎながら、6回まで来たものの、二死三塁から、まるでリオスに付き合うかの様に暴投をかまして、1点を献上。更に、ガイエルには死球を食らわせ、無念のKO。ここは2番手・平井が切り抜けると、直後の7回、川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに李が6号ソロをぶち込んで、3点目。更に、9回には中村紀が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに8号ソロを放り込み、ダメ押し。最後は守護神・岩瀬を投入し、逃げ切った。

暴投にソロ3発で全得点をあげると言う大味単調な試合運びは健在。中日以上に拙攻を繰り広げたヤクルトと、粘り強く投げてくれた山本昌に救われたが、またも結果オーライの展開だったと言っていい。こんな調子で目前に迫る交流戦を無事に乗り切れるのか? 最悪の事態に陥る前に名手・川相の現役復帰を視野に入れて欲しいものである。試合内容はともかくとして、山本昌に白星がついたのは喜ばしい事だ。これで200勝まであと5つ。今季中の達成も十分に見えてきたが、無事に達成させるには、やはり川相の援護が必要だろう。

◆C2−4T◆
求道者・前田不在でたまたま圧勝してしまった事により、幽閉する格好の理由が出来たとばかりにブラウン監督がまたもや求道者・前田をベンチに隔離すると言う恐れていた通りの展開に発展。あまりにもミエミエの展開で昨夜から覚悟が出来ていた広島は落胆する気持ちを隠しながらも、2回に小窪,梵と連打を浴びせると、倉のセカンドゴロの間に先制点をゲット。しかし、5回まで粘っていた先発・大竹が6回にキュラソ星人,悠久の若虎・桧山と連続二塁打で追いつかれると、7回にはエラーに野選とノーヒットとピンチを背負って、内野ゴロで勝ち越された挙げ句、新井に2ランを叩き込まれて、一気に3点を勝ち越された。その裏、広島は赤松のタイムリーで1点を返し、2点差。2−4の儘、迎えた土壇場9回、満を持してマウンドに上がった守護神・藤川を迎え、簡単に二死を取られた広島だが、ここでついに求道者・前田が代打で登場。ブラウン監督の執拗な嫌がらせ政策により、心身共に最悪のコンディションながらも、怒りを燃やす求道者・前田はセンター前へ執念のヒット。赤松も続いてライト前ヒットとチャンスを拡大させたが、最後は天谷がピッチャーゴロに倒れて、万事休す。

不遇な扱いに耐えながら放った執念の一打も報われず。大体、9回二死走者なしなんかで求道者・前田を投入する事自体、あまり意味がない。どうせ出すなら、7回二死二塁の場面だろう。にも拘わらず、あの場面で出てきたのは森笠。まったくもって訳が分からない。結果的に森笠は内野安打を放ち、赤松のタイムリーを呼び込みはしたものの、それは単なる結果オーライと言うものだ。求道者・前田がヒットを放っても負けたと言う事で、ブラウン監督は出しても負けるならスタメンに入れる必要はないなどと強引な理屈で更なる幽閉策に走りそうで気が気でない。交流戦に入ってからDHとして、連日起用される事を祈りたいものだが、何せブラウン政権下だけに期待薄である。昨日は大活躍だった栗原,シーボルもそれぞれ1安打とパッとせず、そう簡単に覚醒はしてくれそうもない。広島は一体いつになったら浮上してくるのか? とにもかくにも、ガンガン求道者・前田を使えと!

◆H4−11L◆
3タテを目指すソフトバンクだったが、西武打線が2戦目にしてその希望を無惨に粉砕。3回に中島の犠飛で先制すると、4回にはG.G.佐藤が10号ソロ,ボカチカが8号2ランと一発攻勢で突き放す。5回には連続四球を選んで、ガトームソンをKOすると、代わった柳瀬からG.G.佐藤が2打席連続となる11号3ラン。更に、6回には栗山の犠飛等で2点を加えると、7回にはボカチカにこの日2本目となる9号2ランが飛び出して、11点目。西武先発・涌井はその裏、レストピッチに2号3ランを被弾し、この回限りで降板となったが、大量援護に守られて、4勝目をマークした。

折角、止めた西武の勢いをたった一夜で取り戻されてしまった。涌井から4点取っても、11点取られては話にならない。ガトームソンは相変わらず、不規則極まりない登板間隔に振り回されている感が否めず、気の毒ではあるのだが…。それにしても、ボカチカが9番に入る西武打線は恐ろしい。ソフトバンクなら不動のクリーンアップだろう。いや、西武でもクリーンアップを任せられるのだろうが、9番に置いておける余裕が羨ましい。

◆F4−3M◆
ロッテ先発・小林宏に対して、日本ハムは2回、稲葉,スレッジの連打の後、内野ゴロ2つで1点を先制。一方、ダルビッシュは立ち上がりから制球に苦しみながらも、5回まで無失点投球を続けていたが、6回、根元,フクーラに連続二塁打を浴びて、試合は振り出しに。その後、両軍共に決め手を欠き、1−1の儘、延長に突入となった。迎えた11回、ロッテは守護神・MICHEALから大松が会心の6号2ランを叩き込み、ついに勝ち越し。これで決まったかに思われたが、その裏、日本ハムが猛反撃。まず3番手・川崎から先頭の田中がヒット。代わった荻野に対し、代打・鵜久森もヒットで続くと、三木の犠打が金沢のエラーを誘い、まず1点。一死後、小谷野がライト前へ同点タイムリーを浴びせると、なおも一、三塁の場面で高橋が犠飛を打ち上げ、見事な逆転サヨナラ勝ちを収めた。

GWが明けて、「週刊少年チャンピオン」の発売が再開されてしまった事により、水島の呪いの再燃が危惧されていたダルビッシュ。今週は潜在的にはともかく、表層的にはさほどにシメられなかった為か、大事には至らなかったものの、8回1失点で白星を掴めない辺り、やはり、呪いの効果だろうか。呪いから最も遠い水曜日に登板すると言う作戦はそれなりに効果はあったのかもしれないが、完全に呪いを断ち切るまではいかなかった。とは言え、チームは起死回生の逆転サヨナラ。ロッテは守護神不在に泣いた。

◆E−Bs◆
オープン戦で左膝半月板を損傷し下手すれば、前半戦絶望とも見られていた大学BIG3の一角・長谷部がついに公式戦デビュー。先頭の坂口をピッチャーゴロに仕留めたものの、ここで雨が強くなり、試合中断。結局、その儘、中止が決定。長谷部は僅か4球投げただけでデビュー戦が幻と消えてしまう事となった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:24コメント(0)トラックバック(70) 

April 30, 2008

◆G3−4C◆
求道者・前田がスタメン復帰し、意気上がる広島は初回、巨人先発・春風亭半ケツから赤松が2試合連続の先頭打者アーチを叩き込み、先制。続く2回にはブラウン監督の訳の分からない采配に振り回される鬱憤を晴らすがごとく、求道者・前田がライトスタンドへ2号ソロ。2点を追う巨人は広島先発・大竹から3回、亀井の4号ソロで1点差。4回無死一、二塁のチャンスをゲッツーで潰し、6回一死一、二塁のチャンスも逃した巨人だが、7回、二死から坂本が二塁打を放ち、大竹をKO。ここでブラウン監督は左の亀井だからと左のコズロースキーを投入する安直継投を展開。しかし、対左投手の方が遙かに数字を残している亀井は苦もなくライトスタンドへこの日2本目のアーチを叩き込み、一気に逆転に成功。追いかける展開となった広島は直後の8回、巨人4番手・山口に対して、一死から石原が痛打すると、途中出場の東出がタイムリー二塁打を放ち、石原が同点のホームイン。土壇場9回には一死壱、二塁からシーボルのタイムリーで勝ち越しに成功。8回からマウンドに上がっていた永川は2回を4三振ノーヒットの快投で巨人の反撃を断ち切った。

いきなり飛び出した求道者・前田の怒りの一発には胸のすく思いをさせられた。その後が続かなかったのだが、これだけ執拗に指揮官からモチベーションを奪われては集中力を持続するのも難しいと言うものだ。まさか、亀井に左をぶつけたブラウン安直采配は求道者・前田の一発の価値を下げる為の陰謀ではあるまいな? まぁ、地でヘッポコ采配なんだろうけど…。求道者・前田の一発に刺激されたか、オチョア,栗原,シーボルも奮起。永川は久々に守護神らしい圧巻の投球だった。巨人は終わってみれば亀井の2発のみ。頼みのゴンザレスも今日はブレーキ。阿部の打率はとうとう2割を割ってしまった。

◆D2−4YB◆
川相不在の弊害を露呈する無様な戦いを続けながらも、その最大の解決策である川相の現役復帰に踏み切ろうとしない落合監督はまたまた川井の先発でお茶を濁しにかかるが、その立ち上がりを捉えた横浜が内川のタイムリー二塁打で2点を先制。ウッドの前に4回までパーフェクトと沈黙していた中日は5回に一死一、三塁と初のチャンスを作るが、後が続かず二者残塁。しかし、6回、一死から突如、制球を乱したウッドが連続四球でKO。この拾い物のチャンスに李が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに激振。打球はスタンドにこそ届かなかったものの、レフトフェンス直撃の走者一掃タイムリー二塁打となり、ようやく同点。更に、二死後、ガッツな貴公子・仁志のエラーでチャンスを広げるも、森野がショートフライに倒れて、二者残塁。すると、直後の7回、横浜は村田のタイムリー二塁打で勝ち越し。更に、8回には吉村に6号ソロが飛び出して、貴重な1点を追加。その裏、中日は連続四球で無死一、二塁と絶好のチャンスに李が最悪のゲッツー。続くT.ウッズも三振に倒れて、得点ならず。9回には横浜新守護神・はーちゅんに対して、二死から連打を浴びせるも、最後は代打・立浪がレフトフライに倒れて二者残塁と最後の最後まで川相不在の弊害を露呈する形で敗れた。

相も変わらず拙攻三昧の中日。投手陣がちょっと踏ん張りきれないだけで星を落としてしまうのは当然の結果だ。川井は責められる程、悪い内容ではなかったが、川井ではチームの空気を変えるに至らない事は明白なのだから、いい加減、観念して川相を復帰させろと。最後のバッターとなった立浪が未だに今季ノーヒットなのも気になる所。やはり、4打席立たせない打者だけに交流戦が待ち遠しい。横浜は白星こそつかなかったものの、ウッドがよく踏ん張った。配置展開には釈然としないものがあるはーちゅんはおぼつかない投球ながらも辛くもセーブ。はーちゅんが結果を出せるかどうかよりも、どれだけはーちゅんに繋げる展開に持っていけるかが横浜の課題だろう。

◆T6−5S◆
取られては取り返すシーソーゲームとなったこの試合。まず阪神が初回に新井のタイムリーで先制すると、3回にヤクルトが川島慶,田中の連続タイムリーで逆転。その裏、阪神が葛城イクローのタイムリー等で再び逆転すれば、ヤクルトも負けじと4回、飯原の一発,川島慶のタイムリーでまたも逆転。しかし、阪神は6回、二死一、三塁から平野が走者一掃のタイムリー三塁打を放ち、四たび逆転に成功。粘るヤクルトは8回にまたまた川島慶が同点タイムリー内野安打。5−5で迎えた土壇場9回、ヤクルト4番手・松岡に対して、阪神は先頭の新井がいきなり左中間スタンドへ2号ソロを放り込み、劇的なサヨナラ勝ち。同点ながらも引っ張り出されていた藤川に今季初白星がついた。

5勝目&月間MVPを狙った下柳が4失点KO。久保田も失点し、9回同点の場面ながら早くも藤川が引っ張り出され、延長に入ったらどうするんだ?と言う重い空気を新井が一振りで吹き飛ばした。依然としてヒットはコンスタントに出るが、一発が出ないと言う好調なんだか不調なんだか分からない状態が続いていた新井だが、ここまで放った2発はいずれも値千金だ。ヤクルトは新1〜3番トリオが7安打とまたも機能したが、ガイエル,リグスの両助っ人が9タコ5三振の大ブレーキ。復帰初登板の五十嵐も2失点と奮わなかった。

◆L6−2H◆
ソフトバンクは2回、不振に喘いでいた小久保の通算350号となる4号ソロで先制。先発・大隣は3回までパーフェクトと素晴らしい立ち上がりを見せていたが、4回から片岡,中島に被弾し、逆転を許すと、7回には中村,江藤に連続アーチを浴び、KO。ソフトバンクは直後の8回、ノーヒットで1点を返し、2点差に詰め寄ったものの、その裏、中島,中村のタイムリー二塁打でダメ押しの2点を失い、試合を決定付けられた。西武先発・石井一は8回途中まで2失点の好投で4勝目をマーク。

折角、小久保に一発が出たのに、今度は松中が4タコ。この打線の噛み合わなさ加減がソフトバンクの低迷を象徴している様だ。まぁ、散発4安打じゃ勝ちようがないわな。大隣も大場の一発病が伝染したかの様なソロアーチ4被弾で轟沈。相次ぐ完投で開幕2連勝した時はどんな数字を残すやらとワクワクしたものだが、気付いてみれば、それから4連敗。炎上している訳ではないのだが、打線との噛み合わせの悪さも手伝って、勝ち運を失ってしまっている感じだ。西武は一発攻勢もあって、7安打で6点,ヒットが出たイニング全てに得点と効率のいい攻撃で快勝。石井一は5試合連続自責点2と言う妙な安定感を見せている。

◆M3−6F◆
水島の呪いの影響で登板が前倒しになったダルビッシュ。しかし、この事態を嫌がっていたのはダルビッシュ当人ではなく、相手投手の渡辺俊だった。とんだとばっちりでダルビッシュと投げ合う羽目になってしまい気が重い渡辺俊は初回からスレッジ,小田と連続タイムリー二塁打を浴びて、いきなりの3失点。2回に橋本の一発で1点を返して貰うも、3回にスレッジにタイムリー,5回には稲葉に一発を浴び、5回5失点であえなくKO。その裏、ロッテはフクーラの今季初アーチとなる2ランでダルビッシュから今季最多となる3点目。更に、二死一、二塁のチャンスを作って、オーティズがレフト前へ弾き返すも、本塁を狙ったズレータが憤死し、2点止まり。これで勢いの止まってしまったロッテは6,7,8回と3回連続ゲッツーを食らう有様。そうこうしているうちに日本ハムは9回に稲葉のタイムリーでダメ押し。最後はMICHEALが3人でピシャリと締めて、逃げ切った。

7回を10安打3失点と先発投手としては及第点だが、ダルビッシュとしては今季最悪の内容。ダルビッシュにとって、千葉マリンが鬼門であった事も重なり、水島の呪いによる嫌がらせ効果は確かにあったのだが、それ以上に渡辺俊にかかったダルビッシュのプレッシャーの方が大きかった様だ。日本ハムは足を痛めている高橋に代わり、4番に入った稲葉が4安打の活躍。ヤクルトの田中に便乗した訳でもなかろうが、これまた不動の2番から3番に昇格した田中も2安打とチャンスメークに一役買った。ロッテは橋本が4の4と気を吐いたが、前後の打者がこれを生かせなかった。

◆Bs4−5E◆
依然として極度の内弁慶状態から抜け出せない楽天はこの日も3回、坂口の三塁打で先制される苦しい立ち上がり。しかし、直後の4回、フェルナンデスのタイムリーで追いつくと、続く5回には渡辺直のタイムリー二塁打で勝ち越しに成功。その裏、大引のスクイズで追いつかれるも、直後の6回、山崎武のタイムリー二塁打で再び勝ち越すと、8回にはまたもフェルナンデスにタイムリーが飛び出し、4点目。これで決まったかに思われたが、土壇場9回、抑えの青山が代わりばな代打・下山に二塁打を浴びると、続く代打・浜中に2ランをぶち込まれて、一気に同点。試合は延長に突入した。迎えた10回、楽天はフェルナンデスがこの日4安打目となるタイムリーを放ち、三たび勝ち越し。最後は小山が三者凡退に斬って取り、辛くも連敗を逃れた。

楽天にとって、敵地で接戦に持ち込まれると言う今季の典型的な負けパターン。特に、9回に追いつかれる辺り、敗色ムードがプンプンだったが、辛くも白星。3本タイムリーを放ったフェルナンデス様々の展開だ。偽バファローズはビッグボーイズが14タコと開幕当初を思い起こされる見事な大ブレーキぶりが致命的な敗因。起死回生の同点アーチを放った浜中は打率は.217ながら、得点圏打率は.368でチーム3位の15打点と勝負強さを発揮しているだけに、もう少しうまい事使ってやれないかと思うのだが…。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:01コメント(3)トラックバック(53) 

March 07, 2008

◆T4−7E◆
ここ数年酷使モードが続き、そろそろ勤続疲労が心配されるJFK。負担をかけない為にも安定した先発投手の台頭が望まれる阪神だが、この日、先発の岩田は4回を投げて自責点1とまずまずの投球を見せ、開幕ローテ入りをアピール。しかし、2番手でマウンドに上がった能見は大広に被弾するなど、3回5失点と前回のサヨナラ満塁被弾に続いての大炎上で期待を大きく裏切り、岡田監督は「反省している時期じゃない」と怒りを隠せなかった。一方、楽天は田中が2度目の先発登板。3回まで1安打と好投していたが、4回、新井に2ランを叩き込まれた。新井に借りを返すべく、予定の5回を投げ終えた後、志願の続投となった6回、またも新井にセンター前へ弾き返され、リベンジには失敗したが、6回2失点と初の開幕投手へ手応えを掴んだ。

◆Bs5−5L◆
昨年の最多勝・涌井がオープン戦初登板。昨年までの同僚・カブレラとの初対決で2ランをぶち込まれるなどいきなり3失点。4回にも1点を許し、6回4失点。8個の三振を奪うなど、球のキレは悪くなかったが、制球が甘ければ通用しない事を反省し、カブレラに対しての警戒を強めた。そのカブレラを失い、弱体化が叫ばれる打線はG.G.佐藤,中島と生え抜きの主軸が揃って一発を放ち、ドローに持ち込んだ。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:44コメント(0)トラックバック(9) 

March 02, 2008

◆E3−2M◆
アマチュアで唯一、北京五輪アジア予選代表メンバーに選ばれた逸材ながら、話題性で群を抜くトンガの陰に隠れる事となり、水島氏に目をつけられずに済んだと言う僥倖に恵まれているルーキー・長谷部がオープン戦初登板。ロッテ打線相手に全く付け入る隙を許さず、5回を投げ1安打無失点の快投を見せた。しかし、前日4失点のストッパー・小山がこの日も2失点と不甲斐ない内容で抑え不在の危機にノムさんもボヤかずにはいられない。

◆G3−4H◆
悩める主砲・松中が先制弾を叩き込むなど、3安打の大当たり。その先制弾を浴びたグライシンガーは落ち着いた投球で後続を断ち切り、3回1失点とオープン戦初登板はまずまずの仕上がり。一方、ソフトバンク先発の大隣は制球に苦しみながらも、6回2失点で踏ん張り、王さんを満足させた。

◆D3−4F◆
アジアシリーズ出場権争奪戦での8回パーフェクトは照明の光をゴーグルで反射させ、打者の目眩ましをすると言う姑息で卑劣な技を使っていたから出来たに過ぎない…などと、何も知らない全国の無垢な野球少年達から軽蔑の目で見られる様な誤解を招きかねない名誉毀損漫画を描かれてしまい、失意のどん底に叩き落とされた山井が心に傷を負いながらも先発登板。初回のピンチは何とか切り抜けたが、2回に鶴岡に先制二塁打を許し、傷が広がらないうちに2回限りで降板となった。水島の呪いを恐れて、密かに漢字表記定着を目指す新助っ人「寝損」はトンガ相手に決勝点に繋がる四球を許してしま不本意な内容。そのトンガは第2打席でセンター前に弾き返し、3打数1安打。「走れるデブ」を目指すトンガはオープン戦初盗塁も決め、足もある所をアピールした。昨年、2桁勝利へのラストチャンスでヒルマン監督の嫌がらせに遭い、無念の9勝止まりとなった武田勝は水島の呪いに祟られ、元気のない中日打線を相手に5回1安打無失点と完璧な投球。今季こそ2桁勝利を果たしたい所だ。

◆YB5−4S◆
グライシンガー,石井一,藤井とチームの白星上位3人が一気に消え失せると言う異常事態の結果、今季は新人王候補の宝庫と化しそうなヤクルトの先発ローテ。前日の村中に続き、これまた新人王候補の増渕が4回を投げ、再三ピンチを迎えながらも、1失点でしのぐ粘りの投球で開幕ローテ入りをアピール。対する横浜の先発となったルーキー・小林は5回7安打3失点と課題を残す内容。ストッパー候補と目される両球団の新助っ人も明暗。林は2安打2四球で勝ち越し点を許したが、ヒューズは僅か4球で三者凡退に斬って取る好投で期待に応えた。

◆T3−0Bs◆
FA移籍の新井が第1打席でライト前に弾き返すと、第2打席でも二塁打を浴びせて、先制のホームを踏んだ。好調とも不調とも言えない状態が続いていたが、オープン戦初のマルチ安打に「まあまあです」と淡々とした口調ながらも手応えを感じた模様。投げては先発・杉山が3回を1安打無失点の好投を展開。右膝の故障が心配されたローズが復帰し、ラロッカ,ローズ,カブレラの助っ人クリーンアップによるビッグボーイズ打線(コリンズ監督命名)を初披露した偽バファローズだったが、昨年までの同僚・アポリー中尉に最後を締められるなど、5投手の前に散発4安打の完封リレーと完全に沈黙。しかも、濱中が守備で平下と激突し、左脇腹を痛めて途中交代となるなど、踏んだり蹴ったりだった。

◆C5−6L◆
昨年、終盤にも登板機会を与えずに、あえて二軍でのローテを守らせるなど、今季の大躍進を期待されている前田健が初回から連続被弾を浴びると、2回にも5人の走者を許す乱調で6失点KOとなる背信投球。しかし、2番手以降の5人の投手が残り7回をノーヒットと抑え込む好投を見せたのが救い。昨年の新人王・岸は2回まで無難な投球を見せていたが、3回に石原に被弾するなど、3点を失い、不本意な結果に終わった。新助っ人はブラゼルが先制2ラン含む2安打を放ったのに対し、ボカチカは3三振含む5タコと大きく明暗を分けた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:23コメント(0)トラックバック(9) 

December 03, 2007

◆台湾2−10日本◆
勝てば文句なし、負けても、スコアが0−1,1−2なら北京五輪出場が決まる日本は初回、先頭のTSUYOSHI(ロッテ)がエラーで出ると、川崎(ソフトバンク)の犠打で二進。ここで青木(ヤクルト)はセカンドへのどん詰まりのゴロ。全力で走り抜けていれば間に合ったかもしれないものを初回だと言うのにすっかりテンパっている青木は無駄にヘッドスライディングをかまして、アウトとなり、この間に川崎は三塁へ。ここで新井(阪神内定)は右肘に死球を食らい、一塁へ歩きかけたが、どこの国の陰謀が働いているのか、主審はファールのジャッジ。星野監督の抗議も一蹴され、プレイ再開となったが、新井は打ち直しの機会を与えた事を後悔しろとばかりにレフト前へ怒りのタイムリーを浴びせて、1点を先制。この後、日本は3回二死一、二塁のチャンスにこの大会絶好調の阿部(巨人)がライトフライに倒れると、4回には一死一塁の場面で里崎(ロッテ)がゲッツー,6回にも一死一塁で阿部がゲッツーと悉くチャンスを逃し、一向に追加点を奪えない。全てを託された先発のダルビッシュ(日本ハム)は本調子ではないながらも、打たせて取る丁寧な投球で5回まで無失点と踏ん張っていたが、6回、二死走者なしから彭政閔にレフト前ヒットを浴びると、続く4番・陳金鋒に右中間スタンドへ痛恨の逆転2ランを被弾。一転して追いかける立場となった日本だが、直後の7回、先頭の村田(横浜)が死球で出ると、稲葉(日本ハム)がライト前に弾き返して、無死一、二塁。ここで里崎のバントが野選を誘い、台湾先発・陽建福をKO。2番手・耿伯軒に対して、フォースプレイとなる満塁の場面ながら、サブロー(ロッテ)が意表をつくスクイズを決め、代走・宮本(ヤクルト)が同点のホームイン。勢いづく日本はTSUYOSHI,川崎と連続タイムリーを浴びせて2点を勝ち越し。更に、青木が歩いて再び満塁となった所で、台湾初のメジャーリーガー・曹錦輝(ドジャース)から新井,阿部の連続タイムリーで3点を加え、この回、大量6点をゲット。これで台湾はこの試合の勝敗に拘わらず、1位通過が消滅。モチベーションの落ちた台湾を尻目に日本は9回に新井の2ランと彭政閔のタイムリーエラーでダメ押しの10点目。8回に今季初登板の藤川(阪神)を挟み、最後は上原(巨人)が3人できっちり締めて、ゲームセット。日本は無傷の3連勝で北京五輪出場の切符を手にした

◆韓国13−1フィリピン◆
日本にプレッシャーをかけるべく、きっちり勝っておきたい韓国は2回、金敏宰のタイムリー二塁打で2点を先制。5回にエラーで1点差と詰め寄られたが、その裏、7長短打を集中して、大量7点を奪うと、続く6回には高永民の2試合連続となる一発等で4点を追加し、7回コールドで圧勝を収めた。しかし、日本が台湾を下した為、台湾共々、3月に予定されている最終予選に望みを託す事となった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:19コメント(1)トラックバック(102) 

December 01, 2007

◆日本10−0フィリピン◆
北京五輪出場を賭けたアジア予選第1戦。当初、日本の先発は人斬り抜刀斎(中日)と予想されていたが、中日勢は現在、水島の呪いに苛まれている最中であり、格下フィリピンが相手とは言え、短期決戦を一時的な呪いの影響などで万が一にも落とす訳にはいかないとばかりに星野監督は急遽、パ・リーグ最多勝の涌井(西武)に変更。この涌井が期待に応え、初回、三者凡退と上々の立ち上がり。その裏、日本は先頭のTSUYOSHI(ロッテ)が四球で出塁。続く井端(中日)のショートゴロで走者が入れ替わった後、井端は二盗と青木(ヤクルト)のセカンドゴロの間に三進。ここで新井(阪神内定)がセンターオーバーのタイムリー三塁打を放ち、1点を先制。更に、この後、阿部(巨人)がショートの左を破るタイムリーを浴びせると、村田(横浜)のヒット,稲葉(日本ハム)の四球で二死満塁。ここでサブロー(ロッテ)はサードゴロに倒れるも、サード・タトルがタイムリーエラー。なおも満塁の場面で川崎(ソフトバンク)がライト前へ2点タイムリーを放ち、いきなり大量5点のビッグイニングを形成。一気に畳み掛けたい日本だったが、2回二死一、二塁の場面に村田が凡退すると、3回一死一、二塁からTSUYOSHIが最悪のゲッツー。更に、4回二死一、二塁のチャンスにまたも村田が打ち取られるなど拙攻続き。事態を重く見た稲葉は5回、川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにライトスタンドへ放り込み、久々の1点を追加。続くサブローはヒットで出るも牽制で刺される大チョンボ。更に、四球を選んだ川崎がTSUYOSHIのヒットで走塁死。井端がエラーで出て、一、二塁としたものの、青木はセンターフライに倒れて、二者残塁と何ともチグハグな攻撃を展開。続く6回、一死から4連打とようやく打線が繋がり、2点を奪った日本は二死後、TSUYOSHIの何でもないセカンドゴロが突然、大きく跳ね上がる幸運な2点タイムリーとなり、10点目。この完全に大局が決した状況でここまでノーヒットと元気のない井端が左足に死球を食らって退場と恐れていた水島の呪いに祟られる緊急事態が発生。試合は涌井が6回まで無失点に抑えると、7回からは小林宏(ロッテ)が3人で締めて、コールド勝ちを収めたものの、11残塁2走塁死1牽制死と言う怒濤の拙攻三昧。荒れたグラウンドに対応しきれないフィリピン野手陣の相次ぐ拙守にも大きく救われた部分があり、一段レベルの高い韓国,台湾との戦いに大きな課題を残す事となった。

◆台湾2−5韓国◆
日本最大のライバルと目される韓国の先発は日本戦の登板が囁かれていた柳賢振だったが、初回から、陳金鋒のタイムリーで先制点を献上。台湾先発の林恩宇(悪の温床・楽天)の前に4回まで1安打と沈黙していた韓国だが、5回、二死一、二塁から、李鐘旭の3ランで一気に逆転に成功。6回に張泰山のタイムリーで1点差と詰め寄られるも、直後の7回、朴鎮萬の一発ですかさず突き放すと、8回には3四球にエラーと台湾の自滅でダメ押しの5点目を追加し、その儘、逃げ切った。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:48コメント(0)トラックバック(49) 

November 09, 2007

 去就が注目されていた広島の主砲・新井が結局、移籍を前提にしたFA宣言をする事に…。会見では広島との決別に号泣していたが………、大泣きするくらいなら、FAなんかすんな! 満面の笑みで出て行かれるよりはマシだけどさ。優勝争いをしたいから…、との事だが、「俺の力で広島を優勝させてやるぜ!」とは思ってくれないのね。自分が出て行く事で、チームを弱体化させ、他球団を強化させ、より優勝から遠ざける事になると言うのに、未練がましく泣かれても困ると言うもの。自分が幾ら頑張っても、このチームはダメだと思っているなら、いっその事、企業努力の足りない球団を大いに苦言を呈しながら、出て行って欲しいものだと思う。で、新井の移籍先は阪神でほぼ決まりとの事。個人的には弟のいる中日に行って欲しかったけど、まぁ、それはともかくとして、阪神はどれだけ広島から強奪すれば気が済むのか…。広島は阪神の主力養成所か!? シーツ,キュラソ星人,新井のクリーンアップなんて組まれたらシャレにならんよ、もう…。それにしても、ドラフトで一級品を獲れない,ドラフト下位選手をじっくり育て上げてもFAで逃げられる,いい助っ人見つけてきては翌年の流出を阻止出来ない,余所から強奪なんて勿論出来ない…、と言った広島の負のスパイラルはどうしようもないのだろうか。下手にレベルアップすれば、将来、余所の戦力補強に一役買ってしまうだけとあっては一向に浮上しようもないではないか。完全ウェーバー制が実現した所で、FAで逃げられる図式は変わらないしなぁ。FAがある限り、金のない球団は永遠に強くなれないのかね? もう広島は獲得した選手に対して、余所へ出て行く気など全く起きない様に洗脳教育するマインドコントロール技術を習得するしかないのではなかろうか…(+_+)。近い将来、栗原にも逃げられやしないかと、今から気が気でならない。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 06:45コメント(5)トラックバック(22) 

August 01, 2007

◆YB2−5G◆
首位陥落となり、開幕からローテを守ってきた新人王レース驀進中の金刃が二軍降格となるなど、重苦しいムードの巨人だが、この日は初回からニックン,ガッツの連続アーチで早々と3点を先取。その裏、横浜は先頭のガッツな貴公子・仁志が死球を選ぶも、二盗を仕掛けて憤死。この後、金城に一発が出ると言う何とも勿体ない展開に…。2回にも先頭打者を出しながら、ゲッツーで潰してしまうチグハグな攻撃で巨人先発・木佐貫を立ち直らせてしまう。一方、横浜先発・はーちゅんも2回以降、立ち直りを見せていたが、6回、よりにもよって第1打席で既にインケツパワーを使い果たしているニックンに死球を食らわせて、ただで出塁させてしまう大失態を犯し、これで動揺したか、ガッツ,李にも連打を許して、無死満塁の大ピンチを迎えると、阿部の犠飛,清水のタイムリー二塁打で手痛い2点を献上。8回に2番手・豊田から内野ゴロの間に1点を返したものの、最後は守護神・上原の前に反撃を断たれた。巨人は毎回の12三振を奪われながら、効率のいい攻めで快勝し、一夜で首位に返り咲き。木佐貫は7回1失点で9勝目。

◆C5−4D◆
初回、中日がT.ウッズのタイムリーで先制すれば、広島は2回、喜田の3号ソロで同点。3回に中日が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに森野が11号2ランを放ち、勝ち越すも、その裏、広島は栗原に6試合ぶりとなる17号3ランが飛び出して、一気に逆転。中盤以降はすっかり膠着状態となり、4−3の儘、土壇場9回へ突入。逃げ切りを図るべく最後のマウンドを託された守護神・永川だったが、いきなり先頭の代打・立浪に痛打されると、代走・藤井に二盗を許した所で代打・ピンキー井上にもライト前へ弾き返され、石原のエラーも重なって、同点とされる昨日に続いての背信投球を犯し、試合は2夜連続の延長に突入。迎えた10回、ブラウン監督は何を血迷ったか、はたまた明日が雨だと確信したのか、明日の先発が予想されていた青木高をプロ入り初のリリーフで起用。これに対して、中日は先頭の中村紀がヒットで出塁。ここで堂上剛がヘッポコバントを連発した末の結果オーライのヒットでチャンスを広げるも、藤井はヘッポコバントをかました挙げ句にクソボールを空振り三振。更に、続く谷繁はゲッツーに倒れる最悪の展開川相不在の弊害を大露呈し、実況のアナウンサーからは名手・川相の現役復帰待望論が声高らかに叫ばれるのだった。すると、その裏、広島は中日5番手・平井に対し、二死から四球で歩いた栗原が暴投で二塁を陥れると、ここで4番・新井がセンター前へタイムリーを放ち、劇的なサヨナラ勝ち。10敗一番乗りの気配も漂っていた青木高だったが、久々の2勝目が転がり込んだ。11個もの残塁を量産するわ、勝負所でバント失敗を連発するわと、川相不在の弊害を露呈しまくり、敗れるべくして敗れた中日は一夜で首位陥落となった。

◆T3−11S◆
初回に1点ずつ取り合って迎えた3回、ヤクルトはガイエルのタイムリー内野安打で勝ち越すと、更に、満塁とした所で宮出がタイムリーを放ち、2点を追加。そして、5回には二死走者なしから、連打とガイエルの死球で満塁のチャンス。しかし、ここで金村(日本ハム)の師匠・伊集院光が「合体変形ロボみたいな名前で凄ぇかっこいいから」と言う理由で一押しの新助っ人・グライシンガーがどん詰まりのピッチャーゴロに倒れて、三者残塁…と思いきや、下柳が一塁へよもやの悪送球。ボールが転々とする間に満塁の走者が一気に生還。これで完全に流れを引き寄せたヤクルトは青木が歩いた後、田中浩が走者一掃のタイムリー二塁打を浴びせて、下柳をKO。更に、2番手・岩田から寿司職人ラミレスがタイムリー。続くガイエルが鉄人・衣笠以来、31年ぶり史上2人目となる1イニング2個目の死球を食らい、あわや乱闘モードとなった後、リグスのサードゴロを今度はシーツがタイムリーエラーを犯し、この回、大量7点で10点差。阪神はグライシンガーが降板した後に2点を返したが焼け石に水だった。完敗の阪神だが、5回のリグスの併殺を処理した関本が二塁手として立浪の記録を破る714回連続守備機会無失策のセ・リーグ新記録を達成したのが明るい材料だった。グライシンガーは1失点の好投で春風亭半ケツに並ぶハーラートップタイの11勝目。

◆H3−7Bs◆
7連勝中ながら、ローテの谷間を迎えたソフトバンク。先発・西山を援護すべく、2回に小久保が23号先制2ランを放つも、直後の3回、牛込氏に「無理に決まってますよ! 夢よ、もう一度って事だろうけど、そんな選手が通用するほど、日本の野球は甘くないですよ」と酷評されたローズに32号2ランを叩き込まれて、あっさり試合は振り出しに。その後ものらりくらりと何とか粘っていた西山だが、6回、無死一、二塁のピンチを作って、ついに降板。代わったニコースキーは全く制球が定まらず、代わりばな大引を四球で歩かせると、続く日高には押し出し死球をかまして、勝ち越し点を献上し、何をしに出てきたのか分からない儘、あえなくKO。更に、3番手・柳瀬も村松,アレンにそれぞれ2点タイムリーを許して、この回、悪夢の5失点。この大量失点が大きく響き、ソフトバンクの連勝はついに7でストップ。

◆L5−3F◆
西武先発・松永はいきなり劇団ひちょり,田中賢を連続三振に斬って取ると、続く稲葉もファーストゴロに打ち取る上々の立ち上がり…と思いきや、これをカブレラがエラー。これでリズムを崩したか、青波の長瀬,高橋と連続タイムリー二塁打を浴びて、2点を献上。しかし、その裏、西武はエラーの汚名返上とばかりにカブレラが約1ヶ月ぶりとなる15号同点2ランを叩き込むと、2回にはG.G.佐藤が19号ソロを放り込み、勝ち越しに成功。4回に二死満塁のチャンスを逃した日本ハムだが、5回、小谷野のタイムリーで同点。この後、二死満塁とチャンスを拡大させたが、陽が倒れて、またも三者残塁で勝ち越しならず。3−3で迎えた7回、西武は一死二塁から細川が勝ち越し10号2ランを叩き込み、武田勝をKO。このリードをミッチー,グラマンと繋いで逃げ切った。

◆M0−1E◆
悪の温床・楽天先発・朝井が4回を2安打無失点に抑えれば、ロッテ先発・渡辺俊も負けじと4回を1安打無失点の好投。しかし、5回、渡辺俊は先頭のフェルナンデスにレフトスタンドへ13号ソロを被弾し、ついに先制点を献上。渡辺俊は6回以降も付け入る隙を許さずにいたが、朝井の好投の前に二塁を踏む事すらままならず、5回の1点が重くのしかかる。結局、朝井は9回も3人で打ち取り、最小リードを守りきるプロ初完封で5勝目をマークした。渡辺俊は1失点完投も打線に見殺しにされ、6敗目。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:05コメント(1)トラックバック(62) 

July 01, 2007

◆G9−6C◆
初回にガッツの19号ソロ,2回に李が通算100号となる15号2ランと連日の一発攻勢で主導権を握った巨人は4回にもニックンの犠飛で4点目を追加。先発が防御率1点台の春風亭半ケツとあっては、最早、試合は決まったかと思われたが、その裏、無死満塁の大ピンチ。ここから2人を打ち取るいつもの粘りを見せた春風亭半ケツだが、ここで新井にバックスクリーン左へ痛恨の満塁弾を叩き込まれて、試合は一瞬で振り出しに。流れを引き寄せた広島は続く4回、石原のタイムリーで勝ち越しに成功。1点を追う巨人は毎回、走者を出しながら、あと1本が出ない拙攻三昧。5点を取られながらも、援護を信じて投げ続けてきた春風亭半ケツだが、ついに力尽きたか、8回に新井にこの日2本目のアーチを浴び、KO。ダメ押しと思われる一発を放った新井だが、土壇場9回、一死から大道のサードゴロを一塁へ痛恨の悪送球。これで流れは一気に巨人へ傾く事となった。ただでさえ不安感があると言うのに、味方に足を引っ張られ動揺を隠せない永川を攻め立て、一死一、二塁から松田記者が通算1500安打となるタイムリーを放つと、二死二、三塁となった所で阿部が三遊間を破り、逆転に成功。更に、ニックン,李と連続タイムリー二塁打を放ち、この回、一挙5点のビッグイニングを形成。その裏、上原が簡単に3人で打ち取り、ゲームセット。悪夢の逆転負けとなった広島はついに最下位に転落した。

◆D6−7S◆
中日は初回、森野の2点タイムリーで先制。その後、しばらく攻めあぐねていたが、6回、川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにT.ウッズが21号ソロを叩き込み、3点目。先発・山本昌は5回まで2安打無失点の好投を見せていたが、6回に突如崩れ、無死一、二塁から青木のタイムリー,田中浩の犠飛で1点差と詰め寄られると、更に、続く寿司職人ラミレスにもタイムリー二塁打を浴び、ついに同点。追いついたヤクルトは続く7回にも青木のタイムリーで勝ち越した後、寿司職人ラミレスが7号3ランを放り込み、一気に4点を追加。しかし、粘る中日は直後の8回、二死走者なしから連打で一、二塁のチャンス。ここから谷繁,代打・立浪に連続タイムリー二塁打が飛び出して、1点差にまで詰め寄ると、土壇場9回にも二死一、二塁と一打逆転の場面を作ったが、最後は中村紀がセンターへ打ち上げて、あと一歩及ばず、4連敗。詰めの甘さが目立ち、川相さえいれば…と言う声は強まるばかり。これで首位・巨人とのゲーム差は5にまで開いてしまった。ズルズルとV戦線から転落しない為にも一刻も早い名手・川相の現役復帰が待たれる所だ。勝ったヤクルトは広島と入れ替わりで最下位を脱出。8回途中から最後まで投げきった遠藤は中日時代の98年以来、実に9年ぶりとなるセーブをマークした。

◆T5−1YB◆
0−0で迎えた3回、阪神は坂がプロ入り初アーチを叩き込み、1点を先制。4回に吉村の9号ソロで追いつかれたのも束の間、直後の5回、またもや坂がタイムリー二塁打を放ち、勝ち越し。更に、この後、鳥谷もタイムリーを放つと、6回にはキュラソ星人が17号ソロ。8回にはジュビロ野口がタイムリー二塁打を放ち、ダメ押しの5点目をゲット。投げては先発のルーキー・上園が5回を1失点で切り抜けると、6回から久保田,8回からウィリアムスと繋いで、最後は藤川が締める必勝リレーが決まり、逃げ切った。上園は2勝目をマーク。

◆H2−4M◆
ロッテは初回、二死二塁からサブローのタイムリーで先制。続く2回の二死二、三塁のチャンスは逃したものの、3回、無死満塁から里崎のタイムリーの後、竹原,青野と連続犠飛を打ち上げて、3点を追加。ロッテ先発・清水の前に5回まで1安打と抑え込まれていたソフトバンクは6回、川崎のタイムリーでようやく1点を返すと、続く7回には松田がタイムリーを浴びせて、1点差。8回から流れを変える男・スタンドリッジを投入した効果か、その裏、無死一、二塁と長打が出れば、一気に同点と言う場面を作ったソフトバンクだが、ここから松中,小久保の両主砲が打ち取られると、柴原もセカンドゴロに倒れて、二者残塁。土壇場9回にはロッテ守護神・小林雅に対し、一死から代打・明石,松田と連打を浴びせ、前日の再現を思わせたが、ここから大村,本多と凡退し、連勝は3でストップした。

◆Bs1−3F◆
カーター,グリンの助っ人対決となったこの試合。2回に青波の長瀬の17号ソロで日本ハムが先制すれば、その裏、偽バファローズもすかさず大引のタイムリーで同点。その後、両先発の好投が続き、1−1の儘、中盤へ突入。迎えた6回、日本ハムは陽,劇団ひちょりと連続三振に倒れるも、ここから田中賢が三塁打を浴びせると、続く稲葉がタイムリー二塁打を放ち、勝ち越し。更に、青波の長瀬にもタイムリーが出て、この回、2点。日本ハムは8回から武田久,9回からMICHEALと繋ぐ必勝パターンで逃げ切り、この3連戦勝ち越し。交流戦MVPの勢いをその儘に、7回1失点の好投を見せたグリンは7勝目を飾った。

◆L10−1E◆
無傷の4連勝の悪の温床・楽天先発・山村に対して、西武は初回、内野安打の福地を片岡が送ると、ここから中島,カブレラ,ベンちゃん,栗山と4連打を浴びせて、早くも3点を先取。3回にショートのタイムリー二塁打で1点を返した悪の温床・楽天は5回にも無死一、二塁と絶好のチャンスを掴むも、嶋は空振り三振。渡辺直はサードゴロゲッツーに倒れる最悪の展開で得点ならず。毎回の様にチャンスを作りながら、追加点をあげられずにいた西武だが、6回、片岡,中島の連続タイムリーでようやく2点を追加すると、これで完全に流れを引き寄せ、7回にはG.G.佐藤が17号2ラン,8回には4安打を集中して、3点を奪い、試合を決定付ける10点目。今季初登板初先発となる帆足は7回途中まで1失点の好投で今季初白星。一方、山村は6回途中5失点KOで今季初黒星となった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 18:07コメント(2)トラックバック(57) 

April 30, 2007

◆S3−9G◆
3タテだけは免れたい巨人はマッスル千代の富士の初回先頭打者アーチで先制すると、2回には阿部が5号ソロ。開幕から僅か1失点と言う快投が続いている巨人先発・春風亭半ケツだが、その裏、二死からヒットと四球に阿部のエラーも加わって、一、三塁のピンチを迎えると投手の石川にレフト前へしぶとく落とされて、1点差。しかし、直後の3回、巨人はお返しとばかりに春風亭半ケツが自らのヒットで口火を切ると、一死後、松田記者,ガッツ,李の3連打で1点を返すと、続くニックンが押し出し四球を選んだ所で石川はあえなくKO。更に、代わった遠藤から阿部が犠飛を打ち上げ、この回、3点。6回にはマッスル千代の富士がこの日2本目となる6号2ランを叩き込み、7点目。その裏、内野ゴロの間に1点を返されるも、7回には鈴木尚の走者一掃タイムリー三塁打が飛び出して、ダメ押しの2点を追加。ワンサイドゲームとなった事で9回から暫定リリーバー・上原がようやく今季初登板。その復帰第一球をいきなり度会に叩かれ、左中間を破られた上原は二死後、飯原にフォークを拾われてのタイムリー二塁打を許し、1失点とイマイチの内容に終わったが、大局には影響を及ぼさず、巨人は連敗をストップ。春風亭半ケツは7回2失点で球団では桑田以来18年ぶり3人目となる開幕5連勝,左腕では新浦以来28年ぶりとなる月間5勝となった。

◆YB2−1D◆
ガッツな貴公子・仁志の今季2本目となる初回先頭打者アーチで先制した横浜はなおも一死満塁のチャンスを掴みながら、金城,吉村と倒れて三者残塁。しかし、続く2回に相川,ガッツな貴公子・二死のヒットで一、三塁とした所で石井タクローのピッチャーゴロの間に2点目を追加。中日先発・吉見は早くもこの回で降板となった。巨人戦限定好投手・土肥の前に巨人でもないくせに3回まで無得点に抑え込まれていた中日は4回、先頭のT.ウッズが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに13日ぶりとなる9号ソロを叩き込み、ようやく1点。しかし、その後も、5,7回に二死二塁、8回には二死満塁のチャンスを作りながら、いずれも逸して川相不在の弊害を露呈。最後は帰ってきた守護神・クルーンの前に三者凡退に仕留められ、万事休す。これで中日は昨年8月以来となる4連敗で貯金も残す所、僅かに1つ。この粘りのない攻撃はひとえに稀代のチャンスメーカーである名手・川相がベンチにいながらコーチ業に収まっていると言う宝の持ち腐れ状態にある事が原因であるのは言うまでもなく、一刻も早い名手・川相の現役復帰を願う声は日に日に高まっている

◆C7−4T◆
この所、すっかり一点集中砲火が板についてきた広島はこの日も初回、ルーキー・小嶋の立ち上がりを捉えて、新井の8号3ランで一気に3点を先制し、その後は全くチャンスを掴めない恒例のパターンに突入。広島先発・黒田はスミ3になる事を察知してから4回まで1安打無失点の力投を続けていたが、5回、一死から林,狩野,藤本,代打・葛城と4連打を浴びて、1点差まで詰め寄られる。何とか突き放したい広島は6回、求道者・前田の10試合ぶりとなる3号3ラン,倉の3号ソロと一発攻勢で一気に4点を追加。阪神はこの後、林の一発等で追い上げたものの、最後は守護神・永川に反撃を断たれて、今季初の3連敗。またも効果的な一発で白星を掴んだ広島は4連勝となった。

◆Bs1−3H◆
開幕早々、水島の呪いに取り憑かれる不安に見舞われ、右肩痛で登録抹消となったエース・斉藤和にの穴を埋めるべく、緊急昇格となった田之上が先発登板。田之上は今季初のマウンドながらも落ち着いた投球で4回まで2安打無失点の好投を展開。一方、またまた年中行事の故障発生イベントが起きたのか、ハマのスペランカーがスタメンを外れたソフトバンク打線も偽バファローズ先発・セラフィニの前にこれまた0点に抑え込まれていたが、5回、ハマのスペランカーに代わって、何と3番に起用された井手のタイムリーでようやく1点を先制。その裏、偽バファローズも大西の2号ソロで応戦し、振り出しに戻ったが、直後の6回、ソフトバンクは塩崎のエラーでタナボタのチャンスを貰うと、山崎が66打席目にして今季初のタイムリーを放ち、勝ち越しに成功。更に、続く大村もタイムリーを放って、3点目。田之上はその裏、二死一、二塁のピンチを迎えた所で降板となったが、代わった佐藤がここを切り抜けると、柳瀬を挟んだ後、守護神・馬原が最後を締めた。ソフトバンクはこれで8連勝となり、首位をがっちりキープ。敗れた偽バファローズは5位転落となった。

◆L7−6M◆
ロッテ期待の高校生ドラフト1巡目ルーキー・大嶺がプロ初登板初先発。初回に里崎の犠飛で先制点を貰った大嶺はその裏、三者凡退で片付ける上々の立ち上がり。2回にも早川,サブローのタイムリーで早くも3点のリードとなったが、その裏、カブレラに2試合連続の5号ソロをぶち込まれてから突如、崩れ始めた大嶺は一死後、連続四死球とヒットで満塁のピンチ。ここで平尾,礒?と連続タイムリー二塁打を浴びて、大量5失点。3,4回と何とか凌いだ大嶺だが、1点差にして貰った直後の5回裏に連打を浴びて、KOとなるホロ苦いデビューに終わった。しかし、ロッテは5,7回といずれも無死満塁のチャンスで、いずれもしみったれたショートゴロの間に1点ずつ返すのが精一杯ながら、ジリジリと差を詰め、8回には青野に6号同点アーチが飛び出して、大嶺のプロ初黒星は消滅。しかし、その裏、3番手・荻野がリーファーに被弾し、再び勝ち越し点を献上。小刻みな継投で凌いできた西武だが、こうなれば、守護神・小野寺を投入。小野寺は簡単に3人で締めて、逃げ切りに成功。西武はこれでロッテと入れ替わりで2位に浮上した。

◆E8−11F◆
ようやく調子を取り戻しつつある日本ハムは初回、高橋のタイムリーで先制。2回にフェルナンデスの5号ソロ,ショートの犠飛で引っ繰り返されたのも、束の間、直後の3回、稲葉が20日ぶりの3号同点アーチ。更に、4回には金子誠にタイムリー二塁打が飛び出して、勝ち越しに成功。続く6回には一死から6連打で大量5点のビッグイニングを形成。粘る悪の温床・楽天はその裏、ショートのタイムリー,7回には憲史の今季初アーチとなる3ランで2点差まで詰め寄ったものの、終盤に大きく突き放されて、引き分け1つを挟んで4連敗。これで指定席の最下位へ逆戻りとなってしまった。日本ハムは4連勝で4位へ浮上。この日もスタメンとなった田中幸はタイムリー1本を含む2安打を放ち、2000安打で6本と急接近した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 17:15コメント(1)トラックバック(88) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ