斉藤悠葵

August 22, 2010

◆G3−0T◆
3タテは免れたい阪神は初回、二死から鳥谷の四球,新井のヒットで先制のチャンスを掴むが、ブラゼルがファーストゴロに終わり、二者残塁。すると、その裏、巨人は坂本がレフトスタンドへ24号先頭打者アーチを叩き込み、1点を先制。追いかける阪神は2回、二死満塁と一打逆転のチャンスに平野が凡退。3回には先頭の鳥谷がヒットで出るも、新井がゲッツーに倒れる始末。その裏、巨人は坂本がヒットで出ると、松田記者の犠打が野選を誘い、一、二塁。一死後、寿司職人ラミレスがセンター前へタイムリーを放つと、阿部が歩かされた後、当ブログ推奨助っ人・江戸川にもタイムリーが飛び出して、3点目。阪神は4回にも一死一、二塁のチャンスに代打・桜井が最悪のサードゴロゲッツー。巨人は7回から久保−山口−クルーンと1回ずつ繋いで完封リレーを達成。首位戦線から脱落しかねなかった状況から阪神を3タテし、0ゲーム差と肉迫した。先発の朝井は6回無失点の好投で2勝目を挙げた

◆D2−3S◆
両軍共に1,2回までに早くも4残塁と言う拙攻合戦を展開。0−0の儘、迎えた3回、ヤクルトは飯原の二塁打,畠山の四球で二死一、二塁とした所で相川がセンター前へタイムリーを放ち、1点を先制。中日は4回、藤井,小田のヒットで一死一、三塁とするも、中田賢がセカンドゴロゲッツーに終わり、またも無得点。続く5回にも二死一、二塁のチャンスを掴むが、ブランコが三振に倒れて、またも二者残塁。しかし、6回、一死から連続四球にバーネットのエラーで満塁とすると、荒木がタイムリーを放ち、ついに同点。ここで代わった2番手・ナベコーに対し、野本がライト前へ勝ち越しのタイムリー。なおも満塁のチャンスだったが、3番手・松井光の前にベンちゃんがサードゴロゲッツーに倒れて、追加点ならず。中日は8回から浅尾、9回から守護神・岩瀬を投入する必勝リレーを展開。これに対し、ヤクルトはヒットの宮本を川端が送ると、代打・デントナ,青木と連続四球を選んで、一死満塁のチャンス。ここで田中のセカンド内野安打で同点とすると、続く飯原もライト前へタイムリーを放ち、勝ち越しに成功。その裏、守護神・林は二死二塁から連続四球で満塁と、一打サヨナラの大ピンチを背負ったが、最後は藤井を三振に斬って取り、辛くも逃げ切った。4番手の押本は1回を無失点に抑え、2勝目

◆C6−1YB◆
初回一死二塁,2回一死一、二塁のピンチをかわした広島はその裏、一死から嶋がライト前へ弾き返すと、ルパン広瀬がレフトスタンドへ8号2ラン,岩本もレフトスタンドへ8号ソロと連続アーチで3点を先制。続く3回には梵がヒット,木村が四球で出ると、天谷のセカンドゴロで一、三塁となった所で栗原がセンターへ犠飛を打ち上げ、4点目。5,6回のチャンスは逸したものの、7回、岩本のヒット,梵の四球で二死一、三塁とした所で木村がライト前へタイムリー。更に、新沼の悪送球でダメ押しの1点を追加。7月15日以来の先発となった偽ハンカチ王子・斉藤は9回に新沼にタイムリーを浴び、完封こそ逃したものの、プロ初完投で3勝目を飾った

◆E4−0H◆
ソフトバンクは初回、川崎,小久保のヒットで二死一、三塁とするも、ハマのスペランカーが打ち上げて、先制ならず。ピンチを切り抜けた楽天はその裏、一死から連続四球を選ぶと、山崎がレフト前へ先制のタイムリー。続くルイーズも歩いて満塁となった所で中村紀のショートへのタイムリー内野安打に川崎の悪送球が重なり、2点を追加。3点を追うソフトバンクは3回、二死から本多,松田と連打を浴びせるが、小久保がファールフライに倒れて二者残塁。4回には先頭のハマのスペランカーがヒットで出た後、ペタジーニがゲッツーを食らい、続く長谷川がヒットを放つと言うチグハグな攻撃でまたも無得点。2回以降ノーヒットと当たりが止まっていた楽天だが、6回、一死から牧田が2号ソロを放り込み、1点を追加。先発の田中は10安打を浴びながらも、あと一歩を許さない粘りの投球で今季初完封を飾り、11勝目

8/22武田勝◆F4−1L◆
3タテ阻止を託された西武先発・帆足だったが、初回から大炎上。一死から劇団ひちょりを歩かせると、稲葉の二塁打で二、三塁のピンチ。ここで小谷野にレフト前へ先制タイムリーを浴び、2点を献上。更に、糸井にも二塁打を浴びると、よりにもよって怒濤のチャンスブレイカーの名を欲しいままにするあの男にまで2点タイムリーを浴びる始末。続くトンガにも痛打された後、大野をゲッツーに仕留めてピンチ脱出となったものの、早くも4点のビハインド。3回までパーフェクトと沈黙していた西武は4回、一死から栗山,浅村の連打で一、三塁とすると、フェルナンデスの犠飛でようやく1点。更に、ブラウンもヒットで続いたが、高山が三振に倒れて、1点止まり。一方、日本ハムも2回以降は当たりが止まり、中盤のチャンスもモノに出来ず、追加点を奪えない。4−1の儘、迎えた土壇場9回、西武は一死から栗山がヒットで出るも、代打・中島,フェルナンデスと打ち取られ、ゲームセット。これで日本ハムは首位・西武相手に3連戦3連勝。先発の武田勝は5安打1失点完投で11勝目をマークした

◆M3−5Bs◆
初回、ロッテは一死から今江,井口,金の3連打で1点を先制。直後の2回、偽バファローズは当たりが止まっていたティー岡田がライトスタンドへ15試合ぶりとなる29号ソロを叩き込み、同点。1−1で迎えた5回、ロッテは二塁打の西岡を今江が送ると、二死後、金がレフトスタンドへ20号2ランを叩き込み、勝ち越し。しかし、直後の6回、偽バファローズは四球のカブレラを一塁に置いて、ティー岡田がこの日2本目となる大台30号2ランをぶち込み、あっさり同点。更に、二死二塁から大引が勝ち越しタイムリーを放つと、続く坂口がタイムリー三塁打を浴びせて、この回4点。岡田監督は7回からローテの柱である金子千をスクランブル登板させる必死こいた采配を炸裂。8回からは平野−岸田と繋いで、逃げ切った。先発の山本は5回3失点降板ながら、リリーフの援護を仰いで8勝目

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:48コメント(0)トラックバック(14) 

August 20, 2009

◆G4−3YB◆
約3ヶ月ぶりの登板で今季初先発に起用された久保に対し、横浜は2回にジョンソンの先制19号ソロ,3回に内川のタイムリーで2点のリード。しかし、その裏、巨人はヒットの坂本が二盗を決めると、続くキムタクがタイムリー。4回には無死満塁のチャンスで鈴木がゲッツーに倒れる間に同点。追い付かれた横浜は直後の5回、一死から下園,藤田,内川の3連打で再び勝ち越しに成功。しかし、その裏、巨人は坂本の三塁打の後、キムタクが同点犠飛。続く阿部はライトスタンドへ17号ソロを放り込み、勝ち越しに成功。横浜は巨人の小刻みな継投の前に6回以降、一人の走者も出せず、あと1点が届かなかった。巨人は3連戦3連勝。久保は5回もたずにKOとなったが、2番手・藤田が1回1/3をピシャリと抑え、2年ぶりの白星

◆C4−0D◆
昨夜はたまたま1イニングだけ打線が繋がったとは言え、タイムリー欠乏症を解消したとはとても言い切れない中日。そんな川相不在の弊害を露呈しても、今季中に川相を現役復帰させるには最早、手遅れとあって、落合監督はまたま川井を先発起用してお茶を濁そうとするが、所詮、カワイであって川相ではない川井ではチームの空気を変える事は出来ず、中日打線は広島先発の偽ハンカチ王子・斉藤の前に残塁を量産するばかりのゼロ行進。一向に援護を貰えない中、5回まで1安打無失点と踏ん張っていた川井だが、6回、先頭の東出に痛打されると、一死後、フィリップスに10号2ランを被弾し、ついに先制点を献上。2点を追う中日は8回、一死から井端の四球,荒木のヒットで一、二塁とするも、森野,ブランコと倒れて、二者残塁とまたもタイムリー欠乏症を露呈。すると、その裏、2番手・寝損が二死一塁からマクレーンに13号2ランを叩き込まれ、致命的な2点を献上。9回もあえなく三者凡退に終わり、5安打完封負けで、対広島の連勝は13でストップ。斉藤は6回無失点で7勝目

◆S2−10T◆
阪神は初回、2四球2エラーとノーヒットで2点を先制すると、更に、浅井のタイムリーでこの回3点。続く3回には平野の12号ソロ,キュラソ星人の16号ソロと連続アーチを浴びせると、更に、二死後、葛城イクローが歩くと、狩野がタイムリー二塁打。続く久保が内野安打で繋いだ所で浅井が今季初アーチとなる3ランをぶち込んで、この回一挙6点。ヤクルト先発・一場さまはあえなくKOとなった。大量9点を追うヤクルトはその裏、無死満塁から青木の犠飛,畠山のサードゴロの間にようやく2点を返したものの、以降はゼロ行進を続けるばかり。阪神は9回に桜井の犠飛でダメ押しの10点目をあげ、試合を決定付けた。先発のソニックは8回を投げ、10安打を浴びながらも2失点で踏ん張る粘りの投球で6勝目

◆H4−2L◆
初回、西武は二塁打の片岡が栗山のセカンドゴロで三進すると、中島のタイムリーで先制のホームイン。1点を追うソフトバンクは4回、先頭の小久保が16号ソロを放り込み、同点とすると、一死後、長谷川が歩いた所で田上が18号2ランを叩き込み、勝ち越しに成功。2回以降、当たりが止まっていた西武は6回、先頭の片岡が三塁打を放つと、続く栗山が犠飛を打ち上げ、1点差。3−2で迎えた7回、ソフトバンクは先頭の小斉が二塁打で出ると、吉川が送った後、本多がタイムリーを放ち、4点目。ファルケンボーグが右肘痛でリタイアし、リリーフ陣の負担も大きくなる中、攝津アッパーが三者三振の快投を見せると、最後は守護神・馬原が締めて、逃げ切った。先発のジャマーノは6回1/3を2失点で5勝目

8/20 中田◆F1−4E◆
チーム本塁打王のスレッジに続き、チーム首位打者の糸井,チーム打点王の小谷野,正捕手・鶴岡(と、特に、チームにダメージはないが、残塁量産マシンのあの男)までがインフルエンザ禍に見舞われ、攻撃力が大幅ダウンとなった日本ハムはイースタン二冠を驀進中のトンガを一軍に昇格させ、早速スタメン起用。しかし、トンガは二死二塁で回ってきた2回の第1打席であえなく三球三振。一方、楽天は直後の3回、四球の中谷を二塁に置いて、渡辺直が先制のタイムリー二塁打。更に、続く鉄平が6号2ランを叩き込み、この回3点。日本ハムは5回、一死からトンガがヒットで出ると、二死後、田中が内野安打で繋いだ所で村田がタイムリー二塁打。なおも二、三塁と一打同点の場面だったが、稲葉はセカンドフライに倒れて、1点止まり。直後の6回、楽天はまたも鉄平が2打席連続となる7号ソロを放ち、再び点差は3点に拡大。日本ハムは毎回走者を出しながらも、悉く単発に留まる淡泊な攻撃で7月9日以来の連敗を喫した。楽天は3位に再浮上。先発の永井は7回を無四球1失点で8勝目

◆M2−1Bs◆
初回の二死一、二塁のチャンスは逃した偽バファローズだが、続く2回、一死から大引が二塁打を浴びせると、続く坂口が先制タイムリー。1点を追うロッテは3回、一死から早坂,西岡のヒットで一、三塁とすると、続く早川がフルカウントとなった所で西岡がディレードスチール。西岡が一、二塁間で挟まれている間に本塁を狙った早坂だったが、鈴木のブロックの前に憤死し、最悪の三振ゲッツー。しかし、続く4回、サブロー,大松の連打で二、三塁とすると、橋本将が犠飛を打ち上げ、ようやく同点。更に、続くベニー松山がタイムリーを放ち、勝ち越しに成功。1点を追う偽バファローズは土壇場9回、先頭の北川が内野安打を放ち、ロッテ先発・成瀬をKO。2番手・シコースキーに対し、一死後、大引が死球を食らって、一、二塁と長打が出れば逆転と言う場面を作ったが、坂口,代打・フェニックス一輝と連続三振に倒れて、あと一歩及ばず、再び最下位転落。成瀬は完投こそ逃したものの、8回0/3を1失点の好投で7勝目

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:03コメント(0)トラックバック(17) 

June 07, 2009

◆G3−2E◆
3連敗で借金生活の危機に瀕している楽天だが、巨人先発・東野の前に3回までノーヒットと沈黙。4回、草野,鉄平の連打で無死二、三塁とすると、二死満塁と場面が代わった所でノムさんは早くも勝負に出て、3回まで無失点投球を見せていた有銘に代打・中村紀を投入。しかし、中村紀は初球を簡単に打って、セカンドフライに終わり、三者残塁。すると、その裏、代打を出された有銘に代わる2番手・佐竹が阿部に10号2ランを被弾し、先制点を献上。巨人は7回からM.中村を投入するが、これが裏目。一死から山崎武,草野,鉄平とクリーンアップの3連打で1点を返され、あえなくKO。楽天はこの後、更に、四球と野選で同点に追い付き、なおも満塁とチャンスを広げるが、嶋,代打・藤井と倒れて、同点止まり。追い付かれた巨人は8回、先頭のラミレスが二塁打で出ると、代走・鈴木が代打・松本のセカンドゴロで三進。ここで亀井がライトへ犠飛を打ち上げ、勝ち越しに成功。粘る楽天は土壇場9回、守護神・クルーンに対し、無死一、二塁と一打逆転のチャンスを作るが、ここから嶋,代打・牧田,渡辺直と三者連続三振に斬って取られて、万事休す。楽天は17残塁の大拙攻で今季初の4連敗を喫し、今季初の借金生活に突入した

◆D4−2L◆
連日、川相不在を痛感させる不甲斐ない試合が続く中日だが、それでも名手・川相の現役復帰に動こうとしない落合監督は川井の先発起用でお茶を濁そうとするお得意のぬるま湯采配。所詮、カワイであって川相ではない川井ではチームの空気を変えるには至らなかったが、幸か不幸か、この日は西武先発・帆足が乱調で初回、森野,ブランコ,平田のタイムリーで3点を先制すると、2回には荒木のタイムリー二塁打で4点目。しかし、3回以降はチャンスを作っては残塁を量産する一方と言う十八番の拙攻三昧で追加点が奪えない。4回まで無失点で踏ん張っていた川井だったが、5回、銀仁朗,代打・三浦と連打を浴びて無死二、三塁のピンチ。ここで片岡に犠飛を許すと、二死後、中島にタイムリーを浴び、2失点。土壇場9回、守護神・岩瀬は代わりばなG.G.佐藤を歩かせると、二死後、代打・江藤に二塁打を浴びて、二、三塁と一打同点のピンチ。しかし、最後は片岡をサードゴロに仕留めて、辛くも逃げ切った。西武の連勝は5でストップとなり、再び借金生活に逆戻り。

6/7 金本◆T4−3H◆
ソフトバンク先発・杉内に対し、阪神は初回、二死走者なしから関本が歩くと、キュラソ星人,新井,ブラゼルの3連打で2点を先制。一方、ソフトバンクは直後の2回、先頭の長谷川がヒットで出ると、一死後、田上が2試合連続の9号2ランを叩き込み、一気に同点。2−2の儘、迎えた6回、ソフトバンクは先頭の小久保がレフトスタンドへ7号ソロを放り込み、勝ち越しに成功。7回からは攝津アッパー−ファルケンボーグと繋いで、9回から馬原を投入する必勝リレーを展開。これに対して、阪神は先頭の代打・林,鳥谷と連打を浴びせると、一死後、代打・悠久の若虎・桧山が四球を選び、満塁のチャンス。ここでキュラソ星人がライト前へ2点タイムリーを放ち、劇的なサヨナラ勝ちで今季初の4連勝。3番手のウィリアムスに今季初白星が転がり込んだ。一方、馬原は今季初黒星。

◆C6−1Bs
0−0で迎えた4回、広島は二死走者なしからマクレーンの3号ソロで先制。直後の5回、フェルナンデスのタイムリー二塁打で追い付かれるも、その裏、一死から斉藤,梵と連打を浴びせると、二死後、赤松が走者移送のタイムリー二塁打を放ち、2点を勝ち越し。更に、栗原が歩いた後、喜田,マクレーンと連続二塁打で6点目を奪い、偽バファローズ先発・平野をKO。直後の6回、偽ハンカチ王子・斉藤が連続四球でKOとなるも、代わった林が後続を断ち切り、7回からは横山−シュルツ−永川とパーフェクトリリーフで偽バファローズの反撃を断ちきった。斉藤は6回途中1失点で4勝目

◆S0−3F◆
ヤクルト先発・川島亮は5回まで1安打の快投を見せるも、味方打線が日本ハム先発・武田勝の前に4回までパーフェクトと沈黙。5回に畠山,田中のヒットで一死一、二塁と初のチャンスを掴むが、ここで田中がサードゴロゲッツーに倒れて、先制ならず。すると、直後の6回、日本ハムは2四死球で二死一、二塁とした所で稲葉,高橋と連続タイムリーを浴びせて、ついに均衡を破る2点を先制。8回には一死一、三塁の場面で高橋が犠飛を打ち上げ、貴重な1点を追加。ヤクルトは8回二死から代打・ユウイチが二塁打を放ったものの、代打・川端がライトフライに打ち取られ、無得点。9回は抑えの武田久に3人で打ち取られ、完封負け。武田勝は8回途中まで2安打無失点の好投で3勝目

◆YB7−9M◆
横浜先発・グリンが初回から大乱調。一死から連打を浴びた後、3連続四死球を許して、押し出しの2点を与えると、なおも満塁の場面でランビンにグランドスラムをぶち込まれ、いきなりの6失点。大量ビハインドとなった横浜だが、その裏、金城が5号先頭打者アーチを叩き込むと、4回には内川,メカゴジラがソロアーチ。5回に1点ずつ取り合った後、6回には代打・新沼のタイムリーで2点差まで追い上げる。しかし、この後、二死一、二塁のチャンスを潰すと、7回にも二死一、二塁のチャンスを逃し、あと2点が届かない。一方、ロッテは9回に大松がこの日2本目となる6号2ランを放ち、ダメ押し。横浜はその裏も村田の9号2ランで2点を返す粘りを見せたものの、あと一歩及ばず、今季ワーストの7連敗。ロッテ先発の成瀬は5回4失点ながら、打線の援護に助けられ、4勝目。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:14コメント(0)トラックバック(48) 

June 01, 2009

6/1 マクレーン◆E0−2C◆
偽ハンカチ王子・斉藤,長谷川の両先発が走者を出しながらも、要所を締める粘りの投球で4回まで無失点の好投。均衡が破れたのは5回。広島先頭のマクレーンがレフトスタンドへ2号ソロを叩き込み、ついに先制。更に、二死後、ヒットで出た小窪が長谷部の暴投で二進すると、梵がライト前へタイムリーを放ち、2点目。2点を追う楽天は7回、先頭の中村真がヒットを放ち、斉藤をKO。一死後、ショートが歩いて、一、二塁と一発逆転の場面を作ったが、小坂がファーストゴロ,草野がショートフライに倒れて、二者残塁。土壇場9回、広島は守護神・永川を投入する逃げ切り体勢。これに対して、楽天は一死から中村真が四球を選ぶと、憲史がヒットで続き、一、二塁のチャンス。しかし、藤井はレフトフライ,小坂はサードゴロに倒れて、今季初の3連敗。広島は4投手による完封リレーで5年ぶりの6連勝で借金返済にリーチをかけた。7回途中まで無失点の斉藤は4月29日以来となる3勝目。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:06コメント(0)トラックバック(4) 

April 29, 2009

◆C2−0G◆
悪夢のゼロ行進を継続中の巨人はこの日も偽ハンカチ王子・斉藤に対して、再三チャンスを作りながら、一向に得点を奪えない。味方の援護を待ちながら、踏ん張っていた東野だったが、5回二死一、二塁のピンチを背負うと、東出にタイムリーを浴び、ついに先制点を献上。7回には2番手のM・中村が赤松のタイムリーで今の巨人にとっては致命的と言える2点目を許してしまう。5回まで無失点投球の斉藤にあっさり代打を送ったブラウン監督は6回から4人の投手を1回ずつ繋いでいき、完封リレーを達成。巨人は実に49年ぶりとなる屈辱の3試合連続完封負け達川氏の情報によると、この試合がラストチャンスと言うアルフォンゾは3回に満塁のチャンスで凡退するなど、3タコ。達川氏の情報が正しければ、これでジ・エンドとなる可能性が高い事になる。流石に、打率.118では庇いようもない訳だが、別に左キラーな訳ではないアルフォンゾを左相手の時ばかり使うと言うのは、真に相性を突き詰めて考えているとは思えない安易な起用であった事は言っておきたい。実は右投手にばかり使っていたら、こんな結果にならなかった………かもしれないし、これは右投手の時にばかり使われる李にも言える事だろう。左に強い左打者,左に弱い右打者と言うのは現実的にたくさん存在すると言う事を若大将に限らず、各球団の監督には思い知って欲しい。若大将は岩瀬相手に亀井を代打で起用し、強攻させる様な思考を持っていると言うのに、アルフォンゾ,李に関しては何故、それが出来ないのか不思議である。ともあれ、アルフォンゾには再び這い上がってくる事を期待するばかり。プレイヤーとしてどうこう以前に、「素行の悪くない巨人直輸入助っ人」と言う要素から目をかけている訳だが、果たして、この方針が身を結ぶ事はあるのか。要は、巨人が「使える」直輸入助っ人を見つけてくるのは一体いつの事になるのか…と言う話な訳だが…。

◆D1−7S◆
0−0で迎えた3回、ヤクルトは浅尾の制球難に付け込み、2四球で一、二塁とすると、デントナが走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、2点を先制。5回に小山のタイムリー二塁打で1点差とされるが、直後の6回、エラーに暴投など、中日の守乱に付け込み、2点を追加。更に、7,8,9回にも1点ずつ加え、大きく突き放した。先発の館山は無四球1失点完投で2勝目をマーク。中日はまたも拙攻拙守で大惨敗。例によって、名手・川相の現役復帰待望論は強まる一方だ。浅尾は6回4失点で3敗目。開幕戦の快投は今季の大ブレイクを予感させるものだったが、果たして、あれはサプライズ効果に助けられただけだったのだろうか…。

◆T4−7YB◆
2回に新井の一発で先制された横浜だが、直後の3回、二死から連打と四球で満塁とすると、村田が2点タイムリー二塁打を放ち、一気に逆転。更に、ジョンソンが歩いて満塁となった所で吉村が走者一掃のタイムリー三塁打を浴びせると、狩野の捕逸でもう1点加え、この回、大量6得点で阪神先発・安藤をKO。阪神はその裏ね関本のタイムリーで1点、5回には関本,キュラソ星人のタイムリーで2点を返し、2点差まで詰め寄ったが、8回、横浜は村田に待望の今季初アーチが飛び出して、ダメ押し。最後は石井が締めて逃げ切った。先発のウォーランドは5回4失点ながら、打線の援護に恵まれて、来日初勝利

◆L7−2H
ホールトンの前に1,2回と三者凡退に終わった西武だが、3回、先頭のボカチカが6号先制アーチ。5回にはまたもボカチカが2打席連続の7号ソロを叩き込み、2点目を追加。西武先発・石井一は5回までノーヒットの快投を展開。終盤、疲れが出たのか、6回に二死満塁のピンチ。ここは何とか切り抜けたが、7回に先頭のオーティズに二塁打を浴びた所で降板。代わった大沼が代打・柴原にタイムリーを許して、1点差となったが、その裏、西武は栗山の2号2ラン等で一挙5点を奪い、試合を決定付けた。6回0/3を2失点の石井一はようやく今季初白星

4/29 野村監督◆E2−1F◆
日本ハム先発・武田勝に対して、楽天は2回一死から山崎武が二塁打を浴びせると、続く草野のタイムリーで先制のホームイン。6回にはヒットを渡辺直を高須が送ると、二死後、青波の長瀬がタイムリーを放ち、2点目。更に、山崎武の二塁打,草野の四球で満塁とチャンスを広げたが、中島は三振に倒れて、三者残塁。楽天先発・田中は6回まで散発2安打無失点の好投。7回、先頭のスレッジに被弾し、17イニングぶりの失点を喫したものの、以降は反撃を許さず、開幕から4試合連続完投勝利。これでノムさんは史上5人目となる監督通算1500勝を達成した。それにしても、4戦連続完投で僅かに2失点と言う今季の田中の安定感の高さは凄過ぎる。まだ気が早いとは思うが、斎藤雅の11試合連続完投勝利を更新するのではないかと言う期待すら抱かせる完璧な内容が続いている。

◆M3−5Bs◆
好投虚しく2試合続けて田中と当たってしまう不運に見舞われ、まだ白星のない渡辺俊。この日の相手はピリッとしない投球が続いている金子とあって、何とか白星を掴みたい所だったが、2回にフェルナンデス,後藤,日高と3連打を浴び、早くも2点を献上。4回にも日高にタイムリーを浴びると、7回には大引,ラロッカと連続アーチをぶち込まれて、無念のKO。一方、金子は8回まで散発4安打無失点と今季最高の投球を展開。完封目前の9回にバーナムJr.に来日初アーチとなる3ランをぶち込まれ、完封も完投も逃したが、リリーフの援護を仰いで、2勝目を飾った。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:02コメント(0)トラックバック(26) 

April 23, 2009

4/23 阿部◆S1−2G◆
巨人先発・東野はピンチを作っては悉く三振に斬って取って切り抜ける力の投球で4回までに早くも8奪三振。一方、ヤクルト先発・石川は丁寧に打たせて取る投球で3回まで巨人打線を1安打と翻弄。4回も簡単に二死を取ったが、ここから寿司職人ラミレスにレフト前へ弾き返されると、続く松田記者に右中間へタイムリー二塁打を浴び、ついに先制点を献上。巨人は8回、東野を下げ、豊田にスイッチするが、これが裏目。豊田は先頭の武内に痛打されると、一死二塁となった所で代わった3番手・山口も青木にタイムリー二塁打を許して、試合は振り出しに。1−1で迎えた9回、巨人はガッツの四球,松田記者のヒットで二死一、二塁のチャンス。ここでこの日、控えに回っていた代打・阿部がライト前へタイムリーを放ち、サヨナラ勝ちで6連勝。4番手の越智に2勝目が転がり込んだ。投げては7回無失点,打ってはライトゴロと目立っていた東野だが、結局、白星を粉砕されてしまったのは気の毒な限り。とは言え、流石に7回で120球では引っ込められてもやむなしか。

◆D1−4T◆
後依然として川相不在の弊害を露呈し続ける中日は制球に苦しむ安藤に対して、2回の満塁のチャンスを潰すと、3回も2四球で貰った一、二塁のチャンスにベンちゃんがキャッチャーファールフライに倒れる体たらく。しかし、5回、平野のエラー等で貰ったチャンスに森野がタイムリー二塁打を放ち、ようやく1点を先制。不甲斐ない味方打線の最小援護しか貰えないながら、辛抱強く投げていた吉見だったが、8回、先頭の代打・悠久の若虎・桧山に今季初アーチを2浴び、試合を振り出しに戻され、その儘、延長に突入した。この所、リードしていない場面でもやたらに岩瀬を使いまくっている落合監督はこの日も9回に早々と岩瀬を使ってしまい、切り札を失った状態での延長戦を強いられた中日は小刻みに繋ぐ継投で必死に阪神の攻撃をかわしていたものの、12回、二死二、三塁のピンチを迎えると、7番手・パヤノが鳥谷に3号3ランを叩き込まれ、致命的な3点を献上。11回から登板していた藤川は最後まで投げきり、今季初勝利をマークした。中日はサヨナラのチャンスを悉く潰すなど、14残塁で僅か1点に抑え込まれる相変わらずのタイムリー欠乏症で好投の吉見を見殺し。この絶望感しか漂わない無様な攻撃を繰り返さない為にも、一刻も早い名手・川相の現役復帰が待たれる所である

◆YB0−2C◆
広島先発の偽ハンカチ王子・斉藤は4回まで僅かに1安打の快投を展開。何とか斉藤を援護したい広島打線はウォーランドの前に毎回走者を出しながら、残塁を量産するばかりだったが、5回、天谷のタイムリー二塁打でついに均衡を破る先制点をゲット。7回には四球の赤松を一塁に置いて、腰に張りを訴え、5回からベンチに下がった栗原に代わって4番に入っていた梵がタイムリー三塁打を放ち、2点目を追加。8回からは横山−永川と繋いで完封リレーを達成。斉藤は7回を1安打無失点に抑え、今季初勝利。ガッツな貴公子・仁志の引退騒動など、またチームの空気が悪くなりつつある横浜は散発2安打で二塁も踏めない有様。昨日から復帰した村田はこの日も3タコと不発に終わった。勝った広島だが、気がかりなのは栗原の腰の状態だ。

◆F7−6H
ここまで2戦連続5回もたずにKOを食らい、背水の陣で臨んだ大隣だったが、小久保のエラーに足を引っ張られ、劇団ひちょりのタイムリー二塁打で先制点を献上。4回に松中の5号2ランで逆転して貰ったのも束の間、その裏、姫ちゃんに3号3ランを被弾し、再び逆転を許す始末。しかし、ソフトバンクは5回、森本のタイムリーで1点差と詰め寄ると、二死満塁から小久保が汚名返上の2点タイムリー二塁打を放ち、再々逆転。更に、6回には田上が2号ソロを放って、6点目をゲット。今度こそ初白星なるかと期待が懸かった大隣だが、7回、先頭の劇団ひちょりを歩かせた所で降板。しかも、代わった森福,久米が2四球で満塁とピンチを広げた挙げ句、代打・ミスタースナイパー・坪井に同点2点タイムリーを許し、大隣の白星はまたもお預け。6−6の儘、迎えた9回裏、日本ハムは4番手・攝津アッパーに対して、一死走者なしからスレッジがライトスタンドへ4号ソロをぶち込んで、サヨナラ勝ち。ソフトバンクの連勝は4でストップした。

◆E2−5M◆
初回の満塁のチャンスを逃したロッテだが、続く2回、竹原のタイムリーで先取点を獲得。その裏、山崎武の2号2ランであっさり引っ繰り返されるが、直後の3回、今江が同点タイムリー。2−2で迎えた6回には井口の2点タイムリーで勝ち越し、楽天先発・長谷部をKOすると、更に、里崎にもタイムリー二塁打が飛び出し、5点目を追加。7回以降は楽天打線をノーヒットに退け、連敗を3でストップさせた。一見、快勝に見えるロッテたが、16安打放ちながら、たったの5点。残塁の数は実に16個と言うとてつもない大拙攻。ノムさんも幾ら得点に結びつかないからと、あれだけ打ち込まれていた長谷部を6回まで投げさせたのは流石に、引っ張り過ぎだった。

◆Bs2−1L◆
西武先発・オツは初回、一死二塁から3連続四球を許し、痛恨の押し出しで先制点を献上。なおも満塁のチャンスを逃した偽バファローズは続く2回にも二死二、三塁のチャンスを潰し、オツを立ち直らせてしまう。粘りの投球を続けるオツに報いたい西武打線は4回にトリプルプレーを食らうなど、まずい攻めで6回までゼロ行進を続けていたが、7回一死からG.G.佐藤に2号ソロが飛び出して、ついに同点。スミ1から抜け出せない偽バファローズは土壇場9回、同点ながらも守護神・加藤を投入。加藤は三者凡退に斬って取る好投でムードを高めると、その裏、西武3番手・大沼に対して、先頭の日高がライトスタンドへ3号ソロを放り込み、劇的なサヨナラ勝ち。何とか勝ちを拾った偽バファローズだが、カブレラが三塁走者として後藤のファールを右足小指に食らってしまい、骨折で全治2ヶ月の重傷に見舞われたのは痛かった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:25コメント(0)トラックバック(34) 

September 19, 2008

◆G6−4T◆
3ゲーム差で迎えた首位攻防戦の第1ラウンド、先手を取ったのは巨人。2回、一死からマッスル千代の富士がヒットで出ると、二死後、坂本がレフトオーバーの先制タイムリー三塁打。4回には二死走者なしから連続四球で一、二塁とした所でまたも坂本が左中間突破のタイムリー二塁打を放ち、二者生還。3点を追う阪神は5回、一死三塁から代打・葛城イクローの犠飛でまず1点。その裏、鈴木尚の2号ソロで突き放されるも、直後の6回、二死三塁から関本がセンター前へタイムリー。更に、関本が二盗を決めた後、林もタイムリーを放って、1点差。しかし、7回、巨人はヒットの鈴木尚を脇谷が送った所でガッツが通算300号となる30号2ランを叩き込み、貴重な2点を追加。阪神は直後の8回、ゼブラ今岡の5号ソロで応戦するも、反撃もここまで。巨人は山口−クルーンと繋いで逃げ切り、8連勝を飾った。

最下位横浜相手に久保や東野を使う事で、無理矢理この天王山に照準を合わせてきたグライシンガー。中8日と登板間隔が空き過ぎた事が逆に裏目に出ないとも危惧されたが、7回を3失点で切り抜け、ハーラー独走の16勝目。最後を締めたクルーンもリーグ単独トップに踊り出る36セーブ目をマーク。打っては坂本が3安打3打点の大活躍。ガッツにもダメ押しとなるメモリアルアーチが飛び出すなど、万全の試合運びで連勝を伸ばした巨人はいよいよ阪神との差は2ゲームにまで縮まった。阪神は勝ち頭の安藤が4回KO。キュラソ星人,鳥谷の4,5番がブレーキとなるなど、どうにも流れが悪かった。

◆C7−1D
同率3位同士の対決となったこの試合。中日が初回、シーボルのタイムリーエラーでタナボタの先制点をゲット。その裏、広島は二死満塁とし、打席にはシーボル。汚名返上のチャンスだったが、シーボルはセンターへ打ち上げ、三者残塁。しかし、3回、広島は二死からオチョアがヒットで出ると、続く栗原が19号2ランを叩き込み、逆転に成功。続く4回にはシーボルがようやく名誉挽回の11号ソロを放つと、一死満塁から天谷の犠飛でこの回2点。勢い付く広島は6回には代打・喜田が4号ソロ,7回にはシーボル,梵の連続タイムリー二塁打でダメ押し。これで広島は単独3位に浮上。中日は借金を抱える形で4年4ヶ月ぶりの4位転落となった。

4位転落の危機を何度となく踏み留まってきた中日だったが、ついにその時が来てしまった。先制点を奪いながら、スミ1の拙攻。25日ぶりの先発となった中田は4回もたずにKOの体たらくだった。広島は偽ハンカチ王子・斉藤が6回を自責0の好投で3連勝。再昇格となったシーボルはいきなりの先制エラーにチャンスブレイクとやきもきさせたが、2安打2打点で何とか帳尻を合わせた。しかし、求道者・前田はまたもフル欠場。この日も嶋が3タコと調子を落としているだけに、スタメン起用を図っても何ら不思議ではないのだが、どうせブラウン監督は嶋を外した場合も天谷,赤松を同時に出す事しか考えないのだろう。同胞・シーボルには何度となくチャンスを与えるが、求道者・前田にはピンチしか与えない。この儘、広島が3位に踏み留まる事が果たして、チームの将来の為にプラスに働くと言えるのだろうか…。

カリメロ◆S6−2YB◆
左肘痛により、長らくリハビリモードだったカリメロが4月1日以来となる先発マウンド。初回に内川のタイムリー二塁打で先制点を貰ったカリメロだが、その裏、二死二塁から畠山にタイムリーを浴び、同点。3回には一死一塁から連続四死球で満塁のピンチ。ここで福地は三振に斬って取ると、続く宮本をショートゴロに打ち取り、ピンチ脱出…と思いきや、これを石川がエラーし、勝ち越し点を献上。直後の4回、村田のタイムリー二塁打で同点として貰ったのも束の間、その裏、一死一、三塁とまたまたピンチ。ここで川島慶がスクイズを仕掛けるが、カリメロは素早く処理し、三塁走者・福川を刺す好プレー。続く飯原に内野安打を許し、満塁となるが、畠山をライトフライに打ちとって、チェンジ…と思いきや、これを雨が目に入ったか、吉村のよもやの落球により、一気に二者生還。続く福地にも走者一掃のタイムリー二塁打を浴びた所で失意のKO。試合は5回が終了した所で強くなった雨の影響でコールドゲームとなった。

久々に登板となったカリメロだったが、自責点1ながら、失点は6と相次ぐタイムリーエラーで足を引っ張られ、今季初白星ならず。来年も現役で頑張って欲しいだけに、何とか残り少ない試合で結果を残して欲しい所。4点差つけられたとは言え、内川,村田が当たっていただけに、5回コールド負けと悔しい結果となった横浜はこれで5連敗。ヤクルトは接戦続きでリリーフ陣に負担がかかっていた状況下、ダグラス一人で済んだとあって恵みの雨となった。

◆M1−1E
初回、二死二塁のチャンスを逃した楽天は続く2回にも無死一、二塁のチャンスを作りながら、嶋のゲッツー等で潰してしまうと、3回には一死から中村を三塁打で出しながら、後続を断たれる拙攻三昧。しかし、続く4回、先頭の青波の長瀬の9号ソロでようやく1点を先制。しかし、5回、先発・片山が突如、制球を乱し、1安打2四球で一死満塁のピンチを迎えると、オーティズに押し出し四球を許して、同点。なおも満塁のピンチだったが、ズレータ,大松と打ち取って、1点止まり。ここで雨により、中断となり、その儘、コールドゲームが成立した。

片山はあと2人を抑えていれば、コールドで逃げ切れただけに、正に痛恨の押し出しとなってしまった。残り試合が僅かとなってきている状態で最下位脱出に望みを繋ぎたい楽天にとっては、何とも痛いドロー。一方、タナボタで滑り込みの同点劇となったロッテは4位転落の危機を辛くも免れた訳だが、あと一本が実質上、サヨナラ打に値するものだっただけに単独3位浮上のチャンスを逃したとも言える展開だった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:33コメント(0)トラックバック(21) 

September 12, 2008

◆G11−7S◆
悪夢の3連続サヨナラ負けを喫し、Aクラス入りに黄信号が灯るヤクルトは初回。、一死一、二塁から畠山のタイムリーで先制すると、続く飯原が走者一掃のタイムリー三塁打。更に、田中が3号2ランを叩き込み、いきなり5点のビッグイニングを形成。しかし、巨人はその裏、ガッツのタイムリー二塁打,寿司職人ラミレスの37号2ランであっさり3点を返すと、3回にはガッツの犠飛で1点差。そして、5回にはまたまたガッツが29号2ランを叩き込んで、ついに逆転に成功。5点差を跳ね返されたヤクルトは直後の6回、一死から飯原,田中の連続二塁打で追い着き、内海をKO。更に、二死一、二塁となった所で3番手・山口から代打・川本がタイムリー内野安打を浴びせて、勝ち越し。再び追いかける展開となった巨人だが、その裏、二死一塁から3ヶ月ぶりにスタメンに抜擢された脇谷が今季初アーチとなる逆転2ラン。続く7回には一死二、三塁から代打・松田記者が9号3ランを叩き込み、4点差。ヤクルトは8回、4番手・豊田に対して、二死一、二塁のチャンスを掴むが、福地が三振に倒れて、二者残塁。最後は今季初登板となる5番手・久保の前に三者三振を喫し、4連敗となった。

内海が初回から5失点と言う衝撃的な幕開けとなったが、終わってみれば、巨人が4点差をつけて快勝。寿司職人ラミレス,ガッツばかりか、脇谷にまでアーチが飛び出す一発攻勢は何とも巨人らしかった。3番手・山口は一時は勝ち越し点を許しながらも、またまた白星が転がり込んで、とうとう10勝目。中継ぎとは言え、新人王の可能性は十二分に出てきた。それにしても、3戦連続サヨナラ負けの次は5点差を逆転負けとはヤクルトも不憫である。

◆YB7−1
中日は初回から一死満塁のチャンスをベンちゃんがゲッツーで潰す最悪の立ち上がり。一方、横浜もその裏、一死満塁のチャンスを吉村,メカゴジラの連続三振で潰してしまうが、続く2回、二死二塁から石川,石井タクローの連続タイムリーで2点を先制。4回に武山の捕逸で1点を返されるが、5回、無死二塁から村田が36号2ラン。6回には代打・鈴木なおのりが今季初アーチを叩き込むと、7回には村田,吉村と連続アーチと一発攻勢で突き放した。投げては先発・ウッドが6回を1失点で切り抜けると、7回以降は3人のリリーフ陣が無失点で繋いで逃げ切った。

再三再四チャンスを掴みながら、タイムリーは1本も出ずの大惨敗と川相不在の弊害を大露呈した中日。先発転向後、2連勝だった期待の新星・清水昭も5回4失点KOの乱調だった。一方、開幕からローテを守っているが守っているだけのウッドは6回を自責0で7月25日以来の3勝目。打っては主砲・村田が2打席連発でついに寿司職人ラミレスに並んでホームランキング争いでトップに立った。

◆T0−4C◆
広島は2回、先頭の栗原がセンター前に弾き返すと、嶋が歩いて、無死一、二塁。ここで石原がライト前へタイムリーを放ち、栗原が先制のホームイン。更に、続く喜田がライトスタンドへ3号3ランを叩き込み、この回、4点。その裏、阪神は2つの四球で一、二塁とするも、投手の安藤に回ってしまい、二者残塁。5回には喜田の立て続けのエラー等で一死満塁のチャンスを掴むが、キュラソ星人はセカンドゴロゲッツーに倒れる最悪の展開。安藤は3回以降立ち直り、8回から登板のアポリー中尉も2回をパーフェクトリリーフの好投を見せたが、阪神は6回以降、ノーヒットに終わり、完封リレーを喫した。

ワンチャンスをものにした広島が首位いじめに成功。喜田はエラーを連発しながらも、2試合連発アーチで最多勝に望みを繋ぎたかった安藤を粉砕。偽ハンカチ王子・斉藤は7回を4安打2失点の好投で2勝目をマーク。これで広島は3位中日に1差と肉迫した。阪神は3戦連続サヨナラ勝ちの勢いを見事に止められてしまった。巨人との差はまだ5差あるが、まだまだ予断を許さない戦いが続きそうだ。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:46コメント(0)トラックバック(5) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ