押本健彦

June 01, 2007

◆S5−3Bs◆
偽バファローズは2回、牛込氏に「無理に決まってますよ! 夢よ、もう一度って事だろうけど、そんな選手が通用するほど、日本の野球は甘くないですよ」と酷評されたローズが2試合連続の18号ソロを叩き込み、先制するも、ヤクルトがその裏、猛攻を開始。一死一、二塁から米野の走者一掃タイムリー二塁打であっさり逆転すると、更に、二死満塁とした所で寿司職人ラミレスが走者一掃のタイムリー二塁打を浴びせて、この回、大量5点で先発・吉井をKO。4点を追う偽バファローズは4回、代打・水口のタイムリーで1点を返すと、6回にはラロッカが18号ソロを放り込み、2点差。ヤクルトは7回から先発・石井一を下ろして、継投モードに切り替えると、遠藤−木田−高津が1回ずつを無難に抑えて、逃げ切りに成功。石井一は約1ヶ月ぶりの4勝目。偽バファローズは7連勝の後、3連敗。

◆YB3−5F◆
初回から村田のタイムリーで先制された日本ハムは2回二死二、三塁,3回一死一、三塁,4回二死満塁と再三のチャンスにあと一本が出ない拙攻続き。しかし、5回、一死から三塁打の田中賢を稲葉のレフトフライで返して、ようやく同点。更に、青波の長瀬が歩いた亜、小谷野がレフトスタンドに2号2ランを運んで勝ち越しに成功。2点を追う横浜はその裏、二死一、二塁のチャンスにメカゴジラが走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、一気に同点。3−3の儘、迎えた8回、日本ハムは青波の長瀬,小谷野と連打を浴びせると、一死後、代打・小田が歩いて満塁となった所で金子誠がレフト前へ弾き返して、均衡を破る4点目をゲット。9回にも高宮の暴投でダメ押しの1点を加えると、最後は守護神・MICHEALが3人で仕留めて、逃げ切った。先発のルーキー・吉川は5回途中でKOとなったが、2番手の押本が2回1/3を抑える好リリーフを見せ、今季初勝利。チームはこれで9連勝となった。敗れた横浜は4連敗で5位転落。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 20:29コメント(0)トラックバック(12) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ