帆足和幸

July 03, 2010

◆G2−8T◆
0−0で迎えた3回、巨人は先頭の江戸川が4号先制アーチ。更に、藤井の二塁打,ガッツの四球で二死一、三塁とチャンスを広げるが、寿司職人ラミレスがサードゴロに終わり、1点止まり。直後の4回、阪神は先頭の新井がヒットで出ると、ブラゼルがライトスタンドへ2試合連続の28号逆転2ラン。更に、一死後、浅井の二塁打,桜井の死球で一、二塁とすると、二死後、鳥谷も2戦連発となる9号3ランをぶち込んで、この回大量5点のビッグイニングを形成。これで流れを一気に引き寄せた阪神は6回には投手の鶴がタイムリー内野安打。8回にはJ.マッケンジーが14号ソロ,9回にもJ.マッケンジーがタイムリー二塁打と着々と加点し、巨人を突き放した。先発・鶴は6回途中でKOとなったものの、打線の援護にも恵まれ、2勝目をマークした。巨人はこれで3連敗。

◆S4−2D◆
地元秋田での凱旋登板となったヤクルト先発・石川は1,2回と三者凡退に斬って取る上々の滑り出し。更に、その裏、二死一、三塁の場面で打席に入った石川は自らセンター前へタイムリーを放ち、1点を先制。一方、ゴーグルで照明の光を反射させて打者の目を眩ませでもしないと到底通用しない四流投手などと言う言いがかり極まりない水島の呪いを受けている中日先発・山井は立ち上がりからピリッとせず、先制点を許した直後の3回にも四球を連発して、満塁のピンチ。ここは何とか切り抜けたものの、続く4回にも一死一塁から2四球で二死満塁とピンチを広げた挙げ句、ガイエルに押し出し四球を許して、2点目を献上。追いかける中日は6回、堂上直,代打・松井佑と連打を浴びせると、荒木が送って二、三塁。二死後、暴投で1点を返すと、森野がタイムリーを放って、ついに同点。7回には一死一、二塁,8回にも一死二塁のチャンスを掴みながら、勝ち越せなかった中日はその裏、4番手・浅尾が二死一、二塁からホワイトセルに走者一掃のタイムリー二塁打を浴びて、勝ち越し点を献上。最後は守護神・林が3人でピシャリと締めて、中日の反撃を断ちきった。3番手のマツ・オカは1回を無失点に抑えて、2勝目

◆C−YB◆
降雨中止。

◆H3−1Bs◆
初回、ソフトバンクは先頭の川崎がヒットで出るも、本多のバントが小フライとなって、最悪のゲッツー。この後、オーティズが二塁打を放つと言うチグハグな展開で結局、無得点。すると、直後の2回、偽バファローズはカブレラ,ティー岡田の連打で二、三塁とした所で北川がレフトへ先制犠飛。1点を追うソフトバンクは3回、先頭の田上がレフトスタンドへ3号ソロを放ち、同点。1−1の儘、迎えた7回、ソフトバンクは一死から松田の四球,長谷川のヒットで一、三塁とすると、田上のショートゴロの間に松田が勝ち越しのホームイン。続く8回には一死からオーティズが19号ソロわ叩き込み、ダメ押し。9回は守護神・馬原が締め括った。先発の和田は7回1失点でハーラー単独トップの11勝目を飾った

7/3ダルビッシュ◆E1−2F◆
日本ハムは初回、ヒットの田中が犠打と内野ゴロで三塁へ進むと、小谷野が歩いて、一、三塁となった所で糸井,ミスタースナイパー・坪井と連続タイムリーが飛び出し、2点を先制。日本ハム先発・ダルビッシュは立ち上がり、制球に苦しみながらも、無失点で凌いでいたが、4回、一死からルイーズに痛打されると、二死二塁となった所でリンデンにタイムリーを許し、1点差。一方、楽天先発・永井は2回以降は付け入る隙を許さぬ好投で追加点を与えない。1−2の儘、迎えた土壇場9回、楽天は二死から山崎が二塁打を放ち、一打同点のチャンスで、この日タイムリーを放っているリンデンに期待が懸かったが、三振に倒れて、万事休す。ダルビッシュは10三振を奪っての1失点完投で8勝目をマークした

 

◆M2−7L◆
開幕からの連勝が止まり、勢いも止まってしまったロッテ先発・マーフィーに対し、西武は2回、高山の四球,平尾のヒットで一死一、三塁とすると、佐藤がライトへ犠飛を打ち上げ、1点を先制。続く3回にも一死一、三塁とすると、今季初の4番に入った中島がセンターへ犠飛を放ち、2点目。5回には二死走者なしから中島がレフトスタンドへ12号ソロをぶち込むと、高山の二塁打の後、ブラウン,平尾と連続アーチを叩き込み、マーフィーはこの回限りでKO。ロッテは3回を除いて、毎回ヒットを浴びせながら、3併殺10残塁の大拙攻で2点しか奪えなかった。西武の連敗は4でストップ。先発・帆足は7回1/3を2失点で切り抜け、8勝目

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:42コメント(0)トラックバック(10) 

May 09, 2010

◆YB5−7G◆
開幕5連敗中の横浜先発・ランドルフが初回から大炎上。先頭の坂本に痛打されると、カスティーヨのエラーに足を引っ張られた後、ガッツにタイムリーを浴び、先制点を献上。更に、ここから寿司職人ラミレスに球団通算9000号となる12号3ラン,阿部に7号ソロと連続被弾でいきなりの5失点。一方、戦列復帰後、開幕当初のキレが感じられない内海に対し、横浜はその裏、1点を返すと、3回には武山の三塁打の後、ランドルフが自らタイムリー。4回にはカスティーヨがエラーの汚名を返上する5号ソロを放り込み、2点差まで追い上げる。しかし、直後の5回、巨人は2年ぶりスタメンに抜擢された矢野が今季初打点となるタイムリー二塁打を放ち、2点を追加。粘る横浜は6回無死一、二塁のチャンスは逃したものの、7回、坂本のこの日2つ目のエラーの後、代打・井手がタイムリー二塁打。更に、石川が送った後、早川もタイムリーを浴びせて、再び点差を2点にまで縮めるが、反撃もここまで。8回からは山口−クルーンと繋ぐリレーの前にノーヒットに抑え込まれた。内海は5回降板となったが、リリーフ陣の援護を仰いで開幕5連勝をマークした

◆D0−9S◆
壊滅的貧打で投手陣を見殺しにする日々が続いているヤクルトだが、この日は初回から11打席ノーヒットの福地,ここ5試合で僅か2安打の田中が連打を浴びせると、13打席ノーヒットの青木のショートゴロの間に先制。更に、15試合ノーアーチのデントナが7号2ランを叩き込むと、25打席ノーヒットと大スランプのガイエルにも10号ソロが飛び出して、この回4点。3回には一死一、二塁からガイエルが4月25日以来のマルチ安打となるタイムリーを放つと、宮本が内野安打で繋いで満塁となった所で藤本が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、この回も4点追加。続く4回には一死二塁から青木が16打席ぶりのヒットとなる内野安打を放つと、デントナが犠飛を打ち上げ、9点目。投げては村中−マツ・オカと繋いで、最後は連敗中、全く出番がなく、8日ぶりの登板となった守護神・林が3人で締めて、完封リレー。これまでの鬱憤を晴らす投打噛み合っての快勝で連敗を6でストップさせた。村中は7回無失点で3勝目

◆T4−3C◆
好調の広島先発・前田健に対し、阪神は2回、ブラゼルがレフトスタンドへ10号ソロを叩き込み、1点を先制。ブラゼルは4回にも今度はライトスタンドへ2打席連続となる11号ソロを放り込み、1点を追加。2点を追う広島は5回、阪神先発・鶴に対し、前田健がブラゼルのエラーで出ると、一死後、梵の二塁打に桜井のエラーが重なり、まず1点。更に、二死後、栗原のタイムリー二塁打で試合は振り出しに。2−2で迎えた7回、阪神はまたもブラゼルがヒットを放つと、一死後、葛城イクローが歩いて一、二塁。ここで連続試合出場記録更新の為に登場の代打・キュラソ星人はセンターへ打ち上げるが、続くマット・マートンが走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、2点を勝ち越し。粘る広島は直後の8回、この回から登板の久保田から栗原の四球,赤松のヒットで二死一、三塁のチャンス。ここで阪神は早くも守護神・藤川球を投入するが、満を持して代打に起用された求道者・前田がライト前へ会心のタイムリーを浴びせて、1点差。しかし、続く代打・岩本はピッチャーゴロに打ち取られ、同点ならず。広島は9回にも二死一、二塁と一打同点のチャンスを作り、藤川球を追い詰めたが、最後はフィオがこの日3個目の三振を喫して、ゲームセット。7回に登板し、三者凡退に仕留めq阪神2番手・西村に無傷の4勝目がついた

◆H1−4L◆
2回、内野ゴロの間に先制された西武だが、直後の3回、二死走者なしから片岡が同点3号ソロ。5回には一死から阿部,細川の連打で一、二塁とした所で大崎がレフト前へタイムリーを放ち、勝ち越しに成功。続く5回には二死走者なしから、高山のヒット,佐藤の四球で一、二塁とした所で阿部が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、4点目。ソフトバンクは土壇場9回、守護神・シコースキーから一死一、二塁と一発同点の場面を築いたが、高谷,川崎と打ち上げて、万事休す。西武先発の帆足は8回を散発4安打1失点の好投で5勝目を飾った

5/9ブラウン◆F7−3E◆
初回、一死から劇団ひちょり,稲葉の連続二塁打で先制した日本ハムは更に、二死後、あの男によもやのタイムリーが飛び出して、2点目。直後の2回、楽天はフィリップスの四球の後、山崎,中村,紀,嶋と3連打を浴びせて、1点。なおも無死満塁と一打逆転のチャンスは続いたが、牧田は浅いライトフライ,聖沢は最悪のショートゴロゲッツーに終わり、1点止まり。突き放したい日本ハムは4回、鶴岡の二塁打等で二死満塁とするも、田中がレフトへ打ち上げ、三者残塁。5回に1点ずつ取り合って迎えた7回、楽天は2四球で二死一、二塁とした所でフィリップスに2打席連続のタイムリーが飛び出し、ついに同点。しかし、それも束の間、その裏、日本ハムは二死満塁から高橋に2号勝ち越しグランドスラムが飛び出し、楽天先発・田中をKO。これで戦意喪失となった楽天は8,9回とあえなく無得点に終わり、今季3度目の4連敗。この試合、5回にブラウン監督が本塁上のクロスプレーの判定に不服を漏らし、通算10度目の退場処分。広島監督時代の退場試合は7勝1敗と無類の強さを発揮していたが、楽天移籍後は2戦2敗と、むしろ退場は縁起の悪いものとなっている。尚、一時は同点タイムリーを許した日本ハム5番手の谷元に今季初勝利が転がり込んだ

◆Bs11−7M◆
3回まで両軍無得点と静かな立ち上がりとなったが、4回からは突如、乱打戦に変貌。バルディリス,山崎浩のタイムリー等で3点を先制した偽バファローズは5回に1点を返されるも、その裏、バルディリスの2号2ラン等で3点を追加。ロッテは6回にサブローの6号2ラン,今江のタイムリーで3点を返し、応戦するが、その裏、偽バファローズは赤田の6号2ランでまず2点。更に、二死後、5連打を浴びせて、この回一挙5点を獲得。それでも食い下がるロッテは8回、二死走者なしから4連打で1点を返すと、更に、荻野貴,井口と連続押し出し四球を選んで、4点差。なおも満塁と、一発が出れば一気に同点と言う場面で主砲・金を打席に迎えたが、金はどん詰まりのショートゴロに終わり、三者残塁。ロッテは9回にも一死満塁のチャンスを作る粘りを見せたが、今江,西岡と倒れて、あと一歩及ばなかった。偽バファローズ先発・木佐貫は6回途中4失点KOとなったが、打線に援護に恵まれ、3勝目

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 20:46コメント(0)トラックバック(29) 

April 18, 2010

◆S3−1G◆
立ち上がりこそ制球に苦しんでいたヤクルト先発・村中だが、初回のピンチを切り抜けると、以降は巨人打線に付け入る隙を許さず、6回まで毎回11個の三振を奪ってのノーヒットと言う快投を展開。一方、巨人先発・西村健も5回まで無失点と踏ん張っていたが、6回、ガッツのエラーで先頭打者を許すなど、一死一、二塁のピンチを背負うと、宮本にタイムリー,デントナに犠飛を許して、先制の2点を献上。7回二死から阿部の一打でようやくノーヒットを免れた巨人は8回、一死からエドガーのヒット,村中のエラーで一、二塁とした所で坂本がタイムリーを放ち、1点差。更に、代打・マッスル千代の富士が四球を選んで満塁と一打逆転のチャンスを作ったが、ガッツ,寿司職人ラミレスと頼みの3,4番が悉く打ち上げて、三者残塁。その裏、リリーフ再転向以来、無失点に抑えた事のない山口がガイエルにタイムリーを浴びて、致命的な3点目を献上。最後は守護神・林に三者凡退に仕留められ、地方球場での連勝は11でストップ。村中は8回を3安打1失点12三振の好投で2勝目を飾った

◆C4−2D◆
2日連続のサヨナラ負けと言う屈辱に見舞われた中日は今季初めて1番セカンド荒木,2番ショート井端と言う本来のアライバコンビが復活。2年越しで執拗に敢行しようとする落合監督の入れ替えコンバート及び1,2番コンビの破壊を阻止する為にも、何としてもこの形で結果を残したいアライバコンビは初回、四球で出た荒木を井端のタイムリー二塁打で返して先制すると言う最高の滑り出しを見せる。更に、森野も四球を選んだがブランコがショートゴロゲッツーに倒れる最悪の展開。ベンちゃんも四球で歩いて繋いだものの、野本はショートゴロに倒れて、結局1点止まり。4回にはブランコ,ベンちゃんと連打を浴びせるも、後続3人があえなく凡退。拙攻続きでなかなか追加点を奪えずにいた中日だが、6回、森野の二塁打等で一死満塁とした所で藤井がセンターへ犠飛を打ち上げ、ようやく2点目をゲット。しかし、その裏、プロ初勝利が視野に入ってきた事で堅くなったのか、先発・山内が一死から連続四球と突如、制球を乱して、KO。代わった平井は昨日のヒーロー・ルパン広瀬をセカンドゴロに打ち取るが、続く小窪にタイムリーを浴びて1点差。ここで代打として登場した求道者・前田の鋭い眼光に完全に呑まれてしまった平井は痛恨の暴投を犯して、試合は振り出しに。このまま、求道者・前田と勝負するのはあまりにも危険過ぎると勝負を避けた平井は続く代打・喜田を三振に斬って取り、何とか逆転は免れる。直後の7回、中日は一死から荒木がヒット,井端が四球とアライバコンビでチャンスを作るも、続く森野がショートゴロゲッツーに倒れる最悪の展開で無得点。すると、その裏、広島は二死一、二塁から代打・赤松が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、2点を勝ち越し。8回からは高橋−シュルツと繋いで、中日の反撃を断ち、3連戦3連勝。2番手の横山に今季初白星がついた

4/18金本◆YB4−8T◆
開幕以来危惧されていた歴史的事件がついに勃発した。右肩痛により攻守に精彩を欠いていたキュラソ星人がスタメンから外され、節目の1500試合に目前と迫っていた連続フルイニング出場記録が1492試合でストップしたのだ。相当な覚悟で不滅の世界記録を断絶させた以上は絶対に勝たなければならない…と言う重度のプレッシャーがかかってしまった阪神は通算勝利数の約1/3を稼がれている苦手・ハマのチンピラの前に3回までゼロ行進。先発・安藤は1,2回とノーヒットで切り抜けていたが、3回、先頭の橋本に初安打を浴びると、ハマのチンピラに犠打を許した後、石川,早川と連打を浴びて、2失点。直後の4回、阪神はブラゼル,桜井の連続タイムリー二塁打で同点とするが、5回、横浜はまたも早川が移籍初アーチとなる2ランを叩き込み、再び2点を勝ち越し。2点を追う阪神は直後の6回、二死走者なしから、またもブラゼル,桜井の連打で1点差。7回から早くもハマのチンピラがマウンドを降りた事で勝機が見えてきた阪神は8回、3番手・桑原謙に対し、鳥谷の四球,J.マッケンジーのヒットで一死一、二塁とすると、この日二塁打2本と当たっているブラゼルがライトスタンドへ7号3ランを叩き込み、一気に逆転。更に、二死二塁と追加点のチャンスを作った所でようやくキュラソ星人が実に11年ぶりとなる代打で登場し、辛くも連続試合出場記録をキープするが、結果は粘った末にセカンドゴロに終わり、追加点ならず。9回にもキュラソ星人に代わって4番に入った新井のタイムリー,J.マッケンジーの犠飛でダメ押し。最後はセーブのつかない場面ながら登場した守護神・藤川球が吉村,橋本と連続三振。最後は代打・藤田をレフトフライに仕留めて、ゲームセット。キュラソ星人を外す大英断を果たした試合を何とかものにした。3番手の西村は2勝目。

◆H1−0E◆
田中,大隣の両先発が息詰まる投手戦を展開。田中は5者連続三振を奪うなどソフトバンク打線を力でねじ伏せ、8回まで散発4安打無失点。一方、大隣は奪った三振は僅かに3つと田中とは対象的に打たせて取る投球で楽天打線を翻弄し、8回まで散発3安打無失点。0−0で迎えた土壇場9回、ソフトバンクは安定した投球を続けていた大隣をあえて引っ込め、摂津を投入する継投モードに切り替えるが、摂津は流れを変える事なくきっちり3人で打ち取り、サヨナラに望みを繋ぐ。するとその裏、依然として続投の田中に対し、ソフトバンクは先頭のオーティズが四球で出塁。代走・城所は二盗を敢行すると、嶋の悪送球の間に一気に三進。小久保が三振に倒れた後、明石がスクイズを仕掛けるが、スタートが遅れた城所は三本間に挟まれて、タッチアウト。この間に明石が二塁を陥れて、一塁が空いた事でハマのスペランカーが敬遠され、一、二塁となった所で松田の打球は左中間を深々と破り、二塁から明石が返って、劇的なサヨナラ勝ち。2番手・摂津に今季初勝利がついた。

◆M2−3Bs◆
何としても3タテは免れたい偽バファローズは先発・木佐貫が7戦連続2桁安打の好調ロッテ打線相手に5回まで僅か1安打に抑える好投を展開。肝心の打線がロッテ先発・渡辺俊の前に同じく5回まで1安打と封じ込まれてきたが、6回、坂口のヒット,カブレラの四球で二死一、二塁とした所でラロッカがレフト前へ弾き返して、ようやく1点を先制。しかし、その裏、ロッテは二死二塁からチーム唯一のヒットを放っている金がレフト前へタイムリーを浴びせて、あっさり同点。追い付かれた偽バファローズは8回、一死からまたもラロッカがレフトスタンドへ5号ソロを叩き込み、勝ち越しに成功。更に、9回にもカブレラのタイムリーで貴重な1点を追加。その裏、守護神・レスターを投入し、逃げ切りを図る偽バファローズに対し、ロッテは先頭の代打・フクーラがヒット。二死後、西岡が四球を選ぶと、荻野貴がライト前へタイムリーを放ち、1点差。更に、井口が歩いて満塁のチャンスでこの日2安打の金にサヨナラ打の期待が懸かったが、ショートへのハーフライナーに終わり、あと一歩及ばず、連勝は5でストップ。木佐貫は8回を1失点、10三振を奪う力投で2勝目

◆L3−0F◆
糸井が左足内転筋痛でスタメンを外され、劇団ひちょりを今季初スタメンに起用した日本ハム。その劇団ひちょりは早速、第1打席で二塁打を浴びせるも、日本ハムが4回までに放った安打はこの1本のみでは如何ともし難い。味方の援護を待って粘りの投球を続けてきた武田勝だったが、4回、一死から中村に5号ソロを被弾し、ついに先制点を献上。6回には一死満塁のピンチを作って無念のKO。代わった武田久も高山に犠飛,後藤にタイムリーとピンチを凌げず、2失点。3点を追う日本ハムは7回、先頭の稲葉がヒットで出るも、ここでゲッツー量産マシンの名を欲しいままにするあの男がショートゴロゲッツー。この後、高橋がヒットを放つと言うチグハグな攻撃で無得点。8回にも二死走者なしから劇団ひちょりの死球,田中のヒットで一発が出れば同点と言う場面を作るも、反撃もここまで。飯山がショートゴロに終わり、二者残塁となると、9回は抑えのシコースキーの前に三者凡退に終わり、完封負け。西武先発・帆足は完封こそ逃したものの、8回を無四球無失点で2勝目をマークした

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:01コメント(0)トラックバック(58) 

April 04, 2010

◆C3−10G◆
泥沼の連敗ロードを何とか脱したい広島は立ち上がりからピリッとしない東野を攻め立て、2回に梵のタイムリーで2点を先取。しかし、3回まで1安打と好投していた小松が4回に突如、変調。無死一塁からガッツの2号2ランで追い付かれると、更に、江戸川に勝ち越しタイムリー二塁打,ルーキー・長野にプロ初アーチとなる2ランを被弾し、5失点。これで波に乗った巨人は5,6,7回と着実に1点ずつ加点。9回にもダメ押しの2点を加えて、計14安打10得点。東野は尻上がりに調子を上げ、7回3失点で今季初白星。これで巨人は4連勝、一方、広島は7連敗となった。それにしても、長野は松本からスタメンを奪う事はあるかもしれないと思っていたが、よもや亀井から奪う事になろうとは…。亀井は多少、不振に喘いでも、動じる事なく5番でフル出場させて欲しかっただけに、これでまた生え抜きのクリーンアップ育成が遠のいてしまうのではないかと言う不安がよぎる。

4/4伊藤◆D6−1T◆
巨人キラーとして大いに期待を寄せられる伊藤が先発登板。巨人が相手でない所為か、いきなり連打を浴びると、鳥谷に犠飛を許し、あっと言う間に先制点を献上。更に、絶不調のキュラソ星人にまで痛打されて、ピンチを広げたが、新井,J.マッケンジーと打ち取ると、7回までノーヒットに抑え込む快投を展開。一方、この日で600試合登板を迎えた下柳も2回に川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにベンちゃんに4号ソロを浴びたものの、7回まで追加点を許さない力投を見せる。しかし、8回から代わった久保田が大誤算。簡単に二死を取りながら、セサル,森野,ブランコと3連打で勝ち越し点を失うと、四球にエラーの後、谷繁に2点二塁打を浴びて、この回大量5失点で試合をぶち壊してしまった。伊藤は代打を出されて完投こそ逃したものの、8回を4安打1失点の好投でプロ初勝利を掴んだ

◆S1−2YB◆
ルーキー・加賀に対し、2回にガイエルの一発で先制したヤクルトだが、その後は走者を出しながらも、どうしてもあと一本が出ず、追加点を奪えない。村中は不甲斐ない味方打線にやきもきしながらも、5回までノーヒットピッチングを見せていたが、6回二死から内川を歩かせると、村田,スレッジと連続タイムリーを浴びて、一気に形勢逆転。リードされたヤクルトはこの後も再三チャンスを掴みながら、1つとしてモノに出来ず、このまま、1点差負け。4度も満塁のチャンスを逃すなど、16残塁の大拙攻が大きく響いた。横浜2番手・桑原謙は2年ぶりの白星。

◆E2−3H◆
0−0で迎えた3回、楽天は四球の宮出を嶋が送ると、二死後、鉄平のタイムリーで1点を先制。しかし、直後の4回、ソフトバンクは無死一、二塁から小久保が同点タイムリーを叩き出すと、一死後、ハマのスペランカーが犠飛を打ち上げ、勝ち越しに成功。6回にもエラーをきっかけにチャンスを作ると、松中にタイムリーが飛び出し、3点目。7回に満塁のピンチを凌いだ楽天はその裏、川崎のエラーで貰ったチャンスに鉄平,高須と連打を浴びせて、1点差。なおも無死一、二塁のチャンスだったが、ここで代わった摂津の前に後続3人があえなく凡退し、同点ならず。ソフトバンクは8回からファルケンボーグ−馬原と繋いで、1点のリードを守りきった。先発の大隣は7回途中まで2失点で今季初勝利。一方、楽天先発・田中は10安打を浴びながらも3点に抑え、最後まで投げきったものの、打線に見殺され、今季初黒星。

◆F0−4L◆
2回に細川のタイムリー二塁打で先制した西武は続く3回にはブラウンの4号2ランで3点目。4回までパーフェクトと沈黙していた日本ハムは4回、先頭の田中がチーム初安打。ここで陽はセカンドゴロに倒れるが、ショートからの送球を中村が落球。この後、稲葉がヒットで続いたが、続く高橋がショートゴロゲッツー。記録上、陽のセカンドゴロは併殺打扱いの為、普通ならありえない1イニング2併殺打が記録される事となった。これは史上4度目、パ・リーグでは実に48年ぶりの珍事。西武は6回にブラウンの2打席連続アーチが飛び出し、貴重な1点を追加。その裏、二死満塁のピンチを切り抜けた帆足はその儘、最後まで投げきり、完封で今季初勝利を飾った。

◆Bs4−10M◆
前回、好投を見せ、移籍初勝利を掴んだ木佐貫だが、この日は立ち上がりから乱調。初回から井口,サブローのタイムリーで2点を失うと、3回には5安打のつるべ打ちに遭い、大量5失点。これでも何故か続投の木佐貫は4,5回と抑えたものり、6回に大松に犠飛を許して、8失点KO。ロッテは7回にも4連打で2点を加えて、10点目。偽バファローズは赤田,カブレラと一発攻勢で追い上げたものの、焼け石に水だった。ロッテはこれで4連勝。先発の小野は7回まで2失点に抑え、今季初白星

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:56コメント(0)トラックバック(14) 

September 25, 2009

◆G3−2C◆
チームの優勝は決まったが、個人的な目標として4年連続2桁勝利を目指す内海が先発登板。2回に満塁のピンチを背負いながらも切り抜け、3回まで無失点と踏ん張っていたが、4回、マクレーンに16号ソロを被弾し、先制点を与えると、続く5回にはガッツのエラーに足を引っ張られた後、天谷にタイムリーを許し、2点目を献上。何とか内海を援護したい巨人は6回、先頭の坂本がセンターオーバーの二塁打。続く松本が送りバントを仕掛けると、坂本は打球を処理して飛び出した石原の代わりにルイスがベースカバーに入っていないと見るや、一気に本塁を陥れる好走塁。続く7回には二死走者なしから阿部が30号ソロを叩き込み、ついに同点。更に、8回には内海の代打・古城がヒットで出ると、代走・鈴木がすかさず二盗。ここで坂本が犠打を決めると、代打・大道のショートゴロが野選を誘い、勝ち越しに成功。土壇場9回、クルーンが登録抹消となった事で最後を任された豊田はいきなり石原に痛打されると、二死後、天谷を歩かせ、一、二塁のピンチ。しかし、最後はフィリップスを三振に斬って取り、辛くも逃げ切り。内海は粘りの投球で8回を2点に抑え、4年連続2桁勝利へリーチをかけた

◆D2−5T◆
0−0の儘、迎えた4回、阪神は先頭の平野が二塁打で出塁。鳥谷,キュラソ星人と倒れたものの、新井がレフト前へ弾き返して、1点を先制。続く5回にはブラゼルのヒット,桜井の死球の後、狩野が送ると、能見,浅井と連続タイムリーを浴びせて、2点を追加。更に、6回には二死一、二塁からまたも能見がタイムリーを放ち、4点目。中日先発・吉見はこの回限りでKOとなった。中日は7回、二死一、二塁から代打・ピンキー井上が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、ようやく2点を返すが、追い上げムードに水を差すかの様に9回に小林正が押し出し四球で5点目を献上。最後は藤川の前に3人で攻撃終了となった。能見は7回2失点で11勝目。打っても2安打2打点の活躍で3位死守に貢献した。尚、この日、ピンキー井上が今季限りでの現役引退を表明した。

9/25 館山◆S5−2YB◆
1ヶ月白星から遠ざかっている館山はこの日も立ち上がりからピリッとせず、初回2本のヒットで一死一、三塁のピンチを背負うと、村田のファーストゴロの間に先制点を献上。4回には一死一、二塁から吉村にタイムリーを浴び、2点目を献上。横浜先発・ランドルフの前に3回までノーヒットに抑え込まれていたヤクルトは4回、宮本,青木と連打を浴びせると、畠山が送った所でガイエルが走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、一気に同点。続く5回には館山が自らヒットを放ち、口火を切ると、一死後、田中が4号2ランを叩き込み、勝ち越しに成功。更に、6回にも相川のタイムリーで5点目を追加。館山は尻上がりに調子を上げていき、中盤以降は追加点を許さず、今季4度目の完投でハーラートップタイに並ぶ15勝目をマーク。敗れた横浜は今季の最下位が確定した。

◆H0−0F◆
日本ハムは初回にゲッツーでチャンスを潰したのを初め、2回無死一、二塁,4回無死二塁,5回一死二塁と再三再四のチャンスを悉く逃してしまう拙攻三昧。一方、ソフトバンクも日本ハム先発・藤井の前に6回まで3安打と沈黙するなど、一向に先手を取れない。0−0の儘、迎えた8回、ソフトバンクは一死から川崎の四球,オーティズの二塁打で二、三塁とすると、小久保が敬遠されて満塁のチャンス。しかし、松中,ハマのスペランカーと立て続けに内野フライを打ち上げて、三者残塁。土壇場9回にも一死一、二塁と一打サヨナラのチャンスを作るが、本多が最悪のピッチャーゴロゲッツーを食らい、試合は延長に突入。馬原−水田と繋いで、12回まで無失点と日本ハムの攻撃を凌ぎ、この試合の負けがなくなったソフトバンクは12回裏、二死一、三塁と最後のチャンスを掴んだものの、小久保が三振に倒れ、結局、両軍無得点の儘、ドローに終わった。

◆L7−1E◆
球団創立初優勝が視界に入ってきた楽天は田中を先発に立てる必勝体制で臨んだが、肝心の田中が精彩を欠く投球で初回から中村に43号2ランを被弾し、2失点。2,3回はヒットを浴びながらも切り抜けたが、4回、先頭の礒?に痛打された後、G.G.佐藤に23号2ランを被弾。6回には二死走者なしから片岡,栗山,中島と3連打を浴びて、5点目を失い、無念のKO。西武は8回に栗山のタイムリーでダメ押しの2点を追加。投げては楽天キラーの先発・帆足が1失点完投で9勝目をあげ、Aクラス浮上へ望みを繋いだ。

◆M6−0Bs◆
塁上を賑わせながら、なかなかあと一本が出ずにいたロッテだが、5回、一死二塁から塀内のタイムリーでようやく先取点をゲット。続く6回には連打と四球で無死満塁とすると、今江のタイムリー,角中の押し出し四球で2点を追加。なおも満塁の場面で早坂,西岡と連続犠飛を打ち上げて、この回4点。偽バファローズ先発・岸田はこの回限りで降板となった。ロッテは続く7回にも大松のタイムリーでダメ押しの6点目。先発・成瀬は散発2安打12三振と偽バファローズ打線を全く寄せ付けず、2年ぶりの完封で11勝目をあげた

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:38コメント(0)トラックバック(6) 

September 18, 2009

◆S2−10G◆
内海,村中の両先発の投げ合いで0−0の儘、試合は中盤へ突入。迎えた5回、巨人は中井のヒット,坂本の二塁打で一死二、三塁のチャンス。ここで早くも松本に代打・大道を送り込むが、あえなく三振。しかし、続くガッツがセンター前へ弾き返して、2点を先制。均衡を破り、流れを引き寄せた巨人は続く6回、松田記者のタイムリー二塁打,中井の犠飛で2点を追加し、村中をKO。7回には4連打で2点を追加し、なおも一、二塁の場面で阿部が捕手としては球団初の通算200号となる28号3ランを叩き込み、この回一挙5点。9回には亀井が23号ソロを放ち、ダメ押しの10点目。投げては内海が7回を投げ、代打・畠山のタイムリー二塁打による2点のみに抑え、通算50勝となる今季8勝目。巨人のマジックは2つ減って7となった。

◆D2−5YB◆
最早、逆転優勝を諦めたのか、来日初先発となる寝損,4年ぶりスタメンとなる前田と言うバッテリーで臨んだ中日。しかし、寝損は初回から一死二塁のピンチを背負うと、内川にタイムリーを許し、先制点を献上。2回にゲッツーの間に同点として貰ったのも束の間、3回、一死から投手のランドルフに二塁打を浴びると、二死後、山崎にタイムリーを浴びて、勝ち越し点を献上。続く4回には先頭のメカゴジラに10号ソロを被弾すると、一死後、連打と四球で満塁のピンチを作り、無念のKO。2番手・鈴木も代わりばな金城にタイムリーを浴びると、二死後、内川に押し出し四球を与えて、この回3失点。ランドルフの前に沈黙していた中日打線は8回から2番手・高崎に代わると、一死から四球とブランコ,ベンちゃんの連打で1点を奪い、高崎をKO。更に、代わった高宮から代打・立浪がヒットで続き、満塁と一発が出れば一気に逆転の大チャンス。しかし、初スタメンに起用されながら、ここまでノーヒットの中川が最悪のピッチャーゴロゲッツーに倒れて、1点止まり。9回にも二死一、二塁と一発で同点と言う場面で打点リーグトップの森野に回したものの、森野はレフトフライに倒れて、万事休す。2併殺10残塁の拙攻が響いて、痛い黒星となった。ランドルフは制球に苦しみながらも7回を1失点で切り抜け、4勝目

9/18 今井◆T4−5C◆
Aクラス浮上へ望みを繋ぐ為にも負けられない広島は2回、一死一塁から小窪のタイムリー二塁打で先制。阪神はその裏、先頭のキュラソ星人の19号ソロであっさり追い付くと、一死後、関本,桜井,狩野の3連打で勝ち越しに成功。しかし、直後の3回、広島は二死満塁のチャンスから能見の暴投で労せずして同点とすると、天谷が走者一掃のタイムリー三塁打を放ち、2点を勝ち越し。更に、続く小窪にもタイムリーが飛び出し、5点目を追加。3点を追う阪神は6回、先頭の鳥谷が四球を選ぶと、二死後、関本が2号2ランを叩き込み、1点差。続く桜井もヒットを放つが、ここで代わった3番手・横山の前に狩野が三振に倒れ、同点ならず。横山は7回もきっちり抑えると、8回にシュルツを挟み、最後は守護神・永川が三者三振の快投で締め括った。先発の今井は5回1/3を3失点でプロ初勝利

◆L6−0H◆
3回まで無失点と好投していたソフトバンク先発・ジャマーノだったが、4回、一死から中島に痛打されてからおかしくなり、中村にヒット,礒?にタイムリー二塁打を浴び、先制点を献上。続くG.G.佐藤にもタイムリーを浴びると、原にはスクイズを決められ、後藤を歩かせた所で上本にタイムリーを浴許して、5点を失い、あえなくKO。西武は7回にも片岡,栗山と連続二塁打でダメ押しの6点目を追加。西武先発・帆足は初回こそ連打を浴びたものの、2回以降は散発2安打無四球と二塁も踏ませぬ投球を見せ、4試合連続完投の完封で8勝目

◆E9−5M◆
初回、満塁のチャンスを逃してしまった楽天だが、続く2回、一死二、三塁から中村真が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、2点を先制。直後の3回、早川,大松のタイムリー二塁打で追い付かれるも、その裏、先頭の山崎武の36号ソロですかさず勝ち越し。更に、二死一塁からリンデンにも9号2ランが飛び出し、この回3点。この後も4回に山崎武のタイムリー,5回に渡辺直のタイムリー,そして6回にも草野,リンデンの連続タイムリー二塁打と着々と加点。ロッテは7回にフクーラの4号2ラン,8回に塀内の3号ソロで追い上げを見せたものの及ばず、今シーズンの負け越しが決定した。楽天先発・田中は7回を9安打5四死球で4失点と苦しみながらも10三振を奪う力投を見せ、打線の援護にも恵まれて、自己記録を更新する14勝目

◆Bs6−7F◆
2回に糸井,鶴岡のタイムリーで2点を先制された偽バファローズは4回、ローズの22号2ランで同点。2−2で迎えた7回、日本ハムは一死一、二塁から田中のタイムリーで勝ち越すと、二死後、稲葉がライトスタンドへ16号3ランを叩き込み、この回、一挙4点。これで決まったかと思いきや、その裏、偽バファローズはこの回から代わった林に対し、山崎浩,代打・迎のヒットでチャンスを作るとね北川の2号3ランであっと言う間に1点差。続く8回には後藤,阿部の連打で一、三塁とすると、一死後、山崎浩が同点犠飛を打ち上げ、試合は延長に突入。偽バファローズ先発・岸田は10回も続投し、三者凡退に斬って取ると、11回から新ストッパー・金子を投入するが、いきなり先頭のスレッジに22号ソロを被弾し、勝ち越し点を献上。10回から登板していた武田久は11回も無難に抑えて、2勝目をマーク。日本ハムのマジックは2つ減って12となった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:36コメント(0)トラックバック(8) 

May 23, 2009

◆E1−7G◆
楽天先発・岩隈に対して、巨人は3回、先頭の阿部が二塁打。続く脇谷がヘッポコバントをかました末に三振に倒れたものの、ここから坂本,工藤,ガッツの3連続タイムリーで一気に3点を先制。更に、寿司職人ラミレスがヒットで続くと、二死後、亀井にもタイムリーが飛び出し、この回、一挙4得点。7回には二死一塁から寿司職人ラミレスのタイムリー二塁打で1点を追加。岩隈は今季ワーストの5失点でこの回限りで降板となった。9回には亀井に2点二塁打が飛び出し、ダメ押し。未だに白星がないものの、WBC干され症候群から立ち直りの気配を見せる先発・内海は立ち上がりこそ苦しんだが、尻上がりに調子を上げて行き、7回まで無失点の好投を見せ、8度目の登板でようやく今季初白星

◆H5−4C◆
3回、満塁のピンチを切り抜けたソフトバンクはその裏、連打でチャンスを作ると、本多のファーストゴロの間に先制。更に、川崎が歩いた後、オーティズが走者一掃のタイムリー三塁打を浴びせると、松中もタイムリーで続き、この回一挙4点。4回に1点を返した広島は続く5回には赤松のタイムリー二塁打,梵の犠飛で2点を加え、1点差。突き放しておきたいソフトバンクは6回一死二、三塁のチャンスを作って、先発の偽ハンカチ王子・斉藤をKO。代わった梅津から代打・小斉が犠飛を打ち上げ、5点目。7回に嶋の今季初アーチで再び1点差とした広島は8回には二死から連打で二、三塁と一打逆転のチャンス。しかし、不振に喘ぐ主砲・栗原がセンターフライに倒れて、二者残塁。最後は馬原の前に反撃を断たれて、3連敗。ソフトバンク2番手の水田に2勝目がついた。

◆M2−1D◆
ロッテ先発・渡辺俊は3回までパーフェクトと素晴らしい立ち上がり。しかし、4回、先頭の井端に痛打されると、荒木に犠打を許した所で森野にタイムリー二塁打を浴び、先制点を献上。中日は更に、ブランコのヒットで一、三塁とチャンスを広げたが、ベンちゃん,デラロサと倒れて、二者残塁と川相不在が故の詰めの甘さを露呈。6回には二死満塁と追加点のチャンスを作るも、小山が三振に倒れて、三者残塁と川相不在が故の詰めの甘さを露呈。中日先発・ウッチャンは拙攻三昧で追加点を期待出来ない状況ながら、粘りの投球で7回まで無失点。しかし、8回、2番手・浅尾がいきなり井口に二塁打を浴びると、二死三塁となった所で暴投をかまして、むざむざ同点を許す体たらく。9回には3番手・平井が一死一、三塁のピンチを作ると、4番手・小林正が大松にタイムリーを浴び、悪夢のサヨナラ負け。好投のウッチャンはまたも打線に見殺しにされる憂き目に遭った。この絶望的な状況を打開する為にも一刻も早い名手・川相の現役復帰を待望する声は強まる一方だ

◆Bs3−7T
WBC干され症候群から未だに立ち直れない小松はこの日も立ち上がりから苦しい投球。初回にいきなりの3連打で先制を許すと、3回にはキュラソ星人にタイムリー二塁打,4回には林に被弾し、3失点。5回にフェルナンデスのタイムリー二塁打で負けは消して貰ったものの、5回限りで降板でまたも初白星ならず。3−3で迎えた7回、阪神はキュラソ星人,新井の連続タイムリーで2点を勝ち越し。続く8回には狩野がタイムリーを浴びせると、9回には新井の犠飛でダメ押し。その裏、セーブのつかない場面ながらも登板した藤川が代わりばな連打で無死一、三塁のピンチを作ったが、そこからラロッカ,下山と連続三振。最後は岡田をセカンドフライに打ち取り、ようやく連敗を5でストップさせた

5/23 中田◆F3−0S◆
入団早々、水島の呪いにかけられると言う不運極まりない状況に追い込まれ、1年目を完全に棒に振ってしまったトンガがイースタン二冠と言う堂々の実績を引っ提げて、ついにプロ初スタメン。2回一死一塁で迎えた初打席でレフト前へ弾き返して、嬉しいプロ初安打。この後、鶴岡のタイムリー,田中の犠飛,劇団ひちょりのタイムリーで日本ハムは3点を先制。3回以降、僅かに2安打と完全に沈黙してしまった日本ハムだが、ダルビッシュには3点あれば十二分だった。毎回走者を出しながらも、要所を締める丁寧な投球でヤクルト打線を翻弄したダルビッシュは今季2度目の完封で6連勝。ヤクルトは来日初先発のパレットが4回3失点で降板と期待を裏切った。尚、初打席こそヒットを放ったトンガだが、以降は三振,三振,ピッチャーゴロとさっぱりだった。

◆L10−6YB◆
昨日はメッタ打ちで惨敗を喫した西武だが、この日は初回から猛攻。いきなり片岡,栗山,中島の3連打で背戦意すると、G.G.佐藤にもタイムリーが飛び出し、この回2点。続く2回には栗山,中島,中村と3連続タイムリーで3点を追加。5,6回にも1点ずつ加え、大量7点のリード。7回にメカゴジラの2号2ランで2点を返されるも、その裏、佐藤,上本の連続タイムリー二塁打等で3点を加え、ダメ押しの10点目。横浜は金城,藤田の一発攻勢で追い上げたが、及ばなかった。西武先発・帆足は終盤、疲れが出たか、8回で4点を失ったが、大量援護に恵まれ、2勝目をマークした。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:17コメント(0)トラックバック(27) 

September 13, 2008

◆G9−8S◆
鈴木尚の先頭打者アーチで先制点を貰ったバーンサイドだったが、直後の2回、突如、制球を乱し、1安打2四死球で無死満塁のピンチ。ここで川島慶にも押し出し死球を食らわせ同点とされると、続く川本には犠飛を許して、勝ち越し点を献上。巨人はその裏、マッスル千代の富士の16号ソロ,阿部の16号ソロで逆転するが、4回、ヤクルトは川本のタイムリー二塁打で同点。追い着かれた巨人はその裏、一死満塁から坂本が勝ち越し2点タイムリーを放つと、二死後、鈴木尚が走者一掃のタイムリー三塁打を浴びせて、この回4点。しかし、粘るヤクルトは1点ずつ取り合って迎えた6回、田中の4号ソロ,福地の2打席連続8号3ランで一気に同点。更に、3連打で一死満塁と勝ち越しのチャンスを作るが、飯原はサードゴロ,田中はライトフライに倒れて、同点止まり。8−8の儘、迎えた8回、巨人は先頭の阿部がこの日2本目となる17号ソロを叩き込み、三たび勝ち越し。土壇場9回、満を持して登場した守護神・クルーンだったが、いきなり3連続四球を許して、無死満塁の大ピンチ。しかし、代打・ユウイチをファーストゴロに仕留めて、ようやく落ち着きを取り戻したか、続く福地を三振,宮本をショートゴロに打ち取って、辛くも凌ぎきった。

連日の一発攻勢で乱打を制し、巨人が3連勝。昨日に続いて、またまた白星が転がり込んできた山口の強運たるや恐るべし。クルーンが3連続四球をかました時にはどうなる事かと思ったが、よくもまぁ、あそこから凌いだものだ。これでクルーンは球団新記録の33セーブ目。敗れたヤクルトはこれで5連敗。ヤクルト打線も決して弱くはないのだが、いかんせん破壊力が違う訳で、巨人相手にノーガードの打ち合いを挑んではいかんだろう。田中や福地の短距離打者が必死こいて一発を放たなくてはいけない辺りが苦しい所だ…。

◆YB5−4D
中日は2回、先頭のベンちゃんがヒットで出るも、続く中村紀が最悪のサードゴロゲッツー。この後、デラロサ,谷繁と連打を浴びせるも、吉見がショートゴロで二者残塁と相変わらずのチグハグな攻撃を展開。すると、その裏、横浜は先頭の吉村が30号ソロを叩き込み、先制。しかし、直後の3回、中日は一死二、三塁からT.ウッズが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに32号3ランを場外にかっ飛ばし、逆転に成功。5回には桑原謙の暴投でタナボタの4点目を追加。3点を追う横浜は6回、先頭の石井タクローが内野安打で出ると、一死後、内川がタイムリー二塁打を放ち、2点を追加。8回には二死二塁から内川のタイムリーで1点差と詰め寄ると、続く村田が2試合連続となる38号2ランをぶち込んで、一気に逆転。最後ははーちゅんが二死一、二塁のピンチを背負いながらも、逃げ切った。

中日がまたまた一発依存症,タイムリー欠乏症を露呈し、逆転負けで貯金が消滅。山口が白星を稼ぎまくっている事で新人王に黄信号が灯っている吉見は6回途中降板でリリーフ陣に後を託したが、白星を消されてしまった。横浜は村田,吉村が連夜のアベックアーチで連勝。吉村は自己初の大台に到達し、村田はついに寿司職人ラミレスを抜いて、単独1位に躍り出た。

◆T1−0C◆
広島は初回、二死満塁のチャンスに石原がファーストライナーに倒れて、先制ならず。2回には小窪が四球で出るも、ルパン広瀬がゲッツーを食らうなど3人で攻撃終了。3回一死二塁,4回一死一、二塁のチャンスもモノに出来ず、一向に先制点を奪えない。しかし、先発・前田健が阪神打線を8回まで無失点に抑え込み、0−0の儘、土壇場9回へ突入。広島は鳥谷のエラー等で一死一、二塁とするも、小窪,代打・喜田と打ち上げて、二者残塁。その裏、2番手・シュルツも0点で切り抜けて、延長へもつれ込んだ。10回、阪神は先頭の葛城イクローがヒットで出塁。関本のバントはまともに転がってしまい、走者が入れ替わった所で矢野がレフトフェンス直撃の二塁打。嶋がもたついている間に関本は一気に本塁を陥れ、サヨナラ勝ちを収めた。

阪神が19イニングぶりの得点でまたまたサヨナラ勝ち。藤川はここ5試合で3勝の荒稼ぎだ。広島は序盤の拙攻が響き、好投の前田健を見殺し。と言うかり、前田健はまだ投げられた筈だ。もうシーズン終盤だと言うのに、ブラウン監督はいつまで球数制限などと言う縛りに固執するつもりなのか。阪神の様に同点でも必死こいて守護神を送り込み、是が非でも勝ちに行こうと言う様な姿勢をブラウン監督に期待するのは無理なのか。また、案の定、求道者・前田がフル欠場に追い込まれてしまったのも問題だ。0−0と言う試合展開では下手に一発でも打たれたら勝利の立役者になってしまう事を危惧したに違いない。まったく、この男は3位浮上や5割復帰よりも、求道者・前田をシメ倒す事の方が優先事項だってんだから、イカレている。それが逆に来季の続投条件を不成立に導く事に繋がろうとも、求道者・前田をシメ続けると言う固い信念は決して揺らぐ事はないのだろうか…。

◆M9−6H◆
初回、森本,ハマのスペランカーの連続二塁打で先制したソフトバンクは3回には一死一、三塁から松中の犠飛で2点目。しかし、その裏、ロッテは一死二、三塁からフクーラのセカンドゴロの間に1点を返すと、橋本が8号2ランを叩き込み、逆転。更に、続く大松にも22号ソロが飛び出し、この回4点。2点を追うソフトバンクは6回、オーティズのエラー,松中,大村の連打で満塁とし、成瀬をKOすると、代わった伊藤から松田が2点タイムリーを放ち、同点。更に、一死後、代打・柴原のヒットで再び満塁とするが、田上,本多と倒れて、三者残塁。しかし、その裏、ホールトンがサブロー,オーティズと被弾した上、早川を歩かせてKO。代わった三瀬も西岡にタイムリー二塁打を浴びて、この回3失点。ソフトバンクは田上の2号2ラン等で追い上げたものの、代打・ズレータのタイムリー二塁打等で突き放され、5位転落となった。

ロッテが逆転勝ちで連敗を3でストップさせ、ソフトバンクと入れ替わりで4位浮上。しかし、気がかりなのは成瀬。6回4失点降板で7月19日以来5試合白星なしとなり、2桁勝利はかなり厳しくなってきた。一方、ソフトバンクはホールトンが4発被弾と炎上。打線もロッテを上回る13安打を放ちながら、詰めの甘い攻撃が響いた。

◆F7−4Bs
4連勝中の偽バファローズは初回から二死満塁と絶好の先制チャンス。しかし、後藤がセカンドゴロに倒れ、三者残塁。すると、その裏、日本ハムは一死二、三塁から高橋が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、2点を先制。3回に稲葉が18号ソロを叩き込むと、続く4回には金子誠の2点タイムリー二塁打で5点目。更に、6回には小谷野のタイムリー,劇団ひちょりの押し出し四球で2点を追加。偽バファローズは8回にカブレラの犠飛,北川の12号3ランで4点を返すと、9回には2四球で二死一、二塁と一発が出れば同点と言う場面でカブレラに回したが、カブレラはレフトフライに倒れ、あと一歩及ばなかった。

2桁勝利を前にしながら、山本が2試合続けて早期KOされると、2番手・本柳も炎上。終盤、意地を見せたものの、届かずに偽バファローズの連勝は4でストップ。西武との差は再び5と拡大してしまった。日本ハムはコツコツと加点しながら、主導権を握り、5割復帰。グリンは7回無失点の好投で3連勝。

◆E0−12L◆
楽天先発・片山に対して、西武は初回、片岡が四球,栗山が内野安打で出ると、一死後、重盗を決めて二、三塁。ここで江藤が先制犠飛を打ち上げると、中村,高山と連続タイムリーを浴びせて、この回3点。2回途中から代わった小山の前に沈黙していた西武だったが、7回、一死から銀仁朗,佐藤の連打で一、三塁とすると、片岡が4号3ランを放り込み、一気に3点を追加。更に、8回に4連打等で4点を奪うと、9回には中村の39号ソロ等でダメ押しの2点を追加。投げては先発・帆足が楽天打線に付け入る隙を許さず、今季3度目の完封を達成した。

西武が打っては15安打12得点と打線爆発、投げては1ヶ月白星から遠ざかっていた帆足が散発3安打完封と、投打噛み合う圧勝でマジックを2つ減らして11とした。楽天は片山に早々と見切りをつけた所までは良かったが、小山を6イニングも引っ張ったのが裏目に出た。敗戦処理で出てきた長谷部も2回6失点の大炎上。最早、中継ぎとしても一軍に置いておけない状態だと思うのだが…。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:55コメント(0)トラックバック(26) 

August 10, 2008

◆H4−5E◆
0−0で迎えた4回、楽天はショート,フェルナンデスの連打で一、二塁とすると、山崎武の16号3ランで一気に3点を先制。岩隈の前に5回まで二塁も踏めずにいたソフトバンクだが、6回、中西の四球,塩川のエラーで無死一、二塁のチャンス。ここから本多,仲沢と倒れて、二死と追い込まれたが、松中がタイムリーを放って、中西が生還。なおも一、二塁のチャンスだったが、小久保はライトフライに倒れて、1点止まり。楽天は8回、4安打を集中し、2点を追加。土壇場9回、この回から来日初登板となった謎の新助っ人・グウィンに対して、ソフトバンクは二死走者なしから、長谷川のヒット,代打・明石の死球で一、二塁とした所で高谷,本多,代打・金子と3連続タイムリーで1点差と詰め寄り、グウィンをKO。代わった佐竹から松中が歩いて、満塁と一打サヨナラのチャンス。しかし、最後は6番手・木谷の前に小久保がショートゴロに終わり、万事休す。

最後の最後で粘りに粘ったソフトバンクだったが、あと一歩及ばず。満塁で小久保凡退なら、仕方ないと言うしかないが、それにしても、下位相手に痛い連敗だ。大隣も悪い内容ではなかったが、4回の対クリーンアップだけが悔やまれる。楽天は岩隈が7回1失点の好投でハーラー独走の15勝目をマークしたのは流石として、問題はストッパー候補として期待されていたグウィンだろう。簡単に二死を取ったまでは良かったが、そこから大炎上でKOと、今後に不安を残してしまった。

◆L11−2F
日本ハム先発のスーパーさぶ・多田野は初回は三者凡退に斬って取り、続く2回も簡単に二死を取ったが、ここから中村,礒?の連打で先制を許すと、3回には栗山に7号ソロを被弾。そして5回にはいきなり先頭の黒瀬にプロ初アーチを浴びると、一死後、栗山の二塁打と連続四球で満塁のピンチ。二死後、中村に27号グランドスラムを叩き込まれて、この回限りで失意のKO。止まらぬ西鉄打線は6回にはボカチカのタイムリー,7回には後藤の5号ソロ等で2点を加えると、更に、8回には松坂のタイムリー二塁打でダメ押しの11点目。投げては先発・帆足が8回を投げて、金子誠のタイムーによる1点のみに抑え、3年ぶりの2桁勝利をマークした。

西鉄が投打噛み合う万全の試合運びで眼下の敵・日本ハムを下し、着々と独走体勢を整えつつある。中島,G.G.佐藤の不在を全く感じさせない打線の爆発ぶりには恐れ入る。唐川が水島の呪いに苛まれている隙に新人王レースを優位に運びたい多田野だが、7失点の炎上で前回に続いて5回KO。呪われた助っ人・ボッツはよりにもよってスタメンで起用され、3度走者のいる場面で悉くチャンスを潰すなど、3三振を含む4タコの体たらく。折角、唐川が呪われていても、身内に呪われた存在がいては、優位になりようもないと言うものだ。

◆Bs6−0M◆
1,2回とゲッツーを食らうなど、攻めあぐねていた偽バファローズだが、4回、渡辺正のエラーとローズの四球で二死一、二塁とした所で日高が先制タイムリー。続く5回には二死二塁から塩崎,カブレラの連続タイムリーで2点を追加。更に、6回には坂口の2点タイムリー二塁打,7回には下山のタイムリーで6点目。先発・山本は中盤こそピンチを背負ったが、崩れる事なく、ロッテの反撃を断ちきり、8勝目を飾った。

序盤こそ手こずった偽バファローズだが、中盤以降は、作ったチャンスをきっちり生かして、着々と加点。投げては山本がロッテ打線を4安打に抑え込んでの今季2度目の完封勝利を果たし、偽バファローズはロッテと入れ替わりで4位に浮上。ロッテ先発・小林宏は制球に安定を欠き、6回途中5失点KOとまたもや背信投球でとうとう10敗目を喫してしまった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:40コメント(0)トラックバック(22) 

June 27, 2008

◆C6−1G◆
Aクラスなら確実、勝率5割でも検討の余地ありとの条件を出され、求道者・前田に引導を渡すべく続投へ意欲満々のブラウン監督は同一リーグ戦再開早々、求道者・前田をベンチに軟禁。難敵不在の広島相手に白星を掴みたいグライシンガーだったが、2回にシーボルに先制タイムリーを許すと、3回には栗原に8号3ランを叩き込まれ、5回にはバックに足を引っ張られて5点目を失い、この回限りで無念のKO。一方、広島先発・前田健は6回まで散発2安打と素晴らしい投球を展開。7回に阿部に7号ソロを浴びて降板したものの、リリーフを仰いで、2勝目をマークした。

前回の好投で二軍降格の危機を免れたかに思われたグライシンガーだが、またまた背信投球。ここ7戦で1勝5敗の体たらくで悠長にはしていられなくなってきた。とりあえず、ガッツがサードを守れない状態で、復調気配とは言え、李を上に上げられない状況であるのは僥倖と言えるだろう。さて、ブラウン監督の求道者・前田幽閉策はいよいよ本格化しそうな気配。ブラウン失脚の為、チーム一丸となって貯金阻止に走る様な事態になったらどうするつもりなんだ!? もう一人の「前田」こと前田健は7回1失点と前回に続く好投。いよいよ覚醒しつつあるのは喜ばしい限りだ。

◆YB1−2D
交流戦でもタイムリー欠乏症,一発依存症に好転の気配が見えなかった中日は同一リーグとの戦いが始まっても相変わらずで、初回からエラーで貰ったタナボタのチャンスを逃すと、2回一死二三塁,4回一死一、二塁のチャンスを悉く逃す拙攻三昧。しかし、再び威力を増してきた水島の呪いに苛まれる横浜も3回に満塁のチャンスを逃すなど、5回までに1併殺1走塁死6残塁と中日以上の大拙攻。投手戦でも貧打戦でもない拙攻戦は両軍無得点の儘、7回へ突入。中日は無失点投球の人斬り抜刀斎をついに引っ込めてまで投入された代打・立浪が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにライトスタンドへ今季初アーチを叩き込み、ついに待望の先制点をゲット。更に、この後、二死一、二塁のチャンスを作ったが、ベンちゃんは三振に倒れて、1点止まり。その裏、この回から代わった吉見に対して、ウチからのヒット,ビクビーの四球で一死一、二塁とした横浜だったが、ここから吉村,代打・メカゴジラと内野ゴロに仕留められ、同点ならず。土壇場9回、中日は二死二塁から代打・平田のどん詰まりの打球がセンター前にポトリと落ちる幸運なタイムリーとなり、貴重な1点を追加。その裏、守護神・岩瀬がいきなり代打・大西に被弾し、1点差とされたものの、後続を断って、逃げ切った。

怒濤の拙攻モードを繰り広げながら、人斬り抜刀斎の頑張り…と言うより、横浜が中日以上の拙攻を繰り広げてくれた事に救われた中日が何となく6連勝。6連勝中とはとても思えないこの勢いのなさは何だろう…。まぁ、相変わらずの一発依存とは言え、立浪の今季初アーチならば、とりあえず、よしとするか…。吉見の中継ぎ起用はローテに余裕の出来る交流戦仕様かと思われたが、今後もこういう使い方でいくのだろうか。ならば、岩田にも逆転新人王の勝機は出てくる…かも…。

◆H3−2E◆
ソフトバンク先発・大隣は初回、高須に2号ソロを被弾し、先制点を献上。グスマンの前に2回まで3人ずつで抑え込まれていたが、3回、長谷川の二塁打の後、松田が同点タイムリー。1−1の儘、迎えた6回、楽天は先頭のフェルナンデスが9号ソロを叩き込み、勝ち越すも、それも束の間、その裏、ソフトバンクは無死二、三塁から小久保が犠飛を打ち上げて、再び振り出しに。追い付かれた楽天は8回、2番手・久米を攻め、無死満塁のチャンスを掴むも、ここで代わったニコースキーの前に後続3人が倒れて、三者残塁。土壇場9回、ソフトバンクは二死走者なしから松田が四球を選ぶと、山崎がライト前に弾き返して、一、三塁。ここで本多がセンター前へタイムリーを放ち、今季7度目のサヨナラ勝ちを収めた。

交流戦初優勝を飾ったソフトバンク。その勢いがこの中休みで止まってしまわないかと心配された矢先に川崎がノックで右手親指打撲のアクシデントに見舞われてしまった。しかし、川崎は気力の強行出場を果たし、王さんが序盤から猛抗議を見せるなど勝利への執念をチーム一丸となって燃やし、サヨナラと言う最高の形での白星スタートとなった。久米が思わぬ乱調で作ったピンチをニコースキーが見事に切り抜けたのが大きかった。

◆Bs3−4F
日本ハムは3回、二死走者なしから野手転向3年目の糸井がプロ初アーチを叩き込み、先制。5者連続三振を奪うなど、上々の滑り出しを見せていたダルビッシュだが、4回、先頭のカブレラに四球。ここからローズ,北川と連続三振に斬って取るも、日高に7号2ランをぶち込まれ、形勢逆転。1点を追う日本ハムは6回、二死から四球で出た田中がすかさず二盗を決めると、稲葉のタイムリーで同点のホームイン。8回には二死一、二塁からまたも稲葉がタイムリーを放ち、勝ち越しに成功。その裏、偽バファローズは二死満塁と一打逆転のチャンスを掴むも、北川がセンターへ打ち上げて、三者残塁。日本ハムは9回に金子誠のタイムリーで1点を追加。粘る偽バファローズはその裏、守護神・MICHAELに対して、一死から下山の5号ソロで1点差。更に、後藤のヒット,フェニックス一輝の四球で一、二塁と追い詰めたが、反撃もここまで。坂口はセカンドゴロに打ち取られると、村松は空振り三振に終わり、あと一歩及ばなかった。

偽バファローズがまたも貧打で6連敗。連敗中全て4点以内で踏ん張り、1点差が4試合,2点差が2試合と悉く接戦を逃している。一歩間違えば、6連勝出来たとも言える訳で、肝心な所での勝負弱さが大きく響いている。4回まで8個とハイペースで三振を奪ってきたダルビッシュだが、開幕直後の「ドカパロSS」的展開を想像してしまったのか、中盤から失速し、7回で降板となったのは残念。密かな大事件と言えば、ここまで打率.062,ヒットが四球より少ないと言う壊滅的不振に喘いでいた金子誠が何と!2本もヒットを放った事だろうか。

◆L4−1M◆
6連敗と言う最悪の形で交流戦を終えた西武はこの日も初回から里崎に被弾し、先制点を献上。しかし、その裏、ブラゼルの犠飛であっと言う間に追い付くと、3回には栗山の5号2ランで勝ち越し。5回にはブラゼルに18号ソロが飛び出し、成瀬をこの回限りでマウンドから引きずり下ろした。ロッテは2回以降、大きなチャンスも作れず、最後はグラマンに締められてのスミ1で4連敗。

連敗地獄に喘ぐ西武相手に表ローテで3タテと意気込んでいたロッテだが、ナイター14連勝中の成瀬が5回KOの大誤算。打線もスミ1の体たらくで、西武の連敗を止めたばかりか、自軍の連敗を伸ばしてしまった。西武は一発攻勢と帆足の好投で15日ぶりの白星となった。交流戦後の中休みがいい気分転換となったか、プラス方向に働いた様だ。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:45コメント(0)トラックバック(20) 

May 24, 2008

◆L4−2G◆
先発陣の崩壊が続く巨人だが、この日の先発・野間口も初回にガッツの犠飛で先制点を貰いながら、その裏、ブラゼルに犠飛を打ち上げられ、あっさり同点を許すと、4回にはG.G.佐藤,礒?と連続アーチを叩き込まれ、勝ち越しの2点を献上。更に、5回には中島に被弾。続く6回に先頭のG.G.佐藤に二塁打を浴びた所であえなくKOとなった。再三チャンスを作りながら、モノに出来ずにいた巨人は直後の6回、ボカチカのタイムリーエラーで1点を返し、更に、一死一、三塁とチャンスを広げるも、大道は浅めのセンターフライ,寺内はファーストゴロに打ち取られ、1点止まり。7,8回も先頭打者を出しながら、生かせない巨人は9回も二死から亀井がヒットで出たものの、坂本がショートゴロに倒れて、この2連戦2連敗となった。西武先発・帆足は無傷の5連勝。

大炎上…とまではいかないものの、野間口が4失点KO。巨人は5月11日以来、先発が勝っておらず、一向に先発陣立て直しの気配が見られない。打線もハマのチンピラのイカレた投球でゴンザレスが離脱してからさっぱり。代わりにセカンドに入っているキムタクも2戦無安打である。中途半端な状態で李が復帰したりする前に何とかゴンザレスには戻って来て貰いたいものだが、折角、助っ人枠が空いているならバーンサイドを昇格させてくれんだろうか…。

◆F11−1D
川相不在が故のタイムリー欠乏症,一発依存症は交流戦に入っても留まる所を知らない中日だが、事態の重さを全く理解していないのか、はたまた外部(茂雄)から圧力がかかっているのか、落合監督はまたもや川井を先発させてお茶を濁す事に…。しかし、カワイであって川相ではない川井にチームの空気を変える事は出来ないのは中日ナインも最早、重々承知しており、この日も初回から一死一、二塁のチャンスを逃す体たらく。しかも、その裏、川井が稲葉のタイムリー,高橋の4号2ランであっと言う間に3失点。4回に先頭の中村紀が四球を選ぶも、続くT.ウッズはサードゴロゲッツーに倒れる最悪の展開。ここでベンちゃんが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに6号ソロを叩き込み、ようやく1点を返したものの、その裏、川井は二死一、二塁のピンチを作ってKO。代わった朝倉は小谷野に走者一掃のタイムリー三塁打,更に、田中にもタイムリー二塁打を浴びて、この回3失点。これで完全に流れを引き寄せた日本ハムは6回に2点,7回にも3点を加えて、ダメ押し。中日は結局、ベンちゃんの一発のみに終わる大惨敗となった。

川相不在を川井投入で補填しようと言う落合監督の理不尽な策はまたもや失敗。川井自身もこれで5試合白星から遠ざかる事となった。打撃陣は交流戦に入ってから4試合で僅かに5点。しかも、タイムリーによるものは僅か1点と一発依存症,タイムリー欠乏症の深刻ぶりは誰の目にも明らかだと言うのに、何故、手を打たないのか。せめて交流戦仕様で立浪がスタメンで起用されれば…と思うのだが、出ずっぱりなのはデラロサで結果は12タコと来るから頭が痛い。立浪は交流戦でもこんな扱いとなると、不振から立ち直るきっかけを掴めない儘、今季限りの引退が見えてきて、非常に心配である。

◆H2−5T◆
0−0で迎えた3回、ソフトバンクは一死からヒットで出た長谷川を的山が送ると、本多がセンター前へ先制タイムリー。3回まで杉内の前にパーフェクトに抑え込まれていた阪神だが、4回、何故かスタメンを外されたシャア少佐に代わって、いきなり1番に起用されたバルディリスがチーム初安打を放つと、関本の犠打で二進。ここで新井が同点タイムリー二塁打。続くキュラソ星人が四球を選んで、一、二塁とチャンスを拡大させたものの、桜井,鳥谷と連続三振に倒れて、勝ち越しならず。追いつかれたソフトバンクは6回二死から松田が4号ソロを放り込み勝ち越しに成功。2−1の儘、迎えた土壇場9回、ホールトン投入で逃げ切りを図るソフトバンクに対し、阪神は鳥谷,フォードの連打で無死二、三塁。ここから代打・葛城イクロー,ジュビロ野口と連続三振を喫するも、藤本が四球で繋いで満塁となった所で、8回に代走から守備に入っていたシャア少佐がスタメンを外された鬱憤を晴らす2点タイムリーを放ち、逆転に成功。続く新井もタイムリーを放って、ダメ押しの2点を追加。最後は守護神・藤川が三者三振の快投で締め括った。

ソフトバンクは4連勝目前でホールトンが大誤算。完投出来たかは微妙だが、杉内はもう少し引っ張っても良かったんじゃなかろうか…。何にしてもクリーンアップが12タコで勝とうと言うのは虫のいい話か…。阪神は黒星2つ続いたウィリアムスが1度の充電が奏功したか、3人でピシャリの好投で今度は白星をゲット。1番にバルディリスが起用されていたのは何事かと思ったが、代走→守備→打撃と出ていた辺り、シャア少佐はケガした訳でもなかった様で…。最近、不振だった訳でもないし、イマイチ腑に落ちない。今回の決勝打で「興奮した。今までの野球人生でも何本かに入るヒット」と言っている所を見ると、スタメン落ちは何やらいわくがありそうで気になる。

◆Bs3−4C◆
虎視眈々と求道者・前田の幽閉を図る機会を狙っているブラウン監督は昨日、ノーヒットだった上に相手が左の山本だからと、またもや求道者・前田をベンチに軟禁。存在感だけで相手を威圧する求道者・前田を欠く苦しい展開を強いられた広島だが、初回、栗原のタイムリーで1点を先制。6回にはオチョアの7号2ランで3点目。6回まで散発2安打の好投を見せていた先発・ルイスだが、7回一死からカブレラに三塁打を浴びた後、ローズには12号2ランを叩き込まれ、1点差。しかし、直後の8回、広島は二塁打の小窪を赤松が送った後、東出がスクイズを決めて、貴重な1点を追加。土壇場9回、完投目前のルイスに対して、偽バファローズは坂口,村松と連打を浴びせて、KO。代わった永川からもカブレラにタイムリーを浴びせて、1点差。この後、一死満塁と一打サヨナラのチャンスを掴んだものの、日高,後藤と倒れて、三者残塁。偽バファローズはこれで最下位転落となった。ルイスはハーラートップタイの6勝目。

恐れていた通り、求道者・前田幽閉策が再発動。左相手だからと引っ込めておきながら、ちゃっかり嶋をスタメン起用しているのはどういう事だ! そんなに左対左を言い訳にするなら、オール右打線にしてみろってんだ! そんな感じながら、試合に勝ってしまったのは果たして幸なのか不幸なのか。フル欠場でも勝てたのだから、使う必要はない…などとぬかして、明日も求道者・前田を無為に外す暗黒采配が発動されるかもしれないと思うと気が気でない。一方、大石新政権は2戦連敗で最下位転落。コリンズ色を消そうと画策した村松と坂口を入れ替える新オーダーをたった1試合で辞めてしまうのもどうかと思うぞ…。

◆E2−1YB◆
かつての同僚・グスマンに対して、横浜は初回二死一、二塁,2回無死一、二塁と相次ぐ先制のチャンスに後が続かない。2回まで無失点に抑えていた小山田だが、3回、突如、制球を乱して、聖沢,渡辺直と連続四球を与えた所で負傷降板。急遽代わった2番手・高崎は聖沢を牽制で刺したものの、高須に四球。草野をサードゴロに打ち取ったかと思えば、これを村田がお手玉し、満塁となった所で、今度は山崎武にも四球を与えて、押し出しで先制点を献上。楽天は続く4回にフェルナンデス,鉄平,藤井の3連打で2点目を追加。更に、聖沢が送って、二、三塁とするも、渡辺直,高須と内野ゴロに倒れて、1点止まり。2点を追う横浜は7回一死から吉村が11号ソロを叩き込み、1点差。更に、二死一、二塁と一打同点のチャンスを作るも、ガッツな貴公子・仁志はショートゴロに倒れて、同点ならず。8回以降は川岸−有銘−小山と繋ぐ継投モードの前に一人の走者も出せず、あと1点が届かなかった。横浜はこれで5連敗。

一向に泥沼から抜け出せず、連敗ロード,最下位ロードを驀進する横浜。小山田のアクシデントがあったものの、次々に繰り出された投手陣は(高崎以外)頑張ったが、こういう時に打線が沈黙するとは何とも巡り合わせの悪い。逆に、打てない時はグスマンが古巣相手に好投と噛み合わせが良かった楽天は交流戦3勝1敗とまずまずのスタートで3位浮上。小山が昨日に続いての好投で守護神復活の兆しを見せているのも大きいだろう。

◆M4−3S◆
初回にフクーラのタイムリーで先制したロッテは2回には神戸がライトスタンドへプロ初アーチ。更に、4回には大松が7号ソロと着々と加点。前回、大炎上の渡辺俊は4回まで無失点と復調の気配を見せていたが、5回、二死一、三塁と初のピンチを迎えると、ここから福地,川端,ユウイチと3連続タイムリーであっさり追いつかれてしまう。6回一死一、二塁のピンチは切り抜けたものの、続く7回一死から福地に痛打された所で無念のKO。ここは代わった川崎が凌ぎ、3−3の儘、試合は土壇場9回へ突入。同点の場面ながらも守護神・林を投入してきたヤクルトに対して、ロッテはオーティズ,大松と連打を浴びせて、一、三塁。ここで今江がライトへ犠飛を打ち上げ、サヨナラ勝ち。林は初のリリーフ失敗で来日初黒星。

昨日6番に落ちたガイエルが今度は7番降格と着実に打順が下がっている。とりあえず、1安打打ったから、明日の8番降格はないか…。ヤクルトはワンチャンスを生かして、一気に同点に追いついたまでは良かったが、後が続かず、ついに頼みの林が初黒星。しかし、何であのタイミングで林を投入したのかね? まずは押本なんじゃないの? サヨナラ勝ちで最下位を脱出したロッテだが、渡辺俊は5回に崩れたのが響き、4試合白星なしなのは気になる所。神戸に待望の初アーチが飛び出したのは明るい材料か。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:08コメント(1)トラックバック(19) 

May 11, 2008

◆G9−3D◆
巨人は初回、内野安打で出た亀井が中田の牽制悪送球で一気に三進すると、坂本の犠飛で先制のホームイン。1点を追う中日は3回、森野のヒット,谷繁の四球の後、中田が送って、一死二、三塁のチャンス。ここで捕手の遙か上を越えるグライシンガーの大暴投で森野が労せずして生還し、同点。更に、四球で歩いた荒木が二盗を決めた後、井端がセンター前へタイムリーを放ち、2点を勝ち越し。逆転を許した巨人は4回に寿司職人ラミレスの11号ソロ、5回には亀井のタイムリー二塁打で追いつくと、続く6回にはガッツに8号ソロが飛び出して、勝ち越しに成功。更に、一死二塁からゴンザレス,隠善,脇谷と3連打を浴びせて2点を追加。7回には一死一塁から阿部がピッチャーゴロに倒れて、ゲッツー…と思いきや、小林のやや右へ逸れた送球を井端が後逸し、オールセーフ。川相不在の弊害を露呈し、落胆の色を隠せない中日に対して、巨人はここからゴンザレス,隠善の連続タイムリーでダメ押しの3点を追加。中日は5回以降一人の走者も出せない体たらくでこの3連戦負け越しとなった。グライシンガーは7回3失点でハーラートップタイの5勝目。

3回に信じられない大暴投を犯した挙げ句の逆転を許した時にはどうなる事かと思ったグライシンガーだが、何だかんだで試合を作った辺りは流石。打ってはプロ初スタメンの隠善が3安打3打点。その隠善と共に亀井,坂本,脇谷がお立ち台に上るなど生え抜きの若手が大活躍。当ブログ推奨助っ人・ゴンザレスも2安打1打点。開幕前にこんなメンバーを並べて快勝する巨人を想像出来た人がいただろうか? こういう試合を見ていると、ニックンや李は勿論の事、マッスル千代の富士すら不要に思えてくる。彼らで一時代を築く為にも、今オフこそは無駄な金満補強は辞めて欲しいものである。中日は折角、逆転しておきながら、その後、全く追い打ちをかけられず、守っては致命的なミスで完全に流れを巨人に渡してしまう有様。こんな事をやっていては首位争いから陥落するのも時間の問題だ。最悪の事態に陥る前に名手・川相の現役復帰を視野に入れて欲しいものである。

◆S1−2C◆
最早、相手投手が右だろうが左だろうが、構わずに外している事はバレバレにも拘わらず、左の石川が相手だからなどと、とってつけた理由で求道者・前田をスタメンから外したブラウン監督。更に、栗原の4番降格,シーボルの二軍降格を示唆するなど、ナインに不安ばかり煽っていたが、槍玉に挙がった二人が怒りを爆発させ、2回に栗原が13打席ぶりのヒットとなる3号先制ソロを叩き込むと、4回にはシーボルが12打席ぶりのヒットとなる4号ソロを放り込み、2点目を追加。ルーキー・篠田の前に4回までゼロ行進を続けていたヤクルトは5回、畠山,飯原の連打で一、三塁とすると、一死後、リグスの併殺崩れの間にようやく1点。続く6回には二死からガイエルの二塁打で篠田をKOするも、代わった梅津の前に宮本がショートゴロに倒れて、同点ならず。何とか突き放したい広島は7回、2本のヒットで一死一、三塁のチャンス。ここで代打に起用された求道者・前田だが、ブラウン監督の嫌がらせ殺法の所為ですっかり調子を崩してしまい、あえなく三振。続く赤松も倒れて、二者残塁。9回のチャンスも逃してしまった広島だが、8回途中から登板した守護神・永川がヤクルトの反撃を断ちきり、辛くも逃げ切った。篠田はプロ初先発で初勝利を手にした。

ブラウン監督がチームに不安をもたらす事にご執心の中、崖っぷちの二人が執念の一発。投げてはルーキー・篠田が粘り強い投球でプロ初勝利をあげれば、永川がイニングをまたぎながら1点差を守りきる好投。ソロ2発による2点のみと言う展開はとても喜べるものではないが、この接戦を制したのは大きいだろう。だが、気がかりはやはり求道者・前田。こんな起用法で好調を維持しろと言うのは酷な話だが、神懸かり的に打ちまくる以外、ブラウン監督の魔の手から逃れる術がないと言う蟻地獄。シーボル落とす暇があったら、お前さんが休養してくれと…>ブラウン監督

◆T4−3YB◆
横浜は初回、偵察要員・小山田に代わる代打・大西の二塁打の後、ガッツな貴公子・仁志が送って、一死三塁と先制のチャンス。しかし、金城,村田と倒れて、無得点。すると、その裏、阪神はシャア少佐が内野安打に盗塁と足を生かして、二塁を陥れると、内野ゴロ2つで先制のホームイン。横浜が2,3回とゲッツーでチャンスを潰しているうちに、阪神は3回、新井,ゼブラ今岡のタイムリーで2点を追加。先発の岩田は大西の犠飛による1失点のみながら、5回で降板。6回に渡辺を挟み、7回からは久保田、8回からはウィリアムス、そして、9回から守護神・藤川と、開幕戦以来44日ぶりとなるJFKリレーが炸裂し、2点のリードを守りきった。

首位を快走する阪神だが、更に頼もしい戦力が加わった。昨日は序盤から劣勢で出番のなかったウィリアムスだったが、開幕戦以来となるマウンドで完全復活をアピール。今日は好投した久保田に今後も安定感が戻れば、後ろは万全だろう…と言っても、昨年同様、先発陣の成長を阻害する様な安直継投はやめて欲しい所。今日の岩田だって、危なっかしかったとは言え、5回で降板は早過ぎだろう。

◆F4−3H◆
初回は簡単に3人で退けた大場だが、続く2回、連続四球で一、二塁とした所で小田に被弾する一発病を露呈し、3失点。3点を追うソフトバンクは4回、小久保,柴原の連続アーチで1点差。続く5回には長谷川,松中の連続二塁打でついに同点。大場は6回に先頭打者を歩かせた所で早くも降板となり、継投モードに入っていたソフトバンクだが、7回、3番手・久米が二死から三木に痛打されると、牽制悪送球,暴投と相次ぐミスで三塁へ進めてしまった挙げ句、劇団ひちょりにタイムリーを許して、勝ち越し点を献上。最後は守護神・MICHEALの前に3人で打ち取られた。日本ハム2番手のルーキー・宮西はプロ初勝利。

開幕から続いていたルーキー・久米の不敗神話がついに崩壊。二死を取っているのだから、三木の足など気にせんで良かったものを…。小椋にスイッチせずに続投していれば、久米効果で逆転していたかも…と言うのは不条理な仮定だろう。3点差を追いついたまでは良かったが、川崎が5タコと大ブレーキだったのが痛かった。大場は課題の一発病をまたしても露呈。しかも、四球で走者溜めた上の一発と言う最悪のパターン。こんな事をやっていると唐川に新人王をかっさらわれかねない…。

◆M6−1E◆
楽天先発・田中に対し、ロッテは初回から大松のタイムリーで先制すると、4回には一死から早川,今江,金沢の3連打で1点を追加すると、二死後、根元が走者一掃のタイムリー三塁打を浴びせて、この回、3点。続く5回にはオーティズ,大松の連続二塁打で田中をKO。完全に主導権を握ったロッテは7回にも大松のこの日3本目となるタイムリーで6点目。スライド登板の清水は8回まで散発4安打無失点の好投。9回にショートにタイムリーを浴び、完封は逃したものの、今季4度目の完投で4勝目。チームの連敗は5でストップした。

昨日、ノムさんに嫌味を言われながらも、試合開始10分前で雨天中止を決め込んだロッテが投打噛み合う試合運びで完勝し、連敗脱出。対戦相手がグスマンから田中に代わってしまった清水だったが、余裕で投げ勝った。恵みの雨と言うより、人為的な策略で休養を図ったロッテのやり口にノムさんは昨日やっていれば3タテも可能だった…と、さぞやおかんむりの事だろう。

◆Bs0−9L◆
炎上が続いている金子はこの日も立ち上がりからピリッとせず、初回、中島に9号2ランを被弾。3回にはG.G.佐藤にタイムリーを浴びると、5回にも栗山,G.G.佐藤にタイムリーを許した挙げ句、中村に頭部死球を食らわせ、危険球退場。2番手・川越も7回に4長短打を浴びて、致命的な4点を献上。西武先発・帆足は終盤に疲労の所為かピンチを迎えたものの、あと一本を許さず、2試合連続完封で開幕4連勝。西武はこれで6連勝となった。

金子はまたもやあっさりKO。危険球退場しなければ、もっと炎上していたかもしれない。これで二軍落ちも決まったらしい。川越,平野佳ら、ローテの柱になりそうな期待を抱かせながら、好調は長続きせず、安定して黒星が白星を上回り続ける軌道に乗ってしまうと言う偽バファローズ右腕の系譜に金子も名を連ねてしまうのか? チームが弱いと言っても、別に打線に見殺しに遭うまでもなく負けているので同情の余地もない。来年は小松辺りもこのパターンに巻き込まれそうで心配だ。一方、今季、覚醒中の帆足は20イニング無失点と抜群の安定感。打っては栗山が4安打2盗塁4得点とポイントゲッターとして大活躍。西武はこれで交流戦までの首位キープが確定した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:20コメント(2)トラックバック(94) 

May 04, 2008

◆S2−7G◆
右肩手術から復帰の川島亮が今季初登板初先発。初回は無難に抑えたが、続く2回二死二塁のピンチ。ここで脇谷をファーストゴロに打ち取るも、ユウイチが痛恨のエラー。これでガックリ来たか、続く投手の野間口にタイムリー内野安打を浴びて、先制点を許すと、亀井には走者一掃のタイムリー三塁打を浴びて3失点。その裏、ヤクルトは3連打で無死満塁のチャンス。福川が三振に倒れた後、川島亮が完全に意表をつくスクイズを決めると、青木のサードゴロの間に2点目をあげ、1点差。2−3の儘、迎えた5回、巨人はガッツが6号ソロを叩き込むと、6回にはゴンザレスの犠打で作ったチャンスに脇谷がタイムリー。更に、7回には一死満塁からゴンザレスが犠飛を打ち上げ、着々とヤクルトを突き放す。9回には寿司職人ラミレスがタイムリー二塁打を放ち、ダメ押しの7点目。6回以降4人のリリーフを繋いで、ヤクルトの反撃を断ちきった。今季初先発の野間口は5回2失点で初勝利。

ニックン,李に続き、マッスル千代の富士まで登録抹消となった巨人だが、一発に依存しない繋ぐ野球で快勝。昨日の一発で覚醒したか、阿部は3安打と不振を抜け出しつつある気配。地味に光ったのが、ノーヒットながらも2犠打1犠飛で悉く得点に貢献したゴンザレス。壊滅的バント成功率の低さに喘ぐ今季の巨人だが、ゴンザレスがこうも楽々とバントをこなすとは盲点だった。完敗のヤクルトだが、とりあえず、ガイエルに32打席ぶりのヒットが出たのが救いか。

◆D3−2T◆
いずれも3年目で新人王を争う岩田,吉見が直接対決。吉見は3回を1安打とまずまずの立ち上がりを見せたの対し、岩田は2回二死一、三塁,3回一死一、二塁と立て続けのピンチ。しかし、川相不在で極度のタイムリー欠乏症に冒されている中日はこのチャンスを悉く潰す拙攻三昧。すると4回、阪神は平野,新井,キュラソ星人の3連打で均衡を破る先制点をゲット。1点を追う中日はその裏、二死一、三塁のチャンスを潰すと、5回にも一死満塁のチャンスを逃す体たらく。0−1の儘、迎えた7回、阪神は鳥谷に3号ソロが飛び出し、貴重な2点目を追加。その裏から継投モードに入った阪神だが、8回から登板した3番手・久保田が乱調。いきなり連打で無死二、三塁のピンチを迎えると、気負い過ぎの李は空振り三振に取ったものの、続く中村紀にセンターオーバーのタイムリー二塁打を浴びて、一気に同点。試合は延長にもつれ込んだ。迎えた10回、同点ながらも登板した藤川から李が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにレフトスタンドへ放り込み、サヨナラ勝ちを収めた。

川相不在で怒濤の拙攻三昧を繰り広げた中日が、結局、最後は一発依存で勝ってしまうと言うお粗末な展開。サヨナラ勝ちと言う結果に短絡的に喜んでなどいられまい。結局、吉見と岩田は痛み分けと言う結果に終わった訳だが、打線に見殺しにされた吉見も、リリーフに白星を粉砕された岩田も気の毒な話である。やはり、今季の久保田は安定感に欠ける。無死二、三塁の段階で藤川投入でも良かったんじゃなかろうか…。あの場面、どう見ても2点取られる気がしてならなかった。10回の同点の場面で投入してるって事は藤川に2イニング投げさせる気はあった訳で、ならば、あそこで投入する方が勝機はあった様に思うのだが…。

◆C8−6YB◆
高橋の投打に渡る奮闘のおかげで勝てたに過ぎないと言うのに、求道者・前田外しが奏功したなどととんでもない勘違いでもしてしまったのか、ブラウン監督は懲りずに求道者・前田をベンチに幽閉。ガックリきた先発・青木高は2回に村田に先制7号ソロを被弾すると、更に、吉村,鶴岡とタイムリーを許して、早くも失意のKO。4回に天谷,オチョアの連続タイムリーで応戦するも、3番手・大島が4回に大西にタイムリー二塁打を浴び、4点目を献上。横浜は終盤にも吉村の7号ソロ,大西のタイムリー二塁打で加点。4点を追う広島は8回、3番手・ゲーリー川村から無死満塁のチャンスを掴むと、代わった木塚からオチョアの押し出し四球,栗原の犠飛で2点。横浜ベンチがたまらず新守護神・はーちゅんをマウンドに送り込むと、ブラウン監督はついに観念したのか、求道者・前田を代打で投入。怒り心頭の求道者・前田はレフト前へ弾き返すタイムリーを浴びせて、1点差。怒りの一打で意気上がる広島は続く石原,小窪に連続タイムリーが飛び出し、逆転に成功。更に、バッテリーミスで1点を加え、この回、大量6点のビッグイニングを形成。9回は永川が締めて、今季初の4連勝を飾った。

求道者・前田の怒りのタイムリーが会心の逆転勝利を呼び込んだ。これでブラウン監督が求道者・前田は勝つ為になくてはならない戦力だと改心し、スタメンに戻してくれればいいのだが、求道者・前田の適性は代打にあり…などと、とってつけた理由で当分、代打屋稼業を強いるかもしれないと思うと心配で仕方ない。横浜は村田,吉村のアベックアーチが飛び出すなど勝たなくてはいけない試合だったが、自ら作ったピンチではないとは言え、はーちゅんが全てをぶち壊し、ルーキー・小林の白星を粉砕。個人的には抑えはマットホワイトで、はーちゅんは先発に戻した方がいいと思うのだが…。

◆H7−3Bs◆
ソフトバンク先発・和田は立ち上がりからピリッとせず、初回にローズに先制二塁打を浴びると、2回には日高に犠飛を許し、3回にはまたもローズにタイムリーを打たれて、3点目を献上。しかし、オルティズ効果で目覚めたソフトバンク打線は4回に柴原のタイムリー二塁打で1点を返すと、5回には長谷川のタイムリー二塁打で1点差。更に、ここから松中,小久保に連続アーチが飛び出して、一気に逆転に成功。完全に主導権を握ったソフトバンクは7回にも辻が2点タイムリーを放ち、試合を決定付けた。5回までは押せ押せだった偽バファローズだが、6回以降はノーヒットと沈黙し、3連戦3連敗。

序盤は苦しい戦いだったが、オルティズ効果が冴え渡るソフトバンクには3点のビハインドなどさしたるものではなく、この3連戦で26得点の大当たりだ。松中,小久保のアベックアーチも飛び出す会心の勝利でチームの雰囲気も明るくなるばかり。正に、オルティズはソフトバンクにとって、別に意味でパウエル以上の投手だったかもしれない。和田はどうにも冴えない投球なのだが、それでも大崩れせずに負けない辺りが流石である。

◆F1−7E◆
初回一死二塁,2回二死満塁と立て続けにチャンスを潰した楽天だが、3回、山崎武のタイムリー二塁打でようやく先制。続く4回には高須のタイムリー二塁打で2点を追加。中盤は膠着状態となったが、0−3の儘、迎えた8回、楽天は渡辺直のタイムリー,ショートの3号3ランでダメ押し。楽天先発・田中は完封目前の9回、スレッジにタイムリーを浴びた所でよもやの降板を命じられ、完投も逃したが、後を継いだ小山が無難に抑えて、連敗を3でストップさせた。

すっかり当たりを取り戻していた日本ハム打線だったが、田中の快投の前にあえなく沈黙。これで今季3戦3敗と完全にカモにされている。尤も、あそこまでいった以上、より強く苦手意識を植え付ける為にも田中は完封しなくてはいけなかっただろう。これで楽天は苦手のロード6連戦を2勝4敗で終了。1勝5敗と2勝4敗ではえらい違いだった。明日からは地元での3連戦でまた内弁慶ぶりを発揮するのか?

◆M4−0L◆
0−0で迎えた4回、西武は先頭のブラゼルがヒットで出ると、G.G.佐藤が8号2ランを叩き込み、先制。続く5回には栗山の打球に対して、何を血迷ったかオーティズがグラブを投げ付け、三塁打とする大チョンボの後、礒?が犠飛を打ち上げると、更に、6回にはボカチカの6号ソロで4点目。投げては先発・帆足が散発3安打とロッテ打線に付け入る隙を許さず、今季初完封で3勝目を飾った。

立ち上がりこそ良かった小林宏だが、終わってみれば、5回KOでリーグトップタイの5敗目とまたも期待を裏切った。里崎,サブローが登録抹消となった打線も三塁すら踏めずにあっさり完封負け。昨日の完勝が嘘の様に、連敗地獄時の負けっぷりをぶり返してしまった。西武はまたも一発が効果的に飛び出した。これだけ一発が出ていても、巨人や中日の様な一発依存症を感じさせない辺り、バランスの取れた戦い方が出来ていると言う事だろう。

 

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 17:31コメント(0)トラックバック(71) 

September 17, 2007

◆T4−1G◆
0.5差で迎えた首位攻防戦。阪神先発・下柳に対して、巨人は2回二死から阿部,ゴンザレスが連続内野安打でチャンスを作るも、ホリンズがピッチャーゴロに倒れて、二者残塁。一方、巨人先発・木佐貫に対して、阪神は3回一死一、二塁のチャンスは逃したものの、続く4回、二死走者なしから葛城イクローの四球,矢野のヒットで一、二塁とすると、関本がライト前へタイムリーを浴びせて、1点を先制。1点を追う巨人は6回、一死から松田記者が左中間スタンドへ10号ソロを叩き込み、ついに同点。1−1で迎えた7回、阪神は一死からシャア少佐がピッチャー強襲安打で出ると、続くシーツの二塁打で快速を飛ばして、一気に勝ち越しのホームを陥れ、木佐貫をKO。更に、8回には3番手・西村から矢野のタイムリー二塁,悠久の若虎・桧山の犠飛でダメ押しの2点を追加。7回から久保田−ウィリアムスと繋いできた阪神は土壇場9回、満を持して守護神・藤川を投入。藤川は3人できっちり締めて、リードを守り、阪神は一夜で首位を奪回した。敗れた巨人は首位から一気に3位転落となった。

◆S7−8D◆
初回から制球に苦しむヤクルト先発・石井一から、一死満塁のチャンスを掴んだ中日は森野が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、3点を先制。更に、二死後、英智が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに3号2ランを叩き込み、いきなり大量5得点。その裏、ヤクルトは寿司職人ラミレス,ガイエルの連続アーチで2点を返し、3点差。直後の2回、中日は依然として制球の定まらない石井一から、二死満塁とするも、李がサードへのファールフライに終わり、三者残塁。しかし、4回、二死一、二塁から寿司職人ラミレスが真正面の何でもないフライを落球するタイムリーエラーを犯し、労せずして2点を追加。ヤクルトは5回に寿司職人ラミレスが汚名返上の2点タイムリー二塁打。6回にT.ウッズのタイムリーで突き放されるも、その裏、川本が6号2ラン。そして、7回には青木が19号ソロを放ち、1点差。土壇場9回、中日のマウンドには守護神・岩瀬が登場。いきなり中村紀のヘッポコエラーに足を引っ張られ、川相不在を痛感して、落胆したか、続く度会にもライト前へ弾き返され、無死一、二塁の大ピンチを背負ったが、ここから青木を空振り三振,田中浩をゲッツーに仕留めて、見事にこのピンチを脱出。これで中日は2位に浮上した。

◆YB6−3C◆
ハマのチンピラが4回を1安打,長谷川が4回を無安打といずれも三塁を踏ませない好投を展開。5回に広島は連打で無死一、三塁と先制のチャンスを掴むが、相川,ハマのチンピラと内野ゴロに打ち取られると、ガッツな貴公子・仁志は三振に倒れて、二者残塁。広島も6回に二死一、二塁と初のチャンスを掴むが、ここで4番・新井がセンターフライに倒れて、二者残塁。0−0の儘、迎えた7回、横浜はガッツな貴公子・仁志,金城が一発を放つなど、5長短打を浴びせて、一気に6点を先制。広島は8回に新井のタイムリー二塁打等で実に32イニングぶりの得点となる2点を返すと、9回も梵の一発で3点差。引っ張り出した守護神・クルーンに対しても、一死二、三塁のチャンスを作ったが、最後は東出,オチョアと連続三振に倒れて、5連敗となった。

◆H10−0F◆
ソフトバンクは初回一死二、三塁から小久保のショートゴロが金子誠の野選を誘い、1点を先制。二死後、田上がタイムリーを浴びせて、この回、2点。これで主導権を握ったソフトバンクは続く2回には川崎が走者一掃の2点タイムリー三塁打。5回には一死二塁のチャンスを作って、日本ハム先発・スウィーニーをKOすると、代わった山本から松中がタイムリーを放ち、5点目。止まらないソフトバンク打線は6回には井手のスクイズと本多のタイムリーで2点、7回には小久保が2ラン,松田がソロと一発攻勢で3点を加え、10点目。投げては先発・新垣が何と暴投ゼロの散発4安打完封と言う快投を見せ、3ヶ月ぶりの7勝目。これでソフトバンクは首位・日本ハムに1差と肉迫した。

◆Bs5−4M◆
初回に里崎のタイムリー,2回に今江の6号ソロと2点のリードを奪われた偽バファローズだが、4回、一死一塁からローズ,北川の連打で満塁とすると、アレン,後藤の連続タイムリーで逆転に成功。更に、大引が歩いた後、前田にもタイムリーが飛び出して、4点目。偽バファローズは以降も再三チャンスを掴みながら、立て続けにゲッツーを食らうなど、追加点が奪えない。一方、ロッテも5,6回とチャンスを潰していたが、8回、ベニー松山が11号ソロを叩き込み、1点差。土壇場9回、偽バファローズは守護神・加藤大に全てを託すも、二死一、三塁から代打・橋本に同点二塁打を許し、昨日に続くリリーフ失敗。試合は延長に突入した。ラストイニングとなった12回、表の攻撃で勝ち越せず、この日の勝ちがなくなったロッテは小林雅を投入し、何とか引き分けに持ち込みたい所だったが、加藤大に負けじと劇場を開演してしまうのがこの男。いきなり先頭の北川に痛打された小林雅は下山の犠打の後、後藤を敬遠して、一塁を埋めてから、前田にもヒットを浴び、一死満塁。ここでコリンズ監督は三塁走者・北川に対して、投手の山本を代走に起用。代打・日高は三振に倒れ、二死となったものの、続く木元がショートの右を破って、代走・山本が悠々とサヨナラのホームを踏んだ

◆L9−0E◆
悪の温床・楽天先発・グスマンに対して、西武は2回無死一、二塁から中島のタイムリーで1点を先制。二死後、栗山がヒットで繋いで満塁となった所で片岡の今季初アーチがグランドスラムとなって、この回、一挙5点でグスマンをKO。続く3回には細川の犠飛で1点を追加。7回にはベンちゃん,江藤が連続アーチ,8回には片岡がこの日2本目のアーチを掲げ、ダメ押しの9点目。先発・帆足は散発2安打と三塁も踏ませない完璧な投球で今季初完投初完封を果たし、2勝目をマーク。これで西武は悪の温床・楽天と並ぶ4位タイに浮上した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 17:46コメント(0)トラックバック(66) 

July 01, 2007

◆G9−6C◆
初回にガッツの19号ソロ,2回に李が通算100号となる15号2ランと連日の一発攻勢で主導権を握った巨人は4回にもニックンの犠飛で4点目を追加。先発が防御率1点台の春風亭半ケツとあっては、最早、試合は決まったかと思われたが、その裏、無死満塁の大ピンチ。ここから2人を打ち取るいつもの粘りを見せた春風亭半ケツだが、ここで新井にバックスクリーン左へ痛恨の満塁弾を叩き込まれて、試合は一瞬で振り出しに。流れを引き寄せた広島は続く4回、石原のタイムリーで勝ち越しに成功。1点を追う巨人は毎回、走者を出しながら、あと1本が出ない拙攻三昧。5点を取られながらも、援護を信じて投げ続けてきた春風亭半ケツだが、ついに力尽きたか、8回に新井にこの日2本目のアーチを浴び、KO。ダメ押しと思われる一発を放った新井だが、土壇場9回、一死から大道のサードゴロを一塁へ痛恨の悪送球。これで流れは一気に巨人へ傾く事となった。ただでさえ不安感があると言うのに、味方に足を引っ張られ動揺を隠せない永川を攻め立て、一死一、二塁から松田記者が通算1500安打となるタイムリーを放つと、二死二、三塁となった所で阿部が三遊間を破り、逆転に成功。更に、ニックン,李と連続タイムリー二塁打を放ち、この回、一挙5点のビッグイニングを形成。その裏、上原が簡単に3人で打ち取り、ゲームセット。悪夢の逆転負けとなった広島はついに最下位に転落した。

◆D6−7S◆
中日は初回、森野の2点タイムリーで先制。その後、しばらく攻めあぐねていたが、6回、川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにT.ウッズが21号ソロを叩き込み、3点目。先発・山本昌は5回まで2安打無失点の好投を見せていたが、6回に突如崩れ、無死一、二塁から青木のタイムリー,田中浩の犠飛で1点差と詰め寄られると、更に、続く寿司職人ラミレスにもタイムリー二塁打を浴び、ついに同点。追いついたヤクルトは続く7回にも青木のタイムリーで勝ち越した後、寿司職人ラミレスが7号3ランを放り込み、一気に4点を追加。しかし、粘る中日は直後の8回、二死走者なしから連打で一、二塁のチャンス。ここから谷繁,代打・立浪に連続タイムリー二塁打が飛び出して、1点差にまで詰め寄ると、土壇場9回にも二死一、二塁と一打逆転の場面を作ったが、最後は中村紀がセンターへ打ち上げて、あと一歩及ばず、4連敗。詰めの甘さが目立ち、川相さえいれば…と言う声は強まるばかり。これで首位・巨人とのゲーム差は5にまで開いてしまった。ズルズルとV戦線から転落しない為にも一刻も早い名手・川相の現役復帰が待たれる所だ。勝ったヤクルトは広島と入れ替わりで最下位を脱出。8回途中から最後まで投げきった遠藤は中日時代の98年以来、実に9年ぶりとなるセーブをマークした。

◆T5−1YB◆
0−0で迎えた3回、阪神は坂がプロ入り初アーチを叩き込み、1点を先制。4回に吉村の9号ソロで追いつかれたのも束の間、直後の5回、またもや坂がタイムリー二塁打を放ち、勝ち越し。更に、この後、鳥谷もタイムリーを放つと、6回にはキュラソ星人が17号ソロ。8回にはジュビロ野口がタイムリー二塁打を放ち、ダメ押しの5点目をゲット。投げては先発のルーキー・上園が5回を1失点で切り抜けると、6回から久保田,8回からウィリアムスと繋いで、最後は藤川が締める必勝リレーが決まり、逃げ切った。上園は2勝目をマーク。

◆H2−4M◆
ロッテは初回、二死二塁からサブローのタイムリーで先制。続く2回の二死二、三塁のチャンスは逃したものの、3回、無死満塁から里崎のタイムリーの後、竹原,青野と連続犠飛を打ち上げて、3点を追加。ロッテ先発・清水の前に5回まで1安打と抑え込まれていたソフトバンクは6回、川崎のタイムリーでようやく1点を返すと、続く7回には松田がタイムリーを浴びせて、1点差。8回から流れを変える男・スタンドリッジを投入した効果か、その裏、無死一、二塁と長打が出れば、一気に同点と言う場面を作ったソフトバンクだが、ここから松中,小久保の両主砲が打ち取られると、柴原もセカンドゴロに倒れて、二者残塁。土壇場9回にはロッテ守護神・小林雅に対し、一死から代打・明石,松田と連打を浴びせ、前日の再現を思わせたが、ここから大村,本多と凡退し、連勝は3でストップした。

◆Bs1−3F◆
カーター,グリンの助っ人対決となったこの試合。2回に青波の長瀬の17号ソロで日本ハムが先制すれば、その裏、偽バファローズもすかさず大引のタイムリーで同点。その後、両先発の好投が続き、1−1の儘、中盤へ突入。迎えた6回、日本ハムは陽,劇団ひちょりと連続三振に倒れるも、ここから田中賢が三塁打を浴びせると、続く稲葉がタイムリー二塁打を放ち、勝ち越し。更に、青波の長瀬にもタイムリーが出て、この回、2点。日本ハムは8回から武田久,9回からMICHEALと繋ぐ必勝パターンで逃げ切り、この3連戦勝ち越し。交流戦MVPの勢いをその儘に、7回1失点の好投を見せたグリンは7勝目を飾った。

◆L10−1E◆
無傷の4連勝の悪の温床・楽天先発・山村に対して、西武は初回、内野安打の福地を片岡が送ると、ここから中島,カブレラ,ベンちゃん,栗山と4連打を浴びせて、早くも3点を先取。3回にショートのタイムリー二塁打で1点を返した悪の温床・楽天は5回にも無死一、二塁と絶好のチャンスを掴むも、嶋は空振り三振。渡辺直はサードゴロゲッツーに倒れる最悪の展開で得点ならず。毎回の様にチャンスを作りながら、追加点をあげられずにいた西武だが、6回、片岡,中島の連続タイムリーでようやく2点を追加すると、これで完全に流れを引き寄せ、7回にはG.G.佐藤が17号2ラン,8回には4安打を集中して、3点を奪い、試合を決定付ける10点目。今季初登板初先発となる帆足は7回途中まで1失点の好投で今季初白星。一方、山村は6回途中5失点KOで今季初黒星となった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 18:07コメント(2)トラックバック(57) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ