工藤隆人

November 14, 2009

11/14 阿部◆KIA4−9巨人◆(日韓クラブチャンピオンシップ)
不況の影響でスポンサーが降りまくった煽りを受け、休止となったアジアシリーズに代わって開催される事となった日韓クラブチャンピオンシップ。WBC制覇,リーグ3連覇,日本シリーズ制覇と次々に成し遂げてきた栄光が、一発勝負であるこの試合に敗れただけで全て瓦解しかねないと言う嫌なプレッシャーがかかる中、若大将・原監督は調子ぶっこいてゴンザレスを予告先発させるが、初回、いきなり韓国の鈴木一朗石毛宏典こと李ボンジョムを歩かせ、二盗を許すと、一死後、羅志完にタイムリーを浴びて、先制点を献上。4回から登板となった2番手・内海も5回、一死から4連打を浴びて、2失点。若大将の挑発じみた予告先発の所為で隠しておきたかったのに、渋々予告させられてしまったKIA先発・梁弦種の前に巨人打線は5回までゼロ行進と苦しい展開だったが、6回、二死走者なしからガッツがソロアーチを放り込み、ようやく1点。続く7回にはこの回から代わった3番手・郭正哲に対し、亀井のヒット,代打・工藤の四球で無死一、二塁とした所で日本シリーズMVPの阿部がライトスタンドへ3ランを叩き込み、一気に逆転に成功。更に、この後、李の二塁打と2四球で二死満塁とした所で寿司職人ラミレス,亀井,工藤と3連続タイムリーが飛び出して、この回大量7点のビッグイニングを形成。9回には代打で登場したルーキー・大田が三振を喫するなど、簡単に二死を取られたものの、ここから脇谷が四球を選ぶと、亀井がこの日4本目のヒットを放った所で工藤が2打席連続のタイムリーを放ち、ダメ押しの9点目。その裏、7回から登板していたオビスポが李賢坤にタイムリー二塁打を浴びたものの、後続を断ち、逃げ切った。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 17:14コメント(0)トラックバック(13) 

November 11, 2008

 噂されていたあの男とMICHEALの交換トレードがついに合意に至った。実際には日本ハムは工藤,巨人は林をくっつけての2対2の交換トレードだ。今週の某誌では「球団は厄介払いしたくて仕方ないが、選手会長を能動的に放出しては沽券に関わる為、本人がFAするか、他球団からお呼びがかかる事を祈るしかない」的な事を書かれていたあの男だが、その球団の願い通りになった訳だ。これで万々歳…とか書くとまたお叱りを受けそうだが、今季の4人の成績を比較する限り、これはもう巨人にとってはお得なトレードとしか思えない。MICHEALはここ3年緩やかに下降線を描いてはいるのだが、クルーンに不安があり、上原の亡命が確実視されている事から久保や東野辺りを先発に回したい事を考えれば、もう1枚後ろを任せられる投手がいるのは有難いだろう。昨年、ブレイクした工藤も今年はやや打撃不振だったが、足と守りにはスランプはない(厳密にはあるが)訳で、高齢化の進む外野陣をフォロー出来る存在になる筈だ。個人的に林は結構、好きな投手だったのだが、今季は11試合で勝敗なしの防御率6.75とかつての快投ぶりは見る影もなく、こういう形で放出されるのは寂しい限り。不振だけでなく、あの男同様、プライベートでいかにも巨人フロントが嫌がりそうな失態(と言っても、結構、前の話だが)を犯してしまった事も少なからず響いている…のかもしれない。そういう意味では矢野の方が危なかったのだが、日本ハムが左腕を所望していたので、難を逃れた様だ(と言っても予断は許さないが)。精神衛生上よろしくなかったあの男のヘッポコバントやゲッツー量産を見せられる機会も今後はグッと減るであろうと思うと少々寂しく…などと言う事は全然ないが、巨人と比べれば、遥かに風当たりは弱いだろうし、環境が変わる事で全盛期(でもヘッポコバントやゲッツーは量産しているのだが)の輝きを少しでも取り戻してくれないと、あまりにも日本ハムが可哀想なので、そこそこには頑張ってくれと言っておこう。巨人で右の代打の切り札辺りに甘んじてしまうより、向こうでレギュラー張れた方があの男にとってもいいだろうし…。とりあえず、金子誠やトンガよりは打てるだろうが、最低でも小谷野以上はやってくれないと、日本ハムはMICHEALを出した甲斐がないと言うものだ(小谷野レベルで満足して貰っては困るが)。ケガの弱さにも定評がある男だけに、ハマのスペランカーを獲ったソフトバンクの様な目にだけは遭わせないで欲しいと願うばかりだ。それにしても、小坂が楽天に飛ばされ、あの男が日本ハムに飛ばされ、果たして、清水はどうなってしまうのかと気が気でない。まぁ、清水は絶対、余所に行った方が出番が増えていいと思う次第…。無駄に飼い殺されて巨人で終わる事よりも、名手・川相のごとく必要とされる所で出来るだけ長く現役で頑張って欲しいのだが…。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:58コメント(9)トラックバック(18) 

October 15, 2007

◆F7−0M◆
アジアシリーズ出場権争奪戦出場権争奪戦などと言うエキシビジョンマッチに負け越した所で長いシーズンを制覇した栄光が何ら霞む事はないが、万一、2位チームごときに負け越してしまった場合は日本シリーズを出場辞退する覚悟で臨んでいる日本ハムだったが、ロッテ先発・渡辺俊の前に3回まで1安打無得点と沈黙。しかし、先発・グリンも3回を無失点に抑える好投を見せ、先手を許さない。0−0の儘、迎えた4回、日本ハムは先頭の稲葉がレフト線への二塁打で出塁。続く青波の長瀬は三振に倒れるも、高橋が四球を選ぶと、続く工藤がサードへの内野安打を放ち、一死満塁。ここでミスタースナイパー・坪井のどん詰まりのセカンドゴロの間に稲葉が本塁を陥れ、ついに均衡を破る先制点をゲット。なおも二、三塁のチャンスだったが、金子誠は三振を喫して、1点止まり。1点を追うロッテは6回、一死からTSUYOSHI,早川の連打で一、二塁のチャンスを掴むも、フクーラ,サブローと打ち上げて、二者残塁。続く7回には二死走者なしから大松,今江が連続四球を選んで一、二塁とするも、橋本がレフトフライに倒れて、またも二者残塁。ピンチを逃れた日本ハムはその裏、二死から稲田が二塁打を浴びせると、劇団ひちょりが左中間突破のタイムリー二塁打を放ち、渡辺俊をKO。ここで代わった藤田から田中賢,稲葉と連続タイムリーを浴びせると、更に、3番手・久保を攻め、青波の長瀬のヒット,高橋の死球で満塁となった所で工藤が走者一掃のタイムリー三塁打を放ち、この回、大量6点のビッグイニングを形成。8回からは完封ペースのグリンを下げ、武田久−MICHEALと繋ぐ万全のリレーを展開した日本ハムは完封で勝ち越しに王手をかけた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:38コメント(0)トラックバック(38) 

July 25, 2007

◆G13−7YB◆
負ければ3位転落となる巨人は初回、いきなり金城の2試合連続8号2ランで先制されたが、その裏、マッスル千代の富士が史上1位タイとなるシーズン8本目の先頭打者アーチを浴びせると、一死三塁からガッツが22号2ランを叩き込み、一気に逆転。1点ずつ取り合って迎えた4回裏にはマッスル千代の富士がこの日2本目となる23号ソロを放ち、横浜先発・はーちゅんはこの回限りでKO。一方、序盤は不安定だった巨人先発・木佐貫は尻上がりに調子を上げていき、中盤は追加点を許さない踏ん張りを見せる。巨人は7回、二死満塁のチャンスを掴むと、矢野が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、3点を追加。8回も李の18号3ラン等で5点を奪い、ダメ押し。最後の最後に3番手・林が吉村に13号2ラン,野中に6年目のプロ初アーチとなる2ランと2発被弾し、4点を失うケチがついたものの、巨人の連敗は3でストップした。

◆D6−8T◆
下柳,山本昌の両ベテランの投げ合いとなったこの試合は壮絶な打撃戦となった。まず阪神が初回、二死一、二塁から3連続タイムリーを浴びせて、3点を先制すれば、その裏、中日も5本の単打を集中させた上、林のタイムリーエラーも飛び出して、4点を奪い、逆転に成功。1点を追う阪神は4回、一死満塁として、山本昌をKO。ここでエラーの汚名返上とばかりに林が同点タイムリーを放つと、桜井が犠飛を打ち上げ、勝ち越しに成功。しかし、その裏、中日も荒木のタイムリーで同点。5回に阪神がシャア少佐のタイムリーで勝ち越せば、その裏、中日はT.ウッズが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに26号ソロを叩き込み、またまた同点とし、下柳もこの回限りでKOとなった。6−6の儘、迎えた8回、3イニング目となる中日4番手・クルスが突如、制球を乱し、3四球で一死満塁。ここで藤本がセンター前へタイムリーを放ち、ついに勝ち越し。9回にも林のタイムリー二塁打で1点を加えた阪神は最後は藤川が3人で締めて、ゲームセット。これで中日と巨人とのゲーム差は0となった。

◆S4−6C◆
広島は昨日に続いて、栗原が初回に先制アーチを放ち、2点をゲット。2回にも1点を追加すると、3回にはまたも栗原が2打席連続の16号ソロを放り込み、4点目。広島先発・大竹は5回まで散発1安打と素晴らしい投球を見せていたが、6回、内野安打と四球でピンチを作ると、伏兵・田中浩にレフトスタンドへ放り込まれて、一気に1点差。直後の7回、代打・嶋の9号ソロで突き放されるも、ヤクルトは8回、またも田中浩が犠飛を打ち上げて、再び1点差に詰め寄るも、9回に宮本のよもやのエラーで致命的な1点を献上。永川が締めて、逃げ切った広島は後半戦連勝スタートと上々の滑り出しを見せた。敗れたヤクルトは4連敗。

◆H10−3M◆
水島の呪いがセ・リーグに向いているうちに調子を上げていきたいソフトバンク。先発・和田が2回に竹原に先制3号2ランを被弾するも、その裏、小久保の21号ソロですかさず応戦。3回にはハマのスペランカー,松中の連続タイムリーで逆転すれば、続く4回にはブキャナン,本多の連続タイムリーで2点を追加。ソフトバンクは6回にも3点をあげれば,7回には大竹,川崎の連続タイムリーで試合を決定付ける10点目。和田は6回途中で早々と降板したが、打線とリリーフの援護を仰いで、9勝目。先発全員の16安打で3連勝となったソフトバンクはロッテと入れ替わりで2位に浮上した。

◆Bs2−4F◆
日本ハムは初回、偽バファローズ先発・デイビーの制球難をつき、二死満塁から工藤のタイムリー内野安打で2点を先制。その裏、ローズのタイムリー二塁打で1点を返されるも、3回にはまたも工藤がタイムリーを放ち、突き放す。1点を追う偽バファローズは牛込氏に「無理に決まってますよ! 夢よ、もう一度って事だろうけど、そんな選手が通用するほど、日本の野球は甘くないですよ」と酷評されたローズが2試合連続の27号ソロを放ち、1点差。しかし、直後の8回、日本ハムは高橋のタイムリーでダメ押しの1点を追加。8回からは武田久,9回からはMICHEALと繋ぐ必勝リレーが決まり、50勝一番乗り。先発・武田勝は7回を散発3安打,11三振を奪う力投6勝目を飾った。

◆L4−7E◆
出戻り2戦目となる悪の温床・楽天先発・グスマンは初回こそ3人で打ち取ったものの、2回一死から3連続四死球で満塁のピンチを迎えると、中村,細川に連続タイムリーを浴び、更に、二死後、片岡のタイムリーで4点目を失った所であえなくKO。4点を追う悪の温床・楽天は4回、山崎武の32号ソロで反撃を開始。続く5回には渡辺直のタイムリーの後、鉄平に逆転9号3ランが飛び出して、西武先発・ジョンソンをKO。7回には渡辺直の2試合連続の2号ソロ、8回には嶋のスクイズでダメ押し。9回は昨夜サヨナラ負けを喫した福盛の故障による戦線離脱が決まった為、小山が締めて逃げ切りに成功。6回1/3を無失点に抑えるロングリリーフを見せた永井に4勝目がついた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:36コメント(1)トラックバック(71) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ