嶋基宏

April 12, 2011

◆G9−2S◆
空前絶後の大震災と言う非常事態にも拘わらず、予定通りの日程でのドーム開幕をゴリ押しした挙げ句、国民も政府も敵に回しただけのゴネ損と言う散々な結果に終わった巨人の開幕戦は公式戦としては、実に56年ぶりとなる宇部での開催。初の開幕投手となった東野は脇谷,坂本のタイムリーで3点リードを貰い、6回までノーヒットの快投。開幕早々快挙達成を期待する空気が流れ始めた矢先の7回、浜中に打たれた初安打をきっかけに2点を失い、KO。しかし、その後、巨人は長野の3ラン含む5打点をあげる活躍で一気に突き放し、逃げきった。

◆YB5−4D◆
球団史上25年ぶりの外国人開幕投手として寝損を起用する奇襲に出た中日だが、村田の先制タイムリー等、2回で早くも3失点と裏目。一方、開幕戦に投げると漏れなく黒星が付いてくるハマのチンピラに代わり移籍初登板で開幕投手に大役を任された山本も立ち上がりは良かったが、4回にグスマンに来日初アーチとなる逆転3ランを被弾。しかし、劇団ひちょりの犠飛で追い付いた横浜は9回、吉村のこの日4安打目となる二塁打等で作ったチャンスに代打・内藤のタイムリーでサヨナラ勝ち。8年ぶりの開幕戦勝利で、夢の100敗へ早くも黄信号が灯った

◆T7−4C◆
昨年、投手のタイトルを総なめにした前田健だったが、いきなりマット・マートンに先頭打者アーチを浴びるなど、苦しい立ち上がり。6回に石原のタイムリーでリードを貰ったのも束の間、その裏、新井貴のタイムリー,何だかんだで開幕に間に合ったJ.マッケンジーの犠飛等で逆転を許し、あえなくKO。1点差で迎えた8回のチャンスに代打起用された求道者・前田は無念の凡退。最後は藤川に三者三振で締められた。

◆Bs2−2H
内川の先制二塁打,細川の中押し三塁打と移籍コンビの活躍でソフトバンクが7回まで2点のリード。しかし、7回まで散発2安打と完璧な投球を見せていた和田が8回にバルディリス,9回には後藤に被弾し、延長に突入。ラストイニングの12回、偽バファローズは一死二、三塁と絶好のサヨナラのチャンスを掴むが、後続を断たれて、引き分けに終わった。尚、外れ外れ外れ1位の駿太は高卒新人外野手としては52年ぶりの開幕スタメンを飾ったが、2打数0安打で途中交代となった。

◆F3−12L◆
涌井,ダルビッシュの球界を代表するエース対決は1点を争う展開になるかと思いきや、両投手共6回までに3失点とピリっとせず。ダルビッシュは7回に中島に3ランを浴びるなど4点を勝ち越され、プロワーストの7失点KO。移籍初登板のオビスポも大量5失点と大炎上し、終わってみれば、圧勝となった西武が3年連続開幕戦白星。涌井はヒットこそ打たれるも、8回を無四球と丁寧な投球でエース対決を制した。ダルビッシュはこれで開幕3連敗。

4/12星野監督◆M4−6E◆
原発事故にビビって逃げ帰ったモリーヨが退団となったが、特に痛手でも何でもない楽天。同点で迎えた7回、先制タイムリーエラーを犯した嶋が汚名返上の勝ち越し3ラン。8回にも山崎,高須のベテランコンビがダメ押しの連続タイムリー。田中との争いを制して、開幕投手の座を勝ち取ったエース・岩隈は9回にフクーラに被弾し、完投を逃したものの、被災地である地元を元気付ける白星スタートとなった。7敗れたロッテは開幕戦6連敗。

 

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:21コメント(0)トラックバック(6) 

November 20, 2010

では、続いてパ・リーグ編。

【MVP】

選手名 球団 1位 2位 3位 点数
和田 H 76 62 19 585
杉内 H 59 54 23 480
西岡 M 44 25 36 331
ハマのスペランカー H 14 20 37 167
ダルビッシュ F 4 9 19 66
金子千 Bs 6 8 11 65
ファルケンボーグ H 3 11 11 59
摂津 H 5 7 11 57
小久保 H 3 2 3 24
川崎 H 1 3 9 23
馬原 H 0 6 3 21
T−岡田 Bs 1 0 6 11
成瀬 M 1 0 1 6
本多 H 0 1 2 5
中島 L 0 1 2 5
稲葉 F 0 1 0 3
片岡 L 0 0 2 2
岩隈 E 0 0 2 2
小谷野 F 0 0 1 1
(白票)   0 7 19 40

相変わらず、最優秀選手ではなく、最高殊勲選手の印象が濃いMVPだけに、一番気がかりだったのは、日韓クラブチャンピオンシップごときエキシビジョンマッチに進出した事で浮かれ果てているロッテに食われ、すっかり優勝チームの印象が消え失せてしまっているソフトバンクが果たして、正当に優勝チーム扱いして貰えているのかと言う点だったが、とりあえず、ソフトバンクから和田が選ばれて、一安心。と言っても、ロッテは突出したヒーローがおらず、200安打越えで首位打者の西岡ですら大活躍のイメージが薄かったのが奏功しているだけの事かもしれないが…。パ・リーグは打点・本塁打の数字が物足りず、投手陣もダルビッシュや金子千が4,5位チームとあって、普通に考えれば、和田,杉内の争いになるのは、目に見えていたか。ダントツ最下位とは言え、10勝しかしていない岩隈に3位票が2票入っているのは、釈然としない。投手だけ3人選んでも、岩隈は入って来ないだろ…

【新人王】

選手名 球団 得票数
榊原 F 84
甲藤 H 50
森福 H 15
荻野貴 M 10
トンガ F 6
清田 M 4
(該当者なし)   48

独走体勢と思われた荻野貴の戦線離脱により、混沌となってしまったパ・リーグ新人王レース。序盤の貯金だけで荻野貴が取ってしまいやしないかと警戒していたが、流石に、離脱期間が長過ぎた。該当者なしの可能性も予想に入れていたが、結局、中盤戦に驚異の勝ち運を発揮した榊原が混戦を制して、栄冠をゲット。本当の意味での「ルーキー」が殆ど活躍していないだけに、2年目以降の有資格者の争いになるのは分かっていたが、、上位3人が中継ぎ投手なんて珍しい事もあるもんだ。ポストシーズンで大ブレイクした清田だが、いかんせん台頭が遅過ぎた。トンガもアーチ量産時はもしや…と思わせたが、長続きしなかったのが残念。

以下はベストナイン…。

【投手】

選手名 球団 得票数
和田 H 59
金子千 Bs 56
ダルビッシュ F 50
杉内 H 36
ファルケンボーグ H 1
成瀬 M 1

最多勝を分け合った和田&金子千と、二冠のダルビッシュの三つ巴は和田が僅差で逃げきり、初受賞。僅かに遅れを取った杉内も十分、圏内ではあった。ホールド王のファルケンボーグは単純に先発投手陣と比較出来ない部分があるとしても、成瀬をトップ評価すると言うのは、イカレ投票と言わないまでも、少々疑問符が…。

【捕手】

選手名 球団 得票数
E 191
細川 L 3
里崎 M 3
鶴岡 F 3
田上 H 1
上本 L 1
的場 M 1

突如、打撃開眼した嶋が満票近い数字で初受賞。ゴールデングラブの受賞はかな〜り微妙だったが、こちらは文句なしだろう。満票取っても不思議ではないくらい、打撃成績では図抜けていた。下位の面々の成績を見ていくと惨憺たるもので(辛うじて里崎がマシな程度か)、よくもまぁ、こいつらに票を入れる気になったもんだと…。特に、的場とかに入れてる奴、誰だよ!

【一塁手】

選手名 球団 得票数
カブレラ Bs 128
小久保  H 50
M 15
T−岡田 Bs 8
フクーラ M 1
小谷野 F 1

すっかり中距離ヒッターっぽくなってしまったカブレラが2年ぶり4度目(他DHで1度)の受賞。カブレラとしては、大人しい数字ではあるのだが、他にめぼしい候補がいなかった。金は水島の呪いにさえかからなければ、打点王もベストナインもゲットしていたかもしれなかっただけに気の毒である。「ドカパロ」に置いて、存在を抹殺される事より、むしろ引っ張り出される事の方が恐ろしいのだと、まざまざと見せつけられた。小久保の50票は優勝チーム補正か?

【二塁手】

選手名 球団 得票数
田中 F 125
本多 H 42
井口 M 21
片岡 L 13
後藤 Bs 2

打率2位の田中が2年連続4度目の受賞。盗塁王の本多が追いすがったが、何だかんだで田中も34盗塁しているし、やはり、盗塁と言う要素はベストナインにおいて、あまり強みにはならない様だ。盗塁王を分け合い、ほぼ同じ打率の片岡に大差をつけている辺り、一応、本多に優勝チーム補正は付いていたのだろうか? それにしても、細川と言い、後藤と言い、こういう形で検証すると、FA戦線の目玉扱いされているのが何だか不思議に思えてくる。

【三塁手】

選手名 球団 得票数
小谷野 F 146
今江 M 56
中村 L 1

日韓クラブチャンピオンシップ出場権争奪戦のMVPなど、微塵も評価される筈がなく、今江を抑えて、打点王の小谷野が余裕の初受賞。長期離脱が響いた中村はフル出場していれば、本塁打王だったかもしれないと思わせる底力は見せたものの、今季に限って言えば、1票貰えたのが不思議なくらいである。だから、どうせ大局に影響しないだろ…的な投票はやめろっつーの!

【遊撃手】

選手名 球団 得票数
西岡 M 191
川崎 H 6
中島 L 6

200安打越えの首位打者・西岡が圧倒的大差をつけて3年ぶり3度目の受賞。昨年の大不振から巻き返した川崎だが、ここまでの差をつけられるとは思わなかった。打率に盗塁と、西岡とアピール出来る点が同じとは言え、この差は大き過ぎる気が…。中島もあの成績でこれ程の惨敗は予想外。もしや、西岡には亡命補正でも付いてるんじゃないか?

【外野手】

選手名 球団 得票数
ハマのスペランカー H 195
T−岡田 Bs 157
栗山 L 111
糸井 F 52
鉄平 E 50
坂口 Bs 15
稲葉 F 9
オーティズ H 8
サブロー M 6
聖沢 E 2
松中 H 1
高山 L 1
荻野貴 M 1
劇団ひちょり F 1

膝の高さから飛び降りただけで命を落としかねない貧弱な体で何と140試合も出ると言う奇跡を見せてくれた事に感動した記者の投票が殺到したのか、ハマのスペランカーがトップ当選で悲願の初受賞。開幕前からの多大な期待に応えて、見事、本塁打王に輝いたT−岡田も堂々の初受賞。3人目は僅差の戦いが予想されたが、結果は栗山が2年ぶり2度目の受賞となった。個人的には、糸井を推していたので、ちょっと残念。他にも鉄平,坂口など、似通った数字の選手が並んでおり、誰が獲っても理解は出来る状況ではあったが、その中で、栗山が4位以下にこれだけの差を付ける事が出来た決定的なポイントは一体何だったのか、イマイチ分からない。

【指名打者】

選手名 球団 得票数
フクーラ M 75
山崎 E 59
カブレラ Bs 36
ブラウン L 15
オーティズ H 4
中村 L 4
T−岡田 Bs 4
稲葉 F 2
小久保 H 1
ペタジーニ H 1
あの男 F 1
北川 Bs 1

フクーラが17年目にして、ついに初受賞。打撃専業のDHとしては、イマイチ、パッとしない数字で規定打席にも到達していない訳だが、他の面々がそれ以上にパッとせず、DHが本業でなかったりしているのだから、仕方ない。該当者なしじゃダメなの? やはり、DHにはもう少し長打力を求めたい所なのだが、山崎は長打力が及第点でも、打率が低過ぎたのが、頂けなかったと言う所だろう。それにしても、あの男に1票入れる暇があったら、他に幾らでも入れる奴がいるだろ! .262 7本 47打点なんて数字でリーグ随一のDHにあてがうくらいなら、いっそ白票にしろよ!

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 15:29コメント(0)トラックバック(7) 

June 23, 2010

◆S4−3G◆
ヤクルト先発・館山は初回、いきなり連打で無死一、三塁のピンチを背負うと、脇谷が二盗した際に暴投をかまして先制点を許すと言う、まるで昨夜の村中の再現の様な嫌な立ち上がり。更に、マッスル千代の富士の内野ゴロの間にも脇谷の生還を許して、2失点。ヤクルトは2回、先頭の武内がライトスタンドへ4号ソロを叩き込み、1点差。巨人は4回、二死から好調・阿部が22号ソロを叩き込み、再び点差は2点に拡大。しかし、その裏、ヤクルトは連続四死球で貰ったチャンスに相川,宮本と連続タイムリーで同点とし、巨人先発・西村健をKO。更に、二死満塁とした所で福地はショートゴロに倒れるも、坂本からの送球をマッスル千代の富士が落球するタイムリーエラーにより、タナボタの勝ち越し点をゲット。巨人は5回に坂本がヒットで出た以降はノーヒットと沈黙し、最後まで1点が届かなかった。館山は6回を3失点で4勝目

◆D4−2YB◆
ゴーグルで照明の光を反射させ、打者の目を眩ませると言う卑劣極まりない手段でもかましでもしなければ、とてもプロでは通用しない三流投手と言う悪夢の様なレッテルを貼られる水島の呪いに苛まれ続けている中日先発・山井は3回にカスティーヨに7号ソロを被弾し、先制点を献上。横浜先発のルーキー・加賀の前に5回まで僅か2安打、しかもいずれもゲッツーで殺してしまう有様で二塁も踏めずにいた中日は6回、二死から山井,荒木の連続二塁打でようやく追い付くと、続く7回には川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに森野が2戦連発10号ソロをぶち込んで、勝ち越し。更に、続くベンちゃんも川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに19号ソロを放り込むと、二死後、弟の代打として起用された兄・堂上剛の二塁打,谷繁のタイムリーで4点目。9回、守護神・岩瀬は連打を浴びて、1点を返されたものの、後続を断って、史上単独2位iに躍り出る通算253セーブ目。ゴーグルによる目眩ましをしなくても、7回1失点の好投を見せた山井は2勝目をあげた。

◆C4−9T◆
スタルツ,スタンリッジと助っ人同士の先発対決となったこの試合。阪神がスタルツの出鼻をくじき、マット・マートンのタイムリーで先制すると、2回には2四球で二死一、二塁とした所で鳥谷,平野,マット・マートンと3連打を浴びせて、3点を追加。一方、広島は4回、梵のヒットと連続四球で無死満塁とすると、ルパン広瀬,赤松と連続犠飛を打ち上げて、2点を獲得。7回に1点ずつ取り合って迎えた8回、広島は一死二塁からルパン広瀬がタイムリー二塁打を放ち、1点差。なおも一打同点の場面だったが、赤松,石井タクローと連続三振に斬って取られて、同点ならず。ピンチを脱した阪神は直後の9回、5長短打を集中して、4点を奪い、試合を決定付けた。スタンリッジは6回を2失点で切り抜け、3勝目をマーク

6/23高橋秀◆H3−9F◆
先発陣が踏ん張れない試合の続いているソフトバンク。この日も先発・高橋秀が初回からいきなりの3連打で先制を許すと、小谷野の犠打の後、糸井,高橋の連打を浴びて、この回3失点。3回にも1点を失うと、4回には一死一、三塁のピンチを作って、あえなくKO。2番手・金沢も代わりばな四球を出して、満塁とピンチを広げた挙げ句、稲葉,小谷野と連続タイムリーを浴びた上、糸井には7号2ランを被弾し、この回大量5失点。。その裏、ソフトバンクは松中の5号ソロ,ペタジーニの3号2ランで3点を返し、更に、3連打を浴びせるが、二塁走者・オーティズが本塁憤死すると、後続2人も打ち取られ、3点止まり。結局、ソフトバンクのチャンスはこれが最初で最後。5回以降は僅か1安打に抑え込まれての完敗で泥沼の6連敗。日本ハム先発の矢貫は4回途中KOとなったが、後を継いだ榊原が2回2/3を無失点の好リリーフで3勝目をあげた

◆E10−8L◆
西武は初回、ブラウンのライトポールを直撃する14号3ランで先制。その裏、嶋の犠飛で1点を返した楽天だが、直後の2回に原にタイムリーを浴び、3回にルイーズのタイムリーで1点を返すと、またも直後の4回に中島にタイムリーを許し、一向に点差が縮まらない。3点ビハインドの儘、迎えた6回、楽天はこの回から代わった大沼に対し、一死から連打を浴びせると、二死後、嶋がライト前へタイムリー。更に、鉄平が歩いた後、4番手・小野寺から中村が同点2点タイムリー。更に、山崎のサードゴロが黒瀬の悪送球を誘い、勝ち越すと、ルイーズ,高須と連続タイムリーが飛び出し、この回大量7点のビッグイニングを形成。続く7回には鉄平のタイムリー三塁打で10点目。西武は8回に2点、9回に1点を返し、2点差まで追い上げたが、僅かに及ばず、連勝は4でストップ。楽天2番手の青山は2回1/3を無失点に抑え、今季初勝利

◆M−Bs◆
降雨中止。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:41コメント(0)トラックバック(17) 

May 29, 2010

◆L0−4G◆
東野,帆足の両先発が1,2回と3人ずつで退ける上々の滑り出し。帆足は3回も簡単に二死を取るが、ここから亀井,坂本と連続二塁打を浴びて、先制点を献上。巨人は続く4回には先頭の寿司職人ラミレスが17号ソロを叩き込むと、7回には阿部,長野が連続アーチと得意の一発攻勢で突き放した。東野は6回までノーヒットの快投を見せ、快挙への期待が懸かったが、足に張りを訴えた事で大事を取って降板。7回からは越智−山口と繋いで完封リレーを達成し、東野は自己最多タイとなる8勝目をマークした

◆H4−2D◆
0−0で迎えた4回、中日は先頭の森野が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにライトスタンドへ8号ソロを叩き込み、1点を先制。一死後、ベンちゃんのヒット,井端の四球で一、二塁とチャンスを広げるも、小池,セサルと倒れて、二者残塁。その裏、中日先発・ウッチャンに対し、ソフトバンクは先頭の本多が死球で出ると、すかさず二盗。一死後、ハマのスペランカーが同点タイムリー二塁打を浴びせると、続く松中もレフト前へタイムリーを放ち、勝ち越しに成功。続く5回には先頭の山崎がレフトスタンドへ突き刺さる2号ソロを放ち、3点目。2点を追う中日は8回、3番手・ファルケンボーグにタイして、一死から森野が二塁打を浴びせると、二死後、ベンちゃんにイムリーが飛び出し、1点差。しかし、その裏、ソフトバンクは本多のタイムリー三塁打で貴重な4点目を追加。最後は守護神・馬原が3人でピシャリと締めた。先発の和田は6回を1失点10個の三振を奪う力投で7勝目をあげた

◆E3−2C◆
初回一死一、二塁のチャンスを逃した楽天は続く2回にも二死一、二塁のチャンスに聖沢が凡退。一方、広島も3回に一死二塁とすると、東出のサードゴロを草野がエラー。しかし、一塁送球の間に三塁を欲張った二塁走者・石原がタッチアウト。続く梵が四球で歩くも、天谷が倒れて、結局、無得点。0−0の儘、迎えた6回、広島はヒットの東出を梵が送った所で先のチャンスの潰した天谷が3号先制2ラン。8回から先発・スタルツに代わり、林を投入するが、これが裏目。一死から連打を浴びて、一、三塁のピンチを背負うと、鉄平のセカンドゴロ,中村紀のタイムリーで同点。土壇場9回には一死満塁とサヨナラのチャンスを作るが、聖沢,高須と倒れて、延長にもつれ込んだ。迎えた10回裏、広島は4月13日以来の登板となる永川勝を投入するが、復帰早々、永川劇場が開演される事に…。いきなり先頭の鉄平に痛打されると、一死後、連続四球で満塁のピンチ。ここで嶋にセンター前へタイムリーを浴びて、悪夢のサヨナラ負け。先発・岩隈は9回2失点の好投が報われず、10回から登板の小山に2勝目が転がり込んだ。

◆F2−4T◆
2回、二死満塁のピンチを切り抜けた日本ハムはその裏、糸井,小谷野,高橋の3連打で先制すると、更に、二死満塁とした所で劇団ひちょりが押し出し四球を選んで、1点を追加。2点を追う阪神は4回、キュラソ星人,新井の連打で無死一、三塁とすると、高橋のエラー,小谷野の野選で地味に同点。6回には新井,J.マッケンジーのヒットで一死一、三塁のチャンスを作ると、代打・鳥谷がライト前へ弾き返して、勝ち越し。なおも一、三塁のチャンスに藤川俊はスクイズを仕掛けるも空振りし、飛び出したJ.マッケンジーが刺されて、追加点ならず。しかし、続く7回、一死満塁から、ここまで3安打と当たっている新井が犠飛を打ち上げ、4点目をあげ、日本ハム先発・ダルビッシュはこの回限りで降板となった。阪神は8回の頭から、何と早くも守護神・藤川球を投入。8回は三者凡退に抑えた藤川球は9回、二死満塁と一打同点のピンチを背負ったものの、最後は稲葉を打ち取り、辛くも逃げ切った。先発の鶴は6回を2失点で5年目にしてプロ初勝利を飾った

5/29石川◆Bs4−11S◆
37年ぶりの10連敗は何としても阻止したいヤクルトは2回に相川のタイムリーで先制するが、開幕6連敗中の先発・石川が4回に北川に1号逆転2ランを被弾。1点を追うヤクルトは6回、この回から代わった菊地原からガイエルが13号同点アーチ。更に、3番手・香月から一死後、武内,宮本,相川,藤本と4連続長短打を浴びせて、一気に3点を勝ち越し。その裏、暴投で1点を返されるが、7回には5本の単打を集中して、4点を追加。更に、8回にも相川の犠飛等でダメ押しの2点を加え、試合を決定付けた。久々に打線が爆発し、連敗を9で止めたヤクルトはようやく交流戦初勝利。石川は6回3失点とピリッとしない内容だったが、打線の援護に恵まれ、ついに今季初白星となった

◆M5−0YB◆
ロッテは2回、フクーラのヒットと2四死球で満塁とすると、今江が先制の2点タイムリー二塁打。追いかける横浜は5回、二死走者なしからカスティーヨ,金城と連打を浴びせるも、井手がショートゴロに倒れて、二者残塁。ロッテは6回、一死からサブローがレフトスタンドへ9号ソロを放り込み、横浜先発・ハマのチンピラはこの回限りで降板。8回には四球のサブローを一塁に置いて、フクーラが4号2ランを放り込んで、ダメ押し。7回からは伊藤−薮田−小林宏と1回ずつ繋いで完封リレーを達成。先発の吉見は古巣相手に6回を3安打無四球無失点の好投で2勝目を飾った

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:49コメント(0)トラックバック(13) 

April 25, 2010

◆G8−2C◆
グライシンガーの離脱で開幕一軍の期待を懸けられながら調子が上がらず、ようやく今季初登板となったオビスポは初回、3人で打ち取る上々の滑り出し。その裏、ガッツの8号2ランで先制して貰うも、直後の回、坂本のエラーの後、末永,ルパン広瀬,小窪と3連打であっさり同点を許してしまう。追い付かれた巨人は3回、松本,ガッツ,寿司職人ラミレスの3連打で勝ち越し、広島先発・小松をKO。4回にはオビスポが自らを助ける来日初アーチを叩き込むと、5回には水島の呪いに苛まれている3番手・篠田から寿司職人ラミレス,亀井のタイムリー二塁打で2点を追加。7回にはここまで3打席3三振のマッスル千代の富士に2年ぶりとなる2ランが飛び出し、ダメ押し。最後は育成から這い上がってきたルーキー・星野がプロ入り初登板し、無難に締め括った。巨人はこれで5連勝。オビスポは打っては一発含む2安打,投げては7回を自責点1の活躍で今季初勝利。しかし、好調・松本が左太腿を痛めて途中退場。筋膜炎と診断され、登録抹消の可能性もあるとの事。控えに名だたる選手がズラリと揃っているとは言え、首位打者&盗塁王をひた走る松本の穴の戦線離脱は大きな痛手になりそうだ。

◆T5−8D◆
不振の選手が悪いと言うより、不振にも拘わらず、懲りもせず、何の手も打たずに使い続けていた落合監督が悪いのだが、今更になって、ブレーキの続いていたセサル,藤井らがようやく二軍落ちとなった中日は初回、新井のエラー,森野のヒットの後、ブランコが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに7号3ランを叩き込み、先制。この後の二死満塁のチャンスは潰してしまったが、続く2回には森野のタイムリーで4点目。勢い付く中日は続く3回にも山内の犠飛で1点を加えると、4回にはベンちゃんのタイムリー,大島の2点三塁打で3点を追加。阪神は中盤以降、リリーフ陣が踏ん張りを見せ、鳥谷のグランドスラム等で3点差まで追い上げたが、序盤の失点が大きく響き、3タテならず。中日は一軍昇格即スタメンのルーキー・大島が3安打2打点の活躍を見せるなど、テコ入れが成功。先発の山内は7回途中まで自責点0に抑え、プロ初白星

◆YB5−3S◆
0−0で迎えた4回、ヤクルトは一死からガイエルが8号ソロを放り込み、1点を先制。先発・村中は4者連続三振を奪うなど、快投を続けていたが、その裏、突然崩れ、スレッジのタイムリーで追い付かれると、二死一、二塁となった後、武山に走者一掃の勝ち越しタイムリー三塁打を浴びて、この回3失点。6回には吉村の犠飛等で2点を失い、この回限りでKO。4点を追うヤクルトは7回、森岡のタイムリーで1点を返すと、続く8回にはガイエルがこの日2本目となる9号ソロを叩き込み、2点差まで詰め寄るが、反撃もここまでだった。横浜先発のルーキー・加賀は5回を1失点で切り抜け、4度目の先発でついにプロ初白星を掴んだ

◆M5−3H◆
ロッテは初回、一死一、二塁から金が先制タイムリー。更に、二死後、サブローが歩いて満塁とするも、南はセカンドフライに倒れて、1点止まり。続く2回には里崎が2号ソロを叩き込み、1点を追加。3回二死満塁,4回二死一、二塁と立て続けにチャンスを潰してしまうが、5回、今江のタイムリーで3点目を追加。毎回安打を放ちながら、攻めあぐねていたソフトバンクは6回、先頭の本多がヒットで出ると、オーティズが7号2ランを叩き込み、1点差。その裏、大松のタイムリー二塁打で突き放されるも、直後の7回、二死から代打・松中,川崎,本多の3連打で再び1点差とし、なおも一、二塁のチャンスに前の打席で一発を放っているオーティズに繋いだが、サードゴロに倒れて、同点ならず。ロッテは8回に大松の2打席連続タイムリー二塁打でダメ押し。最後は小林宏が締め括った。先発・川越が右太腿裏を痛めて、打者5人で降板するアクシデントに見舞われたが、緊急登板となったルーキー・大谷は3回1/2を無失点の好リリーフを見せ、プロ初勝利を飾った

◆E4−3F◆
3回、楽天は嶋,牧田,聖沢の3連打で無死満塁とすると、渡辺直,高須と連続犠飛を打ち上げ、2点を先制。2点を追う日本ハムは4回二死から渡辺直のエラー,あの男のヒットの後、小谷野のタイムリーで1点差。6回には一死一、二塁からまたも小谷野がタイムリーを放ち、同点。更に、大野が歩いて満塁となった所で代打・今浪が押し出し四球を選んで、労せずして勝ち越し。しかし、その裏、二死満塁のチャンスを作り、日本ハム先発・武田勝をKO。代わった武田久に対して、嶋が2点タイムリー二塁打を浴びせて、一気に逆転。7回からは辛島−川岸と繋いで、1点差を守りき李、今季初の3連勝。先発・田中は6回降板と不本意な内容ながらも3勝目を手にした。

◆Bs1−3L◆
帆足,伊原の投げ合いで前半戦は両軍ゼロ行進。均衡が破れたのは6回。西武は一死からヒットで出た栗山を一塁に置いて、中村が6号2ランをぶち込んで、ついに先制。ここまで2安打と沈黙していた偽バファローズはその裏、ヒットの坂口を二塁に置いて、後藤がタイムリー二塁打を放ち、1点差。1−2の儘、迎えた土壇場9回、西武は死球とエラーでタナボタの1点を追加。最後は守護神・シコースキーが3人でピシャリと締めて、逃げ切りに成功。帆足は7回途中まで1失点に抑え、3勝目。今季初先発の伊原は打線の援護に恵まれず、粘投虚しくプロ初白星を逃した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:27コメント(0)トラックバック(32) 

May 24, 2009

5/24 平野◆G6−8Bs◆
4月9日以来の登板となる平野に対して、巨人は1,2,3回と立て続けに得点圏に走者を送りながら、悉く逸してしまう拙攻を展開。一方、ここ5試合白星から遠ざかっている東野は制球に苦しみながらも、3回まで無失点と粘っていたが、4回、一死満塁のピンチを迎えると、山崎浩に走者一掃の先制タイムリー二塁打を浴びて、3点を失い、この回限りでKO。5回から登板の2番手・久保はいきなり連続三振の好スタートを見せるも、ここから大村,ラロッカ,下山のクリーンアップに3連続二塁打を浴びて、2点を献上。5点を追う巨人は6回、阿部のタイムリー二塁打でようやく1点。7回に2点を失い、リードを広げられるも、その裏、ガッツが11号2ラン,8回には李が11号バックスクリーン弾を叩き込み、3点差。9回にプロ初登板となった木村正が山崎浩のタイムリーで1点を失い、その裏、偽バファローズはセーブのつかない場面ながらも守護神・加藤を投入。これに対して、巨人は連打と四球で無死満塁と一発で同点の大チャンス。ここで寿司職人ラミレスがセンター前へ2点タイムリーを放ち、2点差とするも、前の打席で一発を放っている李が空振り三振。亀井,松本も打ち取られ、あと一歩及ばなかった。平野は6回1失点の好投で1年8ヶ月ぶりの白星を手にした。

◆S4−8H◆
初回に満塁のチャンスを逃したソフトバンクだが、3回、相川のタイムリーエラーで労せずして、先制すると、更に、オーティズが6号2ラン。5回には小久保が5号2ランを叩き込んで、ヤクルト先発・川島亮はこの回限りでKO。続く6回には2番手・李からオーティズがタイムリー二塁打を浴びせて、2点を追加。ヤクルトはその裏、飯原の2点タイムリーでようやく反撃。8回には宮本のタイムリー二塁打,ガイエルの犠飛で2点を追加し、3点差まで詰め寄るが、土壇場9回、ソフトバンクは長谷川の2号ソロで貴重な1点を追加。ヤクルトはその裏、来日以来16試合自責点0のファルケンボーグから田中のタイムリー二塁打で1点を返したものの、反撃はそこまで。交流戦無敗を誇る大隣は8回途中まで4失点で2勝目を飾った。

◆D1−0F◆
連日、好投の投手を見殺しにする事にご執心の中日。名手・川相の現役復帰待望論は強まる一方だと言うのに、空気を読めない落合監督は川井を起用する事でお茶を濁そうとするぬるま湯采配。所詮、カワイであって川相ではない川井ではチームの悪い空気を一掃する事は出来ず、この日も中日は初回から一死一、二塁のチャンスをゲッツーで潰す拙攻を展開するなど、3回まで無得点。しかし、4回、ブランコが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに12号ソロを叩き込み、先制点をゲット。6回には二死一、三塁と追加点のチャンスを作るが、ベンちゃんがショートゴロに倒れて、二者残塁と川相不在が故の詰めの甘さを露呈。日本ハムは7回、二死走者なしから代打に起用されたトンガがプロ2本目のヒットを放つと、続いて代打に起用されたあの男もヒットで繋いだが、金子誠がサードゴロに倒れて、二者残塁。ロクな援護を貰えない中、川井は粘りの投球で7回を無失点で切り抜けると、8回からは移籍初登板の河原が二死二塁のピンチを迎えながらも、何とか凌ぎ、最後は守護神・岩瀬が締めて、最少リードを守りきる完封リレーを達成。投手陣の踏ん張りで辛くも逃げ切ったものの、ソロアーチ一発でしか点の取れない一発依存症,タイムリー欠乏症ぶりは深刻を極めており、名手・川相の現役復帰を待望する声はより一層強まる事となった

◆C7−5L
西武は初回、いきなりの3連打で先制すると、続く中村がレフトスタンド2階席へ飛び込む17号3ランと、打者4人であっと言う間の4得点。しかし、先発・オツがこのリードを守れない。その裏、赤松のタイムリー二塁打,嶋の犠飛,石原のタイムリーであっさり同点とされると、2回には栗原に勝ち越し5号2ランを浴び、あえなくKO。広島は4回にも赤松がタイムリーを放ち、7点目。西武は直後の5回、中島の6号ソロで応戦するも、6回から林−シュルツ−横山と繋ぐ広島の継投の前に追加点を奪えない。最後は守護神・永川が3人でピシャリと締めて、球団新の通算139セーブ目をマーク。先発のルーキー・小松は5回5失点ながら打線の援護に恵まれ、プロ初白星を飾った。

◆T−M◆
福原,小林宏の投げ合いで3回まで両軍無得点。4回裏、小林宏が先頭の鳥谷を三振に斬って取った所で雨が強くなり、試合中断。結局、その儘、降雨ノーゲームとなった。

◆YB2−5E◆
初回に内川の9号ソロで先制を許した楽天は4回、一死満塁からショートがレフトへ同点犠飛。更に、続く嶋がタイムリーを放って、勝ち越しに成功。これで主導権を握った楽天は続く5回には鉄平がタイムリー。6回には嶋,長谷部の連打で小林をKOすると、代わった石井から小坂,草野が連続タイムリーを放ち、5点目を追加。先発・長谷部はその裏、吉村の犠飛で2点目を許し、降板となったが、7回から登板の青山が残り3回をパーフェクトに抑える好リリーフで今季初セーブ

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:30コメント(0)トラックバック(19) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ