小笠原孝

April 07, 2010

4/7小笠原◆T0−3G◆
志半ばでこの世を去ったキムタクを弔う為にも何としても勝ちたい巨人は3回、坂本のタイムリー,ガッツの3号2ランで3点を先制。投げては西村健はが7回を無四球3安打無失点と素晴らしい投球を見せるなど、完封リレーを果たし、完勝を収めた。一発含む4安打と気を吐いたガッツはお立ち台で「今日はどうしても勝ちたかった。チーム1人1人が思うことがあった中でゲームをやった。木村コーチが勝たせてくれた」と、キムタクへの想いを口にした。西村健は4年ぶりの先発白星。右手故障で離脱したクルーンに代わり、最後を任された越智は今季初セーブ。何も悪い事はしていないが、特に、良い事もしていない江戸川は今季初めてスタメンを外され、代わりに初スタメンに起用された脇谷が2打数2安打の活躍。終盤、代打で起用された江戸川は投手がメッセンジャーに代わると、代打の代打・李を送られてしまう無体な扱いで今後の起用法に不安を残した。

◆YB0−2D◆
4回までパーフェクトに抑え込まれ、5,6回には立て続けに満塁のチャンスを逃すなど、拙攻三昧の中日だったが、7回に川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに2号ソロを叩き込み、ようやく先制。8回から浅尾−岩瀬と繋ぐ完封リレーで6連勝。先発・小笠原は7回無失点で今季初白星。

◆S7−1C◆
4番・デントナが大爆発。初回に先制タイムリーを放てば、5回にも中押し点に繋がるライト前ヒット。6回には無死満塁から5号グランドスラムをぶち込むと、8回にもダメ押しの犠飛を放ち、4安打6打点。なかなか調子が上がってこない先発・館山だが、この日は8回を自責点0に抑える好投で2勝目を飾った。

◆F3−6E◆
初回に先制されながら、山崎の今季初アーチで追い付いた楽天は3回に聖沢,鉄平の連続タイムリー等で3点を勝ち越し。そのまま、逃げ切って、今季初の連勝。先発・長谷部は6回途中3失点で降板となったが、打線に援護に恵まれ、2勝目をマーク。

◆L9−2Bs◆
初回に中島が3号先制2ラン,3回には悩める主砲・中島に開幕51打席目にしてようやく1号2ランが飛び出すなど、一発攻勢で主導権を握った西武が快勝。西武先発・石井一は7回を2失点で2連勝。敗れた偽バファローズは5連敗。先発・山本は5回9失点KOの体たらくだった。

◆H0−5M◆
プロ初勝利を目指す巽だが、初回から押し出しで先制を許すなど、2回3失点KO。一方、ロッテ先発・大嶺は10三振を奪う力強い投球でソフトバンク打線を寄せ付けず、散発4安打完封で今季初勝利。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:56コメント(0)トラックバック(19) 

September 19, 2009

9/19 クルーン◆S3−6G◆
8月25日以来白星から遠ざかり、最多勝のタイトルにも黄信号が灯っているヤクルト先発・館山はこの日も立ち上がりからピリッとせず、二死から四球と連打で満塁とした挙げ句、好調・阿部に29号グランドスラムを被弾し、あっと言う間に4失点。一方、巨人先発・久保も1,2回と2人ずつ走者を許す苦しい投球。そこまでは何とか凌いだものの、3回、二死二塁からデントナに約1ヶ月ぶりとなる20号2ランを被弾。5回には二死一、二塁のピンチを迎え、勝利投手の権利まであと一人と言う所で無念のKO。代わった藤田もガイエルにタイムリーを浴び、1点差。2回以降立ち直りを見せていた館山だったが、6回、一死満塁のピンチで坂本にタイムリーを浴び、降板を余儀なくされ、またも白星ならず。巨人は続く7回にも寿司職人ラミレスの28号ソロで1点を追加。越智−山口と繋いで、最後を任された守護神・クルーンは一死から振り逃げ1つを含む三者連続三振で締め、通算150セーブを達成した。通算250試合目での達成は小林雅の314試合を大幅に上回る史上最速記録。2回を無失点に抑えた3番手・越智に8勝目がついた。巨人のマジックは1つ減って6。

◆D5−2YB◆
初回、中日は四球の井端が内野ゴロと捕逸で三進すると、森野のタイムリーで先制のホームイン。続く2回には3連打で無死満塁と絶好のチャンスを作るが、谷繁,小笠原と連続三振。井端もセカンドゴロに倒れて、3人の走者は釘付け。続く3回には荒木,森野の連打の後、ブランコはセカンドゴロに倒れるも、山崎のタイムリーエラーでタナボタの2点目。なおも一、三塁のチャンスだったが、ベンちゃんはファーストフライ,李はセカンドゴロゲッツーを食らい、1点止まり。効率の悪い攻撃に業を煮やしたか、続く4回、先頭の平田が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに2号ソロを叩き込むと、四球の谷繁を小笠原が送った所で井端がタイムリーを放ち、4点目。更に、7回にはブランコのタイムリー二塁打で1点を追加。横浜は8回に山崎のタイムリー内野安打でようやく1点を返し、9回には先頭のジョンソンの23号ソロで2点目をあげると、更に、メカゴジラが四球。代わった3番手・浅尾から吉村がいきなり死球を食らい、無死一、二塁のチャンス。セーブのつく場面になっても落合監督は何故か、一向に岩瀬を投入しようとはせず、岩瀬の出ぬ間に畳み掛けたい横浜だったが、森笠,内藤の代打攻勢がいずれも実らず、とうとう二死。左打者が続いても岩瀬が投入される気配がなく、ここまで来たら、最後まで浅尾でいくのかと思いきや、落合監督は何故かこのタイミングでようやく岩瀬をコール。岩瀬は謎の起用法にも動揺する事なく、最後の打者・下園を退け、41セーブ目。先発・小笠原は8回を1失点の好投で7勝目

◆T3−4C◆
広島は初回、東出,石井タクロー,天谷の3連打で無死満塁とした所で栗原が先制2点タイムリー二塁打。なおも二、三塁の場面だったが、後続3人が倒れて、追加点ならず。阪神は2回、先頭のキュラソ星人が2試合連続20号ソロを叩き込むと、3回には浅井の4号ソロ,鳥谷の19号ソロと一発攻勢で逆転に成功。1点を追う広島は6回、二死走者なしから石原が10号同点ソロを叩き込むと、続く7回には石井タクローの三塁打の後、天谷がセンターへ犠飛を打ち上げ、勝ち越しに成功。8回からはシュルツ−永川と繋ぐ必勝リレーが決まり、1点差を守りきった。先発の前田健は7回を3失点で切り抜け、8勝目。広島はヤクルトに並ぶ4位タイに浮上。阪神は負けている場面で藤川を投入する執念も及ばず、3連敗となった。

◆L1−6H◆
V奪回へ後がなくなりつつあるソフトバンクだが、この日も3回に後藤の5号ソロで先制される苦しい展開。しかし、直後の4回、先頭のオーティズが18号同点ソロを叩き込むと、続く5回には二塁打の長谷川を田上が送った所で明石がレフトへ勝ち越しの犠飛。6回には小久保のタイムリー二塁打の後、ハマのスペランカーに17号2ランが飛び出し、3点を追加。WBC使用球はからっきしだが、NPB使用球ならお手の物…だった筈の西武先発・岸だったが、無念の5失点KOとなった。ソフトバンクは更に、7回にも川崎にタイムリーが飛び出し、ダメ押しの6点目。何とか一矢報いたい西武は土壇場9回、不振から守護神失格を示唆された馬原に代わり、最後を任された攝津アッパーに対し、3本のヒットで一死満塁としたものの、最後はG.G.佐藤がゲッツーを食らい、万事休す。これで西武は再び自力3位の可能性が消滅した。ソフトバンクの連敗は3でストップ。先発のホールトンは8回1失点の無四球投球で11勝目をあげた

◆E10−4M◆
0−0で迎えた5回、楽天は一死からリンデン,中谷の連続二塁打で先制すると、更に、中村真もタイムリーで続き、この回2点。直後の6回、ロッテは3四球で貰った二死満塁のチャンスで今江が2点タイムリーを放ち、一気に同点。しかし、その裏、楽天は連打と死球で無死満塁とし、ロッテ先発・唐川をKOすると、変わった川崎から草野がタイムリーを放ち、2点を勝ち越し。更に、リンデンが歩いた後、代打・青波の長瀬が野選を誘い、1点を追加。この後、暴投で1点を加えると、一死満塁となった所で鉄平のセカンドゴロ,角中のタイムリーエラー,憲史のタイムリーで大量8点のビッグイニングを形成し、試合を決定付けた。先発の青山は6回途中でKOとなったが、2番手・佐竹が1回1/3を無失点に抑え、今季初勝利

◆Bs1−4F◆
18日ぶりの登板となる日本ハム先発・糸数に対し、偽バファローズは3回、岡田,坂口,阿部の3連打で先制。なおも無死一、二塁で打順はクリーンアップと言う所だったが、北川,ローズ,後藤とあえなく凡退し、1点止まり。偽バファローズ先発・平野に対し、5回までゼロ行進を続けていた日本ハムは6回、一死から連続四球でチャンスを作ると、二死後、スレッジのタイムリー二塁打で同点。続く7回には二死満塁のチャンスを作ったものの、稲葉がファーストゴロに終わり、勝ち越しならず。1−1の儘、迎えた土壇場9回、日本ハムは連打と四球で一死満塁とすると、劇団ひちょりが走者一掃のタイムリー三塁打を放ち、一気に3点を勝ち越し。尻上がりに調子を上げていった糸数は6回以降、偽バファローズをノーヒットに抑え込み、プロ初完投で3勝目をマーク。日本ハムのマジックは1つ減って11となった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:35コメント(0)トラックバック(23) 

September 12, 2009

◆C−G◆
降雨中止。

◆D4−2S◆
精彩を欠いた戦いが続くヤクルトはこの日も3回まで毎回走者を出しながら、チャンスをモノに出来ない体たらく。2回まで踏ん張っていた先発・押本だったが、3回、二死二塁から井端に先制タイムリーを許すと、続く4回には一死一塁からベンちゃんに川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに25号2ランをぶち込まれ、2失点。7回までゼロ行進を続けていたヤクルトは8回、この回から代わった浅尾に簡単に二死を取られるも、ここから青木のヒット,デントナの四球で一、二塁のチャンスを作ると、ガイエル,宮本と連続タイムリーを放ち、1点差。なおも一、二塁のチャンスだったが、野口が三振に倒れ、同点ならず。その裏、中日はブランコの犠飛で貴重な1点を追加。土壇場9回、ヤクルトは守護神・岩瀬相手に二死満塁とワンヒットで同点のチャンス。しかし、ここで8回、デントナに代走・森岡を送ってしまったツケが出て、代打・川本を送るが、レフトフライに終わり、万事休す。これでヤクルトは泥沼の7連敗で球団ワーストの12カード連続負け越しを記録。中日先発・小笠原は6回2/3を無失点で切り抜け、6勝目をあげた

◆T2−4YB◆
デーゲームでヤクルトが敗れ、勝てば3位浮上となる阪神だったが、1,2回と順調に抑えてきた先発・福原が3回、突如、制球を乱し、3四球で二死満塁のピンチを作った挙げ句、内川に走者一掃の先制タイムリー三塁打を浴び、この回限りでKO。3点を追う阪神は4回、一死から関本の死球,浅井の二塁打で二、三塁とすると、狩野のショートゴロの間に関本が生還。続く5回には一死から平野,鳥谷と連打を浴びせると、キュラソ星人がタイムリー二塁打。二塁走者・平野に続いて、一気に同点を狙った一塁走者・鳥谷だったが、惜しくも本塁憤死で1点止まり。すると直後の6回、横浜は二死満塁から山崎のタイムリーで突き放す。阪神は8回、この回から代わった真田に対し、キュラソ星人,関本のヒットで一死一、二塁のチャンス。しかし、代打・悠久の若虎・桧山が三振に倒れると、続く狩野もショートフライに終わり、二者残塁。土壇場9回、横浜3番手・山口に対し、阪神は先頭の代打・野原祐がライト前ヒットで出塁。しかし、葛城イクローは三振に倒れると、続く平野はピッチャーゴロゲッツーを喰らう最悪の展開でゲームセットとなり、3位浮上はならなかった。横浜先発・ランドルフは7回2失点で3勝目

9/12 山崎武◆H5−6E◆
ソフトバンク先発・ホールトンは初回、簡単に二死を取ったものの、ここから鉄平に痛打されると、続く山崎武に34号2ランを被弾し、先制点を献上。2,3,4回と3人ずつで打ち取り、立ち直ったかと思いきや、5回、草野,中谷にヒット,小坂に四球を許し、一死満塁のピンチを迎えると、渡辺直にセンターへ犠飛を打ち上げられ、3点目を献上。一方、楽天先発・青山は1,2,3回と得点圏に走者を背負いながらも、無失点で切り抜ける粘りの投球。6回、一死満塁のピンチを背負った所でKOされるが、代わった佐竹が松中をショートゴロゲッツーに仕留めて、ピンチ脱出。8回、楽天は一死から代打・宮出のヒットの後、鉄平のタイムリー三塁打,山崎武のこの日2本目となる35号2ランで3点を追加。これで決まったかと思いきや、その裏、ソフトバンクが猛反撃を開始。一死から本多,川崎,オーティズ,小久保,松中と怒濤の5連打で4点をあげると、二死後、田上のヒット,代打・ハマのスペランカーのタイムリー二塁打で1点差。更に、吉川が歩いて、満塁と一打逆転の場面を作ったが、ここで代わった小山の前に本多がサードファールフライに倒れて、三者残塁。9回は三者凡退に終わり、僅かに及ばず、4連敗となった。青山は5回1/3を無失点に抑え、2勝目。先発としては2年4ヶ月ぶりの白星。楽天は6連勝でアジアシリーズ出場権争奪戦出場権争奪戦進出へのマジック19を点灯させた。

◆F2−4M◆
日本ハム先発・八木に対し、3回まで毎回安打を浴びせながらも、あと一本が出ずにいたロッテだが、4回、先頭のサブローが21号ソロを叩き込み、1点を先制。6回には今江の二塁打の後、またもサブローがタイムリーを放ち、1点を追加。8回には先頭のサブローがこの日4安打目となる二塁打で出ると、一死後、大松がタイムリー二塁打。更に、里崎がヒットで繋いだ後、ベニー松山が犠飛を打ち上げ、4点目。ロッテ先発・唐川の前に散発2安打と沈黙していた日本ハムはその裏、一死一、二塁から田中のタイムリーでようやく1点を返すと、続く糸井のセカンドゴロの間にも1点を加え、2点差。土壇場9回には抑えのシコースキーに対し、先頭の高橋が内野安打で出るも、続くスレッジがファーストゴロゲッツーに倒れる最悪の展開。続く小谷野も三振に斬って取られ、これで今季2度目の6連敗となった。唐川は8回2失点の好投で5勝目

◆L2−3Bs◆
2回、ローズの20号ソロで先制を許した西武だが、3回、二死走者なしから栗山が二塁打を浴びせると、続く中島のライト前タイムリーで同点。続く4回には一死からG.G.佐藤が19号ソロを叩き込み、勝ち越しに成功。WBC使用球はからっきしだが、NPB使用球ならお手の物な西武先発・岸は6回までローズの一発のみの1安打投球を見せていたが、7回、一死からフェルナンデス,日高と連続二塁打を浴び、追い付かれると、二死後、下山にもタイムリーを許し、勝ち越し点を献上。この回限りでKOとなった。偽バファローズは9回から先発要員の金子を投入。先頭の中村に痛打されるも、後続3人をきっちり打ち取り、2年ぶりのセーブ。先発・平野は8回2失点で5月31日以来となる3勝目をあげ、自身の連敗を9でストップさせた

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:06コメント(0)トラックバック(16) 

August 15, 2009

8/15 グライシンガー◆G9−7T◆
初回、亀井のタイムリー二塁打で先制した巨人は続く2回、二死から投手のグライシンガーがセンター前に弾き返すと、坂本,キムタクとヒットを連ねて2点を追加。続いて、左足痛で欠場のガッツに代わり3番ファーストで起用された阿部が死球を食らうと、寿司職人ラミレスが17号3ランを放り込み、この回5点。阪神先発・筒井はこの回限りでKOとなった。巨人は4回にも阿部の16号ソロ,松田記者のタイムリー二塁打で2点を加え、8点目。楽勝ペースと思いきや、4回まで1安打無失点の好投を見せていたグライシンガーが5回、ブラゼルにヒットを浴びると、坂本のエラーで一、二塁のピンチ。一死後、代打・高橋光をファーストゴロに打ち取るも、阿部からの送球をまたも坂本がエラーし、この間に1点を献上。更に、二死満塁となった所で鳥谷,キュラソ星人,新井と3連続タイムリーを浴び、この回悪夢の6失点。2点差と詰め寄られた巨人はその裏、グライシンガーの代打・工藤が二塁打を放つと、二死後、キムタクのタイムリーで1点を追加。3点を追う阪神は7回、ヒットで出たシャア少佐が盗塁に失敗するも、続く平野が右中間突破の三塁打を放ち、2番手・越智をKO。代わった山口に対し、二死後、キュラソ星人がレフトオーバーのタイムリー二塁打を放ち、再び2点差。更に、新井が歩いて、一、二塁と一発が出れば逆転と言う場面を作ったが、ブラゼルは三振に倒れて、1点止まり。9−7の儘、迎えた土壇場9回、巨人は守護神・クルーンを投入。既に、越智,山口を使い切っている状況で無様な投球は許されないクルーンは一死から代打・悠久の若虎・桧山に痛打されるも、鳥谷,キュラソ星人と打ち取って、事なきを得た。グライシンガーは5回6失点ながら、来日以来3年連続となる2桁勝利をマーク。ゴンザレス,グライシンガーと1球団で2人の助っ人が2桁勝利を記録したのは史上初。

◆D2−1S◆
中日は2回、ブランコ,ベンちゃんと連打を浴びせると、一死後、藤井が歩いて満塁。ここで谷繁も四球を選んで押し出しでタナボタの先制点をゲット。なおも満塁のチャンスだったが、小笠原はセカンドゴロゲッツーに倒れて、1点止まり。4回にはブランコ,ベンちゃんと連続四球を選ぶも、後続3人があえなく凡退し、二者残塁。相変わらずのタイムリー欠乏症ぶりに業を煮やしたか、5回、井端が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにレフトスタンドへ5号ソロを叩き込み、2点目。走者を出しながら、あと一本が出ず、ゼロ行進を続けてきたヤクルトは8回、先頭の福地がヒットで出るも、田中がピッチャーゴロゲッツーに倒れる最悪の展開。ここで青木が10号ソロを叩き込み、小笠原をKOするが、代わった浅尾の前に畠山が三振に倒れて、1点止まり。浅尾は9回も続投し、二死まで取ると、代打・武内がコールされた所で守護神・岩瀬がようやく登板。ここで代打の代打・米野が起用されたが、あえなくセカンドゴロに倒れて、ゲームセット。小笠原は7回2/3を1失点で切り抜け、5勝目をあげた。敗れたヤクルトは4連敗。

◆YB6−3C◆
初回、フィリップスのタイムリーで先手を取られた横浜だが、その裏、下園の二塁打等で一死一、三塁とすると、ジョンソンが犠飛を打ち上げ、同点。続く2回には一死からヒットで出た石川が二盗を決めと、石原,赤松のダブルエラーを誘って、一気に勝ち越しのホームイン。更に、4回にはジョンソン,メカゴジラと連打を浴びせると、一死後、石川がタイムリーを放ち、3点目。2点を追う広島は直後の5回、一死から赤松が内野安打で出ると、二死後、栗原が13号2ランを叩き込み、一気に同点。3−3の儘、迎えた8回、横浜は内川,ジョンソンの連打で一、三塁とすると、マクレーンのタイムリーエラーで内川が勝ち越しのホームイン。更に、吉村が振り逃げで出るなど、一死二、三塁とした所で石川が2ランスクイズを決め、ダメ押し。最後は山口が無難に締めて、14セーブ目。1回を無失点に抑えた3番手の加藤康は3年ぶりの白星をあげた

◆Bs6−0H◆
ソフトバンク先発・ホールトンに対し、偽バファローズは2回、一死からフェルナンデスが二塁打を放つと、二死後、阿部がタイムリー二塁打を放ち、1点を先制。4回にはヒットのローズを一塁に置いて、フェルナンデスがレフトスタンドへ13号2ラン。7回には先頭の坂口がヒットで出ると、犠打と内野ゴロの間に三進した所で大引がタイムリー二塁打を放ち、4点目。ホールトンはこの回限りで降板となった。8回には阿部のスクイズ,前田のタイムリー二塁打でダメ押しの2点を追加。投げては、先発の金子が散発4安打、二塁も踏ませない完璧な投球で今季初完封を飾り、9勝目

◆F2−0L◆
日本ハム先発・藤井は3回を覗いて、毎回走者を許す苦しい投球。それでも5回まで無失点で切り抜けてきたが、6回、片岡,栗山と連打を浴びた所でついにKO。しかし、代わった江尻が中島をショートゴロゲッツーに仕留めると、中村を三振に斬って取り、ピンチ脱出。続く7回にも一死一塁からG.G.佐藤をゲッツーに打ち取り、0点で切り抜ける。一方、WBC使用球はからっきしだが、NPB使用球ならお手の物な西武先発・岸は4者連続三振をマークするなど、7回まで4安打無失点の好投を展開していたが、8回、先頭の田中に二塁打を浴びると、糸井に犠打を許した後、稲葉を敬遠した所で無念の降板。2番手・大沼は高橋はサードゴロに打ち取るも、ここで代わった星野がスレッジに走者一掃のタイムリー二塁打を浴び、ついに先制点を献上。ようやく均衡を破った日本ハムは9回から守護神・武田久がきっちり締めて完封リレーを達成。3番手の菊地に3勝目がついた。岸の対パ・リーグの連勝は16でストップ。

◆E5−1M◆
初回、楽天は一死から渡辺直のヒット,西岡のエラーで一、三塁とすると、山崎武が走者一掃の先制タイムリー二塁打。しかし、三塁を欲張った山崎武は憤死し、この後、青波の長瀬,ショートと連打を浴びせるが、宮出が凡退とチグハグな攻撃で2点止まり。3回、青波の長瀬のタイムリーエラーで1点を返された楽天はその裏、鉄平,山崎武の連打でチャンスを作り、内野ゴロの間に1点を追加。5回には無死満塁のチャンスを掴むと、代打・憲史はゲッツーに倒れるも、続くリンデンがタイムリーを放ち、2点を追加。7回からは川岸−福盛と繋いで、ロッテの反撃を断ちきった。先発の木谷は6回1失点でプロ初勝利を飾った

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:44コメント(0)トラックバック(19) 

June 17, 2009

6/17 古城◆G2−1L◆
将来の4番候補と期待されるゴールデンルーキー・大田がついに一軍に初昇格。果たして、大田に出番はあるのかと注目の試合は2回まで3人ずつで片付けていた先発・ゴンザレスが3回に連打でピンチを作ると、栗山にタイムリーを浴びて、先制点を献上。続く4回には7試合で1つしか許していない四球を2つも与えて、一死満塁のピンチを作るが、銀仁朗,涌井と打ち取って、無失点で切り抜ける。1点を追う巨人は6回、先頭のガッツが15号ソロを叩き込み、ようやく同点とすると、7回には守備から途中出場の伏兵・古城が今季初アーチをぶち込んで、勝ち越し。8回に2番手・山口が二死一、二塁とピンチを迎えるも、3番手・越智が代打・上本をセカンドゴロに打ち取り、この場を凌ぐと、9回は三者凡退に斬ってとり、逃げ切った。山口に連夜の6勝目が転がり込み、2年越しの14連勝。注目の大田はタイトゲームだった事もあり、デビューはお預けとなった。

◆D3−1H◆
交流戦連覇を果たしたソフトバンクはその勢いを持続させるかの様に初回から二死満塁のチャンスを作ったが、松田が三振に倒れて、三者残塁。すると、その裏、中日は小久保のタイムリーエラーで拾い物の先制点をゲットすると、ベンちゃんのタイムリー内野安打でこの回2点。5回にはオーティズのタイムリーエラーとまたもタナボタの1点を追加。ソフトバンクは8回、一死から本多が内野安打で出塁。ここで3点差あると言うのに何を血迷ったか、川崎が犠打を敢行。代わった浅尾からオーティズがタイムリーを放ったものの、小久保は三振に倒れて、1点止まり。9回は守護神・岩瀬の前に反撃を断たれ、連勝は3でストップ。中日先発・小笠原は7回2/3を1失点で切り抜け、2勝目をマーク。相次ぐタイムリーエラーと、小笠原の好投に救われ、辛くも白星を拾った中日だが、タイムリーはしみったれた内野安打1本のみで、3併殺を食らうなど、相変わらずの拙攻三昧で、とても手放しで喜んではいられない。この重苦しいムードを打破する為にも一刻も早い名手・川相の現役復帰が待たれる所だ

◆T5−10F◆
初回、日本ハムは糸井,高橋の連続二塁打で2点を先制。阪神が2回に桜井の一発で応戦すれば、3回、日本ハムは金子誠がタイムリー。その裏、阪神がキュラソ星人のタイムリーで1点を返せば、日本ハムは5回に小谷野が犠飛を打ち上げ、点差を縮めさせない。更に、日本ハムは6回に田中,劇団ひちょりの連続三塁打,高橋のタイムリー二塁打で2点を加え、突き放す。続く7回にも5本の単打を集中し、3点を追加。阪神は8回に桜井のこの日2発目となる4号ソロ等で3点を返したが、焼け石に水。9回にも劇団ひちょりのタイムリーで10点目を失い、ダメを押された。日本ハムは田中の5安打を筆頭に今季最多21安打の猛攻で快勝。先発・八木は6回途中で降板も、大量援護に助けられ、開幕5連勝となった。

◆YB2−4Bs
5連敗中の横浜は吉見を今季初の先発マウンドに送り込むが、2回、ラロッカ,北川,日高と3連打を浴びて、先制を許してしまう。その後は立ち直り、5回まで1失点と試合を作ったが、6回から登板の2番手・真田が塩崎にタイムリー二塁打を浴び、2点目を献上。昨日まで28イニング無得点が続く横浜はこの日も偽バファローズ先発・金子の前に5回までゼロ行進だったが、6回、先頭の代打・内藤が三塁打を放つと、続く吉村が6号2ランを叩き込み、34イニングぶりの得点でようやく同点。それも束の間、直後の7回、3番手・カリメロが大村にタイムリー二塁打を許し、勝ち越し点を献上。偽バファローズは8回にも相川のタイムリーで貴重な1点を追加。最後は守護神・加藤が横浜の反撃を断ちきり、今季対横浜4タテを達成。金子は7回2失点で7勝目。横浜は久々の得点をあげるに留まり、連敗は6に延びてしまった。

◆S10−1M◆
初回、飯原の二塁打と野選で無死一、三塁としたヤクルトは青木のセカンドゴロの間に先制。3回には二死走者なしから田中がヒットで出ると、青木が6号2ランを叩き込み、3点目。後半戦に入っても、ヤクルトは攻撃の手を緩めず、6回にはデントナが9号2ラン,7回には田中がタイムリーを浴びせると、8回には相川,武内と2本の2ランでダメ押しの10点目。ロッテは今江のタイムリーで完封を逃れるのがやっとで連勝は3でストップ。一方、ヤクルトはこれで4連勝。先発・由規は6回無失点の好投で4月18日以来の3勝目

◆C2−5E◆
楽天は4回まで毎回安打を浴びせながら、あと一本が出ない。一方、3回まで内野安打1本に抑え込まれていた広島は4回、二死一、二塁から喜田のタイムリーで均衡を破る先制点をゲット。1点を追う楽天は7回、鉄平,山崎武の連打で一、三塁とすると、平石が犠飛を打ち上げ、ついに同点。二死後、代打・憲史がタイムリー二塁打を放ち、勝ち越しに成功すると、8回には草野のタイムリーで1点を追加。その裏、広島は栗原に久々の7号ソロで追い上げたが、楽天は9回に代打・丈武,渡辺直の連続タイムリーで試合を決定付けた。楽天はこれで4連勝。先発・長谷部は6回1失点で4勝目。広島は引き分け1つを挟んで3連敗。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:37コメント(0)トラックバック(12) 

June 18, 2008

◆G2−1Bs◆
3回、マッスル千代の富士の復帰初打点となるタイムリーで先制した巨人は続く4回にはガッツの11号ソロで2点目を追加。先発の当ブログ推奨助っ人・バーンサイドは6回まで無失点の好投。8回、4番手・豊田がフェニックス一輝に被弾し、更に、二死一、三塁のピンチを迎えるが、ここで登板したクルーンがローズを三振に斬って取ると、9回も三者三振の快投で締め括り、逃げ切った。

◆D3−2L
西武は初回、G.G.佐藤のタイムリーで1点を先制。先発・涌井はいきなり三者三振の好スタートを見せたが、2回にピンキー井上のタイムリー二塁打で追い付かれると、4回にはデラロサに押し出し四球を与えた上、暴投で勝ち越しの2点を献上。直後の5回、栗山の一発で1点差に詰め寄った西武だが、それ以降、一人の走者を出す事も出来ず、あと1点が届かなかった。

◆S3−2H◆
4戦連続完投勝利を託されたガトームソンが初回から青木に5号2ランを被弾。6回に小久保のタイムリーで1点差としたソフトバンクだが、2回以降立ち直りを見せていたガトームソンが7回に代打・斉藤のタイムリーで3点目を失い、この回限りで降板。ソフトバンクは9回、ヤクルト守護神・林から松田のタイムリーで追い上げたものの、後続を断たれて、連勝は4でストップ。

◆C2−1F◆
ブラウン監督の暗黒采配により、またも求道者・前田が軟禁されてしまった広島だが、初回にスーパーさぶ・多田野のボークでタナボタの先制点をゲット。5回には天谷に4号ソロが飛び出して、2点目。先発・前田健は7回までノーヒットの快投を見せるも、8回、先頭の稲田に痛打され、快挙を断たれ、この回限りで降板。その裏、代打で出てきた求道者・前田が怒りのヒットを放ったものの、後続を断たれて、追加点ならず。9回に永川がスレッジに被弾したものの、辛くも逃げ切り、前田健は待望のプロ初勝利を手にした。

◆T−E
プロ初先発となった片山だが、初回に関本に被弾すると、2回には3連続四球で満塁とした後、藤本の犠飛,シャア少佐のタイムリー内野安打で2失点。3回に1点を返された阪神だが、7回に4長短打で3点を奪うと、8回にも2点を追加し、ダメ押し。先発・上園は6回を1失点で切り抜け、無傷の3勝目を飾った。楽天はこれで3連敗。ノムさんは史上単独1位となる監督通算1454敗目。

◆YB4−1M◆
水島の呪いが深刻化する木曜になる前に何とか1つ勝っておきたい横浜は2回にビグビーのタイムリー二塁打,3回にはガッツな貴公子・仁志のタイムリー二塁打で2点のリード。先発のルーキー・小林は6回までに大松の一発による1点のみに抑える好投を展開。横浜は8回に、またもビグビーが4号2ランを叩き込み、ダメ押し。早くも8回から登板したはーちゅんが走者を出しながらも2イニングを締めて、連敗を5で止めた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 20:30コメント(0)トラックバック(37) 

June 05, 2008

◆M1−4D
ロッテ先発のルーキー・唐川に対して、中日は初回から四球で出た荒木が牽制死するなど、いきなりの拙攻。2回には先頭の中村紀が二塁打で出るも後続3人があえなく凡退。しかし、3回、連打と四球で一死満塁とすると、ベンちゃんが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに激振。打球はスタンドにこそ届かなかったものの、犠飛としては十二分のライトフライとなり、1点を先制。更に、続く中村紀が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにライトスタンドへ10号3ランを叩き込み、この回、一挙4点を獲得。一方、ロッテは中日先発・小笠原に対して、毎回の様に走者を出しながら、9年目・南のプロ初アーチによる1点のみしか奪えないなど、中日に優るとも劣らない拙攻三昧。7回一死から連打で一、三塁とし、小笠原をKOするも、代わったウッチャンの前に西岡が浅いセンターフライに倒れて、二死。続く堀は四球を選んで満塁と一発が出れば逆転と言う場面を作ったものの、里崎はレフトへフライを打ち上げて、三者残塁。8回には二死から連打を浴びせるも、代打・フクーラの打球はセンター正面のライナーとなって、二者残塁。中日は中日で4回以降散発2安打と完全に沈黙し、一向に追加点が奪えず、1−4の儘、土壇場9回へ突入。守護神・岩瀬を投入した中日に対して、ロッテは一死から西岡がヒットで出塁。しかし、堀,里崎と内野ゴロに打ち取られ、ゲームセット。

初登板から3連勝と言う鮮烈デビューを飾りながら、交流戦に入った途端にKO続きの唐川。それでも黒星だけは回避してきたが、とうとうプロ初黒星を喫してしまった。失点したのは3回のみだっただけに痛いイニングとなった。4回以降立て直したのは明るい材料で次の登板への期待を抱かせる内容ではあった。序盤は拙攻,終盤は沈黙の中日は唯一繋がった3回の攻撃だけで白星をゲット。と言っても、結局、タイムリーはゼロで一発依存症は相変わらず。先発の小笠原がコケなかった…と言うより、ロッテが中日以上の拙攻を繰り広げた事に救われた格好だ。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:34コメント(1)トラックバック(22) 

May 26, 2008

◆G4−3F◆
ゴンザレスの離脱に乗じて一軍に昇格した直輸入新助っ人・バーンサイドに、ようやくベールを脱ぐ時が訪れた。初回、いきなり村田,高口と連続三振に斬って取ったバーンサイドは続く田中もファーストゴロに仕留めて、三者凡退と上々の滑り出し。次々と主力がリタイアしていく巨人だが、この日はとうとうガッツがスタメンから姿を消し、何とキムタクが3番に入る仰天オーダーを展開。すると、そのキムタクが一死一塁から2試合連続の3号2ランを叩き込み、2点を先制。3回まで無失点に抑えていたバーンサイドは4回に高橋にタイムリーを浴びて、1点を失うが、その裏、自らタイムリーを放って、3点目を叩き出す。続く亀井も二塁打を浴びせたものの、二塁へスライディングした際に足を痛めて負傷退場。なおも、二、三塁のチャンスだったが、坂本は三振に倒れて、二者残塁。しかし、続く5回、キムタク,寿司職人ラミレスの連打の後、阿部がゲッツーに倒れる間に4点目を追加。2点を追う日本ハムは6,7回と立て続けに無死一、二塁のチャンスを逃すが、8回一死から田中に7号ソロが飛び出して、1点差。更に、高橋のヒット,スレッジの四球で二死一、二塁と一打同点のチャンス。たまらず巨人は守護神・クルーンを投入。クルーンはここで小谷野を三振に斬って取り、ピンチを脱すると、9回も一死二塁のピンチを何とか凌ぎ切った。バーンサイドは6回途中で降板したものの、来日初登板初勝利。

「素行の悪くない巨人直輸入助っ人をとりあえず応援してみる会」会員としては当然、プッシュの対象であるバーンサイド。オープン戦時から一軍での起用を求め続けてきた。オーストラリア代表の座を蹴ってまで、オープン戦でのアピールを重視した心意気も虚しく、日本での実績及び年俸至上主義により、長らく二軍に幽閉される憂き目に遭わされていたが、ついに巡ってきたチャンスで投打に渡る活躍を見せたのは嬉しい限りだ。しかし、ゴンザレスがドーピング違反により、1年間の出場停止処分を食らい、電撃解雇となる事が決定と言う衝撃的ニュースが飛び込んできたのには愕然とさせられた。二軍落ちの真相はケガよりも、むしろ、これが発覚したからなのだろうか? 「素行の悪くない巨人直輸入助っ人をとりあえず応援してみる会」としては、素行の問題で解雇されてしまったゴンザレスを庇う術がない。汎用性が高く、性格も明るい優良助っ人だっただけに実に残念だ。これにより、当ブログ推奨助っ人はバーンサイドへと移行する事になった。時を同じくして昨年、巨人に在籍していたGG(ジェレミー・ゴンザレス)が落雷で死亡したとのニュース。今日は「ゴンザレス」的に厄日なのかね…。合掌。

◆D1−0H
2回に二死満塁のチャンスを逃し、3回も二死二塁でT.ウッズが三振に倒れるなど、相変わらず、一発が出ないと如何ともしがたい中日は5回までゼロ行進と拙攻三昧。しかし、先発・小笠原はいつ貰えるとも分からない援護を待ちながら、6回まで散発2安打と健気にも好投を展開。何とか小笠原を援護したい中日はその裏、T.ウッズが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに12号ソロを叩き込み、ついに1点を先制。この虎の子の1点をバックに小笠原は8回まで投げ抜くと、最後は守護神・岩瀬が3人でピシャリと締める完封リレーで最少リードを守り抜いた。

ソロ一発による1点のみと、相変わらずの一発依存症,タイムリー欠乏症を発症した中日はまたもや投手陣の好投に救われた。貧打線が投手陣を見殺しにするか、貧打線が投手陣に救われるか、こんな展開ばかりでは投手陣にかかるストレスたるや計り知れないものがあるだろう。いつまでも投手陣におんぶにだっこではいられないだけに、この状況を打開する為にも名手・川相の現役復帰を視野に入れたい所だ。

◆T2−1L◆
下柳,ミャオの両先発が互いに譲らぬ好投を展開し、0−0の儘、試合は中盤へ突入。迎えた5回、阪神は一死から関本がライト前へ弾き返すと、下柳の犠打が野選を誘い、一、二塁。シャア少佐の併殺崩れで二死一、三塁と場面が変わったところで平野がセンター前へ先制タイムリー。1点を追う西武は直後の6回、一死から片岡,栗山,中島の3連打であっさり同点。なおも、一、二塁のチャンスだったが、ブラゼルはセカンドゴロゲッツーに倒れて、同点止まり。1−1で迎えた土壇場9回、阪神は3本の単打で二死満塁とサヨナラのチャンスを掴むも、新井がサードゴロに倒れて、延長に突入。10回も一死一、二塁のチャンスを掴むなど押せ押せの阪神は11回、シャア少佐,平野と足を生かした連続内野安打でチャンスを作ると、一死後、キュラソ星人がライト前へタイムリーを放ち、サヨナラ勝ちで3連勝を飾った。

1点を争う息詰まる試合…と言うよりは、15残塁の阪神,4併殺の西武と言う大拙攻合戦だったのが実情。西武打線は下位打線が完全に沈黙したのも痛かった。試合が長引けば長引く程、リリーフ陣の層の厚さで有利な阪神が自らの土俵に持ち込んだ格好で、防御率0.00男のグラマンの攻略に成功。6タコの新井同様、そこまで5タコと大ブレーキだったキュラソ星人が最後の最後で美味しい所を持っていった辺り、役者の違いを見せつけた感じだ。

◆S4−5E◆
楽天は2回、一死一塁からフェルナンデス,横川,嶋の3連打で2点を先制。更に、二死満塁となった所で鉄平が走者一掃のタイムリー二塁打を浴びせて、この回、一挙5点のビッグイニングを形成。楽天先発・永井の前に4回まで沈黙していたヤクルトは5回、ヒットの川端をリオスが送った所で福地がタイムリーを放ち、ようやく1点。7回には一死から福地,田中,武内の3連打で2点差。8回には衣川,川端と連打を浴びせ、無死一、二塁とするが、ここから宮出,福地,田中と3連続三振に倒れて、二者残塁。土壇場9回、抑えの小山に対して、二死満塁と攻め立て、代打・宮本の押し出し四球で1点差。ワンヒットで逆転サヨナラと言う場面を築いたが、最後は城石がレフトへ打ち上げて、万事休す。

リオスの失点は2回のみだったが、いかんせんこの回の5点が大き過ぎた。1点差まで追い上げたとは言え、再三再四のチャンスも生かしきれず、14残塁の大拙攻が響いた。3連敗となったヤクルトはこれで5位転落。逆にワンチャンスを生かして、逃げ切った楽天は4連勝。まだ気が早いが、交流戦首位は十二分に狙えそうな勢いである。

◆C8−4M
昨日、大逆転を呼び込む一発を放った事でこの日もブラウン暗黒采配の網を潜り抜けて、スタメンを勝ち取った求道者・前田がいきなりタイムリーを放つなど、広島は初回から2点を先制。しかし、先発・大竹がピリッとせず、2回に今江に4号ソロを叩き込まれると、3回には里崎に逆転3号2ランを被弾。4回には暴投でやらずもがなの4点目を献上する有様で、5回限りで無念の降板となった。2点を追う広島は5回、連打と四球で無死満塁のチャンスを掴むと、オチョアの犠飛,栗原のタイムリーで一気に同点。更に、求道者・前田が勝ち越し犠飛を打ち上げると、続く梵もタイムリーを浴びせて、この回4点を獲得。更に、6回にはオチョアのタイムリー二塁打で貴重な2点を追加し、試合を決定付けた。6回から横山,シュルツが2回ずつを無失点に抑える好リリーフで逃げ切った広島は今季2度目の4連勝を飾った。

先発予定の清水が急性胃腸炎で登板回避となったとは言え、よりにもよって代わりにゴーグルを先発させる奇襲に打って出たバレンタイン。しかし、そのゴーグルが2点取られただけで1回降板。8イニングも残されて負担のかかったリリーフ陣は悉く打ち込まれる有様だった。そのロッテ投手陣を粉砕した広島はやはり、決勝犠飛など2打点の求道者・前田効果が大きかった。これでしばらくはスタメン安泰…と思いたい所だが、隙あらば幽閉しようと燃えているブラウン監督だけにまだまだ予断は許さない所だ。さて、開幕戦で足に痙攣を起こした小林宏をプロ失格呼ばわりにしたのに続き、この日の清水に対しても苦言を呈したゴーグルだが、きっちり尻拭いを果たしていれば、そういった発言もカッコいいのに、いずれも尻拭いで打ち込まれているだけに、とばっちりを受けた事に対する愚痴にしか聞こえない辺りが何ともはや…。

◆YB9−5Bs
3戦連続大量失点の背信投球を展開している金子だが、この日は初回からカブレラのタイムリー等で大量4点の援護を貰うと、2回まで1安打無失点とまずまずの立ち上がりで久々の白星を掴めるかと思われた。しかし、3回、金城,村田のタイムリーで2点を返されると、3点差で迎えた5回には金城に3号ソロ,村田には14号3ランと相次ぐ被弾で一気に逆転を許し、あえなくKOとなる体たらく。連敗脱出へ光明が見えてきた横浜は続く6回にはまたまた金城がタイムリー二塁打。8回にはガッツな貴公子・仁志がダメ押しとなる2号2ランを叩き込み、連敗を6でストップさせた。

初回から4点貰っても勝てないどころか、黒星まで背負い込んでしまう金子はもういい加減、二軍での再調整が必要だろう。開幕戦での快投は単なるフロックだったのか、中途半端に台頭した事で厳しくなったマークを跳ね返せずにいるだけなのか…。一発が効果的に飛び出した横浜は10安打で9得点と効率のいい攻撃を展開。守護神・はーちゅんを早くも8回から投入する是が非でも勝ちたい事をあからさまに見せつけた必死の継投は涙を誘ったが、その甲斐あって連敗を止めたのは何よりだろう。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:46コメント(0)トラックバック(75) 

November 10, 2007

◆中日9−1チャイナ◆
日本一どころか、リーグ制覇すらしていないにも拘わらず、アジアシリーズへ出場しながら、日本史上初の黒星を喫する屈辱に見舞われた中日。日本史上初の決勝進出失敗だけは許されない状況で辛くも統一戦に勝利し、アストロ球団との貴重な対戦経験をなかなか選手達に伝播させられずにいるラフィーバー監督率いるチャイナとの一戦を迎える事となった。上位3チームが2勝1敗で並ぶ可能性も考えられる為、失点数を最小限に抑えなければならない中、先発の小笠原が初回から無死一、三塁のピンチを迎えると、一死後、賈冰に犠飛を打ち上げられて、3戦連続の先制点を献上する嫌な立ち上がり。チャイナの先発は5年前まで中日に所属していた呂建剛。かつての同僚相手に4回まで森野が四球で出ただけのノーヒットに抑え込まれていた中日だったが、5回、一死から川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにピンキー井上が2号ソロを叩き込み、ようやく同点に追いつくと、続く6回には荒木が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにレフトスタンドポール際へ放り込み、勝ち越しに成功。更に、この後、馮飛のエラーで3点目を追加。相変わらず、タイムリーで得点が奪えない中日だったが、7回、一死二塁から代打・立浪がセンター前へタイムリーを放ち、呂建剛をKO。これで流れを掴んだ中日は2番手・陳坤に対して、藤井,荒木,井端と3連続タイムリーを浴びせると、3番手・王培から、孫嶺峰のエラーの後、中村紀,代打・新井がタイムリーを放ち、この回、一挙6点を獲得。小笠原は2回以降は追加点を許さず、7回まで投げきると、8回からは鈴木−高橋が1イニングずつ抑えて、逃げ切りに成功。ナイターで統一が敗れた為、決勝進出が決定した。チャイナは今年もアジアシリーズ初白星の悲願を果たせなかった。

◆SK13−1統一◆
デーゲームで中日が1失点で勝利した為、完封勝ちするしかなくなった統一だったが、初回から李昊俊,朴哉相のタイムリーで2点を先制され、あっと言う間に決勝進出の可能性が消滅。これでモチベーションを失った統一に対して、SKの猛打が爆発。2回には朴勁完の一発を皮切りに5長短打を浴びせて、一気に6点を奪うと、3回に3点,4回に2点と着々と加点。統一は5回に楊松弦のソロアーチで1点を返すのが精一杯。SKは余裕の7回コールド勝ちを収め、堂々の全勝で決勝進出を決めた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 15:38コメント(0)トラックバック(36) 

August 25, 2007

◆C6−9G◆
巨人に4戦連続逆転勝利中の広島だが、この日はオチョアの6号ソロで先手を取った。しかし、直後の2回、巨人は二死一、二塁からホリンズのタイムリーで同点。続く3回には二死満塁のチャンスを掴んだものの、李が立て続けにストライクを見逃して、三振に倒れ、三者残塁。これでガックリきた先発・金刃はその裏、いきなり梵にバックスクリーンへ叩き込まれると、二死一、二塁から求道者・前田に2000安打へカウントダウンとなる11号3ランを浴び、4失点。直後の4回、巨人は阿部の29号ソロで1点を返すと、続く5回には無死満塁からガッツの犠飛,阿部のタイムリーで1点差。更に、矢野もヒットで続いて満塁としたものの、ホリンズはピッチャーゴロに倒れて、またも三者残塁。そして、7回、この回から代わった広島3番手・広池に対して、巨人はニックン,ガッツが連打。ここで李はヘッポコバントをかました後の強攻策でライト前に弾き返して、無死満塁。一死後、矢野の三遊間への深い当たりはショート・梵の好プレーに阻まれ、二塁は封殺されたものの、この間にガッツが同点のホームイン。続いて代打・清水のショート正面のゴロが梵の手前で跳ね上がるイレギュラーヒットとなり、勝ち越しに成功すると、更に、脇谷に右中間突破の2点タイムリー三塁打が飛び出して、この回、4点。粘る広島は8回、二死一、三塁として、早くも守護神・上原を引っ張り出すと、梵がタイムリーを浴びせて、2点差。しかし、広島の反撃もここまで。9回に矢野にダメ押し弾を浴びると、その裏は上原の前に三者凡退。巨人は4戦連続逆転負けの借りを返す、4点ビハインドからの逆転劇で1日で首位を奪回した。尚、求道者・前田は第4打席でも二塁打を放ち、2000安打まであと9本となった。

◆D0−2T◆
立ち上がりピリッとしない阪神先発・ボーグルソンに対して、中日は初回、一死から荒木がヒットで出るも、中村紀が最悪のゲッツー。2回には二死から李,英智と連打を浴びせるも、谷繁がサードゴロに倒れて、二者残塁。3回には一死からヒットで出た井端が盗塁死。この後、荒木,中村紀と連打するも、T.ウッズが三振に倒れて、二者残塁。怒濤の拙攻三昧を繰り広げていた中日打線は以降、完全に沈黙し、得点を奪える気配すら掴めない。川相不在の弊害を露呈しまくる味方打線に辟易としながらも、先発・小笠原は7回まで散発2安打12三振の好投を展開。8回に先頭の桜井に三塁打を浴びたものの、ここから三者連続三振に斬って取り、ピンチ脱出。しかし、0−0で迎えた土壇場9回、小笠原は一死満塁のピンチを作って、無念の降板。ここで守護神・岩瀬を投入するも、林に犠飛を許して、ついに先制点を献上。この後、シャア少佐のヒットで再び満塁とされた所でここまで3三振の矢野にタイムリーを浴びて、致命的な2点目を献上。最後は藤川の前にピシャリと締められ、完封負け。3回までは拙攻三昧、4回以降はノーヒットと、15三振を奪う快投を見せた小笠原を見殺してしまい、首位転落となった。

◆S4−3YB◆
横浜は初回、ヤクルト先発・松井を攻め立て、金城,吉村のタイムリーで2点を先制。4回にはメカゴジラの12号ソロが飛び出して、3点目。毎回チャンスを作りながら、横浜先発・カリメロの老獪な投球にかわされていたヤクルトだが、その裏、二死二塁から代打・度会のタイムリーでようやく1点を返すと、カリメロが退いた8回には横浜野手陣の乱れに乗じて、宮本のタイムリー,川本の犠飛で同点。完全に流れを掴んだヤクルトは土壇場9回、一死満塁から田中浩がセンター前へ弾き返し、連夜のサヨナラ勝ち。これでヤクルトは広島と入れ替わりで最下位を脱出した。

◆H4−1M◆
小久保が肋骨骨折で今季中の復帰が微妙となる中、西武を3タテして勢いに乗るソフトバンクはロッテ先発・清水に対して、初回のチャンスは逃したものの、2回に松田の2号ソロで先制。続く3回にはエラー絡みで無死満塁とすると、一死後、田上が押し出し四球を選んで、2点目を追加。先発・大隣は2回に連打を浴びたものの、このピンチを切り抜けると、6回まで無失点の好投を展開。7回に2つの四球を与えて、降板するが、代わった水田が後続を断ち切った。しかし、続く8回、3番手・藤岡がオーティズにタイムリーを浴びて、1点差。なおも二死一、三塁の場面だったが、ここで登場した守護神・馬原が里崎を空振り三振に斬って取り、ピンチ脱出。4回以降、残塁を量産するばかりのソフトバンクだったが、その裏、川崎のタイムリー等でダメ押しの2点を追加。馬原は9回に二死一、二塁と一発で同点のピンチを詰まったが、早川をセカンドゴロに仕留めて、事なきを得た。これでソフトバンクは4連勝となり、ロッテと入れ替わりで2位に浮上。2勝目をあげた大隣は本拠地初勝利となった。

◆L3−12F◆
初回、中島の犠飛で先制を許した日本ハムだが、3回に劇団ひちょりのタイムリーで追いつくと、4回には稲葉の一発で勝ち越しに成功。その裏、高山の犠飛で同点とされるも、直後の5回、すかさず金子誠のタイムリーで再び勝ち越し。更に、6回には二死満塁から二死満塁から工藤の押し出し四球,金子誠,劇団ひちょりの連続タイムリーで4点を追加。日本ハムは終盤にも5点を加え、計15安打12点の猛攻で快勝。先発のルーキー・吉川は8回3失点で4勝目。

◆Bs3−4E◆
いきなり連続三振を奪うなど、三者凡退と上々の立ち上がりを見せた偽バファローズ先発・川越だったが、続く2回、吉岡,藤井にタイムリーを浴びて、2点を献上。先制点を貰った悪の温床・楽天先発・グスマンだが、その裏、自らの暴投で1失点。6回に憲史の一発で再び2点差に広がったが、7回、偽バファローズは一死一、三塁から平野恵の犠飛で1点差となると、更に、二死満塁からローズが押し出し四球を選んで、試合は振り出しに。土壇場9回、二死一、三塁から山崎武のタイムリーで勝ち越し。最後は小山がクリーンアップを退け、最下位転落の危機を免れた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 20:16コメント(0)トラックバック(77) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ