小田幸平

October 23, 2010

10/23和田◆D4−3G◆(日韓クラブチャンピオンシップ出場権争奪戦出場権争奪戦)
ソフトバンクの日本シリーズ出場辞退により、戦わずして日本一の座を手に入れた中日の先発は大ベテラン・山本昌。これに対し、巨人は初回、スタメン復帰した坂本,好調・脇谷と打ち取られ、二死となるが、ここから不振のガッツ,寿司職人ラミレスが連打を浴びせて、二、三塁のチャンス。ここで昨日、決勝弾を放った阿部の打席を迎えたが、空振り三振に倒れて、先制ならず。その裏、中日は巨人先発・グライシンガーから先頭の荒木がいきなりライト線へ三塁打を放ち、絶好の先制チャンス。しかし、大島はセカンドゴロ,森野はサードファールフライに倒れると、ベンちゃんも三振を喫して、荒木は三塁に釘付け。続く2回にはブランコ,小田のヒットで二死一、二塁とするも、山本昌が三振に倒れて、二者残塁。巨人は4回、先頭のガッツが2打席連続ヒットで出るも、寿司職人ラミレスがサードゴロゲッツー。阿部は覚醒の気配が見えず、2打席連続三振で結局、3人で攻撃終了。すると、その裏、中日は一死からブランコが四球で歩くと、二死後、スタメン復帰の井端がライト前ヒットで繋ぎ、一、二塁とした所で小田が左中間を深々と破る走者一掃のタイムリー二塁打を浴びせて、2点を先制。直後の5回、巨人はマッスル千代の富士,矢野と連打を浴びせると、松田記者がきっちり送って、山本昌をKO。しかし、ここで代わった河原の前に代打・長野が見逃し三振に倒れると、坂本もカウント0−2から難しいボールを引っかけて、セカンドゴロに終わり、またも得点ならず。6回も続投となった河原に対し、脇谷,ガッツ,寿司職人ラミレスがあえなく三者凡退。中日は7回から3番手・高橋を投入。これに対し、巨人は先頭の阿部がレフト前に弾き返すと、二死後、松田記者がレフト線へヒットを放ち、一、三塁のチャンス。しかし、代打・亀井がショートへの凡フライに終わり、またも二者残塁。その裏、巨人は4番手として、すっかり負けゲームの中継ぎ要員に格下げされてしまったクルーンを投入。いきなり谷繁を歩かせ、不安を覗かせたクルーンだったが、後続3人を無難に打ち取り、無失点で切り抜ける。直後の8回、1番から好打順となる巨人は先頭の坂本がセンター前に弾き返すと、続く脇谷が粘った末に一、二塁間を破って、一、三塁。更に、ガッツの打席で高橋が暴投を犯した隙に脇谷が二塁を陥れ、二、三塁となった所でガッツがライトフェンス手前まで運ぶ犠飛を打ち上げ、ようやく1点をゲット。なおも、一死三塁のチャンスだったが、4番手・浅尾の前に寿司職人ラミレスがどん詰まりのショートゴロに倒れると、浅尾キラーの阿部もレフトへの浅いフライに打ち取られ、同点ならず。その裏、早くも登場した山口だが、この日は制球が定まらず、2四球を許すなど、二死満塁のピンチを迎えると、ここで谷繁に痛恨の押し出し四球を与えて、3点目を献上。土壇場9回、昨日の投球で不信感を抱いたのか、落合監督は守護神・岩瀬を投入せずに、浅尾を引き続きマウンドへ送り込むが、これが裏目。巨人は先頭のマッスル千代の富士がレフト前に弾き返すと、続く矢野がレフトフェンス直撃のタイムリー二塁打を放ち、1点差。松田記者がきっちり送って、一死三塁となった所で代打・松本のセカンドゴロの間に代走・鈴木が生還し、ついに同点。その裏から中日は6番手・久保から一死から連続四球で二塁とすると、ベンちゃんの打球はレフト正面へ。レフトライナーかと思われた打球は物凄い勢いで伸び上がり、寿司職人ラミレスのジャンプもかいくぐって、頭上を越えると、二塁走者のブーちゃんが一気に返って、劇的なサヨナラ勝ち。これで中日はアドバンデージ込みの4勝1敗となり、日本シリーズとは何の関係もない日韓クラブチャンピオンシップ出場権争奪戦に進出を決めた。反撃が遅過ぎたとは言え、粘りを見せた巨人だが、山口,久保で5四球も許してしまったのが、致命的だった。小田,河原と元巨人勢にしてやられたのも皮肉なものである。最後のベンちゃんの打球は確かに鋭かったのだが、程々に守備の上手い外野手だったら、迂闊に前進して頭を越される事はなかったかも…。一方、勝った中日も浅尾がピンチを背負ってなお岩瀬が出てこなかったのが少々気がかり。既に、日本一を決めているとは言え、3位チームのロッテにいけしゃあしゃあと日本代表を名乗らせる訳にはいかない訳で、守護神・岩瀬の復調が待たれる所である。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:56コメント(0)トラックバック(32) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ