小林宏

November 13, 2010

11/13清田◆ロッテ3−0SK◆(日韓クラブチャンピオンシップ)
36年もの間、日本一の座から遠ざかっており、今季もウェーバー的には日本6位でしかないにも拘わらず、出場辞退チームが相次いだ事により、日本代表として日韓クラブチャンピオンシップに出る事となったロッテ。たとえ、日本で何位であろうとも、アジアシリーズ,日韓クラブチャンピオンシップの制覇を逸した事のない日本代表としては、断じて敗れる訳にはいかないと言うプレッシャーのかかる中、先発に起用された唐川は初回、いきなり先頭の朴哉相にレフト前へ弾き返されると、林勲に犠打を決められ、一死二塁のピンチ。しかし、金宰荽をセカンドフライ,韓国MVP・朴正権をセンターフライに仕留めて、ピンチ脱出。一方、韓国シリーズを制したSKの先発一昨年オフに巨人から戦力外通告を受けた後、韓国で堂々たる結果を残して、2年ぶりの凱旋登板となったアゴくら。これに対して、ロッテはこの試合を最後に亡命する気満々の西岡,清田と続けてライト前に弾き返して、一、三塁。井口の三塁線への痛烈なライナーはダイビングしたサード・朴廷煥に叩き落とされ、一死となった後、サブローが歩いて、満塁。ここで今江がセンターへのライナー。ここで三塁走者・西岡はタッチアップをせずにスタートを切ってしまう大チョンボをかまし、先制点はお預け…どころか、二塁走者・清田まで飛び出す大チョンボをかましており、センターから二塁へ転送されて、ゲッツーを食らう体たらくで結局、無得点。直後の2回、唐川は一死から鄭相昊に痛打されると、2つの死球を食らわせるなど、二死満塁のピンチを背負うが、朴哉相をセカンドゴロに打ち取り、何とか無失点で切り抜ける。その裏、ロッテは2つの内野安打に四球とクリーンヒットなしで二死満塁のチャンスを掴むと、清田の詰まり気味のゴロがしぶとく二遊間を破って、2点を先制。続く3回には一死から今江,フクーラの連打で一死一、三塁と追加点のチャンス。ここで里崎は見逃し三振に倒れると、SKは早くもアゴくらを下ろして、全炳斗にスイッチ。これに対し、塀内はサードゴロに終わり、二者残塁。4回には一死から西岡のヒット,清田の四球で一、二塁のチャンスを掴むが、ダブルスチールを仕掛けて、清田が憤死。この後、井口が歩いて、一、三塁とするも、サブローが三振に倒れて、またも二者残塁。しかし、続く5回、先頭の今江が左中間スタンドへソロアーチを叩き込み、3点目を追加。投げては、3回以降立ち直った唐川が3,4,5回と3人ずつで斬って取ると、6回からは薮田−内−伊藤がそれぞれ1回を三者凡退に抑える好投を展開。9回からはこの試合を最後に亡命する気満々の守護神・小林宏が3人でピシャリと締めて、完封リレーを達成。11残塁2盗塁死1走塁死の大拙攻を展開しながら、投手陣の頑張りに救われたロッテは辛くも日本球界の面目を保った。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:21コメント(1)トラックバック(13) 

September 29, 1998

9/29正田19/29正田2
9/29正田39/29正田4
広島◆業師・正田、現役引退!
業師・正田の引退試合が、この日、行われた。2番セカンドでスタメン出場した正田は、優勝がかかっていて容赦のないアゴくら相手にノーヒットに終わったが、顔は満足気であった。試合後の引退セレモニーで「小さな体を補う為に何をすべきか、その答えは人に負けないくらいの練習と努力でした。燃え尽きてグラウンドを去っていける自分を幸せな男だと思います」と熱く語り、140発の花火とナインの胴上げで祝福され、グラウンドに別れを告げた。

9/29川相
巨人◆川相効果で7連勝!
巨人−阪神今季最終戦と言う事で、故・村山実追悼ナイターとなったこの試合。3−3で迎えた8回表「吉村さんが最後の甲子園なので、何とか繋ぎたいと思った」と言う名手・川相の華麗なライト前タイムリーで勝ち越した巨人は、最後は槙原が締め勝利を収めた。飯塚実が去り、川相がスタメンに定着してから、これで7連勝。やはり、名手・川相のいる巨人の強さは本物だ。先の横浜3連戦で、3試合目の9回まで川相を干していたのは、あまりにも愚かな選択だった。尚、阪神はこの敗戦により、今季の最下位が確定した。

ロッテ◆ジョニー黒木、無四球完封も最下位確定!
もう1試合も落とせない近鉄相手に、ジョニー黒木が6回までパーフェクトの熱投で、いてまえ打線を封じ込めた。結局、近鉄は大村が2安打放った以外は、一人もランナーを出せず、黒木に今季初の無四球完封勝利を許した。西武が敗れたとは言え、近鉄の優勝は依然として苦しい状況だ。勝ったロッテだが、5位のオリックスの勝利により、この日で最下位が確定した。

オリックス◆またもパンジャいじめ、奇跡の逆転Vなるか!?
最近、パンジャキラーぶりを発揮している小林が好投虚しく、リードを許したものの、ププ会々長,下痢ニールのホームランで逆転勝利を飾った。これで、借金を1にまで減らしたオリックスは西武に4ゲーム差と接近。奇跡の逆転Vに、また一歩近づいた!?

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:30コメント(0)トラックバック(0) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ