寺原隼人

May 04, 2011

5/4実松◆G4−3T◆
26年ぶりのクリーンアップ3連発で意気上がる阪神は昨日の勢いそのままに、3年ぶりに先発マウンドに立った金刃に対し、初回からブラゼルの2戦連続2号2ラン等で早々と3点を先制。しかし、2回以降立ち直った金刃の前に追加点を奪えない。4回まで無失点の下柳は5回に坂本に2点タイムリーを浴びたものの、今季初めて勝利投手の権利を持って降板。しかし、8回にセットアッパー・小林宏が寿司職人ラミレスに同点タイムリー内野安打を許し、下柳の今季初勝利は消滅。そして、9回には渡辺が無死一、三塁のピンチを作ってKO。ここで入団以来、巨人相手にサヨナラヒットを浴びた事のない守護神・藤川がマウンドに上がるが、3年間ヒットの出ていない同期の実松に左中間へ運ばれ、サヨナラ負け。実松のサヨナラヒットはプロ入り初で殊勲安打すら実に10年ぶりと言う伏兵中の伏兵だった。

◆S4−3D◆
相川のタイムリー二塁打,ブランコのタイムリーで1点ずつ取り合って迎えた5回、ヤクルトは復調の兆しを見せるホワイトセルの2号2ランで勝ち越しに成功。ホワイトセルは7回にも2打席連続の3号ソロを叩き込む、4点目。中日は8回に併殺の間に1点を返し、9回にも守護神・林からグスマンの犠飛で1点差まで詰め寄ったものの、反撃もそこまでだった。ヤクルト先発・由規は8回を自責点1の好投で対中日無傷の4連勝。

◆C4−5YB◆
広島は梵の2号先頭打者アーチなど、いきなりの4連打で初回から3点を先取し、ハマのチンピラを早くもKO。しかし、水島の呪いに苛まれている篠田が持ち堪えられず、3回に武山のタイムリーなど4安打を集中されて、一気に4失点。5回に栗原に同点タイムリーが飛び出し、4−4の儘、終盤へ突入。迎えた8回、横浜は村田のタイムリー二塁打で再び勝ち越しに成功。以降は3人のリリーフがパーフェクトリレーを見せ、1点のリードを守りきった。

◆H4−2E◆
ソフトバンクは初回、楽天先発・永井の立ち上がりを捉え、二死一、二塁から小久保,ハマのスペランカーの連続タイムリーで一気に3点を先取。4回まで攻めあぐねていた楽天は5回二死走者なしから松井稼,聖沢,中村の3連打で2点を返し、1点差。2回以降、沈黙していたソフトバンクだが、7回に二塁打の松田を三塁へ進めた所で川崎の内野ゴロの間に貴重な1点を追加。8回からは森福−ファルケンボーグと繋いで、辛くも逃げきった。先発・ホールトンは6回2失点て゛3勝目。

◆L2−8M◆
ロッテ打線が序盤から大爆発。初回にサブローのタイムリーで先制すると、2回には清田の今季初アーチ等で3点を追加。更に、3回にはゼブラ今岡の今季初安打初打点となるタイムリー等で2点を加え、石井一をKO。ロッテは5,6回にも1点ずつ加えて、試合を決定付けた。投げては先発・唐川が7回を2失点の好投で西武打線をねじ伏せて、3勝目をあげた。敗れた西武は今季初の6連敗。

◆Bs1−0F◆
武田勝,はーちゅんの両先発が互いに譲らず、両軍4回までゼロ行進。迎えた5回、偽バファローズは先頭のティー岡田がヒットで出ると、一死後、シーズン中に金銭トレードされ、初スタメンに起用された竹原がセンター前に弾き返して、チャンスを広げた所でバルディリスが先制タイムリー。この虎の子の1点をはーちゅんが最後まで守り抜き、今季2度目の完封で2勝目をマーク。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:07コメント(0)トラックバック(2) 

April 13, 2011

◆G3−0S◆
3回で早くも7個と言う三振ショーを見せていた由規だが、4回に寿司職人ラミレス,マッスル千代の富士と連続被弾で先制点を献上。一方、後輩・東野に開幕投手の座を奪われる屈辱を味わった内海は7回まで無失点の好投。8回途中でKOされたが、最後は新守護神・山口が締めて、完封リレーで13年ぶりの開幕連勝。ヤクルトは11残塁1併殺の拙攻が痛かった。尚、ガッツに今季初安打を含む2安打が飛び出し、いよいよ2000安打へ残り9本とカウントダウンが始まった

◆YB7−8D◆
中田賢,大家の両先発が奮わず、3回までに両軍5点を奪い合う乱打戦。中日は4回に森野の今季初アーチ,7回に代打・福田の2年ぶりの一発が飛び出すなど、小刻みに加点し、3点のリード。スレッジのこの日3本目となる2ランで追い上げた横浜だったが、浅尾−岩瀬の必勝リレーの前にあと一歩及ばなかった。

◆T2−1C◆
J.マッケンジーの先制犠飛,ルパン広瀬の同点タイムリーと1点ずつ取り合って迎えた5回、阪神がマット・マートンのタイムリーで勝ち越し。この1点のリードを小林宏,藤川と繋ぐ必勝パターンで守りきり、2連勝。広島は散発3安打と沈黙。依然として、トレーシー,栗原の4,5番に快音が聞かれないのが気がかりだ。

4/13寺原◆Bs5−0H◆
昨夜に続いて、1点を争う好ゲームは偽バファローズが3回に坂口のタイムリーで先制。開幕戦に死球を食らった主砲・小久保が右手親指剥離骨折で登録抹消となる憂き目に見舞われたソフトバンクは中盤のチャンスを悉く取りこぼし、1点がどうしても届かず。そうこうしているうちに、8回に李の移籍初アーチとなる3ラン等で大きく突き放された。はーちゅんは古巣相手に4年ぶりの完封で移籍初登板初勝利。

 

 

◆F3−8L◆
今季は開幕から先発で起用される方針の高橋由伸だったが、2回に5安打の集中攻撃で4点を先制されるなど、5回途中7失点KO。2夜連続で先発が7失点KOとなる惨憺たる展開で連敗スタートとなった。D.ハッセルホフに来日初アーチが飛び出したのは明るい材料か。西武はルーキー・秋山がプロ初打点&猛打賞の活躍を見せるなど、先発全員の15安打。先発・帆足は7回途中まで3失点で勝利投手。

◆M1−5E◆
3回,5回と聖沢の2打席連続タイムリーで先手を取った楽天は7回には主砲・山崎がダメ押しの1号3ラン。先発・ラズナーは6回1失点の好投で勝利投手。ルーキー・美馬も4番手で登場し、1回無失点とまずまずのデビューを飾った。ロッテは先発・唐川が4失点KO。打線も井口が3安打1打点と一人で気を吐いた以外は精彩を欠き、開幕2連敗。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:45コメント(0)トラックバック(4) 

July 15, 2009

◆S13−7G◆
不振の青木をスタメンから外す荒療治に出たヤクルト打線が序盤から大爆発。まず初回に福地の4号2ランで先制すると、続く2回には飯原のタイムリー二塁打で1点を追加。更に、3回には3安打で1点を加え、巨人先発・春風亭半ケツをKOすると、代わった野間口から相川,川島慶と連続タイムリーを浴びせて、この回3点。4回には5長短打を集めて、一挙5点を追加。大量点差で緊張感が薄れてしまったのか、先発・館山は5回に松本にタイムリー,ガッツに20号3ランを叩き込まれて、この回限りで降板となるが、その裏、ヤクルトはデントナのタイムリーで再び突き放し、早くも先発全員安打を達成。巨人は8回にガッツのこの日2本目となる21号2ランが飛び出したものの、序盤の失点が大きく響き、連勝は5でストップ。ヤクルトは20安打13得点の猛攻で連敗を3で止めた。館山は5回5失点KOながらも、打線の援護に恵まれ、リーグ10勝一番乗り。

◆T1−6D◆
中日は2回、二死から藤井,小池と連打を浴びせると、谷繁が歩いて満塁。ここで投手の小笠原が川相不在の野手陣がアテにならないとあっては自分が決めるしかないとばかりにセンター前へ先制2点タイムリー。4回には先頭のベンちゃんが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに20号ソロを叩き込み、1点を追加。3点を追う阪神は5回、一死から新井,鳥谷の連打で一、三塁とすると、二死後、福原の代打・高橋光がセンター前へタイムリー。続く6回には二死一、二塁のチャンスを作り、小笠原をKOするが、代わった河原の前に新井が倒れて、二者残塁。直後の7回、中日は川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに英智が今季初アーチを放ち、4点目。更に、この後、連打と四球で満塁とするが、ブランコ,ベンちゃんと倒れて、三者残塁。しかし、続く8回、またも英智にタイムリーが飛び出すと、9回には森野が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに11号ソロを叩き込み、ダメ押し。最後は寝損が3人で締めて、逃げ切った。小笠原は6回途中KOながらも4勝目がついた。

◆C1−6YB◆
広島先発・偽ハンカチ王子・斉藤に対し、横浜は初回、先頭の吉村が四球を選ぶと、二死後、主砲・村田がレフトスタンドへ18号2ランを叩き込み、2点を先制。4回にはメカゴジラ,金城と連打を浴びせると、二死後、3年間盗塁のなかったメカゴジラが何とホームスチールを決めて、3点目をゲット。7回には二死一、二塁から代打・ジョンソンがライトスタンドへ12号3ランをぶち込んで、ダメ押しの6点目。広島は9回に内野ゴロの間に1点を返し、完封を免れるのが精一杯で5連敗。横浜先発のはーちゅんは今季初完投で2勝目を飾った

◆H1−9F◆
これ以上、首位に離される訳にいかない日本ハムは2回、先頭の高橋が死球を食らうと、続くスレッジのタイムリー二塁打で先制のホームイン。更に、一死後、ミスタースナイパー・坪井にもタイムリーが飛び出し、この回、2点。その裏、松中の14号ソロで1点を返されるが、直後の3回、併殺崩れの間に1点を加え、再び2点差。更に、5回にはエラーで貰ったチャンスに稲葉がタイムリーを浴びせて、4点目。8回にも小谷野のタイムリーで1点を追加した日本ハムは9回には稲葉の12号3ラン等で4点を加え、試合を決定付けた。先発のダルビッシュは4回以降僅かに1安打と付け入る隙を許さない投球を展開し、1失点完投でハーラートップタイの11勝目をあげた。

◆L5−0E◆
涌井,井坂の両先発がまずまずの立ち上がりを見せ、0−0の儘、中盤へ突入。迎えた4回、西武は先頭の栗山が三塁打。中島,中村と倒れたものの、礒?がタイムリー二塁打を放ち、1点を先制。続く4回には一死満塁から栗山のタイムリーで1点を追加。7回には一死三塁から銀仁朗が犠飛を打ち上げると、8回には二死一、二塁からG.G.佐藤が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、ダメ押しの2点を追加。涌井は12三振を奪う力投を見せて、今季2度目の完封でハーラートップタイの11勝目をマークした

7/15 小松◆Bs3−2M◆
WBC干され症候群から一向に立ち直れず、1ヶ月半もファームに落ちていた小松に対し、初回、2四球にエラーとノーヒットで無死満塁のチャンスを掴んだロッテは大松のタイムリーで先制。なおも無死満塁のチャンスは続いたが、サブローは三振に倒れると、里崎はサードゴロゲッツーに倒れる最悪の展開で1点止まり。1点を追う偽バファローズは2回、一死から北川がヒットで出ると、続く大村が同点タイムリー二塁打。しかし、この後、フェニックス一輝,下山と連続三振に倒れて、勝ち越しならず。3回にも一死二、三塁のチャンスを作るが、フェルナンデス,カブレラの両助っ人が倒れて、二者残塁。すると、直後の4回、ロッテは先頭のサブローが三塁打。二死一、三塁と場面が変わった所で今江がタイムリーを放ち、勝ち越しに成功。ロッテ先発・成瀬を攻めあぐねていた偽バファローズだが、8回から伊藤にスイッチするや、大村のタイムリー二塁打ですかさず同点。更に、代わった荻野からフェニックス一輝がヒットで続き、チャンスを広げると、二死と、鈴木にタイムリー内野安打が飛び出し、勝ち越し偽バファローズ以降。9回も続投となった小松は一死から里崎に二塁打を浴びたものの、後続を断ち切り、今季初完投。8度目の先発にしてようやく初勝利を手にした

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:22コメント(0)トラックバック(21) 

April 14, 2009

◆S−G◆
降雨中止。

◆T−D◆
降雨中止。

◆C1−4YB◆
8日に老衰で亡くなったボール犬・ミッキー君の追悼試合となったこの試合。はーちゅん,大竹の両先発が5回まで無失点の力投を展開。均衡が敗れたのは6回。横浜は東出のエラー,内川の四球,吉村の犠飛とノーヒットで先制すると、更に、石川,藤田のタイムリーで一挙4点を獲得。広島は8回、代打・喜田がタイムリーを放つと、ガッツな貴公子・仁志のエラーでチャンスを広げて、はーちゅんをKO。更に、東出が歩いて、無死満塁とするも、ここからクリーンアップトリオが悉く凡退し、3人の走者は釘付け。これで息の根を止められた広島は9回もあえなく無得点に終わり、3連勝ならず。大竹は自責点0ながら、バックに足を引っ張られ、援護も貰えず、またも今季初勝利を逃した。横浜は今季初の連勝で、夢の100敗へ黄信号が灯りつつある

◆H3−5L
0−0で迎えた4回、西武は中島,中村が連打を浴びせると、二死二、三塁となった所で平尾が先制2点タイムリー。続く5回にはソフトバンクの拙守に付け込み、ノーヒットで2点を追加。WBC使用球はからっきしだが、NPB使用球なら問題ない岸の前に4回まで3人ずつで片付けられていたソフトバンクは5回、松中がチーム初安打となる2号ソロ。更に、連打でチャンスを作った後、高谷の2点タイムリーで1点差。しかし、7回、先頭の長谷川が二塁打を放つも、柴原のファーストゴロで憤死。続く高谷はゲッツーと結局3人で攻撃終了となると、再び流れは西武に傾き、8回にG.G.佐藤がダメ押しタイムリー。最後はグラマンが締めて、逃げ切った。ソフトバンクは依然として、打線が繋がらない。新助っ人・アギーラはとうとう打率1割をきってしまった。0割打者が3番を打っている様では話にならないが、かと言って、アギーラに取って代われる選手が特にいないと言う状況は深刻だ。下位でも柴原が20打数ノーヒットと壊滅的な不振に喘いでおり、今後も投手陣にかかる負担が増しそうだ。

◆F7−8Bs◆
スーパーさぶ・多田野が立ち上がりの悪さをつかれて、2回までに3点をリードされた日本ハムだが、3回、稲葉の2点タイムリー等で一気に同点。しかし、それも束の間、偽バファローズは4回、日高の犠飛とボークですかさず2点を勝ち越し、多田野をKO。これで流れを引き寄せた偽バファローズは5回にはローズが4号2ラン,6回には大引のタイムリー二塁打と着々と加点。日本ハムは終盤、偽バファローズリリーフ陣を打ち込み、加藤を引っ張り出すなど、1点差まで詰め寄ったが、あと一歩及ばなかった。これで偽バファローズは4連勝。先発・金子は7回を自責点1で今季初白星

4/14 田中◆M1−2E◆
楽天先発・田中は3回までパーフェクトの快投。一方、WBCでの中途半端な中継ぎ起用をされていた事による調整遅れから、ようやく今季初登板となったロッテ先発・渡辺俊も3回まで3四球を出しながら、ノーヒットに抑える粘りの投球を見せていたが、4回、鉄平に初安打を許すと、一死二塁となった所で草野にタイムリーを浴び、先制点を献上。続く5回にも高須にタイムリー二塁打を浴び、点差は2点に拡大。ロッテは8回、連続四球で貰ったチャンスにフクーラがタイムリーを放ち、田中の開幕からの連続無失点記録を16回2/3でストップ。しかし、一気に本塁を狙った一塁走者・早坂は憤死し、同点ならず。9回は三者凡退に終わり、ロッテは悪夢の6連敗。田中は2試合連続完投で苦手ロッテ相手に3年越しの初勝利を飾った。


ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:19コメント(0)トラックバック(27) 

April 04, 2008

◆G1−6T◆
開幕からの連敗がようやく止まった巨人と、開幕からの連勝がついに止まった阪神が激突。いきなりマッスル千代の富士の先頭打者アーチで巨人が先制し、両軍のバイオリズムは変わったかに思われたのも束の間、先発・春風亭半ケツが2回にフォードのタイムリーを許して、あっさり同点。1つ負けたくらいでは勢いは止まっていなかった阪神は4回にはゼブラ今岡,フォードの一発で2点を勝ち越し。更に、6回にはまたまたフォードがタイムリーを放つなど、2点を追加。8回には鳥谷の2号ソロでダメ押し。投げては先発の安藤が2回以降安定した投球で7回まで投げきると、8回から江草−久保田と繋いで逃げ切った。

マッスル千代の富士の一発以降、ゼロ行進。結局、一発が出ないと如何ともしがたい体質は何も変わっていなかった様だ。覚醒が期待されたガッツもシングル1本に留まった。春風亭半ケツはまたも5失点KOで昨年の最優秀防御率投手の面影も見られない。ところで前回、先発として最低限の結果は残した栂野がも早くも中継ぎに回されているのだが、木佐貫の昇格が決まったのだろうか。阪神はフォードがついに爆発。覚醒したかどうかは明日も見てみないと分からないが、鳥谷も絶好調なだけにフォードに当たりが出てくると下位打線も脅威になりそうだ。で、5点差もあるんだから、久保田は使わないでいいんじゃないのかね?>岡田監督

◆D1−6S◆
中日先発・朝倉は2回、先頭のリグスに今季初アーチを浴び、先制点を献上。3回には簡単に二死を取ったものの、青木のセカンドゴロを荒木がよもやのエラー。これで川相不在を改めて痛感し、動揺を隠せない朝倉は続くリグスにも痛打された後、ガイエルに3戦連発となる3ランをぶち込まれる有様。制球に苦しむ村中を相手に2回無死一、二塁,3回二死一、二塁のチャンスを逃すなど、川相不在の弊害を露呈し続ける中日は4回、先頭のベンちゃんが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに2号ソロを叩き込み、ようやく1点を返したが、これが中日の放ったこの試合最後のヒットだった。ヤクルトは9回にガイエルのタイムリー等でダメ押しの2点を追加。村中は7回1失点の好投でプロ初白星を飾った。

前回は打ち込まれただけに、オープン戦の好投がフロックと言う可能性も心配されていた村中だが、今回はきっちり結果を残して一安心。売り出し中の川島慶が右手親指靱帯損傷で登録抹消となったのは気になるが、この日は両助っ人が5安打5打点と爆発し、機動力不要の試合運びだった。それにしても、中日は相変わらずの一発依存症の上、荒木,井端,中村紀が揃ってエラーを犯すなど、攻守に渡って川相不在の弊害を遺憾なく発揮。だから、早く現役復帰させろと…。

◆C1−2YB◆
はーちゅん,大竹の両先発がいずれも7回まで無失点と相譲らぬ好投を展開。0−0の儘、迎えた8回、横浜は金城のタイムリーでついに先制。更に、メカゴジラにもタイムリーが飛び出し、この回2点。その裏、広島はオチョアのタイムリーで1点差と詰め寄ると、土壇場9回には一死一、二塁と一打サヨナラの場面を作ったが、ここで代わったマットホワイトの前に緒方,倉の代打攻勢が退けられた。

この日も求道者・前田は無事スタメンに起用され、またまた2安打。しかし、その前を打つ栗原が打線を分断。オチョアも当たっているだけに栗原の不振は痛い。9回に入って、那須野−木塚−マットホワイトとやけにバタバタしていた横浜の継投だが、ヒューズを投入出来ない理由があったのだろうか?

◆M3−6H◆
開幕ダッシュに成功したかに見えたのもほんの一瞬で、いつの間にやら楽天の後塵を拝する状況に陥ってしまったソフトバンクは杉内投入で巻き返しを図る。初回にエラーに乗じてチャンスを作り、悩める主砲・松中のタイムリー内野安打で先制したはいいものの、2回に杉内が今江にタイムリー内野安打を許して、あっさり試合は振り出しに…。均衡が破れたのは6回、二死からヒットと2四球で満塁としたソフトバンクは井手のタイムリー二塁打で2点を勝ち越し。杉内が早くも5回限りで退き、必死の継投で逃げ切りを図るも、8回に柳瀬が連打を浴びてKO。代わったニコースキーも3本のタイムリーを許して、この回、悪夢の5失点。9回は荻野の前に3人で打ち取られ、首位奪回ならず。ロッテの連敗は4でストップした。

6回のマウンドに一度は上がった杉内が久米とスイッチしたのは、王さんのひらめきだったのか、杉内に故障が発生したのか? 結果的に杉内の早期降板が痛かった。ガトームソンが前に回り、ストッパー専念となった矢先のニコースキーが打ち込まれたのもショックだろう。早め早めの継投と言うより、勝っているにも拘わらず、後手後手に回った継投の様な印象だった。で、結局、バレンタインは荻野をストッパーにするつもりなの?

◆Bs2−3F◆
先発の駒不足に悩む偽バファローズだが、この日は何と鴨志田がプロ初先発。いきなり3連続四球と言う凄まじい立ち上がりとなったが、劇団ひちょり,田中と立て続けに二盗を仕掛けて憤死する日本ハムの拙攻に助けられ、無失点で切り抜ける。その裏、壊滅的な不振に喘ぐカブレラに奇跡的な先制タイムリーが飛び出したが、直後の2回、依然として制球の定まらない鴨志田は2四球等で二死満塁のピンチを作り、劇団ひちょりに走者一掃の逆転タイムリー三塁打を浴びて、早くもKO。中盤は膠着状態となったが、偽バファローズは7回に日高の一発で1点差。8回には先頭のラロッカが二塁打と絶好のチャンスを作ったが、後続3人が倒れて、同点ならず。最後はMICHEALに反撃を断たれて、あと一歩及ばなかった。

今日のビッグボーイズのコーナー♪ ラロッカが4の2,ローズは2タコだが2つの四球を選び、カブレラは先制タイムリーを放って4の1。ラロッカがマルチ安打を記録したり、カブレラにタイムリーが飛び出すだけで大事件の様に思えてしまうくらい感覚が麻痺している。しかし、8回にラロッカの作ったチャンスをバッサバッサと叩き折るローズ,カブレラは流石だ。それにしても、先発・鴨志田かよ! 幾ら何でも他にいなかったのか?

◆L4−2E◆
破竹の7連勝で悲願の単独首位に立った楽天はこの日も初回からいきなりの3連打であっと言う間に先制する幸先のいい立ち上がり。しかし、先発・インチェがピリッとせず、2回に細川に同点タイムリーを許すと、3回には栗山に被弾し、勝ち越しを許す。そして、4回には不振のまつかに2点タイムリーを浴びて、この回限りであえなくKO。楽天は6回にフェルナンデスの4号ソロで1点を返したものの、8,9回と立て続けに満塁のチャンスを逃して、連勝はついにストップした。

渡辺直が打っては3安打、走っては1走塁死,2盗塁死、守っては1エラーの大暴れ。こいつがもう少し落ち着いていれば、楽天の連勝は続いた…かも…。先発・インチェも新垣顔負けの3暴投をかますなど、バタバタした投球だったが、そんな中、ノムさんにシメられまくっているグスマンが2番手として3回無失点の好リリーフ。今季初めて見せた勇姿は今後の起用法にどう影響するのか注目だ。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:48コメント(0)トラックバック(81) 

October 05, 2007

◆S0−5YB◆
ヤクルト先発・川島に対して、横浜は初回、いきなりガッツな貴公子・仁志,相川が連打を浴びせると、金城が四球で歩いて無死満塁。一死後、メカゴジラが押し出し四球を選んで労せずして1点を先制。なおも満塁のチャンスだったが、吉村,内川と倒れて、三者残塁。その裏、ヤクルトも横浜先発・はーちゅんから二死一、三塁とチャンスを掴むも、リグスがショートへ打ち上げて同点ならず。2回以降、両先発が立ち直りを見せ、膠着状態に陥ったが、0−1の儘、迎えた6回、横浜は二死走者なしから村田の四球,メカゴジラのヒットでチャンスを作ると、吉村がレフトスタンドへ22号3ランを叩き込み、川島はこの回限りでKO。7回には金城のタイムリー二塁打でダメ押しの5点目。忘れた頃に凄い投球をする事に定評のあるはーちゅんだが、前回の3安打完封をも上回る散発2安打で2試合連続完封を飾った。

◆H1−6L◆
優勝を逃した以上、アジアシリーズ出場権争奪戦出場権争奪戦に向けた準備など何の意味価値もないとばかりに覇気のない戦いが続くソフトバンク。この日も先発の暴投王子・新垣が2回一死からG.G.佐藤,福地と連打を浴びると、二死一、三塁となった所で自らのプロ野球記録を更新する暴投をかまして、先制点を献上。4回にも前人未踏の25個目の暴投でピンチを作った挙げ句にG.G.佐藤にタイムリーを浴びて、2点目を献上。5回にも無死一、二塁のピンチを背負った所で新垣はあえなくKO。このピンチを藤岡が切り抜けたものの、7回二死満塁の場面で登場した5番手・ニコースキーが江藤,G.G.佐藤と2本のタイムリーで4点を失い、試合を決定付けられた。西武先発・岸は9回に松中にタイムリーを浴びて、完封も完投も消えたものの、岩崎のリリーフを仰いで、田中に並ぶ11勝目を飾り、新人王に望みを繋いだ。尚、この日、伊東監督は26年ぶりのBクラスとなった成績不振の責任を取る形で今季限りでの辞任を表明した。

◆M1−0E◆
1,2回と立て続けにゲッツーでチャンスを潰していたロッテだが、3回、一死から大松のヒット,オーティズの四球で一、二塁とすると、二死後、ベニー松山がレフト前へ先制タイムリー。1点を追う悪の温床・楽天はロッテ先発・小野の前に3回までノーヒットと沈黙。4,5回と続けて満塁のチャンスを掴みながら、あと一本が出ず。6回には2番手・高木を攻め、一死一、二塁とするも、鉄平がゲッツーと怒濤の拙攻三昧。7回には3番手・久保から一死一、三塁のチャンスを掴むも、草野のセンターフライでタッチアップを図った三塁走者・嶋が本塁憤死。1−0と言う緊迫した展開で迎えた土壇場9回、マウンドに上がった小林雅はまたまた劇場を繰り広げてしまうのでは?と心配されたが、無難に3人で打ち取って、完封リレーを達成。ロッテは5連勝で今季最終戦を締め括った。悪の温床・楽天先発・朝井は1失点ながら、打線の見離され、無念の完投負け。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:12コメント(0)トラックバック(19) 

September 28, 2007

◆T2−1D◆
連敗ロードが止まらない阪神は先発のルーキー・上園が3回まで無失点とまずまずの立ち上がりを見せるも、4回、一死一、三塁のピンチを迎えると、森野のセカンドゴロの間に先制点を献上。その裏、中日先発・中田に対し、阪神は先頭のシーツがヒットで出るも、続くキュラソ星人がセカンドゴロゲッツー。これでチャンスは潰えたに思われたが、ここからゼブラ今岡が四球を選んだ所で林が15号2ランを叩き込み、逆転に成功。リードを奪った阪神は6回から早くも久保田を投入するJFKモードへ突入。久保田には2回を完璧に抑え込まれた中日だが、8回、3番手・ウィリアムスに対して、二死から荒木,中村紀と連打を浴びせて、一打同点のチャンス。しかし、ここでT.ウッズが空振り三振に倒れて、二者残塁。最後は藤川の前に三者凡退に終わり、万事休す。阪神の連敗はようやく8でストップ。上園は金刃に並ぶ7勝目となり、逆転新人王へ大きく前進。川相不在を象徴するかの様なタイムリー欠乏症を露呈して敗れた中日のマジックは消滅し、逆に、巨人にマジック2が点灯する事となった。

◆YB2−0S◆
ヤクルト先発・川島に対して、横浜は2回、先頭の村田がライトスタンドへ31号ソロを叩き込んで1点を先制。更に、村田は4回の第2打席でもバックスクリーンへ32号ソロを叩き込み、2点目を追加。横浜先発・はーちゅんは忘れた頃に見せる凄いピッチングの日だったらしく、散発3安打、うち外野へ飛ばされたヒットは僅かに1本と、ヤクルト打線に全く付け入る隙を許さず、二塁すら踏ませずに10三振を奪っての完封で11勝目をマークした。

◆H1−2M◆
逆転Vへ僅かな望みを繋ぐ両チーム。ソフトバンク先発・杉内に対して、初回、早川の5号ソロでロッテが早々と先制。4回には一死満塁と絶好のチャンスを掴んだが、ベニー松山,オーティズと倒れて、追加点ならず。一方、ロッテ先発・小野に対し、走者を出しながらも攻めきれずにいたソフトバンクだが、6回、先頭の的場が二塁打で出ると、本多が送って一死三塁。ここで川崎がライト前へ弾き返して、ついに同点。更に、ハマのスペランカーもヒットで続いたが、小久保,大村と倒れて、二者残塁。試合はその儘、延長にもつれ込んだ。迎えた10回、この回からマウンドに挙がった守護神・馬原に対して、ロッテは二塁打のオーティズを今江が送ると、二死後、早川がセンター前へタイムリーを浴びせて、ようやく勝ち越し点をゲット。その裏、ソフトバンクは暫定守護神・薮田に対して、二死から本多が内野安打で出塁するも、ここまで3安打の川崎が4番手・藤田の前にショートゴロに倒れて、ゲームセット。これでロッテはソフトバンクと入れ替わりで2位に浮上した。

◆L7−11F◆
1−1で迎えた2回、西武は二死走者なしから、ヒットと四球で一、二塁とすると、片岡が勝ち越しタイムリーを放ち、日本ハム先発・山本を早くもKO。更に、代わった萩原に対して、野選で満塁とした所でカブレラが26号グランドスラムを叩き込み、この回、一挙5点。西武のワンサイドゲームになるかと思いきや、直後の3回に日本ハム・ビッグステーキ打線(若大将・原監督命名)が猛反撃。一死から5連続シングルヒットで2点を返し、西武先発・大沼をKO。2番手・ミャオに対しても、小谷野の犠飛,稲田のタイムリーで1点差と詰め寄ると、更に、金子誠が歩いて満塁となった所で劇団ひちょりが走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、この回、大量7点のビッグイニングで一気に逆転。勢いに乗る日本ハムは4回にもミスタースナイパー・坪井,小谷野が連続タイムリーを浴びせて、10点目。5回にも稲葉のタイムリー二塁打で1点を追加。6回以降は毎回2残塁と拙攻を繰り広げたものの、リリーフ陣が西武打線の反撃を断ちきった。これで日本ハムのマジックは1つ減り、明日にも連覇の可能性が出てきた

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:43コメント(5)トラックバック(66) 

September 15, 2007

◆G3−0C◆
デーゲームで首位阪神が勝ち、絶対負けられない巨人は広島先発・ルーキー・宮崎に対して、初回、ガッツが29号ソロ,2回には阿部が31号ソロと一発攻勢で2点のリード。1ヶ月半白星から遠ざかり、ここ2試合に至っては9回で12失点と不振に喘いでいた巨人先発・春風亭半ケツだが、8回まで散発4安打無失点と広島打線をねじ伏せる好投を展開。完封もいけそうなペースだったが、8回に代打・矢野を送られ、お役御免。矢野は凡退したものの、この後、李のタイムリー二塁打でダメ押しの3点目をあげると、最後は上原が締めての完封リレーで2位浮上。春風亭半ケツは8月2日以来となる13勝目を飾り、防御率も1位に浮上。宮崎は7回を4安打に抑えながら、打線の見殺しに遭い、ソロ2発に泣いた。尚、この日、ガッツは6回に放った二塁打で通算1500安打を達成

◆T2−0D◆
阪神先発・安藤に対して、中日は2回までに早くも4個の残塁を量産し、4回も先頭打者を出しながら、続く李が最悪のゲッツーを食らう有様。6回にも一死一、三塁のチャンスを掴むも、森野,李と倒れて、二者残塁と川相不在の弊害を露呈。川相不在を痛感しながらも、5回まで1安打と素晴らしい投球を見せていた先発・小笠原だが、6回、代打・ジュビロ野口に二塁打を浴びると、鳥谷に犠打を許した所で浜中に6号2ランを叩き込まれて、ついに先制点を献上。こうなれば、阪神はすかさずJFKモードに突入。7回、日本新記録となるシーズン81度目の登板となった久保田に対して、中日は一死一、二塁とするも、ここで井端が最悪のゲッツー。8回にはウィリアムスから中村紀がヒットで出るも、今度はT.ウッズが最悪のゲッツーと悉く川相不在の弊害を大露呈。2−0の儘、迎えた9回、満を持してマウンドに上がった守護神・藤川は前夜の雪辱を果たすべく三者凡退に斬って取り、完封リレーを達成。中日は怒濤の拙攻三昧で首位奪取のチャンスを不意にし、3位転落となってしまい、来季からの川相現役復帰待望論はますます加熱する一方だ

◆YB5−3S◆
復帰後、無傷の3連勝中のヤクルト先発・川島だったが、この日は初回から大炎上。いきなり一死一、二塁のピンチを迎えると、村田にタイムリー二塁打を浴びて、先制点を献上。更に、続くメカゴジラにはライトスタンドへ14号3ランを放り込まれて、いきなりの4失点。ヤクルトは2回に村田のエラーで1点を返すと、4回にはユウイチが2号ソロを放ち、2点差。川島は2回以降、立ち直りを見せていたが、6回、二死一塁から吉村にタイムリー三塁打を浴び、痛恨の5点目を献上。一方、横浜先発・はーちゅんは初回から大量援護を貰って余裕の8回2失点でマウンドを降りると、最後はクルーンがガイエルに被弾したものの、後続を断って、逃げ切った。はーちゅんは自己初となる10勝目をマーク

◆H1−7F◆
ソフトバンク先発・杉内は苦手・日本ハム相手に2回までパーフェクトと上々の立ち上がりを見せたが、3回、一死から金子誠に二塁打を浴びると、二死後、劇団ひちょりには内野安打に松中のエラーが重なり、先制点を献上。ハマのスペランカーが右股関節に違和感を訴える本領発揮の故障退場で4回の守備からベンチへ下がったソフトバンクはその裏、稲田のエラー等で一死満塁のチャンスを掴むと、柴原がセンター前へ同点タイムリー。なおも満塁と勝ち越しのチャンスだったが、井手はセカンドゴロゲッツーに倒れて、折角、引き寄せかけた流れを手放してしまった。杉内は6回に稲葉のタイムリーで勝ち越し点を献上すると、7回には金子洋に3号2ランを被弾し、KO。2番手・神内も8回、今季12打数ノーヒットの中嶋に2年ぶりの3ランをぶち込まれ、終わってみれば、6点差をつけられる惨敗。小久保が史上94人目の1500安打を達成した事が唯一の明るい材料だった。日本ハム先発・吉川は3回に山崎の打球を左手首に食らって、早々降板となったが、3番手・金森が2回2/3を無失点に抑える好リリーフで試合を作り、3勝目をマークした。

◆Bs5−1M◆
3回に里崎のタイムリーで先制された偽バファローズだが、5回、一死一、三塁から日高のタイムリーで追いつくと、二死後、坂口が走者一掃のタイムリー三塁打、続くラロッカもタイムリー二塁打を浴びせて、ロッテ先発・久保をKO。更に、代わった高木からローズもタイムリーも放ち、この回、大量5点のビッグイニングを形成。この後も再三チャンスを掴みながら、悉く逃す拙攻を見せた偽バファローズだが、先発・デイビーが7回を1失点で踏ん張ると、8回以降は3人の投手を注ぎ込んで逃げ切りに成功。ロッテは首位・日本ハムとの差が5と開き、V奪回へ大きく遠のいた

◆L4−8E◆
田中の新人王を後押しする為にも、岸を叩いておきたい悪の温床・楽天は初回、山崎武が先制タイムリー。その裏、G.G.佐藤,カブレラの連続タイムリーであっさり逆転を許すも、直後の2回、嶋の犠飛ですかさず同点。そして、4回には草野,ショートと連続タイムリーで2点を勝ち越し、岸をKO。西武はその裏、栗山の犠飛で1点差に詰め寄った。しかし、悪の温床・楽天は8回に1点,9回には3点を加えて、一気に突き放した。先発・一場は6回3失点で4勝目。西武は4位浮上のチャンスを逃し、最下位・偽バファローズに0.5差と詰め寄られた

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 17:20コメント(0)トラックバック(72) 

June 13, 2007

◆Bs6−3G◆
偽バファローズは2回、牛込氏に「無理に決まってますよ! 夢よ、もう一度って事だろうけど、そんな選手が通用するほど、日本の野球は甘くないですよ」と酷評されたローズがの20号ソロで先制すると、更に、後藤のタイムリー二塁打でこの回、2点。続く3回には北川のタイムリーで1点を加え、巨人先発・福田を早々とKO。4回に内野ゴロの間に1点を返されるも、5回には古巣・巨人に恨み骨髄のローズにこの日2本目となる21号2ランをバックスクリーンへ叩き込むと、6回にはラロッカの犠飛で6点目。大量5点ビハインドとなった巨人は7回、マッスル千代の富士にタイムリー二塁打、8回には李の13号ソロとジリジリと追い上げたものの、及ばなかった。偽バファローズ先発・デイビーは7回途中2失点で5勝目をマーク。

◆E4−0D◆
恐怖のパ・リーグ撲滅漫画「ドカパロSS 地獄変」にて、水島キャラ信者にでっち上げられる屈辱を受けた田中がその怒りをぶつけるかの様な投球で中日打線を8回まで4安打無失点と抑え込む好投を展開。一方、中日先発・朝倉の前に7回まで僅かに2安打と沈黙していた悪の温床・楽天打線だが、8回、朝倉が突如の制球を乱した事に乗じて、一死満塁のチャンスを掴むと、代打・草野のタイムリーでついに均衡を破る先制点をゲット。更に、鉄平のタイムリー,渡辺直の犠飛,礒部のタイムリーで3点を加え、この回、4点。ようやく援護を貰った田中は9回、二死満塁の大ピンチを迎えるも、最後は井端を空振り三振に斬って取り、プロ初完封で4勝目を飾った。

◆H9−5S◆
初回、ガイエルの11号2ランで先制されたソフトバンクだが、その裏、内野安打にエラーに四球と、まともな当たりは皆無ながらも満塁のチャンスを掴むと、小久保が2点タイムリーを放ち、一気に同点。更に、二死後、大村,ブキャナンに連続タイムリーが飛び出して、2点を勝ち越し。2回には松中がタイムリーを放ち、5点目を追加。先発・新垣は2回以降立ち直り、5回までノーヒットに抑えていたが、6回一死から田中浩に三塁打を浴びた所で寿司職人ラミレスに犠飛を許して、3点目を献上。その裏、ソフトバンクはこの日からスタメン復帰のハマのスペランカーのタイムリーで再び3点差と突き放す。しかし、直後の7回、新垣はパ・リーグ新記録となる今季18個目の暴投をかますなど、一死二、三塁のピンチを作り、KO。一気に畳み掛けたいヤクルトだたが、ここで代わったニコースキーの前に代打・小野のショートゴロの間に1点を返すのが精一杯。すると、その裏、ソフトバンクは本多,ハマのスペランカーの連続タイムリーで3点を加え、試合を決定付けた。川崎が復帰し、ハマのスペランカーが復帰し、打線にも当たりが出てくるなど、水島の呪いは薄らいできているかの様に見えるが、この日は主砲・松中が右ふくらはぎを痛めて、途中交代しており、明日からまたベストオーダーが組めない可能性を残すなど、依然として水島の呪いは衰えていない様だ。

◆M7−3C◆
魅惑のナックルボーラー・フェルナンデスに対して、ロッテが初回から怒濤の猛攻。TSUYOSHIのヒット,早川の四球の後、フクーラの3号3ランであっと言う間に3点を先制すると、更に、この後、3長短打を浴びせて、この回、大量6点のビッグイニングを形成。フェルナンデスはこの回限りで早くも降板となったが、2番手・長谷川は4イニングを無失点に抑える好リリーフを展開。すると、6回、広島は二死走者なしから4連打で3点を奪い、3点差。しかし、広島の反撃はここまで。8回に青木勇の暴投でダメ押しの1点を追加したロッテは薮田−小林雅と繋いで逃げ切り、連敗を3でストップさせた。尚、この日、広島は昨年まで中日でプレーしていたオチョアの獲得が内定している事を発表。早ければ、来週にも正式契約を交わす見込みだ。

◆L7−0T◆
地獄の連敗ロードに喘いでいる西武だが、連敗中沈黙しきっていた打線が序盤から爆発。岡田監督の不可思議采配で調子を狂わされている中村泰の制球難につけ込み、初回にカブレラのタイムリー等で2点を先制。2回には3四球で満塁となった所で中村泰はあえなく降板。代わったダーウィンに対して、片岡の犠飛,中島のタイムリーで2点を追加。3回にも併殺崩れの間に1点を加えると、5回には中村のタイムリー,6回には中島の5号ソロと着々と加点。投げては先発・岸が大量援護を背に悠々と投げ込み、プロ初完封で5勝目を飾り、チームの連敗を10でストップさせた

◆F1−2YB◆
遅ればせながら新人王レースに食い込んできた木下がこの日も好投。3回に満塁のピンチを凌ぐと、7回まで4安打無失点と横浜打線を翻弄。一方、横浜先発・はーちゅんも「忘れた頃に見せる凄い投球」で7回まで散発3安打と付け入る隙を許さない。0−0の儘、迎えた8回、横浜は二死走者なしから古木,ガッツな貴公子・仁志の連打で二、三塁とすると、ここで代打・マイケルが走者一掃の先制タイムリー二塁打を放ち、木下をKO。2点を追う日本ハムはその裏、一死から田中賢,稲葉の連打ではーちゅんをKOするも、那須野−木塚と繋ぐリレーの前に後続を断たれて、二者残塁。土壇場9回には守護神・クルーンに対して、いきなり小谷野,代打・高橋の連打で1点差と詰め寄ると、更に、稲田の犠打でワンヒットで同点のチャンス。しかし、金子,劇団ひちょりと打ち取られて、あと一歩及ばず。木下は好投報われず、今季初黒星。横浜はこれで4連勝となった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:56コメント(1)トラックバック(72) 

May 10, 2007

◆T3−2G◆
連敗ロードをひた走る阪神相手に巨人は余裕ぶっこいているのか、ゴンザレス,ホリンズの当ブログ推奨助っ人コンビを共にスタメンから外すオーダーを展開。怒りに燃える阪神が初回にキュラソ星人の17試合ぶりとなる8号2ランで先制すれば、すかさず、2回に巨人が阿部の6号ソロで応戦。5回に阪神が鳥谷の2号ソロで突き放せば、直後の6回、巨人は阿部のこの日2本目となる7号ソロで追いすがる。阪神は昨日に6回途中から久保田、7回からウィリアムス、そして、9回には藤川と連夜のJFKリレーを展開。昨夜は苦渋を舐めた藤川だが、この日は鈴木尚,代打・矢野といきなり連続三振に斬ってとると、最後はマッスル千代の富士をピッチャーゴロに仕留めて、逃げ切りに成功。阪神は2週間ぶりの白星となり、ようやく連敗が9でストップした。阿部のソロ2発でしか点を奪えなかった巨人は1回一死一、二塁、4回一死満塁,6回二死一、二塁と再三のチャンスを逃した事が大きく響いた格好となった。

◆C2−1D◆
0−0で迎えた2回、広島は一死一、二塁のチャンスで石原にタイムリーが飛び出し、1点を先制。今季初先発となる高橋は2戦連続2桁得点と当たっている中日打線を相手に4回までノーヒットに抑える好投を展開。5回に森野に内野安打を許すと、続く中村紀を歩かせ、この日初めてのピンチを迎えたものの、崩れる事なく後続を断ち切り、6回を無失点。林−梅津と繋いで、最後は永川を投入しての完封リレー…と思いきや、制球が定まらない永川は2四球で一死一、二塁のピンチを作り、T.ウッズにタイムリーを浴びて、高橋の今季初白星を粉砕。一気に畳み掛けたい中日だったが、森野が痛恨のゲッツーに倒れて、勝ち越しならず。追いつかれた広島はその裏、一死から石原が四球を選ぶと、ここで途中出場の森笠がライトオーバーのタイムリー二塁打を放ち、サヨナラ勝ち。立て続けの大惨敗で迎えた第3戦で何とか一矢報いた。

◆S1−3YB◆
ヤクルトは初回、内野安打の青木が飯原の犠打で二進すると、ガイエルのセンター前タイムリーで先制のホームイン。先発・藤井は4回まで四球を2つ与えただけと言う好投を展開していたが、5回二死から相川に初安打となる二塁打を浴びると、続く投手のはーちゅんに痛恨のタイムリーを許し、試合は振り出しに。その裏、ヤクルトは二死満塁と勝ち越しのチャンスを作るが、宮出が空振り三振に倒れて、三者残塁。1−1で迎えた8回、横浜は先頭のガッツな貴公子・仁志が二塁打で出ると、石井タクローの犠打で三進。ここで金城がレフト前へタイムリーを放ち、ついに勝ち越しに成功。更に、9回にもガッツな貴公子・仁志のタイムリーでダメ押し。はーちゅんは上位打線には手こずりながらも、下位打線は完璧に抑え込み、完投で4勝目をマークした。ヤクルトの連勝は3でストップ。

◆F2−8H◆
5試合連続完投中と抜群の安定感を誇るダルビッシュに対して、大村を急性胃腸炎で欠き、苦しい展開のソフトバンクだったが、初回、大村の代わりに1番に入った本多が四球で出ると、ハマのスペランカーが先制タイムリー二塁打。更に、この後、小久保のタイムリー二塁打、柴原の犠飛で2点を追加。3点を追う日本ハムはその裏、稲葉のタイムリーで1点を返すと、続く2回には田中賢がタイムリーを放ち、1点差。追い上げて貰いながら、依然としてピリッとしない投球が続くダルビッシュは3回に満塁のピンチを作ると、4回には先頭打者から連続四球を与え、3回0/3と言う今季最短のKO。2番手・押本がこのピンチは切り抜けたものの、続く5回、アダムに被弾。3番手・伊藤も松中に被弾し、試合を決定付けられた。ソフトバンクは投打が噛み合い、3連戦3連勝。先発・和田は完投で4勝目をマークした。2000安打へ3本と迫る田中幸は今季初めてDHでのスタメン出場となったが、3タコ。これで札幌ドームでの初アーチ以降、15打席足踏みが続いている。

◆Bs2−6M◆
ようやく大連敗を脱出して気が抜けた訳ではなかろうが、偽バファローズは初回からサブローの先制タイムリー、ズレータの10号2ランでいきなり3点を献上。その裏、外国人史上最多出場の通算1354試合出場を達成したローズのタイムリー二塁打で1点を返したのも束の間、直後の2回に青野に犠飛を許して、再び3点差。更に、4回にはTSUYOSHIの犠飛,フクーラのタイムリーで2点を失い、先発・光原はあえなくKO。2番手・本柳,3番手・ユウキは味方の反撃を待ち、残り5回1/3を1安打に抑える完璧なリリーフを展開したが、ロッテ先発・渡辺俊の前に偽バファローズ打線は2回以降、1安打無四球と手も足も出ない。土壇場9回、一死から連打と四球で満塁のチャンスを作り、ようやく渡辺俊をマウンドから引きずり下ろしたものの、代わった小林雅の前に北川の犠飛で1点を返すのが精一杯だった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:11コメント(0)トラックバック(83) 

April 03, 2007

◆G7−2D◆
今季の当ブログ推奨助っ人・ゴンザレスが手術を受けて今季絶望…の報に一瞬、悲鳴を上げたが、巨人ではなく、ヤクルトのゴンザレスで安堵した…なんて話はどうでもいいとして、川相不在ながらも開幕3タテで乗り込んできた中日の勢いを何とか止めたい巨人だったが、初回から大チャンスを逃す拙攻をかますと、今季の大ブレイクが期待される先発・姜が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに激振した森野に被弾し、早々と2失点。一方、200勝へあと9勝と今季中の達成は実に微妙な位置にいる山本昌は初回のピンチを切り抜けた後、老獪な投球が冴え渡るか…と思いきや、3回にガッツの移籍初アーチとなる2ランで追いつかれると、4回にはニックンに勝ち越し被弾。更に、5回には当ブログ推奨助っ人・ゴンザレスの二塁打等、3連打を浴びて、失意の7失点KO。以降、試合は膠着状態に陥り、その儘のスコアで試合終了。中日の開幕からの連勝は3でストップ。主砲のT.ウッズが開幕から16打席ノーヒットなのは何とも気がかりだ。姜は6回によもやの連続四球でピンチを迎えたが、そのT.ウッズをゲッツーに仕留めて難を逃れ、7回2失点で今季初勝利。制球力の高さから大崩れする可能性の低い姜が開幕から先発ローテに入っていると言うのは、巨人にとっては実に頼もしい限りだろう。

◆S3−4T◆
巨人が姜(じゃん)で勝てば、阪神もジャンで勝つ。来日初登板となる太陽の子エステバン・ジャンは4回まで無失点に抑える好投を展開。味方打線も石川の前に得点を上げられずにいたが、5回、ジャンが自らヒットを放って、口火を切ると、二死満塁の場面でこの日誕生日のキュラソ星人がバースデーグランドスラムをぶち込んで、一気に4点先取。これで楽になった筈のジャンだが、逆に気が緩んでしまったか、四球,ボークと独り相撲でピンチを作った挙げ句、3本のタイムリーであっと言う間に1点差に迫られて、この回限りで降板。6回には2番手・橋本健が無死一、二塁の大ピンチを背負うも、ここから三者三振の力投を見せる。7回からは3戦連続のJFKリレーに突入。8回二死二塁で福川が痛打し、ガイエルが一気に本塁を狙ったが、バースデー効果で意気上がるキュラソ星人が好返球でこれを刺すと、流れは完全に阪神へ。最後は藤川がきっちり締めて、3連勝。ジャンはリリーフ陣に救われ、来日初勝利を飾った。ヤクルトは開幕4連敗で最下位を独走中だ。

◆C2−3YB◆
佐々岡に対して、2回、村田,鈴木なおのりの連打でチャンスを作った横浜は吉村の犠飛,古木のタイムリーで2点を先制。その裏、1点差と詰め寄られるも、直後の3回に村田のタイムリー二塁打で再び点差を広げる。忘れた頃に凄い投球をする男・はーちゅんは移籍初登板初先発で嶋に一発を許したものの、以降は全く危なげのない内容で8回を1失点の好投。しかし、粘る広島は土壇場9回、守護神・クルーンに対して、二死から求道者・前田が痛打し、守備がもたついている隙に一気に二塁を陥れる好走塁を見せると、新井のタイムリーで1点差。ここで一発を放っている嶋に期待が懸かったが、あえなく空振り三振に倒れて、あと1点が届かず。これで3試合連続2得点と打撃不振から抜け出せない。特に、梵と緒方の不振が痛い。しばらく緒方を休ませて尾形を使って貰えんだろうかと思うものの、緒方を休ませると引退しそうなので複雑な気分である。それにしても、今日のはーちゅんの投球は見事だったが、一度凄い投球をするとその凄さを忘れる頃までヘタレモードに陥るのがいつものパターン。新天地でそのパターンから脱却出来るか、次回の登板は注目だ。

◆L3−2H◆
キャンプをまともに過ごさず、オープン戦もパッとせず、本番が始まっても不甲斐ない主砲・カブレラに業を煮やした伊東監督はついにスタメンから外す英断に打って出た。すると、カブレラの代わりに4番に入ったリーファーがいきなり初回に先制タイムリー。2回以降立ち直った新垣の前に抑え込まれていたが、久々のチャンスを迎えた6回に栗山のタイムリー,礒?の犠飛で2点を追加。左太腿痛の大村ばかりか、本多が発熱で欠場となったソフトバンクは立ち上がり、制球に苦しんでいた涌井を捉えきれずに波に乗せてしまい、5回には振り逃げの本間を含む4三振を喫してしまう始末。8回に小久保の2ランで追い上げたが時既に遅し。最後は小野寺の背信投球に期待したい所だったが、3人で捻られ、万事休す。大村の穴埋めとして1番に入っている城所が.067と壊滅的な打率なのは何とも致命的で大村の早期復帰が待たれる所。ところで、涌井にパ・リーグ史上7人目の1イニング4三振の記録を献上してしまったハマのスペランカーはまだ無事である。 

◆Bs1−3M◆
フクーラが右腹斜筋挫傷で登録抹消となる緊急事態に見舞われたロッテはワトソン博士を急遽、一軍昇格させ、スタメン起用。そのワトソン博士は4タコと全く頼りにならなかったが、この日は今江が大当たり。2回に先制のタイムリーを浴びせると、4回にはセンターオーバーのタイムリー三塁打を放つなど、3安打の活躍。先発・小林宏は7回を散発2安打無失点と素晴らしい投球を見せ、通算50勝に到達。これで開幕から16イニング連続無失点だ。2番手・薮田が1点を返されたものの、最後は小林雅が無難に締めて、連敗を脱出。偽バファローズは好調だった打線が4月に入ってからピタリと沈黙し、今季初の連敗を喫してしまった。

◆E7−2F◆
ウィークデーだと言うのに、防寒対策の取れない球場であるが故にデーゲーム開催となり、全く注目されない儘にいつの間にか終わっていたこのゲーム。ここまで青山が投げる試合にしか勝てない悪の温床・楽天だったが、この日はフェルナンデスのタイムリーで2点を先制すれば、1点差で迎えた7回には山崎武が走者一掃のタイムリー三塁打を放ち、一気に突き放す。続く牧田もタイムリーを浴びせて、ダメ押しに成功。先発・有銘は6回途中2失点と、先発として最低限の仕事を果たし、リリーフ陣にバトンタッチ。後を継いだ4人の投手が日本ハムの反撃を許さず、今季初の連勝をマークし、最下位脱出。。好調・高橋を3番に入れるなどテコ入れを図った日本ハムは青波の長瀬が一発を含む全打点を叩き出したが、下位打線は完膚なきまでに抑え込まれる体たらく。先発・八木は悪いながらに粘っていたが、2番手・押本の乱調が大きく響いた。昨年の日本一チームが17勝3敗と大カモにしていた悪の温床・楽天相手に完敗を喫しての最下位転落とは皮肉なものだ。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:01コメント(1)トラックバック(102) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ